調査のチカラ TOP > 会社名一覧 > 日清オイリオ

「日清オイリオ」による調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
会社名をGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年4月4日日清オイリオフィードバック数:0ライフスタイル

働く女性の朝食事情調査

NEWS LETTER2017年3月27日日清オイリオグループ株式会社報道関係各位働く女性の「朝食満足度」の平均は、わずか40点台!?朝食の“三大不満”は、「マンネリ」「栄養の偏り」「彩り不足」…新生活シーズンは「朝食を見直すチャンス」と8割が回答!サラダ・ヨーグルト・グラノーラ…朝の食事をもっと楽しく!「日清オリーブ香る スムージードレッシング」日清オイリオグループ株式会社は、2017年2月21日(火)に、「日清オリーブ香る スムージードレッシング」を新発売しました。発売にあたり、働く女性の「

2017年2月17日日清オイリオフィードバック数:0ライフスタイル

第5回乳幼児の食物アレルギーに関する実態調査

日清オイリオグループ 第5回乳幼児の食物アレルギーに関する実態調査 約7割が食物アレルギー対応の離乳食づくりに悩みを持つ 約8割は食材や献立の偏りを心配。日々の食事づくりに悩む母親の姿が明らかに 日清オイリオグループ株式会社(社長:今村�髦Y)は、2012年度から食育活動の一環として、食物アレルギーに関する実態調査を実施しています。今年度もアレルギー週間(2月17日〜23日)にさきがけ、食物アレルギー疾患と診断されている離乳食期の乳幼児をもつ母親100名(以下、単に母親)を対象に調査を行いまし

2017年1月17日日清オイリオフィードバック数:0社会/政治

第10回在宅介護事情調査

日清オイリオグループ 第10回在宅介護事情調査 81%が在宅介護に何らかの悩み 〜62%が必要な栄養素をとれているのかを心配〜 日清オイリオグループ株式会社(社長:今村�髦Y)は、トロミ調整食品やエネルギー補給食品などの介護対応食品を製造・販売しております。このたび、2011年から定期的に行っている在宅介護事情調査の第10弾として、在宅介護(要介護1〜3)されているご家族100名を対象に『在宅介護に関する実態調査』を実施いたしました。今回の調査により、81%の家族が在宅介護に何らかの悩みを持っ

2016年4月20日日清オイリオフィードバック数:0社会/政治

第9回在宅介護事情調査

日清オイリオグループ 第9回在宅介護事情調査 要介護者の40%が低栄養傾向に 〜74%の家族は低栄養の意味を知らない〜 日清オイリオグループ株式会社(社長:今村�髦Y)は、トロミ調整食品やエネルギー補給食品などの介護対応食品を製造・販売しております。このたび、2011年度より定期的に行っている在宅介護事情調査の第9弾として、在宅介護(要介護1〜3)されているご家族100名を対象に『低栄養に関する実態調査』を実施いたしました。低栄養(※1)になると身体機能や食欲が低下し栄養不良がさらに進むなどの

2016年2月5日日清オイリオフィードバック数:0ライフスタイル

第4回乳幼児の食物アレルギーに関する実態調査

日清オイリオグループ 第4回乳幼児の食物アレルギーに関する実態調査 母親の約3割が望む「夫による精神的な支え」と 「夫が実践している協力」との間にギャップあり 〜 夫が精神的に支えてくれていると答えた母親はわずか3% 〜 日清オイリオグループ株式会社(社長:今村�髦Y)は、2012年度より食育活動の一環として、食物アレルギーに関する実態調査を実施しています。今年度もアレルギー週間(2月17日〜23日)にさきがけ、食物アレルギー疾患と診断されている0歳〜5歳までの乳幼児をもつ母親100名(以下、

2015年11月25日日清オイリオフィードバック数:0社会/政治

第8回在宅介護事情調査

日清オイリオグループ 第8回在宅介護事情調査 半数以上が専門家による飲み込み機能の確認を受けていない 〜約7割に水分摂取中に“むせ”が〜 日清オイリオグループ株式会社(社長:今村�髦Y)は、トロミ調整食品などの高齢者・介護対応食品を製造・販売しております。このたび、2011年より定期的に行っている在宅介護事情調査の第8弾として、在宅介護されているご家族100名を対象に『要介護者の水分摂取に関する実態調査』を実施いたしました。今回の調査により、日常の水分摂取中に“むせ”が起きている要介護者は約7

2015年11月13日日清オイリオフィードバック数:0社会/政治

認知症予防に関する意識調査

【認知症予防に関する意識調査】 認知症患者700万人時代に向けた国民の認知症に対する意識は? 「“予防”への関心あり」:全体で約6割、40代でも5割以上! 「認知症“予防”に有効だと思われる生活習慣に関する情報」が欲しい:74%! 認知症予防策:第一位は「食生活」、という結果に 「中鎖脂肪酸 認知症リスク対策PJ(プロジェクト)」(日清オイリオグループ株式会社 社長:今村�髦Y)は、高齢化の進展に伴い、2025年に認知症患者数が700万人になると言われている中、40歳以上の男女1,200人に対

2015年9月17日日清オイリオフィードバック数:0社会/政治

認知症予防に関する意識調査

【認知症予防に関する意識調査】 認知症患者700万人時代に向けた国民の認知症に対する意識は? 認知症への関心高まる!約8割の人が最近「認知症」という言葉をよく見聞きする。 認知症“予防”への関心も高く、 40代でも平均4年以内に予防を始めたいと積極的。 中鎖脂肪酸 認知症リスク対策PJ(プロジェクト)(日清オイリオグループ株式会社 社長:今村�髦Y)は、高齢化の進展に伴い、2025年に認知症患者数が700万人になると言われている中、40歳以上の男女1,200人に対して「認知症予防に関する意識調

2015年5月1日日清オイリオ★フィードバック数:0ライフスタイル

お惣菜についての調査です。

ひとり暮らしをしている男性の惣菜利用に関する調査

日清オイリオ生活科学研究レポート �bR1 ◆ ひとり暮らしをしている男性の惣菜利用に関する調査 ◆ 健康を意識しながら、惣菜を上手に利用するひとり暮らしの男性 〜手作りメニューにプラスして惣菜を利用する60代〜 日清オイリオグループ株式会社(社長:今村�髦Y)「生活科学研究グループ」は、社会環境や生活者の価値観の変化、それらに起因する生活習慣の動向などについて調査し、情報発信をしています。今回は、ひとり暮らしをしている男性の惣菜利用について、その意識と実態を分析しました。■ひとり暮らしをして

2015年3月2日日清オイリオ★フィードバック数:0ライフスタイル

お惣菜についての調査です。

有職主婦と専業主婦の惣菜利用に関する調査

日清オイリオ生活科学研究グループレポート �bR0 ◆ 有職主婦と専業主婦の惣菜利用に関する調査 ◆ 有職主婦は品揃え重視で、時短目的が圧倒的 専業主婦は価格重視で、衝動買い!? 日清オイリオグループ株式会社(社長:今村�ヘ郎)「生活科学研究グループ」は、社会環境や生活者の価値観の変化、それらに起因する生活習慣の動向などについて調査し、情報発信をしています。今回は、有職主婦と専業主婦の惣菜利用について、その意識と実態における違いを分析しました。■料理を作る時間がないとき、有職・専業主婦ともに6

2015年2月4日日清オイリオ★フィードバック数:0ライフスタイル

日清オイリオの調査です。

第3回食物アレルギーに関する実態調査

日清オイリオグループ 第3回食物アレルギーに関する実態調査 〜学校・保育所で給食づくりに従事している栄養士へのアンケート結果〜 約6割が誤食につながる問題(ヒヤリ・ハット)を経験 給食における代替食品の利用は広く浸透。食物アレルギーの原因食材を使わない献立づくりの工夫も進む 日清オイリオグループ株式会社(社長:今村�髦Y)は、2012年度より食育活動の一環として、食物アレルギーに関する実態調査を実施しています。今年度もアレルギー週間(2月17日〜23日)にさきがけ、学校・保育所等の給食に従事し

2014年12月12日日清オイリオ★フィードバック数:0ライフスタイル

料理についての調査です。

料理の“楽しみ”に関する調査

日清オイリオは、食生活を中心とした社会の動きをウォッチしています。 食と生活情報レポート食生活を中心とした社会の動きについて、調査した結果を紹介します。 朝「香」・昼「美」・夜「だんらん」~揚げ物は家族が喜ぶメニュー!!~  近年、“モノ”より“コト”への関心が高まっているといわれています。食における“コト”には、おいしいものを食べたり、家族や友達と一緒に食べるなど、食を“楽しむ”ことが根本にあると考えられます。2014年1月に実施した調査では、料理をする人の多くが楽しみを感じていた

2014年8月21日日清オイリオ★フィードバック数:0ライフスタイル

日清オイリオの調査です。

食用油に対する意識調査

日清オイリオ 生活科学情報ショートレポート�bQ8 ◆食用油に対する意識調査◆ 〜キャノーラ油、ごま油、オリーブオイルに関する詳細分析を中心に〜 日清オイリオグループ株式会社(社長:今村�ヘ郎)「生活科学研究グループ」は、社会環境や生活者の価値観の変化、それらに起因する生活習慣の動向などについて調査し、情報発信をしています。生活科学研究グループでは、食用油に関する事項を包括的に盛り込んだ調査を継続的に実施しています。今回はキャノーラ油、ごま油、オリーブオイルを中心に、使用理由や不満点などについ

2014年7月30日日清オイリオフィードバック数:0ライフスタイル

第7回在宅介護事情調査

日清オイリオグループ 第7回在宅介護事情調査 約80%が飲み込みに重要な「食塊(しょくかい)」の意味を知らない 〜噛むことだけで無く、飲み込みにも注意が必要〜 日清オイリオグループ株式会社(社長:今村�髦Y)は、トロミ調整食品などの高齢者・介護対応食品を製造・販売しております。このたび、2011年より定期的に行っている在宅介護事情調査の第7弾として、在宅介護されているご家族100名を対象に『要介護者の介護食づくりに関する実態調査』を実施いたしました。今回の調査により、「飲み込みやすい食事=細か

2014年2月13日日清オイリオ★フィードバック数:0ライフスタイル

日清オイリオの調査です。

子どもの頃の食環境による6タイプ別分析

日清オイリオ 生活科学情報ショートレポート�bQ6 ◆子どもの頃の食環境による6タイプ別分析◆ 現在の食意識に、子どもの頃の料理体験が大きく影響 〜料理への時短志向は仕事の有無と関係なし!?〜 日清オイリオグループ株式会社(社長:今村�ヘ郎)「生活科学研究グループ」は、社会環境や生活者の価値観の変化、それらに起因する生活習慣の動向などについて調査し、情報発信をしています。2013年に実施した調査では、食事作りの時短化やメニューの変化など、食スタイルの変化を明らかにしました。その背景には、女性の

2014年2月5日日清オイリオ★フィードバック数:0ライフスタイル

日清オイリオの調査です。

第2回食物アレルギー実態調査

日清オイリオグループ 第2 回乳幼児の食物アレルギー・食事づくりに関する実態調査 約6 割が保育園や幼稚園での食物アレルギーの対応に変化があったと回答 〜3 人に1人が食物アレルギーと診断後、医療機関を受診していない現状も明らかに〜 日清オイリオグループ株式会社(社長:今村�髦Y)は、食育活動の一環として、「第20 回アレルギー週間(2月17 日〜23日)」にさきがけ、昨年に引き続き『乳幼児の食物アレルギー・食事づくりに関する実態調査』として、食物アレルギー疾患と診断されている0 歳〜5 歳ま

2014年1月22日日清オイリオフィードバック数:0ライフスタイル

第6回在宅介護事情調査

日清オイリオグループ 第6 回在宅介護事情調査 要支援・要介護者の92%に筋力の衰え 自発的に身体を動かしている人は33%と少数 〜急がれるサルコペニア対策 効率のよい栄養補給も必要〜 日清オイリオグループ株式会社(社長:今村�髦Y)は、トロミ調整食品などの高齢者・介護対応食品を製造・販売しております。このたび、2011 年より定期的に行っている在宅介護事情調査の第6 弾として、在宅介護に携わる介護従事者(訪問介護員・介護福祉士)100 名を対象に『要支援・要介護者の筋力に関する実態調査』を実

2013年11月10日日清オイリオ★フィードバック数:0ライフスタイル

食事にかける時間についての調査です。

食卓における時間の使い方

日清オイリオ 生活科学情報ショートレポート�bQ4 ◆食卓における時間の使い方 ◆ 10 年間で、食事を作る時間は短く、食べる時間は長く 〜家族団らんへの思いは依然として高い!!〜 日清オイリオグループ株式会社(社長:今村�ヘ郎)「生活科学研究グループ」は、社会環境や生活者の価値観の変化、それらに起因する生活習慣の動向などについて調査し、情報発信をしています。近年、世帯構成の変化や女性の就労者数増加などによるライフスタイルの多様化とともに、情報化社会の急速な進展などにより、日常生活における時間

2013年11月10日日清オイリオ★フィードバック数:0ライフスタイル

10年前との比較です。

わが家の夕食メニューの変化

日清オイリオ 生活科学情報ショートレポート�bQ5 ◆わが家の夕食メニューの変化◆ 健康意識の高まりにより見直される和食 〜ご飯や味噌汁抜きの新しいスタイルに変化?〜 日清オイリオグループ株式会社(社長:今村�ヘ郎)「生活科学研究グループ」は、社会環境や生活者の価値観の変化、それらに起因する生活習慣の動向などについて調査し、情報発信をしています。 2013 年5 月に、生活科学研究グループが20〜60 代の女性を対象に実施した「食卓における時間の使い方」調査では、食事の果たす役割や重要性は変わ

2013年7月10日日清オイリオフィードバック数:0ライフスタイル

第5回在宅介護事情調査

日清オイリオグループ 第5回在宅介護事情調査 夏場の介護、体調変化が招く低栄養に要注意 〜要介護者の7割に体調変化、4割に食事量の低下が 〜 日清オイリオグループ株式会社(社長:今村�髦Y)は、トロミ調整食品などの高齢者・介護対応食品を製造・販売しております。このたび、定期的に行っている在宅介護事情調査の第5弾として、在宅介護されているご家族100名を対象に『要介護者に見られる夏場の体調変化』について調査を実施いたしました。調査の結果、夏を迎えると、要介護者の7割以上に何らかの体調変化が現れ、

2013年2月9日日清オイリオ★フィードバック数:2ライフスタイル

深刻な事態を招くこともある子どもの食物アレルギーについての調査です。

乳幼児の食物アレルギー・食事づくりに関する実態調査

日清オイリオグループ 乳幼児の食物アレルギー・食事づくりに関する実態調査 アレルギ−対応食品など代替食品の利用はわずか12% 55%が定期的に医療機関を受診せず 治療・食事療法の正しい理解と上手な対応で食事づくりの悩みと負担の軽減を 日清オイリオグループ株式会社(社長:今村�髦Y)は、食育活動の一環として、2 月17 日(日)からの「第19回アレルギー週間(〜2 月23 日)」にさきがけ、『乳幼児の食物アレルギー・食事づくりに関する実態調査』を実施いたしました。年々増加傾向にある※1 食物アレ

2013年1月10日日清オイリオフィードバック数:0ライフスタイル

第4回在宅介護事情調査

日清オイリオグループ 第4回在宅介護事情調査 〜冬の無自覚脱水症に要注意〜 83%が脱水症を認識不足 油断大敵!乾燥注意報多発の冬場が招く、意外な落とし穴が明らかに 日清オイリオグループ株式会社(社長:今村�髦Y)はトロミ調整食品などの高齢者・介護対応食品を製造・販売しております。2011年より定期的に行っている在宅介護事情調査の第4弾として、要介護者を在宅介護されているご家族100名を対象に『乾燥する冬場の介護で心がけていること』について調査を実施いたしました。調査の結果、要介護者の乾燥対策

2011年11月7日日清オイリオフィードバック数:2ライフスタイル

“外食”に関する意識調査―普段の外食と特別な外食の違いに着目―

日清オイリオは、食生活を中心とした社会の動きをウォッチしています。 食と生活情報レポート食生活を中心とした社会の動きについて、調査した結果を紹介します。 近年、節約志向等の高まりに伴い、“外食”にかける金額が減少傾向にあります。また、本年5月に生活科学研究グループが実施した調査においても、“節約”する項目で“外食”がトップとなりましたが、一方“プチ贅沢”したいものとして“外食”を挙げる人が多いこともわかりました。そこで今回は、外食シーンを普段の外食と特別な外食※に分け男女年代別に調査し

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ