「Sansan」による調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
会社名をGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年2月21日Sansanフィードバック数:0キャリアとスキル

働き方改革に関する意識・実態調査

NEWS > コーポレート > コーポレートのお知らせ > クラウド名刺管理のSansan、 オフィスワーカーの「働き方改革に関する意識・実態調査」結果発表 〜働き方改革、成功の鍵は生産性向上〜ニュースリリース クラウド名刺管理のSansan、 オフィスワーカーの「働き方改革に関する意識・実態調査」結果発表 〜働き方改革、成功の鍵は生産性向上〜 クラウド名刺管理サービスを通じて「ビジネスの出会いを資産に変え、働き方を革新する」ことをミッションに掲げるSansan株式会社(本社:東京都渋谷区、代表

2015年12月25日Sansan★フィードバック数:0ビジネス

名刺管理と処分についてのウェブアンケート調査

もらった名刺を捨てない人が7割、困っている人は半数〜処分しづらい理由は「相手に失礼」「つながりを感じる」 Sansan名刺総研は、このたび20代から50代までの働く人330人を対象に、名刺管理と処分についてのウェブアンケート調査を実施しました。調査の結果、もらった名刺を普段「捨てていない」と回答した人が約7割(69.4%)にのぼり、名刺が捨てられず「困っている」と回答した人も約半数(47%)いることがわかりました。その理由としては、「相手に失礼だから」が最も多く(55.9%)、次いで「人とのつな

2015年5月28日Sansan★フィードバック数:0ビジネス

育児と名刺です。

ママ名刺に関する意識調査

News 2015/05/28 「育児でも名刺は便利」だと思う働きママ・... 「育児でも名刺は便利」だと思う働きママ・パパは57.1%、専業主婦(夫)より25%上回る!〜ママ名刺に関する意識調査を実施〜Sansan名刺総研は、子育て中の20〜30代の男女を対象に実施した「育児と名刺に関する実態調査」を実施しました。調査はWebアンケートを利用し、20〜30代までの子供を持つ親に対して2015年5月8日から一週間をかけて実施。総回答数442件(有効回答数419件)、男女比は男性3:女性7、職業で

2015年3月29日Sansanフィードバック数:0ビジネス

名刺に関する実態調査2015

NEWS > > ビジネスパーソンは名刺探しに1年で20.5時間費やしている!1人あたりの平均名刺枚数は1,383枚 〜名刺に関する実態調査2015〜ニュースリリース ビジネスパーソンは名刺探しに1年で20.5時間費やしている!1人あたりの平均名刺枚数は1,383枚 〜名刺に関する実態調査2015〜 Sansan株式会社はこのたびビジネスパーソンを対象に実施した「ビジネス名刺実態調査」の調査を行いました。4月に新生活を迎えると、新社会人として新たに名刺を持つ人、人事異動で名刺が変わる人も多く、名

2014年8月18日Sansanフィードバック数:0ビジネス

企業の名刺・人脈の共有に関する意識調査

News 2014/08/18 仕事で交換した名刺は個人のもの?会社のも... 仕事で交換した名刺は個人のもの?会社のもの? 76%の営業マンが「社内の人脈を仕事に活用したい」 〜企業の名刺・人脈の共有に関する意識調査〜Sansan株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:寺田親弘、以下Sansan)は、このたび営業担当者555名を対象に実施した「企業の名刺・人脈の共有に関する意識調査」の結果を公開します。Sansanでは、組織内で名刺を共有して営業に活用するクラウド名刺管理サービス『San

2013年12月13日Sansanフィードバック数:0ビジネス

営業マンのビジネス年賀状実態調査

84.7%の営業マンが「名刺交換した相手に年賀状を送る」 年賀状を送るときに困ることは「相手選び」と「宛名書き」〜営業マンのビジネス年賀状実態調査・72.3%の営業マンが「名刺交換した相手に年賀状を送るべき」・ビジネス年賀状は「個人で送る」35.7%、「会社で送る」49「ビジネス上で名刺交換した相手に年賀状を送ることをどう思いますか?」という質問に対し、「送るべきだ」と回答した人は10.1%、「相手によっては送るべきだ」と回答した人は62.2%で、合計72.3%でした。また「名刺交換した相手に年

2013年10月24日Sansanフィードバック数:0ビジネス

営業社員のスマホ活用と名刺に関する実態調査

News 2013/10/24 デキる営業ほどスマホを使いこなし、たくさ... デキる営業ほどスマホを使いこなし、たくさん名刺交換をしている?! 営業社員のスマホ活用と名刺に関する実態調査Sansan株式会社は、2013年9月から10月にかけて実施した営業担当者のスマートフォン活用と名刺に関する実態調査の結果を発表しました。今回Sansanは、企業の営業担当者がどのようにスマートフォンを仕事に活用をしているのかを明らかにするとともに、成果をあげ、会社の業績に貢献できる「強い営業」の特徴を探る目的

2013年3月15日Sansanフィードバック数:0ビジネス

社会人の人脈調査2013

調査レポート「社会人の人脈調査2013」の結果公開有効回答数:565名(男性:334名、女性231名。各年代で同数になるよう設計)・年収が高い人ほど、連絡先が変わりやすい 年収400万円以下、年収401〜800万円以下、年収801万円以上で比較をしたところ、「名刺の連絡先が変わったことがある」と答えた人は400万円以下では23.0%、401〜800万円以下では47.8%、800万円以上では62.9%。全体では「名刺の連絡先が変わったことはない」という人が66.4%。・年収が高い人ほど、名刺をきち

2012年5月17日Sansanフィードバック数:1ビジネス

名刺管理に関する調査

今回の調査について、Facebookにて追加調査を行なっています。▼あなたの「名刺管理の選定ポイント」について、ぜひEightのFacebookページからご投票をお願いします。※タイムラインをスクロールするとアンケートがございます。 https://www.facebook.com/Eight.33inc総括 今回の調査結果から、名刺交換をする人の過半数が現状の名刺管理方法を変えたいと考えており、中でも名刺のデジタル管理への 関心が高まっていることが分かりました。しかし現状では約7割の人が名刺を

2012年4月26日Sansan★フィードバック数:0ビジネス

名刺の共有など会社での名刺の利用についての調査です。

企業における名刺の認識に関する調査

Sansan株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 寺田親弘、以下Sansan)は、BtoB企業に勤務する法人営業職600名を対象に、企業における名刺の認識に関する調査を実施いたしました。営業担当者が業務で獲得する名刺の所有や利用について調査しております。Sansan株式会社は、今後もBtoB営業における名刺の管理・活用に関する調査を定期的に実施し、営業活動における名刺管理・活用の実態について発信してまいります。また、今回の調査についての詳細結果は、こちらから無料でダウンロードいただけま

2012年4月25日Sansanフィードバック数:0企業情報システム

営業業務におけるIT利用に関する調査

BtoB営業のIT化進むも、「名刺管理」は未だアナログ トピックスBtoB企業の法人営業職ではが個人的にFacebookを営業活動に活用Facebookを営業に利用している人のうちが新規開拓営業に役立ったと実感IT利用ニーズが高い営業業務はと「既存顧客の定期的なフォロー」一方で、「営業活動・進捗状況の共有」システム利用者は、情報入力が面倒な点に不満を感じているがアナログな名刺管理に課題を抱えている「名刺を持ち歩く」などの外出先での顧客連絡先情報の管理方法に、潜在的なリスクが潜む調査結果詳細(一部

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ