調査のチカラ TOP > 会社名一覧 > 日通総合研究所

「日通総合研究所」による調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
会社名をGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年6月21日日通総合研究所フィードバック数:0社会/政治

「2015年度の経済と貨物輸送の見通し」(改訂)

2016年度の経済と貨物輸送の見通し改訂株式会社日通総合研究所2016年6月本改訂見通しについて当研究所では、本年3月に2016年度末までの日本経済と貨物輸送に関する見通しをとりまとめたが、その後の内外経済環境の変化を踏まえ、以下の前提の下に2016年度マクロ経済、および貨物輸送量の見通し改訂作業を行った。◆米国経済の成長率は前年比1.8%(2.1%)、円レートは1ドル当り106.0円(112.0円)、原油輸入価格はバーレル当り46.3ドル(40.5ドル)とした。◆2015年度の実質経済成長率は

2015年5月10日日通総合研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

トラックドライバー不足問題の要因と対応について

研究レポート 日通総合研究所が独自に行ってきた調査・分析の研究レポートを公開しています。 ロジスティクスレポート No.21トラックドライバー不足問題の要因と対応について はじめにトラック輸送の現場では、「募集してもトラックドライバー(以下、「ドライバー」とする。)が集まらない」という声が日増しに高まっている。実際に、自動車運転の職業の有効求人倍率は「1」を超える状況が続いており(図表1)、輸送需要の増減にかかわらず、「ドライバーは募集しても集まらない」状況が継続している。しかし、多くの物流現場

2015年4月26日日通総合研究所フィードバック数:0ビジネス

企業物流短期動向調査(2015年3月調査、調査結果について)

企業物流短期動向調査 (日通総研短観)調 査 結 果(2015年3月調査)2015年4月株式会社日通総合研究所-目次 -Ⅰ.調査の内容 .......................................... 1Ⅱ.調査の結果 .......................................... 31.国内向け出荷量の動向 ............................ 32.輸送機関利用の動向 ..............................

2015年3月29日日通総合研究所フィードバック数:0社会/政治

「2015年度の経済と貨物輸送の見通し」(改訂)

「2015年度の経済と貨物輸送の見通し」(改訂)

2015年1月29日日通総合研究所フィードバック数:0ビジネス

企業物流短期動向調査(2014年12月調査)

企業物流短期動向調査 (日通総研短観)調 査 結 果(2014年12月調査)2015年1月株式会社日通総合研究所-目次 -Ⅰ.調査の内容 .......................................... 1Ⅱ.調査の結果 .......................................... 31.国内向け出荷量の動向 ............................ 32.輸送機関利用の動向 ..............................

2014年12月25日日通総合研究所★フィードバック数:0社会/政治

日通総合研究所のレポートです。

2014・2015年度の経済と貨物輸送の見通し

2014・2015年度の経済と貨物輸送の見通し

2014年10月22日日通総合研究所フィードバック数:0ビジネス

企業物流短期動向調査(2014年9月調査)

企業物流短期動向調査(2014年9月調査)

2014年7月17日日通総合研究所フィードバック数:0ビジネス

企業物流短期動向調査(2014年6月調査)

企業物流短期動向調査(2014年6月調査)

2014年4月23日日通総合研究所フィードバック数:0ビジネス

企業物流短期動向調査(2014年3月調査)

企業物流短期動向調査(2014年3月調査)

2014年2月6日日通総合研究所フィードバック数:0ビジネス

消費税増税が出荷量・入荷量に及ぼす影響に関する調査

研究レポート 日通総合研究所が独自に行ってきた調査・分析の研究レポートを公開しています。 ロジスティクスレポート No.20消費税増税が出荷量・入荷量に及ぼす影響に関する調査 はじめに2014年4月より、消費税率が現行の5%から8%に引き上げられるが、これを受けて、広範囲な業種において”駆け込み需要”が発生している。駆け込み需要は、昨年10~12月期から今年1~3月期にかけて、消費財を中心に発生のピークを迎えると考えられ、国内向け出荷量は相当に盛り上がるものとみられる。その一方で、消費税増税後に

2014年1月26日日通総合研究所フィードバック数:0ビジネス

企業物流短期動向調査(2013年12月)

研究レポート日通総合研究所が独自に行ってきた調査・分析の研究レポートを公開しています。経済・貨物輸送の見通し本調査は、1974年度の第1回調査以来、40年以上にわたり継続している調査です。文字通り「経済(世界、日本)」と「貨物輸送量(国内貨物、国際貨物)」の動向を調査・分析するとともに、半年から1年程度先の短期的な動向について予測することを目的としております。調査レポートは3月、6月、9月、12月の年4回発表しています。経済予測については多くの調査・研究機関が実施している一方で、本格的に貨物輸送

2013年12月23日日通総合研究所フィードバック数:0社会/政治

2013・2014年度の経済と貨物輸送の見通し

2016年度の経済と貨物輸送の見通し改訂株式会社日通総合研究所2016年6月本改訂見通しについて当研究所では、本年3月に2016年度末までの日本経済と貨物輸送に関する見通しをとりまとめたが、その後の内外経済環境の変化を踏まえ、以下の前提の下に2016年度マクロ経済、および貨物輸送量の見通し改訂作業を行った。◆米国経済の成長率は前年比1.8%(2.1%)、円レートは1ドル当り106.0円(112.0円)、原油輸入価格はバーレル当り46.3ドル(40.5ドル)とした。◆2015年度の実質経済成長率は

2013年10月27日日通総合研究所フィードバック数:0ビジネス

企業物流短期動向調査(2013年9月調査)

企業物流短期動向調査(2013年9月調査)

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ