調査のチカラ TOP > 特集一覧 > データがいっぱい:マーケティングオートメーション

データがいっぱい:マーケティングオートメーション

世間の注目が集まる分野には調査データが増加します。マーケティングのデジタル化というとインターネットの活用がイメージされますが、もうひとつITを活用した自動化というのも大きなテーマであり、そのためのITツールがひとつの製品分野として確立しています。

2017年6月30日グリーゼ★フィードバック数:0マーケティング

「BtoBメール閲覧実態の把握」調査

...ル閲覧に関する実態調査を実施しましたので結果を発表します。コンテンツマーケティング事業を手掛ける、株式会社グリーゼ(所在地: 東京都世田谷区、代表取締役:江島 民子)は、BtoBメール閲覧に関する実態調査を実施しましたので結果を発表します。【調査目的】マーケティングオートメーションの市場が拡がるにつれ、メールマーケティングに力を入れるBtoB企業が増えてきています。そこで、本アンケートは、企業から届くメールマガジンやニュースレターを、ビジネスパーソンがどのように閲覧し、どのように感じているのかを把握する目的で実施しました。【調査結果】テーマ:「BtoB...

2017年6月28日シャノン★★フィードバック数:0マーケティング

BtoBマーケティングに関するアンケート調査

...ホームプレスリリース・お知らせシャノン BtoBマーケティングに関するアンケート調査結果を発表 進むマーケティングオートメーション格差 シャノン BtoBマーケティングに関するアンケート調査結果を発表 進むマーケティングオートメーション格差統合型マーケティング支援SaaS市場で7年連続シェア1位*1の株式会社シャノン(代表取締役社長:中村 健一郎、所在地:東京都港区、以下シャノン)は、国内BtoBマーケティングの意識・課題や現状について、マーケティング・販促担当の方を対象に今年で通算6回目...

2017年6月16日イノベーション★フィードバック数:0マーケティング

BtoB営業/マーケティングに関する取り組み状況調査

...の有効活用及び重要な施策の見極めが非常に重要と思われます。<結果を受けて>中堅以下の企業では、少ないリソース・予算でマーケティング活動を行っていることがわかりました。 また、営業に関しては企業規模問わず「飛び込み」や「代表電話へのテレアポ」などの活動もみられるなど、法人営業 には、未だに非効率な部分が存在しています。今後ますます、法人企業のマーケティング・営業活動には効率的に成果 を出すことが求められます。 こうした状況を受け、弊社で提供しているマーケティングオートメーションツール「List Finder」も、BtoB中小...

2017年6月4日3M★★フィードバック数:0ビジネス

会議に費やす平均時間は年間159.1時間!会議を効率化する秘策を伝授!

...いたクライアントを巻き込んで行う独自のミーティングスタイルが成功の1つの要因とのこと。今回はそのミーティングが具体的にどのようなものなのか、デザイナーの川又さんに、チケットキャンプのプロジェクトを例に詳しくお話を伺いました。株式会社イノーバ事例イノーバは自社で開発したマーケティングオートメーションツール「Cloud CMO(クラウド・シーエムオー)」や、約1,500名にも及ぶライター・編集者のネットワークを活用し、オウンドメディアの制作など、コンテンツマーケティングのサービスを提供している企業です。2011年に設立して以降、既に導入実績が260社以...

2017年5月28日ITR★★フィードバック数:0大型消費/投資

国内金融IT市場動向調査2017

...レンジクス市場3.4.24 脆弱性診断市場 調査票【IT投資動向調査】 商品概要【IT投資動向調査編】・IT予算比率と予算額の増減・戦略投資比率とIT投資の目的・IT戦略と注目すべきIT動向・製品/サービス110項目(IoT/M2M、AI/機械学習、Hadoop/Spark、プライベート・クラウド、ネットワーク仮想化/SDN、マーケティングオートメーション、ウイルス対策、標的型攻撃対策など)の投資動向【ベンダー市場調査編】対象44製品・サービス分野について・調査対象製品・サービス一覧・市場...

2017年5月16日グリーゼフィードバック数:0マーケティング

資料請求フォームに関する課題調査

...会社グリーゼ(所在地: 東京都世田谷区、代表取締役:江島 民子)は、資料請求フォームに関する課題調査を実施しましたので結果を発表します。【調査目的】マーケティングオートメーションのセミナーに行くと、必ずと言っていいほど「リードを獲得するためには、入力フォームの最適化(EFO)が急務である」という話が出てきます。しかし、その重要性を認識している企業は、まだまだ少ないのではないでしょうか?そこで、グリーゼは、ビジネスパーソンがフォームから問い合わせや資料請求をする際に、何を感じ、どの...

2017年5月1日グリーゼフィードバック数:0マーケティング

顧客とのメールコミュニケーションに関する課題調査

...とのメールコミュニケーションに対して、何らかの不満・不安を抱えている」が80.6% 。コンテンツマーケティング事業を手掛ける、株式会社グリーゼ(所在地: 東京都世田谷区、代表取締役:江島 民子)は、顧客とのメールコミュニケーションに関する課題調査を実施しましたので結果を発表します。【調査目的】一時は「もう古い」と言われたメールマーケティング。しかし、CRMツールやマーケティングオートメーションツールの普及などにより、ここに来て再び関心が高まっているようです。弊社主催のメールマーケティングセミナーも、回を...

2017年4月19日ラックフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

JSOC INSIGHT vol.15

... PHPMailer におけるOS コマンドインジェクションの脆弱性について4.3.1 本脆弱性の概要4.3.2 本脆弱性を悪用した攻撃通信の検証4.3.3 本脆弱性を悪用した攻撃への対策 終わりに以上株式会社ラックについてラックは、1986年にシステム開発事業で創業、多くの実績を誇る「金融系の基盤システム開発」「マーケティングオートメーション支援」「ビッグデータ・アナリティクス」を始め、社会の基盤システムの開発を行っています。1995年にはいち早く情報セキュリティ事業を開始し、現在...

2017年4月9日ジャストシステム★フィードバック数:0マーケティング

マーケティングオートメーション利用実態調査

...マーケティングオートメーション利用実態調査MAツール認知度No.1は「Pardot」、2位は「SATORI」MAは、知名度よりも、費用やサポートなどの条件で選ぶ調査結果サマリーMAツール認知度No.1は「Pardot」、2位は「SATORI」MAについて詳しく知っているというマーケターの間で、認知度が最も高かったMAツールは「Patdot」(59.4%)でした。2位は「SATORI」(54.5%)、3位は「Adobe Marketing Cloud」(37.8%)でした。MAの選定では、知名...

2017年3月25日Finsightフィードバック数:0マーケティング

企業・ブランドからの情報を受け取るプッシュ型チャネルへの意識調査

.../ / Eメールの次にMAで活用すべきはLINEとDM!?<企業・ブランドからの情報を受け取る プッシュ型チャネルへの意識調査> Eメールの次にMAで活用すべきはLINEとDM!?<企業・ブランドからの情報を受け取る プッシュ型チャネルへの意識調査>Eメールの次にMAで活用すべきはLINEとDM!?企業・ブランドからの情報を受け取るプッシュ型チャネルへの意識調査2017年3月17日株式会社Finsight(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:大室 州)は、マーケティングオートメーション...

メール&クロスチャネルユーザー動向調査2017

...メールマーケティング・マーケティングオートメーションならチーターデジタル メールマーケティングの悩みを解決したいアンケート・販促キャンペーンを実施したい ニュースリリースチーターデジタルが発表したニュースやプレスリリースです。 お問い合わせ・ご相談などお気軽にご連絡ください...

2017年3月1日グリーゼ★フィードバック数:0ビジネス

仕事に関するインターネット動画の視聴実態調査

...マーケティングオートメーション専門の コンテンツマーケティング会社 ダウンロードページ【調査結果発表】 仕事に関するインターネット動画の視聴実態調査ビジネスパーソンに向けたアンケートで、「仕事に関するインターネット動画を、月数回以上観る」が71.2% という結果が出ました。本アンケートは、インターネット動画のうち、特に仕事に関する動画についての視聴実態を把握する目的で実施しました。その結果、以下のような点において、プライベートで視聴する場合とは、大きく傾向が異なることがわかりました。・仕事...

2017年2月15日Marketo★フィードバック数:0マーケティング

優先するテクノロジーにおいて米国と米国以外のマーケターの著しい相違が判明 どの地域のマーケターも顧客との新しいタッチポイントに期待しているが 2017年に導入すべきものに関しては意見が分散

...マルケトの調査で、優先するテクノロジーにおいて米国と米国以外のマーケターの著しい相違が判明 どの地域のマーケターも顧客との新しいタッチポイントに期待しているが 2017年に導入すべきものに関しては意見が分散|マーケティングオートメーション(MA)ならマルケト マルケトの調査で、優先するテクノロジーにおいて米国と米国以外のマーケターの著しい相違が判明 どの地域のマーケターも顧客との新しいタッチポイントに期待しているが 2017年に導入すべきものに関しては意見が分散2017.01.26【カリ...

2017年1月26日グリーゼ★フィードバック数:0キャリアとスキル

総務・人事部門におけるデジタルマーケティングの導入実態

...マーケティングオートメーション専門の コンテンツマーケティング会社 ダウンロードページ【調査結果発表】 総務・人事部門におけるデジタルマーケティングの導入実態総務・人事部門社員に向けたアンケートで、内定辞退の解決策として「個別のフォローメールを活用する」が33.8%で1位 という結果が出ました。新卒採用における課題について・課題解決のために、現在実施していること・課題解決のために、今後実施していきたいこと または 強化させていきたいことを調査した結果、One to OneメールやSNSをは...

2017年1月26日SATORI★フィードバック数:0マーケティング

国内BtoB企業のマーケティング実態調査レポート

...【国内BtoB企業のマーケティング実態調査レポート】多くの企業が見込み客開拓チャネルを展示会に依存。見込み客情報が 「足りている」のは2割に満たず、課題は「戦略立案と実行計画」 マーケティングオートメーションツール「SATORI」を提供するSATORI株式会社(所在地:東京都渋谷区、代表取締役:植山 浩介)は、国内BtoB企業におけるマーケティングの実施状況や課題、成果について実態を明らかにすべく、各社のマーケティング担当の方を対象にアンケート調査を実施いたしました。本日、その...

2016年12月29日ジャストシステム★フィードバック数:0マーケティング

ECトレンド調査【2016年版】

...%)、「Web接客」(25.8%)でした※。米国の年末商戦施策である「ブラックフライデー」は、日本でも浸透しつつあり、EC担当者も注目しているようです。来年、EC担当者が来年注目したいキーワードは、「AI」と「マーケティングオートメーション」ECサイトへの集客方法は、1位「SNS」、2位「SEO」、3位「メルマガ」約3割のECサイトが、「動画広告」を配信アプリを提供しているECサイトは2割強レポートには、まだまだこんなトピックスが!無料ダウンロードできます!ECサイトの業務に関する情報源は?現在、抱え...

HTMLメールの受信環境をまとめた調査レポート

...メールマーケティング・マーケティングオートメーションならチーターデジタル メールマーケティングの悩みを解決したいアンケート・販促キャンペーンを実施したい ニュースリリースチーターデジタルが発表したニュースやプレスリリースです。 お問い合わせ・ご相談などお気軽にご連絡ください...

2016年11月7日ラックフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

JSOC INSIGHT vol.13

...した不審メールのサンプルとランサムウェアLockyへの感染例4.3.3 不審メールに対する対策 終わりになお、詳細は次のURLより、本レポートをご覧ください。株式会社ラックについてラックは、1986年にシステム開発事業で創業、多くの実績を誇る「金融系の基盤システム開発」「マーケティングオートメーション支援」「ビッグデータ・アナリティクス」を始め、社会の基盤システムの開発を行っています。1995年にはいち早く情報セキュリティ事業を開始し、現在ではサイバーセキュリティ分野のリーディングカンパニーとして、官公庁・企業・団体...

2016年10月20日ナビプラス★フィードバック数:0マーケティング

国内EC売上TOP500サイトにおける「カゴ落ちメール」の導入調査レポート~2016年夏~

...ト、普及率は12.2%でした。2015年夏が34サイト(6.8%)、2015年冬が50サイト(10%)だったため、この1年間で徐々に増加し、約1.8倍になりました。普及状況(年商規模別推移) 年商1,000億円以上が38.5%、500億円以上が36.4%と高い普及率です。北米TOP1,000サイトの普及率が、35.2%というデータ(※2)と比較すると同水準まで普及が進んでいます。年商50億円以下でも普及しはじめ、裾野が広がってきています。(※2)出典:マーケティングオートメーション...

”法人向け名刺管理サービス” 市場動向調査

...ト運輸系列のヤマトシステム開発、佐川急便系列のSGシステム、セールスフォース・ドットコムの代理店のサンブリッジ、ソフトバンクテレコムと連係するキングソフトや、独立系のeBASE、筆まめ、富士ゼロックスなど特色のある企業が参入しています。 本調査では、法人向け名刺管理サービスの業界動向、参入動向、参入時期、ビジネスモデル、市場規模動向を調べ整理しました。 なお、本調査結果の詳細は、調査研究レポート 「名刺管理サービスの最新市場とSFA/CRM/MAの関係 ~SFA(営業支援システム)、CRM(顧客管理システム)、MA(マーケティングオートメーション...

ライフスタイル軸からみた電力自由化に関する関心度

...,300社以上の取引実績を生かし、マーケティングサービス、海外企業調査サービス、意思決定分析サービスを軸に事業を展開。マーケティングオートメーションやメールマーケティングソリューション、企業信用調査報告書、金融機関向けの与信戦略管理や不正対策ソリューションを提供しています。●エクスペリアンについてエクスペリアンは、世界各国でデータや分析ツールを提供しているグローバルな情報サービス企業です。信用リスク管理、不正防止、マーケティングのターゲット絞り込みや意思決定の自動化などのサービスを提供しています。また...

2016年7月6日翔泳社★★フィードバック数:0マーケティング

EC市場とテクノロジー活用の最新動向調査

...長がインタビューAmazon、楽天市場、Yahoo!ショッピング、ZOZOTOWN、アリババ、メルカリ、LINE、Facebook、Twitterなど、インターネット・EC業界のトップランナー26社が登場。2015年から2016年にかけての取り組みや注目のECテクノロジー、今後の市場予想などについてヒアリングを行いました。「人工知能」「機械学習」「マーケティングオートメーション」「オムニチャネル」「IoT」「LINE(ビジネスコネクト)」などに関心が高いことが伺えました。■関心のある新しいECテクノロジーは「人工...

2016年6月27日サンブリッジ★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

会社で獲得した名刺の個人管理の実態調査レポート

.../meishi_report/ へのリンクをご掲載ください。【サンブリッジについて】サンブリッジは、2000年のセールスフォース・ドットコム社設立時からのコンサルティングパートナーとして、Salesforceの実装・開発、マーケティングオートメーション・名刺管理の導入コンサルティング、各システムをSalesforceと連携したトータルソリューションをご支援しています。会社名:株式会社サンブリッジ所在地:東京都渋谷区恵比寿南1-5-5 JR恵比寿ビル 11F代表者:代表取締役社長 小野 裕之事業内容:1 クラウド ソリ...

2016年4月26日エン・ジャパンフィードバック数:0キャリアとスキル

「希少性の高い人材」についてアンケート

...性の高い人材ニーズが今後も増加する理由として上位に挙げられたのは「産業構造の変化で前例のない新たな職種のニーズが増えたため」(48%)、「企業の市場が海外に移り、日本国内での経験だけでは対応が出来ない企業が多いため」(41%)でした。産業構造と海外進出によるマーケットの変化を背景に希少性の高い人材ニーズが増加していることがわかります。具体的なコメントもご紹介します。【図5】希少性の高い人材のニーズが増える背景を教えてください。※複数回答可「産業構造の変化で、前例のない新たな職種のニーズが増えるため」と回答した方のコメント・デジタルマーケティング・マーケティングオートメーション...

2016年4月4日アイティメディア★フィードバック数:0マーケティング

マーケティング支援ツールの導入状況(2015年)・前編

...顧客の行動を解析して販売促進活動に反映したりといった活動に取り組んでいる企業も増えているようだが、実際にはどの程度進んでいるだろうか?今回のアンケート調査では、「CRM」「アクセス解析ツール」「マーケティングオートメーション」という3つのソリューションの導入状況を尋ねた。その中でも前編では「CRM」について導入率や導入目的などを調査した結果を紹介する。なお、グラフ内で使用している合計値と合計欄の値が丸め誤差により一致しない場合があるので、事前にご了承いただきたい。 ※「CRM/マーケティング支援ツールの導入状況(2015年)・前編」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログ...

2016年3月12日シャノン★★フィードバック数:0マーケティング

BtoBマーケティングに関するアンケート調査

...ホームプレスリリース・お知らせ【株式会社シャノン BtoBマーケティングに関するアンケート調査実施】マーケティングオートメーション導入企業の6割が効果を実感。活用の本格化はこれから 【株式会社シャノン BtoBマーケティングに関するアンケート調査実施】マーケティングオートメーション導入企業の6割が効果を実感。活用の本格化はこれから 株式会社シャノン(本社:東京都港区、代表取締役:中村健一郎、以下シャノン)は、国内BtoBマーケティングの意識・課題や現状について、昨年...

2016年2月25日ナビプラスフィードバック数:0マーケティング

国内EC売上TOP500サイトにおける「リターゲティングメール」の導入調査レポート~2016年1月版~

...トのうち35.2%がリターゲティングメールを配信しているといった調査レポート(マーケティングオートメーションのベンダーLISTRAK社2015年調べ)や、2013年からリターゲティングメールの導入が3倍(41%)になっているというレポート(Bronto社とDemandware社2015年調べ)もあります。日本ではまだ10%。従来の画一的なメルマガとは一線を画した成果が期待できるリターゲティングメールを導入するECサイトは今後益々増えていくことが予想されます。また配信タイミングについては、カート離脱後1時間...

メール&クロスチャネルユーザー動向調査2016

...決定分析サービスを軸に事業を展開。マーケティングオートメーションやメールマーケティングソリューション、企業信用調査報告書、金融機関向けの与信戦略管理や不正対策ソリューションを提供しています。●Experianについてエクスペリアンは、世界各国でデータや分析ツールを提供しているグローバルな情報サービス 企業です。信用リスク管理、不正防止、マーケティングのターゲット絞り込みや意思決定の自動化などのサービスを提供しています。また、企業だけでなく個人に対しても、信用情報管理や盗難防止などのサポートを行っています。2015年には米『フォ...

2016年2月3日Marketo★フィードバック数:0マーケティング

マルケト10周年 ~インフォグラフィックで振り返る~

...マルケト10周年~インフォグラフィックで振り返る~|マーケティングオートメーション(MA)ならマルケト マルケト10周年~インフォグラフィックで振り返る~Marketoは、設立から10周年の記念日を迎えました。2006年にフィル・フェルナンデス, デビッド・モランディ、ジョン・ミラーが、ある1つのアイデアのもとにMarketoを始めました。そのアイデアとは、今日のマーケティング プロフェッショナルのための新しいエンタープライズのソフトウェアカンパニーを作ることでした。これまでは、あら...

2016年1月25日ITR★★フィードバック数:0マーケティング

ITR Market View:マーケティング管理市場2016

...高成長を予測BtoC向け市場が拡大を続け、2019年度には100億円を突破する見込み 調査ハイライト統合型マーケティング支援(MA: マーケティングオートメーション)はマーケティング活動全般を支援する製品で、マーケティング・プランニング、見込客管理、カタログ管理、パーソナライゼーション、キャンペーン管理、イベント管理などの機能が含まれます。国内統合型マーケティング支援市場の2014年度の売上金額は52億円、売上金額ベースで前年度比73.3%増と急速な伸びとなりました。海外...

2015年12月16日矢野経済研究所★★フィードバック数:0マーケティング

DMPサービス市場/MAサービス市場に関する調査結果 2015

...プレスリリースDMP(データマネジメントプラットフォーム)サービス市場/MA(マーケティングオートメーション)サービス市場に関する調査結果 20152015年12月14日 DMP(データマネジメントプラットフォーム)サービス市場/MA(マーケティングオートメーション)サービス市場に関する調査結果 2015 ~デジタルマーケティングツールの導入が増加、2020年には2014年比で約2.7倍と予測~ 調査要綱 矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内のDMPサービス市場/MAサー...

2015年9月3日イノベーションフィードバック数:0ビジネス

あなたの職場環境に関するアンケート

...[イノベーション] ,イノベーション ゆとり世代 マーケティングオートメーション BtoBマーケティング ITトレンド BIZトレンド リストファインダー Innovation ListFinder ゆとり営業...

デジタル広告業界関係者への業界動向に関するアンケート調査

...関係者がアドテクノロジーの定義としてどこまでのサービスを含めて認識しているかということに関する質問をしたところ、アドテクノロジーに含まれるサービスとして“DSP”と回答した割合が最も多く、71.7%であった。これに“DMP”、“アドネットワーク”、“SSP”が続いた。また、2014年頃より話題となっているマーケティングオートメーションツールや、検索連動型広告関連のテクノロジー(検索連動型広告、リスティング広告自動入札ツール)については、全体のほぼ半数程度がアドテクノロジーの範囲に含まれると回答した。 【認識されているアドテクノロジーに該当するサービス(n=460)】 Q.アド...

2015年7月6日グリーゼフィードバック数:0マーケティング

第1回 BtoB企業 マーケティング実態調査

...2015年7月 「第1回 BtoB企業 マーケティング実態調査」発表BtoB企業社員に向けたアンケートで、「マーケティングオートメーション 導入済み」と「今期中に導入したい」合わせて17.9%株式会社グリーゼ(代表取締役:江島 民子、所在地:東京都世田谷区)は、2015年7月1日(月曜)、「第1回 BtoB企業 マーケティング実態調査」を発表します。■総評見込み客との関係性を深めるツールとしての、マーケティングオートメーションを「導入済み」と「今期中に導入したい」合わせて、17.9%に...

2015年7月1日ガイアックス★★フィードバック数:0マーケティング

BtoB企業のWeb担当者330名に聞いたマーケティング実態調査(2015年)

...すべきは29.7%が「効果があった」と回答した「LINE」。「LINE」はエンドユーザー向けのコミュニティツールと思われがちですが、BtoB企業でも取り組みが始まっていることが分かりました。Web活用に前向きなBtoB企業多数。マーケティングオートメーションに注目 昨今注目を集める「マーケティングオートメーション(MA)」。Web サイトで獲得したリード管理やメール配信などの機能を持つツールですが、導入を検討していると回答した担当者は全体の36.9%でした。実際に導入している方も35.7%で、その...

2015年2月18日シャノンフィードバック数:0マーケティング

BtoBマーケティングに関するアンケート調査

...ホームプレスリリース・お知らせ【株式会社シャノン、BtoBマーケティングに関するアンケート調査実施】マーケティングオートメーションの必要性が増加傾向へ~カスタマージャーニーが多様化する中、リソースの確保は依然として厳しい状況~一方で、4割の企業がKPI設定をしていないという実態が明らかに 【株式会社シャノン、BtoBマーケティングに関するアンケート調査実施】マーケティングオートメーションの必要性が増加傾向へ~カスタマージャーニーが多様化する中、リソースの確保は依然として厳しい状況~一方で、4...

マーケティング・オートメーションについての調査です。

「マーケティング・オートメーション」に関する調査

...または広告の打ち手や具体的な施策 (主な自由回答意見を抜粋) 今回の調査項目。以下項目について確認しております。貴社のマーケティングや広告施策上お困りの事や課題 マーケティングオートメーションに関する認識マーケティングオートメーションの認知度 マーケティングオートメーションへの興味関心度 マーケティングオートメーションツールの活用のメリットに関する魅力 「マーケティングオートメーション」ツールを提供している企業で認知している企業名(純粋想起・助成想起) 過去1年以内のマーケティングオートメーション...

メール受信デバイス利用実態レポート~2014年エクスペリアン開封エンゲージメント調査~

...メールマーケティング・マーケティングオートメーションならチーターデジタル メールマーケティングの悩みを解決したいアンケート・販促キャンペーンを実施したい ニュースリリースチーターデジタルが発表したニュースやプレスリリースです。 お問い合わせ・ご相談などお気軽にご連絡ください...

2014年11月11日テモナフィードバック数:0マーケティング

定期通販における男女の傾向

...アップデートカゴ落ちメールの配信及びショッピングカートとの自動連携を開始 2016.08.01「たまごリピート」と 分析型マーケティングオートメーションツール「カスタマーリングス」が自動連携 2016.07.29【重要】お盆期間中のサポート営業時間と休日設定のお知らせ 2016.07.29楽天ID決済のご注文がたまごリピートに正常に登録されない事象についての対応方法のご案内。 2016.07.25日本初のサブスクリプションコマース専用クラウド型通販システム「たまごサブスクリプション」 発売開始 2016.07.22【大手企業も続々採用!】E-ギフ...

2014年10月7日テモナフィードバック数:0マーケティング

「たまごリピート」における定期注文の内容調査

...アップデートカゴ落ちメールの配信及びショッピングカートとの自動連携を開始 2016.08.01「たまごリピート」と 分析型マーケティングオートメーションツール「カスタマーリングス」が自動連携 2016.07.29【重要】お盆期間中のサポート営業時間と休日設定のお知らせ 2016.07.29楽天ID決済のご注文がたまごリピートに正常に登録されない事象についての対応方法のご案内。 2016.07.25日本初のサブスクリプションコマース専用クラウド型通販システム「たまごサブスクリプション」 発売開始 2016.07.22【大手企業も続々採用!】E-ギフ...

2014年7月2日アイティメディアフィードバック数:0マーケティング

「紙の新聞」VS「電子新聞」、朝の情報収集はどっち派?

...同士のコミュニケーションを実現する「M2M」。従来のM2Mからスマートコミュニティを実現する新世… これまである種のバズワードだった「マーケティングオートメーション(MA)」を筆頭に、市場の興味関心… 「ビッグデータ」関連のセミナー 複雑化・高度化するサイバー攻撃やテロ。攻撃方法が日々巧妙化する中、セキュリティ対策も進化させながら、さらに多面的な対策が求められます。また、近年はIoT技術の広…〜2017年8月1日(火) 東京開催〜NECはこのたび、「アナリティクス実践セミナー今こそ、セルフサービスBIの全社展開を!〜1000社以...

2014年5月14日矢野経済研究所★フィードバック数:0企業情報システム

市場データです。

CRM市場に関する調査結果 2014

...%増の320億5,000万円(エンドユーザー渡し価格ベース)であった。アベノミクスの影響もあり企業のIT投資が前向きに行われる中、CRMへも積極的な投資が行われ大きな伸びを示した。主な市場成長の要因は、好景気により各ベンダーに大型案件が多数持ち込まれたことや、ビッグデータを活用したOne to Oneマーケティング(顧客1人1人へ異なるアプローチを行なうマーケティング手法)への期待が膨らんだことの二点が挙げられる。2014年もビッグデータにCRMを紐づける需要は増加し、マーケティングオートメーション...

2012年7月11日カレン★★フィードバック数:5マーケティング

メールマーケティングについてのまとまった調査です。

メールマーケティング動向調査2012

...カレンはクライアント利益を追求し様々なコミュニケーションツールをプランニングから運用まで最適な形で提供するデジタルマーケティングエージェンシーです。 カレンはクライアント利益を追求し様々なコミュニケーションツールをプランニングから運用まで最適な形で提供するデジタルマーケティングエージェンシーです。 2017/04/27:【パイプドビッツ × カレン 共催セミナー】4月26日に「はじめてのマーケティングオートメーションでスパイラルが選ばれる理由」を開催しました。2017/04/06:【辻経...

2011年9月27日NTTレゾナント★フィードバック数:1デジタル家電

家庭での印刷についての調査です。

WEBサイトや写真のプリントに関する調査

...ンテ... 業界全体では手続き面が高い評価、LCCはコスパ重視 航空業界5社のNPSおよびロイヤルティ要因について調査しました。もっともNPSが高かったのはANAとなりました。 旅行プランの設計力や提案力が推奨度を高める トラベル業界6社のNPSおよびロイヤルティ要因について調査しました。もっともNPSが高かったのは阪急交通社となりました。 自主調査結果ピックアップマーケティングオートメーションの認知は40%超、大企業ではリード獲得と顧客アプローチに重点 デジ...

2010年5月31日NTTレゾナントフィードバック数:0モバイル

携帯電話に関するアンケート

...かったのはAmazon.co.jpとなりました。業界8社全体でみると、「価格競争力」と「ポイント」が課題感のある要素となりました。 自主調査結果ピックアップマーケティングオートメーションの認知は40%超、大企業ではリード獲得と顧客アプローチに重点 デジタルマーケティングの本格的な普及拡大に伴い、アドテクノロジー(ネット広告における配信技術や広告流通の技術)やマーケティングテクノロジーも日々進化しております。WEBマーケティングに携わっている方を対象に調査を実施したところ、マーケティングオートメーション...

2008年4月21日NTTレゾナント★フィードバック数:0マーケティング

ブログの利用状況に関する調査です。

第10回ブロードバンドコンテンツ利用実態調査(ブログ)

...かったのはAmazon.co.jpとなりました。業界8社全体でみると、「価格競争力」と「ポイント」が課題感のある要素となりました。 自主調査結果ピックアップマーケティングオートメーションの認知は40%超、大企業ではリード獲得と顧客アプローチに重点 デジタルマーケティングの本格的な普及拡大に伴い、アドテクノロジー(ネット広告における配信技術や広告流通の技術)やマーケティングテクノロジーも日々進化しております。WEBマーケティングに携わっている方を対象に調査を実施したところ、マーケティングオートメーション...

2008年4月14日NTTレゾナント★フィードバック数:0キャリアとスキル

gooリサーチによるeラーニングを中心テーマとした調査です。

第4回企業のブロードバンド利用状況に関する調査(eラーニング)

...手続きが必要な割には思ったより安くならない光コラボの利用意向は想定より高くない、というのが今の実態だ。 21業界140ブランドを対象に友人や同僚に薦めたいかを調査 NPS®(Net Promoter Score®)の日本市場におけるベンチマークとして、金融・通信・ハイテク機器・EC・旅行業等の21業界・全140ブランドにわたるNPS調査を実施しました。 マーケティングオートメーションの認知は40%超、大企業ではリード獲得と顧客アプローチに重点 デジタルマーケティングの本格的な普及拡大に伴い、アドテクノロジー(ネット広告における配信技術や広告流通の技術)やマ...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ