「JEITA」による調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
会社名をGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2018年1月26日JEITAフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

日本の電子工業の輸入(2017年9月分)

電子応用装置(電子計算機及び情報端末を除く) ビデオカメラ、デジタルカメラ(テレビカメラ含む)ラジオ付きテレコ(ヘッドホンステレオ・ステレオセット等含む)ステレオセット等(外部電源によらなければ作動しないもの) 送信、受信、変換、再生装置(有線用を含む)中央処理装置,入出力装置,同一ハウジング収納型不揮発性半導体記憶装置(USBメモリ、フラッシュメモリ)磁気式・光学式の読取機及びデータ処理機械電子応用装置(電子計算機及び関連装置を除く)電圧・電流・抵抗・電力の測定又は検査機器半導体ウ

2018年1月26日JEITAフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

日本の電子工業の輸出(2017年10月分)

電子応用装置(電子計算機及び情報端末を除く) 小売用の包装にしたもの(使用されたものを除く)ビデオカメラ、デジタルカメラ(テレビカメラ含む)ポケットサイズのもの(外部電源によらずに作動するもの)その他の機器(外部電源によらずに作動するもの)ステレオセット等(外部電源によらなければ作動しないもの)ポータブルラジオ(シャーシ・キット含む) 送信、受信、変換、再生装置(有線用を含む)中央処理装置,入出力装置,同一ハウジング収納型小売用の包装にしたもの(使用されたものを除く)不揮発性半導体記

2018年1月26日JEITAフィードバック数:0モバイル

産業用電子機器受注統計(2017年10月分)

39億51百万円円(同1.5%増)、固定通信装置82億24百万円(同24.4%減)、基地局通信装置77億73百万円(同50.3%減)、移動局通信装置(1)放送装置では、スタジオ装置の内需が前年同月比53.2%増加し、放送装置で同1.5%増となった。(2)移動通信装置では、基地局通信装置の内需が前年同月比50%減少し、移動通信装置で同24.1%減となった。※品目別の過去2年間分データをグラフで掲載いたしますので、ご参照ください。棒グラフ=金額(単位:百万円)、折れ線グラフ=前年同月増加率(単位:%

2018年1月26日JEITAフィードバック数:0デジタル家電

パーソナルコンピュータ国内出荷実績(2017年11月分)

2017年11月パーソナルコンピュータ国内出荷実績[注]四捨五入のため、内訳の和と合計が一致しない場合がある。パーソナルコンピュータ国内出荷 11月の概況○出荷台数は44万台(前年比100.9%)となった。うちデスクトップ:11万6千台(同96.3%)、ノート型:32万4千台(同102.6%)であった。ノート型比率は73.7%であった。○出荷金額は405億円(前年比102.6%)となった。うちデスクトップ:100億円(同97.2%)、ノート型:304億円(同104.5%)であった。11月は、台数

2018年1月26日JEITAフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

民生用電子機器国内出荷統計(2017年11月分)

1.2017年 民生用電子機器国内出荷実績(金額) 民生用電子機器の11月国内出荷金額は1,068億円(前年比89.0%)となった。映像機器は523億円(前年比83.8%)となった。オーディオ関連機器は76億円(前年比89.0%)となった。 カーAVC機器は470億円(前年比95.6%)となった。 薄型テレビ計は332千台(前年比77.8%)となった。サイズ別では、29型以下が59千台(同67.7%)、30〜36型が86千台(同77.1%)、37〜49型が112千台(同75.6%)、50型

2018年1月26日JEITAフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

電子材料生産実績(2017年10月分)

これまでの掲載データ誘電体セラミックス電極材料ソフトフェライト( 2018年3月実績まで)希土類磁石( 2018年3月実績まで) 誘電体セラミックス電極材料・・・世界生産量の合計数値(重量指数)誘電体セラミックス電極材料は、銀・パラジウム・銀パラ・ニッケルの合計重量の数値であり、2002年の月平均値を100とした指数である。 2010年4月から積層セラミツクコンデンサ用に限定。本統計は、JEITA電子材料事業委員会で実施している生産統計を基に作成。 統計参加企業7社から提出されたデータを集計

2018年1月26日JEITAフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

携帯電話国内出荷統計(2017年10月分)

2017年10月の携帯電話国内出荷台数は977千台、前年同月比63.9%となった。うちスマートフォンは526千台、同比48.4%と冬春商戦モデル出荷前により4ヶ月ぶりにマイナスとなった。単月のスマートフォン比率は53.8%となった。※移動電話統計の月次公表は2011年4月実績分より、一般社団法人 情報通信ネットワーク産業協会(CIAJ)との連名にて行っている。※単位未満四捨五入により内訳と合計が一致しない場合がある。 携帯用および自動車に搭載される移動局電話装置で、携帯電話無線基地局に接続される

2018年1月26日JEITAフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

電子情報産業の世界生産見通し2017

Copyright © JEITA All Rights Reserved.

2018年1月26日JEITAフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

日本の電子工業の生産(2017年10月分)

電子応用装置(電子計算機及び関連装置を除く) その他の搬送装置・付属装置(変復調装置含む)パーソナルコンピュータ(パソコンサーバを含む)デスクトップ型(タワー型及び一体型を含む)電子応用装置(電子計算機及び関連装置を除く)その他のプロセスオートメーション用計測制御機器環境計測機器(自動車用公害測定機器含む)金銭登録機(システム式:端末機として機能)謄写機(謄写版を除く)・事務用印刷機(B3版未満のオフセット印刷機) その他の固定抵抗器(金属皮膜、巻線固定抵抗器含む) Cop

2018年1月26日JEITAフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

JEITA センサ・グローバル状況調査 2017・センサ世界出荷実績(2016年)

JEITA センサ・グローバル状況調査 2017・センサ世界出荷実績(2016年)

2018年1月26日JEITAフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

電子部品グローバル出荷統計(2017年10月分)

本統計は、電子部品部会で実施している「電子部品企業のグローバル動向調査」を基に作成しております。本調査は、参加70数社から提出された、連結ベース(グループ間取引調整後)の出荷額データをとりまとめており、地域に関するデータは、原則として該当部品が消費される地域への出荷になります。なお、合計値につきましては、 単位未満切り捨てのため、一致しない場合がありますので、ご了承ください。品目分類表 電子部品グローバル出荷統計データExcel FileのDownload 生産動態統計(経済産業省)のデ

2018年1月14日JEITAフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

日本の電子工業の輸出(2017年9月分)

電子応用装置(電子計算機及び情報端末を除く) 小売用の包装にしたもの(使用されたものを除く)ビデオカメラ、デジタルカメラ(テレビカメラ含む)ポケットサイズのもの(外部電源によらずに作動するもの)その他の機器(外部電源によらずに作動するもの)ステレオセット等(外部電源によらなければ作動しないもの)ポータブルラジオ(シャーシ・キット含む) 送信、受信、変換、再生装置(有線用を含む)中央処理装置,入出力装置,同一ハウジング収納型小売用の包装にしたもの(使用されたものを除く)不揮発性半導体記

2018年1月14日JEITAフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

日本の電子工業の生産(2017年9月分)

電子応用装置(電子計算機及び関連装置を除く) その他の搬送装置・付属装置(変復調装置含む)パーソナルコンピュータ(パソコンサーバを含む)デスクトップ型(タワー型及び一体型を含む)電子応用装置(電子計算機及び関連装置を除く)その他のプロセスオートメーション用計測制御機器環境計測機器(自動車用公害測定機器含む)金銭登録機(システム式:端末機として機能)謄写機(謄写版を除く)・事務用印刷機(B3版未満のオフセット印刷機) その他の固定抵抗器(金属皮膜、巻線固定抵抗器含む)

2018年1月14日JEITAフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

民生用電子機器国内出荷統計(2017年10月分)

1.2017年 民生用電子機器国内出荷実績(金額) 民生用電子機器の10月国内出荷金額は1,035億円(前年比98.7%)となった。映像機器は462億円(前年比97.3%)となった。 オーディオ関連機器は104億円(前年比106.2%)となった。 カーAVC機器は469億円(前年比98.5%)となった。 薄型テレビ計は285千台(前年比81.0%)となった。サイズ別では、29型以下が57千台(同73.7%)、30〜36型が80千台(同72.9%)、37〜49型が92千台(同83.2%)、5

2018年1月14日JEITAフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

WSTS 2017年秋季半導体市場予測について

WSTS 2017年秋季半導体市場予測について

2018年1月14日JEITAフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

電子部品グローバル出荷統計(2017年9月分)

本統計は、電子部品部会で実施している「電子部品企業のグローバル動向調査」を基に作成しております。本調査は、参加70数社から提出された、連結ベース(グループ間取引調整後)の出荷額データをとりまとめており、地域に関するデータは、原則として該当部品が消費される地域への出荷になります。なお、合計値につきましては、 単位未満切り捨てのため、一致しない場合がありますので、ご了承ください。品目分類表 電子部品グローバル出荷統計データExcel FileのDownload 生産動態統計(経済産業省)のデ

2018年1月14日JEITAフィードバック数:0デジタル家電

パーソナルコンピュータ国内出荷実績(2017年10月分)

2017年10月パーソナルコンピュータ国内出荷実績[注]四捨五入のため、内訳の和と合計が一致しない場合がある。パーソナルコンピュータ国内出荷 10月の概況○出荷台数は46万台(前年比98.3%)となった。うちデスクトップ:12万1千台(同101.5%)、ノート型:33万9千台(同97.2%)であった。ノート型比率は73.7%であった。○出荷金額は430億円(前年比104.7%)となった。うちデスクトップ:108億円(同101.1%)、ノート型:322億円(同105.9%)であった。10月は台数が

2018年1月14日JEITAフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

電子材料生産実績(2017年9月分)

ソフトフェライト、永久磁石(希土類磁石)・・・国内生産の合計金額誘電体セラミックス電極材料・・・世界生産量の合計数値(重量指数)誘電体セラミックス電極材料は、銀・パラジウム・銀パラ・ニッケルの合計重量の数値であり、2002年の月平均値を100とした指数である。 2010年4月から積層セラミツクコンデンサ用に限定。本統計は、JEITA電子材料事業委員会で実施している生産統計を基に作成。 統計参加企業21社から提出された各製品ごとの国内生産額(一部製品は販売)、および世界生産量データをとりまとめてい

2018年1月14日JEITAフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

日本の電子工業の輸入(2017年8月分)

電子応用装置(電子計算機及び情報端末を除く) ビデオカメラ、デジタルカメラ(テレビカメラ含む)ラジオ付きテレコ(ヘッドホンステレオ・ステレオセット等含む)ステレオセット等(外部電源によらなければ作動しないもの) 送信、受信、変換、再生装置(有線用を含む)中央処理装置,入出力装置,同一ハウジング収納型不揮発性半導体記憶装置(USBメモリ、フラッシュメモリ)磁気式・光学式の読取機及びデータ処理機械電子応用装置(電子計算機及び関連装置を除く)電圧・電流・抵抗・電力の測定又は検査機器半導体ウ

2018年1月14日JEITAフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

JEITA ソリューションサービス市場規模(2016年度)

JEITA ソリューションサービス市場規模(2016年度)

2018年1月14日JEITAフィードバック数:0モバイル

携帯電話国内出荷統計(2017年9月分)

2017年9月の携帯電話国内出荷台数は1,024千台、前年同月比85.2%となった。うちスマートフォンは708千台、同比109.4%となった。通信事業者におけるスマートフォンの各種販促施策の効果により、3ヶ月連続でプラスとなった。単月のスマートフォン比率は69.2%となった。※移動電話統計の月次公表は2011年4月実績分より、一般社団法人 情報通信ネットワーク産業協会(CIAJ)との連名にて行っている。※単位未満四捨五入により内訳と合計が一致しない場合がある。 携帯用および自動車に搭載される移動

2018年1月14日JEITAフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

産業用電子機器受注統計(2017年9月分)

169億63百万円円(同62.7%増)、固定通信装置264億77百万円(同78.6%増)、基地局通信装置76億円(同53.4%減)、移動通信装置(1)放送装置では、スタジオ装置の内需が前年同月比115.1%増加し、放送装置で同62.7%増となった。(2)移動通信装置では、基地局通信装置の内需が前年同月比53.4%減少し、移動通信装置で同37.2%減となった。※品目別の過去2年間分データをグラフで掲載いたしますので、ご参照ください。棒グラフ=金額(単位:百万円)、折れ線グラフ=前年同月増加率(単位

2017年11月16日JEITAフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

民生用電子機器国内出荷統計(2017年9月分)

1.2017年 民生用電子機器国内出荷実績(金額) 民生用電子機器の9月国内出荷金額は1,108億円(前年比99.1%)となった。分野別に見ると、映像機器は512億円(前年比99.2%)となった。 オーディオ関連機器は77億円(前年比103.1%)となった。 カーAVC機器は519億円(前年比98.5%)となった。 薄型テレビ計は357千台(前年比95.5%)となった。サイズ別では、29型以下が76千台(同96.7%)、30〜36型が100千台(同86.7%)、37〜49型が117千台(同

2017年11月16日JEITAフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

産業用電子機器受注統計(2017年8月分)

うち、放送装置52億円(同16.1%減)、固定通信装置68億33百万円(同1.7%増)、基地局通信装置86億70百万円(同48.8%減)、移動通信装置400億25百万円(同46.7%増)、無線応用装置122億34百万円(同53.3%増)となった。(1)移動通信装置では、移動局通信装置の内需が前年同月比175.7%増加し、移動通信装置で同10.2%増となった。(2)超音波応用装置では、医療機器の内需が前年同月比31.8%増加し、また、同外需が9.5%増加し、全体で同18.8%増となった。※品目別の

2017年11月16日JEITAフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

電子部品グローバル出荷統計(2017年8月分)

本統計は、電子部品部会で実施している「電子部品企業のグローバル動向調査」を基に作成しております。本調査は、参加70数社から提出された、連結ベース(グループ間取引調整後)の出荷額データをとりまとめており、地域に関するデータは、原則として該当部品が消費される地域への出荷になります。なお、合計値につきましては、 単位未満切り捨てのため、一致しない場合がありますので、ご了承ください。品目分類表 電子部品グローバル出荷統計データExcel FileのDownload 生産動態統計(経済産業省)のデ

2017年11月16日JEITAフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

電子材料生産実績(2017年8月分)

これまでの掲載データ誘電体セラミックス電極材料ソフトフェライト( 2018年3月実績まで)希土類磁石( 2018年3月実績まで) 誘電体セラミックス電極材料・・・世界生産量の合計数値(重量指数)誘電体セラミックス電極材料は、銀・パラジウム・銀パラ・ニッケルの合計重量の数値であり、2002年の月平均値を100とした指数である。 2010年4月から積層セラミツクコンデンサ用に限定。本統計は、JEITA電子材料事業委員会で実施している生産統計を基に作成。 統計参加企業7社から提出されたデータを集計

2017年11月16日JEITA★フィードバック数:0デジタル家電

ドライブレコーダー統計出荷実績(2017年度第2四半期)

※ 統計ルールに則り、業務用/コンシューマ用合算して算出した。 出所: JEITA・JDRC(一般社団法人 ドライブレコーダー協議会) ■調査対象交通事故等の発生状況を記録することを主たる目的として、車両の周囲や挙動をカメラや各種センサにて記録する車載装置。記録するメディアの種類、録画方法、液晶ディスプレイの有無は問わない。 運行管理や安全運転教育も目的とした法人向けに設計されたモデル。 万が一の事故時の映像記録を主目的とするもの。 ㈱アイ・オー・データ機器、アルパイン㈱、クラリオン㈱、㈱JV

2017年11月16日JEITAフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

パーソナルコンピュータ国内出荷実績(2017年9月分)

2017年9月パーソナルコンピュータ国内出荷実績[注]四捨五入のため、内訳の和と合計が一致しない場合がある。パーソナルコンピュータ国内出荷 9月の概況○出荷台数は74万7千台(前年比103.7%)となった。うちデスクトップ:18万3千台(同105.1%)、ノート型:56万3千台(同103.2%)であった。ノート型比率は75.4%であった。 出荷金額は642億円(前年比108.0%)となった。うちデスクトップ:153億円(同108.1%)、ノート型:489億円(同108.0%)であった。9月は台数

2017年11月16日JEITAフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

日本の電子工業の生産(2017年8月分)

電子応用装置(電子計算機及び関連装置を除く) その他の搬送装置・付属装置(変復調装置含む)パーソナルコンピュータ(パソコンサーバを含む)デスクトップ型(タワー型及び一体型を含む)電子応用装置(電子計算機及び関連装置を除く)その他のプロセスオートメーション用計測制御機器環境計測機器(自動車用公害測定機器含む)金銭登録機(システム式:端末機として機能)謄写機(謄写版を除く)・事務用印刷機(B3版未満のオフセット印刷機) その他の固定抵抗器(金属皮膜、巻線固定抵抗器含む) Cop

2017年11月16日JEITAフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

国内向け有機ELテレビの出荷実績

国内向け有機ELテレビの出荷実績

2017年10月29日JEITAフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

日本の電子工業の輸入(2017年7月分)

電子応用装置(電子計算機及び情報端末を除く) ビデオカメラ、デジタルカメラ(テレビカメラ含む)ラジオ付きテレコ(ヘッドホンステレオ・ステレオセット等含む)ステレオセット等(外部電源によらなければ作動しないもの) 送信、受信、変換、再生装置(有線用を含む)中央処理装置,入出力装置,同一ハウジング収納型不揮発性半導体記憶装置(USBメモリ、フラッシュメモリ)磁気式・光学式の読取機及びデータ処理機械電子応用装置(電子計算機及び関連装置を除く)電圧・電流・抵抗・電力の測定又は検査機器半導体ウ

2017年10月29日JEITAフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

日本の電子工業の輸出(2017年8月分)

電子応用装置(電子計算機及び情報端末を除く) 小売用の包装にしたもの(使用されたものを除く)ビデオカメラ、デジタルカメラ(テレビカメラ含む)ポケットサイズのもの(外部電源によらずに作動するもの)その他の機器(外部電源によらずに作動するもの)ステレオセット等(外部電源によらなければ作動しないもの)ポータブルラジオ(シャーシ・キット含む) 送信、受信、変換、再生装置(有線用を含む)中央処理装置,入出力装置,同一ハウジング収納型小売用の包装にしたもの(使用されたものを除く)不揮発性半導体記

2017年10月26日JEITAフィードバック数:0モバイル

携帯電話国内出荷統計(2017年8月分)

2017年8月の携帯電話国内出荷台数は1,216千台、前年同月比99.5%となった。うちスマートフォンは738千台、同比150.6%となり、夏モデルの出荷が堅調に推移したことで2ヶ月連続のプラスとなった。単月のスマートフォン比率は60.7%となった。※移動電話統計の月次公表は2011年4月実績分より、一般社団法人 情報通信ネットワーク産業協会(CIAJ)との連名にて行っている。※単位未満四捨五入により内訳と合計が一致しない場合がある。 携帯用および自動車に搭載される移動局電話装置で、携帯電話無線

2017年10月18日JEITAフィードバック数:0ビジネス

パーソナルコンピュータ国内出荷実績(2017年8月分)

2017年8月パーソナルコンピュータ国内出荷実績[注]四捨五入のため、内訳の和と合計が一致しない場合がある。パーソナルコンピュータ国内出荷 8月の概況○出荷台数は49万1千台(前年比93.3%)となった。うちデスクトップ:12万9千台(同100.4%)、ノート型:36万2千台(同91.0%)であった。ノート型比率は73.6%であった。○出荷金額は433億円(前年比99.1%)となった。うちデスクトップ:109億円(同99.7%)、ノート型:324億円(同98.9%)であった。8月は2ヶ月連続で台

2017年10月18日JEITAフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

日本の電子工業の生産(2017年7月分)

電子応用装置(電子計算機及び関連装置を除く) その他の搬送装置・付属装置(変復調装置含む)パーソナルコンピュータ(パソコンサーバを含む)デスクトップ型(タワー型及び一体型を含む)電子応用装置(電子計算機及び関連装置を除く)その他のプロセスオートメーション用計測制御機器環境計測機器(自動車用公害測定機器含む)金銭登録機(システム式:端末機として機能)謄写機(謄写版を除く)・事務用印刷機(B3版未満のオフセット印刷機) その他の固定抵抗器(金属皮膜、巻線固定抵抗器含む) Cop

2017年10月18日JEITAフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

電子部品グローバル出荷統計(2017年7月分)

本統計は、電子部品部会で実施している「電子部品企業のグローバル動向調査」を基に作成しております。本調査は、参加70数社から提出された、連結ベース(グループ間取引調整後)の出荷額データをとりまとめており、地域に関するデータは、原則として該当部品が消費される地域への出荷になります。なお、合計値につきましては、 単位未満切り捨てのため、一致しない場合がありますので、ご了承ください。品目分類表 電子部品グローバル出荷統計データExcel FileのDownload 生産動態統計(経済産業省)のデ

2017年10月18日JEITAフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

電子材料生産実績(2017年7月分)

これまでの掲載データ誘電体セラミックス電極材料ソフトフェライト( 2018年3月実績まで)希土類磁石( 2018年3月実績まで) 誘電体セラミックス電極材料・・・世界生産量の合計数値(重量指数)誘電体セラミックス電極材料は、銀・パラジウム・銀パラ・ニッケルの合計重量の数値であり、2002年の月平均値を100とした指数である。 2010年4月から積層セラミツクコンデンサ用に限定。本統計は、JEITA電子材料事業委員会で実施している生産統計を基に作成。 統計参加企業7社から提出されたデータを集計

2017年10月18日JEITAフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

民生用電子機器国内出荷統計(2017年8月分)

1.2017年 民生用電子機器国内出荷実績(金額) 民生用電子機器の8月国内出荷金額は907億円(前年比93.8%)となった。分野別に見ると、映像機器は439億円(前年比96.7%)となった。 オーディオ関連機器は58億円(前年比91.1%)となった。 カーAVC機器は410億円(前年比91.2%)となった。 薄型テレビ計は297千台(前年比91.4%)となった。サイズ別では、29型以下が53千台(同81.7%)、30〜36型が79千台(同81.3%)、37〜49型が105千台(同96.9

2017年10月5日JEITAフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

産業用電子機器受注統計(2017年7月分)

うち、放送装置39億50百万円(同37.9%減)、固定通信装置144億03百万円(同9.35%増)、基地局通信装置64億57百万円(同69%減)、移動通信装置422億93百万円(同33%増)、無線応用装置44億99百万円(同48.8%減)となった。(1)放送装置では、テレビ放送装置の内需が前年同月比38.4%減少し、放送装置で同37.9%減となった。(2)超音波応用装置では、医療機器の内需が前年同月比0.4%減少し、また、同外需が52.9%増加し、全体で同17.7%増となった。※品目別の過去2年

2017年10月3日JEITAフィードバック数:0モバイル

携帯電話国内出荷統計(2017年7月分)

2017年7月の携帯電話国内出荷台数は1,664千台、前年同月比113.9%と2ヶ月ぶりにプラスとなった。うちスマートフォンは夏モデルの出荷が堅調により1,196千台、同比123.9%と2ヶ月ぶりにプラスとなり、3ヶ月連続で1,000千台越えとなった。単月のスマートフォン比率は71.9%となった。※移動電話統計の月次公表は2011年4月実績分より、一般社団法人 情報通信ネットワーク産業協会(CIAJ)との連名にて行っている。※単位未満四捨五入により内訳と合計が一致しない場合がある。 携帯用および

2017年9月28日JEITAフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

電子材料生産実績(2017年6月分)

ソフトフェライト、永久磁石(希土類磁石)・・・国内生産の合計金額誘電体セラミックス電極材料・・・世界生産量の合計数値(重量指数)誘電体セラミックス電極材料は、銀・パラジウム・銀パラ・ニッケルの合計重量の数値であり、2002年の月平均値を100とした指数である。 2010年4月から積層セラミツクコンデンサ用に限定。本統計は、JEITA電子材料事業委員会で実施している生産統計を基に作成。 統計参加企業21社から提出された各製品ごとの国内生産額(一部製品は販売)、および世界生産量データをとりまとめてい

2017年9月28日JEITAフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

日本の電子工業の輸入(2017年6月分)

電子応用装置(電子計算機及び情報端末を除く) ビデオカメラ、デジタルカメラ(テレビカメラ含む)ラジオ付きテレコ(ヘッドホンステレオ・ステレオセット等含む)ステレオセット等(外部電源によらなければ作動しないもの) 送信、受信、変換、再生装置(有線用を含む)中央処理装置,入出力装置,同一ハウジング収納型不揮発性半導体記憶装置(USBメモリ、フラッシュメモリ)磁気式・光学式の読取機及びデータ処理機械電子応用装置(電子計算機及び関連装置を除く)電圧・電流・抵抗・電力の測定又は検査機器半導体ウ

2017年9月28日JEITAフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

電子部品グローバル出荷統計(2017年6月分)

本統計は、電子部品部会で実施している「電子部品企業のグローバル動向調査」を基に作成しております。本調査は、参加70数社から提出された、連結ベース(グループ間取引調整後)の出荷額データをとりまとめており、地域に関するデータは、原則として該当部品が消費される地域への出荷になります。なお、合計値につきましては、 単位未満切り捨てのため、一致しない場合がありますので、ご了承ください。品目分類表 電子部品グローバル出荷統計データExcel FileのDownload 生産動態統計(経済産業省)のデ

2017年9月28日JEITAフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

日本の電子工業の輸出(2017年7月分)

電子応用装置(電子計算機及び情報端末を除く) 小売用の包装にしたもの(使用されたものを除く)ビデオカメラ、デジタルカメラ(テレビカメラ含む)ポケットサイズのもの(外部電源によらずに作動するもの)その他の機器(外部電源によらずに作動するもの)ステレオセット等(外部電源によらなければ作動しないもの)ポータブルラジオ(シャーシ・キット含む) 送信、受信、変換、再生装置(有線用を含む)中央処理装置,入出力装置,同一ハウジング収納型小売用の包装にしたもの(使用されたものを除く)不揮発性半導体記

2017年9月28日JEITAフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

民生用電子機器国内出荷統計(2017年7月分)

1.2017年 民生用電子機器国内出荷実績(金額) 民生用電子機器の7月国内出荷金額は981億円(前年比90.2%)となった。 分野別に見ると、映像機器は450億円(前年比88.2%)となった。 オーディオ関連機器は72億円(前年比105.5%)となった。 カーAVC機器は460億円(前年比90.2%)となった。 薄型テレビ計は290千台(前年比77.4%)となった。サイズ別では、29型以下が48千台(同67.6%)、30〜36型が86千台(同78.5%)、37〜49型が93千台(同73.

2017年9月28日JEITA★フィードバック数:0企業情報システム

パーソナルコンピュータ国内出荷実績(2017年7月分)

2017年7月パーソナルコンピュータ国内出荷実績[注]四捨五入のため、内訳の和と合計が一致しない場合がある。パーソナルコンピュータ国内出荷 7月の概況○出荷台数は45万9千台(前年比77.4%)となった。うちデスクトップ:12万台(同83.1%)、ノート型:33万9千台(同75.6%)であった。ノート型比率は73.9%であった。○出荷金額は436億円(前年比85.7%)となった。うちデスクトップ:111億円(同88.2%)、ノート型:325億円(同84.8%)であった。7月は、個人向け・企業向け

2017年9月28日JEITAフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

日本の電子工業の生産(2017年6月分)

電子応用装置(電子計算機及び関連装置を除く) その他の搬送装置・付属装置(変復調装置含む)パーソナルコンピュータ(パソコンサーバを含む)デスクトップ型(タワー型及び一体型を含む)電子応用装置(電子計算機及び関連装置を除く)その他のプロセスオートメーション用計測制御機器環境計測機器(自動車用公害測定機器含む)金銭登録機(システム式:端末機として機能)謄写機(謄写版を除く)・事務用印刷機(B3版未満のオフセット印刷機) その他の固定抵抗器(金属皮膜、巻線固定抵抗器含む)

2017年8月20日JEITAフィードバック数:0モバイル

携帯電話国内出荷統計(2017年6月分)

2017年6月の携帯電話国内出荷台数は1,536千台、前年同月比86.5%となった。うちスマートフォンは1,127千台、同比95.0%となった。2ヶ月連続で1,000千台越えとなったものの、夏モデルの発売時期が5月と6月に分散したことにより微減となった。単月のスマートフォン比率は73.4%となった。※移動電話統計の月次公表は2011年4月実績分より、一般社団法人 情報通信ネットワーク産業協会(CIAJ)との連名にて行っている。※単位未満四捨五入により内訳と合計が一致しない場合がある。 携帯用およ

2017年8月9日JEITAフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

電子材料生産実績(2017年5月分)

これまでの掲載データ誘電体セラミックス電極材料ソフトフェライト( 2018年3月実績まで)希土類磁石( 2018年3月実績まで) 誘電体セラミックス電極材料・・・世界生産量の合計数値(重量指数)誘電体セラミックス電極材料は、銀・パラジウム・銀パラ・ニッケルの合計重量の数値であり、2002年の月平均値を100とした指数である。 2010年4月から積層セラミツクコンデンサ用に限定。本統計は、JEITA電子材料事業委員会で実施している生産統計を基に作成。 統計参加企業7社から提出されたデータを集計

2017年8月9日JEITAフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

電子部品グローバル出荷統計(2017年5月分)

本統計は、電子部品部会で実施している「電子部品企業のグローバル動向調査」を基に作成しております。本調査は、参加70数社から提出された、連結ベース(グループ間取引調整後)の出荷額データをとりまとめており、地域に関するデータは、原則として該当部品が消費される地域への出荷になります。なお、合計値につきましては、 単位未満切り捨てのため、一致しない場合がありますので、ご了承ください。品目分類表 電子部品グローバル出荷統計データExcel FileのDownload 生産動態統計(経済産業省)のデ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ