調査のチカラ TOP > 会社名一覧 > 農林中金総合研究所

「農林中金総合研究所」による調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
会社名をGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

限られるユーロ圏に吹く追い風の景気刺激効果~市場波乱の拡大につながる原油価格の反転上昇~

限られるユーロ圏に吹く追い風の景気刺激効果~市場波乱の拡大につながる原油価格の反転上昇~

Weekly金融市場 2015年6月26日号

Weekly金融市場 2015年6月26日号

雇用や消費は改善したが、利上げ判断は依然慎重

情勢判断 海外経済金融  米国経済金融 雇 用 や消 費 は改 善 したが、利 上 げ判 断 は依 然 慎 重  趙  玉亮    要旨    雇用や消費関連指標が堅調な結果となったことから、これまでの懸念は払拭され、市場で は年後半にも利上げが開始されるとの観測が強まった。こうしたなか、6 月の米連邦公開市 場委員会(FOMC)では、事実上のゼロ金利政策を維持した一方、年内利上げの姿勢も引き 続き示した。利上げの時期に関する明確なメッセージは確認されなかったものの、16、17 年 末の FF

米利上げを織り込む動きが進行する新興・資源国市場

情勢判断新興・資源国経済金融米利上げを織り込む動きが進行する新興・資源国市場多田 忠義要旨 FOMC メンバーによる米利上げの予想ペースが、これまでに比べ緩やかとなったことか ら、新興・資源国の株・通貨に一時買い戻しの動きも見られた。しかし、資源価格は下落傾 向で、米利上げを織り込む動きが進行しており、月を通じてみると株安・通貨安であった。原油は 60 ドル前後の水準を維持、一方 他の資源価格は下落傾向5 月末から 6 月にかけての原油価格 (WTI、期近物)は、1 バレル=60 ドル前 後の水

景気実勢は鈍いが、経済の好循環実現への期待根強い~足元4~6月期は低成長となる懸念も~

情勢判断国内経済金融景 気 実 勢 は鈍 いが、経 済 の好 循 環 実 現 への期 待 根 強 い∼足 元 4∼6 月 期 は低 成 長 となる懸 念 も ∼南 武志要旨消費の持ち直し傾向が強まらないほか、冴えない海外経済を受けて輸出が頭打ち気味となるなど、景気実勢はまだ鈍い。1∼3 月期の高い経済成長率を支えた民間在庫の積み上がりの調整が進めば、4∼6 月期は一転して低成長に陥る可能性もある。しかし、ベースアップなどの賃上げ継続や夏季賞与の堅調さなどで家計の所得環境が大きく改善し、消費の持ち

2015~16年度改訂経済見通し(2次QE後の改訂)~15年度:1.8%(上方修正)、16年度:2.1%(下方修正)~

2015~16年度改訂経済見通し(2次QE後の改訂)~15年度:1.8%(上方修正)、16年度:2.1%(下方修正)~

依然弱いものの、下げ止まりの動きが見られる中国経済

依然弱いものの、下げ止まりの動きが見られる中国経済

今月の経済・金融情勢2015年6月23日号

今月の経済・金融情勢2015年6月23日号

沿岸漁業を支える高齢漁業者の実態と課題

論題:沿岸漁業を支える高齢漁業者の実態と課題PDF(全文)ダウンロード(大区分):協同組合・組合金融(詳細区分):漁協 (大区分):農林水産業・食料・環境(詳細区分):水産業 株式会社 農林中金総合研究所〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷5-27-11アグリスクエア新宿

Weekly金融市場 2015年6月19日号

Weekly金融市場 2015年6月19日号

Weekly金融市場 2015年6月12日号

Weekly金融市場 2015年6月12日号

2015年6月7日農林中金総合研究所★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

丸太の輸出動向です。

国産丸太輸出の伸長要因と競争力

国産丸太輸出の伸長要因と競争力

2015年6月7日農林中金総合研究所フィードバック数:0社会/政治

Weekly金融市場 2015年6月5日号

Weekly金融市場 2015年6月5日号

2015年6月7日農林中金総合研究所フィードバック数:0社会/政治

宮城県内の水産加工業の復旧状況と協同組合の貢献

宮城県内の水産加工業の復旧状況と協同組合の貢献

2015年6月7日農林中金総合研究所フィードバック数:0ライフスタイル

高齢漁業者の操業実態と政策課題

高齢漁業者の操業実態と政策課題

2015年6月7日農林中金総合研究所★フィードバック数:0ライフスタイル

漁協アンケートです。

漁協による地元消費者との接点づくり――2014年度漁協アンケート調査結果から――

漁協による地元消費者との接点づくり――2014年度漁協アンケート調査結果から――

2015年6月7日農林中金総合研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

人工林皆伐と再造林の動向――第27回森林組合アンケート調査結果から――

人工林皆伐と再造林の動向――第27回森林組合アンケート調査結果から――

雇用堅調だが、インフレ圧力は顕在化せず~利上げ開始時期の見方は交錯~

雇用堅調だが、インフレ圧力は顕在化せず~利上げ開始時期の見方は交錯~

資源価格持ち直しも一進一退の新興・資源国市場

資源価格持ち直しも一進一退の新興・資源国市場

Weekly金融市場 2015年5月29日号

Weekly金融市場 2015年5月29日号

ともに追い詰められたギリシャと支援国~ギリシャのユーロ圏離脱以外には乏しい選択肢~

ともに追い詰められたギリシャと支援国~ギリシャのユーロ圏離脱以外には乏しい選択肢~

2015~16年度改訂経済見通し

(株)農林中金総合研究所2015 年 5 月 25 日所得環境の改善などにより日本経済は好循環入りへ~経済成長率は 2015 年度:1.7%、16 年度:2.2%と予測~国内景気は緩やかな持ち直し局面にあるが、そのテンポは相変わらず鈍いままである。しか し、すでに消費税要因が一巡したほか、賃上げムードの継続や石油製品価格の値下げなど、家 計の所得環境は好転しつつある。15 年度の日本経済は本格的な景気回復に向けた動きを開始 し、好循環を実現、デフレ脱却に向けて動き始めるだろう。また、労働市場は供

今月の経済・金融情勢2015年5月28日号

2015.5.28今月の経済・金融情勢~わが国をめぐる経済・金融の現状~2015年5月農林中金総合研究所調査第二部http://www.nochuri.co.jp/publication/situation/index.html経 済 ・ 金 融【米 国】•情 勢 資 料2 0 1 5 年 5 月5月28~29日の米連邦公開市場委員会(FOMC)では、政策金利(0~0.25%)の現状維持を決定した。利上げ時期 やそのペースについての発言はなかったものの、雇用統計が総じて改善傾向にあることなどから

2015~16年度改訂経済見通し

(株)農林中金総合研究所2015 年 5 月 25 日所得環境の改善などにより日本経済は好循環入りへ~経済成長率は 2015 年度:1.7%、16 年度:2.2%と予測~国内景気は緩やかな持ち直し局面にあるが、そのテンポは相変わらず鈍いままである。しか し、すでに消費税要因が一巡したほか、賃上げムードの継続や石油製品価格の値下げなど、家 計の所得環境は好転しつつある。15 年度の日本経済は本格的な景気回復に向けた動きを開始 し、好循環を実現、デフレ脱却に向けて動き始めるだろう。また、労働市場は供

投資鈍化等で景気減速が続く中国~ただし、夏場以降は緩やかな景気回復へ~

投資鈍化等で景気減速が続く中国~ただし、夏場以降は緩やかな景気回復へ~

先行き改善が期待される家計の所得環境~消費が牽引役となり、好循環が実現へ~

先行き改善が期待される家計の所得環境~消費が牽引役となり、好循環が実現へ~

原油生産動向と米国経済への影響~原油安で設備投資や雇用は減少したが、消費は下支え~

原油生産動向と米国経済への影響~原油安で設備投資や雇用は減少したが、消費は下支え~

Weekly金融市場 2015年5月22日号

Weekly金融市場 2015年5月22日号

Weekly金融市場 2015年5月15日号

農林中金総合研究所2015 年 5 月 15 日号調査第二部多田 忠義・趙 玉亮≪来週のポイント≫15 年 1∼3 月期実質 GDP 発表:消費回復の鈍さ、外需減速に注意20 日に 15 年 1∼3 月期の実質 GDP が発表される。政府や日銀では、景気は緩やかに回復しているとしているが、実質所得の目減りは解消されていないため消費回復は鈍く、成長が加速する見込みは低い。加えて、米中経済の減速による外需寄与度も弱まるとみられ、14 年 10∼12 月期から減速すると予想される。FOMC 議事要旨公

森林組合対象のアンケートです。

第27回森林組合アンケート調査

要旨本レポートは、一般財団法人 農村金融研究会に委託し、農林中央金庫農林水産環境統括部と連携して実施したアンケート調査の結果である。今回は定例項目に加え、人工林皆伐と再造林の動向、森林情報管理のデジタル化の状況、および林産事業における有利販売への取組みについて取り上げた。PDF(全文)ダウンロード(大区分):協同組合・組合金融(詳細区分):森林組合 (大区分):農林水産業・食料・環境(詳細区分):林業 経営収支,森林情報管理,人工林皆伐,林産事業,再造林,有利販売 株式会社 農林中金総合研

籾米サイレージによる和牛繁殖農家の飼料費削減―JA真室川町の取組み―

籾米サイレージによる和牛繁殖農家の飼料費削減―JA真室川町の取組み―

2015年の中国経済は7%前後の成長へ

2015年の中国経済は7%前後の成長へ

外食産業市場の規模縮小の深化とその一因

外食産業市場の規模縮小の深化とその一因

ユーロ圏における政治リスクの高まりと景気対策の課題

ユーロ圏における政治リスクの高まりと景気対策の課題

2015年5月6日農林中金総合研究所フィードバック数:0社会/政治

地方創生と農業協同組合――地方の生活インフラ維持の担い手として――

地方創生と農業協同組合――地方の生活インフラ維持の担い手として――

2015年5月6日農林中金総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

ユーロ圏の景気回復は本物か?~懸念される好環境の反転による影響の拡大~

ユーロ圏の景気回復は本物か?~懸念される好環境の反転による影響の拡大~

2015年5月6日農林中金総合研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

再生可能エネルギー固定価格買取制度の運用状況―14年末以降の制度改正と今後の課題―

再生可能エネルギー固定価格買取制度の運用状況―14年末以降の制度改正と今後の課題―

2015年5月6日農林中金総合研究所フィードバック数:0社会/政治

Weekly金融市場 2015年5月1日号

Weekly金融市場 2015年5月1日号

2015年5月6日農林中金総合研究所フィードバック数:0ライフスタイル

なぜ企業の農業参入は増加傾向が続くのか─―地域にみる参入の構造と特徴─―

なぜ企業の農業参入は増加傾向が続くのか─―地域にみる参入の構造と特徴─―

2015年5月6日農林中金総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

再び住宅政策の転換に踏み切った中国

再び住宅政策の転換に踏み切った中国

2015年5月6日農林中金総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

米利上げ予想後ずれで買い優勢の新興・資源国市場

情勢判断海外経済金融米利上げ予想後ずれで買い優勢の新興・資源国市場多田 忠義要旨 4 月に発表された米雇用統計は事前予想を下振れたほか、多くの経済指標が不冴えだっ たことで、米景気に対する先行き懸念が浮上し、利上げ時期が後ずれするとの見方が広が り、新興・資源国の株・通貨は買い優勢となった。また、原油価格は 1 バレル=55 ドル前後ま で回復し、底入れしたとの見方も資源国にとっては好材料である。ただし、世界的な低成長 が懸念されており、この流れは長続きしない可能性もある。買い優勢の新興・資源国

2015年5月6日農林中金総合研究所フィードバック数:0社会/政治

地域金融機関の経営指標分析と昨今の経営戦略

分析レポート国内経済金融地 域 金 融 機 関 の経 営 指 標 分 析 と昨 今 の経 営 戦 略古江 晋也要旨 地域金融機関の経常利益と当期純利益は過去 5 年間で大きく増加したが、コア業務粗利 益とコア業務純益は低下している。また、近年の長期金利の低下や金融機関間の金利競争 が激しさを増す中、総資金利鞘や預貸率も減少しており、今日の状況をいかに打開していく かは地域金融機関にとって喫緊の課題である。 昨今の地域金融機関では、合併・統合、成長の見込める地域への経営資源の配分といっ た「営業地

2015年5月6日農林中金総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

夏場以降は緩やかな景気回復が見込まれる中国経済~金融緩和や公共投資による景気の押し上げ~

情勢判断海外経済金融夏 場 以 降 は緩 やかな景 気 回 復 が見 込 まれる中 国 経 済∼金 融 緩 和 や公 共 投 資 による景 気 の押 し上 げ∼王 雷軒要旨2015 年 1∼3 月期の中国の実質 GDP は前年比 7.0%と、6 年ぶりの低成長となったものの、政府の 15 年成長目標である「7%前後」の範囲には入っている。先行きについては、金融緩和を通じて不動産やインフラ向けの投資を増やそうとする姿勢が鮮明となっているため、夏場以降は成長率が持ち直してくるものと思われる。投資鈍化

2015年5月6日農林中金総合研究所フィードバック数:0社会/政治

好循環入りの期待が高まる国内景気~物価下落が意識される中、追加緩和は見送られると予想~

好循環入りの期待が高まる国内景気~物価下落が意識される中、追加緩和は見送られると予想~

2015年5月6日農林中金総合研究所フィードバック数:0社会/政治

冴えない経済指標が続き 利上げ先送り観測強まる

冴えない経済指標が続き 利上げ先送り観測強まる

Weekly金融市場 2015年4月24日号

Weekly金融市場 2015年4月24日号

今月の経済・金融情勢2015年4月21日号

2015.4.21今月の経済・金融情勢~わが国をめぐる経済・金融の現状~2015年4月農林中金総合研究所調査第二部http://www.nochuri.co.jp/publication/situation/index.html経 済 ・ 金 融【米 国】•情 勢 資 料2 0 1 5 年 4 月3月17~18日の米連邦公開市場委員会(FOMC)では、政策金利(0~0.25%)の現状維持を決定する一方、 政策の正常化(利上げ)に向けて「忍耐強く」対応するとの文言を削除した。ただし、成長率やインフ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ