調査のチカラ TOP > 特集一覧 > データがいっぱい:人工知能

データがいっぱい:人工知能

世間の注目が集まる分野には調査データが増加します。人工知能については、クラウド/IoTが発達したことで応用範囲が大きく広がり、改めてトレンド化しています。

2018年1月18日trendmicroフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2018年セキュリティ脅威予測

...は工場の生産ラインや制御システムなどIIoT(Industrial Internet of Things)システムへのサイバー攻撃や、GDPR※などの情報保護関連の法令違反を材料として、より高額な利益を得ようとする新たなネット恐喝手法が出現する可能性があります。増え続ける新種ランサムウェアや新たなネット恐喝手法に対して理解を深めるとともに、従来のパターンマッチングによる検出に加えて、サンドボックス技術やAI(人工知能)技術を用いた検出など複数の技術の組み合わせによる対策がますます重要となるでしょう。 ※「EU一般...

AMP対応ページに向けた広告配信高速化の効果検証

...のマーケティング課題の解決」を実現するため、ビッグデータ処理、人工知能、金融工学の3つの技術をコアとし、DSP『Logicad』をはじめとするマーケティングテクノロジーに関する様々なサービスを提供しています。 ソネット・メディア・ネットワークス株式会社URL * DSP(Demand Side Platform)広告主の広告配信効果を最適化するためのプラットフォーム 本件に関する報道関係者からのお問合せソネット・メディア・ネットワークス株式会社 経営企画部...

2018年1月17日Genpactフィードバック数:0企業情報システム

The workforce: Staying ahead of artificial intelligence(労働者:人工知能の一歩先を行く)

...デジタルPRとプレスリリース配信03-4570-3196受付 10:00〜18:00(土日祝日を除く) 前評判とは異なり、人工知能が自分の仕事を脅かすと考えている従業員は少数であることがジェンパクトの最新の調査で明らかに~3回シリーズの調査の第2弾、次世代の従業員が準備する方法について深い懸念~ * 2017年11月14日に米国で発表されたプレスリリースの抄訳です。デジタル・トランスフォーメーションを支援するグローバル・プロフェッショナル・サービス企業のジェンパクト(Genpact...

2018年1月17日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内エンタープライズインフラストラクチャ市場予測

...クラウドインフラストラクチャ市場は、クラウド化されていないトラディショナルITからの需要シフトに加えて、 デジタルトランスフォーメーション(DX)への取り組みによる新規需要によってプラス成長を持続します。ビッグデータ、IoT(Internet of Things)やコグニティブ/AI(人工知能)システムなどといったイノベーションアクセラレーターを活用したDXの実現に注力する企業が国内において増加し、また、このような動きが活発化することで、ITの用途が広がり新規需要が創出されます。なお、DXとは、企業が第3のプラットフォーム技術(クラ...

2018年1月17日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

人手不足に対する長野県内企業の動向調査(2017年10月)

...有効求人倍率は求職者にとっては明るい材料となっているが、企業にとって人手不足状態の長期化は人件費負担の上昇だけでなく、働き方改革に逆行することにもなりかねない。人口減少と産業構造の変化により、働き手の奪い合いも発生。製造業などでは自動化・省力化投資に力を入れ、人手不足に対応しようとする動きが活発化しているが、一方で近い将来AI(人工知能)の活用により人手を要する業務が大幅に縮小すると予想されるなど、労働市場の先行きには不透明感も漂っている。帝国データバンクでは、人手不足に対する企業の見解について調査した。TDB景気動向調査10月調...

2018年1月17日マカフィーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2018年の脅威動向予測

...することが可能になります。しかし、攻撃者も機械学習を取り入れることで、攻撃の強化、防御側の対応からの学習、防御側の検知モデルの妨害方法の検討、そして防御側が新たに発見された脆弱性にパッチを適用する前にそれを悪用することが可能になります。 マカフィーの最高技術責任者(CTO)であるスティーブ・グロブマン(Steve Grobman)は、「2017年のランサムウェアの進化は、攻撃者による大幅な技術革新と脅威対策への順応により、脅威がさらに洗練されていくことを私達に改めて認識させました。機械学習、ディープ ラーニング、人工知能...

2018年1月16日ウェルクスフィードバック数:0社会/政治

「保育のAI化」について調査

...入する動きが注目されています。AIとは人間の脳が行っている知的な作業を、コンピュータによって真似させたソフトウェア・システム(人工知能)を指します。人間の言語を理解したり、経験データから学習したりするロボット(プログラム)と考えるとわかりやすいでしょう。 厚生労働省の調査によれば、平成29年度末に必要な保育士は46.3万人。平成25年度の保育所勤務保育士37.8万人と、平成29年度末までの自然増加分2万人を差し引いた「6.9万人」の確保が急がれています。そんな保育現場に革命を起こすとして、注目されている「保育のAI化」。実際...

2018年1月15日メイツフィードバック数:0社会/政治

タブレット授業の効果検証

...くは、下記プレスリリースをご確認下さい。クリックでPDFファイルもご確認いただけます。過去の記事Weblioの人工知能、メイツのタブレット学習教材を融合 英検®2次対策のスピーキング専用アプリ協業を開始タブレット学習アプリ「学習塾専用英検®アプリ」を提供する株式会社メイツ(本社:東京都新宿区、代表取締... 新年のごあいさつ新年あけましておめでとうございます。 【メイツNEWS 12月号】「学習塾専用英検®アプリ」11月より英検®2級対策アプリのリリース開始 メイツNEWS12月号...

2018年1月15日パーソルキャリアフィードバック数:0キャリアとスキル

平均年収ランキング2017

...サルタント」が14位、「IT戦略・システム企画」が15位とランキングの上位に入っており、システム開発において要件定義や企画立案を担う人材の年収が高い傾向となっています。また、ビッグデータや人工知能(AI)など、技術的なアプローチから新しい企画を生み出し、従来のサービスを改善する動きが加速する中、基盤となるデータを集めて分析し、ビジネスへとつなげる「データアナリスト・データサイエンティスト」も27位と、上位にランクインしています。「企画/管理系」の職種は、職種別ランキングの上位50位に...

2018年1月12日アドビ システムズフィードバック数:0キャリアとスキル

教育関係者の80%以上が「創造的問題解決能力の育成のために教育課程の改訂の検討が必要である」と回答

...いほうが将来高収入の仕事を得やすいと考えており、人工知能(AI)の発達等に伴う自動化が進む時代において、将来の仕事に備えるためにも同能力を育むことは重要であると認識しています。 しかし、今回の調査で、教育関係者の半数が「現在の教育課程では『創造的問題解決能力』の育成があまり重視されていない」と捉えていることが明らかになりました。現場の教員からは、「教科の授業時数や教えるべき内容が多すぎて、創造的問題解決能力に時間を当てられない」「創造的問題解決能力は数値化できない。評価できる教育者がいない。」といった声が挙がっており、時間...

2018年1月5日マクロミル★フィードバック数:0ライフスタイル

新成人500名にきく、2018年 新成人に関する定点調査

...位だった「」は、年に「」に追い抜かれ、今年はその差は倍にまで広がりました。社会潮流に対する考え、“AI”は半数弱が不安を抱く、“グローバル化”は半数弱がグローバル人材になりたいが8割が「英語に不安」社会の潮流として“グローバル化”や“(人工知能)化”といった話題が多く挙がる中で、今年年の新成人はこれらをどのように捉えているのでしょうか。まず“化”について尋ねると、「に期待している」が%、「に期待していない」が%でした。また「に不安がある」が%で、期待をしている・して...

2018年1月5日Intralinksフィードバック数:0ビジネス

2018年1-3月期イントラリンクス ディール・フロー・プレディクター 2018年1-3月期はM&Aが世界全体で増加すると予測

...&A取引に及ぼす影響 Kira Systems社CEO兼共同創設者ノア・ウェイスバーグ氏とFileFacets社CEOクリス・パーラム氏へのインタビュー:M&AにおけるAI(人工知能)と機械学習の活用について イントラリンクス ディール・フロー・プレディクターについて イントラリンクス ディール・フロー・プレディクターは、初期段階のM&A活動(準備段階またはデューデリジェンス段階に達したセルサイドのM&Aディール)を追跡調査することで、今後のM&A活動の公表件数を予測します。こう...

2018年1月5日ジャストシステムフィードバック数:0エンタテインメント

AIやロボットに置きかわってほしくないスポーツ選手は「プロ野球選手」

...AIやロボットに置きかわってほしくないスポーツ選手は「プロ野球選手」 人工知能(AI)&ロボット 月次定点調査(2017年11月度)AIやロボットに置きかわってほしくないスポーツ選手は「プロ野球選手」6割以上が「マーケティングの仕事は、将来AIに置きかわる」調査結果サマリーAIやロボットに置きかわってほしくないスポーツ選手1位は「プロ野球選手」プロ野球選手やサッカー選手、スポーツインストラクターなどのスポーツ関連職業について、「AIやロボットに置きかわってほしくない」と回...

2017年12月28日Wacom★フィードバック数:0デジタル家電

デジタル文具白書2017

...)」で成り立っていた世界は、常につながった(コネクティドした)デジタル文具の世界へと広がり、誰もがデジタルペンとインクによって新しい文具体験を手にできる日が近づいています。デジタルペンとインクで生み出されたコンテンツを、人工知能(AI)、拡張現実(AR)、仮想現実(VR)などと組み合わせて活用することも可能になります。例えば、AIにデジタルインクの画像や単語から意味を汲み取って解釈させることも研究されており、このような「意味づけ」によって、例えば同じ綴りでありながら、「吠える」と「木皮」の異...

2017年12月28日trendmicroフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2017年第3四半期セキュリティラウンドアップ

...年第2四半期(4月~6月)の110種類より増加し、111種類の新種ランサムウェアを確認しました※5。こうしたことから、ランサムウェアはすでにサイバー犯罪者が金銭を稼ぐビジネス手法として定着しており、今後も国内外での改悪・拡散が続くものと推測されます。ユーザにとっては、現在どのようなランサムウェアの攻撃手法が存在するのか把握するとともに、従来のパターンマッチングによる検出に加えて、サンドボックス技術やAI(人工知能)技術...

2017年12月27日ジャストシステムフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

人工知能(AI)&ロボット 月次定点調査(2017年10月度)

...企業の採用活動におけるAI活用に、約4割が「期待している」 人工知能(AI)&ロボット 月次定点調査(2017年10月度)企業の採用活動におけるAI活用に、約4割が「期待している」約7割が、音声操作時、「機器が正しく認識してくれるか不安」調査結果サマリー企業の採用活動におけるAI活用に、約4割が「期待している」企業の採用活動において、大量の書類選考を人間の人事担当が行うのではなく、AIを活用することについて、「とても期待している」人は13.3%、「どちらかというと期待している」人は28.5%で...

2017年12月27日Genpactフィードバック数:0ビジネス

世界300人の経営者を対象にAIに関する調査

...デジタルPRとプレスリリース配信03-4570-3196受付 10:00〜18:00(土日祝日を除く) ジェンパクト、世界300人の経営者を対象にAIに関する調査を実施~2020年までにロボットが安心できる同僚になるという期待の一方、各自のスキルや文化の違いが障害に~AIの先行企業と後進企業の間にはビジネス・パフォーマンスや取り組みの面で大きな格差があり、社内の障害を克服できる企業に大きな機会がある傾向が判明 (2017年9月20日に米国で発表されたプレスリリースの抄訳です。)人工知能(AI...

2017年12月27日日経BPフィードバック数:0社会/政治

「大学ブランド・イメージ調査 2017-2018」(2017年8月実施)【東日本編】

...東京理科大学大学に関する49項目のイメージについて、それぞれの大学の得票率を見ると、各大学特有の魅力が見えてくる(表3-1~4)。東日本編の地域では、大学ブランド力第1位の大学が各イメージの第1位を獲得することが多く、北海道大学は34項目(同率1位含む)、東北大学は27項目、筑波大学は42項目(同率1位含む)、信州大学は13項目が第1位だった。「いま注目されている、旬である」では、北海道の公立はこだて未来大学、甲信越の諏訪東京理科大学が、大学ブランド力のトップ校を抑え、首位を獲得した。公立はこだて未来大学では、人工知能...

2017年12月26日KAYAKフィードバック数:0大型消費/投資

日本における2018年航空券予約に関する調査

...供するトラベルツールの料金予測は、7日先の価格動向をアルゴリズムと人工知能が予測して、予約のベストタイミングを教えてくれます。過去14年分のグローバルデータの分析に基づく予測性能は天気予報レベルと称され、現在も精度向上のためのモニタリング・検証を常に実施しています。最もスマートな旅行プランニングを実現するために、2018年は”かけこみ予約”を最善の方法で回避して、よりお得な旅行を多くの日本のお客様に体験してもらいたいと思っています。」▲「料金予測」の表示例*上記のデータは、2017年1月1日から10月31日までの間でKAYAK...

2017年12月25日アクセンチュア★★フィードバック数:0ビジネス

アクセンチュア最新レポート――国をまたぐデータ流通などへの規制が企業成長を阻害することが判明

...影響を受ける見込みです。アクセンチュア・リサーチのプリンシパル・ディレクターであるアルメン・オーヴァネソフ(Armen Ovanessoff)は次のように述べています。「多くのデジタル・エバンジェリストの主張に反して、デジタル世界での国際協調は重要なテーマです。企業の上級役職者は、デジタルの未来を見据えたルールを作る上で、どのような役割を果たすべきかを認識しはじめています。人工知能やバイオテクノロジー、IoTの分野で起きている変化を考えると、不確実性が増している競争環境で企業が成長していくためには、国境...

2017年12月18日IPAフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

組込みソフトウェア開発データ白書2017

...て本書を参照できます。期待される活用領域 普及の兆しがある人工知能(AI)において、AIの性能を向上させるためには、AIに与える「知識データベース」を作る必要があり、そのデータにはプロジェクト管理データを分析したデータが不可欠です。こうした分析データは、一般的なデータブローカーからは入手することが困難であり、定量的にデータを蓄積していくことで、近い将来AIへの活用も期待されます。データ提供ご協力のお願い IPA/SECでは定量データに基づいてソフトウェアを管理することをさらに推進していくために、引き...

2017年12月18日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

Eコマース&アプリコマース月次定点調査(2017年10月度)

...要約】 今回の記事では、最近注目の「人工知能(AI)」について、消費者視点の独自調査結果から、市場の... 【記事要約】 今回の記事では、2016年にも何かと話題になった「シェアリングエコノミー」について、独自調査... 【記事要約】 「動画コンテンツ」をSNSで見かけることは、もはや日常的になりました。私はもっぱら料理と猫で... 1、そういえばフリマアプリがここ数年でずいぶん伸びた。 フリマアプリ、伸びていますね。 MRCが全国の15歳から69... 【記事要約】 市場...

2017年12月18日IDCフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

国内コグニティブ/AIシステム市場予測

...支援サービスなどが必要 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内コグニティブ/AI(人工知能)システム市場を調査し、2016年の同市場の分析と2017年~2021年の市場予測を発表しました。IDCではコグニティブ/AIシステム市場を、自然言語処理と言語解析を使用して質問に応答し、機械学習をベースとしたリコメンデーションとディレクションを提供する技術として定義しています。同市場は、ハードウェア/ソフ...

2017年12月18日IDCフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

国内IoT市場 コグニティブ(AI)活用動向調査

...組織設立に向けたアドバイザリーなどの取り組みが肝要に IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、IoT(Internet of Things)とコグニティブ(Cognitive Systems:一般的に「人工知能」や「AI」と呼ばれる分野)に着目し、IoT/コグニティブの双方を組み合わせることによって生み出される価値についての調査結果を発表しました。これによると、企業がIoTやコグニティブなどの先進技術を活用し、新ビジネスを創造する「デジ...

2017年12月12日IDCフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

国内企業のデジタルマニュファクチャリングへの取り組み状況

...タルツインを実現する各種情報のデジタル化を経て、企業全体でのデータ利活用インフラとなるデータプラットフォーム、AI(人工知能)を活用したジェネレーティブデザイン機能などを導入することで、高度な生産と業務変革の早期実現が期待できます。「国内製造業は、早い段階から機械化と自動化による工場ごとの効率化に努めてきた。しかし、バリューチェーンの構築や、データ利活用に必要なIT化では諸外国に後れを取っている。企業全体で生産性の向上を目指すには、管理が分断されてきた工場も企業ネットワークに取り込む必要がある。次世...

2017年12月12日Vodafoneフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2017-2018年度版 IoT普及状況調査レポート

...でより広範な経済に非常に大きな影響を与える」と予測 -79%が、セキュリティやプライバシーに関する懸念が大幅に軽減するにつれ、「IoTの利用が増加する」と回答 - 91%が、「異業種間の連携によりIoTの共同ソリューションが生み出される」と回答 - 89%が、「AI(人工知能)と機械学習は2022年までに一般化する」と予想本調査では、調査対象企業に対して「市場の状況」「ビジネス上の利点」「普及推進」「今後に対する楽観的考え」という4つのポイントを調査しています。本レポートでは、急速に増えた導入件数に加えて、IoTが更に大規模に展開され、結果...

2017年12月12日ニールセン★フィードバック数:0デジタル家電

スマートスピーカーに対する期待値は、10代、50歳以上で高い ~ニールセン 消費者のマルチデバイスの利用状況を発表~

...%となっていました(図表1)。次に、情報検索に最もよく利用するデバイスを見ると、全体で53%の人がスマートフォンから最もよく情報検索をしていました。スマートフォンから最もよく利用する人の割合は若年層ほど高く、特に10代では86%を占めていました。また、その割合は増加傾向にあり、2015年と比べすべての年代で増加していました(図表2)。最後に、新しいデバイスとして注目されている人工知能(AI)を搭載したスピーカー:スマートスピーカーに対する期待値を見ると、全体では43%の人...

テクノロジー企業成長率ランキング「デロイト トウシュ トーマツ リミテッド 2017年 日本テクノロジー Fast50」

...イロ」の運営、地域と行政をつなぐ総合サービス会社 AI(人工知能)技術をベースにしたWebマーケティングサービスの開発・提供 PR事業:アットプレス・クリッピング、シェアエコ事業:クロスコープ・トランスマート 家具・インテリア等のインターネット通信販売事業、越境ECプラットフォームの運営等 ※(未) は未上場企業、それ以外は上場企業を示す(2017年9月末時点)。※受賞回数は2017年分を含み、空欄は初受賞を示す。【デロイト トウシュ トーマツ リミテッド 日本テクノロジー Fast50...

2017年12月12日アドビ システムズフィードバック数:0大型消費/投資

サイバーマンデーに過去最高の66億ドルのオンライン売上高を記録すると予想

...ートフォンとタブレットのWebトラフィックの合計シェアが54%になり、デスクトップ(46%)を上回ることが見込まれます。予測方法アドビは、Adobe Experience Cloudの一部であるAdobe Analytics CloudのAdobe Analyticsを経由する膨大なデータポイントから、アドビの人工知能(AI)および機械学習フレームワークであるAdobe Senseiを活用して小売りに関するインサイトを収集しています。この分野において業界で最も包括的なインサイトと予測を提供するアドビの小売業界レポートは、4...

2017年12月1日アドビ システムズ★★フィードバック数:0大型消費/投資

2016年のサイバーマンデーより10億ドル以上を売上、スマートフォンによる売上高は、15億9,000万ドルで過去最高を記録

...ングチューズデーとホリデーシーズン全体を通じたオンライン売上高:今後のホリデーシーズンのうち、13日は1日あたりのオンライン売上高が20億ドルを超える見通しです。これによって、今年のホリデーシーズンにおいて売上高が20億ドルに達する日は昨年の2倍以上の合計18日となります。予測方法アドビは、Adobe Experience Cloudの一部であるAdobe Analytics CloudのAdobe Analyticsを経由する膨大なデータポイントから、アドビの人工知能(AI)および機械学習フレームワークであるAdobe Senseiを活...

2017年11月30日ヘイズ・ジャパンフィードバック数:0キャリアとスキル

世界33カ国人材の需給効率調査 日本の人材不足は世界ワースト2位

...求人が増えた職業とスキル【AI(人工知能)技術者】 ロボット工学×IT技術×語学AI・ロボット工学の分野では、多国籍企業が欧米の本社と歩調を合わせて開発を進めるために、国内の優れた人材を採用しようとしており、エンジニアや研究者の需要が極めて高まると予想されます。【自動運転の技術者】 自動車エンジニア×情報通信×語学×プロジェクトマネジメント能力従来の製造業に情報通信の技術を取り入れる技術革新が急速に進んでいることから、自動車業界は、従来...

2017年11月29日野村総合研究所★★フィードバック数:0マーケティング

2023年度までのICT・メディア市場の規模とトレンドを展望

...、新たに搭載された顔認証向けのロミオモジュールやジュリエットモジュールが品薄となったため、端末出荷が遅れるなど、機能拡張に伴うデバイスの需給バランスの問題は今後も課題となろう。また、スマートフォンの平均価格が1,000ドル(約11万円)の大台に乗ったことで、今後買い替えサイクルへの影響なども注目される。また、IoT(Internet of Things、モノのインターネット)やAI(Artificial Intelligence、人工知能)の領...

2017年11月27日ヘイズ・ジャパン★フィードバック数:0キャリアとスキル

ヘイズ 世界33カ国人材の需給効率調査 日本の人材不足は世界ワースト2位

...求人が増えた職業とスキル【AI(人工知能)技術者】 ロボット工学×IT技術×語学AI・ロボット工学の分野では、多国籍企業が欧米の本社と歩調を合わせて開発を進めるために、国内の優れた人材を採用しようとしており、エンジニアや研究者の需要が極めて高まると予想されます。【自動運転の技術者】 自動車エンジニア×情報通信×語学×プロジェクトマネジメント能力従来の製造業に情報通信の技術を取り入れる技術革新が急速に進んでいることから、自動車業界は、従来...

2017年11月17日Verizonフィードバック数:0企業情報システム

2018年にエンタープライズITの変革を推進する7つのテクノロジートレンド Verizon

...[] ベライゾンジャパン合同会社(東京都千代田区、執行役員社長:藤井一弘、以下「ベライゾン」)は、本日2018年エンタープライズITの変革を牽引すると予想される7つのテクノロジートレンドを発表しました。2018年は、グローバル企業や政府機関が、テクノロジーの活用によって顧客への対応を向上させ、競争力を高め、市場における差別化を加速させることに注力するなど、まさに変革の年となります。ソフトウェア・デファインド・ネットワーク(SDN)やモノのインターネット(IoT)、人工知能(AI)など...

2017年11月16日ジャストシステムフィードバック数:0企業情報システム

人工知能(AI)&ロボット 月次定点調査(2017年9月度)

...約2割が、「ロボットやAIの振る舞いは、人間らしい方がよい」 人工知能(AI)&ロボット 月次定点調査(2017年9月度)約2割が、「ロボットやAIの振る舞いは、人間らしい方がよい」6割以上が「AIによる個人情報収集に不安を感じる」調査結果サマリー約2割が、「ロボットやAIの振る舞いは、人間らしい方がよい」現在、AIやロボットは、音声や話し方、見た目が人間らしいものから、そうでないものまで幅広く存在しています。AIやロボットの音声や話し方、見た目について、「人間らしい方がよい」と思...

2017年11月15日ガートナーフィードバック数:0企業情報システム

Gartner Predicts 2018

...タル化への不信感が高まる。「偽りの現実」とは、実際に生じても存在してもいないことを事実とする画像、動画、文書、音声をデジタルによって作成することです。過去30年間、コンテンツの配布がほとんど規制されていない中、膨大な数のユーザーがインターネットにアクセスできるようになったことで、多少または大幅に改変したコンテンツを作成し、拡散させる能力は飛躍的に高まりました。このような拡散の次の波は、マシンにより生成され拡散されるコンテンツとなるでしょう。プラマーは、次のように述べています。「偽りの現実の検知は、コンテンツにある偽造のマーカを人よりも早く識別できる人工知能...

2017年11月15日ガートナーフィードバック数:0ビジネス

2018年のCIOアジェンダ

...そう重視されるようになっています」トレンドへの対応本サーベイではCIOの大多数が、テクノロジのトレンド、特にサイバーセキュリティと人工知能 (AI) によって、近い将来CIOの職務が大きく変化するであろうと述べています。サイバーセキュリティは2018年も引き続きグローバル規模の脅威であり続け、95%のCIOがサイバーセキュリティの脅威が高まり、自社に影響を与えるであろうと回答しています。ラウゼル・ジョーンズは次のように述べています。「これらの懸念への対応としてデジタル・セキュリティがCIOにとって上位の課題となっており、回答...

2017年11月14日つみきフィードバック数:0エンタテインメント

映画初日満足度ランキング(10月第4週)

...想・レビュー 「人間らしさとはなにか、考えさせられる映画」(20代・女性)、「人工知能とか、ロボットとかが身近になってきた昨今、妙にリアリティがある」(20代・男性)、「ライアン・ゴズリングの無表情な中に多くの感情を感じさせるたたずまいがとても良かった」(20代・女性)、「迫力ある音響、そして映像美」(30代・女性)、「圧倒的に美しいディストピアに連れて行かれた!素晴らしい映画体験」(40代・男性)、「深い。ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督の技に脱帽」(50代・男性)■2位:『ゲット・アウト』の感想・レビ...

2017年11月9日Booking.com Japan★フィードバック数:0大型消費/投資

2018年の「旅行業界8大トレンド」

...上を対象にしたアンケート結果をもとに2018年の旅行トレンドを予想し、発表いたします。1. 最先端テクノロジーを活用し事前に旅を「体感」 2018年には、行き先や宿泊施設を予約する前に、最先端テクノロジーを駆使して下調べをする人が増えると予想されます。AI(人工知能)やデジタルテクノロジーが急激な進化を遂げる中、世界のアンケート回答者の29%が、『旅の履歴などにもとづき、AIに旅行計画を立ててもらうことに不安はない』と回答し、日本人も29%が同様に回答しました。さらに50%が、『質問や疑問が解消してくれさえすれば、人に...

2017年11月9日ジャストシステムフィードバック数:0エンタテインメント

動画&動画広告 月次定点調査(2017年9月度)

...画投稿サ... 【記事要約】 今回の記事では、2016年にも何かと話題になった「シェアリングエコノミー」について、独自調査... 【記事要約】 今回も前回に引き続き「LINE広告のスクショたくさん集めて分析してみたよ」企画です。前回は「... 【記事要約】 今回の記事では、最近SNSで見かけることも多くなった「動画コンテンツ」について、MRCの最新... 1、チラシアプリきっかけで自転車を買ったウチの嫁 私事で恐縮ですが先日ちょっとした“気づき”があったのでご報告します。... 【記事要約】 この記事では「人工知能...

2017年11月9日ガートナー★★フィードバック数:0企業情報システム

2018年の戦略的テクノロジ・トレンドのトップ10

...したトレンドを視野に入れている他社に後れを取る恐れがあります」以下で説明する戦略的テクノロジ・トレンドの最初の3つでは、人工知能 (AI) と機械学習について、これらが事実上あらゆるものに浸透しつつある現状と、テクノロジ・プロバイダーにとって今後5年間の主戦場になるという見通しを考察します。その次に示す4つのトレンドでは、デジタルの世界と物理的な世界を融合させ、デジタル面を強化したイマーシブ (没入型) 環境を構築することに焦点を当てています。最後の3つは、人や企業、デバイス、コンテンツ、サービス間で拡大するつながりを活用した、デジタル・ビジ...

2017年11月9日アクセンチュアフィードバック数:0企業情報システム

デジタル技術をテコに効率化と成長を図る企業は、平均60億ドルの時価総額増が可能

...宇宙・防衛、自動車、消費財・サービス、産業機器、ライフサイエンス、運輸、医療技術、公益事業、天然資源、化学、オイル・ガスの12業界を対象にして、売上10億ドル以上の企業が従業員1人のコストを大幅に削減しつつ、時価総額を高めるための最適な技術の組み合わせ方を検証しました。検証の結果、3Dプリンティングや人工知能(AI)、拡張現実(AR)・仮想現実(VR)、自律型ロボット、自動運転車、ビッグデータ分析、ブロックチェーン、デジタルツイン(*1)、機械学習、モバイル・コン...

2017年10月30日Appier★フィードバック数:0マーケティング

アドフラウドへの対策―AIはどのように役立つのか

...Appier、AIを使ったアドフラウド対策モデルの効果に関するレポート「アドフラウドへの対策―AIはどのように役立つのか」を発表 AIベースのアドフラウド対策は、従来のアプローチと比較して2倍の疑わしいインストールを検出 AI(人工知能)テクノロジー企業のAppier(エイピア、本社:台湾、共同創業者/CEO:チハン・ユー、以下Appier)は、本日、AIを使ったアドフラウド対策モデルの効果に関するレポート「アドフラウドへの対策―AIはどのように役立つのか」を発表しました。本レ...

2017年10月30日ガートナー★★フィードバック数:0ビジネス

世界のCIO 3,000人以上のサーベイ

...そう重視されるようになっています」トレンドへの対応本サーベイではCIOの大多数が、テクノロジのトレンド、特にサイバーセキュリティと人工知能 (AI) によって、近い将来CIOの職務が大きく変化するであろうと述べています。サイバーセキュリティは2018年も引き続きグローバル規模の脅威であり続け、95%のCIOがサイバーセキュリティの脅威が高まり、自社に影響を与えるであろうと回答しています。ラウゼル・ジョーンズは次のように述べています。「これらの懸念への対応としてデジタル・セキュリティがCIOにとって上位の課題となっており、回答...

2017年10月29日The Economistフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

Safe Cities Index 2017 加速する都市化と セキュリティ強化に向けた取り組み

...ノロジーが都市に恩恵をもたらすことはいうまでもない。IoT(Internet of Things(モノのインターネット))はその典型的な例だ。センサーを使ってデータを収集しWiFiをつうじて様々な機器から転送することで、遠隔的・効率的なインフラ・サービス管理を実現するなど、IoTは都市運営のあり方に新たな可能性をもたらしている。例えば、スマートメーターをつうじてマンションやオフィスビルを電力網と接続すれば、エネルギー利用の効率化やコスト削減が見込めるだろう。監視カメラ(CCTV)やWebカメラ、人工知能(AI)、データ・アナ...

2017年10月29日VISAフィードバック数:0大型消費/投資

世界各国の主要都市においてデジタル決済利用増加が与える経済的影響

...な経済成長、犯罪の低下、雇用の増加、賃金の上昇、労働者の生産性向上といった恩恵を受けています。」都市部におけるデジタル決済の利用拡大により、消費者、事業者、政府は、金銭的な利益以上のプラス効果を得ることができます。また、デジタル決済への移行により、GDP、雇用、賃金、生産性向上といった当該都市の経済指標全般を好転させる触媒効果も期待できます。Roubini Thoughtlab代表のルー・セリ(Lou Celi)は次のように述べています。「スマートフォンやウェアラブル端末から人工知能...

2017年10月29日Cylanceフィードバック数:0企業情報システム

AI(人工知能)の投資調査

...サイランス、AI(人工知能)の投資調査を実施 人工知能の投資回収を2年以内に達成できると64%が回答 Press + Media Contact<本件に関するお客様からの問い合わせ先>Cylance Japan株式会社担当:三浦電話:03−6386−0061prjapan@cylance.com IT部門の意思決定者の77%が、AI(人工知能)を活用したツールの導入によって、より多くのセキュリティ侵害を予防できるようになったと回答し、81%が自...

2017年10月27日ガートナー★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

RPAに関する調査

...は、導入によって一定以上の効果が期待できますが、現状では実態を上回る過度な期待と過剰なマーケティング・メッセージなどにより、テクノロジや導入効果、課題、現状と将来などのRPAにまつわるさまざまな事柄に関する理解が異なるため、市場では混乱が見られます。ガートナー ジャパンのリサーチ&アドバイザリ部門リサーチ ディレクターである阿部 恵史は、RPAの現状について次のように述べています。「多くのRPA製品は成熟したテクノロジの組み合わせであり、人工知能 (AI) や機...

アジアにおける金融機関の 81% が、ビジネス成功のカギはデジタル化であると回答

...安価にデジタルトランスフォーメーションが可能になると認識しているとの結果となりました。今後2~3年の間で、デジタルトランスフォーメーションを推進し、実現するためのテクノロジとして以下に注目していることが明らかになりました(以下注目順)IoT:ATMの予兆保全などへの活用が期待されています。人工知能(AI):様々な情報源から収集した膨大なデータをもとに、顧客とコミュニケーションすることで、ニーズを把握し、感情や意図を理解できるソリューションです。次世代コンピューティング体験:ChatbotやSkype Translatorなどにより、時間...

2017年10月23日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内データセンターサービス市場予測

...では予測しています。クラウドサービス利用拡大による市場成長の加速に加えて、コグニティブ/AI(人工知能やディープラーニングなど)およびIoT(Internet of Things)といった、まったく新しいタイプのデータ処理のニーズが、DCサービスの更なる成長を促進する可能性があるとIDCでは考えています。「こうした新たな市場のダイナミズムに対応するため、SI事業者/IT ベンダーではハイブリッドクラウドや、デジタルトランスフォーメーション(DX)指向型DCなど...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ