調査のチカラ TOP > 特集一覧 > 「市場規模」特集

「市場規模」特集

ビジネスにおいて、マーケットの状態を知るための調査データは非常に有用です。こちらのページでは「市場規模」に関するデータを集めています。

2019年5月20日経済産業省★★フィードバック数:0マーケティング

電子商取引に関する市場調査

...電子商取引に関する市場調査の結果を取りまとめました国内BtoC-EC市場が18.0兆円に成長。国内CtoC-EC市場も引き続き拡大 経済産業省は、「平成30年度我が国におけるデータ駆動型社会に係る基盤整備(電子商取引に関する市場調査)」を実施し、日本の電子商取引市場の実態及び日米中3か国間の越境電子商取引の市場動向について調査し取りまとめました。 1.調査結果概要(1)国内電子商取引市場規模(BtoC及びBtoB)平成30年の日本国内のBtoC-EC(消費者向け電子商取引)市場規模は、18...

2019年5月16日IDC★★フィードバック数:0企業情報システム

最新の国内第3のプラットフォーム市場予測を発表

...13 May 2019最新の国内第3のプラットフォーム市場予測を発表 Japan, 2019年5月13日 - IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内第3のプラットフォーム市場を調査し、2018年の同市場の分析と2019年~2023年の市場予測を発表しました。本調査によると、2018年の国内第3のプラットフォーム市場の市場規模(支出額ベース)は、14兆8,909億円...

2019年5月16日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内クライアント仮想化市場シェアを発表

...15 May 2019国内クライアント仮想化市場シェアを発表 Japan, 2019年5月15日 - IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内クライアント仮想化市場に関し、シンクライアント専用端末市場、クライアント仮想化ソフトウェア市場、クライアント仮想化ソリューション(オンプレミス)市場、クライアント仮想化サービス市場、モバ...

2019年5月15日IDCフィードバック数:0企業情報システム

ネットワーク仮想化/自動化に関する国内市場予測を発表

...10 May 2019ネットワーク仮想化/自動化に関する国内市場予測を発表 Japan, 2019年5月10日 - IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、SDN(Software-Defined Network)を含むネットワーク仮想化/自動化に関する国内市場予測を発表しました。これによると、データセンター、企業ネットワーク、通信...

2019年4月25日メルカリ★★フィードバック数:0モバイル

2019年度「フリマアプリ利用者と非利用者の消費行動」に関する意識調査

...我が国におけるデータ駆動型社会に係る基盤整備(電子商取引に関する市場調査)」によると、2017年のフリマアプリ推定市場規模は4,835億円、前年比58.4%と急激な成長を遂げています。市場の成長に伴い生まれる、モノの「売買」や「リユース」の意識は、消費者の意識・行動にも変化を及ぼしており、メルカリにて実施した昨年調査では、モノに対する意識は所有から利用へと変化し、商品購入時の選択基準として、価格・品質に加え「再販売価格」が重視されているなど新たな傾向が明らかになりました。この度の調査では、昨年の調査から1年を経て、消費...

2019年4月24日IDCフィードバック数:0ビジネス

国内BPOサービス市場予測/2018年の国内BPOサービス市場規模は前年比4.7%増の7,691億円

...Japan, 2019年4月3日 - IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内ビジネスプロセスアウトソーシング(BPO)サービス市場予測を発表しました。これによると、2018年の同市場は前年比4.7%増の7,691億円となり、2018年~2023年の年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)は3.5%、2023年の同市場規模は9...

TMT Predictions 2019 日本版

...における旬な話題をとりあげ、その年の動きを予測するものです。日本版では、グローバル版の抄訳に加えて、日本で活躍しているデロイトプロフェッショナルによる独自コンテンツも用意しました。2019年は先進的なテクノロジーの成熟・オープン化が一段と進み、意欲のある企業はその恩恵を享受するステージに来ているといえます。本編では、先進テクノロジーの中でも5G、AI、スマートスピーカー、3Dプリンタ、量子コンピュータを取り上げ、グローバルの市場動向を俯瞰し、日本における課題や示唆について考察しました。また、今後...

2019年4月12日Zuora Japan★★フィードバック数:0ビジネス

サブスクリプション・エコノミー この7年で300%以上成長

...、新しい情報や将来の事象その他のいかなる理由によっても将来予想に関する記述を更新または修正する義務を負いません。また本プレスリリースには、市場データおよび特定のその他の統計情報、ならびに業界アナリストまたは市場調査会社による予想が含まれます。Zuoraは、こうしたサードパーティのレポートが信頼できるものであると考えますが、その基礎となるデータの出典、手法、または仮定に対する独自の検証は実施していません。推定、予想、予測、市場調査、または同様の手法に基づく情報は、本質的に不確実性を伴うものであり、この...

2019年4月12日矢野経済研究所★フィードバック数:0モバイル

スマホゲーム市場に関する調査を実施(2018年)

...2017年度のスマホゲーム国内市場規模は前年度比8.9%増の1兆290億円と拡大 ~既存タイトルのほか、複数の新規タイトルが市場を押し上げる~ 株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、国内スマホゲーム市場を調査し、市場における最新動向、参入企業動向、将来展望を明らかにした。1.市場概況2017年度のスマホゲーム国内市場規模(メーカー売上金額ベース)は、前年度比8.9%増の1兆290億円で市場拡大が続く見通しとなった。複数の有力IP(知的財産)を搭...

2019年4月9日矢野経済研究所★★フィードバック数:0企業情報システム

2018年度のサブスクリプション(定額)サービス国内市場規模は5,627億3,600万円

...2018年度のサブスクリプション(定額)サービス国内市場規模は5,627 億3,600 万円(8市場計) ~データ活用需要や新規参入事業者増などを背景に好調推移を予測~ 株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、国内のサブスクリプション(定額)サービス市場 を調査し、主要カテゴリーの市場動向、参入企業動向、将来展望を明らかにした。 サブスクリプションサービス国内市場規模予測(8市場計)1.市場概況2018年度のサブスクリプション(定額)サービス国内市場規模(8市場計)はエ...

2019年4月9日矢野経済研究所フィードバック数:0企業情報システム

2018年のクラウド基盤サービス市場は、前年比133.3%の3,200億円

...2018年のクラウド基盤サービス市場は、前年比133.3%の3,200億円~DXの基盤としての活用、基幹系システムのクラウド移行による従量拡大は2019年以降に期待~ 株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、国内のクラウド基盤(IaaS/PaaS)サービス市場を調査し、市場規模推移・予測、クラウドベンダ動向、新サービス普及状況等を明らかにした。 クラウド基盤サービス(IaaS/PaaS)市場規模推移と予測1.市場概況2018年の国内クラウド基盤(IaaS/PaaS)サー...

2019年4月1日矢野経済研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

UPS市場に関する調査を実施(2019年)

...既存需要は堅調ながら、不安材料もあるUPS市場 株式会社矢野経済研究所(代表取締役:水越孝)は、UPS(Uninterruptible Power Supply :無停電電源装置)国内市場を調査し、製品セグメント別動向、参入企業動向、将来展望を明らかにした。1.市場概況2017年度のUPS国内市場規模はメーカー出荷金額ベースで、780億2,700万円と前年度比で1.9%減と縮小するものの、2018年度は同1.7%増の793億7,700万円と僅かに拡大する見込みである。なかでも100kVA以上...

2019年3月28日矢野経済研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

ディスプレイ市場に関する調査を実施(2018年)

...2017年度の国内ディスプレイ市場規模は、前年度比101.3%の1兆5,600億円と推計​~2018年度も前年度比102.6%の見込、東京オリンピック・パラリンピック関連やインバウンド需要など受注は順調に推移~ 株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、ディスプレイ業界を調査し、国内市場規模、関連業界の動向、将来展望を明らかにした。1.市場概況ディスプレイ業界では、商業施設をはじめとする各種の環境空間、イベント等の総合プロデュースから、店装業、マネキン業、及び...

2019年3月27日矢野経済研究所フィードバック数:0デジタル家電

浄水器・整水器市場に関する調査を実施(2018年)

...2017年度浄水器・整水器市場規模は436億円、前年度比97.1%で減少するも、2018年度は増加に転じる見込み 株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、国内の浄水器・整水器市場を調査し、市場概況、タイプ別の動向、将来展望を明らかにした。1.市場概況2017年度の浄水器・整水器市場規模はメーカー出荷金額ベースで、前年度比97.1%の436億円と減少推移であった。2018年度は前年度比103.9%の453億円と増加に転じると予測する。整水...

2019年3月26日矢野経済研究所フィードバック数:0ライフスタイル

健康食品市場に関する調査を実施(2019年)

...株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、国内の健康食品市場を調査し、各セグメント別の動向、参入企業の動向、将来展望を明らかにした。 機能性表示食品市場規模推移と2017年度食品種類別構成比1.市場概況2017年度の健康食品市場規模はメーカー出荷金額ベースで、前年度比2.1%増の7,708億4,000万円と推計する。近年、健康食品の市場成長性が緩やかとなり、国内需要については企業間競争の激化により、参入企業の業績に大きな明暗が見られる一方、インバウンド(訪日外国人客)需要...

2019年3月26日矢野経済研究所フィードバック数:0ライフスタイル

ミネラルウォーター市場に関する調査を実施(2019年)

...拡大基調が続くミネラルウォーターと宅配水市場、好調な半面課題も表出 ~課題解決に向けた動きを各社が模索、もう一段の成長へ繋げることができるか~ 株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は国内のミネラルウォーター、宅配水市場を調査し、セグメント別の動向、参入企業動向、将来展望を明らかにした。1.市場概況2017年度のミネラルウォーターの市場規模は、メーカー出荷金額ベースで前年度比98.7%の2,950億円と2010年度以来の縮小に転じた。2017年度...

2019年3月25日AppsFlyer★フィードバック数:0マーケティング

AppsFlyerが新たに2019年のパフォーマンスインデックスを発表

...セントもシェアが急上昇したことは、Googleにとって素晴らしい成果でしたが、依然としてFacebookが1位を維持しています。AppLovinはゲーム業界で確固たる地位を確立し、ironSourceも持続的な勢いで成長AppLovinはゲームのランキングでFacebookとGoogleに次ぐ第3位の地位を固めつつあり、この2年間でゲームアプリのインストールのシェアを大きく伸ばしています。ゲームアプリのインストールの伸び については 、ironSourceが市場シェアをほぼ倍増させ、Unity Adsを上回り4位に君臨しています。一方...

2019年3月22日矢野経済研究所フィードバック数:0ビジネス

自治体向けBPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)市場に関する調査を実施(2018年)

...2023年度の自治体向けBPOサービスの市場規模は5兆2,127億円に成長と予測​~住民からの行政に対するニーズが多様化する一方、自治体の人材不足から、民間ノウハウや民間資本を活用したアウトソーシングが進む~  株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、国内の自治体向けBPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)サービス市場 を調査し、各カテゴリーごとの市場動向、参入企業動向、将来展望を明らかにした。1.市場概況 2017年度の国内自治体向けBPOサービス市場規模(事業...

2019年3月18日レアジョブフィードバック数:0ビジネス

企業の英会話研修動向調査

...ような市場背景の中、本調査でも、企業が英会話研修に求めるポイントとして、利便性・コストと共に、研修の成果を重視され、グローバル人材の育成においてスピードが求められる中、研修に対しての確実な成果を求める傾向がみられました。*市場規模のデータ、予測コメントはすべて矢野経済研究所『語学ビジネス徹底調査レポート2018』より引用・過半数の企業が英語力に関する成果指標を導入 ・研修の設計において、「低価格」よりも「学習成果をしっかりとあげること」を重視する傾向に ・英会話研修受講対象の社員の年齢層・ポジションは中堅社員・役職...

2019年3月12日GfKフィードバック数:0マーケティング

2018年コンタクトレンズ市場動向

...自然に際立たせるデザインのサークルレンズが相次いで発売された。ユーザーの需要変化に伴い、今後も製品選択の幅が大きく広がることが期待される。 *1. コンタクトレンズ専門店およびメガネ専門店(インターネット販売を含む)からPOS データ等を収集し、統計的な手法に基づき全国市場規模相当に拡大推計した *2. ビューティーレンズ:カラーコンタクトレンズとサークルレンズ(レンズの淵にラインがあり、目を強調させる効果がある)の総称 <以下より図表付資料をダウンロードいただけます>その他のプレスリリースはこちらからご覧いただけます。 Cookieの使...

2019年3月12日GfKフィードバック数:0モバイル

2018年グローバルのスマートフォン販売動向

...替えサイクルの長期化や平均価格の低下の一因になったとみられる。 ・APACの販売動向 グローバルのスマートフォン市場規模の半分程度を占めるAPACの市場動向をみると、2018年の販売台数は前年比3%減の7億3,200万台超、金額は前年比5%増の2,540億ドル超となった。 大手スマートフォンメーカーを擁する中国は、グローバルにおけるスマートフォン販売金額の3割、APACでは6割を占める最大市場となっている。ただし、市場の成熟とともに需要は減少傾向にあり、販売台数は前年比12%減、金額は前年比1%減と、グローバル全体の販売に大きく影響した。国内...

2019年3月11日矢野経済研究所フィードバック数:0マーケティング

国内調剤薬局市場の調査を実施(2018年)

...調剤薬局は調剤報酬改定の影響を受けて利益率が低下し、業績回復は2019年度にずれ込む見通し~大手調剤薬局チェーンはM&Aを含む積極的な新規出店展開で業績拡大の見込~ 株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、国内の調剤薬局市場を調査し、市場動向、参入企業動向、将来展望を明らかにした。1.調査結果概要2017年度の国内調剤薬局市場は、調剤報酬改定および薬価改定の影響を受け減収企業が多かった2016年度と比較すると増収を達成した企業が多い。しかし、増収を達成した企業も、これ...

2019年3月8日GfKジャパンフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2018年電動アシスト自転車の販売動向

...テリーを長持ちさせて製品寿命を延ばしたい」といったニーズの高まりが販売を押し上げたと考えられる。また、平均価格が低下し、年々値ごろ感が増していることも消費者の製品選択に影響したとみられる。【2019年以降の販売動向】 2019年10月には消費増税を控えており、駆け込み需要による販売の盛り上がりが期待される。その反動減が懸念される中で、翌年も前年の市場規模を上回る成長率となるかどうかは、若年層やシニア層など幅広い層の需要を取り込むことがきるかにかかっている。近年は高齢者による運転免許証返納が進んでおり、自動...

PwCコンサルティング、「PwC スポーツ産業調査2018」を発表

...首位であったサッカーを上回る結果になりました。PwCの調査では、2022年までにeスポーツの市場規模が2017年比で2倍以上になると予想されており、既存のスポーツにとってもeスポーツは既に無視できない存在となっていることが明らかになったといえます。現在議論となっているeスポーツのオリンピック競技化という視点からは、圧倒的多数となる83.7%が(まだ)オリンピック競技に含めるべきではないと回答しています。eスポーツは、いわゆるスポーツとは相いれないものとの見方がいまだ主流で、この議論はまだしばらく時間を要することが見込まれます。 業界...

2019年3月5日矢野経済研究所フィードバック数:0企業情報システム

国内MaaS市場に関する調査を実施(2018年)

...2030年には国内MaaS市場規模は6兆3,600億円に拡大! 株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、国内MaaS(Mobility as a Service)市場を調査し、MaaSサービス分野別の動向、参入企業動向、将来展望を明らかにした。1.調査結果概要MaaS(Mobility as a Service)とは、近年ICTを活用して、公共交通か否か、また運営主体に関わらず、マイカー以外のすべての手段によるモビリティを1つのサービスとしてとらえ、シームレスにつなぐ新たな「移動...

2019年2月28日矢野経済研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

照明市場に関する調査を実施(2018年)

...2017年の国内一般照明用途照明市場規模は前年比1.4%減の1兆106億円、2018年は同0.5%減の1兆58億円の見込~LED照明市場の成長は継続、2018年は前年比3.2%増の8,505億円の見込~ 株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、国内の照明市場を調査し、一般照明用途照明市場の概況、参入企業の動向、および将来展望を明らかにした。1.市場概況2017年の国内一般照明用途照明市場規模(メーカー出荷金額ベース)は前年比1.4%減の1兆106億2千4百万円、2018年は同0...

動画配信(VOD)市場5年間予測(2019-2023年)レポート

...<動画配信(VOD)市場規模の予測>2018年の市場規模推計は前年の19.5%増、SVOD市場シェアはNetflix・DAZN・Abemaが拡大 動画配信(VOD)市場5年間予測(2019-2023年)レポート 映画・映像エンタテイメントに特化したマーケティングデータ分析・レポート提供を行っているGEM Partners株式会社(ジェムパートナーズ、所在地:東京都港区、代表取締役:梅津 文)は2月20日、2018年の動画配信(VOD)市場と、その後2023年までの市場規模を3つの...

2019年2月22日ジャストシステムフィードバック数:0デジタル家電

約6割が、AIによる「暮らしの利便性向上」を期待

...も威力のあるマーケティング手法のひとつが口コミマーケティング。 以前に、... 1.Googleは見ないらしいです。 ちょっと前ですが割と刺激的な見出しの記事を目にしました。 “Googleは... 1、皆さんもこんな経験をよくしませんか? 最近、こんな体験をしました。それは、中古車アプリでの体験。買うつもりもない中... 【記事要約】 すっかり定着しつつあるSNS起点での商品購入。MRCでもたびたび切り口を変えて「定量調査」を... 【記事要約】 この記事ではシニアマーケティングについて、その市場規模や事例をおさらいしながら、真の「UX(ユー...

2019年2月21日矢野経済研究所★★フィードバック数:0デジタル家電

RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)市場に関する調査を実施(2018年)

...2018年度のRPA市場は前年度比134.8%増の418億円と予測​~ユーザー投資が本格化し市場は大きく伸長、業種・職種に特化したソリューションのほか、AI・OCR・BPMなどの周辺技術との連携が進む見通し​~ 株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、国内のRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)市場を調査し、カテゴリー別の製品・サービス動向、参入企業動向、将来展望を明らかにした。 RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)市場規模推移・予測1.市場概況RPA...

2019年2月20日矢野経済研究所フィードバック数:0大型消費/投資

世界の二輪車市場に関する調査を実施(2018年)

...2025年二輪車の世界生産台数は7,400万台、うち電動バイクは170万台までの成長を予測~自動車だけではない!バイクでも進む電動化~ 株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、二輪車の世界市場の調査を実施し、2017年の市場概況、個別メーカーの事業戦略を明らかにし、2025年までの世界市場規模を排気量別、構成デバイス別に予測した。1.市場概況2017年における二輪車の世界生産台数は5,732万6,000台であったが、これまでの推移をみると減少傾向となっている。これ...

2019年2月20日矢野経済研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

カーボンナノチューブ世界市場に関する調査を実施(2018年)

...2023年のカーボンナノチューブ(CNT)世界出荷量は、4,000tに迫ると予測~2017年から2023年までのCAGRは12.8%で成長の見通し~ 株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、2018年のカーボンナノチューブ世界市場を調査し、製品セグメント別の動向、参入企業動向、将来展望を明らかにした。 カーボンナノチューブ世界市場規模推移と予測1.市場概況2018年のカーボンナノチューブ(CNT)世界市場規模は、メーカ-出荷量ベースで前年比118.5%の2,255.8tの見...

2019年2月20日矢野経済研究所フィードバック数:0社会/政治

ベビー用品・関連サービス市場に関する調査を実施(2018年)

...2017年の国内ベビー用品・関連サービス市場は前年比6.7%増の4兆19億円 ~保育関連サービスの拡大、インバウンド需要や子育て負担軽減ニーズの高まりによりベビー用品の需要も拡大~ 株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、国内のベビー用品・関連サービス市場を調査し、ベビー用品、ベビー関連サービスの各分野別の市場動向、参入事業者の動向、将来展望を明らかにした。1.市場概況2017年の国内ベビー用品・関連サービス市場規模は、前年比6.7%増の4兆19億円と推計する。出生...

2019年2月19日矢野経済研究所フィードバック数:0エンタテインメント

「オタク」市場に関する調査を実施(2018年)

...「オタク」の主要分野のうち、アニメ市場とアイドル市場は今後も拡大傾向 株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、2017年度の国内の「オタク」市場を調査し、主要分野における各分野別の動向、参入企業動向、将来展望を明らかにした。 図2. 劇場版主要アニメ比較(2018年7~9月期における劇場公開)1.市場概況本調査における「オタク」市場は分野により好不調はあるものの、アニメ市場とアイドル市場は好調に推移している。2017年度のアニメ市場規模...

日本国内のパワーアシストスーツ市場を調査

...パワーアシストスーツ市場 2023年に8000台規模に MDB Digital Search 有望市場予測レポートシリーズにて調査 株式会社日本能率協会総合研究所(略称:JMAR 本社:東京都港区、代表取締役:譲原正昭)が提供するMDB Digital Searchでは日本国内のパワーアシストスーツ市場を調査し市場規模を推計いたしました。【URL】パワーアシストスーツ市場規模・予測 パワーアシストスーツ市場概況・2023年度の国内のパワーアシストスーツ市場は約8000台・歩行...

2019年2月15日GREEN DOGフィードバック数:0マーケティング

ネットショッピングに関するアンケート

...コンやスマートフォンなどを利用して、インターネット経由で商品を購入することを言います。ネットショッピングの市場規模は日々成長しており、実店舗を構えることなく販売活動を行うことが可能なため、多くの企業で採用されています。そこで今回、GREEN DOGは、「ネットショッピングに関するアンケート」を実施し、皆さんのネットショッピングの利用理由や、ネットショッピングに対して不満に思っていることについて調査しました。それでは調査結果をご覧ください。【調査概要:ネットショッピングに関するアンケート】■調査日:2019年1月22日(火)~2019...

2019年2月7日KADOKAWA★★フィードバック数:0デジタル家電

ファミ通モバイルゲーム白書2019

...2018年世界モバイルゲーム市場は6兆9568億円に! 国内人気モバイルゲーム第1位は「LINE:ディズニー ツムツム」。~『ファミ通モバイルゲーム白書2019』~ 株式会社Gzブレイン(カドカワグループ) 2018年のモバイルゲーム市場動向をいち早く掲載!この一冊で最新のモバイルゲーム市場を徹底網羅! ゲーム総合情報メディア「ファミ通」は、国内・海外のモバイルゲームマーケットをまとめたデータ年鑑『ファミ通モバイルゲーム白書2019』において、最新の市場動向を発表しました。2018年世...

2019年2月6日バイドゥ★★フィードバック数:0マーケティング

越境ECサイトの利用実態調査

...物する」を選んだのは越境ECサイト利用者で2割程度。「閲覧はする」含めると半数近いが、英語のみのサイトよりも「買い物する」・「閲覧する」は低い。【ソース】平成30年版観光白書について(概要版) 観光庁平成30年6月電子商取引に関する市場調査の結果を取りまとめました~国内BtoC-EC市場規模が16.5兆円に成長。国内CtoC-EC市場も拡大~(経済産業省、平成30年4月25日(水))3.調査概要調査目的:中国国内におけるECサイト・越境ECサイトの利用実態の把握調査内容:1.越境ECサイ...

2019年2月5日General Researchフィードバック数:0キャリアとスキル

転職に関する意識調査

...の入社前に中途採用を完了させたいというニーズが高まるためです。そこで、1月~2月はその準備期間として様々な動きが求職者にはあるでしょう。パーソルキャリアが運営する「doda(デューダ)」の「転職市場予測 2019上半期」によると、求人の増加幅はやや落ち着くが、求人ニーズは高いまま推移するとのこと。全14分野のうち求人数は営業、人事、経理、法務の4分野が「増加」で、金融のみ「やや減少」と発表されています。そちらも踏まえ、ゼネラルリサーチでは現求職者の志望業界や転職のきっかけ等、「求職者の最新の傾向」について調査してみました。調査結果のポイント 1.転職...

2019年2月4日矢野経済研究所フィードバック数:0デジタル家電

国内時計市場に関する調査を実施(2018年)

...2017年の国内時計市場は大きく縮小した前年から一転、プラス成長で推移! ~国内時計メーカーの高価格帯強化とインポートブランドのスマートウォッチに期待~ 株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、国内時計市場を調査し、製品セグメント別の動向、注目すべき動向、将来展望を明らかにした。1.市場概況一般社団法人日本時計協会データによると、2017年の国内時計市場規模は小売金額ベースで前年比101.9%の8,572億円であった。分野別にみると、国内ウォッチ市場規模...

2019年2月4日矢野経済研究所★フィードバック数:0マーケティング

和洋菓子・デザート類市場に関する調査を実施(2019年)

...和洋菓子・デザート類市場は堅調に推移 ~ヨーグルト市場の落ち込みをアイス類と洋菓子でカバーし総市場は前年度100%を維持~ 株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、2018年度の和洋菓子、デザート類市場を調査し、製品セグメント別の動向、チャネル別の動向、参入企業の動向、将来展望を明らかにした。 2017年度の和洋菓子・デザート類市場の流通チャネル別構成比1.市場概況2017年度の和洋菓子・デザート類市場規模は、前年度並みの2兆2,761億円で推移した。これ...

2019年2月1日ジャストシステム★フィードバック数:0デジタル家電

10人に1人が「AIスピーカー」を所有

...... 目次: EXCELにAIが搭載される時代に AIとディープラーニ... 【記事要約】 今回の記事では、最近SNSで見かけることも多くなった「動画コンテンツ」について、MRCの最新... 【記事要約】 この記事ではシニアマーケティングについて、その市場規模や事例をおさらいしながら、真の「UX(ユーザー体験)」... 2016年はモバイル・スマートフォンにとって激動の1年だったのではないでしょうか。「2年縛り」や「実質0円」、そしてキャリア... 【記事要約】 今回の記事では、2016年に...

2019年1月31日IDCフィードバック数:0マーケティング

国内デジタルコマースアプリケーション市場予測

...21 Jan 2019国内デジタルコマースアプリケーション市場予測を発表 Japan, 2019年1月21日 - IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内デジタルコマースアプリケーション市場を調査し、2017年の同市場の分析と2018年~2022年の市場予測を発表しました。IDCでは2018年に...

2019年1月31日矢野経済研究所フィードバック数:0ビジネス

国内のコールセンターサービス市場およびコンタクトセンターソリューション市場調査

...2017年度の国内コールセンターサービス市場は前年度比3.7%増の9,153億円、コンタクトセンターソリューション市場は前年度比1.7%増の4,778億円に拡大~コールセンターサービスは人材不足、コンタクトセンターソリューションはマルチチャネル化を背景に成長続く~ 株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、国内のコールセンターサービス市場およびコンタクトセンターソリューション市場を調査し、サービス別の動向、参入企業動向、将来展望を明らかにした。 コールセンターサービス市場規模...

2019年KPMGグローバル自動車業界調査結果

...>・新興市場増加する :54%変わらない:41%減少する :4%・成熟市場増加する :60%変わらない:36%減少する :4%<西欧>・新興市場増加する :43%変わらない:48%減少する :9%・成熟市場増加する :43%変わらない:38%減少する :19%<中国>・新興市場増加する :61%変わらない:32%減少する :7%・成熟市場増加する :45%変わらない:45%減少する :11%※各選択肢を選択した回答者の割合5. 将来の市場シェア予測前回2位だ...

2019年1月28日矢野経済研究所フィードバック数:0マーケティング

文具・事務用品市場に関する調査を実施(2018年)

...2017年度の文具・事務用品市場規模は2014年度以来のマイナス成長 株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、国内文具・事務用品市場を調査し、商品別の動向、参入企業動向、将来展望を明らかにした。1.市場概況2017年度の国内文具・事務用品市場規模は、メーカー出荷金額ベースで前年度比1.1%減の4,642億円となり、2014年度以来のマイナス成長であった。文具・事務用品市場は、景気後退期に法人需要を中心に大きく落ち込み、その後しばらく低迷したが、ここ...

2019年1月28日矢野経済研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

パワー半導体の世界市場に関する調査を実施(2018年)

...パワー半導体世界市場は年平均成長率6.7%で推移し、2025年には299億ドルに達すると予測~2017年は情報通信、民生、産業、自動車の4分野全ての需要が伸長~ 株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、パワー半導体の世界市場の調査を実施し、市場概況や採用動向、個別メーカの事業戦略を明らかにし、2025年までの世界市場規模を予測した。1.市場概況2017年におけるパワー半導体の世界市場規模(メーカ出荷金額ベース)は、前年比12.2%増となる177億4,500万ド...

2019年1月25日矢野経済研究所★フィードバック数:0エンタテインメント

スポーツアパレル市場に関する調査を実施(2018年)

...2018年のスポーツアパレル市場(国内出荷額)はプラス成長の見込み ~日常生活で使える汎用性の高いウエアの好調が市場を牽引~ 株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、国内スポーツアパレル市場を調査し、競技カテゴリー別の市場規模や参入メーカー、流通動向、将来展望を明らかにした。1.市場概況2018年のスポーツアパレル国内市場規模はメーカー国内出荷金額ベースで、前年比103.7%の5,554億2,000万円の見込みである。野球・ソフトボールウエア、テニスウエア、バス...

2019年1月25日矢野経済研究所★★フィードバック数:0ビジネス

クレジットカード市場に関する調査を実施(2018年)

...でに国内におけるキャッシュレス比率を倍増させる目標を設定している。また政府は、2020年までに訪日外客数を4,000万人まで拡大するという目標を掲げており、訪日外国人客にとっても利便性の高い決済インフラが求められている。2020年の東京オリンピック・パラリンピックの開催決定以降、自国でクレジットカード決済をする習慣が根付いている訪日外国人客が、日本においてもストレスなく支払いが出来るよう、決済インフラの整備が進められている。2017年度のクレジットカード市場規模(クレジットカードショッピング取扱高ベース)は、約58兆円まで拡大した。主要...

2019年1月25日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内働き方改革ICT市場分野別市場予測

...09 Jan 2019国内働き方改革ICT市場 分野別市場予測を発表 Japan, 2019年1月9日 - IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、日本国内における働き方改革ICT市場予測を発表しました。これによると、2017年の市場規模(支出額ベース)は2兆2,769億円、2017年~2022年の年間平均成長率(CAGR: Compound Annual Growth...

2019年1月23日IDCフィードバック数:0企業情報システム

2018年第3四半期国内サーバー市場動向

...27 Dec 20182018年第3四半期 国内サーバー市場動向を発表 Japan, 2018年12月27日 - IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、2018年第3四半期(7月~9月)の国内サーバー市場動向を発表しました。2018年第3四半期の国内サーバー市場全体の売上額は1,378億円で、前年同期から14.5%増加しました。出荷台数は14万6千台で、前年同期から8...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

新着データ

新着データINDEXへ

お知らせ