調査のチカラ TOP > 会社名一覧 > 綜合警備保障

「綜合警備保障」による調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
会社名をGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年12月11日綜合警備保障フィードバック数:0デジタル家電

防犯カメラに関する意識調査

<防犯カメラに関する意識調査>半数以上の人が「もっと防犯カメラを設置したほうが良い」と思っている防犯カメラ「安心」と回答した人は65.4% 12.8%は「安心だけど不快」防犯カメラを設置してほしい場所は、「公園」「学校の出入り口」など子供だけで行動することが多い場所自宅の防犯カメラ設置率は22.0% 賃貸住宅の標準仕様化が進んだためALSOK(本社:東京都港区、社長:青山幸恭)は、近年、犯罪捜査の決め手となることが多く、またカメラの低価格化や性能の向上で、様々な場所に設置されるようになった「防犯

2015年7月6日綜合警備保障フィードバック数:0ライフスタイル

小学生と母親の安全に関する意識調査

<小学生と母親の安全に関する意識調査>子供の日常生活に心配事のある母親は9割 「夏休みは危険が増す」と思う登下校時は6割が防犯ブザーを持ち歩くが、放課後や休日は1〜2割に激減94.8%の母親が子供の居場所を把握する必要性を感じながら、17.2%は把握できていない子供に危険を回避するための教育をしてもらうなら、尾木ママALSOK(本社:東京都港区、社長:青山幸恭)は、子供たちの自由になる時間が増え、行動範囲も広がる夏休みを前に、小学生の子供を持つ働く女性を対象とした、「小学生と母親の安全に関する意

2015年2月12日綜合警備保障★フィードバック数:0大型消費/投資

ALSOKの調査です。

空き家に関する意識調査

「近所に空き家がある」人は33.2%45.8%は「近所の空き家」にネガティブイメージ自宅を長期留守にしなければならなくなったら、3人に1人は「空き家のまま」親の死後、親の家を「売る」つもりでも、現実は「相続しなかった」人が多数2015.02.12ALSOK(本社:東京都港区、社長:青山幸恭)は、2012年10月より、空き家や別荘、セカンドハウスなど、常に人が住んでいない住宅の見回りサービスを実施しております。昨年、総務省が発表した、『平成25年住宅・土地統計調査』によると空き家率は13.5%と過

2015年1月14日綜合警備保障フィードバック数:0社会/政治

目撃した人は約半数!電車内&ホームで起きた驚愕のトラブル集

通勤電車の中でたまに耳にする「お客さま同士のトラブルにより遅延しております」とのアナウンス。ギュウギュウの電車に乗っている身としては一刻も早く降りたいのに……。イライラしながら乗る人も多い電車内や多くの人で混雑するホームでは、いろんなトラブルが起きています。そこで今回は、12月10日〜25日までの期間、2379人を対象にこんなアンケートを実施しました。 電車内やホームでトラブルに遭遇したことがあるかどうかを聞いたアンケートでは、なんとアンケートを実施したのが、忘年会まっただ中の12月だったことも

2014年11月12日綜合警備保障フィードバック数:0ライフスタイル

側溝に詰まる、雨どいに溜まる……“落ち葉トラブル”で困ったこと第1位は?

夏には大きな木陰を作り、癒してくれる大きな樹。しかし一転、秋になるととめどなく落ちる葉が「溜まって汚い」「腐って虫がわく」など、周囲から疎まれる存在に……。そこで、みなさんが日頃感じている"落ち葉トラブル"を調査。10月8日〜22日までの期間、1982人を対象にアンケートを実施しました。 「側溝に落ち葉が詰まる」(18%)、「雨どいに落ち葉が溜まる」(17%)を押さえて、ぶっちぎりのワースト1位は「掃除がとにかく大変」(29%)。量があり、掃いても掃いてもキリがなくて……と手がかかるからこそ、落

2014年9月10日綜合警備保障フィードバック数:0ライフスタイル

両親の介護を「考えている」人は60%! 知っておきたい介護のキホン

子どもたちの学校も始まり、すっかり日常のペース。夏休み中は、帰省して実家の家族と過ごした方も多いのではないでしょうか。そんな時、ふと頭をよぎるのが “介護”の問題。親が年老いていく姿を見て、介護について考えたという話も聞きます。そこで、みなさんの「介護」の意識を大調査! 8月13日〜27日までの期間、327人を対象にアンケートを実施しました。 (餃子さん・男性)(ぴこまるさん・女性)「母が亡くなり、父が一人暮らしを始めてから」(いくいくさん・女性)などのできごとをきっかけに考え始めた方が少なくな

2014年9月4日綜合警備保障★フィードバック数:0ライフスタイル

親孝行や不安についての調査です。

別居している高齢の親を持つ子ども意識調査

親孝行度合いの自己採点は平均47点今後したい親孝行は「こまめに帰省」「頻繁に連絡」「感謝の気持ちを伝える」メールやLINEで連絡できたら、親との連絡頻度が増えると2割が回答高齢の別居親に不安を感じている人は72%「介護」「ケガ」だけでなく、「火の始末」「空き巣」も不安 ALSOK(本社:東京都港区、社長:青山 幸恭)は、敬老の日を前に、70歳以上の高齢の親と別居している首都圏の男女を対象とした「別居している高齢の親を持つ子供の意識調査」を実施しました。調査結果は、以下の通りです。【調査概要】調

2013年10月4日綜合警備保障フィードバック数:0ライフスタイル

高齢者とその子どもに関するアンケート調査

「高齢者とその子どもに関するアンケート調査」実施について高齢の親の生活について、本人以上に子どもが不安を感じている男性は「不安を話さなくても、子どもは気づいてくれる」と思いがち親の不安は《健康》と《経済》 子どもは親の《健康》と《介護》が心配 ALSOK(本社:東京都港区、社長:青山 幸恭)は、敬老の日を前に、子どもと別居している70歳以上の男女と、別居している70歳以上の親を持つ男女を対象とした「高齢者とその子どもに関するアンケート調査」を実施しました。調査結果は、以下の通りです。【調査概要】

2013年7月2日綜合警備保障★フィードバック数:1社会/政治

ストーカーをテーマとしたアンケートです。

ストーカーに関するアンケート調査

「ストーカーに関するアンケート調査」実施について ALSOK(本社:東京都港区、社長:青山 幸恭)は、20歳から49歳までの働く未婚女性を対象に、「ストーカーに関するアンケート調査」を実施しました。調査結果は、以下の通りです。 調査対象:20歳から49歳までの未婚の働く女性600人調査期間:2013年6月14日〜17日調査方法:インターネット調査<調査結果トピックス>■女性の約半数が、日常生活の中で危険や不安を感じているストーカー被害を受けたことのある女性では、7割以上に増加■外出先で不安を感じ

2011年4月27日綜合警備保障フィードバック数:0社会/政治

親子のコミュニケーションに関するアンケート調査

親子のコミュニケーションに関するアンケート調査実施について ALSOK(本社:東京都港区、社長:村井 温)は、親子のコミュニケーションに関するアンケート調査を、別居している65歳以上の父親か母親がいる全国の631人の男女(男性338人、女性293人)を対象に、2011年3月9日(水)から11日(金)の期間に実施しました。調査結果は以下の通りです。代表的な調査結果 ■ 親との連絡は、7割が親から 直接会う・電話するがメイン親とのコミュニケーション手段について尋ねたところ、「直接会って話す」(68.

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ