調査のチカラ TOP > 特集一覧 > データがいっぱい:少子高齢化・人口減少

データがいっぱい:少子高齢化・人口減少

世間の注目が集まる分野には調査データが増加します。少子高齢化、人口減少については統計データ、調査データが数多く出ており、今の日本の社会問題としては最もポピュラーなものかもしれません。

2018年5月11日GMOメディアフィードバック数:0社会/政治

成人年齢引き下げに関する意識調査

...回答](図6)情報を知ったきっかけ[N=588 複数回答]「成人年齢引き下げ」の賛否、「どちらとも言えない」が約半数に「成人年齢引き下げ」自体の賛否を尋ねたところ、「どちらとも言えない(45.6%)」という回答が約半数を占めました。一方で、「反対(38.9%)」が「賛成(15.5%)」を23ポイント以上上回る結果となり、現状では賛成の意思を持っている子は少数であることが分かりました。また、賛否それぞれの理由を自由回答で尋ねたところ、「賛成」と答えた子からは『精神年齢が徐々に高まり、少子高齢化...

2018年4月17日矢野経済研究所フィードバック数:0社会/政治

呉服市場に関する調査を実施(2018年)

...素材のきもの等を含む。市場規模は小売金額にて算出し、レンタルきものは含まない。調査結果サマリー◆ 2017年の呉服小売市場規模は前年比97.3%の2,710億円と微減2017年の呉服小売市場規模は前年比97.3%の2,710億円であった。呉服小売市場は少子化の影響や婚姻件数の減少傾向※などのマイナス要因はあるものの、インターネット通販やリサイクル販売が好調であることもあり、一定の市場規模を維持し、微減に留まった。(※データ出所:厚生労働省)◆ リサイクル販売チャネルとインターネット通販チャネルは引き続き好調2017年の...

2018年4月16日CURUCURUフィードバック数:0ライフスタイル

「妊活・不妊治療」に関する調査

...制度や取り組みを行っていない」との回答となりました。少子化対策や働き方改革などが叫ばれる昨今、企業側の妊活・不妊治療を行う従業員への支援制度の充実など、妊活と仕事が両立しやすい環境を整えることが求められる結果となりました。※厚生労働省「不妊治療と仕事の両立に係る諸問題についての総合的調査」(平成29年度) [妊活ボイスについて]https://www.ninkatsu-voice.jp/『妊活ボイス』は妊活中やこれから妊活をはじめようとしているすべての女性を応援する、妊活者専用SNSです。年齢や妊活・治療...

医師と患者のコミュニケーションに関する調査

...側にとっては医師の認識ほど十分に提供されてないと捉えているようです。診察においての対話や、説明に対しての同意、治療方法の選択の実施でも同様の傾向で両者間で意識差があり、「信頼関係の構築」「患者の満足度」において3割程度と低い結果に繋がっているようです。情報提供の阻害要因のひとつに「診察時間の不足」があり、「時間を充分に設けている」の回答は、医師が4割以上に対して患者は2割半であり約2割の開きが見られます。一方の医師側も人手不足に加えて、患者側に対して知識の差や、間違った情報による患者の思い込み、自己判断、クレーム対応などに不安を感じている意見があります。今後の超高齢化...

2018年4月13日ランスタッド★★フィードバック数:0キャリアとスキル

パナソニックが、最も魅力ある勤務先に決定!【エンプロイヤーブランド・リサーチ2018ランスタッドアワード】?

...先として魅力ある企業を世界共通基準で測る「エンプロイヤーブランド・リサーチ 2018 ランスタッドアワード」の日本の調査結果を発表しました。調査の結果、今、最も魅力のある勤務先にが選ばれました。 エンプロイヤーブランド・リサーチ 2018ランスタッドアワード 受賞企業優秀な人材の獲得とエンゲージメントの向上は、企業が持続的に成長し、グローバル競争に勝ち残っていくための重要な鍵となります。それに加え、超少子高齢化社会を迎える日本では人材の確保自体が課題になりつつあります。そのような状況の中で「エンプロイヤーブランディング」は、雇用...

2018年4月13日ウィンスリーフィードバック数:0キャリアとスキル

転職理由に「結婚」「育児」、「NO残業希望」が男性候補者に増加傾向にあり!転職背景調査結果で浮上した、現場で進む“働き方改革”のリアル

...うことに対する考え方そのものに手を付けていく改革と位置づけています。とりわけ、2015年以降これまで長期間に渡って“治外法権”のように看過されてきた大手企業における働き方においても、厚生労働省による調査が入るなど抜本的な解決に向けて動き出しています。また、“人生100年”を見据えた「1億総活躍社会」の到来も叫ばれ、本格的な高齢化社会に突入する日本社会のなかでの労働力人口を、多面的な働き方によって下支えしていくことも問われています。同時に少子化問題も背景に、出産と子育て環境に配慮することも重要なテーマです。では実際にリアリティのある“働き方改革”は、現場...

2018年4月10日学情フィードバック数:0キャリアとスキル

2018.03『2019年3月卒業予定者 採用動向調査レポート』ダイジェスト

...数以上を占めるものの、「増やす」(26.1%)が「減らす」(4.6%)を21.5ポイント上回った。2018年卒採用に関する前年同時期の調査でも採用数増の傾向が見られたが、変わりなく採用増の基調が続く。少子高齢化が進行する中、若手労働者確保は多くの企業において至上命題であり、2019年卒採用において、よりいっそうの売り手市場の拡大が予想される。採用難易度の見通しについては、採用難を予測する企業(「難しい」「やや難しい」の合計)が前年度比8.9ポイント増の74.2%に及ぶ。文理別では、文系...

2018年4月10日東京商工リサーチフィードバック数:0キャリアとスキル

2018年度「賃上げ見通し」、「労働環境の改善」に関するアンケート調査

...業より中小企業が多く、人材の繋ぎ止めに苦慮している実情を反映している。賃上げや労働環境の改善についての回答(自由回答)では、「即戦力人材が確保できない。平均年齢も高齢化しており厳しい状況にある」(秋田県、建設業、資本金1億円未満)や「地場中小企業は大手と給与を含む福利厚生で見劣りし、新卒採用もハンディがある」(大分県、製造業、資本金1億円未満)などが寄せられた。資金力や成長力のある中小企業は、今後も継続的に賃上げできるが、社長・従業員が高齢化していたり、資金...

2018年3月29日インテージフィードバック数:0ライフスタイル

健康・美容への食での対処 シニアはどうしている?~健康食品・サプリメント+ヘルスケアフーズ市場実態把握レポートから①

...目の健康や健康維持・増進、関節の健康、骨の健康といった基本機能を強化・維持するためのヘルスベネフィットを強く求めるようになるようです。これからの高齢化社会に向け、ますます活性化が見込まれる健康・美容市場。知るGalleryでは消費者6万6000人に対する調査の最新結果をもとに、健康・美容市場のいまを随時お届けしていきます。この記事は「健康食品・サプリメント+ヘルスケアフーズ市場実態把握レポート2017年度版」のデータを基にしています。 「健康食品・サプリメント+ヘルスケアフーズ市場実態把握レポート2017年度版」は生...

2018年3月28日インタースペースフィードバック数:0ライフスタイル

いまどきのママに実態を調査:ママリサ~いまどきママリサーチ~「ママの理想の子ども像」調査

.../mamastar_select【博報堂こそだて家族研究所】 晩産化・少子化、共働き世帯の増加、夫や祖父母の育児参加など、この10年で大きく変わってきた「子どものいる家族」について、研究・提案を行う専門組織。1996年より活動していたBaBUプロジェクトを発展改組し、2012年10月設立。「妊娠期から小学生の子どもを持つ家族」に関する専門知識を元に、調査、商品開発支援、広告などコミュニケーション支援、メディア開発、事業開発などを手掛ける。【サービスに関するお問い合わせ先】株式会社インタースペースメディア&ソリ...

家計に浸透する電子商取引、支出額は15年で約10倍に-ICT消費、8四半期連続成長-

...ターネットを利用した世帯の支出総額と支出世帯の割合の推移 消費支出の内訳をみると、消費財1、デジタルコンテンツ2、サービス3の内、牽引しているのは、消費財とサービスである。以下、ここでは、当初ECにはなじまないと言われることがあった消費財の動向に注目する。 消費財の中での主な牽引役は、食料(食料品、飲料、出前)と衣類である。食料が伸びているのは、共働き世帯や単身世帯の増加、高齢化など社会構造の変化が背景にあると考えられる。そのような消費構造の変化をとらえた小売事業者のネットスーパーへの参入に加え、Amazon等大手EC事業者の食料品販売の拡充等がECでの...

2018年3月22日リクルートフィードバック数:0大型消費/投資

運命の人とはどんな場所で出会うのか? 外食での「出会い」の実態を調査

...がいる人別では、結婚している人で「外食先で出会った」は17.9%、恋人がいる人で同18.2%と、大きなスコアの違いはなかった。(※結婚している人と恋人がいる人の性年代別の分布などは次ページを参照) 昨今、地方創生や観光など交流人口の拡大に向けて宿泊業や飲食業の役割が重みを増してきているが、少子高齢化対策という意味でも、出会いの2割弱が外食がきっかけという結果は、小さくはない影響力と言えるだろう。■結婚相手や恋人と出会った場所は、外食先だったか(結婚相手や恋人がいる方/単一回答)※外食先だった:「結婚...

2018年3月19日GfKフィードバック数:0デジタル家電

「2017年の玩具販売動向」 - 販売額は前年から7%拡大

...1)。男児玩具、女児玩具、基礎玩具と市場への影響が大きい分類が堅調に推移した。玩具の平均販売価格は上昇を続けており、少子化が進む中で子供に対する投資熱は高いことがうかがえる。また、同チャネルにおける玩具販売はここ数年プラス成長が継続しているが、この一因にはインバウンド需要の増加があると考えられる。 【分類別販売動向】玩具市場の35%(金額ベース)を占める男児玩具は金額前年比6%増となった。2017年玩具全体のキャラクター別金額ランキングで4位となった「ベイブレードバースト」の好...

2018年3月5日IDC★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

国内商用ロボティクス市場 ソリューションタイプ別予測を発表

...結果、2021年にはエンタープライズドローン市場の支出額は266億円まで拡大すると予測していますが、ドローンの商用利用領域の拡大には、政府の法規制改革も必要と言えます。国内商用ロボティクス市場は、産業用ロボットが市場を牽引していく中、2018年以降はサービスロボットおよびエンタープライズドローン市場も本格的な展開が期待されます。そのような国内商用ロボティクス市場において、「企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)への理解の深まりと労働人口減少に伴う代替要求の拡大が企業のロボティクス導入を促進する。ロボ...

2018年3月2日ヒューマンメディア★★フィードバック数:0エンタテインメント

2010年代の日本と世界のコンテンツ市場総括、2020年予測

...-2010年代の日本と世界のコンテンツ市場総括、2020年予測- 日本のコンテンツは、海外で何が、いくらぐらい売れているの?国内のコンテンツ市場は、人口減少時代にどうなっていくの?そんな疑問に、はじめて数値でお答えします。 10年間で2倍以上拡大、 2020年には2兆円超え!!人口減少でも微増、 2019年にオンライン、 パッケージ逆転。 2020年に13兆円!! (株)ヒューマンメディアより毎年刊行の「日本と世界のメディア×コンテンツ市場データベース」の11年目の発刊にあたり、2010年代...

2018年3月2日NTTタウンページフィードバック数:0社会/政治

保育園が多いのは沖縄県! ~人口10万人当たりの保育園の登録件数は沖縄県、宮崎県、島根県がトップ3に~

...ニュースリリース・お知らせ保育園が多いのは沖縄県!~人口10万人当たりの保育園の登録件数は沖縄県、宮崎県、島根県がトップ3に〜 ライフスタイルが多様化し、結婚しても働く女性が多くなってきたことで、ますます需要が高まる保育園。待機児童問題が社会現象になるほど、子育て世代にとって、保育園は非常に重要な役割を担うようになりました。政府も少子化対策の一環で、保育園への支援政策を打ち出しています。今回は、そんな保育園に関するランキングです。...

2018年2月23日ソニー生命保険フィードバック数:0社会/政治

子どもの教育資金に関する調査2018

...もの教育資金と学資保険に関する調査」として発表調査結果 概要エコノミストのコメント(ソニーフィナンシャルホールディングス株式会社 金融市場調査部 エコノミスト 渡辺 浩志)今回の調査では、子どもの受験・進学、就活に不安を持つ親が増えていることがわかりました(図5参照)。現在は少子化を背景とする大学全入時代、人手不足による学生の超売り手市場と、一見すると受験や就活に不安はないように思えます。しかし、人手不足が進むなか、単純労働の多くは人工知能やロボットに代替される時代が近づいており、より...

2018年2月21日リゾームフィードバック数:0ビジネス

キッズ関連業種のSC出退店動向調査

... GATE」を活用し、2017年10月末時点の集計結果によるキッズ関連業種の出退店動向の集計調査を実施しましたのでご報告します。【本記事のトピックス】◆少子化においても活況なキッズ教育関連◆キッズ関連小業種は高い出店傾向。特に多店舗出店がうかがえる「英会話・英語教室」◆大型・超大型SCの70%に英会話・英語教室が出店◆小型施設・駅ビルにはまだまだ少ないキッズ関連小業種◆「親の子供教育への関心」「学習指導要領の改訂」「一層必要とされるIT・情報活用能力やグローバル化への対応」など、キッ...

2018年2月19日クックビズフィードバック数:0キャリアとスキル

【気になる転職後の給与事情】飲食業界では約3割が給与アップ!

...年数と給与アップの正比例関係が見られず、経験の長さよりも経験の質やその人の素質、ポテンシャルがどう評価されるかが給与に直結しているといえます。飲食業界での転職前後の給与変化<業界勤続年数別>まとめ少子高齢化が進み、日本の労働市場は明らかな売手市場となっていますが、飲食業界はそうした動きの中でもひときわ人手不足が深刻な業界だと指摘されています。結婚、出産、引っ越し、キャリアアップ、労働環境の改善などさまざまなきっかけで転職に臨む方がいます。今回のアンケート調査からは、転職経験者の約3割が転職後に年収アップしている結果が出ましたが、年収...

2018年2月18日ぐるなびフィードバック数:0大型消費/投資

2018年「今日から使える春のトレンドメニュー」は高たんぱく・低脂肪で人気の「鶏むね肉」を使った“鶏パフェ”

...フードスタイリストのマロン氏監修のもと“鶏パフェ”を開発しました。「鶏むね肉料理」は、高齢化や健康志向の高まりから、「鶏むね肉」の高たんぱく・低脂肪の特性に注目が集まったと同時に、抗疲労効果や抗酸化作用があるイミダゾールジペプチドが豊富に含まれる「鶏むね肉」の機能性についても、消費者に広く認知されるようになったことで、サラダの具材などとして広く活用され、幅広い層の世代に人気が広がっています。実際にぐるなびが2017年12月にぐるなび会員に行った健康志向に関するインターネット調査でも、『「牛肉、豚肉、鶏肉」で、あなたが現在、健康...

2018年2月16日テスティーラボ★フィードバック数:0マーケティング

仮想通貨に関する調査

...性海外からの観光客へ向けた決済方法として 24歳男性電子端末で全てを賄える時代になってきたため 26歳女性他にも「芸能人が使っている」「テレビでよく見る」「関連書籍を多く見かける」など、日常で目にする機会が増えていることを理由に挙げる声や、一時の流行ではなく「キャッシュレス化社会」を肌で感じているミレニアル世代の期待の声が多く挙がりました。その一方、【「広まると思わない」回答者】仮想通貨について知識を正しく持ってる人が少ないから 26歳女性現金の信用度が他国に比べ高いから 20歳男性少子高齢化の日本では流行らなさそう 22歳女...

2018年2月8日ニワンゴフィードバック数:0マーケティング

月例ネット世論調査2018年1月

...保障制度の改正に耐えられるだけの余力があると考えるか。 Q82018年は国の社会保障費を抑制するため、医療と介護で保険料の引き上げ、自己負担の増加、給付・サービスの引き下げが行われ、生活保護も給付が削減されます。国民生活はいま、そうした制度改正に耐えられるだけの余力があると考えますか、考えませんか。 安倍内閣を支持しない層では「余力はない」が83.0%と圧倒的でした。どちらとも言えない層でも60.9%、支持する層も44.3%が「余力はない」と回答しました。Q10「学校や仕事に行かない状態が半年以上続いている人」の高齢化が進み、社会問題になっていることから、国は...

2018年2月8日矢野経済研究所フィードバック数:0大型消費/投資

ベビー用品・関連サービス市場に関する調査を実施(2017年)

...外国人客のインバウンド需要の沈静化に伴い、少子化を背景に伸び悩んでいるが、待機児童問題解消などに向けて関連サービスの伸長が市場全体を押し上げており、2017年の国内ベビー用品・関連サービス市場規模は前年比106.7%の3兆8,708億円と予測する。◆ 大手のベビー用品専門店では、NB商品と遜色のない、PB商品の投入が活発化これまで、ベビー関連用品は高い安全性や品質が求められるため、極端な差別化が困難な分野とも言われてきた。そのため大手のベビー用品専門店では、顧客のユーザーニーズを汲み取り、開発した新製品の顧客・会員...

2018年2月6日ソニー生命フィードバック数:0ライフスタイル

子どもの教育資金に関する調査2018

...ムの没頭力を学習に活かす仕組み・ソーシャルラーニング…SNSを介した学習◆エコノミストのコメント◆ソニーフィナンシャルホールディングス株式会社 金融市場調査部 エコノミスト 渡辺 浩志 今回の調査では、子どもの受験・進学、就活に不安を持つ親が増えていることがわかりました(図5参照)。現在は少子化を背景とする大学全入時代、人手不足による学生の超売り手市場と、一見すると受験や就活に不安はないように思えます。しかし、人手不足が進むなか、単純労働の多くは人工知能やロボットに代替される時代が近づいており、より...

デロイト調査:日本企業の第四次産業革命への準備の遅れが明らかに

...が相対的に乏しい様子がうかがわれました。 【テクノロジーを効率化に活用しているが、「労働力の変化」に注目した本質的な議論は尽くされていない】高齢化や働き方改革を背景に、日本の経営幹部は調査対象国で最も多い85%が、従業員との関係が、契約による一時的、臨時的な雇用に変わる方向にあると見ています(全世界:61%)。また、実に75%以上がロボットなどの自律的なテクノロジーが人に代わる未来を予測しています(全世界:50%以下)。しかし、人材採用・育成については他のテーマに後回しにされ、経営幹部が議論することは少なく(図表2 日本:2%、全世界:17...

2018年2月5日建設転職ナビフィードバック数:0キャリアとスキル

2025年未来予測

...:東京都新宿区、代表取締役:髙本和幸、以下「ヒューマンタッチ」)が運営するヒューマンタッチ総研は、建設技術者不足問題についての独自試算をまとめました。それによると、建設技術者は2015年の31万人から24.3万人と、今後10年間で6.7万人減少し、2025年時点では本来必要な人数よりもおよそ11万人超が不足。一方で、ICT導入などの生産性向上などが進めば、不足数は6万人弱まで縮小し、およそ5.5万人分の需給ギャップが改善することが分かりました。■建設技術者数は減少傾向建設業界では生産年齢人口の減少と建設技術者の高齢化...

2018年2月5日TOPPOINTフィードバック数:0エンタテインメント

2017年下半期「TOPPOINT大賞」

...ような現実を政治家も官僚も熟知しているはずなのに、政府は金を湯水のように垂れ流している。“経済成長”という幻の聖杯を求めて。抽象化ではなく具体化が事象の理解を助けるのだと、改めて感じ入った。少子高齢化とはよく聞くが、実際に、具体的にどのようなことが起こるのかが実感を伴って理解できました。この本は企画力の賜物ですね。事実を淡々と述べるのではなく、年表にしたことでリアリティが生み出された。書名もいい。内容も説得力があった。われわれの世代こそが知っておかなければいけない事柄だと思った。 受賞に寄せて拙著『未来の年表』を、栄えある「TOPPOINT大賞...

2018年1月29日TOBEフィードバック数:0大型消費/投資

2017年度の婚活関連サービス市場を総括し、2018年度を予測「婚活関連サービス市場予測2018」

...となり、前年度の1.46と比較し、ほぼ横ばいを維持しました。また、2017年12月22日に厚生労働省が発表した動態統計の年間推計(※1)によると、国内で生まれた日本人の赤ちゃんは94万1千人で、100万人を2年連続で下回り、統計の残る1899年以降、最少を更新する見通しとなっています。合計特殊出生率は、2005(平成 17)年には過去最低である 1.26まで落ち込んだ後、近年微増傾向が続いていますが、未だ少子化に歯止めがかかったとは言えない状況です。2婚活関連サービス(※2)上場...

2018年1月29日インタースペース★フィードバック数:0マーケティング

いまどきのママに実態を調査:ママリサ~いまどきママリサーチ~「ママが見ている動画事情」

...ビス名などは一般に各社の商標または登録商標です。晩産化・少子化、共働き世帯の増加、夫や祖父母の育児参加など、この10年で大きく変わってきた「子どものいる家族」について、研究・提案を行う専門組織。1996年より活動していたBaBUプロジェクトを発展改組し、2012年10月設立。「妊娠期から小学生の子どもを持つ家族」に関する専門知識を元に、調査、商品開発支援、広告などコミュニケーション支援、メディア開発、事業開発などを手掛ける。所在地東京都新宿区西新宿2-4-1 新宿NSビル8階事業内容インターネット広告事業、メデ...

2018年1月26日東京商工リサーチフィードバック数:0社会/政治

【2017年(1-12月)】「医療,福祉事業」の倒産状況(2017年12月29日現在)

...未満の小・零細規模が84.7%を占めるなど、小規模倒産が目立った。高齢化社会の成長産業として注目される医療福祉業界だが、介護職員の人手不足が深刻化するなど、経営のかじ取りが難しさを増し、業界内では淘汰の動きが加速している。調査対象の「医療,福祉事業」には、病院、医院、マッサージ業や鍼灸院などの療術業、老人福祉・介護事業などを含む。2017年(1-12月)の「医療,福祉事業」倒産件数、2000年以降で最多 2017年(1-12月)の「医療,福祉事業」倒産件数は、速報値で249件(前年比10.1増、前年226件...

2018年1月26日東京商工リサーチフィードバック数:0社会/政治

2017年を振り返って(下)

...旅行業者の信頼を損なう倒産が続いた。旅行業者の倒産は、楽しいはずの旅行を台無しにする。来年こそは、一般旅行者に影響を及ぼす倒産がなければ良いのだが…。 アバンティリゾートクラブの本社入口 日銀のマイナス金利政策や激しい貸出競争、人口減少などで地域金融機関の経営環境は厳しさを増した。金融庁が地方銀行106行の2017年3月期実績を集計したところ、すでに54行で貸出と手数料ビジネスなどの本業利益がマイナスだった。5年後には約7割の地方銀行で本業利益がマイナスになるとの試算もある。TSRの調査では主要152信用金庫でも2017年3月期で8...

2018年1月26日東京商工リサーチフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2017年を振り返って(上)

...のメニューやビジネスモデルも持続期間は短くなっているとの指摘もある。東京商工リサーチの調査では、飲食業の休廃業・解散企業数は2013年の574件から、2014年は617件、2015年は622件、2016年は724件と3年連続で増加している。価格競争で売り上げが低迷する中、仕入価格や人件費高騰などのコストが収益を圧迫していることが要因だ。外食や飲酒など飲食関連の支出の鈍化も倒産増に拍車をかけている。深刻な人手不足でパート・アルバイトの時給も上昇しており、今後も厳しい経営環境が続くだろう。 高齢化とともに市場拡大が期待された「医療・福祉事業」も、苦戦...

2018年1月26日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

人手不足に対する山梨県内企業の動向調査(2017年10月)

...2017/12/29人手不足に対する山梨県内企業の動向調査(2017年10月)正社員不足、過去最高の41.0%に上昇〜 大企業の不足感が大幅増 〜はじめに有効求人倍率の上昇や失業率の低下など労働市場が逼迫するなかで、求職者側では明るい材料となっている。一方で、企業にとって人手不足の状態が続くことで人件費上昇などコスト負担の高まりに直面し、今後の景気回復に足かせともなりかねない。こうしたなか、人口減少と産業構造の変化で、働き手の奪い合いが生じており、アベノミクスの成長戦略を進めていくなかで、人手...

2018年1月25日ヒューマンタッチフィードバック数:0キャリアとスキル

2025年未来予測、ヒューマンタッチ総研が独自試算 建設技術者、今後10年間で6.7万人減

...点では本来必要な人数よりもおよそ11万人超が不足。一方で、ICT導入などの生産性向上などが進めば、不足数は6万人弱まで縮小し、およそ5.5万人分の需給ギャップが改善することが分かりました。 ■建設技術者数は減少傾向建設業界では生産年齢人口の減少と建設技術者の高齢化が深刻な問題となっています。総務省の労働力調査によると、建設技術者数は15年の31万人に比べ、16年は30万人と、足元でも前年比で1万人減少。一方20年に開催される東京オリンピック後も、インバウンド需要に対応するための開発や、老朽化インフラの修繕・建て...

2018年1月25日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

京都府内企業のメーンバンク実態調査(2017年)

...は大手銀行が中心になって行われてきた。しかし、近年は日本銀行のマイナス金利政策による貸出金利低下や人口減少のほか、フィンテック等の技術革新を通じた異業種の金融分野進出などにより、経営環境が大きく変わりつつある。帝国データバンク京都支店では、2017年10月末時点の企業概要ファイル「COSMOS2」に収録されている企業(147万社、特殊法人・個人事業主含む)から、京都府の企業(2万9,646社)がメーンバンクと認識している金融機関について抽出し、集計・分析した。なお、調査対象は全業種全法人で、個人経営も含む。同調査は2016年12月に...

2018年1月25日UZUZフィードバック数:0キャリアとスキル

第二新卒・既卒の20代に聞いた 昨今の働き方改革に関する意識調査

...時間をなくすことにより各自の使える時間が増え、スキルアップや家事に費やすなどのメリットが挙げられるので推進されるべき(24歳男性/既卒)仕事を疎かにしなければどこで仕事をしようと関係ないと思うから(22歳女性/第二新卒)【育休・産休を選択した理由】少子化の抑制や女性の社会進出が期待できる(27歳男性/既卒)待機児童問題もあるので、適切な育休や産休は必要不可欠であるから(24歳男性/第二新卒)育休から復帰するところまでサポートが必要だと思う(23歳女性/第二新卒)【残業規制を選択した理由】残業代で稼げるシステムがおかしい、それ...

2018年1月24日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

第6回 秋田県内企業のメーンバンク実態調査

...は大手銀行が中心になって行われてきた。しかし、近年は日本銀行のマイナス金利政策による貸出金利低下や人口減少のほか、フィンテック等の技術革新を通じた異業種の金融分野進出などにより、経営環境が大きく変わりつつある。帝国データバンク秋田支店では、2017年10月末日時点の企業概要データベースCOSMOS2(全国147万社収録、特殊法人・個人事業主含む)から、秋田県内の企業(約1万2300社)がメーンバンクと認識している金融機関について抽出し集計した。なお、秋田県内における同調査は2017年1月に次いで6回目。■本調...

特養老人ホームの 「見守り機器」 ニーズ調査

...の経営課題と対策(自由回答)/見守り機器・システムの導入状況と、 今後の導入意向/見守り機器・システムが必要な入居者の人数(台数)/ 見守り機器・システムの今後の新規導入および増強・更新予定/ 見守り機器・システムの検討者と選定時の重視項目/初期導入費用と 月額維持費用/ケア業務や夜間の見守りに必要なセンサ情報/ 見守りにまつわる課題、機器・システムへのニーズ(自由回答)/調査票 第3章 参考資料 (関連分野の統計データ)人口構造の今後の変化と社会の高齢化/社会保障給付費の将来推計/ 介護...

2018年1月24日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

事業承継に関する山梨県内企業の意識調査(2017年)

...2017/12/22事業承継に関する山梨県内企業の意識調査(2017年)事業承継、企業の83.5%が「経営上の問題」と認識〜 事業承継実施、企業の4割で5年後の業績にプラス影響 〜はじめに中小企業庁は、7月に今後5年程度を事業承継支援の集中実施期間とする「事業承継5ヶ年計画」を策定した。日本経済が継続的に発展を続けていくためには、永続的に企業を存続・発展させ、雇用や技術、暖簾(のれん)を後の世代に伝えていくことが必要不可欠といわれる。一方で、経営者の高齢化...

2018年1月24日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

2017年 山口県 後継者問題に関する企業の実態調査

...2017/12/222017年 山口県 後継者問題に関する企業の実態調査後継者不在率76.4%、全国で2番目に高く〜 社長年齢60歳以上で853社、事業承継急がれる 〜はじめに高齢化社会が加速度的に進み、企業が経営を継続するうえで、円滑な事業承継がこれまで以上に大きな課題となっている。これまでに培ってきた技術・ノウハウの次世代への伝承が地方経済の発展に不可欠とされる中で、M&Aやビジネスマッチングなど様々な取り組みが拡がりをみせているが、現状...

2018年1月24日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

2017年 島根県 後継者問題に関する企業の実態調査

...2017/12/222017年 島根県 後継者問題に関する企業の実態調査後継者不在率72.4%、全国で7番目に高く〜 社長年齢60歳以上で390社、事業承継急がれる 〜はじめに高齢化社会が加速度的に進み、企業が経営を継続するうえで、円滑な事業承継がこれまで以上に大きな課題となっている。これまでに培ってきた技術・ノウハウの次世代への伝承が地方経済の発展に不可欠とされる中で、M&Aやビジネスマッチングなど様々な取り組みが拡がりをみせているが、現状...

2018年1月24日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

2017年 岡山県 後継者問題に関する企業の実態調査

...2017/12/222017年 岡山県 後継者問題に関する企業の実態調査後継者不在率62.5%、改善進まず〜 社長年齢60歳以上で1025社、事業承継急がれる 〜はじめに高齢化社会が加速度的に進み、企業が経営を継続するうえで、円滑な事業承継がこれまで以上に大きな課題となっている。これまでに培ってきた技術・ノウハウの次世代への伝承が地方経済の発展に不可欠とされる中で、M&Aやビジネスマッチングなど様々な取り組みが拡がりをみせているが、現状の岡山県の後継者問題はどのようになっているのだろうか。帝国...

2018年1月24日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

2017年 鳥取県 後継者問題に関する企業の実態調査

...2017/12/222017年 鳥取県 後継者問題に関する企業の実態調査後継者不在率72.6%、全国で6番目に高く〜 社長年齢60歳以上で301社、事業承継急がれる 〜はじめに高齢化社会が加速度的に進み、企業が経営を継続するうえで、円滑な事業承継がこれまで以上に大きな課題となっている。これまでに培ってきた技術・ノウハウの次世代への伝承が地方経済の発展に不可欠とされる中で、M&Aやビジネスマッチングなど様々な取り組みが拡がりをみせているが、現状...

2018年1月23日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

後継者問題に関する静岡県内企業の実態調査

...くをかけて、集中的にこの問題に取り組む姿勢を見せている。帝国データバンク静岡支店では、企業概要データベースCOSMOS2(147万社収録)および信用調査報告書ファイル(170万社収録)から、2015年以降の後継者の実態について分析可能な9166社(静岡県・全業種)を対象に、事業承継、社長の高齢化などの後継者問題について調査した。なお、本調査は、2012年4月26日、2014年8月15日、2016年3月31日に続き4回目。調査結果 静岡県内企業の59.1%が後継者不在で、前回調査より0.3ポイント上昇。全国...

2018年1月23日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

第8回 宮城県内企業のメーンバンク実態調査

...は大手銀行が中心になって行われてきた。しかし、近年は日本銀行のマイナス金利政策による貸出金利低下や人口減少のほか、フィンテック等の技術革新を通じた異業種の金融分野進出などにより、経営環境が大きく変わりつつある。帝国データバンク仙台支店では、2017年10月末時点の企業概要データベースCOSMOS2(全国147万社収録、特殊法人・個人事業主含む)から、宮城県内の企業(約2万4700社)がメーンバンクと認識している金融機関について抽出し集計した。なお、同調査は2016年12月に次いで8回目。■本調査は帝国データバンクが独自に調査・保有...

2018年1月23日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

清酒メーカーの経営実態調査

...2017/12/21清酒メーカーの経営実態調査 海外需要増加も「増収」企業は3年ぶり減少〜 2016年度の清酒メーカートップは「白鶴酒造」、8位の「旭酒造」は前年度比6割超の大幅増収 〜はじめに「和食」がユネスコ無形文化遺産に登録され、ヘルシーさなどから世界的に人気が高まるなか、海外では和食にマッチする日本独自の酒類として「日本酒」が注目されている。長期的な人口減少や嗜好の多様化により国内需要が伸び悩むなか、和食ブームに乗り海外への輸出量が増加。2016年における清酒輸出額は155億円...

2018年1月23日ベルメゾンフィードバック数:0ライフスタイル

「ジーンズ」について

...”を兼ね備えたことなどが大きな要因だと考えられます。特に、年代が高くなるほど機能性ジーンズの保有率が高く、高齢化社会に向けて機能性ジーンズのニーズはいっそう高まると予測出来ます。従来のゴワゴワ感と固いイメージからはきやすく快適な定番ボトムスとして、ジーンズは変わりつつあるようです。...

2018年1月23日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

鳥取県 メーンバンク実態調査(2017年)

...2017/12/19鳥取県 メーンバンク実態調査(2017年)トップの山陰合同銀行、シェア48.62%〜 ランキング、上位15位に変動なし 〜はじめに2016年2月にマイナス金利政策が導入されて以降、地方経済を支える金融機関を取り巻く環境は予想以上の逆風が続いている。金融庁が2017年10月に公表した「金融レポート」で、2017年3月期末時点で、すでに半数以上の地銀で本業が赤字に陥り、収益悪化が顕著になったことが示された。近い将来、少子高齢化の加速とともに都市部への人口流出・集中...

2018年1月23日カオナビフィードバック数:0キャリアとスキル

「社内コミュニケーションと働き方」に関する調査

...する調査を行いました。労働力人口の減少が深刻となり、長時間労働の是正や多様な働き方の実現を目指した政府主導の「働き方改革」が進められている中で、企業としても時代に即した人材管理の対応を迫られています。今後は、社員一人ひとりの個を把握し引き出すことで、いかに生産性を上げていくかを人事だけでなく経営者も考えることが求められています。そんな中、先日、厚生労働省が発表した調査(※1)によると、新卒就職者の3年以内での離職率が2年ぶりに増加し、依然32.2%と高いことから、働き...

ファーストペンギンに関する意識調査

...は「AI業界」がランクインしました。注目度は半数を超え59.0%という結果に。2位には「自動運転業界(48.0%)」、3位には「ドローン業界(41.0%)」が続きました。経営者たちがその業界を選んだ理由を尋ねてみると、現在日本で起きている時流や現象(高齢化など)から市場の動きを見据えて選んでいる業界も多いことがわかります。この中から“ファーストペンギン的”企業が来年現れるのか、注目です。<回答理由:一部抜粋>【AI】・ AIが成長すれば、ロボット産業も成長して、人間...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ