「IDC」による調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
会社名をGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年12月15日IDC★★フィードバック数:0マーケティング

国内デジタルマーケティング関連ソフトウェア市場動向

国内デジタルマーケティング関連ソフトウェア市場動向を発表 2017年のマーケティングITの利用率は2016年と比較し7ポイント上昇。しかし全社的利用は1割強、部門内に閉じた利用が多いことが判明。他のCRMとの連携が課題 デジタルネイティブ世代の台頭により、国内デジタルマーケティング関連ソフトウェア市場は2016年~2021年の年間平均成長率6.8%、2021年には800億円超と予測 ベンダー/システムインテグレーターは、投資対効果の事例による明確化やマーケティングばかりでなくCRMシステム

2017年12月12日IDCフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

国内企業のデジタルマニュファクチャリングへの取り組み状況

国内企業のデジタルマニュファクチャリングへの取り組み状況を発表 国内におけるデジタルマニュファクチャリングは、主にハイテク産業など組立製造業で比較的進んでおり、全体的にはまだ紙ベースの情報をデジタル化する取り組みが主軸 今後のエンゲージメントの強化や、データの利活用の実現には、自社を取り巻く市場環境を俯瞰的に捉えた全体最適化のビジョンと強いリーダーシップが重要 次世代のものづくりと業務変革には、本社と製造現場をつなぐデータプラットフォームや、AI機能を用いた設計ツールなどのIT活用が効果的

2017年12月12日IDCフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

国内SMB IT市場におけるユーザー企業のベンダー選択に関する調査

国内SMB IT市場におけるユーザー企業のベンダー選択に関する調査結果を発表 SMB(従業員規模:999人以下)では、ハードウェアなどの購入先の選定の条件として「価格」を挙げる企業が最も多いが、SIerを利用するSMBではサポートを重視している 大手ベンダーは、大都市圏以外の地域でのチャネル体制の見直しを行っており、パートナー企業をいかにサポートしていくかが課題となっている 国内SMB IT市場の中でも、特に大都市圏以外の地域では市場停滞が継続しているが、ユーザー企業の課題解決に寄与する新

2017年12月12日IDCフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

国内IoTセキュリティ製品市場予測

2016年の国内IoTセキュリティ製品市場規模は前年比27.5%増の518億円。2016年~2021年の年間平均成長率は19.3%で、2021年には1,250億円と予測 ランサムウェアの急増によってIoT環境へのサイバー攻撃が現実的な脅威となり、IoTセキュリティ市場への需要が拡大 IoTセンサーやデバイスベンダーやIoTプラットホームベンダーなどセキュリティ業界を超えたパートナーエコシステムの構築が必要 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千

2017年11月14日IDC★フィードバック数:0企業情報システム

最新の国内PaaS市場予測

2016年 国内PaaS市場規模は、820億円、前年比成長率は30.5% ハイブリッドクラウドやデジタルトランスフォーメーション(DX)へのニーズを取り込むことで市場は高い成長率を継続 2016年~2021年の年間平均成長率は26.0%、2021年の市場規模は 2,602億円と予測 ITサプライヤーはDX推進に適するPaaSを活用したDevOps型の開発を進めるために組織的な取組みを行うことが望ましい IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田

2017年11月14日IDCフィードバック数:0企業情報システム

2017年 国内企業におけるDevOpsの実践状況に関する調査

2017年 国内企業におけるDevOpsの実践状況に関する調査結果を発表 DevOpsを実践している企業は20%、サービス企業の実践率が最も高い ITライフサイクルの効率化とITコスト削減がDevOpsを実践している主な要因 IT部門とビジネス部門の強い連携によってコミュニケーションと文化の壁を破ることがDevOps成功の鍵となる IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-

2017年11月9日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内ストレージサービス市場実績および予測

国内ストレージサービス市場実績および予測を発表 国内ストレージサービス市場の2016年~2021年の年間平均成長率をマイナス0.5%、2021年の市場規模を2,008億9,500万円と予測 ストレージソフトウェア機能の進歩による構築作業の簡素化とオンプレミスのストレージインフラに向けた支出漸減、製品の低価格化が主な縮小要因 モバイル、ビッグデータ、IOT、コグニティブ/AI/機械学習などに関連したアプリケーションに向けた柔軟性の高いストレージインフラの設計コンサルティングの需要は拡大

2017年11月6日IDCフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

国内クラウドセキュリティ市場予測

2016年の国内クラウドセキュリティ市場規模は前年比21.1%増の80億円。2016年~2021年の年間平均成長率は20.9%で、2021年には208億円と予測 オンプレミスの業務システムとパブリッククラウドサービスが共存するハイブリッド環境が広がり、 クラウドセキュリティゲートウェイソリューションが進展 「シャドーIT」へのセキュリティ対策としてクラウドセキュリティソリューションが有効 デジタルトランスフォーメーション(DX)の進展で、Webサイトへのセキュリティの重要性が高まる

2017年10月31日IDC★フィードバック数:0デジタル家電

AR/VRヘッドセットの世界/国内出荷台数予測

AR/VRヘッドセットの世界/国内出荷台数予測を発表 2021年のAR/VRヘッドセット世界出荷台数は合計8,120万台と予測 2017年~2021年のAR/VRヘッドセット世界出荷台数の年間平均成長率は56.1%の高成長と推定 日本国内の2021年予測合計出荷台数は104.3万台(*注)、年間平均成長率は30.6%と世界に見劣り IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-

2017年10月30日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内プライベートクラウド市場予測

2016年の国内プライベートクラウド市場は、前年比44.8%増の3,093億円 2021年の市場規模は、2016年比5.2倍の1兆6,045億円になると予測 「従来型ITからの移行」「DXのプラットフォーム」を両輪として、国内プライベートクラウド市場は高い成長を継続 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内プライベートクラウド市場予測を発表しました

2017年10月29日IDCフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

国内ネットワーク機器市場 企業ユーザー動向調査

国内ネットワーク機器市場 企業ユーザー動向調査結果を発表 企業ネットワークの運用管理の実態は、実施しているか実施していないかに明確に分かれる クラウド管理型の受容性はネットワーク規模と関連が強く、無線LANなら「アクセスポイント21~50台」がスイートスポット 「配線の複雑化」、「管理者不在拠点のルーター運用管理」といった根強い課題解決こそがベンダーの市場機会 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役社長

2017年10月26日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内製造/流通における 第3のプラットフォーム活用動向分析結果

国内製造/流通における 第3のプラットフォーム活用動向分析結果を発表 2017年の製造分野の第3のプラットフォームへの支出額は1兆4,219億円、前年比7.5%増を、流通分野の支出額は9,976億円、前年比6.4%増を予測 組立製造の2016年~2021年の年間平均成長率は8.4%、プロセス製造は同7.9%、小売は同8.0%を予測し、堅調な成長率で推移する ユーザー企業調査結果から、小売はビッグデータ活用が、組立製造はイノベーションアクセラレーターの導入が、他の産業と比較し進む傾向にある

2017年10月26日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内外付型エンタープライズストレージ市場 2017年第2四半期の実績

国内外付型エンタープライズストレージ市場 2017年第2四半期の実績を発表 2017年第2四半期の外付型支出額は383億300万円で前年同期比9.6%減 オールフラッシュアレイは79億8,200万円で同111.6%増 国内金融機関の基幹系/勘定系システムでもオールフラッシュアレイを採用 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、2017年第2四半期(

2017年10月25日IDCフィードバック数:0企業情報システム

2017年第2四半期 国内サーバー市場動向

2017年第2四半期 国内サーバー市場動向を発表 2017年第2四半期の市場規模は1,014億円、7四半期ぶりにマイナス成長から脱す メインフレームが8四半期ぶりにプラス成長となり、市場を下支え ベンダー別出荷額は富士通が1位、以下NEC、IBMの順 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、2017年第2四半期(4月~6月)の国内サーバー市場動向を

2017年10月23日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内データセンターサービス市場予測

国内データセンターサービス市場予測を発表 2017 国内市場規模は、前年比成長率7.2%、1兆1,780億円に 2016年~2021年の年間平均成長率は8.1%、2021年市場規模は1兆6,230億円と予測 2021年に、クラウド型ホスティングがデータセンターサービス市場の最大セグメントになる IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内データセン

2017年10月22日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内クライアント仮想化市場 ROI分析調査

国内クライアント仮想化市場 ROI分析調査結果を発表 2017年 クライアント仮想化のROIは383.4%、投資回収期間は10.7か月 エンドユーザー1人あたりのベネフィットは、77万9,127円(1年分)で、ベネフィット全体の65.7% エンドユーザーのクライアント仮想化製品の1日当たりの平均使用時間は3.9時間、従業員普及率は44.5% IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代

2017年10月20日IDCフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2017年第2四半期 国内インクジェット市場概況

~年末商戦向け新製品は市場を活性化するか~ 2017年第2四半期 国内インクジェット市場概況を発表 2017年第2四半期のインクジェット出荷台数は前年同期比8.2%増の83万7,000台 市場は2017年第1四半期/第2四半期にプラス成長に転じる 年末商戦向け新製品は機能、コスト訴求ではなく、印刷の楽しさや優位性を訴求することが大切 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03

2017年10月16日IDCフィードバック数:0デジタル家電

2021年までのウェアラブルデバイスの世界・国内出荷台数予測

2021年までのウェアラブルデバイスの世界・国内出荷台数予測を発表 2021年のウェアラブルデバイス世界出荷台数は2億2,950万台と予測。年間平均成長率は17.2% 腕時計型は安定的な成長を維持、リストバンド型は市場環境の悪化を懸念 日本国内の2021年予測合計出荷台数は128.6万台、腕時計タイプが市場をリード IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-476

2017年10月15日IDC★★フィードバック数:0デジタル家電

2017年第2四半期 AR/VRヘッドセットの世界・国内市場規模

2017年第2四半期 AR/VRヘッドセットの世界・国内市場規模を発表 2017年第2四半期の世界AR/VRヘッドセット出荷台数は213万台 VR市場ではケーブル型が前年同期比で伸長、スクリーンレスタイプは減少で一服感 国内同期の合計出荷台数は6.3万台、うちPlayStation VRは5.2万台 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役社長):竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、AR(

2017年10月13日IDCフィードバック数:0ビジネス

2017年第2四半期国内 レーザーMFP/プリンター市場概況

~ ほぼ全てのコンビニに設置されるMFPのさらなる進化に注目~ 2017年第2四半期国内 レーザーMFP/プリンター市場概況を発表 レーザー全体の2017年第2四半期の総出荷台数は、30万3,000台。前年同期比3.5%減 ベンダー別シェアでは第1位キヤノン、第2位リコー、第3位富士ゼロックス コンビニに設置されるA3カラーレーザーMFPの進化、特にコンテンツアウトプット機能やモバイルワーク支援プリント機能が注目される IT専門調査会社 IDC Japan 株式会

2017年10月11日IDCフィードバック数:0モバイル

2017年第2四半期 国内モバイルデバイス市場予測

2017年第2四半期 国内モバイルデバイス市場予測を発表 2017年第2四半期 国内モバイルデバイス市場の出荷台数は前年同期比10.4%増の1,190万台 2017年通年の同市場出荷台数は前年比10.1%増の5,344万台と予測 2017年通年の同家庭市場は8.8%増の4,154万台、ビジネス市場は14.8%増の1,190万台と予測 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03

2017年10月9日IDCフィードバック数:0デジタル家電

2017年第2四半期 世界/国内ウェアラブルデバイス市場規模

2017年第2四半期 世界/国内ウェアラブルデバイス市場規模を発表 2017年第2四半期のウェアラブルデバイス世界出荷台数は前年同期比10.3%増の2,630万台 日本国内出荷台数は前年同期比40.2%減の15万8千台 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、2017年第2四半期(4月~6月)のウェアラブルデバイスの世界及び日本国内の出荷台数を発表

2017年10月5日IDCフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

国内標的型サイバー攻撃対策市場予測

国内標的型サイバー攻撃対策市場予測を発表 2016年の標的型サーバー攻撃向け特化型脅威対策製品市場規模は前年比42.6%増の120億円。2016年~2021年のCAGR(年間平均成長率)は21.5%で、2021年には318億円と予測 2016年の脅威インテリジェンスセキュリティサービス市場規模は200億円、前年比成長率9.1%。2016年~2021年のCAGRは9.6%で、2021年には315億円と予測 脅威インテリジェンスを有効活用するためには、脅威インテリジェンスの活用に向けたセキュリ

2017年10月4日IDCフィードバック数:0デジタル家電

2017年第2四半期 国内タブレット端末市場実績値

2017年第2四半期 国内タブレット端末市場実績値を発表 2017年第2四半期 国内タブレット市場出荷台数は前年同期比27.5%増の229万台 家庭市場向け出荷台数は過去最高の193万台で前年同期比36.3% 増、ビジネス市場向けは2013年レベルの36万台で前年同期比5.2%減 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内タブレット市場の2017

2017年10月3日IDC★フィードバック数:0企業情報システム

国内ITサービス市場予測

国内ITサービス市場は、2021年まで成長を継続、2016年~2021年の年間平均成長率は1.1%と予測 大規模なシステム構築案件が減少傾向にある中、企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)に関わる支出が成長のドライバーとなる DXに関わる市場機会をとらえるため、ITサプライヤーは顧客やパートナー、従業員など社内外のあらゆるステークホルダーとの関係性を再構築すべき IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役

2017年10月2日IDC★フィードバック数:0企業情報システム

国内パブリッククラウドサービス市場予測

国内パブリッククラウドサービス市場予測を発表 2017年の国内パブリッククラウドサービス市場は、前年比27.3%増の4,885億円の見込み 2021年の市場規模は、1兆986億円になると予測 データ流通の本格化が国内パブリッククラウドサービス市場の成長を促進 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内パブリッククラウドサービス市場予測を発表しまし

2017年9月23日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内外付型エンタープライズストレージ市場 産業分野別予測

国内外付型エンタープライズストレージ市場 産業分野別予測を発表 2016年は、支出額上位3分野である金融、製造、官公庁/自治体で大幅なマイナス成長 2016年~2021年の年間平均成長率は0.6%、2021年市場規模は1,882億円と予測 成長を牽引するのは仮想化環境の規模拡大、クラウドインフラ支出の本格拡大 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は

2017年9月22日IDC★★フィードバック数:0企業情報システム

国内IoT市場 企業ユーザー動向調査

国内IoT市場 企業ユーザー動向調査結果を発表 国内企業のIoT利用率は6.0%。組立製造、運輸/運輸サービス、公共/公益の大手企業を中心に、IoTの利用率は継続的に向上 IoTの導入/運用窓口は、事業部門の方がIT部門より多い。IT以外の特定業種事業者や制御系システム/FA事業者などと、事業部門が連携することでIoTの広がりが見込まれる 社内の業務効率化や費用削減目的でIoTを利用する企業の課題は、人材不足、先進技術への対応の遅れ、費用対効果の明確化の難しさ I

2017年9月21日IDCフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

国内企業向けモバイルセキュリティ市場予測

国内企業向けモバイルセキュリティ市場予測を発表 2016年の国内モバイルエンタープライズセキュリティ市場規模は前年比16.4%増の65億円。2016年~2021年の年間平均成長率は14.7%で、2021年には130億円と予測 モバイルデバイスの普及で、企業が許可していないモバイルデバイスやクラウドサービスなど「シャドーIT」へのセキュリティリスクが高まる モバイルデバイスを十分に活用するには、利便性が高くモバイルデバイスに最適化されたモバイルアプリケーションの活用が必要となり、モバイルアプ

2017年9月20日IDCフィードバック数:0企業情報システム

2017年第2四半期 国内トラディショナルPC市場 実績値

2017年第2四半期 国内トラディショナルPC市場 実績値を発表 2017年第2四半期 国内トラディショナルPCの出荷台数は、前年同期比2.5%増、257万台 法人市場は同比1.8%増、148万台、家庭市場は同比3.6%増、109万台 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、日本国内におけるトラディショナルPC市場出荷実績値について発表しました。

2017年9月18日IDCフィードバック数:0マーケティング

国内BDAテクノロジー/サービス市場予測

国内BDAテクノロジー/サービス市場予測を発表 2016年 国内BDA(Big Data and Analytics)テクノロジー/サービス市場規模は8,860億6,100万円、前年比成長率8.0%と高い成長 パブリッククラウドとオンプレミスのハイブリッド環境が増加 IoTやコグニティブ/AIシステムを活用したデジタルトランスフォーメーションの基盤として活用はさらに拡大、市場規模は年間平均成長率10.8%、2021年に1兆4,818億8,400万円に達すると予測

2017年9月18日IDC★フィードバック数:0マーケティング

国内企業のビッグデータ/アナリティクス成熟度調査

~半数以上が標準基盤化に到達~国内企業のビッグデータ/アナリティクス成熟度調査結果を発表 53.3%の企業は部門レベルでのビッグデータ/アナリティクスの戦略的取組みの段階に到達している ただし、部門横断の戦略的取り組みを示すステージ4(定量的管理)以上への移行が課題 全社に影響を持つCDOを任命し、ゴールとビジョンの全社的な浸透を促す必要がある IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役社長:竹内正人、Te

2017年9月13日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内システム管理ソフトウェア市場予測

国内システム管理ソフトウェア市場予測を発表 2016年の国内システム管理ソフトウェア市場は前年比4.6%増、パフォーマンス監視やログ分析など新たなシステム稼動監視の需要が増加 富士通がシェア1位を獲得、ヴイエムウェアとスプランクが急成長 2017年は前年比5.3%増。2016年~2021年の年間平均成長率は5.0%と予測 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-

2017年9月11日IDCフィードバック数:0ビジネス

国内ページボリューム、ドキュメント関連市場の動向

国内ページボリューム、ドキュメント関連市場の動向を発表 2016年 国内ページボリュームは、3,346億ページ (前年比成長率 マイナス0.6%) 2016年 国内ドキュメント関連市場支出額は、2兆5,006億円(前年比成長率 マイナス1.0%) ベンダーには、国内ドキュメント関連市場がゆるやかに縮小する中で、同市場内でシェア拡大を図るのか、新たな市場開拓を目指すのか、難しい判断が迫られている IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区

2017年8月31日IDCフィードバック数:0企業情報システム

2017年 国内データセンターサービス ユーザー調査

2017年 国内データセンターサービス ユーザー調査結果を発表 大企業における外部データセンターサービスのシェア拡大が市場の成長を加速させる 大企業を中心に外部データセンター/オンプレミスの最適な組合せを模索する動きがある 利用中のクラウドサービスの構成比は、従業員規模が大きくなるほど均等化する傾向 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-3-5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、2017年

2017年8月30日IDCフィードバック数:0モバイル

2017年第2四半期 国内携帯電話・スマートフォン市場実績値

2017年第2四半期 国内携帯電話・スマートフォン市場実績値を発表 2017年第2四半期 国内携帯電話出荷台数 前年同期比0.3%減、711万台 SIMフリーモデル出荷台数は前年同期比16.0%増で成長に鈍化傾向 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4762)は、国内携帯電話、およびスマートフォン端末の2017年第2四半期(2017年4~6月)の出荷台数を

2017年8月30日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内システムソフトウェア市場予測

2016年の国内システムソフトウェア市場は前年比成長率 マイナス1.5%、サーバー仮想化に対する投資の一巡やIaaSへの移行が影響 2016年~2021年の年間平均成長率は3.8%、Linuxとバーチャルクライアントコンピューティングが成長を牽引 OpenStack/Dockerソリューションの提供、バーチャルクライアントコンピューティング活用の多様化が新たな市場機会につながる IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代

2017年8月26日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内クラウド市場 ユーザー動向調査

国内クラウド市場 ユーザー動向調査結果を発表 国内企業は、クラウド導入の促進要因として「ITセキュリティの強化」を最も重要視 クラウドが登場して以来、「期待効果」「促進要因」として重要視されてきた「IT予算の削減」は、過年度調査と比較して優先順位が大幅に低下 「セキュリティ」は、クラウド導入に関わる最大の懸念事項でもある。ベンダーは、ガイドラインなどを整備し、実効性の高いセキュリティ対策を支援することが重要 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:

2017年8月24日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内テープストレージ市場予測

2016年の国内テープストレージ売上額は74億7,900万円(前年比11.7%減) 国内テープストレージ売上額の2016年~2021年の年間平均成長率はマイナス2.6% 500巻以上の大型/超大型テープオートメーションはアーカイブ需要で成長を持続 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内テープストレージ市場の2016年の実績と2017年~2021年の

2017年8月24日IDC★★フィードバック数:0デジタル家電

世界AR/VR関連市場予測

2021年にかけて、世界AR/VR関連市場は年率100%以上で成長 世界の多くの地域で産業向けのAR/VR利用の急成長が見込まれる 日本市場は年率60%以上の堅調な成長を続けるが、世界への追い上げが課題に IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、世界のAR(Augmented Reality)/VR(Virtual Reality)のハードウェア、ソフト

2017年8月23日IDC★★フィードバック数:0企業情報システム

国内ITサービス市場ベンダー 売上ランキング

国内ITサービス市場ベンダー 売上ランキングを発表 2016年 国内ITサービス市場のトップ5は、富士通、NEC、日立製作所、NTTデータ、IBM 前年の成長を牽引した金融や公共分野の大型案件の収束化により、成長率が低下 アクセンチュアは、前年に続き、大手ITベンダーの中で最も高い成長率を維持 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北11-3-5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、2016年の国

2017年8月18日IDCフィードバック数:0モバイル

国内コラボレーティブ/コンテンツアプリケーション市場予測

国内コラボレーティブ/コンテンツ アプリケーション市場予測を発表 2016年 国内コラボレーティブ/コンテンツアプリケーション市場規模は、前年比成長率1.3%、3,950億5,700万円、働き方改革に伴うクラウド型コラボレーションが成長 2017年以降はSaaS型コラボレーション/Web会議サービスなどの成長により、2016年~2021年の年間平均成長率は1.9%で推移し、2021年には4,349億1,600万円と予測 ITサプライヤーは、働き方改革をキーとした中小企業向けコラボレーティブ

2017年8月17日IDCフィードバック数:0大型消費/投資

国内金融分野の第3のプラットフォーム市場予測とFinTechの利活用動向

国内金融分野の第3のプラットフォーム市場予測とFinTechの利活用動向を発表 2017年の国内第3のプラットフォーム市場の金融分野(銀行、保険、証券/その他金融サービス)は、モバイルに加えてクラウドなどの利用拡大により堅調な拡大を予測 FinTech(ITを活用した新しい金融関連サービス)は、金融機関に加えて他の産業分野にも影響が及び、各産業分野での関連IT支出の総額は、2021年に1,179億円に拡大 金融機関においてFinTechの活用の本格化が見込まれるが、ITサプライヤーは金融機

2017年8月16日IDC★フィードバック数:0企業情報システム

国内SD-WAN市場予測

国内SD-WAN市場規模は、2016年の4億3000万円から2021年には504億4000万円へと成長 成長の促進要因は、WAN運用管理の迅速性向上へのニーズの高まりや、WANに接続する機器/クラウドサービス増加によるIT部門の負担増 今後は、通信事業者のSD-WANによる顧客獲得競争の活発化によって普及が加速 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、S

2017年8月14日IDC★フィードバック数:0モバイル

国内エンタープライズモバイルデバイス市場予測

国内エンタープライズモバイルデバイス市場予測を発表 エンタープライズモバイルデバイス市場の2016年~2021年の年間平均成長率は2.5%と予測 画面サイズは、働き方改革などモビリティ需要の高まりから、タブレットやポータブルPCなどのミドルサイズ(9~13インチ)の製品の成長率が高まると予測 エンタープライズモバイルデバイス市場の中でWindowsは、2020年以降50%以下の構成比になると予測 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田

2017年8月11日IDCフィードバック数:0キャリアとスキル

国内企業の人材戦略と人事給与ソフトウェア市場動向調査

~業務の自動化など働き方改革の取り組みが始動~ 国内企業の人材戦略と人事給与ソフトウェア市場動向調査結果を発表 働き方改革の推進者は、経営者が42.4%と高く、人事部長(24.5%)と経営企画(20.3%)が続く 多くの企業が、長時間労働の抑制と社員の健康管理を目標に、就業規則の見直しや勤怠管理の強化に取り組む傾向に 先進的な企業は、コミュニケーションの活性化で効率性と生産性向上を目指ざす ITサプライヤーは働き方改革を促すサービスメニュー化で、ユーザー需要の発掘が重要に

2017年8月10日IDC★★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

世界ロボティクス関連市場予測

世界ロボティクス関連市場は加速度的に拡大、2021年には2,307億ドルに 2017年は日本を除くアジア太平洋地域が最大の市場。日本、米国、西欧が続く 日本を除くアジア太平洋地域が、2021年まで市場全体の半分以上を占める IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、世界のロボティクスおよび関連サービス市場の予測を発表しました。最新の「Worldwide S

2017年8月9日IDC★★フィードバック数:0企業情報システム

国内企業のDXパートナー選定に関する調査

~デジタル時代のパートナー選定はアナログを重視~国内企業のDXパートナー選定に関する調査結果を発表 デジタルトランスフォーメーション(DX)のパートナー選定において、国内企業はベンダーとの直接コンタクトや他社の知り合いからの情報などを情報入手先として重視 実際にDXのパートナーになるのは、現在取引のあるベンダー等が中心 DXのパートナーとなるためには、ベンダーはデジタルとアナログを組み合わせた営業/マーケティング戦略が必要に IT専門調査会社 IDC Japan

2017年8月8日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内クライアント仮想化市場シェア

2016年 国内クライアント仮想化ソリューション(オンプレミス)市場では、富士通、NEC、日立がトップ3 2016年 国内クライアント仮想化サービス市場では、富士通、NTTデータ、NSSOLがトップ3 2016年 国内モバイル仮想化ソリューション市場では、富士通、e-Janネットワークス、NTTアイティがトップ3 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、

2017年8月4日IDCフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

国内通信事業者向けネットワーク機器市場動向

国内通信事業者向けネットワーク機器市場動向を発表 国内通信事業者向けネットワーク機器市場は、5Gサービス向け投資を契機に、2016年~2021年の年間平均成長率8.3%で再び成長 足元の厳しい市場環境は続き、2008年以降の最低水準を2016年は更新 シスコシステムズが低需要期に強さを発揮。アラクサラネットワークスもイーサネットスイッチ市場で好調を維持 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役社長:竹内正

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
 

お知らせ