調査のチカラ TOP > 特集一覧 > データがいっぱい:少子高齢化・人口減少

データがいっぱい:少子高齢化・人口減少

世間の注目が集まる分野には調査データが増加します。少子高齢化、人口減少については統計データ、調査データが数多く出ており、今の日本の社会問題としては最もポピュラーなものかもしれません。

オンライン恋活・婚活マッチングサービスの国内市場調査

...]】 2017年は、過去2年間にかけて新規参入した大手サービス事業者によるスマートフォンアプリが市場成長に大きく寄与し、2015年比73%増の208億円と高い水準の成長を遂げることが見込まれます。また、従来Webサービスを提供してきた事業者が、新たにスマートフォンアプリの提供を開始する取り組みもみられるほか、位置情報などを活用した、スマートフォンアプリならではの特徴的な新しいサービスも登場するなど、サービスの多様化が進んでいます。少子化...

2017年5月22日IBJフィードバック数:0大型消費/投資

理想の結婚後の生活スタイルは?

...では結婚をする際に夫婦どちらかの姓を選び、名乗ることが定められています。しかし、この制度を見直す動きが法務省で行われています。「選択的夫婦別姓制度」といい、別姓を希望する場合は男女それぞれ結婚する前の名字を名乗れる制度です。「選択的」なので、別姓を強制するわけではありません。世界に目を向けてみても、同じアジアの韓国や中国は文化的に夫婦別姓の国です。多様化する家族の形に対応するため、いずれ日本でも広まっていくかもしれませんね。まだまだ男性の方が保守的で、昔の文化にとらわれているのではないでしょうか。男性の意識改革こそが、少子化・未婚...

2017年5月19日ハピライズフィードバック数:0大型消費/投資

真剣活動中だから言える結婚と婚活のリアルな事情とは?

...心の絆をつなぐ手厚いサポートで数多くのご縁を結んで参りました。近年、晩婚化や非婚化、さらには少子化が国の根幹を揺るがす重要課題となって久しくなりますが、ライフスタイルの変化から男女の自然な出逢いは年々難しくなる傾向にあります。 サンマリエは出逢いのプロデュースを社会的使命とし、さらなるサービスの向上と普及に努めるとともに、結婚を望むみなさまのサポートを通して豊かな社会作りに貢献いたします。...

2017年5月17日インタースペースフィードバック数:0ライフスタイル

キッズのファッション事情

...友やご近所関係についての相談、話題の社会問題やファッション・美容など、ママの日常を取り巻くあらゆることについて活発な情報交換がなされています。 またママに役立つ情報、気になる情報なども、ニュース記事として日々配信しています。晩産化・少子化、共働き世帯の増加、夫や祖父母の育児参加など、この10年で大きく変わってきた「子どものいる家族」について、研究・提案を行う専門組織。1996年より活動していたBaBUプロジェクトを発展改組し、2012年10月設立。「妊娠期から小学生の子どもを持つ家族」に関する専門知識を元に、調査、商品...

料理に関するアンケート調査

...がそれに「ありがとう」を返すことでマッチングが成立、その後のメッセージ交換が可能となるサービスです。少子化、晩婚化が社会問題となる中、2012年2月のサービス開始以降、出会いを求める男女に支持され、累計会員数は2,000,000人を突破(2017年3月時点)。2014年からは、政府主催の「婚活・街コン推進サミット」に参画するなど少子化、晩婚化などの社会問題解決への貢献も社会的意義として掲げています。■株式...

2017年5月11日日本香堂★フィードバック数:0大型消費/投資

母の日のご供養に関する意識・実態調査

...て受けとめ、暮らしの歳時記のひとつに加えられるであろう可能性を示唆しています。■『母の日参り』とは少子高齢化社会にあって<実母存命>人口が減少する一方、<実母死別>人口が増え続ける局面を迎え【図4・5】、幼少期より「母の日」の贈答文化に馴れ親しんだ世代で「対象喪失」の未充足感が広がりつつあるのでは、とのインサイトから彼等のメンタリティに応え得る新たな価値提案として、当社が『母の日参り』を呼びかけてから、今年で9年目になります。この間、当社の取組みに対して賛意を表明し、普及活動を共にする企業・団体...

飲食店で働く外国人従業員の1ヶ月後離職率は12%。離職率を下げる秘訣は「日本文化の理解」にあることが明らかに

...「弊社」)は、ClipLineに登録されている外国人従業員の離職データを分析することで、1ヶ月目で12%の外国人が離職する傾向にあることがわかりました。またその原因をClipLine利用クライアントにヒアリングしたところ、言語の壁や働きがいというだけでなく、「日本文化の理解」であることが明らかになりました。 ■少子高齢化で不足する労働力。活路は外国人従業員の活用独立行政法人労働政策研究・研修機構の調査によると、少子高齢化の結果、日本の労働力人口は2030年に787万人...

2017年5月6日アイオイクスフィードバック数:0社会/政治

日本の農業 オモテウラ

...Release: 2017/04/13日本の農業 オモテウラ人手不足や高齢化による「日本の農業の未来」が危惧される一方で、農業に新たに参加する人の数は近年増加傾向にあります。本インフォグラフィックでは、一部のデータだけで捉えることはできない「日本の農業の現況」について、平成23年と平成27年の状況を比較し、5年間の変化を探っています。【概要】・日本の農業人口は減少し続けている反面、新たに農業に参加する「新規就農者数」は近年増加傾向にある。・就農者の高齢化に対し、新規...

2017年5月6日マンダムフィードバック数:0ライフスタイル

母親との関係性に関する調査

...イマドキ男子の周囲との“距離感”③~母親編~何でも相談!?恋愛話も「アリ」が65.7% 身だしなみリテラシー向上の鍵は、母親! ヤング男性に関する意識調査 株式会社マンダム(本社:大阪市 社長執行役員:西村元延)は、15歳~24歳のヤング男性を対象に、母親との関係性に関する調査を実施しました。少子化などの影響により、母息子の関係性が変化しており、「ママっ子男子」という言葉が出てくるなど話題となる中、今回の調査により、イマドキのヤング男性の母親との関係について実態が明らかとなりましたので、ご報...

上京時の住環境・仕送りに関する意識調査

...ミナル駅からのアクセス」「人気のエリア」を基準に、東京23区を中心に76棟を展開。業界最長の35年間サブリースという高水準のサポートを誇り、その入居率は約99%を記録しています。セミナー集客による会員制不動産投資サービス!投資だけでなく資産運用をサポートする“地方セミナー”を実施!グローバル・リンク・マネジメントでは、不動産投資はもちろんのこと、資産運用や保険などのマネー全般についてのセミナーを東京都内で毎週開催しております。全国的に人口減少傾向にある中で、人口の増加が見込まれている東京都の市場価値に注目。掛け...

2017年5月1日矢野経済研究所フィードバック数:0ライフスタイル

理美容市場に関する調査を実施(2017年)

...の理美容市場規模(事業者売上高ベース)は前年度比99.6%の2兆1,575億円になった。このうち、理容市場は理容店舗数減少、顧客の高齢化、来店サイクルの長期化、低価格サロンチェーンの台頭などにより低迷している。美容市場では、低価格美容サロンチェーンと高級志向な技術とサービスを提供するサロンとの2極化が進んでいるが、美容市場全体ではヘアケア化粧品や美容家電カテゴリーを中心とした物販やその他付加サービスの強化が功を奏し、前年度並みで推移した。◆大手美容サロンチェーンは新業態サロンを展開し、多様...

2017年4月28日帝国データバンク★フィードバック数:0キャリアとスキル

人材確保に関する企業の意識調査

...2017/4/20人材確保に関する企業の意識調査70%超の企業が人材を確保するための取り組みを実施〜 求める人材像は「意欲的」で「コミュニケーション力」があり「素直」 〜はじめに3月1日に、2018年卒業予定者の新卒採用活動が解禁され、大手企業を中心に各社のエントリー受付や採用活動のための企業説明会開催がスタートした。1980年代後半のバブル期、2000年代半ばの好況期に続く「超・売り手市場」とされる現在の就職/採用活動は、短期的な求人状況の好転だけでなく、少子化...

2017年4月27日ソニー生命保険フィードバック数:0社会/政治

女性の活躍に関する意識調査2017

...ポン一億総活躍プランへの女性の見方 「『活躍』より『安心』したい」が3割半「一方的に『活躍してほしい』と言われるのがストレス」が約3割2016年6月に「ニッポン一億総活躍プラン」が閣議決定され、現在推し進められています。これは、少子高齢化に歯止めをかけ、50年後も人口一億人を維持し、家庭・職場・地域で誰もが活躍できる社会を目指すというもので、経済政策の一つと位置付けられています。そこで、全回答者(1,000名)に、「ニッポン一億総活躍プラン」について、どのように思うか聞いたところ、「『活躍』より『安心』したい」が36.6%で最...

2017年4月27日リクルート★フィードバック数:0ビジネス

子どもを持つ意欲と職場環境の関係は?

...Research News2017年4月19日株式会社リクルートマーケティングパートナーズブライダル総研子どもを持つ意欲と職場環境の関係は?男性は「仕事以外の時間確保のしやすさ」、女性は「制度利用のしやすさ」がポイント「少子化に関する調査」より株式会社リクルートマーケティングパートナーズ(本社:東京都中央区 代表取締役社長 山口 文洋)が運営するリクルートブライダル総研では、結婚から出産・育児について詳細を把握するために、「少子化に関する調査」を実施いたしました。ここに、調査...

2017年4月26日NTTタウンページフィードバック数:0大型消費/投資

葬儀業界の動向レポート

...ニュースリリース・お知らせ高齢化社会に入り2040年まで年々死亡者が増加 葬儀業界の動向レポート発表業界は成熟期への転換期を迎え、ゲームチェンジの展開が加速2017年4月17日NTTタウンページ株式会社 NTTタウンページ株式会社(代表取締役社長:岡田 昭彦、本社:東京都港区虎ノ門3-8-8)は、各業界における購買・消費を促進し、当該業界全体の発展のお役に立てるよう、経営者、広報担当者、およびマーケティング担当者を対象として、独自の視点で各業界の現状・動向・課題を分析、解説した「3分読...

2017年4月26日インタースペースフィードバック数:0ライフスタイル

ママたちの「家事の時短事情」について実態調査

...以上のユーザーに利用される日本最大級のママ向けコミュニティサイト。子育て中のママ達が日夜熱く集い、育児や家族に関する喜びや悩み、ママ友やご近所関係についての相談、話題の社会問題やファッション・美容など、ママの日常を取り巻くあらゆることについて活発な情報交換がなされています。 またママに役立つ情報、気になる情報なども、ニュース記事として日々配信しています。晩産化・少子化、共働き世帯の増加、夫や祖父母の育児参加など、この10年で大きく変わってきた「子どものいる家族」について、研究・提案を行う専門組織。1996年より活動していたBaBUプロ...

2017年4月25日リザーブリンクフィードバック数:0キャリアとスキル

社員研修の管理・調整に関する調査

...予約ラボでは「予約」に関する独自リサーチ、体験取材などの情報を配信中 >> 研修の日程調整は社員・担当者の共通課題。社員研修の管理・調整に関する調査研修の日程調整は社員・担当者の共通課題。社員研修の管理・調整に関する調査調査背景労働人口の減少、グローバル化、ダイバーシティの促進に伴い、企業経営にとって人材育成は最重要テーマの一つとなっています。研修の実施には研修ニーズの把握からはじまり、目標設定、プログラム選定、会場手配、日程調整、予約受付、効果測定等、多くのプロセスがあります。そこ...

2017年4月25日コツコツ骨ラボフィードバック数:0ライフスタイル

「子どもの骨の健康と食生活」に関する意識調査

...://www.atpress.ne.jp/releases/126644/img_126644_8.jpg■コツコツ骨ラボとは医学・栄養学などの有識者らを中心メンバーとし、健康な骨を作るための食生活を中心とした正しい情報の発信、調査、研究を通じ、効率的な骨づくりを推進します。日本では高齢化が進み、骨粗しょう症やロコモティブシンドロームが深刻な問題として顕在化してきました。日本人の骨粗しょう症の総患者数は推計約1,300万人※とされ、平均...

2017年 デロイト ミレニアル年次調査 日本版

...が直面する課題で関心の高い事項は、先進国では「戦争、テロリズム、政治的緊張(56%)」が最も高い回答になったのに対し、日本の最も関心の高い課題は「高齢化/人口推移(35%)」で、「テロリズム」と回答した割合は29%にとどまります。 ■日本のミレニアル世代は、1年前と比較し会社への帰属意識が低下している世界のミレニアル世代は1年前よりも雇用の安定性を求めて会社への帰属意識が高まり、「現在の会社に5年以上勤務する」は一昨年と比較して4ポイント増えています。一方、日本のミレニアル世代は、他国とは逆に「最大2年間」の回答が2ポイ...

2017年4月24日マンダムフィードバック数:0社会/政治

ヤング男性の対人関係に関する意識と実態調査

...入れてもらえる清潔感を大事にしている事が伺え、彼らの身だしなみにおいては、「清潔感」が必須となってきているようです。 ⇒身だしなみも、周りの人みんなに評価されることが重要であり、かっこよさよりも清潔感やナチュラル感重視。少子化の影響や、男女平等という社会において、幼いころから、「男女みんなで仲良く遊びましょう」というなかで育ってきた彼らにとっては、女性は、異性と意識する前から、友人関係を築く対象であり、それは思春期を経ても変わらず、親友、友人として、性別を超えた関係を築ける相手になってきているようです。女性は異性ではあるものの、必ず...

2017年4月23日全研本社フィードバック数:0大型消費/投資

結婚と婚活に関するアンケート2017

...できる出会いならお見合いや合コン」と考えている人はまだまだ多いようですが、実際には婚活サービスを利用して結婚する人は年々増えてきています。どこか秘密めいた印象をもたれがちだった結婚相談所や婚活サービスは、今では結婚を実現するための便利なツールとして、オープンなイメージで利用されているようです。結婚相談所サンマリエは1981年の創業以来、心と心の絆をつなぐ手厚いサポートで数多くのご縁を結んで参りました。近年、晩婚化や非婚化、さらには少子化が国の根幹を揺るがす重要課題となって久しくなりますが、ライ...

2017年4月23日ゆこゆこフィードバック数:0社会/政治

シニアの災害復興支援活動に関する意識調査

...70代以上)被災者が立案し出資を求めているプロジェクトで賛同するものがあれば出資したい(男性70代以上)動物の殺処分ゼロの活動や子猫のミルクボランティアなど(女性50代)頑張っている若者応援(女性50代)過疎化や高齢化が進む地方の地域の活性化になる事業(男性50代)犬猫の殺処分ゼロ運動(男性50代)自然の保護活動(男性60代)現在取り組んでいる地域活性化の為の起業にむけて、資金調達したい(男性60代)まちづくり支援策に関して資金を集めてみたい(男性50代)学習...

日本の農業、5年でどう変わった?

...IoT,インフォグラフィック,農作物,農場経営:人手不足や高齢化による「日本の農業の未来」が危惧される一方で、農業に新たに参加する人の数は近年増加傾向にあり、小売チェーンや私鉄、銀行などの他業界企業が農業ビジネスに参入しています。いま、日本の農業はどんな状況なのでしょうか。農林水産統計部が提供する最近5年間のデータをまとめてみると、意外な一面も見えてきました!意外とIT化が進んでいる!と感じた方も多いのではないでしょうか。データをみると、確かに農業人口や耕作地の減少といった傾向はあります。しか...

女子中高生の“日本政治に対する意識調査”

...ざまな領土問題に関して気になっている。両国の領土や歴史の教育に違いが生じていることと、集団同調もあるのだろうかという疑問があるから。(大分県 高校3年生)・学校でよく話されるから。(愛媛県 高校1年生)(8)<待機児童>・子育てに追われて仕事をしたいのに出来ない親とかは可哀想だし保育士資格などを持ってる人は多くいるから国が動けば待機児童も少なくなるはずなのに解決してないから。(宮城県 高校1年生)・待機児童の解消が少子高齢化問題解決の道筋になるから。(青森県 中学3年生)・将来保育関係の仕事に就きたいと思っているから。(栃木県 中学3...

日本の将来推計人口(平成29年推計)

...〜40歳代の出生率実績上昇を受け推計の前提となる合計特殊出生率は上昇推計の前提となる合計特殊出生率は、近年の30〜40歳代の出生率実績上昇等を受け、前回推計の1.35(平成72(2060)年)から 1.44(平成77(2065)年)に上昇(中位仮定)。 平均寿命は、平成27(2015)年男性80.75年、女性86.98年から、平成77年(2065)年に男性84.95年、女性91.35年に伸長(中位仮定)。2.前回推計と比較して人口減少の速度や高齢化の進行度合いは緩和総人口は、平成27(2015)年国...

2017年4月18日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

2016年度 注目業種の倒産動向

...いで、2番目に多かった。学習塾は「ゆとり教育」による学力低下の不安等を背景に拡大したが、人口減少に歯止めがかからず、最近は市場も縮小に転じている。このため進学実績や教育方法など独自の付加価値アップ策が求められ、同業他社との生徒獲得競争はさらに激化が見込まれる。最新記事・倒産状況に関するお問い合わせ電話・FAXでのお問い合わせ株式会社東京商工リサーチ 情報部最寄りのTSR支社店へお問い合わせください支社店一覧 この...

2017年4月18日帝国データバンク★★フィードバック数:0ビジネス

全国企業倒産集計2016年度報

...49億6500万円、東京都、破産)といった、個人向けビジネスを展開する企業の大型倒産が相次いだ。いずれも申込金などが返還されないケースもあり、一般消費者に与えるインパクトは大きい。2016年度はサービス業の倒産件数が5年ぶりに増加した。消費者の嗜好や流通構造の変化、大手の参入等による事業環境の変化は加速度を増しているうえ、人口減少により需要のパイの奪い合いは、今後さらに熾烈になることが予想される。企業が生き残りを図るためには独自の強みを持つことが一段と求められよう。さらに、サー...

2017年4月18日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

全国企業倒産集計2017年3月報

...れも申込金などが返還されないケースもあり、一般消費者に与えるインパクトは大きい。2016年度はサービス業の倒産件数が5年ぶりに増加した。消費者の嗜好や流通構造の変化、大手の参入等による事業環境の変化は加速度を増しているうえ、人口減少により需要のパイの奪い合いは、今後さらに熾烈になることが予想される。企業が生き残りを図るためには独自の強みを持つことが一段と求められよう。さらに、サービス業など労働集約産業は、生産性の向上と同時に、人材確保が事業継続の必須条件である。■人手不足によるリスクが高まる一方、事業...

2017年4月14日Furboフィードバック数:0ライフスタイル

愛犬のお留守番に関する実態調査

...」などのネガティブな感情やお留守番への悩みは、世界共通であることが分かりました。ペットの高齢化や、ペットの精神病への理解が広がり、お留守番中の容態を把握したいドッグオーナーもいる中で、実状は「特に何もしていない」という回答が過半数を占めました。”ドッグビヘイビアリスト田中雅織MISAP(Beh)”世界中の愛犬家にとって、愛犬のお留守番は避けられない共通の悩みです。また、群れの習性を残す犬にとって、飼い主から離れることは精神的なストレスを感じる時間です。私のお客様でも、お留...

新生活に関するアンケート調査

...回答数:男女約1,000人・調査期間 :2017年2月22日~2月28日【Omiaiサービス概要】「Omiai」は、Facebookを活用した男女の出会いを「安心」かつ「安全」にサポートする恋愛マッチングサービス。男女のどちらかが気になる異性に「いいね!」をクリックし、相手がそれに「ありがとう」を返すことでマッチングが成立、その後のメッセージ交換が可能となるサービスです。少子化、晩婚化が社会問題となる中、2012年2月のサービス開始以降、出会いを求める男女に支持され、累計会員数は1,840,000人を...

2017年4月11日大日本印刷★フィードバック数:0マーケティング

メディアバリューレポートVol.77最新号「2017年の生活者トレンド」

...マごとの調査・分析結果をまとめた「メディアバリューレポート」を発行しています。 最新号では、少子高齢化を背景に生活者1人ひとりが社会/地域/家庭でさまざまな役割を担うようになり、時間のマネジメントへの意識の高まりのほか、「SNSの浸透にともなう“心地よい”と感じる時間の過ごし方の変化」や、「AI(人工知能)などの技術進化による情報探索スタイルの変化」などの、生活者の最新のトレンドを紹介します。※詳細はこちらをご覧ください。 ○SNSが後押しする“ソロ活“「ひとり焼肉」や「ひとり音楽フェス」など、ひと...

2017年4月11日アクサ生命保険フィードバック数:0大型消費/投資

将来のお金に関する意識調査

...などにより、社会保障財源を支える現役世代となる生産年齢人口の減少が進んでいます。また、自助努力に対する認識が浸透する中で、リタイア後の生活に向けた準備にも社会的な関心が高まっています。調査結果からは、社会や自分自身・家族の将来に不安を感じているものの、不安解消のための十分な取り組みはできていないという生活実態が浮き彫りとなりました。詳細は次ページ以降をご参照ください。アクサ生命は、日本の働き盛り世代の長期資産形成ニーズにお応えするために、平準払いの『アクサの「資産形成」の変額保険 ユニット・リンク』(正式...

2017年4月11日日経BP★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

ビジネスパーソンが期待する新技術ランキング

...りました。2017年および2022年の両方で「再生医療」が1位になったのは、日本が超高齢化社会を迎えて、医療・健康分野への関心が高まっているためと推測されます。調査時点における認知・関心度の1位は「ドローン」で(表3)、以下2位「3Dプリンター」、3位「AI」でした。表1●2017年における期待度ベスト10表2●2022年における期待度ベスト10表3●認知・関心度ベスト10 この調査は「経営革新と新技術の利活用に関するアンケート」と題して日経BP社と日経BPコンサルティングが、日経BP社の...

2017年4月10日農林水産省フィードバック数:0ライフスタイル

平成28年度食料品アクセス問題に関する市町村アンケート調査

...食料品アクセス問題に関するアンケート調査」の結果を取りまとめましたので公表します。 調査結果概要 平成28年度食料品アクセス問題に関する市町村アンケート調査 <調査対象> 全国の市町村1,741市町村(東京都特別区を含む) 有効回答数:1,245市町村(回答率71.5%) 調査期間:平成28年11月11日~12月9日 <結果概要> 対策の必要性と背景 1.回答市町村のうち、1,020(81.9%)市町村が何らかの対策が必要と回答2.対策を必要とする背景として、「住民の高齢化」、「地元小売業の廃業」、「中心市街地の衰退」が高い傾向 対策...

2017年4月9日NPD Groupフィードバック数:0エンタテインメント

スポーツアパレル・シューズ市場 調査レポート

...ーツに対する人々の意識も高まっていることが予想されます。また、高齢化社会への備えも意識し、2015年設置された「スポーツ庁」も施策の柱のひとつとして「医療費抑制」を掲げています。消費者のあいだでは健康志向やスポーツへの関心が高まりつつあります。『Japan Sports Tracker』では、スポーツに使われている、またはスポーツ用に販売されているアパレルとシューズの消費者購入動向を継続して毎月調査をしています。 2016年の女性のスポーツ動向をみてみると(図表 1)、スポーツウェア・スポーツシューズ購入者のうち、購入...

2017年4月7日マンパワーグループ★★フィードバック数:0キャリアとスキル

就労困難時に関する調査データ

...占め、どの経験者も「短時間勤務制度」と回答した人が2割前後だったことから、就労困難時においては柔軟な勤務形態が求められていることが明らかになりました。「介護」経験者は「配置転換制度」と回答する人が多い傾向から、日常業務形態の柔軟性に加え、Uターンや両立がしやすい職場への異動など、勤務地や時間の融通を希望する率が高いことがわかります。 調査結果から病気、育児、介護といった就労困難な状況の理由によって、組織に求められる制度が異なることがわかりました。労働力人口の少子高齢化により、就労人口の減少に加え、介護...

2017年4月6日大日本印刷★★フィードバック数:0マーケティング

2017年の生活者トレンド

...の有効活用が意識されるようになってきた。少子高齢化を背景に、1人の人が社会、地域、家庭の中で様々な役割を担うようになる中で、働くことを含めた生活時間のマネジメントが始まっている。[技術]欲しいものはAIと相談して決めるAmazonの家庭用AI 端末『Amazon Echo』。話しかけると流暢な言葉で返答し、音楽をかけたり、天気やレシピ情報などを答えてくれる。日本ではシャープやLINEが今年、AI 搭載家庭用端末の発売を予定しており、スマホの画面をタップするのではなく、AI 端末...

2017年4月3日ユニ・チャームフィードバック数:0ライフスタイル

「尿もれ不安をかかえる高齢者とペット」に?関する意識調査

...ニュースリリース2017年3月27日外出習慣にペットが寄与し、9割が認知機能低下の抑制を実感〝人とペットの共生″で「外出」「会話」「社交性」を生む生活リズムが重要 ユニ・チャーム株式会社(本社:東京都港区、社長:高原 豪久)は、一人ひとりの〝生活者″の心と体の健康をサポートする企業として、赤ちゃんからお年寄りまで様々な世代に向けた商品やサービスを提供しています。この度、高齢化の進行に伴う「外出不安」や「認知機能の低下」といった社会問題の改善につながるきっかけを探る為、「尿も...

2017年3月31日山形県フィードバック数:0社会/政治

山形県における三世代同居・近居に関するアンケート調査

...ンスについての意識 3 生きがい・孫との関係についての意識調査結果調査結果の概要調査報告書≪調査報告書項目別≫ 第1章 第2章 調査結果 付属資料 この記事に対するお問い合わせ担当課:子育て支援課担当:少子化対策担当TEL/FAX:023-630-2668/023-632-8238E-Mail:表示するにはJavaScriptを有効にしてください 山形県庁( 県庁へのアクセス)〒990-8570 山形市松波二丁目8-1 電話:023-630-2211(代表)Copyright © 2014 Yamagata...

「葉酸」に関する意識調査

...も約半数が出産を希望しており、少子化の中でも、子どもを持ちたいと考えている人は多いことが判明しました。② 妊娠を望む人のうち2年以内での妊娠を望む人は全体の半数以上。35~39歳の半数以上が「今すぐ」妊娠を希望。①で将来子どもがほしいと回答した方の半数以上が直近2年以内での妊娠を希望していることがわかりました。また、20~24歳、25~29歳、30~34歳、35~39歳の4つの年代別で見たところ、「今すぐ」と回答する人の割合は年代が上がるごとに高くなり、35~39歳は5割を超えています。【栄養の摂取状況について】③ 妊娠...

2017年3月25日NPD Groupフィードバック数:0ライフスタイル

外食・中食市場2016年計の動向 単価の上昇に支えられた2015年から一転、客単価はゼロ成長

...期に多くの業態で客数が増え、明るい兆しが見え始めました。人口減少少子高齢化が進む中、今後は人々の胃袋は減る一方ですので、何もしなければ食市場は縮小します。外食・中食市場は、プラスマイナス1%前後の成長しか見込めず、天候やカレンダー並びの影響を受けて数字が上下する現象が続いています。節約志向の消費者の財布のひもをいかにゆるめるかが重要になりますが、2016年に伸長した間食や、連休やイベントの需要を喚起し取り込んでいくことが今後の消費拡大のカギになりそうです。本分析の詳細をもっと知りたい方へ「外食・中食...

2017年3月25日ワークポートフィードバック数:0キャリアとスキル

「ダイバーシティ」を推進する企業に魅力を感じますか?

...性を上げる考え方にも賛同できると答えた人が多く見受けられました。 ただ、今回「どちらでもない」と回答した方が最も多く、まだまだ「ダイバーシティ」という単語が社会に浸透しきっていないことが浮き彫りとなりました。今後、グローバル化の進行や少子高齢化による労働力不足が深刻化していくことを考えると、どの企業もこれまで以上にダイバーシティの推進は必須となり、多様性を認める採用に乗り出していくことが予測されます。雇用される側にとっても、多くのチャンスを手にすることができる一方で、激しい変化や多様性にどれだけ順応できるか、対応力が求められていくことになりそうです。 【調査...

2017年3月25日ソニー生命保険フィードバック数:0社会/政治

ダブルケアに関する調査2017

...ンターネットリサーチで実施し、2,100名の有効サンプルの集計結果を公開しました。(調査協力会社:ネットエイジア株式会社)調査結果 概要【『ダブルケア』 と仕事の両立】 【『ダブルケア』の金銭的負担】【『ダブルケア』に対する備え・支援】【全国初 地域別『ダブルケア』実態調査】【ダブルケアについて】英国ブリストル大学 山下 順子講師 横浜国立大学 相馬 直子准教授コメント ダブルケアとは、子育てと介護に同時に携わることを指すために私たちが創り出した造語である。晩婚化と出産年齢の高齢化によって、「ダブルケア」に直...

2017年3月23日矢野経済研究所フィードバック数:0ライフスタイル

ペットビジネスに関する調査を実施(2016年)

...1兆4,720億円と推計した。ペット用品はほぼ横這いとなり、ペットフードはキャットフードが好調に推移し微増となった。サービス関連では、ペット保険市場が引き続き拡大した。2016年度も同様の傾向が続いていることから、ペット関連総市場規模は前年度比101.1%の1兆4,889億円を見込む。◆ ペットの高齢化・小型犬化により、軟らかいタイプのフード、スナックが好調に推移2015年度のペットフード市場規模は、小売金額ベースで前年度比102.8%の4,735億円と推計した。2015年度...

2017年3月17日インタースペースフィードバック数:0大型消費/投資

ママのおさいふ事情

...ママに役立つ情報、気になる情報なども、ニュース記事として日々配信しています。晩産化・少子化、共働き世帯の増加、夫や祖父母の育児参加など、この10年で大きく変わってきた「子どものいる家族」について、研究・提案を行う専門組織。1996年より活動していたBaBUプロジェクトを発展改組し、2012年10月設立。「妊娠期から小学生の子どもを持つ家族」に関する専門知識を元に、調査、商品開発支援、広告などコミュニケーション支援、メディア開発、事業開発などを手掛ける。  株式会社インタースペースメディア&ソリューション事業部 長谷...

2017年3月17日選挙ドットコムフィードバック数:0社会/政治

東京都議選の議席予想・情勢分析レポート

...持率や、選挙区ごとの獲得議席は有料記事(500円)にて読むことができます。今後のポイントは?3月13日には、都民ファーストの会と公明党が、情報公開の徹底などの都政改革や東京オリンピック・パラリンピックの成功、少子化対策など10項目の政策合意を結び、公認候補の相互推薦など選挙協力を行うことを発表しました。こうした選挙協力によって、複数人区の当落は今後も変化すると予想されます。また、自民党や民進党が公認候補を擁立できていない空白の選挙区もあり、目玉候補の擁立によっては情勢が変わることも予想されます。民進...

2017年3月15日東京商工リサーチフィードバック数:0キャリアとスキル

「長時間労働」に関するアンケート調査

...からは「労使双方に効率化に向けた意識の向上と具体的行動が必要」「働くことに対する使命感が持てるように教育環境を形成する」などの、解決に向けた意見がある一方で、「中小・零細企業では絶対的な人員不足で簡単には改善できない」、「大企業のしわ寄せが中小・零細企業に重くのしかかる」など、中小企業の悲哀を感じさせる意見もある。中小企業は資金的な余力も乏しく、人員、取引関係など自社での取り組みに限界も抱えている。人口減少と高齢化が進む中で、労働人口は減少し、単な...

2017年3月14日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

全国企業倒産集計2017年2月報

...クルの倉庫火災では拠点集中のリスクも浮き彫りとなった。物流各社ではドライバーの高齢化や人手不足の加速への対応のほか、物流拠点や人員配置など、既存のビジネスモデルの見直しを迫られる事態に直面している。一時期の燃料価格の下落もあり、運輸業の倒産は減少傾向で推移しているが、今後、全国的な働き手の奪い合いによる人件費上昇に加えて、最低賃金の引き上げや労働時間規制の強化などがコスト負担増となり、運輸業の倒産動向に影響を与える可能性がある。 ■地方中核都市における百貨店の不振、取引先への影響も懸念今後の国内景気に対して個人消費の回復がカギを握るとみられるが、家計...

2017年3月14日東洋経済新報社フィードバック数:0ビジネス

売上高がガクンと落ちた500社ランキング

...産事業を縮小しながら、老人ホーム事業を主柱とした体制へ再構築を進めていたが、有価証券報告書の虚偽記載疑惑で神奈川県警が捜査、2013年には老人ホーム事業を売却し撤退している。10年前と比べて半分(50%)以上も売り上げが減っている会社は108社。同3割以上は259社、2割以上は同403社だった。上場企業といえど10年前から売上高を2割以上減らしている会社は1割以上に上るということだ。特に人口減や少子高齢化の進む日本の内需を主体としている企業にとって、収益を伸ばしていくのは簡単ではないことを示している。 電通...

2017年3月14日東京商工会議所フィードバック数:0ビジネス

中小企業の経営課題に関するアンケート

...「中小企業の経営課題に関するアンケート結果」について 平成29年3月7日東京商工会議所中小企業部 東京商工会議所(三村明夫会頭)は、中小企業委員会(大久保秀夫副会頭、フォーバル会長)において、標記調査結果を取りまとめましたのでお知らせします。本調査は、中小企業が抱える経営課題を、「売上」「事業コスト」「経営資源」の視点から検証したものです。また、中小企業経営者の高齢化に伴い「事業承継」が喫緊の課題となっていることから、事業承継の現状と課題について併せて調査しました。 【調査...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ