「Elsevier」による調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
会社名をGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年11月9日Elsevierフィードバック数:0ライフスタイル

Pollution and Health Infographic

Pollution and Health Infographic

2017年10月19日Elsevierフィードバック数:0社会/政治

新薬採用アンケート2017年版 採用率トップは特異的中和剤プリズバインド

新薬採用アンケート2017年版 採用率トップは特異的中和剤プリズバインドミクス編集部が病院薬剤部を対象に行った「新薬採用アンケート調査2017年版」によると、経口直接トロンビン阻害剤プラザキサの特異的中和剤プリズバインド静注液が採用率55.3%でトップとなった。次いで、C型慢性肝炎・C型代償性肝硬変の治療薬グラジナ錠とエレルサ錠が50%台で続いた。採用率40%台には新規経口アレルギー性疾患治療薬ビラノア錠、潰瘍性大腸炎治療剤リアルダ錠、抗てんかん剤ビムパット錠の3製品がランクされた。新薬採用アン

2017年6月13日Elsevierフィードバック数:0キャリアとスキル

2017年MR数アンケート

ミクス編集部・2017年MR数アンケート MR数減少なお続くミクス編集部が製薬企業を対象に行った2017年MR数アンケートで、MR数は減少傾向が続いていることが明らかになった。2015年以降比較可能な61社のMR数を集計したところ、16年調査の1000人超の減少に続き、今回の17年調査も400人超の減少だった。下げ幅は緩やかになったが、長期収載品の凋落加速に加え、薬価の毎年改定、新薬のスペシャリティ化、地域医療構想の実施による地域医療提供体制の見直しで、MR数をはじめとする営業体制の見直しはこれ

2015年12月22日Elsevierフィードバック数:0ライフスタイル

Does happiness itself directly affect mortality? The prospective UK Million Women Study

Browse By IssueSelect VolumeSelect VolumeSelect VolumeSelect VolumeSelect VolumeSelect VolumeSelect VolumeSelect VolumeSelect VolumeSelect VolumeSelect VolumeSelect VolumeSelect VolumeSelect VolumeSelect VolumeSelect VolumeSelect VolumeSelect VolumeS

2015年9月30日Elsevierフィードバック数:0ライフスタイル

新薬採用アンケート2015年版

本誌調査 新薬採用アンケート2015年版 採用率トップはタケキャブ 3年ぶりの7割超えミクス編集部が行った「新薬採用アンケート調査2015年版」によると、採用率トップは消化性潰瘍薬タケキャブで、採用率は79.0%となった。2位のクレナフィンも70.4%となり、3年ぶりに採用率7割超の新薬が登場した。文末の関連ファイルに、直近5年間の採用率上位製品とその採用率の資料を掲載しました(10月2日まで無料配信、その後はプレミア会員限定コンテンツになります)。調査対象は全国の病院薬剤部で、有効回答は81病

2014年11月14日Elsevierフィードバック数:0ライフスタイル

世界で実施されている脳研究の現状に関する報告書

2014年11月13日:世界で実施されている脳研究の現状に関する報告書を発表世界で実施されている脳研究の現状に関する報告書を発表 脳と神経科学に関する研究のうち70%が米国とEU諸国で行われている一方、 中国がこの分野において急速に成長し大きく貢献してきている。2014年11月13日、ワシントンDC – 研究によれば、人のおよそ4人に1人が脳障害または神経障害を罹患すると考えられていますが1、科学、技術、および医療の各分野に関する情報やサービスを供給する最大手のエルゼビアは本日、Brain Sc

2014年7月31日Elsevierフィードバック数:0ライフスタイル

製薬企業の6割がディオバン問題以降「コンプライアンス研修強化」

ミクス調査 製薬企業の6割がディオバン問題以降「コンプライアンス研修強化」 ARB・ディオバン(一般名:バルサルタン)の医師主導臨床研究をめぐる問題が表面化して以降、約6割の製薬企業がコンプライアンス研修を強化していることが、ミクス編集部が製薬企業83社(回答:51社)を対象に行った調査から分かった。研修方法も、従来の講義やe-learningに加え、具体的な場面や事例を想定した「事例研究」を取り入れている企業が半数を超えた。調査では、ディオバン問題以降コンプライアンスを強化しているか尋ねたとこ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

新着データ

新着データINDEXへ

お知らせ