調査のチカラ TOP > 会社名一覧 > 老いの工学研究所

「老いの工学研究所」による調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
会社名をGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年5月7日老いの工学研究所フィードバック数:0社会/政治

死生観に関する調査

“成熟”が感じられない高齢者。中年世代と大差ない姿勢、価値観。【死生観に関する調査】死に対する考え方や姿勢において、年代による顕著な差は見られませんでした。日本において高齢期に幸福度が高まらない状況は、今回の調査からうかがえた、高齢者が高齢期に相応しい成熟をしていない(考え方、価値観が中年世代と変わりない)ことに原因があるとも考えられます。高齢期のライフスタイルの充実について調査・研究・提言する、特定非営利活動法人「老いの工学研究所」(大阪市中央区、理事長:西澤一二、)は、当研究所のモニター会員

2015年3月30日老いの工学研究所フィードバック数:0大型消費/投資

「高齢者の住まいに関する不満・不安」の調査

2015 年 3 月 31 日特定非営利活動法人「老いの工学研究所」高齢女性の半数、男性では 3 人に 1 人が、住まいに不満や不安健常高齢者が満足できる住まいが、不足。住まいへの不満「維持管理が大変」「段差」「耐震性」。「利便性」は重視せず。高齢期のライフスタイルの充実について研究・提言する、特定非営利活動法人「老いの工学研究所」(大阪市中央区、理事長:西澤一二。http://oikohken.or.jp/)は、高齢者の住まいに対する不安や不満についてアンケート調査を実施し、60~97歳まで6

2015年3月9日老いの工学研究所フィードバック数:0社会/政治

世代別のマナーの状況に関する調査

世代別のマナーの状況に関する調査

2015年1月27日老いの工学研究所★フィードバック数:0ライフスタイル

シニアの生活実態です。

高齢者の生活実態に関する調査

2015 年 1 月 27 日特定非営利活動法人「老いの工学研究所」高齢者、食や入浴 規則正しく、交流があって活動的。9 割が 三食をしっかりとり、6 割が「肉も魚も好き」1 日に平均 3.6 人と会話、2 日に 1 度は買い物に出かける。6 割が毎日入浴。~ 『高齢者の生活実態に関する調査』 ~老後のライフスタイルの充実について研究・提言する、特定非営利活動法人「老いの工学研究所」(大阪市中央区、理事長:西澤一二)は、『高齢者の生活実態に関する調査』を実施し、65~91 歳(平均 72.2 歳

2014年11月19日老いの工学研究所★フィードバック数:0大型消費/投資

死生観についての調査です。

現役世代の死生観に関する調査

【現役世代の死生観に関する調査】死を受け入れるのは、「認識・判断できなくなった時」。 医師による判断は半数を下回る。20歳代~50歳代までを対象に、死生観を調査。死を受け入れるのは、「認識・判断できなくなったとき」が87%でトップ。次いで、「周囲に迷惑をかけるようになったとき」が73%となった。また、自分の死を意識している人は、意欲的・自律的・前向きで、幸福度が高いことが分かった。 高齢期のライフスタイルの充実について調査・研究・提言する、特定非営利活動法人「老いの工学研究所」(大阪市中央区、理

2014年5月28日老いの工学研究所フィードバック数:0ライフスタイル

高齢者の呼称に関する調査

NPO法人「老いの工学研究所」のプレスリリース/広報・PR情報【高齢者の呼称に関する調査】70歳代の3割、80歳代では半数が「シニア」にしっくりこず。 年とともに「老人」「年寄り」には慣れるが、「じいさん・ばあさん」に嫌気【高齢者の呼称に関する調査】70歳代の3割、80歳代では半数が「シニア」にしっくりこず。 年とともに「老人」「年寄り」には慣れるが、「じいさん・ばあさん」に嫌気もともと敬意や愛情を含んでいた「老人」「年寄り」「じいさん・ばあさん」といった言葉も、以前とは異なるネガティブなニュア

2014年5月12日老いの工学研究所フィードバック数:0社会/政治

高齢者のありよう、役割に関する調査

高齢者のありよう、役割に関する調査。世代間ギャップと、超高齢社会の課題が明らかに。(20歳~87歳の851人にアンケート)経済面・能力面で「高齢者は弱者ではない」と、高齢者の半数が回答。若手世代の高齢者への期待は、“若々しさでは”なく、“年の功”。女性は長寿より充実度重視。「長生き自体に価値あり」とする高齢女性は30%。などが明らかに。老後のライフスタイルの充実や高齢者の自立について調査・研究・提言する、特定非営利活動法人「老いの工学研究所」(大阪市中央区、理事長:西澤一二)は、高齢者のありよう

2014年2月2日老いの工学研究所フィードバック数:0社会/政治

高齢者のありよう、役割に関する調査

高齢者を、もっとも“弱者”だと認識しているのは、50歳代。高齢者を経済的に弱者だとした人が、そうでないとした人を上回ったのは、50歳代のみ。健康面でも他の世代に比べて弱者だと考える傾向。裏付けるように50歳代は、高齢者を保護すべき対象だと考える人の割合が最も多く、公的制度や民間サービスで「高齢者を優遇しすぎだ」とした人の割合も、唯一、30%台に留まった。高齢者を“弱者”と認識しているのは、50歳代。「親の衰え」に直面する年代に、悩みや不安が顕著。~ 『高齢者のありよう、役割に関する調査』 ~老後

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ