調査のチカラ TOP > 特集一覧 > データがいっぱい:ネットショッピング特集

データがいっぱい:ネットショッピング特集

世間の注目が集まる分野には調査データが増加します。インターネットの黎明期には懐疑的な目で見られることもあったネットショッピングですが、今や大きな市場になっています。

2018年9月6日ジャストシステムフィードバック数:0大型消費/投資

3割以上がコンビニで現金を使わず。「キャッシュレス化」が進む

...3割以上がコンビニで現金を使わず。「キャッシュレス化」が進む Eコマース&アプリコマース月次定点調査(2018年6月度)3割以上がコンビニで現金を使わず。「キャッシュレス化」が進む10代と20代は、他世代と比べて「スマホ決済」が浸透調査結果サマリーリアル消費で「キャッシュレス化」が進む。3割近くがコンビニも現金を使わず公共交通機関やコンビニエンスストアなど、さまざまなシーンでの支払い方法を聞いたところ、「公共交通機関の運賃を現金以外で支払うことが多い」という人は44.6%、「コン...

2018年9月6日ニールセン★フィードバック数:0マーケティング

ニールセン CMOレポート 創刊第一号

...会社ビデオリサーチニールセン デジタル株式会社は、ニールセンの消費者視聴行動分析部門の日本法人として、視聴者分析と広告分析のソリューションを通じて、お客様のビジネスにおける重要な意思決定を支援するデータ、分析、インサイトを提供しています。製品やサービス、および分析結果のインサイトについては、広告主企業、メディア運営企業、E コマース企業、広告会社より高い評価をいただいています。ニールセン デジタル株式会社のサービス概要、および会社概要はwww.netratings.co.jp をご覧ください。ニー...

2018年9月3日マージェリックフィードバック数:0マーケティング

【Instagramのショッピング機能に関する調査】

...近くのユーザーがInstagramを見て商品を買った経験があり、その内7割のユーザーが衝動買いを経験しているInstagram利用者の44.5%の人が『ショッピング機能(ShopNow)』を知っている64.4%が使ったことがあるもしくは使ってみたいと回答。機能に対して好意的なユーザーが多い最近の買い物スタイルとして、「ネットショッピング利用が増えた」という声が多数SNSが購入の起点に。SNSチェック後に実店舗やECサイトで購入するユーザーが増加気軽に買えるネットショップだからこそ、慎重...

【書籍購入の利用チャネル動向を調査】半数はネットとリアル書店を、2割はリアル書店・通販・電子書籍を併用!

...たい形で」楽しんでいただけるサービスの向上を図ります。※hontoアンケート調査レポート特設ページ:https://honto.jp/article/multichannel.html<hontoクラブとは> https://honto.jp/service/club.htmlハイブリッド型総合書店「honto」(電子書籍ストア、本の通販ストア、リアル書店)の利用ストア数と期間中の累計購入金額に応じて、hontoポイント※の付与率がアップし、紙の本でも電子書籍でも、ネットストアでもリアル書店でも、より...

2018年8月30日矢野経済研究所フィードバック数:0ビジネス

2017年度の食品通販市場は前年度比3.0%増の3兆5,985億円の見込

...2017年度の食品通販市場は前年度比3.0%増の3兆5,985億円の見込~好調なECサイトが全体を押し上げ、市場拡大が続く~ 株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)では、2018年度の食品通販市場を調査し、市場動向、参入企業動向、将来展望を明らかにした。 図2.食品通販のチャネル別市場規模構成比(2017年度)1.市場概況2017 年度の国内⾷品通販市場規模は、小売金額ベースで前年度⽐3.0%増の3 兆5,985 億円で着地する⾒込みである。特にインターネット通販を中⼼に、通信...

夏休みは楽しい!だけじゃない!?夏休み、実はママが疲れている 原因の第1位は“お昼ごはん問題”

...物を極力使わない加工食品など安心・安全に配慮した食品の宅配サービスを「Oisix(おいしっくす)」「大地を守る会」にて提供しています。2013年7月からは、必要量の食材とレシピがセットになったミールキット「Kit Oisix」を展開し、累計出庫数が1000万個(2018年 5月時点)を越え、好評を得ています。今後は株式会社NTTドコモと、ミールキット専用のECサイトを立ち上げる予定です。 また、2018年10月には、同じく有機野菜などの宅配サービスを手がけるらでぃっしゅぼーや株式会社と経営統合を予定しており、統合に先駆けて2018...

2018年8月24日矢野経済研究所★★フィードバック数:0マーケティング

2017年度のインターネット広告国内市場規模は前年度比111.7%の約1.3兆円、2022年度には約2.4兆円までの拡大を予測

...な動画プラットフォームが出現する可能性があるものと考える。こうしたなか、既存のアドネットワークなどにおいても、静止画から動画フォーマットへ移行していくことが想定される。3.将来展望インターネット広告国内市場規模は2022年度には約2.4兆円にまで拡大すると予測する。​今後もインフィード広告や動画広告の拡大を背景に、運用型広告が市場全体の拡大を牽引するとみる。また、AmazonなどのECサイトが新たな広告プラットフォーマーとなり、インターネット広告市場の拡大に寄与するものと考える。調査要綱 1.調査期間: 2018年3月~7月2.調査対象: 主要...

2018年8月9日バイドゥフィードバック数:0大型消費/投資

訪日中国人客、買い物は銀座・心斎橋で!情報収集時期は旅行1か月前から2週間前が63%

...旅行時に日本製品を買う理由実際の商品を見て、偽物ではないことが確認できることが全商品ジャンル共通の理由。 【ソース】平成30年版観光白書について(概要版) 観光庁平成30年6月電子商取引に関する市場調査の結果を取りまとめました~国内BtoC-EC市場規模が16.5兆円に成長。国内CtoC-EC市場も拡大~(経済産業省、平成30年4月25日(水))3.調査概要調査目的:訪日中国人観光客の買物実態の把握調査内容:訪日旅行中の買物実態について調査対象:男女20歳以上上海市、北京市の居住者直近1年以内に日本旅行で買物をしたことがある※Baidu調査...

2018年8月9日ぐるなびフィードバック数:0ライフスタイル

帰省の手土産調査2018

...はり帰省には手土産が欠かせないようです。その手土産を購入する時期では自分の実家・配偶者の実家用ともに「当日」よりも「事前」が多く7割台という結果になりました。手土産の購入場所では、「デパート」、「駅・空港内のお土産売り場」、「お土産専門店」がTOP3でした。「EC(インターネット通販)」で購入する割合は15.3%で昨年より4.1ポイント上昇しました。年代性別でみると、40代女性が最も多く28.1%でした。【調査概要】■調査実施期間:2018年7月6日(金)~7月11日(水)■調査方法:インターネット調査■調査対象:20~60代の...

2018年8月9日マージェリックフィードバック数:0社会/政治

【20代女性の田舎に関する意識調査】「田舎に魅力を感じる」のは7割以上、約6割が毎年田舎を訪問

...うミッションの下、大手ECモール技術者やEC業界出身者が中心となり、インターネットショッピング関連サービスを開発提供しています。売り手には、新しさ・面白さ・便利さを兼ね揃えた売れる売り方により、予想を超えた驚きを与え、買い手には、個々人に合わせた最適な買い方により、新たな出会いの感動を提供し、「売り手」と「買い手」の両者に機能的・感情的ベネフィットを提供することを目指しています。〒100-0014 東京都千代田区永田町2-17-4 笠松千代田ビル3F AIによるEC運営サポート、WEBデザイン、システム開発、アプ...

2018年8月2日ジャストシステムフィードバック数:0キャリアとスキル

「働きやすさ」重視の会社員は3割強、「給与」重視は5割強

...要約】 みなさんはECサイトをどのように選んでいますか?私はもっぱらAmazonで買うことが多いのですがそれは「使い... 1.とあるフリマアプリをDLする際の出来ごと お気に入りのWebメディアで紹介されていたフリマアプリ。記事を読むと、こ... ※2017年11月21日:内容をアップデートしました。 1.スマホ普及の"... セルフ型アンケートサービス高品質なネットリサーチを圧倒的なスピードと次元の異なる低コストで。無料トライアル実施中。...

2018年8月2日マージェリックフィードバック数:0マーケティング

Instagramのショッピング機能に関する調査

...近くのユーザーがInstagramを見て商品を買った経験があり、その内7割のユーザーが衝動買いを経験しているInstagram利用者の44.5%の人が『ショッピング機能(ShopNow)』を知っている64.4%が使ったことがあるもしくは使ってみたいと回答。機能に対して好意的なユーザーが多い最近の買い物スタイルとして、「ネットショッピング利用が増えた」という声が多数SNSが購入の起点に。SNSチェック後に実店舗やECサイトで購入するユーザーが増加気軽に買えるネットショップだからこそ、慎重...

2018年8月1日hontoフィードバック数:0エンタテインメント

【書籍購入の利用チャネル動向を調査】半数はネットとリアル書店を、2割はリアル書店・通販・電子書籍を併用!

...たい形で」楽しんでいただけるサービスの向上を図ります。※hontoアンケート調査レポート特設ページ:https://honto.jp/article/multichannel.html<hontoクラブとは> https://honto.jp/service/club.htmlハイブリッド型総合書店「honto」(電子書籍ストア、本の通販ストア、リアル書店)の利用ストア数と期間中の累計購入金額に応じて、hontoポイント※の付与率がアップし、紙の本でも電子書籍でも、ネットストアでもリアル書店でも、より...

2018年7月25日アドビ システムズ★★フィードバック数:0マーケティング

Adobe Digital Insights: eコマース大手におけるPrime Dayの売上が通常の火曜日より54%アップしたことが明らかに

...、前年比でオンライン売上が大幅に増加しました。また、Prime Dayによる「ハロー効果」がeコマース市場で起きており、年間売上高10億ドル以上の大手eコマースでの売上が、通常の火曜日の売上と比べ54%も増加したことが分かりました。Amazon Prime Dayに対抗するため、多くのオンラインショッピングサイトがセールを行っており、7月半ばが米国ではオンラインショッピングが盛んになる年末商戦のようになってきていますが、アマゾンは過去最高の値引きを行ったこともあり、この...

2018年7月23日GfKジャパンフィードバック数:0デジタル家電

薄型テレビの販売動向と消費者動向

...GfKジャパン調べ:薄型テレビの販売動向と消費者動向| GfKジャパン調べ:薄型テレビの販売動向と消費者動向市場は回復基調、4Kテレビの販売拡大が継続 GfKジャパン(所在地:東京都中野区)は、家電量販店、総合量販店、インターネット通販※1における薄型テレビの販売動向と、購入者調査※2に基づく購入重視点や活用用途を発表した。【概要】・2018年1-5月の4Kテレビ販売台数は前年比26%増と拡大が継続・薄型テレビ購入時に「画面の大きさ」を重視する割合は64%。「画質」「イン...

2018年7月21日リスキーブランド★★フィードバック数:0ライフスタイル

生活者分析| この10年の社会的価値観の動向

...な企業倫理の訴求」「新しい贅沢の概念」など <背景>「社会的価値観(Social Value Climate)」は、マーケティングやブランド戦略を立案する場合の基本的視座になるものです。この10年間、社会には様々な変化が起きました。例えば、2008年秋のリーマンショックとそれ以降の経済回復、2011年の東日本大震災・2016年の熊本地震、Eコマース、SNSの急速な普及、長期政権となった安倍政権の継続、働き方改革などが挙げられるでしょう。また、総務省統計局は「2008年が、人口が継続して減少する社会の始まりの年~人口...

2018年7月18日マクロミル★★フィードバック数:0マーケティング

ライブコマースサービスの利用状況調査

...ブ配信を視聴しながらインターネット上で買い物ができる「ライブコマース」。新しいEコマースの形として注目され、日本でも『メルカリチャンネル』『SHOPROOM』、『Live Shop!』、『MimiTV』などが続々と登場しています。2018年現在、どれくらいの人がライブコマースサービスを知っていて、実際に買い物をしているユーザーはどのように利用しているのでしょうか。 そこで今回は、ライブコマースサービスの利用状況を調査しました。最初に、15歳から49歳の男女2万人に利用実態把握調査を行い、その中から、実際...

2018年7月14日マクロミルフィードバック数:0エンタテインメント

2018年夏に体験したいアウトドアレジャーとは?流行りの「グランピング」も調査!

...みの予定を本格的に決めよう、レジャーの準備をしておこうと考え始める方も多いのではないでしょうか。アウトドアショップの店舗やECサイトなどでは、様々なアウトドアグッズ、バーベキュー用品などが並んでいます。また近年では、贅沢キャンプ「グランピング」も流行のようです。そこで、アウトドアに対する意識や関連グッズの所有状況、購買意向を探るべく、夏レジャーの1つ、「アウトドア」をテーマに調査を実施しました。対象は、全国20~69歳の男女1,000名です。“アウトドア好き”は6割。アウトドアの魅力は、「清々しい空気」「景色・景観」「スト...

読書に関するアンケート調査

...らせいたします。■読書に関するアンケート調査ダイジェスト●"親子の日"に子どもへ贈りたいものは、モノ消費よりもコト消費が1位に1位「レストランなどでの食事」 2位「衣服・くつ」 3位「書籍」中学生の子どもへ贈りたいものは1位「書籍」●書籍を月に1冊以上読む人は4割書籍を手に入れる場所 1位「書店」 2位「ネット通販」 3位「図書館で借りる」●子どもへ本を贈りたい人は4割、贈りたい本の1位は「君たちはどう生きるか」●学生時代に親から本を贈られたことがある人は1割 ※小学...

世界の消費者意識調査 2018

...ルタイムな在庫管理や陳列方法の改善にAIが活用されています。また、このテクノロジーは物流や配送を変革し、企業による顧客データの収集・分類の方法にも革命をもたらしています。業界の中でもいち早く取り組みを進めた企業は、出遅れた企業に比べ、今後2~3年内に非常に有利な立場を得ることになるでしょう。本調査によって、AIが急速に普及している状況や、AIをいち早く導入する傾向が強い消費者の特徴が明らかになっています。 eコマース時代の新たなビジネスモデル2017年は、多くの小売業者がeコマースの台頭を受け入れる年となりました。とは...

2018年6月25日ジャストシステムフィードバック数:0ライフスタイル

糖質制限時、女性のランチは「手作り弁当」、男性は「コンビニ」

...のオークションサービス ... 調査結果サマリー Windows 10に「当面アップグレードしないが興味はある」が約4割 新しいOS「W... 調査結果サマリー スマートフォンメインのネットショッピングが、半年で約1.5倍に ネットショッピングに最... 調査結果サマリー SNSで動画コンテンツを「毎日、投稿する」人は、半年で2倍以上に ... 調査結果サマリー 50代の「LINE」利用率が、57.9%から67.9%に半年間で大幅にアップ 現在、使... 調査結果サマリー 「SNSに週1回以上、動画投稿する」10代が、前年比で1...

2018年6月19日マクロミルフィードバック数:0ライフスタイル

宅配便の受け取り方、受け取り時のセキュリティ意識を調査!

...ュリティは意識しない”。意識する人が取った行動は、「把握していない宅配には居留守を使い、再配達を依頼」が1割宅配便の受け取り回数、“月に1回以上”受け取っている人は7割超近頃は、や楽天、等々といったサイト、通販サイトや、メルカリなどのフリマアプリが台頭し、宅配便を受け取ったり発送したりする機会が、以前よりも増えていることが予想できます。そこで、全国~歳の男女人に対し、宅配便の利用状況を尋ねました。ここでは、宅配便の受け取り、発送のうち、“受け取り”にフォーカスして、この半年間の利用頻度を確認しました。また...

2018年6月14日ニールセンフィードバック数:0マーケティング

スマートフォンからのオークション/フリマの利用者数は2,749万人

...東証マザーズに上場することとなりました。このように大きな関心の集まっているオークション/フリマサービスですが、利用者数としてはオンラインショッピングサービスの半数程度である一方で、利用時間ではほぼ同等のレベルになっている点は重要なポイントといえます。オンラインにおける購入場所としてのバリエーションが増えることもそうですが、これだけ多くの時間が費やされているということは、情報収集をする場所としても消費者の購買行動に大きな影響を与えていると考えられます。例えば、消費者が何か商品を購入しようとした際のカスタマージャーニーを考えた時、初めはオンラインショップ...

2018年6月14日ニールセンフィードバック数:0マーケティング

ニールセン:2018年ショッパー意識調査

...答者が昨年よりも多くのPBを購入していると答えていますが、PBの成長というのは世界的に見ても不可逆的な傾向があるのでこの分野を強化し続けていくことも極めて重要になっていくでしょう。」 (ルーク・バーウェイ ニールセン カンパニー合同会社 マネジングディレクター) ネットショッピングは成長しているとはいえ、成長の壁も存在ネットショッピングは、食品などの日常の買物にも可能性は広がっているように見えます。 経済産業省の集計によると2017年は、Eコマースでの食品類(飲料・種類含む)の市場規模は前年に対して7.4%上昇...

2018年6月12日IDC★★フィードバック数:0企業情報システム

国内産業分野別 企業規模別 IT支出動向および予測

...の低い成長率になりますが、2021年以降成長が緩やかに回復し、2017年から2022年までの年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)は2.2%とみています。産業分野別に見ると、グローバル経済状況の好調を受けて、全産業分野において2018年の前年比成長率はプラスの成長を見込んでおり、複数の産業分野においてのIT支出は2~4%台の成長と予測します。海外市場での需要の高まりなどを背景に設備投資を拡大する組立製造、電力自由化による競争力強化を行う電力/ガスを中心とした公共/公益、インターネットショッピング...

2018年6月8日シービーアールイー★フィードバック数:0マーケティング

Eコマース×リアル店舗の現状に関するアンケート

...%)が今よりも減っている(23.3%)を約37ポイント上回りました。しかしこれらの回答は、Eコマースの普及率が低い現状における予測となります。そのため、Eコマースの拡大ペースの加速やイノベーティブなテクノロジーの誕生など、今後のEコマース市場の発展には注視する必要があります。*2:ZOZO TOWN、Amazon.com、&mallなどのECサイト*3:ショールーム化とは、消費者がリアル店舗で確認した商品をその場では買わず、Eコマースで購入すること。リアル店舗の売上が棄損される原因となる。*4:リア...

2018年6月7日ケイ・ウノフィードバック数:0大型消費/投資

犬・猫などペットジュエリー調査。購入したことはないが検討したい58.5%、アイテムはネックレスが77.8%、予算は1~3万が56.8%

...トジュエリー相談サービス」の受付を全国のケイウノ店舗とケイウノオンラインショップにて、「猫の日」2018 年2月22日(木)から提供しています。<ペットジュエリーの事例>「オーダーメイドをより身近に楽しんでいただきたい」そんな想いから誕生した、手描きの文字やイラストがそのままカタチになる「フリーライティングペンダント」(25,000円~)。ペットの写真をもとに、ケイウノの専属デザイナーがデザイン画をお描きすることも可能です。デザインのご提案は、全国のケイウノ店舗およびインターネットで受け付けます。インターネットでは、公式...

2018年6月6日ジャストシステムフィードバック数:0エンタテインメント

20代ネット利用者の約3割が、「母の日ギフトは中古品や新古品を購入」

...ノス/ニッセン/イトーヨーカ堂/ポンパレモール/ZOZOTOWN)・Eコマースのプレミアムサービスの利用状況を教えてください。・今年の母の日ギフトの購入方法を教えてください。・EC各社の「送料値上げ」について考えを教えてください。・家具・インテリアを購入する際に利用するECサイトを教えてください。(楽天市場/Amazon/Yahoo!ショッピング/ニトリ/セシール/LOHACOなど17サイト)調査担当者:TS マーケティングリサーチセクション さて、今年は5月13日が母の日でしたね。みなさん、何か...

2018年6月6日ジャストシステム★★フィードバック数:0マーケティング

「スマホアプリの動画広告」は、テレビCMよりも不快感を持つ

...いて調査してみました。 調査結果サマリー 6割以上のスマホ利用者が、「毎日利用するアプリは5個以下」 スマー... 調査結果サマリー 20代既婚女性スマホユーザーの3人に1人が、「家計簿アプリ」を利用中 ... 調査結果サマリー 10代の約半数が「SNOW」を利用。「Instagram」利用率を抜く ... 調査結果サマリー ネット通販における「送料の有無」はどこまで購買行動に影響を与えるのか? 購買の後押しに... 調査結果サマリー 半数が、「メーカーはAIを利用しての過失責任を負うべき」 AIを利... 調査...

2018年6月6日ジャストシステム★フィードバック数:0モバイル

スマホユーザーの約半数が、「ワイヤレス充電器」に興味

...概要2018年4月20日(金)~4月29日(日)調査対象:15歳~69歳の男女1,100名調査方法:セルフ型ネットリサーチ Fastaskでのアンケート調査今回調査した設問項目・今月のEコマースの利用状況を教えてください。・プライベートでインターネットにアクセスする際、利用する機器を教えてください。・プライベートで利用している携帯電話のキャリア、スマートフォンのキャリアを教えてください。・利用しているiPhoneの端末を教えてください。(3G/ 3GS/ 4/ 4S/ 5/ 5c/ 5s/ 6/ 6...

2018年6月5日Criteoフィードバック数:0マーケティング

Criteo、オンラインショッピング動向の最新の調査結果を発表

...ニュースプレスリリースCriteo、オンラインショッピング動向の最新の調査結果を発表 日本における買物客の獲得には、 「モバイルファースト」の消費者習慣の理解がますます重要に Criteo、オンラインショッピング動向の最新の調査結果を発表 日本における買物客の獲得には、 「モバイルファースト」の消費者習慣の理解がますます重要に 活発なオムニショッパーは最高の顧客生涯価値を生み出し、 アプリ内売上高とコンバージョン率を向上させることが明らかに コマ...

2018年6月1日アマゾンジャパンフィードバック数:0ライフスタイル

Amazon Payのインターネット調査結果

...“ECでの決済時に新たな情報入力が不要”、約半数の利用者がAmazon Payを選択さらに、“タブレットやスマートフォンで、すきま時間・空き時間に”お買い物を楽しむ傾向に利用継続意向は6割以上 - サービス開始から3周年を迎えたAmazon Payのインターネット調査結果 - 総合オンラインストアAmazon.co.jp(以下、Amazon)は、Amazon以外のECサイトでAmazonアカウントの利用により、簡単にログインし、お買い物できるID決済サービス「Amazon Pay」()が日...

2018年6月1日シンクロ・フードフィードバック数:0ビジネス

飲食店に対し、産直食材の仕入れに関する調査を実施。約9割が「新鮮さをメリットに感じる」と回答

...合いからの紹介(62.0%)」、「現地に足を運んで(34.4%)」、「インターネット(27.6%)」、「商談会・イベント(14.7%)」、「その他(13.5%)」という結果になりました。引き続き、発注方法について聞いたところ(複数回答可)、「直接契約(77.3%)」が最も多く、続いて、「卸会社に発注(24.5%)」、「ECサイトから発注(15.3%)」という結果になりました。 ■新鮮さ、安全性の高さなど、産直食材に多くのメリットを感じる飲食店産直食材を仕入れていると回答した飲食店に対し、価格の安さ・新鮮さ・安全...

2018年5月31日ニールセン★★フィードバック数:0エンタテインメント

ニールセン、スポーツマーケティングのトレンドを読む「SPONSORLINK」レポートを発表

...シューマーニューロサイエンス分析、海外市場情報提供などを行っています。詳細はwww.nielsen.com/jpをご覧ください。ニールセン デジタル株式会社は、ニールセンの消費者視聴行動分析部門の日本法人として、視聴者分析と広告分析のソリューションを通じて、お客様のビジネスにおける重要な意思決定を支援するデータ、分析、インサイトを提供しています。製品やサービス、および分析結果のインサイトについては、広告主企業、メディア運営企業、E コマース企業、広告会社より高い評価をいただいています。ニールセン デジ...

オンライン消費に関する調査

...オンライン消費に関する調査 | リサーチ・市場調査・マーケティング IT・家電インターネットやSNS、スマートフォン、家電などに関する調査結果を掲載 インターネットやスマートフォンの普及により、ネットショッピングなどオンライン上での商品購入者が増加しています。オンライン上で購入する商品と店舗などリアルで購入する商品の違いはどこにあるのか、今後、オンライン消費はさらに高まっていくのか、その実態を明らかにすることを目的に調査を実施。20~69歳の男女を対象に、オンラインで購入する、しな...

EC サイトに関する調査

...マーケティング支援を行なう株式会社ネオマーケティング(所在地:東京都渋谷区)では、世の中の動向をいち早く把握するために、独自で調査を行なっております。今回 2018 年 4 月 11 日(水)~2018 年 4 月 13 日(金)の 3 日間、全国の 20 歳以上の直近 3 ヶ月以内に、EC サイトで商品を購入した 500 名を対象に「EC サイトに関する調査」をテーマにしたインターネットリサーチを実施いたしました。報道の一資料として、ぜひご活用ください。調査背景経済産業省の「平成 29 年度我が国におけるデータ駆動型社会に係る基盤整備(電子商取引...

2018年5月14日グループエムフィードバック数:0マーケティング

2018年にオンラインメディアの視聴時間が従来型TVを上回る

...プレスリリース/ニュースリリース配信の共同通信PRWire グループエムの「State of Digital」リポート、2018年にオンラインメディアの視聴時間が従来型TVを上回るグループエムの「State of Digital」リポート、2018年にオンラインメディアの視聴時間が従来型TVを上回るAsiaNet 73338(0777)【ニューヨーク、ロンドン2018年5月3日PR Newswire=共同通信JBN】 *コマースは2018年に15%増加し、小売業の10%を占めるWPP系列...

世界の小売業ランキング2018

...小売業のトレンドとして以下の4つのポイントを挙げています。1.ワールドクラスのデジタル・ケイパビリティの構築消費者からすると、買い物をする際にネットかリアル、あるいはどのチャネルを使うかは重要ではない。そのことに世界の小売企業は急速に適応しつつある。特に、小売業界では、eコマース電子商取引)と「ラストワンマイル(宅配)」の能力がこれまで以上に必要になっており、そのための能力構築や買収、提携に踏み切る企業が増えている。2.リアル×ネットの融合によるデジタル変革のロスタイム挽回Amazonが小売業ランキングを駆け上がり、市場...

2018年5月10日経済産業省フィードバック数:0マーケティング

電子商取引に関する市場調査

...電子商取引に関する市場調査の結果を取りまとめました~国内BtoC-EC市場規模が16.5兆円に成長。国内CtoC-EC市場も拡大~ 経済産業省は、「平成29年度我が国におけるデータ駆動型社会に係る基盤整備(電子商取引に関する市場調査)」を実施し、日本の電子商取引市場の実態及び日米中3か国間の越境電子商取引の市場動向について調査し取りまとめました。1.調査結果概要(1)国内電子商取引市場規模(BtoC及びBtoB)平成29年の日本国内のBtoC-EC(消費者向け電子商取引)市場規模は、16.5...

2018年5月10日Amazon.co.jpフィードバック数:0社会/政治

母の日ギフトに関する意識調査

...Amazon、母の日ギフトに関する意識調査を男女1,000人に実施 母親の本音は「プレゼントだけではなく、時間も欲しい」贈る人ともらう人の意識にギャップ 豊富な品揃えで「もらって嬉しい」が見つかる「母の日特集2018」開催中 カゴメとの共同企画による「母の日に お手軽料理キット」も販売 総合オンラインストアAmazon.co.jp(以下、Amazon)は、5月13日(日)の母の日に向けて、母の日ギフトに関する意識調査を実施しました。その結果、もらう人には、「プレゼントだけでなく、自分...

2018年5月9日Amazon.co.jpフィードバック数:0社会/政治

母の日ギフトに関する意識調査

...Amazon、母の日ギフトに関する意識調査を男女1,000人に実施 母親の本音は「プレゼントだけではなく、時間も欲しい」贈る人ともらう人の意識にギャップ 豊富な品揃えで「もらって嬉しい」が見つかる「母の日特集2018」開催中 カゴメとの共同企画による「母の日に お手軽料理キット」も販売 総合オンラインストアAmazon.co.jp(以下、Amazon)は、5月13日(日)の母の日に向けて、母の日ギフトに関する意識調査を実施しました。その結果、もらう人には、「プレゼントだけでなく、自分...

2018年5月8日ジャストシステムフィードバック数:0ライフスタイル

ネットで個人が所有物を売るときは、「ヤフオク!」「メルカリ」が2強

...ネットで個人が所有物を売るときは、「ヤフオク!」「メルカリ」が2強 Eコマース&アプリコマース月次定点調査(2018年3月度)ネットで個人が所有物を売るときは、「ヤフオク!」「メルカリ」が2強最も利用されている“個人の所有物を売れるサービス”は、「リアル店舗」調査結果サマリーネットで個人が所有物を売るときは、「ヤフオク!」「メルカリ」が2強インターネットオークションやフリマアプリなど、個人の所有物を売ることができるネット上のサービスを利用した経験がある人に、過去、どう...

2018年5月8日BCN RETAILフィードバック数:0ビジネス

1年で販売数量が急増、活気づく完全ワイヤレスイヤホン市場のいま

...左右のハウジング部分が独立している、完全ワイヤレスイヤホンの売れ行きが絶好調だ。家電量販店・ネットショップの実売データを集計する「BCNランキング」によると、2018年3月の販売数量は前年と比べて10倍以上で、イヤホン市場全体における販売台数構成比も急上昇している。停滞感が漂っていたイヤホン市場を活気づける存在となりつつある。イヤホン市場において、完全ワイヤレスイヤホンが本格的に注目され始めたのは16年12月。アップルのAirPodsが発売されてからだ。当時参入していたメーカーは10社に...

2018年5月3日ミック経済研究所★フィードバック数:0マーケティング

ECにおけるネット決済代行サービス市場の現状と展望 2018年度版

...) ● INTENTION(発刊の目的) 不況下でも成長を続けてきたEC(電子商取引)市場は、今後も生活に必要なインフラとして成長が続くと予想されます。その高成長が続くEC市場を背景に市場の拡大が続く「ネット決済代行サービス」市場では、多通貨決済やID決済(ウォレット決済)などの新しい決済手段のラインナップを増やしたり、数行のコードを組み込むだけで簡単に決済サービスを提供できるような事業者が参入するなど、時代の変化に対応しながら今後も大きな伸びが続くと期待されています。 前回までの調査と同様に、ネッ...

2018年5月3日ニールセン★★フィードバック数:0マーケティング

デジタル広告におけるリーチ指標利活用研究会」の研究成果

...ィア運営企業、Eコマース企業、広告会社より高い評価をいただいています。ニールセン デジタル株式会社のサービス概要、および会社概要はwww.netratings.co.jp でご覧いただけます。ニールセンの消費者購買行動分析部門は、ニールセン カンパニー合同会社です。消費者調査、ショッパー調査、メディカルリサーチ、販売予測、マーケティングROI 分析、コンシューマーニューロサイエンス分析、海外市場情報提供などを行っています。詳細はwww.nielsen.com/jpでご覧いただけます。ニールセン スポーツ ジャ...

2018年5月1日ニールセン★★フィードバック数:0マーケティング

デジタル広告におけるリーチ指標利活用研究会」の研究成果

...ィア運営企業、Eコマース企業、広告会社より高い評価をいただいています。ニールセン デジタル株式会社のサービス概要、および会社概要はwww.netratings.co.jp でご覧いただけます。ニールセンの消費者購買行動分析部門は、ニールセン カンパニー合同会社です。消費者調査、ショッパー調査、メディカルリサーチ、販売予測、マーケティングROI 分析、コンシューマーニューロサイエンス分析、海外市場情報提供などを行っています。詳細はwww.nielsen.com/jpでご覧いただけます。ニールセン スポーツ ジャ...

2018年4月25日ニールセン★★フィードバック数:0マーケティング

LINE 及び動画系アプリは利用時間が増加、TWITTER などのSNS は微減

...)、株式会社ビデオリサーチニールセン デジタル株式会社は、ニールセンの消費者視聴行動分析部門の日本法人として、視聴者分析と広告分析のソリューションを通じて、お客様のビジネスにおける重要な意思決定を支援するデータ、分析、インサイトを提供しています。製品やサービス、および分析結果のインサイトについては、広告主企業、メディア運営企業、E コマース企業、広告会社より高い評価をいただいています。ニールセン デジタル株式会社のサービス概要、および会社概要はwww.netratings.co.jp でご...

2018年4月20日CRITEO★★フィードバック数:0マーケティング

ゴールデンウィークに消費者はどう動く?大型連休前後の購買傾向を読み解く

...旬の基準値と比較して売上が最大で41%増加し、コンバージョン率も11%増加。休暇直前の1週間、食品、化粧品、本、テレビゲームなどを買い込む。これらの商品カテゴリを専門に扱う小売業者の売上は、1月上旬と比較して売上が28%増加、コンバージョン率も13%増加。1月上旬と比較した主要指標の変動 (GW 1~3週間前)③ゴールデンウィーク期間中の傾向休暇中、旅行の手配や求職活動を控える一方で、モバイルを中心としたオンラインショッピングは継続して行われる。モバイルでの売上比率はこの時期年間最高を記録。休暇中に以下は行われなくなる。・飛行...

2018年4月17日EMCジャパン★★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2018年に顕著となるサイバー犯罪は?

...2018年に顕著となるサイバー犯罪は? 米RSAは、オンラインで提供される様々なサービスとその顧客を標的にしたサイバー犯罪の傾向から、今後、顕著になると予測した事象をホワイトペーパー「2018年のサイバー犯罪の現状」にまとめました。 2年前にClickable economy(クリック経済:インターネットによる経済活動)と表現した前回の調査から、現在はスワイプ経済ともいえるほど、バンキングサービスやEコマースの中心はモバイルチャネルに移行しつつあります。サー...

2018年4月17日矢野経済研究所フィードバック数:0社会/政治

呉服市場に関する調査を実施(2018年)

...素材のきもの等を含む。市場規模は小売金額にて算出し、レンタルきものは含まない。調査結果サマリー◆ 2017年の呉服小売市場規模は前年比97.3%の2,710億円と微減2017年の呉服小売市場規模は前年比97.3%の2,710億円であった。呉服小売市場は少子化の影響や婚姻件数の減少傾向※などのマイナス要因はあるものの、インターネット通販やリサイクル販売が好調であることもあり、一定の市場規模を維持し、微減に留まった。(※データ出所:厚生労働省)◆ リサイクル販売チャネルとインターネット通販チャネルは引き続き好調2017年の...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ