調査のチカラ TOP > 特集一覧 > データがいっぱい:人工知能

データがいっぱい:人工知能

世間の注目が集まる分野には調査データが増加します。人工知能については、クラウド/IoTが発達したことで応用範囲が大きく広がり、改めてトレンド化しています。

【ポジティブorネガティブ?】イマドキ若者の4割がAI(人工知能)に不安を覚える!?

...マネー感~ 金銭感覚とくらしのVOICE ~ ビンカン、トレンド、お金、ライフスタイル、若者、ボーナス、給料‗ビンカンステーション【ポジティブorネガティブ?】イマドキ若者の4割がAI(人工知能)に不安を覚える!? 世界で活用が広がるAI(人工知能)。連日、ビジネスへのAI導入が話題となり私たちの生活においても身近なものに感じるようになってきました。では、AIの活用は、これから社会に出ていくイマドキ若者の目にはどのように映っているのでしょうか? SMBCコンシューマーファイナンスが2018年2...

年次調査「グローバル エンタテイメント&メディア アウトルック2018-2022」

...エンタテイメント・メディア部門のグローバルリーダーであるPwCオランダのエネル・ヴァン・エデン(Ennèl van Eeden)は次のように述べています。「本調査における世界の動向を示す数値の背景にある要因は、無限大に迫る極めて小さな要因の積み重ねであるとともに、国や地域、セグメントごとで目が眩むほど異なった動向を示しています。ほぼ全ての動向に関し、世界53の国と地域、15のセグメントのどこかで真逆の動向が見られます。変化のスピードは当面衰える気配はなく、人工知能(AI)や拡張現実(AR)など...

2018年9月4日トムソン・ロイターフィードバック数:0企業情報システム

クラウドがIT予算に占める割合、2019年に46%へと高まる見通し

...ソン・ロイターのファイナンシャル・リスク部門のエンタープライズ・プロポジション&プロダクト担当グローバル責任者であるブレナン・カーリーは次のように述べています。「クラウドは金融業界にデータのニーズを管理するための強力なツール群を提供し、人工知能(AI)や機械学習といったツールを用いて膨大な量の公開データと独自のデータを統合することでいかなる数の問題も解決する新たな機会を切り開きます。クラウドを利用することで、あらゆる規模の金融機関が投資戦略を検証したり、新たな市場に迅速に参入するなど、より...

2018年8月24日マイナビフィードバック数:0キャリアとスキル

知らなきゃ恥ずかしい!?「就活用語」ランキング

...ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー【TOPICS】▽ 流行した『就活用語』は第1位「ガクチカ」、第2位「お祈り」、第3位「サイレント」▽ 就職活動に影響したニュースワードは、第1位「人工知能・AI」、第2位「働き方改革」、第3位「IoT」ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー<就活生の間で流行した『就活用語』ランキング> ※自由回答(1人3用語まで)1位「ガクチカ」・・・面接でよく聞かれる「学生時代に力を入れたこと」の略。2位「お祈り」・・・選考で落ちること。不採用通知の「今後...

2018年8月15日ミック経済研究所★フィードバック数:0企業情報システム

音声・言語系コグニティブAIサービスの市場動向2018年度版

...ズフリー等によるビジネスデータや営業日報等の入力など。②言語系サービス ヘルプデスク、FAQシステム向け メール、チャットなど問合せ内容を解析、キーワード抽出を行い回答候補提示、また自動回答。チャットbotでは、「人工無能型」を除く「人工知能型」製品サービスを対象とする。■音声・言語系コグニティブAIサービスの市場動向▸全体市場は、2017年度実績で104.8億円。2018度見込は187.6億円、対前年比179.0%。▸全体市場の事業区別では2017年度実績で、 ①ライセンス:72.4億円(市場構成比69.0%)、うちオンプレミス:48.1億円、クラ...

2018年8月9日ユーザーローカル★フィードバック数:0エンタテインメント

バーチャルYouTuberの市場成長に関する分析調査結果

...ァン数の相関係数を取ったところ「0.83479」であった。Twitterのフォロワー数との正の相関性がとても強い。株式会社CyberV 認知調査結果 https://cyberv.co.jp/2018-08-06-release/株式会社ユーザーローカルについて ・早稲田大学の研究をもとに生まれた、人工知能・ビッグデータ分析に特化した技術ベンチャー企業です。 ・社名株式会社ユーザーローカル ・所在地 東京都港区芝5-20-6 ・代表者 代表取締役社長 伊藤将雄本件に対するお問い合わせ https://www.userlocal...

2018年8月9日ホットリンクフィードバック数:0マーケティング

東大・電通PR・ホットリンクがAIでビッグデータから社会課題を抽出し議員に調査

...ソーシャル・ビッグデータ活用のクラウドサービス 東大・電通PR・ホットリンクがAIでビッグデータから社会課題を抽出し議員に調査 国立大学法人東京大学(以下、東京大学)と企業広報戦略研究所(所長:三浦 健太郎/㈱電通パブリックリレーションズ内)、株式会社ホットリンク(本社:東京都千代田区、証券コード:3680、代表取締役社長:内山幸樹)は、社会的合意形成・政策形成について、AI(人工知能)を用いたソーシャルメディア上のビッグデータの解析と、国会...

2018年8月2日ジャストシステムフィードバック数:0キャリアとスキル

「働きやすさ」重視の会社員は3割強、「給与」重視は5割強

...フ型ネットリサー... 調査結果サマリー タブレット型PCの所有率は50代がトップ。4人に1人が所有。 スマホショッピングで利用... 調査結果サマリー 今後、企業が最も注力したいSNS広告は「LINEのインフィード広告」 ... 調査結果サマリー マーケティング従事者の約3割が、人工知能に自分の仕事が「奪われる」と不安視 現在、「企... 調査結果サマリー 20代ネット利用者の約3割が、「母の日ギフトは中古品や新古品を購入」今... 調査結果サマリー 購入商品のクチコミ発信手段で最も多いのは「口頭(電話、対面...

2018年8月2日キャップジェミニフィードバック数:0企業情報システム

消費者はAIを受け入れ始め、より人間に近いAI経験を提供する企業に応える

...消費者はAIを受け入れ始め、より人間に近いAI経験を提供する企業に応える キャップジェミニの最新調査レポート 消費者は、企業との関わりにおいてはAIと人とを組み合わせた方法を好むが、AIそのものについては、より人間に近い特性を備えることを望んでいます 【2018年7月9日:パリ発】キャップジェミニのデジタル・トランスフォーメーション・インスティテュートは、新しくリリースしたレポートで、「人工知能(AI)は消費者にとってもはや無縁のものではない。消費者のほぼ3/4(73%)はAIを介...

2018年8月1日Insta Antennaフィードバック数:0マーケティング

全73アカウント!Instagram国内アカウントカオスマップ&ランキング ~食品業界編~

...てみてはいかがでしょうか。掲載企業様一覧※ フォロワー数順(2018年5月時点)・下2桁切り捨てポッカサッポロフード&ビバレッジ株式会社 ポッカサッポロフード&ビバレッジ株式会社 なっぴテテマーチでディレクターしている新卒1年目のなっぴです!SNSの運用ならお任せください。元ライターで人工知能マップとかも作りました。今でもいろんなところで記事書いてます。テクノロジーとおもしろいwebメディアが大好きです。一眼で写真撮ったり、記事を書いたり。何でもします。 Twitter( https://twitter.com...

2018年7月26日矢野経済研究所★フィードバック数:0ビジネス

国内FinTech(フィンテック)市場に関する調査

...ンチャー企業売上高ベース)は、9,050 億9,000万円であった。FinTech が盛り上がりを見せるなか、法律的・技術的・物理的環境の整備が進んでいる。まず法的な環境として、銀行法の改正に伴い、全金融機関が2018 年3 月までに「電子決済等代行業者との連携及び協働に係る方針」を打ち出した。また、政府においてプロジェクト型の「規制のサンドボックス(砂場)※1」を創設した。AI (人工知能)やブロックチェーン※2などを対象としており、期間限定とすることでより迅速に、且つ大規模な実証実験を進める環境が整いつつある。次に...

2018年7月12日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内サーバー市場 システムタイプ別予測

...新規需要を攻略することが成長戦略になります。具体的には、企業規模の観点で裾野へと広がる余地があるCRMソリューションへの注力と、データに基づく洞察を得るためのコグニティブ/AI(Artificial Intelligence:人工知能)システム関連ソリューションの拡充およびデマンドクリエイションです。また、唯一、サーバーハードウェアの差別化による競争力の強化が可能な成長セグメントでもあるとIDCではみています。IDC Japan エンタープライズインフラストラクチャ グループマネージャーである福冨 里志は「サーバーベンダーには、それ...

2018年7月10日EY Japanフィードバック数:0ビジネス

地政学的な不確実性はあるが日本企業のM&A取引への意欲は高い水準を維持

...い機会に目を光らせ、めまぐるしく変化する市場環境に素早く対応していく上で事業ポートフォリオの変革が不可欠であるためです。また、企業が事業ポートフォリオの選択において、客観的な情報に基づいたより良い意思決定を行うためにデータアナリティクスやAI(人工知能)を活用するケースが増えています。最も活用されているテクノロジーとして、本調査に回答した企業の経営層の約半数が、AIまたはRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)を挙げており、ビッグデータ、ブロックチェーンがそれに続いています。 より...

2018年7月7日マクロミル★フィードバック数:0ライフスタイル

フードデリバリーの利用実態とは?1都3県で調査!

...ークな回答が数多く挙がりましたので抜粋してご紹介します。●「あったらいいな」と思うフードデリバリーサービス人工知能を利用した無人配達があったら面白いと思う。(男性歳、東京都)マクドナルドやケンタッキーなどの複数の店の商品を出前してくれるサービス。(男性歳、東京都)廃棄期限が迫った食材で作るフードメニュー。その代わり値段を安くしてほしい。食品ロスが減り、店、客、環境にもいい。(女性歳、東京都)生ビールのデリバリーサービス。(男性歳、神奈川県)ドローン(もしくはロボット)が届けてくれるのであれば利用するかも。(女性歳、東京都)糖質制限の料理があれば。(女性...

2018年7月6日フロスト&サリバン★★フィードバック数:0ビジネス

AI、ビッグデータがアンチエイジング医療に生み出す新たな市場機会 2022年までにグローバル市場規模は856億米ドルに到達の見込み

...ドルに成長する予測です。今回のリサーチにおける抗加齢医療市場には、加齢に伴う発病への対処と病気の予防を目的とする臨床医療・栄養補助サプリメント・美容療法の3つのセグメントを対象としています。抗加齢医療ではテクノロジーが今後重要な要素を占め、主に以下の技術の活用が見込まれます。AI(人工知能):AI搭載のバーチャルアシスタントは服薬遵守を改善し、不慮の事態を予防します。ビッグデータ・アナリティクス:「ドラッグ・アズ・ア・サービス」のモデルは、患者の医療データへのシームレスなアクセスと分析を必要とし、製薬...

2018年7月3日SAS Instituteフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

EU GDPRに関するSAS調査: GDPR遵守体制の整備が完了している企業はわずか7%であることが明らかに

...社の今後のビジネスのあり方に大きな影響をもたらすと回答しています。GDPRの遵守体制を整備する上で最も大きな課題として、「GDPR遵守を管理するためのスキルを得ること」次いで、「保有する個人データのすべてのデータソースを特定すること」を挙げました。さらに、回答者の約半数49%は、GDPRは人工知能(AI)に関連する自社のプロジェクトに大きな影響を及ぼすことになると回答しています。AIプロジェクトに関しては、次の3つの事項が最も懸念する課題としています。個人データの利用に関して、本人...

世界の消費者意識調査 2018

...、2018年は経済状況が悪化すると考える消費者は21%にすぎません。また、調査回答者に今後12カ月の個人支出について尋ねたところ、回答者のほぼ4分の3が過去12カ月間よりも支出を増やすか、または同程度に保つ予定だと回答しています。 人工知能(AI):消費者との接点消費財(CPG)業界と小売業界において急速に活用が進んでいる人工知能(AI)。既に多くの買物客が、家電製品を通じたいわゆる「ボイスコマース」を利用し、家庭用品や食料品を補充購入している他、店舗においても、リア...

2018年6月29日日経BPフィードバック数:0マーケティング

日経クロストレンド「マーケティング実力ランキング300」

...は国内のどの企業や商品ブランドがマーケティングを効果的に売り上げに結び付けているのかを、5600人の消費者アンケートから導き出したものです。 今回初めて調査、発表した「マーケティング実力ランキング300」で、1位になったのはカルビー。2位はハーゲンダッツ、3位はユニクロという顔ぶれでした(企業・ブランド名)。本調査の詳細は6月22日から「日経クロストレンド」Webサイトにて連載します。■調査の背景 「マーケティング力」の高い企業という言葉からどのような企業が思い浮かぶでしょうか? データを駆使したマーケティングの推進、AI(人工知能)をはじめ先端的なデジタル技術の導入・活用、優れ...

2018年6月25日ジャストシステムフィードバック数:0ライフスタイル

糖質制限時、女性のランチは「手作り弁当」、男性は「コンビニ」

...でより多くの人が手軽に広告出稿できるようになりましたが、一方で「う... 【記事要約】 2016年、スナチャをはじめとしたエフェメラル系SNS(消える系SNS)がマーケティング界隈で話題になりまし... 【記事要約】 この記事では「人工知能に奪われるかもしれない仕事」というテーマについて、そのテクノロジーや事例などを振り返り... 目次: 動画広告の夏が来た 動画広告とは 動画広告はYouT... 1、皆さんもこんな経験をよくしませんか? 最近、こんな体験をしました。それは、中古車アプリでの体験。買うつもりもない中... 【記事要約】 今回...

2018年6月25日ジャストシステム★フィードバック数:0マーケティング

若年層SNSユーザーの半数が、「SNSで新しい価値観に出会えた」

...たな広告、「Messenger広告」。今回の記事ではその... 【記事要約】 皆さんは手に入れましたか?伝説ポケモン。新宿中央公園はひさしぶり(?)にポケGOユーザーのひ... 【記事要約】 企業が商品をリリースする上でとても大事なのが「ブランドマーケティング」、ポジショニングマップ... 1.Googleのモバイルフレンドリーアルゴリズムが強化されるって。 2015年4月に実施されたGoogleのモバイル... 【記事要約】 この記事では「人工知能に奪われるかもしれない仕事」というテーマについて、その...

テクノロジーの勢い止まらず、ランキング史上類を見ない成長率 / 世界で最も価値のある日本ブランドはTOYOTA (トヨタ)

...ルの成長を続けています。2018年のトップ100ランキング全体で見ると、さらにテクノロジーの貢献は顕著で、デジタルコンテンツ関連のサービスが大きく貢献しています。大きくランキングを上げたNetflix(61位)はセットトップボックス(STB)サービスにより、今年+73%もの成長率を見せ、その他Facebook(6位)のストーリー、Apple(2位)のiTunes、Alibaba(9位)のアリババ・ピクチャーズなどが見られます。また、従来のマーケティング手法にも、人工知能(AI)や拡張現実(AR)などにより、多く...

2018年6月8日ガートナー★★フィードバック数:0企業情報システム

ガートナー、2019年までに、ビジネス・ユーザーがセルフサービス・ツールを用いて生成する情報分析の量は、専任のデータ・サイエンティストが生成するものを凌駕するとの見解を発表

...のあらゆるレベルのユーザーがこれらの機能を利用できる環境づくりを進めています。この傾向が極めて顕著であることから、ガートナーは、2019年までにセルフサービス・ツールを利用したビジネス・ユーザーによるアナリティクスの量は、専任のデータ・サイエンティストによる量を凌駕するとの見解を発表しました。ガートナーのリサーチ ディレクター、カーリー・アイディーン (Carlie J. Idoine) は次のように述べています。「現代の企業と行政のあらゆる分野において、デジタル化のトレンドはアナリティクス需要の促進要因となっています。AI (人工知能)、IoT (モノ...

2018年6月7日レオパレス21フィードバック数:0ライフスタイル

「若手社会人のひとり暮らし」に関する意識・実態調査

...機器が増えています。IoTは身の回りのものがインターネットでつながる仕組みのことで、AI(人工知能)やIoTの活用により、家電製品の音声操作や遠隔操作のほか、防犯機器等をネットワークでつないで一括管理することが可能となります。このようなIoT化された賃貸住宅に住んでみたいか尋ねたところ、『ぜひ住んでみたい』(17.3%)、『住んでみたい』(29.5%)合わせて約半数(46.8%)が『住んでみたい』との回答となりました。また、IoT化された賃貸住宅にために現在の家賃にプラスしていくら払ってもよいか尋ねたところ、『1...

2018年6月6日ジャストシステム★フィードバック数:0モバイル

スマホユーザーの約半数が、「ワイヤレス充電器」に興味

...記事では最近よく耳にすることが多くなった「定性調査」について、「定量調査」との違いを紹介しながら、M... 1、チラシアプリきっかけで自転車を買ったウチの嫁 私事で恐縮ですが先日ちょっとした“気づき”があったのでご報告します。... 【記事要約】 2016年11月に発表されたFacebookの新たな広告、「Messenger広告」。今回の記事ではその... 目次: AI/人工知能、激しく流行ってますね MRC独自調査で見るAI AI... (※この記事は2017年4月25日に更新されています。) 【記事要約】 スマホの普及に伴... 1...

2018年6月1日アクセンチュアフィードバック数:0企業情報システム

デジタル技術の活用が化学プラントの収益向上と新規設備投資を促進する要因になることが判明

...位に挙げられています。また、圧倒的多数である95%の回答者が「デジタル技術の導入は、目に見える形で収益面での成果につながっている」との見方を示しました。製造工程における営業利益については、31%が「10%から20%改善した」、20%が「20%から40%改善した」と回答するなど、過半数が2ケタの改善を示した点を評価しています。多くの化学企業がプラント全体のデジタル化に向けた実証プログラムに着手していますが、デジタル技術の完全な導入は、いまだ一部の現場にとどまっています。クラウド、ロボティクス、人工知能(AI)、モビ...

2018年5月31日IDC★★フィードバック数:0社会/政治

国内コグニティブ/AIシステム市場予測を発表

...テムの運用支援サービスの強化などが必要 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内コグニティブ/AI(人工知能)システム市場を調査し、2017年の同市場の分析と2018年~2022年の市場予測を発表しました。IDCではコグニティブ/AIシステム市場を、自然言語処理と言語解析を使用して質問に応答し、機械学習をベースとしたリコメンデーションとディレクションを提供することで、人間の意思決定を補助/拡張...

2018年5月30日Teradata★★フィードバック数:0マーケティング

アナリティクスのクラウド移行に関する企業調査

...リティクス環境を提供するテラデータが突出している理由が分かりやすくなります。弊社のクラウド・アナリティクス環境には、数百テラバイト規模の容量を取り扱い、1日数百万単位のクエリーを実行する数千人規模のユーザー数に対応できる能力があります。」今回の調査では、アナリティクスの利用に関しては大企業各社が成熟しており、1/3の企業が複雑なディープラーニングやマシンラーニングを駆使して人工知能(AI)を活用していることが分かりました。それらの企業は、クラウドの利用も経験しており、うち1/3は現時点において企業全体でパブリック・クラウドを採用しています。残念なことに、アナ...

2018年5月30日KPMG★フィードバック数:0ビジネス

KPMGグローバルCEO調査2018

...データ保護の問題を自らの重要な責任と考えている。一般的な意見に反して、62%のCEOは人工知能(AI)の導入によって雇用が奪われる以上により多くの雇用が創出されることを期待している。日本企業CEOの調査結果「AIの導入によって雇用が奪われる以上により多くの雇用が創出されることを期待している」と回答した日本のCEOは、海外企業と同様に多く、その割合は60%。「顧客データの保護について、自らの重要な責任」と考えている日本のCEOの割合は42%で、海外企業のCEOと比べると17ポイント低い。「自社...

2018年5月26日アクセンチュアフィードバック数:0企業情報システム

大半のメーカーがAIを導入している一方、大規模な活用に至っている割合はわずかだと判明

...Skip to main content Skip to Footer アクセンチュア株式会社2018年5月22日アクセンチュア最新調査――大半のメーカーがAIを導入している一方、大規模な活用に至っている割合はわずかだと判明製造業界におけるAI活用の課題はデータ品質とセキュリティ【ドイツ・ハノーバー発:2018年4月25日】 アクセンチュア(NYSE:ACN)の最新調査レポートによると、大半のメーカーが、自社の製品やサービスの質を向上させるために、人工知能(AI)の活...

2018年5月22日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内IT市場 LOB支出の産業分野別/企業規模別動向分析結果

... Intelligence:人工知能)システム、ドローンも含めたロボティクス、ビッグデータ/アナリティクス、モビリティ、クラウドなどの第3のプラットフォームの活用が、LOB部門主導あるいはIT部門も関わる協働プロジェクトとして進められるためと分析しています。また、企業規模が大きくなるにつれ、LOB支出の成長率が徐々に高まる傾向にあり、大企業のCAGRは5.1%と高い成長率を予測しています。これは、デジタルトランスフォーメーション(DX)の取り組みが大企業を中心に進められていることも背景にあるとみています。DX推進...

2018年5月18日アクセンチュアフィードバック数:0企業情報システム

保険会社は、ビジネスやオペレーティングモデルの変革により、3,750億ドルの増収が可能と試算

...ネスへの考え方を転換する必要があります。つまり、商品中心から顧客中心へ、硬直化したオペレーティングモデルから顧客の嗜好に素早く対応できる流動的でアジャイルなオペレーティングモデルへ、単独での市場参入から新分野での顧客獲得やブランド強化を支援するインシュアテック企業やテクノロジー大手との連携へとシフトすることが、保険会社には求められています。」予想される収益機会本調査では、成長機会を生かすために保険会社が取るべき施策についても述べています。これには、よりパーソナライズされたサービスを迅速に市場投入するために、新しいモデルと最新技術(人工知能...

若年層の起業並びに起業家に対する意識調査

...イミングでは、身近な女子に目がいくということでしょうか。日本初「人工知能スタートアップ特化型」AIアクセラレーター、募集中。メンタリングを受けた人の感想はこちらやこちら。日本初「HRを”Hackする”スタートアップ投資」ファンド投資希望者募集中。15分で取材完了、マッハ取材受付中。この記事が気に入ったらいいねしよう!最新記事をお届けします。どこでもかんたんVRのクラウドソフト「スペースリー」(Spacely、旧名:3D […]...

製造業のデジタルトランスフォーメーションが、2021 年までにアジア太平洋地域の GDP を 3,870 億ドル(約 42.5 兆円)増加

...タによる既存商品とサービスの最適化:データの活用により、製造業企業は、プロセスとサプライチェーンを最適化し、最終的には既存製品やサービスを改良できます。ビッグデータ分析、機械学習、人工知能を活用することで、企業は予測分析により効率性を向上できます。データによる新たなビジネスモデルの創成:データは、最終的には、たとえば、予防保守、3D モデリング、スマートオペレーションといった新たなバリューチェーンとサービスのために活用されるべきです。 Toyota Materials Handling Europe にお...

2018年5月14日グループエムフィードバック数:0マーケティング

2018年にオンラインメディアの視聴時間が従来型TVを上回る

...するすべてのコンピューターが常時アップデートされている必要がある点だ。これはリアルタイムの世界では遅すぎる」と話す。▽人工知能(AI) それとは逆に回答者は、人工知能(AI)の幅広い発達と大規模な展開を伝えている。スミス氏は「ほぼ間違いなく、今日最も先進的なマーケティングツールは、どのクリエーティブあるいはメディアのプレースメントが規模とスピードで最善なのかをブランドが分析するのを支援する先端のアルゴリズムだ。多くの未来の応用技術の中で、従来の規則に基づくソリューションを擦り抜ける不正行為を撲滅する上で、AIは役立つものとして浮上すると予想している」という。▽デー...

2018年5月14日矢野経済研究所★★フィードバック数:0企業情報システム

国内eラーニング市場調査

...トピックAI(人工知能)を活用した学習サービスの登場ここ数年においてパイロットケース(試験的な取り組み)も含めてAI(人工知能)を取り入れた学習サービスの登場が散見される。今後については、学習者個々のレベルに応じた学習の提供(アダプティブラーニング)を目的に、AIを活用した、習熟度合いに応じた学習サービスの増加が予見される。3.将来展望2018年度の国内eラーニング市場規模は、前年度比3.6%増の2,071億円を予測する。BtoB市場は良好な雇用環境を背景とする顧客企業の人材育成投資の活発化によって、堅調...

世界の小売業ランキング2018

...ト店舗の利便性や膨大な品ぞろえと競うためには、より優れた顧客体験とブランドエンゲージメントが不可欠である。そこでリアル店舗では、ユニークで厳選された品ぞろえや、わくわくし楽しい店内の雰囲気、そしてネットにはないコンシェルジュのようなサービス水準を提供することの重要性を意識した取り組みが始まっている。4.最新テクノロジーで小売業を作り変える急速なテクノロジーの進歩と画期的イノベーションがかつてないほどに小売業に破壊的変革をもたらしている。今後、すべての小売企業がIoT、人工知能、拡張現実と仮想現実(AR/VR)、ロボ...

2018年5月11日アクセンチュア★★フィードバック数:0マーケティング

5つの最新テクノロジートレンド

...ジング・ディレクター 採用情報 自分の可能性に気付けていますか?テクノロジーがますます世界の変革をリードする。そんな時代に求められる経験をー。 トレンド1AIを「市民」にビジネスや社会に恩恵をもたらすAIへの育成AI(人工知能)の可能性を最大限に活かすためには、その影響力を正しく認識することが重要です。AIが人間のパートナーとして急速な進化を続けることで、人々の仕事や暮らしにおけるAIとの接点が増え、その影響力も増していきます。そして、人と真に協働できるAIを実現するには、AIにタ...

2018年5月8日ServiceNow Japanフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

情報セキュリティに関する国際調査 日本企業の半数以上がセキュリティレスポンスの自動化の採用や強化を検討

...レッドシートや電子メールによる手動プロセス、それぞれが連携されていないシステム、そして人材不足などが脆弱性への対応を中心とした情報漏えい対策への大きな課題となっていることや、その課題を解決するアプローチとして自動化や人工知能(AI)の採用が進んでいることが明らかになりました。 本調査は、プライバシー、データ保護、情報セキュリティポリシーに関する調査を行っている独立系調査会社である米国Ponemon InstituteとServiceNow Inc.が共同で、日本を含む9か国、約3,000人(うち、日本人は394人)の情...

2018年5月7日ジャストシステムフィードバック数:0デジタル家電

人工知能(AI)&ロボット 月次定点調査(2018年3月度)

...半数以上が、AIを活用した「スマホカメラの自動設定機能がほしい」 人工知能(AI)&ロボット 月次定点調査(2018年3月度)半数以上が、AIを活用した「スマホカメラの自動設定機能がほしい」AIに対する不安1位は、「人間がAIの誤作動を止められない」調査結果サマリー半数以上が、AIを活用した「スマホカメラの自動設定機能がほしい」AIを活用して、「人物や風景など被写体にあわせて調整してくれる、スマホカメラの自動設定機能がほしい」と答えた人は55.8%でした。また、「音声...

2018年5月3日フォーサイトフィードバック数:0社会/政治

1,442名を対象にした「10年後のAI、現在のAI」に関するアンケート

...ニュースリリース 2018年04月25日 1,442名を対象にした「10年後のAI、現在のAI」に関するアンケート結果を発表 オンライン学習のフォーサイト ニュースリリース 発行日:2018年4月25日73%が「10年後にはAIを搭載したロボットと人間が一緒に働く」と思うと回答 「AIとの間で戦争が起こる」と思う人は何割?行政書士や社労士などの難関資格対策および大学受験対策のオンライン講座を運営する株式会社フォーサイト(東京都文京区/代表取締役社長:山田 浩司)は、「AI=人工知能」につ...

2018年5月1日フォーサイトフィードバック数:0社会/政治

1,442名を対象にした「10年後のAI、現在のAI」に関するアンケート

...ニュースリリース 2018年04月25日 1,442名を対象にした「10年後のAI、現在のAI」に関するアンケート結果を発表 オンライン学習のフォーサイト ニュースリリース 発行日:2018年4月25日73%が「10年後にはAIを搭載したロボットと人間が一緒に働く」と思うと回答 「AIとの間で戦争が起こる」と思う人は何割?行政書士や社労士などの難関資格対策および大学受験対策のオンライン講座を運営する株式会社フォーサイト(東京都文京区/代表取締役社長:山田 浩司)は、「AI=人工知能」につ...

2018年4月26日ガートナー★フィードバック数:0企業情報システム

テクノロジ人材のスキルに関する調査結果

...国内におけるユーザー企業の動向を定量的側面と定性的側面の両方から継続的に調査しています。各種の調査は、クラウド、AI (人工知能)、IoT (モノのインターネット) といったテクノロジの利用状況のみならず、企業や組織の課題、将来の方向性、人材のスキルといったさまざまな観点に立つものとなっています。従業員数500人以上の日本企業を対象に、ガートナーが2018年2月に実施した調査の中で、テクノロジ人材 (ITインフラ関連組織の人材) のスキルに関する課題を尋ねたところ、改善したい人材のスキルのトップはリーダーシップであることが明らかになりました (図1参照)。今回の結果は、ガー...

2018年4月23日ジャストシステムフィードバック数:0デジタル家電

半数以上が、AIを活用した「スマホカメラの自動設定機能がほしい」

...半数以上が、AIを活用した「スマホカメラの自動設定機能がほしい」 人工知能(AI)&ロボット 月次定点調査(2018年3月度)半数以上が、AIを活用した「スマホカメラの自動設定機能がほしい」AIに対する不安1位は、「人間がAIの誤作動を止められない」調査結果サマリー半数以上が、AIを活用した「スマホカメラの自動設定機能がほしい」AIを活用して、「人物や風景など被写体にあわせて調整してくれる、スマホカメラの自動設定機能がほしい」と答えた人は55.8%でした。また、「音声...

グローバル投資家意識調査2018

...しました。また今後3年間の見通しでは、売上拡大に「非常に自信がある」と回答した投資家が5分の1(20%)にとどまったのに対し、CEOは45%とその差は大きくなりました。 投資家はCEOに比べ、「テクノロジーの変化」(85%対64%)、「消費者の行動の変化」(81%対68%)、「流通チャネルの変化」(76%対60%)がビジネスにより大きな破壊的影響をもたらすと予想しており、これが売上の拡大に対する投資家の懸念の背景にあります。また、人工知能が人員削減計画に大きな影響を及ぼすと考える投資家の割合は4分の1強...

2018年4月13日トークノートフィードバック数:0ビジネス

社内SNS「Talknote」2017年スタンプ利用実態スタンプ利用数は2.3倍増、リアクションのしやすさから社員同士のスタンプ利用が標準化

...ュニケーションによって組織を強くしていくためのサービスを開発、提案しています。社内SNS「Talknote」は、組織におけるコミュニケーションの最適化や、人工知能(AI)を活用し、人には気がつけない「ヒト」の課題をテクノロジーの力で解決する過労防止や離職防止など、組織強化へ繋げていくためのHR領域の機能開発を積極的に進めていきます。■トークノート株式会社 会社概要社内SNS「Talknote」を提供しています。2011年にサービスをリリースし、 エー・ピーカンパニー、ネクシィーズをはじめ、20,000社以上の企業にご利用いただいています。2014年には「株式...

2018年4月12日ガートナーフィードバック数:0企業情報システム

ガートナー、「2020年までに企業の75%はI&Oのスキル・ギャップにより目に見える形でビジネスの破壊的変化を経験する」との見解

...ルを高めなければなりません」スキル・ギャップは先進テクノロジだけでなく管理面でも発生また、前出のマルキスは次のようにも述べています。「デジタル価値を大規模に実現するには、適切な人材をそろえることが重要です。人材には、必要なスキルだけではなく、既存テクノロジと先進テクノロジの両方を学び使いこなしていく意欲と能力が求められます」 2020年末まで、ITサービス管理における人工知能 (AI) イニシアティブの99%が、確立されたナレッジ・マネジメント基盤の欠如により失敗に終わるとガートナーは予測しています。ガー...

2018年4月11日ウェブルートフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

日米セキュリティ専門家400名に聞いたAI・機械学習に関する意識・実態調査・日米比較

...【インフォグラフィック公開】日米セキュリティ専門家400名に聞いたAI・機械学習に関する意識・実態調査・日米比較 ~8割以上の企業はAIによる攻撃を懸念~ セキュリティソフトをグローバルで展開し、セキュリティ業界をリードするウェブルート株式会社 (本社:東京都港区、 代表取締役社長:伊藤 誉三、以下 ウェブルート)は、企業のサイバーセキュリティ担当者、日米400名(各国200名)を対象に、人工知能 (AI) サイバーセキュリティについての意識調査を実施いたしました。その...

2018年4月10日学情フィードバック数:0キャリアとスキル

2018.03『2019年3月卒業予定者 採用動向調査レポート』ダイジェスト

...よりも理系採用を難しいと感じる企業が多く、特に理系採用は「難しい」だけでも51.0%と過半数に達している。通常の技術職に加え、IoT(モノのインターネット)、AI(人工知能)など次世代技術分野でも重宝されるであろう理系人材は、今後ますます活躍の場が広がると見られる。一方で、文部科学省の統計では、工学系・理学系学生の占める割合は全学部生の2割ほどに過ぎない。需要と供給がアンバランスな中、いかに理系学生へアプローチするか、各社の手腕が問われる。※「企業セミナーを開催しない」企業が 4.5% あり、グラフには反映していない。前年度と比べ「企業...

2018年4月10日アクセンチュア★★フィードバック数:0デジタル家電

アクセンチュア最新調査――スマートスピーカー所有者は自宅でスマートフォンの使用頻度が低下する傾向が判明

...Skip to main content Skip to Footer アクセンチュア株式会社2018年4月3日アクセンチュア最新調査――スマートスピーカー所有者は自宅でスマートフォンの使用頻度が低下する傾向が判明アクセンチュア(NYSE:ACN)の最新調査によると、家庭向けデジタル音声アシスタント端末(以下、スマートスピーカー)を所有する消費者の間では、エンターテインメントやオンラインショッピングにスマートフォンを使用する頻度が低下してきていることが判明しました。スマートスピーカーとは、人工知能...

2018年4月6日アクセンチュア★★フィードバック数:0デジタル家電

アクセンチュア最新調査――日本の納税者の過半数が納税申告のAI活用に前向き

...Skip to main content Skip to Footer アクセンチュア株式会社2018年3月14日アクセンチュア最新調査――日本の納税者の過半数が納税申告のAI活用に前向き【東京発:2018年3月14日】 日本の納税者の過半数(53%)が人工知能(AI)を活用することで納税申告がしやすくなると考えていることが、アクセンチュア(NYSE:ACN)の最新調査で明らかになりました。「Digital Taxpayers Research(デジタル納税者調査)」は、日本を含む世界12カ国...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ