「EY Japan」による調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
会社名をGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年6月8日EY Japanフィードバック数:0ビジネス

日本経済への堅調な見通しと成長意欲が地政学上のリスクに関係なくM&A増加に拍車をかける

日本経済への堅調な見通しと成長意欲が地政学上のリスクに関係なくM&A増加に拍車をかけるEYトランザクション・アドバイザリー・サービス株式会社記録的な割合(56%)のグローバル企業(日本企業を含む)が今後12か月間に買収を検討好調な景況感と成長への意欲が、増加傾向にある地政学上の懸念を払拭日本はグローバルにおける魅力的な投資国としてトップ10入りを維持 2017年5月にEYが発表した「第16回EYグローバル・キャピタル・コンフィデンス調査」によると、2017年第1四半期(2017年1月~3月)にお

2016年11月11日EY Japanフィードバック数:0ビジネス

おもてなしの経営に関する企業調査

優れたおもてなしの経営は、業績につながる~ おもてなしの経営に関する企業調査結果 ~EYのメンバーファームであるEY総合研究所(本社:東京都千代田区、代表取締役:松浦康雄、以下、EY総研)は、優れたおもてなしが生まれる経営の実態を把握するために、接客サービス業を対象としたアンケート調査を実施し、調査結果レポートを公表しました。本調査では、優れたおもてなしの経営が業績につながること、CS・顧客共創とES・従業員共創の両輪で取り組むことの重要性などの示唆が得られました。1.調査期間2016年5月26

2015年6月14日EY Japanフィードバック数:0社会/政治

経営者のための経済・市場環境定点観測 vol.3

シリーズ:経営者のための経済・市場環境定点観測 vol.3企業の経営、そして株主にとって重要な企業の将来収益は、常に経済環境の変化にさらされている。「シリーズ:経営者のための経済・市場環境定点観測」では、企業の経営陣、経営戦略企画、実務者の立場から、経済・資本市場における変化を捉え、経営戦略に資する情報提供を目的に、経済・資本市場の定点観測を行う。<景気の現状ハイライト>家計:底堅い消費雇用環境の回復によって、消費者マインドが改善。賃上げが物価上昇に追いつきはじめ、実質的な購買力が回復している。

2015年4月22日EY Japan★フィードバック数:0ビジネス

セミナー参加者の調査です。

「持続可能な経営」セミナー申込者事前アンケート

経営の最優先は人材戦略、グローバル課題は関心低く~持続可能な経営に向けた経営上の優先課題を調査~新日本有限責任監査法人などが構成するEY Japanは、持続可能な経営に向けた経営上の優先課題について、企業経営層や経営企画、IR、CSR担当者などにアンケート調査を実施しました。その結果、経営者の最優先課題は「人材戦略」であり、激しく変化する経営環境に対応できる人材の育成、労働力不足など、人材に関する課題解決が急務であることを裏付けています。一方で、社会課題は国内志向が強く、「紛争鉱物」や「貧困」「

2015年3月31日EY Japanフィードバック数:0社会/政治

シリーズ:個人消費の論点(10) (最終回)~消費主導の経済成長の実現を

シリーズ:個人消費の論点⑩ (最終回)~消費主導の経済成長の実現を 消費税率引き上げ後に低迷した個人消費を回復させることは、日本経済の成長力を高める要件の一つだ。実質賃金の上昇を伴う購買力の回復が、個人消費の回復につながる。そのための賃上げを広げるためには、企業の将来見通しの改善が欠かせず、潜在成長率の向上がその前提条件だ。もちろん、財政政策や金融政策に比べれば、成長戦略の成果が出るまで時間がかかることは事実である。そのため、消費からの経済成長を促すためにも、将来の好循環を見据えた上で着実な成長

2015年3月28日EY Japanフィードバック数:0社会/政治

シリーズ:個人消費の論点(8)~変化する消費スタイルの取り込み

シリーズ:個人消費の論点⑧~変化する消費スタイルの取り込み 前回みたように、消費額を増やしていく上で、消費スタイルの変化を捉えた潜在需要の掘り起こしが必要不可欠だ。潜在需要を掘り起こす上で注目されるのは、高齢者、女性の消費力の増大や、単身者世帯数の増加である。多様なライフスタイルに適った消費行動の提案が、潜在的な需要の掘り起こしには欠かせない。 お問い合わせEY総合研究所へのお問い合わせは、「お問い合わせフォーム」 よりお願いします。 EY総合研究所株式会社は、EYグローバルネットワークを通じ

2015年3月28日EY Japanフィードバック数:0社会/政治

シリーズ:個人消費の論点(9)~観光消費への期待大

シリーズ:個人消費の論点⑨~観光消費への期待大 訪日外国人観光客による消費(観光消費)が注目されている。観光消費は、統計の中ではサービスの輸出になるものの、小売店などから見れば、日本国内での消費である点に大きな違いはない。国内経済への好循環という視点からみれば、宿泊・飲食などの観光関連産業では、人手を多く使う産業が多いため、雇用機会を多く生み出す傾向がある。 お問い合わせEY総合研究所へのお問い合わせは、「お問い合わせフォーム」 よりお願いします。 EY総合研究所株式会社は、EYグローバルネッ

2015年3月25日EY Japanフィードバック数:0社会/政治

シリーズ:個人消費の論点(6)~2015年の国民所得は回復へ

シリーズ:個人消費の論点⑥~2015年の国民所得は回復へ 個人消費を見通す上で、日本経済全体の所得を考えることが重要になっている。購買力の源泉である所得は、ここ数年、輸出入の相対物価の動きや、海外所得の還流などからの影響を強く受けてきたからだ。15年には、日本経済全体の購買力が回復して、次第に個人消費が回復する姿がみえるようになるだろう。 お問い合わせEY総合研究所へのお問い合わせは、「お問い合わせフォーム」 よりお願いします。 EY総合研究所株式会社は、EYグローバルネットワークを通じ、さま

2015年3月25日EY Japanフィードバック数:0社会/政治

シリーズ:個人消費の論点(7)~個人消費の波及効果の変化

シリーズ:個人消費の論点⑦~個人消費の波及効果の変化 持続的かつ自律的に日本経済が成長するような「消費→生産→所得→消費→・・・」という好循環を生み出す上で、個人消費の役割が重要だ。これまで、国内の生産構造の変化や、消費パターンの変化などから、個人消費が国内の生産活動を誘発する効果は低下してきた。この中で、個人消費を起点とした好循環を実現するためには、消費スタイルの変化を捉えて潜在需要を掘り起こすなど、消費のボリュームを増やすことが欠かせない。 お問い合わせEY総合研究所へのお問い合わせは、「

2015年3月18日EY Japanフィードバック数:0社会/政治

シリーズ:個人消費の論点(2) ~物価上昇の痛みは和らぐ

シリーズ:個人消費の論点②~物価上昇の痛みは和らぐ 2014年の消費税率引き上げ後に、消費の回復が遅れた理由として、物価上昇の影響が大きかったことがあげられる。その結果、物価上昇が賃金上昇を上回る状態がつづいたため、家計の負担感が大きくなった。しかし、14年半ばからの原油価格の低下によって物価上昇率は縮小しており、15年4月以降には物価上昇率から消費税の影響が剥落する。そのため、15年には購買力の低下に歯止めがかかるとみられる。 お問い合わせEY総合研究所へのお問い合わせは、「お問い合わせフォ

2015年3月18日EY Japanフィードバック数:0社会/政治

シリーズ:個人消費の論点(1) ~想定以上の消費の減速

シリーズ:個人消費の論点①~想定以上の消費の減速 日本経済の先行きを見通す上で、国内総生産(GDP)の約6割を占める個人消費の動向が重要だ。2014年の消費税率引き上げ後、消費の伸び悩みが経済成長の足を引っ張ってきた。しかし、15年には、その重しが外れて、個人消費の回復に向かう可能性が高い。新年度が始まるのに先立ち、本シリーズでは今後の個人消費を見通す上でのポイントを整理する。 お問い合わせEY総合研究所へのお問い合わせは、「お問い合わせフォーム」 よりお願いします。 EY総合研究所株式会社は

2015年3月15日EY Japan★フィードバック数:0社会/政治

EYのレポートです。

シリーズ:経営者のための経済・市場環境定点観測 vol.2

シリーズ:経営者のための経済・市場環境定点観測 vol.2企業の経営、そして株主にとって重要な企業の将来収益は、常に経済環境の変化にさらされている。「シリーズ:経営者のための経済・市場環境定点観測」では、企業の経営陣、経営戦略企画、実務者の立場から、経済・資本市場における変化を捉え、経営戦略に資する情報提供を目的に、経済・資本市場の定点観測を行う。<景気の現状ハイライト>家計:回復の勢いを欠いた消費消費税率引き上げを含む物価上昇に賃金上昇が追い付かず、消費の回復が遅れている。足もとでは、原油安に

2015年3月1日EY Japanフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

シリーズ:原油安の影響(9)(最終回) ~世界の景気・ディスインフレへの影響とは?

シリーズ:原油安の影響⑨(最終回)~世界の景気・ディスインフレへの影響とは? 原油価格の低下によって、物価上昇率が縮小している。これは日本だけではなく、世界で共通の現象であり、景気にも影響を及ぼすと考えられる。そこで、今回は、原油価格の低下という視点から、世界の物価と景気への影響に焦点をあてる。 お問い合わせEY総合研究所へのお問い合わせは、「お問い合わせフォーム」 よりお願いします。 EY総合研究所株式会社は、EYグローバルネットワークを通じ、さまざまな業界で実務経験を積んだプロフェッショナ

2015年3月1日EY Japanフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

シリーズ:原油安の影響(8) ~貿易赤字の縮小

シリーズ:原油安の影響⑧~貿易赤字の縮小 原油価格が低下したことによって、貿易収支が改善に向かう可能性が高い。これまで赤字幅を拡大させてきた原油など鉱物性燃料の輸入代金が低下するからだ。ただし、年間を通じて貿易収支が黒字に転じるためには、原油価格の先行きとともに、輸出がどこまで回復するかが注目点になると考えられる。 お問い合わせEY総合研究所へのお問い合わせは、「お問い合わせフォーム」 よりお願いします。 EY総合研究所株式会社は、EYグローバルネットワークを通じ、さまざまな業界で実務経験を積

2015年3月1日EY Japanフィードバック数:0ビジネス

コーポレートガバナンス改革における社外取締役の重要性

新日本有限責任監査法人 情報センサー2015年3月号掲載コーポレートガバナンス改革における社外取締役の重要性コーポレートガバナンス(CG)改革が重視する社外取締役には、「業務執行の妥当性」の監督を強化し、企業の成長力を高める役割が期待されています。業種別に見た社外取締役とROE、PBRの関係からは、そうした体制整備を評価する資本市場の姿勢がうかがえます。対症療法ではない企業価値を高めるためのCG体制が望まれます。 お問い合わせEY総合研究所へのお問い合わせは、「お問い合わせフォーム」 よりお願

2015年2月25日EY Japanフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

シリーズ:原油安の影響(6) ~家計にはプラス効果か?

シリーズ:原油安の影響⑥~家計にはプラス効果か? 原油価格の低下は、家計にどのような影響を及ぼすのだろうか。原油価格の低下は、ガソリン価格をはじめとして、電気代・ガス代など幅広い製品やサービスの価格を低下させる可能性がある。そうした恩恵は地方にも及び、地方の消費が下支えされる効果が期待される。また、家計の購買力が回復することから、消費を押し上げる効果も生じるだろう。 お問い合わせEY総合研究所へのお問い合わせは、「お問い合わせフォーム」 よりお願いします。 EY総合研究所株式会社は、EYグロー

2015年2月24日EY Japanフィードバック数:0社会/政治

シリーズ:円安の日本経済への影響(6) サービスを通じた海外から稼ぐ力の強化を

円安の日本経済への影響⑥サービスを通じた海外から稼ぐ力の強化を 2012年末から、為替レートが円安に転じてからも、貿易赤字がつづいてきた。その中で、財の輸出に次ぐ第二の稼ぐ力である海外向けのサービス販売(サービス輸出)が注目される。特に、これまで赤字幅を縮めてきた旅行収支と、2003年以降黒字がつづくロイヤリティー収入などの特許等使用料収支が、今後も海外から稼ぐ力として有力だ。その強化のために、サービス販売・管理の拠点を増やす海外への直接投資が重要になっている。製造業などの生産拠点の海外移転に比

2015年2月1日EY Japanフィードバック数:0社会/政治

10分でわかる経済の本質 予想を上回る規模ながら効果は未知数の欧州量的緩和

10分でわかる経済の本質予想を上回る規模ながら効果は未知数の欧州量的緩和~ デフレ転落阻止には量的緩和の強化が必要 域内消費者物価の前年比がマイナスに陥ったことなどから、欧州中央銀行は、1月22日の理事会で、ユーロ加盟国の国債買い入れを柱とする量的緩和に踏み切った。買い入れは、15年3月から少なくとも19カ月間続く。国債以外の資産を含む買い入れ額は、月額、総額とも市場の予想を上回った。ただし、損失発生時に中銀間で損失を分担する買い入れ方式は、全体の2割にとどまった。また、最も買い入れが必要なギリ

2015年2月1日EY Japanフィードバック数:0ビジネス

EY総研インサイト Vol.3 February 2015

Vol.3 February 2015発行年月: 2015.02EY総研インサイトはEY総合研究所が発行している機関誌です。EY総研の研究成果を定期的にお届けするため機関誌「EY総研インサイト」のVol.3を刊行しました。各研究員による経済、社会・産業、経営に関する専門レポートに加え、本特集では、「成長戦略としてのコーポレートガバナンス」として成長戦略の内容や目指す姿について概観した上で、企業としての対応について考察しています。 お問い合わせEY総合研究所へのお問い合わせは、「お問い合わせフォ

2015年1月8日EY Japanフィードバック数:0社会/政治

2015年の世界と日本の経済展望-政策次第では均衡が取れた成長加速が可能

新日本有限責任監査法人 情報センサー2015年新年号掲載2015年の世界と日本の経済展望 -政策次第では均衡が取れた成長加速が可能2015年の世界経済は、多くの地政学リスクにさらされ、極めて不透明感が強い状況が続くものの、各国・地域の政策運営が適切に行われる限り、国・地域間の均衡が取れた形で、成長率の加速を実現することが十分可能だと思われます。日本も、名目賃金の着実な上昇が続けば、潜在成長率を上回る成長率を達成できるでしょう。 お問い合わせEY総合研究所へのお問い合わせは、「お問い合わせフォー

2015年1月8日EY Japan★フィードバック数:0社会/政治

世界経済についてのレポートです。

10分でわかる経済の本質(特別編) 2014年の回顧と15年の展望(世界経済編)

10分でわかる経済の本質(特別編)2014年の回顧と15年の展望(世界経済編)~15年もディスインフレ傾向は根強いが、先進・新興国では小幅の成長加速2014年の世界経済の特徴は、①年後半の米ドル高・原油安と、②主要国でのディスインフレ傾向の強まりの2点であった。米ドル高は米国と日欧の金融政策の方向性の違いを、また、原油安は需給緩和見通しや米ドル高を、それぞれ反映したものだ。原油安は、欧米による経済制裁を受けるロシアの景気下押しに繋がり、通貨ルーブルの急落につながった。さらに、主要国では、原油安や

2014年12月18日EY Japanフィードバック数:0社会/政治

円安の日本経済への影響(4) 輸入コストを転嫁できる生産構造とは

円安の日本経済への影響④輸入コストを転嫁できる生産構造とは円安による輸入原材料コストの増加が、国内企業の重荷となっている。以下では、輸出と非製造業の関係を踏まえて、その対策を考える。これまでの企業行動を振り返ると、輸入原材料コスト増に対応して、人件費など国内コストを削減することが多かった。しかし、国内コストの削減は、労働者の所得や取引業者の売上など国内購買力の低下を通じて、自社の売上を伸び悩ませるという悪影響もあった。そのため、今後の課題は、国内コストの削減から、販売価格への転嫁に対応策をシフト

2014年11月5日EY Japanフィードバック数:0ビジネス

シリーズ:成長戦略としてのコーポレートガバナンス 機関投資家の動向(1)~議決権行使の状況

シリーズ:成長戦略としてのコーポレートガバナンス機関投資家の動向①~議決権行使の状況 安倍政権は日本経済の再生に向け、金融・財政政策に続く第三の矢として成長戦略を掲げており、その中でコーポレートガバナンス改革を打ち出している。これは日本企業のグローバル競争力強化に資本市場の力を生かそうとする同政権の意図を反映しており、企業(経営者)に資本市場との良好な関係の構築を促すものと考えられる。これを踏まえてEY総合研究所では、「シリーズ:成長戦略としてのコーポレートガバナンス」として関連する情報を発信し

2014年10月26日EY Japanフィードバック数:0ビジネス

2014年株主総会の議決権行使結果 ~TOPIX 100採用銘柄の分析を中心に~

シリーズ:成長戦略としてのコーポレートガバナンス2014年株主総会の議決権行使結果 ~TOPIX 100採用銘柄の分析を中心に~安倍政権は日本経済の再生に向け、金融・財政政策に続く第三の矢として成長戦略を掲げており、その中でコーポレートガバナンス改革を打ち出している。これは日本企業のグローバル競争力強化に資本市場の力を生かそうとする同政権の意図を反映しており、企業(経営者)に資本市場との良好な関係の構築を促すものと考えられる。これを踏まえてEY総合研究所では、「シリーズ:成長戦略としてのコーポレ

2014年10月7日EY Japanフィードバック数:0ビジネス

EY総研インサイト Vol.2 Autumn 2014

Vol.2 Autumn 2014発行年月: 2014.10EY総研インサイトはEY総合研究所が発行している機関誌です。EY総研の研究成果を定期的にお届けするため機関誌「EY総研インサイト」のVol.2を刊行しました。各研究員による経済、社会・産業、経営に関する専門レポートに加え、本特集では、「自動車とIoT(Internet of Things)」として多様なモノがインターネットにつながっていくIoTの展開先である自動車の情報化について概観しています。 お問い合わせEY総合研究所へのお問い合

2014年6月8日EY Japan★フィードバック数:0社会/政治

EYのレポートです。

円安の日本経済への影響

円安の日本経済への影響2012年末から為替レートが円安に転じたことで、いずれ輸出が増えて、貿易収支が改善に向かうと期待されてきた。しかし、その期待に反して輸出は伸び悩み、貿易赤字が続いている。こうした現状を踏まえて、円安になっても輸出が伸びず、日本経済は成長しにくくなったという見方が増えてきた。本当に、円安になっても輸出は伸びないのだろうか。また、そうであるのならば、何が変わったのだろうか。こうした問題意識から本稿では、2012年以降を中心に輸出の動きを確認した。次に、その背景を整理した上で、為

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ