調査のチカラ TOP > 会社名一覧 > 米穀安定供給確保支援機構

「米穀安定供給確保支援機構」による調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
会社名をGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

主要産地における平成27年産水稲の生育状況等について(6月26日現在)

 主要産地における平成27年産水稲の生育状況等について第5報 (6月26日現在)作成:公益社団法人米穀安定供給確保支援機構情報部(平成27年6月26日)生育状況等道府県育苗・田植進行状況・生育状況等(自治体等公表資料の抜粋)区分北海道平年に対する遅速等(全道)生育は平年並。草丈はやや短く、葉数は平年並、茎数は少ない。    (北海道農政部 6月15日現在)(空知)日照時間が少なかったため、分げつは緩慢となった(早1日)。分げつ始期は6月6日。草丈は28.1cmで平年並、葉数は    6.8枚で平

POSデータをもとにした精米価格等の情報(平成27年5月分)

POSデータをもとにした精米価格等の情報(平成27年5月分)

主要産地における平成27年産水稲の生育状況等について(6月11日現在)

主要産地における平成27年産水稲の生育状況等について(6月11日現在)

ごはん推しです。

妊産婦のごはん摂取の現状―平成26年度アンケート調査

妊産婦のごはん摂取の現状―平成26年度アンケート調査

主要産地における平成27年産水稲の生育状況等について(6月5日現在)

 主要産地における平成27年産水稲の生育状況等について第3報 (6月5日現在)作成:公益社団法人米穀安定供給確保支援機構情報部(平成27年6月5日)生育状況等道府県育苗・田植進行状況・生育状況等(自治体等公表資料の抜粋)区分北海平年に対する遅速等同左及び周辺事情に対する自治体等公表資料等(抜粋)道(全道)生育はやや早い(早3日)、移植作業は平年並に始まっている(早1日)。    日照時間は多かったことから、耕起など春作業は順調に推移している。    (北海道農政部 5月15日現在)・6月のヒメト

米の消費動向調査結果(平成27年4月分)

平成27年5月28日 公益社団法人 米穀安定供給確保支援機構米の消費動向調査結果(平成27年4月分) 公益社団法人米穀安定供給確保支援機構(米穀機構)では、米の消費状況を把握するた め、全国の消費世帯を対象とした「米の消費動向調査」を毎月行っています。  平成27年4月分の調査結果の概要は次のとおりです。   ■「1人1ヵ月当たり精米消費量」は 4,877グラム、うち「家庭内消費量」が    3,351グラム(前月比 +274g)、「中食・外食の消費量」は 1,526グラム(前月比    +26

POSデータをもとにした精米価格等の情報(平成27年4月分)

POSデータをもとにした精米価格等の情報(平成27年4月分)

主要産地における平成27年産水稲の生育状況等について(5月18日現在)

主要産地における平成27年産水稲の生育状況等について(5月18日現在)

都市部地域住民を対象とするご飯摂取量とメタボリックシンドローム罹病との関係に関する追跡研究(2014年研究概要)

都市部地域住民を対象とするご飯摂取量とメタボリックシンドローム罹病との関係に関する追跡研究(2014年研究概要)

コメの輸出です。

コメ、コメ加工品の輸出動向

2015年5月15日発行公益社団法人米穀安定供給確保支援機構(米穀機構)情報部〒103-0001 東京都中央区日本橋小伝馬町 15-15米に関する調査レポートH27-1コメ、コメ加工品の輸出動向Ⅰ コメ等の貿易動向 1.世界の穀物貿易(1)穀物の生産動向   ・・・・・・・・(2)穀物の貿易動向    ・・・・・・・・ 2.世界のコメの貿易動向(1)コメの生産動向   ・・・・・・・・(2)コメの貿易動向  ・・・・・・・・ 3.日本の農産物の輸出動向  (1)全体動向     ・・・・・・・・

ごはん食はメタボリックシンドロームのリスクにはならない~ごはんの摂り方が大切~

《平成 25、26 年度ごはん食健康データベース整備事業研究報告より》ごはん食はメタボリックシンドロームのリスクにはならない~ごはんの摂り方が大切~小久保 喜弘(国立循環器病研究センター予防健診部医長)還暦を迎える頃になると血圧やコレステロールなどが高くなる方が増えてきます。 多くの方は血圧やコレステロールを気にするために、減塩の他に野菜を 摂ろうと努めたり、体重増加にならないようにと減量したりしますが、ガイドラインに準拠した方法ではなく、自分の思い込みで行っている方が比較的 目につきます。野菜

都市部地域住民を対象とするご飯摂取量とメタボリックシンドローム罹病との関係に関する追跡研究(2013-14年研究概要)

都市部地域住民を対象とするご飯摂取量とメタボリックシンドローム罹病との関係に関する追跡研究(2013-14年研究概要)

米の消費動向調査結果(平成27年3月分)

平成27年4月27日公益社団法人 米穀安定供給確保支援機構米の消費動向調査結果(平成27年3月分) 公益社団法人米穀安定供給確保支援機構(米穀機構)では、米の消費状況を把握するため、全国の消費世帯を対象とした「米の消費動向調査」を毎月行っています。 平成27年3月分の調査結果の概要は次のとおりです。  ■「1人1ヵ月当たり精米消費量」は 4,333グラム、うち「家庭内消費量」が   3,077グラム(前月比 -187g)、「中食・外食の消費量」は 1,257グラム(前月比   -16g)  ■精

主要産地における平成26年産水稲の収穫量及び作柄概況等について(4月20日現在)

 主要産地における平成26年産水稲の収穫量及び作柄概況等について 第10報(4月20日現在)収穫量全  国・道 府 県収穫量(主食用)①t全 国7,882,000前年産主食用収穫量t8,182,000作成:公益社団法人米穀安定供給確保支援機構情報部(平成27年4月21日)作 況前年産収穫量との比較参考(ふるい目幅1.85mm)予想収穫量対 差対 比 (主食用)(概数)t%t▲ 300,000 96.3作況指数26年産作況指数25年産品質概況等前年産との比較対 差①との対差26年産水稲うるち玄米1

POSデータをもとにした米代替品等の情報(平成27年1~3月分)

POSデータをもとにした米代替品等の情報(平成27年1~3月分)

POSデータをもとにした精米価格等の情報(平成27年3月分)

POSデータをもとにした精米価格等の情報(平成27年3月分)

平成26年産 水稲の品種別作付動向

平成27年3月31日一部訂正 平成27年5月26日公益社団法人 米穀安定供給確保支援機構平成26年産 水稲の品種別作付動向について 当機構では、米の生産に係る基礎的な資料を整備する観点から、道府県行政等から情報提供をいただき、平成26年産水稲の品種別の作付割合を取りまとめました。 概要は次のとおりです。【調査概要】   ■ 平成26年産うるち米(醸造用米、もち米を除く)において、全国で最も作付が多かった品種は「コシヒカリ」(作付割合36.4%・前年1位)でした。2位は「ひとめぼれ」(同9.7%・

米の消費動向調査結果(平成27年2月分)

平成27年3月25日公益社団法人 米穀安定供給確保支援機構米の消費動向調査結果(平成27年2月分) 公益社団法人米穀安定供給確保支援機構(米穀機構)では、米の消費状況を把握するため、全国の消費世帯を対象とした「米の消費動向調査」を毎月行っています。 平成27年2月分の調査結果の概要は次のとおりです。  ■「1人1ヵ月当たり精米消費量」は 4,537グラム、うち「家庭内消費量」が   3,264グラム(前月比 +136g)、「中食・外食の消費量」は 1,273グラム(前月比   +21g)  ■精

主要産地における平成26年産水稲の収穫量及び作柄概況等について(3月20日現在)

主要産地における平成26年産水稲の収穫量及び作柄概況等について(3月20日現在)

POSデータをもとにした精米価格等の情報(平成27年2月分)

POSデータをもとにした精米価格等の情報(平成27年2月分)

米の消費動向調査結果(平成27年1月分)

平成27年2月25日公益社団法人 米穀安定供給確保支援機構米の消費動向調査結果(平成27年1月分) 公益社団法人米穀安定供給確保支援機構(米穀機構)では、米の消費状況を把握するため、全国の消費世帯を対象とした「米の消費動向調査」を毎月行っています。 平成27年1月分の調査結果の概要は次のとおりです。  ■「1人1ヵ月当たり精米消費量」は 4,380グラム、うち「家庭内消費量」が   3,128グラム(前月比 +113g)、「中食・外食の消費量」は 1,252グラム(前月比   -33g)  ■精

POSデータをもとにした精米価格等の情報(平成27年1月分)

POSデータをもとにした精米価格等の情報(平成27年1月分)

米の消費動向調査結果(平成26年12月分)

平成27年1月26日公益社団法人 米穀安定供給確保支援機構米の消費動向調査結果(平成26年12月分) 公益社団法人米穀安定供給確保支援機構(米穀機構)では、米の消費状況を把握するため、全国の消費世帯を対象とした「米の消費動向調査」を毎月行っています。 平成26年12月分の調査結果の概要は次のとおりです。  ■「1人1ヵ月当たり精米消費量」は 4,299グラム、うち「家庭内消費量」が   3,015グラム(前月比 -268g)、「中食・外食の消費量」は 1,285グラム(前月比   -61g)  

米の消費動向調査結果(平成26年11月分)

平成26年12月25日公益社団法人 米穀安定供給確保支援機構米の消費動向調査結果(平成26年11月分) 公益社団法人米穀安定供給確保支援機構(米穀機構)では、米の消費状況を把握するため、全国の消費世帯を対象とした「米の消費動向調査」を毎月行っています。 平成26年11月分の調査結果の概要は次のとおりです。  ■「1人1ヵ月当たり精米消費量」は 4,629グラム、うち「家庭内消費量」が   3,283グラム(前月比 -8g)、「中食・外食の消費量」は 1,346グラム(前月比   +12g)  ■

主要産地における平成26年産水稲の収穫量及び作柄概況等について(12月22日現在)

主要産地における平成26年産水稲の収穫量及び作柄概況等について(12月22日現在)

POSデータをもとにした精米価格等の情報(平成26年11月分)

米穀機構(公益社団法人米穀安定供給確保支援機構)平成26年12月16日Vol.26-8(平成26年11月分)Retail Price of rice米穀機構では、米に関する情報発信の拡充を図る一環として、量販店等の販売(POS)データについて編集、加工のうえ、公表しています。平成26年11月におけるPOSデータに基づく、うるち米の販売価格等の概要は以下のとおりです。【平成26 年 11 月の概要】1.うるち精米の販売動向 ・・・P2及び P6参照項目当月平均価格(税込)客数千人あたりの購入数量(

米の消費動向調査結果(平成26年10月分)

平成26年11月25日公益社団法人 米穀安定供給確保支援機構米の消費動向調査結果(平成26年10月分) 公益社団法人米穀安定供給確保支援機構(米穀機構)では、米の消費状況を把握するため、全国の消費世帯を対象とした「米の消費動向調査」を毎月行っています。 平成26年10月分の調査結果の概要は次のとおりです。  ■「1人1ヵ月当たり精米消費量」は 4,624グラム、うち「家庭内消費量」が   3,291グラム(前月比 +108g)、「中食・外食の消費量」は 1,334グラム(前月比   +22g) 

主要産地における平成26年産水稲の収穫量及び作柄概況等について(2014年11月21日現在)

 主要産地における平成26年産水稲の収穫量及び作柄概況等について 第4報(11月21日現在)全  国・道 府 県予想収穫量(主食用)①t全 国7,885,000前年産主食用収穫量t収穫量前年産収穫量(確定値)との比較対  差8,182,000▲ 297,000%96.4予想収穫量(主食用)(概数)t①との対差品質概況等前年産との比較参考(ふるい目幅1.85mm)対  比t作成:公益社団法人米穀安定供給確保支援機構情報部(平成26年11月25日)作 況作況指数26年産作況指数25年産対 差26年産

POSデータをもとにした精米価格等の情報(平成26年10月分)

POSデータをもとにした精米価格等の情報(平成26年10月分)

主要産地における平成26年産水稲の収穫量及び作柄概況等について

 主要産地における平成26年産水稲の収穫量及び作柄概況等について 第3報(10月31日現在)全  国・道 府 県予想収穫量(主食用)①t全 国7,885,000前年産主食用収穫量t収穫量前年産収穫量(確定値)との比較対  差8,182,000▲ 297,000%96.4予想収穫量(主食用)(概数)t①との対差品質概況等前年産との比較参考(ふるい目幅1.85mm)対  比t作成:公益社団法人米穀安定供給確保支援機構情報部(平成26年11月4 日)作 況作況指数26年産作況指数25年産対 差26年産

米の消費動向調査結果(平成26年9月分)

平成26年10月27日公益社団法人 米穀安定供給確保支援機構米の消費動向調査結果(平成26年9月分) 公益社団法人米穀安定供給確保支援機構(米穀機構)では、米の消費状況を把握するため、全国の消費世帯を対象とした「米の消費動向調査」を毎月行っています。 平成26年9月分の調査結果の概要は次のとおりです。  ■「1人1ヵ月当たり精米消費量」は 4,495グラム、うち「家庭内消費量」が   3,183グラム(前月比 +130g)、「中食・外食の消費量」は 1,312グラム(前月比   -22g)  ■

POSデータをもとにした米代替品等の情報(平成26年7~9月分)

POSデータをもとにした米代替品等の情報(平成26年7~9月分)

POSデータをもとにした精米価格等の情報(平成26年9月分)

POSデータをもとにした精米価格等の情報(平成26年9月分)

お酒とお米についてのレポートです。

米に関する調査レポート 「清酒の動向(清酒製造事業者、酒販卸売事業者等)」

米に関する調査レポート 「清酒の動向(清酒製造事業者、酒販卸売事業者等)」

米の1世帯1カ月当たり支出金額・購入数量の推移(平成26年8月)

Ⅰ-2 米の1世帯1ヵ月当たり支出金額・購入数量の推移支出金額対前年比0.1▲ 11.8▲ 5.9▲ 0.91.8▲ 2.4▲ 6.2▲ 4.14.8▲ 2.27.16.68.06.74.05.82.5▲ 4.5▲ 1.6▲ 20.0▲ 8.5▲ 12.1▲ 15.0▲ 9.410.2▲ 29.7▲ 17.5▲ 14.8▲ 13.4▲ 8.1購入単価対前年比426▲ 5.3368▲ 13.6364▲ 1.1360▲ 1.1353▲ 2.03581.6345▲ 3.8340▲ 1.33657.13

主要産地における平成26年産水稲の収穫量及び作柄概況等

主要産地における平成26年産水稲の収穫量及び作柄概況等

米の消費動向調査結果(平成26年8月分)

米の消費動向調査結果(平成26年8月分)

米穀安定供給確保支援機構のレポートです。

米に関する調査レポート 「中食・外食の動向(弁当給食事業者、弁当等製造事業者)」

米に関する調査レポート 「中食・外食の動向(弁当給食事業者、弁当等製造事業者)」

米の消費動向調査結果(平成26年7月分)

平成26年8月25日公益社団法人 米穀安定供給確保支援機構米の消費動向調査結果(平成26年7月分) 公益社団法人米穀安定供給確保支援機構(米穀機構)では、米の消費状況を把握するため、全国の消費世帯を対象とした「米の消費動向調査」を毎月行っています。 平成26年7月分の調査結果の概要は次のとおりです。  ■「1人1ヵ月当たり精米消費量」は 4,500グラム、うち「家庭内消費量」が   3,163グラム(前月比 -69g)、「中食・外食の消費量」は 1,337グラム(前月比   -74g)  ■精米

市場データです。

加工米飯の動向(レトルト米飯、冷凍米飯)

加工米飯の動向(レトルト米飯、冷凍米飯)

お米についてのレポートです。

加工米飯の動向(No.1 無菌包装米飯)

加工米飯の動向(No.1 無菌包装米飯)

米の消費動向調査結果(平成26年6月分)

平成26年7月25日公益社団法人 米穀安定供給確保支援機構米の消費動向調査結果(平成26年6月分) 公益社団法人米穀安定供給確保支援機構(米穀機構)では、米の消費状況を把握するため、全国の消費世帯を対象とした「米の消費動向調査」を毎月行っています。 平成26年6月分の調査結果の概要は次のとおりです。  ■「1人1ヵ月当たり精米消費量」は 4,643グラム、うち「家庭内消費量」が   3,232グラム(前月比 -142g)、「中食・外食の消費量」は 1,411グラム(前月比   -49g)  ■精

POSデータをもとにした精米価格等の情報(平成26年6月分)

POSデータをもとにした精米価格等の情報(平成26年6月分)

POSデータをもとにした米代替品等の情報(平成26年4~6月分)

POSデータをもとにした米代替品等の情報(平成26年4~6月分)

女子大生とお米です。

女子大学生のごはん摂取の実態-平成25年度「3・1・2弁当箱法」のアンケート調査

女子大学生のごはん摂取の実態-平成25年度「3・1・2弁当箱法」のアンケート調査

米の消費動向調査結果(平成26年5月分)

平成26年6月25日公益社団法人 米穀安定供給確保支援機構米の消費動向調査結果(平成26年5月分) 公益社団法人米穀安定供給確保支援機構(米穀機構)では、米の消費状況を把握するため、全国の消費世帯を対象とした「米の消費動向調査」を毎月行っています。 平成26年5月分の調査結果の概要は次のとおりです。  ■「1人1ヵ月当たり精米消費量」は 4,834グラム、うち「家庭内消費量」が   3,374グラム(前月比 -155g)、「中食・外食の消費量」は 1,460グラム(前月比   +3g)  ■精米

妊産婦のごはん摂取の現状

妊産婦のごはん摂取の現状-25年度アンケート調査結果-米穀機構では、ごはんに関する各種アンケートを実施していますが、25年度調査結果の第2弾。妊産婦に対して、全国の自治体を通じて母子健康手帳等といっしょに、妊娠期の栄養と正しい食生活及び離乳食のあり方について、ごはんを主食とした日本型食生活をベースに解説した小冊子「おいしい!かんたん! マタニティ食事レッスン1日のごはんレシピ付(90万部)」を配布しています。今回は、この小冊子によるアンケート結果についてご紹介します。* 平成25年4月

米の1世帯1カ月当たり支出金額・購入数量の推移(平成26年4月)

Ⅰ-2 米の1世帯1ヵ月当たり支出金額・購入数量の推移支出金額対前年比0.1▲ 11.8▲ 5.9▲ 0.91.8▲ 2.4▲ 6.2▲ 4.14.8▲ 2.27.16.68.06.74.05.82.5▲ 4.5▲ 1.6▲ 20.0▲ 8.5▲ 12.1▲ 15.0▲ 9.410.2▲ 29.7購入単価対前年比426▲ 5.3368▲ 13.6364▲ 1.1360▲ 1.1353▲ 2.03581.6345▲ 3.8340▲ 1.33657.13742.54028.03958.63804.1

米の消費動向調査結果(平成26年4月分)

米の消費動向調査結果(平成26年4月分)

米の1世帯1カ月当たり支出金額・購入数量の推移(平成26年3月)

米の1世帯1カ月当たり支出金額・購入数量の推移(平成26年3月)

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ