調査のチカラ TOP > 特集一覧 > データがいっぱい:IoT(モノのインターネット)

データがいっぱい:IoT(モノのインターネット)

世間の注目が集まる分野には調査データが増加します。IoT(モノのインターネット)については、関連調査データもぐっと増えています。

2018年2月21日日経xTECH★★フィードバック数:0企業情報システム

大手2社の強さ目立つ、「パートナー満足度調査 2018」結果発表

...部門の1位獲得企業は表の通りである。大手ITベンダーでは前回の調査に引き続き、NECと富士通の強さが目立った。「パートナー満足度調査 2018」の1位獲得企業統合運用管理ソフト(サーバー/ ネットワーク系) 「AI/IoT基盤」など3部門を新設 「AI/IoT基盤システム製品」「クラウド基盤サービス(IaaS、PaaS)」「ビデオ/音声会議システム製品」の3部門を新設した。様々な業種の企業が本業の強化やビジネスモデルの刷新を狙ってデジタル変革にまい進する現在、関連...

アジアにおけるデジタルトランスフォーメーションの経済効果調査

...を約11兆円、年間成長率を0.4%増加させると推測されることに加え、2017年には、GDPに占める割合は約8%に過ぎなかった、モバイル、IoT(モノのインターネット)およびAI(人工知能)といったデジタルテクノロジを直接活用した製品やサービスが、2021年までに6倍以上の約50%までに到達すると予測しています。 日本からは150人が回答しており、デジタルトランスフォーメーションによる効用を以下のとおり答えています。1. 利益率向上2. コスト削減3. 生産性向上4. 生産・運用時間の短縮5. 顧客...

2018年2月19日ジャストシステムフィードバック数:0社会/政治

4人に1人が、商品・サービス名に「AIが付くと、購入してみたい」

...に、... 1.とあるフリマアプリをDLする際の出来ごと お気に入りのWebメディアで紹介されていたフリマアプリ。記事を読むと、こ... 【記事要約】 最近話題になってきた「IoT」。ちなみに「IoT」と「スマート家電」の違いって皆さんご存じで... セルフ型アンケートサービス高品質なネットリサーチを圧倒的なスピードと次元の異なる低コストで。無料トライアル実施中。...

2018年2月19日日経BP★★フィードバック数:0企業情報システム

企業の2018年ITの最重点投資分野は「クラウドサービス」「人工知能(AI)」、「IoT/M2Mソリューション」への投資が拡大 「人工知能(AI)」への事業活用に5割の企業が関心 過半数の企業が活用意向を示す~「携帯電話・スマートフォン“法人利用”実態調査2018」より~

...日経BPコンサルティング コーポレートサイト HOME>最新情報>ニュースリリース>2018>企業の2018年ITの最重点投資分野は「クラウドサービス」 「人工知能(AI)」、「IoT/M2Mソリューション」への投資が拡大 「人工知能(AI)」への事業活用に5割の企業が関心 過半数の企業が活用意向を示す企業の2018年ITの最重点投資分野は「クラウドサービス」「人工知能(AI)」、「IoT/M2Mソリューション」への投資が拡大「人工知能(AI)」への事業活用に5割の企業が関心 過半...

2018年2月18日TrackRフィードバック数:0社会/政治

探し物に関する調査

...<探し物に関する調査>日本で失くなった物の総額、この1年間で1.7兆円探し物に、年間約1週間も費やしていることが判明!~見つからなくなる物 男性は「充電器」、女性は「財布」~ 『TrackR pixel』を使えば「もう失くさない、すぐに見つかる」Bluetooth®を利用して落し物を追跡できるIoT製品を世界で展開するTrackR, Inc. (所在地:アメリカ合衆国 カリフォルニア州、CEO:Nate Kelly、以下トラッカール)は、この度全国の20代~60代男女2,350名を...

2018年2月18日Dell EMC★フィードバック数:0企業情報システム

700社以上の中堅企業を対象にした「IT投資動向調査」結果 中堅企業の8割が働き方改革に着手、一方で3割がセキュリティ事故の被害経験ありで対策が急務

...(昨年から1.6歳(*4)若返り)で、比較的IT理解度が高い世代による経営が進んでいる。IT投資の意思決定に関して、経営者のみが行っている企業は24%(昨年から2ポイント伸長)であり、経営者が関与している割合は73%(昨年から3ポイント伸長)といった結果からも、年々確実に経営とITの一体化が進む企業が増加。また、IoTやデジタルマーケティングなど、ビジネスへのIT活用が積極化しており、中堅企業においてもデジタルトランスフォーメーションが進んでいると考えられる。6. クラウド(IaaS)の利...

2018年2月16日パーソルキャリアフィードバック数:0キャリアとスキル

転職サービス「DODA(デューダ)」 2018年1月 転職求人倍率 2.35倍(前月比?0.52ポイント)

...希望者数は多い状態が続く見込みです。現在の転職市場においては、業種、職種ごとに求人倍率に差が開くようになっているという特徴があります。特に、AIやIoT、Web、IT・通信に関連する業種、専門職や技術系の職種で求人倍率が上がっており、新しい技術やスキルを持つ人のニーズが高まっている状況です。一方で、こうした業種や職種の中には、求人倍率が高いために未経験者も歓迎している求人があります。異なる業種や職種への転職を希望する方は、求人倍率を見ながら採用の傾向を捉えることが重要なポイントとなるでしょう。(DODA編集長 大浦 征也)※DODA...

2018年2月16日テスティーラボ★フィードバック数:0マーケティング

仮想通貨に関する調査

...代女性でという結果になりました。他にも、「個人情報管理」や「トークンの販売、資金調達」「IoT」という回答も挙がりました。仮想通貨保有者の多くは、フィンテック(金融IT分野)におけるブロックチェーンの技術の応用に期待を寄せていることが伺えます。■決済方法としての仮想通貨。その未来は…?最後に、仮想通貨を「知っている」もしくは「聞いたことがある」と回答した人に、「仮想通貨は決済方法として日本でも広まるか」について予想してもらいました。「(広まると)思う」と回答した人は20代男性で、20代女...

2018年2月15日アクセンチュア★★フィードバック数:0エンタテインメント

アクセンチュア調査レポート『テクノロジービジョン2018』」

...ゆるコンシューマービジネスや小売といった分野を超えて広がっています。例えば、テスラは政府と協力して、自動運転車に必要なガイドラインの策定を進めています。またシーメンスは、製造機器、スマートグリッド機器、発電装置といったさまざまな機器で使用できるIoTオペレーティングシステム「MindSphere」を提供することで、新たなパートナーシップを構築し、ビジネスパートナーとのエコシステムの中に自社製品をうまく組み込んでいます。「テクノロジービジョン2018」の5つのトレンド「テクノロジービジョン2018」では、今日のデジタル・エコ...

デロイト調査:日本企業の第四次産業革命への準備の遅れが明らかに

...降毎年主要なテーマになっている第四次産業革命は、その実像を着実に現わし始めました。IoT、AI、コグニティブ、アナリティクスなどの、よりスマートなデジタルテクノロジーが、新製品やサービス、仕事の効率化、新しいタイプの仕事、まったく新しいビジネスモデルといった豊富な機会を創出しています。その一方で、今回の調査では、世界的に見ても第四次産業革命による機会をフルに活用しうる企業は、現時点においてごく一握りであることが示されました。調査結果には、従来からのビジネスの延長線上で第四次産業革命を捉える姿勢が表れており、特に...

2018年2月1日ジャストシステムフィードバック数:0エンタテインメント

動画アプリの1日平均利用時間は、2年前比で1.4倍に

...んなコンテンツ、どんなメディアになっていくのでしょうか?その他にも年賀状作成や福袋、おせち料理などこの時期ならではの調査も行いましたので、ぜひ参考にして頂ければと思います。 調査結果サマリー スマホでショッピングする10代女性が、1年間で20.0%から34.4%に増加 ネットシ... 調査結果サマリー 4人に1人が、「IoT家電は、個人情報の提供が必要なら、使わない」 ... 調査結果サマリー 首都圏のタクシー利用者のうち、約2割が「スマホアプリ」から配車依頼の経験あり 首都圏在... 調査結果サマリー “おに...

2018年1月30日Criteo★★フィードバック数:0マーケティング

2018年デジタルコマース&マーケティングの展望 ~8つのキートレンドを発表~

...2018年デジタルコマース&マーケティングの展望 ~8つのキートレンドを発表~ パフォーマンスマーケティングのテクノロジー企業であるCriteo S.A.(本社:フランス、NASDAQ:CRTO、以下Criteo)は、「2018年デジタルコマース&マーケティングの展望」レポートを発表しました。人々は、Google HomeやAmazon EchoなどのIoTデバイスを通じて、音声でさらにショッピングをするようになるでしょう。スマート・スピーカー市場が飽和すると、GoogleとAmazonは...

2018年1月26日JETROフィードバック数:0社会/政治

「2017年度(第28回)カナダ進出日系企業実態調査」結果

...育成では、「社内能力研修プログラムの提供」が61.7%、「社外能力研修プログラムの提供」が54.1%となった。最も有効な手段としては、「社内能力研修プログラムの提供」が42.6%を占めた(資料-8頁)。2017年の設備投資は、金額ベースで前年を上回る企業が33.6%で、前年比横ばいは56.8%だった。設備投資の目的は、「工場の合理化・効率化」(36.2%)や「AI、IoTへの投資による効率化」(30.2%)が上位に挙がった(資料-9頁)。今後1~2年の事業の拡大を視野に入れる回答企業は50.3%で、前年から9...

2018年1月26日JETROフィードバック数:0社会/政治

「2017年度(第36回)米国進出日系企業実態調査」結果

...%)や「情報関連(AI、IoT)投資による効率化」(17.9%)も挙がった(資料-11頁)。今後1~2年の事業拡大を視野に入れる回答企業は57.1%と、前年から3.7ポイント増加した。拡大する機能として、販売(62.5%)、生産(高付加価値品、49.9%)が主に挙がった。業種別では、食品・農水産加工(75.8%)や業務用機器(74.1%)などにおいて「拡大」と回答した割合が高かった(資料-13頁)。新たな州に移転・新設する場合に重視する点については、「顧客との近接性」(70.1%)に続き、「雇用...

2018年1月26日矢野経済研究所フィードバック数:0大型消費/投資

国内コネクテッドカー関連市場に関する調査を実施(2017年)

...コンサルタント等3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mailによるヒアリング、ならびに文献調査併用本調査におけるコネクテッドカーとは、自動車のIoT化により、センサーと内部のネットワークにより実現できることだけでなく、クラウドと接続することにより、様々な情報サービスを受ける事が可能になり、快適性や安全性の向上が実現されるシステム、及びアプリケーションを指す。調査結果サマリー◆2016年の国内コネクテッドカー関連市場規模は3,980億円コネクテッドカーは、車両...

2018年1月25日ウェルクスフィードバック数:0社会/政治

介護職の待遇改善についての調査

...の回答がありました。「平行して、行うべき」「サービス残業が多い」「給与が安いのに労働量が多すぎる。給与の安い業界であってもここまでの仕事量はなかなかないと思う」「ICT、IoTの促進にどんどん助成金を出して業務の簡素化を図りやすくするよう誘導してほしい。」「人員不足を解消し、余裕のある人員配置で働きたい、業務に追われ最低限のことしか行えず、流れ作業になってしまい充実感など得られない」■「介護職の待遇改善について、給与よりも仕事量や勤務時間等を改善してほしい」に「いいえ」と回答した方に、その理由を質問したところ、以下...

グローバル情報セキュリティ調査2017 Vol.3:IoTの可能性を探る サイバーセキュリティ対策はIoTの未来を具現化できるのか?

...グローバル情報セキュリティ調査2017 Vol.3:IoTの可能性を探る サイバーセキュリティ対策はIoTの未来を具現化できるのか? 今日、世界のCEOや経営幹部は、サイバーセキュリティやプライバシーへの革新的なアプローチを求めています。多くの先進的な企業では、サイバーセキュリティによってビジネスにおける優位性、信頼、株主価値を生み出すことができることを理解し、これが常識になりつつあります。日本におけるIoTのセキュリティ戦略およびそれに基づく具体的な対策の取り組み状況は、一部...

2018年1月25日IDC★★フィードバック数:0企業情報システム

国内ソフトウェア市場の最新予測

...に企業におけるデジタルトランスフォーメーション(DX)の成熟度が高まっていくに従い、IoTInternet of Things)やコグニティブ/AI(人工知能)システム向けのクラウドサービスの活用が拡大するとIDCでは予測しています。「これまでパッケージソフトウェアのみでは実現することが難しかったソリューションがクラウドサービスを活用することによって実現可能となり、ソフトウェアソリューションの適用領域が拡大している。ITサプライヤーは、既存パッケージソフトウェアからクラウドサービスへの移行に終始するのではなく、パッ...

2018年1月24日シンクロ・フードフィードバック数:0ビジネス

飲食業界における働き方改革の実態調査

...業種との競争力を高めるためにも飲食業界全体で改革に取り組んで行く事が必要な時期に来ていると思う。 (東京都/和食)・ワークシェアリングや外国人の採用、IoTの導入、キャッシュレス化など、既存のやりかたから大きく変えていかないと、大きな変化のうねりに対応できなくなって取り残されてしまう危機感があります。 (東京都/カフェ)<そう思わない>・やはり飲食店において、現状のままではどう考えても難しい。利益が確保できない。ブラック企業を推進するわけではないが、事実上難しい。(東京都/居酒屋・ダイニングバー)・ 実際に勤務時間等の短縮をしたら単純に利益が出ない。 (東京都/そば・うどん)・飲食...

2018年1月24日MM総研フィードバック数:0企業情報システム

2017年度上半期PCサーバー出荷概況

...通期では台数減少傾向が続くものの、金額面では16年度並みの実績となる見込みである。働き方改革やIoT等のニーズが拡大していることで、パブリッククラウドの利活用が進んでいる。オフィスなどでサーバーを分散所有するニーズが縮小しているものの、AIやデータ分析のニーズや、セキュリティ対策などサーバー需要を押し上げる需要も顕在化している。特にフィンテック分野、HPCの分野の需要拡大が期待されている。 これまで高額だったストレージを仮想ストレージ技術でPCサーバーに置き換えていく需要も顕在化しており、市場...

特養老人ホームの 「見守り機器」 ニーズ調査

...ほどその結果をまとめましたのでお知らせいたします。 現在、介護市場ではIoT見守りシステムや利用者と会話できるロボットなどが急速に進化し、ケアプラン作成や従事者の業務支援にもAIを活用しようとする動きが増えています。これらの技術の発展と成果は、医療・介護需要の急増が懸念される「2025年問題」の克服にも大きく貢献すると期待されます。 介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)は、2016年9月末時点で約7,700件あり、約50万人の要介護高齢者が在所しています。現在も施設数と在所者は増加し続け、2015年度の特養の介護保険費用額は1兆8,608億円...

2018年1月24日デル★★フィードバック数:0企業情報システム

2018年の予測

...まで以上の効率性、統一性、そしてかつてないほどの可能性をもたらします。AI(人工知能)やAR(拡張現実)、VR(仮想現実)などの新興テクノロジー、またソフトウェア、アナリティクス、処理能力の飛躍的な発展によって可能になったIoTモノのインターネット)やクラウド コンピューティングの進化は、新しいフェーズへの歩みを加速し、後押ししています。コネクテッドカーや家庭、仕事、銀行取引などでは、すでに明白な流れとなっており、収穫や家畜の管理を変革している畜産農家さえ存在します。こうした目まぐるしい進歩のペースの中で、次に...

QRコード決済・モバイル決済の利用実態と今後の利用意向に関する調査

...ネスアナリティクスの担当パートナーとしてデータガバナンス、データ分析コンサルティング業務を多数実施。そのほか、アナリティクス、IoT、AIを活用した業務改善や新規事業設立支援、ビジネスモデル提案など技... さらに見る © 2018. 詳細は利用規定 をご覧ください。Deloitte(デロイト)とは、英国の法令に基づく保証有限責任会社であるデロイト トウシュ トーマツ リミテッド(“DTTL”)ならびにそのネットワーク組織を構成するメンバーファームおよびその関係会社のひとつまたは複数を指します。DTTLおよ...

2018年1月23日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内IoT向けエッジマイクロデータセンター数の予測

...国内IoT向けエッジマイクロデータセンター数の予測を発表 IoTにおいて、センサーやデバイス/端末の近くで分散処理を行うためのエッジコンピューティング拠点を、エッジマイクロデータセンターと呼ぶ エッジマイクロデータセンターは、サーバー、ネットワーク機器、ストレージから構成され、都市部や、建物/店舗などに設置、端末とのデータ通信/処理で高いレスポンスを実現 コネクテッドカーや製造オペレーションのIoTの取り組みが進むため、国内エッジマイクロデータセンター数は、2017年末の1,037か所...

2018年1月23日akamaiフィードバック数:0デジタル家電

「インターネットの現状/セキュリティ」レポート 2017年第3四半期(7-9月期間)

...的初期の段階でボットネットの撃退に成功した複数企業による取り組みが、組織間が協力してこうした脅威に対処することの重要性と有効性を裏付けています。 過去のセキュリティレポート 2017 年第 2 四半期「インターネットの現状/セキュリティ」レポート DDoS トラフィックを生成する IP アドレスの数は、第 2 四半期に激減し、前年四半期非で 98% 減少しました。これは数十万の DDoS ソースがオフラインになったことを示しています。モノのインターネットIoT)ボットネットのような数万のノードではなく、数百のノードを使用するボットネットの負荷が、再出...

ファーストペンギンに関する意識調査

...はよりクリエイティブなことをするようになると思うから。(40代:経営者)・ メーカーがこぞって参入しそうな気配を感じるから。(60代:経営者)・ 2020年オリンピックやIoT、自動運転などを含めAIが更に具体化してくると思うから。(50代:経営者) 【自動運転】・ 高齢化時代の手軽で安全な交通基盤となる。(60代:取締役/役員)・ 高齢者の運転操作ミスによる事故が現実に目立っている。その解決策として市場があると感じる。(70代以上:経営者)・ 高齢者の交通事故が増えているから、自動運転の需要が増えてくると思う。(60代:経営者) 【ドローン】・ 危険...

2018年1月19日MAMORIOフィードバック数:0デジタル家電

「MAMORIO」が2周年 普及状況を振り返るインフォグラフィック

...が誕生しました。 「なくすを、なくす。」を目指し、たくさんの新しい仲間が加わりました。 MAMORIOは、これからも日本を代表するIoTカンパニーとして あらゆる大切なモノがなくならない社会の実現を目指していきます。 2018年もMAMORIOをよろしくお願いいたします。MAMORIO 一同 1. TwitterでMAMORIOのアカウントをフォロー Follow @mamorio_jp 2. フォロー後、下のボタンからこのページをシェアすると 抽選でMAMORIO Sなど...

2018年1月18日アイロボットフィードバック数:0デジタル家電

AIスピーカーに関する意識調査

...何分くらいで掃除が終わるか教えてくれるなどといったことを希望していることが分かりました。Q1:IoT端末機器・スマートスピーカー(以下、AIスピーカー)をご存知ですか?Q2:購入済みまたは今後使用してみたいと思われるAIスピーカーのメーカーに関してお答えください。(いくつでも)Q3:スピーカーを選ぶ際の基準をお答えください。(それぞれいくつでも)Q4:AIスピーカーを使って行いたいことをお答えください。(いくつでも)Q5:AIスピーカーを使いたいと思われるタイミングや理由についてお答えください。《主な自由回答》・家事をしているタイミングなど両手がふさがっているとき・料理中、手が...

2018年1月18日trendmicroフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2018年セキュリティ脅威予測

...は工場の生産ラインや制御システムなどIIoT(Industrial Internet of Things)システムへのサイバー攻撃や、GDPR※などの情報保護関連の法令違反を材料として、より高額な利益を得ようとする新たなネット恐喝手法が出現する可能性があります。増え続ける新種ランサムウェアや新たなネット恐喝手法に対して理解を深めるとともに、従来のパターンマッチングによる検出に加えて、サンドボックス技術やAI(人工知能)技術を用いた検出など複数の技術の組み合わせによる対策がますます重要となるでしょう。 ※「EU一般...

2018年1月18日MM総研フィードバック数:0モバイル

国内MVNO市場規模の推移(2017年9月末)

...年9月末の4.1%から1.6ポイント増加した。大手キャリアの新料金プランやソフトバンクのサブブランドであるY!mobileの販売攻勢により、個人向けスマホ用途としての成長にはブレーキが掛かったと見られる。しかしながら、IoT用途の需要取り込みは19年度以降に本格期を迎えると見られ、更なるシェアの拡大が期待される。シェア1位はインターネットイニシアティブ、個人向けでは楽天が初の1位を獲得※17年9月末時点より、NTTコミュニケーションズの独自サービス型SIM回線数を下記の通り見直しました。 ・これ...

2018年1月18日Gemaltoフィードバック数:0デジタル家電

ハードウェアメーカー、ソフトウェア収益化モデルへの移行で収益11%増

...ムアルトのソリューションは、決済から企業セキュリティ、さらにモノのインターネットまで、現代生活の中心に据えられています。当社は人々、取引、オブジェクトの認証を行い、データを暗号化し、ソフトウェアに価値を生み出します。これにより、当社のお客様は何十億もの人々やモノにセキュアなデジタルサービスを提供することができます。当社は世界48ヶ国に112の事業所、43の発行センターおよびデータセンター、30の研究所およびソフトウェア開発拠点を構え、1万5千人以上の従業員を擁しています。さらに詳しい情報はwww.gema​lto.​com...

2018年1月17日IDCフィードバック数:0企業情報システム

2018年 国内IT市場の主要10項目

...が加速する 国内のIoT利用企業の1割が、データ流通エコシステムを通じ既存事業以外への事業領域の拡大を図る コグニティブ/AIシステムが普及期に入り、2018年には2017年の2倍に市場が拡大する GDPRによるデータ主権の脅威に企業がさらされ、データ保護に対するブロックチェーンの有効性が試される エンタープライズインフラストラクチャ支出モデルの多様化が進むと共に、ベンダー間の競争力の差が広がる AR/VRの業務利用がIT導入に積極的な企業で本格化し、音声インターフェースの業務活用がスタートする 企業...

2018年1月17日DOMO★★フィードバック数:0ビジネス

データドリブン経営に関するアンケート調査

...・共有環境に関する実態を調査した本アンケート結果から、データに基づく意思決定の必要性を認識しながらも、意思決定に必要なレポートの改善ができていないと考えている経営層の問題意識が明らかになりました。また経営層が求めるレポーティング環境として、将来へのアクションにつながること、高い視覚性があること、迅速に確認できることが挙げられました。近年、急速に普及するIoTやクラウド技術の活用で、企業によるデータ収集・蓄積は容易になりつつあります。こうした背景から、従来...

2018年1月17日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内エンタープライズインフラストラクチャ市場予測

...クラウドインフラストラクチャ市場は、クラウド化されていないトラディショナルITからの需要シフトに加えて、 デジタルトランスフォーメーション(DX)への取り組みによる新規需要によってプラス成長を持続します。ビッグデータ、IoTInternet of Things)やコグニティブ/AI(人工知能)システムなどといったイノベーションアクセラレーターを活用したDXの実現に注力する企業が国内において増加し、また、このような動きが活発化することで、ITの用途が広がり新規需要が創出されます。なお、DXとは、企業が第3のプラットフォーム技術(クラ...

2018年1月17日A10フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2018年のサイバーセキュリティ状況 - 10の予測

...強固な保護を提供できるようになるでしょう。 9. 脆弱なSCADAシステムやIoTが物理的被害をもたらす IoTデバイスやSCADA (産業用監視制御) システムの脆弱性は、2018年にデジタル的な損失だけでなく、何かしらの物理的な損害を生み出すでしょう。制御コンポーネントに被害が限定される程度の規模であればまだ救いがあります。Stuxnetやflameの標的とは異なり、IoTおよびSCADAデバイスは、容易に特定可能でインストール後にパッチを当てにくい汎用オープンソース フレームワークを活用しているため、格好...

2018年1月17日マカフィーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2018年の脅威動向予測

...2017年12月11日 - 機械学習によるサイバー攻撃の激化、ランサムウェア、サーバーレス アプリ、コネクテッド ホームの プライバシー、子供が作成するコンテンツのプライバシーに関して予測※当資料は、2017年11月29日に米国で発表されたプレスリリースの抄訳です。McAfee Labsは機械学習によるサイバーセキュリティ ツールの“開発競争”が攻撃者と防御者の間に起こると予測ランサムウェアが、従来のPC上で脅迫するものから、より金銭的なメリットの大きいIoTや富裕層を標的としたものや、企業...

世界モバイル利用動向調査 2017

...におけるモバイル利用の現状と課題を明らかにしています。 なお、調査結果の詳細については、調査レポートをご覧下さい。レポートに掲載されている主な調査内容 デバイス所有状況(デバイス所有/携帯電話の買い換え)スマートフォン、携帯電話、PC、タブレット、電子書籍リーダー、スマートウォッチ、VR機器などの所有率/スマート家電、ワイヤレススピーカーなどIoTデバイス所有率/スマート端末のセキュリティリスク認識/携帯電話の買い替え予定時期/これまで利用していた携帯電話の処分方法 キャリア/店舗(契約キャリア/キャリア選択/通信量/Wi-Fi)契約...

デロイト 2017年 アジア太平洋地域テクノロジー Fast 500

... 500を主催するデロイト アジア太平洋地域 TMTリーダーの楠 俊史(くすのき としふみ)は次のように述べました。「デロイト アジア太平洋地域テクノロジーFast 500には、消費者の生活のあらゆる側面でイノベーションを牽引するテクノロジー企業が顔を揃えています。上位10社を占めるのは、オンライン ゲーム/eスポーツをはじめとするモバイル エンターテインメント、デジタル金融/フィンテック、モバイル IoT ソリューションに注力する企業です。この1年のWuhan Douyuの急...

2018年1月15日ITRフィードバック数:0デジタル家電

インターネット分離市場規模推移および予測

...い伸びを予想しています。 図.インターネット分離市場規模推移および予測 ITRのシニア・アナリストである大杉 豊は、「これまでネットワーク分離は金融、医療、公共などで導入が進んでいましたが、IoTの進展により工場や制御システムのセキュリティ脅威も増していることから、セキュリティ対策の一環として重要インフラを提供する企業などにおいて今後導入が進むと見ています。また、多重多層防御の必要性から、侵入されることを前提としたエンドポイントセキュリティ対策として、インテリジェンスやAI技術を活用した振る舞い検知型であるEDR...

State of Object Storage

...のストレージ容量を所有しており、その半分以上を非構造化データが占めていると答え、非構造化データが引き続き急速に拡大していることが明らかになりました。ほとんどのサービスプロバイダーが増加率について60〜80%と回答した一方で、企業サイドでは増加率は年間40〜50%の増加にとどまる傾向となりました。オブジェクトストレージのような新たな非構造化データストレージ技術の採用を促す次世代アプリケーションには、アナリティクスやIoTInternet of Things)のほか、従来...

2018年1月15日Webrootフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

最も危険なランサムウェア トップ10

...ビスによって「モノのインターネット」(IoT=Internet of Things)のセキュリティを実現。クラウドベースで予測型の総合脅威インテリジェンス・プラットフォームを活用することによって、コンピュータ、タブレット、スマートフォン、そしてあらゆるデバイスをマルウェアや他のサイバー攻撃から保護しています。高い評価を受けているSecureAnywhereインテリジェント・エンドポイント保護とBrightCloud脅威インテリジェンス・サービスは、世界中で数千万台以上のエンドユーザ、企業、エン...

2018年1月13日JETROフィードバック数:0企業情報システム

欧州企業のIoT活用事例調査(2017年12月)

...表される産業デジタル化イニシアチブがEU加盟国内で立ち上がっている。欧州委員会は10の優先課題の1つに「国際的な産業基盤の強化」を掲げ、EUレベルで各国イニシアチブを調整、支援する段階に来ている。欧州企業の取組みに目を転じると、製造業に限らない幅広い業種でデジタル化技術の導入がみられ、製造工程の高度化・効率化や新たなビジネスモデルを実践している。「欧州における産業デジタル化とIoT推進の現状」(2017年3月)の続編となる本レポートでは、欧州企業のIoT活用事例を紹介する。 発行年月:2017年12月 作成部署:ジェ...

2018年1月10日Dell Technologiesフィードバック数:0企業情報システム

Dell Technologies 2018 Predictions ? Entering the Next Era of Human Machine Partnerships

... ever before.Emerging technologies, such as Artificial Intelligence (AI), Augmented Reality (AR), Virtual Reality (VR), and advances in Internet of Things (IoT) and cloud computing – made possible through exponential developments in software, analytics...

2018年1月5日ニューロスペースフィードバック数:0ライフスタイル

2017年度「睡眠負債」実態調査

...の睡眠計測デバイスと解析アルゴリズムを開発し、AI・IoT技術を活用した睡眠解析プラットフォームを提供するSleep Tech(スリープテック)事業を推進する睡眠テクノロジーベンチャーです。【会社概要】本社:東京都千代田区神田須田町2−25 GYB秋葉原5階代表者:代表取締役社長 小林孝徳創業:2013年12月URL:https://neurospace.jp/事業内容:睡眠センシング技術および簡易評価アルゴリズムの開発、睡眠ビジネスに関わる研究開発の技術的支援、睡眠改善プログラムによる企業の健康経営の支援、睡眠...

2017年12月28日trendmicroフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2017年第3四半期セキュリティラウンドアップ

...)と比較して約12倍に増加しています(グラフ1)。また、当社では、2017年1月~9月に全世界で約1万2,700台の家庭内のインターネットデバイスから発信されたマイニングの通信を確認しており、そのうち、約6%をWebカメラやゲーム機といったIoTデバイスが発信した通信が占めています※1。マイニングの通信を発信していた家庭内のIoTデバイスから別のサイバー攻撃の通信が発信されていたことや、マイニングをユーザが意図的に行う場合、家庭内のIoTデバ...

2017年12月28日Wacom★フィードバック数:0デジタル家電

デジタル文具白書2017

...トウェアやソリューションのディベロッパー(開発業者)との交流を促進します。「カスタマーユースケース WG」アナログ文具事業とデジタル文具事業の橋渡しをタイムリーに実現し、デジタル文具化における投資効果についての精査を行います。「テクノロジー WG」今後登場する技術的視点、IoT、クラウド環境、将来的には3次元、仮想現実(VR)、拡張現実(AR)などを視野に入れ、デジタルインク技術とWILL™ に必要となる要件などを定義します。【コネクティド・インクについて】株式会社ワコムが主催する「コネクティド・インク」は、ハードウェア、ソフ...

2017年12月27日JCN Newswireフィードバック数:0ビジネス

消費者は情報漏えいを起こした企業とは取引しないことが明らかに Gemalto

...ジタルセキュリティの世界的なリーダー企業であり、2016年の年間売上高は31億ユーロを記録し、世界の180ヶ国以上に顧客を有しています。ジェムアルトは、急速に発展し、密接につながったデジタル社会に信頼をもたらします。セキュアなソフトウェアから、生体認証及びデータの暗号化までを実現する当社の技術とサービスにより、企業や行政機関は、本人認証とデータ保護が可能となり、個人用デバイス、コネクテッド・オブジェクト、クラウド、およびこうしたデバイス・環境間で安全性を保ち、サービスを提供します。ジェムアルトのソリューションは、決済から企業セキュリティ、さらにモノのインターネット...

2017年12月26日矢野経済研究所フィードバック数:0企業情報システム

国内企業のIT投資に関する調査を実施(2017年)

...査では国内民間企業のIT投資市場規模について、経済産業省および総務省の調査を基に、当社の民間企業に対するIT投資に関するアンケート調査結果を加味し、国内民間企業のIT投資額ベースにて算出した。※アンケート調査期間:2017年7月~8月、調査対象:国内民間企業、および公的機関・団体517件、調査方法:郵送によるアンケート調査調査結果サマリー◆2017年度の国内民間企業のIT市場規模は前年度比2.0%増の12兆1,170億円と予測、AIやIoTが投資対象に2017年度の国内民間企業のIT市場規模(ハード・ソフト・サー...

「クラウド型車両管理・動態管理システム」の市場動向

...な業種から参入があるのが特徴です。 この調査は、法人向けに提供される「クラウド型車両管理・支援システム」や関連端末について、ヒアリング調査を行うことで、テレマティクスサービスの現状について整理し、今後の展望をまとめました。 本調査結果は、市場調査レポート「自動車IoT時代におけるテレマティクス、車両管理・動態管理システムの現状と将来展望 ―業務効率化・事故防止を目指す車載機器/システム/サービスの注目事例と市場動向―」として販売しています。 調査結果のポイント、調査概要は以下の通りです。調査結果のポイント 通信型車載器(※)を用...

2017年12月25日Flexera Softwareフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

オープン・ソース・ソフトウェアのリスクレポート

...により発表します。フレクセラ・ソフトウェア合同会社( https://www.flexera.jp/ )(本社:東京都港区、以下フレクセラ)は、米信用情報機関大手のEquifaxから1億4300万人の顧客の個人情報(社会保障番号、生年月日、運転免許証、住所、クレジット・カード番号など)流出は、まだまだ氷山の一角にすぎず、このようなインシデントやセキュリティ侵害が今後まだまだ続いていく危険性があることをフレクセラの調査レポートにより発表します。フレクセラは、400社を超えるソフトウェア・サプライヤ、IoTモノのインターネット...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
 

お知らせ