調査のチカラ TOP > 会社名一覧 > 野村アセットマネジメント

「野村アセットマネジメント」による調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
会社名をGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

【投資環境レポート5月号】 投資の視点:米欧金融政策格差と投資環境

Vol.20420155米欧金融政策格差と投資環境○米欧の金融政策格差が鮮明になっている。米欧の金融政策が方向性の異なる動きをすることは、過去20年程度ではあまり例がない。○為替市場では、米国経済が利上げを示唆できるほどに堅調であることで、米ドルの独歩高が進んだ。債券市場では、欧州中央銀行(ECB)の量的緩和で欧州債券利回りが大幅に低下し、同時に米国債券利回りの上昇を抑えている。○債券利回りが低位に抑えられていること、日欧の中央銀行が市場流動性を供給し続けていることから、株式市場の好調も続いてい

【投資環境レポート2015年2月号】 投資の視点:原油価格下落の背景と影響

Vol.20120152原油価格下落の背景と影響○原油価格下落の背景には、OPECの減産見送り、世界経済成長率加速見通しの剥落、米国以外での通貨安による米ドル建て購買力の低下などの要因があるようだ。○原油などの資源価格の下落は、輸出国の経済にはマイナス、輸入国にはプラスに働く。特に日本経済へのプラス効果は大きい。○原油価格下落によるインフレ率低下は景気にはプラスとして、日米欧の中央銀行は金融政策のスタンスを当面大きく変えないだろう。しかし、価格下落がエネルギー関連以外に広がって期待インフレ率が下

【投資環境レポート12月号】 投資の視点:総選挙後の日本経済の課題

【投資環境レポート12月号】 投資の視点:総選挙後の日本経済の課題

投資環境レポート2014年11月号

Vol.Vol.198201411大統領選挙後のブラジル経済○2014年10月26日に行われたブラジルの大統領選挙の決選投票で、現職のルセフ大統領が再選を果たしたが、金融市場はこれを嫌気している。○背景には、ブラジル経済の低迷やルセフ大統領の経済政策が介入主義的ととられていることがあり、金融市場は構造改革を求めている。○金融市場や大手格付機関による改革圧力があることで、ルセフ大統領が従来の成長重視から経済の安定性重視への政策転換を図る可能性はある。○金融市場参加者は、長い目では依然としてブラジル

【投資環境レポート10月号】 投資の視点:「日本経済 回復への道のり」

【投資環境レポート10月号】 投資の視点:「日本経済 回復への道のり」

【投資環境レポート2014年8月号】 投資の視点:総選挙後のインド

【投資環境レポート2014年8月号】 投資の視点:総選挙後のインド

【投資環境レポート2014年7月号】 投資の視点:「マイナス金利」を導入したECB

Vol.19420147「マイナス金利」を導入したECB○欧州中央銀行(ECB)は6月5日、預金ファシリティ金利のマイナス化を含む利下げ、目的を絞った長期資金供給(TLTRO)などの追加金融緩和策を決定した。○ユーロ圏の金融システムは銀行に依存しているため、銀行を通じた政策効果の波及が意識されているようだ。○しかし、一連の追加緩和策がすぐに銀行貸出の増加に結びつくとは考えにくい。銀行は中央銀行に預け入れていた資金やECBから低金利で調達可能な長期資金を国債などの安全資産に振り向ける可能性があろう

NISAについての調査です。

第6回「NISAに関する意識調査」

第6回「NISAに関する意識調査」

投資環境レポート 2014年6月

Vol.19320146米国長期金利低位安定の謎○年初の悪天候による景気落ち込みを受けて低下した米国の長期金利は、その後景気再加速が見えても低位安定で推移している。○①グローバル化に伴う労働分配率低下とデフレ圧力、②生産年齢人口の伸び鈍化による潜在成長率低下、③財政赤字の縮小などが低位安定の要因として指摘できる。しかし、これらが年初からさらに強まったとの解釈には無理がある。○今後の長期金利動向を考えるうえでは、政策金利がどの程度引き上げられるかがカギとなろう。米連邦準備制度理事会(FRB)内では

投資環境レポート 2014年4月

Vol.19120144米国経済の底力○2014年初以来、米国景気に対する不透明感が金融市場で意識されている。○しかし、米国経済の健全化は進んでいる。労働者による先行きの見方が改善し、企業が設備投資を行う環境が整いつつあるのだ。○もちろん、米国経済の先行きにリスクがないわけではない。代表的なリスクは、住宅市場や個人消費の回復の持続性だろう。○米国経済の健全化はまだ途上だが、金融危機によって未曾有の景気減速を経験した後これほどのペースで回復してきたこと、さらにその途上で新しい産業を生み出す力を持っ

投資環境レポート 2014年2月

Vol.18920142欧州の景気回復の意味○2013年4-6月期からユーロ圏経済は、外需主導で景気後退局面から脱した。○景気回復は、債務の返済可能性の改善を通じて、これまで忌避されてきた周辺国の見直しにつながりやすい。○低インフレの持続、景気回復の脆弱さに配慮して欧州中央銀行(ECB)は、低金利政策を維持しよう。一方、景気拡大局面でのデフレ懸念には行き過ぎの面がある。○ECBの包括的銀行資産査定は、銀行同盟を通じた十分なバックストップを欠き、不徹底なものにとどまる恐れがある。○景気拡大で危機が

第4回「NISAに関する意識調査」

News Release2014年2月13日関係各位野村アセットマネジメント株式会社野村アセットマネジメント、第4回「NISAに関する意識調査」結果を発表~首都圏の現役層ではNISA利用意向者の16%が投資を開始~野村アセットマネジメント株式会社(CEO兼執行役会長兼社長:岩崎俊博)はNISAの日である本日、2014年1月から始まった少額投資非課税制度(以下「NISA」)に関する認知や利用意向などについてのインターネット調査およびグループ・インタビューの結果を公表した。本調査は、10月に全国で実

NISAについての継続調査です。

第3回「NISAに関する意識調査」

第3回「NISAに関する意識調査」

NISAについての調査です。

第2回「NISAに関する意識調査」

第2回「NISAに関する意識調査」

認知度や利用意向を聞いています。

日本版ISAに関する意識調査

News Release2013 年 4 月 12 日関 係 各 位野村アセットマネジメント株式会社野村アセットマネジメント、「日本版 ISA に関する意識調査」結果を発表~日本版 ISA をきっかけとした投信市場の裾野拡大に期待~野村アセットマネジメント株式会社(CEO 兼執行役会長兼社長:岩崎俊博)は、2014 年 1 月から始まる少額投資非課税制度(日本版 ISA)に関する認知や利用意向について 8 万人を対象に実施した調査結果を公表した。調査は、2013 年 3 月にインターネット経由で

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ