調査のチカラ TOP > 会社名一覧 > 日本証券経済研究所

「日本証券経済研究所」による調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
会社名をGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

金融資本市場をめぐる今後の課題

金融資本市場をめぐる今後の課題

2015年6月9日日本証券経済研究所フィードバック数:0社会/政治海外

米国のティックサイズ拡大のためのパイロット・プログラム

米国のティックサイズ拡大のためのパイロット・プログラム

2015年6月9日日本証券経済研究所フィードバック数:0社会/政治海外

米国企業の配当リキャップ(Dividend Recapitalization)-リキャップCBの原型-

米国企業の配当リキャップ(Dividend Recapitalization)-リキャップCBの原型-

確定拠出年金(DC)をめぐる世界の動き

 )をめぐる世界の動き杉 田 浩 治人 々( ① 主 婦、 ② 公 務 員、 ③ 確 定 給 付 型 年 金(DB)はあるが企業型DCのない企業の従業―  ―126確定拠出年金(はじめに員)について個人型DCに加入可能とするととD C に も 加 入 で き る こ と と す る。 言 い 換 え れもに、企業型DCのある企業の従業員が個人型 日本の確定拠出年金(以下「DC」)が個人型を中心に拡充されようとしている。ば、現役世代の全ての人が個人型DCに加入できることとなる(一七年一月一日施行予

「情報技術革新がもたらす証券市場への影響に関する研究会」の中間報告書の概要

証券レビュー 第55巻第5号―  ―74「情報技術革新がもたらす証券市場への影響に関する研究会」の中間報告書の概要―  ―75証券レビュー 第55巻第5号―  ―76「情報技術革新がもたらす証券市場への影響に関する研究会」の中間報告書の概要―  ―77証券レビュー 第55巻第5号―  ―78「情報技術革新がもたらす証券市場への影響に関する研究会」の中間報告書の概要―  ―79証券レビュー 第55巻第5号―  ―80「情報技術革新がもたらす証券市場への影響に関する研究会」の中間報告書の概要―  ―

資本市場の変貌と証券ビジネス

出版物・研究成果等当研究所の出版物の購入を希望される方は、「刊行物購入について」をご覧下さい。経済一般書資本市場の変貌と証券ビジネス 「証券経営研究会」は、わが国における証券経営の将来の方向性を検討するという実践的な課題を掲げ、大学や証券会社系研究所の研究者の参加も得て活動を行っている。本書は、資本市場の変貌、金融規制改革の動向及び証券経営をめぐる変化が急激かつ広範囲にわたる一方で、それらを包括的かつ体系的に、分析の俎上に載せるのは困難であったことから、執筆者それぞれが関心の強いテーマについて原

戦時期の起債市場と社債保有構造

出版物・研究成果等当研究所の出版物の購入を希望される方は、「刊行物購入について」をご覧下さい。証券経済研究 第89号(2015年3月)戦時期の起債市場と社債保有構造(当研究所主任研究員)〔要 旨〕本稿では戦時経済統制下の社債市場について,特に,どのような銀行が社債を保有したのか。また,その背景事情にはどういったことがあったのか。そして,引受免許をもった証券業者は,引受や下引受した社債をどのような相手に販売していたのかという点を中心に検討した。戦時期の金融統制は,不要不急産業への資金供給の抑制を目

ヘッジ・ファンドのテール・リスクについて

出版物・研究成果等当研究所の出版物の購入を希望される方は、「刊行物購入について」をご覧下さい。証券経済研究 第89号(2015年3月)ヘッジ・ファンドのテール・リスクについて(当研究所主任研究員)〔要 旨〕ヘッジ・ファンドの定義の1つとして,絶対収益を追求すると言うものがある。つまり,どのような投資環境下においても,幾ばくかのプラスの収益を上げることが要求されると言う考え方である。さて,過去を振り返ると,ヘッジ・ファンドはその定義通りに収益を上げてきたのだろうか。ほとんどの期間については,その通

バブル崩壊以降の国債累増・国債保有構造と国内銀行の国債保有

出版物・研究成果等当研究所の出版物の購入を希望される方は、「刊行物購入について」をご覧下さい。証券経済研究 第89号(2015年3月)バブル崩壊以降の国債累増・国債保有構造と国内銀行の国債保有(広島修道大学准教授)〔要 旨〕本稿では,バブル崩壊以降の国債累増過程と国債保有構造の変化を確認した上で,国内銀行の国債保有状況を比較検討した。まず,バブル崩壊以降の国債累増過程を概観した。2005年度から2007年度までの期間を除き,基本的に新規国債発行額は増加傾向にあり,国債残高は累増している。次に,バ

21世紀初頭の企業収益,企業財務の動向-財務活動は変わったか?-

出版物・研究成果等当研究所の出版物の購入を希望される方は、「刊行物購入について」をご覧下さい。証券経済研究 第89号(2015年3月)21世紀初頭の企業収益,企業財務の動向—財務活動は変わったか?—(目白大学教授)〔要 旨〕20世紀末,企業財務の環境は大きく変わった。企業はバブル崩壊不況下で3つの過剰の整理に苦しんできたが,ようやくそれに目途をつけたところへ,政府によって金融ビッグバンという改革が実施された。日本の金融・証券市場を国際水準に引き上げるとともに,企業金融を間接金融から直接金融へシフ

〈研究ノート〉金融危機・震災・異次元緩和-国内普通社債の発行市場が受けた影響についての考察-

出版物・研究成果等当研究所の出版物の購入を希望される方は、「刊行物購入について」をご覧下さい。証券経済研究 第89号(2015年3月)〈研究ノート〉金融危機・震災・異次元緩和 —国内普通社債の発行市場が受けた影響についての考察—((株)格付投資情報センター市場研究室長)〔要 旨〕リーマンショック,東日本大震災,デフレ経済からの脱却に向け日本銀行は金融政策のスタンスを大きく変え,異次元緩和にまで踏み込んだ。長短プライムレート(企業向け最優遇貸出金利)の逆転など,社債の発行市場関係者にとって,現状は

日本の戦後インフレーションと証券市場

出版物・研究成果等当研究所の出版物の購入を希望される方は、「刊行物購入について」をご覧下さい。証券経済研究 第89号(2015年3月)日本の戦後インフレーションと証券市場(当研究所特別嘱託研究員)〔要 旨〕日銀が市場から巨額の国債を買い入れる異次元金融緩和の開始から2年,一部には悪性インフレの予測も論じられている。日本経済が経験したことのある悪性・ハイパーインフレは第2次世界大戦後の数年間であった。この経験を,第1次世界大戦後のドイツの経験と照し合わせて異同を知り,その過程で証券市場がどのように

わが国債券流通市場構造の近時の特徴を探る

出版物・研究成果等当研究所の出版物の購入を希望される方は、「刊行物購入について」をご覧下さい。証券経済研究 第89号(2015年3月)わが国債券流通市場構造の近時の特徴を探る(日本女子大学非常勤講師)〔要 旨〕近時の債券流通市場構造の特徴を探るため,マーケットメイクを中心とする「債券ディーラー」取引の実態および市場関係者の指摘の多いヘッジファンドの取引状況につき状況証拠を積み重ねる形で検証する。流動性が高い国債は,マーケットメイクにあたる債券ディーラーと対投資家との売買だけでなく債券ディーラー同

超長期国債の借換発行増加と国債整理基金特別会計・日本銀行

出版物・研究成果等当研究所の出版物の購入を希望される方は、「刊行物購入について」をご覧下さい。証券経済研究 第89号(2015年3月)超長期国債の借換発行増加と国債整理基金特別会計・日本銀行(駒澤大学教授・当研究所客員研究員)〔要 旨〕国債発行のなかで,借換国債の発行が大きくなっている。また同時に,超長期国債の発行が増加している。長期かつ低金利という,国債管理政策における財政サイドのニーズが実現されている。借換国債は,一般会計ではなく,国債整理基金特別会計によって発行されている。国債整理基金特別

『情報技術革新がもたらす証券市場への影響に関する研究会』中間報告書

『情報技術革新がもたらす証券市場への影響に関する研究会』中間報告書

ネット証券についてのレポートです。

ネット取引と対面取引

ネット取引と対面取引

金融緩和と国債市場-金利変動に対する金融機関の取引スタイルの変化-

金融緩和と国債市場-金利変動に対する金融機関の取引スタイルの変化-

欧州HFTの実情-ESMAのデータ分析-

欧州HFTの実情-ESMAのデータ分析-

中国人民元国際化の現状と問題点について

中国人民元国際化の現状と問題点について

拡大するラップ口座

拡大するラップ口座

独立取締役とコーポレート・ガバナンス

独立取締役とコーポレート・ガバナンス

東日本大震災における被災企業のバランスシート改善と金融機関・ファンドの役割(下)-私的整理による事業再生を念頭に-

出版物・研究成果等当研究所の出版物の購入を希望される方は、「刊行物購入について」をご覧下さい。証券経済研究 第87号(2014年9月)東日本大震災における被災企業のバランスシート改善と金融機関・ファンドの役割(下) —私的整理による事業再生を念頭に—(桃山学院大学教授・当研究所客員研究員) (上智大学法科大学院教授) (桃山学院大学教授)〔要 旨〕本号では,以下の検討を行い,それぞれ下記の結論を示している。Ⅲでは,まず被災地域の経済状況等を検討し,被災地域は震災以前から経済状況が悪化していたこと

GSEsを通じて考える米国金融規制の問題点

出版物・研究成果等当研究所の出版物の購入を希望される方は、「刊行物購入について」をご覧下さい。証券経済研究 第87号(2014年9月)GSEsを通じて考える米国金融規制の問題点(当研究所主任研究員)〔要 旨〕米国の金融・資本市場制度にとって,2010年に成立した通称ドッド・フランク法は包括的変革の起点に位置づけられる。同法の内容および成立過程の分析は,米国市場の研究のみならず国際的な市場制度比較の観点からも必須であろう。同法は,2010年時点で米国金融・資本市場が抱えていた諸問題に対しての総合的

地域銀行の企業統治分析-執行役員の導入要因-

出版物・研究成果等当研究所の出版物の購入を希望される方は、「刊行物購入について」をご覧下さい。証券経済研究 第87号(2014年9月)地域銀行の企業統治分析—執行役員の導入要因—(九州共立大学准教授)〔要 旨〕近年,地域銀行(地方銀行および第二地銀)においても企業統治制度の改革が進展してきている。銀行業は規制産業であるが,金融自由化の進展と相俟って経営の自由度は広がり,企業統治制度のあり方を変革する銀行も見られるようになってきている。本研究では,このようなわが国の地域銀行に焦点をしぼり,企業統治

残高が3,000兆円を超えた世界の投資信託 10年で2.1倍に拡大した要因と日本への示唆

残高が3,000兆円を超えた世界の投資信託 10年で2.1倍に拡大した要因と日本への示唆

2014年9月5日日本証券経済研究所フィードバック数:0大型消費/投資海外

Securities Market in Japan 2014

出版物・研究成果等当研究所の出版物の購入を希望される方は、「刊行物購入について」をご覧下さい。英文書Securities Market in Japan 2014当研究所では、「図説 日本の証券市場」及びそれを英訳した「Securities Market in Japan」を2年ごとに刊行し、証券市場、証券業務、証券規制等について、分かりやすく、アップトゥデートな解説書としてご利用いただけるよう務めてきました。本書は、「図説 日本の証券市場2014年版」を英訳したものであり、金融・証券システムの

アメリカのATS以外の取引所外取引の現状

アメリカのATS以外の取引所外取引の現状

2014年7月1日日本証券経済研究所フィードバック数:0大型消費/投資

新証券税制が家計の株式投資行動に与えた影響の研究-基幹統計『家計調査』の個票データを用いて-

出版物・研究成果等当研究所の出版物の購入を希望される方は、「刊行物購入について」をご覧下さい。証券経済研究 第86号(2014年6月)新証券税制が家計の株式投資行動に与えた影響の研究 —基幹統計『家計調査』の個票データを用いて—(東洋大学教授) (北九州市立大学教授)〔要 旨〕本稿では『家計調査』貯蓄負債編の,2002年3月〜2003年12月までの月次個票データを用いて,2003年の新証券税制の効果が家計の株式および株式投資信託保有高にどれほどあったのかを探った。具体的には,家計の実質株式・株式

ティックサイズと市場構造

ティックサイズと市場構造

市場データです。

海外におけるクラウドファンディングの現状

高めるための改革が掲げられており、その背景としては米国IPO市場の低迷に対する懸念がある。そこで、近することが可能となったことが挙げられる。同法の主たる目的として、小規模成長企業が資金調達する可能性をファンディングの除外規定が定められたことにより、不特定多数の投資家からインターネットを通して資金調達国で このように政策課題として、クラウド︵ フ通 ァ称 ンJ デO ィB ンS グ法 が︶ 取が り成 上立 げし ら、 れ従 た来 この と証 の券 背法 景等 にの は改 、正 二と 〇し 一て

長寿リスク移転市場:市場構造、成長の推進力・障害及び潜在的リスク

長寿リスク移転市場:市場構造、成長の推進力・障害及び潜在的リスク

証券市場についての314ページに及ぶ資料です。

図説 日本の証券市場 2014年版

出版物・研究成果等当研究所の出版物の購入を希望される方は、「刊行物購入について」をご覧下さい。図説 証券市場シリーズ図説 日本の証券市場 2014年版当研究所では、日本・欧米・アジア各地域の証券市場を分かりやすく解説することを目的に「図説 証券市場」シリーズを刊行している。図説シリーズは、項目ごとに見開きで簡潔に理解しやすくなっているとともに、できる限り制度やその背景にある考え方についても解説するように努めており、タイムリーな改訂を目指している。今回は、「図説 日本の証券市場2014年版」をお届

日本および世界における投資信託のグローバル化の動向

日本および世界における投資信託のグローバル化の動向

ATSでのNMS証券の取引状況

行われているのかを知るこ︶ との はス 難タ しッ いフ 。ペ 本ー 稿パ でー はと 、し Sて E発 C表 のさ 経れ 済た ・調 リ査 ス資︵ ク料1︶ 分を 析もと 部に 門、 ︵ア Dメ Eリ Rカ Aの 、NMS証券Economic and Risk AnalysisETPsDivision of︵普お通 な お株 お むと 、 ね元 取に 引︵ な 所E る 上T 調 場F 査 株な は 式ど 期 にの 間 相取 が 当引 極 ︶所 め の上 て 取場 限 引商 定 で品 的 、︶

新規公開株の価格形成

新規公開株の価格形成

世界の「上場」取引所の収益動向

世界の「上場」取引所の収益動向

リーマンショック以降の経過を見ています。

リーマン・ショックから5年-世界の証券市場は量的にどう変化したか

リーマン・ショックから5年-世界の証券市場は量的にどう変化したか

長期金利の変動はなぜ生じたか

長期金利の変動はなぜ生じたか

アメリカのティックサイズ拡大議論

要としており、とりわけ低流動性銘柄の取引においては、リスクをカバーし市場機能を維持するためにも、あるやすく、取引コストが削減できることになるが、市場ディーラーは収益確保のために一定の売買スプレッドを必を意味している。理屈の上では、投資家にとっては、ティックサイズが小さいほど売買スプレッドも小さくなり売買スプレッドの大小は、基本的に投資家と市場ディーラー︵マーケット・メーカー︶との間の取り分の配分っているとするものである。ティブが失われる。そのため、小型銘柄はIPO後の取引がふるわず、小規模IPO

投資家保有構造から考える日本国債の安定性

題となることが多かった累積債務問題は先進国のものとなっているのである。その中において日本の状況は際立六%であったが、二〇一二年には三四・七%へと減少しており、その変化は対照的である。かつては途上国で問〇一二年には一〇九・三%へと上昇している。対して二〇〇三年時点の途上国の国債残高はGDP比で四九・P比を示したグラフである。二〇〇三年時点では、先進国の国債残高はGDP比で七五・五%であったものが二生じているのは途上国ではなく先進国なのである。図1は先進国、途上国、アメリカ、日本の国債残高の対GD意

イギリスの個人貯蓄口座(ISA)の現状と展開

Savings Accounts:度年 り と に 年 年二そ ︶。 、 将 導 金 齢N 〇こ後 来 入 以 層I 一で述 的 さ 外 やS 四本す な れ の 所A 年稿る 計 た 金 得︶ 一でい 画 税 融 階﹂はく を 制 資 層が 月、つ 検 優 産 ︵導 、イか 討 遇 形 特 I 入 日ギの す 制 成 に S さ 本リ課 る 度 支 若 A れ で︶ス題 こ で 援 年 ﹂ る はとあを層のと 。 ﹁をI指 と る 目 や い 同 少S摘 さ 。 的 低 う 制 額Aし れ I

アベノミクスと機関投資家行動

:その一つ目が﹁第一の矢大胆な金融政策﹂であり、企業や家計に定着したデフレマインドを払拭することをに至っている。このアベノミクス︵通称、三本の矢︶は、以下の内容から構成されている。安倍政権は二〇一二年一二月二六日に誕生し、アベノミクスと呼ばれる経済政策が発表、順次実施されて現在︵1︶アベノミクスとは2 アベノミクスと金融市場投資家の取引動向についてスケッチを行う。的には、リーマンショック以降の金融商品市場︵国債、株式、上場不動産投資信託︵REIT︶︶における機関い 同 幅本 る 時 な 昨 1稿

保険および私的年金に関するOECD調査報告書 ソルベンシー規制および会計基準が長期投資に及ぼす影響

保険および私的年金に関する OECD 調査報告書ソルベンシー規制および会計基準が長期投資に及ぼす影響平成25年7月18日大 橋 善 晃(日本証券経済研究所)保険及び私的年金に関する OECD 調査報告書ソルベンシー規制および会計制度が長期投資に及ぼす影響(要約)本報告書は、年金ファンド、年金プランのスポンサー、生命保険会社の投資決定、とりわけ、こうした機関投資家の長期投資における会計基準およびソルベンシー規制の影響について考察している。この分析は、OECD 加盟国の保険会社や年金ファンドに対する

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ