調査のチカラ TOP > 会社名一覧 > JA共済総合研究所

「JA共済総合研究所」による調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
会社名をGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年6月25日JA共済総合研究所フィードバック数:0社会/政治

地域経済動向~人口流出への対応が地方の課題に~

地域経済動向~人口流出への対応が地方の課題に~

2015年6月25日JA共済総合研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2030年のエネルギーミックス

2030年のエネルギーミックス

2015年6月25日JA共済総合研究所フィードバック数:0社会/政治

介護保険料、全国平均が初の5,000円超え

介護保険料、全国平均が初の5,000円超え

2015年6月25日JA共済総合研究所フィードバック数:0ビジネス

再び盛り上がる企業の海外進出

再び盛り上がる企業の海外進出

2015年6月25日JA共済総合研究所★フィードバック数:0大型消費/投資

保険等についての調査です。

平成26年度「くらしの保障についてのアンケート」調査

平成26年度「くらしの保障についてのアンケート」調査

2015年4月2日JA共済総合研究所★フィードバック数:0大型消費/投資

意思決定プロセスの研究です。

医療保障加入者の意思決定プロセス

医療保障加入者の意思決定プロセス

2014年12月21日JA共済総合研究所フィードバック数:0社会/政治

内外景気動向と14~15年度経済見通し

内外景気動向と14~15年度経済見通し

2014年12月21日JA共済総合研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

再生可能エネルギー事業は地域振興に役立っているのか

環境問題再生可能エネルギー事業は地域振興に役立っているのか株式会社H&Sエナジー・コンサルタンツ パートナー石丸 美奈目 次5.再エネ事業の成功例(バイオマスと1.はじめに小水力を例に)2.中長期的には効果が大きいFIT3.地域活性化のカギは「地産地貢」6.再エネ事業成功のポイント4.国内・域内経済を潤す再エネによる7.おわりにエネルギー自給1.はじめにしかし、九州電力に始まり、北海道、東北、地域に存在する再生可能エネルギー(再エ四国、沖縄電力などで、FITの下での再エネネ)を利用し、地域を活性

2014年12月21日JA共済総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

米国の株価動向

米国の株価動向

2014年10月29日JA共済総合研究所★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

企業の設備投資についてのレポートです。

国内設備投資の当面の見通しと政策的課題

国内設備投資の当面の見通しと政策的課題

2014年10月29日JA共済総合研究所フィードバック数:0社会/政治

輸出停滞続き、円安の景気押し上げ効果を見直す必要

輸出停滞続き、円安の景気押し上げ効果を見直す必要

2014年10月3日JA共済総合研究所★フィードバック数:0ライフスタイル

認知症についてのアンケートです。

認知症ケアと地域力―三河中山間地域における認知症アンケート調査結果から―

認知症ケアと地域力―三河中山間地域における認知症アンケート調査結果から―

2014年10月3日JA共済総合研究所フィードバック数:0ライフスタイル

障害者福祉事業所での農業、6次産業への取り組みです。

障害者福祉事業所等による農業活動への取り組みと今後の展開に向けて― 施設における農および6次産業化への取り組みについてのアンケート調査結果―

障害者福祉事業所等による農業活動への取り組みと今後の展開に向けて― 施設における農および6次産業化への取り組みについてのアンケート調査結果―

2014年10月3日JA共済総合研究所フィードバック数:0社会/政治

最近の地域経済動向―アベノミクス効果の検証を中心に―

最近の地域経済動向―アベノミクス効果の検証を中心に―

2014年10月3日JA共済総合研究所フィードバック数:0社会/政治

最近の輸出動向について

最近の輸出動向について一般社団法人 JA共済総合研究所調査研究部 上席研究員ふるかねよしひろ古 金 義 洋アブストラクト円安にもかかわらず輸出の低迷が続いている。そのことに関して、①海外景気の停滞、②輸出企業が輸出数量増加を狙った価格設定を行っていないこと、③企業の現地生産拡大による空洞化、④日本企業の輸出競争力減退、などの理由が挙げられているが、以下ではそれぞれの理由についての妥当性を検証した。第1の海外景気との関連では、確かに最近の海外景気の停滞が日本の輸出低迷の要因になっているのは事実だが

2014年8月15日JA共済総合研究所★フィードバック数:0社会/政治

増税の影響です。

消費税率引き上げ後の国内景気動向と14-15年度経済見通し

消費税率引き上げ後の国内景気動向と14-15年度経済見通し

2014年8月15日JA共済総合研究所フィードバック数:0社会/政治

普及するシニアカーと増加する事故 シニアカーのリスクに備える3つの保障

普及するシニアカーと増加する事故~ シニアカーのリスクに備える3つの保障 ~主任研究員大沼八重子ハンドル型電動車いす(四輪型)はじめに「シニアカー」と呼ばれる「ハンドル型電動車いす」(以下、「シニアカー」という)に乗るお年寄りを街でよくみかけるようになった。「セニアカー」「電動カート」などとも呼ばれ、買い物や散歩など、高齢者の行動範囲を広げてくれる有用な移動手段として活用されている。シニアカーは、介護保険制度の福祉用具貸与種目の対象でもあることから急速に普及しているが、一方で、交通事故は年間20

2014年8月15日JA共済総合研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

木質バイオマス発電は中山間地域の経済活性化に資するのか

木質バイオマス発電は中山間地域の経済活性化に資するのか

2014年8月15日JA共済総合研究所★フィードバック数:0キャリアとスキル

賃金、労働力についてのレポートです。

なぜ賃金は上昇しないのか?

経済・金融経 済・金 融なぜ賃金は上昇しないのか?上席研究員古金 義洋国内労働者の1人時間当たり実質雇用者報○非製造業の低い労働生産性が1つの要因今年度は業績改善に加え、安倍政権からの酬(実質賃金)は、1981~91年に年率3.6%増要請もあり、大企業を中心にベースアップの加したが、91~2001年は1.6%、2001~12年は実施が相次いだ。ただ、中小企業などを含め0.7%と伸びが鈍化した(表1参照)。一方、た企業の賃上げは期待されたほどではないよ時間当たり労働生産性上昇率も1981~91年は

2014年8月15日JA共済総合研究所フィードバック数:0ライフスタイル

稲作農家の経営方針とその背景要因に関する分析 2013年度アンケート調査から

農業・農村・農協農業・農村・農協稲作農家の経営方針とその背景要因に関する分析~2013年度アンケート調査から~研究員1.はじめに髙木 英彰でもっている将来の経営規模に関する意向長らく一次産業の下降局面が続く中、現在を、判別分析により分類を試みた。本分析の1は「政策上の大転換をするラストチャンス」結果から導かれた要点を述べると、第一にはとして農政改革の蠢動は激しくなっている。廃業を検討する米価水準は地勢(平地、中間この農政の方向性に関しては直接的な是非の地、山間地)に大きく依存しなかったこと、議論

2014年8月15日JA共済総合研究所★フィードバック数:0大型消費/投資

生保決算のまとめです。

生命保険会社の平成25年度決算について

生命保険会社の平成25年度決算について

2014年8月15日JA共済総合研究所★フィードバック数:0大型消費/投資

損保決算のまとめです。

損害保険会社の平成25年度決算について

損害保険会社の平成25年度決算について

2014年8月15日JA共済総合研究所フィードバック数:0大型消費/投資

平成25年度JA共済連の決算の概況

平成25年度JA共済連の決算の概況全国共済農業協同組合連合会全国本部経営管理部決算グループ目1.平成25年度決算の特徴について次4.剰余金処分について2.財務状況について5.主な経営指標について3.収支状況についてJA共済連の平成25年度決算は、7月24日開催の通常総代会において承認されたところであるが、本稿ではその決算概況について報告することとしたい。1.平成25年度決算の特徴について③ 経営基盤整備積立金の積立て平成25年度決算における基礎利益は、正味事務・電算システムの再構築などの事業財産

2014年6月22日JA共済総合研究所フィードバック数:0社会/政治

法人税率引き下げの設備投資刺激効果

法人税率引き下げの設備投資刺激効果

2014年5月2日JA共済総合研究所フィードバック数:0社会/政治

共済総研レポート No.132(2014.4.1)

共済総研レポート農業・農協・共済、経済・金融、高齢福祉等に関する調査結果や話題をタイムリーに取り上げる情報提供誌です。(年6回発行) 平成28年度JA共済総研セミナー(平成29年3月17日開催)後編 農山漁村地域の再生・活性化に向けた若年層の地方人材還流戦略~首都圏大学生を対象とした地域滞在型就業体験事業「信州エクスターンシップ」から見えてきたこと~ 本号では前号(No.151)に引き続き、3月17日に開催した「JA共済総研セミナー」の後半部分、公開ワークショップの模様をご紹介いたします

2014年4月1日JA共済総合研究所フィードバック数:0社会/政治

最近の物価動向について

最近の物価動向について一般社団法人 JA共済総合研究所調査研究部 上席研究員ふるかねよしひろ古 金 義 洋アブストラクトデフレ脱却を最優先課題に掲げた安倍政権の登場を機に、下落していた消費者物価は予想以上に上昇した。ただ、この先も物価上昇が持続するのか、また、物価上昇によって日本経済が再生するのかについては必ずしもはっきりしない。以下では、まず、最近の物価上昇の特徴について分析し、物価がこのまま上昇していくのかどうかについて考えてみる。次に、物価と実体経済との関係について、物価下落が日本経済停滞

2014年4月1日JA共済総合研究所フィードバック数:0ライフスタイル

稲作農家の豊かさ観の過去・未来とその影響要因-アンケート調査による接近-

稲作農家の豊かさ観の過去・未来とその影響要因-アンケート調査による接近-

2014年3月5日JA共済総合研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

地熱エネルギーの可能性

地熱エネルギーの可能性

2014年3月5日JA共済総合研究所フィードバック数:0大型消費/投資

回復の動きを見せる旅行・観光需要

経済・金融経 済・金 融回復の動きをみせる旅行・観光需要調査研究部木下 茂目 次1.旅行・観光需要の動向に着目2.国内客、海外客とも増加傾向3.増加が続く外国人旅行者の消費額4.旅行・観光需要拡大の日本経済全体に与えるインパクトは小さくない5.旅行・観光需要の持続性、地域経済の課題1.旅行・観光需要の動向に着目いくことが懸念される中で、特に外国人観光国内景気の緩やかな回復が続く中、旅行・客の取り込みは地域経済下支えのための有力観光需要にも持ち直しの動きが出ている。旅な手段になりうる、といった点に

2014年3月5日JA共済総合研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

気候変動と災害リスク IPCC報告と国際交渉の現状に関して

気候変動と災害リスク IPCC報告と国際交渉の現状に関して

2014年1月16日JA共済総合研究所★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

小水力発電についてのレポートです。

日本の小水力発電の現状と課題

環境問題日本の小水力発電の現状と課題~コミュニティー主体のファイナンスが必要に~株式会社H&Sエナジー・コンサルタンツ パートナー石丸 美奈目 次1.小水力は日本の自然条件に適したエネルギー源2.地域密着性、安定した高い設備利用率などに特徴3.複雑だった法的手続きは簡素化4.進んだ欧州の技術を取り入れる動きも5.ファイナンス面の仕組み作りが急務に1.小水力は日本の自然条件に適したエネルのダムや発電所からの放流水、農業用水路、ギー源上下水道施設などの水流、ビルの循環水や工水の勢いでタービンを回して

2014年1月16日JA共済総合研究所フィードバック数:0社会/政治

内外景気動向13-14年度経済見通し

内外景気動向13-14年度経済見通し

2014年1月16日JA共済総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

米経済成長率の構造的低下の可能性

米経済成長率の構造的低下の可能性

2014年1月16日JA共済総合研究所★フィードバック数:0ライフスタイル

植物工場や遺伝子組み換えについての調査です。

工学的農業生産に対する消費者意識

工学的農業生産に対する消費者意識

2013年8月22日JA共済総合研究所★フィードバック数:0ビジネス

決算のまとめです。

生命保険会社の平成24年度決算について

生命保険会社の平成24年度決算について

2013年8月22日JA共済総合研究所★フィードバック数:0ビジネス

決算のまとめです。

損害保険会社の平成24年度決算について

損害保険会社の平成24年度決算について

2013年5月1日JA共済総合研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

「シェールガス革命」は期待先行の感

経済・金融経 済・金 融「シェールガス革命」は期待先行の感調査研究部○エネルギー制約がなくなり世界経済の成長古金 義洋医薬品)の生産でさえも09年以降、15%程度を加速させるとも言われているが…増加しており、天然ガス価格の影響がさほど「シェールガス革命」が世界に革命的なイ大きくないことを示している。ンパクトを及ぼすと言われている。よく耳に米製造業の売り上げに対する天然ガス消費するのは以下のような予測だ。金額の比率は意外に小さく1%以下だ。天然「シェールガスの生産急増で米国の天然ガガス価格の大幅下

2013年5月1日JA共済総合研究所フィードバック数:1社会/政治

人口減少・高齢化と技術進歩

経済・金融経 済・金 融人口減少・高齢化と技術進歩調査研究部○進む人口減少・高齢化木下 茂年までに人口減少・高齢化が全国的に進む姿国立社会保障・人口問題研究所が3月27日が予測されている。2040年までの都道府県別に発表した「日本の地域別将来推計人口(平人口推移を5年ごとにみると、目先的には東成25(2013)年3月推計)」によれば、今後2040京など都市部では人口が増加するものの、2020年以降は全都道府県で減少に転じる(第1表)都道府県別総人口の増加率(年平均、%)地域全国北 海 道青 森

2013年5月1日JA共済総合研究所フィードバック数:0ライフスタイル

日本における地域支援型農業(CSA)普及の可能性

日本における地域支援型農業(CSA)普及の可能性

2013年4月2日JA共済総合研究所フィードバック数:0社会/政治

人口減少社会の未来予想図 -高齢社会を豊かに生きるための基礎的研究-

人口減少社会の未来予想図―高齢社会を豊かに生きるための基礎的研究―(社)農協共済総合研究所調査研究部 主席研究員目次1.はじめに~人口と文明2.高齢社会のデザイン・変革を迫られる日本の福祉レジーム3.コミュニティの条件・大分県日田市大山町・モ ンドラゴン 協 同 組 合 企 業 体(MCC;Mondragon Cooperative Corporation)4.社会システムの検証・コミュニケーションと意識・コミュニケーション・メディア・貨幣と労働かわいまこと川 井  真 5.自我と創発性の関係6

2013年4月2日JA共済総合研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

産業構造の変化と雇用情勢-製造業の空洞化が雇用に及ぼす影響

産業構造の変化と雇用情勢―製造業の空洞化が雇用に及ぼす影響―(社)農協共済総合研究所調査研究部 上席研究員ふるかねよしひろ古 金 義 洋目次最近の雇用情勢産業構造の変化と産業別の労働生産性グローバル化が雇用に及ぼす影響について労働力人口は減少している1。最近の雇用情勢非労働力人口は08年12月の4,393万人からリーマンショック後、2012年後半にかけて12年12月には4,551万人とこの4年間で158万国内の雇用・所得環境は上向いてきたように人増加した(図2参照)。同期間の労働力人みえる。雇用

2013年4月2日JA共済総合研究所フィードバック数:0ライフスタイル

疾病構造の変化と高齢化がもたらす医療への影響:米国での定点観測をもとに

疾病構造の変化と高齢化がもたらす医療への影響:米国での定点観測をもとに多摩大学 統合リスクマネジメント研究所医療リスクマネジメントセンター 教授(社)農協共済総合研究所 客員研究員目次はじめに米国医療の変化の概観米国の公的医療保険米国民間医療保険の仕組みTJC(The Joint Commission)の歴史JCIの本質再入院対策The Accountable Care Organization(ACO)とは何かThe Patient-centered Medical Home(PCMH)とは何

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ