調査のチカラ TOP > 特集一覧 > データがいっぱい:消費税増税

データがいっぱい:消費税増税

世間の注目が集まる分野には調査データが増加します。2014年4月からの消費税増税については経済、消費、さまざまな観点から調査が実施されています。

令和の時代に関するアンケート調査

...ンピックは7割、パラリンピックは5割●2020年東京オリンピック・パラリンピックで応募したいものは? 1位「特にない」 2位「オリンピックの競技観戦」 3位「オリンピックの閉会式」●2020年東京オリンピックの人気競技ベスト5は? 1位「陸上競技」 2位「サッカー」 3位「水泳」 4位「野球」 5位「体操」●消費税増税に対する景気対策への理解度は? 「軽減税率」「幼児教育無償化」「キャッシュレス決済のポイント還元」は5割 「プレミアム付き商品券発行」は3割●「令和」はどういった時代になると思う? 1位...

2019年4月1日あしたのチームフィードバック数:0ビジネス

中小企業の働き方改革取り組み実態と新元号への期待に関する調査

...待することをお答えください。(自由回答)n=300 ●経済成長と景気回復しかない。(62歳男性/神奈川県) ●消費税増税の余波とオリンピックの景気。(65歳男性/東京都) ●昭和期のような活気のある時代になるよう期待する。(62歳男性/兵庫県) ●零細・中小企業をもっとバックアップして欲しい。(64歳男性/東京都) ●株式のようなマネーゲームではなく、製造等の実質経済の底上げ。(60歳男性/北海道) ●若者がこの国を繁栄させようと思える時代になって欲しい。(63歳男性/神奈川県) ●経済も文化もスポーツも、すべ...

2019年3月25日マネックス証券フィードバック数:0大型消費/投資

MONEX個人投資家サーベイ2019年3月調査

...「MONEX個人投資家サーベイ 2019年3月調査」 ~消費税率引き上げについて、反対が賛成を大きく上回る~ マネックス証券株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:松本大、以下「マネックス証券」)は、2019年3月1日から3月4日までインターネットを通じて、マネックス証券に口座をお持ちのお客様向けにアンケート調査(回答数609件)を実施しました。今回、定例調査である個人投資家の相場観の調査に加え、消費税率引き上げについて特別調査を行いました。【調査結果概要】特別調査 消費税率...

2019年3月12日ソニー生命保険フィードバック数:0社会/政治

子どもの教育資金に関する調査

...ものネット・SNS利用に不安を感じる」未就学児の親の7割超 親の大半が子どもの進学や就活を不安視する傾向 「子どもの受験・進学に不安を感じる」母親の8割 「子どもの教育資金に不安を感じる」親の7割強教育資金に不安を感じる三大理由 「必要額が不明」「収入の維持・増加に自信なし」「消費税増税」 小学生から社会人になるまでに教育資金はいくら必要? 平均予想金額は1,339万円、上昇傾向一服【子育て・教育に関する支出の実態】 学校外教育費年々増加 平均支出金額は15,170円/月、中高生の平均は21,020円/月 小学...

2019年3月4日GMOメディアフィードバック数:0大型消費/投資

決済手段とキャッシュレス事情に関する調査

...ッシュレス決済を利用する理由[N=428 単一回答]『ポイントを貯める』子は7割超、最多は「Tポイント」政府では2019年10月に消費税率を8%から10%へ引き上げることに合わせ、消費増税対策として買い物などでキャッシュレス決済を行った消費者に対して、最大5%分のポイントを国の予算から還元する「ポイント還元制度」の導入を決めました。そこで10代女子に、この「ポイント還元制度」について聞いたところ、「知っている(24.8%)」と答えた子は全体の4分の1程度で、10代女子のポイント還元制度の認知はそれほど高くないようです。(図9...

2019年2月25日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

2019年度の賃金動向に関する企業の意識調査

...2019/2/142019年度の賃金動向に関する企業の意識調査賃金改善理由、「労働力の定着・確保」が初の80%台に上昇〜 2019年度の従業員給与・賞与、約4.1兆円増加と試算 〜はじめに2018年の景気は「回復局面」とする企業が2年ぶりに1割台に低下した一方、「悪化局面」は2ケタ台に上昇し、回復傾向から一転して、厳しさの増した一年となった(帝国データバンク「2019年の景気見通しに対する企業の意識調査」)。また、2019年10月には消費税率引き上げを控えているほか、人手...

2019年2月20日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

全国企業倒産集計1月報

...傾向による冬物商材の需要低迷や一部地域で低調な公共工事が悪材料となったほか、人手不足の深刻化はコスト増や企業活動の停滞を招いた。 国内景気は、中国向けなど輸出の減速に加えて、暖冬傾向や人手不足もマイナス材料となり悪化、後退局面入りの兆しが表れてきた。 消費税率の引き上げや海外リスクの高まりなど、不透明感が一層強まる今後、設備投資は省力化投資を中心に当面底堅く推移し、個人消費は緩やかな回復傾向が続くであろう。消費税率引き上げにともなう一時的な消費の悪化が見込まれるものの、大規模な経済対策でそうした落ち込みが一部緩和されると予想される。また、人件...

2018年「不動産の日」アンケート結果

...全宅連トップお知らせ2018年「不動産の日」アンケート結果公表<買い時>消費税率の引き上げを控え、不動産の買い時だと思う人は16.3%(-3.6pt)<持家派or賃貸派>住宅ローン負担や天災リスクにより「持家派」が減少傾向全宅連と全宅保証では、9月23日を「不動産の日」と定め、毎年一般消費者を対象としたアンケート「住宅の居住志向及び購買等に関する意識調査」を実施しております。今年度は、2018年9月21日から11月30日までの間、ホームページを活用して実施。18,601件の有効回答が寄せられました。...

2019年1月28日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

全国企業倒産集計12月報

...減速などにともない製造業が悪化するなど、弱含み傾向が続いた。 消費税率引き上げの影響や、日米通商交渉の行方が懸念され、不透明感が一層強まる今後、設備投資は省力化やシステム投資を中心に底堅く推移し、個人消費は良好な雇用・所得環境を受け、緩やかながら回復が続くであろう。2019年10月の消費税率引き上げを見据えた駆け込み需要が表れる一方、その後の反動減が懸念され、落ち込みの軽減に経済対策が一定の効果を果たすと期待される。海外動向は、中国などを中心に世界景気の減速を受け、輸出の増加基調が鈍化すると予想される。また日米物品貿易協定(TAG)の行...

2019年1月28日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

全国企業倒産集計2018年報

...業種を対象としたセーフティネット保証5号の保証割合は100%から80%に引き下げられた。中小企業の資金繰りへの影響が注目されたものの、現時点で金融機関による融資先選別など、大きな変化はみられない。今後も同様の資金繰り環境が続くとすれば、引き続き倒産件数は低水準での推移が想定される。 10月に予定される消費税率の引き上げは、引き上げ前後の駆け込み需要と反動減が前回(2014年4月)よりも抑えられる見通しであり、倒産への影響は限定的だろう。他方、緩やかな景気回復が続く国内では、生産...

2019年1月25日ビースタイルフィードバック数:0大型消費/投資

『家計』をテーマに働く主婦層にアンケート調査

...くなりそう」55.7%2.家計予測の前年比較:2018年時予測と2017年時予測3.家計増やすなら「ポイントためる」42.2%、「副業(雇用契約)」41.3%4.フリーコメントより 1.2019年の家計「ゆとりできそう」14.0%、「苦しくなりそう」55.7%2.家計予測の前年比較:2018年時予測と2017年時予測3.家計増やすなら「ポイントためる」42.2%、「副業(雇用契約)」41.3% 4.フリーコメントより ◇フリーコメントより抜粋(年代:雇用形態)<家計が苦しくなりそうと回答した人>・消費税増税...

2019年1月18日JTBフィードバック数:0大型消費/投資

2019年の旅行動向見通し

...貿易摩擦への懸念から、多くの企業が2019年3月期の業績については慎重です。また、12月の日銀短観の3か月後の先行きについては大企業・製造業がプラス15、非製造業がプラス20と悪化を見込んでおり、先行きの不透明な一面も拭えません。2019年は、暮らしに関わる大きな出来事が控えている年になると言えます。1つは5月の新天皇陛下の即位と改元、もう1つは10月からの消費税増税です。来年のゴールデンウィーク(GW)は即位関連行事の関係で、4月27日(土)から10連休となります。祝賀ムードとともに、レジ...

2019年1月16日インテージ★フィードバック数:0社会/政治

来年10月予定の消費税増税に関する調査

...ホーム生活者を知る2019年の消費税増税 軽減税率導入で消費への影響は? 2019年の消費税増税 軽減税率導入で消費への影響は? 2019年10月1日から実施予定の消費税増税。今回の増税は8%だった消費税を10%に引き上げるだけでなく、低所得者に配慮する観点から、「酒類・外食を除く飲食料品」と「定期購読契約が締結された週2回以上発行される新聞」を対象に同税の「軽減税率」が、初めて実施されます。対象品目が8%と据え置きになる今回の目玉政策が、どの程度生活者に理解されているか、消費...

2019年1月15日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

2019年の景気見通しに対する企業の意識調査

...通し以来となる水準まで増加。景気の先行きについて、1年前より慎重な見方を強めている企業が急増している 2019年景気への懸念材料は「消費税制」(55.3%、前回調査比29.6ポイント増)が最高となり、「人手不足」「原油・素材価格(上昇)」が続いた。米中における関税引き上げなど「貿易摩擦の激化」は14.5%に 景気回復のために必要な政策、「人手不足の解消」が42.7%でトップ。次いで、「個人消費拡大策」「所得の増加」「個人向け減税」などが続き、消費関連が上位の多くを占めた。以下「雇用対策」「消費税率引き上げへの対策」が続...

『若者のライフスタイルに関するアンケート調査』若者の一番の悩みは「お金のこと」 5割が消費税10%に反対

...する意識が高まっていることが見てとれました。●消費税増税への反対派は5割理由は、「使われ方が不透明」「出費が増えて苦しい」「景気が悪化する」若者を悩ませる「お金」と言えば、10月に実施される消費税の増税。消費税が10%に上がることに対する意識を聞いたところ、「増税に反対である」との回答が48.3%、「増税に賛成である」との回答が21.8%、「どちらでもない」との回答が29.9%となり、半数近くが消費税増税に反対であると回答をしました。その理由を自由回答で聞いたところ、増税反対派では「使われ方が不透明」「出費が増えて苦しい」「景気...

若者のライフスタイルに関するアンケート調査

...する意識が高まっていることが見てとれました。●消費税増税への反対派は5割理由は、「使われ方が不透明」「出費が増えて苦しい」「景気が悪化する」若者を悩ませる「お金」と言えば、10月に実施される消費税の増税。消費税が10%に上がることに対する意識を聞いたところ、「増税に反対である」との回答が48.3%、「増税に賛成である」との回答が21.8%、「どちらでもない」との回答が29.9%となり、半数近くが消費税増税に反対であると回答をしました。その理由を自由回答で聞いたところ、増税反対派では「使われ方が不透明」「出費が増えて苦しい」「景気...

2019年1月10日ユーキャンフィードバック数:0キャリアとスキル

20代~40代のビジネスパーソンが選んだ!2019年に「武器になる資格」とは?

...続「武器になる資格」のFPは2位に20代~40代のビジネスパーソンが選ぶ、2019年武器になる資格1位には「TOEIC(R)テスト」が選ばれました!訪日外国人の増加の影響からか語学への関心が高まっているようです。2位には昨年まで4年連続「武器になる資格」に選ばれたFPがランクイン。消費税増税を控えていることもあり、引き続き高い人気を見せています。また、同じ理由からかお金にまつわる資格「簿記」も3位に選ばれています。 TOEIC(R)テストファイナンシャルプランナー(FP)簿記マイクロソフト・オフ...

2019年1月9日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

全国企業倒産集計11月報

...業で出荷量が増えるなど関連業種も改善。戸建て住宅の着工戸数が増えたほか、燃料価格の一服もプラス材料となった。運輸などで年末に向けた需要が発生し、消費税率引き上げや改元へのシステム対応依頼も旺盛な一方で、雇用過不足DIが正社員・非正社員ともに過去最高を更新した。国内景気は、災害復旧・復興工事や住宅着工などの建設需要が関連業種に波及したほか、年末に向けた需要や燃料価格一服も寄与するかたちで改善し、弱含み傾向が一時後退した。 消費税率引き上げによる駆け込み需要が期待されるも、その反動減や海外リスクに懸念今後は、好調...

2018年12月28日フーディストフィードバック数:0社会/政治

「消費税引き上げ時の飲食店の対応」に関するアンケート調査

...飲食店リサーチアンケート調査結果一覧「消費税引き上げ時の飲食店の対応」に関するアンケート調査 「消費税引き上げ時の飲食店の対応」に関するアンケート調査 調査サマリー2014年4月の消費税引き上げ時、62.1%の店舗が値上げを実施、34.1%の店舗が売上へ影響ありと回答2019年10月の消費税引き上げ時、62.1%の飲食店がメニュー価格の値上げを予定消費税引き上げへの対策は、外税表記への変更、メニュー価格の値上げ、仕入れやメニューの見直し、など。また軽減税率導入への対策は、軽減...

2018年12月26日オールアバウト★フィードバック数:0社会/政治

消費税増税決定直後に聞く家計と暮らし調査

...<消費税増税決定直後に聞く 家計と暮らし調査>家計の実態ラン... <消費税増税決定直後に聞く 家計と暮らし調査> 家計の実態ランキング発表! ~ 減らしたいもの全世代1位は「電気代」~~ この冬は“家で楽しむ”「インドア家族」が増加で 家計もインフラ見直しがポイント ~総合情報サイト「All About」を運営する株式会社オールアバウト(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:江幡 哲也、以下「オールアバウト」)は大阪ガス株式会社(以下「大阪ガス」)と共同で、消費税増税決定直後の10月19...

2018年12月26日矢野経済研究所フィードバック数:0大型消費/投資

住宅リフォーム市場に関する調査を実施 ~2018年第3四半期~

...的には昨年の第4四半期から総じて軟調である。3.将来展望2018年の住宅リフォーム市場規模は、5.9~6.1兆円を予測する。​上述したとおり、2018年1~9月(第1~3四半期)の市況は、第3四半期が大きく落ち込んだことが影響し、通年でみると6兆円を割り込む可能性があるものとみる。​今後、2019年10月に予定される消費税増税に向けて徐々にリフォーム需要が顕在化し、回復期に向かうものと考えるが、現時点では需要の鈍い状況が続いている。調査要綱 1.調査期間: 2018年7月~9月(2018年第3四半期)2.調査...

2018年12月26日Smart Sound Labフィードバック数:0大型消費/投資

3人に1人が「キャッシュレス社会になって欲しくない」と回答

...sound lab : vol. 213人に1人が「キャッシュレス社会になって欲しくない」と回答 その理由の影に3つの「不安」キャッシュレスの動きが加速しています。それを後押しするのは2019年10月からの消費税増税です。消費税が10%に引き上げられ消費が落ち込むことを避けたい政府は、キャシュレス決済の消費に対し、5%のポイント還元することでキャッシュレス化を推し進めたい考えを発表しました。そこで、より快適なスマートフォンライフを創造するために研究調査しているスマートサウンドラボ(以下、SSL...

2018年12月25日リクルートフィードバック数:0大型消費/投資

2018年注文住宅動向・トレンド調査

...建築)の家づくりを考えたきっかけは、。(P9)消費税の増税と住宅建築について ● 検討者(全国)のうち、%が「消費税が上がる前に、建築を絶対に間に合わせたい」と回答。対前年で2.3ポイント増加。(P10) ● 検討者(全国)のうち、「10%の消費税増税に伴う住宅に関する経過措置」を知っている人(名称認知)が67.2%。対前年で大幅(15.0ポイント)に増加。(P10)共働き世帯の特徴 ● 【共働き世帯(子どもあり)】は住宅購入の検討開始にて、 【共働き以外世帯(子どもあり)】と比べ「出産」のタ...

2018年12月17日矢野経済研究所フィードバック数:0社会/政治

流通菓子市場に関する調査を実施(2018年)

...同様、全体的な景況感が良好であることや、前年度に拡大したチョコレート市場、スナック菓子市場、グミキャンディも引き続き拡大が期待できること、更にインバウンド(訪日外国人客)も、年度前半は概ね好調に推移したことなどがプラスに働き、国内流通菓子市場規模はメーカー出荷金額ベースで、2兆560億円と拡大を予測する。2019年10月に予定されている消費税率10%への引き上げが市場にある程度の影響を与えるものとみられるが、現時点では一般の飲食料品は軽減税率制度の対象となる見通しで、消費税率は引き続き8%となる。また...

2018年12月13日マクロミルフィードバック数:0社会/政治

2018年の重大なニュース

...「安室奈美恵が引退」 男女別ランキング、男性は「社会、スポーツ」、女性は「芸能」が上位に ジャンル別ランキング、「政治」では“消費税増税”の注目度が高め。「スポーツ」では不祥事が目立つ2018年の重大ニュースランキング、トップ10を発表!1位は「安室奈美恵が引退」(複数回答・最大個まで選択可/上位10位)1位 安室奈美恵が引退(23.3%)2位 日産自動車カルロス・ゴーン会長逮捕。報酬約50億円過少申告の疑い(20.1%)3位 TOKIO山口メンバー、未成年女性への強制わいせつで書類送検、ジャ...

2018年12月10日矢野経済研究所フィードバック数:0ライフスタイル

オーガニック食品市場に関する調査を実施(2018年)

...,785億円と推計した。オーガニック農産物と加工食品の比率は概ね3:7となっている。近年、市場は消費税率が5%から8%に引き上げられた2014年にオーガニック加工食品市場がわずかに縮小したものの、それ以外では年率1~2%増で拡大を続けている。2.注目トピックオーガニック食品(農産物、加工食品等)の取り扱い/使用状況本調査に関連して、オーガニック食品の需要家(小売業者、中食業者、ホテル・外食業者等)100社を対象として、電話アンケート調査を実施した。調査結果によると、オーガニック食品の取り扱い/使用...

2018年12月6日エアトリフィードバック数:0社会/政治

「消費税増税」に関する調査

...背景】 来年の10月に消費税が10%へ引き上げされることが表明されました。クレジットカードなどでキャッシュレス決済を行った消費者にポイント還元を行うなど、購入者の負担を軽減する措置を講じるとしています。増税まであと1年、エアトリが「消費税増税」に関するアンケートを実施しました。【調査概要】調査1:2019年に消費税率が10%へ増税する事を知っていますか? 98.4%の人が、来年から消費税が10%へ増税する事を認知していました。調査2:消費税が増税する前に購入しておきたいものはありますか?【複数回答可 男女...

2018年11月26日博報堂★★フィードバック数:0マーケティング

生活者にきいた“2019年 生活気分”

...NEWS博報堂生活総合研究所、生活者にきいた”2019年 生活気分”を発表 2018年11月20日主な理由は「消費税率アップ」「好景気の実感のなさ」 ●来年始めたいこと、男は【金かせぎ】、女は【体みがき】男女差の特徴:男性は「副業」「投資・資産運用」、女性は「ダイエット・食事制限」「運動・体操・筋トレ」博報堂生活総合研究所は、2015年から毎年秋に翌年の景況感などについて、全国の20~69歳男女3,900人に予想してもらう調査を実施しています。このたび最新の調査を加え、“2019年 生活...

2018年11月20日博報堂★★フィードバック数:0ライフスタイル

博報堂生活総合研究所、生活者にきいた”2019年 生活気分”を発表

...NEWS博報堂生活総合研究所、生活者にきいた”2019年 生活気分”を発表 2018年11月20日主な理由は「消費税率アップ」「好景気の実感のなさ」 ●来年始めたいこと、男は【金かせぎ】、女は【体みがき】男女差の特徴:男性は「副業」「投資・資産運用」、女性は「ダイエット・食事制限」「運動・体操・筋トレ」博報堂生活総合研究所は、2015年から毎年秋に翌年の景況感などについて、全国の20~69歳男女3,900人に予想してもらう調査を実施しています。このたび最新の調査を加え、“2019年 生活...

日本の家庭に眠る”かくれ資産”総額は推計37兆円以上-フリマアプリでの平均売買価格から算出

...マアプリの利用希望者は、昨年の2.5倍に増加しています。「売るときのことを考えて買う」という消費行動は、これまでも住宅や自動車の購入では見られてきたものですが、フリマアプリの浸透によって、日用品などの身近なモノにまで広がっています。また、若者を中心に、モノの「所有」から「利用」へという価値観も強まっています。2019年10月には消費税率が10%へと引き上げられます。家計の負担がじわりと増す中で、家庭に眠るかくれ資産に目を向ける方も増えるのではないでしょうか。 1 みんなのかくれ資産調査委員会とは、日本...

日本の一般家庭に眠る不要品(=1年以上利用してない品物)の総量に関する調査

...マアプリの利用希望者は、昨年の2.5倍に増加しています。「売るときのことを考えて買う」という消費行動は、これまでも住宅や自動車の購入では見られてきたものですが、フリマアプリの浸透によって、日用品などの身近なモノにまで広がっています。また、若者を中心に、モノの「所有」から「利用」へという価値観も強まっています。2019年10月には消費税率が10%へと引き上げられます。家計の負担がじわりと増す中で、家庭に眠るかくれ資産に目を向ける方も増えるのではないでしょうか。 1 みんなのかくれ資産調査委員会とは、日本...

2018年9月27日矢野経済研究所フィードバック数:0大型消費/投資

住宅リフォーム市場に関する調査

...末からの需要低迷からやや回復基調にある。2.注目トピック2018年上半期(1~6月)の住宅リフォーム市場規模は2.9兆円 前年同期比2.8%減2018年上半期(1~6月)の住宅リフォーム市場規模は2兆8,594億円(速報値)、前年同期比で2.8%減と推計する。​上半期の市況は近年の平均的な市場規模で推移しており、下半期(2018年7月~12月)には、2019年に予定されている消費税増税を見据えたリフォーム需要が期待される。3.将来展望2018年の住宅リフォーム市場規模は、6.2~6.5兆円を予測する。​上述したとおり、2018年1~6...

2018年6月19日マーキュリーフィードバック数:0大型消費/投資

消費増税に伴う新築マンション需給動向発表~Realnetレポート~

...より前の2013年7月~9月にピークを迎えたことが分かります。数字を見てみると、販売戸数は19,249戸で、前年同期比+42.9%、初月申込率は78.0%でした。理由は2014年4月1日以降に引き渡しとなる物件に関しては2013年9月30日までに売買契約を結ぶことで消費税率5%で購入できる「経過措置」という特例が適用された為だと考えられます。また、販売年別推移では、2013年7月~9月の平均価格が最も高くなっています。これは、駆け込み需要により比較的高額物件が多く販売されたことが一因となっています。2019年...

2018年6月12日IDC★★フィードバック数:0企業情報システム

国内産業分野別 企業規模別 IT支出動向および予測

...率を達成するとみています。大型システムの刷新は低調ですが、スマートフォンやIaaS(Infrastructure as a Service)の高い成長により、2018年の国内IT支出全体はプラス成長を予測しています。今後、2020年1月のWindows 7のサポート終了に伴うPCの更新需要に加えて、2019年10月に予定されている「消費税増税」対応を目的に関連システムの刷新や改修が見込まれることから、2019年までは高い成長率を予測しています。2020年はその反動によって国内IT市場全体でいったん1%未満...

2018年6月8日矢野経済研究所フィードバック数:0ビジネス

住宅リフォーム市場に関する調査を実施 ~ 2018年 第1四半期 ~

...2018年第1四半期の住宅リフォーム市場規模は1.2兆円を割り込み、やや勢いを欠くスタートに 株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、住宅リフォーム市場の短期的な市場トレンド調査を実施し、2018年第1四半期の市場規模(速報値)を公表する。 図1. 住宅リフォーム市場の四半期別の市場トレンド推移1.市場概況2018年第1四半期(1~3月)の住宅リフォーム市場規模は1兆1,946億円(速報値)、前年同期比で7.6%減と推計する。消費税増税前の駆け込み需要により大幅増となった2014...

2018年4月12日スタイルアクトフィードバック数:0大型消費/投資

第40回マンション購入に対する意識調査の公表

...第40回マンション購入に対する意識調査の公表【要旨】■購入意欲が「増している」「やや増している」との回答48.7%と前回調査より、上昇している■消費税増税前に「購入したいと思う」との回答が43.6%と高い■購入したい物件数は1.01件と5四半期ぶりに減少した分譲マンション購入・売却検討者21万人を有する不動産のセカンドオピニオンサイト「住まいサーフィン」は、今回で40回目となるマンション購入検討者の定例意識調査を行いました。「住まいサーフィン」は不...

2018年4月12日エイチーム★フィードバック数:0社会/政治

引越し侍が「引越し金額の推移」に関する調査レポートを公開

...ついては、繁忙期の全国平均引越し金額は、通常期の1.55倍となりました。2013年からの推移をみると、2014年は繁忙期の引越し金額が13万円を超えています。これについては、同年4月1日より施行された消費税8%への引き上げの影響で駆け込み需要が発生したものと想定されますが、2017年はそれを上回る引越し金額となりました。1-2.発着地エリア別の平均引越し金額について2013年~2017年のアンケート結果をもとに、発着地が同じエリアの平均引越し金額を集計した結果、下記の通りとなりました。全国的に、通常...

2018年4月10日GEM Partners★フィードバック数:0エンタテインメント

映画興行市場に関する調査結果

...要因によってトレンドが維持できないシナリオもレポート内で推計しています。*1: ODS = 非映画デジタルコンテンツ。期間限定の特別上映、コンサート、演劇、オペラ、スポーツなど映画以外のコンテンツの映画館における上映※単位未満を四捨五入のため、内訳の合計が総数に合わない場合があります。※本推計は当社が行ったアンケート調査および日本映画製作者連盟統計、公的統計の公開情報を用いて分析を行っています。※本推計においては将来の消費税引き上げなどによる影響は加味しておりません。※本推計は、個別作品ごとの興行収入の積み上げによる予測ではなく、映画...

2018年3月16日矢野経済研究所フィードバック数:0ビジネス

宝飾品(ジュエリー)市場に関する調査を実施(2018年)

...年の国内宝飾品小売市場規模は1兆17億円と堅調推移を予測2020年の国内宝飾品(ジュエリー)小売市場規模は、1兆17億円を予測する。今後大きく伸長することは難しいものの、国内景況感の改善が見込まれるなか、2019年に予定されている消費税率引上げ前の駆け込み需要、2020年の東京オリンピック・パラリンピックにおけるインバウンド(訪日外国人客)需要や国内需要などが期待されることから、市場は堅調に推移するものとみる。 お問い合わせ プレ...

2018年3月8日富士通フィードバック数:0社会/政治

2018・2019年度経済見通し

...2018・2019年度経済見通し2018年2月14日株式会社富士通総研2018・2019年度経済見通し-景気拡大はさらに持続-当社は、2017年10~12月期のGDP統計(1次速報)の発表を受け、経済見通しを改訂しました。世界経済は、米欧の金融政策正常化が進んでいきますが、それによって景気が腰折れするリスクは低いと考えられます。日本経済は、内外需とも回復の足取りはしっかりとしており、労働需給がさらに逼迫する中、賃上げが進んでいくと予想されます。2019年10月の消費税率引き上げも、景気...

2018年3月2日中小企業庁フィードバック数:0社会/政治

消費税の転嫁状況に関するモニタリング調査(12月調査)

...消費税の転嫁状況に関するモニタリング調査(12月調査)の調査結果を取りまとめました平成30年1月30日 経済産業省では、平成26年4月の消費税率引上げを踏まえ、転嫁状況を定期的にモニタリングするため、転嫁状況に関する事業者へのアンケート調査(モニタリング調査)を平成26年4月から実施しています。今般、平成29年「12月調査」の調査結果を取りまとめました。調査結果は、「全て転嫁できている」と回答した事業者が、事業者間取引では88.3%、消費者向け取引では77.5%、「全く転嫁できていない」と回...

映画興行市場に関する調査結果

...ーツなど映画以外のコンテンツの映画館における上映※単位未満を四捨五入のため、内訳の合計が総数に合わない場合があります。※本推計は当社が行ったアンケート調査および日本映画製作者連盟統計、公的統計の公開情報を用いて分析を行っています。※本推計においては将来の消費税引き上げなどによる影響は加味しておりません。※本推計は、個別作品ごとの興行収入の積み上げによる予測ではなく、映画市場のマクロトレンドに注目した予測となります。 【調査方法】GEM Partners実施のインターネットアンケート(2009年~2017年)()、政府統計、一般...

AI(人工知能)が職場にもたらす影響に関する調査

...等労働者生活アンケート「中間報告」概要について[2014年10月17日掲載]ディーセント・ワーク(働きがいのある人間らしい仕事)に関する調査 [2014年9月26日掲載]消費税増税に関する調査 [2014年6月24日掲載]就職活動に関する調査 [2014年6月12日掲載]第2回マタニティハラスメント(マタハラ)に関する意識調査 [2014年6月5日掲載]パタニティ・ハラスメント(パタハラ)に関する調査 [2014年1月23日掲載]有期契約労働者に関する調査 [2013年10月24日掲載]子ども・子育...

CBREが2018-2019年の不動産マーケット予測を発表 - オフィス・物流施設の賃貸需要は堅調も、地域間格差は広がる大量供給を控える東京グレードAオフィスの賃料は調整局面へ

...自に設定した、繁華性が特に高い通り■2018年以降の経済見通しCBREグローバルリサーチは、2017年の日本の実質GDP成長率を1.7%と見込み、2018年も同程度の成長を予想しています。ただし、物価上昇率が低位で推移しているため、現在の緩和的な金融政策は維持され、金利は当面のあいだ現状の超低水準で推移するでしょう。一方、FRBが金融政策の「正常化」を表明している米国では、金利引き上げの影響で、2019年以降は経済成長が鈍化するとみられます。米国の成長鈍化に加え、2019年には消費税増税...

2018年1月17日花王フィードバック数:0ライフスタイル

家族の10年を定点調査

...【家族の10年を定点調査】家族関係は良好でも、距離感に変化。「お互い干渉しない家族がいい」が10%上昇し、約6割に!<花王 生活者研究センター調べ> 「個」と「家族」の適度なバランスが居心地の良い関係に~ この10年間を振り返ると、リーマンショックや東日本大震災、消費税増税、共働きの増加、SNSの普及など、私たちの暮らしは大きく変化してきています。花王株式会社「生活者研究センター」(※1)では、2006年から2016年の10年にわたり、生活者の価値観やライフスタイルの多様化、社会...

2018年1月15日リクルートフィードバック数:0大型消費/投資

2017年 注文住宅動向・トレンド調査

...建築の割合が前年に続いて上昇。 ● 建築者(首都圏)では、新規建築の割合が81.8%で、建て替えの割合は17.4%。全国と同様に新規建築の割合が前年に続いて上昇。3 家づくりを考えたきっかけ < 検討者(全国・新規建築)> ● 検討者(全国・新規建築)の家づくりを考えたきっかけは、1位が「いつかは一戸建てに住みたいと思っていた」(28.3%)で、対前年で2.6ポイント上昇。 ● 「現在の家賃が高い(もったいない)」(19.2%)が、対前年で4.1ポイント上昇。4 消費税の増税と住宅建築意向 < 検討者(全国)> ● 検討者(全国...

2018年1月10日ニワンゴフィードバック数:0マーケティング

月例ネット世論調査2017年12月

...ぐ個人増税、今の生活水準は「維持していけない」50.5% Q5政府・与党は2019年10月の消費税増税に加え、所得税とたばこ税も増税し、「国際観光旅客税」(出国税)と「森林環境税」(住民税増税)を新設すると決めました。あなたは、相次ぐ個人増税でも、今の生活水準を維持していけると考えますか、考えませんか。 相次ぐ個人増税について、今の生活水準を「維持していけない」が50.5%、「維持していける」が25.8%となりました。 年代別にみると、50代以上が「維持していけない」が56.0%と最も高くなりました。 今年...

景気ウォッチャー調査(17年10月)~景況感は好調を維持し、台風の影響は限定的~

...内閣府から公表された2017年10月の景気ウォッチャー調査によると、景気の現状判断DI(季節調整値)は52.2と前月から0.9ポイント改善し、2ヵ月連続で改善した。家計動向関連が悪化したものの、企業動向関連、雇用関連は大幅に改善し、DIは消費税率引き上げ前の2014年3月の53.8以来3年7ヵ月ぶりの高水準となった。なお、内閣府は、基調判断を「着実に持ち直しが続いている」と4ヵ月ぶりに上方修正した前月から据え置いた。今回の調査では、家計動向関連は、度重なる台風の影響で来客数が減少したが、消費...

2017年11月21日トモノカイフィードバック数:0キャリアとスキル

現役大学生のインターンに関する意識調査

... 10時大学生が選んだ2016年の漢字第一位「選」第二位「変」。選挙やオリンピック選手の活躍の声多数。 2016年12月14日 14時大学生の2015年の抱負第一位「進」第二位「挑」。来年の日本社会に期待する大学生多数。 2014年12月24日 12時景気回復・消費税増税に現役大学生の大きな関心集まる。一方、約8割の大学生が日本の政治に不信感抱く。 2014年12月19日 10時現役大学生の約半数が大学入試制度の改革に反対。ゆとり世代に新たな偏見が生まれることを懸念。 2014年12月17日...

中期経済見通し(2017~2027年度)

...オリンピックが開催される2020年度頃には1%台前半まで伸びを高める可能性が高い。その後は人口減少ペースの加速に伴い労働投入量の伸びが小幅なマイナスに転じるため、1%を若干割り込む水準まで緩やかに低下するだろう。 4|今後10年間の平均成長率は1.0%今後10年間の日本経済を展望すると、2019年10月には消費税率の引き上げ(8%→10%)が予定されているが、軽減税率の導入で景気への悪影響が緩和されること、2020年度に向けて東京オリンピック・パラリンピック開催に伴う押し上げ効果も期待できることから、景気...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ