調査のチカラ TOP > 会社名一覧 > 農林中金総合研究所

「農林中金総合研究所」による調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
会社名をGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

沿岸漁業を支える高齢漁業者の実態と課題

レポート検索詳しく検索するときはこちらAND・OR検索や執筆者、期間指定で検索することができます。 分野別のレポート一覧論題:沿岸漁業を支える高齢漁業者の実態と課題書誌情報掲載日:2015年06月22日 更新日:2015年06月22日 (大区分):協同組合・組合金融(詳細区分):漁協 (大区分):農林水産業・食料・環境(詳細区分):水産業 株式会社 農林中金総合研究所〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷5-27-11 アグリスクエア新宿Tel:03-6362-7700(代表) E-mail

2015年6月7日農林中金総合研究所★フィードバック数:0ライフスタイル

漁協アンケートです。

漁協による地元消費者との接点づくり――2014年度漁協アンケート調査結果から――

漁協による地元消費者との接点づくり―2014年度漁協アンケート調査結果から―主任研究員 田口さつきの漁協調査はその6割をカバーしているとはじめに考えられる。1組合平均の組合員数,正組合員数,職農林中金総合研究所は,過去30年にわた員数について漁協調査と水産統計を比較しり,漁協の信用事業の基礎資料として,主たところ,いずれも漁協調査の方がやや大に信用事業を実施する漁協を対象に「漁協きい(第1表)。正組合員の分布をみると,漁協調査にお(以下「漁協調査」に対するアンケート調査」という)を毎年行ってきた

2015年5月6日農林中金総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

米利上げ予想後ずれで買い優勢の新興・資源国市場

情勢判断海外経済金融米利上げ予想後ずれで買い優勢の新興・資源国市場多田 忠義要旨4 月に発表された米雇用統計は事前予想を下振れたほか、多くの経済指標が不冴えだったことで、米景気に対する先行き懸念が浮上し、利上げ時期が後ずれするとの見方が広がり、新興・資源国の株・通貨は買い優勢となった。また、原油価格は 1 バレル=55 ドル前後まで回復し、底入れしたとの見方も資源国にとっては好材料である。ただし、世界的な低成長が懸念されており、この流れは長続きしない可能性もある。買い優勢の新興・資源国の株・通貨

東日本大震災の住宅再建・まちづくりのいま~福島県新地町での現地ヒアリング記録~

今月の焦点国内経済金融東 日 本 大 震 災 の住 宅 再 建 ・まちづくりのいま~福 島 県 新 地 町 での現 地 ヒアリング記 録 ~多田 忠義東日本大震災から 4 年が経過する。東日本大震災から 4 年が経過した。多東日本大震災による被災状況や避難状くの報道やレポートでは、住宅再建は道況等をみると、死者は町民の 1%、住家半ばであることが報告されている。一方、被害は世帯数ベースで 20%を超えること多田(2015)は、住宅再建に地域差がみがわかる(図表 1)。仮設住宅の入居率はられること

最近の主な農業制度資金の制度変更と貸付動向

〈レポート〉農漁協・森組最近の主な農業制度資金の制度変更と貸付動向主任研究員 長谷川晃生最近の農業制度資金の制度変更等を踏まえ、それらが制度資金の貸付動向にどのように影悪化等に対応するための長期運転資金である「農林漁業セーフティネット資金」を創設した。同資金の新規実行額は、配合飼料価格の響しているのかについて紹介する。高騰等の影響を受けた09年度に大きく増加し1  国の無利子化措置の影響でスーパーL資金た。07年度から09年度にかけて両資金が増加したことが、日本公庫資金全体の増加に繋がは大きく増

今月の経済・金融情勢2013年10月25日号

2013.10.25今月の経済・金融情勢~わが国をめぐる経済・金融の現状~2013年10月農林中金総合研究所調査第二部http://www.nochuri.co.jp/publication/situation/index.html経 済 ・ 金 融情 勢 資 料2 0 1 3 年 1 0 月1.米国では、9月17~18日の米連邦公開市場委員会(FOMC)で、月額850億ドルの資産を買い入れる量的緩和策第3弾(QE3)の規模縮小開始を判断するとの見方が強まっていたが、予想に反して先送りが決定され

経済・金融の動向

http://www.nochuri.co.jp/情勢判断今月の情勢 ∼経済・金融の動向∼米国金融・経済6 月 18∼19 日の米連邦公開市場委員会(FOMC)では、政策金利(0∼0.25%)を据え置き、今後も失業率が 6.5%を上回り、向こう 1∼2 年のインフレ見通しが FOMC の長期目標である 2%から 0.5%ポイント以内に収まると予想される限り、これを維持する方針を決めた。また、月額 850億ドルの資産を買い入れる量的緩和策(QE3)については、バーナンキ議長の発言から FOMC 後

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ