調査のチカラ TOP > 特集一覧 > データがいっぱい:人工知能

データがいっぱい:人工知能

世間の注目が集まる分野には調査データが増加します。人工知能については、クラウド/IoTが発達したことで応用範囲が大きく広がり、改めてトレンド化しています。

2019年5月8日SAS Institute★フィードバック数:0企業情報システム

SAS、GARP調査:リスク管理者の81%が既にAIの価値を実感

...SAS、GARP調査:リスク管理者の81%が既にAIの価値を実感調査対象の金融サービス企業の半数以上が、AIの実装または維持管理に必要なスキルの不足を懸念*2019年2月26日に米国SAS Institute Inc.より発表されたプレスリリースの抄訳です。 人工知能(AI)は今、金融業界を含め、あらゆる業界を変革しつつあります。アナリティクスのリーディング・カンパニーである米国SAS Institute Inc. (以下 SAS) とGlobal Association of Risk...

自治体における共同利用型RPAの実証実験結果の報告

...ティック・プロセス・オートメーション)*1と、AI-OCR*2を用いた業務効率化の可能性を検証し、このたび報告書をとりまとめました。※1 RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション):複数アプリケーションにまたがる基本動作を、シナリオ(自動化処理)に基づき、人が操作しているのと同じように簡単に自動化するツールです。※2 AI-OCR:人工知能(AI)技術を組み込んだOCR(光学的文字認識)です。 1.実証実験の目的と概要 住民生活に身近な行政サービスは自治体が支えていますが、人口...

2019年4月19日IDC★★フィードバック数:0企業情報システム

国内AIシステム、およびRPAの企業ユーザー調査結果を発表

...18 Apr 2019国内AIシステム、およびRPAの企業ユーザー調査結果を発表 Japan, 2019年4月18日 - IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、企業におけるAI(Artificial Intelligence:人工知能)システム、およびRPA(Robotic Process Automation)の利用状況について、ユー...

2019年4月18日アクセンチュア★★フィードバック数:0企業情報システム

テクノロジービジョン2019

...に欠かせない重要な要素であると認識する必要があります。」「テクノロジービジョン 2019」では、急速に進化する今日の情勢の下でビジネスの成功に不可欠な5つの最新テクノロジートレンドを定義しました。❝DARQ❞の力(DARQ Power):”DARQ”のDNAを理解する分散型台帳(distributed ledgers)、人工知能(artificial intelligence)、拡張現実(extended reality)、量子コンピューティング(quantum computing)の4つのテクノロジー、略して❝DARQ❞は、変革の呼び水として、企業...

2019年4月8日学情フィードバック数:0ビジネス

2020年卒の「採用動向調査レポート」

...求人情報協会] https://company.gakujo.ne.jp■あさがくナビ(朝日学情ナビ)とは朝日新聞社とともにコンテンツを提供する、学生会員数409,948名・掲載企業数2,549社(2018年8月時点)の新卒学生向け就職情報サイトです。 新卒採用ミスマッチが叫ばれて久しいですが、 あさがくナビは学生と企業のマッチングを促進するサイトとして構成。 AI(人工知能)を搭載した就活ロボが学生一人ひとりの行動記録からマッチした企業を個別に案内するといった、学生...

2019年4月4日オウケイウェイヴフィードバック数:0ビジネス

ビジネスマンが「調べもの」に費やす時間は毎日1.6時間

...:あなたが、仕事中に調べものをする上で職場に望むこととして、 あてはまるものを以下の中よりすべてお答えください3.慶應義塾大学大学院経営管理研究科 特任教授 岩本 隆氏のコメント現在、世界中で第四次産業革命が進行しており、IoT(Internet of Things)、ビッグデータ、AI(Artificial Intelligence:人工知能)、ロボットなどの新たなテクノロジーを活用した新たな産業・事業が多く生まれています。それにより、ヒトの働き方も大きく変化しています。「リア...

2019年4月2日IDCフィードバック数:0企業情報システム

人工知能システムに対する世界の支出額は2019年に約358億ドルに拡大

...02 Apr 2019人工知能システムに対する世界の支出額は2019年に約358億ドルに拡大 Japan, 2019年4月2日 - IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、世界全体の人工知能(Artificial Intelligence: AI)システム市場の支出額予測を発表しました。これによるとAIシステムに対する世界の支出額が2019年に358億ド...

2019年3月29日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

「Vチューバー」を、10代の約7割が認知

...に入りのWebメディアで紹介されていたフリマアプリ。記事を読むと、こ... 【記事要約】 この記事では、メルカリやAirbnb、Uberなどに代表される「CtoCマッチングサービス」について、その認... 1.これでイラっとしたことない? まずはこの動画をさくっと見てもらいましょう。 [youtubecarousel-four-box">【記事要約】 2016年6月にスタートした、LINEの運用型広告「LINE Ads Platform」。新たなインフィード... 目次: AI/人工知能、激し...

2019年3月25日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

20代スマホユーザーの約4割が、「定額制音楽配信サービス」を利用

...り弁当」、男性は「コンビニ」 糖質... 調査結果サマリー LINEユーザーの4人に1人が、クリエイターズスタンプの購入経験あり LINEユーザー... 調査結果サマリー 利用経験者の8割は、特定ショップのタイムセール情報を定期的にチェック セルフ型ネットリ... 調査結果サマリー 人工知能やロボットに置き換えたい窓口は「役所」がトップで16.2% ... 【記事要約】 もはや定番のマーケティング施策となった「O2O」。MRCでも調査や記事を複数公開しています。ただ、クーポンを... 1.Googleは見...

2019年3月15日ジャストシステム★フィードバック数:0企業情報システム

AIツールとマーケティング業務に関する実態調査

...が自ら運営するオウンドメディア。よく「●●ラボ」「●●研究所」「●●部」みたいなWebサイトを目にしますよね。それらはオ... 【記事要約】 今回の記事では、「オウンドメディア継続成長のカギはなにか?」という問いに対し、事例や調査結果を交えながら考察... ※2017年11月21日:内容をアップデートしました。 1.スマホ普及の"... 【記事要約】 この記事では「人工知能に奪われるかもしれない仕事」というテーマについて、そのテクノロジーや事例などを振り返り... セル...

2019年3月13日ミクシィフィードバック数:0ライフスタイル

「健康とコミュニケーション」に関するインターネット調査

...変換が求められており、周囲とのコミュニケーションを楽しめる仕組みづくりが運動習慣を定着させるポイントになると考えています。当社もその点は最も重視してサービス設計を行っています。<株式会社スマートヘルスについて>「コンディショニングとコミュニケーションで新しい健康習慣を創る」をビジョンに掲げ、AI(人工知能)活用により健康寿命を支えるヘルスケアカンパニーです。現在、女性専用コンディショニングスタジオのココサイズを運営しています。<ココサイズについて>https://cococise.com/ココサイズは、カラ...

2019年3月8日Genesys★フィードバック数:0企業情報システム

ジェネシス、アジア太平洋地域のSMB企業の顧客サービスのトレンドを調査

...ではクラウド型ソリューションのニーズは高いものの、今後1-2年の短期的にはその他の新しいテクノロジーにプライオリティを置いていることが明らかになりました。特にオムニチャネル戦略がビジネスにおける最も有効な手法として見られており、その回答者の51.4%は通話とデジタルチャネルを統合させたカスタマージャーニーが提供できるソリューションを導入したいと回答しています。その次のプライオリティとしては、モビリティとアクセシビリティソリューション、そして機械学習やデジタルアシスタントなどを含めた人工知能(AI)の展開が挙げられていました。「SMB企業...

2019年3月7日ミライセルフフィードバック数:0社会/政治

年齢別の性格・価値観分析

...や部署ごとの適性を判定しています。そのため、就職希望者の比率が多い若年層だけでなく、ミドル層に対しても最新の性格・価値観データが蓄積しています。人柄や価値観、社風の見極めには企業文化論・社会心理学を基幹技術としており、適性の判定(ミスマッチの可能性)には人工知能(AI)を用いています。mitsucari適性検査の導入企業からは「離職率が25%から5%に減少した」「内定承諾率が約50%から約80%に改善された」などの効果が現れているだけでなく、求め...

2019年3月6日SELFフィードバック数:0ライフスタイル

「きのこの山派 VS たけのこの里派」についての意識調査

....self.robotsns​タイトル:「 SELF:人工知能(AI)があなたの生活を完全サポート 」公式サイトURL:公式TwitterURL:https://twitter.com/self_robo基本無料。App内課金有。■ SELFアプリとはSELFは、AIと会話ができるスマートフォンアプリです。ユーザーの状態・状況などあらゆることを記憶し、ユーザーに適した情報や会話を提供することでユーザーの毎日を支えます。オープンから約2年半で75万ダウンロードを達成し、ユーザーレビューは1万件...

2019年2月28日AINOWフィードバック数:0キャリアとスキル

オトナの勉強実態調査

...人工知能のニュースを3万件以上掲載するメディア学習時間「ゼロ」のオトナが3割? オトナの勉強実態調査/サイコロLab.学習時間「ゼロ」のオトナが3割? オトナの勉強実態調査/サイコロLab.学びつづけるーー人工知能(AI)をはじめとする新しい技術は、わたしたちの仕事や生活を便利なものにしてくれます。しかし、職業人としては、これまで以上に「学び」が求められる時代になったといえるかもしれません。内閣府の「人生100年時代構想会議」でも、就労者が何歳になっても必要な能力・スキルを身につける「リカ...

2019年2月26日IDC★フィードバック数:0社会/政治

「貿易戦争」等による影響が及ぶものの、デジタルトランスフォーメーションによって世界全体のICT支出が成長

... and Company Siz e によると、情報通信技術(ICT)に対する今後5年間の企業部門の支出は、世界経済の減速に伴って企業のICT予算が抑制傾向となる一方で、企業の成長力や競争力においては人工知能(AI)、データアナリティクスなどを活用したデジタルトランスフォーメーション(以下、DX)の取り組みによる影響度が高まっていることから、積極的に取り組みを行う企業も増えており、世界全体のICT市場では、逆風と順風が同時に吹くことになると予測されます。ハードウェア、ソフトウェア、サービス、通信...

2019年2月22日ジャストシステムフィードバック数:0デジタル家電

約6割が、AIによる「暮らしの利便性向上」を期待

...約6割が、AIによる「暮らしの利便性向上」を期待 人工知能(AI)&ロボット月次定点調査2018年総集編【トレンド版】約6割が、AIによる「暮らしの利便性向上」を期待AI導入により、約7割が「労働生産性は上がる」調査結果サマリー約6割が、AIによる「暮らしの利便性向上」を期待 AIの発達による「暮らしの利便性向上」について、「期待している」人は60.7%、「どちらともいえない」と思う人は23.3%、「期待していない」人は12.9%でした。「期待している」人の割合について年代別に見てみると、10...

2019年2月21日矢野経済研究所★★フィードバック数:0デジタル家電

RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)市場に関する調査を実施(2018年)

...(ロボティック・プロセス・オートメーション)は、ホワイトカラー職種(バックオフィス・間接部門)の業務オペレーションに対する、ソフトウェアロボットによる業務自動化の取り組みのことで、機械学習や人工知能(AI)といった認知技術を活用し、ソフトウェアロボットが文章・画像・音声などを認識することで、これまで人間のみが対応できると想定されていた単純作業、もしくはそれ以上に高度な作業を人間に代わって処理できる。RPA活用における目的や期待される効果として、①生産性・品質向上、②人的資源の再細分化、③業務...

2019年2月19日電通デジタルフィードバック数:0デジタル家電

電通デジタル、スマートスピーカーの国内利用実態調査を実施

...の背景・目的>近年、対話型の音声操作に対応したAI(人工知能)音声アシスタントを利用したスピーカー(スマートスピーカー)の販売市場は世界規模に拡大し、スマートスピーカー対応の音声アプリケーションも数多く開発・提供されています。そのような背景のもと、音声サービス領域における企業のビジネス展開にヒントを得ることを目的に、スマートスピーカーの日本における普及・利用動向、生活者のニーズ・利用実態の調査を実施しました。<主な調査結果>① スマートスピーカーの認知率は約76%、普及率は約6% 約3/4の人...

2019年2月8日ミライセルフフィードバック数:0ビジネス

社風との相性に関する分析

...施いたしました。■調査結果の結論1.会社に合っていると思っている人ほど、会社からの評価も高いと思っている2.会社に合わないことは分かるが、会社に合うことは分からない3.会社に合っている人ほど、会社からの評価が分からない今回の調査は、mitsucari適性検査の受検時に実施しているアンケートと、人工知能(AI)が判定した勤務先会社の社風との相性の相関関係を検証するために実施いたしました。 ■会社に合っていると思う人ほど、会社から高く評価されていると思っている「あなたは今の会社のカルチャーに合っていると思いますか?」と...

2019年2月6日ジャストシステムフィードバック数:0大型消費/投資

リアル店舗でのクリスマスプレゼント購入は、約半数が「キャッシュレス」

...気がつけばもうすぐ3月。春はすぐそこです。そして4月のマーケティングネタといえば... 目次: 「Tik Tok」って知ってます? Tik Tokとはこんな動画SNS 動画視聴は当たり前の時代に ... ※この記事は2017年5月16日に更新されています。 【記事要約】 マー... 【記事要約】 この記事では「人工知能に奪われるかもしれない仕事」というテーマについて、そのテクノロジーや事例などを振り返り... (※この記事は2017年4月25日に更新されています。) 【記事要約】 スマホの普及に伴... 【記事...

2019年2月5日Mobilus Corporationフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

お客さま窓口の利用実態調査

...-6417-9523事 業 : 人工知能とモバイル技術を活用した、コミュニケーションとIoTソリューションの開発ウェブ : https://mobilus.co.jp/「mobiAgent」についてモビルスが提供している「mobiAgent」は、コンタクトセンター向けチャットソリューションです。ウェブサイト上のチャット小窓や、LINE・Facebook Messenger などのメッセージングアプリなど多様なインターフェースと連携できます。「mobiAgent」によって顧客は、使い...

2019年2月1日ジャストシステム★フィードバック数:0デジタル家電

10人に1人が「AIスピーカー」を所有

...人工知能(AI)&ロボット月次定点調査 2018年総集編10人に1人が「AIスピーカー」を所有約8割が「AI音声アシスタント」を認知。約4割に利用経験調査結果サマリー10人に1人が「スマートスピーカー」を所有AIという言葉を認知している人のうち、「Amazon Echo」などに代表される「スマートスピーカー」を所有している人の割合は4.5%(2017年11月度調査)から9.8%(2018年12月度調査)に倍増しました。2017年11月度調査以降、所有者数は着実に伸び、2018年12月度...

2019年1月31日矢野経済研究所フィードバック数:0ビジネス

国内のコールセンターサービス市場およびコンタクトセンターソリューション市場調査

...ストによるチャネルと音声チャネルを連携したサービスの展開が多く見られたことである。また、ユーザー企業のコールセンターにおいても、オペレーターの人材不足や業務効率化を目的にAI(人工知能)やテキストチャット、音声認識などへの関心が高まってきており、さらには、AIブームとも相まってWebセルフサービスである「チャットボット」が一種のトレンドとして注目され始めたためである。3.将来展望 国内のコールセンターサービス市場は、社会問題の発生による突発的な大口案件などの「特需」があった時期に比べて市場の伸びは鈍化している。コールセンターサービス市場は既に成熟期に入っており、新た...

2019年1月31日ジャストシステム★★フィードバック数:0マーケティング

2018年、最も利用が伸びたECアプリは「ZOZOTOWN」

...ビスの購入経験あり LINEで企業ス... 調査結果サマリー 10代の3人に1人、20代の5人に1人が、「再配達問題を知らなかった」 ... 調査結果サマリー 定額制動画配信サービスの利用率1位は「Amazon プライム・ビデオ」 ... 【記事要約】 この記事では最近よく耳にすることが多くなった「定性調査」について、「定量調査」との違いを紹介しながら、M... 【記事要約】 この記事では「人工知能に奪われるかもしれない仕事」というテーマについて、そのテクノロジーや事例などを振り返り... ※この記事は2017年5月16...

2019年1月21日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

動画&動画広告月次定点調査(2018年11月度)

...や定番のマーケティング施策となった「O2O」。MRCでも調査や記事を複数公開しています。ただ、クーポンを... 【記事要約】 この記事では、最近広がりを見せている「Fintech(フィンテック)」について、その内容や事例を紹介しながら... 【記事要約】 セルフ型に移行したTwitter広告。これでより多くの人が手軽に広告出稿できるようになりましたが、一方で「う... 真っ向勝負の自社アピール型広告がユーザの心に響きにくくなっている昨今、高い注目を浴びているのがコンテンツマーケティング。これ... 【記事要約】 この記事では「人工知能...

2019年1月18日JTBフィードバック数:0大型消費/投資

2019年の旅行動向見通し

...い技術を活用した予約サービスや旅行体験が広がるここ1、2年で、AI(人工知能)やVR(仮想現実)などの新しいテクノロジーを利用した商品やサービスが次々に生まれるようになってきました。旅行の予約購入のサービスでは、AIを使った旅行相談やコールセンターでの対応などが実用化されつつあります。旅行先でVRやAR(拡張現実)などを使い、過去の街並みを体験したり、旅行の疑似体験も可能になってきました。また、デジタルアートの広がりを受けて、地域の自然や街並みを最新のデジタル技術と融合させ、新しい魅力を提案するといった動きも増えてきそうです。6.旅行...

2019年1月17日矢野経済研究所★★フィードバック数:0企業情報システム

コールセンターサービス市場/コンタクトセンターソリューション市場の調査を実施(2018年)

...ストによるチャネルと音声チャネルを連携したサービスの展開が多く見られたことである。また、ユーザー企業のコールセンターにおいても、オペレーターの人材不足や業務効率化を目的にAI(人工知能)やテキストチャット、音声認識などへの関心が高まってきており、さらには、AIブームとも相まってWebセルフサービスである「チャットボット」が一種のトレンドとして注目され始めたためである。3.将来展望 国内のコールセンターサービス市場は、社会問題の発生による突発的な大口案件などの「特需」があった時期に比べて市場の伸びは鈍化している。コールセンターサービス市場は既に成熟期に入っており、新た...

2019年1月17日ジャストシステムフィードバック数:0エンタテインメント

ゲームに関する利用実態調査

...ィアで紹介されていたフリマアプリ。記事を読むと、こ... ※この記事は2017年5月16日に更新されています。 【記事要約】 マー... 目次: プレスリリースとは プレスリリースの主な目的 掲載の可能性をあげるための3つのポイント 参考事例-調査デ... 目次: AI/人工知能、激しく流行ってますね MRC独自調査で見るAI AI... セルフ型アンケートサービス高品質なネットリサーチを圧倒的なスピードと次元の異なる低コストで。無料トライアル実施中。...

2019年1月15日矢野経済研究所フィードバック数:0企業情報システム

業種別AIの導入状況に関する法人アンケート調査を実施(2018年)

...方法を確認する ボタン↓から詳細をご確認ください調査要綱 1.調査期間: 2018年7月~11月2.調査対象: 国内の民間企業3.調査方法: 記名式郵送アンケート調査 <AIとは>本調査におけるAI(人工知能)とは、機械学習(ディープラーニングを含む)、自然言語処理、画像認識、機械翻訳、ロボット、チャットボット、RPA(Robotic Process Automation)などを指す。また、RPAのように一般にはAIと称するほど高度な技術とみなされないものも一部に含まれる。※参考情報対話型AIシス...

2019年1月11日CrowdStrikeJapanフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

CrowdStrikeサイバーセキュリティ侵害調査報告書2018

...ウドベースの次世代エンドポイント保護業界のリーダーです。人工知能(AI)を活用することで、CrowdStrike Falcon®プラットフォームは企業全体のエンドポイントの状況を即座に可視化し、ネットワークに繋がっているものだけでなく、繋がっていないエンドポイントまでも保護します。CrowdStrike Falconは数分で展開でき、導入初日から対処方法を含むアラートや、リアルタイムでの保護を実現します。また、その中には次世代アンチウイルス、EDR、並びに24時間365日体制のマネージドハンティングサービスがシームレスに統合されています。クラ...

2019年1月10日ジャストシステムフィードバック数:0ライフスタイル

20~30代に聞くフィットネスジム利用実態調査【ジム男子&女子編】

...: AI/人工知能、激しく流行ってますね MRC独自調査で見るAI AI... 【記事要約】 2016年もあとわずか。今回の記事では今年起こったさまざまなマーケティングトピックスを調査とともに振り返りな... ※2017年11月21日:内容をアップデートしました。 1.スマホ普及の"... 2016年12月には日米合計6000万DLを突破した、フリマアプリのトッププレイヤー「メルカリ」。海外展開やTVCMなど積極... 【記事要約】 市場調査を任せられたそこのアナタ!何か...

2018年12月27日IDCフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

国内データセンター内のAIシステム数予測

... Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内データセンター(DC)に設置されるAI(人工知能)システムの数の予測を発表しました。これは、GPU(Graphics Processing Unit)などのアクセラレーターを搭載したAI向けの高性能サーバーのうち、データセンターに設置されるものを、サーバーラックの本数で推計した結果です。これによると、2018年末時点の国内DCに設置されているAIシステムは3,141ラッ...

2018年12月25日カンムフィードバック数:0ライフスタイル

「クリスマスと年末年始のお金」に関するアンケート調査

...取締役 八巻 渉 プロフィール)2009年に慶應義塾大学 理工学部 情報工学科を卒業後、人工知能や自然言語処理といった分野の研究開発を行う株式会社Studio Ousiaに入社。2011年に株式会社カンムを設立。自社サービスの運用、証券会社のWebサイト構築・アクセス解析、大手飲食チェーンのデータ解析等を行う。データ解析・拡張が得意。2013年から大手クレジットカード会社と提携し、「Card Linked Offer(CLO)」を運営。CLOは、クレジットカードデータを使ったターゲティングと、導入...

2018年12月17日ディップフィードバック数:0ビジネス

アルバイト就業者に聞いたAI活用意向と意識調査

...サマリー内閣府によると、第4次産業革命としての技術革新の1つに人工知能(以下、AI)が示されています。昨今、労働環境におけるAIの影響は、様々な観点から期待されている一方で、企業や労働者からは不安や懸念の声も多く挙がっています。そこで今回、仕事におけるAIに対する期待やAIへの恐怖感などについての調査をいたしましたので、その結果をご報告いたします。 AIに対する受容度では、女性よりも男性の方が高く、また「職場でAIを活用したい」と思っている人のアルバイト先には、「ガールズバー」「調査・モニター」「医療・介護・福祉」など...

2018年12月14日トレンドExpress★★フィードバック数:0マーケティング

トレンドExpress、「2018年中国SNSクチコミ振り返りレポート」発表

...タとAIで意思決定をサポートする」企業です。 最先端のAI(人工知能)技術を搭載したソーシャル・ビッグデータ解析ツールやレポーティングサービスにより、ビジネスにおける意思決定をサポートします。また、AIによるソーシャル・ビッグデータ分析を軸にクライアントの販売促進・認知拡大に繋がるプロモーションサービスをはじめとしたソリューション提供を行い、ソーシャルメディアマーケティングをワンストップで支援します。さらに、国内事業で培ったAI技術をクロスバウンドマーケティング 領域へ適応し、今後...

2018年12月13日矢野経済研究所フィードバック数:0ビジネス

語学ビジネス市場に関する調査を実施(2018年)

...校での外国語必修化を背景に、ここ数年幼児・子供向けサービス(幼児・子供向け外国語教室、プリスクール、幼稚園・保育園向け英語講師派遣、幼児向け英会話教材市場)が堅調な推移を示している。​また、オンライン英会話の認知度が向上し、法人や個人利用が拡大したことでe-learning市場が好調であるほか、AI(人工知能)の活用で注目を浴びている翻訳・通訳ビジネス市場も、現状は従来どおりのヒトによる翻訳・通訳が行われているため、引き続き好調に推移している。2.注目トピック業界再編の動きグローバル化の進展、インバウンド(訪日外国人客)の急...

2018年12月13日アイスタイル★フィードバック数:0ライフスタイル

BeautyTech度調査2018

...用に関する自主調査を実施し、その結果を発表いたしました。BeautyTechとは、テクノロジーが生み出す新たな美容製品・サービスのことで、例えば、AR(仮想現実)技術を使いユーザーがファンデーションやリップを仮想で試したり、AI(人工知能)技術を使ってユーザーの好みや肌状態に合わせてよりパーソナルな製品を紹介してくれるなどのサービスです。「生活者はどのくらいBeautyTechを利用しているのか」、「その人たちはどのような人たちなのか」。その実態を知るために、ユーザーのビューティ度とテック度を数値化し、BeautyTech...

2018年12月13日IDCフィードバック数:0企業情報システム

2019年国内IT市場の主要10項目を発表

...(Artificial Intelligence:人工知能)、IoT(Internet of Things)といったイノベーションアクセラレーターに対する支出を拡大させています。しかしDXの実現に至る道は平たんではなく、進化する技術への対応、デマンドサイド/サプライサイド双方における人材不足の解消、DXに欠かせない社内外データの有効な活用に向けた道筋、DXにふさわしいITインフラの構築など、さまざまな課題が存在しています。こういった課題を克服し、DXを実現に導くためには、デマンドサイド(企業)/サプライサイド(ベン...

2018年12月6日矢野経済研究所フィードバック数:0ビジネス

植物工場市場に関する調査を実施(2018年)

...の農業ベンチャーが参入したが、採算に見合うビジネスモデルが構築できずに撤退が相次いだ。しかし、現在は、省エネルギーを実現するLED の低価格化が進みランニングコストが抑えられたことで、採算が改善している。また、植物の生育状況を測定する高機能センサーや人工知能の実装も可能になるなど、生産技術が低価格化したことにより、周年・計画生産を可能にする植物工場はあらためて注目を集めている。2016 年度までは、全体的にリーフレタス換算で日産5,000 株以下の栽培能力を持つ植物工場の建設が中心であり、なかには1,000 株以...

2018年12月6日野村総合研究所★★フィードバック数:0マーケティング

野村総合研究所、2024年度までのICT・メディア市場の規模とトレンドを展望

...するICTを活用しつつ、どのように生産性向上と働き方改革を推進して、豊かな社会を維持していくかが大きな課題となっています。いかなる企業においても、2020年頃に実用化が見込まれる5G(第5世代移動通信システム)、急速に進化するAI(人工知能)、IoT(モノのインターネット)、ロボットなどのデジタル技術を活用して、持続的に成長可能なビジネスモデルを再構築できるかどうかが問われています。環境変化が激しい世の中だからこそ、自社が真に創出すべき社会価値を見極め、自社...

2018年11月30日アクセンチュアフィードバック数:0企業情報システム

時代のニーズに合わない教育や企業研修が、人工知能(AI)などの先端技術がもたらす11兆5,000億ドルの経済成長を阻む恐れがあることが判明

...アクセンチュア最新調査――時代のニーズに合わない教育や企業研修が、人工知能(AI)などの先端技術がもたらす11兆5,000億ドルの経済成長を阻む恐れがあることが判明 経験学習、個別教育、AI弱者支援への投資が、スキルギャップを埋める鍵【ニューヨーク発:2018年9月19日】アクセンチュア(NYSE:ACN)の最新調査によると、デジタル技術によってもたらされるべき経済成長が、時代のニーズに合わない教育や企業研修システムによって達成できない恐れがあることが明らかになりました。G20のう...

2018年11月26日アクセンチュアフィードバック数:0企業情報システム

時代のニーズに合わない教育や企業研修が、人工知能(AI)などの先端技術がもたらす11兆5,000億ドルの経済成長を阻む恐れがあることが判明

...アクセンチュア最新調査――時代のニーズに合わない教育や企業研修が、人工知能(AI)などの先端技術がもたらす11兆5,000億ドルの経済成長を阻む恐れがあることが判明 経験学習、個別教育、AI弱者支援への投資が、スキルギャップを埋める鍵【ニューヨーク発:2018年9月19日】アクセンチュア(NYSE:ACN)の最新調査によると、デジタル技術によってもたらされるべき経済成長が、時代のニーズに合わない教育や企業研修システムによって達成できない恐れがあることが明らかになりました。G20のう...

2018年11月26日アドビ システムズフィードバック数:0マーケティング

アドビ調査、日本のクリエイターは欧米よりもAIの活用に好意的?

...アドビ調査、日本のクリエイターは欧米よりもAIの活用に好意的?クリエイターの約70%が「日々の業務の半分以上が繰り返し作業や非クリエイティブなタスクである」と感じている #AdobeMAXJapan 人工知能(AI)や機械学習(ML)といったテクノロジーは、クリエイティブなプロセスにどのような役割を果たすのでしょうか?アドビが「AI 時代のクリエイティビティとテクノロジー」について行った調査によると、クリエイターは日々の仕事の中で「非クリエイティブ」なタスクが多いと感じており、クリ...

2018年11月20日Qlik Technologies★★フィードバック数:0マーケティング

Qlik、世界初となる「データリテラシー指数(Data Literacy Index)」を発表、データリテラシーが5億ドルの企業価値増につながることが明らかに

...タリテラシーが低かったのは医療、小売、不動産などの産業でした(データリテラシー・スコアは順に67.1、69.2、70.7)。一方、行政、技術サービス、金融が上位でした(順に81.1、80.2、77.4)。以上の結果について、Qlikのデータリテラシー担当グローバルヘッドであるジョーダン・モロー(Jordan Morrow)は次のように述べています。「自動化、ロボット、人工知能の存在感が増していく中、『第4の産業革命』の姿が徐々に見えてきました。データは共通言語となり、データを習得した企業が恩恵を受けることになります。しか...

2018年11月6日アドビ システムズフィードバック数:0マーケティング

アドビ、今年のホリデーシーズンに米国オンライン売上高の総額が1,241億ドルになると予測

...シャルメディアからの口コミによるアクセスは、2016年第4四半期に比べてRPVが11%減少すると予想されています。ソーシャルメディアは、口コミによるアクセスの増加にもかかわらずRPVが減少する唯一のマーケティングチャネルです。この原因は、ソーシャルネットワークに対する消費者の信頼性が低下しているためであるとアドビは考えています。また、今年のギフト選びでソーシャルメディアサイトを参照する買い物客は25%減少すると予想しています。予測方法アドビは、人工知能(AI)および機械学習フレームワークであるAdobe Senseiを活用して、Adobe...

2018年10月31日SAS Institute★★フィードバック数:0企業情報システム

企業は人工知能の倫理的かつ責任ある利用に向けた取り組みを強化していることが判明――SAS、アクセンチュア、インテル、フォーブス・インサイツ最新調査

...企業は人工知能の倫理的かつ責任ある利用に向けた取り組みを強化していることが判明 ――SAS、アクセンチュア、インテル、フォーブス・インサイツ最新調査企業は人工知能の倫理的かつ責任ある利用に向けた取り組みを強化していることが判明――SAS、アクセンチュア、インテル、フォーブス・インサイツ最新調査 人工知能の活用に成功している企業のうち、92%が技術者向け倫理研修を実施、74%が成果を毎週評価 ニューヨークおよびサンディエゴ発 (2018年10月23日)SAS、アクセンチュア(NYSE:ACN...

2018年10月23日ニールセンフィードバック数:0デジタル家電

消費者のマルチスクリーン利用状況についての分析

...らの動画サービスでもスマートフォンから視聴するという人が最も多く、それぞれ65%、48%となっていました。2017年からの変化としては、共にスマートフォンとTVに接続したデバイスからの利用が増加している一方で、パソコンとタブレットからの利用が減少していました。最後に、新しいデバイスである人工知能(AI)を搭載したスピーカー(スマートスピーカー)の利用率をみると、インターネット利用者全体のうち10%となっていました。性年代別にみると男性は女性よりも利用率が高く、若年層で利用率が高い傾向がみられました。特に、男性15-29歳の利用率が最も高く、15%が利...

セールスフォース・ドットコム、ホリデーシーズン中の買い物において、初めてモバイルフォンが最も利用されるデバイスになることを予測

...ホリデーシーズンに関する新しい消費者のインサイトと予測を発表しました。2018年のホリデーシーズンではモバイルフォン利用が主役となり、他のデバイスを利用しての注文やEコマースサイト訪問を上回る見込みです。2018年のホリデーシーズンの収益は前年比13%増となり、AI(人工知能)による製品レコメンド機能が全収益の35%に貢献するものと予想されます。セールスフォース・ドットコムは、全世界53カ国にわたる5億人の買い物客の行動とSalesforce Commerce Cloudによる数十億件のトランザクションに関するインサイトを、セールスフォース・ドットコムの「Shopper...

2018年10月9日ジャストシステムフィードバック数:0モバイル

約4割が、「スマートフォンにかける月額費用は5,000円未満」ジャストシステム

...参考にしてください。 調査結果サマリー 半数が他のSNSに比べて「エフェメラル系SNSは、疲れない」 「エフェメラル系SNS」... 調査結果サマリー 今、話題のネイティブ広告は「騙された気分になる」 ネイティブ広告のクリック経験があるユ... 調査結果サマリー 今年、マーケティング担当者が注目したキーワードは、1位「人工知能」、2位「ポケモンGO」 ... 調査結果サマリー 東京開催決定で、約8割が景気が良くなると期待 セルフ型ネットリサーチ「Fastask」... 調査結果サマリー 金融は「ノー残業デー」、マス...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ