調査のチカラ TOP > 会社名一覧 > 水産総合研究センター

「水産総合研究センター」による調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
会社名をGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

大型クラゲの出現状況(国際フェリー調査結果等)について-第2報-

大型クラゲ情報 平成28年7月13日国立研究開発法人水産研究・教育機構 大型クラゲの出現状況(国際フェリー調査結果等)について-第2報-1.大型クラゲの出現情報(1) 国際フェリー(博多−釜山航路)による目視調査結果※1 1) 実施期間 平成28年7月11日 2) 結果 対馬海峡東水道中央部で2個体、西水道釜山沖で790個体を目撃した。傘径は20~60cm、西水道における平均密度は0.072個体/100m2であった。 西水道の平均密度を、大量出現年だった平成18年、19年、21年の最大密度と

平成27年度第1回日本海スルメイカ長期漁況予報

プレスリリース 平成27年 4月28日国立研究開発法人水産総合研究センター 平成27年度第1回日本海スルメイカ長期漁況予報 漁海況予報は、水産庁の「我が国周辺水域資源評価等推進事業」により、資源の合理的利用、漁業経営の安定及び操業の効率化を図り、資源の持続的利用に役立てることを目的として行っているものです。日本海スルメイカ長期漁況予報は、関係試験研究機関による資源調査結果等を踏まえて、国立研究開発法人 水産総合研究センター 日本海区水産研究所が取りまとめたものです。今回の予報は、平成27 年

平成27年度第1回瀬戸内海東部カタクチイワシ漁況予報

プレスリリース 平成27年 4月28日国立研究開発法人水産総合研究センター 平成27年度第1回瀬戸内海東部カタクチイワシ漁況予報 漁海況予報は、水産庁の「我が国周辺水域資源評価等推進事業」により、資源の合理的利用、漁業経営の安定及び操業の効率化を図り、資源の持続的利用に役立てることを目的として行っているものです。瀬戸内海東部カタクチイワシ漁況予報は、関係試験研究機関による調査結果等を踏まえて、国立研究開発法人 水産総合研究センター 瀬戸内海区水産研究所が取りまとめたものです。今回の予報は、平

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ