調査のチカラ TOP > 特集一覧 > データがいっぱい:人工知能

データがいっぱい:人工知能

世間の注目が集まる分野には調査データが増加します。人工知能については、クラウド/IoTが発達したことで応用範囲が大きく広がり、改めてトレンド化しています。

グローバル投資家意識調査2018

...しました。また今後3年間の見通しでは、売上拡大に「非常に自信がある」と回答した投資家が5分の1(20%)にとどまったのに対し、CEOは45%とその差は大きくなりました。 投資家はCEOに比べ、「テクノロジーの変化」(85%対64%)、「消費者の行動の変化」(81%対68%)、「流通チャネルの変化」(76%対60%)がビジネスにより大きな破壊的影響をもたらすと予想しており、これが売上の拡大に対する投資家の懸念の背景にあります。また、人工知能が人員削減計画に大きな影響を及ぼすと考える投資家の割合は4分の1強...

2018年4月13日トークノートフィードバック数:0ビジネス

社内SNS「Talknote」2017年スタンプ利用実態スタンプ利用数は2.3倍増、リアクションのしやすさから社員同士のスタンプ利用が標準化

...ュニケーションによって組織を強くしていくためのサービスを開発、提案しています。社内SNS「Talknote」は、組織におけるコミュニケーションの最適化や、人工知能(AI)を活用し、人には気がつけない「ヒト」の課題をテクノロジーの力で解決する過労防止や離職防止など、組織強化へ繋げていくためのHR領域の機能開発を積極的に進めていきます。■トークノート株式会社 会社概要社内SNS「Talknote」を提供しています。2011年にサービスをリリースし、 エー・ピーカンパニー、ネクシィーズをはじめ、20,000社以上の企業にご利用いただいています。2014年には「株式...

2018年4月12日ガートナーフィードバック数:0企業情報システム

ガートナー、「2020年までに企業の75%はI&Oのスキル・ギャップにより目に見える形でビジネスの破壊的変化を経験する」との見解

...ルを高めなければなりません」スキル・ギャップは先進テクノロジだけでなく管理面でも発生また、前出のマルキスは次のようにも述べています。「デジタル価値を大規模に実現するには、適切な人材をそろえることが重要です。人材には、必要なスキルだけではなく、既存テクノロジと先進テクノロジの両方を学び使いこなしていく意欲と能力が求められます」 2020年末まで、ITサービス管理における人工知能 (AI) イニシアティブの99%が、確立されたナレッジ・マネジメント基盤の欠如により失敗に終わるとガートナーは予測しています。ガー...

2018年4月11日ウェブルートフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

日米セキュリティ専門家400名に聞いたAI・機械学習に関する意識・実態調査・日米比較

...【インフォグラフィック公開】日米セキュリティ専門家400名に聞いたAI・機械学習に関する意識・実態調査・日米比較 ~8割以上の企業はAIによる攻撃を懸念~ セキュリティソフトをグローバルで展開し、セキュリティ業界をリードするウェブルート株式会社 (本社:東京都港区、 代表取締役社長:伊藤 誉三、以下 ウェブルート)は、企業のサイバーセキュリティ担当者、日米400名(各国200名)を対象に、人工知能 (AI) サイバーセキュリティについての意識調査を実施いたしました。その...

2018年4月10日学情フィードバック数:0キャリアとスキル

2018.03『2019年3月卒業予定者 採用動向調査レポート』ダイジェスト

...よりも理系採用を難しいと感じる企業が多く、特に理系採用は「難しい」だけでも51.0%と過半数に達している。通常の技術職に加え、IoT(モノのインターネット)、AI(人工知能)など次世代技術分野でも重宝されるであろう理系人材は、今後ますます活躍の場が広がると見られる。一方で、文部科学省の統計では、工学系・理学系学生の占める割合は全学部生の2割ほどに過ぎない。需要と供給がアンバランスな中、いかに理系学生へアプローチするか、各社の手腕が問われる。※「企業セミナーを開催しない」企業が 4.5% あり、グラフには反映していない。前年度と比べ「企業...

2018年4月10日アクセンチュア★★フィードバック数:0デジタル家電

アクセンチュア最新調査――スマートスピーカー所有者は自宅でスマートフォンの使用頻度が低下する傾向が判明

...Skip to main content Skip to Footer アクセンチュア株式会社2018年4月3日アクセンチュア最新調査――スマートスピーカー所有者は自宅でスマートフォンの使用頻度が低下する傾向が判明アクセンチュア(NYSE:ACN)の最新調査によると、家庭向けデジタル音声アシスタント端末(以下、スマートスピーカー)を所有する消費者の間では、エンターテインメントやオンラインショッピングにスマートフォンを使用する頻度が低下してきていることが判明しました。スマートスピーカーとは、人工知能...

2018年4月6日アクセンチュア★★フィードバック数:0デジタル家電

アクセンチュア最新調査――日本の納税者の過半数が納税申告のAI活用に前向き

...Skip to main content Skip to Footer アクセンチュア株式会社2018年3月14日アクセンチュア最新調査――日本の納税者の過半数が納税申告のAI活用に前向き【東京発:2018年3月14日】 日本の納税者の過半数(53%)が人工知能(AI)を活用することで納税申告がしやすくなると考えていることが、アクセンチュア(NYSE:ACN)の最新調査で明らかになりました。「Digital Taxpayers Research(デジタル納税者調査)」は、日本を含む世界12カ国...

2018年4月6日ガートナーフィードバック数:0企業情報システム

「2020年末まで、企業はERPを新たなデジタル・コアに転換するために、デジタル・プラットフォームへの投資の50%以上を費やす」

...によってはマルチチャネル・コマース、API管理、モノのインターネット (IoT)、人工知能 (AI) といった発展中のテクノロジを、デジタル・プラットフォームの必須要素としてERPと併せてどのように活用するかを明確化することも必要となるでしょう」上記のERPに加えて、AIとインテリジェントなビジネス・プロセス自動化の新たな役割に焦点を当てたアプリケーション開発 (AD) や、大手ベンダーの市場シェアの拡大に伴って加速するサービスとしてのプラットフォーム (PaaS) の革新に関する最新の予測・見解など、スピ...

2018年4月5日日本マイクロソフトフィードバック数:0企業情報システム

アジアが次のAI技術開発のフロンティアに

...このサイトでは、分析、カスタマイズされたコンテンツ、および広告に Cookie を使用します。このサイトを引き続き閲覧すると、Cookie の使用に同意するものと見なされます。 詳細情報 アジアが次のAI技術開発のフロンティアにわずか数年間で、人工知能(AI)が大きな脚光を浴びることになり、現実離れした SF 小説の題材のような存在から、アジア中のお客様、パートナー、業界リーダーとの対話に頻繁に登場する話題となりました。AI が今日のような状況に至るまでの道筋はおよそ 70 年の...

2018年4月5日ジャストシステムフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

約6割が、AIスピーカー利用による「個人情報漏洩」に危機感

...約6割が、AIスピーカー利用による「個人情報漏洩」に危機感 人工知能(AI)&ロボット 月次定点調査(2018年2月度)約6割が、AIスピーカー利用による「個人情報漏洩」に危機感過半数が、AIによる利便性向上に「実感なし」調査結果サマリー約6割が、AIスピーカー利用による「個人情報漏洩」に危機感AIスピーカーを知っている人に「AIスピーカー経由による、会話以外の個人情報の漏洩」について聞いたところ、58.4%の人が危機意識を持っていました。また、「クレ...

2018年4月4日YouAppi★★フィードバック数:0マーケティング

YouAppi、最新の「第2回CMOモバイルマーケティングガイド調査」を公開

...広告を展開する際の課題についての設問も設けてます。その結果、動画広告で課題と考えられている点は、アドフラウド対策が最も高く(48%)、効果測定の難しさ(45%)、ターゲティング方法(26%)、ビューアビリティに対する課題(23%)との回答が得られています。■機械学習や人工知能がモバイルマーケティングの鍵にモバイルマーケティング担当者は、最新テクノロジーの導入について、常に情報を集め積極的に取り入れようと考えています。2018年、ユーザーとのエンゲージメント構築のためにどのようなテクノロジーを導入するかという設問では、機械学習が49%(昨年比12...

2018年4月3日フロスト&サリバンフィードバック数:0企業情報システム

フロスト&サリバン:2018年ヘルスケア業界の8大トレンド予測を発表

...フロスト&サリバン:2018年ヘルスケア業界の8大トレンド予測を発表 2018年以降、デジタルテクノロジーのヘルスケア分野での活用がさらに進化フロスト&サリバン ジャパン株式会社 プレスリリース2018年1月19日フロスト&サリバンは、2018年のヘルスケア業界の8大トレンド予測を発表しました。2018年はデジタルヘルスの普及が進み、AI(人工知能)、テレヘルス、IoMT(Internet of Medical Things:ヘルスケア分野のIoT)、ビッグデータ・アナリティクス、ロボ...

2018年3月30日JETRO★★フィードバック数:0ビジネス

「2017年度日本企業の海外事業展開に関するアンケート調査」(ジェトロ海外ビジネス調査)結果概要

...年程度)に「影響が大きいデジタル技術がある」と回答した企業は48.7%と、約半数を占めた。最も影響が大きい技術は、電子商取引(EC、32.1%)、IoT(20.3%)、ロボット(14.6%)、人工知能(AI、13.9%)、3Dプリンター(5.1%)、フィンテック(4.8%)、ビッグデータ(4.6%)の順となった。大企業ではIoT、中小企業ではECが最多となる。技術によって異なる活用メリットが認識されている一方、活用課題はすべての技術において「人材不足」および「導入・運用コスト」の2つが...

2018年3月29日ガートナー★フィードバック数:0企業情報システム

2020年末まで、企業はERPを新たなデジタル・コアに転換するために、デジタル・プラットフォームへの投資の50%以上を費やす

...によってはマルチチャネル・コマース、API管理、モノのインターネット (IoT)、人工知能 (AI) といった発展中のテクノロジを、デジタル・プラットフォームの必須要素としてERPと併せてどのように活用するかを明確化することも必要となるでしょう」上記のERPに加えて、AIとインテリジェントなビジネス・プロセス自動化の新たな役割に焦点を当てたアプリケーション開発 (AD) や、大手ベンダーの市場シェアの拡大に伴って加速するサービスとしてのプラットフォーム (PaaS) の革新に関する最新の予測・見解など、スピ...

2018年3月23日ジャストシステムフィードバック数:0デジタル家電

スマートスピーカーの認知率は、ここ半年で43.5%から70.9%に

...スマートスピーカーの認知率は、ここ半年で43.5%から70.9%に 人工知能(AI)&ロボット月次定点調査 2017年総集編スマートスピーカーの認知率は、ここ半年で43.5%から70.9%に約半数が、「AI家電を購入する意欲がある」調査結果サマリースマートスピーカーの認知率は、ここ半年で43.5%から70.9%にAIを活用して、音声操作でスピーカーから回答や、必要な処理を行う「スマートスピーカー」の認知率は6月度調査時は43.5%でしたが、12月度調査では70.9%と30ポイ...

2018年3月22日マイボイスコム★フィードバック数:0デジタル家電

スマートスピーカー(AIスピーカー)に関するアンケート調査

...ートスピーカー(AIスピーカー)を利用していますか。スマートスピーカー:音声で操作できる、対話型のAI(人工知能)搭載のスピーカー。スピーカーに話しかけて家電やインターネットなどを操作・利用できる。(Google Home、Amazon Echoなど)〕 5.利用しているスマートスピーカーの名称〔(ご自身やご家族がスマートスピーカーを利用している方)あなたやご家族が利用している、スマートスピーカー(AIスピーカー)をお聞かせください。(複数回答可)〕 6.スマートスピーカー利用意向〔(全員)あな...

2018年3月15日トークノートフィードバック数:0企業情報システム

社内SNS「Talknote」2017年スタンプ利用実態を発表

...ュニケーションによって組織を強くしていくためのサービスを開発、提案しています。社内SNS「Talknote」は、組織におけるコミュニケーションの最適化や、人工知能(AI)を活用し、人には気がつけない「ヒト」の課題をテクノロジーの力で解決する過労防止や離職防止など、組織強化へ繋げていくためのHR領域の機能開発を積極的に進めていきます。■トークノート株式会社 会社概要社内SNS「Talknote」を提供しています。2011年にサービスをリリースし、 エー・ピーカンパニー、ネクシィーズをはじめ、20,000社以上の企業にご利用いただいています。2014年には「株式...

2018年3月15日ジャストシステム★フィードバック数:0マーケティング

定額制動画配信サービスの利用率は「Amazonプライム・ビデオ」が首位

...「YouTube」。10代では「Twitter」や「イン... 調査結果サマリー 利用経験者の8割は、特定ショップのタイムセール情報を定期的にチェック セルフ型ネットリ... 調査結果サマリー 年末年始に、最も動画コンテンツを視聴したのは「テレビ」で、「スマホ」を上回る &nbs... 調査結果サマリー マンションデベロッパーの知名度1位は「野村不動産」、2位は「住友不動産」 セルフ型ネッ... 調査結果サマリー 今年、マーケティング担当者が注目したキーワードは、1位「人工知能」、2位「ポケモンGO...

2018年3月14日アクセンチュア★★フィードバック数:0社会/政治

FJORD TRENDS 2018

...なマーケティング環境では、アルゴリズムが顧客とブランド間のゲートキーパー役(門番の役割)を担っています。 機械による意味の探求>現在は、人工知能やロボットの出現が注目を浴びています。人と機械が互いの長所を活かし、この変革に対するデザインをし始めなければいけません。 透明性への信頼>今後、主要機関に対する信頼の低下に対する解決策として「ブロックチェーン」を多くの場面で活用するでしょう。 倫理経済>一般市民が関心を持つあらゆる問題に対し、政治...

2018年3月8日野村総合研究所★★フィードバック数:0企業情報システム

「ITロードマップ2018年版」をとりまとめ

...ざまな影響を及ぼすと考えられる情報通信関連の重要技術が2018年以降、どのように進展し実用化されるかを予測した「ITロードマップ」※1をとりまとめました。 今回取り上げたのは、「人工知能(AI)」、「AIアシスタントデバイス」※2、「エンタープライズ・チャットプラットフォーム」※3、「VR(Virtual Reality:仮想現実)・AR(Augmented Reality:拡張現実)」、「量子コンピュータ」、「金融×AI(金融分野におけるAI活用)」、「ロボ・アドバイザー2.0.」、「マーケティング×AI(マーケティング分野におけるAI活用)」の...

2018年3月7日インテリジェンスフィードバック数:0キャリアとスキル

転職成功者の年齢調査(2017年下半期)

...車分野では衝突防止システムなど電子制御技術をはじめとするカーエレクトロニクス化が進んでいたり、総合商社では貿易や卸しといったトレード業務から事業投資への事業転換が進んでいたりと、10年前には存在しなかった技術や企業構造の変化が、急速に起こっています。さらにIoT(モノのインターネット)やAI(人工知能)などITテクノロジーを活用した新たな商品やサービスも続々と生まれている中で、企業の多くは、これまで社内になかったノウハウや考え方を取り込む必要性を感じており、その活路を中途採用に見いだしています。求人の種類はポテンシャル重視の若手採用だけでなく、経験...

2018年2月26日アクセンチュアフィードバック数:0企業情報システム

アクセンチュア最新調査―人工知能で企業の競争力を高めるには、従業員による活用を後押しすることが肝要

...Skip to main content Skip to Footer アクセンチュア株式会社2018年2月9日アクセンチュア最新調査―人工知能で企業の競争力を高めるには、従業員による活用を後押しすることが肝要AIをさらに活用することにより、2022年までに収益を38%、雇用水準を10%向上させることが可能に【スイス、ダボス発:2018年1月22日】 アクセンチュア(NYSE: ACN)の最新調査によると、企業経営者が、従業員による人工知能(AI)などのインテリジェント テク...

2018年2月23日ソニー生命保険フィードバック数:0社会/政治

子どもの教育資金に関する調査2018

...もの教育資金と学資保険に関する調査」として発表調査結果 概要エコノミストのコメント(ソニーフィナンシャルホールディングス株式会社 金融市場調査部 エコノミスト 渡辺 浩志)今回の調査では、子どもの受験・進学、就活に不安を持つ親が増えていることがわかりました(図5参照)。現在は少子化を背景とする大学全入時代、人手不足による学生の超売り手市場と、一見すると受験や就活に不安はないように思えます。しかし、人手不足が進むなか、単純労働の多くは人工知能やロボットに代替される時代が近づいており、より...

2018年2月21日日経xTECH★★フィードバック数:0企業情報システム

大手2社の強さ目立つ、「パートナー満足度調査 2018」結果発表

...部門の1位獲得企業は表の通りである。大手ITベンダーでは前回の調査に引き続き、NECと富士通の強さが目立った。「パートナー満足度調査 2018」の1位獲得企業統合運用管理ソフト(サーバー/ ネットワーク系) 「AI/IoT基盤」など3部門を新設 「AI/IoT基盤システム製品」「クラウド基盤サービス(IaaS、PaaS)」「ビデオ/音声会議システム製品」の3部門を新設した。様々な業種の企業が本業の強化やビジネスモデルの刷新を狙ってデジタル変革にまい進する現在、関連サービスの売り手であるパートナーは人工知能...

アジアにおけるデジタルトランスフォーメーションの経済効果調査

...を約11兆円、年間成長率を0.4%増加させると推測されることに加え、2017年には、GDPに占める割合は約8%に過ぎなかった、モバイル、IoT(モノのインターネット)およびAI(人工知能)といったデジタルテクノロジを直接活用した製品やサービスが、2021年までに6倍以上の約50%までに到達すると予測しています。 日本からは150人が回答しており、デジタルトランスフォーメーションによる効用を以下のとおり答えています。1. 利益率向上2. コスト削減3. 生産性向上4. 生産・運用時間の短縮5. 顧客...

2018年2月20日ガートナー★★フィードバック数:0企業情報システム

ガートナー、2020年までに顧客サービス/サポート業務の25%が仮想顧客アシスタントを使用するとの見解を発表

...用する (2017年の50%から上昇)デジタル・チャネルの数と共に、セルフサービスやデジタル・コマースにおけるインタラクションが増加する一方で、対人ベースや音声ベースのインタラクションが減少する動きも進んでいます。ITを使用したカスタマー・エクスペリエンス改善プロジェクトの件数は、着実に増えるでしょう。ITを使用しないプロジェクトとしては、顧客とのインタラクションを担う従業員の採用や研修、統制、管理などが多くなります。2020年までに、全B2B企業の30%が、主要な営業プロセスの少なくとも1つを強化するために人工知能...

2018年2月20日ジャストシステムフィードバック数:0デジタル家電

7割以上が、既に「AIスピーカー」を認知

...人工知能(AI)&ロボット 月次定点調査(2018年1月度)7割以上が、既に「AIスピーカー」を認知最も多くの人から興味を持たれているAIスピーカーは「Google Home」調査結果サマリー最も多くの人から興味を持たれているAIスピーカーは「Google Home」AIスピーカーを認知している人のうち、「Google Home」に興味がある人の割合は39.6%、「Amazon Echo」は30.7%、「LINE Clova」は23.8%でした。※「所有している」「所有していないが、興味...

2018年2月20日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

約6割が、「YouTuberによる動画」の視聴経験あり

...は相手と趣味が合えば合うほど「Instagram」を交換 女性は、相手と趣味や趣向... 調査結果サマリー 今年、マーケティング担当者が注目したキーワードは、1位「人工知能」、2位「ポケモンGO」 ... 調査結果サマリー 人気は「ホットペッパー」「ぐるなび」。 「LINE」や「Facebook」のクーポンは20代で普及... 調査結果サマリー タブレット型PCの購入意向者が上昇。購入意向者の3人に1人が「iPad mini」を購入予定 ... 調査結果サマリー 無料サンプル利用後に、商品情報を詳しく調べるのは「ダイエット食品」 セル...

2018年2月19日ジャストシステムフィードバック数:0社会/政治

4人に1人が、商品・サービス名に「AIが付くと、購入してみたい」

...4人に1人が、商品・サービス名に「AIが付くと、購入してみたい」 人工知能(AI)&ロボット 月次定点調査(2017年12月度)4人に1人が、商品・サービス名に「AIが付くと、購入してみたい」7割以上が、「将来、気象予報士はAIに置きかわる」と回答調査結果サマリー4人に1人が、商品やサービス名に「AIが付いていると、購入してみたい」「商品やサービスの名称に『AI』や『人工知能』という言葉が含まれると、購入してみたいと思う」人は24.5%でした(「あてはまる」と答えた人4.2%、「やや...

2018年2月19日日経BP★★フィードバック数:0企業情報システム

企業の2018年ITの最重点投資分野は「クラウドサービス」「人工知能(AI)」、「IoT/M2Mソリューション」への投資が拡大 「人工知能(AI)」への事業活用に5割の企業が関心 過半数の企業が活用意向を示す~「携帯電話・スマートフォン“法人利用”実態調査2018」より~

...日経BPコンサルティング コーポレートサイト HOME>最新情報>ニュースリリース>2018>企業の2018年ITの最重点投資分野は「クラウドサービス」 「人工知能(AI)」、「IoT/M2Mソリューション」への投資が拡大 「人工知能(AI)」への事業活用に5割の企業が関心 過半数の企業が活用意向を示す企業の2018年ITの最重点投資分野は「クラウドサービス」「人工知能(AI)」、「IoT/M2Mソリューション」への投資が拡大「人工知能(AI)」への事業活用に5割の企業が関心 過半...

AI(人工知能)が職場にもたらす影響に関する調査

...AI(人工知能)が職場にもたらす影響に関する調査 [2018年2月16日掲載]消費者行動に関する実態調査 [2017年12月21日掲載]診療明細書に関する患者調査2017 [2017年12月6日掲載]ハラスメントと暴力に関する実態調査 [2017年11月16日掲載]日本の社会と労働組合に関する調査2017 [2017年8月31日掲載]非正規雇用で働く女性に関する調査2017 [2017年8月25日掲載]有期契約労働者に関する調査報告 [2017年7月20日掲載]36協定に関する調査2017...

2018年2月15日アクセンチュア★★フィードバック数:0エンタテインメント

アクセンチュア調査レポート『テクノロジービジョン2018』」

...Skip to main content Skip to Footer アクセンチュア株式会社2018年2月15日急速に進化するテクノロジーは、社会変革を起こす企業のさらなる誕生を後押し――アクセンチュア調査レポート「テクノロジービジョン2018」企業はリーダーシップ刷新が必要な一方、人工知能の活用によって成長や社会貢献を促し、顧客やビジネスパートナーとの新たな関係構築が可能に 【ニューヨーク発:2018年2月14日】アクセンチュア(NYSE: ACN)は、世界...

2018年2月6日ソニー生命フィードバック数:0ライフスタイル

子どもの教育資金に関する調査2018

...ムの没頭力を学習に活かす仕組み・ソーシャルラーニング…SNSを介した学習◆エコノミストのコメント◆ソニーフィナンシャルホールディングス株式会社 金融市場調査部 エコノミスト 渡辺 浩志 今回の調査では、子どもの受験・進学、就活に不安を持つ親が増えていることがわかりました(図5参照)。現在は少子化を背景とする大学全入時代、人手不足による学生の超売り手市場と、一見すると受験や就活に不安はないように思えます。しかし、人手不足が進むなか、単純労働の多くは人工知能やロボットに代替される時代が近づいており、より...

2018年1月29日FCE Holdingsフィードバック数:0社会/政治

進む教員の「働き方改革」 課題であった教員研修にも新たな動きが

....com/pub/index■株式会社Findアクティブラーナー“学び方が変われば未来(子ども)が変わる”をコンセプトに、20万人以上の先生方が利用しているオンライン学習サイト「Find!アクティブラーナー」を運営しています。「現在の小学生が社会に出た時に、65%が今はない職業についている」「2045年には、人工知能(AI)が人類の知能を超える」と言われる変化の激しい時代。この時代の中で、「自分の可能性を自分で拡げることができる主体性」「新しいものを他の人たちと協力して創り出すことができる創造性」を身...

2018年1月26日TSトーキョーフィードバック数:0企業情報システム

AI、アンドロイドのいる世界に賛成?反対?

...満 0.3% 15歳以上20歳未満 6.6%20歳以上25歳未満 17.7% 25歳以上30歳未満 13.4%30歳以上35歳未満 14.0%35歳以上40歳未満 7.4% 40歳以上45歳未満 11.7%45歳以上50歳未満 10.3%50歳以上60歳未満Q1:AI(人工知能)や、アンドロイド(人間そっくりの人工生命体)は、この世に必要だと思いますか?Q2:AI(人工知能)や、アンドロイド(人間そっくりの人工生命体)に対するあなたのイメージはどちらに近いですか?約8割の...

2018年1月25日FOLIOフィードバック数:0大型消費/投資

2017年 投資テーマ人気ランキング

...では特に体験型観光の需要が注目されています。インバウンド企業を扱う「ようこそ日本へ」の投資も堅調で、パフォーマンスは+39.29%です。購入者数第8位「人工知能人工知能(AI)は人工的に人間と同等の知能を実現させることを目標にした研究分野であり、Googleの「AlphaGo」などの目覚ましい活躍により、投資分野でも関心を集めています。 2017年の流行語大賞にノミネートされた「AIスピーカー」など、身近な分野でも実用化が進んでいます。パフォーマンスは+6.50%。購入者数第9位「電気自動車」日本や新興国では価格面からハイブリッド車(HV...

2018年1月25日MM総研フィードバック数:0企業情報システム

2016年度の国内クラウド市場は4割増の1.4兆円

....8%、「FUJITSU Cloud Services (富士通)」が12.6%となり、グローバルベンダー三強と言われる中で富士通が3位と健闘を見せた。一方、AWSを追いかける「Microsoft Azure(PaaS/IaaS領域)」はユーザーの積極的な取り込みにより利用率が高まっており、2016年12月の調査時より、3ポイント差を縮めた。上位2社における顧客獲得競争は一層激化することが予想される。クラウドサービスを活用したAIの導入目的はコスト削減 人工知能(AI)の導...

2018年1月25日User Localフィードバック数:0マーケティング

「バーチャルYouTuber」ランキング

...らやってますよ。 複数のキャラクターが出てきて、リアルタイムで視聴者さんとコメントのやり取 (@kaluru) 2017/2/11開設 皆さんどうもハーフバーチャルyoutuberのキョウです これからいろんなことに挑戦していきたいと思います! 目標は視聴者との壁を作らない事です! 皆さんよろしくお願いします! でもいつかはお金稼いで母親を助けたいです。 (@kyou_vy) 2013/11/16開設 こんにちは!女子高生型人工知能、世界クルミです! みなさんを幸せな気持ちにしたい、その思いで誕生しました! みな...

2018年1月25日ニューズピックス★フィードバック数:0企業情報システム

インフォグラフィックで描く「ビジネス×AI」のリアルな5つの課題

...新規登録/ログインして コメントをもっと読む インフォグラフィックで描く「ビジネス×AI」のリアルな5つの課題人工知能(AI)を企業がビジネスの現場で使って自動化・効率化が進み、人はより人にしかできないことが集中できるーー。テクノロジーと人が共存する理想のカタチ。だが、そこにはハードルもある。AIを企業が利用するための現在の課題、そしてその解決策をインフォグラフィックでストレートに描く。(インフォグラフィック:星野美緒、編集:木村剛士) アカデミアプランでは毎月1回...

2018年1月25日IDC★★フィードバック数:0企業情報システム

国内ソフトウェア市場の最新予測

...に企業におけるデジタルトランスフォーメーション(DX)の成熟度が高まっていくに従い、IoT(Internet of Things)やコグニティブ/AI(人工知能)システム向けのクラウドサービスの活用が拡大するとIDCでは予測しています。「これまでパッケージソフトウェアのみでは実現することが難しかったソリューションがクラウドサービスを活用することによって実現可能となり、ソフトウェアソリューションの適用領域が拡大している。ITサプライヤーは、既存パッケージソフトウェアからクラウドサービスへの移行に終始するのではなく、パッ...

2017年に最も株価が上昇した米企業トップ10

...率の低下、そして長期的な低金利から恩恵を受けている。8. ペイパル(決済サービス)/87%ペイパルの利用者数は2017年、およそ2億1800万人にまで増加した。合計決済件数は前年同期比で23%増えた。2015年にイーベイから分社化されたペイパルの時価総額は約900億ドルとなり、イーベイの2倍以上となっている。9. エヌビディア(半導体)/85.1%グラフィックス用のチップを開発・販売していたエヌビディアは、人工知能(AI)分野で急成長を遂げている。データセンター事業も好調だ。昨年はS&P 500企業...

2018年1月24日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内企業の海外ITサービス支出予測

...国地域は平均よりも低い傾向にありますが、その中で北米は2.1%と比較的高い成長が見込まれます。上記アンケート調査結果を見ると、北米においては、AI(人工知能)やクラウドコンピューティングへの投資を今後の主要な投資案件として回答した企業割合が他の地域よりも高く、支出内容についても他の地域と違いが出る可能性があります。国内企業の海外IT投資、ITサービス支出は拡大していますが、その目的の変化や投資案件の地域ごとに違いなどにITサプライヤーは注意する必要があります。IDC Japan リサーチ第3ユニット グル...

2018年1月24日デル★★フィードバック数:0企業情報システム

2018年の予測

...まで以上の効率性、統一性、そしてかつてないほどの可能性をもたらします。AI(人工知能)やAR(拡張現実)、VR(仮想現実)などの新興テクノロジー、またソフトウェア、アナリティクス、処理能力の飛躍的な発展によって可能になったIoT(モノのインターネット)やクラウド コンピューティングの進化は、新しいフェーズへの歩みを加速し、後押ししています。コネクテッドカーや家庭、仕事、銀行取引などでは、すでに明白な流れとなっており、収穫や家畜の管理を変革している畜産農家さえ存在します。こうした目まぐるしい進歩のペースの中で、次に...

2018年1月18日trendmicroフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2018年セキュリティ脅威予測

...は工場の生産ラインや制御システムなどIIoT(Industrial Internet of Things)システムへのサイバー攻撃や、GDPR※などの情報保護関連の法令違反を材料として、より高額な利益を得ようとする新たなネット恐喝手法が出現する可能性があります。増え続ける新種ランサムウェアや新たなネット恐喝手法に対して理解を深めるとともに、従来のパターンマッチングによる検出に加えて、サンドボックス技術やAI(人工知能)技術を用いた検出など複数の技術の組み合わせによる対策がますます重要となるでしょう。 ※「EU一般...

2018年1月17日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内エンタープライズインフラストラクチャ市場予測

...クラウドインフラストラクチャ市場は、クラウド化されていないトラディショナルITからの需要シフトに加えて、 デジタルトランスフォーメーション(DX)への取り組みによる新規需要によってプラス成長を持続します。ビッグデータ、IoT(Internet of Things)やコグニティブ/AI(人工知能)システムなどといったイノベーションアクセラレーターを活用したDXの実現に注力する企業が国内において増加し、また、このような動きが活発化することで、ITの用途が広がり新規需要が創出されます。なお、DXとは、企業が第3のプラットフォーム技術(クラ...

2018年1月17日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

人手不足に対する長野県内企業の動向調査(2017年10月)

...有効求人倍率は求職者にとっては明るい材料となっているが、企業にとって人手不足状態の長期化は人件費負担の上昇だけでなく、働き方改革に逆行することにもなりかねない。人口減少と産業構造の変化により、働き手の奪い合いも発生。製造業などでは自動化・省力化投資に力を入れ、人手不足に対応しようとする動きが活発化しているが、一方で近い将来AI(人工知能)の活用により人手を要する業務が大幅に縮小すると予想されるなど、労働市場の先行きには不透明感も漂っている。帝国データバンクでは、人手不足に対する企業の見解について調査した。TDB景気動向調査10月調...

2018年1月17日マカフィーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2018年の脅威動向予測

...することが可能になります。しかし、攻撃者も機械学習を取り入れることで、攻撃の強化、防御側の対応からの学習、防御側の検知モデルの妨害方法の検討、そして防御側が新たに発見された脆弱性にパッチを適用する前にそれを悪用することが可能になります。 マカフィーの最高技術責任者(CTO)であるスティーブ・グロブマン(Steve Grobman)は、「2017年のランサムウェアの進化は、攻撃者による大幅な技術革新と脅威対策への順応により、脅威がさらに洗練されていくことを私達に改めて認識させました。機械学習、ディープ ラーニング、人工知能...

AMP対応ページに向けた広告配信高速化の効果検証

...現するため、ビッグデータ処理、人工知能、金融工学の3つの技術をコアとし、DSP『Logicad』をはじめとするマーケティングテクノロジーに関する様々なサービスを提供しています。 本件に関するお問い合わせ先ソネット・メディア・ネットワークス株式会社経営企画部 広報担当...

2018年1月17日Genpactフィードバック数:0企業情報システム

The workforce: Staying ahead of artificial intelligence(労働者:人工知能の一歩先を行く)

...デジタルPRとプレスリリース配信03-4570-3196受付 10:00〜18:00(土日祝日を除く) 前評判とは異なり、人工知能が自分の仕事を脅かすと考えている従業員は少数であることがジェンパクトの最新の調査で明らかに~3回シリーズの調査の第2弾、次世代の従業員が準備する方法について深い懸念~ * 2017年11月14日に米国で発表されたプレスリリースの抄訳です。デジタル・トランスフォーメーションを支援するグローバル・プロフェッショナル・サービス企業のジェンパクト(Genpact...

2018年1月16日ウェルクスフィードバック数:0社会/政治

「保育のAI化」について調査

...入する動きが注目されています。AIとは人間の脳が行っている知的な作業を、コンピュータによって真似させたソフトウェア・システム(人工知能)を指します。人間の言語を理解したり、経験データから学習したりするロボット(プログラム)と考えるとわかりやすいでしょう。 厚生労働省の調査によれば、平成29年度末に必要な保育士は46.3万人。平成25年度の保育所勤務保育士37.8万人と、平成29年度末までの自然増加分2万人を差し引いた「6.9万人」の確保が急がれています。そんな保育現場に革命を起こすとして、注目されている「保育のAI化」。実際...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
 

新着データ

新着データINDEXへ

お知らせ