調査のチカラ TOP > 会社名一覧 > 有限責任監査法人トーマツ

「有限責任監査法人トーマツ」による調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
会社名をGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

Directors’ Alert 2017

デロイト グローバル『Directors’ Alert 2017』 戦略、文化、イノベーションが取締役会の最優先事項テクノロジー、透明性、取締役会の有効性、報酬も2017年の重要課題 有限責任監査法人トーマツは、デロイト グローバルによる『Directors’ Alert 2017』の日本語版を発表し、非業務執行取締役が不確実性に満ちた2017年の舵取りを進めるにあたって考慮する必要のある重要事項について分析しています。 2017年4月21日 本ニュースリリースは2017年1月24日にニュ

TMT Predictions 2017日本版

日本と世界のテクノロジー・メディア・通信業界トレンド予測 「TMT Predictions 2017日本版」 発表 デロイト トーマツ コンサルティング合同会社は、テクノロジー・メディア・通信(TMT)業界における最新のトピックスについて、グローバルでの予測に加えて、日本の動向を踏まえた独自の見解を加えてまとめた「TMT Predictions 2017 日本版」を発表しました。 2017年4月20日デロイト トーマツ コンサルティング合同会社は、テクノロジー・メディア・通信(TMT)業界

2017年 デロイト ミレニアル年次調査 日本版

「2017年 デロイト ミレニアル年次調査 日本版」発表日本のミレニアル世代は経済的・政治的状況の改善に悲観的。1年前の調査より、会社への帰属意識が低い結果に。 デロイト トーマツ コンサルティング合同会社は、デロイトがグローバルでミレニアル世代を対象に調査した「デロイト ミレニアル年次調査」に、日本のサマリーをまとめた「2017年 デロイト ミレニアル年次調査 日本版」を発表します。 2017年4月14日デロイト トーマツ コンサルティング合同会社は、デロイトがグローバルでミレニアル世代

Tech Trends 2017

デロイトによるTech Trendsレポートの発行は今年で8回目となる。とてつもないスピードで物事が変化する環境に対峙していく中で、広範囲にわたるテクノロジーの発展動向を長期間トラッキングしてきた経緯から、重要かつ連続性のあるいくつかのテーマを認識できることが、本レポートの魅力である。このTech Trends最新版を読み解くことで、どのような変化が目前に迫っているのかをより明確に理解する一助としていただきたい。ゲームのルールが今まさに変化しているのだ。 Tech Trends 2017

世界の小売業ランキング2017

世界の小売業ランキング2017 発表Amazon.comが調査開始以来初のTOP10入り、No.1はWal-Mart日本企業はトップ250内に30社ランクイン(前年28社から+2社) デロイト トーマツ コンサルティング合同会社は、今年で調査開始20回目を迎えるGlobal Powers of Retailingの最新版を日本語訳したレポート「世界の小売業ランキング2017」を発表しました。 2017年4月4日デロイト トーマツ コンサルティング合同会社(本社:東京都千代田区 代表執行役社

2016-2017グローバルCIOサーベイ

デロイト トーマツ コンサルティング合同会社は、デロイトが世界48か国1,217社(うち、日本企業53社)のCIO(Chief Information Officer)から得た回答を元にまとめた「2016-2017グローバルCIOサーベイ」の結果を発表しました。デロイトのCIOサーベイは、CIOにとっての課題や関心、優先事項などの調査に留まらず、CIOが成功のために取るべき行動を分析・洞察しています。 2017年2月27日デロイト トーマツ コンサルティング合同会社は、デロイトが世界48か国

第6回ミレニアル年次調査

2017年 デロイト ミレニアル年次調査発表多くの衝撃的な出来事に見舞われた2016年を経て、ミレニアル世代の楽観主義に変化が生じていることが、デロイトの年次グローバル調査で明らかになった デロイトが世界30カ国、約8,000人のミレニアル世代を対象として行った「第6回ミレニアル年次調査」では、ミレニアル世代の自信が揺らぎ、自国が向かう方向を楽観視しなくなっていること、また、安定した職を手放す可能性が低下していることがわかります。 2017年2月13日本プレスリリースは2017年1月31日

役員報酬サーベイ(2016年度版)

『役員報酬サーベイ(2016年度版)』の結果を発表社長の報酬総額中央値は4,698万円。従業員の最高報酬額の3.51倍に。役員の株式関連報酬の導入が、現状の約40%から更に広がっていく見込み。コーポレートガバナンス・コードの導入で、任意の報酬委員会設置企業が昨年の2倍以上に。 デロイト トーマツ コンサルティング合同会社は、日本企業における役員報酬の水準、役員報酬制度およびコーポレートガバナンスへの対応状況の実態調査を行った結果をまとめましたのでお知らせします。 2017年1月27日 デロ

企業のリスク・クライシスマネジメント実態調査

「企業のリスク・クライシスマネジメント実態調査」2016年版の結果を公表最も優先すべきリスク・クライシスは、国内は「地震・風水害等、災害の発生」(37%)、海外は「法令遵守違反」(18%)が最多 日本の上場企業におけるリスク・クライシスの認識や、その準備・対応策の現状把握を目的にアンケートを実施し、435社から回答を得た。 ・最も優先すべきリスク・クライシスは、国内は「地震・風水害等、災害の発生」(37%)、海外は「法令遵守違反」(18%)が最多・マネジメントプランの策定は国内本社で8割弱

Deloitte Christmas Survey 2016

Deloitte has published its 19th annual Christmas Survey, which takes a close look at the buying intentions of European consumers ahead of the year-end festivities. Belgian consumers continue to be concerned about the national and global economy which

世界モバイル利用動向調査

世界モバイル利用動向調査2016の結果を発表スマートフォンを壊れるまで使う日本の傾向が鮮明に。一方新製品の購入意欲は最低水準。機種変更時の旧端末はスペア保管する、が世界的に多数。日本は個人間譲渡が低い傾向。 デロイト トーマツ コンサルティング合同会社は、世界31ヶ国53,000人を対象に実施した世界モバイル利用動向調査をもとに、日本、イギリス、ドイツ、フランス、カナダ、オーストラリア、韓国、ブラジルの比較分析結果をまとめました。 2016年12月14日デロイト トーマツ コンサルティング

コンシューマー・インサイト 2016 ミャンマー消費者調査

コンシューマー・インサイト 2016 ミャンマー希望に満ちた国で絶好のチャンス Deloitte Consulting Southeast Asia (DC SEA)は消費者調査レポート「デロイト コンシューマー インサイト」を発表しています。4回目となる本レポートでは、「希望に満ちた国で絶好のチャンス」と題し、ミャンマーを取り上げます。多くの消費財メーカーや小売企業の注目と期待を集める同国における、消費者の購買行動やブランド選好について、調査結果をご紹介します。 ミャンマー消費者調査D

テクノロジー企業成長率ランキング 2016 第15回 「デロイト アジア太平洋地域テクノロジー Fast 500」

テクノロジー企業成長率ランキング 2016 第15回 「デロイト アジア太平洋地域テクノロジー Fast 500」発表平均売上高成長率は前年を158%ポイント上回る573%で2008年以来の最高水準 デロイト トウシュ トーマツ リミテッド(DTTL)は2016年12月1日、TMT(テクノロジー・メディア・通信)業界の企業を対象にした直近3決算期の収益(売上高)に基づく成長率のランキング、第15回 「デロイト アジア太平洋地域テクノロジー Fast 500」を発表した。 平均売上高成長率は

テクノロジー企業成長率ランキング 第14回 「デロイト トウシュ トーマツ リミテッド 日本テクノロジー Fast50」

テクノロジー企業成長率ランキング 第14回 「デロイト トウシュ トーマツ リミテッド 日本テクノロジー Fast50」発表受賞企業の6割が100%以上の売上高成長率、成長率平均は323% 有限責任監査法人トーマツは、日本国内のTMT(テクノロジー・メディア・テレコミュニケーション)業界の企業を対象にした、過去3決算期の収益(売上高)に基づく成長率のランキング、第14回「デロイト トウシュ トーマツ リミテッド 日本テクノロジー Fast50」を本日発表した。 ・受賞企業の6割が100%以

内部通報制度の整備状況に関するアンケート調査

内部通報制度の整備状況に関するアンケート調査を公表年間通報受信件数は10件未満が72%で最多 デロイト トーマツ リスクサービス株式会社は、「内部通報制度の整備状況に関するアンケート調査」の結果を公表する。本調査は、2016年6月~7月に経営企画/総務/法務/内部監査/国際管理の担当者および内部通報サービスに関心のある企業の担当者を対象に行い、230社から有効回答を得た。 - 内部通報窓口のない企業は2%のみで設置は浸透、外部窓口は67%が設置- 年間通報受信件数は10件未満が72%で最多

役員報酬サーベイ(2015年度版)

『役員報酬サーベイ(2015年度版)』の結果を発表 デロイト トーマツ コンサルティング合同会社は、日本企業における役員報酬の水準、役員報酬制度およびコーポレートガバナンスへの対応状況の実態調査を行い、このほどレポートにまとめました。この調査は2015年9月~2015年11月にかけて実施し、上場企業を中心に220社からの回答を得ました。 2016年5月6日デロイト トーマツ コンサルティング合同会社(以下DTC)は、日本企業における役員報酬の水準、役員報酬制度およびコーポレートガバナンスへ

日本版スチュワードシップ・コードへの対応等に関するアンケート(第2回)

日本版スチュワードシップ・コードへの対応等に関するアンケート(第2回)の結果について(平成27年10月実施分) 2016年3月に一般社団法人 日本投資顧問業協会は、日本版スチュワードシップ・コードへの対応等に関するアンケート(第2回)の結果について公表しました。 「方針の策定(原則1、2)」はじめに一般社団法人 日本投資顧問業協会(以下、「投資顧問業協会」)は3月、日本版スチュワードシップ・コードへの対応等に関するアンケート(第2回)*の結果について(平成27年10月実施分)を公表した。本

ミレニアル年次調査

ミレニアル世代とその雇用主~関係性は維持できるかデロイト ミレニアル年次調査  デロイト トウシュ トーマツ リミテッド(デロイト)が行った第5回ミレニアル年次調査から、企業はミレニアル世代の帰属意識を醸成するための工夫を講じない限り、人材の多くを失うリスクがあることがわかった。日本においてもミレニアル世代の52%が2020年までの離職を考えていると回答している。 ミレニアル世代の3分の2が2020年末までに所属する組織を辞める意向を示しているグローバルで87%、日本で82%が企業の成功は

Global Tech Trends 2016

テクノロジーに大きな変革をもたらす事象への理解を深めるため、デロイトでは毎年Global Tech Trendsを発行しております。今回で7回目となるTech Trends 2016は、今後1年半~2年の間にビジネスに大きなインパクトを与えるだろう8つのトレンドに焦点をあて、また各トレンドが計画・設計・導入される段階において企業内統制の立場からサイバーリスクをどう捉えておくべきか考察しております。 Tech Trends 2016 日本語版レポート資料はこちらからダウンロードいただけます。

TMT業界のグローバルトレンド2016 TMT Predictions 2016

『TMT Predictions 2016』では、2016年のテクノロジー・メディア・通信業界において予見されるトレンドを取り上げています。今年はグラフェンやコグニティブ(認知)技術、バーチャルリアリティ(仮想現実)、VoLTE/VoWiFiなど合計17のトピックスについての分析や市場予測を行っています。 TMT業界のグローバルトレンド2016『TMT Predictions 2016』では、2016年のテクノロジー・メディア・通信業界トレンドとして合計17のトピックスについて、予見されるト

クライシスマネジメントに関する企業の実態調査2016

「クライシスマネジメントに関する企業の実態調査2016」の結果を公表増加傾向のクライシスに備え上場企業の6割が全社的プランを策定・検討し、また訓練まで実施 有限責任監査法人トーマツは、「クライシスマネジメントに関する企業の実態調査2016」の結果を本日公表する。この調査は、日本の上場企業におけるクライシスマネジメントの認知・認識とその準備・対応策の現状を把握することを目的に実施し、440社から回答を得た。その内、247社については海外子会社に関しても回答を得た。 2016年3月23日 有限

社外取締役のクライシスに関する意識調査

社外取締役のクライシスに関する意識調査結果を公表クライシスの脅威に対する社外取締役の認識と対処への備えに大幅なギャップ デロイト トウシュ トーマツ リミテッド(デロイト グローバル)は、2016年2月18日、社外取締役のクライシスに関する意識調査「A crisis of confidence」の結果を公表しました。各国の社外取締役は、自社がクライシスに陥った際の組織的対応力に自信を持っています(76%)。しかし、クライシスに最適な対処をするために必要な機能やプロセスを有していると回答した社外

取締役会実態調査アンケート

取締役会実態調査アンケート結果を公表最も足りない情報は「最高経営責任者等の後継者の計画の進捗状況」(38%) 本調査はJPX日経インデックス400銘柄企業(平成27年8月31日時点)及び有限責任監査法人トーマツで選定した企業の計509社を対象とし、2015年12月1日~12月25日に169社から回答を得た。 -取締役会に最も足りない情報は「最高経営責任者等の後継者の計画の進捗状況」(38%)-期待役割を果たすため独立社外取締役に重視するのは経営経験と専門的な知見 2016年3月8日 

イノベーションマネジメント実態調査2016

『イノベーションマネジメント実態調査2016』結果を発表日本企業では経営トップ主導の“掛け声”を中心に取組みは進みつつあるが未だ限定的 一方で取組みを積極化する企業は成長率が高く、資本市場からの評価も高い傾向が明らかに デロイト トーマツ コンサルティング合同会社は、日本企業のイノベーションマネジメントの実態及びイノベーションマネジメント力向上に向けた課題の抽出を目的として実施した『イノベーションマネジメント実態調査 2016』の分析結果を発表しました。 2016年2月25日デロイト トー

『ワークスタイル実態調査』(2015年版)

『ワークスタイル実態調査』(2015年版)結果発表ワークスタイル変革の目的は「コスト削減」から、「多様な人材維持・獲得」「イノベーションの創出」「コミュニケーション活性化」と位置づける企業が増加 デロイト トーマツ コンサルティング合同会社は、日本企業における働き方に関する取組み状況を、制度、テクノロジー、オフィス環境、企業文化(カルチャー)などの複合的な観点から調査した『ワークスタイル実態調査』の分析結果を発表します。 2016年2月22日デロイト トーマツ コンサルティング合同会社は、

Deloitte Football Money League 2016

Welcome to the 20th edition of the Deloitte Football Money League in which we profile the highest revenue generating clubs in world football. Published just eight months after the end of the 2015/16 season, the Money League is the most contemporary

世界モバイル利用動向調査 2015~第2部 デバイス利用・モバイル決済・IoT/スマートデバイス編~

日本では起床直後・就寝直前の携帯電話利用割合が高いデロイト「世界モバイル利用動向調査2015」 第2部 デバイス利用状況・モバイル送金/決済・IoT/スマートデバイス編 デロイト トーマツ コンサルティング合同会社は、世界30ヶ国49,000人を対象に実施した「世界モバイル利用動向調査」をもとにした、日本、イギリス、フランス、ドイツ、ロシア、中国、インド、シンガポール、ブラジルとの比較分析結果をまとめました。 デロイト トーマツ コンサルティング合同会社マーケティング&コミュニケーシ

テクノロジー企業成長率ランキング 2015年 第14回「デロイト アジア太平洋地域テクノロジー Fast500」

テクノロジー企業成長率ランキング 2015年 第14回「デロイト アジア太平洋地域テクノロジー Fast500」発表中国企業とクリーンテック領域企業が躍進 ランキング上位10社に中国企業が6社ランクイン、全500社中でも139社が受賞クリーンテック領域のランクイン企業が500社中48社と大幅に増加1位は2年連続で韓国企業がランクイン受賞した500社の平均成長率は前年比10ポイント増の415%と引き続き堅調に推移ソフトウエア領域の受賞企業数が前年比24%増加し、全事業領域中で引き続き最多 2

「世界モバイル利用動向調査2015」 第1部 デバイス所有・通信環境編

日本の消費者は新しいスマートデバイスの購入意欲が低いデロイト「世界モバイル利用動向調査2015」 第1部 デバイス所有・通信環境編 デロイト トーマツ コンサルティング合同会社は、世界30ヶ国49,000人を対象に実施した「世界モバイル利用動向調査」をもとにした、日本、イギリス、フランス、ドイツ、ロシア、中国、インド、シンガポール、ブラジルとの比較分析結果等をまとめました。 2015年12月1日デロイト トーマツ コンサルティング合同会社は、世界30ヶ国49,000人を対象に実施した「世界

中小企業の人材育成に関する調査研究

中小企業の人材育成に関する調査研究の結果を発表中小企業の人材育成は「経験マネジメント」がカギ、「屋根瓦式の人材育成」をいかに実現するかが課題 経営者・人事担当者・管理職およびその部下となる若手・中堅社員(社会人歴2年以上10年未満)の4つの層について多層的・立体的に、日本の中小企業の人材育成の実態に関する日本初の調査研究を実施しました。中小企業の人材育成に関する「通説」は科学的に検証ができないこと、また「経験マネジメント」を通して「屋根瓦式の人材育成」をいかに実現するかが課題であることが分かり

テクノロジー企業成長率ランキング 第13回 「デロイト トウシュ トーマツ リミテッド 日本テクノロジー Fast50」

テクノロジー企業成長率ランキング 第13回 「デロイト トウシュ トーマツ リミテッド 日本テクノロジー Fast50」発表成長率300%以上が受賞企業全体の4割、100%以上が9割 有限責任監査法人トーマツは、日本国内のTMT(テクノロジー・メディア・テレコミュニケーション)業界の企業を対象にした、過去4決算期の収益(売上高)に基づく成長率のランキング、第13回「デロイト トウシュ トーマツ リミテッド 日本テクノロジー Fast50」を発表した。 ・成長率300%以上が受賞企業全体の4

2015年『電気自動車(EV)など次世代車に関する消費者意識調査』

2015年『電気自動車(EV)など次世代車に関する消費者意識調査』燃料電池車(FCV)の認知が大幅上昇。すべての次世代車に対する購入意向が高まる デロイト トーマツ コンサルティング合同会社は、日本の消費者における「電気自動車(EV)を含む次世代車に関する意識調査」を実施、動向を分析したものを発表する。なお、本調査は2010年以降、毎年継続して実施している。 2015年6月29日デロイト トーマツ コンサルティング合同会社(本社:東京都千代田区 代表執行役社長:近藤 聡 以下:DTC)は日

医療、ライフサイエンス分野の未来予想です。

未来の医療/ライフサイエンス企業はどのように戦うか?

未来の医療/ライフサイエンス企業はどのように戦うか?シリーズ “Predictions 2020-2030” 第1回 2020~2030年における世界・日本の医療の未来予想図とその中でのライフサイエンス企業の戦い方とは? 経済、人口ともにアジア・アフリカを中心として拡大し続ける中で、新興国や発展途上国での生活環境の向上から地域間での疾患構造の差が縮まり、多くの人が生活習慣病に悩まされる2020~2030年の世界。日本では超高齢化社会の到来とともに、医療先進国の欧米諸国に一足遅れて、コンシュ

複合開発におけるホテルの機能・ブランドの重要性

複合開発におけるホテルの機能・ブランドの重要性 2020年に東京オリンピックが開催されることが決定したことも後押しする形となって、昨今関係者等によるインフラ整備や都市開発の検討が活発になっている。都心部における都市開発計画には、ホテルを含む複合施設の開発案件が複数あることを踏まえ、本稿では複合開発におけるホテルの機能とブランドの重要性について考察したい。 1.はじめに (直近の国内ホテルマーケット状況について)国内主要都市のホテルマーケットが好調だ。アジアの経済成長に伴うアジア発の海外旅

Industry Eye 第12回 テレコム(通信)業界

Industry Eye 第12回 テレコム(通信)業界 香港の情報通信業界にみる今後の日本の通信業界への示唆 デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社のインダストリースペシャリストが各業界を取り巻く環境と最新のM&A動向について解説する「Industry Eye」。今回は、今後の日本の情報通信産業の課題と市場動向の変化を予想する上で、香港の情報通信産業の現状と動向について分析しています。 Ⅰ. はじめにテレコム業界では、ソフトバンクによるSprint買収(2013年7

世界のM&A事情 ~台湾~

デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社の駐在員から、現地のM&Aの状況・トレンド、M&A交渉の際の留意点などをご紹介します。今回は台湾です。 台湾のM&A状況日本の経済産業省にあたる台湾経済部(商業司)が公表するM&A市場の統計データによれば、国内のM&A(合併、買収、株式交換、会社分割を含む)は件数ベースで直近5年間は200件弱で推移している。一方、金額ベースでは2009年にリーマンショックの影響で急落したM&A市場は2011年には2008年のピーク時に近い水準まで回復

PPP/PFIにおけるセカンダリー・マーケットの可能性(1) 英国のPFIにおけるセカンダリー・マーケットの動向

PPP/PFIにおけるセカンダリー・マーケットの可能性(1)英国のPFIにおけるセカンダリー・マーケットの動向 本稿より2回シリーズにて、PPP/PFIのセカンダリー・マーケットに係る基礎的情報として、英国における取り組み状況などを説明し、その上でわが国におけるPPP/PFIのセカンダリー・マーケットの構築可能性について検討・考察する 。第1回目の今回は、英国におけるアベイラビリティ・ペイメント型PFI を中心としたセカンダリー・マーケットの動向について整理を行う。 1. はじめに国およ

Industry Eye 第11回 メディア(後編)M&Aが切り拓く日本のメディア企業の未来

Industry Eye 第11回 メディア(後編)M&Aが切り拓く日本のメディア企業の未来 デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社のインダストリースペシャリストが各インダストリーを取り巻く環境と最近のM&A動向について解説する「Industry Eye」。前回に引続き今回も、インターネットの発達により今もなお大きく変化し続けているメディア業界を取り上げます。国内外のメディア企業の事例や、業界のM&A動向を踏まえ、メディア企業の抱える課題とその解決策としてのM&A戦略につい

トーマツの調査です。

グローバルサーベイにみるシェアードサービスの現状 2015年版

グローバルサーベイにみるシェアードサービスの現状 2015年版Global Shared Service Survey 2015 デロイト トーマツ グループが2015年に実施したグローバル シェアードサービス サーベイより、グローバルにおけるシェアードサービスの実態・トレンドを紹介する。 2015年版 シェアードサービスサーベイ結果概要デロイト トーマツ グループが2015年に調査したシェアードサービスの実態・トレンドに関するサーベイ結果の概要を紹介します。第8回となる今回のサーベイで

Analytics Trends 2015

Analytics Trends 2015では、今年注目すべき8つのアナリティクストレンドに焦点をあてて、ご紹介します。 Analytics Trends 2015『ビジネス・アナリティクスにまつわる一時期の狂騒も、やや下火となりつつある』。もしそのように感じられるとすれば、それは企業のビジネス・アナリティクスの活用への関心が失われつつあるからではない。むしろアナリティクスは進展をつづけ、いまや全世界におけるビジネス上の意思決定のメインストリームとなりつつある。アナリティクスは、いわば我々

トーマツの調査です。

第2回コーポレートガバナンス・コードの企業意識調査レポート

第2回コーポレートガバナンス・コードの企業意識調査レポート適用初年度の開示時期に関する企業の意識は? デロイト トーマツ グループでは、【緊急セミナー第2弾】「東京証券取引所によるコーポレートガバナンス・コードに関する上場規則改定案の解説及びコードを通じたガバナンス推進支援セミナー」を各地区で開催し、参加者に実施したアンケート結果をまとめています。 アンケート概要デロイト トーマツ グループでは、1月~2月にかけて各地区で開催した第1弾コーポレートガバナンス・コード対応セミナーに引き続き

Industry Eye 第10回 メディア(前編)

Industry Eye 第10回 メディア(前編)M&Aが切り拓く日本のメディア企業の未来 デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社のインダストリースペシャリストが各インダストリーを取り巻く環境と最近のM&A動向について解説する「Industry Eye」。今回から2回にわたって、インターネットの発達により変化し続けているメディア業界を取り上げます。国内外のメディア企業の事例や、業界のM&A動向を踏まえ、メディア企業の抱える課題とその解決策としてのM&A戦略について分析して

トレンド調査です。

TMT業界のグローバルトレンド2015 TMT Predictions 2015

『TMT Predictions 2015』では、2015年のテクノロジー・メディア・通信業界において予見されるトレンドを取り上げています。今年はドローンや3Dプリンティングなど最近よく耳にするトピックから、コンテンツ消費やITの発展などより専門的なトピックまで、合計13のトピックスについての分析を行っています。 TMT業界のグローバルトレンド2015『TMT Predictions 2015』では、2015年のテクノロジー・メディア・通信業界トレンドとして合計13のトピックスについて、予

企業の不正リスク実態調査 2014

デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社と有限責任監査法人トーマツは、全上場企業を対象に企業の不正リスク実態調査を行い、402社の企業の皆様から回答を得ました。本調査では、発生した不正の実態および対応の実態、不正防止および早期発見への取り組みという2つの側面からアンケート結果を分析しています。 前回調査(2014年3月末時点)から2年余りが経過しました。その間においても、多くの企業で不正が発生しております。また、その内容は多岐にわたるとともに、企業の運命を大きく左右する場合

IT業界についてのレポートです。

Industry Eye 第9回 テクノロジー

Industry Eye 第9回 テクノロジー日本のIT企業の動向 デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社のインダストリースペシャリストが各インダストリーを取り巻く環境と最近のM&A動向について解説する「Industry Eye」。第9回は、IT業界、特にシステム開発業界に焦点を当て、その業界動向と業界構造について解説したうえで、事業拡大へ向けたIT企業の今後の方向性について、業界のM&A動向も含めて取り上げます。 I. はじめに本稿では、IT業界の業界動向、業界構造、

トーマツの調査です。

役員報酬サーベイ(2014年度版)

『役員報酬サーベイ(2014年度版)』の結果概要 デロイト トーマツ コンサルティング株式会社は、2014年9月から11月にかけて日本企業における役員報酬の水準、役員報酬制度およびコーポレート・ガバナンスへの対応状況の実態調査を行い、このほどその結果をまとめた。この調査は上場企業を中心に144社からの回答を得たもの。 2015年3月25日役員報酬のうち、金銭による報酬(金銭報酬総額)の水準は、社長4120万円、常務2580万円、取締役・執行役員1773万円、社外取締役(グループ会社外から招

2015年版 タイ市場動向

タイはこれまでにアジア通貨危機、歴史的な大洪水、政治的な混乱などで度々の経済減速に見舞われてきましたが、ASEANではインドネシアに次ぐGDP規模を誇る有望な市場です。本レポートでは、タイのマクロ環境と、加工食品・飲料市場、日用品市場、小売市場の動向についてとり上げています。ここではサマリーをご紹介していますが、本編をご希望の方は、問い合わせフォーム(右矢印からアクセス)よりお申し込み頂けます。 1.マクロ環境タイは、インドシナ半島の中央及びマレー半島の北部に位置している。面積は51.3万

トーマツのレポートです。

わが国における物流の近代化(その1)~“より大量に”から“より早く、より便利に”へ~

わが国における物流の近代化(その1)~“より大量に”から“より早く、より便利に”へ~ 大量生産・大量消費社会の終焉とともに、わが国の物流には、単にモノを運ぶだけの「作業」から運ぶ行為によって新たな価値を提供する「サービス」への変革が求められています。 筆者 公認会計士 渡邊 徳栄 1、時代の変遷と物流に求められる役割の変化物流は、産業や生活の基盤であり、経済社会にとって不可欠な機能です。このため、時代の変遷に伴う産業構造の転換や経済社会の変化に応じて、物流に求められる役割も変化してきました

コーポレートガバナンス・コードへの対応についての調査です。

コーポレートガバナンスコードの企業意識調査レポート

コーポレートガバナンス・コードの企業意識調査レポート13のKeywordにおける企業の対応状況は? デロイト トーマツ グループが2015年1月~2月に開催した『金融庁・東京証券取引所におけるコーポレートガバナンス・コードの基本的な考え方に関する解説セミナー<第1弾>』で、参加者に実施したアンケート結果をまとめています。 アンケート概要デロイト トーマツ グループでは、1月~2月にかけて各地区で開催したコーポレートガバナンス・コード対応セミナー<第1弾>において参加者に、コーポレートガバ

自動車部品メーカーのM&A動向

2014年後半、独ZFによる米TRWの買収や、トヨタによるグループサプライヤーの再編が報道された。自動車産業を取り巻く環境は劇的な変化を続ける中、日系自動車部品メーカーの視点から近年のM&A動向を検証し、今後の産業全体の潮流を踏まえ生き残りに向けた示唆を提示する。(Automotive Newsletter Vol.21 2015/2) M&Aのすゝめ昨今の自動車業界を取り巻く競争環境は劇的に変化し続けている。2014年後半には、独ZFによる米TRWの買収や、トヨタによるグループサプライヤ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ