「BBブリッジ」による調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
会社名をGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年2月4日BBブリッジフィードバック数:0ライフスタイル

個人向け検査・診断ビジネスの現状と展望に関する調査

個人向け検査・診断ビジネスの現状と展望に関する調査結果を発表 /調査結果のポイント個人向け検査・診断ビジネスはプレーヤーや流通経路が多様である米国の市場は急速に拡大、日本市場の成長は期待できるのか日本が取り組むべきは規制緩和と革新的技術開発 メディカル・ライフサイエンス分野のリサーチ・コンサルティングを専門に行う株式会社BBブリッジ(東京都港区、代表取締役 番場聖)では、予防医療・セルフケアに対する関心の高まりによって注目されている個人向け検査・診断ビジネス※1に関し、日米の研究開発動向やビジネ

2014年11月21日BBブリッジフィードバック数:0ライフスタイル

遺伝子医薬品・細胞医薬品の開発動向と市場展望に関する調査

[] メディカル・ライフサイエンス分野のリサーチ・コンサルティングを専門に行う株式会社BBブリッジ(東京都港区、代表取締役 番場聖)では、2014年11月25日の薬事法改正によって開発増加・市場拡大が期待されている遺伝子医薬品(※1)および細胞医薬品(※2)について、世界の研究開発動向や市場展望、実用化への課題について調査・分析を行い、その結果を発表しました。調査結果のポイントは以下の通りです。1.遺伝子医薬品・細胞医薬品はがん領域を中心に開発が進んでいる遺伝子医薬品や細胞医薬品は従来の治療薬に

2014年11月20日BBブリッジフィードバック数:0ライフスタイル

マイクロバイオームが医薬品・診断薬開発に与えるインパクトについて調査

[] メディカル・ライフサイエンス分野のリサーチ・コンサルティングを専門に行う(株)BBブリッジ(東京都港区、代表取締役 番場聖)では、新たな医薬品・診断市場を生み出すと期待されているマイクロバイオーム(※1)について、研究開発動向や医薬品・検査/診断市場に与えるインパクト、実用化への課題について調査・分析を行い、その結果について公表した。調査結果のポイントは以下の通りである。調査結果のポイント ・米国を中心にマイクロバイオームを利用した医薬品・診断薬開発が急速に進んでいる ・予防医療の実現にお

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ