「東京大学」による調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
会社名をGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年12月18日東京大学フィードバック数:0マーケティング

統合失調症の病名変更が新聞報道に与えた影響

統合失調症の病名変更が新聞報道に与えた影響約30年間にわたる新聞記事データ5万件をテキストマイニングで解析新聞記事件数の推移と、記事の見出しに用いられた単語のカテゴリー (上)「精神分裂病」と「統合失調症」を用いた新聞記事件数の推移と、(下)記事の見出しに用いられた単語数をカテゴリーごとに集計したもの。統合失調病の病名変更後、旧病名はほとんど用いられなくなったが、依然として犯罪関係とともに用いられることが最も多かった。©東京大学学生相談ネットワーク本部/保健・健康推進本部の小池進介講師らは、過去

2015年6月7日東京大学★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

自動車産業と為替についてのレポートです。

グローバル製品・市場戦略論:日本自動車産業のケース研究(3)日本自動車産業の円高問題・円安問題

MMRCDISCUSSION PAPER SERIESNo. 472グローバル製品・市場戦略論:日本自動車産業のケース研究(3)日本自動車産業の円高問題・円安問題東京大学ものづくり経営研究センター大鹿隆2015 年 6 月東京大学ものづくり経営研究センターManufacturing Management Research Center (MMRC)ディスカッション・ペーパー・シリーズは未定稿を議論を目的として公開しているものである。引用・複写の際には著者の了解を得られたい。http://merc

2015年5月13日東京大学★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

自動車産業についてのレポートです。

グローバル製品・市場戦略論: 日本自動車産業のケース研究 (2)日本自動車メーカーの競争力と実力ランキング

グローバル製品・市場戦略論: 日本自動車産業のケース研究 (2)日本自動車メーカーの競争力と実力ランキング

2015年4月29日東京大学★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

自動車産業についてのレポートです。

グローバル製品・市場戦略論:日本自動車産業のケース研究(1)日本自動車生産台数の長期推移とそれぞれの時代の特徴

グローバル製品・市場戦略論:日本自動車産業のケース研究(1)日本自動車生産台数の長期推移とそれぞれの時代の特徴

2015年3月28日東京大学フィードバック数:0マーケティング

選好の逆転:解釈レベル理論に割引の概念を組み込んだモデルによる分析

MMRCDISCUSSION PAPER SERIESNo. 469選好の逆転:解釈レベル理論に割引の概念を組み込んだモデルによる分析東京大学大学院経済学研究科阿部誠早稲田大学商学学術院守口剛専修大学商学部八島明朗2015 年 3 月東京大学ものづくり経営研究センターManufacturing Management Research Center (MMRC)ディスカッション・ペーパー・シリーズは未定稿を議論を目的として公開しているものである。引用・複写の際には著者の了解を得られたい。http:

2014年12月14日東京大学フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

中小製造業における海外生産展開の与える国内拠点への影響 完成品・半製品の注文流入による国内拠点の拡大

中小製造業における海外生産展開の与える国内拠点への影響 完成品・半製品の注文流入による国内拠点の拡大

2014年12月14日東京大学フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

トヨタのグローバル・サプライチェーンマネジメント

MMRCDISCUSSION PAPER SERIESNo. 463トヨタのグローバル・サプライチェーンマネジメント明治大学商学部富野貴弘東京大学大学院経済学研究科新宅純二郎東京大学大学院経済学研究科博士課程小林美月2014 年 11 月東京大学ものづくり経営研究センターManufacturing Management Research Center (MMRC)ディスカッション・ペーパー・シリーズは未定稿を議論を目的として公開しているものである。引用・複写の際には著者の了解を得られたい。htt

2014年10月3日東京大学★★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス海外

中国の自動車産業についてのレポートです。

続・中国自動車産業の実力

続・中国自動車産業の実力

2014年10月3日東京大学フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

電機産業の現場力調査:日本の現場の競争力を支える職場

電機産業の現場力調査:日本の現場の競争力を支える職場

2014年10月3日東京大学★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス海外

各国の生産性比較です。

アジア自動車工場の生産性と賃金率の格差に関する研究―IMVP ラウンド4(2006 年)調査をベースとして―

MMRCDISCUSSION PAPER SERIESNo. 461アジア自動車工場の生産性と賃金率の格差に関する研究―IMVP ラウンド4(2006 年)調査をベースとして―東京大学ものづくり経営研究センター大鹿特任研究員隆2014 年 10 月東京大学ものづくり経営研究センターManufacturing Management Research Center (MMRC)ディスカッション・ペーパー・シリーズは未定稿を議論を目的として公開しているものである。引用・複写の際には著者の了解を得られた

2014年10月3日東京大学★★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス海外

ASEANの自動車産業についてのレポートです。

アセアン自動車産業の実力

アセアン自動車産業の実力

2014年9月10日東京大学フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

地球温暖化の停滞現象(ハイエイタス)の要因究明 ~2000年代の気温変化の3割は自然の変動~

地球温暖化の停滞現象(ハイエイタス)の要因究明 ~2000年代の気温変化の3割は自然の変動~2014年9月1日渡部雅浩(東京大学大気海洋研究所)塩竈秀夫(国立環境研究所)建部洋晶(海洋研究開発機構)林未知也(東京大学大気海洋研究所)石井正好(気象庁気象研究所)木本昌秀(東京大学大気海洋研究所)発表のポイント: 全球気候モデルによるシミュレーションにより、2000年以降の地球全体の気温上昇の停滞状態(ハイエイタス、注1)の再現に成功しました。気候の内部変動(注2)の地球全体の気温変化に対する寄与は

2014年5月22日東京大学フィードバック数:0ライフスタイル

在宅医療と介護の連携のための情報システムの共通基盤のあり方に関する調査研究報告書

IAGG参加リポート20172017年7月23日~27日、The 21th IAGG World Congress of Gerontology and Geriatrics(第21回国際老年学会議)がサンフランシスコで開催され、IOG/GLAFS […]大月敏雄教授の新刊『町を住みこなすー超高齢社会の居場所づくり』が発売されましたGLAFSのプログラム担当教員である大槻敏雄教授(工学系研究科建築学専攻)の新刊が岩波書店から発売されました。人口減少社会における居住は、個人、地域、社会で今や大問題

2014年4月15日東京大学★フィードバック数:0キャリアとスキル

高齢者の社会活動についての調査です。

高齢者の社会参加の実態とニーズを踏まえた社会参加促進策の開発と社会参加効果の実証に関する調査研究

5月19日国際レクチャー開催のお知らせ高齢社会総合研究機構主催 レクチャー Korean Baby Boomers, will they become Senior Bomb? 韓国も日本をしのぐスピードで進む高齢化社会を迎えています。韓国の高齢化の現状 […]「鎌倉リビングラボ」が日経新聞夕刊に取り上げられました<「鎌倉リビングラボ」が日経新聞夕刊に取り上げられました> 4月4日、秋山弘子先生が進める産学官民のプロジェクト「鎌倉リビングラボ」が日経新聞夕刊に取り上げられました。こちらからご覧に

2014年4月1日東京大学フィードバック数:0キャリアとスキル

管理職意識啓発研修の効果に関する報告書(2014)

平成 26 年 3 月 31 日東京大学社会科学研究所ワーク・ライフ・バランス推進・研究プロジェクト管理職意識啓発研修の効果に関する報告書東京大学ワーク・ライフ・バランス推進・研究プロジェクト管理職意識啓発研修の効果に関する報告書1. 調査概要本報告は、協力企業 5 社の部下を持つ課長クラスの管理職 276 名に対し、職場のワーク・ライフ・バランス(以下、WLB と記す)実現のための、意識啓発研修を実施した結果の一部をまとめたものである。佐藤博樹 1、髙畑祐三子 2の 2 名で調査票および研修プ

2014年3月30日東京大学★フィードバック数:0ライフスタイル

市場データです。

水産業の現状と課題

MMRCDISCUSSION PAPER SERIESNo. 455水産業の現状と課題東京大学ものづくり経営研究センター・特任研究員漁業構造改革総合対策事業・中央協議会委員高井紘一朗2014 年 3 月東京大学ものづくり経営研究センターManufacturing Management Research Center (MMRC)ディスカッション・ペーパー・シリーズは未定稿を議論を目的として公開しているものである。引用・複写の際には著者の了解を得られたい。http://merc.e.u-tokyo

2013年10月17日東京大学フィードバック数:0ライフスタイル

在宅医療と介護の連携のための情報システムの共通基盤のあり方に関する調査研究事業

大月敏雄教授の新刊『町を住みこなすー超高齢社会の居場所づくり』が発売されましたGLAFSのプログラム担当教員である大槻敏雄教授(工学系研究科建築学専攻)の新刊が岩波書店から発売されました。人口減少社会における居住は、個人、地域、社会で今や大問題。町が人びとの多様なニーズに応えていくために必要な条件 […]GLAFS 特任教員を募集GLAFS 特任教員を募集 東京大学大学院博士課程リーディングプログラム「活力ある超高齢社会を共創するグローバル・リーダー養成プログラム」(平成25年度採択)では、本事

2012年6月29日東京大学★フィードバック数:3大型消費/投資

シニアの生活や資産についての調査です。

中高年者の生活実態に関する全国調査

広報記者発表一覧中高年者の生活実態に関する全国調査 結果概要 平成24年6月20日東京大学大学院人文社会系研究科(※本ページに掲載の情報は、プレスリリース当時のものです。最新の情報は「階層格差と公共性プロジェクト」ウェブサイトをご確認ください。)1. 発表者:白波瀬佐和子(東京大学大学院人文社会系研究科社会文化研究専攻(社会学) 教授)2. 発表のポイント:- 日本に居住する50歳から84歳の男女を対象に「中高年者の生活実態に関する全国調査」を実施。その実態を網羅的に提示した。- 経済状況に加

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ