調査のチカラ TOP > 会社名一覧 > 石油天然ガス・金属鉱物資源機構

「石油天然ガス・金属鉱物資源機構」による調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
会社名をGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

ペルーの2014年の鉱業の動向

2015年4月付けでエネルギー鉱山省が公表した資料によると、ペルーの2014年の輸出総額は39,326百万 US$で2013年(42,474百万 US$)に比べて約7.4 %減少し、その内、鉱産物輸出額の合計は全体の52 %に当たる20,410百万 US$であり、2013年(23,554百万 US$)に比べ13.3 %の減少となった。また、鉱産物輸出額の約84 %を占める銅、亜鉛、金の2014年の鉱石生産量は、銅を除き2013年と比較してわずかに減少した。 本稿では、これら主要鉱種について、エネ

中国の統計手法の課題と今後の銅の需給見通し

中国の統計手法の課題と今後の銅の需給見通し―2015年春季国際銅研究会(ICSG)統計委員会参加報告―  2015年4月23日と24 日の2日間にわたって、リスボンにて国際銅研究会(ICSG)*の春季定期会合が開催された。参加者は、ICSG加盟国や産業団体、企業、専門家等の約70名。会議開催時には、ドル高原油安等の影響で下落するコモディティ価格にもれなく、銅価格も下落を続けていたことから、23日の第88回環境経済委員会及び第43回統計委員会においては銅価格の今後の動向と中国需要の行方が議論され

世界のクロム市場概観

国際クロム開発協会(International Chromium Development Association、ICDA)より世界のクロム市場について、2015年4月にリスボンで開催された国際ニッケル研究会(INSG)の春季定期会合において講演がなされたことから、その講演内容をもとに近年のクロム市場を概観する。なお、クロムについては、JOGMECが発行する『鉱物資源マテリアルフロー2014(クロム)』及び金属資源レポート『クロム資源の供給ポテンシャルについて』において詳細を報告していることから

PGM市場の2015年見通し―ロンドン・プラチナウィークから―

PGM市場の2015年見通し―ロンドン・プラチナウィークから―  毎年5月中旬にはPGM市場関係者が一堂に集うプラチナウィークが英国ロンドンで開催される。2015年は5月18日から22日にかけて行われ、PGM生産者、需要家及び投資家との間で非公式の会合が連日開催された。プラチナウィークの前哨戦として2015年5月15日に主にPGMを専門とするコンサルタント会社のSFA Oxfordが主催した『The Oxford Platinum Lectures』に参加する機会を得たので、同社による2015

非鉄金属市況と需給動向(2015年6月)

非鉄金属市況と需給動向(2015年6月)

カレント・トピックスNo.15-26 アイルランドの鉛・亜鉛鉱業の今

2015 年4月22日、ポルトガル・リスボンにおいて国際鉛亜鉛研究会 (ILZSG) ※の春季定期会合が開催された。本会合において、アイルランドの通信・エネルギー・天然資源省 (Department of Communications Energy and Natural Resources,DCENR) の主任地質技師、Dr. Eibhlin Doyleが同国の鉛・亜鉛の鉱業の見通しに関して講演を行ったことから、この講演内容を中心に同国の鉛・亜鉛に係る鉱業全般についてまとめた。なお、ILZSG

カレント・トピックスNo.15-27 中国の環境規制が鉛バッテリーセクターに及ぼす影響

中国の環境規制が鉛バッテリーセクターに及ぼす影響  2015 年4月22日、ポルトガル・リスボンにおいて国際鉛亜鉛研究会 (ILZSG)※の春季定期会合が開催され、本会合の中で、中国の鉛バッテリーの最大生産地である浙江省の浙江大学の林由公共管理学院教授が中国における鉛バッテリーセクターへの環境規制の現状について報告を行った。中国では2015年1月に新環境法が施行されており、中国の環境規制がどのように行われたのか、中国の需給動向を踏まえながら林教授の講演内容を本稿で紹介することとしたい。なお、I

銅需給、2015年の供給過剰は下方修正、2016年も供給過剰

銅需給、2015年の供給過剰は下方修正、2016年も供給過剰―2015年春季国際銅研究会(ICSG)需給予測―  2015年4月23日と24 日の2日間にわたって、リスボンにて国際銅研究会(ICSG)※の春季定期会合が開催された。参加者は、ICSG加盟国や産業団体、企業、専門家等の約70名。23日に開催された統計委員会では、2015年と2016年の銅需給バランスに関して、加盟国から提出された数値をもとに、専門家及び各国参加者らで検証が行われた。本稿では、統計委員会において議論された銅需給見通し

パナマ鉱業に関する最近の動き

パナマでは、2014年5月に大統領選挙が行われ、野党パナメニスタ党のJuan Carlos Varela Rodríguez副大統領が勝利し同年7月1日に大統領に就任した。新大統領は、当該大統領選挙期間中、自身が大統領選挙に勝利した場合、直ちに新規鉱業プロジェクトの認可を一時凍結する等を宣言したため、パナマ鉱業にとって今後厳しい対応を迫られることが懸念された。 一方、パナマ金属鉱業に関しては、これまで主として金の生産のみを行ってきたが、近年銅プロジェクトの探鉱や開発が進められる等、徐々にではある

カレント・トピックスNo.15-22 2015年春季国際ニッケル研究会(INSG)報告

ニッケル需給予測、過剰幅は僅かながらも供給過剰が継続へ―2015年春季国際ニッケル研究会(INSG)報告―  2015 年4月20日から21日にかけて、ポルトガル・リスボンにおいて国際ニッケル研究会 (INSG)※の春季定期会合が開催され、INSG加盟国や産業団体、企業、専門家等の約70 名が参加した。第50回目にあたる統計委員会では、世界のニッケル鉱石生産、一次ニッケル生産及び一次ニッケル消費に係る2015 年の予測値について、加盟国から提出された数値をベースに参加者により検証が行われた。本

カレント・トピックスNo.15-23 2015年春季国際鉛亜鉛研究会(ILZSG)報告

鉛・亜鉛需給予測、供給不足が継続もタイト感は緩和―2015年春季国際鉛亜鉛研究会(ILZSG)報告―  2015 年4月22日、ポルトガル・リスボンにおいて国際鉛亜鉛研究会(ILZSG)※の春季定期会合が開催され、ILZSG加盟国や産業団体、企業、専門家等の約50 名が参加した。ILZSGは、2015年の鉛及び亜鉛に係る世界の鉱石生産、地金生産及び地金消費予測値について、加盟国から提出された数値をベースに検証を行い、その結果の発表を行った。本稿ではILZSGによる2015年の鉛及び亜鉛の需給見

ジャマイカ鉱業に関する最近の動き

ジャマイカは、同国初の女性首相となるPortia Simpson-Miller首相が2012年1月から2期目に就任しており、財政面の不安は抱えつつも、治安を含め比較的安定した状況を示している。 鉱業に関しては、日本で言うところ秋田県の面積よりやや小さい国土にもかかわらず、ボーキサイトの生産量世界第7位、輸出量世界第3位を誇り、その豊富な鉱物資源を求め、外国企業による鉱業活動が見受けられる国である。一方、近年の国際金属市況の下落・低迷等の影響を受け、同国鉱業の成長に陰りが見えている。 今般同国鉱業

市場データです。

非鉄金属市況と需給動向 2015年2月

非鉄金属市況と需給動向 2015年2月

市場データです。

ニッケルの需給動向

ニッケルの需給動向

近年の鉛・亜鉛市場の動向

近年の鉛・亜鉛市場の動向 -2014年秋季国際鉛亜鉛研究会(ILZSG)報告(2)-  2014年10月16~17日、リスボンにて、国際鉛亜鉛研究会(ILZSG)の秋季定期会合が開催された。ILZSGは、1959年に国連により発足された国際機関で、現在はリスボンに事務局を置いている。鉛・亜鉛市場における透明性確立を目的とし、需給調査や経済動向など鉛・亜鉛市場に影響を与える分野の情報収集、分析、統計を行っており、春季、秋季の年2回定期会合を開催している。今回、第59回となる定期会合では、統計予測

市場データです。

鉛・亜鉛の需給動向

鉛・亜鉛の需給動向

Grupo Mexico社傘下の銅鉱山における銅浸出液流出事故の概要

Grupo México�ЎP���̓��z�R�ɂ����铺�Z�o�t���o���̂̊T�v< ���L�V�R�������@���c�r�V�@���� > �@2014�N8���AGrupo México�Ђ̎q���Ђł���Southern Copper�Ђ����L�V�R��Sonora�B�ő��Ƃ���Buenavista���z�R�ɂ����āASX-EW�p�̓��Z�o�t�����o���t�߂̉͐��ɗ��ꍞ�݁A�ߗׂ�6�‚̎����̂ɂ����Ĉ�

世界銅需要鈍化も中国のけん引力に引き続き期待

世界銅需要鈍化も中国のけん引力に引き続き期待 ~2014年秋季国際銅研究会(ICSG)参加報告~  2014 年10月13日と14 日の2日間にわたって、リスボンにて国際銅研究会(ICSG)*の秋季定期会合が開催された。参加者は、ICSG加盟国や産業団体、企業、専門家等の約50名。ICSG統計委員会による銅需給予測は別途報告したが(2014年第43号)、本稿では2015年と2016年の銅精鉱・銅地金の需給予測と生産国情報を補足し、13日に行われた環境経済委員会から主な講演の概要を報告する。なお

豪州の資源・エネルギー分野の主要プロジェクト

豪州の資源・エネルギー分野の主要プロジェクト ~資源エネルギー経済局発表「Resources and Energy Major Projects, October 2014」より~  2014年11月26日、豪州連邦政府・資源エネルギー経済局(BREE)は「Resources and Energy Major Projects, October 2014」を発表した。同発表資料には、資源・エネルギー分野の主要プロジェクト件数及びプロジェクト価値(投資額)等が記載されている。 本稿では、当該発表

世界の鉱業の趨勢2014 中国

世界の鉱業の趨勢2014 中国

カレント・トピックス No.15-1 ERNST & YOUNGによる鉱業におけるビジネスリスクの分析

ERNST & YOUNGによる鉱業におけるビジネスリスクの分析  本稿では、監査法人Ernst & Young(以下E & Y、本社:ロンドン)が2008年から発表している鉱業におけるビジネスリスクを分析した報告書「Business risks facing mining and metals」の2014年版の概要を報告する。中国経済の失速懸念によりコモディティ価格が下落傾向にある今日、直近のスーパーサイクルのピークとなった2008年と現在のリスク意識がどのように変化しているのか比較し、さら

10大ニュース です。

2014年金属鉱物資源分野の10大ニュース

JOGMEC調査部では、2014年の世界の金属鉱業情勢を概観し、金属鉱物資源分野における10大ニュースを次のとおり選定し、それらについてまとめた。NO.1安倍内閣総理大臣、資源国歴訪NO.2我が国資本の鉱山、相次いで始動NO.3資源価格の軟調続く、鉄鉱石は5年ぶりの安値NO.4インドネシア、高付加価値化政策を施行NO.5中国レアアース等輸出規制、WTO協定違反確定NO.6南アPGM鉱山で過去最長のストライキNO.7沖縄本島北西沖に新たな海底熱水鉱床を発見NO.8BHPビリトン、非中核事業をスピン

欧州とアフリカ 欧州とアフリカ-今、何が起こっているのか-(2)

欧州とアフリカ 欧州とアフリカ-今、何が起こっているのか-(2)

欧州とアフリカ 欧州とアフリカ-今、何が起こっているのか-(1)

欧州とアフリカ 欧州とアフリカ-今、何が起こっているのか-(1)

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ