調査のチカラ TOP > 特集一覧 > データがいっぱい:葬儀

データがいっぱい:葬儀

世間の注目が集まる分野には調査データが増加します。デリケートなテーマですが、葬儀はひとつの文化であり、多くの調査が実施されています。

2018年7月14日マクロミル★フィードバック数:0ビジネス

2018年の会社員の夏休みを調査!連休日数は5連休が最多

...には日の差があることがわかります。 ベース:夏休みの時期がすでにわかっている人(n=692) 夏休みの過ごし方、1位は「家でゆっくり」50%、2位は「お出かけ・旅行」49%で僅差。 お出かけ・旅行では、「泊りの国内旅行」が人気今年の夏休みの時期がすでにわかっている名に、夏休み中の過ごし方について尋ねました。多かった順に、「家でゆっくり過ごす」、「お出かけ・旅行」で、この2つについては半数ほどの人が夏休み中の過ごし方として挙げています。続いて、「帰省」、「墓参り」%、「家族団らん」%で、位~位を眺めると“お盆”の習...

2018年6月25日鎌倉新書フィードバック数:0社会/政治

独身男女の死生観の実態調査

...ニュース非公開: 【独身男女の死生観の実態調査】生まれ変わっても「おひとりさま人生」を望む40代以上が 男女ともに半数を超え、暮らしぶりに満足 ~終活に対する興味関心度の高さにおいて、総じて女性が男性を上回る 女性は将来を見据えて終活意欲が高い一方、 男性は結婚意欲の高さを見せるなど、今を生きる傾向に~ 近年、終活への関心が高まる中、自身の終末期を想像し、お葬式やお墓に関する不安を抱える人は増加しています。2018年1月に発表された厚生労働省の国立社会保障・人口...

2018年4月18日アスカネットフィードバック数:0社会/政治

葬儀に関する意識調査 葬儀で困ったことの1位は「関係者への訃報連絡」

...葬儀で困ったことの1位は 「関係者への訃報連絡」 約2割の人は訃報連絡に時間がかかると回答遺影写真作成・加工サービス国内トップシェアを誇る株式会社アスカネット(本社:広島県広島市、代表取締役社長兼CEO 福田幸雄、以下 アスカネット)は、「葬儀」に関するアンケート調査を全国の40代~70代の喪主の経験がある、または近い親族を亡くされた経験のある男女500名に行いましたので、調査結果を発表いたします。 【調査背景】どんな人にもいつか必ず訪れるのが「お葬式」。特に、年齢...

2018年4月16日公益社フィードバック数:0大型消費/投資

<葬儀・終活に関する意識調査>「終活」自体は9割以上に認知されるも、家族で「終活」を話題にするのは約3割。

...択する割合が約30%。Q:執り行われた葬儀の後に困ったことについてお聞きします。当てはまるものを全てお選びください。(単位%)5. 葬儀会館で、葬儀や終活に関するセミナーや専門家による相談会が行われていることをご存知の方は、約4割。◆葬儀を執り行ったことのある方による自由回答 より・どんな葬式を行うかを相談していなかったので、これで良かったのかわからない。元気な時に、話しにくいことでもしっかり相談しておけばよかったと後悔した。(女性 50-59歳)・終わってから、ああしていれば、こう...

2018年4月9日鎌倉新書フィードバック数:0大型消費/投資

お墓の消費者全国実態調査結果発表 第9回

...の半分近くを占め従来型のお墓に安心感があることが伺えます。2番目以降は、樹木をシンボルとした「樹木葬」が24.9%、「納骨堂」が19.6%、「そのほかの永代供養墓」が8.8%の順となりました。 また、特に「男性」は一般墓を多く選ぶ傾向にあり、女性よりも+11.3pt多くなりました。逆に「樹木葬」は女性に多く選ばれる傾向があり、男性よりも+10.8pt多く選ばれていました。 ◆霊園・墓地を選んだポイントベスト5、1位「アクセス」、2位「お墓のタイプ」、3位「金額」・・・ 霊園・墓地選びで重視する項目として、1位は「お墓参りにアクセスのよいエリア」で30...

2018年3月29日鎌倉新書フィードバック数:0大型消費/投資

お葬式に関する全国調査結果発表 第3回

...、価格の透明性も追及され、「安く、少人数、短時間」で行われる葬儀が増えており、近親者のみの少人数で行われる「家族葬」は4割弱となりました。一方で、「一般葬」※も半数以上と根強い支持を得ていることが伺えます。また、葬儀費用の平均総額や参列者数は、全体的に前回調査と同等ないし微減で、葬儀そのものの費用は、下げ止まったように思われます。さらに、葬儀に関するしきたりや価値観は地域差が顕著に見られました。※一般葬とは、通夜、葬儀・告別式の全てを執り行い、ご遺族に限らず、知人、地域の方、職場の方など幅広い方が参列されるお葬式...

2018年2月23日楽天リサーチフィードバック数:0ライフスタイル

終活に関する調査

...『「終活」をする理由は「家族に迷惑をかけたくないから」が7割、女性の「終活」意向がより高い結果に』終活に関する調査 2018年2月15日楽天リサーチ株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長:田村 篤司、以下「楽天リサーチ」)は、「終活に関する調査」をインターネットで実施しました。今回の調査は、2018年1月19日(金)から1月20日(土)の2日間、楽天リサーチに登録しているモニター(約230万人)の中から、全国の20代から60代の男女1,000人を対象に行いました。 ■「終活」とい...

2018年2月19日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

着物に関するアンケート調査(第2回)

...宴(自分の挙式)」「結婚式・披露宴(参列者として)」が各2~3割です。女性では「成人式」が6割、「結婚式・披露宴(自分の挙式)」「結婚式・披露宴(参列者として)」が各2~3割です。特に女性50代以上の比率が高いものが多く、「結婚式・披露宴(自分の挙式)」「結婚式・披露宴(参列者として)」が各5割、「お正月」「葬儀(通夜告別式)」が約25%など、冠婚葬祭などの場面での比率が高くなっています。着物を着る頻度が月1回以上と高い層では「おけいこごとで」、2~3ヶ月に1回・年に1~2回程度の層では「お正...

2018年1月31日全石協★フィードバック数:0大型消費/投資

“終活”に関するアンケート調査

...「“終活”に関するアンケート調査」を2年連続で実施 終活”について「知っている」「聞いたことがある」が前年比増加で過半数に。“終活”を実施している人が専門家に相談したいことは「お墓の準備」が最多。 □ “終活”という言葉を「知っている」は32.3%と、前年から8.9ポイント上昇(前年23.4%)「知っている」と「聞いたことがある」を合わせると5割超□実際に“終活”を「やっている」は、前年の10.9%から今年は11.3%と、ほぼ横ばい□専門家に相談したい項目は「エンディングノートの書き方」が最...

2018年1月25日鎌倉新書フィードバック数:0社会/政治

第1回 終活(ライフエンディング)に関する実態調査結果(2017年)

...する実態調査結果(2017年)を発表いたしました。本調査では、約8割の人が死を意識しており、終活としては「持ち物整理」を行う方が最多でした。一方、終活を何から始めるべきかわからず行動できない人も多く、年々問い合わせが増えている現状からも、現在の終活における課題が浮き彫りとなりました。また、亡くなった方へ弔い不足を感じる人も多い中で、今後は残された方のお気持ちまで考える「終活」や、お葬式とは別に弔う場を作る「お別れ会」の啓発活動が課題解決の糸口となっていくと考えられます。・75%の人は直近1年で...

葬儀検索サイト顧客満足度調査

...択したユーザーの割合を比較したものとなっています。総合満足度1位は株式会社鎌倉新書が運営する「いい葬儀」となりました。総合満足度以外に7つの大項目について、それぞれ7~10の小項目を用意し、それぞれの満足度を7段階で取得した後、「大変満足」のスコアの平均値を各大項目の満足度のポイントとして比較をいたしました。7つの大項目についての比較は以下の通りとなります。1.葬儀の提案品質1位は「いい葬儀」で18pt、2位は「イオンのお葬式」で17ptとなりました。2.オペレーターの対応力1位は「いい葬儀」で27pt、2位は「シンプルなお葬式」で25ptとな...

2017年12月27日鎌倉新書フィードバック数:0大型消費/投資

仏壇 購入実態調査2017

...8,000店以上の仏壇店をインターネットで手軽に探すことができます。また、最大10万円のギフトカードがもらえるクーポンを提供しています。365日対応の「いい仏壇 お客様センター」では、お客様のご希望にそった仏壇店のご案内や、仏壇にまつわる様々なご相談をお受けしています。その他、仏壇に関する各種データがそろっていますので、お気軽にお問合せください。 mail@e-butsudan.com【鎌倉新書について】 鎌倉新書では、葬儀・お墓・仏壇・遺産相続・看取りなど終活...

2017年12月11日マーシュフィードバック数:0大型消費/投資

季節の行事・イベントに関するアンケート調査

...も低く、最も季節の行事・イベントを行っているという結果であった。・性年代別にみると、50~69歳は「大晦日に年越しそばを食べる」「お盆の墓参り」「お歳暮を贈りあう」「お中元を贈りあう」が男性・女性共に全体より10pt以上高く、年代差がみられる行事であった。Q2.あなたが毎年行うと回答された季節の行事・イベントについてお伺いします。好きな季節の行事・イベントを3つまでお知らせください。(3つまで選択可)■毎年行う好きな季節の行事・イベントは、男性は「お正月におせち・雑煮など正月料理を食べる」55.3%が最...

人生の満足度に関する調査2017

...購入などのライフイベントの費用や家族の生活費がかさみ、30代のお小遣い事情は、我慢のステージといえそうです。“老後への備えに不満”20代女性では7割強に、イマドキ女性はコツコツと備えも早めに開始?安心できる貯蓄額はいくら? 貯蓄額2,000万円以上でも3人に1人が老後への備えに不満終活満足度実態「亡くなった後の備え」に満足しているシニアは5人に1人 続いて、全回答者(2,000名)に、老後の備えについて現時点でどの程度満足しているかを質問しました。≪老後への備え(公的年金、個人年金保険など)≫では、『満足している』は11.5%、『満足していない』は...

2017年10月5日国境なき医師団フィードバック数:0大型消費/投資

終活と遺贈に関する意識調査2017

...「終活と遺贈に関する意識調査2017」国境なき医師団(MSF)日本は、2017年7月11日~13日の3日間、全国の15歳~69歳の男女を対象に「終活と遺贈に関する意識調査2017」をインターネット上で実施し、有効サンプル1000名の集計結果を公開しました。(調査協力会社:ネットエイジア株式会社) 「遺贈の意向がある」 「パートナーが遺贈を希望したら賛成」 「遺贈について考えることは、これからの生き方を考えることに繋がる」 「遺言書の作成は大事」 主な調査結果資産を保有していたら「遺贈...

2017年9月15日マクロミルフィードバック数:0ライフスタイル

犬猫の飼い主1,000人にきく、ペットの『もしも』の時の備え

...に近づいていると言われています。ペットと共に暮らす人が増える一方、ペットや飼い主自身の高齢化による「ペットの終活」の必要が叫ばれている昨今。ペットが病気になった時や飼育している家族がいなくなってしまった時など、『もしも』の時のために、飼い主はどのような対策をしているのでしょうか。犬猫の飼い主1,000名に調査を行いました。犬猫の「もしも」への備え、最多は“かかりつけ動物病院をつくる”82%。ペット保険の加入率は、犬28%、猫11% ペット貯金の平均は、犬295,102円、猫162,164円 ペット保険の月額平均は、犬3,169円...

ペットロスに関する調査

.... ペットを亡くした悲しみを癒すきっかけは、「時間の経過を待つ以外ない」という回答が60.7%ペットが亡くなったとき、その悲しみを癒すためには「時間の経過を待つ以外ない」ようです。中には時間が経っても、癒えない悲しみに苦しんでいる人もいるでしょう。しかし、お墓参りや遺品の整理をすることで、気持ちの整理ができるという意見もありました。調査結果7. ペットと一緒に暮らしていない理由は「死別などつらい思いをしたくないから」が40.7%現在、ペットと一緒に暮らしていない理由として最も多かったのは、死別...

2017年8月14日マイナビ★フィードバック数:0社会/政治

死後、家族に見られたくないのは?

...あなたは多数派? 少数派? 直感で答えるアンケート。みんなの本音が見えてくる。 すべて二者択一で切り取ります!! マイナビニュース会員男女500名に聞いています。 死後、家族に見られたくないのは?全部見られても大丈夫な人が半数以上やはりPCとスマホ・携帯のデータが一番見られたくないですよね。最近では「日本デジタル終活協会」という協会もあるほど、「デジタル終活」が注目を集めています。健康で元気な若者でも、明日はなにがあるか分かりません。みなさん、備えはできていますか?(うどん)こんな生活はいやだ...

2017年8月8日ソニー損害保険★フィードバック数:0大型消費/投資

お盆の帰省に関する調査(2017年)

...などに巻き込まれる不安からか憂うつに感じる方がおよそ4人に1人の割合となっていますが、帰省の移動についても楽しみにしている方が多数派のようです。 さらに、【親戚の集まり】についても聞いたところ、『楽しみ(計)』は64.6%、『憂うつ(計)』は35.4%となりました。お盆にお墓参りや法事などの予定で親戚が集まる家も多いかと思いますが、そういった親戚の集まりを憂うつに感じる方はおよそ3人に1人、楽しみに感じる方はおよそ3人に2人の割合となりました。親戚付き合いに苦手意識を感じる方は一定数いるようですが、楽し...

2017年8月7日楽天リサーチフィードバック数:0大型消費/投資

夏季休暇に関する調査

...日以上取得すると回答した人の割合も今年のほうが若干高い結果となった(今年:46.5%、昨年44.6%)。夏季休暇の取得日数は昨年が平均6.1日、今年が平均6.4日と微増した。また、今年の夏季休暇の希望日数を聞いたところ、「6日~7日」(27.4%)が最も高かった。■今年の夏季休暇は約4割が「自宅で過ごす」、3割強が「国内旅行」へ今年の夏季休暇の予定について聞いたところ、「自宅で過ごす」が40.2%で最も高かった。移動を伴う過ごし方については「国内旅行」(35.3%)、「お墓参り」(29.2...

お盆の行事に関するアンケート調査

...お盆の行事に関するアンケート調査を実施 ~お盆特有の盆棚の飾りつけ、送り火迎え火などは行わなくとも、「お墓参り」は疎かにしない傾向が浮き彫りに~ 石材業界唯一の経済産業省公認団体「全国石製品協同組合(以下 全石協)(東京都港区、理事長 太田明)」は、お盆の行事に関するアンケートを実施し、得られた回答結果の概要をまとめました。 【アンケート結果サマリー】◇お盆に何かしらの行事を行うと回答した方の69%はお墓参りをすると回答◇お盆の行事は全国的に70%が8月に実施すると回答したが、東京では7月と8...

2017年7月12日つみきフィードバック数:0エンタテインメント

映画初日満足度ランキング(7月第1週)

...いう気持ちはすごくわかるし熱い」(20代・男性)、「冒頭から号泣モノ」(30代・女性)、「新規パートもあって、総集編といえどもなかなかによいです」(40代・女性)、「アニメ観てない、前作の劇場版も観てない、そんな人でも楽しめる」(40代・男性)2位:『しあわせな人生の選択』の感想・レビュー「あたたかな気持ちになれる素敵な映画でした」(30代・男性)、「終活を何も言わずに見守って支えてくれる親友、素敵だな」(20代・女性)、「優しさと哀しさに心を動かされた」(20代・男性)、「大学生の息子の優しさ、愛犬...

2017年7月7日プラネット★フィードバック数:0大型消費/投資

夏休みの計画に関する意識調査

...りケチケチせずに思う存分楽しみたいと考える人も多いのかもしれません。 夏休みの楽しみは「家族で時間を過ごす」…単身者は「自分へのごほうび」も 夏休みの計画として、帰省や旅行を予定している人に、その目的やどんな楽しみがあるかを聞きました。最も多かったのは「家族で時間を過ごす」の37.7%。次いで、「配偶者・パートナーと時間を過ごす」34.7%、「お墓参り」18.9%という結果でした。それぞれに忙しく、活動時間がすれ違うことが多いからこそ、たまの長期休暇は家族で共に過ごすことが大きな目的や楽しみになっていると考えられます。配偶者の有無別に結果を見ると、傾向...

2017年7月4日TSトーキョーフィードバック数:0社会/政治

「みんなの親離れ、子離れ」の実態を調査!

...も自分の支配下に置かないと気が済まない人で、「結婚して離れれば…」「孫ができれば…」と期待していましたが、変わらず。今はしています。今度会う時は葬式と決めています。(40代後半) ■両親とも私が20代の頃に亡くなっています。(40代前半)■母は歳をとってから介護が必要となり、子離れとはいえなくなってしまった。(50代)■いったん子離れしたが、高齢になって元に戻るような気がする。(50代)■私の実母は育児放棄をしていました。(50代) 10代〜60代以上と幅広い年代に調査しましたが、回答者の約9割が25歳以上にもかかわらず、自分の親が“完全...

「夏休みの計画」に関するアンケート

...者・パートナーと時間を過ごす」34.7%、「お墓参り」18.9%、「自分へのご褒美」16.8%であった。”目的”や”楽しみ”であるので、義務的な方もいれば、一方楽しみにしている方も含まれると思うが、”家族やパートナーとの時間”として夏休みの帰省・旅行をするという方が多かった。 単身者の特権?47%が寝て過ごすと回答。既婚者の2倍。夏休みは自宅で過ごすという方に、何をする予定か尋ねた。「のんびりする」が64.8%と最多であった。自宅で過ごす醍醐味は”のんびり”にあるようだ。「テレビ、映画を観る」44...

アラフィフ女性のホンネを調査 親子の間で「終活」は話題にできない

...【Around50調査】アラフィフ女性のホンネを調査 親子の間で「終活」は話題にできない | 株式会社R&D(リサーチ・アンド・ディベロプメント) 調査レポート【Around50調査】アラフィフ女性のホンネを調査 親子の間で「終活」は話題にできない平成29 年 6 月 15日 株式会社リサーチ・アンド・ディベロプメントアラフィフ女性のホンネを調査親子の間で「終活」は話題にできない 株式会社リサーチ・アンド・ディベロプメント(所在地:東京都新宿区、代表取締役:五十嵐 幹)は、今後...

2017年5月11日日本香堂★フィードバック数:0大型消費/投資

母の日のご供養に関する意識・実態調査

...にとめたご供養習慣はこれからどのような広がりを見せていくかを調べました。調査では「墓参」をはじめ、亡き母に<祈り>を贈る様々な供養行為に関するこれまでの経験と今後の実践意向を、実母または義母を亡くされている<当事者>層の方に伺ってみました。「母の日」の供養経験では、亡き母の「お墓参りに行く」17.2%、位牌や遺影に「お花を供える」27.2%、「故人の好物を供える」25.9%、「お線香をあげる」29.7%と、既に2~3割の方が行ったことがあると回答され、「身内で集まり思い出話をする」14.1%と法要に近い行為さえ見てとれます。さらに今後の意向となれば、「墓参」47.1...

2017年4月26日NTTタウンページフィードバック数:0大型消費/投資

葬儀業界の動向レポート

...業界では華やかな祭壇、厳かな霊柩車等競争が激しくなり、葬儀料金も高騰していました。その後、1990年代に入り、核家族化や近隣とのお付き合いの希薄化、マンション住まいの増加により、自宅から会館での葬儀に移り始め、葬儀自体を葬儀社が仕切ることが増え、会館の開設・確保が業界で重要になりました。それが、2000年代に入ると、葬儀のあり方に大きな変化が現れました。厳かな告別式から近親者による死者とのお別れを大切にするという考えに変わり、家族葬が徐々に増え始め、葬儀社もご遺体処置(エンゼルケア/エンバーミング)、ご遺...

お葬式の香典に関するアンケート調査

...お葬式の香典に関するアンケート調査を実施【石材業界唯一の経産省公認団体である「全国石製品協同組合」】 全国石製品協同組合(以下 全石協)(東京都港区、理事長 太田明)では、香典の額に関するアンケート調査を実施し、得られた回答結果の概要をまとめました。 【アンケート結果サマリー】 全体で、香典の金額は3,000円以上5,000円未満が最も多い。 地域別では、関東は香典額が高い傾向が見られた。 年代別では、30代男女は3,000円未満という回答が最も多く、他の...

春のお彼岸(3月17日~23日)お墓参りに関する意識調査

...春のお彼岸(3月17日~23日)お墓参りに関する意識調査 全国2000名で実施 仏事関連総合サービスの株式会社メモリアルアートの大野屋(東京都新宿区、代表取締役社長 大澤静可、以下大野屋)では、お墓やお葬式、お仏壇のことに加え、仏事のマナーや季節行事のしきたりにいたるまで様々なシーンで皆様のご供養の気持ちをサポートし、ご相談にお応えしています。今日から2017年の春のお彼岸が始まります。これに先駆け、このたび大野屋では2017年3月8日~10日にかけて2000名に対しお墓参り...

“終活”に関するアンケート調査(第1回)

...が保険の加入状況などを確認する「お金の準備」を回答、ご自身の生活の安心に備えています。回答者のコメントからは家族葬を希望する声が多く、お葬式程度の備えを想定している様子が見受けられました。次に、約43%(595名)の方が「人生を楽しむこと」と回答しています。また、「これから行いたいこと」としては、約37%(517名)の方が家族に負担をかけないために「物の整理、片付け」を挙げています。 ⇒すでに行ったこととこれから行いたいことを比較すると“終活”を考える行動が読み取れます。“終活”に関し、まず実践するのは、「お金...

2017年3月5日鎌倉新書フィードバック数:0大型消費/投資

第8回お墓の消費者全国実態調査

...じてお墓の購入報告があったお客様(2017年2月実施)お墓の消費者全国実態調査:◆霊園選択で一番重視した要素第1位は「お墓のタイプ」「お墓のタイプ(「一般墓」や「樹木葬」など)」が「お墓参りにアクセスのよいエリア」や「園内の雰囲気」を抑え1位にランクインしました。新しいタイプのお墓への知識・関心が高まり、こだわりをもってお墓探しをしている人が多くいることがうかがえます。 ◆永代供養墓の需要は、お墓のタイプによって様々 近年人気の「樹木葬」や「永代供養墓」、「納骨堂」などいわゆる「一般墓以外のお墓」を選んだ理由では、「樹木葬」と「樹木...

若者の“冠婚葬祭離れ”が顕著に!?

...は「絶対に行いたくない」という人が12.4%いたことも驚きです。世間一般的には親しい友人の結婚式には参列するのが“常識”というイメージが強いですが、今回の調査で「友人の結婚式への参列」について聞いてみると、なんと4割近くの人が「どちらかというとしぶしぶ参加する」「しぶしぶ参加する」「参加しない」と回答する驚きの結果に。一方、お葬式に関してはどうでしょうか。どの方のお葬式に参列しなければならないと考えているのか尋ねてみたところ、「父・母」や「兄弟姉妹」に関...

2016年下半期 終活に関する意識調査

...メモリアルアートの大野屋が開催する終活セミナーの参加者に聞いた!2016年下半期 終活に関する意識調査結果を発表 仏事関連総合サービスの株式会社メモリアルアートの大野屋(東京都新宿区、代表取締役社長 大澤静可、以下大野屋)では、皆さまがこれからの人生を安心して豊かに過ごせるよう、お葬式やお墓の事前準備や身のまわりの整理などの「終活」をサポートするセミナーを定期的に開催しています。首都圏 3 カ所(東京都小平市、千葉県千葉市、神奈川県横浜市)で開催するセミナーは毎回好評をいただいており、また終活...

2017年1月13日マイナビフィードバック数:0キャリアとスキル

年収1,000万円超の人は「ミニマリスト」 or 「マキシマリスト」?

...ターネット関連/IT関連技術職)■終活のため ・「年齢的にそろそろ整理に入りたい」(50歳男性/生命保険・損害保険/IT関連技術職) ・「そろそろ終活を始めたいので」(63歳男性/不動産/事務・企画・経営関連) ・「終活してるから」(55歳男性/ソフトウェア・情報処理/IT関連技術職)■ものが多いと疲れるから ・「多くを望まない。ものがいっぱいあると片付け等の余計な仕事が増える」(52歳男性/システムインテグレータ/IT関連技術職) ・「ものが多すぎるとそれだけで疲れてしまいそう。必要なモノ・コトは外での活用、体験...

2016年12月15日博報堂★★フィードバック数:0ビジネス

「プレミアムフライデー」の過ごし方調査

...が高いこともわかりました。「一泊1.5日の国内旅行(金曜夕方出発、土曜夜帰宅)」が評価されたのも、日曜をまるまる休めることが好感された可能性が考えられます。さらに、40代男性では「親・親族の墓参り」意向も高く、普段の休暇にはなかなかできない「気になっていること」を済ますために「プレミアムフライデー」を活用する意識も見受けられました。博報堂行動デザイン研究所では、今までになかった「金曜日の午後から始まる余暇時間」を利用した金曜発の小旅行を“金発(きんぱつ)ツーリズム”と名付け、上記...

2016年12月9日マクロミル★フィードバック数:0大型消費/投資

60代・70代のシニア世代1000名に聞いた!『終活』の意識と実態

...年始に「実家への帰省」や「墓参り」を予定・検討している人が4割程度いることがわかりました。家族で集まる機会も多い年末年始、改めて「終活」について考えてみてもいいかもしれません。そこで、60代70代の1,000名を対象に、「終活」についての調査を行いました。「終活」という言葉の認知率、60代・70代とも80%。半数以上が”時期が来れば「終活」を行いたい” 終活を行う理由、1位は「家族に迷惑をかけたくないから」71%。男女間で差が見られたのは「これからの人生をよりよく生きたいから」で女性の方が男性よりも5ポイ...

2016年12月8日ソニー生命保険フィードバック数:0ライフスタイル

47都道府県別 生活意識調査2016

...トップ3にランクインしました。上位3県は住宅面積が広いことで知られていますが、二世帯、三世帯で暮らしても窮屈に感じることはないのではないでしょうか。 (図45) そして、終活に対する意識についてみると、【終活はしっかりしておきたい】では、1位「鹿児島県」(75.0%)、2位「岐阜県」(73.0%)、3位「岩手県」「福島県」「群馬県」(いずれも72.0%)でした。 (図46) (図43)(図44)(図45)(図46) 1ヶ月のおこづかいが多い都道府県 2位に「茨城県」 現在の貯蓄額が多い都道府県 2位に...

2016年 自身の葬儀・お墓問題に関しての意識調査 PART2

...[株式会社フューネットコーポレーション] ,葬儀 お墓 終活 海洋散骨 海外海洋散骨 リセア...

2016年9月22日オレンジページフィードバック数:0大型消費/投資

「お墓参り」について

...今秋のお彼岸、3割がお墓参りを予定お墓について「悩み、心配ご...| TOP > プレスリリース一覧 > 今秋のお彼岸、3割がお墓参りを予定 お墓について「悩み、心配ごとがある」80.8%...今秋のお彼岸、3割がお墓参りを予定 お墓について「悩み、心配ごとがある」80.8% 望む埋葬の場所、スタイルはさまざま 「オレンジページくらし予報」では、秋のお彼岸を前に、20歳以上の女性を対象に「お墓参り」について調査を実施しました。寄せられた回答からは、お墓参り...

2016年9月6日NTTタウンページフィードバック数:0大型消費/投資

寺院の数が多いのは福井県!

...に銀錬満ち、6谷のありさまは昔日の比ではなく、仏閣は瓦を並べ、鐘を鳴らし、あるいは太鼓を打ち、昼夜の賑わいは京や堺に異ならずや」と記されていることから、人が集まったため寺院が建立されたのではないかと推察されます。 かつて「葬式仏教」と揶揄されることもあった仏教ですが、最近は仏教の存在意義を改めて感じられる取組みが注目されています。仏像ブームだけではなく、仏教にまつわるさまざまなものや体験を通して、その深さや魅力に引きつけられる人も増えています。御朱印への注目もそのひとつ。本来、参拝...

2016年 自身の葬儀・お墓問題に関しての意識調査

...はなく故人が希望しても反対する」と21.6%の方が回答しています。また、その他の回答として、「興味はあるが、海洋汚染など問題点もあるのか心配。」「興味はあるが、そこで生活している人のことを考えると賛成できない。」といった心配する声もあがりました。■埋葬方法や葬式の新たな形とは!?近年、宇宙葬やお坊さんの宅配サービス等、葬式やお墓、埋葬方法にも様々な新しい考えが登場してきています。そこで、こうした様々な手法が選べるようになった時代について、どう思うかを調査いたしました。その結果、選択肢が多ければ多いほどよいと回答した方が全体の4...

2016年8月11日マイナビフィードバック数:0ライフスタイル

帰省のお土産、相場はいくら?

...ライフトップライフスタイルヘルスケアマネー経済家計銀行クレジットカード保険資産運用カードローン旅と乗りものシゴトアイリックコーポレーションは8月10日、帰省やお墓・終活などに関するアンケートの調査結果を発表した。同調査は7月29日~8月3日、30歳~60歳の既婚者で帰省の予定がある500名を対象に、Webアンケート調査を実施している。「自身の実家や配偶者の実家に、帰省するか(あるいは、帰省したか)」を聞いたところ、33.0%で「両方」が最多に。以降「決まっていない」(27.2%)、「ご自...

2016年8月9日インターワイヤードフィードバック数:0大型消費/投資

「お墓参り」に関するアンケート

...● 実家のお墓参りに行く人・・・・・・・67.4%● 半数の人が『旧盆(8月)』にお墓参り。『春のお彼岸』『秋のお彼岸』も4割以上インターワイヤード株式会社が運営するネットリサーチのDIMSDRIVEでは、「お墓参り」について アンケートを行い、お墓参りに行く時期や、その際の持参品などについてまとめました。調査は2016年6月7日〜6月24日にかけて実施し、DIMSDRIVEモニター4,141人から回答を得ています。Tweet ● 実家のお墓参りに行く人・・・・・・・67.4%● 半数...

2016年7月29日マクロミル★★フィードバック数:0大型消費/投資

働く大人の夏休み事情。夏休み期間は平均3.9日間で理想の約半分・・・

...夏休み取得予定者に、夏休みの予定を尋ねたところ、位「家でゆっくり過ごす」%、位「家族団らん」%、位「墓参り」%でした。なお、子どもがいる人(名)にしぼってみると、位「家でゆっくり過ごす」、位「家族団らん」の次に、位「子どもと遊ぶ」がランクインしました。また、夏休み期間を通しての家族全体での予算を聞いたところ、平均額は円でした。レジャー予定はこれから計画か。旅行予定者は30%だが、行きたい人は75%まだ予定はしていないが、夏休みにやりたいと思うことも尋ねたところ、位「旅行(国内・海外含む)」%、位「普段...

2016年7月26日国境なき医師団★フィードバック数:0大型消費/投資

終活と遺贈に関する意識調査2016

...「終活と遺贈に関する意識調査2016」国境なき医師団日本(会長:加藤寛幸、事務局長:ジェレミィ・ボダン)は、2016年6月3日~8日の6日間、全国の15歳~69歳の男女を対象に「終活と遺贈に関する意識調査2016」をインターネットリサーチし、1000名の有効サンプルの集計結果を公開しました。(調査協力会社:ネットエイジア株式会社)調査結果の主な内容を以下にご紹介します。"おひとりさま"の終活で大事だと思うこと1位「身の回りの整理」 2位「後見人の指定」将来大きな資産を保有していたら「遺贈...

2016年7月24日プラネットフィードバック数:0大型消費/投資

お墓参りに関する意識調査

...プラネットの提供するサービスをご紹介します。 プラネットからのニュースとお知らせ。お知らせサービス、セミナー、調査研究などのお知らせです。メディア掲載情報各種メディアで紹介された情報の一覧です。 2016.09.09株式会社プラネット暮らしVol.41お墓参りに関する意識調査お墓の形態はさまざまでも、「お墓参り」に寄せる思いは普遍的 ~もうすぐお盆…“必ず供える物”から お墓参りの思い出、不思議な体験談まで~国内1,200社超が利用する日用品流通の情報基盤を運営する株式会社プラネット(所在...

2016年7月6日楽天リサーチフィードバック数:0大型消費/投資

山の日とお盆休みに関する調査

...のお墓のことで子や孫に迷惑をかけたくない(79.6%)」、「お墓参りは積極的にするべきである(71.0%)」、「お葬式やお墓に関するしきたりについて、知る機会が少ない(61.4%)」という結果となった。男女別にみると、「将来、自分のお墓のことで子や孫に迷惑をかけたくない」、「自分が入るお墓のことを考えると憂鬱な気持ちになる」という項目において、女性の回答が高く、対して「お墓参りは自分の子供や孫にもしてもらいたい」、「自分がお墓を守らなければいけないという責任を感じる」という項目では、男性の回答が高くなっていた。男女...

2016年6月30日転職会議フィードバック数:0キャリアとスキル

男女でこうも違う?年代別離職理由から見る男女の違い

...軽視の体質がひどく技術者の退職が多い。パッチワーク的に転職者を募集しているので人材育成も行えていない。いわゆる勝てば監督のおかげ、負けたら選手が悪いなので開発現場は葬式みたいな雰囲気を感じる。ボーナスも安いしこれではモチベーション喪失も時間の問題なので転職活動で可能性を探ることにした。(37歳 生産技術・管理)●給料が安く、上がる見込みがない。子供の面倒を見ていけるほど給料が上がるのは、幹部クラスになってからだと思われる。そのせいか若くして結婚している男は少ない。 (30歳 ネットワーク設計・構築)待遇(給料)への不満が20代30代と...

2016年6月14日AmazingLife★フィードバック数:0大型消費/投資

遺言と相続争いについての意識調査

...[AmazingLife] ,シニア 老人 資産 遺言 相続 高齢者 終活...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 

お知らせ