「神奈川県」による調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
会社名をGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年1月13日神奈川県フィードバック数:0社会/政治

平成28年度県民ニーズ調査【課題調査】(単純集計結果)(速報)

ホーム > 神奈川県記者発表資料 > 平成28年度県民ニーズ調査【課題調査】(単純集計結果)(速報) - 県政の直面する重要課題や県民生活に関する課題についての意識調査 -平成28年度県民ニーズ調査【課題調査】(単純集計結果)(速報) - 県政の直面する重要課題や県民生活に関する課題についての意識調査 - 神奈川県では、県民の意識・価値観などの変化や多様化する生活ニーズを把握し、その結果を施策に反映するため、毎年度「県民ニーズ調査」として、県政全般についての「基本調査」と特定のテーマについての「

2016年12月9日神奈川県フィードバック数:0社会/政治

平成28年度県民ニーズ調査【基本調査】(単純集計結果)(速報) - 県民の生活と県政についての意識調査 -

ホーム > 神奈川県記者発表資料 > 平成28年度県民ニーズ調査【基本調査】(単純集計結果)(速報) - 県民の生活と県政についての意識調査 -平成28年度県民ニーズ調査【基本調査】(単純集計結果)(速報) - 県民の生活と県政についての意識調査 - 神奈川県では、県民の意識・価値観などの変化や多様化する生活ニーズを把握し、その結果を施策に反映するため、毎年度「県民ニーズ調査」として、県政全般についての「基本調査」と特定のテーマについての「課題調査」を実施しています。今回は、県内に在住する18歳

2016年10月4日神奈川県フィードバック数:0マーケティング

大型小売店統計調査月報 平成28年7月分(速報)

大型小売店統計調査月報 平成28年7月分(速報)大型小売店統計調査月報の公表について -神奈川県大型小売店統計調査結果-平成28年7月分(速報)一般動向平成28年7月末日現在の調査対象の『大型小売店』は687店(対前月増減なし)。商品販売額1979億2852万円で、前年同月に比べ27億5193万円1.4%減となり、5か月連続のマイナスとなった。 業態別動向商品販売額を業態別に前年同月と比べると、百貨店は4.7%減で9か月連続のマイナス、スーパーは0.5%増で2か月ぶりのプラス、専門店・その他の大

2016年7月9日神奈川県フィードバック数:0社会/政治

産科医療及び分娩に関する調査

産科医療及び分娩に関する調査結果について分娩取扱い施設数は横ばい・産科医師数は微増 産科など特定の診療科の医師確保が喫緊の課題となっており、県では、医療介護総合確保基金を活用し、医師確保に向けた取組を進めています。地域の産科医療及び分娩をめぐる状況を把握するため、平成18年度より標記調査(実態調査及びアンケート調査)を実施しており、このたび、平成28年度の結果を取りまとめましたので公表します。1 概要主な内容は次のとおりです。(1)分娩取扱い施設数病院が1施設の増加、診療所が3施設の増加、助産所

2016年6月7日神奈川県フィードバック数:0社会/政治

事業承継に関するアンケート調査

「事業承継に関するアンケート調査」の結果がまとまりました!昨年9月に公益財団法人神奈川産業振興センターに設置した「神奈川事業引継ぎ支援センター」では、県内中小企業における事業引継ぎの課題等に対する支援に取り組んでいます。 このたび、県内中小企業における事業承継に関する考えや抱えている問題点等を把握するため、「神奈川県事業引継ぎ支援センター」と県が共同で実施した「事業承継に関するアンケート調査」の結果がまとまりましたので、お知らせします。 「神奈川県事業引継ぎ支援センター」は、この調査結果を踏まえ

2016年4月5日神奈川県フィードバック数:0社会/政治

平成25年住生活総合調査・附帯調査(神奈川県分)

平成25年住生活総合調査・附帯調査(神奈川県分)の結果について平成25年住生活総合調査・附帯調査の神奈川県分について、結果がまとまりましたので、概要をお知らせします。1.調査の目的(1)住生活総合調査(国土交通省実施)住宅・住環境に対する満足度など、居住者の意識・意向を中心に調査する。(2)住生活総合調査附帯調査(神奈川県実施)上記にあわせて、本県独自に住まいに関する課題について、意識や意向などを調査する。2.調査の時期・対象平成25 年12 月1日現在(5年周期)。住宅・土地統計調査(総務省実

2015年12月29日神奈川県フィードバック数:0社会/政治

平成27年度県民ニーズ調査【課題調査】(単純集計結果)(速報)

ホーム > 神奈川県記者発表資料 > 平成27年度県民ニーズ調査【課題調査】(単純集計結果)(速報)-「地震対策の取組み」「総合防災センター」「魚食」「食・食育」「『未病を治す』取組み」「かながわの広報」「空き家問題」「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会」「職業能力開発」についての意識調査-平成27年度県民ニーズ調査【課題調査】(単純集計結果)(速報)-「地震対策の取組み」「総合防災センター」「魚食」「食・食育」「『未病を治す』取組み」「かながわの広報」「空き家問題」「東京2020

2015年10月27日神奈川県フィードバック数:0社会/政治

平成27年度神奈川県内大学等在籍留学生調査

平成27年度神奈川県内大学等在籍留学生調査の結果について 神奈川県内の大学等に在籍する留学生の数等について調査し、今年度の結果をまとめました。○ 調査概要1 調査基準日 5月1日2 調査対象県内の大学、大学院、短期大学、大学校、専修学校(専門課程)、日本語教育機関全223校に在籍する「出入国管理及び難民認定法」別表第一に定める「留学」の在留資格により在留する留学生○ 調査結果の概要・ 総数は9,839人で、昨年と比べ1,508人増加・ 専修学校及び日本語教育機関の在校生が前年比3割以上の増加・

2015年7月21日神奈川県フィードバック数:0社会/政治

大型小売店統計調査月報 平成27年5月分(速報)

大型小売店統計調査月報 平成27年5月分(速報)大型小売店統計調査月報の公表について -神奈川県大型小売店統計調査結果-平成27年5月分(速報)一般動向平成27年5月末日現在の調査対象の『大型小売店』は680店(対前月4店増)。 商品販売額1931億2359万円で、前年同月に比べ88億8119万円4.8%増となり、2か月連続のプラスとなった。業態別動向商品販売額を業態別に前年同月と比べると、百貨店は2.8%増、スーパーは4.0%増となり、また専門店は7.8%増、その他の大型店は49.6%増と、全

2015年6月21日神奈川県フィードバック数:0ライフスタイル

産科医療及び分娩に関する調査

産科医療及び分娩に関する調査結果について分娩取扱い施設数は減少・産科医師数も減少し、依然不足 産科など特定の診療科の医師確保が喫緊の課題となっており、県では、地域医療再生基金や医療介護総合確保基金を活用し、医師確保に向けた取組を進めています。 地域の産科医療及び分娩をめぐる状況を把握するため、平成18年度より標記調査(実態調査及びアンケート調査)を実施しており、このたび、平成27年度の結果を取りまとめましたので公表します。1 概要主な内容は次のとおりです。(1)分娩取扱い施設数病院が3施設の減少

2015年6月19日神奈川県フィードバック数:0ビジネス

大型小売店統計調査月報 平成27年4月分(速報)

大型小売店統計調査月報 平成27年4月分(速報)大型小売店統計調査月報の公表について -神奈川県大型小売店統計調査結果-平成27年4月分(速報)一般動向平成27年4月末日現在の調査対象の『大型小売店』は676店(対前月1店減)。商品販売額1837億618万円で、前年同月に比べ116億7319万円6.8%の増となり、5か月ぶりのプラスとなった。業態別動向商品販売額を業態別に前年同月と比べると、百貨店は9.8%の増、スーパーは6.2%の増でともに2か月ぶりのプラス、専門店は4.7%の増で5か月ぶりの

2015年6月8日神奈川県フィードバック数:0社会/政治

保育所等利用待機児童数の状況

保育所等利用待機児童数の状況について保育所等利用待機児童数の状況 平成27年4月1日現在の県内の保育所等利用待機児童数は625人(前年比▲454人、▲42.0%)と5年連続での減少し、ピーク時の平成22年度以降初めて1,000人を下回りました。・ 詳細はこちらをご覧ください。 Pdf形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)記者発表資料県政記

2015年6月1日神奈川県フィードバック数:0社会/政治

神奈川県の人口と世帯(平成27年5月1日現在)

神奈川県の人口と世帯(平成27年6月1日現在)神奈川県の人口と世帯(神奈川県人口統計調査結果)平成27年6月1日現在 この報告は、平成22年国勢調査結果(確定数)を基礎として、これに毎月の住民基本台帳法及び戸籍法の定めによる月間届出数を加減し、毎月1日現在の県内市区町村別人口及び世帯数を推計したものです。神奈川県人口統計調査について調査周期・・・毎月 調査対象・・・全人口・全世帯 調査目的・・・常住人口を明らかにし、各種行政及びその他の事務の処理に資する。 (問合せ先) 神奈川県統計センター 人

2015年5月26日神奈川県フィードバック数:0ビジネス

大型小売店統計調査月報 平成27年3月分(速報)及び平成26年結果報告(速報)

大型小売店統計調査月報 平成27年3月分(速報)及び平成26年結果報告(速報)大型小売店統計調査月報の公表について -神奈川県大型小売店統計調査結果-平成27年3月分(速報)及び平成26年結果報告(速報)平成27年3月分(速報)一般動向平成27年3月末日現在の調査対象の『大型小売店』は677店(対前月1店減)。商品販売額1960億7450万円で、前年同月に比べ338億1065万円14.7%の減となり、4か月連続のマイナスとなった。業態別動向商品販売額を業態別に前年同月と比べると、百貨店は18.7

2015年5月7日神奈川県フィードバック数:0社会/政治

県内メーデーの実施状況

県内メーデーの実施状況について-20会場、参加人員合計36,106人-(うち5月1日実施会場は12会場、参加人員合計は5,763人) 県内各地で開催されたメーデーについて、5月1日現在の状況を公表します。(調査時点は、本日(5月1日)18時現在、「参加人員」は主催者側発表に基づくものです。)。 なお、各地区の実施状況は、別紙のとおりです。1 実施会場5月1日までに20会場(前年21会場)で実施されました。このうち、5月1日に実施されたものは、12会場(前年12会場)でした。2 参加人員合計5月1

2015年5月1日神奈川県フィードバック数:0社会/政治

神奈川県の人口と世帯(平成27年4月1日現在)

神奈川県の人口と世帯(平成27年4月1日現在)神奈川県の人口と世帯(神奈川県人口統計調査結果)平成27年4月1日現在 この報告は、平成22年国勢調査結果(確定数)を基礎として、これに毎月の住民基本台帳法及び戸籍法の定めによる月間届出数を加減し、毎月1日現在の県内市区町村別人口及び世帯数を推計したものです。神奈川県人口統計調査について調査周期・・・毎月 調査対象・・・全人口・全世帯 調査目的・・・常住人口を明らかにし、各種行政及びその他の事務の処理に資する。 (問合せ先) 神奈川県統計センター 次

2015年4月30日神奈川県フィードバック数:0キャリアとスキル

県内メーデーの実施状況

県内メーデーの実施状況について-8会場で実施、参加人員30,343人-(うち4月29日実施は、6会場、参加人員の合計は26,943人) 県内各地で開催されたメーデーについて、4月29日現在の状況を公表します。(調査時点は、本日(4月29日)午後1時現在、「参加人員」は主催者側発表に基づくものです。) なお、各地区メーデーの実施状況と明日以降の実施予定は、別紙1、別紙2のとおりです。1 今日現在まで(4月24日、25日を含む)、各地域で実施されたメーデーは8会場で、参加人員合計は、30,343人で

2015年4月24日神奈川県フィードバック数:0ビジネス

大型小売店統計調査月報 平成27年2月分(速報)

大型小売店統計調査月報 平成27年2月分(速報)大型小売店統計調査月報の公表について -神奈川県大型小売店統計調査結果-平成27年2月分(速報)一般動向平成27年2月末日現在の調査対象の『大型小売店』は678店(対前月2店減)。商品販売額は1687億1455万円で、前年同月に比べ1億318万円0.1%の増となり、3か月ぶりのプラスとなった。業態別動向商品販売額を業態別に前年同月と比べると、百貨店は3.5%の増で6か月ぶりのプラス、スーパーは0.7%の増で2か月連続のプラス、専門店は6.3%の減で

2015年4月15日神奈川県フィードバック数:0社会/政治

県内の外国人数の調査

県内の外国人数の調査結果についてこの調査結果は、2015(平成27)年1月1日現在の住民基本台帳上の外国人数について、県内市町村に対して調査した結果を集計したものです。※ 2012(平成24)年7月に出入国管理及び難民認定法等が改正されて、新しい在留管理制度が導入されたことに伴い、外国人登録法が廃止されました。これにより、外国人も住民基本台帳法の対象となったことから、住民基本台帳上の外国人数を集計しています。住民基本台帳上の外国人数は従来の外国人登録者数と制度上対象が一部異なりますので、2011

2014年12月25日神奈川県フィードバック数:0社会/政治

平成26年度上半期 神奈川県内における消費生活相談概要

ホーム > 神奈川県記者発表資料 > 苦情相談件数は7.4%増加 「ワンクリック請求」「架空請求」に注意! -平成26年度上半期 神奈川県内における消費生活相談概要-苦情相談件数は7.4%増加 「ワンクリック請求」「架空請求」に注意! -平成26年度上半期 神奈川県内における消費生活相談概要-○ 神奈川県及び県内市町村の相談総件数(苦情・問合せ)は、36,882件で前年度同期比6.3%増加このうち苦情相談は、34,947件で前年度同期比7.4%増加○ 「ワンクリック請求」や「架空請求」などの「デ

2014年11月28日神奈川県フィードバック数:0社会/政治

神奈川県の人口と世帯(平成26年11月1日現在)

神奈川県の人口と世帯(平成26年11月1日現在)神奈川県の人口と世帯(神奈川県人口統計調査結果)平成26年11月1日現在 この報告は、平成22年国勢調査結果(確定数)を基礎として、これに毎月の住民基本台帳法及び戸籍法の定めによる月間届出数を加減し、毎月1日現在の県内市区町村別人口及び世帯数を推計したものです。神奈川県人口統計調査について調査周期・・・毎月 調査対象・・・全人口・全世帯 調査目的・・・常住人口を明らかにし、各種行政及びその他の事務の処理に資する。 (問合せ先) 人口・労働統計課長田

2014年10月21日神奈川県フィードバック数:0ビジネス

大型小売店統計調査月報 平成26年8月分(速報)

大型小売店統計調査月報 平成26年8月分(速報)大型小売店統計調査月報の公表について -神奈川県大型小売店統計調査結果-平成26年8月分(速報)一般動向平成26年8月末日現在の調査対象の『大型小売店』は678店(対前月増減は0店)。商品販売額は1838億4827万円で、前年同月に比べ10億2492万円0.6%の増となり、5か月ぶりのプラスとなった。業態別動向商品販売額を業態別に前年同月と比べると、百貨店は0.3%の増で5か月ぶりのプラス、スーパーは0.8%の増で3か月ぶりのプラス、専門店は1.2

2014年7月24日神奈川県★フィードバック数:0社会/政治

デジタルコンテンツについての苦情・相談が最も多くなっています。

平成25年度 神奈川県内における消費生活相談概要

ホーム > 神奈川県記者発表資料 > 苦情相談件数は9%増加 70歳以上が1位 -平成25年度 神奈川県内における消費生活相談概要-苦情相談件数は9%増加 70歳以上が1位 -平成25年度 神奈川県内における消費生活相談概要-○ 神奈川県及び県内市町村の相談総件数(苦情・問合せ)は、69,691件で前年度比8.0%増加このうち苦情相談は、65,595件で前年度比9.0%増加○ 「デジタルコンテンツ(※)」に関する苦情相談が1位※ 携帯電話、パソコン等からインターネットを通じて得られる情報○ 年代

2014年5月1日神奈川県フィードバック数:0社会/政治

県の人口と世帯(平成26年4月1日現在)

県の人口と世帯(平成26年4月1日現在)神奈川県の人口と世帯(神奈川県人口統計調査結果)平成26年4月1日現在 この報告は、平成22年国勢調査結果(確定数)を基礎として、これに毎月の住民基本台帳法及び戸籍法の定めによる月間届出数を加減し、毎月1日現在の県内市区町村別人口及び世帯数を推計したものです。神奈川県人口統計調査について調査周期・・・毎月 調査対象・・・全人口・全世帯 調査目的・・・常住人口を明らかにし、各種行政及びその他の事務の処理に資する。 (問合せ先) 人口・労働統計課長田辺電話 0

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ