調査のチカラ TOP > 会社名一覧 > JA共済総合研究所

「JA共済総合研究所」による調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
会社名をGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年6月25日JA共済総合研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2030年のエネルギーミックス

2030年のエネルギーミックス

2015年6月25日JA共済総合研究所★フィードバック数:0大型消費/投資

保険等についての調査です。

平成26年度「くらしの保障についてのアンケート」調査

特集■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■平成26年度「くらしの保障についての アンケート」調査結果について研究員松吉 夏之介「くらしの保障についてのアンケート」は、全国共済農業協同組合連合会が調査主体となって、全 国のJA組合員を対象に、 概ね3年ごとに実施しているアンケート調査である ( 「組合員の意識および 共済・保険加入に関す

2015年6月25日JA共済総合研究所フィードバック数:0ビジネス

再び盛り上がる企業の海外進出

経済・金融経 済・金 融再び盛り上がる企業の海外進出上席研究員○再び増加し始めた企業の海外進出古金 義洋(図1)為替相場と対外直接投資日本企業の海外移転が急速に進んだのは円高が主因であり、円安になれば生産コスト削減のために海外に進出していた製造業などが国内に戻ってくるのではないかと期待されていたが、期待外れだったようだ。140円実質実効為替レート(2010年=100、左目盛)13014000対外直接投資(6か月移動平均、右目盛)12012000110100001008000906000国際収支統

2015年6月25日JA共済総合研究所フィードバック数:0社会/政治

地域経済動向~人口流出への対応が地方の課題に~

地域経済動向~人口流出への対応が地方の課題に~

2015年6月25日JA共済総合研究所フィードバック数:0社会/政治

介護保険料、全国平均が初の5,000円超え

高齢社会・福祉トピックス介護保険料、全国平均が初の5,000円超え主席研究員1.はじめに前田 穣円を超えたこと。また、団塊の世代が全て後高齢化が進行するなかで、くらしを支える期高齢者になる2025年度を見据えた計画建て仕組みの再構築が大きな課題となっている。を市町村が行い、全国平均の保険料が8,165その取り組みの一環として、地域で高齢者円まで上昇すると推計されたことである。3を支えるシステム構築と制度の持続を目指す前期では財政安定化基金 から550億円を介護保険制度の2015年度改正が行われて

2015年4月2日JA共済総合研究所★フィードバック数:0大型消費/投資

意思決定プロセスの研究です。

医療保障加入者の意思決定プロセス

医療保障加入者の意思決定プロセス

2014年12月21日JA共済総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

米国の株価動向

経済・金融経 済・金 融米国の株価動向上席研究員古金 義洋○過去2度の長期株価上昇局面と比較した現 在の株価の位置は? 2009年3月から始まった米国株の上昇局面 は5年半を越え、米国の代表的な株価指数で あるS&P500種株価指数は09年ボトムから11 月までに約3倍となった。09年のボトムから 直近までの年率換算での株価上昇率は2割を 超えている。 長期の株高が続いていると言えるが、戦後 の米国の株価動向を振り返ってみると、より 長期にわたる上昇局面が続いたことが2回あ る(図1参照) 。①

2014年12月21日JA共済総合研究所フィードバック数:0社会/政治

内外景気動向と14~15年度経済見通し

特集■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■内外景気動向と14~15年度経済見通し主任研究員木下 茂目 次 1.世界経済概観 2.米国経済 3.ユーロ圏経済 4.中国経済 5.国内経済1.世界経済概観○米国経済の堅調さが際立つ 今年秋にかけて世界経済はまちまちな展開 が続いた。 主要先進国の7~9月期のGDP成 長率をみると (第1図)

2014年12月21日JA共済総合研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

再生可能エネルギー事業は地域振興に役立っているのか

再生可能エネルギー事業は地域振興に役立っているのか

2014年10月29日JA共済総合研究所★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

企業の設備投資についてのレポートです。

国内設備投資の当面の見通しと政策的課題

国内設備投資の当面の見通しと政策的課題

2014年10月29日JA共済総合研究所フィードバック数:0社会/政治

輸出停滞続き、円安の景気押し上げ効果を見直す必要

経済・金融経 済・金 融輸出停滞続き、円安の景気押し上げ効果を見直す必要上席研究員○海外景気が良くなっても輸出は増加しにくくなっている古金 義洋(図1)世界経済と日本の輸出(%)10国内景気は期待通りに回復していないが、最大の誤算は円安にもかかわらず輸出が増加5していないことだ。輸出メーカーの売上・利益は円安で嵩上げされたが、製造業の生産活0動は伸びていない。それでも「海外景気が回輸出数量(世界全体)輸出数量(先進国)輸出数量(日本)経済成長率(世界)復すれば輸出も増加するはず」との予想が多いが

2014年10月3日JA共済総合研究所フィードバック数:0社会/政治

最近の地域経済動向―アベノミクス効果の検証を中心に―

最近の地域経済動向―アベノミクス効果の検証を中心に―一般社団法人 JA共済総合研究所調査研究部 主任研究員きのしたしげる木 下   茂 アブストラクト2013年度の地域経済は、内需・非製造業中心の回復を遂げたものとみられる。特に、公共投資の増額とアベノミクス期待を背景とした株価上昇は、地域経済に一定程度の押し上げ効果をもたらした。もっとも、こうした政策効果中心の成長は持続的とはいえない。中長期的に地域経済が人口減少を背景とした経済規模収縮圧力に直面していることを考えると、潜在成長力を高める政策対

2014年10月3日JA共済総合研究所フィードバック数:0社会/政治

最近の輸出動向について

最近の輸出動向について一般社団法人 JA共済総合研究所調査研究部 上席研究員ふるかねよしひろ古 金 義 洋アブストラクト円安にもかかわらず輸出の低迷が続いている。そのことに関して、①海外景気の停滞、②輸出企業が輸出数量増加を狙った価格設定を行っていないこと、③企業の現地生産拡大による空洞化、④日本企業の輸出競争力減退、などの理由が挙げられているが、以下ではそれぞれの理由についての妥当性を検証した。第1の海外景気との関連では、確かに最近の海外景気の停滞が日本の輸出低迷の要因になっているのは事実だが

2014年10月3日JA共済総合研究所★フィードバック数:0ライフスタイル

認知症についてのアンケートです。

認知症ケアと地域力―三河中山間地域における認知症アンケート調査結果から―

認知症ケアと地域力―三河中山間地域における認知症アンケート調査結果から―

2014年10月3日JA共済総合研究所フィードバック数:0ライフスタイル

障害者福祉事業所での農業、6次産業への取り組みです。

障害者福祉事業所等による農業活動への取り組みと今後の展開に向けて― 施設における農および6次産業化への取り組みについてのアンケート調査結果―

障害者福祉事業所等による農業活動への取り組みと今後の展開に向けて― 施設における農および6次産業化への取り組みについてのアンケート調査結果―

2014年8月15日JA共済総合研究所★フィードバック数:0大型消費/投資

損保決算のまとめです。

損害保険会社の平成25年度決算について

損害保険会社の平成25年度決算について

2014年8月15日JA共済総合研究所★フィードバック数:0社会/政治

増税の影響です。

消費税率引き上げ後の国内景気動向と14-15年度経済見通し

経済・金融経 済・金 融消費税率引き上げ後の国内景気動向と14~15年度経済見通し主任研究員木下 茂目 次1.4月以降の消費動向2.その他の需要動向と14~15年度成長率見通し3.インフレの動向1.4月以降の消費動向(第1図)消費税率引き上げ前後の乗用車販売の推移(季節調整値)○消費税率引き上げから4か月強が経過消費税率引き上げから4か月強が経過し96/13年平均=100120た。本稿では税率引き上げ後の国内景気の動115きについて、現時点で判明しているデータを110元に改めて検証するとともに、

2014年8月15日JA共済総合研究所★フィードバック数:0キャリアとスキル

賃金、労働力についてのレポートです。

なぜ賃金は上昇しないのか?

経済・金融経 済・金 融なぜ賃金は上昇しないのか?上席研究員古金 義洋国内労働者の1人時間当たり実質雇用者報○非製造業の低い労働生産性が1つの要因今年度は業績改善に加え、安倍政権からの酬(実質賃金)は、1981~91年に年率3.6%増要請もあり、大企業を中心にベースアップの加したが、91~2001年は1.6%、2001~12年は実施が相次いだ。ただ、中小企業などを含め0.7%と伸びが鈍化した(表1参照)。一方、た企業の賃上げは期待されたほどではないよ時間当たり労働生産性上昇率も1981~91年は

2014年8月15日JA共済総合研究所フィードバック数:0社会/政治

普及するシニアカーと増加する事故 シニアカーのリスクに備える3つの保障

普及するシニアカーと増加する事故~ シニアカーのリスクに備える3つの保障 ~主任研究員大沼八重子ハンドル型電動車いす(四輪型)はじめに「シニアカー」と呼ばれる「ハンドル型電動車いす」(以下、「シニアカー」という)に乗るお年寄りを街でよくみかけるようになった。「セニアカー」「電動カート」などとも呼ばれ、買い物や散歩など、高齢者の行動範囲を広げてくれる有用な移動手段として活用されている。シニアカーは、介護保険制度の福祉用具貸与種目の対象でもあることから急速に普及しているが、一方で、交通事故は年間20

2014年8月15日JA共済総合研究所フィードバック数:0大型消費/投資

平成25年度JA共済連の決算の概況

平成25年度JA共済連の決算の概況

2014年8月15日JA共済総合研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

木質バイオマス発電は中山間地域の経済活性化に資するのか

木質バイオマス発電は中山間地域の経済活性化に資するのか

2014年8月15日JA共済総合研究所フィードバック数:0ライフスタイル

稲作農家の経営方針とその背景要因に関する分析 2013年度アンケート調査から

農業・農村・農協農業・農村・農協稲作農家の経営方針とその背景要因に関する分析~2013年度アンケート調査から~研究員1.はじめに髙木 英彰でもっている将来の経営規模に関する意向長らく一次産業の下降局面が続く中、現在を、判別分析により分類を試みた。本分析の1は「政策上の大転換をするラストチャンス」結果から導かれた要点を述べると、第一にはとして農政改革の蠢動は激しくなっている。廃業を検討する米価水準は地勢(平地、中間この農政の方向性に関しては直接的な是非の地、山間地)に大きく依存しなかったこと、議論

2014年8月15日JA共済総合研究所★フィードバック数:0大型消費/投資

生保決算のまとめです。

生命保険会社の平成25年度決算について

生命保険会社の平成25年度決算について

2014年6月22日JA共済総合研究所フィードバック数:0社会/政治

法人税率引き下げの設備投資刺激効果

法人税率引き下げの設備投資刺激効果

2014年5月2日JA共済総合研究所フィードバック数:0社会/政治

共済総研レポート No.132(2014.4.1)

共済総研レポート農業・農協・共済、経済・金融、高齢福祉等に関する調査結果や話題をタイムリーに取り上げる情報提供誌です。(年6回発行) マイナス金利政策が導入されるなか、予定利率をゼロに設定して生命保険(養老、終身、年金保険など)を設計するとどうなるか、検討します。 株式会社ワールド・ヒューマン・リソーシス(松吉 夏之介) 本誌No.147に引き続き、改正法施行後の業界動向とともに、デジタル化に対応した商品など新たな動きについても報告します。 震災から6年目を迎え、最新設備を備えたあんぽ柿加

2014年4月1日JA共済総合研究所フィードバック数:0社会/政治

最近の物価動向について

最近の物価動向について一般社団法人 JA共済総合研究所 調査研究部 上席研究員ふる かね よし ひろ古 金 義 洋アブストラクトデフレ脱却を最優先課題に掲げた安倍政権の登場を機に、下落していた消費者物価は 予想以上に上昇した。ただ、この先も物価上昇が持続するのか、また、物価上昇によっ て日本経済が再生するのかについては必ずしもはっきりしない。以下では、まず、最近 の物価上昇の特徴について分析し、物価がこのまま上昇していくのかどうかについて考 えてみる。次に、物価と実体経済との関係について、物価下

2014年4月1日JA共済総合研究所フィードバック数:0ライフスタイル

稲作農家の豊かさ観の過去・未来とその影響要因-アンケート調査による接近-

稲作農家の豊かさ観の過去・未来とその影響要因―アンケート調査による接近―山梨大学大学院 医学工学総合研究部 教授一般社団法人 JA共済総合研究所 客員研究員渡 辺 靖 仁アブストラクト本研究では、まず、JA共済総合研究所の行ったアンケート調査の個票を用いて、稲作農家の「過去と将来の豊かさ観」に影響を与える要素を計量的に分析した。これによって、①経営の持続可能性を担保する後継者の存在は、将来の豊かさを高めること、②大規模経営であっても自分の代で廃業を考える農家の場合、将来が豊かになるという皮肉な結

2014年3月5日JA共済総合研究所フィードバック数:0大型消費/投資

回復の動きを見せる旅行・観光需要

回復の動きを見せる旅行・観光需要

2014年3月5日JA共済総合研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

地熱エネルギーの可能性

地熱エネルギーの可能性

2014年3月5日JA共済総合研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

気候変動と災害リスク IPCC報告と国際交渉の現状に関して

気候変動と災害リスク IPCC報告と国際交渉の現状に関して

2014年1月16日JA共済総合研究所★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

小水力発電についてのレポートです。

日本の小水力発電の現状と課題

日本の小水力発電の現状と課題

2014年1月16日JA共済総合研究所フィードバック数:0社会/政治

内外景気動向13-14年度経済見通し

内外景気動向13-14年度経済見通し

2014年1月16日JA共済総合研究所★フィードバック数:0ライフスタイル

植物工場や遺伝子組み換えについての調査です。

工学的農業生産に対する消費者意識

農業・農村・農協農業・農村・農協工学的農業生産に対する消費者意識調査研究部 髙木目 次1.はじめに2.植物工場利用への反応傾向3.GM技術利用に関する反応傾向英彰4.CSA利用意向との関連5.おわりに11.はじめに在することを指摘している 。過去、拙稿(髙木2013a,b)においてCSAそこで本稿では“人為的”な食材について(地域支援型農業)参加への意向分析や有機国内消費者の意識の傾向を示したい。今回用農業に関する経済分析を行った。その意図は、いるアンケート調査では、直感的に想像しや“local

2014年1月16日JA共済総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

米経済成長率の構造的低下の可能性

経済・金融経 済・金 融米経済成長率の構造的低下の可能性調査研究部古金 義洋○リーマン危機以降FOMCは常に1~2年後 の成長加速を予想し間違えている 米国の GDP 成長率は2%程度での低迷が 続いており、成長率が構造的に低下している のではないかとの見方がでてきている。 エコノミストのコンセンサスは次のような ものだ。現在の米国の経済状況はデフレギャ ップの大きい状態であり、金融緩和の効果な どから、14~15年頃の比較的近いうちに潜在 GDP 水準に向けて年率3~4%程度の急成 長を遂げる

2013年8月22日JA共済総合研究所★フィードバック数:0ビジネス

決算のまとめです。

損害保険会社の平成24年度決算について

損害保険会社の平成24年度決算について

2013年8月22日JA共済総合研究所★フィードバック数:0ビジネス

決算のまとめです。

生命保険会社の平成24年度決算について

特集2■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■2生命保険会社の平成24年度決算について調査研究部湊 一郎生命保険会社の平成24年度の新契約高(個備金の戻入などにより、基礎利益は前期比人保険)は、主として金融機関チャネルでの+3.6%の増加(上位20社の合計額)を確保販売が支えとなり、前期比+8.4%の増加(上した。位20社の合計額)とな

2013年5月1日JA共済総合研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

「シェールガス革命」は期待先行の感

「シェールガス革命」は期待先行の感

2013年5月1日JA共済総合研究所フィードバック数:0ライフスタイル

日本における地域支援型農業(CSA)普及の可能性

農業・農村・農協農業・農村・農協日本における地域支援型農業(CSA)普及の可能性~一般消費者の利用意向調査から~調査研究部 髙木1.はじめに英彰般消費者を対象に地元産品に対する関心の高本稿で扱う地域支援型農業(以下、CSAとさ、その訴求点、‘local’という語が指す感呼ぶ)は、住民が地元農業を買い支える、米覚的範囲を調査している。Darby et al.(2008)国で見られる仕組みである。日本においても、では同じく‘local’の範囲を調査するとともに、都市-農村交流の取組みは直売、グリーン

2013年5月1日JA共済総合研究所フィードバック数:1社会/政治

人口減少・高齢化と技術進歩

人口減少・高齢化と技術進歩

2013年4月2日JA共済総合研究所フィードバック数:0社会/政治

人口減少社会の未来予想図 -高齢社会を豊かに生きるための基礎的研究-

人口減少社会の未来予想図 -高齢社会を豊かに生きるための基礎的研究-

2013年4月2日JA共済総合研究所フィードバック数:0ライフスタイル

疾病構造の変化と高齢化がもたらす医療への影響:米国での定点観測をもとに

疾病構造の変化と高齢化がもたらす医療への影響:米国での定点観測をもとに多摩大学 統合リスクマネジメント研究所医療リスクマネジメントセンター 教授(社)農協共済総合研究所 客員研究員目次はじめに米国医療の変化の概観米国の公的医療保険米国民間医療保険の仕組みTJC(The Joint Commission)の歴史JCIの本質再入院対策The Accountable Care Organization(ACO)とは何かThe Patient-centered Medical Home(PCMH)とは何

2013年4月2日JA共済総合研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

産業構造の変化と雇用情勢-製造業の空洞化が雇用に及ぼす影響

産業構造の変化と雇用情勢―製造業の空洞化が雇用に及ぼす影響―(社)農協共済総合研究所調査研究部 上席研究員ふるかねよしひろ古 金 義 洋目次最近の雇用情勢産業構造の変化と産業別の労働生産性グローバル化が雇用に及ぼす影響について労働力人口は減少している1。最近の雇用情勢非労働力人口は08年12月の4,393万人からリーマンショック後、2012年後半にかけて12年12月には4,551万人とこの4年間で158万国内の雇用・所得環境は上向いてきたように人増加した(図2参照)。同期間の労働力人みえる。雇用

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ