調査のチカラ TOP > 特集一覧 > データがいっぱい:少子高齢化・人口減少

データがいっぱい:少子高齢化・人口減少

世間の注目が集まる分野には調査データが増加します。少子高齢化、人口減少については統計データ、調査データが数多く出ており、今の日本の社会問題としては最もポピュラーなものかもしれません。

2019年5月21日IDCフィードバック数:0企業情報システム

最新の国内ユニファイドコミュニケーション/コラボレーション市場予測を発表

...はプラス成長を維持すると予測します。2020年後半以降は2019年までに更新した音声基盤への投資が減速すると予測しており、再びマイナス成長になると予測します。2018年のコラボレーティブアプリケーション市場は前年比13.2%増、954億3,100万円となり、好調に推移しました。好調の要因は、政府/民間をあげて推進されている「働き方改革」によるモバイル環境での電子メールシステムやグループウェアシステムの活用を背景とした、ファイル同期/共有ソフトウェアなどクラウド主体の市場の成長であるとIDCではみています。2019年以降も、労働人口減少...

2019年5月16日IDC★★フィードバック数:0企業情報システム

最新の国内第3のプラットフォーム市場予測を発表

...類し、同市場を分析しました。この結果、消費者市場では、国内人口の減少を背景に同市場の大半を占めるモビリティ市場の拡大が見込めないこと、スマートフォン買い替え需要の低迷などによって、2018年~2023年のCAGRは0.6%とほぼ横ばいになると予測します。特に2019年の消費増税、2020年の東京オリンピック/パラリンピック後の景況感低下による予測期間前半の成長率は低くなると予測しています。予測期間の後半には、予測期間前半の反動による成長を予測しています。一方、企業市場では、クラ...

2019年5月9日マイナビフィードバック数:0キャリアとスキル

『2019年版 独立・開業に対する意識調査』を発表

...・開業に対する意識調査」の結果を発表しました。本調査は全国20代から60代の男女21,318名を対象に、独立・開業に対する興味の有無を調査したうえで、「独立・開業に興味がある」と回答した1,000名を対象としたものです。なお、本調査は今回が初めてとなります。調査結果の概要(一部抜粋)は以下の通りです。近年、少子高齢化に伴う生産年齢人口減少等を背景に、政府が欧米並みの開業率10%台を目指す(※)など、独立・開業への注目が集まっている。本調査において「独立・開業に興味がある」と回答したのは4割強。都道...

自治体における共同利用型RPAの実証実験結果の報告

...ティック・プロセス・オートメーション)*1と、AI-OCR*2を用いた業務効率化の可能性を検証し、このたび報告書をとりまとめました。※1 RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション):複数アプリケーションにまたがる基本動作を、シナリオ(自動化処理)に基づき、人が操作しているのと同じように簡単に自動化するツールです。※2 AI-OCR:人工知能(AI)技術を組み込んだOCR(光学的文字認識)です。 1.実証実験の目的と概要 住民生活に身近な行政サービスは自治体が支えていますが、人口減少...

2019年4月19日carrierSeedフィードバック数:0社会/政治

「ママの疲れ」に関するアンケート調査

...【体力よりも気力の勝負!?】育児の疲れは身体より精神に来る方が圧倒的多数という結果に!あなたは子育てのストレスを解消できていますか・・・? 【頑張るママを応援!!】こてつ堂 オンラインショップ× ​株式会社carrierSeed 何かとストレスの多い現代において、「育児」は最もストレスが溜まるものの内の一つでしょう。今回は、育児にストレスを感じているママを対象に、「ママの疲れ」に関するアンケート調査を行いました。 少子化が止まらない現代の日本において、少子化...

2019年4月9日矢野経済研究所★★フィードバック数:0企業情報システム

2018年度のサブスクリプション(定額)サービス国内市場規模は5,627億3,600万円

...の顧客情報を利活用することで、マス(大衆)需要ではなく、多様化する個人需要をターゲットとする販促活動を可能にしている。なかでもファッションや音楽分野では、より個人ユーザーが理想とするサービスの提供など、様々な取り組みが進んでいる。3.将来展望2023年度のサブスクリプション(定額)サービス国内市場規模(8市場計)はエンドユーザー(消費者)支払額ベースで8,623億5,000万円を予測する。国内は少子高齢化の進展などから、多くの市場において成長率が鈍化してきており、当該...

2019年4月4日インテージフィードバック数:0ライフスタイル

平成振り返り企画第2弾 売り上げデータから分析売り上げ逆転劇 カレー、魚缶詰、一般用医薬品、紙おむつ、洗濯洗剤

...ビニや自販機などでも購入できるエナジードリンクや、甘酒に代表される健康志向の飲み物など、選択肢が増えたことも要因ではないかと思われます。【紙おむつ】少子高齢化が進み、大人用が子供用を上回る(平成24年)少子高齢化の典型ともいうべき変化を見せたのが紙おむつ。平成24年に大人用が子ども用の売り上げを逆転しました(図表4)。子供用では使用者である赤ちゃんの減少に加え、着け心地の良さが長時間持続するなど製品の質の向上によって購入頻度も少しずつ低下していることが挙げられます。順調に増加している大人用では高齢者の介護サポートに使われるほか、尿漏...

2019年4月1日あしたのチームフィードバック数:0ビジネス

中小企業の働き方改革取り組み実態と新元号への期待に関する調査

...身の会社での事業承継についての考えに影響はありましたか。 (単数回答)n=300天皇の生前退位は、国民の意識や感情に大きな影響を与える出来事となりました。少子高齢化社会、人生100年時代と言われる中、個々が自分の生き方やキャリアなどについて改めて考える機会になったのではないでしょうか。中小企業経営者にとって、天皇の生前退位によって自社の事業継承についての考えに影響があったか聞いたところ、最も多い回答は「全く影響はなかった」71.3%となりました。しかし「影響があった」1.0%、「少し影響があった」7.3%と1割弱...

2019年3月29日あしたのチームフィードバック数:0ビジネス

中小企業の景況感と自社の課題に関する調査

...=300自社の課題を聞いたところ、全体の第1位は「売上拡大」51.7%となりました。特に都市部の企業では57.3%と6割近くが回答しています。一方、地方企業だけを見ると、第1位「従業員の採用・育成」52.0%、第2位「後継者の育成」46.7%と会社を支える“人”に関する項目が上位となっています。少子高齢化や人口流出が進む地方では人材確保や後継者育成が切迫した課題であることが明らかになりました。③従業員採用・育成に対する現在の取り組みと今後取り組みたいこと従業員の採用・育成...

2019年3月27日アーキ・ジャパンフィードバック数:0キャリアとスキル

働き方に関する意識調査

...、労働人口の減少が著しく、「働く環境」に多くの問題を抱えている日本の未来に必要な取り組みです。実際に、以前2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けて場所や時間にとらわれない働き方を推奨する「テレワーク・デイ」が、働き方改革の切り札になると話題になったことは記憶に新しいですよね。働く環境の改善が注目されている一方で、就職活動という厳しい戦いの中勝ち取った内定であるにもかかわらず、早期に離職してしまう若者が問題となっているのが現状です。それでは、これ...

2019年3月20日楽天インサイト★フィードバック数:0社会/政治

元号に関する調査

...,000:全員回答)単一選択 単位:% 改元後に期待することは、「景気回復」がトップ。30代は「子育て環境の改善」にも期待改元後に期待することを聞いたところ、「景気回復」(68.8%)と回答した人が最も多く、次いで「賃金上昇」(50.9%)、「少子高齢化問題解決」(46.8%)となった。年代別で見ると、「景気回復」と回答した人は30代(83.7%)が最も多く8割を超えた。「賃金上昇」は20代(67.7%)と30代(63.0%)がともに6割を超える結果となった。また、30代は「子育て環境の改善」(68...

2019年3月12日ワークポートフィードバック数:0キャリアとスキル

「定年退職」について調査

...年齢は引き上げ傾向にありますが、今回 定年退職する年齢について何歳が適切だと思うか質問したところ、最も多かったのは「65歳」(46.3%)でした。次に「60歳」(22.0%)、「70歳」(17.6%)と続きました。65歳と答えた理由では、「年金受給開始の年齢なので」(40代・男性・営業)といった現在の年金制度を理由としたものや、「平均寿命が延びたため」(20代・女性・クリエイター)、「これから先、人手不足になるため」(30代・男性・公務員)といったように日本の少子高齢化を懸念した意見が多く挙げられました。60歳と...

2019年3月11日リスクモンスターフィードバック数:0キャリアとスキル

第5回「就職したい企業・業種ランキング」

...事業」や「鉄道業」に人気が集まる結果となりました。特に鉄道業においては、文系の学生を中心に人気を集めました。また、理系の学生からは「自らが学業で得た専門性や知識、経験を商品開発等で活かせる職場」として、「飲食料品会社」や「製薬会社」が高い人気を得ている様子もうかがえました。近年の日本経済は東京オリンピックや大阪万博を控えて戦後最長の景気拡大が続くなど、順調に推移しています。しかし長期的には少子高齢化によって労働人口(生産年齢人口)が減少していることで、労働...

2019年3月8日GfKジャパンフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2018年電動アシスト自転車の販売動向

...車に代わる移動手段のひとつとして電動アシスト自転車が選択されているケースも少なくないとみられる。シニア層の需要は高齢化に伴って拡大することが予想され、引き続き市場を下支えする重要な要素となるだろう。*1. 店頭販売時点でチャイルドシートが設定されているもの本プレスリリースのURL: -------------------------------------------------------------------------------- GfKジャパン ※弊社名を報道にて引用頂く場合は、「GfKジャパン」のほか、「GfK Japan」の表記でも結構です。 報道関係者向け お問...

PwCコンサルティング、「PwC スポーツ産業調査2018」を発表

...ーツコンテンツそのものに対する強い需要にけん引された安定した市場成長が期待されているといえます。 収益源別の成長率では、デジタルメディア放映権が11.5%と最も有望で、従来型テレビ放映権(3.2%)の3倍以上に収益源別の成長見通しをみると、デジタルメディア放映権が最も有望なセグメントとされ、今後3~5年で11.5%の年間成長率を示すと予想されています。従来型のテレビ放映権の予測成長率(3.2%)の3倍以上に相当します。欧州サッカー5大リーグにおける従来テレビ視聴者の6割超が50歳以上とも報じられており、視聴者層の高齢化が顕著になりつつあります。こう...

2019年2月27日ハツーモフィードバック数:0ライフスタイル

男性上司の薄毛に関するアンケート調査

...内閣府認定公益社団法人「日本毛髪科学協会」が認定する毛髪診断士監修のWEBサイトを運営。 【掲載メディア実績】朝日新聞デジタル&M、@niftyビジネス、SankeiBiz、BIGLOBEニュース、財経新聞、LINEニュース 他多数 薄毛上司が恋愛対象になる女性はたった25%! ~薄毛男性の上司は女性部下から、どう見られているのか?~男性にとって、薄毛はに繋がります。ストレス社会や少子高齢化で、ハゲや薄毛男性は増加する一方です。女性の社会進出は当たり前となった今、職場...

2019年2月25日ウルクスフィードバック数:0キャリアとスキル

就職・転職時のトラブルに関するアンケート調査

...​転職時に「トラブル経験あり」は過半数 - 転職市場は活発だが、働く人々の本音は「1社で長く働きたい」43.8% 働く20代~50代の男女162名対象の就職・転職時のトラブルに関するアンケート調査 2019年も引き続き、転職市場は求人が多く出されており、冬のインターンから春にかけ活気づいている2020年卒の新卒採用市場もあわせ、売り手市場の様相です。安倍政権による働き方改革により、様々な取り組みが推進されてはいますが、人口減の日本において人手不足は深刻な問題です。採用...

2019年2月22日ヴァリューズフィードバック数:0マーケティング

PayPay「100億円あげちゃうキャンペーン第1弾」のマーケティング効果を調査

...た50代以上のユーザーが、12月には27.9%増え、全体に高齢化したことがわかります【図表6】。特に60歳以上の増加が顕著で、10月の4.4%から12月の12.5%へ8ポイントシェアを増やしました。相対的に、当初37.7%を占めていた20代が23.6%へと、14ポイント減少しています。図表6 2018年10月~12月のPayPayユーザー層推移(年代別) ◆増加する富裕層ユーザー3ヶ月間の推移からは、富裕ユーザー比率の増加傾向も確認できます。世帯年収1000万円以上ユーザーは10月の11.2%から...

2019年2月22日エアトリフィードバック数:0社会/政治

「成人年齢」に関する調査

...成人の国が多いから。(20代女性)・人口減少少子高齢化に伴う成人年齢引き下げで必要なことだと思う。(20代女性)・高校を卒業する年齢で社会に出て働く人も多く、18歳からは自己の責任で行動するのは適当と考える。(60代男性)18歳より早くていいと思う・昔はそれこそ15歳で元服があったわけなので、18歳でも遅いかなと思ったくらいなので。(30代男性)・早く社会人としてのルールに馴染むべきだと思う。(50代男性)調査4:あなたが親の立場となった時、各項目で親の同意なしで許せる年齢を教えてください。 親の立場となった時、各項...

2019年2月22日エアトリフィードバック数:0社会/政治

「平成の〇〇離れ」に関する調査

...働いても収入が増えない構造が定着してしまっている。若者はより堅実にならざるをえないのが悲しい。自分の祖父母や両親世代のように「とりあえずやってみる」が難しい時代。最初の一歩を踏み出すのに必要なお金が手元にない。ボーナスも頼りにならない。。。(20代女性)・『平成の当たり前離れ』とイメージしました。これからはどんどん生き方も価値観も変化し、各個人が『自分』を生きていくのだろうと思う。そう望んでいます(50代女性)・少子高齢化で高齢者が増えれば何事も高齢者仕様になっていく。若者の〇〇離れが進むのも無理はない(60代男性)調査4:「平成の〇〇離れ」をし...

2019年2月22日ディップフィードバック数:0キャリアとスキル

お仕事の探し方・派遣会社の探し方についてのアンケート調査

...会社の探し方について」を実施しました。 現在、日本国内における少子高齢化に伴い、労働市場において人手不足が加速し、働く人材を求める企業の求人が溢れています。一方で求職者が仕事を探す手段として、求人情報サイト、求人情報誌、ハローワーク、派遣会社等と多様化しています。そこでこの度、はたらこねっとユーザーを対象に、仕事探しの手段、困っていること、派遣会社に求めることなど、アンケート調査を実施しました。2人に1人が“インターネット関連“で仕事を探している「求人情報サイト」36%が最多、「検索エンジンで関連キーワード検索」19...

キャッシュレス決済に関する意識調査

...ド決済(※1)スマートフォンでコードを読み取って、紐づけられたクレジットカードや事前にチャージした電子マネーなどで支払うこと。・キャッシュレス・ビジョン(※2)経済産業省が、少子高齢化や労働人口減少の時代を迎える日本において、企業の生産性と、消費者の利便性を向上させ販売機会の拡大等を図るための、キャッシュレス決済推進活動を言います。今後年間(年6月までに)キャッシュレス比率を4割程度とすることを目指しています。【調査概要】【当社にキャスト登録をご希望の方は】・パソコン用登録: ・携帯用登録: 会員...

2019年2月20日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

全国企業倒産集計1月報

...負債総額全体の4割を占めた。 ■菓子店の倒産、増勢続く1月は、主力商品のラスクなど洋菓子の製造・販売を手掛ける東証JASDAQ上場のシベール(負債約19億5900万円、山形県、民事再生)をはじめ、菓子製造販売業者の倒産が4件(前年同月2件)発生した。2018年の菓子製造販売業の倒産は過去最多の43件(前年比4.9%増)発生し、増勢が続いている。これまで売り上げを下支えしてきた贈答品としての需要は縮小傾向にあるうえ、地域密着で強い営業基盤を築いてきた菓子店でも、地域人口の減少やコンビニスイーツの台頭、全国...

2019年2月20日矢野経済研究所フィードバック数:0社会/政治

ベビー用品・関連サービス市場に関する調査を実施(2018年)

...な育児支援ツールとしての環境整備や認知拡大等が重要であるものと考える。3.将来展望2018年の国内ベビー用品・関連サービス市場規模は前年比6.2%増の4兆2,515億円を予測する。出生数の減少による少子化の進行によって、ベビー用品市場の多くは、長期的な漸減トレンドが予想されるが、今後もインバウンド(訪日外国人客)需要が期待される一方、子育て負担軽減をはじめ、乳幼児の安全・安心や健康な発育・成長に対する需要の高まりによって、ベビーフードやベビーキャリア(抱っこひも)、哺乳関連用品、スキンケア関連商品などでは市場が拡大するものとみる。​また、ベビ...

日本国内のパワーアシストスーツ市場を調査

...ーアシストスーツを購入する介護・福祉施設が急増しましたが、2017年度はその反動から需要が大きく落ち込みました。開発途上の段階にある製品であることから、幅広い分野に普及するまでに至っていませんが、労働者の高齢化や人材不足から、介護の現場、重量物を上げ降ろしする作業が多い工場、倉庫、建設現場などパワーアシストスーツに対する潜在ニーズがあります。2018年の後半に主要メーカーから価格を引き下げた新製品が投入されていることから、2019年度には販売台数が大きく伸びると予測されます。本調査では、パワ...

2019年2月15日PERSOL CAREERフィードバック数:0ビジネス

オープンイノベーションの実態調査

...プンイノベーションに取り組むために積極的に外部企業にコンタクトしている業種について見ていきたい。下記【図1】のように、最も積極的にコンタクトを取っている業種は、インターネット・広告・メディア(19.6%)。次いでIT・通信(14.3%)、3位はメーカー(機械・電気)(12.5%)4位は医薬品・医療機器・ライフサイエンス・医療系サービス(12.5%)という結果となった。インターネットやIT・通信といった業種は、メーカーなどに比べて「自前主義」の意識も薄く、他社との連携や協業についてもオープンなカルチャーが根付いていることが見て取れる。また、高齢化などの社会課題が大きな日本においては、ヘル...

2019年2月7日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

全国社長年齢分析(2019年)

...2019/1/29全国社長年齢分析(2019年)社長の平均年齢、59.7歳〜 昭和生まれ社長は建設業、平成生まれ社長はサービス業に多い 〜はじめに日本で“高齢化”が叫ばれるようになって久しい。「平成30年版高齢社会白書」(内閣府)によると、65歳以上の高齢者人口は3515万人で、2065年には約2.6人に1人が65歳以上、約3.9人に1人が75歳以上になることが推計されている。高齢化による様々な影響が懸念されているが、企業においても経営者の平均年齢は年々上昇傾向で推移しており、円滑...

2019年1月31日エン・ジャパンフィードバック数:0ビジネス

2019年「企業の人材不足」実態調査

...の対策は「新規人材の採用」。■調査結果 詳細1:「人材が不足している部門がある」と回答した企業が9割。(図1、図2、図3)「現在、人材が不足している部門はありますか?」と伺ったところ、89%の企業が「ある」と回答しました。少子高齢化や売り手市場を背景に、多くの企業が慢性的な人材不足に頭を悩ましていることが分かります。また、2016年の調査(84%)に比べ、5ポイント上昇。3年前よりも人材不足感が増していることが伺えます。業種別では、同率で「IT・情報処理・インターネット関連」(91%)、「不動産・建設...

2019年1月30日ディップフィードバック数:0キャリアとスキル

仕事探しに関する調査

...での仕事を探している、または直近1年以内に長期(6カ月以上)前提での仕事を探していた人●サンプルサイズ:n=3,036サンプル 調査背景リーマンショック後、10年で採用を取り巻く環境は目まぐるしく変化しています。少子高齢化などにより、様々な人が働くようになったと同時に、ライフスタイルや働く目的の多様化により、働き方も変化しました。採用を成功させるためには、求職者の実態を把握したうえで、最適なコミュニケーションが必要です。企業と求職者との最初の接点である「募集」という重要なプロセスを最適化する処方箋を探ります。 本レ...

2019年1月29日リゼクリニックフィードバック数:0ライフスタイル

働き世代の老後や介護、ムダ毛に関するアンケート調査

...◆アンダーヘア脱毛の新常識!脱毛ブームは中高年まで浸透~介護経験者の6割以上『介護脱毛』は必要と回答~ ◎【介護経験者に聞く最も大変だと感じたこと】排泄の介助(63.8%)が1位 日本の超高齢化社会が急激に進むなか今年は相続法の改正や外国人労働者受け入れ拡大に向けた法律が施行予定で「介護」業界は大きな影響を受けると考えられます。脱毛業界でも昨今、とある変化が起きています。【自身が介護されることを想定して介護者に迷惑をかけないように】と「アンダーヘアの脱毛(=介護脱毛)」をす...

2019年1月28日矢野経済研究所フィードバック数:0マーケティング

文具・事務用品市場に関する調査を実施(2018年)

...用品の商品トレンドもこの傾向を一定程度強めていくことも想定され、これに対応する生産体制などの工夫も求められるものと考える。3.将来展望文具・事務用品市場は、国内においては成熟市場であり、今後も人口減少を背景とする構造的な需要減少は不可避の状況にある。このような環境下、多くの文具・事務用品メーカーは、個人需要に対応した高機能・付加価値商品の投入による需要活性化施策を推進するとともに、海外マーケットの開拓を追求している。 こちらのプレスリリースは1,000円で更に詳しいデータをご利用いただけます。 以下の 利用方法を確認する ボタン↓から...

2019年1月28日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

全国企業倒産集計12月報

...業種を対象としたセーフティネット保証5号の保証割合は100%から80%に引き下げられた。中小企業の資金繰りへの影響が注目されたものの、現時点で金融機関による融資先選別など、大きな変化はみられない。今後も同様の資金繰り環境が続くとすれば、引き続き倒産件数は低水準での推移が想定される。 10月に予定される消費税率の引き上げは、引き上げ前後の駆け込み需要と反動減が前回(2014年4月)よりも抑えられる見通しであり、倒産への影響は限定的だろう。他方、緩やかな景気回復が続く国内では、生産年齢人口の減少...

2019年1月28日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

全国企業倒産集計2018年報

...業種を対象としたセーフティネット保証5号の保証割合は100%から80%に引き下げられた。中小企業の資金繰りへの影響が注目されたものの、現時点で金融機関による融資先選別など、大きな変化はみられない。今後も同様の資金繰り環境が続くとすれば、引き続き倒産件数は低水準での推移が想定される。 10月に予定される消費税率の引き上げは、引き上げ前後の駆け込み需要と反動減が前回(2014年4月)よりも抑えられる見通しであり、倒産への影響は限定的だろう。他方、緩やかな景気回復が続く国内では、生産年齢人口の減少...

2019年1月25日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内サーバー市場システムタイプ別予測

...歳以上65歳未満人口)と年少人口(15歳未満人口)の減少にあります。両人口の減少は、サーバーが処理するデータやトランザクションの減少を意味するからです。この減少分を補い、かつ、サーバーの価格性能比向上サイクルを上回るペースでサーバー需要が創出されない限り、国内サーバー市場の拡大は望めない状況にあります。国内サーバー市場全体の支出額は縮小均衡へと向かうものの、システムタイプと配備モデルの組み合せで国内サーバー市場を分類すると、プラス成長を示すセグメントが存在します。具体的には、SoR...

国内の人材市場動向数値 (建設業界編)12月

...業に特化した人材関連の様々な情報、最新の雇用関連データもまとめています。 今月のトピックス政府は、11月に取りまとめた未来投資会議の中間報告の中で、現行は65歳までとなっている企業の継続雇用年齢に関し「70歳までの就業機会の確保を円滑に進める」とし、企業や個人の自由度を認めつつ段階的に法制度を整備すると明記しました。今回は、このような定年延長の流れを踏まえて、高齢化が深刻な問題となっている建設技術者における定年年齢や再雇用の現状についてまとめました。■建設業では定年を65歳以...

2019年1月21日エン・ジャパンフィードバック数:0キャリアとスキル

2019年「ミドル求人」トレンド予測調査

...】2019年は35才以上のミドルを対象とした求人募集は、どのように変化するとお考えでしょうか。【図2】2019年はミドルを対象とした求人が「増加」と回答された方に伺います。その理由を教えてください。(複数回答可)2:増加が予想されるミドル求人のトレンドは、「中堅・中小企業」「IT・インターネット」「課長クラス」。(図3~図7)ミドル求人のトレンドについて伺うと、企業タイプは「中堅・中小企業」(80%)が最多でした。「新卒採用が年々難しくなり、労働力人口の減少...

2019年1月21日Emotion Techフィードバック数:0マーケティング

全国大学NPS調査

...卒業者に対してインターネットによるアンケート調査を実施し、回答結果をEmotion Techが有する独自の分析技術によりランキング形式にしました。少子高齢化が叫ばれる昨今、個人においては単に「偏差値」で選ぶ時代ではなく、将来に向けた自分らしい人生への道標として、大学を求める様になっています。大学側は、大学の大倒産時代が訪れると言われる中、偏差値以外にも学生に魅力を感じられる付加価値をいかに見いだせるかが生き残りのポイントとなっていると言えます。そこで、実際に卒業したOBやOGに対し調査を実施することで、偏差値を元にした評価だけではなく、その他の要素・経験...

2019年1月18日セコムフィードバック数:0社会/政治

日本人の不安に関する意識調査

...査は、高齢化や核家族化、ネット環境や情報機器の発達、地震や豪雨などの自然災害の多発、テロや凶悪犯罪など、社会のあり方や世相が変化する中で、現代社会における不安を引き起こす要素と、その対策についての実態を調査するために、2012年より毎年実施しています。 今回の調査では、2012年より7年連続で7割以上が「最近不安を感じている」と回答しており、不安を感じる項目として、1位「老後の生活や年金」、2位「健康」は例年通りでした。一方、「地震」「台風・豪雨・洪水」「環境問題・異常気象」を不...

2019年1月18日JTBフィードバック数:0大型消費/投資

2019年の旅行動向見通し

...での累計で対前年比5.5%増の1,732万人となり、ほぼ毎月、前年同月を上回って推移しました。燃油サーチャージは8月に値上げされましたが、12月は据え置きとなりました。8月の値上がり後も海外旅行者数への影響はほとんど見られなかったことから、当面、影響は限定的であると考えられます。しかしながら、少子高齢化によりシニア層の国内旅行へのシフトと、好調な訪日旅行とのバランスから、市場は必ずしも拡大しているとは言えず、海外旅行人数は1.1%増と予測します。・GW10連休の決定で海外旅行の予約早まる2019年に限り、GWが...

2019年1月17日建設転職ナビフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

建設技術者の「2025年未来予測」(2018年度版)

...なると試算・2025年の建設技術者について、現状維持を続けると必要数よりも67,219人不足と予測・一方、生産性向上などが進めば、不足数は8,920人にまで縮小し、58,299人分の需給ギャップが改善■建設技術者は急激に減少し、高齢化が進む 今回の試算では、2015年度国勢調査のデータを元に実施しました。労働力調査をベースとした未来予測2017年度版に比べ精度が向上したほか、建設業だけでなく全産業に従事する建設技術者をカウントできるようになっています。まず国勢調査の結果から建設技術者数(建築...

2019年1月17日日本生産性本部★★フィードバック数:0ビジネス

労働生産性の国際比較2018

...日本生産性本部、「労働生産性の国際比較 2018」を公表 日... 日本生産性本部、「労働生産性の国際比較 2018」を公表日本の時間当たり労働生産性は47.5ドル(4,733円)、 OECD加盟36カ国中20位調査研究や提言、実践活動により生産性向上をめざす公益財団法人日本生産性本部(東京都千代田区、会長:茂木 友三郎)は、12月19日、「労働生産性の国際比較 2018」を発表しました。これは、当本部がOECDデータベース等をもとに毎年分析・検証し、公表しているものです。人口減少に伴う生産年齢人口の減少...

2019年1月15日矢野経済研究所フィードバック数:0企業情報システム

業種別AIの導入状況に関する法人アンケート調査を実施(2018年)

...セス製造業(n=129)が3.9%、加工組立製造業(n=108)3.7%、サービス業(n=141)2.1%と続き、流通業(n=121)が最も低く0.8%となった。製造業は全体よりやや高い傾向である。2.注目トピック労働力不足に悩む流通業 今後はAI活用による省力化、自動化が期待される流通業はITの活用に慎重な企業が多くIT人材も少ないという実態があり、本調査結果において、業種別でAI導入率が最も低い結果となったと考える。しかし、昨今、流通業を取り巻く環境は大きく変化している。少子高齢化...

2019年1月10日マクロミルフィードバック数:0社会/政治

2019年新成人に関する調査

...回復」、暗い理由は「少子高齢化」「政治問題」など “国民年金制度”を信頼できる41%。緩やかな上昇傾向 スマホ所有率、「iPhone」は65%、「Android」は31%。その差は2倍以上 活躍を期待する2019年新成人ランキング。1位「橋本環奈」、2位「広瀬すず」、3位 「平野歩夢」日本の未来は「明るい」37%、「暗い」63%。 明るい理由は「東京オリンピック」「大阪万博」「景気回復」、暗い理由は「少子高齢化」「政治問題」など日本の未来について、「明るいと思う」と答えた人は%※、「暗いと思う」と答...

2019年1月9日パソナグループフィードバック数:0キャリアとスキル

シニア人材の活躍に関するアンケート調査

...日本CHO協会 定年・継続雇用のあり方、シニア人材活用の現状を探る『シニア人材の活躍に関するアンケート調査』 人事部門の役割と機能を探求し「CHO(チーフ・ヒューマン・オフィサー)=最高人事責任者」と次世代CHO候補者の育成を目指す「日本CHO協会」(運営主体:株式会社パソナグループ)は、人事部門の役職者を対象に実施した『シニア人材の活躍に関するアンケート調査』の結果を発表いたします。 少子高齢化による労働力人口の減少を背景に人手不足感がますます高まる中、政府は70歳ま...

2019年1月9日インタースペースフィードバック数:0社会/政治

「子どもの睡眠・寝かしつけ」調査

.../mamastar_select・Instagram :https://www.instagram.com/mamastar_select【博報堂こそだて家族研究所】晩産化・少子化、共働き世帯の増加、夫や祖父母の育児参加など、この10年で大きく変わってきた「子どものいる家族」について、研究・提案を行う専門組織。1996年より活動していたBaBUプロジェクトを発展改組し、2012年10月設立。「妊娠期から小学生の子どもを持つ家族」に関する専門知識を元に、調査、商品開発支援、広告などコミュニケーション支援、メディア開発、事業...

2019年1月9日YOLOJAPANフィードバック数:0社会/政治

入管法改正案に関して日本に住む外国人へ意見調査

...者の都道府県別割合 上位10エリア東京都 29.3%、神奈川県 14.3%、大阪府 13.1%、京都府 7.3%、兵庫県 6.6%、埼玉県 5.8%、千葉県 2.7%、愛知県 2.3%、福岡県 1.5%、茨城県 1.5%、北海道 1.5%、静岡県 1.5%、その他 12.2%1)日本に住む外国人が増加することに対してどう思うか?に対して、日本に住む外国人の約68%が、日本に住む外国人増加を歓迎。外国人からも日本の人口減少と労働力不足について真剣に考えているコメントが多く見られた。・少子高齢化が進む日本に、人手...

2019年1月8日パーソル総合研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

介護業界の離職経験者1,600人に対する調査

...意向と希望する復職条件 等■【ベネッセ シニア・介護研究所】<https://www.benesse-style-care.co.jp/lab>についてベネッセ シニア・介護研究所は、ベネッセグループの20年間の介護事業運営の中で培った介護の知見と、多くのお客様が生活する現場を持つことを強みとし、高齢化社会に役立つ調査・研究と、社会や介護業界全体に対して発信・貢献をすることを目的として、2015年11月11日に設立されました。本研究所の活動を通して、現場の実態やお客様・介護スタッフの声を発信するとともに、高齢者・介護...

2019年1月8日鎌倉新書フィードバック数:0社会/政治

終活に関する親子の意識比較

...果の比較を行いました。「老後や人生の終わりを考えた時」終活に関する親と子の双方の思い少子高齢化や核家族化など日本を取り巻く様々な環境から、「孤独死」、「老老介護」、「認認介護」といった社会問題への関心が高まっており、高齢者の増加に伴い、今後も増加が見込まれています。もしもの時のために、人生の終わりをどのように迎えるかを見据え、「終活」に取り組み、希望を家族や周囲に伝えておくことが重要といえます。今回、2017年12月に発表した「自身の終活に関する意識調査」と、2018年11月に発表した「親の終活に関する意識調査」の結...

2019年1月7日オーネットフィードバック数:0大型消費/投資

2019年「新成人の恋愛・結婚に関する意識調査」

...・結婚に関する意識調査」を実施致しました。この調査は1996年1月にリリースした「新成人の恋愛・結婚観/団塊ジュニアの意識調査」の第一回目から毎年実施し、今年で24回目となります。この新成人の意識調査は、日本国内の経済や社会情勢、また世界情勢さらには自然災害等の様々な時代背景を含め、その時々の若者たちを取り巻く環境が成人を迎える若者たちの恋愛・結婚に対する意識や行動に、少なからず影響を与えていることが調査結果に反映される恒例の意識調査となります。国内では総人口の減少や少子高齢化・超高齢化...

2018年12月28日矢野経済研究所★★フィードバック数:0大型消費/投資

ギフト市場に関する調査を実施(2018年)

...2017年の国内ギフト市場規模は前年比102.3%とプラス成長!! 株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、国内ギフト市場の調査を実施し、オケージョン別の動向、チャネル別の動向、アイテム別の動向、参入企業動向、将来展望を明らかにした。1.市場概況2017年の国内ギフト市場規模は、小売金額ベースで前年比102.3%の10兆4,430億円であった。近年は母の日、父の日、敬老の日といった、自分より目上の人に贈るカジュアルギフトが大きく拡大している。高齢化...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

新着データ

新着データINDEXへ

お知らせ