調査のチカラ TOP > 会社名一覧 > 水を考えるプロジェクト

「水を考えるプロジェクト」による調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
会社名をGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

防災に関する調査

都道府県別調査。災害対策の意識に大きな格差 防災に関する調査2015.09.01意識の高い県とそうでない県の差は2倍以上!もっとも広く対策を講じているのは「水の備蓄」の約3割。 9月1日の“防災の日”を前に、全国47都道府県の方々を対象に、備蓄についての意識実態・現状について調査いたしました。今回の調査から、各都道府県ごとに「防災」「災害時の対策」について大きな意識差があることが明らかとなりました。最も災害対策を実施していた、千葉県の約8割に対し、佐賀県は約4割のみと、その差は2倍となっています

備蓄に関する調査

経験者に学ぶ備蓄の心得! 水を考えるプロジェクト備蓄に関する調査2015.08.26震災経験者の9割以上が“水”の備蓄が大切だと回答! 9月1日の“防災の日”を前に、人が生きていくために欠かすことができない「水」の備蓄についての調査と、備蓄についての意識実態・現状について調査いたしました。本調査の結果、「震災前後で事前に備えることの大切さを感じた」という意識実態や、ライフラインの断絶などが原因で、「9割以上が震災時に“水”が必要だったと感じた経験がある」ということがわかりました。

「口飲み」ペットボトル水の細菌数を調査 水を考えるプロジェクト

<水を考えるプロジェクト「口飲み」ペットボトル水の細菌数を調...| メディアで多数の記事になった注目のプレスリリース <水を考えるプロジェクト「口飲み」ペットボトル水の細菌数を調査>夏本格化!「口飲み」後48時間経過した飲みかけの ペットボトルは細菌の温床!?ウォーターサーバーで利用されているRO水では減少傾向「口飲み」した場合は、少なくとも当日中には飲み切ることを推奨 “水”の安全性や選び方、活用方法を改めて考え直すことを目的とする「水を考えるプロジェクト」(所在地:東京都渋谷区)

熱中症に関する調査

<水を考えるプロジェクト熱中症に関する調査>1日に必要な水分...| メディアで多数の記事になった注目のプレスリリース TOP > プレスリリース一覧 > <水を考えるプロジェクト熱中症に関する調査> 1日に必要な水分量を満たしている...<水を考えるプロジェクト熱中症に関する調査> 1日に必要な水分量を満たしているのは47都道府県中5都府県だけ! 熱中症の自覚症状と実態に2倍以上の差! 熱中症予備軍の“隠れ熱中症”患者が5割を超える “水”の安全性や選び方、活用方法を改めて考え直すこ

ママと水のトレーサビリティに関する調査

「ママと水のトレーサビリティに関する調査」を実施2015.07.14育児中のママ、水道水への低い信頼感 妊娠後に飲用をやめるもの1位「水道水」13.8%減飲用が増加するもの1位「ペットボトルの水」10.0%増、2位「ウォーターサーバーの水」5.6%増 水の飲料需要が高まるこれからの季節に向け10歳未満のお子さんをもつ母親500名を対象に「ママと水のトレーサビリティ※に関する調査」を実施しました。 ※トレーサビリティとは:生産、処理、流通・販売等の段階における食品の移動を把握すること今回の調査結果

原水の違いによる菌の増殖について検証実験

水の飲用需要が高まる季節。初夏のシーズンが到来!2015.06.11ペットボトルの水はその日のうちに飲みきることが安心 原水によって菌の増殖に差が!“水”の安全性や選び方、活用方法を改めて考え直すことを目的とする「水を考えるプロジェクト」(所在地:東京都渋谷区)では、気候の変化から水の飲用需要が高まる初夏に、多く飲用されるペットボトル入りの水に着目し、本年5月原水の違いによる菌の増殖について検証実験をおこないました。

全都道府県について100人ずつの回答を集めています。

全国47都道府県 水についての意識実態調査

全国47都道府県 水についての意識実態調査2015.04.21おらが町の水自慢!地元県民に愛される水ランキング 「熊本県」「富山県」「鳥取県」が同率1位! 米や味噌汁、地元の味ももちろん地元の水で!観光地をはじめとした全都道府県の水事情を明らかにするため、全国47都道府県の10代から60代の男女4,700名(男女各都道府県50名ずつ)を対象に、「水についての意識実態調査」を実施しました。“在住地域の水のおいしさの調査”をはじめ、“水のトレーサビリティについての注目度”“在住地域の水への信頼性”な

水の安全についての調査です。

水のトレーサビリティや安全性に関する調査

「水のトレーサビリティや安全性に関する調査」2015.03.18食品偽装で高まる安全性への意識! 食品の安全性は意識しても、水の安全性は意識していない? 安全性への意識度 「食品」62.0%に対し「水」はわずか37.8%改めて飲み水に関する意識を明らかにするため、10代から60代の男女600人を対象に、「水のトレーサビリティや安全性に関する調査」を実施しました。今回の調査結果から、食よりも水に対する安全性やトレーサビリティの意識が低いこと、実際に食品や飲み水を選ぶ際に最も重要視しているのは「価格

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ