「IDC」による調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
会社名をGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2018年10月12日IDCフィードバック数:0モバイル

2018年第2四半期 国内タブレット端末市場実績値

2018年第2四半期 国内タブレット端末市場実績値を発表 2018年第2四半期 国内タブレット市場出荷台数は前年同期比23.0%減の176万台 家庭市場向け出荷台数は138万台(前年同期比28.5%減)、ビジネス市場向けは38万台(同6.0%増) 家庭市場では、通信事業者向け出荷が大きくマイナス成長となる一方、ビジネス市場では金融関連での買い替え向け出荷が底支え IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役社

2018年8月14日IDC★★フィードバック数:0企業情報システム

国内ビッグデータ/アナリティクスソフトウェア 市場予測を発表

国内ビッグデータ/アナリティクスソフトウェア 市場予測を発表 2017年 国内ビッグデータ/アナリティクス(BDA)ソフトウェア市場規模は2,517億7,600万円、前年比成長率9.4%の高成長 データウェアハウスなどのプラットフォーム分野から、CRMなどのアプリケーション分野までパブリッククラウドサービスの利用が急速に拡大 企業はハイレベルなDXの取組みを実現するため、BDAソフトウェアをITの中核として活用する。市場規模は年間平均成長率8.6%で成長し、2022年に3,800億2,40

2018年8月13日IDCフィードバック数:0企業情報システム

IT投資動向に関する国内CIO調査結果

2018年度の国内企業のIT支出計画は、大企業/中堅企業を中心に「増加」が「減少」を上回る パブリッククラウドや外部データセンターを利用した大企業は3割を超える デジタルトランスフォーメーションに取り組む企業が半数を超え、大企業を中心に金融と情報サービスの取り組みが先行 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内企業のCIOや情報システム部門長またはそ

2018年8月13日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内ITサービス市場ベンダー 売上ランキングを発表

国内ITサービス市場ベンダー 売上ランキングを発表 2017年 国内ITサービス市場のトップ5は、富士通、NEC、日立製作所、NTTデータ、IBM 上位7社の占めるシェアが徐々に縮小、特にトップ5の占める比率が減少傾向 アクセンチュアが大手ITサービスベンダーの売上額成長率で3年連続の1位 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、2017年の国内I

2018年7月12日IDCフィードバック数:0企業情報システム

2018年第1四半期 国内タブレット端末市場実績値

2018年第1四半期 国内タブレット端末市場実績値を発表 2018年第1四半期国内タブレット市場出荷台数は前年同期比3.1%減の216万台 家庭市場向け出荷台数は166万台(前年同期比4.2%減)、ビジネス市場向けは50万台(同1.0%増) 家庭市場では、通信事業者向け出荷がマイナス成長となる一方、ビジネス市場では金融関連での買い替え向け出荷が底支え IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役社長:竹内正人

2018年7月12日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内サーバー市場 システムタイプ別予測

国内サーバー市場 システムタイプ別予測を発表 縮小均衡が見込まれる国内サーバー市場だが、システムタイプ別 配備モデル別に見ると成長セグメントがある 成長セグメントは、「SoR on Cloud」「SoE/SoI on Cloud」「Other on Cloud」 サーバーベンダーは、成長セグメントの特性と注力ポイントを理解し、自社およびエコシステムでカバーできる領域を見極め、具体的な戦略へと落とし込むことが求められる IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社

2018年7月12日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内クライアント仮想化関連市場予測

国内クライアント仮想化関連市場予測を発表 国内クライアント仮想化ソリューション市場は2022年に9,415億円まで拡大 2022年までに、クライアント仮想化 利用ユーザー数は854万人まで拡大 クライアント仮想化サービス(Desktop as a Service)は2022年まで、年間平均成長率 25.2%で推移、Desktop as a Serviceの中ではプライベートクラウドDesktop as a Serviceが主流となる IT専門調査会社 IDC Ja

2018年7月12日IDCフィードバック数:0企業情報システム

2018年第1四半期 国内サーバー市場動向を発表

2018年第1四半期 国内サーバー市場動向を発表 2018年第1四半期の市場規模は1,274億円、前年同期比マイナス成長 x86サーバーの出荷額は、5四半期連続で前年同期比プラス成長 ベンダー別出荷額は富士通が1位、以下NEC、日本ヒューレット・パッカードの順 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、2018年第1四半期(1月~3月)の国内サーバー

2018年6月12日IDCフィードバック数:0デジタル家電

国内軽量/長時間バッテリー駆動型ノートPC市場 競合分析結果

国内軽量/長時間バッテリー駆動型ノートPC市場 競合分析結果を発表 2017年 国内法人向け 軽量/長時間バッテリー駆動型ノートPC市場 ベンダー別出荷台数トップシェアはパナソニック 軽量/長時間バッテリー駆動型ノートPC市場は法人向けノートPCの中で31.5%を占め、前年比61.5%増 働き方改革の推進やフリーアドレス制度の浸透、デスクトップPCからノートPCへの切替えへの動きが軽量/長時間バッテリー駆動型ノートPC増加の背景 IT専門調査会社 IDC Japa

2018年6月12日IDCフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

国内情報セキュリティ市場規模予測

2017年のセキュリティ製品市場規模は前年比5.1%増の2,973億円。2017年~2022年の年間平均成長率は3.9%で、2022年には3,602億円と予測 2017年のセキュリティサービス市場規模は7,581億円、前年比成長率5.4%。2017年~2022年の年間平均成長率は5.4%で、2022年には9,870億円と予測 レジリエンスを高めるために、自社の製品間連携ばかりでなく、他社製品との連携も必要 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千

2018年6月12日IDC★★フィードバック数:0企業情報システム

国内産業分野別 企業規模別 IT支出動向および予測

国内産業分野別 企業規模別 IT支出動向および予測を発表 2018年の国内IT市場は、スマートフォンなどにおいて需要拡大が見込まれることから、支出規模は17兆5,158億円となり、前年比成長率4.3%とプラス成長を予測。2019年まで堅調な推移を見込む。 2018年は全産業分野でプラス成長を予測。複数の産業分野で2~4%台の高い成長率を見込む。 好調な経済状況をIT投資拡大のチャンスと捉え、業務効率化と事業拡大に向け、新技術を生かしたソリューションを積極的に提案することが、ITサプライヤー

2018年6月12日IDCフィードバック数:0企業情報システム

2018年第1四半期 国内トラディショナルPC市場 実績値

2018年第1四半期 国内トラディショナルPC市場 実績値を発表 2018年第1四半期 国内トラディショナルPC総出荷台数は、前年同期比0.1%減、313万台 法人市場は同比6.0%増、205万台、家庭市場は同比9.9%減、108万台 台数シェアは、NEC レノボグループと富士通が不動の1位と2位で、3位は僅差で日本HP IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-

2018年5月31日IDCフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2018年 国内企業の情報セキュリティ対策 実態調査

2018年 国内企業の情報セキュリティ対策 実態調査を発表 2018年度の情報セキュリティ投資は2017年度に続き増加傾向である。だが、約6割の企業では、セキュリティ予算は決められておらず、戦略的セキュリティ投資がなされていない ネットワークセキュリティとアイデンティティ/アクセス管理で、オンプレミスの導入よりクラウドサービスの利用を検討している企業が多い EU 一般データ保護規則(GDPR)を知っている企業は、国内企業全体では半数以下である。また、EU圏でビジネスを行っている企業の中で対

2018年5月31日IDC★★フィードバック数:0社会/政治

国内コグニティブ/AIシステム市場予測を発表

国内コグニティブ/AIシステム市場予測を発表 2017年 国内コグニティブ/AIシステム市場規模は、274億7,600万円(ユーザー支出額ベース)。ソフトウェア/サービスの成長が著しい 2018年以降はリスク検出/分析や自動顧客サービスなどの成長により、2017年~2022年の年間平均成長率は60.7%、2022年の市場規模は2,947億5,400万円と予測 ベンダー/システムインテグレーターは、アプリケーションソフトウェアへのAIの組み込み、AIシステムの運用支援サービスの強化などが必要

2018年5月22日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内IT市場 LOB支出の産業分野別/企業規模別動向分析結果

国内IT市場 LOB支出の産業分野別/企業規模別動向分析結果を発表 2018年LOB(Line of Business、事業部門)によるIT支出は4兆8,793億円、2016年~2021年の年間平均成長率は4.0%を見込み、IT部門による支出の年間平均成長率1.5%を上回る 国内IT市場全体に占めるLOB支出は約4割で推移し、増加する傾向にある LOB支出の成長率が高い産業は金融、製造、運輸、公共/公益、建設/土木 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(

2018年5月22日IDCフィードバック数:0デジタル家電

2017年 国内インクジェットプリンター/MFP市場実績

2017年 国内インクジェットプリンター/MFP市場実績を発表 2017年の国内インクジェット製品の総出荷台数は前年比1.5%減の436万3,000台 ビジネスインクジェットが2017年の総出荷台数に占める割合は10.0%で2016年の10.2%とほぼ同じ 出荷台数シェア第1位はエプソン。第2位はキヤノン、第3位にブラザーが続く IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3

2018年4月27日IDCフィードバック数:0デジタル家電

2022年までのウェアラブルデバイスの世界/国内出荷台数予測

2022年までのウェアラブルデバイスの世界/国内出荷台数予測を発表 2022年の世界のウェアラブルデバイス出荷台数は2億1940万台と予測 腕時計型、リストバンド型が市場を牽引するも、耳掛け型の成長も注目される 2022年の国内ウェアラブルデバイス出荷台数は110万台と予測。コンシューマー市場に課題 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、ウェアラ

2018年3月6日IDC★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

世界ロボティクス関連市場予測を発表

2018年の世界のロボティクスソリューションおよびドローンソリューションの総支出額は、2017年比22.1%増 同年のロボティクス支出額は941億ドル、ドローン支出額は90億ドルと予測 総支出額の年間平均成長率25.4%、2021年には2018年比2倍以上の2,184億ドルに達する IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、世界ロボティクス関連市場の予測を

2018年3月6日IDCフィードバック数:0モバイル

2017年第4四半期および2017年 国内携帯電話・スマートフォン市場実績値を発表

2017年第4四半期および2017年 国内携帯電話・スマートフォン市場実績値を発表 2017年第4四半期 携帯電話出荷台数は1,107万台、前年同期比13.6%増 2017年通年の携帯電話出荷台数は3,409万台、前年比4.6%増 iPhoneの第4四半期出荷は621.4万台。iPhone Xに加え、iPhone 8の好調が影響 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3

2018年3月6日IDCフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

国内3Dプリンティング市場 産業分野別予測を発表

国内3Dプリンティング市場 産業分野別予測を発表 2016年~2021年の国内3Dプリンティング市場の年間平均成長率は10.6%、2021年の市場規模は2016年の272億円から450億円に拡大と予測 産業分野別では製造業が最大の市場で、市場全体の76.8%を占めている。今後大きな成長が期待されるのは医療と教育分野 新しい造形材料開発と製造業における3Dプリンターによる製造プロセス全体の根本的変革が成長のキーポイント IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社

2018年3月5日IDC★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

国内商用ロボティクス市場 ソリューションタイプ別予測を発表

国内商用ロボティクス市場 ソリューションタイプ別予測を発表 国内商用ロボティクス市場は、2021年には2兆1,236億円まで拡大 AIを活用した産業用ロボットのインテリジェント化が本格化し、2018年以降も国内商用ロボティクス市場を牽引 業務効率化や省力化にサービスロボットやエンタープライズドローンの活用が進む IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)

2018年3月5日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内DevOpsソフトウェア市場予測を発表

小規模でDevOpsを実践する企業が増加し、2017年の国内DevOpsソフトウェア市場は前年比16.1%増 2017年~2022年の年間平均成長率は20.8%、2022年には427億円に達する DevOps向けパブリッククラウドサービス市場が高い成長 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、2017年の国内DevOpsソフトウェア市場規模実績と2022

2018年3月5日IDC★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

国内コネクテッドビークル(つながる車)関連サービスの調査結果

国内コネクテッドビークル(つながる車)関連サービスの調査結果を発表 個人、事業者ともに、有償でも契約する意向があるコネクテッドビークル関連サービスは、「運転時の安全/安心」サポートサービス 個人ユーザーの34.2%が、「運転時の安全/安心」サポートサービスに有償で契約する意向あり。一方「インフォテイメント」は14.0%に留まる 自動車メーカーやITサプライヤーは、自社のサービスプラットフォームに「運転時の安全/安心」面で付加価値化できる技術要素を組み込むことが、収益上有効である

2018年3月5日IDC★★フィードバック数:0企業情報システム

国内ITサービス市場予測

2017年の国内ITサービス市場は、前年比1.4%増の5兆5,389億円と推定 2018年~2022年の年間平均成長率は1.1%、2022年の市場規模は5兆8,593億円と予測 ITサプライヤーは、自らのDXを推進し、大型案件に依存した成長モデルからの転換を急ぐべき IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内ITサービス市場予測を発表しました。これによ

2018年1月25日IDC★★フィードバック数:0企業情報システム

国内ソフトウェア市場の最新予測

2017年の国内ソフトウェア市場は前年比成長率4.9%と予測、アプリケーション市場の成長が牽引 2016年~2021年の年間平均成長率は5.2%、2019年には3兆円を超える 2021年には国内ソフトウェア市場の17.4%をパブリッククラウドサービス売上が占める IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は国内ソフトウェア市場の2017年~2021年の予測を発

2018年1月25日IDCフィードバック数:0ビジネス

2017年 従業員が求めるモバイルデバイス調査

2017年 従業員が求めるモバイルデバイス調査結果を発表 自宅残業を行っている37.8%の回答者は、自宅のPCを利用している 30.2%の企業は、今後持出しができるPCを増加させる予定。また大企業がより積極的に考えている 持出しができるPCの増加する主な理由は、「働き方改革」に加えて「暗号化ソフトが安価となった」「OS標準で暗号化できる」などWindows 10による影響が大きい IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13

2018年1月24日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内企業の海外ITサービス支出予測

国内に本社を置く企業の海外におけるITサービス支出は、東南アジアに代表されるアジア新興国が牽引し、拡大していく見込み 同支出額は、2016年では57億7,000万ドルであったと推定され、2021年まで年間平均成長率2.7%での成長が続く 国内ITサプライヤーは、海外でのデジタルトランスフォーメーション関連サービスの取り組みを強化するなど、国内企業の海外事業拡大を支援する体制を強化すべき IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13

2018年1月23日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内IoT向けエッジマイクロデータセンター数の予測

国内IoT向けエッジマイクロデータセンター数の予測を発表 IoTにおいて、センサーやデバイス/端末の近くで分散処理を行うためのエッジコンピューティング拠点を、エッジマイクロデータセンターと呼ぶ エッジマイクロデータセンターは、サーバー、ネットワーク機器、ストレージから構成され、都市部や、建物/店舗などに設置、端末とのデータ通信/処理で高いレスポンスを実現 コネクテッドカーや製造オペレーションのIoTの取り組みが進むため、国内エッジマイクロデータセンター数は、2017年末の1,037か所から

2018年1月23日IDCフィードバック数:0モバイル

2017年第3四半期国内タブレット端末市場実績値

2017年第3四半期国内タブレット端末市場実績値を発表 2017年第3四半期 国内タブレット市場出荷台数は前年同期比18.8%増の212万台 家庭市場向け出荷台数は173万台(前年同期比28.3%増)、ビジネス市場向けは39万台(同10.9%減) 家庭市場では、通信事業者向け出荷が好調に推移し、ビジネス市場では金融関連での買い替え向け出荷が底支えする。 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役社長:竹内正

2018年1月23日IDCフィードバック数:0企業情報システム

2017年第3四半期 国内サーバー市場動向

2017年第3四半期 国内サーバー市場動向を発表 2017年第3四半期の市場規模は1,196億円、2四半期連続で前年同期比プラス成長 メインフレームとx86サーバーが、市場全体のプラス成長を牽引 ベンダー別出荷額は富士通が1位、以下NEC、日本ヒューレット・パッカードの順 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、2017年第3四半期(7月~9月)の

2018年1月17日IDCフィードバック数:0企業情報システム

2018年 国内IT市場の主要10項目

~ デジタルネイティブ企業への変革 ─ DXエコノミーにおいてイノベーションを飛躍的に拡大せよ ~ 2018年 国内IT市場の主要10項目を発表 デジタルネイティブ企業が出現し、デジタルの文化を持つベンチャー企業と組んだ新ビジネスの創出が始まる 企業の成長と存続を左右するDXへの支援能力が、ITサプライヤーの選択基準になる 労働生産性の向上や柔軟な働き方の必要性が企業で高まり、働き方改革に向けたICT市場が成長する 発展が続くクラウドは第2世代(クラウド2.0)に進化し、IT変革が加速する

2018年1月17日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内エンタープライズインフラストラクチャ市場予測

国内エンタープライズインフラストラクチャ市場予測を発表 2017年の国内エンタープライズインフラストラクチャ市場全体の市場規模は、前年比0.9%減の7,213億900万円 クラウド向けインフラストラクチャの出荷は、同16.2%増の1,974億4,800万円 国内エンタープライズインフラストラクチャ市場全体では縮小傾向にあるが、クラウド向けインフラストラクチャは成長が見込め、2016年~2021年の年間平均成長率が7.4%、2021年の市場規模は2,431億600万円と予測

2018年1月17日IDCフィードバック数:0企業情報システム

世界AR/VR関連市場予測

2021年の世界AR/VR関連支出は1593億ドルと予測、2016-2021年の年平均成長率は98.8% 地域別では米国と日本を除くアジア太平洋地域の成長期待が高い 日本の成長見込みは低水準。教育分野での利用が課題 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、世界のAR(Augmented Reality:拡張現実)/VR(Virtual Reality:仮

2018年1月16日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内データセンター向けネットワーク機器市場動向

国内データセンター向けネットワーク機器市場動向を発表 国内データセンター向けネットワーク機器市場は、低成長時代に突入。2016年~2021年の年間平均成長率1.3% 製品分野別でも、イーサネットスイッチは成長が鈍化、ADC(Application Delivery Controller)はほぼ横ばいと予測 リーダーであるシスコシステムズ、F5ネットワークスは市場における地位を保持。注目を集めるアリスタネットワークスは引き続きシェアを拡大 IT専門調査会社 IDC

2018年1月15日IDCフィードバック数:0デジタル家電

2017年第3四半期 国内トラディショナルPC市場 実績値

2017年第3四半期 国内トラディショナルPC市場 実績値を発表 2017年第3四半期 国内トラディショナルPC総出荷台数は、前年同期比3.5%増、261万台 トラディショナルPC市場は5四半期連続で前年同期比増を達成 法人市場は同比2.4%増、165万台、家庭市場は同比5.5%増、96万台 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、日本国内における

2018年1月15日IDCフィードバック数:0ビジネス

国内働き方改革ICT市場予測

2016年 国内働き方改革市場規模は1兆8,210億円(ユーザー支出額ベース)、モバイルハードウェアが市場を下支え 2016年~2021年の年間平均成長率は7.9%で拡大し、2021年の市場規模は2兆6,622億円と予測 2021年に向けて、労働生産性の向上と柔軟な働き方の実現を目的としてソフトウェア導入やシステムインテグレーションに対する需要が拡大し、働き方改革ICT市場の成長を牽引 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13

2017年12月27日IDC★フィードバック数:0企業情報システム

国内SMB IT市場におけるITを活用した地方創生の取り組み調査

国内SMB IT市場におけるITを活用した地方創生の取り組み調査結果を発表 人口減少、企業流出が深刻化する大都市圏以外の地域を対象として、政府を中心に地方自治体、地域金融機関において「地方創生」施策を積極的に展開 「地方創生」施策の中でも「地域企業/個人事業主支援」および「住民生活の改善」を目的とした施策によって、SMBのIT支出の促進が見込まれる ITサプライヤーは、地方自治体、地域金融機関と連携して「地方創生」施策を積極的にリードすることにより、地方のSMBのIT支出を喚起させることが

2017年12月26日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内産業分野別 企業規模別 IT支出額予測

国内産業分野別 企業規模別 IT支出額予測を発表 2017年の国内IT市場は、今回から調査対象となったビジネスサービス、IaaSのほか、スマートフォンが牽引し、支出規模は16兆5,775億円、前年比成長率3.9%とプラス成長を予測 2017年は地方自治体を除いた各産業分野でプラス成長を予測するが、特に組立製造、プロセス製造、情報サービス、建設/土木において比較的高い成長率を見込む ユーザー企業のIT支出動向の変化が顕著になっている中、ITの枠を超えてニーズに適したソリューションの提案を行う

2017年12月25日IDCフィードバック数:0モバイル

2017年第3四半期 国内携帯電話・スマートフォン市場実績値

2017年第3四半期 国内携帯電話・スマートフォン市場実績値を発表 2017年第3四半期 国内携帯電話出荷台数 前年同期比8.4%減、703万台 iPhoneは合計277万台、iPhone X発売を前に調整局面が続く SIMフリーモデル出荷台数は49.6万台で前四半期より微減 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内携帯電話およびスマートフォ

2017年12月22日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内公共分野における第3のプラットフォームの最新活用動向

国内公共分野における第3のプラットフォームの最新活用動向を発表 国内第3のプラットフォーム市場の公共分野(官公庁/医療/教育)は、2017年までは他の産業分野と比較して低い成長率、2018年以降は高い成長率で拡大 公共分野では、モビリティ、ソーシャルネットワーク活用が進むが、クラウド、データアナリティクスを導入する組織、団体は一部に留まる ITサプライヤーは、多くの公共分野の組織、団体が課題として挙げる業務効率化、人材不足解決を目的にした第3のプラットフォームの提案を積極的に行うことが有効

2017年12月21日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内ITインフラストラクチャサービス市場予測

国内ITインフラストラクチャサービス市場予測を発表 2016年の国内インフラストラクチャサービス市場規模は2兆4,913億円 2016年~2021年の年間平均成長率は1.0%、2021年の市場規模は2兆6,235億円と予測 ハイブリッドクラウド/マルチクラウドを含む企業ITインフラ全体の運用管理が成長を牽引 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、

2017年12月18日IDCフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

国内コグニティブ/AIシステム市場予測

国内コグニティブ/AIシステム市場予測を発表 2016年 国内コグニティブ/AIシステム市場規模は、158億8,400万円(ユーザー支出額ベース)。ナレッジワーカー向けデジタルアシスタンス、品質管理などが市場の中心 2017年以降は詐欺検出/分析や自動顧客サービスなどの成長により、2016年~2021年の年間平均成長率は73.6%、2021年の市場規模は2,501億900万円と予測 ベンダー/システムインテグレーターは、AIの実ビジネス適用のためのコンサルティング、教師データの構築/作成支

2017年12月18日IDCフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

国内IoT市場 コグニティブ(AI)活用動向調査

国内IoT市場 コグニティブ(AI)活用動向調査結果を発表 2025年に向けIoT/非IoTデータの生成量は163兆ギガバイトに増大。双方のデータから得られるインサイトを最大化すべく、IoT/コグニティブの活用は急拡大 IoT/コグニティブを活用した外販ソリューションの台頭により、そのユーザーは建設/土木業、農林水産業、小売業、公共/公益、保険業など、多岐に広がっている ベンダーは企業と共創(協創)を推進する過程で、技術/ビジネスの双方に強みを持つ人材開発や、DX専任組織設立に向けたアドバ

2017年12月15日IDC★★フィードバック数:0マーケティング

国内デジタルマーケティング関連ソフトウェア市場動向

国内デジタルマーケティング関連ソフトウェア市場動向を発表 2017年のマーケティングITの利用率は2016年と比較し7ポイント上昇。しかし全社的利用は1割強、部門内に閉じた利用が多いことが判明。他のCRMとの連携が課題 デジタルネイティブ世代の台頭により、国内デジタルマーケティング関連ソフトウェア市場は2016年~2021年の年間平均成長率6.8%、2021年には800億円超と予測 ベンダー/システムインテグレーターは、投資対効果の事例による明確化やマーケティングばかりでなくCRMシステム

2017年12月12日IDCフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

国内SMB IT市場におけるユーザー企業のベンダー選択に関する調査

国内SMB IT市場におけるユーザー企業のベンダー選択に関する調査結果を発表 SMB(従業員規模:999人以下)では、ハードウェアなどの購入先の選定の条件として「価格」を挙げる企業が最も多いが、SIerを利用するSMBではサポートを重視している 大手ベンダーは、大都市圏以外の地域でのチャネル体制の見直しを行っており、パートナー企業をいかにサポートしていくかが課題となっている 国内SMB IT市場の中でも、特に大都市圏以外の地域では市場停滞が継続しているが、ユーザー企業の課題解決に寄与する新

2017年12月12日IDCフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

国内IoTセキュリティ製品市場予測

2016年の国内IoTセキュリティ製品市場規模は前年比27.5%増の518億円。2016年~2021年の年間平均成長率は19.3%で、2021年には1,250億円と予測 ランサムウェアの急増によってIoT環境へのサイバー攻撃が現実的な脅威となり、IoTセキュリティ市場への需要が拡大 IoTセンサーやデバイスベンダーやIoTプラットホームベンダーなどセキュリティ業界を超えたパートナーエコシステムの構築が必要 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千

2017年12月12日IDCフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

国内企業のデジタルマニュファクチャリングへの取り組み状況

国内企業のデジタルマニュファクチャリングへの取り組み状況を発表 国内におけるデジタルマニュファクチャリングは、主にハイテク産業など組立製造業で比較的進んでおり、全体的にはまだ紙ベースの情報をデジタル化する取り組みが主軸 今後のエンゲージメントの強化や、データの利活用の実現には、自社を取り巻く市場環境を俯瞰的に捉えた全体最適化のビジョンと強いリーダーシップが重要 次世代のものづくりと業務変革には、本社と製造現場をつなぐデータプラットフォームや、AI機能を用いた設計ツールなどのIT活用が効果的

2017年11月14日IDC★フィードバック数:0企業情報システム

最新の国内PaaS市場予測

2016年 国内PaaS市場規模は、820億円、前年比成長率は30.5% ハイブリッドクラウドやデジタルトランスフォーメーション(DX)へのニーズを取り込むことで市場は高い成長率を継続 2016年~2021年の年間平均成長率は26.0%、2021年の市場規模は 2,602億円と予測 ITサプライヤーはDX推進に適するPaaSを活用したDevOps型の開発を進めるために組織的な取組みを行うことが望ましい IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田

2017年11月14日IDCフィードバック数:0企業情報システム

2017年 国内企業におけるDevOpsの実践状況に関する調査

2017年 国内企業におけるDevOpsの実践状況に関する調査結果を発表 DevOpsを実践している企業は20%、サービス企業の実践率が最も高い ITライフサイクルの効率化とITコスト削減がDevOpsを実践している主な要因 IT部門とビジネス部門の強い連携によってコミュニケーションと文化の壁を破ることがDevOps成功の鍵となる IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-

2017年11月9日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内ストレージサービス市場実績および予測

国内ストレージサービス市場実績および予測を発表 国内ストレージサービス市場の2016年~2021年の年間平均成長率をマイナス0.5%、2021年の市場規模を2,008億9,500万円と予測 ストレージソフトウェア機能の進歩による構築作業の簡素化とオンプレミスのストレージインフラに向けた支出漸減、製品の低価格化が主な縮小要因 モバイル、ビッグデータ、IOT、コグニティブ/AI/機械学習などに関連したアプリケーションに向けた柔軟性の高いストレージインフラの設計コンサルティングの需要は拡大

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ