調査のチカラ TOP > 会社名一覧 > 電力中央研究所

「電力中央研究所」による調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
会社名をGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年6月30日電力中央研究所★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

電力小売りについてのレポートです。

産業・業務用需要家から見た小売電力市場の競争状況の分析-料金メニュー・サービス多様化を巡る競争の可能性-

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告) 報告書番号 Y14022 タイトル産業・業務用需要家から見た小売電力市場の競争状況の分析−料金メニュー・サービス多様化を巡る競争の可能性−An Analysis of Competitive Situation in Retail Electricity Market from the Perspective of Industrial and Commercial Customers - Competition through Diversif

2015年6月23日電力中央研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

高齢世帯と単独世帯の増加は電灯需要をどう変えるか?

ゼミナール(88)Q高齢世帯と単独世帯の増加は電灯需要をどう変えるか?中野一慶将来の電灯需要を分析するには、契約の基礎単位である世帯数の動向が重要である。我が国では90年代に人口減少が始まった地域でも世帯数は増加した。これは、単独世帯等の小規模世帯が増加したためである。その中で、世帯主が65歳以上の高齢世帯は2000∼2010年に485万増加しており、しかも、高齢単独世帯は176万も増加した。高齢者は在宅時間が長く、通説では、高齢化の進展は電灯需要の増加要因とされてきた。しかし、高齢化に伴って単

2015年6月12日電力中央研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2015~2016年度 日本経済と電力需要の短期予測(2015年6月)

2015~2016年度 日本経済と電力需要の短期予測(2015年6月)

2015年6月9日電力中央研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス海外

ドイツは、再生可能エネルギーの大量導入による送電混雑に対応できているのか?

ドイツは、再生可能エネルギーの大量導入による送電混雑に対応できているのか?

2015年6月9日電力中央研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス海外

ドイツの需給調整メカニズムの広域化の動向と課題

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告) 報告書番号 Y14021 タイトルドイツの需給調整メカニズムの広域化の動向と課題Issues and Trend of German cross-border balancing mechanism 概要ドイツとドイツの周辺国における需給調整メカニズムの動向と課題を調査した。 ドイツ国内における需給調整メカニズムと送電混雑管理は独立的に運用され、需給バランスと送電混雑解消の調整能力は相互に活用されないため、混雑解消に要する系統運用維持費用の削減に

2015年6月4日電力中央研究所★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

国際比較です。

電気料金の国際比較-2014年までのアップデート-

電気料金の国際比較-2014年までのアップデート-要約 本資料は、電力中央研究所報告 Y11013 「電気料金の国際比較と変動要因の解明 −主要国の電気料金を巡る事情を踏まえて−」 の料金の国際比較部分のデータを2014年までアップデートするとともに、料金水準に影響を与える要因である各国の電源構成や、電気料金の構成比(欧州のみ)など、基礎的な情報について追加したものである。また、電気事業のシステム改革に続いて、ガス事業についても自由化が進展すると見込まれており、わが国においても「総合エネルギー企

2015年5月24日電力中央研究所★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

電力需要の分析です。

「都道府県別エネルギー消費統計」を活用した地域別産業用・業務用電力需要の分析

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告) 報告書番号 Y14015 タイトル「都道府県別エネルギー消費統計」を活用した地域別産業用・業務用電力需要の分析An Analysis of Industrial and Commercial Electricity Demand using Energy Consumption Statistics by Prefecture in Japan 概要従来使用されてきた「電気事業便覧」のデータでは,2000年の電力自由化以降,契約電力が一定規模以上

2015年5月24日電力中央研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

生物多様性条約に関わる国際動向調査-電気事業の事業活動や環境経営の視点から-

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告) 報告書番号 V14016 タイトル生物多様性条約に関わる国際動向調査-電気事業の事業活動や環境経営の視点から-Report on recent international trends related to the Convention on Biological Diversity -From the viewpoint of Environmental Management of Electric Power Industry- 概要生物多様

2015年5月24日電力中央研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

温室におけるヒートポンプと石油暖房機との多面的な比較-冬期トマト栽培-

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告) 報告書番号 V14007 タイトル温室におけるヒートポンプと石油暖房機との多面的な比較−冬期トマト栽培−The multilateral comparison of heat pump and oil heater in greenhouse - Tomato cultivation in winter - 概要温室においてHPと石油暖房機を実測比較した例はほとんど知られておらず、HPの有効性に対する信頼性が低くなっている。このことが、温室への石

2015年4月26日電力中央研究所★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

震災後の節電です。

事業所における2011~14年夏の節電の実態 ―東日本大震災以降の定点調査―

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告) 報告書番号 Y14013 タイトル事業所における2011〜14年夏の節電の実態 ―東日本大震災以降の定点調査―Persistency of electricity savings in commercial and industrial sectors after the Great East Japan Earthquake: 2014 update 概要東日本大震災後の電力不足を背景に大幅な節電対策が進められてきた.今後の需要動向を見通す上で

2015年4月24日電力中央研究所★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

コストの分析です。

再生可能エネルギー発電の大量導入時の発電費用の評価

再生可能エネルギー発電の大量導入時の発電費用の評価要約 2015年4月現在、総合資源エネルギー調査会 基本政策分科会 長期エネルギー需給見通し小委員会でエネルギーミックスが検討されており、CO2を排出しない再生可能エネルギー発電(再エネ発電)と原子力発電の比率が論点の一つになっている。本報告では、再エネ発電と原子力発電の比率を変化させ、2030年の発電費用への影響を評価する。評価には、太陽光発電等の大量導入時のLFC(負荷周波数調整)確保や火力電源・蓄電の運転モードを考慮して、全国大で2030年

2015年4月19日電力中央研究所★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

電中研のレポートです。

2030年までのマクロ経済・産業構造展望-エネルギー需給展望に向けた日本経済の成長力の見方-

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告) 報告書番号 Y14017 タイトル2030年までのマクロ経済・産業構造展望−エネルギー需給展望に向けた日本経済の成長力の見方−An outlook for the Japanese macro economy and industrial structure toward 2030 -Economic growth potential for an outlook for the energy demand- 概要本研究では、当所のマクロ計量経済

2015年4月19日電力中央研究所★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

電灯需要についてのレポートです。

高齢化と世帯人員の変化が電灯需要に及ぼす影響ー地域別 ・世帯形態別・住宅の建て方別世帯数の予測ー

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告) 報告書番号 Y14009 タイトル高齢化と世帯人員の変化が電灯需要に及ぼす影響ー地域別 ・世帯形態別・住宅の建て方別世帯数の予測ーImpacts of population aging with changes in household-sizes on residential electricity demand - A forecast of the regional households by household-types and dwe

2015年4月12日電力中央研究所★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

震災以降の節電についての調査です。

家庭における2011~14年夏の節電の実態-東日本大震災以降の定点調査-

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告) 報告書番号 Y14014 タイトル家庭における2011〜14年夏の節電の実態−東日本大震災以降の定点調査−Ex-post analysis of electricity saving measures in the residential sector in the summers of 2011-14 - Continuous observations after the Great East Japan Earthquake - 概要東日本大

2015年4月12日電力中央研究所★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

電力需給の短期予測です。

2016年度までの日本経済と電力需要の短期予測-原油価格変動と原子力稼働のシミュレーション分析-

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告) 報告書番号 Y14016 タイトル2016年度までの日本経済と電力需要の短期予測−原油価格変動と原子力稼働のシミュレーション分析−A Short-term Outlook for Japanese Economy and Electricity Demand - Simulation analyses of oil price fluctuation and restart of nuclear power plants - 概要2014 年度上

2015年4月9日電力中央研究所★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

エネルギー需給見通しです。

2030年までのエネルギー需給展望の見直し-2010年度改訂版総合エネルギー統計に準拠した試算結果の概要-

2030年までのエネルギー需給展望の見直し-2010年度改訂版総合エネルギー統計に準拠した試算結果の概要-要約 現在、日本政府は、需要見通しとエネルギーミックスの検討を進め、2030年のエネルギー需給の定量的な姿を示そうとしている。当所では東日本大震災直後に、2030年までの産業構造・エネルギー需給展望を実施したが(浜潟 [2013])、この2年余りの間に、エネルギー需給を巡る情勢は大きく変化した。需給見通しは、エネルギーミックスの議論の土台となるため、継続的な見直しが不可欠である。本稿では、見

2015年1月27日電力中央研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

ネガワットの費用便益評価に関する一試算―自律的節電スキームによるピーク火力代替の可能性―

ネガワットの費用便益評価に関する一試算 ―自律的節電スキームによるピーク火力代替の可能性―要約 東日本大震災以降の電源構成の変化(原子力発電の停止、老朽火力発電の稼働等)や、再生可能エネルギーの大量導入を踏まえ、ピーク抑制・電力の安定供給に寄与するための需要側における需給状況の改善策として、デマンドレスポンス(DR)が注目されている。我が国のスマートコミュニティ事業などでも家庭や業務用ビル等を対象にしたデマンドレスポンスの実証試験が盛んに行われており、家庭を対象にしたものでは既に5,000軒を超

2015年1月12日電力中央研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

電力系統の第5次高調波電圧に対する負荷種別ごとの影響の定量分析

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告) 報告書番号 R14002 タイトル電力系統の第5次高調波電圧に対する負荷種別ごとの影響の定量分析Quantitative analysis of contribution by different types of loads to the fifth harmonic voltage in the electric power system 概要高調波電流を発生する機器の数は多くなっているにも関わらず,我が国における高調波電圧は1999年頃を境

2015年1月12日電力中央研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

再生可能エネルギーの大量導入が電源の設備量と運転モードに及ぼす影響評価-揚水式水力の精緻化と全国大での試算-

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告) 報告書番号 Y14002 タイトル再生可能エネルギーの大量導入が電源の設備量と運転モードに及ぼす影響評価−揚水式水力の精緻化と全国大での試算−An Evaluation of Effects of Large-Scale Introduction of Renewable Power on Capacities and Operation Modes of Power Generation Systems in Japan 概要日本政府は,再生可

2015年1月12日電力中央研究所★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

電源ごとの経済的な評価です。

代替による削減可能費用を考慮した新設電源の経済性評価-Frank博士の論文と同様の手法による日本での電源比較評価-

代替による削減可能費用を考慮した新設電源の経済性評価 −Frank博士の論文と同様の手法による日本での電源比較評価−要約 LNG火力・石炭火力・風力・太陽光発電など各電源は,CO2排出量や発電量・燃料費などにそれぞれ特徴があり,単純に優劣比較はできない。しかし,簡便な方法として,1kWの電源を新設した時に,既存電源の燃料費をいくら削減でき,どれだけの設備を不要とできるかによって決まる回避可能費用と,新たにかかる費用との差を正味便益として比較することで,簡易な評価が可能となる。CO2排出量について

2014年12月14日電力中央研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2014~2016年度 日本経済と電力需要の短期予測(2014年12月)

2014~2016年度 日本経済と電力需要の短期予測(2014年12月)

2014年12月11日電力中央研究所★★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

電力中央研究所のレポートです。

環境・エネルギー問題に関する世論調査-東日本大震災から3年後の人々の意識-

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告) 報告書番号 Y14004 タイトル環境・エネルギー問題に関する世論調査-東日本大震災から3年後の人々の意識-Public Opinion on Environmental and Energy Issues -Result of the census after 3 years of the Great East Japan Earthquake- 概要東日本大震災と福島原子力発電所の事故を経験し,人々の環境やエネルギーに対する考え方は大きく変化

2014年11月29日電力中央研究所★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

電力中央研究所のレポートです。

世界の電力事情 日本への教訓

世界の電力事情 日本への教訓

2014年11月23日電力中央研究所★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

省エネの見通しです。

業務・家庭部門の省エネの見通しについて-2030年までの将来展望のためのシナリオ分析-

業務・家庭部門の省エネの見通しについて −2030年までの将来展望のためのシナリオ分析−要約 2014年4月に新しいエネルギー基本計画が閣議決定されたものの、将来のエネルギー需給の定量的な姿については、未だ示されていない。当所では、震災直後に、2030年までの産業構造・エネルギー需給展望を開始した(浜潟他(2013))。しかし多くの不確定要素がある中での展望であったために、様々な検討課題が残った。中でも、震災直後の節電の定着への関心の高まりに見られるように、省エネの将来見通しには大きな不確実性が

2014年11月13日電力中央研究所★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

スマートメーターのデータ活用についてのレポートです。

スマートメータデータ分析情報の活用 ―分析技術の動向調査と需要分析の予備的検証―

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告) 報告書番号 Y14003 タイトルスマートメータデータ分析情報の活用 ―分析技術の動向調査と需要分析の予備的検証―Utilization of Smart Meter Data's Analytical Information -Trend of Technology and an Exploratory Demand Analysis- 概要電力各社によるスマートメータ(次世代電力量計)の本格導入に向けた動きが加速している。メータから得られる時

2014年10月16日電力中央研究所★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

電力需要についてのレポートです。

産業用・業務用電力需要の動向把握 「都道府県別エネルギー消費統計」を用いた予備的考察

産業用・業務用電力需要の動向把握 「都道府県別エネルギー消費統計」を用いた予備的考察 要約 従来使用されてきた「電気事業便覧(電力統計情報)」のデータでは,2000年の電力自由化以降,契約電力が一定規模以上の需要家の電力需要が「特定規模需要」として一括計上されており,それゆえ,産業部門と業務部門の電力需要を分割し,経済分析を行うことが困難となってきた。そこで,本稿では近年新たに整備された「都道府県別エネルギー消費統計」のデータを10地域別に集計し,産業部門と業務部門における電力需要の経済分析を行

2014年7月16日電力中央研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2015年度までの日本経済と電力需要の先行きは?

2015年度までの日本経済と電力需要の先行きは?

2014年6月29日電力中央研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス海外

米国の業務・産業用電力小売市場における新規参入の実態評価

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告) 報告書番号 Y14001 タイトル米国の業務・産業用電力小売市場における新規参入の実態評価Evaluation of new entries in the C&I retail electricity market in the U.S. 概要米国では、15州とワシントンDC(以下、自由化州と呼ぶ)において小売自由化が実施されており、特に業務・産業用市場では、規制事業から競争的小売事業への移行が進み、競争が活性化していると評価されている。しかし、

2014年6月12日電力中央研究所★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

経済と電力需要の予測です。

2014・2015年度 日本経済と電力需要の短期予測(2014年6月)

プレスリリース2014・2015年度 日本経済と電力需要の短期予測(2014年6月)− 景気は緩やかに回復を持続 − 一般財団法人電力中央研究所(理事長:各務 正博、本部:東京都千代田区)は、世界経済の動向、原油価格などの情報に基づき、当研究所が独自に開発した「マクロ計量経済モデル※注」を用い、2015年度までの日本経済および販売電力量の短期予測とシミュレーション分析を実施しました。当研究所では、電気事業に関連する広範な研究活動の一つとして、わが国経済の短期予測に継続的に取り組んでおります。今回

2014年5月18日電力中央研究所フィードバック数:0社会/政治

短期マクロ経済=産業連関システムの構築―燃料価格上昇が日本経済・産業に与える影響の感度分析―

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告) 報告書番号 Y13027 タイトル短期マクロ経済=産業連関システムの構築―燃料価格上昇が日本経済・産業に与える影響の感度分析―Development of Macroeconometric = Input-Output System-A Sensitivity Analysis of Increasing in Fuel Prices on Japanese Economy and Industries- 概要燃料価格とそれに伴う電気料金の上昇が

2014年5月18日電力中央研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

小売全面自由化後の家庭用需要家による規制料金と自由料金の選択要因の分析

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告) 報告書番号 Y13017 タイトル小売全面自由化後の家庭用需要家による規制料金と自由料金の選択要因の分析An Analysis on Residential Customers' Choices between Regulated Tariffs and Market Based Tariffs after Liberalization of Retail Electricity Market 概要わが国では2016年に実施予定の小売全面自由化の

2014年5月18日電力中央研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス海外

米国における電力自由化後の供給力確保に関する制度の比較分析

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告) 報告書番号 Y13011 タイトル米国における電力自由化後の供給力確保に関する制度の比較分析Comparative Analysis of Institutional Approaches for Ensuring Resource Adequacy after Restructuring of Electricity Market in the US 概要米国では,電力の自由化後,電源投資の資金調達の問題や卸電力市場の構造的な問題で,電源投資が

2014年5月18日電力中央研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス海外

欧州におけるスマートメーターの費用便益分析-分析上の課題を踏まえた結果の評価-

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告) 報告書番号 Y13022 タイトル欧州におけるスマートメーターの費用便益分析−分析上の課題を踏まえた結果の評価−Issues in Cost-Benefit Analysis of Smart Metering in Europe -Evaluation of the Results from the Methodological Perspective- 概要欧州におけるスマートメーターの一斉設置に関する費用便益分析では,多くの国で経済性が認め

2014年5月13日電力中央研究所★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

電気料金の国際比較です。

電気料金の国際比較‐2013年までのアップデート‐

電気料金の国際比較‐2013年までのアップデート‐要約 本資料は、電力中央研究所報告 Y11013 「電気料金の国際比較と変動要因の解明 −主要国の電気料金を巡る事情を踏まえて−」 の料金の国際比較部分のデータを2013年までアップデートするとともに、近年のわが国の電気料金動向に関連する基礎データをまとめたものである。 また、国際比較のアップデートに関する参考資料として、換算方法を変更した場合や、物価を考慮した場合など、複数のケースについて示し、それらが国際比較にどのような影響を与えるかについて

2014年5月6日電力中央研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

ドイツ・イギリスの需給調整メカニズムの動向と課題-需給調整能力の確保と費用決済-

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告) 報告書番号 Y13018 タイトルドイツ・イギリスの需給調整メカニズムの動向と課題-需給調整能力の確保と費用決済-Issues of the supply-demand balancing mechanisms in Germany and the U.K. 概要今後のわが国の議論のために、国内の複数TSOや近隣諸国との連携を最大限活用するため、全国需給調整市場を運営しつつも、最終的な需給調整を各TSOが実施するドイツと、地理的要因もあって連系拡

2014年5月6日電力中央研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

世界の褐炭の需給動向とインドネシア・豪州の炭鉱別資源量等に関する調査

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告) 報告書番号 Y13012 タイトル世界の褐炭の需給動向とインドネシア・豪州の炭鉱別資源量等に関する調査A Survey of worldwide supply and demand trend of lignite and the barriers of lignite mines in Indonesia and Australia 概要本研究では、世界の褐炭の生産状況や資源量、品質等を把握した上で、産炭国以外での褐炭利用が想定されているインド

2014年4月29日電力中央研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

電灯需要の構造分析とシミュレーション -47都道府県データによる実証分析-

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告) 報告書番号 Y13006 タイトル電灯需要の構造分析とシミュレーション -47都道府県データによる実証分析-Structural Analysis and Simulation of Residential Electric Demand in Japan 概要電灯需要は1990年代から2000年代にかけて人口・世帯数の増加とともに高い伸びを示してきた。電灯需要の伸びには都道府県において明確な差異が見られる。電灯需要がどのような要因によって伸びて

2014年4月25日電力中央研究所★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

環境やエネルギー、科学技術についての調査です。

科学技術の利用と安全に関する意識調査

科学技術の利用と安全に関する意識調査

2014年4月24日電力中央研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

廃棄物系バイオマスによるバイオガス発電の発電能力の評価

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告) 報告書番号 V13012 タイトル廃棄物系バイオマスによるバイオガス発電の発電能力の評価Estimate of electricity production with biogas from waste biomass 概要再生可能エネルギー資源の一つである下水汚泥など高含水な廃棄物系バイオマスを対象にバイオガス発電を想定した発電量を試算した。各廃棄物系バイオマスの処理場または市町村毎の賦存量をもとに試算した全国の発電ポテンシャルは、下水汚泥で約

2014年4月18日電力中央研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

需要側機器による無効電力補償の経済価値分析 -太陽光発電大量導入時の電圧上昇抑制対策-

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告) 報告書番号 Y13007 タイトル需要側機器による無効電力補償の経済価値分析 −太陽光発電大量導入時の電圧上昇抑制対策−An Analysis of Economic Value of Reactive Power Compensation by Demand Side Equipment - Measures for Voltage Stabilization in Distribution Network with PV Systems -

2014年4月18日電力中央研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

シェール革命後の北米のエネルギー需給からみた天然ガス輸出シナリオの定量的検証

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告) 報告書番号 Y13023 タイトルシェール革命後の北米のエネルギー需給からみた天然ガス輸出シナリオの定量的検証A Quantative Examination of Natural Gas Exports from North America Over the Shale Gas Revolution 概要本報告書では、米国、カナダを合わせた北米のエネルギー需給、天然ガス輸出に関するシナリオを整理し、米国を中心に北米におけるエネルギー需給動向の変

2014年4月18日電力中央研究所★★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

企業の節電です。

東日本大震災後の事業所節電行動の継続状況(2013年版)―3か年のアンケート調査の比較―

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告) 報告書番号 Y13014 タイトル東日本大震災後の事業所節電行動の継続状況(2013年版)―3か年のアンケート調査の比較―Persistency of electricity savings in firms after the Great East Japan Earthquake - Analysis based on three years questionnaire surveys - 概要東日本大震災後の電力不足を背景に大幅な節電対策が

2014年4月6日電力中央研究所★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

家庭の節電についての調査です。

家庭における2013年夏の節電の実態

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告) 報告書番号 Y13010 タイトル家庭における2013年夏の節電の実態Ex-post analysis of electricity saving measures in the residential sector in the summer of 2013 概要東日本大震災後、特に夏場において電力が不足しがちな状況が続いてきた。2011年夏は東京・東北電力管内で15%、関西電力管内でも10%の数値目標が設定された。2012年夏は、東電管内の数

2014年4月6日電力中央研究所★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

EV普及による電力利用ピークの変化についての推計です。

電気自動車による地域別充電負荷の推計―日中の充電行動を考慮して―

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告) 報告書番号 Y13009 タイトル電気自動車による地域別充電負荷の推計―日中の充電行動を考慮して―An Estimation of Electric Vehicle Load Profiles in Service Areas of Ten Electric Power Companies in Japan 概要本研究は、電力会社の供給区域別に、電気自動車(EV)による日中の充電負荷を推計し、電力システムへの影響や太陽光発電(PV)の余剰電力対策

2014年3月30日電力中央研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

油中脱水にて乾燥した褐炭の発電所炉前コストの分析 ―日本の発電事業における褐炭利用可能性の基礎検討―

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告) 報告書番号 Y13003 タイトル油中脱水にて乾燥した褐炭の発電所炉前コストの分析 ―日本の発電事業における褐炭利用可能性の基礎検討―Cost Analysis of Dried Lignite by Oil Slurry Dewatering - Fundamental Feasibility Assessment of Lignite as Fuel for Power Generation in Japan - 概要電源燃料のセキュリティ確

2014年3月28日電力中央研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

電力供給不安・電気料金上昇が国内産業に与える影響

電力供給不安・電気料金上昇が国内産業に与える影響企業インタビュー調査の結果より若林 雅代,浜潟 純大,間瀬 貴之SERC Discussion Paper 13002Date:2014.03.18要約 東日本大震災を契機に,企業はこれまでに経験したことのない電力供給不安に直面し,また今後の電気料金引き上げへの対応に迫られている.本稿は,企業インタビュー調査を通じ,事業者の現状認識や,想定される影響に関する定性的な情報をまとめたものである.インタビューの結果,電力供給不安に対する見解として,製造業

2014年3月27日電力中央研究所★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

電気をどこから買うか、選択行動についての調査です。

電力小売自由化後の家庭の供給者変更行動と情報探索の役割-欧州および日本の家庭用需要家を対象にした調査・分析-

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告) 報告書番号 Y13008 タイトル電力小売自由化後の家庭の供給者変更行動と情報探索の役割−欧州および日本の家庭用需要家を対象にした調査・分析−Residential customers' supplier switching and information searching behavior after electricity retail liberalization in Europe and Japan 概要欧州の文献資料および日本の国内

2014年2月11日電力中央研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

低圧需要家から発生する高調波電流特性 -関東都市部における冬ピーク期の分析結果-

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告) 報告書番号 R13004 タイトル低圧需要家から発生する高調波電流特性 −関東都市部における冬ピーク期の分析結果−Characteristics of harmonic currents emitted by customers with low-voltage power supplies - Analysis of data measured in the metropolitan area in winter heavy-load seas

2013年12月18日電力中央研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2013・2014年度 日本経済と電力需要の短期予測(2013年12月)

プレスリリース2013・2014年度 日本経済と電力需要の短期予測(2013年12月)− 次年度の販売電力量は4年ぶりに増加の見込み − 一般財団法人電力中央研究所(理事長:各務 正博、本部:東京都千代田区)は、世界経済の動向、原油価格などの情報に基づき、当研究所が独自に開発した「マクロ計量経済モデル※注」を用い、日本経済および販売電力量の短期予測(2013年6月予測の改訂)とシミュレーション分析を実施しました。当研究所では、電気事業に関連する広範な研究活動を通じた社会貢献の一つとして、わが国経

2013年12月10日電力中央研究所フィードバック数:0社会/政治

今後の我が国の人口・世帯数はどのように推移するか?

ゼミナール(55)今後の我が国の人口・世帯数はどのように推移するか?中野一慶今後の電灯需要を見通すためには、契約の基礎単位である世帯数のみならず、構成人数や年齢等の世帯形態の変動を把握する必要がある。その基礎となるのが地域別・男女別・年齢別の人口である。地域の人口は出生数と死亡数の差の自然増減と、転入者数と転出者数との差の社会増減で決まる。これまで地域ごとの人口の差異を生んでいたのは主に社会増減であった。地域の社会経済の将来動向に関する分析では、国立社会保障・人口問題研究所の都道府県別人口予測結

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ