「水産庁」による調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
会社名をGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年3月3日水産庁フィードバック数:0社会/政治

水産加工業者における東日本大震災からの復興状況アンケート(第4回)

ホーム報道発表資料水産加工業者における東日本大震災からの復興状況アンケート(第4回)の結果について プレスリリース水産加工業者における東日本大震災からの復興状況アンケート(第4回)の結果について水産庁は、水産加工関係団体の協力を得て実施した、青森県、岩手県、宮城県、福島県及び茨城県の水産加工業者における東日本大震災からの復興状況に関するアンケート調査の結果を取りまとめました。 1.概要 水産加工業者における東日本大震災からの復興状況を把握し、今後の施策推進につなげるため、平成28年11月14日

2017年2月15日水産庁★★フィードバック数:0社会/政治

太平洋クロマグロの資源管理の遵守・徹底に関する調査

プレスリリース太平洋クロマグロの資源管理の遵守・徹底に関する調査結果について水産庁は、沿海地区の全都道府県に対し太平洋クロマグロの資源管理の遵守・徹底に関する調査を行い、その結果を中間整理し、取りまとめましたので公表します。 1.経緯 我が国は中西部太平洋まぐろ類委員会(WCPFC)の国際合意に基づき、太平洋クロマグロの ・30キログラム未満の小型魚の漁獲上限を4,007トン ・30キログラム以上の大型魚の漁獲上限を4,882トン とし、漁獲管理に取り組んでいます。 このような中、昨年、長崎県で

2016年9月5日水産庁フィードバック数:0社会/政治

2016年IWC/日本共同北太平洋鯨類目視調査

プレスリリース「2016年IWC/日本共同北太平洋鯨類目視調査」の結果について我が国と国際捕鯨委員会(IWC)が共同で北太平洋海域において実施していた鯨類目視調査が8月30日(火曜日)に終了しました。1.調査の目的本調査は、国際捕鯨委員会(IWC(注1))の太平洋鯨類生態系調査プログラム(POWER(注2))に基づき、北太平洋海域の鯨類資源状況等を把握することを目的に、我が国とIWCが共同で実施しているものです。2010年から実施しており、今回が7回目の調査となります。2.調査の概要 (1)調査

2016年2月26日水産庁フィードバック数:0社会/政治

水産加工業者における東日本大震災からの復興状況アンケート(第3回)

ホーム > 報道発表資料 > 水産加工業者における東日本大震災からの復興状況アンケート(第3回)の結果について水産加工業者における東日本大震災からの復興状況アンケート(第3回)の結果について水産庁は、水産加工関係団体の協力を得て実施した、青森県、岩手県、宮城県、福島県及び茨城県の水産加工業者における東日本大震災からの復興状況に関するアンケート調査の結果を取りまとめました。 1.概要水産加工業者における東日本大震災からの復興状況を把握し、今後の施策推進につなげるため、平成27年11月12日か

2015年5月21日水産庁フィードバック数:0ライフスタイル

太平洋クロマグロ2014年生まれの加入量水準速報(2015年5月)

太平洋クロマグロ2014年生まれの加入量水準速報(2015年5月)について太平洋クロマグロ2014年生まれの加入量水準速報(2015年5月)を公表いたします。 概要水産庁は、2013年7月及び2014年7月の北太平洋まぐろ類国際科学委員会(ISC)の勧告(※1)に基づき、国立研究開発法人水産総合研究センター(以下「水研センター」という。)と協力し、太平洋クロマグロの加入(※2)動向を迅速に把握するためのモニタリングを強化しています。2014年からは、その年に生まれた太平洋クロマグロの加入量

2015年3月31日水産庁フィードバック数:0ライフスタイル

平成26年における国内のクロマグロ養殖実績について(速報値)

平成26年における国内のクロマグロ養殖実績について(速報値)水産庁は、平成26年における国内のクロマグロ養殖業者の養殖実績を取りまとめました。 1.背景・趣旨農林水産省は、我が国が太平洋クロマグロの最大の漁業国かつ消費国であることを踏まえ、太平洋クロマグロの管理について取り組むべき基本的な方向性を記した「太平洋クロマグロの管理強化についての対応」(平成22年5月11日農林水産省発表プレスリリース)に基づき、国内におけるクロマグロ養殖の実態を正確に把握するため、全国のクロマグロ養殖業者から報

2015年3月28日水産庁フィードバック数:0ライフスタイル

平成26年度 太平洋いわし類長期漁海況予報

平成26年度 太平洋いわし類長期漁海況予報平成27年4月から7月までの太平洋いわし類長期漁海況予報を公表します。 趣旨漁海況予報は、水産庁の「我が国周辺水域資源評価等推進事業」により、資源の合理的利用、漁業経営の安定及び操業の効率化を図り、資源の持続的利用に役立てることを目的として行っているものです。太平洋いわし類長期漁海況予報は、関係試験研究機関による調査結果等を踏まえて、独立行政法人 水産総合研究センター 中央水産研究所が取りまとめたものです。 今回の予報は、平成27年4月から7月まで

2015年3月25日水産庁フィードバック数:0ライフスタイル

平成26年度 第2回 対馬暖流系マアジ・さば類・いわし類長期漁海況予報

平成26年度 第2回 対馬暖流系マアジ・さば類・いわし類長期漁海況予報平成27年4月から9月までの対馬暖流系マアジ・さば類・いわし類長期漁海況予報を公表します。 趣旨漁海況予報は、水産庁の「我が国周辺水域資源評価等推進事業」により、資源の合理的利用、漁業経営の安定及び操業の効率化を図り、資源の持続的利用に役立てることを目的として行っているものです。対馬暖流系マアジ・さば類・いわし類長期漁海況予報は、関係試験研究機関による資源調査結果等を踏まえて、独立行政法人 水産総合研究センター 西海区水

2015年3月12日水産庁フィードバック数:0ライフスタイル

水産庁漁業調査船 開洋丸による北西太平洋のトビイカ、アカイカ及びサンマの資源調査

ホーム > 報道発表資料 > 水産庁漁業調査船 開洋丸による北西太平洋のトビイカ、アカイカ及びサンマの資源調査結果について水産庁漁業調査船 開洋丸による北西太平洋のトビイカ、アカイカ及びサンマの資源調査結果について水産庁は、平成26年12月22日から平成27年3月11日までの間、漁業調査船 開洋丸を台湾東方沖合海域及び三陸沖合海域に派遣し、トビイカ、アカイカ及びサンマを対象とした資源調査を実施しました。今般、トビイカの調査結果をとりまとめましたので公表いたします。 1.概要 水産庁は、平

2015年3月8日水産庁フィードバック数:0ライフスタイル

太平洋クロマグロの漁獲状況について

太平洋クロマグロの漁獲状況について水産庁は、太平洋クロマグロの資源回復を図るため、中西部太平洋まぐろ類委員会での国際合意に基づき資源管理を行っており、平成27年1月の漁獲状況を公表します。漁獲状況については、今後ホームページにて順次更新していきます。 1.概要我が国は太平洋クロマグロの資源回復を図るため、中西部太平洋まぐろ類委員会での国際合意に基づき平成22年より管理強化に取り組んできたところです。平成27年1月からは30キロ未満の小型魚について2002年から2004年までの年平均漁獲実績

2015年2月13日水産庁★フィードバック数:0社会/政治

震災復興です。

水産加工業者における東日本大震災からの復興状況アンケート(第2回)

ホーム > 報道発表資料 > 水産加工業者における東日本大震災からの復興状況アンケート(第2回)の結果について水産加工業者における東日本大震災からの復興状況アンケート(第2回)の結果について水産庁は、水産加工関係団体の協力を得て実施した、青森県、岩手県、宮城県、福島県及び茨城県の水産加工業者における東日本大震災からの復興状況に関するアンケート調査の結果を取りまとめました。 1.概要水産加工業者における東日本大震災からの復興状況を把握し、今後の施策推進につなげるため、平成26年11月17日か

2014年12月18日水産庁フィードバック数:0ライフスタイル

太平洋クロマグロの加入量水準速報(2014年12月)

ホーム > 太平洋クロマグロの加入量水準速報(2014年12月)について太平洋クロマグロの加入量水準速報(2014年12月)について太平洋クロマグロの加入量水準速報(2014年12月)を公表いたします。 概要水産庁は、2013年7月及び2014年7月の北太平洋まぐろ類国際科学委員会(ISC)の勧告(※1)に基づき、独立行政法人水産総合研究センター(以下「水研センター」という。)と協力し、太平洋クロマグロの加入(※2)動向を迅速に把握するためのモニタリングを強化しています。2014年からは、

2014年11月3日水産庁フィードバック数:0ライフスタイル

平成26年度 我が国周辺水域の資源評価

「平成26年度 我が国周辺水域の資源評価」の公表について水産庁は、我が国周辺水域の主要な水産資源(52魚種84系群)について資源評価を行い、「平成26年度 我が国周辺水域の資源評価」として取りまとめました。 1.我が国周辺水域の資源評価について水産庁では、水産資源の適切な保存及び管理に資するため、独立行政法人 水産総合研究センターを代表とする共同実施機関(※1)への事業委託により、毎年、我が国周辺水域における主要な水産資源の資源評価を行い、結果を公表しています。資源評価対象魚種は、海洋生物

2014年9月30日水産庁フィードバック数:0ライフスタイル

太平洋クロマグロの加入量水準速報(2014年9月)

太平洋クロマグロの加入量水準速報(2014年9月)について太平洋クロマグロの加入量水準速報(2014年9月)を公表いたします。 概要 水産庁は、2013年7月及び2014年7月の北太平洋まぐろ類国際科学委員会(ISC)の勧告(※1)に基づき、独立行政法人水産総合研究センター(以下「水研センター」という。)と協力し、太平洋クロマグロの加入(※2)動向を迅速に把握するためのモニタリングを強化しています。2014年からは、その年に生まれた(南西諸島海域では5~6月中心)太平洋クロマグロの加入量水

2014年9月1日水産庁フィードバック数:0社会/政治

2014年IWC/日本共同北太平洋鯨類目視調査

「2014年IWC/日本共同北太平洋鯨類目視調査」の結果について我が国と国際捕鯨委員会(IWC)が共同で北太平洋海域において実施していた鯨類目視調査が8月30日(土曜日)に終了しました。 1.調査の目的本調査は、国際捕鯨委員会(IWC(注1))の太平洋鯨類生態系調査プログラム(IWC-POWER(注2))に基づき、北太平洋海域の鯨類の資源状況等を把握することを目的に、我が国とIWCが共同で実施しているものです。2010年から実施しており、今回が5回目の調査となります。(注1)IWC:Int

2014年5月25日水産庁★フィードバック数:0ライフスタイル

白書です。

平成25年度水産白書

「平成25年度水産白書」の公表について本日、「平成25年度水産の動向」及び「平成26年度水産施策」(「平成25年度水産白書」)が、国会提出案件として閣議決定されました。 「平成25年度水産白書」の概要・水産白書は、水産基本法に基づき、政府が毎年作成して国会に提出するもので、水産の動向や水産に関する施策について記述しています。・今回の水産白書では、養殖業の持続的発展を特集するとともに、我が国における水産資源の管理をはじめ、水産物の安定供給と水産業の健全な発展を図るために進めている各般の施策に

2014年5月16日水産庁フィードバック数:0ライフスタイル

太平洋クロマグロ産卵場調査

「太平洋クロマグロ産卵場調査」の結果について水産庁は、関係機関と協力し、平成23年度から平成25年度にかけて、南西諸島周辺及び日本海において太平洋クロマグロの仔魚分布調査を実施しました。その結果、近年の太平洋クロマグロの主要な産卵期及び産卵場を特定しましたので、公表いたします。 1.趣旨 水産庁は、「太平洋クロマグロの管理強化についての対応」(平成22年5月11日付けプレスリリース参照)に基づき、太平洋クロマグロの資源管理を推進してきました。その一環として、産卵親魚(※1)や未成魚(※2

2014年5月1日水産庁フィードバック数:0ライフスタイル

平成26年度 第1回 瀬戸内海東部カタクチイワシ漁況予報

平成26年度 第1回 瀬戸内海東部カタクチイワシ漁況予報平成26年5月及び6月の瀬戸内海東部カタクチイワシ漁況予報を公表します。 趣旨 漁海況予報は、水産庁の「我が国周辺水域資源評価等推進事業」により、資源の合理的利用、漁業経営の安定及び操業の効率化を図り、資源の持続的利用に役立てることを目的として行っているものです。 瀬戸内海東部カタクチイワシ漁況予報は、関係試験研究機関による調査結果等を踏まえて、独立行政法人 水産総合研究センター 瀬戸内海区水産研究所が取りまとめたものです。 今回の予

2014年5月1日水産庁フィードバック数:0ライフスタイル

平成26年度 第1回 日本海スルメイカ長期漁況予報

平成26年度 第1回 日本海スルメイカ長期漁況予報平成26年5月から7月までの日本海スルメイカ長期漁況予報を公表します。 趣旨 漁海況予報は、水産庁の「我が国周辺水域資源評価等推進事業」により、資源の合理的利用、漁業経営の安定及び操業の効率化を図り、資源の持続的利用に役立てることを目的として行っているものです。 日本海スルメイカ長期漁況予報は、関係試験研究機関による資源調査結果等を踏まえて、独立行政法人 水産総合研究センター 日本海区水産研究所が取りまとめたものです。 今回の予報は、平成2

2014年4月17日水産庁★フィードバック数:0社会/政治

水産加工業者の復興です。

水産加工業者における東日本大震災からの復興状況アンケート

水産加工業者における東日本大震災からの復興状況アンケート結果について水産庁及び全国水産加工業協同組合連合会は、岩手県宮城県福島県の水産加工業における東日本大震災からの復興状況に関するアンケート調査を実施しました。 1.概要岩手県・宮城県・福島県の水産加工業における東日本大震災からの復興状況を調査するため、平成26年2月28日から3月12日までの13日間において当該3県の全国水産加工業協同組合連合会所属組合員、673企業に対しアンケート調査を実施しました。回収率は、全体で34%(231企業)

2014年3月31日水産庁フィードバック数:0ライフスタイル

平成25年における国内のクロマグロ養殖実績について(速報値)

平成25年における国内のクロマグロ養殖実績について(速報値)水産庁は、平成25年における国内のクロマグロ養殖業者の養殖実績を取りまとめました。 1.背景・趣旨 農林水産省は、我が国が太平洋クロマグロの最大の漁業国かつ消費国であることを踏まえ、太平洋クロマグロの管理について取り組むべき基本的な方向性を記した「太平洋クロマグロの管理強化についての対応」(平成22年5月11日農林水産省発表プレスリリース)に基づき、国内におけるクロマグロ養殖の実態を正確に把握するため、全国のクロマグロ養殖業者から

2014年1月16日水産庁フィードバック数:0社会/政治

漁港・漁村における防災・減災対策の現状について

漁港・漁村における防災・減災対策の現状について 水産庁は、漁港・漁村における防災・減災対策の現状について、調査結果を取りまとめました。 1.趣旨 元来、漁港では、防波堤等によって台風や低気圧に伴う高潮・波浪に対して港内の静穏度の向上等を図り、岸壁・護岸等の港内施設を、また漁村では、防潮堤等によって生命・財産を防護する防災対策を推進してきました。 しかし、東日本大震災では、地震や津波によって、防波堤・岸壁等の基本施設だけでなく、荷さばき所、製氷施設、加工場等の機能施設や漁村も被災し、これに伴っ

2013年11月10日水産庁フィードバック数:0ライフスタイル

大型クラゲの出現状況(国際フェリー調査結果等)

大型クラゲの出現状況(国際フェリー調査結果等)について水産庁は、独立行政法人 水産総合研究センター等が、平成25年10月2日(水曜日)~23日(水曜日)にかけて、大型クラゲの国際フェリー調査及びモニタリング調査を行いましたので、結果等についてお知らせします。 1.概要水産庁は、有害生物漁業被害防止総合対策事業により、日中韓の国際的枠組みの下で、独立行政法人 水産総合研究センターをはじめとする「大型クラゲ国際共同調査共同研究機関」が実施する大型クラゲのモニタリング調査事業等を支援しています。2

2013年11月2日水産庁★★フィードバック数:0ライフスタイル

水産資源についてのレポートです。

平成25年度 我が国周辺水域の資源評価

「平成25年度 我が国周辺水域の資源評価」の公表について水産庁は、本日、我が国周辺水域の主要な水産資源の状況に関し、「平成25年度 我が国周辺水域の資源評価」を取りまとめました。 1.趣旨水産庁は、水産資源の適切な保存及び管理に資するため、我が国周辺水域における主要な水産資源の状況について、独立行政法人 水産総合研究センター、都道府県水産試験研究機関、大学、一般社団法人 漁業情報サービスセンターから構成される共同実施機関に委託し、資源調査を実施し、毎年その結果を解析して資源評価を行っていま

2013年6月17日水産庁★フィードバック数:9ライフスタイル

水産白書です。

平成24年度水産白書

「平成24年度水産白書」の公表について本日、「平成24年度水産の動向」及び「平成25年度水産施策」(「平成24年度水産白書」)が、国会提出案件として閣議決定されました。 「平成24年度水産白書」の概要・水産白書は、水産基本法に基づき、政府が毎年作成して国会に提出するもので、水産の動向や水産に関する施策について記述しています。・今回の水産白書では、水産物の消費の問題を特集するとともに、昨年の特集に引き続き、東日本大震災からの水産業の復旧・復興の取組について章を設けて記述しています。また、水産

2012年5月28日水産庁★フィードバック数:34ライフスタイル

やはり震災が大きなトピックになっています。

「平成23年度水産白書」の公表について

「平成23年度水産白書」の公表について本日、「平成23年度水産の動向」及び「平成24年度水産施策」(「平成23年度水産白書」)が国会提出案件として閣議決定されました。 「平成23年度水産白書」の概要・水産白書は、水産基本法に基づき、毎年、政府が国会に対し、水産の動向や水産に関する施策について報告するものです。・今回の水産白書では、東日本大震災からの復旧・復興に向けた取組等について特集章を設けるとともに、水産物の安定供給と水産業の健全な発展を図るために進めている各般の施策をわかりやすく記述し

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ