調査のチカラ TOP > 特集一覧 > データがいっぱい:少子高齢化・人口減少

データがいっぱい:少子高齢化・人口減少

世間の注目が集まる分野には調査データが増加します。少子高齢化、人口減少については統計データ、調査データが数多く出ており、今の日本の社会問題としては最もポピュラーなものかもしれません。

高齢化社会でヘルスケア・ウェルネス用途のテクノロジーに新たな市場機会:2017年に注目すべきトップ10テクノロジー

...高齢化社会でヘルスケア・ウェルネス用途のテクノロジーに新たな市場機会: 2017年に注目すべきトップ10テクノロジープレスリリース 2017年7月19日ヘルスケア用途のテクノロジーの進化と共に、より良い医療の実現に向けた科学・医療業界による取り組みが進む一方で、高齢化社会による慢性疾患や加齢に伴う病気の高い発生率は、ヘルスケア・ウェルネス向けのテクノロジーに大きな市場機会をもたらしています。これに伴う予防医療のソリューションに向けたニーズの高まりによって、新しい技術の開発や商業化を目的に、企業...

「honto」週間ストア別(総合、本の通販ストア、電子書籍ストア、店舗:丸善、ジュンク堂書店、文教堂)ランキング(2017年7月9日~7月15日)

...-book_28502506.html)2位『ポーの一族 春の夢』萩尾望都 小学館(https://honto.jp/netstore/pd-book_28500216.html)3位『未来の年表 人口減少日本でこれから起きること(講談社現代新書)』河合 雅司 講談社(https://honto.jp/netstore/pd-book_28502498.html)4位『バーナム効果であるあるがある』川原泉 白泉社(https://honto.jp/netstore/pd-book_28532397.html)5位『まし...

米国で需要急増の職業ランキング

...億ドル(約132兆円)だった。労働統計局によると、建設現場で働く場合に学歴は必要ないが、高校で学ぶ数学の知識が役に立つほか、職業学校やコミュニティーカレッジでさらに訓練を受ける人もいる。建設労働者の年収の中央値は3万2230ドル(約370万円)で、同業界で働く米国人の97%が男性だ。2位は介護士だ。昨年の被雇用者数は前年比14万5千人増の140万人に達した。人口の高齢化に伴い需要が急激に高まっており、米政府は2014年から2024年までに同分野の26%の成長を見込んでいる。米国...

2017年7月23日インタースペースフィードバック数:0大型消費/投資

「家族の休日」について実態調査

...ママに役立つ情報、気になる情報なども、ニュース記事として日々配信しています。晩産化・少子化、共働き世帯の増加、夫や祖父母の育児参加など、この10年で大きく変わってきた「子どものいる家族」について、研究・提案を行う専門組織。1996年より活動していたBaBUプロジェクトを発展改組し、2012年10月設立。「妊娠期から小学生の子どもを持つ家族」に関する専門知識を元に、調査、商品開発支援、広告などコミュニケーション支援、メディア開発、事業開発などを手掛ける。所在地東京都新宿区西新宿2-4-1 新宿NSビル8階事...

男女の恋愛観に関するアンケート調査

...「安全」にサポートする恋愛マッチングサービス。男女のどちらかが気になる異性に「いいね!」をクリックし、相手がそれに「ありがとう」を返すことでマッチングが成立、その後のメッセージ交換が可能となるサービスです。少子化、晩婚化が社会問題となる中、2012年2月のサービス開始以降、出会いを求める男女に支持され、累計会員数は200万人を突破(2017年3月時点)。2014年からは、政府主催の「婚活・街コン推進サミット」に参画するなど少子化、晩婚化などの社会問題解決への貢献も社会的意義として掲げています。■株式...

2017年7月19日ランサーズフィードバック数:0キャリアとスキル

『働き方新時代の実態調査』第2弾

...エンパワーメント」を実現して参ります。「オープン·タレント·プラットフォーム」構想とは「オープン·タレント·プラットフォーム」とは、テクノロジーの力で個人の働き方の可能性を広げ、スキルと仕事の効率的なマッチングによって生産性を飛躍的に向上させるランサーズの新成長戦略です。労働人口の減少により、一人当たりの仕事の生産性が以前にも増して求められるこれからの時代に向けて、「スキルを持った個人(=タレント)と仕事をAIによ...

2017年7月19日矢野経済研究所フィードバック数:0大型消費/投資

住宅リフォーム市場に関する調査を実施(2017年)

...リフォーム市場全体も安定的に成長するものと考える。◆ 2025年の住宅リフォーム市場規模は7.2兆円、2030年は7.1兆円を予測2025年の住宅リフォーム市場規模は2016年比約16%増の7.2兆円、2030年は同約15%増の7.1兆円と予測する。長期的にみると人口減少、消費を牽引してきた団塊世代の後期高齢化、世帯数減少といった構造的な要因に加え、昨今の新築住宅の住宅性能・品質向上による消費者のリフォーム需要の延伸化を背景に、一定規模の市場は創出されるが、ある程度の成熟期を迎えているものとみる。 ※プレスリリースに掲載されている情報は、発表...

2017年7月18日IDC★フィードバック数:0企業情報システム

国内IT市場 最新地域別予測

...2017年の国内IT市場は、ハードウェア分野の復調によりプラス成長を予測。地域別でも各地域でプラス成長となる。特に東京都など大都市圏で比較的高い成長率を見込む 2018年以降も大都市圏では堅調に拡大を見込んでいるが、その他の地域では人口減少、経済停滞などの影響もあり比較的低い成長率に留まる ITサプライヤーは、大都市圏以外の地域において、販売チャネル、サポート体制の見直し、最適化を図ることが求められる IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京...

男女の恋愛観に関するアンケート調査

...のどちらかが気になる異性に「いいね!」をクリックし、相手がそれに「ありがとう」を返すことでマッチングが成立、その後のメッセージ交換が可能となるサービスです。少子化、晩婚化が社会問題となる中、2012年2月のサービス開始以降、出会いを求める男女に支持され、累計会員数は200万人を突破(2017年3月時点)。2014年からは、政府主催の「婚活・街コン推進サミット」に参画するなど少子化、晩婚化などの社会問題解決への貢献も社会的意義として掲げています。■株式会社ネットマーケティングとは 広告...

2017年7月11日ヒューマンタッチフィードバック数:0キャリアとスキル

ヒューマンタッチ総研~Monthly Report 2017年6月

... 23 カ月連続で上昇するなど、建設業では深刻な人材不足の状況が続いています。また、建設業では他産業以上に高齢化が進んでいることや女性の活用が進んでいないことも大きな課題になっています。このような課題を踏まえて、厚生労働省と国土交通省は連携して、建設業の人材確保・育成に向けて様々な施策を実施しており、それらの施策に取り組むための予算についてとりまとめた「建設業の人材確保・育成に向けて(平成 29 年度予算の概要)」を 4 月 21 日に発表しています。予算が付けられた施策は、「魅力...

シェアリングサービスの市場規模は年間1兆1,800億円

...的費用の削減といった利点もあり、人口減少少子高齢化が進むと考えられる日本において重要な経済活動になると予想されます。また、交流型シェアリングは個人のおもてなしによって提供側と利用側の信頼の醸成につながり、個人のホスタピリティが社会にプラスの効用をもたらすと期待されています。[1]利用側の支出額には個人ではなく、企業が提供しているスペースやモノを利用する際の支出も含まれている。[2]シェアリングサービスの利用意向を持つ人が、全員シェアリングサービスを利用した場合の金額。単金(1人あたり月額平均収入・支出)は変...

2017年7月9日リスクモンスターフィードバック数:0ビジネス

第4回「100年後も生き残ると思う日本企業」調査

...世界に目を向け、国内でのシェアも広く、人口減少により消費が減ったとしても、必要とされるものを造れる企業だから。 アフリカの片田舎でも知らない人はいないと思うから。 日本のみならず世界に通用する自動車メーカー 世界一の自動車メーカーと言える企業だから 日本で一番規模の大きいグローバル企業であるから 技術・売上共世界で見てもトップランクだと思います。 世界中で通用する高品質な車を生産しているから 品質の安定した商品を提供できている会社だから トヨタの事業計画 企画 生産 販売...

2017年7月5日日本自動車連盟フィードバック数:0大型消費/投資

ペーパードライバーアンケート調査

...ーパードライバー」のためにはその“不安”を取り除くため“運転技能”を取り戻すための講習やトレーニングが有効であると考えられます。また、「運転ができたら」と考えている方にそう思った場面を伺ったところ、もっとも多いのが旅行や外出などの“お出かけ”であり、その次が両親や子どもの“通院”のためでした。少子高齢化や地方の過疎化を考えると、今後“通院”や“介護”などの運転しなければならない場面が増えることが予測されます。JAFではペーパードライバー講習の開催などを通し、自動...

2017年7月4日ニワンゴフィードバック数:0社会/政治

月例ネット世論調査2017年6月

...たは、どの政党の候補者が勝って欲しいと期待していますか。Q10厚生労働省の発表によると、2016年に生まれた子どもの数(出生数)が初めて100万人を割り込み、死亡数より33万人も少なくなりました。あなたは、少子高齢化による人口減少が今後、日本の経済成長や社会保障制度に深刻な影響を及ぼすことを実感していますか、まだ実感していませんか。Q112020年の東京五輪に向けて、たばこを吸わない人の受動喫煙を防ぐため、あなたは、焦点の飲食店についてどこまで禁煙すべきだと考えますか。Q12小学生向け漢字ドリル『うん...

T&G ウェディングプランナー500人 アンケート調査 Vol.9

...してきた。 2014年に自身も結婚し、出産を経験したことで、少子化や未婚率の上昇、晩婚化の現状を受け、 「結婚」そのものや「夫婦・家族」の有り方についての啓発活動もスタート。幅広い分野に活躍の場を広げ、各業界から注目を浴びている。プロデュース実績 ※一部抜粋 ・ 俳優/プロゴルファー : 石田 純一様、東尾 理子様 ・ モデル:梨花様 ・ お笑い芸人/タレント : 中田 敦彦様(オリエンタルラジオ)、福田 萌様 ・ JRA騎手/タレント :三浦皇成様、ほしのあき様 ・ 格闘家/モデル : 秋山 成勲様、SHIHO...

2017年6月30日ソフトブレーン★フィードバック数:0マーケティング

営業課題に関するアンケート

...ページの先頭になります。ページ内を移動するためのリンクです。 ここからヘッダ情報になります。ここから本文になります。企業の抱える営業上の悩み1位は「新規顧客開拓」 労働人口減少、長時間労働抑制のなかでいかに売上を伸ばすかが課題に ~営業課題に関するアンケート結果(2016年4月~2017年3月実施)~ 2017年06月20日 ソフトブレーン株式会社営業課題解決サービスを提供するソフトブレーン株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:豊田浩文、以下 ソフトブレーン)は、ビジ...

2017年6月29日おにぎり協会フィードバック数:0ライフスタイル

2017年コンビニおにぎり人気調査:トレンドは「こだわり・健康志向」人気は「鮭・ツナマヨ」

...会社ファミリーマート、株式会社ローソン、ミニストップ株式会社(50音順)調査地域:全国調査期間:2016年4月〜2017年3月■ トレンドは『こだわり』『健康志向』。高齢化社会を視野にパッケージ見やすく。各社へのアンケートを行った結果、ファミリーマート、ローソン、ミニストップの3社で40代男性、30代男性の順におにぎりを購入しているというデータが出ました。一方で「もち麦を使用した、まぜごはん系おにぎりは、女性層を中心に安定した人気です」(ローソン)や、「もち玄米おにぎりや、もち麦入り十六穀米おにぎりが人気です」(ミニ...

2017年6月28日東京商工リサーチフィードバック数:0大型消費/投資

2017年「賃上げに関するアンケート」調査

...条件が人材定着に繋がる」(岩手県・トラックほか販売業・中小企業)、「求職者は賃金 より休日などの労働条件を重視する傾向が強い」(鳥取県・漁業・中小企業)など、社会情勢を反映したワーク・ライフ・バランスに経営者側の意識も移りつつある。ただ、中長期的に人口の減少傾向が続くため、潜在成長率の引き上げの観点などから多様な人材の労働参加は避けられない。外国人労働者や女性、高齢者の雇用、福祉面の充実など、金額面だけ でなく労働環境の再構築に向けた取り組みが求められている。(東京商工リサーチ発行「TSR情報全国版」2017年6月16日号...

2017年6月26日東洋経済新報社フィードバック数:0キャリアとスキル

鉄道事業を営む206社の平均年収ランキング

...数が少ない事業者ほどそうした影響を受けやすく、必ずしも実態を表しているとは言い切れない面があることには留意が必要だ。 家族依存型、日本の社会保障はそう表現されてきた。しかし、単身世帯比率が30年間で2.2倍に急上昇、家族内の支え合いが弱体化。社会保障を強化し、単身世帯の高齢化に備える。 ※3カ月以内に発刊した書籍の中から話題の書籍を紹介しています。...

ダイエットに関するアンケート調査

...のどちらかが気になる異性に「いいね!」をクリックし、相手がそれに「ありがとう」を返すことでマッチングが成立、その後のメッセージ交換が可能となるサービスです。少子化、晩婚化が社会問題となる中、2012年2月のサービス開始以降、出会いを求める男女に支持され、累計会員数は200万人を突破(2017年3月時点)。2014年からは、政府主催の「婚活・街コン推進サミット」に参画するなど少子化、晩婚化などの社会問題解決への貢献も社会的意義として掲げています。■株式...

“不動産テック”(ReTech:Real Estate Tech)カオスマップ2017年版 考察レポート

...インターネットと言われており、若い世代は“住宅すごろく“のしがらみから解き放たれ、中古物件や賃貸でも良いと考える人が増えてきている。また、民泊やルームシェア・レンタルオフィス、民家や会議室・駐車場などのシェアスペースビジネス(所謂、不動産系のシェアリングエコノミー)も広がってきている。少子高齢化や人口の都市圏集中、人手不足、ポスト2020年などのマクロ的な環境変化の対応も求められている。高度経済成長期の“作れば売れる”という売り手市場の時代から、一人一人の顧客のLTV(Life Time Value:顧客生涯価値)を高...

2017年6月12日酒蔵プレスフィードバック数:0ライフスタイル

日本人の飲酒動向調査

...日本酒造組合中央会(東京都港区:会長 篠原成行)は、本年 1 月に全国の 20 歳~79 歳の 3,000 人を対象に実施した「日本人の飲酒動向調査」の結果を発表しました。本調査は、核家族化や少子高齢化、健康志向の高まりなどライフスタイルが変遷する中、日本人の食生活や飲酒動向を明らかにし、調査を通じてより豊かな生活や飲酒ライフを提案していくことを目的にしたもので、1988 年の調査以来、約 30 年ぶりの調査となります。【調査結果トピックス(抜粋)】■ランキング編・直近で飲んだお酒はビールが1...

2017年6月12日ランサーズフィードバック数:0キャリアとスキル

働き方新時代の実態調査

...ント·プラットフォーム」構想について「オープン·タレント·プラットフォーム」とは、テクノロジーの力で個人の働き方の可能性を広げ、スキルと仕事の効率的なマッチングによって生産性を飛躍的に向上させるランサーズの新成長戦略です。労働人口の減少により、一人当たりの仕事の生産性が以前にも増して求められるこれからの時代に向けて、「スキルを持った個人(=タレント)と仕事をAIにより高い精度でマッチングさせることによって生産性を向上させ誰もが自分らしく働ける社会の実現を目指します。取材申し込み、ご質...

2017年6月12日エン・ジャパンフィードバック数:0キャリアとスキル

5,000名以上の正社員に聞く「副業」実態調査

...://employment.en-japan.com/ )上で、「副業※」についてアンケートを行ない、現在正社員で勤務する20~40代の5,584名から回答を得ました。※本調査での「副業」とは、週末起業やアルバイト、アンケートモニターなど「本業以外に収入を得る手段・仕事のすべて」を指す。副業は「働き方改革」の一環で、企業側の容認を政府が推進している。少子高齢化に伴う労働力不足の補完と、働き手の収入増やスキルアップによる生産性向上が目的とされている。調査結果 概要 88%の方が「副業に興味あり」。そのうち83%が「収入...

2017年6月9日博報堂★★フィードバック数:0ライフスタイル

「こども20年変化」調査結果を発表

...~ 1997年 → 2007年 → 2017年 ~「こども20年変化」 調査結果を発表博報堂生活総合研究所は1997年から10年毎に、小学4年生から中学2年生の子どもたちを対象に、ほぼ同じ質問内容のアンケート調査を続けてきました(1997年・2007年・2017年の3時点で実施)。この20年間、日本では少子化の進行、共働き世帯の増加、教育の脱ゆとり転換、デジタル環境の向上、東日本大震災の発生などさまざまな事象が生じ、子どもたちを取り巻く環境は大きく変化しています。こうしたなかで、子ど...

2017年6月6日リスクモンスター★★フィードバック数:0ビジネス

第5回「世界に誇れる日本企業」調査

...にランクインした航空会社においては、先般、機内トラブルへの対応について世界から賞賛される出来事があったように、他国では見ることのできない「おもてなし精神」を誇りに感じられているのであろう。その一方で、「東芝」や「シャープ」の大幅なランクダウンにおいては、昨今の経営危機に対して「安定性」が失われていることが、世界に誇れる企業としてのイメージを低下させたものと考えられる。人口の減少などにより国内経済の大幅な拡大が期待されにくい環境下、企業が生き残っていくためにグローバルな視野は不可欠である。グロ...

2017年6月6日エン・ジャパンフィードバック数:0キャリアとスキル

「ミドルの賃金上昇」についてアンケート

...ル人材を対象とした求人の給与が上昇していると感じる、上位3つの業種を質問しました。第1位は「メーカー」(62%)、第2位は「建設・不動産」(52%)、第3位は「IT・インターネット」(48%)でした。給与アップの背景は、「メーカー」が「新商品投入に伴う、営業力強化と新規分野開拓、マーケティング力強化のため」「著しく業績が伸びているため」。「建設・不動産」が「国内建設工事の拡大に伴う受注増大による、現場監督者不足及び、複数現場の総監督層の強化」「オリンピック需要での人手不足と、現場職の高齢化」。「IT・インターネット」が、「プロ...

2017年6月2日デジタルブティックフィードバック数:0ライフスタイル

産院選びについて

...少なかった「助産院」は2.0%でした。Q初診~出産までいくつの施設にかかりましたか?1ヶ所(初診~出産まで同じ施設)が47.9%、2ヶ所が40.5%となり、3ヶ所以上という人は少ないことがわかりました。 「一番最初に行った病院では分娩は取り扱っていなかったので、紹介してもらいました」(40歳 愛知県 ミニラさん)のケースのように、産婦人科医の高齢化などの理由で、分娩取り扱いを中止する産院が増えていることも、複数の施設にかかる理由の一つになっています。Q産院をどのように探しましたか? 2ヶ所...

オフィスで働く女性387人に聞きました 3分の1が、”60歳を超えても働きたい” 働き方改革などによる職場環境の変化をじわり実感

...サンケイリビング新聞社リビングニュース 2017-05-24【シリーズ調査 働く女性Real�A】オフィスで働く女性387人に聞きました3分の1が、”60歳を超えても働きたい”働き方改革などによる職場環境の変化をじわり実感 リビング新聞グループのシンクタンクである株式会社リビングくらしHOW研究所(所在地: 東京都千代田区、代表取締役社長 和田 直樹 )では、オフィスで働く女性387人を対象にアンケート調査を実施。少子高齢化社会の年金不安や介護問題、女性活躍推進・長時間労働是正・同一...

2017年6月2日キッズラインフィードバック数:0大型消費/投資

「こども保険」について子育てママと保育士の意見を聞いてみた

...「こども保険」について子育てママと保育士の意見を聞いてみた。少子化の大きな目安となる合計特殊出生率は、前回調査時の推計の1.35から1.44へと上方修正したが、人口維持に必要な出生率2.07との開きは大きく、人口減少の速度が緩やかになったにすぎずまだまだ課題は大きい。止まらない少子化に危機を覚え現在少子化対策の一案として検討されている「こども保険」について当事者となる子育てママや、子どもと関わる保育士へのアンケートを実施した。【トピックス】※一部抜粋1. こども保険の認知度は半数以下の46%2...

2017年6月2日ウェルクスフィードバック数:0大型消費/投資

「こども保険」認知度は5割以下!保育士・保護者の賛否は?

...以外の地域や周りのサポート(32%)」、「出産費用の無償化(25%)」という結果になりました。全回答者の65%が「金銭的な補助」を重要であると感じていることからもわかるとおり、子どもを育てる上での経済負担軽減はやはり必要。しかしながら一方で共働き世帯が増える中、勤務先や地域等の支援がなければ、女性が子どもを産み育てることは難しい現状が伺えます。少子高齢化や待機児童など、子育てを取り巻く問題には子育て世代をはじめ、幅広い年代からの注目が集まっています。しかし今回のアンケート結果を見る限りでは、「こども保険」の認...

アルバイト採用ブランドランキング【主婦編】

...季節は主婦のアルバイト探しが活発になるシーズンです。4月は、言うまでもなく子供の生活が大きく変わる時期。幼稚園に通い始める、あるいはやっと保育園が見つかったということで職場復帰を考える方もいます。また小学校入学によって子供の帰宅時間が変わったり、塾通いで夕方から夜の過ごし方が変わったり、働く時間を変更しなければならない方も少なくありません。そんな子供たちの新生活に対するリズムがつかめてきたこの季節、主婦たちはやっと「自分の仕事」と向き合えるようです。少子高齢化でアルバイト労働市場の主役となった主婦層を獲得する絶好のチャンスだからこそ、彼女...

2017年5月30日内閣府フィードバック数:0キャリアとスキル

韓国若年層の雇用について

...今週の指標 No.1167 韓国若年層の雇用について ポイント2017年5月19日韓国の失業率は2016年に3.7%と、OECD加盟国と比較して低い水準にある(図1)。一方で、15~64歳の失業率に対する15~24歳の失業率の比率を比較すると、OECD加盟国の中でイタリア、ロシアに次いで3番目に高い数字となっている(図2)。このため、全体の失業率は低いものの、15~24歳の失業率との格差が大きく、若者の雇用が大きな問題となっていることがうかがえる。若者の雇用環境が悪化すれば、就業を通じた人的資本の蓄積の遅れや婚姻率の低下による少子化...

2017年5月29日東京商工リサーチフィードバック数:0社会/政治

2016年「全国新設法人動向」調査

...かった。新設法人などの起業促進は、人口減少や高齢化と関連性が高く人口問題と切り離せない。生産と消費、サービスの基盤を構築できないまま、補助金等で強引に開業率アップを図っても長続きは難しいだろう。まずは開業率を高める土台となる着実な地方底上げを急ぐべきだ。最新記事・倒産状況に関するお問い合わせ電話・FAXでのお問い合わせ株式会社東京商工リサーチ 情報部最寄りのTSR支社店へお問い合わせください支社店一覧 この...

【夕食メニュー調査】日本の夕食が変わっていく

...ままのペースでいくと10 年後20年後に漬け物が食卓を占めるシェアは非常に小さくなると予想され、高齢化や個食化に対応した容器・容量や、新規獲得のための新たな価値提案が求められます。調査結果の詳細は、無料ダウンロードレポート『日本の夕食が変わっていく ~シニアの白ご飯・漬け物離れ~』をご覧ください。40 メニューの 2012 年から 5 年分のデータ推移、メニュー選定理由、メニュー数の推移などを掲載しています。今回、発表しました『夕食メニュー調査』の詳細につきましてはこちらをご覧ください。『ディナーサーベイ』 夕食...

アルバイト採用ブランドランキング【学生編】

...らキャンパスでの生活を始めたばかりの新入生をはじめ、新しいカリキュラムに慣れてきた上級生も含め、5月は新生活のリズムをつかんできた学生たちが、アルバイト探しを活性化させる時期です。少子高齢化で減少傾向にある希少な若年労働力を獲得する絶好のチャンスだからこそ、学生のアルバイトに対する志向をきちんと理解しておきたいところです。我々、ツナグ働き方研究所は、「アルバイト採用ブランド調査」を実施。学生がアルバイトを選択する際に重視する因子を特定し、さらにアルバイト先としてメジャーな40銘柄を対象に、その因子ごとのイメージを数値化することで、アル...

2017年5月23日東洋経済新報社フィードバック数:0キャリアとスキル

男子学生「就職人気」トップ100社ランキング

...順位300位までの企業を発表した。その総合結果を基にして、男女別、文理別といった、属性別のランキングも作成している。今回は、対象を男子学生に絞った、「就職人気ランキング・男子学生版」の上位100社を紹介していきたい。 家族依存型、日本の社会保障はそう表現されてきた。しかし、単身世帯比率が30年間で2.2倍に急上昇、家族内の支え合いが弱体化。社会保障を強化し、単身世帯の高齢化に備える。 ※3カ月以内に発刊した書籍の中から話題の書籍を紹介しています。...

2017年5月22日IBJフィードバック数:0大型消費/投資

理想の結婚後の生活スタイルは?

...では結婚をする際に夫婦どちらかの姓を選び、名乗ることが定められています。しかし、この制度を見直す動きが法務省で行われています。「選択的夫婦別姓制度」といい、別姓を希望する場合は男女それぞれ結婚する前の名字を名乗れる制度です。「選択的」なので、別姓を強制するわけではありません。世界に目を向けてみても、同じアジアの韓国や中国は文化的に夫婦別姓の国です。多様化する家族の形に対応するため、いずれ日本でも広まっていくかもしれませんね。まだまだ男性の方が保守的で、昔の文化にとらわれているのではないでしょうか。男性の意識改革こそが、少子化・未婚...

オンライン恋活・婚活マッチングサービスの国内市場調査

...]】 2017年は、過去2年間にかけて新規参入した大手サービス事業者によるスマートフォンアプリが市場成長に大きく寄与し、2015年比73%増の208億円と高い水準の成長を遂げることが見込まれます。また、従来Webサービスを提供してきた事業者が、新たにスマートフォンアプリの提供を開始する取り組みもみられるほか、位置情報などを活用した、スマートフォンアプリならではの特徴的な新しいサービスも登場するなど、サービスの多様化が進んでいます。少子化...

2017年5月19日ハピライズフィードバック数:0大型消費/投資

真剣活動中だから言える結婚と婚活のリアルな事情とは?

...心の絆をつなぐ手厚いサポートで数多くのご縁を結んで参りました。近年、晩婚化や非婚化、さらには少子化が国の根幹を揺るがす重要課題となって久しくなりますが、ライフスタイルの変化から男女の自然な出逢いは年々難しくなる傾向にあります。 サンマリエは出逢いのプロデュースを社会的使命とし、さらなるサービスの向上と普及に努めるとともに、結婚を望むみなさまのサポートを通して豊かな社会作りに貢献いたします。...

2017年5月17日インタースペースフィードバック数:0ライフスタイル

キッズのファッション事情

...友やご近所関係についての相談、話題の社会問題やファッション・美容など、ママの日常を取り巻くあらゆることについて活発な情報交換がなされています。 またママに役立つ情報、気になる情報なども、ニュース記事として日々配信しています。晩産化・少子化、共働き世帯の増加、夫や祖父母の育児参加など、この10年で大きく変わってきた「子どものいる家族」について、研究・提案を行う専門組織。1996年より活動していたBaBUプロジェクトを発展改組し、2012年10月設立。「妊娠期から小学生の子どもを持つ家族」に関する専門知識を元に、調査、商品...

2017年5月15日明治安田生命保険★★フィードバック数:0ライフスタイル

「家計」に関するアンケート調査

...需給は引き締まっていますが、人口減少もあり、先行きの成長期待が持ちにくいことから、多くの企業は賃上げに慎重です。また、依然として求人が非正規社員に偏っていることも影響しているかもしれません。-4-【おこづかい金額の詳細】回答者数全体男性計20代30代40代50代女性計20代30代40代50代(人)10805391341361351345411341341371360円~5千円(%)11.47.15.211.06.75.215.721.617.913.110.3(%)10.55.97.58.83.04.515.018.715...

料理に関するアンケート調査

...がそれに「ありがとう」を返すことでマッチングが成立、その後のメッセージ交換が可能となるサービスです。少子化、晩婚化が社会問題となる中、2012年2月のサービス開始以降、出会いを求める男女に支持され、累計会員数は2,000,000人を突破(2017年3月時点)。2014年からは、政府主催の「婚活・街コン推進サミット」に参画するなど少子化、晩婚化などの社会問題解決への貢献も社会的意義として掲げています。■株式...

2017年5月11日日本香堂★フィードバック数:0大型消費/投資

母の日のご供養に関する意識・実態調査

...て受けとめ、暮らしの歳時記のひとつに加えられるであろう可能性を示唆しています。■『母の日参り』とは少子高齢化社会にあって<実母存命>人口が減少する一方、<実母死別>人口が増え続ける局面を迎え【図4・5】、幼少期より「母の日」の贈答文化に馴れ親しんだ世代で「対象喪失」の未充足感が広がりつつあるのでは、とのインサイトから彼等のメンタリティに応え得る新たな価値提案として、当社が『母の日参り』を呼びかけてから、今年で9年目になります。この間、当社の取組みに対して賛意を表明し、普及活動を共にする企業・団体...

飲食店で働く外国人従業員の1ヶ月後離職率は12%。離職率を下げる秘訣は「日本文化の理解」にあることが明らかに

...「弊社」)は、ClipLineに登録されている外国人従業員の離職データを分析することで、1ヶ月目で12%の外国人が離職する傾向にあることがわかりました。またその原因をClipLine利用クライアントにヒアリングしたところ、言語の壁や働きがいというだけでなく、「日本文化の理解」であることが明らかになりました。 ■少子高齢化で不足する労働力。活路は外国人従業員の活用独立行政法人労働政策研究・研修機構の調査によると、少子高齢化の結果、日本の労働力人口は2030年に787万人...

2017年5月6日マンダムフィードバック数:0ライフスタイル

母親との関係性に関する調査

...イマドキ男子の周囲との“距離感”③~母親編~何でも相談!?恋愛話も「アリ」が65.7% 身だしなみリテラシー向上の鍵は、母親! ヤング男性に関する意識調査 株式会社マンダム(本社:大阪市 社長執行役員:西村元延)は、15歳~24歳のヤング男性を対象に、母親との関係性に関する調査を実施しました。少子化などの影響により、母息子の関係性が変化しており、「ママっ子男子」という言葉が出てくるなど話題となる中、今回の調査により、イマドキのヤング男性の母親との関係について実態が明らかとなりましたので、ご報...

2017年5月6日アイオイクスフィードバック数:0社会/政治

日本の農業 オモテウラ

...Release: 2017/04/13日本の農業 オモテウラ人手不足や高齢化による「日本の農業の未来」が危惧される一方で、農業に新たに参加する人の数は近年増加傾向にあります。本インフォグラフィックでは、一部のデータだけで捉えることはできない「日本の農業の現況」について、平成23年と平成27年の状況を比較し、5年間の変化を探っています。【概要】・日本の農業人口は減少し続けている反面、新たに農業に参加する「新規就農者数」は近年増加傾向にある。・就農者の高齢化に対し、新規...

上京時の住環境・仕送りに関する意識調査

...ミナル駅からのアクセス」「人気のエリア」を基準に、東京23区を中心に76棟を展開。業界最長の35年間サブリースという高水準のサポートを誇り、その入居率は約99%を記録しています。セミナー集客による会員制不動産投資サービス!投資だけでなく資産運用をサポートする“地方セミナー”を実施!グローバル・リンク・マネジメントでは、不動産投資はもちろんのこと、資産運用や保険などのマネー全般についてのセミナーを東京都内で毎週開催しております。全国的に人口減少傾向にある中で、人口の増加が見込まれている東京都の市場価値に注目。掛け...

2017年5月1日矢野経済研究所フィードバック数:0ライフスタイル

理美容市場に関する調査を実施(2017年)

...の理美容市場規模(事業者売上高ベース)は前年度比99.6%の2兆1,575億円になった。このうち、理容市場は理容店舗数減少、顧客の高齢化、来店サイクルの長期化、低価格サロンチェーンの台頭などにより低迷している。美容市場では、低価格美容サロンチェーンと高級志向な技術とサービスを提供するサロンとの2極化が進んでいるが、美容市場全体ではヘアケア化粧品や美容家電カテゴリーを中心とした物販やその他付加サービスの強化が功を奏し、前年度並みで推移した。◆大手美容サロンチェーンは新業態サロンを展開し、多様...

2017年4月28日帝国データバンク★フィードバック数:0キャリアとスキル

人材確保に関する企業の意識調査

...2017/4/20人材確保に関する企業の意識調査70%超の企業が人材を確保するための取り組みを実施〜 求める人材像は「意欲的」で「コミュニケーション力」があり「素直」 〜はじめに3月1日に、2018年卒業予定者の新卒採用活動が解禁され、大手企業を中心に各社のエントリー受付や採用活動のための企業説明会開催がスタートした。1980年代後半のバブル期、2000年代半ばの好況期に続く「超・売り手市場」とされる現在の就職/採用活動は、短期的な求人状況の好転だけでなく、少子化...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ