調査のチカラ TOP > 特集一覧 > データがいっぱい:少子高齢化・人口減少

データがいっぱい:少子高齢化・人口減少

世間の注目が集まる分野には調査データが増加します。少子高齢化、人口減少については統計データ、調査データが数多く出ており、今の日本の社会問題としては最もポピュラーなものかもしれません。

国内の人材市場動向数値 (建設業界編)12月

...業に特化した人材関連の様々な情報、最新の雇用関連データもまとめています。 今月のトピックス政府は、11月に取りまとめた未来投資会議の中間報告の中で、現行は65歳までとなっている企業の継続雇用年齢に関し「70歳までの就業機会の確保を円滑に進める」とし、企業や個人の自由度を認めつつ段階的に法制度を整備すると明記しました。今回は、このような定年延長の流れを踏まえて、高齢化が深刻な問題となっている建設技術者における定年年齢や再雇用の現状についてまとめました。■建設業では定年を65歳以...

2019年1月21日エン・ジャパンフィードバック数:0キャリアとスキル

2019年「ミドル求人」トレンド予測調査

...】2019年は35才以上のミドルを対象とした求人募集は、どのように変化するとお考えでしょうか。【図2】2019年はミドルを対象とした求人が「増加」と回答された方に伺います。その理由を教えてください。(複数回答可)2:増加が予想されるミドル求人のトレンドは、「中堅・中小企業」「IT・インターネット」「課長クラス」。(図3~図7)ミドル求人のトレンドについて伺うと、企業タイプは「中堅・中小企業」(80%)が最多でした。「新卒採用が年々難しくなり、労働力人口の減少...

2019年1月21日Emotion Techフィードバック数:0マーケティング

全国大学NPS調査

...卒業者に対してインターネットによるアンケート調査を実施し、回答結果をEmotion Techが有する独自の分析技術によりランキング形式にしました。少子高齢化が叫ばれる昨今、個人においては単に「偏差値」で選ぶ時代ではなく、将来に向けた自分らしい人生への道標として、大学を求める様になっています。大学側は、大学の大倒産時代が訪れると言われる中、偏差値以外にも学生に魅力を感じられる付加価値をいかに見いだせるかが生き残りのポイントとなっていると言えます。そこで、実際に卒業したOBやOGに対し調査を実施することで、偏差値を元にした評価だけではなく、その他の要素・経験...

2019年1月18日セコムフィードバック数:0社会/政治

日本人の不安に関する意識調査

...査は、高齢化や核家族化、ネット環境や情報機器の発達、地震や豪雨などの自然災害の多発、テロや凶悪犯罪など、社会のあり方や世相が変化する中で、現代社会における不安を引き起こす要素と、その対策についての実態を調査するために、2012年より毎年実施しています。 今回の調査では、2012年より7年連続で7割以上が「最近不安を感じている」と回答しており、不安を感じる項目として、1位「老後の生活や年金」、2位「健康」は例年通りでした。一方、「地震」「台風・豪雨・洪水」「環境問題・異常気象」を不...

2019年1月18日JTBフィードバック数:0大型消費/投資

2019年の旅行動向見通し

...での累計で対前年比5.5%増の1,732万人となり、ほぼ毎月、前年同月を上回って推移しました。燃油サーチャージは8月に値上げされましたが、12月は据え置きとなりました。8月の値上がり後も海外旅行者数への影響はほとんど見られなかったことから、当面、影響は限定的であると考えられます。しかしながら、少子高齢化によりシニア層の国内旅行へのシフトと、好調な訪日旅行とのバランスから、市場は必ずしも拡大しているとは言えず、海外旅行人数は1.1%増と予測します。・GW10連休の決定で海外旅行の予約早まる2019年に限り、GWが...

2019年1月17日建設転職ナビフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

建設技術者の「2025年未来予測」(2018年度版)

...なると試算・2025年の建設技術者について、現状維持を続けると必要数よりも67,219人不足と予測・一方、生産性向上などが進めば、不足数は8,920人にまで縮小し、58,299人分の需給ギャップが改善■建設技術者は急激に減少し、高齢化が進む 今回の試算では、2015年度国勢調査のデータを元に実施しました。労働力調査をベースとした未来予測2017年度版に比べ精度が向上したほか、建設業だけでなく全産業に従事する建設技術者をカウントできるようになっています。まず国勢調査の結果から建設技術者数(建築...

2019年1月17日日本生産性本部★★フィードバック数:0ビジネス

労働生産性の国際比較2018

...日本生産性本部、「労働生産性の国際比較 2018」を公表 日... 日本生産性本部、「労働生産性の国際比較 2018」を公表日本の時間当たり労働生産性は47.5ドル(4,733円)、 OECD加盟36カ国中20位調査研究や提言、実践活動により生産性向上をめざす公益財団法人日本生産性本部(東京都千代田区、会長:茂木 友三郎)は、12月19日、「労働生産性の国際比較 2018」を発表しました。これは、当本部がOECDデータベース等をもとに毎年分析・検証し、公表しているものです。人口減少に伴う生産年齢人口の減少...

2019年1月15日矢野経済研究所フィードバック数:0企業情報システム

業種別AIの導入状況に関する法人アンケート調査を実施(2018年)

...セス製造業(n=129)が3.9%、加工組立製造業(n=108)3.7%、サービス業(n=141)2.1%と続き、流通業(n=121)が最も低く0.8%となった。製造業は全体よりやや高い傾向である。2.注目トピック労働力不足に悩む流通業 今後はAI活用による省力化、自動化が期待される流通業はITの活用に慎重な企業が多くIT人材も少ないという実態があり、本調査結果において、業種別でAI導入率が最も低い結果となったと考える。しかし、昨今、流通業を取り巻く環境は大きく変化している。少子高齢化...

2019年1月10日マクロミルフィードバック数:0社会/政治

2019年新成人に関する調査

...回復」、暗い理由は「少子高齢化」「政治問題」など “国民年金制度”を信頼できる41%。緩やかな上昇傾向 スマホ所有率、「iPhone」は65%、「Android」は31%。その差は2倍以上 活躍を期待する2019年新成人ランキング。1位「橋本環奈」、2位「広瀬すず」、3位 「平野歩夢」日本の未来は「明るい」37%、「暗い」63%。 明るい理由は「東京オリンピック」「大阪万博」「景気回復」、暗い理由は「少子高齢化」「政治問題」など日本の未来について、「明るいと思う」と答えた人は%※、「暗いと思う」と答...

2019年1月9日パソナグループフィードバック数:0キャリアとスキル

シニア人材の活躍に関するアンケート調査

...日本CHO協会 定年・継続雇用のあり方、シニア人材活用の現状を探る『シニア人材の活躍に関するアンケート調査』 人事部門の役割と機能を探求し「CHO(チーフ・ヒューマン・オフィサー)=最高人事責任者」と次世代CHO候補者の育成を目指す「日本CHO協会」(運営主体:株式会社パソナグループ)は、人事部門の役職者を対象に実施した『シニア人材の活躍に関するアンケート調査』の結果を発表いたします。 少子高齢化による労働力人口の減少を背景に人手不足感がますます高まる中、政府は70歳ま...

2019年1月9日インタースペースフィードバック数:0社会/政治

「子どもの睡眠・寝かしつけ」調査

.../mamastar_select・Instagram :https://www.instagram.com/mamastar_select【博報堂こそだて家族研究所】晩産化・少子化、共働き世帯の増加、夫や祖父母の育児参加など、この10年で大きく変わってきた「子どものいる家族」について、研究・提案を行う専門組織。1996年より活動していたBaBUプロジェクトを発展改組し、2012年10月設立。「妊娠期から小学生の子どもを持つ家族」に関する専門知識を元に、調査、商品開発支援、広告などコミュニケーション支援、メディア開発、事業...

2019年1月9日YOLOJAPANフィードバック数:0社会/政治

入管法改正案に関して日本に住む外国人へ意見調査

...者の都道府県別割合 上位10エリア東京都 29.3%、神奈川県 14.3%、大阪府 13.1%、京都府 7.3%、兵庫県 6.6%、埼玉県 5.8%、千葉県 2.7%、愛知県 2.3%、福岡県 1.5%、茨城県 1.5%、北海道 1.5%、静岡県 1.5%、その他 12.2%1)日本に住む外国人が増加することに対してどう思うか?に対して、日本に住む外国人の約68%が、日本に住む外国人増加を歓迎。外国人からも日本の人口減少と労働力不足について真剣に考えているコメントが多く見られた。・少子高齢化が進む日本に、人手...

2019年1月8日パーソル総合研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

介護業界の離職経験者1,600人に対する調査

...意向と希望する復職条件 等■【ベネッセ シニア・介護研究所】<https://www.benesse-style-care.co.jp/lab>についてベネッセ シニア・介護研究所は、ベネッセグループの20年間の介護事業運営の中で培った介護の知見と、多くのお客様が生活する現場を持つことを強みとし、高齢化社会に役立つ調査・研究と、社会や介護業界全体に対して発信・貢献をすることを目的として、2015年11月11日に設立されました。本研究所の活動を通して、現場の実態やお客様・介護スタッフの声を発信するとともに、高齢者・介護...

2019年1月8日鎌倉新書フィードバック数:0社会/政治

終活に関する親子の意識比較

...果の比較を行いました。「老後や人生の終わりを考えた時」終活に関する親と子の双方の思い少子高齢化や核家族化など日本を取り巻く様々な環境から、「孤独死」、「老老介護」、「認認介護」といった社会問題への関心が高まっており、高齢者の増加に伴い、今後も増加が見込まれています。もしもの時のために、人生の終わりをどのように迎えるかを見据え、「終活」に取り組み、希望を家族や周囲に伝えておくことが重要といえます。今回、2017年12月に発表した「自身の終活に関する意識調査」と、2018年11月に発表した「親の終活に関する意識調査」の結...

2019年1月7日オーネットフィードバック数:0大型消費/投資

2019年「新成人の恋愛・結婚に関する意識調査」

...・結婚に関する意識調査」を実施致しました。この調査は1996年1月にリリースした「新成人の恋愛・結婚観/団塊ジュニアの意識調査」の第一回目から毎年実施し、今年で24回目となります。この新成人の意識調査は、日本国内の経済や社会情勢、また世界情勢さらには自然災害等の様々な時代背景を含め、その時々の若者たちを取り巻く環境が成人を迎える若者たちの恋愛・結婚に対する意識や行動に、少なからず影響を与えていることが調査結果に反映される恒例の意識調査となります。国内では総人口の減少や少子高齢化・超高齢化...

2018年12月28日アンテリオフィードバック数:0企業情報システム

「MRからの定期的なメールによる情報提供の実態」について調査

...に症例ベースのディスカッションを行うなどといった双方向のコミュニケーションが求められているとも言えます。[考察] 製薬企業・医師双方の課題解決のために、最適なアプローチを今、製薬業界は再編の時期を迎えている。厳しい訪問規制や薬価改定を端緒としたMRの生産性向上への対策に加え、働き方改革の推進も求められている。もちろん医師側の働き方改革も見過ごすことはできない。専門医制度の見直しや高齢化に伴う需要の変化などへの対応が求められており、中でも労働環境の整備や負担の軽減が喫緊の課題である。メールによるアプローチは、製薬企業・医師双方の課題解決のために非常に有用である。しかしながら、今後...

2018年12月28日キャリコネフィードバック数:0キャリアとスキル

教育系職種の働きやすい企業ランキング

...嫌いで判断されることも多いので、特にこれといった原因もなく嫌われてしまった先生を見ていると理不尽さを感じることも。メンタルの強さは必要」(教師・インストラクター/30代前半女性/年収400万円/2014年度)9位:リソー教育「年収でみると満足のいく額をもらえていました。営業成績によって月収に差があり、残業時間によっても違ってくるので、基本給が上がればいいかなと思います。今後、少子化が進み子どもにかける教育費は年々伸びるかと思うので、業界全体として底上げを期待している人も多くいます」(教師・インストラクター/30代後半男性/580...

2018年12月28日矢野経済研究所★★フィードバック数:0大型消費/投資

ギフト市場に関する調査を実施(2018年)

...2017年の国内ギフト市場規模は前年比102.3%とプラス成長!! 株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、国内ギフト市場の調査を実施し、オケージョン別の動向、チャネル別の動向、アイテム別の動向、参入企業動向、将来展望を明らかにした。1.市場概況2017年の国内ギフト市場規模は、小売金額ベースで前年比102.3%の10兆4,430億円であった。近年は母の日、父の日、敬老の日といった、自分より目上の人に贈るカジュアルギフトが大きく拡大している。高齢化...

健康と運動に関する意識調査

...で歩く機会を増やしたり、買い物をしながらウォーキングするなど、“ながら”で運動ができる工夫をしている。(代)」といった声がありました。 厚生労働省では、少子高齢化が進む中、健康で意欲と能力がある限り年齢にかかわりなく働き続けることができる生涯現役社会の実現に向けた取組を進めています。超高齢時代、生涯現役社会で、イキイキと働くことができる体を維持し、活躍し続けるために、日々の生活の中で効率よく、無理なく続けることができる運動を取り入れてみてはいかがでしょうか。【調査概要】ソフトブレーン・フィールド「サステナブル∞ワー...

2018年12月28日スタイルアクトフィードバック数:0社会/政治

マンション入居者の外国人管理員に対する意識を調査

...人労働者に「任せていいと思う」回答割合+「まあ任せていいと思う」回答割合)-(外国人労働者に「あまり任せたくない」回答割合+「任せたくない」回答割合)で算出■外国人管理員に期待することは「業務遂行力」、不安を感じることは「トラブル時などの対応力」・「ホスピタリティ力」外国人管理員に期待することは「業務遂行力」です(図表2)。一方、不安を感じることは「トラブル時などの対応力」、「ホスピタリティ力」となりました。人手不足や高齢化が進む中、外国...

2018年12月28日アイランドフィードバック数:0ライフスタイル

トレンド料理ワード大賞2018

...ピブログでも小麦粉やパン粉の代わりに揚げ物の衣として活用するレシピが寄せられました。8位はしびれるような辛さを持つ香辛料として中国料理などに使われる「花椒(ホアジャオ)」。激辛ブームの進化系として“しびれる辛さ”が注目を集め、大手外食チェーンなどもこぞってメニューに導入。さらにその流れは家庭用の調味料や加工食品などにも及び、店頭でも関連商品が多く並びました。◆レシピブログが注目する「2019年の注目キーワード5選」・増税による「節約志向」の高まり・災害時の「食の備え」の見直し・さらに続く「台湾ブーム」・新たな「機能性食品」の広がり・超高齢化社会における「親の孤食」問題【「レシ...

「生活全般の意識調査」第二弾「高齢化による意識変化」

...市場調査・マーケティングリサーチならR&D(リサーチ・アンド・ディベロプメント) 商品サービスの開発・設計段階から市場導入後の検証だけでなく、ブランド育成にかかわるブランドマネジメントまで、マーケティングプロセスごとに豊富なリサーチ経験があります。お客様の課題解決に向け、多様なマーケティング戦略・テーマに対応します。 R&Dの強み 調査レポート 会社情報 お問い合わせ 調査レポート平成時代を総括、30年間の意識変化【第二弾】~国自体が高齢化する一方で「シニア」の定...

2018年12月27日オールアバウトフィードバック数:0社会/政治

「親の介護」に関する調査

...保険制度自体が複雑で専門家でも把握に時間を要します。特に高齢化の増加や介護保険を利用される方が増え、今後さらに制度が変わっていく可能性が高い状態です。介護にまつわる情報をすべて把握する必要はありませんが、介護保険の使い方や介護と仕事の両立方法については知っておく必要があります。 今回の調査で介護経験者の半数の方が、介護保険制度や介護に関する情報の準備が必要との回答が多くありました。介護保険は「保険」という文字が入っていますが、通常の生命保険とは違い現金はもらえません。役所で介護保険を申請し要介護認定を受け、介護サービス費の7~9割が...

2018年12月26日よりそうフィードバック数:0社会/政治

死別再婚の課題や現状についてアンケート

...から新しい人生を歩んでいくパートナーとの仏前結婚式を僧侶が執り行う「スイートピー再婚便」を実施します。そして本日、2018年11月22日(木)“いい夫婦”の日に、「スイートピー再婚便」の一般募集を開始します。今回の発表は、人生の困難に直面する生活者と人々の力になりたいと考えるお坊さんを、新たな旅立ちを応援する企業「よりそう」が橋渡しするプロジェクト「お坊さん便ラボ」の第2弾企画です。■「スイートピー再婚便」実施背景最近、配偶者と死別した方を「“没イチ”」と呼ぶ動きが広がっています。この“没イチ”に当てはまる65歳以上の方は、現在864万人にのぼり、高齢化...

2018年12月26日矢野経済研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

人材ビジネス市場に関する調査を実施(2018年)

...議論されている働き方改革関連法の運用内容や単純労働分野への外国人労働者受け入れの方向性がどのように示されるかなどにより将来展望が大きく変化する可能性がある。​一方で、国内の就労人口の減少が増加に転じる可能性は中長期的にみても極めて低いことから、概して一般企業(ユーザー企業)による人材の正社員化や雇用調整手段としての有期雇用人材の利活用は今後も拡大していくものとみる。 こちらのプレスリリースは1,000円で更に詳しいデータをご利用いただけます。 以下の 利用方法を確認する ボタン↓から詳細をご確認ください調査要綱 1.調査期間: 2018年7月~9月2.調査対象: オフ...

2018年12月21日IDC★フィードバック数:0ビジネス

「働き方の未来(Future of Work)」の進行状況に関する日本とAPeJ(日本を除くアジア太平洋地域)の比較結果

...用したワークスペースやワークカルチャーの変革が進められています。一方で、日本では労働人口の高齢化やレガシーシステムの存在など、最新ITの導入とITツールの利活用における障害が多く存在しています。現在日本では、職場における労働者不足や働き方改革の必要性に対する認識が高まり、積極的なIT導入に向けた機運が高まっていると考えられていますが、同調査の結果を見ると、現時点で変革が遅れているだけでなく、職場への最新IT導入が今後もなかなか進まないことが危惧される状況となっています。経営層が最新ITの導入を決断しても、ITツー...

2018年12月18日コネヒトフィードバック数:0社会/政治

幼児教育についての調査

...は育児書や他人からのアドバイスが主でしたが、今はスマートフォンの普及率も相まって、SNSやネットですぐに情報を入手できるようになりました。また、習い事市場も低年齢化しています。少子化のため早期に顧客を囲い込んで、成長後も利用してもらいたいという企業戦略もみえます。他にも、幼児教育を受けることで将来の犯罪率が低下、所得が大きくなるといった社会的・経済的効果も指摘されています。〈「心の発達」と「脳の発達」のために〉乳幼児期に大切なことは、子供がたっぷりと愛情を受けて自分肯定できることです。肌と肌で触れ合う遊びや読み聞かせ、言葉...

2018年12月18日ディップフィードバック数:0社会/政治

定年後の働き方についてのアンケート調査

...> 定年後の働き方について|みんなの声レポート 「定年後の働き方」について 昨今、高齢化が進み、定年の年齢引き上げや定年後の再雇用が謳われています。定年後に何をしたいか、また定年後の再就職にはどんなことを不安に思っているか、更には定年を設けるべきかどうかも詳しく伺いました!ご自身の将来の参考になればと思います。(有効回答数:1451) 定年後も働きたいと思いますか? 「働きたい」が約6割と「働きたくない」の約3倍 約6割の方が「働きたい」と回答しました。「働きたくない」と回...

2018年12月17日日本財団★フィードバック数:0社会/政治

「18歳の意識調査」第3回

...<意外に高い結婚、子ども願望!晩婚・少子化の中で18歳>結婚願望がある人は74.9%、子どもがほしい人は78.6%。55.5%はお付き合いの経験あり。出会いの場1位は学校、2位SNS、3位部活。 日本財団「18歳意識調査」第3回テーマ 恋愛・結婚観 日本財団(東京都港区、会長笹川陽平)は10月からスタートした「18歳の意識調査」の第3回として恋愛・結婚観を調査しました。この結果、18歳の4人に3人が結婚願望を持ち、3人に2人はほしい子どもの数を2人とするなど、晩婚化、少子化...

2018年12月17日矢野経済研究所フィードバック数:0ビジネス

種子・苗市場に関する調査を実施(2018年)

...2017年度の国内総種苗市場は前年度比99.6%の2,363億円 ~国内種苗は高品質・高付加価値化が進む~ 株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、国内における農作物の種子、及び苗市場を調査し、市場現況、参入企業の動向、および将来展望を明らかにした。1.市場概況2017年度の国内総種苗市場規模はメーカー出荷金額ベースで、前年度比99.6%の2,363億円、このうち、種子市場は前年度比98.7%の1,252億円であった。日本の農業は、就農人口及び作付面積の減少と休耕地の増加、就農者の高齢化...

認知症に関するアンケート調査

...川県川崎市、代表取締役:織戸 四郎)は、認知症の方が家族におり、認知症保険に未加入の全国の男女317人に対し、認知症に関するアンケート調査を実施しました。その調査結果をお知らせします。65歳以上の認知症患者の推定者と推定有病率 昨今の人口の超高齢化の流れもあり、今後2025年には65歳以上の高齢者の約5人に1人が認知症を患うという推計もあります(上図)。今回の「認知症に関するアンケート調査」は、そうした時代へと進む現在、認知症の方が家族にいる男女の認識や実状を詳らかにするものです。■調査結果のポイント1...

2018年12月11日キャリアマートフィードバック数:0キャリアとスキル

経団連による就活ルール廃止発表に関するアンケート

...より生産的でクリエイティブな仕事ができる未来を創造していきます。自動化ロボットの開発により、現在日本が直面する長時間労働問題や、労働人口の減少による労働力不足問題を解決し、ホワイトカラーの生産性向上を力強く推進してまいります。 このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。 メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。 ※内容はプレスリリースにより異なります。 プレスリリース >株式会社キャリアマート >キャリアマート採用実態調査レポート "緊急"中小企業103社アンケート:8...

2018年12月10日カラダノートフィードバック数:0社会/政治

妊婦加算に関する意識調査

...象に調査を行なったところ、制度の内容について「知っている」と回答した人は25.9%(461名)に留まりました。■反対派6割の一方で、制度を通した“安心な医療”を期待する声も妊婦加算制度については、67.4%(1,201名)が反対と回答。反対の理由は「出産以降もお金がかかるので負担が増えるのは嫌」「少子化を懸念するならむしろ逆効果」という意見が半数を占めました。一方で「妊婦への配慮が他の疾病への配慮と何が違うのかわからないから」という加算基準に対する疑問の声や、「妊娠を申告しない人も少数ながら出てくるのではないか」「ちょ...

2018年12月7日NEXERフィードバック数:0大型消費/投資

恋愛に関するアンケート

...多◆現実は難しかった!20代の約3割しか職場での恋愛経験がない少子化が問題視されている昨今、東京都では結婚を支援する『TOKYO縁結日2017』を開催するなどして話題になりました。現在、未婚者が増加する原因は様々あります。一昔前とは結婚に対する意識は変化し「結婚自体に興味がない」「籍は入れず事実婚で良い」などと考える若者も増えているようです。一方で「結婚したいけれど、実現しない」と言う人も多くいます。その理由として挙げられるのが“出会いの場がない”ということ。以前、既婚...

2018年12月6日野村総合研究所★★フィードバック数:0マーケティング

野村総合研究所、2024年度までのICT・メディア市場の規模とトレンドを展望

...り上げ、国内市場 および一部の国際市場における動向分析と市場規模の予測を行いました。 2024年といえば、「2024年問題」が注目されています。日本の人口動態で、歴史上初めて50歳以上の人口が5割を超える年と予測されており、また、通信業界においては、PSTN (Public Switched Telephone Network:公衆交換電話網)がIP(Internet Protocol)網に一斉に切り替えられる年でもあります。世界中のどの国も経験したことのないスピードで少子高齢化が進む日本では、進化...

2018年12月5日ブレストフィードバック数:0社会/政治

『こどもの未来を担う職業』に関する意識調査

...「ブラックな職場で働くスタッフによる教育を受けさせたくない」という親が急増中!未来の子どもを育てるためには教育体制の見直しから 今の日本の教育体制は整っていると思いますか? はい:38.02% いいえ:61.98% 近頃、教育現場は総じて勤務時間が長く、本来の業務外の取り組みも多いという問題がニュース等で取り上げられることが増えてきています。そうした現場の悲鳴が聞こえてくる中、少子化も手伝って教員数は年々減少傾向にあります。人員数の低下は教育の質の低下にもつながりかねず、この...

2018年12月4日AXA Life Insuranceフィードバック数:0ビジネス

社長さん白書2018

...える経営者も少なくありません。また、過半数以上を占めた「働き続ける以外」と回答した経営者は、潤沢な老後資金を準備しているかもしれません。しかし、経済面で老後に不安を抱えている経営者が存在することもまた、見過ごせない事実なのです。高齢化により健康リスク増大!就業不能時に起こる問題とは?経済的な事情と同様、大きくのしかかってくるのが健康の問題です。 高齢になるにつれ身体能力は自然と衰え、認知症を発症する確率も高まります。そのため、経営者はもしものときのために準備をしておく必要があるのです。また、個人の問題もさることながら、より...

2018年11月28日マーサー ジャパンフィードバック数:0社会/政治

グローバル年金指数ランキング(2018年度)

...位はアルゼンチン日本の年金制度は改善がみられ、総合指数は過去最高に対象国として香港特別自治区、ペルー、サウジアラビア、スペインを追加人口高齢化という課題に対し適切な対応を行っている国、そうでない国が明らかに私的年金制度が全ての雇用労働者に適用されるべく対象範囲拡大の必要性を示唆世界最大級の人事・組織コンサルティング会社マーサーは、2018年度グローバル年金指数ランキング「マーサー・メルボルン・グローバル年金指数」レポートとランキングを発表した。ランキング首位はオランダ(総合指数80.3)で、2012年より6年連...

2018年11月28日クレアスライフフィードバック数:0大型消費/投資

不動産価値が保たれるエリアに関するアンケート調査

...運営:ワンルームマンション経営のクレアスライフ運営:ワンルームマンション経営のクレアスライフ 10年後に不動産価値が一番高くなる駅は品川新駅周辺!不動産会社社員に聞いた不動産価値が保たれるエリアは? - 不動産投資スクエア10年後に不動産価値が一番高くなる駅は品川新駅周辺! 不動産会社社員に聞いた不動産価値が保たれるエリアは? 人口減少が課題となっているなかで、東京都内の一極集中化は年々加速しています。東京オリンピックや都市開発などの影響もあり、都内の不動産価値は上昇傾向にあります。ただ...

2018年11月27日エアトリフィードバック数:0キャリアとスキル

「海外留学」に関するアンケート

...人が「語学留学」に興味があると回答する結果となりました。まとめ 少子化等により海外留学者数は減少傾向にありますが、依然として若者の「海外留学」に対す意向は強く、全世代において「海外留学」への興味が高いことが分かりました。 【調査結果詳細】【調査1:海外への留学経験はありますか?】 海外留学について、38.7%が「経験がある」と回答しました。男女別でみると、「男性」(ある:30.7% ない:69.3%)、「女性」(ある:46.0% ない:54.0%)と、男性に対し女性の方が約15ポイ...

増加する訪日外国人と進化する羽田空港データのじかん

...りに改正された個人情報保護法が全面施行されました。これまでグレーゾーンであった、個人が特定できるカメラ画像、顔や指紋の認証データ、DNA、なども、明確に個人情報と定義されます。ほかにも、取り扱う個人情報の件数に関わらずすべての事業者が対象となるなど、続きを読む日本の農業、5年でどう変わった?[インフォグラフィック]人手不足や高齢化による「日本の農業の未来」が危惧される一方で、農業に新たに参加する人の数は近年増加傾向にあり、小売チェーンや私鉄、銀行などの他業界企業が農業ビジネスに参入しています。いま、日本の農業はどんな状況なのでしょうか。農林...

2018年11月22日ベビーカレンダー★フィードバック数:0マーケティング

「子育てにおけるSNS利用」に関する意識調査

...必要な情報をお届けします。またこの度、『ベビーカレンダーアプリ』は第12回キッズデザイン賞の「子どもたちを産み育てやすいデザイン 個人・家庭部門」において、「少子化対策担当大臣賞」を受賞しました。 ▼表彰式の様子はこちら https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000023.000029931.html<キッズデザイン賞とは> キッズデザイン賞は、「子どもたちが安全に暮らす」「子どもたちが感性や創造性豊かに育つ」「子どもを産み育てやすい社会をつくる」ための製品・空間・サー...

2018年11月22日セカンドラボフィードバック数:0社会/政治

看護師・介護士を対象としたハラスメントに関するアンケート

...の定着には欠かせないことである。実際、介護業界においては、精神疾患や認知症ではない利用者に対して、「ハラスメントをサービス提供中止の正当な理由とすべき」という意見もあり、今後、社会的な啓蒙活動など患者・利用者側のハラスメントに対する意識改革が必要だろう。【2025年問題とは】 日本が超高齢化社会を迎え、介護・医療費などの社会保障費の急増が懸念される問題。厚生労働省によると、2025年には75歳以上の後期高齢者の全人口に対する割合が18%を超え、65歳以上の前期高齢者を含めた高齢者の割合は30%を超える。さらに2050年代...

2018年11月21日Unipos★★フィードバック数:0キャリアとスキル

感謝と仕事に関する調査

...時代の賞賛機会も失われつつあります。近年は、デジタル化が進み、コミュニケーション自体が減ってきました。それにより、感謝も相対的に減ってしまいます。離職率の高まりや、人口減少により人材確保が必須となってきている昨今、会社へのエンゲージメントやモチベーションがより重視されてきています。企業側も、デジタル時代には、デジタル時代の皆が受け入れやすい方法で、賞賛や感謝のきっかけ作りをすれば、エンゲージメントを高めることができるのではないでしょうか。 山本寛(やまもと ひろし)/青山学院大学 経営学部教授早稲田大学政治経済学部卒。その後、銀行...

2018年11月21日クレアスライフフィードバック数:0大型消費/投資

将来の不動産価値の予想調査

...などの大都市圏への人口移動が継続的な動きが加速することから、地方都市の不動産価値の低下傾向の趨勢は永続的必至となろう。横浜は23区同様ですが、名古屋大阪は下落に転じると思います。観光地の京都福岡は現状維持と思います。地方は少子化、高齢者の死亡等による過疎化などで衰退すると思う。少子高齢化人口減少の影響を受ける。また、金融機関の不動産部門への融資の積極性も薄れる経済情勢となって行く。オリンピックに関係なく地方は、下がり続けているので、その傾向は、変わらないと思います。まとめ今回のアンケート調査では、2020年の...

2018年11月15日矢野経済研究所フィードバック数:0ビジネス

教育産業市場に関する調査を実施(2018年)

...より完全実施される次期学習指導要領では小学3・4年生で英語が必修化、小学5・6年生で教科化されることから、学習塾・予備校事業者は、これに対応して英語学習プログラムの整備、強化を進めている。​ただ、現状では入試において民間英語検定試験の活用方針を明確にしていない大学も多く、学習塾・予備校事業者はあらゆる可能性への対応を模索する状況にある。英語のスピーキング学習に関しては、指導者確保の課題も生じることから情報通信技術を活用した学習サービスの導入も進められている。3.将来展望教育産業の中核をなす学習塾・予備校では、少子化...

パーソルテクノロジースタッフ×豆蔵、RPAの導入進捗に関する調査結果を発表

... 浩二)の事業会社である株式会社豆蔵(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:中原 徹也、以下豆蔵)と、RPA(Robotic Process Automation)による業務自動化の取り組みについて、首都圏362社を対象に2018年9月に導入進捗および課題に関する調査を実施しましたのでお知らせいたします。 ■背景:RPA導入フェーズの進捗にともなう、企業の抱える課題変化現在、労働人口減少への対応および働き方改革や生産性向上を目的として、RPA導入への注目や関心が急激に高まっています。これを受け、パー...

2018年11月2日NEXERフィードバック数:0大型消費/投資

副業に関するアンケート

...る方集計対象:208人【アンケート結果】・約7割の営業マンが副業を「やってみたいと思う」または「既にやっている」と回答・副業をやってみたいと思う理由は「お小遣いのため」が31.8%で最多◆約7割の営業マンが「副業」に関心がある!少子化が進むなか、安倍内閣は50年後の人口も1億人を維持し、国民が皆活躍できる社会を目指すという「一億総活躍社会」を掲げています。これを実現するために、政府は現在「働き方改革」にも力を入れ、厚生労働省は2018年1月に、「企業や働く人向けのガイドライン」を公表し副業の促進をしました。この...

2018年10月31日ITR★★フィードバック数:0企業情報システム

IT投資動向調査2019

...かけて実施したIT投資動向調査の一部結果を発表いたします。本調査では、従来から定点観測しているIT予算の増減傾向や製品・サービスの投資意欲の動向の変化に加え、国内の労働人口の減少の影響から企業において戦略的な対応が課題となっているIT人材の採用および教育・研修やAI技術の活用の期待について着目しています。調査対象は、国内企業のIT戦略・IT投資の意思決定に関与する役職者とし、2,504件の有効回答を得ました。 IT予算の増額傾向は堅調ながら増加の見通し 2018年度(2018年4月~2019年3月)のIT予算...

2018年10月30日ITR★フィードバック数:0企業情報システム

RPA市場規模推移および予測

...都新宿区、代表取締役:内山悟志、以下「ITR」)は、国内のRPA(Robotic Process Automation)市場規模推移および予測を発表します。 2017年中頃から急速に注目度を増しているRPAは、労働人口の減少や高齢化、働き方改革に対する関心の高まり、業務のコスト削減や均一化などを背景に、2018年も勢いが衰えることなく、幅広い業種、業務に導入が進んでいます。また、2018年に入ってからは、手作業によるデータ入力業務において、RPAと連携するかたちでOCRを活用し、業務...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ