調査のチカラ TOP > 特集一覧 > データがいっぱい:クラウドコンピューティング特集

データがいっぱい:クラウドコンピューティング特集

世間の注目が集まる分野には調査データが増加します。ITの世界でここしばらく話題の中心となることが多いクラウドコンピューティングについてデータを集めてみました。

2018年5月18日ミック経済研究所フィードバック数:0企業情報システム

ミック経済研究所、「働き方改革」を支援するリモートアクセス&DaaS市場の中期予測を発表

...のポイント●2017年度のリモートアクセス市場は対前年25.7%増で成長。オンプレ、クラウドごとに業種、従業員規模別とそれぞれで分析。 ●2017年度のDaaS市場は対前年21.0%増。業種、従業員規模別などさまざまな角度から集計分析 ● 調査要領第Ⅰ章 本資料の定義と調査範囲■ リモートアクセス市場およびDaaS市場の定義■ 本資料における業種別分類項目の定義■ リモートアクセス市場およびDaaS市場の算出方法第Ⅱ章 「働き方改革」におけるリモートアクセス、DaaS市場動向と中期予測第1節 働き...

2018年5月18日矢野経済研究所★フィードバック数:0企業情報システム

監視カメラ世界市場は2018年に5,700万台を予測

...監視カメラ世界市場は2018年に5,700万台を予測 中国企業は世界市場全体の半数以上を占め、日米欧韓の主要企業は対抗策を講じる 株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は監視カメラ/モニタリング用カメラの世界市場を地域別(日本/欧州/北米/中国/アジア/中近東その他)に調査し、主要カメラメーカーの動向やIP化、HD化、リモートメンテナンス、クラウドカメラサービスなどの次世代動向を踏まえ、将来展望を明らかにした。1.市場概況2017年の監視カメラの世界総市場規模は、メー...

2018年5月16日VESPER★フィードバック数:0ライフスタイル

飲食店の無断キャンセルに関する消費者意識調査

...びレストランの予約顧客管理、ネット予約の一元管理、多言語対応(15ヵ国語)、業界唯一のクレジットカード決済機能「キャンセルプロテクション」、集客ソリューションなどトータルマネジメントを実現するクラウドサービス「TableSolution」の開発・提供。支社:4拠点(大阪、福岡、韓国、シンガポール)URL:※6月1日付でリダイレクト予定TableSolution: https://www.tablesolution.com/TableCheck: https://www.tablecheck.com/ プレ...

若年層の起業並びに起業家に対する意識調査

...イミングでは、身近な女子に目がいくということでしょうか。日本初「人工知能スタートアップ特化型」AIアクセラレーター、募集中。メンタリングを受けた人の感想はこちらやこちら。日本初「HRを”Hackする”スタートアップ投資」ファンド投資希望者募集中。15分で取材完了、マッハ取材受付中。この記事が気に入ったらいいねしよう!最新記事をお届けします。どこでもかんたんVRのクラウドソフト「スペースリー」(Spacely、旧名:3D […]...

製造業のデジタルトランスフォーメーションが、2021 年までにアジア太平洋地域の GDP を 3,870 億ドル(約 42.5 兆円)増加

...いビジネスモデルを創成するデジタルトランスフォーメーションの可能性を最大化できる可能性も高まっています」とハンターは述べています。今年度は、製造系企業はクラウドとビッグデータ分析、次いで、AI、コグニティブコンピューティング、ロボット、IoT への投資を強化する予定です。実際、IDC は2019 年までに、(日本を除く)アジア太平洋地域において、デジタルトランスフォーメーションの取り組みの 40 パーセントが、新しい業務と収益化モデルのための重要な洞察を生み出す AI とコグニティブコンピューティングにより支援されると予測しています[2]。 製造系企業はスキル、組織文化、サイ...

2018年5月14日矢野経済研究所★★フィードバック数:0企業情報システム

国内eラーニング市場調査

...%増の1,380億円であり、前年度に続き両市場ともに拡大見込みである。 BtoB市場は、スマートフォン、タブレット端末の普及による学習ツールの多様化、情報通信技術の向上、クラウド環境の進展などによってもたらされたeラーニングの利便性向上が、顧客企業の利用機会増加、顧客層のすそ野拡大を導き、堅調推移を継続させている。​一方、BtoC市場は、2014年度を境に1,000億円台の規模に急成長し、ここ数年における国内eラーニング市場規模の拡大を牽引している。2017年度は、学習塾・予備...

2018年5月11日True Dataフィードバック数:0ビジネス

ドラッグストア2018年3月のインバウンド消費調査 

...ビニチェーン等の小売業に対するID-POSシステム、プロモーション・CRM支援・教育支援等のデータ活用、コンサルティングサービスの提供2.マーケティングパネルデータ (全国購買データベース「True Data」※)を活用したクラウド型製品とサービスの提供※「True Data」とは株式会社True Dataが設計、運用する、全国のドラッグストア、スーパーマーケットなどの消費者購買情報を統計化した標準データベース。全国延べ5,000万人規模の購買情報から構成され、性別、年代情報をカバーしています。 報道関係者向け お問...

2018年5月11日アクセンチュア★★フィードバック数:0マーケティング

5つの最新テクノロジートレンド

...世界には一段と高度で洗練されたテクノロジーが登場しています。しかし、既存の技術基盤ではこうしたシステムの本領を最大限発揮させることができません。昨日のアーキテクチャで明日の画期的なテクノロジーを構築することはできないのです。次世代テクノロジーのインテリジェンスを実現するために、企業はインフラを全面的に見直す必要があります。企業は、社会の隅々に溶け込むために、自社の技術基盤を変革する必要があります。つまり、クラウドとエッジコンピューティングのバランスを見直し、ハードウェアを再考することです。こうした新たな取り組みによって、企業は、いか...

2018年5月11日マカフィー★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

サイバーセキュリティ人材の不足が深刻化するなか、ゲーマーの採用が解決策に

...フィーは、市場調査会社であるVanson Bourneに、従業員数500人以上の国営/民間企業から300人のシニア セキュリティ マネージャーと650人のセキュリティ専門家を対象としたアンケート調査を委託しました。この調査は、アメリカ、イギリス、ドイツ、フランス、シンガポール、オーストラリアおよび日本で実施されました。また、この調査は、脅威、技術投資、スキルなど、ITセキュリティ企業が直面している重要な問題に関する見解を取得し、脅威に対抗するための必勝法や技術を探し出すことを目的としています。マカフィーについてマカフィーはデバイスからクラウド...

2018年5月10日ワークデイフィードバック数:0ビジネス

日本市場の「働き方改革」の現状と課題についての調査結果 

....(米国ワークデイ)について米国ワークデイはクラウド型財務・人事用エンタープライズ アプリケーションプロバイダです。2005年に設立された米国ワークデイは、世界最大規模の企業、教育機関、官公庁などの組織で使用されることを念頭に設計されたヒューマンキャピタルマネジメント(HCM)、ファイナンシャルマネジメント、および分析用アプリケーションを提供しており、中規模企業からフォーチュン50社にランクインする大企業まで幅広い組織が導入しています。米国ワークデイ(英語):ワークデイ(日本語): この...

2018年5月10日パナソニックフィードバック数:0社会/政治

離れて暮らすオトナ親子のコミュニケーションに関する調査

...思い出しているそうです。そんなご両親のために、「おうちクラウドディーガ」を使って週に一回、写真や動画を送りませんか。スマホから実家の「おうちクラウドディーガ」に送信するだけで、離れて暮らすご両親に写真や動画を簡単に共有できます。さらに届いた写真や動画は 「おうちクラウドディーガ」 のリモコンひとつで、テレビ画面でスライドショー再生することも。きっとその写真や動画は、ご両親とコミュニケーションをとる機会も増やしてくれるはずです。 *スマホで撮った写真や動画を「おうちクラウドディーガ」に送信するには、スマ...

2018年5月9日パナソニックフィードバック数:0社会/政治

離れて暮らすオトナ親子のコミュニケーションに関する調査

...思い出しているそうです。そんなご両親のために、「おうちクラウドディーガ」を使って週に一回、写真や動画を送りませんか。スマホから実家の「おうちクラウドディーガ」に送信するだけで、離れて暮らすご両親に写真や動画を簡単に共有できます。さらに届いた写真や動画は 「おうちクラウドディーガ」 のリモコンひとつで、テレビ画面でスライドショー再生することも。きっとその写真や動画は、ご両親とコミュニケーションをとる機会も増やしてくれるはずです。 *スマホで撮った写真や動画を「おうちクラウドディーガ」に送信するには、スマ...

2018年5月8日ServiceNow Japanフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

情報セキュリティに関する国際調査 日本企業の半数以上がセキュリティレスポンスの自動化の採用や強化を検討

...いてServiceNow Inc.は、世界で最も急成長を遂げている企業向けクラウドサービス企業の1社です。同社が扱うSaaS型サービスマネジメントツール「ServiceNow」は、ITSM(ITサービスマネジメント)を中心に世界で5,300社の導入実績があります。要件に合わせて容易に利用可能なポータル、データベース、ワークフロー、開発環境、機械学習機能を擁する単一プラットフォーム上で、ITSM、カスタマーサービス、セキュリティオペレーション、人事管理サービスを提供しているので、企業内の広範囲なビジネスプロセスを、部門...

2018年5月2日ランサーズ★フィードバック数:0ビジネス

フリーランス実態調査 2018年版

...もフリーランスの働く環境は改善をしていく必要がありそうです。 また、フリーランス継続の障壁で3番目に多い回答として、「仕事がなかなか見つからない」とありますが、フリーランスの半数以上は知人の紹介などを含む人脈を通して仕事を得ています。クラウドソーシングやシェアリングサービスなどオンライン活用の割合も昨年から1%ずつ増加しており、今後も増えていくと考えられます。なおアメリカは既に5割以上がオンライン化しているというデータがあります。 ◎プレスリリースは、こちらからご覧いただけます。 PressRelease_2018年度版フリーランス実態調査◎2018年度...

2018年4月26日ガートナー★フィードバック数:0企業情報システム

テクノロジ人材のスキルに関する調査結果

...国内におけるユーザー企業の動向を定量的側面と定性的側面の両方から継続的に調査しています。各種の調査は、クラウド、AI (人工知能)、IoT (モノのインターネット) といったテクノロジの利用状況のみならず、企業や組織の課題、将来の方向性、人材のスキルといったさまざまな観点に立つものとなっています。従業員数500人以上の日本企業を対象に、ガートナーが2018年2月に実施した調査の中で、テクノロジ人材 (ITインフラ関連組織の人材) のスキルに関する課題を尋ねたところ、改善したい人材のスキルのトップはリーダーシップであることが明らかになりました (図1参照)。今回の結果は、ガー...

2018年4月24日大和ネクスト銀行フィードバック数:0社会/政治

社会貢献に関する調査2018

...9割「社会貢献活動につながる商品・サービスは積極的に利用したい」5割半が同意今後盛んになると思う社会貢献活動 「クラウドファンディングによる寄付」が1位パートナーと参加したい社会貢献活動 3位「子育て支援ボランティア」、2位と1位は?■ 社会貢献活動への参加、不参加の理由社会貢献活動に参加する三大理由 「人の役に立ちたい」「学校や職場の取り組み」「いい経験になる」社会貢献活動に参加しない三大理由 「関心がない」「生活に余裕がない」「時間がない」■ 社会貢献活動への認知・関心...

2018年4月18日セーフィーフィードバック数:0キャリアとスキル

飲食・小売店の人手不足を支える防犯・監視カメラ利用の実態調査 93.3%の店舗がレジ上にカメラ設置

...飲食・小売店の人手不足を支える防犯・監視カメラ利用の実態調査 93.3%の店舗がレジ上にカメラ設置 〜侵入者/防犯に加え、内部被害への不安が多い現状〜 クラウド録画型映像プラットフォーム「Safie(セーフィー)」を開発・運営するセーフィー株式会社(本社 東京都品川区、代表取締役社長 佐渡島隆平)は、同社のカメラシステムを導入している、複数店舗の飲食・小売店を経営している事業者を対象に、カメラの設置場所、利用方法など調査した結果、市場...

2018年4月17日EMCジャパン★★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2018年に顕著となるサイバー犯罪は?

...まい分析の活用を進めて統合された脅威インテリジェンス機能を活用し、モバイル環境やクラウド環境にも展開できるソリューションが必要と考えます。不正行為による攻撃をすべて阻止することはできませんが、攻撃に対する検出方法と対応方法を変えることで、損失や損害を最小限に抑えられます。■参照資料 「2018年のサイバー犯罪の現状」 https://www.rsa.com/content/dam/ja/white-paper/2018-current-state-of-cybercrime.pdf このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。 メデ...

2018年4月16日CA Technologiesフィードバック数:0企業情報システム

AgileとDevOpsの全社展開が企業のビジネス成長のカギになることが明らかに

...トウェアはあらゆる業界であらゆるビジネスの中核を担っています。プランニングから開発、管理、セキュリティまで、CAは世界中の企業と協力し、モバイル、プライベート・クラウドやパブリック・クラウド、分散環境、メインフレーム環境にわたって、人々の生活やビジネス、コミュニケーションの方法に変化をもたらしています。CA Technologiesの詳しい情報については、<; (日本)をご覧ください。また、ツイッターについては、https://twitter.com/ca_japanをご覧ください。*本文...

アジア太平洋地域のヘルスケア市場:2018年の5つのトップトレンド

...ア市場は世界で最も早い成長を遂げつつある地域の1つとなります。この様な好調な成長の背景には、ヘルスケア産業におけるテクノロジーの導入拡大や、最新技術を活用した遠隔医療などの従来の病院を超えた医療へのアクセス拡大があります。XaaS (X as a Service)をはじめとする新しいサービスモデルは、ヘルスケアビジネスにおいて新たな収益源を創出することが見込まれます。また、ヘルスケア産業でのデータストレージ拡大のニーズ増大に伴い、クラウドがコアプラットフォームとして浮上する見通しです。さらに、デジ...

2018年4月13日キャップジェミニフィードバック数:0社会/政治

キャップジェミニのワールド・フィンテック・レポート2018では、将来の金融サービスにおける成功の鍵として共生的コラボレーションに注目

...、Alibaba、Apple、Facebookなどの従来型の金融サービスには存在しないデータ駆動型のテクノロジー企業をカバーする一般的な用語です。 キャップジェミニについてキャップジェミニは、コンサルティング、テクノロジーサービス、デジタルトランスフォーメーションのグローバルリーダーとして、イノベーションの最前線に立ち、進化を続けるクラウド、デジタル及び各種プラットフォーム分野で、顧客のあらゆるビジネス機会に対応致します。キャップジェミニは、50年にわたり蓄積してきた優れた実績と業界固有の専門知識を基に、戦略...

2018年4月12日ワコムフィードバック数:0ライフスタイル

引越し時のインテリア配置 約7割が事前シミュレーションが大事と回答 

...書いた手書きのレイアウト図をボタン1つ押すだけで簡単にデータ化することができるので、お部屋のレイアウトやインテリアのシミュレーションツールとしても活用できます。※Bamboo Blogでも本インフォグラフィックをご覧いただけます。Bambooスマートパッドを活用したレイアウトシミュレーション方法も記事内でご紹介しています。Bamboo®スマートパッドとは?「Bamboo Folio」および「Bamboo Slate」は、紙のノートとスマートフォン、クラウドサービス、PCなど...

2018年4月11日ウェブルートフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

日米セキュリティ専門家400名に聞いたAI・機械学習に関する意識・実態調査・日米比較

...テリジェントなエンドポイント保護および脅威インテリジェンス・サービスによって「モノのインターネット」(IoT=Internet of Things/モノのインターネット)のセキュリティを実現。クラウドベースで予測型の総合脅威インテリジェンス・プラットフォームを活用することによって、コンピュータ、タブレット、スマートフォン、そしてあらゆるデバイスをマルウェアや他のサイバー攻撃から保護しています。高い評価を受けているSecureAnywhere®インテリジェント・エンドポイント保護とBrightCloud®脅威インテリジェンス・サービスは、世界...

2018年4月11日カオナビフィードバック数:0キャリアとスキル

仕事の目標を達成するための意外な秘訣とは!?「仕事ができる人」への近道は、社内の人の顔と名前を覚えることだった!

...ないに関わらず、周囲の人たちの協力なしでは前に進まない場面も多々あるものです。そのようなときに、周囲の人たちの協力を仰ぎやすいことで、与えられたハードルを越えて実績を積んでいくことも容易になっていくでしょう。このようなコミュニケーションが成立している人は、信頼を集めやすく、親和性が高まりやすいことから、多くのチャンスを与えられるようになるかも知れません。「顔と名前の一致」をコミュニケーションの入口にして、自身のモチベーションを高め、チャンスを掴み、成果を上げていくことも期待できそうです。■ クラウド...

2018年4月6日ガートナーフィードバック数:0企業情報システム

「2020年末まで、企業はERPを新たなデジタル・コアに転換するために、デジタル・プラットフォームへの投資の50%以上を費やす」

...層の賛同やエンドユーザーの幅広い関与が必要となります。また、投資を正当化するためには、周到な戦略、計画、予算の策定や、包括的な変更管理に向けて準備することも求められます。一方、ERPベンダーや、そのパートナーであるITサービス・プロバイダーにとっては、顧客のデジタル・ビジネス戦略に沿った、コスト効率に優れた刷新や置き換えを提案し、支援できることが、今後の重要な差別化要素となるでしょう。2020年までに、パブリック・クラウドに展開される実行系ERPは5%未満にとどまり、オンプレミスERPがクラウドによって一掃されないことが明白になる多くのITリー...

2018年4月5日ランサーズ★フィードバック数:0キャリアとスキル

フリーランスの経済規模が初の20兆円超え、副業経済は8兆円規模へ! 報酬は昨年対比112%、業務委託ベースのパラレルワーカーが増加

...もフリーランスの働く環境は改善をしていく必要がありそうです。 また、フリーランス継続の障壁で3番目に多い回答として、「仕事がなかなか見つからない」とありますが、フリーランスの半数以上は知人の紹介などを含む人脈を通して仕事を得ています。クラウドソーシングやシェアリングサービスなどオンライン活用の割合も昨年から1%ずつ増加しており、今後も増えていくと考えられます。なおアメリカは既に5割以上がオンライン化しているというデータがあります。 ◎プレスリリースは、こちらからご覧いただけます。 PressRelease_2018年度版フリーランス実態調査◎2018年度...

2018年4月5日日本マイクロソフトフィードバック数:0企業情報システム

アジアが次のAI技術開発のフロンティアに

...長きにわたるものでした。しかし、ここ数年の間に、ビッグデータ、強力なクラウドコンピューティングの普及、そして、ソフトウェアアルゴリズムと機械学習のブレークスルーにより、魅力的なAIの活用が現実のものとなりました。今日の AI は、組織の、そして国家のデジタルトランスフォーメーションの中核にあります。調査会社 IDC は、2019 年までに、AIは新しい業務運営と収益化モデルのためのタイムリーで重要な洞察を提供し、アジア地域のデジタルトランスフォーメーションの 40%を支援すると予測しています。※2021 年ま...

2018年4月3日フロスト&サリバンフィードバック数:0企業情報システム

フロスト&サリバン:2018年ヘルスケア業界の8大トレンド予測を発表

...ト削減へのニーズ増大により、2018年にクラウドが企業の中核プラットフォームとなる見込みです。2018年には、米グーグルやアップルといったテクノロジー企業がヘルスケア市場でより大きな影響力を持つようになり、米食品医薬品局(FDA)のファストトラック(優先承認審査制度)プログラムを利用して、デジタル治療や医療アプリを臨床領域に投入する企業の出現も予想されます。バーチャルや遠隔での治験が増加し、2018年末までに世界全体の治験のうち約20%がバーチャルや遠隔を通じて実施される見通しです。2018年に...

2018年4月3日ホットリンク★★フィードバック数:0ビジネス

火の用心!ツイート1本火事の元!?"炎上ゼロ経営"が企業の業績を伸ばす!

...ソーシャル・ビッグデータ活用のクラウドサービス 企業のSNS炎上に関する調査 火の用心!ツイート1本火事の元! ”炎上ゼロ経営”は企業の業績を伸ばす 【概 要】ソーシャルリスクモニタリングサービス「e-mining」などを手掛ける株式会社ホットリンク(本社:東京都千代田区、証券コード:3680、代表取締役社長 内山幸樹、以下 ホットリンク)は、SNS炎上に対して企業が行っている危機管理の実態と、SNS炎上が消費者の購買心理に与える影響を明らかにするため、2,129名を対象とした「企業...

2018年3月29日ベリタスフィードバック数:0企業情報システム

データ保護、コンプライアンス、継続性確保は、クラウドサービスプロバイダにお任せ??

...製品 ソリューションソリューションベリタスのソリューションが追及するのは情報です。インフラではありません。マルチクラウドデータ管理に対する包括的な 360 度アプローチによって、情報がどこに移動しようとあらゆる場所で保護、可用性、洞察を提供します。 マルチクラウドベリタスのマルチクラウドデータ管理は、クラウドへの移行だけでなく、クラウドから、そしてクラウド間の移動も支援できます。データ管理に関するベリタスの包括的なアプローチは、マルチクラウドに対応できるように作成されており、デジ...

2018年3月29日ガートナー★フィードバック数:0企業情報システム

2020年末まで、企業はERPを新たなデジタル・コアに転換するために、デジタル・プラットフォームへの投資の50%以上を費やす

...層の賛同やエンドユーザーの幅広い関与が必要となります。また、投資を正当化するためには、周到な戦略、計画、予算の策定や、包括的な変更管理に向けて準備することも求められます。一方、ERPベンダーや、そのパートナーであるITサービス・プロバイダーにとっては、顧客のデジタル・ビジネス戦略に沿った、コスト効率に優れた刷新や置き換えを提案し、支援できることが、今後の重要な差別化要素となるでしょう。2020年までに、パブリック・クラウドに展開される実行系ERPは5%未満にとどまり、オンプレミスERPがクラウドによって一掃されないことが明白になる多くのITリー...

2018年3月29日矢野経済研究所フィードバック数:0企業情報システム

クラウド基盤(IaaS/PaaS)サービス市場に関する調査

...るヒアリングを併用、郵送によるアンケート調査<クラウド基盤(IaaS/PaaS)サービスとは>本調査における IaaS(Infrastructure as a Service)、PaaS(Platform as a Service)とは、いずれもパブリッククラウド(サービス提供事業者のクラウド基盤)を利用し、インターネット経由で提供される仮想化技術、自動化技術等を施したクラウドコンピューティング環境をさす。市場規模は事業者売上高ベースにて算出した。なお SaaS(Software as a Service)は含...

2018年3月29日フォーティネットフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

企業あたりの攻撃数が82%増加していることが明らかに、IoTを標的とするスウォーム攻撃が急増

...増加だけでなく、マルウェアそのものも進化しています。HTTPSとSSLで暗号化されたトラフィックがネットワークトラフィック全体に占める割合の平均が、60%近くまで上昇しました。暗号化によって、ネットワークコア、クラウド、エンドポイントの環境間を移動するデータの保護が強化されるのは確かですが、その一方で、従来型のセキュリティソリューションに新たな課題を提示することにもなります。IoTを標的とする攻撃の急増:IoTデバイスを標的とする攻撃が20位以内に3つも登場し、Wi-Fiカメ...

2018年3月27日うるるフィードバック数:0社会/政治

官公庁・地方自治体入札市場レポート(2018年2月)

...出来る業務支援サービス。役務から物品、建設・工事まで、あらゆる分野の入札情報が検索可能。情報はクラウドワーカーが目視・手作業で収集を行っているので、プログラムのみでは取得できない情報も網羅されていることが最大の特徴です。※当月次レポートは、NJSSで収集している案件を元とした独自調査です。当社は、当月次レポートに掲載されている投稿内容につきまして、情報の内容や正確さには細心の注意を払っていますが、利用者が当レポートの情報を用いて行う一切の行為について、何ら責任を負うものではありません。【サー...

家計に浸透する電子商取引、支出額は15年で約10倍に-ICT消費、8四半期連続成長-

...り在庫減少局面から在庫積み増し局面にあったが、今期は一気に45線を越え、在庫積み上がり局面に入ったことだ。先行きの懸念材料として今後注視していく必要がある。 ICTサービスについては、引き続き、スマホやクラウドサービスの普及による新サービス、サイバー攻撃に対応するためのセキュリティの提供、また災害、内部統制などリスク対策としての利活用が進展することが期待される。加えて中小企業では販路拡大を狙いにしたECへの対応が進展している。消費者向けでは、EC等の生活系ICTサービスの浸透も継続しており、それ...

2018年3月16日NTTドコモフィードバック数:0モバイル

スマホトラブルから子どもを守る! スマホにまつわる心配事を解消するサービスとアプリをご紹介!

...メールおまかせブロックメールに特化したフィルタリングサービスです。迷惑メールを自動で判定し、ブロックします。既存の迷惑メール対策と併用できるのが大きなメリット。さらに安心度アップが期待できますね。月額利用料は200円です。設定は不要で、申込みするだけ! 申込みは、パソコン・スマートフォン・ドコモ ケータイ(spモード)・電話・ドコモショップで受付けています。迷惑メールは専用フォルダで受信するので確認後は、まとめて削除が可能。ドコモ電話帳(クラウド)に登録されたメールアドレスからのメールのみ受信することもできます。なお、この機能はiphoneやipadなど...

2018年3月15日ガートナーフィードバック数:0企業情報システム

ガートナー、日本国内の企業によるクラウド・アプリケーション開発に関する動向調査の結果を発表

...ホーム − 2018年 プレス・リリース −ガートナー、日本国内の企業によるクラウド・アプリケーション開発に関する 動向調査の結果を発表 2018年2月27日ガートナー ジャパン株式会社広報室ガートナー、日本国内の企業によるクラウド・アプリケーション開発に関する動向調査の結果を発表大企業では既に6割がクラウド上でのアプリケーション開発を推進、取り組みに当たっては目的と期待事項の明確化が鍵にガートナー ジャパン株式会社 (所在地:東京都港区、代表取締役社長:日高 信彦) は本日、クラウド...

2018年3月13日デジタルアーツ★★フィードバック数:0モバイル

未成年の携帯電話・スマートフォン利用実態調査

...・サポートまでを一貫して行い、国産初のWebフィルタリングソフトを市場に出したメーカーならではの付加価値を提供しています。また、フィルタリング製品の根幹を支える国内最大級のWebフィルタリングデータベースと、世界27の国と地域で特許を取得した技術力が高く評価されています。国内でトップシェアを誇るWebフィルタリングソフトとして、家庭及び個人向け「i-フィルター」・企業向け「i-FILTER」「i-FILTER ブラウザー&クラウド」を提供する他、企業...

2018年3月9日デルフィードバック数:0企業情報システム

人とマシンの協調関係に対する調査レポート

...要性に関する見解は一致このように未来へのビジョンや直面している課題に対する見解は割れているものの、変革をしなければならないという必要性に関するビジネス リーダーの見解は一致しています。実際に、さまざまな課題に直面しながらも、圧倒的多数の企業は、今後5年以内にトランスフォーメーションを実現する道を順調に歩んでいるだろうと考えています。これらの企業が5年以内に達成している可能性が高いとしている分野は次の通りです。効果的なサイバー セキュリティ体制を確立している: 94%製品をクラウドライクな料金体系で提供している: 90%ソフトウェア デファインド企業への移行が完了している: 89%R&D(研究...

2018年3月8日野村総合研究所★★フィードバック数:0企業情報システム

「ITロードマップ2018年版」をとりまとめ

...コンピュータ関連のロードマップ 2018〜2022年度:黎明期。量子アニーリング型コンピュータを用いたAI研究の進展と量子超越性の実現D-Waveに加え、内閣府の産学官連携プロジェクト「革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)」で開発されたレーザーネットワーク型コンピュータがクラウド環境で公開されるなど、アナログ方式の量子コンピュータの活用が活発化します。これにより、組み合わせ最適化問題やアプリケーションの研究が進み、車の自動運転のための画像認識や渋滞予測のための経路最適化、消費...

2018年3月7日ビズリーチフィードバック数:0キャリアとスキル

主婦パート・アルバイト積極採用企業ランキング

...中の選択肢と可能性を広げていく」をミッションとし、2009年4月より、人材領域を中心としたインターネットサービスを運営するHRテック・ベンチャー。東京本社のほか、大阪、名古屋、福岡、シンガポールに拠点を持ち、従業員数は943名(2018年1月現在)。即戦力人材と企業をつなぐ転職サイト「ビズリーチ」や、若手社員のためのレコメンド型転職サイト「キャリアトレック」、AI技術を活用した戦略人事クラウド「HRMOS(ハーモス)」、求人検索エンジン「スタンバイ」、事業承継M&Aプラットフォーム「ビズリーチ・サクシード」などを展開。本件...

2018年3月6日IDC★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

世界ロボティクス関連市場予測を発表

...ーチディレクターのジン・ビン・チャン博士は述べています。「ロボティック技術の成熟、市場への対応、そして関連技術の成熟という3つの条件が重なり、サービスロボット市場が成長しつつある。ロボットがこの水準に達するのは、一朝一夕というわけにはいかなかった。約10年間に及ぶ研究開発の結果である。年月の経過とともに、革新的なテクノロジー企業が既存の技術を基盤にして、ロボットデバイスに新しいテクノロジーレイヤーを積み重ねてきた。ロボットのシステムが成熟し、AI、高度な視覚システム、クラウドアプリケーション、IoTがこれに加わり、イノ...

2018年3月5日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内DevOpsソフトウェア市場予測を発表

...小規模でDevOpsを実践する企業が増加し、2017年の国内DevOpsソフトウェア市場は前年比16.1%増 2017年~2022年の年間平均成長率は20.8%、2022年には427億円に達する DevOps向けパブリッククラウドサービス市場が高い成長 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、2017年の国内DevOpsソフ...

2018年2月26日メンバーズ★フィードバック数:0マーケティング

従来の「機能・価格訴求型コンテンツ」と比較し「社会課題解決型コンテンツ」アプローチでより高いマーケティング成果を実証

...課題解決型コンテンツ(以下、CSV(※1)型コンテンツ)」のどちらがよりマーケティング成果が高いのか比較調査を行い、「CSV型コンテンツ」が、特定の年齢層に対して高いマーケティング成果を生むことを実証しました。 本調査では、トレンドマイクロの製品である「ウイルスバスター クラウド」の機能や価格面を訴求する「通常型コンテンツ」に加え、トレンドマイクロが提供する特定のセキュリティ防御技術にフォーカスし、その優れた防御アプローチに込めた社会課題解決への取り組みをコンテンツ化した「CSV型コンテンツ」を用いたWebペー...

2018年2月23日DOMO★★フィードバック数:0マーケティング

データ利活用実態調査

...エイティブサーベイ株式会社に委託し共同で実施したものです。数多くのビジネスカンファレンスを主催するビジネス・フォーラム事務局の会員166名を対象に、データ利活用に対する意識のほか、データに対する投資状況、さらは業務遂行や意思決定への貢献に至るまでを調査しました。調査期間は2017年10月28日~12月9日です。▼調査結果の詳細は、以下リンクより調査レポートをご覧ください。 https://www.domo.com/jp/learn/2017-cdo-surveyDomoについてDomoは、企業の業績向上を支援するクラウド...

2018年2月22日OpenTableフィードバック数:0ライフスタイル

訪日外国人が予約した日本のレストラン トップ 20

...ミを見て来店する人も少なくありません。さらに一度気に入っていただくと、訪日外国人のお客様であっても再来店してくださいます。例えば、OpenTableのクラウド型サービス『GuestCenter(ゲストセンター)』のようなお客様の情報を一括して簡便に収集・管理できるシステムがあれば、お客様が以前何をオーダーされたか、好みは何か、アレルギーはあるかなどを確認できるので、再来店された際にも十分なホスピタリティを発揮できます。」と初来店、そして再来店の訪日外国人客についての特徴と対応についてお話しくださいました。さらに「訪日...

2018年2月21日日経xTECH★★フィードバック数:0企業情報システム

大手2社の強さ目立つ、「パートナー満足度調査 2018」結果発表

...部門の1位獲得企業は表の通りである。大手ITベンダーでは前回の調査に引き続き、NECと富士通の強さが目立った。「パートナー満足度調査 2018」の1位獲得企業統合運用管理ソフト(サーバー/ ネットワーク系) 「AI/IoT基盤」など3部門を新設 「AI/IoT基盤システム製品」「クラウド基盤サービス(IaaS、PaaS)」「ビデオ/音声会議システム製品」の3部門を新設した。様々な業種の企業が本業の強化やビジネスモデルの刷新を狙ってデジタル変革にまい進する現在、関連...

アジアにおけるデジタルトランスフォーメーションの経済効果調査

...-us/talent-solutions/cx/2017/PDFs/digital_workforce_future.pdf )の最新の調査(*2)によると、アジア太平洋地域の将来の経済に求められるデジタル人材の基本スキルがAI、ビッグデータアナリティクス、クラウドコンピューティングであることが明らかになっています。日本において最も需要が高いスキルは、ビッグデータアナリティクス、クラウドコンピューティングなどです。 “Unlocking the Economic Impact of Digital...

2018年2月19日日経BP★★フィードバック数:0企業情報システム

企業の2018年ITの最重点投資分野は「クラウドサービス」「人工知能(AI)」、「IoT/M2Mソリューション」への投資が拡大 「人工知能(AI)」への事業活用に5割の企業が関心 過半数の企業が活用意向を示す~「携帯電話・スマートフォン“法人利用”実態調査2018」より~

...日経BPコンサルティング コーポレートサイト HOME>最新情報>ニュースリリース>2018>企業の2018年ITの最重点投資分野は「クラウドサービス」 「人工知能(AI)」、「IoT/M2Mソリューション」への投資が拡大 「人工知能(AI)」への事業活用に5割の企業が関心 過半数の企業が活用意向を示す企業の2018年ITの最重点投資分野は「クラウドサービス」「人工知能(AI)」、「IoT/M2Mソリューション」への投資が拡大「人工知能(AI)」への事業活用に5割の企業が関心 過半...

2018年2月18日Dell EMC★フィードバック数:0企業情報システム

700社以上の中堅企業を対象にした「IT投資動向調査」結果 中堅企業の8割が働き方改革に着手、一方で3割がセキュリティ事故の被害経験ありで対策が急務

...(昨年から1.6歳(*4)若返り)で、比較的IT理解度が高い世代による経営が進んでいる。IT投資の意思決定に関して、経営者のみが行っている企業は24%(昨年から2ポイント伸長)であり、経営者が関与している割合は73%(昨年から3ポイント伸長)といった結果からも、年々確実に経営とITの一体化が進む企業が増加。また、IoTやデジタルマーケティングなど、ビジネスへのIT活用が積極化しており、中堅企業においてもデジタルトランスフォーメーションが進んでいると考えられる。6. クラウド(IaaS)の利...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ