「経済産業省」による調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
会社名をGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年11月8日経済産業省フィードバック数:0社会/政治

平成29年7-9月期地域経済産業調査

「平成29年7-9月期地域経済産業調査」をまとめました 経済産業省は、各地域の経済動向を把握するために、地方経済産業局が四半期ごとに行っている地域経済産業調査の結果を取りまとめました。【今回の調査結果のポイント】全体の景況判断は、前期から据え置き、「緩やかに改善している」としました。地域別の景況判断は、全地域で据え置きました。1.地域経済産業調査について 各地方経済産業局が管内の企業等に対して、業況、生産、設備投資などの地域ごとの経済動向を把握するために四半期ごとにヒアリング調査等を実施し、そ

2017年11月6日経済産業省フィードバック数:0社会/政治

平成29年「企業の賃上げ動向等に関するフォローアップ調査」

平成29年「企業の賃上げ動向等に関するフォローアップ調査」の集計結果を取りまとめました 経済産業省では、「経済の好循環」実現に向けた施策の一環として、平成26年より「企業の賃上げ動向等に関するフォローアップ調査」を実施しています。本年においてもアンケート調査を実施し、この度集計結果を取りまとめました。1.調査概要 平成29年の春闘妥結結果等を踏まえた企業の賃上げ状況等を把握し、公表するため、大企業については、本年3月に東証一部上場企業2,001社に調査票を送り、回答のあった364社の状況につい

2017年10月17日経済産業省フィードバック数:0社会/政治

消費税の転嫁状況に関するモニタリング調査(8月調査)

消費税の転嫁状況に関するモニタリング調査(8月調査)の調査結果を公表します 経済産業省では、平成26年4月の消費税率引上げを踏まえ、転嫁状況を定期的にモニタリングするため、転嫁状況に関する事業者へのアンケート調査(モニタリング調査)を平成26年4月から実施しています。今般、平成29年「8月調査」の調査結果を取りまとめましたので公表します。調査結果は、「全て転嫁できている」と回答した事業者が、事業者間取引では89.4%、消費者向け取引では78.7%、「全く転嫁できていない」と回答した事業者が、事

2017年10月16日経済産業省フィードバック数:0社会/政治

第149回中小企業景況調査(2017年7-9月期)

第149回中小企業景況調査(2017年7-9月期)の結果を公表します 「中小企業景況調査」は、独立行政法人中小企業基盤整備機構が、全国の中小企業約1万9千社を対象に、商工会・商工会議所の経営指導員、中小企業団体中央会の調査員の協力を得て、四半期毎に実施している調査です。この度、中小企業の業況判断、売上額及び経常利益等の平成29年7-9月期の実績(DI)及び平成29年10-12月期の見通し(DI)について、中小企業庁と同機構が共同で結果を取りまとめました。 調査結果の詳細は別紙のとおりです。中小

2017年10月15日経済産業省フィードバック数:0ビジネス

海外現地法人四半期調査(平成29年4~6月期)

海外現地法人四半期調査(平成29年4~6月期)を実施しました 経済産業省では、我が国企業の国際展開や、海外での業況を把握することを目的に、我が国企業の海外現地法人の海外事業活動に関する調査を実施し、四半期毎に公表しております。この度、平成29年4~6月の調査結果を取りまとめました。我が国企業の海外現地法人における売上高(平成29年4~6月、ドルベース)は、前年同期比で5期連続の増加となりました。1.結果概要 売上高売上高(全地域合計)は、前年同期比+5.9%と5期連続の増加となりました。地域別

2017年10月12日経済産業省★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

「平成28年経済センサス‐活動調査」の製造業に関する結果(概要版)

「平成28年経済センサス‐活動調査」の製造業に関する結果(概要版)を取りまとめました 経済産業省及び総務省は、我が国の全産業分野の売上(収入)金額や費用等の経理事項を同一時点で網羅的に把握する統計調査として、平成28年6月1日に実施した「平成28年経済センサス‐活動調査」の製造業に関する結果(概要版)を取りまとめました。本調査の結果は、平成24年経済センサス‐活動調査(*)との比較によって東日本大震災からの復興等も含めた日本の製造業の実態を明らかにするための重要な基礎データとして、今後、多方面

2017年10月8日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成28年工場立地動向調査(確報)

平成28年工場立地動向調査結果(確報)を取りまとめました 経済産業省は、工場を建設する目的で平成28年(1月~12月期)に1,000㎡以上の用地を取得した製造業、ガス業、熱供給業、電気業の事業者を対象に「工場立地動向調査」を実施し、確報を取りまとめました。1.速報との相違点 平成29年3月31日に公表した「平成28年(1月~12月期)工場立地動向調査結果(速報)」と今回取りまとめた確報との主な相違点は次のとおりです。 工場立地件数(速報)1,028件→(確報)1,026件 工場立地面積(速報)

2017年10月4日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

鉱工業生産の動向(平成29年7月速報)

鉱工業生産の動向(平成29年7月速報)概 況 《鉱工業生産活動は、緩やかな持ち直しの動きがみられる》 7月の鉱工業生産指数は、鉄鋼業、情報通信機械工業等の4業種で上昇したものの、化学工業(除.医薬品)、輸送機械工業、生産用機械工業等の14業種で低下したことから、前月比-2.8%と2か月ぶりの低下となった。 主要業種の生産動向をみると、以下のとおり。化学工業(除.医薬品)は、合成ゴム、フェノ-ル、ポリプロピレン等が低下。輸送機械工業は、駆動伝導・操縦装置部品、普通乗用車、自動車用エンジン等が低下。

2017年8月31日経済産業省★★フィードバック数:0キャリアとスキル

IT関連産業の給与等に関する実態調査

IT関連産業の給与等に関する実態調査結果を取りまとめました 経済産業省及び独立行政法人情報処理推進機構(IPA)では、今後我が国産業の成長にとって重要な役割を担うことが期待されるIT人材の給与等の実態について、IT関連企業とIT人材の双方に対してアンケート調査実施し、その内容について分析を行いました。本日、その内容を調査報告書として取りまとめました。背景・問題意識 第四次産業革命と呼ばれる技術革新の進展の中、IT人材は、IT関連業界のみならず、あらゆる産業において必要とされてきており、人口減少

2017年8月8日経済産業省フィードバック数:0社会/政治

消費税の転嫁状況に関するモニタリング調査(6月調査)

消費税の転嫁状況に関するモニタリング調査(6月調査)の調査結果を公表します 経済産業省では、平成26年4月の消費税率引上げを踏まえ、転嫁状況を定期的にモニタリングするため、転嫁状況に関する事業者へのアンケート調査(モニタリング調査)を平成26年4月から実施しています。今般、平成29年「6月調査」の調査結果を取りまとめましたので公表します。調査結果は、「全て転嫁できている」と回答した事業者が、事業者間取引では88.9%、消費者向け取引では78.4%、「全く転嫁できていない」と回答した事業者が、事

2017年8月3日経済産業省フィードバック数:0社会/政治

平成29年4-6月期地域経済産業調査

「平成29年4-6月期地域経済産業調査」をまとめました 経済産業省は、各地域の経済動向を把握するために、地方経済産業局が四半期ごとに行っている地域経済産業調査の結果をとりまとめました。【今回の調査結果のポイント】全体の景況判断は、前期から据え置き、「緩やかに改善している」としました。地域別の景況判断は、東海、九州で上方修正し、北海道、東北、関東、北陸、近畿、四国、沖縄は据え置き、中国は下方修正しました。1. 地域経済産業調査について 各地方経済産業局が管内の企業等に対して、業況、生産、設備投資

2017年7月11日経済産業省フィードバック数:0社会/政治

消費税の転嫁状況に関するモニタリング調査(5月調査)

消費税の転嫁状況に関するモニタリング調査(5月調査)の調査結果を公表します 経済産業省では、平成26年4月の消費税率引上げを踏まえ、転嫁状況を定期的にモニタリングするため、転嫁状況に関する事業者へのアンケート調査(モニタリング調査)を平成26年4月から実施しています。今般、平成29年「5月調査」の調査結果を取りまとめましたので公表します。調査結果は、「全て転嫁できている」と回答した事業者が、事業者間取引では88.6%、消費者向け取引では77.7%、「全く転嫁できていない」と回答した事業者が、事

2017年7月9日経済産業省フィードバック数:0社会/政治

海外現地法人四半期調査(平成29年1~3月期)

海外現地法人四半期調査(平成29年1~3月期)を実施しました 経済産業省では、我が国企業の国際展開や、海外での業況を把握することを目的に、我が国企業の海外現地法人の海外事業活動に関する調査を実施し、四半期毎に公表しております。この度、平成29年1~3月の調査結果を取りまとめました。我が国企業の海外現地法人における売上高(平成29年1~3月、ドルベース)は、前年同期比で4期連続の増加となりました。1.結果概要 (1)売上高 売上高(全地域合計)は、前年同期比+7.9%と4期連続の増加となりました

2017年7月4日経済産業省★★フィードバック数:0マーケティング

模倣品・海賊版対策の相談業務に関する年次報告(2017年版)

模倣品・海賊版対策の相談業務に関する年次報告(2017年版)をとりまとめました 経済産業省及び関係省庁(内閣府、消費者庁、警察庁、総務省、法務省、外務省、財務省、文部科学省及び農林水産省)が、この1年間に実施した模倣品・海賊版対策等についてとりまとめた「模倣品・海賊版対策の相談業務に関する年次報告」をとりまとめました。1.本報告書の概要 本報告書は、主に産業界に対する情報提供を目的として、「知的財産推進計画」(知的財産戦略本部決定)に基づき、毎年、政府が総合窓口として行っている相談受付業務等の

2017年6月12日経済産業省フィードバック数:0社会/政治

「平成28年経済センサス‐活動調査」の結果(速報)

「平成28年経済センサス‐活動調査」の結果(速報)を取りまとめました~我が国の経済活動を把握する「経済の国勢調査」を実施しました~ 経済産業省及び総務省は、我が国の全産業分野の売上(収入)金額や費用等の経理事項を同一時点で網羅的に把握する統計調査として、平成28年6月に実施した「平成28年経済センサス‐活動調査」の速報結果を取りまとめました。本調査は、平成24年経済センサス‐活動調査(*)との比較によって東日本大震災からの復興、平成28年熊本地震の影響等も含めた日本経済の現状を明らかにするとと

2017年5月30日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

産業構造審議会総会(第20回)‐配布資料

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511

2017年5月15日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

注目分野の特許出願技術動向調査

注目分野の特許出願技術動向調査をとりまとめました~第四次産業革命に対応する研究開発戦略構築へ~ 特許庁は、第四次産業革命との繋がりが深いIoT関連技術である「スマートマニュファクチャリング技術」や、革新的なバイオテクノロジー技術である「ゲノム編集及び遺伝子治療関連技術」等、社会的に注目を集めている分野を中心に選定した15の技術テーマで、特許出願情報の調査を実施しました。1.特許出願技術動向調査とは 特許庁では、市場創出に関する技術分野、国の政策として研究開発を推進すべき技術分野を中心に技術テー

2017年5月6日経済産業省★★フィードバック数:0キャリアとスキル

「大学発ベンチャーの設立状況等」に関する調査

「大学発ベンチャーの設立状況等」に関する調査をとりまとめました 経済産業省は、大学発ベンチャーに関する調査を実施し、現存する大学発ベンチャーが1,851社と平成26年度調査時(1,773社)より増加し、黒字化した大学発ベンチャーの割合は55.7%と平成27年度調査時(55.6%)とほぼ同様であることなどを明らかにしました。1.背景・経緯 経済産業省は平成26、27年度と大学発ベンチャーに関する調査を実施しており、近年は、大学発ベンチャー新規設立数も頭打ちになってきているところです。これらの状況

2017年5月5日経済産業省フィードバック数:0ビジネス

第46回海外事業活動基本調査(2016年7月調査)

第46回海外事業活動基本調査(2016年7月調査)を実施しました~2015年度における海外現地法人の動向~ 経済産業省は、毎年、我が国企業の海外事業活動の現状と海外事業活動が現地及び日本に与える影響を把握することを目的に、我が国企業の海外現地法人の海外事業活動に関する調査を実施し取りまとめの上で公表しています。このたび第46回の調査結果を取りまとめました。 2015年度における現地法人の動向は以下のとおりです。 製造業の海外生産比率(国内全法人ベース25.3%)は過去最高水準。海外設備投資比率

2017年4月26日経済産業省フィードバック数:0社会/政治

サイクル・イベントの経済波及効果調査報告

サイクル・イベントの経済波及効果調査報告~ 北海道の魅力がまるごと満喫できる、サイクルツーリズムの更なる推進を目指して ~平成29年4月18日 経済産業省北海道経済産業局 経済産業省北海道経済産業局では、今後サイクルツーリズムに取り組む地域の参考として、「サイクル・イベントの現況」と「美瑛町及び利尻島でのサイクル・イベントの経済波及効果」を調査しました。 調査報告資料調査結果のポイント「道内のサイクル・イベントの現況」について、平成28年4月~10月の間で開催された91イベントを、HPや文献調査

2017年4月18日経済産業省フィードバック数:0社会/政治

新興国等における競争当局の執行状況に関する調査報告書

「新興国等における競争当局の執行状況に関する調査報告書」を取りまとめました 経済産業省は、競争法の制定や改正が相次ぐと共に、執行を活発化させている新興国等における競争当局の執行状況をまとめた調査報告書を取りまとめました。1.背景 企業の経済活動の国際化に伴い、我が国企業が新興国等で事業を展開する機会が増えており、各国の制度を十分に理解し、適法に実務を行うためのコンプライアンス体制の構築・強化が急務となっています。そこで、経済産業省は、企業が新興国等でも法令を遵守し、事業を展開することをサポート

2017年4月13日経済産業省フィードバック数:0ビジネス

平成28年中小企業実態基本調査(平成27年度決算実績)速報

平成28年中小企業実態基本調査(平成27年度決算実績)速報を取りまとめました 中小企業庁は、「平成28年中小企業実態基本調査(平成27年度決算実績)」を取りまとめました。速報のポイント 売上高は485兆円(前年度比1.6%減)、経常利益は18兆5,730億円(同0.5%減)。 売上高経常利益率(法人企業)は3.18%(前年度差0.04ポイント上昇)。 海外に子会社、関連会社または事業所を有する法人企業の割合は0.9%(前年度差0.0ポイント低下)。 新製品または新技術の研究開発を行った法

2017年4月10日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成28年(1月~12月期)工場立地動向調査結果(速報)

平成28年(1月~12月期)工場立地動向調査結果(速報)を取りまとめました 経済産業省は、工場を建設する目的で平成28年(1月~12月期)に1,000㎡以上の用地を取得した製造業、ガス業、熱供給業、電気業の事業者を対象に「工場立地動向調査」を実施し、結果を取りまとめました。調査結果の概要 平成28年1月から12月における全国の製造業等(※)の工場立地件数は994件(前年比4.9%減)、工場立地面積は1,123ha(前年比0.1%増)となりました。(※)製造業等は、食料品、化学工業等の製造業にガ

2017年4月7日経済産業省フィードバック数:0社会/政治

海外現地法人四半期調査(平成28年10~12月期)

海外現地法人四半期調査(平成28年10~12月期)を実施しました 経済産業省では、我が国企業の国際展開や、海外での業況を把握することを目的に、我が国企業の海外現地法人の海外事業活動に関する調査を実施し、四半期毎に公表しております。この度、平成28年10~12月の調査結果を取りまとめましたので公表します。我が国企業の海外現地法人における売上高(平成28年10~12月、ドルベース)は、前年同期比で3期連続の増加となりました。1.結果概要 (1)売上高売上高(全地域合計)は、前年同期比+4.3%と3

2017年4月6日経済産業省★★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

平成28年情報通信業基本調査

平成28年情報通信業基本調査の結果を取りまとめました 経済産業省及び総務省は、我が国の情報通信業全体を包括的に把握するための調査として「情報通信業基本調査」の第7回調査結果(平成27年度実績)を取りまとめました。 1.結果概要 (1)情報通信業の概要 (1)情報通信業(※1)を営む企業(少しでも情報通信業を営んでいる企業をいう)の数は5,474社、情報通信業に係る平成27年度売上高は48兆504億円(前年度比3.3%増)(情報通信業以外の分野も含めた売上高は71兆9,513億円)でした。 情報

2017年3月25日経済産業省★★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

中小企業の地球温暖化対策の実態を初めて調査

中小企業の地球温暖化対策の実態を初めて調査し、集計結果をとりまとめました 経済産業省は、日本商工会議所と連携して、各地商工会議所を通じて全国の会員企業を対象にアンケート調査を実施し、現状の取組状況や課題等を整理しました。これを受け、中小企業の実態に即した地球温暖化対策の取組促進に向け、日本商工会議所の提言がまとめられました。1.背景・目的 わが国の地球温暖化に関する総合計画である「地球温暖化対策計画」(平成28年5月閣議決定)においては、温室効果ガス排出量を2030年度において、2013年度比

2017年2月5日経済産業省フィードバック数:0社会/政治

平成28年10-12月期地域経済産業調査

「平成28年10-12月期地域経済産業調査」をまとめました 経済産業省は、各地域の経済動向を把握するために、地方経済産業局が四半期ごとに行っている地域経済産業調査の結果をとりまとめました。【今回の調査結果のポイント】全体の景況判断は、7期ぶりに上方修正し、「緩やかに改善している」としました。地域別の景況判断は、北陸、近畿、九州で上方修正し、北海道、東北、関東、東海、中国、四国、沖縄は据え置きました。1.地域経済産業調査について 各地方経済産業局が管内の企業等に対して、業況、生産、設備投資などの

2017年1月28日経済産業省フィードバック数:0社会/政治

平成28年企業活動基本調査(速報)

平成28年企業活動基本調査の結果(速報)を公表します 経済産業省では、我が国企業の経営戦略や産業構造の変化の実態を明らかにし、行政施策の基礎資料を得るため、「経済産業省企業活動基本調査」を実施しています。平成28年調査結果(平成27年度実績)の速報版をお知らせします。調査結果(経済産業省企業活動基本調査の対象業種に格付けされた企業:「合計」28,553企業)のポイントは以下のとおりです。 一企業当たりの売上高の前年度比は、▲1.4%と減少となったものの、営業利益の前年度比は、4.5%と増加 一

2016年11月29日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成27年度(2015年度)エネルギー需給実績(速報)

平成27年度(2015年度)エネルギー需給実績を取りまとめました(速報) 資源エネルギー庁は、各種エネルギー関係統計等を基に、平成27年度の総合エネルギー統計速報を作成し、エネルギー需給実績として取りまとめました。1.エネルギー需給実績(速報)のポイント (1)需要動向 最終エネルギー消費は、前年度比1.8%減となり5年連続で減少。 減少は、省エネの進展や前年度以上の冷夏・暖冬等が要因。・部門別に見ると、企業・事業所他部門が同1.5%減(その内業務他部門は同5.6%減)、家庭部門が同3.3%

2016年11月2日経済産業省フィードバック数:0社会/政治

平成28年7-9月期地域経済産業調査

「平成28年7-9月期地域経済産業調査」をまとめました 経済産業省は、各地域の経済動向を把握するために、地方経済産業局が四半期ごとに行っている地域経済産業調査の結果をとりまとめました。【今回の調査結果のポイント】全体の景況判断は前期から据え置き、「一部に弱い動きがみられるものの、緩やかに改善している」としました。地域別では、景況判断を、北海道、中国、九州で上方修正し、東北、関東、東海、北陸、近畿、四国、沖縄で据え置きました。1.地域経済産業調査について 各地方経済産業局が管内の企業等に対して、業

2016年11月2日経済産業省★★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

電力需給検証報告書

経済産業省は、今年10月に開催された総合資源エネルギー調査会電力・ガス事業分科会電力・ガス基本政策小委員会において、2016年度夏季の電力需給実績及び2016年度冬季の電力需給見通しの検証結果等を取りまとめました。1.背景・目的 東日本大震災後の電力需給を巡る状況に鑑み、電力の安定供給を確保する観点から、電力需給対策の基礎となる電力需給の見通し等について、客観性・透明性を確保しつつ検証を行うことが必要です。 このため、総合資源エネルギー調査会電力・ガス事業分科会の下に設置した「電力・ガス基本政策

2016年10月27日経済産業省フィードバック数:0社会/政治

平成28年度地域経済状況アンケート調査

トップページ > 地域サポーター > 平成28年度地域経済状況アンケート調査結果を掲載します平成28年度地域経済状況アンケート調査結果を掲載します2016.10.19 東北経済産業局東北経済産業局では、地域の現状や課題の把握とその解決を目的に、「地域サポーター」による活動を展開しています。今年度についても、地域の現状や課題、具体的支援要望の把握のため、平成28年7月から8月にかけて、「地域経済状況アンケート」を実施いたしました。その結果、東北6県の市町村、商工会議所、商工会(支所)から合計324

2016年10月17日経済産業省★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

電力小売自由化に関する消費者選択行動アンケート調査

電力小売自由化に関する消費者選択行動アンケート調査結果を取りまとめました~電力自由化は半年で90%以上の消費者が認知~ 電力・ガス取引監視等委員会は、本年4月から始まった電力小売自由化の実施により、電力自由化が消費者に与える価値を分析するアンケート調査を国内の消費者に対しインターネットを通じて本年9月に行いました。その結果、電力自由化から半年で90%以上の消費者が電力自由化を認知していることが明らかになりました。今回の調査結果を踏まえ、電力・ガス取引監視等委員会では、引き続き、電力及びガスの小

2016年10月5日経済産業省フィードバック数:0社会/政治

海外現地法人四半期調査(平成28年4~6月期)

海外現地法人四半期調査(平成28年4~6月期)を実施しました 経済産業省では、我が国企業の国際展開や、海外での業況を把握することを目的に、我が国企業の海外現地法人の海外事業活動に関する調査を実施し、四半期毎に公表しております。この度、平成28年4~6月の調査結果を取りまとめましたので公表します。我が国企業の海外現地法人における売上高(平成28年4~6月、ドルベース)は、前年同期比で7期ぶりの増加となりました。1.結果概要 (1)売上高売上高(全地域合計)は、前年同期比+1.3%と7期ぶりの増加

2016年9月19日経済産業省★★フィードバック数:0キャリアとスキル

平成28年中小企業の雇用状況に関する調査

平成28年中小企業の雇用状況に関する調査 集計結果の概要等を取りまとめました 経済産業省では、「経済の好循環」実現に向けた施策の一環として、昨年に引き続き中小企業・小規模事業者における賃上げ状況を含む雇用状況に関する調査を行いました。この度、集計結果の概要を取りまとめました。 1.調査概要 平成28年の春闘妥結結果等を踏まえた中小企業・小規模事業者における賃上げ状況を含む雇用状況等を把握し、公表するため、本年6月に中小企業・小規模事業者3万社に調査票を送り、回収・集計を行いました。8月1日まで

2016年9月8日経済産業省フィードバック数:0キャリアとスキル

平成28年 企業の賃上げ動向等に関するフォローアップ調査集計結果の概要等

平成28年 企業の賃上げ動向等に関するフォローアップ調査集計結果の概要等を取りまとめました 経済産業省では、「経済の好循環」実現に向けた施策の一環として、昨年に引き続き関係省庁とも連携し、企業の賃上げ動向等に関するフォローアップ調査を行いました。この度、集計結果の概要等を取りまとめました。 1.調査概要 平成28年の春闘妥結結果等を踏まえた大手企業の賃上げ状況等を把握し、公表するため、本年3月に東証一部上場企業1920社に調査票を送り、回収・集計を行いました。8月1日までに提出のあった727社

2016年8月19日経済産業省★★フィードバック数:0社会/政治

平成26年企業活動基本調査

経済産業省では、企業活動の実態を明らかにし、企業に関する各種施策の企画及び実施の基礎資料を得ることを目的として、平成4年から企業活動基本調査を実施しており、平成7年調査からは毎年調査を実施しています。このたび、平成26年調査結果(四国経済産業局管内分)を取りまとめましたので、その概要を紹介します。 (本発表資料のお問い合わせ先) 〒760-8512高松市サンポート3番33号 高松サンポート合同庁舎四国経済産業局総務企画部調査課長 範国 担当者:岡、田中 :087-811-8509(直通)

2016年8月5日経済産業省フィードバック数:0社会/政治

平成28年4-6月期地域経済産業調査

「平成28年4-6月期地域経済産業調査」をまとめました 経済産業省は、地方経済産業局が各地域の経済動向を把握するために、四半期ごとに行っている地域経済産業調査の結果をとりまとめました。【今回の調査結果のポイント】全体の景況判断は前期から据え置き、「一部に弱い動きがみられるものの、緩やかに改善している」としました。地域別では、景況判断を、北陸で上方修正し、東北、近畿、四国、沖縄で据え置き、北海道、関東、東海、中国、九州は下方修正しました。生産は、自動車関連では、熊本地震等の影響による生産ラインの

2016年6月16日経済産業省フィードバック数:0社会/政治

電子商取引に関する市場調査

電子商取引に関する市場調査の結果を取りまとめました~国内BtoC-EC市場規模は13.8兆円に成長~ 経済産業省は、「平成27年度我が国経済社会の情報化・サービス化に係る基盤整備(電子商取引に関する市場調査)」を実施し、日本の電子商取引市場の実態及び日米中3か国間の越境電子商取引の市場動向について調査しました。今般、その結果を取りまとめましたので、公表します。 1.調査結果概要 (1)国内電子商取引市場規模平成27年の日本国内のBtoC-EC(消費者向け電子商取引)市場規模は、13.8兆円(前

2016年6月13日経済産業省★★フィードバック数:0キャリアとスキル

IT人材の最新動向と将来推計に関する調査

IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果を取りまとめました 経済産業省では、今後我が国産業の成長にとって重要な役割を担うことが期待される人材について、アンケート調査や有識者による研究会を実施し、中長期的な人材需給動向や、今後の人材の確保・育成に向けた方策について検討を行いました。本日、その内容を調査報告書として取りまとめました。 1.背景 我が国では、産業界で大型のIT関連投資が続くことや、昨今の情報セキュリティ等に対するニーズの増大を契機に、IT人材の不足が改めて課題となっています。また、

2016年6月13日経済産業省フィードバック数:0社会/政治

平成27年度審査の質についてのユーザー評価調査

審査に対するユーザーの評価が向上しています(平成27年度審査の質についてのユーザー評価調査の結果) 調査の結果、審査の質全般についての評価は、特許・意匠・商標について、いずれも5段階評価の3以上の評価の割合が約9割を占める結果となりました。特許審査に対する評価は、平成24年度の調査開始時より、5段階評価の4以上の評価の割合が年々向上し、平成27年度には半数を超えました。また、意匠及び商標審査に対する印象変化については、改善傾向との回答が悪化傾向との回答を大幅に上回りました。特許庁では、引き続き

2016年5月29日経済産業省フィードバック数:0社会/政治

注目分野の特許出願技術動向調査

注目分野の特許出願技術動向調査をとりまとめました~日本の強み弱みを見据えた研究開発戦略構築へ~ 特許庁は、日本が目指すべき研究開発の方向性を示すため、ウェアラブルコンピュータ、自動車用予防安全技術、衛星測位システム等の社会的に注目を集めている技術分野を中心に20の技術テーマを選定し、特許出願技術動向調査を実施しました。 1.概要 特許庁では、市場創出に関する技術分野、国の政策として推進すべき技術分野を中心に、今後の進展が予想される技術テーマを選定し、特許出願技術動向調査を実施しています。 2.

2016年5月24日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成27年度エネルギーに関する年次報告(エネルギー白書)

「平成27年度エネルギーに関する年次報告(エネルギー白書)」が閣議決定されました エネルギーに関する年次報告は、エネルギー政策基本法(平成14年法律第71号)第11条に基づき、政府がエネルギーに関して講じた施策の概況ついて、国会に提出する報告書です。本日、平成27年度報告書が閣議決定されましたのでその内容を公表します。 〈今回のエネルギー白書の概要〉本年の白書では、2015年7月の長期エネルギー需給見通し策定後に起こった大きな変化を踏まえ、以下の内容について紹介しています。 (1)原油安時代に

2016年5月11日経済産業省フィードバック数:0社会/政治

平成26年企業活動基本調査

平成26年企業活動基本調査について平成28年4月28日 経済産業省北海道経済産業局 経済産業省では平成26年企業活動基本調査確報(平成25年度実績)を公表しており、この度北海道経済産業局管内分の統計表をとりまとめましたのでお知らせします。  経済産業省が実施している企業活動基本調査は、企業の多角化、国際化、研究開発、情報化等の実態を把握することにより、企業の経営戦略や産業構造の変化の実態を明らかにするとともに、経済構造の改革、産業競争力の強化、企業活動の事業環境の整備等、経済産業施策の基礎資料と

2016年5月10日経済産業省★★フィードバック数:0大型消費/投資

ブロックチェーン技術を利用したサービスに関する国内外動向調査

「ブロックチェーン技術を利用したサービスに関する国内外動向調査」を取りまとめました 経済産業省は、IoT を含む非常に幅広い分野への応用が期待されているブロックチェーン技術に関して調査報告書として取りまとめ、「ブロックチェーン技術を利用したサービスに関する国内外動向調査」を公表しました。 1.背景 ビットコイン等の価値記録の取引に使用されているブロックチェーン技術は、その構造上、従来の集中管理型のシステムに比べ、『改ざんが極めて困難』であり、『実質ゼロ・ダウンタイム』なシステムを『安価』に構築

2016年5月4日経済産業省フィードバック数:0ライフスタイル

平成28年1-3月期 地域経済産業調査

「平成28年1-3月期 地域経済産業調査」をまとめました 各地方経済産業局(電力・ガス事業北陸支局、沖縄経済産業部を含む)では、各地域の経済動向(生産、設備投資、個人消費等)を把握するために、四半期ごとに「地域経済産業調査」を実施しています。この度、平成28年1-3月期調査を実施し、九州地域の結果をとりまとめましたので公表いたします。なお、全国版(資料1及び資料2)については、経済産業省において本日プレス発表されます。 資料動向<全体の動向> 〜九州地域の経済は、緩やかに持ち直している〜 <個別

2016年4月17日経済産業省★★フィードバック数:0マーケティング

企業のソーシャルメディア活用に関する調査報告書

企業のソーシャルメディア活用に関する調査報告書を取りまとめました 経済産業省は、FacebookやTwitterなどのソーシャルメディアを活用することにより、企業が販売促進、商品企画等の事業活動を高度化する取組を普及させるため、先進事例を調査してきました。今般、調査報告書及び企業の先進的な取組を記載した事例集を取りましたので公表します。 1.背景・目的 FacebookやTwitterなどのソーシャルメディアを活用した販路開拓、ブランディング、更にはそこから得られる消費者ニーズを商品企画に活か

2016年4月14日経済産業省フィードバック数:0社会/政治

大学発ベンチャーの成長に資する「重要施策」に関する調査

大学発ベンチャーの成長に資する「重要施策」に関する調査をとりまとめました 経済産業省は、現存する大学発ベンチャーが1,773社と平成26年度調査時(1,749社)より微増し、黒字化した大学発ベンチャーの割合も55.6%と平成26年度調査時(43.1%)より増加していることを明らかにしました。また、平成26年度に特定した成長要因施策を細分化した施策から大学発ベンチャーの成長度と強い相関がみられるものを11個抽出しました。この11施策については、「大学発ベンチャー表彰」制度の審査基準に盛り込むこと

2016年4月11日経済産業省★★フィードバック数:0社会/政治

下請等中小企業の取引条件の改善に向けた調査

下請等中小企業の取引条件の改善に向けた調査結果をとりまとめました 中小企業庁では、下請等中小企業の取引条件の改善の状況や課題について具体的に把握するため調査を行いましたので、調査結果を公表します。調査結果を踏まえ、4 月に、自動車関連産業、建設業の大企業を対象として、ヒアリングを行います。 1.趣旨 中小企業・小規模事業者が賃上げをしやすい環境を作るためには、下請等中小企業の取引条件の改善が重要です。このため、「下請等中小企業の取引条件改善に関する関係府省等連絡会議」(議長:世耕内閣官房副長官

2016年4月8日経済産業省フィードバック数:0社会/政治

平成27年(1月~12月期)工場立地動向調査結果(速報)

平成27年(1月~12月期)工場立地動向調査結果(速報)を取りまとめました。 経済産業省は、工場を建設する目的で平成27年(1月~12月期)に1,000㎡以上の用地を取得した製造業、ガス業、熱供給業、電気業の事業者を対象に「工場立地動向調査」を実施し、結果を取りまとめました。 調査結果の概要 平成27年1月から12月における全国の製造業等(※)の工場立地件数は1,045件(前年比3.7%増)、工場立地面積は1,122ha(前年比5.0%減)となりました。(※)製造業等は、食料品、化学工業等の製

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
 

お知らせ