調査のチカラ TOP > 会社名一覧 > 流通経済研究所

「流通経済研究所」による調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
会社名をGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年5月22日流通経済研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

人手不足が売場を変える

鈴木 雄高公益財団法人流通経済研究所 主任研究員顕在化する人手不足問題近年、多くの労働現場で人手不足が問題となっている。多くの人手に支えられている小売店舗においても例外ではない。図表は、卸売業・小売業のパートタイム労働者過不足判断D.I.の推移である。これによると、卸売業・小売業の事業所において重要な労働力であるパートタイム労働者は、2010年以降、不足の傾向が強まっていることがわかる。本稿では、人手不足が小売店舗に及ぼす影響を考えてみたい。出所:厚生労働省「労働経済動向調査」より作成※労働者過

2014年7月23日流通経済研究所フィードバック数:0ビジネス

消費増税がプライスラインへ与える影響

小売業のオムニチャネル戦略における物流システムの役割と課題木島 豊希公益財団法人流通経済研究所 研究員1.オムニチャネル戦略における物流の重要性情報通信技術の発達や情報通信機器の普及に伴い、小売業と消費者との接点は、店舗だけではなく、各通信端末を通じたインターネット通信販売という売場や商品を受け取る個人宅など、場所や時間について個別化し多様化している。商品というモノを動かす物流は、様々な注文に応えるために複雑に集中し混雑する。小売業の物流は一般的に調達物流といわれるが、対消費者の販売物流も管理し

2014年5月20日流通経済研究所フィードバック数:0マーケティング

インバウンドマーケティングの必要性―顧客の行動を促す新しい手段―

インバウンドマーケティングの必要性―顧客の行動を促す新しい手段―地田 圭太 公益財団法人流通経済研究所 研究員 昨今のマーケティング活動で、「インバウンドマーケティング」という考え方への関心が高まりつつある。大量の広告投下など、企業の一方的な情報提供で顧客を振り向かせる従来型のマーケティングに対し、顧客が主体的に企業に向かってくる(情報を探し求めるなど)よう促すマーケティングを指す。Twitterやfacebookなどのソーシャルメディアを活用して、顧客とのつながりを構築するアプローチも、インバ

2013年10月7日流通経済研究所フィードバック数:0ライフスタイル

米国のディスカウント小売業の動向と日本市場への示唆

米国のディスカウント小売業の動向と日本市場への示唆 矢野 尚幸 公益財団法人流通経済研究所 主任研究員 アメリカ国内では、「貧困層」に分類される国民が2011年には過去最多の4,624万人(国民全体の約15%)に上り、その割合は増加傾向にある(図表1)。そのため、アメリカ小売業では低所得者層からどのようにニーズを獲得するかが大きな課題となっている。出所:Census Bureau USA注:「貧困層」の定義は世帯人数、年次によって異なる。2011年は4人家族の場合では、年収約23,000ドル未満

2013年10月7日流通経済研究所フィードバック数:0ライフスタイル

スーパーマーケットの将来顧客の育成

高齢化社会の進展に伴い、スーパーマーケットを利用する客層も高齢化が進んでいる。このため、シニアに対応した品揃えや売場づくりに工夫を凝らす店舗も増えている。マーケティング視点で考えれば、現在の顧客のニーズをターゲットとした施策を展開していくことは戦略としては王道である。一方で、少し先の将来を考えたとき、スーパーマーケットの成長戦略としては十分と言えないだろう。客層が高齢化するということは、若年層の割合が低くなるということである。日本全体でみると若年人口は少子化の影響で減少しているのだから当然ではあ

2013年8月19日流通経済研究所フィードバック数:0ライフスタイル

購買履歴データ集で見る、ペットオーナーの購買特性

購買履歴データ集で見る、ペットオーナーの購買特性松本 敬介 公益財団法人流通経済研究所 研究員 近年、ペット産業が成長産業として注目を受けている。一般社団法人ペットフード工業会の「平成24年度犬猫飼育実態調査」によると、世帯単位の犬飼育率は16.8%、猫飼育率は10.2%となった。また非飼育世帯へのアンケートによると、犬では30.4%、猫では18.2%の世帯が、将来の飼育を希望している。このことから考えて、現在既に2600億円以上あるペットフード市場は、今後さらに大きく拡大する可能性があるといえ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ