調査のチカラ TOP > 特集一覧 > データがいっぱい:人工知能

データがいっぱい:人工知能

世間の注目が集まる分野には調査データが増加します。人工知能については、クラウド/IoTが発達したことで応用範囲が大きく広がり、改めてトレンド化しています。

2017年3月25日野村総合研究所フィードバック数:0ライフスタイル

AI for your life~暮らしに広がる人工知能~

...」「NRIらしい社会貢献」という3つの方向性を通じて、企業としての社会的責任を果たします。 採用情報TOP »NRIに就職をご希望の方にお役に立つコンテンツの入り口です。 フォーラムの内容について、ご質問や取材のご希望がありましたら、下記のお問い合せ先までご連絡ください。 ※講演者の役職・所属は講演当時のものです。AI for your life ~暮らしに広がる人工知能~2017年3月14日開催 ICT・メディア産業コンサルティング部 プリンシパル, Ph.D. 安岡 寛道 消費...

2017年3月23日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内データセンター延床面積予測

...半から緩やかな下降傾向が続いています。これによって、DCの新設/増設については積極投資に転じるDC事業者が増えています。今回の予測見直しはこうした動きを反映したものです。DC事業者がDCの新設/増設を増やしているのは、クラウドサービス向けの大規模DC需要が増加しているためです。クラウドサービス提供の基盤には、大量の電力供給および空調能力、大容量ネットワークインフラ、大容量IT機器を支えるための床構造などを備えたDC設備が必要であることから、従来の設備では対応できずに新築や増築を行っています。また最近は、人工知能...

2017年3月15日ferret★フィードバック数:0マーケティング

EC運営者必読!見逃せないトピックス満載の市場調査データ40選

...ケティングリサーチキャンプマーケティングリサーチキャンプが、EC運営・管理業務担当者向けに実施したECトレンド調査です。調査データによると、EC担当者が2016年最も注目したキーワードは「AI・人工知能」、次いで「ブラックフライデー」「Web接客」という結果でした。このほかにも「Webプッシュ通知」「オムニチャネル」といったキーワードが挙っています。まとめ以上が、2016年の気になる市場調査データでした。いかがでしたでしょうか。移り変わりの激しいEC市場ですので、将来性やトレンドについて疑問を持っている方が多いのではないでしょうか。そんな方は、今回...

2017年3月15日野村総合研究所フィードバック数:0企業情報システム

2021年までのITロードマップ チャットボット

...ざまな影響を及ぼすと考えられる情報通信関連の重要技術が、2021年までにどのように進展し実用化されるかを予測した「ITロードマップ*1」をとりまとめました。今回、重要技術として取り上げたのは、「人工知能(AI)」、「チャットボット*2」、「VR(仮想現実)・AR(拡張現実)」、「ペイメント2.0」、「APIエコノミー2.0」、「FinTech」、「デジタルマネーマネジメント」、「デジタル・ロジスティクス」、「プログラマティック・マーケティング」の9つです。また、年々重要度が高まっているセキュリティ技術の中から、「マルウェア対策」、「DevSecOps」の2...

2017年3月7日日本マイクロソフトフィードバック数:0企業情報システム

日本における「デジタルトランスフォーメーション」推進の重要性について

...タルトランスフォーメーション」進展の阻害要因として、以下の5つが挙げられました。1. サイバーセキュリティ上の脅威2. 不確実な経済環境3. デジタルスキルを持った人的リソースの不足4. 政府とICTインフラのサポート不足5. エグゼクティブ層のリーダーシップ不足なお、日本に関する調査結果については、インフォグラフィックス にまとめていますので参照下さい。クラウドコンピューティングを基盤とした、人工知能(AI)、IoT(Internet of the Things:モノのインターネット)、高度なデータ分析およびMixed...

2017年3月3日ビッグローブフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

「過去/未来30年のテクノロジー」に関する意識調査

...を迎えるニフティ株式会社とともに、3月23日に「東京カルチャーカルチャー」で30周年記念イベントを開催します。両社が関わってきたインターネット30年の歴史を振り返り、未来の出来事を予想する「100年年表」を作成します。【調査結果のトピックス】期待している未来のテクノロジー、シニアはAI、20代以下はVR/AR今後30年でワクワクするテクノロジー/サービスの進歩を質問したところ、半数近くが「AI(人工知能)のカスタマーサポート/医療診断/進路相談などへの活用」と回答。中でも、シニア層は約6割にのぼった。また、20代以...

2017年3月1日アクセンチュア★★フィードバック数:0企業情報システム

Emerging Technologies in Public Service(行政機関におけるデジタル技術導入)

...Skip to main content Skip to Footerアクセンチュア株式会社2017年2月24日アクセンチュア最新調査――機械学習や人工知能(AI)などデジタル技術の導入は、行政機関の人材獲得に不可欠【バージニア州アーリントン発 2017年2月2日】アクセンチュア(NYSE:ACN)の最新調査によると、行政機関が民間企業との人材獲得競争に勝ち、スキル格差の拡大に対処するためには、デジタル技術に精通した若い人材の獲得・定着に向けて、機械学習や人工知能(AI)、生体...

2017年2月28日アクセンチュアフィードバック数:0マーケティング海外

Global Distribution & Marketing Consumer research

...ビス提供の迅速化(39%)ならびに低価格化(31%)、そしてコンピュータ/人工知能(AI)による、人間よりも公平かつ分析的なアドバイスの提供(26%)を期待する回答が挙がっています。 今回の調査では、インドネシア(92%)、タイ(90%)、ブラジル(86%)、チリ(84%)などの新興市場で、ロボアドバイザーに対する関心が特に高いことが明らかになりました。いずれも、スマートフォンなどのデジタルデバイスを金融サービスのやり取りの主要手段として利用することが一般的となっている国です。またカナダ(56%)、ドイツ(59...

2017年2月27日ニワンゴフィードバック数:0マーケティング

月例ネット世論調査2017年2月

...三菱総研の試算によると、人工知能(AI)技術が普及すると、2030年には日本で新たに500万人の雇用が生まれる一方、740万人の仕事が奪われます。あなた自身は、AIによって自分が仕事できるようになると思いますか、AIによって自分の仕事が奪われてしまうと思いますか。 Q10一般的に65歳以上とされてきた高齢者の定義について、日本老年学会などは「65~74歳は心身とも元気な人が多い」として、75歳以上を高齢者とすべきだと提言しました。あなたは、何歳以上を高齢者と定めるのが適当だと考えますか。 Q11...

2017年2月24日インテリジェンスフィードバック数:0キャリアとスキル

転職成功者の年齢調査(2016年下半期)

...ンシャルに期待した若手層の採用に積極的な企業が引き続き増加傾向にあること一因であると想定されます。求人数は高い水準を維持し、依然として売り手市場が続いている今、転職希望者にとっては多くの求人の中から自分の希望に合った仕事を選びやすい状況にあるといえます。また、人工知能(AI)やIoT(モノのインターネット化)、ビッグデータに代表される新しい技術や分析手法の活用や、テクノロジーを用いた効率化や省力化に向けた取り組みを進めるにあたって、新しい仕事や役割を担える人材のニーズが高まるなど、キャリアのバリエーションも広がっています。だからこそ、転職希望者は選択肢が豊富な今のうちに、実現したい「働き...

「主婦(プ)レミアムフライデー」実態調査

...ウザ版は2011年から提供。(「OCN家計簿」から名称を「Kakeibon」に変更しました)-銀行・証券・電子マネー・クレジットカードの情報を一括管理可能です-金融機関レベルのセキュリティのため安心してご利用いただけます-連携できる金融機関の数は無制限で、ログイン時に最新の明細と資産残高を確認できます-毎月の収支は一目瞭然。節約すべき項目を人工知能が自動でチェックしますアプリ版 ■Kakeibon-かんたん自動作成の家計簿 [Android / iOS対応]・お金...

『Logicad ダイナミッククリエイティブ』、アパレル広告におけるクリエイティブの効果検証

...トに訪問歴のあるユーザーに対し、閲覧履歴をもとにした興味関心が高い複数の広告クリエイティブを自動的に生成するものです。これにより全ユーザーの商品ページへの閲覧履歴から高精度な分析を可能とし、関連性の高い商品の広告を掲載していくことが特徴です。さらにDSP『Logicad』が提携する広告ネットワークへ、リターゲティング広告を用いた配信を行うことで、クリックやコンバージョンを促進します。 ◆主な特徴 高精度なターゲティング技術閲覧された商品属性項目でユーザーを絞り込み、ターゲティング効果を向上。高度な分析を可能とする独自のレコメンドエンジン自社開発した人工知能...

2017年2月19日IDCフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

世界ロボティクス関連市場 2017年以降の10大予測

...進展を特徴付ける要素や企業の動きなどの予測を提供するレポート「IDC FutureScape: Worldwide Robotics 2017 Predictions」に基づき、2017年以降の10大予測を発表しました。IDC Manufacturing Insights ロボティクス リサーチディレクターのジン・ビン・チャン博士は「人工知能、コンピュータービジョン、ナビゲーション、MEMS(Micro Electro Mechanical System)センサー、そして半導体技術の進化は、産業用ロボットやサービスロボットの能力、性能、自律性、機能、使い...

2017年2月18日アクセンチュア★フィードバック数:0モバイル

Dynamic Digital Consumers

...Skip to main content Skip to Footerアクセンチュア株式会社2017年2月9日アクセンチュア最新調査――スマートフォン、今年は消費者需要に回復の兆し 人工知能(AI)を活用したサービスの普及が進む半面、価格とセキュリティへの懸念からスマートウォッチとフィットネストラッカーの需要は低迷【ニューヨーク発 2017年1月4日】アクセンチュア(NYSE:ACN)の最新調査によると、2016年に過去3年間で最低水準にまで落ち込んだスマートフォンに対する消費者需要が、セキ...

2017年2月14日アクセンチュアフィードバック数:0キャリアとスキル

Harnessing: Revolution: Creating the Future Workforce(未来のワークフォース:人材の活用と革命)

...ジタルが自分の仕事に与える影響を楽観的に考えています。回答者の3分の2以上(74%)がロボットやデータ アナリティクス、人工知能(AI)といったテクノロジーによって「自分の仕事がより効率的にできるようになる」と考えており、また「新たなスキルを学ぶ」(73%)、「仕事の質を高める」(66%)ことができるようになると答えています。回答者の87%は、今後5年間のうちに自分の仕事の一部が自動化されるだろうと予想しています。その割合はミレニアル世代が93%と最も高く、ベビーブーム世代では79%でした。この先5年間で自動化が自分の仕事に与える影響については、自動...

2017年2月13日ジャストシステムフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

チャットボットに関する実態調査

...に対する将来の浸透度合いについて教えてください。チャットボットのサポート業務への活用に対する将来の期待度合いを教えてください。チャットボットのサポート業務への活用に対する将来の浸透度合いについて教えてください。チャットボットサービスとして利用したいアプリについて教えてください。(LINE/Facebook/Twitter/Google/Skype/Slack) 最近、不動産などでLINEなどのチャットを利用した「プレ接客」を見かけることも多くなりました。また、人の手による「チャット接客」ではなく、人工知能などの「bot(ボット)」を活...

2017年2月12日AINOWフィードバック数:0企業情報システム

「AI Lab Map」Ver1.0.2

...人工知能のニュースを1万件掲載するニュースサイトありそうでなかった!日本のAI関連の大学研究室をまとめた「AI Lab Map」Ver1.0.4を公開ありそうでなかった!日本のAI関連の大学研究室をまとめた「AI Lab Map」Ver1.0.4を公開こんにちは、AINOWの亀田です。2016年は、産学連携プロジェクトが盛んになり、AIを研究している研究室の名前を目にすることが増えたと感じた方も多いはず。そこで、AINOWでは、日本のAI関連の研究をされている研究室をまとめてみました。(まだ...

モデルプレスにおける「東京ガールズコレクション2016 A/W」「TGC北九州2016」関連記事読者の商品へのモチベーション変化を調査

... 東京都千代田区紀尾井町1-3 東京ガーデンテラス紀尾井町 紀尾井タワー 人工知能開発事業、マーケティングコンサルティング事業、ソフトウェア事業 株式会社ネットネイティブメールアドレス:marketing@mdpr.jp 株式会社IDCフロンティア 広報グループTEL:03-6898-2430メールアドレス:pr@idcf.jp データアーティスト株式会社TEL: 03-6408-2874メールアドレス:info@data-artist.com...

2017年2月9日IBMフィードバック数:0企業情報システム

IBM、2016年に過去最高の8,000件以上の特許を取得

...取得した特許には、人工知能/コグニティブ・コンピューティング、コグニティブ・ヘルス、クラウド、サイバーセキュリティーなど、IBMの戦略的成長分野におけるさまざまな発明が含まれています。 2016年、IBMの発明者たちは1日平均22件以上の特許を取得し、その結果、IBMは単年で8,000件を超える特許を取得した初めての企業となることができました。IBMの研究者、技術者、および設計者たちは、AI/コグニティブ・コンピューティングおよびクラウド・コンピューティング関連の発明で2,000件以上の特許を生み出しました。IBM...

2017年2月8日日経BPフィードバック数:0モバイル

携帯電話・スマートフォン“法人利用”実態調査 2017

...トバンクへのヒアリング調査結果を掲載2. タブレット・スマホ・携帯の利用実態を徹底調査し、解明モバイルクラウドの注目サービスとは?次代を予測する3年間の時系列データ3. 格安SIM、格安スマホ、MVNOは法人市場で拡大するのか!?4. 注目のIoT、ロボット/ドローン、人工知能(AI)に関する業務活用における関心度、活用度について調査・分析5. キャリア別の満足度、イメージ・評価を調査・分析 聞き取り調査と郵送調査の2つの側面から徹底調査。偏りが少なく、精度の高いデータです。ヒアリング調査主要3キャリアの2017年の...

2017年2月8日アクセンチュア★★フィードバック数:0企業情報システム

テクノロジービジョン2017

...Skip to main content Skip to Footerアクセンチュア株式会社2017年1月27日“ひと”による“ひと”のためのテクノロジーの出現を予測――アクセンチュア調査レポート「テクノロジービジョン2017」人工知能、デジタル・エコシステム、人材のマーケットプレイスにおける“ひと”を中心としたテクノロジーの進展が、“ひと”に新たな力を与え、ビジネスや社会に変革をもたらす 【ニューヨーク発:2017年1月26日】企業の従業員や顧客を含めた“ひと”は、テク...

2017年2月2日NTTデータ★★フィードバック数:0マーケティング

NTT DATA Technology Foresight 2017

...~ビジネスの未来を解き明かすITトレンド~ 株式会社NTTデータ(以下:NTTデータ)は、情報社会を取り巻く大きな潮流とITのトレンドを示す「NTT DATA Technology Foresight 2017」を、2017年1月27日に公開しました。AI(人工知能)やロボティクスなどを中心に、ITがビジネス環境や生活環境を変えることで、新たな市場の創出や既存ビジネスモデルの刷新がもたらされています。こうした状況に適応し、最適な経営判断を実施していくには、ITによる環境変化を捉え、進む...

2017年1月29日ビズリーチ★フィードバック数:0キャリアとスキル

残業や生産性に関するアンケート

...上の利用企業とマッチングが可能です。スマートフォンアプリでは、毎日最大10社の企業情報を人工知能がレコメンド。求職者は気になる企業を直感的に選ぶことで翌日以降のレコメンドの精度がさらに向上します。また、求人検索から応募までスマートフォンで完結できるため、通勤などの隙間時間に効率的な転職活動が可能です。サービス名careertrek(キャリアトレック)公開日PC版 2014年4月21日 グランドオープンURLPC版iOS版/ Android版対応機種・iOS版:iOS 8.0以降・Android版:Android4.0.3以降...

2017年日本 給与調査

...員は長期間にわたって同じ企業に勤めることが多く、依然として転職は少ないです。 アジアの他の市場と同様、クラウドコンピューティング、ビッグデータ、人工知能などの成長分野のIT企業は、経験豊富な中間管理職以上の人材を採用するのが難しくなるでしょう。これらの役職を海外からの人材で補うというのは、日本語も話せる有能なデベロッパーは比較的少ないため、解決策ではありません。 国内のテクノロジー業界は、新しい商品やサービスの開発に関して海外市場より一歩先を進み続けるでしょう。日本は、古くからイノベーションに強みを持ち、消費...

2017年1月26日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査2016年度総集編

...割が、料金が安くなるなら「携帯電話税」に前向き 税収確保策のひとつと... 調査結果サマリー 人工知能やロボットに置き換えたい窓口は「役所」がトップで16.2% ... 調査結果サマリー 首都圏のタクシー利用者のうち、約2割が「スマホアプリ」から配車依頼の経験あり 首都圏在... 調査結果サマリー SIMフリー端末を使っていないユーザーの7割が、「SIMフリー端末」に興味 「SIMフ... 調査結果サマリー クロスセルに効果的。半数以上が、「レシートクーポンは他店に行く動機になる」 レシ...

中小企業向け 「社会保険・雇用保険の電子申請対応型クラウド労務管理ソフト」の市場動向 - 調査

...、「SmartHR」(KUFU)が最多で2,717社、次いでGozal(BEC)の2,000社、jinjer労務(ネオキャリア)の800社。※ SmartHRはKUFUプレスによる公表、Gozal、jinjer労務はヒアリングによる調査結果 今後は、HRTechの流れの中で、中小企業向け「電子申請対応型クラウド労務管理ソフト」の市場拡大が見込まれる クラウドやビッグデータ解析、人工知能(AI)など最先端のIT関連技術を使って人事関連業務を行う「HRTech」が大きな流れとなっている。 この流れの中で、中小...

2017年1月26日ジャストシステムフィードバック数:0大型消費/投資

老後のライフプラン調査

...ジの調査結果レポートを、「Marketing Research Camp」(https://marketing-rc.com/report/)から、無料でダウンロード提供します。調査概要2017年1月13日(金)~1月16日(月)調査対象:20~40代の男女1,101名調査方法:セルフ型ネットリサーチ Fastaskでのアンケート調査今回調査した設問項目老後のライフプランを考えたことがありますか。「AI(人工知能)」の活用で、高齢者が働きやすくなることが期待できますか。(老後のライフプランがある就労者)老後...

2017年1月26日富士通★★フィードバック数:0マーケティング

デジタル化への認識とデジタルマーケティングの実態調査結果

...ランク外に追いやられるとの指摘もあり、時期の差はあるにせよデジタル化の影響は全ての業種に及びそうだ。そこで、企業におけるデジタル化に対する認識や取組み状況を把握し、業種別の違いや課題を明らかにすることを目的として、デジタル化が進み始めたマーケティング担当者にアンケート調査を行った。調査結果からは、業種によるデジタル化に対する体感の差や、デジタルマーケティングへの取り組みの違いが明らかになった。調査内容デジタル化の認識デジタルマーケティングの取り組み状況ビッグデータと人工知能(AI)技術...

2017年1月23日インテリジェンスフィードバック数:0キャリアとスキル

2016年12月 転職求人倍率

...ざまな業界・職種で上昇を続ける見込みです。政府は「長時間労働の是正」と「同一労働同一賃金」を柱とした「働き方改革」を掲げており、在宅勤務や副業など柔軟な働き方を目指すとしています。この動きによって、企業の勤務体系にもやがて変化が出てくるでしょうが、しかしそれを待たずして、長く続く人材不足を解消しようと、待遇や就労環境の改善を推進する求人が増えてきています。また、あらゆる分野で人工知能やロボット化などのテクノロジーを用いた省力化・生産性の改善が図られており、その大きな潮流の中で、これ...

2017年1月23日A.T. カーニーフィードバック数:0大型消費/投資

The Battle for the Smart Home: Open to All(スマートホームビジネス勝利への条件)

...ートホーム=インターネット接続され外から容易にコントロール可能な「家」、というアイディアがアジアで現実になりつつある背景として、市場拡大を促進する4つの大きな流れがあると記している。1. コネクティビティとインテリジェンス(インターネット接続の普及と情報化)テクノロジーとスマートフォンの処理能力の発展によって、住宅でのインターネット接続の普及がさらに進んだ。ビッグデータとAI(人工知能)を組み合わせることで、ユーザーのニーズや行動を適切に予測できるようになり、スマ...

第20回世界CEO意識調査

...と機械の協働にどのような利点があるのかを既に探っており、5人に2人(39%)は人工知能が将来の人材スキルのニーズに及ぼす影響を検討しています。CEOの70%がテクノロジーの変化のスピードを懸念し、創造性とイノベーション、リーダーシップとEQ(心の知能指数)について最も貴重なスキルと考えていることは驚きではありませんが、同時にそうした人材の獲得が難しいと考えています。デジタルとSTEM(科学、テクノロジー、工学、数学)に長けた人材の確保も過半数のCEOが採用上の課題としています。PwCのグローバル会長であるボブ・モリッツは、以下...

2017年1月17日ビズリーチ★フィードバック数:0キャリアとスキル

副業に関するアンケート

...けのレコメンド型転職サイトです。会員の基本情報とキャリア診断結果をもとに、似た傾向にある会員の応募動向やサイト利用動向を分析して求職者と企業をマッチング。使えば使うほどマッチング精度が高くなるレコメンド機能を搭載しています。2017年1月1日時点の会員数は27万人以上で、92,000件以上の掲載求人、4,500社以上の利用企業とマッチングが可能です。スマートフォンアプリでは、毎日最大10社の企業情報を人工知能がレコメンド。求職者は気になる企業を直感的に選ぶことで翌日以降のレコメンドの精度がさらに向上します。また、求人...

2017年1月15日オールアバウト★フィードバック数:0社会/政治

国民の決断~未来予測

...今年、多くの人を動かす8つの「コト」All About「国民の決断~未来予測」を発表!人工知能、VR、民泊…近い将来の「決断」の可能性をガイドが解説...

2017年1月13日アイティメディアフィードバック数:0マーケティング

デジタルビジネス関連記事 FBシェアランキング2016 ベスト10

...タイトルシェア・コメント数掲載日1ディープラーニングは万能ではない:AIとは何か、人工知能学会会長が語った常識と誤解174811月14日2特集:今、市場に求められるITアーキテクトの視点(3):アジャイル開発の第一人者、吉羽龍太郎氏が指南するSIerとエンジニアのあるべき姿8486月30日3ガートナーに聞く「デジタル時代に求められる人、ノウハウ、テクノロジー」(1):日本の企業とエンジニアが「クラウドでコスト削減」に失敗し続ける本当の理由8458月31日4特集:インフラエンジニアのためのハードウェア活用の道標(3...

2017年1月13日Cylanceフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

Total Economic Impact

...ルと分析<本件に関するお客様からの問い合わせ先>株式会社担当:三浦電話:03−6386−0061 米国カリフォルニア州、アーバイン発– (人工知能)を活用して標的型攻撃やマルウェアの実行を未然に防ぎサイバーセキュリティに革命をもたらしているCylance®(以下、サイランス)は、米国時間年12月21日、同社の依頼で米が行った調査「Total Economic Impact™」の結果を発表しました。本調査では、米国で規模の大きいある地方行政組織が、との...

JNSA 2016 セキュリティ十大ニュース

...だけでなく周りの人も積極的に守れるように日常的にジャンル問わずにセキュリティへの意識を高めておく必要があるといえる。【第4位】 3月12日 人工知能が囲碁の世界トップ棋士に完勝〜AIはビッグブラザーの夢を見るか?〜 3月に行われたコンピュータ対人の囲碁対局において、人工知能(AI)のAlphaGoが、世界トップ棋士の一人であるイ・セドル氏を打ち破った。五番勝負の対局に三連勝したのだ。コンピュータが囲碁のプロ棋士に勝てるのは「10年先」と言われていたこともあり、大きな反響を呼んだ。その他にも、AIがレンブラントの新作を描いたり、小説を書いて文学賞の一次選考を通ったり、センタ模試で偏差値57.1...

2017年1月11日IDC★フィードバック数:0ビジネス

国内ソフトウェア市場予測

...ロイメント市場ではビッグデータ/アナリティクスの需要が引き続き拡大することに加え、PaaSの成長が本格化し、2020年まで毎年5%以上の前年比成長率が続くとIDCではみています。アプリケーション市場ではビジネスのデジタル化によってディープラーニングと機械学習を組み合わせたサービスを提供する企業が増え、コグニティブ/AI(人工知能)システム/コンテンツアナリティクスソフトウェアへの投資が拡大するとみています。システムインフラストラクチャ市場では、標的...

2017年1月11日アイティメディアフィードバック数:0マーケティング

2016年、開発者、プログラマー向け@IT記事、Facebookシェア数トップ20とは?

...早いもので2016年ももう終わりですね。今年もいろいろなことがありましたが、@IT読者の皆さんにとってどのような1年だったでしょうか。 2016年のITに関する大きな動きといえば、5月19日に日本政府が発表した新しい成長戦略の素案に集約されると思います。小学校でのプログラミング教育必修化や、3年以内のドローン配送実現、2020年の高速道路での自動走行実現、人工知能(AI)研究の推進などが主なトピックです(参考)。これと「デジタルトランスフォーメーション」という大きな流れが相まって、開発者、プロ...

2017年1月10日JEITAフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

電子情報産業の世界生産見通し2016

...化率のアップが見込め電子部品や半導体の搭載数増加に繋がる。さらに、様々な産業分野で、人工知能(AI)やセンサとアクチュエータを応用した新しい価値を創造するための取組みが進展すると共に、それらに関わるITソリューション・サービスの需要拡大が期待できることから、2017年の電子情報産業の世界生産額は対前年3%増とプラス成長を見通した。2. 日系企業の世界生産見通し電子情報産業における2016年の日系企業生産額(海外生産分を含む)は、為替による金額の目減りやパソコンや薄型テレビなど海外での規模縮小もあり、36兆1,229億円(対前年9%減)とマ...

2017年1月8日アイティメディアフィードバック数:0企業情報システム

ITmedia エンタープライズ 年間アクセスランキング 2016年版

...て最新セキュリティツールの情報を見やすくまとめています。ぜひご覧ください。ITmedia エンタープライズ セキュリティページ Windows 10騒動、IoT・人工知能ブーム、そして数々のセキュリティインシデントなど、2016年もエンタープライズIT業界はさまざまな話題がありました。2017年はどのような年になるのでしょうか。来年も、ITmedia エンタープライズをよろしくお願いいたします。関連記事AI、IoT、Chatbot――2016年に読まれた「事例記事」を振り返る 2016年に注目が集まった事例記事は何でしょう? 1年間...

2017年1月8日アイティメディアフィードバック数:0企業情報システム

1位は「日本技術の集大成」――2016年、Facebookでシェアされたニュース【Best 20】

...「ロボット」「リオ五輪」「人工知能」――2016年、どんなニュースが印象に残っているだろうか。ITmedia ニュースでは、データをもとに2016年の記事からFacebookシェア数が多かった「Best 20」を抽出した。写真や動画とともに、今年1年のニュースを振り返れればと思う。 20位:まさかの「安倍マリオ」 リオ五輪閉会式、安倍首相がマリオ姿で土管から登場 第20位は、リオデジャネイロ五輪で話題になった閉会式のニュース。会場の真ん中に設置された緑色の土管から安倍晋三首相が「スー...

2017年1月3日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

メディア・リテラシーに関する実態調査

...ンドメディアとは? オウンドメディアを一言で簡単に説明すると、「Owned = 所有する」メディアで、企業にとっては「... 【記事要約】 セルフ型に移行したTwitter広告。これでより多くの人が手軽に広告出稿できるようになりましたが、一方で「う... 1.スマホ普及の"クリティカル・マス" 今年ももうすぐですねー。新型iPhone。2016年9月に... 1、そういえばフリマアプリがここ数年でずいぶん伸びた。 フリマアプリ、伸びていますね。 MRCが全国の15歳から69... 【記事要約】 この記事では「人工知能...

2016年12月29日ジャストシステム★フィードバック数:0マーケティング

ECトレンド調査【2016年版】

...今年の注目は、2位「ブラックフライデー」、3位「Web接客」、1位は? ネットショップ担当者に聞いた! 「ECトレンド調査【2016年版】」今年の注目は、2位「ブラックフライデー」、3位「Web接客」、1位は?約3割のECサイトが、「動画広告」を配信調査結果サマリー今年、EC担当者が注目したキーワードは、1位「AI」、2位「ブラックフライデー」、3位「Web接客」2016年、EC担当者が最も注目したキーワードは「AI・人工知能」(34.5%)で、次いで「ブラックフライデー」(26.6...

2016年12月25日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

2016年、マーケティング担当者が最も注目したキーワードは?

...2016年、マーケティング担当者が最も注目したキーワードは? スマートフォンに対する媒体注目度が、昨年より13.3ポイント上昇2016年、マーケティング担当者が最も注目したキーワードは?担当者が情報源にするSNSは、「Facebook」が約8割で「Twitter」を上回る調査結果サマリー今年、マーケティング担当者が注目したキーワードは、1位「人工知能」、2位「ポケモンGO」2016年、マーケティング担当者が最も注目したキーワードは「人工知能・AI」(38.8%)で、次いで「ポケモンGO」(36...

ヘイズ 2017年国内転職市場の10大トレンド予測

...各社は事業体制の最適化やマネジメント効率の強化のために社内システムのアップグレードを図っており、ITスペシャリストの需要が高まることが予想されます。自動運転、人工知能、ロボット工学といった新規テクノロジーの急速な成長に伴って、すでに人材不足の状況にある市場にかかる圧力はますます高まるものと考えられ、日本国内における開発や製造をサポートできる高度なスキルを備えたプロフェッショナルの採用はこれまで以上に困難になると予想されます。 ヘイズ・ジャパンのマネージング・ディレクター、マーク・ブラジは次のように述べています。「2017年には日本国内で新規テクノロジーの開発や製造を支えるために、多数...

2016年12月20日文化工房フィードバック数:0マーケティング

「不倫」の認識が変わった? 20代の今年一番のニュース

...は「ここ5年、毎年ケガをしていたが、今年はしなかった」(21歳)と、良いニュースもあげられた。そのほか、時事関連では「イギリスのEU離脱」「福岡の陥没事故」「クマの襲撃事故」、政治では「憲法改正問題」「参院選」、芸能では「PPAP」、サイエンスでは「重力波の観測」「人工知能」、プライベートでは「受験」「祖母の死去」などが印象に残っているという声が寄せられた。<コメント>・当て逃げされた(20歳、「自分のケガ・病気」)・大学に入り直すため、センター試験を受けることになった(21歳、「受験」)・重力...

2016年12月15日アイレップフィードバック数:0マーケティング

2016年検索エンジンマーケティング業界10大ニュース

...結果から候補を選ぶといった情報アクセスから、アシスタントとの会話により(スクリーンを介さずに)情報を得たり、取引きを実行するという未来の情報アクセスの一部を垣間見ることができる製品です。Google Assistant はまだ日本語対応はしていませんが、人工知能を活用した Google Assistant のリリースは、検索の可能性を広げる戦略的に重要なサービスとなるでしょうか。■ ビューアビリティー元年JIAAが「ビューアビリティに関するJIAAステートメント」を発表しました。これまでディスプレイ広告の広告指標、取引指標については「イン...

2016年12月15日矢野経済研究所フィードバック数:0マーケティング

コールセンター(テレマーケティング)市場・コンタクトセンター/CRMソリューション市場に関する調査を実施(2016年)

...のコールセンター(テレマーケティング)の市場規模は、年平均成長率(CAGR)1.9%で推移し、2018年度には8,831億円になると予測する。電力自由化、マイナンバー関連、通販業務全般における案件増加などが好影響を与え、市場は微増傾向にある。また、訪日外国人客増加を背景にした多言語化対応サービスの導入企業の増加や、第3次AI(Artificial Intelligence:人工知能)ブームを背景にしたAI活用に関心を持つ企業の増加は、今後の成長要因になると予測する。◆ クラウド型サービスが市場の裾野を拡大、また...

2016年12月14日インテリジェンス★フィードバック数:0キャリアとスキル

平均年収ランキング2016

...続で平均年収が二桁ずつ上がり続けています。企業のグローバル展開が進んでいることや、商品サイクルが短くなり新商品・新サービスの立ち上げが増加していることなどに伴って、この職種のニーズが高まっていることが裏付けられた結果と言えるでしょう。また「CAE解析」や、技術系(IT/通信)の「研究開発」が上位にランクインしている背景には、ビッグデータ活用の機運の高まりがあると考えられます。データを用いた予測解析や人工知能(AI)といった先端技術への注目が集まっており、関連する職種の年収を押し上げていると見られます。67業種の平均年収ランキングは、1位が...

テクノロジー企業成長率ランキング 2016 第15回 「デロイト アジア太平洋地域テクノロジー Fast 500」

...言語処理(NLP)、人工知能(AI)といった、注目を集めている領域にフォーカスする傾向にあります」と分析する。事業領域別傾向地域別では中国勢が受賞企業の最多を占める一方で、このランキングからは、アジア太平洋地域における事業領域別の成長率をも知ることができる。前年に続き最多となったのはソフトウエア企業であり、上位500社中199社となる40%を占めた。事業領域別の順位は前年から入れ替わり、今年は上位500社のうち19%をメディア領域が占め、ハードウエアを抜いて第2位に浮上した。メディア領域は上位10社中にも4...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ