調査のチカラ TOP > 会社名一覧 > 留学ジャーナル

「留学ジャーナル」による調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
会社名をGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年5月5日留学ジャーナル★フィードバック数:0キャリアとスキル

留学白書2017

株式会社留学ジャーナルのプレスリリース/広報・PR情報留学ジャーナル『留学白書2017』を発表 ~不安定な欧米情勢がアメリカ人気に影響を与える結果に。人気留学先トップは2年連続カナダがランクイン~留学ジャーナル『留学白書2017』を発表 ~不安定な欧米情勢がアメリカ人気に影響を与える結果に。人気留学先トップは2年連続カナダがランクイン~雑誌「留学ジャーナル」の発行元であり、日本最大級の留学エージェントでもある株式会社留学ジャーナル(本社:東京都新宿区信濃町34 JR信濃町ビル、代表取締役社長:安

2017年3月16日留学ジャーナルフィードバック数:0大型消費/投資

Japan Best School Award 2017 留学ジャーナル

留学生500名の評価による語学学校ランキング 「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。 カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。 対象は世界の語学学校。ランキングの元になったのは500名の留学体験者の皆さんが送ってくれた「現地レポート」のデータ。「学校スタッフ」「滞在先」「学校施設」「授業の質」「環境」それぞれ5点満点で評価してもらいました。純粋に、留学生の評価のみで採点したランキング。選ばれた学校=“留学生の評価が高かった学校”なのです。 インパクト イング

2016年7月6日留学ジャーナルフィードバック数:0キャリアとスキル

2016年夏休み留学動向 留学ジャーナル

留学ジャーナル『2016年夏休み留学動向』を発表、大学生の夏休み留学予定者が10年連続増加、過去10年で最多に雑誌「留学ジャーナル」の発行元であり、日本最大級の留学エージェントでもある株式会社留学ジャーナル(本社:東京都新宿区信濃町34 JR信濃町ビル、代表取締役社長:安藝 清、以下「留学ジャーナル」)は今夏の短期留学申込み動向および留学予定の大学生を対象に留学意識調査を実施し、「2016年夏休み留学動向」としてまとめましたので、ご報告いたします。雑誌「留学ジャーナル」の発行元であり、日本最大級

2016年4月18日留学ジャーナルフィードバック数:0社会/政治

留学白書2016

留学ジャーナル『留学白書2016』を発表雑誌「留学ジャーナル」の発行元であり、日本最大級の留学エージェントでもある株式会社留学ジャーナル(本社:東京都新宿区信濃町34 JR信濃町ビル、代表取締役社長:安藝 清、以下「留学ジャーナル」)ではこの度、日本人留学生および留学希望者の動向をさまざまな視点から調査・分析する『留学白書2016』を取りまとめましたので、ここに調査結果の要旨をご報告いたします。雑誌「留学ジャーナル」の発行元であり、日本最大級の留学エージェントでもある株式会社留学ジャーナル(本社

2015年11月30日留学ジャーナルフィードバック数:0社会/政治

留学を希望する大学生への就職に関する意識調査

「留学を希望する大学生への就職に関する意識調査」結果発表。"就職活動の3月解禁に対して、3年生の約4割が「留学しやすい」、4年生の約6割が「留学しにくい」と回答。就活時期の変更により留学に影響があったとする回答は大学3・4年生の約4割に"雑誌「留学ジャーナル」の発行元であり、日本最大級の留学エージェントでもある株式会社留学ジャーナル(本社:東京都新宿区信濃町信濃町ビル 代表取締役社長:安藝 清)は、年月日~月日に留学ジャーナルカウンセリングセンター(東京・大阪・名古屋・福岡・岡山)に留学相談に訪

2015年6月26日留学ジャーナル★フィードバック数:0キャリアとスキル

留学についての調査です。

2015年夏休み留学動向

留学ジャーナル『2015年夏休み留学動向』を発表。夏休み留学予定者は過去10年で最多更新の見込み。~就活スケジュール後ろ倒しが影響し、大学4年生の留学が大幅減~雑誌「留学ジャーナル」の発行元であり、日本最大級の留学エージェントでもある株式会社留学ジャーナル(本社:東京都新宿区信濃町信濃町ビル、代表取締役社長:安藝 清、以下「留学ジャーナル」)は今夏の短期留学申込み動向および留学予定の大学生を対象に留学意識調査を実施し、「年夏休み留学動向」としてまとめましたので、以下の通りご報告いたします。【「年

2015年5月13日留学ジャーナル★フィードバック数:0キャリアとスキル

留学についての調査です。

留学白書2015

留学ジャーナル『留学白書2015』を発表 ~2014年の人気留学先はカナダがトップ、留学にかける費用は二極化の傾向~雑誌「留学ジャーナル」の発行元であり、日本最大級の留学エージェントでもある株式会社留学ジャーナル(本社:東京都新宿区信濃町信濃町ビル、代表取締役社長:安藝 清、以下「留学ジャーナル」)ではこの度、日本人留学生および留学希望者の動向をさまざまな視点から調査・分析する『留学白書』を取りまとめましたので、ここに調査結果の要旨をご報告いたします。【「留学ジャーナル利用者にみる傾向」データよ

2015年3月10日留学ジャーナルフィードバック数:0キャリアとスキル

Japan Best School Award 2015

留学生500名の評価による語学学校ランキング 「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。 カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。 対象は世界の語学学校。ランキングの元になったのは500名の留学体験者の皆さんが送ってくれた「現地レポート」のデータ。「学校スタッフ」「滞在先」「学校施設」「授業の質」「環境」それぞれ5点満点で評価してもらいました。純粋に、留学生の評価のみで採点したランキング。選ばれた学校=“留学生の評価が高かった学校”なのです。 インパクト イング

2014年7月1日留学ジャーナルフィードバック数:0キャリアとスキル

夏の留学を希望する大学生の意識調査

留学ジャーナルが、「2014年夏休み留学(7/1~9/30)動向」を発表株式会社留学ジャーナル東京都新宿区信濃町 信濃町ビル、代表取締役社長:安藝 清は、今夏の留学動向調査ならびに、夏の留学を希望する大学生の意識調査を実施いたしましたので、以下の通りご報告します。・夏休み留学の出発予定者は対前年増加し、過去年で最多を更新見込み年月末時点・留学期間週間が最も多く、次に週間、週間が続く・留学期間:大学生は週間、社会人は週間、中高生は週間の留学が最も多い・人気の都市:位「バンクーバーカナダ」、位「トロ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ