調査のチカラ TOP > 会社名一覧 > 群馬経済研究所

「群馬経済研究所」による調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
会社名をGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年6月16日群馬経済研究所フィードバック数:0ライフスタイル

群馬県と愛知県が競うキャベツ収穫量日本一

群馬県と愛知県が競うキャベツ収穫量日本一

2015年5月17日群馬経済研究所フィードバック数:0ライフスタイル

前橋市の1年間の弁当購入金額は全国4位

前橋市の1年間の弁当購入金額は全国4位

2015年4月16日群馬経済研究所フィードバック数:0ライフスタイル

全国平均を大きく上回る前橋市の交通・通信費

全国平均を大きく上回る前橋市の交通・通信費

2015年3月17日群馬経済研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

群馬県の非住宅用太陽光発電の出力は全国第9位

群馬県の非住宅用太陽光発電の出力は全国第9位

2015年2月18日群馬経済研究所フィードバック数:0社会/政治

全国で2番目に低い群馬県の物価水準

全国で2番目に低い群馬県の物価水準ぐんまのデータ∼最も低いのは宮崎県、最も高いのは東京都∼○総務省が実施した2013年の「小売物価統計調査(構造編)」によると、全国平均を100とした群馬県の消費者物価の水準は96.9であった(図表1)。都道府県別にみると、群馬県は宮崎県に次ぎ全国で2番目に低い。○費目別の内訳でみると、「被服及び履物」「保健医療」では全国平均を上回ったが、そのほかの「住居」「教養娯楽」「食料」などで下回った(図表2)。○こうした背景には、家賃の低さに加え、「教養娯楽」の費目に含ま

2015年1月16日群馬経済研究所フィードバック数:0社会/政治

総住宅数に占める空き家の割合は16.6%で全国9位

総住宅数に占める空き家の割合は16.6%で全国9位

2014年12月16日群馬経済研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

本県の医療機器生産額は全国第17位

本県の医療機器生産額は全国第17位

2014年11月18日群馬経済研究所フィードバック数:0社会/政治

ぐんまのデータ/マイカー通勤・通学の割合は全国第5位、乗合バスは最下位

マイカー通勤・通学の割合は全国第5位、乗合バスは最下位ぐんまのデータ∼平成22年国勢調査にみる通勤・通学の「利用交通手段」∼○2010年(平成22年)の国勢調査によると、本県では通勤・通学時の交通手段の利用率で自家用車が77.4%と、全国平均(49.0%)を大きく上回る一方、鉄道・電車は6.6%と全国平均(25.6%)を大きく下回っている。また、乗合バスでは、わずか1.1%となっている(図表1上段太字)。○これを全国順位でみると、本県は自家用車の利用率で全国で第5位にランクされている一方、乗合バ

2014年10月16日群馬経済研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2013年の工場立地件数は全国2位

2013年の工場立地件数は全国2位

2014年9月17日群馬経済研究所フィードバック数:0ライフスタイル

群馬県は全国有数の調味料生産県

群馬県は全国有数の調味料生産県

2014年8月17日群馬経済研究所フィードバック数:0社会/政治

5年ぶりに前年比プラスに転じた外国人住民数

5年ぶりに前年比プラスに転じた外国人住民数

2014年7月16日群馬経済研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

4年ぶりに減少した雇用保険被保険者資格喪失者数

4年ぶりに減少した雇用保険被保険者資格喪失者数ぐんまのデータ∼事業主都合による離職の割合がリーマンショック前とほぼ同水準に低下∼○雇用保険制度は、労働者が失業した場合などに必要な給付を行い、労働者の生活及び雇用の安定を図るとともに再就職の援助などを行うことを目的としている。労働者は、就職時に被保険者資格を取得し、離職時に被保険者資格を喪失する。○群馬県では、2013年度中に雇用保険の被保険者資格を喪失した人(=離職した人)の数が9万7301人となり、4年ぶりで前年度比減少に転じた(図表1)。この

2014年6月17日群馬経済研究所フィードバック数:0社会/政治

ぐんまのデータ/『小型化』が進む世帯

ぐんまのデータ/『小型化』が進む世帯

2014年5月16日群馬経済研究所フィードバック数:0ビジネス

新設された事業所数は5,178

新設された事業所数は5,178

2014年4月16日群馬経済研究所フィードバック数:0大型消費/投資

2013年の群馬県内新設住宅着工戸数は前年比増加

2013年の群馬県内新設住宅着工戸数は前年比増加

2014年3月16日群馬経済研究所フィードバック数:0大型消費/投資

宿泊よりも「日帰り」行楽が多い群馬県民

宿泊よりも「日帰り」行楽が多い群馬県民ぐんまのデータ○2011年の社会生活基本調査をもとに、過去1年間に日帰りの行楽に出かけた人の割合(行動者率)をみると、本県は滋賀・愛知・岐阜の3県に続く第4位となっている(図表1)。○一方、同じく1泊2日以上の観光旅行への行動者率は、国内旅行が17位とほぼ全国平均の水準、海外旅行は16位ながら全国平均を下回っている。○日帰り行楽では高速道路網が比較的発達した大都市近郊の内陸県などが上位に多くみられる。一方、宿泊を伴う観光旅行をみると、国内旅行では交通の便の良

2014年2月16日群馬経済研究所フィードバック数:0ライフスタイル

群馬県の要介護認定率は全国第11位

群馬県の要介護認定率は全国第11位

2014年1月16日群馬経済研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2年連続で減少した群馬県の製造品出荷額等

2年連続で減少した群馬県の製造品出荷額等

2013年12月22日群馬経済研究所フィードバック数:0ライフスタイル

群馬県における「豚」の産出額は全国6位

群馬県における「豚」の産出額は全国6位

2013年9月18日群馬経済研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

群馬県の太陽光発電設備の認定件数(2013年2月末)は1万974件

本県の太陽光発電設備の認定件数(2013年2月末)は1万974件ぐんまのデータ○資源エネルギー庁によると、再生可能エネルギーの固定価格買取制度(注)による本県の太陽光発電設備の認定件数は、2013年2月末で1万974件、全国では38万4390件であった(図表1)。○本県の認定件数の都道府県順位をみると、発電出力10キロワット(kw)未満の件数は13位、同10kw 以上1000kw 未満が9位、同1000kw 以上が15位であった(図表2)。○同様に、設備容量(発電出力の合計)では、10kw 未満

2013年8月18日群馬経済研究所フィードバック数:0社会/政治

減少する群馬県の「将来人口」

減少する群馬県の「将来人口」

2013年7月17日群馬経済研究所フィードバック数:0ライフスタイル

中学校の運動部員の6人に1人はソフトテニス部員

中学校の運動部員の6人に1人はソフトテニス部員

2013年6月16日群馬経済研究所フィードバック数:2ライフスタイル

タバコもお酒も“控えめ”な群馬県男性

タバコもお酒も“控えめ”な群馬県男性

2013年5月17日群馬経済研究所フィードバック数:4ライフスタイル

群馬県民のサイクリング愛好者割合は全国第5位

群馬県民のサイクリング愛好者割合は全国第5位

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
 

お知らせ