調査のチカラ TOP > 特集一覧 > データがいっぱい:FinTech

データがいっぱい:FinTech

世間の注目が集まる分野には調査データが増加します。ITを活用した新たな金融サービスがわかりやすく「FinTech」と名付けられることでトレンドと化しています。

2017年5月22日ランスタッドフィードバック数:0ビジネス

ランスタッド・ワークモニター労働意識調査 日本人の起業意欲

...ランスタッド・ワークモニター労働意識調査 日本人の起業意欲「起業したくない」に、日本の労働者の68.9%が同意総合人材サービス会社ランスタッドホールディング・エヌ・ヴィー(本社:オランダ王国ディーメン、CEO:ジャック・ファン・デン・ブルック)は、世界33の国と地域で実施する労働者意識調査「ランスタッド・ワークモニター」の2017年第1四半期の結果を発表。本リリースは、その中から「起業・スタートアップ企業」に関する日本人労働者の意識調査の結果を発表します。IoT(モノのインターネット)やフィンテック...

個人・小規模事業主と税理士・公認会計士のコミュニケーションに関する実態調査

...イヤ鈴木の経理体操 完成への道 Vol.1パパイヤ鈴木の経理体操 完成への道 Vol.2パパイヤ鈴木の経理体操 完成への道 Vol.3電子帳簿保存法の規制緩和で領収書のスキャナ保存が可能に!e文書対応の要点とは?『丸投げ記帳代行』 会計事務所様向け記帳代行支援サービスサービス等生産性向上IT導入支援事業について中堅・中小企業向け新ERPソリューション『Galileopt NX-Plus』金融サービスの重要トレンド!FinTechで経理業務がラクになる!「記帳くんCloud」自計化で経営改善を目指すなら初心者でも簡単に使えるクラウド会計ソフト消費税率変更に伴う当社方針のご案内...

2017年5月7日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

大学発ベンチャー企業の実態調査

...2017/4/28大学発ベンチャー企業の実態調査大学発ベンチャー、約1割が東大発〜 設立「5年未満」の企業、約6割が赤字 〜はじめに近年、IoT(Internet of Things)やFintech、人工知能(AI)、バイオなど、様々な分野において技術革新が急速に進んでいる。なかでも注目を集めるのは、大学等の革新的な研究成果を基にした「大学発ベンチャー」だ。政府は3月24日の未来投資会議で、2017年度...

2017年5月5日クラウドポート★フィードバック数:0ライフスタイル

「ソーシャルレンディングサミット」来場者の満足度96% 来場者のうちソーシャルレンディング未経験者5割、女性が3割

...シャルレンディングについて】ソーシャルレンディング(投資型/融資型クラウドファンディング)は、お金を投資したい一般投資家と、お金を必要としている人・会社を、インターネット上でマッチングする、新しい金融技術(フィンテック)の一分野です。投資を募集する主体は金融庁から第二種金融商品取引業の免許を取得した事業者等です。2016年には、1年間で533億円もの投資が集まっており、これは2015年と比較して72%の成長となります(1)。投資家は数万円程度の小口から投資ができること、利回りが高く、安定した配当が得られること、金融...

2017年4月27日ジャストシステムフィードバック数:0企業情報システム

企業の「システムやサービス導入」に関する実態調査

...いろ攻めている感じがしますね。今回は、実際に「広告主」としてFaceb... 真っ向勝負の自社アピール型広告がユーザの心に響きにくくなっている昨今、高い注目を浴びているのがコンテンツマーケティング。これ... 【記事要約】 今回の記事では、「オウンドメディア継続成長のカギはなにか?」という問いに対し、事例や調査結果を交えながら考察... 【記事要約】 この記事では、最近広がりを見せている「Fintechフィンテック)」について、その内容や事例を紹介しながら... 【記事要約】 みなさんはECサイ...

2017年4月23日MM総研フィードバック数:0企業情報システム

クラウド会計ソフトの利用状況調査(2017年3月末)

...を活用した金融サービスである「FinTechフィンテック)」を代表するサービスの一つがクラウド会計ソフトである。複雑な勘定科目の自動判別機能など日々の帳簿付けから確定申告書の作成における負担軽減などクラウドならではの利便性の高さが評価され、認知が広がっている。調査結果でも、個人事業主の認知度は69.5%に拡大。2016年12月調査の65.7%から3.8ポイント増となった(図表3)。 クラウド会計ソフトを認知しながらも、現在利用していない個人事業主(1万524事業者)に今後の利用意向を確認したところ、「今後利用したい」(6.0%)と...

グローバルフィンテック調査2017 日本分析版

...グローバルフィンテック調査2017 日本分析版‐変わる境界:拡大するフィンテックの影響 グローバル全体で、フィンテック企業は金融機関にとってもはや無視できない存在となってきています。金融機関は、フィンテックによる破壊(ディスラプション)的性質を受け入れ、フィンテック企業との協業などの対応を進めており、両者を隔てる境界が変化しています。本報告書は、PwCが71カ国、1,300名を超える金融機関、フィンテック企業のエグゼクティブに対して実施したグローバルフィンテック...

「世界を変革する新興テクノロジー トップ50」2017年版

...ールデータ o ブロックチェーン o o 5G 複合現実 (Mixed Reality)  o o o o o o医療機器 ・医用画像超解像顕微鏡 人工臓器 光バイオプシー 手術用ロボット 触覚イメージング 神経刺激エネルギー& ユーティリティo o o o o バッテリー・エネルギー管理 分散型エネルギー発電 オフショア風力発電 リチウムイオン電池 石油増進回収法GLOBAL TOP 50 TECHNOLOGIESマイクロエレクトロニクスo o o o o o ウェアラブル OLED照明 次世...

Tech Trends 2017

...-as-a-service(XaaS)がビジネス上大きなインパクトを与えうるトレンドとして、昨今本格的に検討され始めてきている。 Blockchain:トラスト経済圏デジタルアイデンティティの制御ブロックチェーンは、数年前まではビットコインのような仮想通貨に関連する単なる共有台帳技術にすぎないと世間から認識されていた。それが今、分散型台帳においてスマートコントラクトが執行できるようになったことで、「未成熟な仮想通貨」という世間の認識から脱却しつつあり、「トラスト経済圏」の守護者という新たな役割を担おうとしている。 飛躍...

2017年4月12日アクセンチュア★★フィードバック数:0大型消費/投資

アジア・パシフィック地域がフィンテック投資の世界市場を牽引

...ら約1,800件へと拡大しました。ただし、投資金額面での増加は、主に中国と香港における案件によるものであり、わずか3%の案件が投資総額の43%近くを占めています。 また、日本における2016年のフィンテック投資額は1億5,400万ドルとなり、6,500万ドルであった昨年から倍増しています。注目すべき投資領域としては、ビットコインなどを含む決済関連が6,200万ドル規模となっており、最も多くの投資が行われる領域となっています。また、グローバルでの動向と同様にロボ・アドバイザーといったウェルス&アセ...

2017年4月12日ガートナー★★フィードバック数:0企業情報システム

日本におけるクラウド・コンピューティングに関する調査

...バイモーダルの考え方をクラウドに当てはめると、モード1では、既存の業務システムをクラウドに出すか、出さないかといった「クラウド化」の議論が中心です。一方、モード2では、クラウド上でのモバイル・アプリケーション開発やモノのインターネット (IoT) プラットフォーム、人工知能 (機械学習)、ブロックチェーンといった新しいクラウド・サービスの利用が議論の中心になっています。こうした状況について亦賀は、「今後、デジタル・ビジネスはあらゆる企業にとって重要になり、その際、クラウドの利用は不可欠になります。モード1におけるクラウド化については、引き...

2017年3月30日日本信用情報機構フィードバック数:0マーケティング

「信用情報提供等業務に関連する統計(平成29年2月度)」

...らせいたします。1.平成29年2月度の概況(1)加盟会員の状況 当社に加盟する総会員数は、前月から3社増加し、2月28日時点で1,421社となりました。また、当社に加入する貸金業者数は、前月から1社増加し、960社となりました。なお、2月度の入会・退会の状況は、新規入会8社、退会5社となりました。 ①加盟総会員数 ②入会・退会の状況 ③新規入会会員名 ・笠岡信用組合 ・にいかわ信用金庫 ・株式会社ニューアート・フィンテック ・株式会社ビジネスアシスト ・飛騨信用組合 ・広島みどり信用金庫 ・株式...

2017年3月29日ネストエッグフィードバック数:0大型消費/投資

ゴールデンウィーク・連休に関する調査

...領域に強みを持つインフキュリオン・グループの子会社として、2016年4月に設立。FinTechの促進で、お客様の金融行動や金融機関の在り方が大きく変化しているなか、「人々の生活に寄り添う新しい金融サービスを提供することで、人生に躍動、自由、豊かさを提供する」という企業理念のもと、まずは日本人に馴染み深い「貯金」を「楽しく、簡単にできる」ようにリデザインすることから始めます。今後も、ユーザーオリエンテッドな視点に立ち、日々の生活に密着した新しい金融サービスを展開してまいります。 このプレスリリースには、メデ...

2017年3月29日PayPal★フィードバック数:0マーケティング

越境ECグローバル調査 2016

.../passport-citation.pdf〜以上〜■ペイパルについてペイパルは 1998 年に設⽴以来、お⾦のやりとりをもっと⾃由に、もっと安全にすることを⽬指し、⼀貫してデジタル決済のイノベーションに努めてきた⽶シリコンバレーのフィンテックカンパニーです。 ペイパルは、消費者に対して安⼼・便利なネット、リアルそしてモバイルでのショッピングや個⼈間送⾦(※1)を実現するデジタルウォレットサービスを提供する⼀⽅、ビジネスに対してはシンプルかつ低コストな決済ソリューションから、越境 EC・訪⽇観光 EC、モバ...

2017年3月16日ジャストシステムフィードバック数:0大型消費/投資

住まいのリフォーム・リノベーションに関する調査

...要約】 この記事では、最近広がりを見せている「Fintechフィンテック)」について、その内容や事例を紹介しながら... 【記事要約】 みなさんはECサイトをどのように選んでいますか?私はもっぱらAmazonで買うことが多いのですがそれは「使い... 2016年12月には日米合計6000万DLを突破した、フリマアプリのトッププレイヤー「メルカリ」。海外展開やTVCMなど積極... セルフ型アンケートサービス高品質なネットリサーチを圧倒的なスピードと次元の異なる低コストで。無料トライアル実施中。...

Q4 2016 Cybercrime Report

..., highlighting the increased risk from newand emerging FinTech platforms which are beingincreasingly targeted by fraudsters looking to make aquick buck on a P2P loan or fraudulent remittance.Q4 2016WWW.THREATMETRIX.COMAttack Percentages are based on transactions...

2017年3月15日野村総合研究所フィードバック数:0企業情報システム

2021年までのITロードマップ チャットボット

...ざまな影響を及ぼすと考えられる情報通信関連の重要技術が、2021年までにどのように進展し実用化されるかを予測した「ITロードマップ*1」をとりまとめました。今回、重要技術として取り上げたのは、「人工知能(AI)」、「チャットボット*2」、「VR(仮想現実)・AR(拡張現実)」、「ペイメント2.0」、「APIエコノミー2.0」、「FinTech」、「デジタルマネーマネジメント」、「デジタル・ロジスティクス」、「プログラマティック・マーケティング」の9つです。また、年々重要度が高まっているセキュリティ技術の中から、「マルウェア対策」、「DevSecOps」の2...

2017年3月11日MFSフィードバック数:0大型消費/投資

2017年3月の主要銀行の住宅ローン金利

...「新しい住宅ローン選びの形、ユーザーに常にベストな選択を」 |株式会社MFS 3月の住宅ローン金利動向報道関係者各位2017年3月7日株式会社MFS3月の主要行住宅ローン金利は10年固定でやや上昇傾向 フィンテックを活用した住宅ローンファイナンスサービスを提供する株式会社MFS(東京都新宿区、代表取締役CEO:中山田 明、以下MFS)は、3月の主要銀行の住宅ローン金利をまとめましたのでお伝え致します。ハイライト・ 変動金利と長期固定は前月と同じ水準・ 10年固定は10年ス...

2017年3月8日アクトインディフィードバック数:0社会/政治

子どものお小遣い事情に関するアンケート調査

...で一緒にお小遣いを始める前の心構えをしましょう。「いこーよ×マネーフォワード キッズマネーイベント」■開催日時: 2017年3月22日(水)10:00~11:00■場所: アクトインディ株式会社 会議室(東京都品川区西五反田8-2-8-7F)■定員: 10組の親子(お子様対象年齢:6歳~8歳位)■参加料: 無料■内容: 親子で体験しながらお金の正しい使い方について学べるイベントです■講師:瀧 俊雄(たき としお)氏 (株式会社マネーフォワード 取締役兼Fintech研究所長)いこーよとは?「いこーよ」()は、2008年12月に...

仮想通貨法施行を前に、ビットコインのニーズと仮想通貨取引所のビットコイン取引量・シェアを調査

...市場調査とコンサルティングのシード・プランニング仮想通貨法施行を前に、ビットコインのニーズと仮想通貨取引所のビットコイン取引量・シェアを調査 • 2017年春に施行予定の 「仮想通貨法」 の認知は約4割• ビットコインの2016年下半期の取引高は、→ 上半期の2.3倍→ 取引高トップ3は、① bitFlyer、② BTCBox、③ QUOINE 市場調査・コンサルティング会社の株式会社シード・プランニング(本社:東京都文京区 梅田佳夫社長、以下シード・プランニング)は、仮想...

ヘイズ アジア給与ガイド西日本版

... or not companies are able to secure good IT professionals.インフォメーションテクノロジー2016年は、IoT (Internet of Things)、AI (人工知能)、フィンテック、デジタルマーケティング、サイバーセキュリティ、ビッグデータなどの言葉が飛び交った激動の一年でした。IT技術の社会・ビジネスへの浸透が劇的に加速し、それを受け入れる体制も急速に発展しました。近年の傾向である、ITと他部署(製造、マーケティング、営業など)との連携も加速し、また...

2017年2月22日アクセンチュア★フィードバック数:0大型消費/投資

Banking on Blockchain: A Value Analysis for Investment Banks(投資銀行におけるブロックチェーン ― 投資銀行での利用価値に関する考察)

...Skip to main content Skip to Footer投資銀行ビジネスはさらなる収益の拡大とリスクの低減が必要です。ブロックチェーンは収益性向上に苦戦する投資銀行に光明をもたらすのでしょうか。その答えを探るべく、アクセンチュアはマクラガン社と共同でデータに基づく分析を実施しました。 調査結果により、ブロックチェーンを活用することでミドルオフィス・バックオフィス全体において 30%以上のコスト削減が可能であることが明らかになりました 投資...

ランサムウェアに関する理解度に関する 実態についての調査

...者は自身のデータに高い価値を置いているものの、そうした攻撃に対して身代金を支払う準備がないことが判明いたしました。 ランサムウェアを友人に説明できますか? ■ランサムウェアとは現在急速に普及しているマルウェアの一種で、標的ユーザーのファイルを暗号化し、そのユーザーが数千万円もの身代金をオンラインにて支払うまで、それらのファイルにアクセスできないようにする脅威です。■調査による情報収集項目・ランサムウェアに関するユーザーの理解度・未知のファイルに対処する上でのユーザーのオンライン行動・個人データに対する価値・データの真正性の重要度(ブロックチェーン...

2017年2月19日金融庁★★フィードバック数:0大型消費/投資

IOSCO Fintechに関するリサーチ報告書

...ホーム 国際関連情報 証券監督者国際機構(IOSCO) IOSCOの最近のプレスリリース平成29年2月9日金融庁IOSCOによる「IOSCO Fintechに関するリサーチ報告書」の公表についてIOSCO(証券監督者国際機構)は、2月8日、「IOSCO Fintechに関するリサーチ報告書」を公表しました。内容については、以下をご覧ください。お問い合わせ先金融庁 Tel:03-3506-6000(代表)総務企画局国際室(内線3835) サイトマップ金融庁/ (法人...

企業のX-Techビジネスの取り組みに関する動向調査

...FinTechに代表されるX-Techビジネスの成功要因は “王道” にあり~ 企業のX-Techビジネスの取り組みに関する動向調査 ~ 株式会社NTTデータ経営研究所(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:佐々木 康志、以下 当社) は、NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:塚本良江)が提供する「NTTコムリサーチ」登録モニターを対象に、このたび「企業のX-Techビジネスの取り組みに関する動向調査」を実施しました。昨今FinTechに代...

2017年2月18日Bain & Company★フィードバック数:0大型消費/投資

金融市場におけるブロックチェーン - 競争優位を獲得するには

...ンパクトは革新的であると想定DLTの導入時期・導入方法の異なる4つの市場タイプを特定特定のアセットクラス・バリューチェーンにおいては早期のDLT導入の準備が整っており、オーストラリアや日本、中国のような統合された市場において、DLTは更なる統合を促進 ベイン・アンド・カンパニー(ブロードリッジ・ファイナンシャル・ソリューションズ協賛、以下ブロードリッジ)が新たに発表したレポート「金融市場におけるブロックチェーン - 競争優位を獲得するには」によると、DLTは金融市場において勢いをつけてきている。日本...

2017年2月18日矢野経済研究所★★フィードバック数:0大型消費/投資

国内FinTech(フィンテック)市場に関する調査を実施(2016年)

...びに文献調査併用<FinTech(Financial Technology)および FinTechフィンテック)市場とは>FinTechフィンテック)とは金融(Finance)と技術(Technology)を掛け合わせた造語である。従来の金融機関では提供できなかった領域においてIT技術を活用して提供する金融サービスを意味する。本調査におけるFinTechは次のように分類し、「ソーシャルレンディング(融資)」「クラウドファンディング」「投資・運用サービス(投資・運用、情報提供)」「ペイメント・決済」「ブロックチェーン(プラ...

2017年2月14日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

ファッション情報の収集に関する調査

...(LINE Ads Platform)を検討するから事例を調べて... 【記事要約】 この記事では、最近広がりを見せている「Fintechフィンテック)」について、その内容や事例を紹介しながら... 【記事要約】 2016年6月にスタートした、LINEの運用型広告「LINE Ads Platform」。新たなインフィード... 【記事要約】 この記事では、SNSマーケティングにおける、最新のアカウント運用事例やキャンペーン事例、SNS広告の現状... 【記事要約】 この記事では話題の「ポケモンGO...

2017年2月13日IDC★★フィードバック数:0大型消費/投資

国内金融IT市場予測 ~ FinTech活用に向けたIT支出が急拡大 ~

...資産管理」「金融情報/投資支援」「テレマティクス保険など」「会計/経営情報」「ソーシャルレンディング/トランザクションレンディング/クラウドファンディング」「決済」「暗号通貨」「ブロックチェーン」の8サービス分野において、サービスを提供、活用するためにスタートアップ企業など外部企業と連携、または自社でシステム開発、運用するためのIT支出額を「FinTech」関連IT支出規模として推計しました。この結果、国内金融機関における「FinTech」関連のIT支出規模は、2017年に110億円、2020年には338億円...

2017年2月5日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査 2016年総集編【トレンドトピック版】

...広がりを見せている「Fintechフィンテック)」について、その内容や事例を紹介しながら... 企業が自ら運営するオウンドメディア。よく「●●ラボ」「●●研究所」「●●部」みたいなWebサイトを目にしますよね。それらはオ... 1.これでイラっとしたことない? まずはこの動画をさくっと見てもらいましょう。 [youtubecarousel-four-box">さくっと手軽に情報を集められるニュースアプリ。ニュースアプリはたくさんあるけれど、皆はどんなアプリを使って、そのアプリにはど... 1.Googleは見...

2017年2月2日インプレスR&D★★フィードバック数:0ライフスタイル

『インターネット白書2017』

...インターネット白書2017 IoTが生み出す新たなリアル市場編者:インターネット白書編集委員会AI、ブロックチェーン、VR、ドローン、コネクテッドカー、5G、LPWAほか、 インターネットによる真の産業変革はこれから始まる! 「The Internet for Everything」を掲げ、インターネットによる技術・ビジネス・社会の変革を伝える業界定番の年鑑。21年目を迎える2017年版は36人の専門家が寄稿。LPWAと5Gという、2つの通信のイノベーションや、AI、ブロックチェーン、VR...

2017年日本 給与調査

...年間を通して雇用機会の増加に貢献するだろう。Eコマース業界では、既存の事業がオンラインに進出したり、国内外で立ち上げられる新しい事業がネットでの存在感を高めたりして、成長していく見込みだ。フィンテック(金融テクノロジー)関連企業も日本で拡大していく見込みだ。求職者にとっては多様な営業スキルを身に着けたり、伸びしろのある企業に加わることができるという点が魅力となる。たばこ業界では、健康リスクを抑えた製品の分野が成長し、業界に新しい風を吹き込んでいくことになるだろう。2016年に大きな変化を遂げたアルコール飲料業界は、クラフトビール、ワイ...

2017年1月26日MM総研フィードバック数:0企業情報システム

クラウド会計ソフトの利用状況調査(2016年12月末)

...を使った金融サービスとして成長が期待される「FinTechフィンテック)」を代表するサービスの一つ。複雑な勘定科目の自動判別機能など日々の帳簿付けから確定申告書の作成における負担軽減などクラウドならではの利便性の高さが評価され、認知が広がっている。本調査結果でも、個人事業主の認知度は65.7%に拡大。確定申告予定者を対象に1年前に行った15年12月調査の57.4%から8.3ポイント増となった(図表2)。 クラウド会計ソフトを認知しながらも、現在利用していない個人事業主に今後の利用意向を確認したところ、「今後利用したい」(6.5%)と「どち...

2017年1月26日ジャストシステムフィードバック数:0大型消費/投資

老後のライフプラン調査

...ートフォンでよく使う機能を集約するなら、1位「Yahoo!」、2位「LINE」、3位「楽天市場」... 【記事要約】 その昔(もはや)、芸能人が自分のことを発信するWebメディアの主戦場は、「ブログ」でした。元サッカー選手の中... 【記事要約】 この記事では、最近広がりを見せている「Fintechフィンテック)」について、その内容や事例を紹介しながら... ユーザーの「声」を企業の商品やサービスに活かす手法である口コミマーケティング。SNSなどの普及で今や個人がメディアを持つこと... 【記事要約】 この記事ではSNSマー...

2017年1月26日博報堂★フィードバック数:0大型消費/投資

「決済」と「スマートフォン」を軸とした「お金」に関する生活者意識調査

...NEWS博報堂金融マーケティングプロジェクト 「お金」に関する生活者意識調査を実施 2017年01月18日博報堂金融マーケティングプロジェクトは、FinTechによる金融分野でのテクノロジー進化が、生活者に対して、どのような意識変化、行動変化をもたらすのかを分析するために、「決済」と「スマートフォン」を軸とした「お金」に関する生活者意識調査を実施しました。調査結果によると、1ヶ月あたりの使用金額の決済手段別比率は、依然「現金」決済が51.4%と半数以上を占めるものの、「クレジットカード」21...

2017年1月24日Radwareフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

サイバー攻撃における最大の懸念はデータ損失であることが、ラドウェアの調査により判明

...%の企業はサイバー災害保険に加入していない。o ランサムウェアの流行にも関らず、ビットコインを保持しているのは、7%の企業に留まっている。ラドウェアのセキュリティソリューション部門担当副社長Carl Herbergerは、次のように述べています。「今日の脅威状況において、1つはっきりしているのは、その動機が金銭目的であるという点です。攻撃者は貴重な情報を盗むため、企業データを人質に取るランサム攻撃から、情報盗難者の姿をくらます煙幕のように作用するDDoS攻撃、また...

2017年1月16日MFSフィードバック数:0大型消費/投資

2017年1月の住宅ローン金利動向

...「新しい住宅ローン選びの形、ユーザーに常にベストな選択を」 |株式会社MFS 1月の住宅ローン金利動向報道関係者各位2017年1月11日株式会社MFS1月の主要行住宅ローン金利は10年固定と長期固定で5~10bpsの上昇。変動金利は前月と同水準で推移。 フィンテックを活用した住宅ローンファイナンスサービスを提供する株式会社MFS(東京都新宿区、代表取締役CEO:中山田 明、以下MFS)は、1月の主要銀行の住宅ローン金利をまとめましたのでお伝え致します。ハイライト・ 変動...

2017年1月16日MFSフィードバック数:0大型消費/投資

住宅ローン借り換えアプリ「モゲチェック」ユーザー数2万人を突破

...「新しい住宅ローン選びの形、ユーザーに常にベストな選択を」 |株式会社MFS モゲチェックユーザー数2万人突破!報道関係者各位2017年1月11日株式会社MFS住宅ローン借り換えアプリ「モゲチェック」ユーザー数2万人を突破! フィンテックを活用した住宅ローンファイナンスサービスを提供する株式会社MFS(東京都千代田区、代表取締役CEO:中山田 明、以下MFS)は、本日モゲチェックユーザーが2万人を突破したことをお伝え致します。ユーザー数について2月に...

JNSA 2016 セキュリティ十大ニュース

...はそれとは別に役に立たない有識者と言うことに委員各位が自虐的に共鳴したのではないかと推測しています。選考会の模様ですが、昨年同様、今年も候補がたくさん出ました。総数は30件(昨年は29件)です。候補を列挙したときはバラバラな印象でしたが、選考を開始すると案外スムーズに1位から10位を決定しました。これは、幾年も選考会をやっていることで委員の協調性が育まれたのかもしれませんが、もう少し白熱しないと編集後記に書くネタが無くなります。来年からは、編集後記のことも考えてもらいたいものです。さて、選外には「ブロックチェーンのセキュリティ問題」、「クラウドセキュリティCSマーク取得企業増加」、「災害...

2017年1月12日ノークリサーチフィードバック数:0企業情報システム

2016年度上期PCサーバー出荷調査報告

...設置台数が減少すること自体に変わりはない。クラウドへの移行は進んでおり、サーバーの台数への影響も指摘されているが、従来のオンプレのシステムを維持しながら、クラウドも採用する等でハイブリッドな活用が増えているため、一定規模のオンプレミス需要は引き続き安定的に存続していることから、サーバーの台数がクラウド化で極端に減少するということにはなっていない。また、為替や株式市場などの外的な要因も不透明感は続いているが、ビックデータ、IoT、AI、Fintechなどの新たな潮流などによりサーバーの投資機運が高まりつつあることが期待される。しかし2016...

2017年1月11日アイティメディアフィードバック数:0マーケティング

2016年、開発者、プログラマー向け@IT記事、Facebookシェア数トップ20とは?

...Slackが提携、“Watson”搭載Slackツールを開発可能に44810月28日16Scratchで始めるプログラミング教育(1):プログラミングを学習する意義、Scratchの基本的な使い方超入門4043月21日17特集:FinTech入門(3):ブロックチェーンは「取引コストゼロ」の世界を実現しようとしている3681月22日18PCの組み立てからロボット制御まで学べる:さくらインターネットら4社、子ども向けプログラミング教室の運営団体「KidsVenture」を設立3346月16日19大変...

2016年12月29日ジャストシステム★フィードバック数:0マーケティング

ECトレンド調査【2016年版】

...ショニングマップ... 2016年12月には日米合計6000万DLを突破した、フリマアプリのトッププレイヤー「メルカリ」。海外展開やTVCMなど積極... 企業が自ら運営するオウンドメディア。よく「●●ラボ」「●●研究所」「●●部」みたいなWebサイトを目にしますよね。それらはオ... 【記事要約】 この記事では「人工知能に奪われるかもしれない仕事」というテーマについて、そのテクノロジーや事例などを振り返り... 【記事要約】 この記事では、最近広がりを見せている「Fintechフィンテック)」について、その...

データ復旧業界の市場規模への調査結果(2015年)

...的にバックアップを作成する等の予防によって自衛するのが当協会として推奨する最も効率的かつ確実な対処となります。多くの感染源は、メールに添付されたファイルを開いたことによるもので、関係者なら誤って開いてしまうような件名で送られて来るなど、その手口も巧妙になってきていますので、お客様のセキュリティに関するリテラシー向上に委ねる以外に防ぐ手立てがないのが現状です。ただ暗号化は一瞬で行えるものではないため、感染が疑われる場合や確認された場合は、直ちにネットワークから切り離し、PCを速やかにシャットダウンして被害の拡大を食い止めてください。なお、止むを得ずお客様のビットコイン...

2016年12月29日東海東京証券フィードバック数:0大型消費/投資

資産運用に関する意識調査

...投資商品非保有者の24%がロボアドバイザーに関心、ロボアドバイザーは「知識・経験がなくても投資ができそう」と回答した人が約70% 全国の男女500名への資産運用に関する意識調査 東海東京証券株式会社(本社:愛知県名古屋市 代表取締役会長:石田建昭、以下「東海東京証券」)は、フィンテックの一つでもあるロボアドバイザーが多数登場し注目が高まりつつある状態を踏まえ、個人の資産運用、金融商品意向からロボアドバイザーに関するニーズを把握するため、全国20~69歳の男女500人に「資産...

2016年12月26日野村総合研究所★フィードバック数:0ライフスタイル

第3回「生活者1万人アンケート調査(金融編)」

...くと普及が進んでいますが、その上昇率は頭打ちになっています。また、「ダイレクト自動車保険」、「オンライントレード」、「デビットカード」、「ネット生保」は、利用率が1割未満にとどまり、変化も微増もしくは横ばいです。新しい金融サービスの普及に関しては、サービスによって明暗が分かれました。 FinTechサービスの多くは、関心度が1割未満「FinTechフィンテック)」とは「Finance(ファイナンス)」と「Technology(テクノロジー)」を掛け合わせた造語であり、情報...

2016年12月25日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

2016年、マーケティング担当者が最も注目したキーワードは?

...タフィード/VR/AR/Fintech/Webプッシュ通知/越境EC/動画メディア/ビッグデータ/他)2017年に注目するキーワードを教えてください。調査担当者:KM マーケティングリサーチセクション 2016年もあと少し。今年もマーケティング界隈ではいろいろなことがありました。動画は広告だけにとどまらず、SNS上では消費者が積極的に動画を投稿し、C CHANNELをはじめとした「動画メディア」も増加の兆しを見せています。夏には「ポケモンGO」が登場し、ジオフェンシングやAR、VRとい...

2016年12月22日IDCフィードバック数:0企業情報システム

2017年 国内IT市場の主要10項目

...) systemなどがIoTをベースとした代表的なソリューション(産業特化型クラウド)である。産業特化型クラウドは「効率化/コンプライアンス/ガバナンス」を目的とした第1世代から、DXを実現する第2世代へと発展している。また、第1世代の産業特化型クラウドも、AI、ブロックチェーンなどの最新技術を取り入れると共にAPI連携を強化し、DX支援へと開発が進んでいる。ユーザー企業のDXを実現する産業特化型クラウドは、2017年に新しい局面を迎えるとIDCはみている。具体的には、産業...

キャピタルマーケットにおけるクラウド利用普及に関する調査

...キャピタルマーケットにおけるクラウド利用普及に関する調査結果...| メディアで多数の記事になった注目のプレスリリース キャピタルマーケットにおける クラウド利用普及に関する調査結果を発表取引市場やアプリケーションの増大により接続需要が拡大 規制要件、マクロ経済の不安定さ、コスト圧力、フィンテック革命が クラウド利用を後押し ColtグループのAPAC部門として法人向けネットワーク、音声、データセンターサービスをグローバルで展開するColtテクノロジーサービス株式会社(本社:東京...

2016年12月15日The Economist Newspaperフィードバック数:0マーケティング

Connecting Capabilities

... by manufacturing. One reason may be existing disruptive forces in these industries (fintech and industry 4.0), which are forcing them to change more aggressively. Meanwhile, the logistics and transportation industry is generally behind, but due to decreasing...

2016年12月14日MFSフィードバック数:0大型消費/投資

12月の主要銀行の住宅ローン金利

...[株式会社MFS] ,金利 住宅ローン レポート 借換 フィンテック Fintech モゲチェック MFS モーゲージ・ネクスト モゲチェック・プラザ...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ