「GfK」による調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
会社名をGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2016年11月4日GfKフィードバック数:0ライフスタイル

身体の衰えに関するグローバル意識調査

本ウェブサイトのすべての機能を使用するためには、ブラウザーのJavaScriptを有効にする必要があります「身体の衰えに関するグローバル意識調査」  GfKは17の国と地域の22,000人に対し、身体の衰えに関する意識調査を実施し、結果を発表しました。 【概要】・ 現在または将来において、最も多くが不安に感じる身体の衰えは「視力の低下」と「注意力・記憶力の低下」。・ 「白髪」を最も懸念しているのは、日本の女性。加齢に伴う外見の変化を不安視。  GfKは19の身体の衰えに関する症状について、

2016年11月3日GfKフィードバック数:0モバイル

2016年第3四半期 スマートフォンのグローバル販売動向

本ウェブサイトのすべての機能を使用するためには、ブラウザーのJavaScriptを有効にする必要があります「GfK調べ:2016年第3四半期 スマートフォンのグローバル販売動向」 【概要】 ・中南米は5四半期連続のマイナス成長から脱する ・EU離脱決定後のグレート・ブリテンはプラス成長 ・中国は携帯電話会社の補助削減により2017年には需要が縮小する見込み 2016年第3四半期(7-9月)におけるグローバルのスマートフォン販売台数は前年比7%増の3億5300万台、販売金額は同9%増の104

2016年11月2日GfKフィードバック数:0大型消費/投資

2016年1-9月の乗用車用エンジンオイルの販売動向

本ウェブサイトのすべての機能を使用するためには、ブラウザーのJavaScriptを有効にする必要があります「2016年1-9月の乗用車用エンジンオイルの販売動向」 GfKジャパン(東京:中野区)は全国のカー用品量販店、ホームセンター、インターネットにおける乗用車用エンジンオイルの販売動向※1を発表した。 【概要】・2016年1-9月のエンジンオイル販売は販売量ベース(リットル換算)で前年比3%増、金額ベースで同2%増。・付加価値の高い化学合成油と部分合成油の販売量構成比が微増。 【2016

2016年10月28日GfKフィードバック数:0大型消費/投資

夏タイヤに関する調査

本ウェブサイトのすべての機能を使用するためには、ブラウザーのJavaScriptを有効にする必要があります「夏タイヤに関する調査」 - 低燃費タイヤ、メリット啓蒙が課題 GfKジャパン(東京:中野区)は、全国のドライバー12,177名に対し、夏タイヤ購入に関するインターネット調査※を実施した。その調査結果から、購入の重視点や低燃費タイヤに関する認知度について発表した。 【概要】・2割が直近1年以内で夏タイヤを購入。購入時の最重視点は「安価な価格」。軽自動車所有者は特に重視。・「低燃費タイヤ

2016年10月27日GfKフィードバック数:0デジタル家電

ホームシアター向け立体音響システムの販売動向

本ウェブサイトのすべての機能を使用するためには、ブラウザーのJavaScriptを有効にする必要があります「ホームシアター向け立体音響システムの販売動向」 - ドルビーアトモス対応AVアンプが過半へ  GfK ジャパン(東京:中野区)は、家電量販店におけるホームシアター向け立体音響システムの販売動向を発表した。 【概要】・2016年1-9月におけるドルビーアトモス※1対応AVアンプの販売台数は前年同期の2.4倍 。AVアンプの55%へ。 【販売拡大が続くドルビーアトモス対応AVアンプ】ホー

2016年10月14日GfKフィードバック数:0大型消費/投資

東南アジアの自動車タイヤ市場動向

本ウェブサイトのすべての機能を使用するためには、ブラウザーのJavaScriptを有効にする必要があります「GfK調べ、東南アジアの自動車タイヤ市場動向」 2年間で20以上のブランドが東南アジア4カ国へ参入 タイヤメーカーにとって東南アジアの新興国は新規参入先として魅力的な存在です。原材料の価格低下もこの後押しとなっており、2015年以降では22の市販用タイヤのブランドがタイ、マレーシア、インドネシア、フィリピンの主要都市に参入しました。GfKは同4カ国で自動車タイヤのPOSトラッキング

2016年10月3日GfKフィードバック数:0ライフスタイル

2016年上半期 照明器具の販売動向

本ウェブサイトのすべての機能を使用するためには、ブラウザーのJavaScriptを有効にする必要があります「2016年上半期 照明器具の販売動向」 - LEDタイプが9割超へ  GfK ジャパン(東京:中野区)は、家電量販店・総合量販店・ホームセンター・インターネット通販等の販売実績データを基に屋内家庭用照明器具※1の国内販売動向を発表した※2。 【概要】・2016年上半期の屋内家庭用照明器具の国内販売台数は前年比2%減。スタンドライトは同6%増と好調。・LED化が進展。シーリングライトで

2016年9月25日GfKフィードバック数:0大型消費/投資

2016年8月の自動車タイヤ販売速報

本ウェブサイトのすべての機能を使用するためには、ブラウザーのJavaScriptを有効にする必要があります2016年9月における自動車タイヤの販売速報を発表しました。 本データは、全国のカー用品量販店、ガソリンスタンド、インターネットの販売実績を基に市場規模相当に拡大推計したものです。 Cookieの使用について: 本ウェブサイトでは、アクセスした方がどのようにサイトを利用しているのかを把握するためCookieを使用しています。 これはサイトの品質向上を目的としています。当社ウェブ

2016年9月13日GfKフィードバック数:0マーケティング

スマートフォン、パソコン、タブレットの使用状況調査

本ウェブサイトのすべての機能を使用するためには、ブラウザーのJavaScriptを有効にする必要があります「スマートフォン、パソコン、タブレットの使用状況調査」  GfK ジャパン(東京:中野区)は、スマートフォンの普及が他機器の利用や需要に与えている影響を把握するため、情報機器の所有者約1200名を対象に機器の利用実態調査※1を実施した。その結果を基に、機器の組み合わせや連携について発表した。 【概要】・4割がスマートフォンとパソコンの両方を所有。スマートフォン、パソコン、タブレットのい

2016年9月4日GfKフィードバック数:0エンタテインメント

2016年上半期 ゴルフ用品小売市場動向

本ウェブサイトのすべての機能を使用するためには、ブラウザーのJavaScriptを有効にする必要がありますGfKジャパン(東京:中野区)は全国有力ゴルフ用品取扱店の実店舗およびインターネット通販における販売実績を基に2016年上半期(1月~6月)の主要ゴルフ用品の販売動向を発表した。 【概要】・2016年上半期の主要ゴルフ用品小売市場は金額前年比1%増。・クラブは同5%増で、ユーティリティやクラブセットの伸びが顕著。用品類とボールはマイナス成長。【2016年上半期のゴルフ用品小売市場はクラブがけ

2016年9月1日GfKフィードバック数:0大型消費/投資

ホーム・インプルーブメントに関するGfKグローバル意識調査

本ウェブサイトのすべての機能を使用するためには、ブラウザーのJavaScriptを有効にする必要があります「ホーム・インプルーブメントに関するGfKグローバル意識調査」  GfKは22の国と地域の27,000人にホーム・インプルーブメントに関する意識調査を実施し、結果を発表しました。 【概要】・ホーム・インプルーブメントに対する関心は国や地域で大きな差。グローバルでは「インテリアの装飾やデザイン」、日本では「収納スペース」がトップに。  自宅で変えたい、改善したい箇所があるか、22の国と地

2016年8月24日GfKフィードバック数:0デジタル家電

2016年上半期  家電・IT市場動向

本ウェブサイトのすべての機能を使用するためには、ブラウザーのJavaScriptを有効にする必要がありますGfKジャパン(東京:中野区)は、全国の有力家電・IT取扱店の販売実績データ等を基に、2016年上半期の家電およびIT市場の販売動向を発表した※1。 【国内家電流通】2016年上半期の家電小売市場は、AV、IT関連製品において厳しい状況が続いたが、生活家電では堅調な推移となった。2015年の家電小売り市場は7兆1,100億円と、消費増税の駆け込み需要の反動を受けここ数年間では最も小さかった。

2016年8月23日GfKフィードバック数:0ビジネス

2016年上半期 映像ソフト市場総括

本ウェブサイトのすべての機能を使用するためには、ブラウザーのJavaScriptを有効にする必要があります GfK ジャパン(東京:中野区)は、2016年上半期のセル映像ソフトの販売動向を発表した。※ 【概要】 ・2016年上半期のセル映像ソフト販売は数量、金額ともに前年比1%減にとどまる。・Blu-rayソフトは数量前年比5%増、金額前年比2%増と堅調に推移。 【映像ソフト全体】2016年上半期のセル映像ソフト市場(通常DVD、Blu-rayなど全て含む)は数量では前年比1%減の2,007万枚

2016年8月20日GfKフィードバック数:0デジタル家電

2016年上半期の PCディスプレイ販売動向

本ウェブサイトのすべての機能を使用するためには、ブラウザーのJavaScriptを有効にする必要があります GfKジャパン(東京:中野区)は、2016年上半期におけるPCディスプレイの販売動向※1を発表した。 【概要】・2016年上半期のPCディスプレイ販売は数量前年比15%増と回復基調へ。・ワイドディスプレイが約8割を占めるまでに拡大。大画面化が進展。 【回復基調に転じ、半期の販売台数は200万台超へ】タワーパソコンとセット購入されるケースが多いPCディスプレイは2014年のXPサポート終了特

2016年8月11日GfKフィードバック数:0エンタテインメント

2016年上半期の玩具の販売動向

本ウェブサイトのすべての機能を使用するためには、ブラウザーのJavaScriptを有効にする必要がありますキャラクター玩具の好調により、金額前年比3%増  GfK ジャパン(東京:中野区)は、全国の家電量販店、GMS、インターネット販売における2016年上半期の玩具※販売動向を発表した。※ テレビゲーム関連商品、ホビー関連商品(プラモデル、フィギュアなど)、雑貨等を除いた純玩具 【概要】・上半期の玩具販売額は前年比3%増。キャラクター玩具が牽引し、第2四半期には男児玩具もプラス成長へ。・最も売れ

2016年8月11日GfKフィードバック数:0大型消費/投資

2016年上半期の乗用車用タイヤの販売動向

本ウェブサイトのすべての機能を使用するためには、ブラウザーのJavaScriptを有効にする必要があります「2016年上半期の乗用車用タイヤの販売動向」 全体の販売本数は微増。夏タイヤは前年並み。  GfK ジャパン(東京:中野区)は、全国のカー用品量販店、ガソリンスタンド、インターネットにおける乗用車用タイヤの販売動向※を発表した。 【概要】・販売本数は前年比4%増となるものの、平均価格は4%下落。金額ベースでは前年並みにとどまる。・軽自動車向けなど比較的小さいサイズの本数構成比が上がっ

2016年8月9日GfKフィードバック数:0ライフスタイル

電力自由化に関する調査

本ウェブサイトのすべての機能を使用するためには、ブラウザーのJavaScriptを有効にする必要があります新電力会社を具体的に検討している人が約3割。関西電力エリアでは4割に上る。  GfK ジャパン(東京:中野区)は、2016年5月に電力自由化後の電気事業者変更状況に関する調査を実施した。調査結果から、電力自由化の変更状況や重視点、満足度、料金プランの認知ルート等について発表した。 【概要】・電力自由化の認知率は98%。7%が既に電力会社を変更。変更をしていない人でも27%が変更を検討。・電力

2016年8月7日GfKフィードバック数:0モバイル

スマートフォンアクセサリーの販売動向

本ウェブサイトのすべての機能を使用するためには、ブラウザーのJavaScriptを有効にする必要があります「スマートフォンアクセサリーの販売動向」  GfK ジャパン(東京:中野区)は、家電量販店におけるスマートフォンアクセサリー※1の販売動向※2 を発表した。 【概要】・上半期のスマートフォンアクセサリー販売は数量ベースでは前年比1%減となるも、金額では同8%増・縮小基調にあった充電器だが、「Pokémon GO」の配信開始週では販売数が前年の1.6倍に急伸 【高価格帯製品の伸びにより上

2016年7月20日GfKフィードバック数:0デジタル家電

エアコン需要予報、2016年版

本ウェブサイトのすべての機能を使用するためには、ブラウザーのJavaScriptを有効にする必要があります「関東・甲越」、「東海・北陸・長野」、「近畿」、「中国・四国・九州」地区の予測を開始  GfKジャパン(東京:中野区)は、昨年に続き、「GfKエアコン需要予報」をHP上にて公開いたします。これは、気象情報とエアコンのPOSデータを掛け合わせ、毎週のエアコン需要を予測するものです。今年は地域を拡大し、昨年実施した「関東・甲越」のほか、新たに 「東海・北陸・長野」、「近畿」、「中国・四国・九州」

2016年6月30日GfKフィードバック数:0モバイル

2016年上半期のスマートフォン販売動向と購買行動調査

本ウェブサイトのすべての機能を使用するためには、ブラウザーのJavaScriptを有効にする必要があります「2016年上半期のスマートフォン販売動向と購買行動調査」  GfKジャパン(東京:中野区)は、スマートフォンの販売動向※1および携帯電話購買行動調査※2の結果を発表した。 【概要】・2016年1-5月期のスマートフォン販売台数は前年比1%減。・家電量販店におけるSIMフリースマートフォンの数量構成比は7%へ上昇・スマートフォンのキャリア選択理由のトップは「これまで利用していたキャリア

2016年6月29日GfKフィードバック数:0ビジネス

GfKグローバル意識調査:常に連絡が取れることの重要性

本ウェブサイトのすべての機能を使用するためには、ブラウザーのJavaScriptを有効にする必要があります「GfKグローバル意識調査:常に連絡が取れることの重要性」  GfKは22の国と地域の27,000人にテクノロジーや情報ニーズに対する意識調査を実施し、その中から「常に連絡が取れることの重要性」について結果を発表しました。 【概要】・どこにいても常に連絡が取れる状態でいることが重要と考える人はグローバルでは4割強。ロシア、中国、トルコでは過半。日本は2割弱。・ ドイツ、スウェーデン、カ

2016年6月29日GfKフィードバック数:0デジタル家電

4Kテレビの販売動向

本ウェブサイトのすべての機能を使用するためには、ブラウザーのJavaScriptを有効にする必要があります「4Kテレビの販売動向」 - 家電量販店では金額ベースで5割を超過  GfKジャパンは(東京:中野区)は家電量販店、総合量販店、地域家電店、インターネット販売における4Kテレビの販売動向を発表した※1。 【概要】・2016年5月の4Kテレビの販売金額構成比は49%、家電量販店に絞ると同51%と初めて半数を超える・2016年の4Kテレビ販売台数は85万台を見込む 【4Kテレビの拡大が継続

2016年6月22日GfKフィードバック数:0大型消費/投資

2016年5月の自動車タイヤ販売速報

本ウェブサイトのすべての機能を使用するためには、ブラウザーのJavaScriptを有効にする必要があります2016年9月における自動車タイヤの販売速報を発表しました。 本データは、全国のカー用品量販店、ガソリンスタンド、インターネットの販売実績を基に市場規模相当に拡大推計したものです。 Cookieの使用について: 本ウェブサイトでは、アクセスした方がどのようにサイトを利用しているのかを把握するためCookieを使用しています。 これはサイトの品質向上を目的としています。当社ウェブ

2016年6月8日GfKフィードバック数:0社会/政治

レンタカー利用実態調査

本ウェブサイトのすべての機能を使用するためには、ブラウザーのJavaScriptを有効にする必要がありますGfK ジャパン(東京:中野区)は、全国のドライバー約13,000名に対し、レンタカー利用に関する調査を実施した。 その調査結果から、レンタカーの利用状況やレンタカー会社の選択理由について発表した。 【概要】・レンタカーの利用経験率は全国※1では72%。首都圏は80%と全国でトップ。・利用頻度によって、レンタカー会社の選択に差。 【レンタカーの利用状況】レンタカーの利用状況について調査したと

2016年5月27日GfKフィードバック数:0ライフスタイル

グローバルのペット飼育率調査

本ウェブサイトのすべての機能を使用するためには、ブラウザーのJavaScriptを有効にする必要があります世界で最も多く飼われているのは犬。アルゼンチンでは7割弱に  GfKは22の国と地域の27,000人に対し、ペットの飼育率について調査を実施し、その結果を発表しました。 【概要】・ペットを飼っている人はグローバルでは半数以上・アルゼンチン、メキシコ、ブラジルと中南米の3カ国がペット飼育率のトップ3に・アジアのペット飼育率はグローバルでみると低く、日本は37%とボトム3に入る  GfKは犬、猫

2016年5月27日GfKフィードバック数:0大型消費/投資

GfK 2016年4月の自動車タイヤ販売速報

本ウェブサイトのすべての機能を使用するためには、ブラウザーのJavaScriptを有効にする必要があります2016年9月における自動車タイヤの販売速報を発表しました。 本データは、全国のカー用品量販店、ガソリンスタンド、インターネットの販売実績を基に市場規模相当に拡大推計したものです。 Cookieの使用について: 本ウェブサイトでは、アクセスした方がどのようにサイトを利用しているのかを把握するためCookieを使用しています。 これはサイトの品質向上を目的としています。当社ウェブ

2016年5月18日GfKフィードバック数:0デジタル家電

ウェアラブル端末の販売動向および購入意向調査

本ウェブサイトのすべての機能を使用するためには、ブラウザーのJavaScriptを有効にする必要があります「ウェアラブル端末の販売動向および購入意向調査」  GfK ジャパン(東京:中野区)は、ウェアラブル端末※1の販売動向※2、および購入・利用実態調査※3の結果を発表した。 【概要】・2015年度のウェアラブル端末の販売台数は前年の1.8倍。高機能モデルの伸長により平均単価は5割上昇。・今後の購入は女性、中高齢者など幅広い層へ。 【ウェアラブル端末の販売数は前年比83%増 】2015年度

2016年5月16日GfKフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

GfK Connected Consumer Index

本ウェブサイトのすべての機能を使用するためには、ブラウザーのJavaScriptを有効にする必要があります最も“コネクテッド”化が進む地域は、香港、北米、アラブ首長国連邦 GfKは消費者がどのくらいインターネットを通じて人々やコンテンツと関わっているかを示すGfK Connected Consumer Indexを発表しました。本インデックスでは、11の機器(スマートフォン、タブレット、ノートPC、デスクトップPC、ウェアラブル、スマートTV、TVセットトップボックス、ゲーム機、電子書籍リーダー

2016年5月10日GfKフィードバック数:0社会/政治

今の生活を楽しむか、将来の資産作りを優先するか GfKのグローバル意識調査

本ウェブサイトのすべての機能を使用するためには、ブラウザーのJavaScriptを有効にする必要がありますGfK出席中关村在线技术论坛,论述如何持续创新推动行业发展 1月20日由中关村在线举办的“科技无疆”ZOL技术论坛暨年度科技产品颁奖盛典在北京召开。论坛邀请到微软亚洲研究院副院长张益肇博士等百位行业专家共同探讨行业趋势,以权威视角探寻智能、后PC、移动三大生态圈的市场驱动力。 张益肇博士致辞:人工智能时代三种属性微软认为人工智能时代有人工智能、聚合智能、自适应智能和隐形智能这几个属性。

2016年5月10日GfKフィードバック数:0デジタル家電

HEMSデータに基づく家電製品の電力使用量と使用状況調査

本ウェブサイトのすべての機能を使用するためには、ブラウザーのJavaScriptを有効にする必要があります「HEMSデータに基づく家電製品の電力使用量と使用状況調査」 GfKジャパン(東京:中野区)は、自社調査モニターであるHEMS利用世帯(家庭の電力使用量を可視化する機器及びサービスを利用する世帯)の蓄積データを分析し、電力使用量の月毎の変化や、洗濯機の使用状況について発表した。 【概要】・世帯における1日の平均電力使用量が最も多かった月は1月、2月。平均気温※1が1年で最も低く、エアコ

2016年5月7日GfK★フィードバック数:0ライフスタイル

コンタクトレンズ利用実態調査

本ウェブサイトのすべての機能を使用するためには、ブラウザーのJavaScriptを有効にする必要がありますGfK ジャパン(所在地:東京都中野区)は、全国の消費者約36,600人に対し、コンタクトレンズの使用状況や購買行動について調査を実施した。その調査結果から、コンタクトレンズの使用状況について発表した。※1 【概要】・コンタクトレンズ使用者は26%で、若年層の女性の使用が最多。・16歳~30歳の女性では、約9人に1人の割合でビューティーレンズ※1を使用。・ビューティーレンズとクリアタイプの併

2016年4月14日GfKフィードバック数:0ライフスタイル

グローバル買い物行動調査「GfK FutureBuy 2015」より 日本とグローバルの比較

本ウェブサイトのすべての機能を使用するためには、ブラウザーのJavaScriptを有効にする必要があります「グローバル買い物行動調査「GfK FutureBuy 2015」より 日本とグローバルの比較を発表」 インターネットからの購入経験、日本は高水準 GfKジャパン(所在地:東京都中野区)は消費者の買い物に対する考え方や行動を把握する「GfK FutureBuy※ 2015」調査の結果から、日本のインターネット購入状況と各国との比較を発表しました。 【概要】・日本において、過去半年で情報

2016年3月23日GfKフィードバック数:0ビジネス

企業責任に対する消費者のグローバル意識調査

本ウェブサイトのすべての機能を使用するためには、ブラウザーのJavaScriptを有効にする必要があります「企業責任に対する消費者のグローバル意識調査」  GfKは22の国と地域の27,000人に企業が負うべき責任に対する意識調査を実施し、その結果を発表しました。 【概要】・消費者が考える最も重要な企業の責任は「優良な雇用機会の提供」。ただし、スウェーデン、中国では「従業員の健康・安全」がトップになり労働環境への関心の高さがうかがえる結果に。  企業が負うべき最も重要な責任は何か。雇用機会

2016年3月12日GfKフィードバック数:0デジタル家電

コーヒーメーカーの販売動向

新機軸製品が需要を喚起し、市場は4年で1.3倍に拡大  GfK ジャパン(所在地:東京都中野区)は、全国有力家電量販店・総合量販店・インターネット通販等の販売実績を基に、コーヒーメーカー※の販売動向を発表した。※1 【概要】・コーヒーメーカーの年間販売台数は240万台に拡大。全自動タイプが新たに需要を喚起。 【コーヒーメーカー販売は前年比3%増の240万台】調理家電市場は、炊飯器と電子レンジの安定した買い替え需要に下支えされる一方で、健康・美容ブームなどによりヒット商品が生まれては立ち消える市場

2016年3月11日GfKフィードバック数:0大型消費/投資

2015年ゴルフウェア販売動向

GfK ジャパン(東京:中野区)は、ゴルフ用品専門店、総合スポーツ店、インターネット通販におけるゴルフウェアの販売動向を発表した。※ 【概要】・2015年のゴルフウェア販売金額は前年比1%増と堅調に推移。ミドラー、シャツがけん引。 【2015年ゴルフウェア販売は微増に転じる】2015年のゴルフウェア販売は、金額前年比1%増となった。ゴルフギア販売が、金額前年比2%減とクラブの販売不調によりマイナス成長であったことを考えると、ウェア販売は堅調であったといえる。シャツ、ロングパンツ、レインウェアの平

2016年3月11日GfKフィードバック数:0デジタル家電

ドライブレコーダーの2015年販売動向と消費者動向

本ウェブサイトのすべての機能を使用するためには、ブラウザーのJavaScriptを有効にする必要があります「ドライブレコーダーの2015年販売動向と消費者動向」 市場拡大と共に、ドライバーの重視点は変化 GfK ジャパン(東京:中野区)は、全国のカー用品量販店、家電量販店、インターネット等の販売実績に基づくドライブレコーダーの販売動向と、ドライブレコーダー購買行動調査に基づくドライブレコーダーの認知度・購入重視点を発表した。 【概要】・ ドライブレコーダーの国内販売台数※1は61万台に拡大

2016年3月8日GfKフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2015年の電動工具販売動向

本ウェブサイトのすべての機能を使用するためには、ブラウザーのJavaScriptを有効にする必要がありますリチウムイオン電池搭載モデルの拡大が市場を下支え ​GfKジャパン(東京:中野区)は、全国のホームセンターにおける主要電動工具の販売動向を発表した。※1 【概要】・2015年の主要電動工具の販売台数は前年比3%減。平均価格の上昇により販売金額では同1%増。・リチウムイオン電池を使用した高単価モデルが拡充。金額市場を下支え。 【電動工具の販売推移】2015年の主要電動工具※2販売は数量ベースで

2016年3月2日GfK★フィードバック数:0キャリアとスキル

ネット上のコミュニケーションに対するグローバル意識調査

本ウェブサイトのすべての機能を使用するためには、ブラウザーのJavaScriptを有効にする必要があります「ネット上のコミュニケーションに対するグローバル意識調査」 GfKは22の国と地域の27,000人にネット上のコミュニケーションに対する意識調査を実施し、その結果を発表しました。 【概要】 ・ネット上での触れ合いが実体験と同じぐらい良いものになり得ると考える人はグローバルでは4人に1人。一方、日本では10人に1人にとどまる。 ソーシャルメディアでのチャット、仕事でのビデオ会議、Goog

2016年3月1日GfKフィードバック数:0デジタル家電

アジア太平洋におけるデジタルカメラの販売動向

「今の生活を楽しむか、将来の資産作りを優先するか GfKのグローバル意識調査」  GfKは22の国と地域の27,000人に今の生活を楽しむことと、将来の資産を作ることのどちらを優先させるかという意識調査を実施し、その結果を発表しました。 【概要】・グローバルでは38%の消費者が今の生活を楽しむことより将来の資産作りを優先。この考えが最も強いのは香港。・日本では、将来の資産作り優先派が最も多いのは50歳代。60歳代以上は今の生活を楽しむことに積極的。22の国と地域の27,000人に「貯金や投

2016年2月24日GfKフィードバック数:0ビジネス

2015年映像ソフト市場総括

本ウェブサイトのすべての機能を使用するためには、ブラウザーのJavaScriptを有効にする必要がありますGfK ジャパン(所在地:東京都中野区)は、全国の映像ソフト取扱店の販売実績データ等を基に2015年のセル映像ソフトの販売動向を発表した。※1 【概要】 ・2015年のセル映像ソフト販売は数量・金額共に前年から約1割縮小。・洋画は好調な映画興行を追い風に金額ベースで市場の12%を占めるまでに拡大。 ・市場におけるBlu-rayソフトの金額構成比は50%に上昇。下半期では52%へ。【映像ソフト

2016年2月23日GfKフィードバック数:0社会/政治

スマートホームテクノロジーに関する調査-日本・中国・韓国の結果

本ウェブサイトのすべての機能を使用するためには、ブラウザーのJavaScriptを有効にする必要があります「スマートホームテクノロジーに関する調査-日本・中国・韓国の結果」 スマートホーム、アジアでアピール:中国では韓国や日本を上回る高い関心 GfKは7カ国で実施したスマートホームテクノロジーに関する消費者調査から、中国、日本、韓国の動向について発表しました。 【概要】 世界7カ国で、スマートホーム、3Dプリント、仮想現実など11の最新テクノロジーについて近い将来、生活に変化をもたらすかを

2016年2月23日GfKフィードバック数:0マーケティング

グローバル買い物行動調査「GfK FutureBuy 2015」より日本の状況

本ウェブサイトのすべての機能を使用するためには、ブラウザーのJavaScriptを有効にする必要があります「グローバル買い物行動調査「GfK FutureBuy 2015」より日本の状況を発表」 ネットショッピングは若い年代を中心にスマートフォンへの移行が進む GfKジャパン(所在地:東京都中野区)は消費者の買い物に対する考え方や行動を把握する「GfK FutureBuy※ 2015」調査の結果から、モバイルデバイスを使用したショッピング状況(実際の商品購入の他、買わずに見て回る、情報収集

2016年2月18日GfKフィードバック数:0エンタテインメント

2015年のゴルフ用品市場動向

GfKジャパン(東京:中野区)は全国有力ゴルフ用品取扱店の実店舗およびインターネット通販における販売実績を基に2015年の主要ゴルフ用品の小売販売動向を発表した。 【概要】・2015年の主要ゴルフ用品の小売販売金額は前年から2%縮小。・SLEルール適合外ドライバーは10月に単純配荷率57%を記録。販売数量シェアも大幅に増加。・ゴルフシューズでは、ダイヤル式脱着シューズが数量ベースで68%を占めるまでに拡大。【ゴルフ用品小売市場規模は僅かながら縮小】 2015年の主要ゴルフ用品小売販売市場規模※1

2016年2月14日GfKフィードバック数:0デジタル家電

2015年 家電・IT市場動向

本ウェブサイトのすべての機能を使用するためには、ブラウザーのJavaScriptを有効にする必要がありますGfKジャパン株式会社(東京:中野区)は、全国の有力家電・IT取扱店の販売実績データ等を基に、2015年の家電およびIT市場の販売動向を発表した※1。 【国内家電流通】2015年の家電小売市場規模は前年比5.7%減の7兆1,100億円となった。IT関連製品は前年のWindows XPサポート終了以降消費が上向かず、また、大型生活家電や季節家電では冷夏・暖冬がマイナス要因となった。話題となった

2016年2月10日GfKフィードバック数:0エンタテインメント

2015年、ハイレゾオーディオ機器の販売動向

本ウェブサイトのすべての機能を使用するためには、ブラウザーのJavaScriptを有効にする必要があります「2015年、ハイレゾオーディオ機器の販売動向」 ​ジーエフケー マーケティングサービスジャパン株式会社(東京:中野区)は、家電量販店における2015年のハイレゾオーディオ機器(※1)の販売動向​(※2)を発表した。 【概要】・2015年のハイレゾオーディオ機器販売は数量で前年の1.5倍、金額で前年の1.4倍と右肩上がりに拡大。・市場成長に最も貢献したハイレゾ対応ステレオヘッドホンは数

2016年2月1日GfKフィードバック数:0ビジネス

2015年の玩具販売動向

本ウェブサイトのすべての機能を使用するためには、ブラウザーのJavaScriptを有効にする必要があります ジーエフケー・ライフスタイルトラッキング・ジャパン株式会社(東京:中野区)は、全国の家電量販店、GMS、インターネット販売における2015年の玩具販売動向※を発表した。 ※ テレビゲーム関連商品、ホビー関連商品(プラモデル、フィギュア等)、雑貨等を除いた純玩具 【概要】・2015年の玩具販売金額は前年より6%増加。上半期は同9%増、下半期は4%増。・クリスマス商戦は12月20日(日)と12

2016年1月29日GfKフィードバック数:0大型消費/投資

中国の海外旅行者動向

本ウェブサイトのすべての機能を使用するためには、ブラウザーのJavaScriptを有効にする必要があります【概要】 ・2015年における中国の海外旅行者は1億900万人。 ・昨年に一番人気の渡航先となった香港を抑え、韓国とタイが上位に。 ・アジアに次ぐ人気渡航先は、ヨーロッパで、北米を上回る。  2015年における中国の海外旅行者数は1億900万人、その使用金額は2290億USドルと、中国の海外旅行史上において記録的な数値であった。そして、これは中国の旅行市場が旅行者数、金額規模の両面においてグ

2016年1月27日GfKフィードバック数:0ライフスタイル

身だしなみに関するグローバル調査

本ウェブサイトのすべての機能を使用するためには、ブラウザーのJavaScriptを有効にする必要があります身だしなみを整えるために費やす時間は週4時間 GfKは22の国と地域で27,000人に対して、身だしなみを整える時間とその理由について調査を実施し、その結果を発表しました。 【概要】・身だしなみを整える時間が最も長い国はイタリアで週5.6時間。日本は週3.6時間で調査国中3番目に短い。・身だしなみを整える理由は男女間で差異あり。22の国と地域の27,000人に、身だしなみを整えるために費や

2016年1月26日GfKフィードバック数:0大型消費/投資

冬タイヤの購買行動調査

本ウェブサイトのすべての機能を使用するためには、ブラウザーのJavaScriptを有効にする必要があります首都圏の保有率上昇。多雪地帯は機能重視傾向。 ジーエフケー ・ライフスタイルトラッキング・ジャパン株式会社(東京:中野区)は、全国の自動車保有者約12,770名に対し、冬タイヤに関するインターネット調査を実施した。その調査結果から、冬タイヤの保有率、購入のきっかけと重視点について発表した。 【概要】・冬タイヤの保有率は全国では53%。首都圏の保有率は38%にとどまるも、上昇が顕著・冬タイヤへ

2016年1月25日GfKフィードバック数:0大型消費/投資

車用芳香剤・消臭剤の使用実態調査

本ウェブサイトのすべての機能を使用するためには、ブラウザーのJavaScriptを有効にする必要があります車用芳香剤・消臭剤ともにエアコン用が人気。ただし、年代によって人気タイプに違いあり。 ジーエフケー ・ライフスタイルトラッキング・ジャパン株式会社(東京:中野区)は、全国のドライバー約13,300名に対し、車用芳香剤・消臭剤に関するインターネット調査を実施した。その調査結果から、使用経験や製品タイプ、購入のきっかけなどについて発表した。 【概要】・車用芳香剤・消臭剤の使用経験は8割。・購入の

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
 

お知らせ