調査のチカラ TOP > 特集一覧 > データがいっぱい:シニア特集

データがいっぱい:シニア特集

世間の注目が集まる分野には調査データが増加します。少子高齢化に伴い、マーケットとしてもシニアが注目されています。

2017年5月度のTポイント物価指数

...で0.58%、40~59歳・男性で0.57%、20~39歳・男性で0.55%、60~79歳・男性で0.51%、最も上昇率が小さかったのは20~39歳・女性で0.38%となりました。業態別では、「スーパーマーケット」ではシニア世代の物価指数が継続して上昇基調となり、「ドラッグストア」「コンビニエンスストア」ではどの年代において横ばいとなりました。※「スーパーマーケット」「ドラッグストア」「コンビニエンスストア」の3業態から選択してデータを見ることが可能です。なお、「外食チェーン」は業...

2017年6月22日ジャストシステム★フィードバック数:0マーケティング

Eコマース&アプリコマース月次定点調査(2017年5月度)

...フェンシングを活用した「O2O」のあり方につ... コンテンツマーケティングに取り組む企業が増えている一方で、「継続」や「成果」に課題を感じ挫折するマーケティング担当も多い。特... 【記事要約】 日本と海外ではSNSの使われ方も違うみたいですね。特にTwitterって日本独自の文化が育っ... 【記事要約】 この記事ではシニアマーケティングについて、その市場規模や事例をおさらいしながら、真の「UX(ユーザー体験)」... 【記事要約】 セルフ型に移行したTwitter広告。これ...

2017年6月20日博報堂フィードバック数:0社会/政治

新大人研レポート No.28 新しい大人へ:オンナも変わるオトコも変わる   その① 40・50・60代女性は“自分爆発レディ

...“新しい大人世代“と呼び、調査研究を行っています。いま、40~60代はさらに大きく変化し、今後高齢社会を大きく変える兆しを見せています。2015年調査では『シニアから新大人へ』と、自分たちは従来の50・60代とは違うという意識の高まりをレポートしました。今年3月の調査結果に基づく今回のシリーズでは、「新しい大人へ:オンナも変わるオトコも変わる」として、さらに進化する生活者の意識変化を明らかにして行きます。調査結果から「 40・50・60代女性が子育て終了を迎えて思うこと」は、まずはホッとし(41.4...

2017年6月20日リブモフィードバック数:0ライフスタイル

老犬ホーム利用状況調査(2017年4月)

...老犬ホーム利用状況調査 2017年4月。全国の老犬ホーム検索・老犬介護の相談窓口【老犬ケア】 老犬ホーム利用状況調査(2017年4月)2017年4月の老犬ホーム利用状況は以下の通りとなりました。(2017年6月6日発表)PDF版資料はこちら 2017年4月末時点の老犬ホーム入居頭数は467頭 全国の老犬ホームの有料入居頭数は467頭であったことが判明した。 老犬ホーム利用状況調査に関して■調査開始の背景 当社では「老犬ケア」を通じて、愛犬の長期お預かり施設(老犬ホーム)の情...

2017年6月20日NTTドコモフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

アクティブシニアのICT利活用生活の検討No.8

...アクティブシニアのICT利活用生活の検討No.8シニアの買い物事情 2割強がネットショッピング・宅配サービスを利用高齢者の買い物弱者が社会的課題として顕在化してきた中で、モバイル社会研究所ではシニアの買い物事情の実態を調査した。その結果、以下の事項が判明した。実店舗以外(宅配・ネット・TV)の買い物をおこなっているシニアは45%。「交通の便」「商品の充実」がお店を選ぶ理由として高い。 若い世代と比較すると「付加価値」が高く、「価格の安さ」は低い傾向(下記図参照)。ネッ...

2017年6月20日IDC★★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

国内第3のプラットフォーム市場 産業分野 企業規模別予測

...リティクス市場は大手企業や一部の中堅企業を中心に導入が進み、産業分野ごとに多様なユースケースが生まれています。IDC Japan ITスペンディンググループのシニアマーケットアナリストである岩本 直子は「今後、実証実験後の実装フェーズをいかに推進していけるかが、国内の第3のプラットフォーム市場のさらなる拡大の鍵となる。ユーザー企業のステークホルダーを巻き込みプロジェクトを推進できるITサプライヤーが、本市場の競争優位を獲得する」と分析しています。今回の発表はIDCが発行したレポート「国内第3のプラットフォーム市場 産業分野別 企業規模別予測、2017年...

2017年6月14日ICT総研フィードバック数:0モバイル

2017年 MVNO格安SIMの市場動向調査

...契約の比率は9%程度と1年前と比べると約2%増加した。総務省は、モバイル契約数全体の10%程度をMVNO契約の比率にしたい意向を以前より示しているが、仮にMVNOサービス全体という定義で見るのであれば、この水準は達成間近と見ることもできる。SIMフリースマートフォン端末ラインナップの増加やMNOに対抗して音声定額プランを充実させてきている点などが、格安SIM契約者の増加に寄与している様子。今後は、コンシューマ向けでは女性やシニア比率の向上、法人向けにはIoTやM2M向けのSIM提供...

“不動産テック”(ReTech:Real Estate Tech)カオスマップ2017年版 考察レポート

...インターネットと言われており、若い世代は“住宅すごろく“のしがらみから解き放たれ、中古物件や賃貸でも良いと考える人が増えてきている。また、民泊やルームシェア・レンタルオフィス、民家や会議室・駐車場などのシェアスペースビジネス(所謂、不動産系のシェアリングエコノミー)も広がってきている。少子高齢化や人口の都市圏集中、人手不足、ポスト2020年などのマクロ的な環境変化の対応も求められている。高度経済成長期の“作れば売れる”という売り手市場の時代から、一人一人の顧客のLTV(Life Time Value:顧客生涯価値)を高...

2017年6月13日IDCフィードバック数:0モバイル

2017年第1四半期 国内携帯電話・スマートフォン市場実績値

...の携帯電話市場はスマートフォンへの移行が急テンポで進みつつある。その中で従来型携帯電話ユーザーの受け皿となるモデルの重要性が今後高まることは明らかである」とIDC Japan PC, 携帯電話&クライアントソリューションのシニアマーケットアナリストである菅原啓はコメントしています。また、「それと同時に世界的潮流として、有機ELパネルの採用やデュアルレンズカメラの採用がハイエンドモデルを中心に活発に進んでおり、VRプラットフォームであるGoogle Daydreamも、普及に向けた動きが活発化しつつある。規模の面から見ても、スマ...

2017年6月13日レバレジーズフィードバック数:0キャリアとスキル

2017年度新卒採用実績に関するアンケート調査

...対策などのサポートを提供すべく2012年からサービスを開始。70,000人以上の就職を支援してきました。 システム開発の受託業務で2005年に創業。今や平均年齢26歳ながら年商195億円(2017年3月期)、社員700名、国内外に13拠点を持つミドルベンチャー企業に成長しています。事業創造のプロフェッショナルとして業界トップのエンジニア専門エージェント「レバテック」をはじめ、IT・医療・介護など幅広い分野で事業を展開。新規事業への積極投資と、広告...

2017年6月13日シニアコム.JPフィードバック数:0ライフスタイル

「衣替え」に関するアンケート調査

...【アンケート】連載記事衣替えに関するアンケート暦の上では立夏を迎えそろそろ衣替えの時期ではないでしょうか。しかし、最近では気温の変化が著しく、いつ衣替えをすればいいのか悩むところです。シニアコム会員は「衣替え」についてどのような意識をお持ちなのかを調査しました。アンケート実施期間:2017年5月2日~5月8日の7日間有効回答数:725名(男性 452名 / 女性 273名)※グラフ画像はクリックするとさらに大きくなります。 ※衣替えを「する」とお答えの方にお伺いしました。(2) あなたは1年に...

2017年6月12日ニールセン★★フィードバック数:0マーケティング

PCユーザーのメディア接触状況

...の参考となった割合をみたのが図表4になります。全体では「旅行関連」が1位となっているのに対し、dwango(ドワンゴ)の利用者は「日常の食料品・飲料」が1位で、全体と比べて2.7ポイント高いことがわかりました。「音楽・音声コンテンツ」の割合も高く、逆に「レストラン・飲食店」は割合が低くなっていました。また、最近1年間に[パソコンのインターネットサイト]で「日常の食料品・飲料」を購入した割合は全体では13.7%であったのに対し、dwango(ドワンゴ)の利用者は19.3%と5.6ポイント高くなっていました。当社シニア...

2017年6月12日CRECOリサーチフィードバック数:0ライフスタイル

節約についての実態調査(2017年5月実施)

...の頻度の多い層と言えます。Q9.では外食や飲みに行く頻度は以前に比べて増えましたか?減りましたか?(SA)外食の頻度はそれほど減ってはいない。高齢者は頻度が減ってはいるが、節約よりは外食する機会が減っている。更に外食の頻度に関して以前からの増減を聴取してみました。全体では「変わらないという」という方が最も多く、50.3%を占めていました。「以前に比べて減った」という方は35.4%となっています。各属性別では外食の頻度が減っている方が多いのは、男性高齢層。61.5%の方が「減っている」と回答する結果となりました。女性...

2017年6月12日ドゥ・ハウスフィードバック数:0ライフスタイル

「ニオイ」に関する調査

...が高い程他人の体臭が気になっていたことがわかりました(図3)。【図3】職場で他人の体臭が気になったことがあるか(単一回答・n=1,171)40歳を目安にノネナールという物質が増えて、頭・胸元・脇・耳周り・首周り・背中から臭う、中高年特有の脂臭い、青臭いニオイの「加齢臭」が発生します。職場での他人の体臭が気になる人は82.3%。一方で、自分の体臭が気になったことがある人は67.0%。ニオイも身だしなみのうち。自分が気づいていなくても、他人からは臭いと思われたりストレスを感じられていることがあるかもしれません。ニオイ対策で失敗したエピソードは「香水...

2017年6月12日エン・ジャパンフィードバック数:0キャリアとスキル

「企業の働き方改革」実態調査

...を両立できる環境作り」(27%)。「時短勤務」(67%)「治療・育児・介護状況の情報収集(自己申告・面談等)」(46%)など、社員それぞれの状況に応じられるよう、柔軟な働き方を導入する姿勢がうかがえます。 「女性の登用・活用」や「外国籍人材、留学生の登用・活用」、「高齢者の登用・活用」については、従業員数301名以上の企業に比べ、従業員数300名以下の企業は推進が遅れていることが分かります。自社の「働き方改革」に取り組む上で具体的な悩みや課題、政府が促進している「働き方改革」に対するコメントもご紹介します。【図3】「働き...

2017年6月12日エン・ジャパンフィードバック数:0キャリアとスキル

5,000名以上の正社員に聞く「副業」実態調査

...代の5,584名から回答を得ました。 ※本調査での「副業」とは、週末起業やアルバイト、アンケートモニターなど「本業以外に収入を得る手段・仕事のすべて」を指す。副業は「働き方改革」の一環で、企業側の容認を政府が推進している。少子高齢化に伴う労働力不足の補完と、働き手の収入増やスキルアップによる生産性向上が目的とされている。 調査結果 概要 88%の方が「副業に興味あり」。そのうち83%が「収入のため」。 副業経験のある方は、33%。6割が接客系のアルバイトを経験。 副業...

2017年6月12日IDCフィードバック数:0デジタル家電

2017年第1四半期 国内タブレット端末市場実績値

...イアントソリューション シニアマーケットアナリストの浅野 浩寿は述べています。今回の発表はIDCが発行する「国内モバイルデバイス市場 2017年第1四半期の分析と2017年~2021年の予測」(J17270105)にその詳細が報告されます。(※詳細についてはへお問い合わせ下さい。)<参考資料>2017年第1四半期 国内タブレット市場 ベンダー別シェア(出荷台数)Source: IDC Japan, 5/2017 IDC Japan(株)マーケティング 津谷 拓夫TEL:03-3556-4768 FAX:03...

2017年6月12日酒蔵プレスフィードバック数:0ライフスタイル

日本人の飲酒動向調査

...日本酒造組合中央会(東京都港区:会長 篠原成行)は、本年 1 月に全国の 20 歳~79 歳の 3,000 人を対象に実施した「日本人の飲酒動向調査」の結果を発表しました。本調査は、核家族化や少子高齢化、健康志向の高まりなどライフスタイルが変遷する中、日本人の食生活や飲酒動向を明らかにし、調査を通じてより豊かな生活や飲酒ライフを提案していくことを目的にしたもので、1988 年の調査以来、約 30 年ぶりの調査となります。【調査結果トピックス(抜粋)】■ランキング編・直近で飲んだお酒はビールが1...

2017年6月9日Every DHA推進委員会フィードバック数:0ライフスタイル

DHA・EPAの認知度に関する調査 第3弾

...機能維持、特に記憶や学習には重要な働きを担っていることが明らかになりつつあります。しかし、老年期になると脳内のDHA量は減少してしまいます。認知症、特にアルツハイマー病の患者さんでは同年齢の健常者に比べて海馬のDHA量が有意に低下していることが報告されています。2000年前後に発表された欧米での疫学調査結果では、DHA・EPAが含まれる魚を多く摂取している高齢者はアルツハイマー病にかかりづらいことが示唆されています。また、我々が行った健常在宅高齢者や介護施設入居超高齢者を対象とした介入試験結果では、DHA...

2017年6月8日帝国データバンク★★フィードバック数:0キャリアとスキル

全国女性社長分析(2017年)

...かな増加傾向となった 企業が本社を置く都道府県別では、「青森県」が10.33%を占め最も高く、以下「沖縄県」の10.32%、「徳島県」の10.19%が続き、この3県で女性社長比率が1割を超えた 年商規模別では、年商「5000万円未満」の女性社長比率が10.62%で最高。以下、年商が大きくなるにつれて女性社長比率は低下し、「100億円以上」では1.36%にとどまった 女性社長比率が高い業種細分類別の上位業種をみると、子育てや介護、美容や教育といった生活に根差した分野で女性社長比率が高く、なかでも「保育所」は44.70...

2017年6月8日阪急交通社フィードバック数:0大型消費/投資

クルーズ旅行でひどい船酔いの経験者は1割程度!?「また行きたい」人が8割以上!

...感できて感動した」「ドレスコードがあるのでフォーマル日はお洒落してのディナー。その後のライブ演奏やショーは素晴らしかったのでラグジュアリーな気分に浸れ感動しました」「介護中の母親が以前毎年のように利用していたクイーンエリザベスで、息子の自分に船長始めスタッフの皆さんが心暖まる声とメッセージをいただいた」「イルカが船と並走した」「朝食の際同席したカナダからの年配ご夫婦との会話「日本にはずいぶん前に行ったことがある。朝鮮戦争で負傷して東京の病院に運ばれた。その時面倒を見て、励ましてくれたのがこいつさ!」と奥...

2017年6月6日エン・ジャパンフィードバック数:0キャリアとスキル

「ミドルの賃金上昇」についてアンケート

...「メーカー」(62%)、第2位は「建設・不動産」(52%)、第3位は「IT・インターネット」(48%)でした。 給与アップの背景は、「メーカー」が「新商品投入に伴う、営業力強化と新規分野開拓、マーケティング力強化のため」「著しく業績が伸びているため」。「建設・不動産」が「国内建設工事の拡大に伴う受注増大による、現場監督者不足及び、複数現場の総監督層の強化」「オリンピック需要での人手不足と、現場職の高齢化」。「IT・インターネット」が、「プロジェクト規模拡大に伴う、プロ...

2017年6月6日レバレジーズフィードバック数:0キャリアとスキル

2016年度エンジニア人材市場動向レポート

...を持つミドルベンチャー企業に成長しています。事業創造のプロフェッショナルとして業界トップのエンジニア専門エージェント「レバテック」をはじめ、IT・医療・介護など幅広い分野で事業を展開。新規事業への積極投資と、広告製作から運用まですべてのマーケティング活動を内製化するインハウスマーケティングを武器に「時代を動かす企業」を目指します。本社所在地: 〒150-8510 東京都渋谷区渋谷2-21-1 渋谷ヒカリエ17F・18F代表取締役: 岩槻知秀設立: 2005年4月事業内容: 自社メディア事業、システムエンジニアリング事業、メディカル事業、人材...

2017年6月6日大王製紙★フィードバック数:0社会/政治

「介護と年齢」に関する意識・実態調査

...売している大王製紙株式会社(住所:東京都千代田区富士見 2 丁目 10 番 2 号)は、在宅介護を行っている男女 300名を対象に「介護と年齢」に関する調査を行いました。[調査概要]調査名:「介護と年齢」に関する意識・実態調査調査対象:現在在宅介護を行っている男女300名調査期間:平成29年5月2日(火)~5月9日(火)調査方法:インターネット調査現在、日本は国内人口の26.7%が65歳以上の高齢者にあたる ※ 超高齢社会を迎えており、自分や配偶者の両親の介護を自宅で行う人が増加することも予想されます。中に...

2017年6月6日KPMGフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

『破壊的技術』に関するグローバル調査レポート『通信企業編』と『メディア企業編』の日本語版

...『破壊的技術』に関するグローバル調査レポート『通信企業編』と『メディア企業編』の日本語版を刊行 『破壊的技術』に関するグローバル調査レポート『通信企業編』と『メディア企業編』の日本語版を刊行 KPMGコンサルティング株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長兼CEO:森 俊哉、以下:KPMGコンサルティング)はこのたび、KPMGが世界規模で通信会社のシニアエグゼクティブを対象に実施した「破壊的技術(Disruptive Technology)」に関する意識調査レポート、『つな...

2017年6月2日デジタルブティックフィードバック数:0ライフスタイル

産院選びについて

...少なかった「助産院」は2.0%でした。Q初診~出産までいくつの施設にかかりましたか?1ヶ所(初診~出産まで同じ施設)が47.9%、2ヶ所が40.5%となり、3ヶ所以上という人は少ないことがわかりました。 「一番最初に行った病院では分娩は取り扱っていなかったので、紹介してもらいました」(40歳 愛知県 ミニラさん)のケースのように、産婦人科医の高齢化などの理由で、分娩取り扱いを中止する産院が増えていることも、複数の施設にかかる理由の一つになっています。Q産院をどのように探しましたか? 2ヶ所...

オフィスで働く女性387人に聞きました 3分の1が、”60歳を超えても働きたい” 働き方改革などによる職場環境の変化をじわり実感

...サンケイリビング新聞社リビングニュース 2017-05-24【シリーズ調査 働く女性Real�A】オフィスで働く女性387人に聞きました3分の1が、”60歳を超えても働きたい”働き方改革などによる職場環境の変化をじわり実感 リビング新聞グループのシンクタンクである株式会社リビングくらしHOW研究所(所在地: 東京都千代田区、代表取締役社長 和田 直樹 )では、オフィスで働く女性387人を対象にアンケート調査を実施。少子高齢化社会の年金不安や介護問題、女性活躍推進・長時間労働是正・同一...

2017年6月2日マカフィーフィードバック数:0モバイル

スマートフォンのライフスタイルへの影響は

...は急速にスマートフォンの普及が進んできました。利用者は男女問わず、子どもからシニアまで幅広い層にまたがっています。年代や性別、ライフスタイルによって利用方法も多岐にわたっています。今回の共同調査では特に情報が少ない若年層を中心に、年代別にスマートフォン利用の実態を中立的な視点で分析しました。2017年3月には共同調査の総まとめとして、MMD研究所の吉本浩司所長と私が対談を行い、各調査の成果を振り返りながら、スマートフォンの利用スタイルの変化や、サービスプロバイダといった事業者が取り組むべきことについても話し合い、ホワ...

2017年6月2日チューリッヒ生命フィードバック数:0ライフスタイル

現代人のストレスに関する調査

...代は、ストレスから体調を崩し休みたいと思ってしまったのでしょうか。Q8. あなたが、ズル休みをした時に使った理由をお答えください。(自由回答)n=196前問で、「ある」と回答した196人に対し、ズル休みの理由をお聞きしました。その結果、「自身の体調不良(風邪・頭痛等)」が154票で圧倒的に多い結果となっています。次いで、「家族・親類の不幸・法事等」14票、「家族の体調不良(介護・病院の付き添い等)」9票となりました。Q9. あなたが、ストレスを起因とした病気等で入院することになった場合、およ...

2017年6月2日IDCフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

国内法人ネットワークサービス利用動向の調査

...性や品質が十分でないパブリッククラウドを契約するケースが増えているといったことも、WAN管理者の負担増加の一因になっています。また、スキル面で「負担感が増加しておりアウトソーシングを拡大したい」を選択した企業は約2割でした。この調査結果は、徐々にではありますが、企業のWAN構築/運用管理負担の増加により、アウトソーシング市場拡大につながっていく可能性を示唆しているとIDCではみています。IDC Japan コミュニケーションズ シニアマーケットアナリストの小野 陽子は「今後、パブリッククラウドの利用増加により、企業...

2017年6月2日ウェルクスフィードバック数:0大型消費/投資

「こども保険」認知度は5割以下!保育士・保護者の賛否は?

...以外の地域や周りのサポート(32%)」、「出産費用の無償化(25%)」という結果になりました。全回答者の65%が「金銭的な補助」を重要であると感じていることからもわかるとおり、子どもを育てる上での経済負担軽減はやはり必要。しかしながら一方で共働き世帯が増える中、勤務先や地域等の支援がなければ、女性が子どもを産み育てることは難しい現状が伺えます。少子高齢化や待機児童など、子育てを取り巻く問題には子育て世代をはじめ、幅広い年代からの注目が集まっています。しかし今回のアンケート結果を見る限りでは、「こども保険」の認...

2017年6月2日J.D. Powerフィードバック数:0モバイル

2017年格安スマートフォンサービス/格安SIMカードサービス顧客満足度調査

...いった夕方~夜間に対する指摘も多い。今後、改善を望む点として、通信品質の向上を求める声が最も多かった。また、手続き・サポート対応面については、特にスマートフォン端末もセットで購入する傾向の強いシニア層で「悪くなった」という回答が多い。今後の改善希望として、店舗でのアフターサポートの充実やコールセンターの対応強化をあげる傾向も強かった。格安スマホ/SIMサービス利用者全体では、今後の契約先再検討の際に従来からの大手3キャリアサービスも検討したいとする人は1割程度に留まるが、サポ...

2017年6月1日IDCフィードバック数:0ビジネス

国内EA(Enterprise Applications)ソフトウェア市場予測

...的な市場拡大を支援する」とIDC Japan ソフトウェア&セキュリティのシニアマーケットアナリストである、 もたい 洋子は述べています。今回の発表はIDCが発行したレポート「国内EAソフトウェア市場予測、 2017年~2021年」(JPJ41777617)にその詳細が報告されています。本調査レポートでは、IDCが定義するERM、CRM、PLMの各ソフトウェアをEAソフトウェア市場と位置付け、国内EAソフトウェア市場における2016年の売上額実績の分析と、2017年~2021年の売上額の予測を行っています。(※詳細...

2017年6月1日カゴメ★フィードバック数:0ライフスタイル

日本とアメリカの野菜摂取に関する意識調査

...企業情報トップ ニュースリリース 2017年<日米 計2,000名に調査>31日は「菜(さい)の日」日本とアメリカの野菜摂取に関する意識調査日本は中高年ほど野菜摂取量が多くアメリカは若年層の野菜摂取量が多いことが判明 カゴメ株式会社からのニュースリリースです。 掲載された情報は発表当時のものです。価格などは変更される場合があります。<日米 計2,000名に調査> 31日は「菜(さい)の日」 日本とアメリカの野菜摂取に関する意識調査 日本は中高年...

アルバイト採用ブランドランキング【主婦編】

...季節は主婦のアルバイト探しが活発になるシーズンです。4月は、言うまでもなく子供の生活が大きく変わる時期。幼稚園に通い始める、あるいはやっと保育園が見つかったということで職場復帰を考える方もいます。また小学校入学によって子供の帰宅時間が変わったり、塾通いで夕方から夜の過ごし方が変わったり、働く時間を変更しなければならない方も少なくありません。そんな子供たちの新生活に対するリズムがつかめてきたこの季節、主婦たちはやっと「自分の仕事」と向き合えるようです。少子高齢化でアルバイト労働市場の主役となった主婦層を獲得する絶好のチャンスだからこそ、彼女...

2017年5月30日内閣府フィードバック数:0キャリアとスキル

韓国若年層の雇用について

...歴でも就業できないという雇用のミスマッチが従来から生じていた。加えて、近年では25~29歳における中小企業と大企業(※2)の月平均賃金の格差が拡大していることから、高学歴若年層の大企業への就職意欲が一層高まっていると考えられる(図5)。また、若年層の失業率が高まっている背景の一つに、定年の引き上げが考えられる。13年に「雇用上の年齢差別禁止および高齢者雇用促進法改正法」が国会で可決され、従来は努力義務であった定年を60歳以上とすることが義務化された(※3)。企業は50歳代の労働者を60歳まで継続して雇用する必要性が生じ、年功...

2017年5月30日IDCフィードバック数:0マーケティング

国内コンサルティングサービス市場予測

...に達するとIDCでは予測しています(図参照)。国内コンサルティングサービス市場は上記を背景として、2016年~2021年のCAGRは3.9%で、2021年には8,238億円に達するとIDCでは予測しています。IDC Japan ITサービス シニアマーケットアナリストの植村 卓弥は「国内企業のDXに対する取り組みが、これまでの先進的顧客層からより主流層の(一般的な)顧客へと拡大する中で、コンサルティング事業者は、最適なデリバリー体制を構築することが求められる。特に、採用と育成を戦略的に進めることや、中長...

投資に関する実態調査

...トコイン・ロボアドバイザー)の投資経験を有していることがわかりました。また、ソーシャルレンディングについては7割以上が興味があると答えています。フィンテックによりスマホで様々な商品に少額から投資可能になったことから、若年層を中心に新しい投資への関心が高まっています。2017年に入り、中高年層にもソーシャルレンディング投資が拡大しつつある傾向が見られており、フィンテック投資が更に浸透する一年になると考えられます。 【20代、30代の特徴】・20代の59%の人が、直近半年間で10万円以上資金を追加。・投資...

親の自動車運転免許の自主返納アンケート調査

...、「親の自動車運転 免許の自主返納を考える その運転もう“危険”」を特集しています。高齢ドライバーの認知症対策を強化する「改正道路交通法」がスタート。高齢者の交通事故のニュースも多く なっている中、読者のヒヤリ体験や、自動車運転免許返納についての話し合いのナマの声とともに、「車のキーや 運転免許証などを探し回ることがある」「駐車場で自分の車を止めた位置が分からなくなることがある」「同乗 者と会話しながらの運転がしづらくなった」など運転時の行動の変化から認知機能を確認する全30問の「運転...

2017年5月29日東京商工リサーチフィードバック数:0社会/政治

2016年「全国新設法人動向」調査

...かった。新設法人などの起業促進は、人口減少や高齢化と関連性が高く人口問題と切り離せない。生産と消費、サービスの基盤を構築できないまま、補助金等で強引に開業率アップを図っても長続きは難しいだろう。まずは開業率を高める土台となる着実な地方底上げを急ぐべきだ。最新記事・倒産状況に関するお問い合わせ電話・FAXでのお問い合わせ株式会社東京商工リサーチ 情報部最寄りのTSR支社店へお問い合わせください支社店一覧 この...

2017年5月28日LIDDELLフィードバック数:0社会/政治

「SPIRIT(スピリット)」にアクティブ・シニア層の登録が急伸長!人生を積極的に楽しむ彼らを『エクス(Ex)インフルエンサー』としてその動向に注目

...「SPIRIT(スピリット)」にアクティブ・シニア層の登録が急伸長!人生を積極的に楽しむ彼らを『エクス(Ex)インフルエンサー』としてその動向に注目 ~高度経済成長やバブル経済を生き抜いてきたエクスインフルエンサーの勢いがアツイ!~ LIDDELL株式会社 (本社:東京都渋谷区、代表取締役:福田晃一、以下リデル) が運営するインフルエンサーと企業のマッチングを促進するプラットフォーム「SPIRIT(スピリット)」へのアクティブ・シニア層の登録が急伸長していることがわかりました。イン...

【夕食メニュー調査】日本の夕食が変わっていく

...ままのペースでいくと10 年後20年後に漬け物が食卓を占めるシェアは非常に小さくなると予想され、高齢化や個食化に対応した容器・容量や、新規獲得のための新たな価値提案が求められます。調査結果の詳細は、無料ダウンロードレポート『日本の夕食が変わっていく ~シニアの白ご飯・漬け物離れ~』をご覧ください。40 メニューの 2012 年から 5 年分のデータ推移、メニュー選定理由、メニュー数の推移などを掲載しています。今回、発表しました『夕食メニュー調査』の詳細につきましてはこちらをご覧ください。『ディナーサーベイ』 夕食...

2017年5月26日勝手にランキングフィードバック数:0ライフスタイル

みんなどうしてる? 宅配サービスで最も重要視されていたのは○○……!

...日時を守ってくれる2位 荷物の扱い方3位 配達員の対応3位 配達員の対応荷物を運んでもらった際、皆さん印鑑を押してから品物を受け取っているかと思います。この時、配達員さんと会話が生まれますよね。対応の良い方だと笑顔で接してくれたり、高齢者の方などには対して重い荷物を家の中まで運んでくれる人もいますよね。良くしてもらいたい! と思っていなくても、対応が良ければ嬉しくなってしまうものです。配達員さんも忙しいから仕方ない……と分かっていても、ぶっきらぼうな態度などをとられると、「もうこの人には来てほしくない」「担当...

アルバイト採用ブランドランキング【学生編】

...らキャンパスでの生活を始めたばかりの新入生をはじめ、新しいカリキュラムに慣れてきた上級生も含め、5月は新生活のリズムをつかんできた学生たちが、アルバイト探しを活性化させる時期です。少子高齢化で減少傾向にある希少な若年労働力を獲得する絶好のチャンスだからこそ、学生のアルバイトに対する志向をきちんと理解しておきたいところです。我々、ツナグ働き方研究所は、「アルバイト採用ブランド調査」を実施。学生がアルバイトを選択する際に重視する因子を特定し、さらにアルバイト先としてメジャーな40銘柄を対象に、その因子ごとのイメージを数値化することで、アル...

2017年5月24日矢野経済研究所★フィードバック数:0ライフスタイル

理美容向け業務用化粧品市場に関する調査を実施(2017年)

...に結果につながり販売実績に表れている。◆ヘアケア化粧品が好調に推移、店頭販売品を強化する化粧品メーカーが増加美容室の中心顧客を年齢層で分類すると、ボリュームゾーンは40歳代前後から50、60歳代の中高年女性となる。そのため、加齢に伴う毛髪コンディション不良は切実な悩みになっているおり、業務用化粧品メーカーは、ヘアケアにフォーカスした製品群を投入し、店頭販売品(ホームケア品)の販売促進強化に注力している。ヘアケア化粧品は毎日の継続ケアにより結果が表れ易く、自宅でもサロン品質のものを利用することで、担当...

2017年5月24日KPMGフィードバック数:0ビジネス

第24回 日本企業の統合報告書に関する調査2016

...調査概要 調査の背景と目的調査対象 統合報告書の発行状況 発行企業の概要統合報告書の概要 調査結果サマリー 価値創造ガバナンスマテリアリティリスクと機会業績戦略的焦点と結合性 おわりに 執筆者KPMGジャパン 統合報告アドバイザリーグループパートナー 大槻 櫻子シニア 寺田 麻衣子財務報告と非財務情報に関する知見を結集し、統合報告で戦略的な開示を実現するための様々なサービスを提供します。 未来を拓くコーポレートコミュニケーション © 2017 KPMG AZSA LLC...

2017年5月24日インターワークスフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2017年4月度 製造業平均賃金調査

...県、三重県、静岡県、山梨県北海道・東北:北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県信越・北陸:富山県、石川県、福井県、新潟県、長野県中国・四国:鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県九州・沖縄:福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県【集計業種】車・バイク・重機系、半導体・先端技術、機械・精密機器・金属、紙・パルプ・印刷、オフィス・業務機器、医療・福祉・介護・製薬、携帯・パソコン・家電、物流・倉庫、ゴム・プラ・石油・化学、住宅・建材...

2017年5月24日プラネット★フィードバック数:0社会/政治

宅配便に関する意識調査

...飲料といった重いものやかさばる商品の配送、そして通販・ネットショッピングでの利用でした。ネットショッピングの利点は、24時間いつでも買い物できること、また実店舗で見つからない商品や近くの店では手に入らないものを買えること。こうした宅配便のメリットを切実に感じているのは、体力のない高齢者や乳幼児を抱えた母親、不便な地域に住む人など、いわゆる“買い物弱者”のようでした。玄関先まで届けてくれることが有り難いという声も目立ち、コンビニ受け取りでは解決できない問題もあるかもしれません。料金などの見直しが進んでも、必要...

2017年5月22日エン・ジャパンフィードバック数:0キャリアとスキル

2017年4月度の派遣平均時給

...,533円。7ヶ月連続で前期比マイナス 2017年4月度の三大都市圏平均時給は1,533円。前月比-2円・0.1%減、前年同月比-27円・1.7%減と7ヵ月連続で前年同月比マイナスとなりました。前年同月比マイナスの主要因である「医療・介護系」職種は、人手不足の影響で採用難易度が増加。仕事のブランクがある方や未経験者も就業可能など時給が低い案件が増加したことで、時給水準が下落しています。■4月度の三大都市圏職種別平均時給は、オフィスワーク系が過去最高時給を更新。 職種別の平均時給で、前年...

2017年5月22日楽天フィードバック数:0大型消費/投資

シニアにハイキング旅行が人気のエリアランキング

...楽天トラベル、シニアにハイキング旅行が人気のエリアランキングを発表 夫婦・カップルでハイキングが約6割、1位は群馬県の尾瀬エリアに旅行予約サービス「楽天トラベル」 ( https://travel.rakuten.co.jp/ )は、シニアにハイキング旅行が人気のエリアランキングを発表しました。「ハイキング」のキーワードを含む宿泊プランのシニアの宿泊者の宿泊人泊数(宿泊人数×泊数)実績が多い順にランキングした結果、1位は群馬県の尾瀬・丸沼エリア、2位は栃木県の日光・中禅寺湖・今市エリア、3位は...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ