調査のチカラ TOP > 特集一覧 > データがいっぱい:少子高齢化・人口減少

データがいっぱい:少子高齢化・人口減少

世間の注目が集まる分野には調査データが増加します。少子高齢化、人口減少については統計データ、調査データが数多く出ており、今の日本の社会問題としては最もポピュラーなものかもしれません。

ファーストペンギンに関する意識調査

...は「AI業界」がランクインしました。注目度は半数を超え59.0%という結果に。2位には「自動運転業界(48.0%)」、3位には「ドローン業界(41.0%)」が続きました。経営者たちがその業界を選んだ理由を尋ねてみると、現在日本で起きている時流や現象(高齢化など)から市場の動きを見据えて選んでいる業界も多いことがわかります。この中から“ファーストペンギン的”企業が来年現れるのか、注目です。<回答理由:一部抜粋>【AI】・ AIが成長すれば、ロボット産業も成長して、人間...

2018年1月19日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

2017年 広島県 後継者問題に関する企業の実態調査

...2017/12/182017年 広島県 後継者問題に関する企業の実態調査後継者不在率73.4%、全国で5番目に高く〜 社長年齢60歳以上で1726社、事業承継急がれる 〜はじめに少子高齢化社会が加速度的に進み、企業が経営を継続するうえで、円滑な事業承継がこれまで以上に大きな課題となっている。これまでに培ってきた技術・ノウハウの次世代への伝承が地方経済の発展に不可欠とされる中で、M&Aやビジネスマッチングなど様々な取り組みが拡がりをみせているが、現状...

2018年1月19日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

島根県 メーンバンク実態調査(2017年)

...2017/12/18島根県 メーンバンク実態調査(2017年)トップの山陰合同銀行、シェア6割超〜 上位15位中、7つの金融機関がシェアを拡大 〜はじめに2016年2月にマイナス金利政策が導入されて以降、地方経済を支える金融機関を取り巻く環境は予想以上の逆風が続いている。金融庁が2017年10月に公表した「金融レポート」で、2017年3月期末時点で、すでに半数以上の地銀で本業が赤字に陥り、収益悪化が顕著になったことが示された。近い将来、少子高齢化の加速とともに都市部への人口流出・集中...

2018年1月19日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

第15回兵庫県メーンバンク調査

...2017/12/18第15回兵庫県メーンバンク調査メガバンクシェアは5年連続減少〜 シェア拡大幅トップは但陽信金 〜はじめに近年、日本銀行のマイナス金利政策による貸出金利低下や人口減少のほか、フィンテックなどの技術革新を通じた異業種の金融分野進出による新たな金融競争の発生などにより、地域金融機関にも再編の波が押し寄せている。兵庫県内では、3月にみなと銀行が、大阪を基盤とする関西アーバン銀行と近畿大阪銀行との3行間で経営統合することを発表した。これを契機に、県内11信用...

2018年1月19日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

第7回 福島県内企業のメーンバンク実態調査

...は大手銀行が中心になって行われてきた。しかし、近年は日本銀行のマイナス金利政策による貸出金利低下や人口減少のほか、フィンテック等の技術革新を通じた異業種の金融分野進出などにより、経営環境が大きく変わりつつある。帝国データバンク郡山支店では、2017年10月末日時点の企業概要データベースCOSMOS2(全国147万社収録、特殊法人・個人事業主含む)から、福島県内の企業(約2万2900社)がメーンバンクと認識している金融機関について抽出し集計した。なお、福島県内における同調査は2016年12月に次いで7回目。■本調...

2018年1月19日ママハピフィードバック数:0ライフスタイル

子育て女性にきいた!「はたらく」調査アンケート

...メディア掲載情報【プレスリリース】子育て女性にきいた!「はたらく」調査アンケート ママ向けPR/イベント、女性活躍支援をする株式会社ママハピ(代表 谷平優美)は、30-40代を中心とする1.2万人のママ会員に対し、「はたらく」に関するアンケート調査を実施しました。(回答約100名/期間は2017年11月17日~12月10日)現在、労働人口減による採用難を実感している企業も増えているなか、働き方改革や女性活用の模索事例も多くなりました。子育て女性活用のノウハウをためることは、介護...

2018年1月18日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

山口県 メーンバンク実態調査(2017年)

...2017/12/15山口県 メーンバンク実態調査(2017年)トップの山口フィナンシャルグループ、シェア6割超〜 上位20位中、6つの金融機関がシェアを拡大 〜はじめに2016年2月にマイナス金利政策が導入されて以降、地方経済を支える金融機関を取り巻く環境は予想以上の逆風が続いている。金融庁が2017年10月に公表した「金融レポート」で、2017年3月期末時点で、すでに半数以上の地銀で本業が赤字に陥り、収益悪化が顕著になったことが示された。近い将来、少子高齢化...

2018年1月17日IDCフィードバック数:0企業情報システム

2018年 国内IT市場の主要10項目

...10月に設立し、働き方改革に乗り出してから3年目に突入した。政府は、長時間労働、労働人口の減少、労働生産性、非正規雇用、ダイバーシティ、子育て/介護などさまざまな問題を働き方改革の議題として挙げている。IDCが調査したところ、企業では働き方改革における課題の上位2項目として、残業時間の削減と労働生産性の向上を挙げている。残業時間の問題については、残業時間の可視化、残業許可制度の厳密化、残業時間に基づいた個別指導などさまざまな取り組みが企業で実行されている。一方で、労働生産性については、ICTを導...

2018年1月17日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

岡山県 メーンバンク実態調査(2017年)

...2017/12/14岡山県 メーンバンク実態調査(2017年)トップの中国銀行、シェア47.32%に拡大〜 上位20位中、11の金融機関がシェアを拡大 〜はじめに2016年2月にマイナス金利政策が導入されて以降、地方経済を支える金融機関を取り巻く環境は予想以上の逆風が続いている。金融庁が2017年10月に公表した「金融レポート」で、2017年3月期末時点で、すでに半数以上の地銀で本業が赤字に陥り、収益悪化が顕著になったことが示された。近い将来、少子高齢化の加速とともに都市部への人口流出・集中...

2018年1月17日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

神奈川県下メーンバンク調査(2017年)

...機関同士の経営統合・再編は大手銀行が中心になって行われてきた。しかし、近年は日本銀行のマイナス金利政策による貸出金利低下や人口減少のほか、フィンテック等の技術革新を通じた異業種の金融分野進出による新たな金融競争の発生などにより、地域金融機関でも業界再編の必要性に迫られている。こうしたなかで急速に進展する地域金融機関同士の経営統合では、特に地域の中小企業に対する金融サービスへの影響も懸念され、企業と金融機関との関係性に変化が生じる可能性もある。帝国データバンク横浜支店は、2017年10月末...

2018年1月17日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

第8回 人手不足に対する愛知県企業の動向調査

...2017/12/13第8回 人手不足に対する愛知県企業の動向調査正社員「不足」51.9%、過去最高を更新〜 「建設」「運輸・倉庫」で約7割、「製造」は初の5割超 〜はじめに有効求人倍率の上昇や失業率の低下など労働市場が逼迫するなかで、求職者側では明るい材料となっている。一方で、企業は人手不足の状態が続くことで人件費上昇などコスト負担の高まりに直面、今後の景気回復に足かせにもなりかねない。こうしたなか、人口減少と産業構造の変化によって働き手の奪い合いが生じており、アベ...

2018年1月17日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

人手不足に対する長野県内企業の動向調査(2017年10月)

...有効求人倍率は求職者にとっては明るい材料となっているが、企業にとって人手不足状態の長期化は人件費負担の上昇だけでなく、働き方改革に逆行することにもなりかねない。人口減少と産業構造の変化により、働き手の奪い合いも発生。製造業などでは自動化・省力化投資に力を入れ、人手不足に対応しようとする動きが活発化しているが、一方で近い将来AI(人工知能)の活用により人手を要する業務が大幅に縮小すると予想されるなど、労働市場の先行きには不透明感も漂っている。帝国データバンクでは、人手不足に対する企業の見解について調査した。TDB景気動向調査10月調...

2018年1月17日名古屋市役所フィードバック数:0マーケティング

平成29年度 第7回ネット・モニターアンケート

...名古屋市役所 〒460-8508 愛知県名古屋市中区三の丸三丁目1番1号 電話番号:052-961-1111(代表) 平成29年度 第7回ネット・モニターアンケート(調査結果) テーマ:学校規模適正化について1 今回の調査テーマ・趣旨学校規模適正化について本市では、少子化の進行等に伴い、小規模校(学校全体で11学級以下の小学校)が増えています。平成22年に策定した基本方針等に基づき、学校統合に取り組んできましたが、対策は進んでおらず、小規模校は現在74校あります。 一方で、人口...

2018年1月17日ワークポートフィードバック数:0ビジネス

『転職希望者が選ぶ“今年の漢字”』のアンケート調査

...票)、「苦」(37票)、「挑」(31票)、「迷」(26票)が挙がりました。少子高齢化による人材不足が深刻化する中、有効求人倍率は上昇し転職市場はまさに売り手有利であるといわれています。しかしながら、上位5位以内に入った漢字を見ると「変」、「挑」以外は「苦」や「迷」などの比較的ネガティブな印象を受けるものが多く、転職希望者の実感値は意外と厳しいものであることがわかりました。■「決まらない」よりも、「希望にあう求人がない」「難」を選んだ理由を見てみると、・「仕事が決まらない」(メーカー 20代 男性...

2018年1月17日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

事業承継に関する京都府企業の意識調査(2017年)

...2017/12/12事業承継に関する京都府企業の意識調査(2017年)事業承継、企業の69.9%が「経営上の問題」と認識〜 事業承継実施、企業の3割超で5年後の業績にプラス影響 〜はじめに中小企業庁は、7月に今後5年程度を事業承継支援の集中実施期間とする「事業承継5ヶ年計画」を策定した。日本経済が継続的に発展を続けていくためには、永続的に企業を存続・発展させ、雇用や技術、暖簾(のれん)を後の世代に伝えていくことが必要不可欠といわれる。一方で、経営者の高齢化...

2018年1月17日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

中国地方 メーンバンク実態調査(2017年)

...2017/12/12中国地方 メーンバンク実態調査(2017年)広島銀行が8年連続のトップ、シェア15.71%に拡大〜 ランキング、上位14番目まで変動なし 〜はじめに昨年2月にマイナス金利政策が導入されて以降、地方経済を支える金融機関を取り巻く環境は予想以上の逆風が続いている。金融庁が今年10月に公表した「金融レポート」で、2017年3月期末時点で、すでに半数以上の地銀で本業が赤字に陥り、収益悪化が顕著になったことが示された。近い将来、少子高齢化の加速とともに都市部への人口流出・集中...

2018年1月17日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

広島県 メーンバンク実態調査(2017年)

...2017/12/12広島県 メーンバンク実態調査(2017年)トップの広島銀行、シェア36.85%に拡大〜 上位20位中、8金融機関がシェアを拡大 〜はじめに昨年2月にマイナス金利政策が導入されて以降、地方経済を支える金融機関を取り巻く環境は予想以上の逆風が続いている。金融庁が今年10月に公表した「金融レポート」で、2017年3月期末時点で、すでに半数以上の地銀で本業が赤字に陥り、収益悪化が顕著になったことが示された。近い将来、少子高齢化の加速とともに都市部への人口流出・集中...

2018年1月16日東洋経済新報社フィードバック数:0ビジネス

平均年収「東京都トップ500社」ランキング

...好調を維持してトップを奪取した。2位にもM&A助言を本業とする、M&Aキャピタルパートナーズが入った。昨年に比べて348万円の減少は大きくみえるが、依然として1900万円を超える。従業員の人数は、38名から50名となり約30%増加。平均年齢は31.1歳と若く、平均勤続年数も2.99年にとどまる。同社は事業承継目的のM&Aに力を入れていて、中小企業のオーナーの高齢化が進んでいる現状を考えると、まだまだニーズが高まることが予想される。3位にはTBSホールディングスがランクイン、前年に比べて171万円の増加だった。セグ...

Connected Life(コネクテッド・ライフ)2017

...時間といった目に見えない要素によって消費者が離れないよう、ブランド側は注力しなくてはなりません。日本特有のeコマース市場の成長とブランドの課題-Connected Life日本を担当しているJasmine Linのコメント“オンラインショッピングの手軽さと便利さ、そして世界的にも日本語対応されたカスタマーサービスが増えていることを考えると、多くの日本人がオンライン購入を経験していると言えるでしょう。しかし、パソコンでの購入が未だに多く、モバイルでの購入が他国ほど伸びていないのは、人口構成比として高齢化が進んでいる他、信頼できる従来の方法を好み、リス...

2018年1月16日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

全国メーンバンク調査(2017年)

...は大手銀行が中心になって行われてきた。しかし、近年は日本銀行のマイナス金利政策による貸出金利低下や人口減少のほか、フィンテック等の技術革新を通じた異業種の金融分野進出などにより、経営環境が大きく変わりつつある。帝国データバンクでは、2017年10月末時点の企業概要データベース「COSMOS2」(約147万社収録、特殊法人・個人事業主含む)がメーンバンクと認識している金融機関について抽出し、集計・分析した。なお、同調査は2016年11月に続き9回目。■ 本調査は帝国データバンクが独自に調査・保有...

2018年1月15日名古屋市役所フィードバック数:0社会/政治

平成29年度第3回市政アンケート

...そう思わない」と答えた人が9.1%で合わせて40.5%でした。名古屋の今後の教育にとって影響が大きいと思うものは「少子高齢化」が5割以上 (問10)名古屋の今後の教育にとって影響が大きいと思うものについてたずねたところ、「少子高齢化」が56.6%で最も多く、次いで「地域とのつながりの希薄化」が46.8%、「携帯電話やスマートフォンの急速な普及」が45.5%の順でした。今の子どもに身につけてほしいと思うことは「他人を思いやる心」が約8割(問11)今の子どもに身につけてほしいと思うことについてたずねたところ、「他人...

2018年1月15日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

事業承継に関する山形県内企業の意識調査(2017年)

...2017/12/7事業承継に関する山形県内企業の意識調査(2017年)事業承継、企業の74.4%が「経営上の問題」と認識〜 計画を進めていない/計画がない理由、「後継者が決まっていない」がトップ 〜はじめに中小企業庁は、7月に今後5年程度を事業承継支援の集中実施期間とする「事業承継5ヶ年計画」を策定した。日本経済が継続的に発展を続けていくためには、永続的に企業を存続・発展させ、雇用や技術、暖簾(のれん)を後の世代に伝えていくことが必要不可欠といわれる。一方で、経営者の高齢化...

2018年1月15日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

第9回大阪府下メーンバンク調査

...2017/12/7第9回大阪府下メーンバンク調査三菱東京UFJが6年連続首位、三井住友は4業種でトップ〜 大阪北地区では北おおさか信金が初の首位 〜はじめに北海道拓殖銀行の経営破たん以降、金融機関同士の経営統合・再編は大手銀行が中心になって行われてきた。近年は日本銀行のマイナス金利政策による貸出金利低下や人口減少のほか、フィンテックなどの技術革新を通じた異業種の金融分野進出による新たな金融競争の発生などにより、地域金融機関にも業界再編の波が押し寄せている。2月に...

2018年1月15日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

事業承継に関する栃木県内企業の意識調査(2017年)

...企業庁は、7月に今後5年程度を事業承継支援の集中実施期間とする「事業承継5ヶ年計画」を策定した。日本経済が継続的に発展を続けていくためには、永続的に企業を存続・発展させ、雇用や技術、暖簾(のれん)を後の世代に伝えていくことが必要不可欠といわれる。一方で、経営者の高齢化や後継者難が問題となる場合もしばしば指摘されている。そこで、帝国データバンク宇都宮支店は、事業承継に関する栃木県内企業の見解について調査を実施した。なお、本調査は、TDB景気動向調査2017年10月調査とともに行った。■調査期間は2017年...

2018年1月15日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

2017年 中国地方 後継者問題に関する企業の実態調査

...2017/12/62017年 中国地方 後継者問題に関する企業の実態調査後継者不在率70.6%、全国9エリアで2番目に高く〜 都道府県別、山口が2位、広島が5位、鳥取が6位、島根が7位に 〜はじめに高齢化社会が加速度的に進み、企業が経営を継続するうえで、円滑な事業承継がこれまで以上に大きな課題となっている。これまでに培ってきた技術・ノウハウの次世代への伝承が地方経済の発展に不可欠とされる中で、M&Aやビジネスマッチングなど様々な取り組みが拡がりをみせているが、中国...

2018年1月15日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

山口県 人手不足に対する企業の意識調査(2017年10月)

...の就職内定率も大幅に改善、転職市場も活況を呈するなど雇用環境は好転しているが、一方で、少子高齢化、生産労働人口の減少が続くなかで人手不足の状況が深刻化しつつあるといえる。この状況を踏まえ、帝国データバンク山口支店では、山口県に本社を置く企業へ人手不足に対する意識について調査を実施した。今回の調査期間は、2017年10月18日〜31日。調査対象は189社で、有効回答企業数は88社(回答率46.6%)。調査結果 「正社員が不足している」と回答した企業は53.5%、過去10年で2番目に高く規模別、『大企業』の57.1%が人...

2018年1月15日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

山陰地方 人手不足に対する企業の意識調査(2017年10月)

...環境は好転しているが、その一方で少子高齢化、生産労働人口の減少が続くなかで人手不足の状況が深刻化しつつあるといえる。この状況を踏まえ、帝国データバンク松江支店では、山陰地方に本社を置く企業へ人手不足に対する意識について調査を実施した。今回の調査期間は、2017年10月18日〜31日。調査対象は170社で、有効回答企業数は85社(回答率50.0%)。調査結果 「正社員が不足している」と回答した企業は38.8%、過去10年で2番目に高く規模別、『大企業』の8割が人手不足、規模が大きいほど深刻に業種別、『サービス』で人...

2018年1月15日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

広島県 人手不足に対する企業の意識調査(2017年10月)

...市場も活況を呈するなど、雇用環境は好転し、景気回復による企業の業績改善に加えて少子高齢化、生産労働人口の減少が続くなかで人手不足の状況が深刻化しつつあるといえる。この状況を踏まえ、帝国データバンク広島支店では、広島県に本社を置く企業へ人手不足に対する意識について調査を実施した。今回の調査期間は、2017年10月18日〜31日。調査対象は472社で、有効回答企業数は241社(回答率51.1%)。調査結果 「正社員が不足している」と回答した企業は50.0%、過去10年で最も高く規模別、『中小企業』の51.4%が不足感、『大企...

2018年1月15日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

後継者問題に関する九州企業の実態調査

...2017/12/5後継者問題に関する九州企業の実態調査九州企業の60.7%が「後継者不在」〜 社長年齢『60歳以上』の後継者不在率は前回調査比1.0pt減の43.8%に 〜はじめに人口減少が現実のものとなり、中小企業の事業承継が社会的な問題として認識されつつあるなか、政府も対策に乗り出し始めた。経済産業省の推計によれば、後継者問題等による中小企業の廃業が急増することで、2025年頃までの10年間累計で約650万人の雇用、約22兆円のGDPが失われる可能性があるという。政府・与党は2018年度...

2018年1月15日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

事業承継に関する九州企業の意識調査

...2017/12/5事業承継に関する九州企業の意識調査九州企業の71.8%が事業承継を「経営上の問題」と認識〜 事業承継を進めるための「計画はない」企業が3割にのぼる 〜はじめに中小企業庁は今年7月、今後5年程度を事業承継支援の集中実施期間とする「事業承継5ヶ年計画」を策定した。日本経済が継続的に発展を続けていくためには、永続的に企業を存続・発展させ、雇用や技術、暖簾(のれん)を後の世代に伝えていくことが必要不可欠といわれる。一方で、経営者の高齢化...

2018年1月15日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

岡山県 人手不足に対する企業の意識調査(2017年10月)

...ぶりに前年同月を上回り、前年同月に比べて5万人増えた。一方、完全失業者数は181万人で、89ヵ月連続の減少となった。厚生労働省が同日発表した全国の2017年10月の有効求人倍率(季節調整値)は前月比0.03ポイント増の1.55倍となった。中国地方は、全国10地域別で東海地方と並んで最も高い1.75倍だった。県別では、岡山県が全国で6番目に高い1.83倍、広島県が3番目に高い1.88倍となるなど、5県すべてが前年同月を上回った。また、大卒、高卒の就職内定率も大幅に改善、転職市場も活況を呈するなど、雇用環境は好転し、景気回復による企業の業績改善に加えて少子高齢化...

2018年1月15日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

事業承継に関する千葉県内企業の意識調査(2017年)

...2017/12/4事業承継に関する千葉県内企業の意識調査(2017年)事業承継、約7割が「経営上の問題」と認識〜 回答企業の44.8%で事業承継の計画があるものの、進めているのは25.6% 〜はじめに中小企業庁は、7月に今後5年程度を事業承継支援の集中実施期間とする「事業承継5ヶ年計画」を策定した。日本経済が継続的に発展を続けていくためには、永続的に企業を存続・発展させ、雇用や技術、暖簾(のれん)を後の世代に伝えていくことが必要不可欠といわれる。一方で、経営者の高齢化...

移住に関する調査

...ブランドなんでもランキング第79回:移住に関する調査人口減少も待ったなしの状態になった今、各地域では移住者を呼び込むことに力を入れるようになっています。各地方自治体や団体では地域の情報を広く提供し、魅力を伝えるべく様々なイベントも行われており、移住に関心のある人々との間で交流が盛んになりつつあります。今回は移住について関東圏(栃木、群馬、茨城、千葉、埼玉、東京、神奈川)、東海圏(静岡、愛知、岐阜、三重)、近畿圏(滋賀、京都、奈良、大阪、和歌山、兵庫)在住のみなさんに尋ねてみました。移住...

2018年1月14日ぐるなびフィードバック数:0ライフスタイル

2017年「今年の一皿」

...肉」が好まれる傾向にある中、高齢化や健康志向の高まりから、糖質や脂質の過剰摂取を控えてたんぱく質を適正に摂取しようとする人々が増え、「むね肉」の高たんぱく・低脂肪の特性に注目が集まった。同時に、抗疲労効果や抗酸化作用があるイミダゾールジペプチドが豊富に含まれる「むね肉」の機能性についても、消費者に広く認知されるようになった。 ・脂質が少ないことから加熱すると硬くなり、パサつくといわれる「むね肉」だが、ここ数年で塩麹に漬ける、真空低温調理するなどの技術により、柔ら...

2018年1月12日オーネットフィードバック数:0大型消費/投資

第23回 2018年 新成人の恋愛・結婚に関する意識調査

...各300名)に、「恋愛・結婚に関する意識調査」を行いました。 この調査は1996年1月に実施した「新成人の恋愛・結婚観/団塊ジュニアの意識調査」の第一回目から毎年実施し、今年で23回目となります。この新成人の意識調査は、日本国内の経済や社会情勢、また世界情勢そして自然災害等の様々な時代背景を含め、その時々の若者たちを取り巻く環境がその年に成人を迎える若者たちの恋愛・結婚に対する意識や行動に、少なからず影響を与えていることが調査結果にもあらわれる定例意識調査となります。国内では少子高齢化・超高齢化...

2018年1月12日セコムフィードバック数:0社会/政治

6年連続で7割以上が「最近不安を感じている」と回答 しかし、年々薄れていく防犯・防災意識~防犯・防災対策実施は3割未満という結果に~

...人の不安に関する意識調査」を実施しました。本調査は、高齢化や核家族化などの社会構造の変化、凶悪犯罪の増加や多様化といった世相、ゲリラ豪雨や地震など災害多発化を背景に、日本人がどのようなことに不安を抱き、対策を行っているのか調査すべく、2012年より経年で実施し、本年で6回目となります。2012年より6年連続で7割以上が「最近不安を感じている」と回答しており、日本人の不安意識が依然高いことが浮き彫りになりました。不安を感じていることとして約7割の人が「老後の生活や年金」と「健康」を挙げていることも例年と変わりありません。また...

2018年1月12日オールアバウトフィードバック数:0社会/政治

今年多くの人が決断した5つの「コト」ランキング、All About「国民の決断アワード2017」を発表! 1位は「~意外にできた”働き方改革”~定時に帰る決断」

...きるよう支援していきます。【総合ランキング詳細】■1位 意外にできた「働き方改革」~定時で帰る決断(キャリア部門)少子高齢化に伴う労働力不足を受け、国が主体となって推進している「働き方改革」。出生率を上げる妨げにもなっていると考えられる長時間労働の是正と、主要7カ国で最も低い労働生産性の向上は急務とされており、多くの企業において残業時間の見直しや業務効率化のための施策が推進されています。オールアバウトが11月上旬、首都圏(1都3県)に住む20代から50代までの会社員男女を対象に行ったインターネットリサーチ(有効回答445名...

2018年1月10日リクルートフィードバック数:0社会/政治

美容・人材派遣・飲食・住まいなど8領域の新たな兆し 2018年のトレンド予測

...イルを届けに来る美容師」が増加の兆し!概要2018年は介護保険制度改正、介護報酬改定の年であり、高齢者向けの美容・健康など、関連サービスにも新しい動きが予想されている。美容業界においてはサロン数が増え続け、人口減少とともに競争が激化。また若手美容師の働く意義や、ママ美容師の働き方が多様化するなど変化もでてきている。そのようななかで、美容室に行くのが困難な高齢者のもとへ「スマイルを届けに来てくれる美容師」が増加の兆し。 背景①高齢社会の加速:人口が減る一方で、高齢化率は上昇。2025年に団塊世代が後期高齢者となり、2035...

2018年1月10日エン・ジャパンフィードバック数:0キャリアとスキル

転職コンサルタントに聞く 「年収1000万円以上の転職」調査 37%の転職コンサルタントが「昨年よりも年収1000万円以上の求人は増えている」と回答。 既存事業の拡大を目指す企業からの引き合いが増加。―『ミドルの転職』コンサルタントアンケート集計結果―

...ジェントは高年収ゾーンの転職支援を行うケースが増える。また、転職可能年齢の上限が上がり、それにより1000万円を越えるポジションが増えていく。◯経営者層の高齢化に伴い、事業継承の流れが活発化し、ヘッドハンティングが盛んになる。ハンティングだと基本的には前職よりも年収を上げて提示する場合が多いため、提示年収は暫くは釣り上がっていくのではないかと思われる。「減っていく」と回答された方の声◯ホワイトカラーエグゼンプションをはじめ、全体的に年収を減らす方向で国家施策が策定されている。◯若手(35歳以下)確保活発化の時流が顕著である。その...

2018年1月10日インタースペースフィードバック数:0ライフスタイル

いまどきのママに実態を調査:ママリサ~いまどきママリサーチ~ 「家族の病気調査」

...答しましたが、「したことはない」と回答したママも41.9%という結果になりました。月間 700 万人以上のユーザーに利用される日本最大級のママ向けコミュニティサイト。子育て中のママ達が日夜熱く集い、育児や家族に関する喜びや悩み、ママ友やご近所関係についての相談、話題の社会問題やファッション・美容など、ママの日常を取り巻くあらゆることについて活発な情報交換がなされています。 またママに役立つ情報、気になる情報なども、ニュース記事として日々配信しています。晩産化・少子化、共働き世帯の増加、夫や...

2018年1月10日GfKフィードバック数:0ライフスタイル

「GfKグローバル意識調査:いい生活、理想的な生活に求めるもの」 - 「健康」、「経済的安定」は7割超。「子供」は5割未満

...対に必要というわけではないと考える人の方が多いことが明らかになりました。一部の要素を取り上げると 「幸せな結婚生活」が欠かせないと考える人は43%、「子供」は31%にとどまり、未婚化や少子化の進行を裏付けるような結果がみられました。いい生活(理想的な生活)に欠かせない要素として、日本は他国と比べて精神的な充実を重んじていることも明らかになりました。「精神的な充実」は、多くの国※では調査17要素の内10番目以降に重視されていましたが、日本では5番目にあげられました。 GfKは販売実績や消費者の調査を通して、市場の潜在需要やターゲットの特定をサポートしています。本調...

2018年1月5日矢野経済研究所フィードバック数:0社会/政治

ガーデニング市場に関する調査(2017年)

...デンファニチャー、ウッドデッキ・トレリス等のウッド製品、園芸関連機器(噴霧器、散水用品)、園芸金物類(移植ゴテ、スイーパー草抜き、ガーデンハンマー、ハサミ等)などを示す。調査結果サマリー◆2017年度のガーデニング・家庭菜園市場は前年度比99.9%の2,229億円の見込2016年度における国内のガーデニング・家庭菜園市場規模は、前年度比99.2%の2,231億円であった。主要顧客層であった60歳~70歳代のシニア層が高齢化してきており、ここ数年、市場は横這いの推移となっている。2017年度の同市場規模も同99.9...

2017年12月28日エヌ・エヌ・エーフィードバック数:0キャリアとスキル

12カ国・地域の賃金動向調査

...2017年12月1日 アジア日系企業の昇給率が鈍化傾向 2017年12月1日株式会社エヌ・エヌ・エーアジア日系企業の昇給率が鈍化傾向 経済成長が緩やかになる中、人件費抑制で「来年は平均5.5%」 ~12カ国・地域の賃金動向調査~共同通信のグループ会社で、アジアの経済・ビジネス情報を配信する株式会社エヌ・エヌ・エー(本社:東京都港区、代表:岩瀬彰、以下:NNA)は、アジアで事業を展開する日系企業の現地社員の賃金動向を調査しました。日本では少子高齢化...

2017年12月28日リクルートフィードバック数:0ライフスタイル

20代男性の美容意識・行動調査2017

...ポーチを持ち歩いて「お直し」をしたり、と女性に近い(もしくは超える!?)美容行動を目にするようになっています。「美容は女子がするもの」とは、過去の固定概念なのかと思います。女性との境目がますますなくなっています。一方で、少子高齢化の影響か、家族の関係性はより濃密になっていると感じます。特に母親との関係性は、新しい兆しではないでしょうか。1990年代では、母親と仲が良い男性は、ややもすると「マザコン」と揶揄される対象でもありましたが、2017年では「母の過剰な息子への愛」ではなく、より友達に近い母子関係に。「なん...

Men’s 40 5Stars

...ローンを抱え、給料も上がりにくいといった環境から、身の丈に合った堅実な消費傾向にあります。加えて生き方やライフステージの多様性も影響し、際立った特徴を持たないことから「影が薄い」、「顔が見えない」などと言われ、攻略の難しいターゲットとして捉えられてきました。しかし一方では、現役世代最大ボリュームを誇り、最後のマス世代としてのボリュームは魅力的で、人口減少少子高齢化の進行で、無視できない存在になっています。ADK世代プロジェクトチームではこの点を踏まえ、団塊ジュニアを中心とした「男性40代」について、定量...

2017年12月27日アデコフィードバック数:0キャリアとスキル

日本で常勤として働くホワイトカラーの外国人財300名を対象にした調査

...の就労環境、また日本人の働き方についてどのように考えているかに関するアンケート調査を実施しました。少子高齢化が進み労働力人口の減少が続くなか、国内経済を活性化するためには、多様な価値観や経験を持つ人財を活用してイノベーションを促進することが重要になっています。高い技術や能力を有する「高度外国人財」の活用は解決策のひとつとして挙げられていますが、そのような人財をどのようにして日本へ誘致するかが、国や企業にとって課題となっています。日本政府は2012年より、高度な専門性を持つ外国人財に対し、長期...

2017年12月27日東京商工リサーチ★フィードバック数:0ビジネス

第7回「全国女性社長」調査

...品メーカーを含む「化学」が5社と続く。上場企業の女性社長の割合は全体の1%にとどまり、中小企業や個人企業が中心になっている。 女性社長の増加要因の一つは、中小企業は同族企業が多く、少子化で能力も事業意欲もある娘に社長を譲るケースが増えていることがある。また、自治体や金融機関が女性の「プチ起業」を支援する体制や環境の改善も後押ししている。人口減少子高齢化が進む中で成立した「女性活躍推進法」の追い風もあり、今後も女性社長は増えることが予想される。女性...

2017年12月27日IDC★フィードバック数:0企業情報システム

国内SMB IT市場におけるITを活用した地方創生の取り組み調査

...国内SMB IT市場におけるITを活用した地方創生の取り組み調査結果を発表 人口減少、企業流出が深刻化する大都市圏以外の地域を対象として、政府を中心に地方自治体、地域金融機関において「地方創生」施策を積極的に展開 「地方創生」施策の中でも「地域企業/個人事業主支援」および「住民生活の改善」を目的とした施策によって、SMBのIT支出の促進が見込まれる ITサプライヤーは、地方自治体、地域金融機関と連携して「地方創生」施策を積極的にリードすることにより、地方のSMBのIT支出...

介護従事者向けに、働く職場での人材不足の実態についてアンケート

...者一人当たりの業務量を減らしてゆとりのあるケアを提供できるようにすることが必要。(男性/50代) ● 介護は人材不足だと前から騒がれているのに、国は改善をしてくれるどころか介護報酬を厳しくしていくばかりで、介護職員の首を絞めている。介護の仕事は好きだしこれからも続けていきたいと思っていても、給料への不満は常にある。さらに社会的地位が低く胸を張って自分の仕事を周りのみんなに言えない自分がどこかにいるのがとても悲しい。(女性/30代) ● 人材不足は少子高齢化が進む流れで、全国のあらゆる業界が直面する問題。介護業界は人材獲得競争を他業種も含むあらゆる企業と競争する羽目になるが、正直...

2017年12月27日東京都★フィードバック数:0社会/政治

「東京と都政に対する関心」アンケート

...対策」(34.0%)、「少子化・虐待防止などの子供対策」(33.6%)、「行財政」(31.1%)、「医療・衛生対策」(22.6%)、「学校教育の充実」(21.9%)が上位である。※ インターネット都政モニターは、インターネットが使える18歳以上の都内在住者を対象に公募し、性別、年代、地域等を考慮して500人を選任。問い合わせ先生活文化局広報広聴部都民の声課電話 03-5388-3159 〔資料〕調査実施の概要1 アンケートテーマ「東京と都政に対する関心」2 アンケート目的「東京都居住意向」「都政...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ