「茨城県」による調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
会社名をGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年10月4日茨城県フィードバック数:0社会/政治

統計インフォメーションNo.112-敬老の日にちなんで-

ここから本文です。統計インフォメーションNo.112-敬老の日にちなんで-高齢者の数は約81万人で過去最高(9月18日現在推計)9月18日の敬老の日にちなんで,本県の高齢者の人口に関する統計についてまとめました。なお,ここでは65歳以上のいわゆる老年人口を「高齢者」としています。高齢者の数(809,932人),総人口に占める割合(28.3%)とも過去最高(平成29年9月18日推計)茨城県常住人口調査の結果を基に,平成29年9月18日現在の高齢者の数を推計すると809,932人となり,県総人口に占

2017年5月7日茨城県フィードバック数:0社会/政治

統計インフォメーションNo.111-こどもの日にちなんで-

ここから本文です。統計インフォメーションNo.111-こどもの日にちなんで-こどもの数は35万5,972人で過去最低5月5日のこどもの日にちなんで、本県のこどもの人口に関する統計についてまとめました。なお、0~14歳のいわゆる年少人口を「こども」としています。5月5日現在のこどもの数,総人口に占める割合とも過去最低を更新(今回推計) 茨城県常住人口調査の結果を基に,平成29年5月5日現在のこどもの数を推計すると355,972人となり,県総人口に占める割合は12.4%になります。この数値は人口,割

2017年4月6日茨城県フィードバック数:0大型消費/投資

市町村における住民の転入・転出理由に関するアンケート調査

ここから本文です。「市町村における住民の転入・転出理由に関するアンケート調査」の結果について(結果の要約) 「市町村における住民の転入・転出理由に関するアンケート調査」の概要1.調査の目的この調査は,茨城県内の市町村における住民の転入及び転出の理由を把握し,県及び市町村が実施する各種行政施策の基礎資料を得ることを目的に実施しました。 2.調査の対象茨城県内の市町村(注)において,転入届・転出届を提出した方。 注.県内39市町村(県内の龍ケ崎市,常陸太田市,稲敷市を除き,独自調査による日立市,牛久

2017年1月6日茨城県フィードバック数:0社会/政治

統計インフォメーションNo.110-新年にちなんで-

ここから本文です。統計インフォメーションNo.110-新年にちなんで-酉年生まれは21万4,000人,十二支別では12位2016年(平成28年)も残すところあと僅か。県統計課では,毎年この時期に新年の干支(えと)生まれとなる年男・年女の人口推計を発表しています。2017年(平成29年)の干支は,「酉(とり)」。県内の酉年生まれの人口(2017年1月1日現在)を茨城県常住人口調査結果から推計しました。平成29年1月1日現在の酉年の年男・年女は,推計で214,000人となっています。男女別にみると,

2016年9月22日茨城県フィードバック数:0社会/政治

統計インフォメーションNo.109-敬老の日にちなんで-

ここから本文です。統計インフォメーションNo.109-敬老の日にちなんで-高齢者の数は過去最高(9月19日現在推計)9月19日の敬老の日にちなんで,本県の敬老の日の人口に関する統計についてまとめました。なお,ここでは65歳以上のいわゆる老年人口を「高齢者」としています。高齢者の数,総人口に占める割合とも過去最高茨城県常住人口調査の結果を基に,平成28年9月19日現在の高齢者の数を推計すると799,831人となり,県総人口に占める割合は27.5%になります。この数値は人口,割合ともに過去最高です。

2016年5月11日茨城県フィードバック数:0社会/政治

統計インフォメーションNo.108-こどもの日にちなんで-

ここから本文です。統計インフォメーションNo.108-こどもの日にちなんで-こどもの数は37万1,708人(5月5日現在)で過去最低5月5日のこどもの日にちなんで、本県のこどもの人口に関する統計についてまとめました。なお、0~14歳のいわゆる年少人口を「こども」としています。5月5日現在のこどもの数,総人口に占める割合とも過去最低を更新(今回推計) 茨城県常住人口調査の結果を基に、平成28年5月5日現在のこどもの数を推計すると371,708人となり、県総人口に占める割合は12.8%になります。こ

2016年5月11日茨城県フィードバック数:0ライフスタイル

市町村における住民の転入・転出理由に関するアンケート調査

ここから本文です。「市町村における住民の転入・転出理由に関するアンケート調査」の結果について(結果の要約) 「市町村における住民の転入・転出理由に関するアンケート調査」の概要1.調査の目的この調査は、茨城県内の市町村における住民の転入及び転出の理由を把握し、県及び市町村が実施する各種行政施策の基礎資料を得ることを目的に実施しました。 2.調査の対象茨城県内の市町村(注)において、転入届・転出届を提出した方。 注.県内39市町村(県内の土浦市、龍ケ崎市、常総市、常陸太田市、稲敷市を除き、独自調査に

2016年1月12日茨城県フィードバック数:0社会/政治

統計インフォメーションNo.107-新年にちなんで-

ここから本文です。統計インフォメーションNo.107-新年にちなんで-申年生まれは22万9,800人 十二支別では10位2015年(平成27年)も残すところあと僅か。県統計課では,毎年この時期に新年の干支(えと)生まれとなる年男・年女の人口推計を発表しています。2016年(平成28年)の干支は,「申(さる)」。県内の申年生まれの人口(2016年1月1日現在)を茨城県常住人口調査結果から推計しました。平成28年1月1日現在の申年の年男・年女は,推計で229,800人となっています。男女別にみると,

2015年6月25日茨城県フィードバック数:0社会/政治

茨城県の人口と世帯(推計)-平成27年6月1日現在-

ここから本文です。茨城県の人口と世帯(推計)-平成27年6月1日現在-5月の概況本県の人口は,5月中に453人減少し,6月1日現在で2,911,634人となった。 増減の内訳は,自然動態で488人の減少(出生1,877人,死亡2,365人),社会動態で35人の増加(転入7,780人,転出7,745人)であった。 市町村別では,増加が11市2町村,減少が21市9町,増減なし1村であった。 世帯数については,5月中に755世帯増加し,1,135,035世帯となった。表-2から表-4利用上の注意この調

2015年6月25日茨城県フィードバック数:0社会/政治

「茨城県の人口(茨城県常住人口調査結果報告書)」-平成26年-

ここから本文です。「茨城県の人口(茨城県常住人口調査結果報告書)」-平成26年-この報告書は,毎月公表している常住人口調査結果の平成26年1年間の結果をとりまとめたものです。なお,茨城県常住人口調査は,国勢調査の間における市町村ごとの人口及び世帯数の移動状況を明らかにするため,「茨城県常住人口調査規則」に基づき,毎月推計を行っているものです。1.概要1.1.人口の動向について人口増減は平成26年1年間で11,804人の減となり,平成25年(-13,109人)に続き減少しました。本県の人口は平成2

2015年5月29日茨城県フィードバック数:0社会/政治

茨城県の人口と世帯(推計)-平成27年5月1日現在-

ここから本文です。茨城県の人口と世帯(推計)-平成27年5月1日現在-4月の概況本県の人口は,4月中に1,051人増加し,5月1日現在で2,912,087人となった。 増減の内訳は,自然動態で708人の減少(出生1,828人,死亡2,536人),社会動態で1,759人の増加(転入16,251人,転出14,492人)であった。 市町村別では,増加が10市4町,減少が22市8町村であった。 世帯数については,4月中に4,002世帯増加し,1,134,280世帯となった。表-2から表-4利用上の注意こ

2015年4月30日茨城県フィードバック数:0社会/政治

茨城県の人口と世帯(推計)-平成27年4月1日現在-

ここから本文です。茨城県の人口と世帯(推計)-平成27年4月1日現在-3月の概況本県の人口は,3月中に5,008人減少し,4月1日現在で2,911,036人となった 増減の内訳は,自然動態で904人の減少(出生1,829人,死亡2,733人),社会動態で4,104人の減少(転入19,347人,転出23,451人)であった。 市町村別では,増加が3市,減少が29市12町村であった。 世帯数については,3月中に1,330世帯増加し,1,130,278世帯となった。表-2から表-4利用上の注意この調査

2015年4月29日茨城県フィードバック数:0社会/政治

統計インフォメーションNo.105-こどもの日にちなんで-

ここから本文です。統計インフォメーションNo.105-こどもの日にちなんで-こどもの数は37万3,076人(5月5日現在)で過去最低5月5日のこどもの日にちなんで,本県のこどもの人口に関する統計についてまとめました。なお,0~14歳のいわゆる年少人口を「こども」としています。5月5日現在のこどもの数,総人口に占める割合とも過去最低を更新(今回推計) 茨城県常住人口調査の結果を基に,平成27年5月5日現在のこどもの数を推計すると373,076人となり,県総人口に占める割合は12.9%になります。こ

2015年4月24日茨城県★フィードバック数:0キャリアとスキル

茨城県の調査です。

男女共同参画社会県民意識調査

ここから本文です。男女共同参画社会県民意識調査茨城県男女共同参画社会県民意識調査の結果について本調査は,男女共同参画に関する県民の意識と実態などを把握し,その結果を広く公表することにより,県民全体の男女共同参画社会への理解と意識の醸成を図るとともに,男女共同参画行政の推進を図るうえで必要な基礎資料を得るため実施しました。調査結果の概要は下記のとおりです。1調査概要(1)調査時期平成27年2月1日から2月20日(20日間)(2)調査対象県内在住の20歳以上の男女計4,000人(男女各2,000人)

2015年4月10日茨城県フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

ガソリン,灯油価格(平成27年2月分)

ここから本文です。ガソリン,灯油価格(平成27年2月分)について(ガソリン価格,灯油価格ともに下落)2月分の小売物価統計調査により,水戸市及び日立市の価格は下記のとおりです。2月分の調査日は11日,12日,13日のいずれか1日です。 調査店舗数はガソリン価格が各市4店舗,灯油価格は各市3店舗です。 ガソリンはレギュラー1リットルの価格,灯油は18リットル価格を1リットルに換算した価格です。2月分のガソリン価格は,水戸市が前月と比べ4円安の132円で,日立市が前月と比べ7円安の130円でした。 総

2015年3月29日茨城県フィードバック数:0社会/政治

茨城県の人口と世帯(推計)-平成27年3月1日現在-

ここから本文です。茨城県の人口と世帯(推計)-平成27年3月1日現在-2月の概況本県の人口は,2月中に1,552人減少し,3月1日現在で2,916,044人となった。 増減の内訳は,自然動態で1,072人の減少(出生1,685人,死亡2,757人),社会動態で480人の減少(転入7,707人,転出8,187人)であった。 市町村別では,増加が4市2町,減少が28市10町村であった。 世帯数については,2月中に128世帯増加し,1,128,948世帯となった。表-2から表-4利用上の注意この調査結

2012年11月14日茨城県フィードバック数:2ライフスタイル

子どもの教育と環境に関する意識調査

[茨城県つくば地域振興課] ,茨城県 つくば コミュニケーション力 品川 教育 人間力 横浜 小中一貫 中一ギャップ つくばスタイル

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
 

お知らせ