「特許庁」による調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
会社名をGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年7月10日特許庁フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

特許行政年次報告書2017年版

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。 ここから本文です。特許行政年次報告書2017年版~知をつなぎ時代を創る知的財産制度~本報告書は、知的財産制度を取り巻く現状と方向性、国内外の動向と分析について、直近の統計情報、特許庁の取組等を基に取りまとめたものです。 別冊の〈統計・資料編〉においては、本報告書中の図表等 の基礎となる統計情報を含め、知的財産に関する各種統計・資料を紹介しています 。いずれも

2017年4月7日特許庁★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成28年度特許審査の質についてのユーザー評価調査報告書

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。 ここから本文です。平成28年度特許審査の質についてのユーザー評価調査報告書平成29年3月29日調整課品質管理室世界最高品質の特許審査を実現するには、特許審査に対するユーザー(出願人や権利を行使される第三者等)のニーズや期待を適切に把握した上で、その質の維持・向上のための取組を継続することが不可欠であるとの認識のもと、特許庁では平成24年度より、特許審査の質に

2016年5月30日特許庁フィードバック数:0社会/政治

我が国の知的財産制度が経済に果たす役割に関する調査報告書

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。 ここから本文です。我が国の知的財産制度が経済に果たす役割に関する調査報告書について 平成28年5月特許庁企画調査課近年、我が国の更なる経済成長を達成するため、また、技術革新の加速化に向けて、知的創造活動が果たす役割に期待が高まっています。そして、知的創造活動によって生み出された知的財産によってもたらされる更なる経済成長や技術革新を導くための制度について、研究

2015年5月20日特許庁フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

意匠・商標出願動向調査報告

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。 ここから本文です。平成29年5月特許庁総務部企画調査課我が国が国家戦略として目指す「知的財産立国」の実現に向けて、デザインが果たすべき役割への期待は年々高まっており、価値あるデザインを法的に保護する意匠制度に対する期待が大きくなっています。また、情報化が進展した現在において、ブランドの育成と保持も重要であり、商品・役務の自他識別標識である商標を適切な範囲で迅

2015年4月29日特許庁フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

ASEAN主要国及び台湾における特許及び商標の審査基準・審査マニュアルに関する調査研究報告書【商標編】

ASEAN主要国及び台湾における特許及び商標の審査基準・審査マニュアルに関する調査研究報告書【商標編】

2015年4月29日特許庁フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

知的財産の保護と国際私法等に関する調査研究報告書

知的財産の保護と国際私法等に関する調査研究報告書

2015年4月29日特許庁フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

外国弁理士と依頼人間の秘匿特権の適用についての米国裁判例に関する調査研究報告書

外国弁理士と依頼人間の秘匿特権の適用についての米国裁判例に関する調査研究報告書

2015年4月29日特許庁フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

新しいタイプの商標の出願状況(2015年4月1日から24日出願受付分)

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。 ここから本文です。新しいタイプの商標の出願状況(4月1日出願受付分)出願状況4月1日、改正商標法が施行され、色彩のみからなる商標、音商標など新しいタイプの商標の出願受付をスタートしました。4月1日の出願状況は、次のとおりです。制度概要等関連情報[更新日 2015年4月1日]<制度改正に関すること>特許庁審査業務部商標課企画調査班電話:03-3581-1101

2015年4月29日特許庁フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

子ども・子育て製品をアジアにおいて適切に保護するための知的財産権制度等に関する調査研究報告書

子ども・子育て製品をアジアにおいて適切に保護するための知的財産権制度等に関する調査研究報告書

2015年4月29日特許庁フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

ASEAN主要国及び台湾における特許及び商標の審査基準・審査マニュアルに関する調査研究報告書【特許編】

ASEAN主要国及び台湾における特許及び商標の審査基準・審査マニュアルに関する調査研究報告書【特許編】

2015年4月29日特許庁フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

海外での早期権利取得を支援する特許審査の運用に関する調査研究報告書

海外での早期権利取得を支援する特許審査の運用に関する調査研究報告書

2015年4月29日特許庁フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成26年度海外特許庁等による産業財産権情報の提供サービス等に関する調査

平成26年度海外特許庁等による産業財産権情報の提供サービス等に関する調査

2015年4月29日特許庁フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

ブラジル・メキシコ・コロンビア・インド・ロシアの産業財産権制度及びその運用実態に関する調査研究報告書

平成 26 年度 特許庁産業財産権制度各国比較調査研究等事業ブラジル・メキシコ・コロンビア・インド・ロシアの産業財産権制度及びその運用実態に関する調査研究報告書平成 27 年 3 月一般社団法人 日本国際知的財産保護協会AIPPI・JAPANはじめにブラジル・メキシコ・コロンビア・インド・ロシアは、我が国企業が多く進出しているだけでなく、今後の進出を表明、検討している企業も多く、我が国の経済的なパートナーとして重要な地域であるが、産業財産権制度、特に特許、実用新案、意匠及び商標登録制度の整備が進

2015年4月17日特許庁フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

日中韓特許庁における審査実務に関する比較研究

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。 ここから本文です。平成29年3月特許庁 調整課審査基準室日中韓特許審査専門家部会(Joint Experts Group of Patent Examination:JEGPE)は、JPO、KIPO、SIPO間の特許協力を促進する目的で2009年に設立されました。日中韓特許庁はこれまで、進歩性、新規性、記載要件及び補正要件についての法令・審査基準の比較研究及

2015年4月17日特許庁フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

特許出願等統計速報(平成27年2月分)

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。 ここから本文です。特許庁では、我が国の産業財産権の出願等の状況について、基本的なデータを提供することを目的として、毎年、特許行政年次報告書<資料・統計編>を作成し公表しておりますが、この度、本報告書のもととなる月別の速報値について、公表することといたしました。本統計速報値は、特許、実用新案、意匠及び商標に係る出願、登録及び審判の件数、特許及び商標に係る国際出

2015年4月7日特許庁★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス海外

Foxconnも調査対象です。

台湾企業の技術動向調査(鴻海精密工業、台湾積体電路製造、工業技術研究院編)

台湾企業の技術動向調査(鴻海精密工業、台湾積体電路製造、工業技術研究院編)

2015年3月31日特許庁フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

画像デザインの開発手法の実態に関する調査研究

平 成 26年 度特許庁産業財産権制度問題調査研究報告書画像デザインの開発手法の実態に関する調査研究報告書平成27年2月一般財団法人知的財産研究所要約-i-Ⅰ.序1.本調査研究の背景と目的近 年 、 急 速 な IT 化 ・ デ ジ タ ル 化 の 進 展 や メ デ ィ ア の 多 様 化 等 を 背 景 に 、 画 像デザインのより積極的な活用によって製品の差別化や機器の利用性向上を図ろう と す る 動 き が ま す ま す 拡 大 す る な ど 、画 像 デ ザ イ ン の 重 要

2015年3月31日特許庁★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

特許庁のまとめです。

特許庁ステータスレポート2015

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。 ここから本文です。~特許庁ステータスレポート2015をお配りしています~本冊子は、下記の窓口にてお配りしています(無償配布)。ご希望の方は、特許庁またはお近くの窓口までお越しください。(配布は、在庫がなくなり次第終了となります。)また、本冊子は、次の施設・場所において閲覧が可能です。グラフ・図表等のダウンロード掲載について特許庁ステータスレポート2015に掲

2015年3月31日特許庁フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

知的財産制度と競争政策の関係の在り方に関する調査研究

知的財産制度と競争政策の関係の在り方に関する調査研究

2015年3月31日特許庁フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

イノベーションを推進するための顕彰制度等の実態に関する調査研究

イノベーションを推進するための顕彰制度等の実態に関する調査研究

2015年3月31日特許庁フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

医薬品等の特許権の存続期間の延長登録制度及びその運用の在り方に関する調査研究

平成26年度特許庁産業財産権制度問題調査研究報告書医薬品等の特許権の存続期間の延長登録制度及びその運用の在り方に関する調査研究報告書平成27年2月一般財団法人知的財産研究所要約背景平成26年5月30日の知的財産高等裁判所・大合議判決は、上告受理申立中であり、現行制度の運用の在り方が問われている。また、特許権の存続期間の延長登録制度の重要性が増大し、同制度及びその運用に対するユーザの関心も高い。調査目的今後の同制度の在り方を検討する基礎資料とするために、現行の制度とその運用への我が国ユーザの評価や

2015年3月31日特許庁フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

出願公開制度に関する調査研究

出願公開制度に関する調査研究

2015年3月31日特許庁フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

特許・実用新案審査基準の理解を深める参考資料としての裁判例に関する調査研究

特許・実用新案審査基準の理解を深める参考資料としての裁判例に関する調査研究

2015年3月31日特許庁フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

技術・知的財産を活用した事業化のための目利き機能に関する調査研究

平成26年度特許庁産業財産権制度問題調査研究報告書技術・技術・知的財産を活用した事業化のための知的財産を活用した事業化のための目利き機能に関する調査研究報告書調査研究報告書平成27年3月みずほ情報総研株式会社要約【 調査の趣旨・背景、現状課題】調査の趣旨・背景、現状課題】我が国では、将来有望な技術シーズを数多く保有している一方で、そのシーズを活用して新規事業の創出に成功した事例が多いとはいえない。このような状況の下、技術シーズ及び技術開発能力を豊富に保有する我が国の強みを最大限に発揮し、技術の需

2015年3月31日特許庁フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

特許権等の紛争解決の実態に関する調査研究

特許権等の紛争解決の実態に関する調査研究

2015年3月31日特許庁フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

標準関連文書の特許審査利用に関する調査研究

標準関連文書の特許審査利用に関する調査研究

2015年3月31日特許庁フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

知財評価を活用した融資の促進に関する調査研究

知財評価を活用した融資の促進に関する調査研究

2015年3月31日特許庁フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

研究開発型ベンチャーへの投資判断に関する調査研究

研究開発型ベンチャーへの投資判断に関する調査研究

2015年3月31日特許庁フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

キャッチフレーズ等の識別力に関する調査研究

平 成 26年 度特許庁産業財産権制度問題調査研究報告書キャッチフレーズ等の識別力に関する調査研究報告書平成27年2月株式会社サンビジネス要約背景商 標 審 査 基 準 に お い て 、キ ャ ッ チ フ レ ー ズ 等 は 、原 則 と し て 商 標 法 第 3 条第 1 項第 6 号に該当し、識別力を有しないものとして、拒絶理由の対象となっている。本基準については、明確化すべきとの指摘もなされている。目的査 定・審 決・判 決 に お け る キ ャ ッ チ フ レ ー ズ 等 に 関

2015年3月31日特許庁フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

国の研究開発プロジェクトにおける知的財産マネジメントの在り方に関する調査研究

平成26年度特許庁産業財産権制度問題調査研究報告書国の研究開発プロジェクトにおける知的財産マネジメントの在り方に関する調査研究報告書平成27年2月三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社要 約●調査研究の背景・問題意識日本版バイ・ドール制度の導入により企業等が国の研究開発プロジェクト(以下、国プロ)に参加するインセンティブは向上したものの、当初意図したような研究開発成果の事業化が進んでおらず、権利者以外への研究開発成果の展開も十分進んでいない点が懸念されている。●調査研究の目的国の研究開発の

2015年3月31日特許庁フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

未利用特許等の知的財産取引ビジネスの実態に関する調査研究

未利用特許等の知的財産取引ビジネスの実態に関する調査研究

2015年3月31日特許庁フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

ファンディングエージェンシーの知的財産戦略に関する調査研究

ファンディングエージェンシーの知的財産戦略に関する調査研究

2015年3月18日特許庁★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

特許庁のレポートです。

平成26年度 商標審査の質に関するユーザー評価調査報告書

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。 ここから本文です。平成27年3月17日商標課商標審査の質に対する内外の要請に応えるためには、法令・審査基準等に従い適切な審査及び権利付与を行うことはもとより、出願人や権利を行使される第三者を含めた制度ユーザーの御意見を的確に把握し、審査の質について常に改善を図っていくことが求められています。このため特許庁では、商標審査における改善すべき点をユーザーの方々から

2014年12月10日特許庁★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス海外

日米欧中韓の特許庁レポートです。

五庁統計報告書(2013年度)

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。 ここから本文です。日米欧中韓の五大庁特許庁は、毎年各庁の活動状況や統計情報を纏めた五庁統計報告書(IP5 Statistics Report)を各庁持ち回りで作成・公表することとしています。この五庁統計報告書はこれまでの四庁統計報告書(Four Offices Statistics Report)を引き継ぐものです。五庁統計報告書2013年版はEPOが編集を

2014年11月23日特許庁★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

ビジネスモデル特許の状況です。

ビジネス関連発明の最近の動向について

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。 ここから本文です。ビジネス関連発明の最近の動向について目次1.ビジネス関連発明の概要1-1 ビジネス関連発明とはビジネス関連発明とは、ビジネス方法がICT(Information and Communication Technology:情報通信技術)を利用して実現された発明です。特許制度は技術の保護を通じて産業の発達に寄与することを目的としています。したが

2014年6月18日特許庁フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

特許出願技術動向調査等報告 プリンター技術

特許出願技術動向調査等報告 プリンター技術

2014年6月18日特許庁フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

意匠・商標出願動向調査報告 マクロ調査

意匠・商標出願動向調査報告 マクロ調査

2014年6月18日特許庁★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

3Dプリンタについての特許の動向です。

特許出願技術動向調査等報告 3Dプリンター

特許出願技術動向調査等報告 3Dプリンター

2014年6月18日特許庁フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

特許出願技術動向調査等報告 社会インフラメンテナンス技術

平成25年度特許出願技術動向調査報告書(概要)社会インフラメンテナンス技術平成26年2月特許庁問い合わせ先特許庁総務部企画調査課 技術動向班電話:03-3581-1101(内線2155)巻頭言座長 藤野 陽三我が国のインフラは、1960 年代からはじまる高度成長期に集中的に整備され、その総額は約800兆円に達している。高度成長期から半世紀を迎えようとしている現在、道路、橋梁、建築物等の多くのインフラが高齢化し、早急な維持管理、補修、更新が求められている。そのような中、2012年12月に起こった笹

2014年6月18日特許庁★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

特許庁の調査です。

平成25年度知的財産活動調査

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。 ここから本文です。知的財産活動調査特許庁では、我が国の知的財産政策を企画立案するにあたっての基礎資料を整備するため、我が国の個人、法人、大学等公的研究機関の知的財産活動の実態を把握することを目的として、平成14年度から毎年「知的財産活動調査」を実施しております。平成28年度知的財産活動調査調査の概要調査の結果知的財産活動調査について[更新日 2017年4月2

2014年6月18日特許庁フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

意匠・商標出願動向調査報告 包装用容器

意匠・商標出願動向調査報告 包装用容器

2014年5月15日特許庁★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

特許庁のまとめです。

特許行政年次報告書2014年版

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。 ここから本文です。特許行政年次報告書2014年版~世界最速かつ最高品質の知的財産システムの実現に向けて~~特許行政年次報告書2014年版をお配りしています~本報告書は、下記の窓口にてお配りしています(無償配布)。御希望の方は、特許庁またはお近くの窓口までお越しください。(配布は、在庫がなくなり次第終了となります。)また、本報告書は、次の施設・場所において閲覧

2014年5月2日特許庁★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

特許庁のまとめです。

グリーンイノベーション分野、ライフイノベーション分野の特許出願状況

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。 ここから本文です。我が国が目指すべき研究開発の方向性の策定や、知的財産の権利化を促進するための基礎資料として活用することを目的として、第4期科学技術基本計画において、重点的に推定されていくことになったグリーンイノベーション分野、ライフイノベーション分野に関する最新の特許出願状況を調査・公表します。調査結果1-1.グリーンイノベーション関連技術の出願人国籍別特

2014年4月9日特許庁フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

企業等によるデザイン開発・保護等の活動実態に関する調査研究

平成25年度特許庁産業財産権制度問題調査研究報告書企業等によるデザイン開発・保護等の活動実態に関する調査研究報告書平成26年2月JFEテクノリサーチ株式会社要約●背景近年はデザイン開発及びデザイン保護を取り巻く状況が大きく変化しているため、現行の意匠制度及び意匠審査運用が企業等の活動実態に合致していない可能性がある。●目的我が国がハーグ協定に加入した後の意匠審査の在り方や今後の意匠制度の在り方を検討するための基礎資料を作成する。●研究項目①企業におけるデザイン開発・保護等の活動実態②デザイン事務

2014年4月9日特許庁フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

独占的ライセンス制度の在り方に関する調査研究

平成25年度特許庁産業財産権制度問題調査研究報告書独占的ライセンス制度の在り方に関する調査研究報告書平成26年2月一般財団法人知的財産研究所要約背景我が国における独占的なライセンスとして、専用実施権(専用使用権)及び独占的通常実施権(独占的通常使用権)が存在するが、専用実施権(専用使用権)は、登録手続の負担等の理由により利用が少なく、独占的通常実施権(独占的通常使用権)は、無権原で実施している第三者に対しても、ライセンシーが直接侵害行為の差止めを求めることができないという不都合があり、独占的なラ

2014年4月9日特許庁フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

侵害訴訟等における特許の安定性に資する特許制度・運用に関する調査研究

平成25年度特許庁産業財産権制度問題調査研究報告書侵害訴訟等における特許の安定性に資する特許制度・運用に関する調査研究報告書平成26年2月一般財団法人知的財産研究所要約●研究の趣旨・背景・我が国産業の競争力強化のため、紛争処理機能について、知的財産紛争解決システム全体が適切に機能しているかどうか検証し、より魅力ある制度となるように取り組みを進めることが大きな目標として掲げられている。(「知的財産政策に関する基本方針」2013年6月7日閣議決定)・世界最先端の知財システムを実現するためには、裾野を

2014年4月9日特許庁フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

特許請求の範囲に係る課金制度と記載要件の在り方に関する調査研究

特許請求の範囲に係る課金制度と記載要件の在り方に関する調査研究

2014年4月9日特許庁フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

中小企業への大企業等保有特許移転に関する調査研究

平 成 25年 度特許庁産業財産権制度問題調査研究報告書中小企業への大企業等保有特許移転に関する調査研究報告書平成26年2月京都リサーチパーク株式会社要約●研究の趣旨・背景「知財ビジネスマッチング」が各地で行われており、日本全国に広がる傾向に あ る が 、主 催 者 側 の 事 業 に 対 す る 理 解 不 足 に よ っ て 個 別 面 談 の ミ ス マ ッ チ や 面談後のフォロー不足により上手くマッチングに進んでいない。本 調 査 研 究 で は 、大 企 業 等 の 保 有 特 許

2014年4月9日特許庁フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

事業の中での知的財産権の貢献割合に関する調査研究

事業の中での知的財産権の貢献割合に関する調査研究

2014年3月25日特許庁フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

産業財産権制度各国比較調査研究報告書

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。 ここから本文です。外国知的財産制度に関する調査研究報告 -産業財産権制度各国比較調査研究報告書について-平成29年4月27日特許庁総務部国際政策課特許庁では、経済・社会の変化、特に国際化が急速に進展する中で、産業財産権分野における世界主要各国の現状と動向を調査し、我が国にとって適切な産業財産権制度を実現するための施策作りの資料とすることを目的とした調査研究を

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ