調査のチカラ TOP > 会社名一覧 > 日本青少年研究所

「日本青少年研究所」による調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
会社名をGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2013年3月27日日本青少年研究所フィードバック数:2ライフスタイル

中学生・高校生の生活と意識

中学生・高校生の生活と意識

2013年3月27日日本青少年研究所フィードバック数:5ライフスタイル

高校生の勉強に関する調査

調査の概要1)調査の目的日本では学力や勉強意欲の低下が問題となっている。国際的な視野でみるとどうなのか。こういう目的で「勉強」を取り上げることとした。授業の形態、勉強の仕方や時間、勉学の態度、学校生活への評価などを通して、日本の特徴及び各国との異同をみる。2)調査方法調査の時期、サンプルの数、調査方法などは下表のとおりである。日本実施時期中国2009 年 9 月∼2009 年 9 月∼2009 年 9 月∼11 月11 月11 月調査学校の数調査地域アメリカ12 校12 校韓国2009 年 6

2013年3月27日日本青少年研究所フィードバック数:53ライフスタイル

高校生の生活意識と留学に関する調査

調査の概要1調査の目的この調査は、高校生の生活意識と外国への関心をテーマとしている。現在の高校生の日常生活や学校生活における意識や自己認識、そして将来の展望などの把握を目的としている。また、日本では、若者の内向き志向が強くなっているともいわれている。その実態はどうなっているのだろうか。本調査では高校生の外国への関心や留学意識などについても取り上げ、内向き・外向きの志向性についても調べることとした。調査は質問紙を用いた集合調査とし、日本、アメリカ、中国、韓国の4カ国で同時に実施した。高校生の生活や

2013年3月27日日本青少年研究所フィードバック数:38ライフスタイル

高校生の進路と職業意識に関する調査

高校生の進路と職業意識に関する調査

2013年3月27日日本青少年研究所フィードバック数:4ライフスタイル

高校生の心と体の健康に関する調査

調査の概要1)調査の目的めまぐるしく変化する情報化社会の今日、子どもたちの生活様式も大きく変わっている。そのため、心と体の健康にさまざまな不調を生じる子どもが増えているといわれている。この調査は身体の活動、食生活、喫煙や飲酒の経験、ストレスや人間関係のあり方などを通して、高校生の身体と心の健康の実態を把握するために実施する。それにより、青少年の健康づくりに有効な情報を提供することが本調査の中心目的である。また、この調査はアメリカ、中国、韓国でも実施され、諸外国と比較することで、日本の子どもたちの

2013年3月27日日本青少年研究所フィードバック数:6ライフスタイル

縁起に関する意識と行動

「縁起に関する意識と行動」単純集計結果問1 あなたの年齢・性別・居住地などについてお答え下さい。(1)あなたの年齢をご記入ください(平成 23 年 5 月1日現在)。(%)1.20 歳未満3.59.55~60 歳未満8.02.20~25 歳未満5.110.60~65 歳未満9.53.25~30 歳未満5.411.65~70 歳未満8.14.30~35 歳未満6.212.70~75 歳未満8.05.35~40 歳未満9.813.75~80 歳未満4.76.40~45 歳未満9.114.80 歳~5

2008年4月14日日本青少年研究所フィードバック数:0マーケティング

高校生の消費に関する調査

高校生の消費に関する調査

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ