調査のチカラ TOP > 特集一覧 > データがいっぱい:人工知能

データがいっぱい:人工知能

世間の注目が集まる分野には調査データが増加します。人工知能については、クラウド/IoTが発達したことで応用範囲が大きく広がり、改めてトレンド化しています。

2017年11月17日Verizonフィードバック数:0企業情報システム

2018年にエンタープライズITの変革を推進する7つのテクノロジートレンド Verizon

...[] ベライゾンジャパン合同会社(東京都千代田区、執行役員社長:藤井一弘、以下「ベライゾン」)は、本日2018年エンタープライズITの変革を牽引すると予想される7つのテクノロジートレンドを発表しました。2018年は、グローバル企業や政府機関が、テクノロジーの活用によって顧客への対応を向上させ、競争力を高め、市場における差別化を加速させることに注力するなど、まさに変革の年となります。ソフトウェア・デファインド・ネットワーク(SDN)やモノのインターネット(IoT)、人工知能(AI)など...

2017年11月16日ジャストシステムフィードバック数:0企業情報システム

人工知能(AI)&ロボット 月次定点調査(2017年9月度)

...約2割が、「ロボットやAIの振る舞いは、人間らしい方がよい」 人工知能(AI)&ロボット 月次定点調査(2017年9月度)約2割が、「ロボットやAIの振る舞いは、人間らしい方がよい」6割以上が「AIによる個人情報収集に不安を感じる」調査結果サマリー約2割が、「ロボットやAIの振る舞いは、人間らしい方がよい」現在、AIやロボットは、音声や話し方、見た目が人間らしいものから、そうでないものまで幅広く存在しています。AIやロボットの音声や話し方、見た目について、「人間らしい方がよい」と思...

2017年11月15日ガートナーフィードバック数:0ビジネス

2018年のCIOアジェンダ

...そう重視されるようになっています」トレンドへの対応本サーベイではCIOの大多数が、テクノロジのトレンド、特にサイバーセキュリティと人工知能 (AI) によって、近い将来CIOの職務が大きく変化するであろうと述べています。サイバーセキュリティは2018年も引き続きグローバル規模の脅威であり続け、95%のCIOがサイバーセキュリティの脅威が高まり、自社に影響を与えるであろうと回答しています。ラウゼル・ジョーンズは次のように述べています。「これらの懸念への対応としてデジタル・セキュリティがCIOにとって上位の課題となっており、回答...

2017年11月15日ガートナーフィードバック数:0企業情報システム

Gartner Predicts 2018

...タル化への不信感が高まる。「偽りの現実」とは、実際に生じても存在してもいないことを事実とする画像、動画、文書、音声をデジタルによって作成することです。過去30年間、コンテンツの配布がほとんど規制されていない中、膨大な数のユーザーがインターネットにアクセスできるようになったことで、多少または大幅に改変したコンテンツを作成し、拡散させる能力は飛躍的に高まりました。このような拡散の次の波は、マシンにより生成され拡散されるコンテンツとなるでしょう。プラマーは、次のように述べています。「偽りの現実の検知は、コンテンツにある偽造のマーカを人よりも早く識別できる人工知能...

2017年11月14日つみきフィードバック数:0エンタテインメント

映画初日満足度ランキング(10月第4週)

...想・レビュー 「人間らしさとはなにか、考えさせられる映画」(20代・女性)、「人工知能とか、ロボットとかが身近になってきた昨今、妙にリアリティがある」(20代・男性)、「ライアン・ゴズリングの無表情な中に多くの感情を感じさせるたたずまいがとても良かった」(20代・女性)、「迫力ある音響、そして映像美」(30代・女性)、「圧倒的に美しいディストピアに連れて行かれた!素晴らしい映画体験」(40代・男性)、「深い。ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督の技に脱帽」(50代・男性)■2位:『ゲット・アウト』の感想・レビ...

2017年11月9日ガートナー★★フィードバック数:0企業情報システム

2018年の戦略的テクノロジ・トレンドのトップ10

...したトレンドを視野に入れている他社に後れを取る恐れがあります」以下で説明する戦略的テクノロジ・トレンドの最初の3つでは、人工知能 (AI) と機械学習について、これらが事実上あらゆるものに浸透しつつある現状と、テクノロジ・プロバイダーにとって今後5年間の主戦場になるという見通しを考察します。その次に示す4つのトレンドでは、デジタルの世界と物理的な世界を融合させ、デジタル面を強化したイマーシブ (没入型) 環境を構築することに焦点を当てています。最後の3つは、人や企業、デバイス、コンテンツ、サービス間で拡大するつながりを活用した、デジタル・ビジ...

2017年11月9日Booking.com Japan★フィードバック数:0大型消費/投資

2018年の「旅行業界8大トレンド」

...上を対象にしたアンケート結果をもとに2018年の旅行トレンドを予想し、発表いたします。1. 最先端テクノロジーを活用し事前に旅を「体感」 2018年には、行き先や宿泊施設を予約する前に、最先端テクノロジーを駆使して下調べをする人が増えると予想されます。AI(人工知能)やデジタルテクノロジーが急激な進化を遂げる中、世界のアンケート回答者の29%が、『旅の履歴などにもとづき、AIに旅行計画を立ててもらうことに不安はない』と回答し、日本人も29%が同様に回答しました。さらに50%が、『質問や疑問が解消してくれさえすれば、人に...

2017年11月9日アクセンチュアフィードバック数:0企業情報システム

デジタル技術をテコに効率化と成長を図る企業は、平均60億ドルの時価総額増が可能

...宇宙・防衛、自動車、消費財・サービス、産業機器、ライフサイエンス、運輸、医療技術、公益事業、天然資源、化学、オイル・ガスの12業界を対象にして、売上10億ドル以上の企業が従業員1人のコストを大幅に削減しつつ、時価総額を高めるための最適な技術の組み合わせ方を検証しました。検証の結果、3Dプリンティングや人工知能(AI)、拡張現実(AR)・仮想現実(VR)、自律型ロボット、自動運転車、ビッグデータ分析、ブロックチェーン、デジタルツイン(*1)、機械学習、モバイル・コン...

2017年11月9日ジャストシステムフィードバック数:0エンタテインメント

動画&動画広告 月次定点調査(2017年9月度)

...画投稿サ... 【記事要約】 今回の記事では、2016年にも何かと話題になった「シェアリングエコノミー」について、独自調査... 【記事要約】 今回も前回に引き続き「LINE広告のスクショたくさん集めて分析してみたよ」企画です。前回は「... 【記事要約】 今回の記事では、最近SNSで見かけることも多くなった「動画コンテンツ」について、MRCの最新... 1、チラシアプリきっかけで自転車を買ったウチの嫁 私事で恐縮ですが先日ちょっとした“気づき”があったのでご報告します。... 【記事要約】 この記事では「人工知能...

2017年10月30日ガートナー★★フィードバック数:0ビジネス

世界のCIO 3,000人以上のサーベイ

...そう重視されるようになっています」トレンドへの対応本サーベイではCIOの大多数が、テクノロジのトレンド、特にサイバーセキュリティと人工知能 (AI) によって、近い将来CIOの職務が大きく変化するであろうと述べています。サイバーセキュリティは2018年も引き続きグローバル規模の脅威であり続け、95%のCIOがサイバーセキュリティの脅威が高まり、自社に影響を与えるであろうと回答しています。ラウゼル・ジョーンズは次のように述べています。「これらの懸念への対応としてデジタル・セキュリティがCIOにとって上位の課題となっており、回答...

2017年10月30日Appier★フィードバック数:0マーケティング

アドフラウドへの対策―AIはどのように役立つのか

...Appier、AIを使ったアドフラウド対策モデルの効果に関するレポート「アドフラウドへの対策―AIはどのように役立つのか」を発表 AIベースのアドフラウド対策は、従来のアプローチと比較して2倍の疑わしいインストールを検出 AI(人工知能)テクノロジー企業のAppier(エイピア、本社:台湾、共同創業者/CEO:チハン・ユー、以下Appier)は、本日、AIを使ったアドフラウド対策モデルの効果に関するレポート「アドフラウドへの対策―AIはどのように役立つのか」を発表しました。本レ...

2017年10月29日The Economistフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

Safe Cities Index 2017 加速する都市化と セキュリティ強化に向けた取り組み

...ノロジーが都市に恩恵をもたらすことはいうまでもない。IoT(Internet of Things(モノのインターネット))はその典型的な例だ。センサーを使ってデータを収集しWiFiをつうじて様々な機器から転送することで、遠隔的・効率的なインフラ・サービス管理を実現するなど、IoTは都市運営のあり方に新たな可能性をもたらしている。例えば、スマートメーターをつうじてマンションやオフィスビルを電力網と接続すれば、エネルギー利用の効率化やコスト削減が見込めるだろう。監視カメラ(CCTV)やWebカメラ、人工知能(AI)、データ・アナ...

2017年10月29日VISAフィードバック数:0大型消費/投資

世界各国の主要都市においてデジタル決済利用増加が与える経済的影響

...な経済成長、犯罪の低下、雇用の増加、賃金の上昇、労働者の生産性向上といった恩恵を受けています。」都市部におけるデジタル決済の利用拡大により、消費者、事業者、政府は、金銭的な利益以上のプラス効果を得ることができます。また、デジタル決済への移行により、GDP、雇用、賃金、生産性向上といった当該都市の経済指標全般を好転させる触媒効果も期待できます。Roubini Thoughtlab代表のルー・セリ(Lou Celi)は次のように述べています。「スマートフォンやウェアラブル端末から人工知能...

2017年10月29日Cylanceフィードバック数:0企業情報システム

AI(人工知能)の投資調査

...サイランス、AI(人工知能)の投資調査を実施 人工知能の投資回収を2年以内に達成できると64%が回答 Press + Media Contact<本件に関するお客様からの問い合わせ先>Cylance Japan株式会社担当:三浦電話:03−6386−0061prjapan@cylance.com IT部門の意思決定者の77%が、AI(人工知能)を活用したツールの導入によって、より多くのセキュリティ侵害を予防できるようになったと回答し、81%が自...

2017年10月27日ガートナー★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

RPAに関する調査

...は、導入によって一定以上の効果が期待できますが、現状では実態を上回る過度な期待と過剰なマーケティング・メッセージなどにより、テクノロジや導入効果、課題、現状と将来などのRPAにまつわるさまざまな事柄に関する理解が異なるため、市場では混乱が見られます。ガートナー ジャパンのリサーチ&アドバイザリ部門リサーチ ディレクターである阿部 恵史は、RPAの現状について次のように述べています。「多くのRPA製品は成熟したテクノロジの組み合わせであり、人工知能 (AI) や機...

アジアにおける金融機関の 81% が、ビジネス成功のカギはデジタル化であると回答

...安価にデジタルトランスフォーメーションが可能になると認識しているとの結果となりました。今後2~3年の間で、デジタルトランスフォーメーションを推進し、実現するためのテクノロジとして以下に注目していることが明らかになりました(以下注目順)IoT:ATMの予兆保全などへの活用が期待されています。人工知能(AI):様々な情報源から収集した膨大なデータをもとに、顧客とコミュニケーションすることで、ニーズを把握し、感情や意図を理解できるソリューションです。次世代コンピューティング体験:ChatbotやSkype Translatorなどにより、時間...

2017年10月27日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2017年9月度)

..."ってほんとうか? 関東も梅雨明けしたみたいですね。これから夏本番!でもって、あ~またFac... 【記事要約】 今回の記事では、最近注目の「人工知能(AI)」について、消費者視点の独自調査結果から、市場の... FacebookやInstagramなど企業の動画広告活用がますます活発になっている。テキストから画像、画像から動画へとユー... 【記事要約】 アプリ利用促進の手法として定着している「プッシュ通知」、DAU向上やリテンションアップに効果を発揮しますが、... 【記事要約】 もは...

2017年10月23日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内データセンターサービス市場予測

...では予測しています。クラウドサービス利用拡大による市場成長の加速に加えて、コグニティブ/AI(人工知能やディープラーニングなど)およびIoT(Internet of Things)といった、まったく新しいタイプのデータ処理のニーズが、DCサービスの更なる成長を促進する可能性があるとIDCでは考えています。「こうした新たな市場のダイナミズムに対応するため、SI事業者/IT ベンダーではハイブリッドクラウドや、デジタルトランスフォーメーション(DX)指向型DCなど...

2017年10月22日ジャストシステムフィードバック数:0企業情報システム

人工知能(AI)&ロボット 月次定点調査(2017年8月度)

...6割以上が、市役所業務は、「将来、AIに置きかわる」 人工知能(AI)&ロボット 月次定点調査(2017年8月度)6割以上が、市役所業務は、「将来、AIに置きかわる」約半数が「AI家電に興味があり、購入に意欲」調査結果サマリー6割以上が、市役所業務は「将来、AIに置きかわると思う」現在、市役所職員が行っている業務は、将来、AIやロボットに置きかわると思うかを聞いたところ、12.1%が「すべての仕事が置きかわると思う」、53.4%が「一部の仕事は置きかわると思う」と回答しました。合計で65.5...

2017年10月20日#N/A★★フィードバック数:0企業情報システム

日本におけるテクノロジのハイプ・サイクル:2017年

... Nexus」の時期へと移行し、モノのインターネット (IoT)、人工知能 (AI)、ブロックチェーンといったさらに新しいトレンドが注目を集め、概念実証 (POC) に積極的に取り組む企業も増加しています。同時に、企業のITシステムがよりオープンになり、かつ社外のリソースとつながることで、「デジタル・プラットフォーム」というコンセプトが開花しています。ガートナー ジャパンのリサーチ&アドバイザリ部門マネージング バイス プレジデント、山野井 聡は次のように述べています。「2017年現在、デジタル・ビジ...

テクノロジー企業成長率ランキング「デロイト トウシュ トーマツ リミテッド 2017年 日本テクノロジー Fast50」 発表

...イロ」の運営、地域と行政をつなぐ総合サービス会社 AI(人工知能)技術をベースにしたWebマーケティングサービスの開発・提供 PR事業:アットプレス・クリッピング、シェアエコ事業:クロスコープ・トランスマート 家具・インテリア等のインターネット通信販売事業、越境ECプラットフォームの運営等 ※(未) は未上場企業、それ以外は上場企業を示す(2017年9月末時点)。※受賞回数は2017年分を含み、空欄は初受賞を示す。【デロイト トウシュ トーマツ リミテッド 日本テクノロジー Fast50...

2017年10月18日WACUL★フィードバック数:0マーケティング

Webサイトのレスポンシブ対応比率は50%

...ポンシブ対応にこだわらず、より最適なほう選ぶことが大切です。「AIアナリスト」サービス概要「AIアナリスト」は、Googleアナリティクスのアクセス解析データと連携させた大量のデータを人工知能が分析、課題発見、課題ごとの改善方針提案まで全て自動で行うサービスです。中小企業経営者や企業のWeb担当者の「Web専任の担当者をおく予算がない」「Webサイトのデータはとっているけど、どう使用していいのかわからない」などのお悩みに対し、「データの”わかる化”でビジネスの意思決定を簡単に」をビジョンに「AIアナリスト」を提...

2017年10月17日アクセンチュアフィードバック数:0大型消費/投資

金融機関のリスク管理にスマートテクノロジー活用が進む一方で、テクノロジーの急速な進歩に対応するスキル獲得が大きな課題に

...つの側面から捉えています。統合:リスク管理機能と他のビジネス機能との統合の進展テクノロジー:ロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)、人工知能(AI)、ビッグデータ、アナリティクス、機械学習などのスマートテクノロジー活用によるリスク管理業務の改善人材:実務経験と新たなツールやテクノロジー活用に必要なスキルを組み合わせた、より幅広いリスク管理能力の獲得 本調査ではまた、組織全体とリスク管理機能の統合はまだ限定的であることも示唆されています。リスク管理業務が、さま...

2017年10月16日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

動画&動画広告 月次定点調査(2017年8月度)

...記事ではシニアマーケティングについて、その市場規模や事例をおさらいしながら、真の「UX(ユーザー体験)」... 【記事要約】 この記事では「人工知能に奪われるかもしれない仕事」というテーマについて、そのテクノロジーや事例などを振り返り... 【記事要約】 最近話題になってきた「IoT」。ちなみに「IoT」と「スマート家電」の違いって皆さんご存じで... 1.とあるフリマアプリをDLする際の出来ごと お気に入りのWebメディアで紹介されていたフリマアプリ。記事を読むと、こ... 企業が自ら運営するオウンドメディア。よく「●●ラボ...

2017年10月16日ITR★★フィードバック数:0企業情報システム

IT投資動向調査2018

...回る高い割合を占めることが明らかになりました。ただし、AI(人工知能)やIoTの導入、デジタル・ビジネスや働き方改革といったテーマにおいては、既存のIT部門が中心的な役割を担うべきとした割合が半数を下回っており、相対的にIT部門の関与度が低くなることが予想されます。<参考資料3> 課題テーマについて中心的な役割を担うべき部門「AI/機械学習」への新規投資が拡大、「ディープラーニング」「ブロックチェーン」も高い投資意欲 製品/サービスの投資意欲を確認するために、110項目について現在の導入状況と今後の投資意欲を問い、その回答結果を基に、導入...

2017年10月16日ガートナー★★フィードバック数:0企業情報システム

日本におけるテクノロジのハイプ・サイクル:2017年

... Nexus」の時期へと移行し、モノのインターネット (IoT)、人工知能 (AI)、ブロックチェーンといったさらに新しいトレンドが注目を集め、概念実証 (POC) に積極的に取り組む企業も増加しています。同時に、企業のITシステムがよりオープンになり、かつ社外のリソースとつながることで、「デジタル・プラットフォーム」というコンセプトが開花しています。ガートナー ジャパンのリサーチ&アドバイザリ部門マネージング バイス プレジデント、山野井 聡は次のように述べています。「2017年現在、デジタル・ビジ...

2017年10月15日WACUL★フィードバック数:0マーケティング

Webサイト制作・運営の現場調査「第2回Googleアナリティクスの目標設定」

...トのデータをまだ活かしきれていない企業さんを、今後私たちがもっと支援していきたいですね。参考情報Googleアナリティクスでの目標設定の仕方はぜひ「AIアナリストブログ」をご参照ください。「AIアナリスト」サービス概要「AIアナリスト」は、Googleアナリティクスのアクセス解析データと連携させた大量のデータを人工知能が分析、課題発見、課題ごとの改善方針提案まで全て自動で行うサービスです。中小企業経営者や企業のWeb担当者の「Web専任の担当者をおく予算がない」「Webサイトのデータはとっているけど、どう使用していいのかわからない」など...

2017年10月14日Tata Consultancy Services★フィードバック数:0企業情報システム

2020年までの産業界のAI投資見通しをまとめたグローバルトレンド調査(後編)

...TOKYO / MUMBAI、2017年9月14日:タタコンサルタンシーサービシズ(本社:インド・ムンバイ、以下「TCS」)は、グローバルトレンド調査(後編)「進歩する能力、発展する業界:世界の13業界におけるAI活用実態調査」を発表しました。現在、AI(Artificial Intelligence:人工知能)が事業にもたらす影響、および今後予想される影響に焦点をあて、世界4地域の13業種から835人の企業経営者にアンケート調査を行いました。その結果、すべての業界が、今後2020年ま...

2017年10月9日マージェリック★フィードバック数:0マーケティング

ネットショッピングに関するアンケート調査

...り、ユーザーは「HOPPiNG」上で一度だけ会員登録を行えば、その後は会員登録をしていないショッピングサイトでも商品を購入することができ、煩雑な購入手続きが不要となる。2017年8月末時点で連携する通販サイトは100サイト。通販サイトと連携するために必要な初期登録業務を、AI(人工知能)が搭載された初期登録システムが行い、年内には約1000サイトとの連携を予定。※WEBオートメーション技術とは・・・プログラムがユーザーに代わってブラウザを自動的に操作する技術■『HOPPiNG(ホッピング)』サー...

2017年10月5日日経BPフィードバック数:0企業情報システム

AI活用を支援するスタートアップの実態調査

...グデータ総覧2017-2018』(8月29日発行)に掲載いたします。 本調査は、日本企業に対して人工知能(AI)のビジネス活用を支援できるスタートアップやベンチャー企業を中心に2017年7月から8月にかけてアンケートを実施し、101社から有効回答を得ました。従業員数や創業年、顧客企業の産業区分や得意な処理技術、保有しているAI関連の外部に提供できるリソースなどに加えて、課題やAI関連ビジネスの状況についても回答を得ています。 本調査はAIの活用がIT企業だけでなく一般の企業でも求められるなか、その受け皿となるAI...

AIスタートアップレポート

...人工知能(AI)関連スタートアップ174社を網羅「AIスタートアップレポート」販売開始 2017年9月14日 Scrum Ventures LLCサンフランシスコを拠点にベンチャー投資を行うスクラムベンチャーズ(ジェネラルパートナー:宮田 拓弥)は、日本企業向けに、人工知能(Artificial Intelligence, AI)関連スタートアップ174社を網羅した「AIスタートアップレポート」の販売を開始しました。*****現在大きな注目を集めているAI業界は2025年には350億ド...

2017年10月3日WACUL★フィードバック数:0マーケティング

Webサイト制作・運営の現場調査「第1回Webサイト制作」

...ューアルやシステム改善は外注で、高速でPDCAをまわしていく必要がある細かい修正は内製という棲み分けを行う傾向も今後ますます加速していくのではないでしょうか。CMSもあったり、簡単なところは自分で直せる人材も増えてきているので、自社内での体制が作りやすい環境も整ってきていますね。「AIアナリスト」サービス概要「AIアナリスト」は、Googleアナリティクスのアクセス解析データと連携させた大量のデータを人工知能が分析、課題発見、課題ごとの改善方針提案まで全て自動で行うサービスです。中小企業経営者や企業のWeb担当者の「Web専任...

2017年10月3日Capgeminiフィードバック数:0企業情報システム

Turning AI into concrete value: the successful implementers’ toolkit

...人工知能(AI)を展開する企業における雇用機会の創出と売上の増加 キャップジェミニのデジタル・トランスフォーメーション・インスティテュートによる新たなリサーチの結果、 AIを取り入れている企業の4/5で、AI技術の結果として、新しい仕事が創出されていることがわかりました。 本プレスリリースは、キャップジェミニ(フランス・パリ)が英語で発表したものを日本語に翻訳、再編集したものです。詳細は右記PDFをご参照ください。なお、内容につきまして、解釈...

2017年10月2日マクロミル★★フィードバック数:0企業情報システム

AI(人工知能)に関する調査

...世の中の「Honto(本当)」を集めた「Note(記録)」ホームAI(人工知能)に関する調査 2017年9月12日|Author : トコナッツAI(人工知能)に関する調査Tag : AI,人工知能,昨日9月11日、米Google(グーグル)が音声でさまざまな機器を操作できる「AIスピーカー」を、来月上旬から日本で発売する方針を固めた、と報じられました。AI(人工知能)の活用によって様々な開発が進み、便利な商品やサービスが次々と世の中へ送り込まれている一方で、AIによ...

2017年9月23日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2017年8月度)

...(検索エンジン)1強ではなくなってきているみたいですよ・・・。今回も、そんなスマホ検索の可処分時間など「ためになるデータ」が満載です! 調査結果サマリー ネット通販における「送料の有無」はどこまで購買行動に影響を与えるのか? 購買の後押しに... 調査結果サマリー 人工知能やロボットに置き換えたい窓口は「役所」がトップで16.2% ... 調査結果サマリー 認知度が高いサービスの1位は「LINE MUSIC」、2位は「dヒッツ」 定額制音楽ス... 調査結果サマリー タブレットPCの所有率が17.4...

2017年9月22日AINOW★フィードバック数:0企業情報システム

to B向け人工知能業界マップ2017

...人工知能のニュースを1万件掲載するメディア【日本初】13カテゴリ・全190社!「to B向け人工知能業界マップ2017 」~拡大し続ける人工知能業界に期待~【日本初】13カテゴリ・全190社!「to B向け人工知能業界マップ2017 」~拡大し続ける人工知能業界に期待~2017年7月にリリースをし、反響が大きかった人工知能サービスマップ「人工知能サービスマップ2017」。人工知能サービスマップは、人工知能を活用したサービスを分かりやすくマップにまとめたもので、情報...

2017年9月19日マージェリック★フィードバック数:0デジタル家電

ネットショッピングに関するアンケート調査

...一度だけ会員登録を行えば、その後は会員登録をしていないショッピングサイトでも商品を購入することができ、煩雑な購入手続きが不要となる。2017年8月末時点で連携する通販サイトは100サイト。通販サイトと連携するために必要な初期登録業務を、AI(人工知能)が搭載された初期登録システムが行い、年内には約1000サイトとの連携を予定。※WEBオートメーション技術とは・・・プログラムがユーザーに代わってブラウザを自動的に操作する技術提供開始日:2016年9月27日iOS版 (https://itunes.apple.com/jp...

2017年9月19日エン・ジャパンフィードバック数:0キャリアとスキル

「人手不足の影響」についてアンケート

...代後半と、中途採用ターゲット層が徐々に広がってくると思われる。長期的に見れば、人手不足という要因だけでなく、ミドル層の中途採用ニーズは増えていくだろうというのが予測です。◯2017年現時点の人手不足は人口の減少もあるが、オリンピック需要、人工知能等の技術革新、日本企業の海外マーケットへの再々進出など、ポジティブな理由が多いと思います。そのため、専門性を持った方であれば、求人の年齢は緩和されており、ミドル人材の転職にもチャンスが広がっています。ただし、その専門性や即戦力となる経験がない方は、なか...

2017年9月18日ジャストシステムフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

人工知能(AI)&ロボット 月次定点調査(2017年7月度)

...半数が、「AIを利用しての過失責任はメーカー側が負うべき」 人工知能(AI)&ロボット 月次定点調査(2017年7月度)半数が、「AIを利用しての過失責任はメーカー側が負うべき」7割以上が、「AIに対する法規制が必要」調査結果サマリー半数が、「メーカーはAIを利用しての過失責任を負うべき」AIを利用して生じた過失の責任について、利用者とメーカーのどちらが負うべきかと聞いたところ、「利用者側」と答えた人は32.4%、「メーカー側」と答えた人は48.5%でした。※「過失責任があると思う」「どち...

2017年9月11日ランサーズ★フィードバック数:0キャリアとスキル

ランサーズ、“フリーランス活用が増加した仕事 2017年1Q”発表

...タ整理・分類・カテゴリ分け ■データチェック・判断 ■調査・分析・統計 ■資料作成・レポート・論文作成■声優・ナレーション・音声素材 ■LINEスタンプ作成 ■シナリオ作成・脚本制作・小説作成 ■画像加工・写真編集・画像素材 ■チラシ作成・フライヤーデザインAI分野関連業務カテゴリ名称:データチェック・判断/データ整理・分類・カテゴリ分け様々なサービスで活用が拡大しているAI(人工知能)分野の依頼・成約の増加が見られました。内容としては、教師データ(機械学習などに必要な大量のデータ)作成...

2017年8月30日ゼロスタートフィードバック数:0マーケティング

レビュー の可能性についての調査

...考になれば幸いです。━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【著者情報】株式会社ゼロスタート代表取締役社長 山崎 徳之【連載紹介】[gihyo.jp]エンジニアと経営のクロスオーバー[Biz/Zine]テクノロジービジネスの幻想とリアル[ECZine]人工知能×ECことはじめ[ECのミカタ]ECの役割━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━vector graphics and icons designed by Freepik ( 最新情報製品詳細ページカテゴリー関連情報月間アーカイブ月間アーカイブ 製品・サー...

2017年8月28日ガートナー★★フィードバック数:0企業情報システム

デジタル・ビジネスをサポートするパーソナル・テクノロジのトップ10

...ノロジのトップ3は機械学習、人工知能、仮想パーソナル・アシスタント ガートナー ジャパン株式会社 (所在地:東京都港区、代表取締役社長:日高 信彦) は本日、デジタル・ビジネスをサポートするパーソナル・テクノロジのトップ10を発表しました。ガートナーは、パーソナル・テクノロジについて以下のように定義しています。「パーソナル・テクノロジとは、オンラインで24時間つながっていることで、モノや人との双方向のやりとり・出来事・行動が次々と発生する時代において、包括的なデジタル・ライ...

2017年8月28日ガートナー★★フィードバック数:0企業情報システム

先進テクノロジのハイプ・サイクル:2017年

... − ガートナーは「先進テクノロジのハイプ・サイクル:2017年」を発表し、企業が今後5〜10年にわたってデジタル・エコノミーの世界で生き残り、成功することを可能にする、3つの大きなメガトレンドを明らかにしました。3つのトレンドとは、どこでも人工知能 (AI) となる世界、透過的なイマーシブ・エクスペリエンス (没入型の体験)、デジタル・プラットフォームです。これらのトレンドは比類のないインテリジェンスを提供すると共に、まったく新しい体験を創出し、企業・組織が新たなビジネス・エコ...

2017年8月26日Cylanceフィードバック数:0企業情報システム

サイランスのBlack Hatアンケートが明らかにした人工知能(AI)への期待と不安 「AIはもろ刃の剣」

...サイランスのBlack Hatアンケートが明らかにした人工知能(AI)への期待と不安 「AIはもろ刃の剣」 サイランスの調査によると、情報セキュリティの専門家の約6割が、人工知能がサイバー攻撃に使用されると考えている7月に開催されたBlack Hat USA 2017には、サイバーセキュリティ分野のスペシャリストが一同に会し、今後混乱をもたらすと思われる最新の脅威について話し合いが行われました。共有のワイヤレスインターネット接続を介して次から次へとモバイルデバイスに感染する高度なWi-Fiワー...

2017年8月10日IDC★★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

世界ロボティクス関連市場予測

... Growth Rate)は22.8%と予測しています。「ロボットと人工知能/機械学習の統合が産業向け、および消費者向けの次世代インテリジェントロボットの開発に拍車をかけている」と、米国IDC Manufacturing Insights ロボティクス リサーチディレクターのジン・ビン・チャン博士は述べています。さらに「使いやすさ、自己診断能力、ゼロダウンタイム、学習と適応、それにコグニティブ(認知型)インタラクションなどの画期的な機能を備えたロボットが登場し、製造...

2017年8月10日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

動画&動画広告 月次定点調査(2017年7月度)

...みに「IoT」と「スマート家電」の違いって皆さんご存じで... 今年Microsoftさんがニュースアプリを発表しましたね。グノシー、SmartNewsからはじまりまさにニュースアプリ戦国... 【記事要約】 この記事では、最近広がりを見せている「Fintech(フィンテック)」について、その内容や事例を紹介しながら... 【記事要約】 今回の記事では、最近注目の「人工知能(AI)」について、消費者視点の独自調査結果から、市場の... (この記事は2016年12月14日に更新されています。) 【記事...

2017年8月8日鹿児島銀行フィードバック数:0ビジネス

第148回 県内企業・業況調査

...料手当難事業承継難雇用人員の過剰廃棄物処理決済条件悪化売掛金回収難金融機関からの借入難その他図表10 IT分野の新技術の活用の有無全産業全産業10製造業21620建設業3210小売業90%既に活用している3131422452246214181922015その他産業2054113卸売業47251220%40%活用を検討している(したい)2060%80%検討したが、活用しないことに決めた100%検討していない分からない図表11 既に活用している新技術36IoT(モノのインターネット)33i‐Construction(建設業におけるIT活用の新技術)ビッグデータ219AI(人工知能)AR・VR...

2017年8月8日ゼロスタート★フィードバック数:0マーケティング

レビューに関する調査

...供することで潜在的ニーズを掘り起こし、クロスセルの実現とサイト価値向上・収益力アップが実現できます。▼ ZETA DMPについてZERO ZONEシリーズが備えている機械学習のテクノロジーをさらに進化させた、人工知能・パーソナライズのテクノロジーを搭載したマーケティングソリューションです。——————————————————————————————————————- ※お問い合わせ・ご相談・御見積は info@zero-start.jp まで...

eコマースによる時間の節約効果

...]にまで拡大する可能性があると考えられます。 日本には長時間労働等によって余裕のある生活が出来ていない人が多数いると想像されますが、ICTを活用して買い物をすることで生活に必要不可欠な家事の時間を削減することができ、生活に余裕を持たせることができると言えます。今後、eコマース利用が拡大することはもちろん、個別配送でのドローンやAI(人工知能)、IoT(Internet of Things)、ビッグデータの活用により、より便利なeコマースサービスが登場することによって、時間の節約効果も拡大し、それ...

2017年8月7日ジャストシステムフィードバック数:0モバイル

位置情報アプリに関する利用実態調査

...広告。これでより多くの人が手軽に広告出稿できるようになりましたが、一方で「う... 【記事要約】 今回の記事では、最近注目の「人工知能(AI)」について、消費者視点の独自調査結果から、市場の... 1、チラシアプリきっかけで自転車を買ったウチの嫁 私事で恐縮ですが先日ちょっとした“気づき”があったのでご報告します。... 【記事要約】 日本と海外ではSNSの使われ方も違うみたいですね。特にTwitterって日本独自の文化が育っ... 1.スマホ普及の"クリティカル・マス" 今年...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

新着データ

新着データINDEXへ

お知らせ