「林野庁」による調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
会社名をGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年5月23日林野庁★★フィードバック数:0社会/政治

外国資本による森林買収に関する調査

プレスリリース外国資本による森林買収に関する調査の結果について農林水産省は、平成28年における外国資本による森林買収の事例について、都道府県を通じて調査を行い、結果を取りまとめました。 1.調査方法 平成28年1月から12月までの期間における外国資本による森林買収について、森林法に基づく届出情報などの行政が保有する情報(注)を参考に、都道府県を通じて調査を行いました。 (注)行政が保有する情報 面積にかかわらず、森林の土地の所有者となった場合に市町村へ提出されたものです。一定面積以上(都市計画区

2017年2月13日林野庁フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成27年 木質バイオマスエネルギー利用動向調査

プレスリリース「平成27年 木質バイオマスエネルギー利用動向調査」の結果(確報)について林野庁は、「木質バイオマスエネルギー利用動向調査」の調査結果を取りまとめましたので公表します。平成27年にエネルギーとして利用された木質バイオマスの量は、木材チップが690万絶乾トン、木質ペレットが16万トン、薪が5万トン、木粉(おが粉)が37万トンで、木材チップのうち、間伐材・林地残材等に由来するものは117万絶乾トンでした。また、木質バイオマスを利用する発電機の数は232基、ボイラーの数は1,945基でし

2016年9月2日林野庁フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成27年 木質バイオマスエネルギー利用動向調査

プレスリリース「平成27年 木質バイオマスエネルギー利用動向調査」の結果(速報)について林野庁は、「木質バイオマスエネルギー利用動向調査」のうち、平成27年にエネルギーとして利用された木材チップの量(速報)を取りまとめましたので公表します。全体で719万トン、このうち間伐材・林地残材等に由来するものは、123万トンとなりました。1.当調査の概要について「木質バイオマスエネルギー利用動向調査」は、木質バイオマス(注)のエネルギーとしての利用動向を把握するため、木質バイオマスを利用している発電機及び

2016年6月11日林野庁★フィードバック数:0社会/政治

平成26年度の公共建築物の木造率について

ホーム > 平成26年度の公共建築物の木造率について平成26年度の公共建築物の木造率について 平成26年度に着工された公共建築物の木造率(床面積ベース)は、前年度から1.5ポイント増加し10.4%となり、初めて10%を超える結果となりました。 概要平成26年度に着工された公共建築物の木造率(床面積ベース)は、前年度から1.5ポイント増加し10.4%となり、「公共建築物等における木材の利用の促進に関する法律」(平成22年法律第36号)の施行から5年目にして、初めて10%を超える結果となりまし

2016年5月10日林野庁フィードバック数:0社会/政治

外国資本による森林買収に関する調査

外国資本による森林買収に関する調査の結果について農林水産省は、平成27年における外国資本による森林買収の事例について、都道府県を通じて調査を行い、結果を取りまとめました。 1. 調査方法平成27年1月から12月までの期間における外国資本による森林買収について、森林法に基づく届出情報などの行政が保有する情報(注)を参考に、都道府県を通じて調査を行いました。(注)行政が保有する情報 面積にかかわらず、森林の土地の所有者となった場合に市町村へ提出されたものです。 一定面積以上(都市計画区域外

2015年5月31日林野庁★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

白書です。

平成26年度森林・林業白書

「平成26年度森林・林業白書」の公表について本日、「平成26年度森林及び林業の動向」及び「平成27年度森林及び林業施策」(「平成26年度森林・林業白書」)が、国会提出案件として閣議決定されました。 1 「平成26年度森林・林業白書」の概要森林・林業白書は、森林・林業基本法に基づき、政府が毎年作成して国会に提出するもので、森林・林業の動向と政府の施策について記述しています。 「平成26年度森林・林業白書」においては、森林資源の循環利用を担う木材産業を特集章として記述するとともに、林業の成長

2015年4月24日林野庁フィードバック数:0社会/政治

外国資本による森林買収に関する調査

外国資本による森林買収に関する調査の結果について農林水産省は、平成26年における外国資本による森林買収の事例について、都道府県を通じて調査を行い、結果を取りまとめました。 1.調査方法平成26年1月から12月までの期間における外国資本による森林買収について、森林法に基づく届出情報などの行政が保有する情報(注)を参考に、都道府県を通じて調査を行いました。(注)行政が保有する情報面積にかかわらず、森林の土地の所有者となった場合に市町村へ提出されたものです。 一定面積以上(都市計画区域外の

2015年3月29日林野庁フィードバック数:0社会/政治

平成26年度 森林内の放射性物質の分布状況調査

平成26年度 森林内の放射性物質の分布状況調査結果について農林水産省は、東京電力福島第一原子力発電所の事故を受け、平成23年度から福島県内の森林において土壌や落葉層、樹木の葉や幹などの放射性セシウム濃度とその蓄積量の調査を実施しており、この度、平成26年度の調査結果を取りまとめました。 1.調査の概要東京電力福島第一原子力発電所の事故により、森林地域に放射性物質が降下しました。農林水産省は、森林内の放射性物質の分布状況等を的確に把握した上で、森林の取扱い等の対策を検討するため、平成23年

2015年2月11日林野庁フィードバック数:0ライフスタイル

平成26年の林産物の輸出実績

平成26年の林産物の輸出実績について林野庁は、財務省貿易統計の公表を受け、「平成26年の林産物の輸出実績」を取りまとめました。 概要1.平成26年の我が国の林産物(木材と特用林産物の合計)の輸出額は、前年に比べて39%増加し、219億円となりました。2.林産物の内訳は、以下のとおりです。木材:178億円(対前年比+45%) 特用林産物:41億円(対前年比+17%)3.輸出先については、1位が中国、2位が韓国、3位が台湾となっています。なお、詳細については、下記の添付資料を御覧ください。注

2014年11月19日林野庁フィードバック数:0ライフスタイル

きのこ原木の需給状況(平成26年9月末時点)

きのこ原木の需給状況(平成26年9月末時点) 林野庁は、放射性物質の影響により、全国的に不足しているきのこ原木の安定供給の取組の一環として、きのこ原木に関する全国的な需給状況(平成26年9月末時点)を取りまとめました。 概要林野庁では、放射性物質の影響により、安全なきのこ原木が不足している状況を解消するため、きのこ原木の他県への供給可能量の掘り起こしや、きのこ原木の供給希望者と供給可能者との都道府県を越えたマッチングなどの取組を行っています。これらの取組の一環として、平成24年度から春

2014年11月2日林野庁フィードバック数:0ライフスタイル

平成25年の特用林産物の生産動向等について

平成25年の特用林産物の生産動向等について林野庁は、平成25年の特用林産物の生産動向等を取りまとめました。 生産動向等について林野庁は、毎年、特用林産物(※)の各品目ごとに生産量と生産額について調査を行い、特用林産物の生産動向等について公表しています。この調査は、農山村の生産活動に大きく寄与している特用林産物について生産量等の変動の実態を継続的に把握し、その調査結果を分析して、需給の安定等に関する施策を推進することを目的としています。生産動向のポイントきのこ類の生産量は、平成25年は前年

2014年9月12日林野庁フィードバック数:0ライフスタイル

平成25年 特用林産物の生産量(速報・主要品目)

平成25年 特用林産物の生産量(速報・主要品目)について林野庁は、平成25年 特用林産物の生産量(速報・主要品目)を取りまとめました。 生産量(速報値)について平成25年の生産量について、きのこ類では、「生しいたけ」、「えのきたけ」は前年並み、「ひらたけ」、「まいたけ」、「エリンギ」及び「まつたけ」は前年より増加、「乾しいたけ」、「なめこ」及び「ぶなしめじ」は減少となりました。このほか、「竹炭」は増加し、「たけのこ」、「黒炭」及び「竹酢液」は減少、「白炭」、「木酢液」は前年並みとなりまし

2014年5月30日林野庁★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

白書です。

平成25年度森林・林業白書

「平成25年度森林・林業白書」の公表について本日、「平成25年度森林及び林業の動向」及び「平成26年度森林及び林業施策」(「平成25年度森林・林業白書」)が、国会提出案件として閣議決定されました。 1 「平成25年度森林・林業白書」の概要森林・林業白書は、森林・林業基本法に基づき、政府が毎年作成して国会に提出するもので、森林・林業の動向と政府の施策について記述しています。 「平成25年度森林・林業白書」においては、木を植えて育てる森林整備の役割や、木を使うことも含めた森林整備推進のための

2014年4月25日林野庁フィードバック数:0社会/政治

外国資本による森林買収に関する調査

外国資本による森林買収に関する調査の結果について農林水産省は、平成25年における外国資本による森林買収の事例について、都道府県を通じて調査を行い、結果を取りまとめました。 1.調査方法平成25年1月から12月までの期間における外国資本による森林買収について、森林法に基づく届出情報などの行政が保有する情報(注)を参考に、都道府県を通じて調査を行いました。(注)行政が保有する情報面積にかかわらず、森林の土地の所有者となった場合に市町村へ提出されたものです。 一定面積以上(都市計画区域外の場

2014年4月3日林野庁フィードバック数:0社会/政治

森林内の放射性物質の分布状況調査

森林内の放射性物質の分布状況調査結果について農林水産省は、東京電力福島第一原子力発電所の事故を受け、平成23年度から福島県内の森林において実施している土壌や落葉層、樹木の葉や幹などの放射性セシウム濃度とその蓄積量の調査について、平成25年度の調査結果を取りまとめました。 1.調査の概要 東京電力福島第一原子力発電所の事故により、森林地域に放射性物質が降下しました。農林水産省は、森林内の放射性物質の分布状況等を的確に把握した上で、森林の取扱い等の対策を検討するため、平成23年度から、独立行

2014年3月31日林野庁フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2013年木材輸入実績

2013年木材輸入実績林野庁は、財務省が公表している貿易統計のうち、木材の輸入額及び輸入量を取りまとめたものを毎年公表しています。2013年1月から12月までの貿易統計の確定値が3月13日に公表され、これを基に2013年の木材の輸入実績を取りまとめました。 木材輸入実績について木材全体の輸入額と、この内の主要品目である丸太、製材、合板、木材チップ、集成材の輸入額・輸入量について、地域別や主な輸入先国別に集計しています。過去3年間の木材輸入実績を並べて掲載しており、近年の木材輸入の動向が分

2013年11月2日林野庁フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成24年の特用林産物の生産動向等について

平成24年の特用林産物の生産動向等について林野庁は、平成24年の特用林産物の生産動向等を取りまとめました。 生産動向等について 林野庁は、特用林産物(※)の生産量について各品目ごとに毎年調査を行い、特用林産物の生産量、生産額の動向等について公表しています。この調査は農山村の生産活動に大きく寄与している特用林産物について生産量等の変動の実態を継続的に把握し、その調査結果を分析して、需給の安定等に関する施策を推進することを目的としています。生産動向のポイントきのこ類の生産量は平成12年以降増

2013年6月30日林野庁★フィードバック数:5製造業/エレクトロニクス

年間のまとめです。

平成24年木材需給表(用材部門)

「平成24年木材需給表(用材部門)」の概要について林野庁は、本日、平成24年(平成24年1月~12月)の木材需給表(用材部門)を取りまとめました。総需要量は7,063万3千立方メートル(丸太換算。以下同じ。)で、前年に比べ2.9%減少しました。国内生産量は1,968万6千立方メートルで前年に比べ1.6%増加したのに対し、輸入量は5,094万7千立方メートルで前年に比べ4.5%減少しました。このため、木材(用材)自給率は前年に比べ1.3ポイント上昇し、27.9%となりました。 1 木材需給

2013年6月9日林野庁★フィードバック数:9製造業/エレクトロニクス

震災復興や地球温暖化も重要なテーマです。

平成24年度森林・林業白書

「平成24年度森林・林業白書」の公表について本日、「平成24年度森林及び林業の動向」並びに「平成25年度森林及び林業施策」(「平成24年度森林・林業白書」)が、国会提出案件として閣議決定されました。 1 「平成24年度森林・林業白書」の概要森林・林業白書は、森林・林業基本法に基づき、政府が毎年作成して国会に提出するもので、森林・林業の動向と政府の施策について記述しています。 「 平成24年度森林・林業白書」においては、特に、森林・林業の再生に向けた取組や、公益重視の管理経営を一層推進する

2013年4月15日林野庁フィードバック数:68社会/政治

外国資本による森林買収に関する調査の結果について

外国資本による森林買収に関する調査の結果について農林水産省は、外国資本による森林買収に関して、平成24年の事例について都道府県を通じて調査を行い、結果をとりまとめました。 1.調査方法平成24年1月から12月までの期間における外国資本による森林買収について、森林法に基づく届出情報及びその他の行政が保有する情報※(国土利用計画法に基づく届出情報など)を参考に、都道府県を通じて調査を行いました。確認された事例は次のとおりです。※行政が保有する情報・森林法に基づく届出情報本届出は平成24年4月

2013年4月1日林野庁フィードバック数:14製造業/エレクトロニクス

2012年木材輸入実績

2012年木材輸入実績林野庁は、財務省が公表している貿易統計のうち、木材の輸入額及び輸入量をとりまとめたものを毎年公表しています。2012年1月から12月までの貿易統計の確定値が3月13日に公表され、これを基に木材の輸入実績をとりまとめました。 木材輸入実績について木材全体の輸入額と、この内の主要品目である丸太、製材、合板、木材チップ、集成材の輸入額・輸入量について、地域別や主な輸入先国別に集計しています。過去3年間の木材輸入実績を並べて掲載しており、近年の木材輸入の動向が分かります。ま

2012年5月2日林野庁フィードバック数:17社会/政治

「平成23年度森林・林業白書」の公表について

「平成23年度森林・林業白書」の公表について「平成23年度森林及び林業の動向」並びに「平成24年度森林及び林業施策」(「平成23年度森林・林業白書」)が、本日、国会提出案件として閣議決定されました。 「平成23年度森林・林業白書」の概要「平成23年度森林・林業白書」は、森林の有する多面的機能の発揮と林業の持続的かつ健全な発展を図るために進めている各般の施策を分かりやすく記述しています。なお、「平成23年度森林・林業白書」は以下のURLでご覧になれます。内容のポイント 平成23年度森林及び

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ