調査のチカラ TOP > 特集一覧 > データがいっぱい:IoT(モノのインターネット)

データがいっぱい:IoT(モノのインターネット)

世間の注目が集まる分野には調査データが増加します。IoT(モノのインターネット)については、関連調査データもぐっと増えています。

2017年3月17日CDNetworksフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2016年第4四半期サイバー攻撃の分析レポート

...「2016年第4四半期サイバー攻撃の分析レポート」を公開 IoT機器を踏み台にしたボットネットが公開されこれを利用した攻撃が増加中 新セキュリティレポート「2016年第4四半期サイバー攻撃の分析レポート」を発表しました。本資料は、CDNetworksのWAFを利用する国内外のお客さまを対象に、2016年10-12月に収集されたサイバー攻撃の推移と動向の変化について分析結果をまとめています。 シーディーネットワークス・ジャパン(東京都新宿区、以下CDNetworks)は、セキ...

2017年3月15日ferret★フィードバック数:0マーケティング

EC運営者必読!見逃せないトピックス満載の市場調査データ40選

...段階でモバイルコンテンツにおけるフィーチャーフォン市場は1,009億円、スマートフォン市場は1兆4,623億円ということがわかっています。市場内訳で最も多かったのは、フィーチャーフォン市場では「ソーシャルゲーム等市場」、スマホ市場では「ゲーム・ソーシャルゲーム等市場」となっています。9. 平成28年版 情報通信白書|総務省情報通信統計データベースでは、最新の情報通信白書を公開しています。平成28年版では「IoT・ビッグデータ・AI ~ネットワークとデータが創造する新たな価値~」が特集テーマとなっており、AI関連の様々なデータを見ることができます。10...

2017年3月15日Verizonフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2017年データ漏洩/侵害ダイジェス

... Sharing)フレームワークに基づいてカテゴリ化されています。本レポートでは、16の状況を4種類の漏洩タイプに分類し、それぞれを以下の例のように特徴づけています。人的要因-パートナーによる悪用 -The Indignant Mole (怒れるモグラ )-不満を抱えた従業員- The Absolute Zero(絶対的ゼロ ) ルートとなるデバイス-モバイルへの攻撃- The Secret Squirrel(秘密のリス)-IoT の惨事 - The Panda Monium(パンダ地獄 )コン...

2017年3月10日マカフィーフィードバック数:0マーケティング

インターネットにつながる毎日の過ごし方

...もインターネットに接続できるようになりますが、ホーム ネットワークは来客のデバイスとは切り離し、隔離してください。また、IoTデバイス(スマート ホーム デバイス、ウェアラブルなど) も、重要度の高い情報が保管される従来型のインターネット接続デバイス(ノートPC、スマートフォン、タブレットなど)から切り離し、IoTデバイスが感染しても、被害がゲスト ネットワークに接続されるデバイスに制限されるようにしてください。McAfee Secure Home Platform(英文)などのソリューションは、両ネ...

2017年3月10日東京商工会議所フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

生産性向上・ICT活用状況に関するアンケート調査

...勤務等、柔軟な働き方の導入」は、現在は9%と少ないものの、今後導入したいとする企業は26%にのぼり、働き方改革が叫ばれる中、検討する企業が増えていることが窺える。(5)IoT、AI、ロボットなどの活用状況・利用意向(主な調査結果‐7参照) 既にビジネスに活用中の会員企業はIoTが6%、ビッグデータ3%、ロボット3%と、わずかに止まる。 「関心があり今後活用したい」、「活用したいが方法や効果がわからない」企業はそれぞれ数%から10数%で、「活用すべき分野がない」「導入する予定はない」「無回答」の企業は7割...

2017年3月9日東京商工会議所フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

生産性向上・ICT活用状況に関するアンケート調査

...勤務等、柔軟な働き方の導入」は、現在は9%と少ないものの、今後導入したいとする企業は26%にのぼり、働き方改革が叫ばれる中、検討する企業が増えていることが窺える。(5)IoT、AI、ロボットなどの活用状況・利用意向(主な調査結果‐7参照) 既にビジネスに活用中の会員企業はIoTが6%、ビッグデータ3%、ロボット3%と、わずかに止まる。 「関心があり今後活用したい」、「活用したいが方法や効果がわからない」企業はそれぞれ数%から10数%で、「活用すべき分野がない」「導入する予定はない」「無回答」の企業は7割...

2017年3月8日トレンドマイクロフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2016年年間セキュリティラウンドアップ

...ネットバンキングを狙う攻撃が過去最大の拡散「公開サーバへの攻撃」が300万件以上の重要情報を侵害転換点を迎えた「モバイルの脅威」、ランサムウェア被害を国内でも確認グローバルセキュリティラウンドアップランサムウェアの新ファミリー数は752%増加世界中で莫大な損害をもたらしたビジネスメール詐欺「Adobe Acrobat Reader DC」や「Advantech WebAccess」で多数の脆弱性を確認IoTセキュリティの警鐘となったボットネット「Mirai」の大規模DDoS攻撃過去最大規模の情報漏えい事例が発生、浮き...

2017年3月7日日本マイクロソフトフィードバック数:0企業情報システム

日本における「デジタルトランスフォーメーション」推進の重要性について

...タルトランスフォーメーション」進展の阻害要因として、以下の5つが挙げられました。1. サイバーセキュリティ上の脅威2. 不確実な経済環境3. デジタルスキルを持った人的リソースの不足4. 政府とICTインフラのサポート不足5. エグゼクティブ層のリーダーシップ不足なお、日本に関する調査結果については、インフォグラフィックス にまとめていますので参照下さい。クラウドコンピューティングを基盤とした、人工知能(AI)、IoTInternet of the Thingsモノのインターネット)、高度なデータ分析およびMixed...

2017年3月3日check-pointフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

Ransomware Doubled in Second Half of 2016

... families dominating the market and hitting organizations of all sizes.DDoS Attacks via IoT Devices – in August 2016, the infamous Mirai Botnet was discovered – a first of its kind- the Internet-of-Things (IoT) Botnet, which attacks vulnerable Internet...

2017年3月2日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内ITサービス市場予測

...率が鈍化しました。2017年以降の国内ITサービス市長は、クラウドやIoTInternet of Things)などの第3のプラットフォームやデジタルトランスフォーメーション(DX)に関連するシステム投資が徐々に存在感を強めていくものの、国内経済の低成長見通しや、ITサービスの代替製品/サービスの影響により、徐々に成長のペースを下げていきます。2016年~2021年の年間平均成長率(CAGR: Compound Annual Growth Rate)は1.1%とIDCでは予測しています。低成...

2017年3月1日アクセンチュア★★フィードバック数:0企業情報システム

Emerging Technologies in Public Service(行政機関におけるデジタル技術導入)

...タル技術の導入および試験導入の状況を調査しました。デジタル技術には高度なアナリティクスおよび予測モデリング、モノのインターネット化(IoT)、インテリジェント・プロセスオートメーション、動画アナリティクス、生体認証/アイデンティティ・アナリティクス、機械学習、自然言語処理/生成が含まれます。 本レポートによると、職員の高年齢化にしたがって、行政機関内の知識・知見が失われる危機にさらされており、最新のデジタル技術に精通した人材の確保が喫緊の課題として挙げられています。先進技術の専門家など、必要なスキルを持つ人材の確保と能力開発は今や、あら...

2017年2月27日ジャストシステム★フィードバック数:0マーケティング

家電の購買行動に関する実態調査

...てキャリア... 今年Microsoftさんがニュースアプリを発表しましたね。グノシー、SmartNewsからはじまりまさにニュースアプリ戦国... 【記事要約】 最近話題になってきた「IoT」。ちなみに「IoT」と「スマート家電」の違いって皆さんご存じで... FacebookやInstagramなど企業の動画広告活用がますます活発になっている。テキストから画像、画像から動画へとユー... セルフ型アンケートサービス高品質なネットリサーチを圧倒的なスピードと次元の異なる低コストで。無料トライアル実施中。...

2017年:17のトレンド予測

... in the areas of Big Data, the Industrial Internet of Things, and Talent Management. In order to ensure that as many of these worthy projects as possible make it into the Manufacturing Leadership Awards program, we have decided to extend the submission deadline...

2017年2月24日IDC★★フィードバック数:0企業情報システム

国内IoT市場 ユースケース(用途)別/産業分野別予測

...分野の開拓や新興企業との提携を進めることが必要に IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内IoTInternet of Things)市場におけるユースケース(用途)別/産業分野別の予測を発表しました。IDCでは、IoTとは「IP接続による通信を、人の介在なしにローカルまたはグローバルに行うことができる識別可能なエッジデバイスからなるネットワークのネットワーク」であり、法人/政府/個人...

2017年2月24日インテリジェンスフィードバック数:0キャリアとスキル

転職成功者の年齢調査(2016年下半期)

...ンシャルに期待した若手層の採用に積極的な企業が引き続き増加傾向にあること一因であると想定されます。求人数は高い水準を維持し、依然として売り手市場が続いている今、転職希望者にとっては多くの求人の中から自分の希望に合った仕事を選びやすい状況にあるといえます。また、人工知能(AI)やIoTモノのインターネット化)、ビッグデータに代表される新しい技術や分析手法の活用や、テクノロジーを用いた効率化や省力化に向けた取り組みを進めるにあたって、新しい仕事や役割を担える人材のニーズが高まるなど、キャリアのバリエーションも広がっています。だからこそ、転職希望者は選択肢が豊富な今のうちに、実現したい「働き...

2017年2月24日経済協力開発機構★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

OECD broadband statistics update

....Data on machine-to-machine communications, such as for Internet-connected vehicles, show that Sweden, New Zealand, Norway, Finland and the Netherlands remain the leaders in the number of M2M SIM cards in use, with the caveat that data is not yet fully...

ロイヤルティ調査レポート第3弾 「家電メーカーの最新NPS及びロイヤルティ向上の重要因子」

...ービス開始に伴い、りらいあコミュニケーションズとEmotion Techは共同で国内主要家電メーカー3社に対する顧客ロイヤルティ調査を行いました。家電業界は近年、多国籍企業が日本市場のシェアを伸ばしており、国内の家電メーカーは苦戦を強いられています。またIoTの発展によるIT企業の家電業界参入や、3Dプリンターなどを駆使した新規事業者の参入が進み、業界構造自体が大きな変化をし始めています。 この様な市場環境において、各企業は多様化する顧客ニーズを正確に把握し、顧客との中長期的な関係を構築する必要があります。本レ...

ランサムウェアに関する理解度に関する 実態についての調査

...ックチェーンを保存先とするデータへのフィンガープリント生成)・スマートサーモスタットや監視カメラ、テレビ、オーディオ機器といったインターネット接続された物理的デバイス(IoT)の安全性に関する懸念■調査結果1. 個人データの安全性に懸念を抱いているとした回答者が71%2. そうしたデータのいずれも失うわけにはいかないとした回答者が41%3. ランサムウェア攻撃でデータが喪失したりデータが人質になったりした場合に、それらのデータを復元できる備えがないと答えた回答者が56%4. またバックアップデータが安全に保管され、改ざ...

2017年2月21日ジャストシステム★フィードバック数:0デジタル家電

IoT家電に関する実態調査

...」におけるセキュリティについて考えを教えてください。 インターネットやスマートフォン、タブレットと連動してさまざまな機能を実現する「IoTInternet of Things)」が話題になっています。エアコンや洗濯機を外出先で操作できたり、冷蔵庫の食材の賞味期限を通知してくれたり、データと連係することで、今までになかった「暮らし」が実現できるのでは?と個人的にも期待しています。一方で、インターネット接続によるセキュリティや個人情報への対応も気になるところ。消費...

企業のX-Techビジネスの取り組みに関する動向調査

...置付けている。 ◆取り組まれているX-Techビジネスの種類取り組み経験のあるX-Techの種類は、最も多いのは「金融:FinTech (39.0%)」、次点が「ヘルスケア:HealthTech (17.0%)」、「教育:EdTech (13.8%)」と続く。 ◆X-Techに取り入れられた先進テクノロジー取り組み経験のあるX-Techに取り入れられた先進テクノロジーは、最も多いのは「ビッグデータ (44.4%)」、次点が「AI (36.1%)」、「IoT (23.0%)」と続く。 ◆X-Techビジ...

2017年2月18日ITR★フィードバック数:0企業情報システム

国内DWH用DBMS市場規模推移および予測

...規模推移および予測を発表します。 国内DWH用DBMS市場の2015年度の売上金額は約40億円、前年度比35.0%増と急速な伸びとなりました。Amazon Web Servicesの高成長に加え、後発のグーグルが著しい伸びを示していることが主な要因となっています。IoTの導入の高まりなど、データ活用環境の強化に対する投資が着実に増加していることから、2016年度も同26.8%増と引き続き大幅な伸びを予想しています。 本市場を、パッケージとSaaSの提供形態別に分類して見ると、これまではパッケージでの導入が主体でしたが、2015...

2017年honto 1月月間ランキング

...くユーザー主導の新ビジネスの全貌 /アルン・スンドララジャン (著),門脇 弘典 (訳) /日経BP社●大統領を操るバンカーたち 秘められた蜜月の100年 上 /ノミ・プリンス (著),藤井 清美 (訳) /早川書房●トヨトミの野望 小説・巨大自動車企業 /梶山 三郎 /講談社●UXの時代 IoTとシェアリングは産業をどう変えるのか /松島 聡 /英治出版●われわれはいかに働きどう生きるべきか ドラッカーが語りかける毎日の心得、そしてハウツー /P.F.ドラッカー(述 その他),上田 惇生 (訳) /ダイヤモンド社【ジュ...

2017年2月15日Marketo★フィードバック数:0マーケティング

優先するテクノロジーにおいて米国と米国以外のマーケターの著しい相違が判明 どの地域のマーケターも顧客との新しいタッチポイントに期待しているが 2017年に導入すべきものに関しては意見が分散

...、本日、将来のテクノロジーと、テクノロジーがマーケターに及ぼす影響に関する世界的調査の結果を発表しました。オーストラリア、フランス、ドイツ、米国、英国の回答者は、2017年にマーケターや顧客が活用するであろう主要テクノロジーとして、IoT、機械学習、プレディクティブアナリティクス、バーチャルリアリティを挙げましたが、どれを最優先すべきかについては意見が分かれました。調査からは、以下のような点が明らかになりました。米国の回答者の半数以上(57%)が、顧客...

2017年2月15日IDCフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

国内産業用ネットワーク機器市場動向に関する分析結果

...国内産業用ネットワーク機器市場動向に関する分析結果を発表 産業用IoTInternet of Things)への注目と共に、基盤である産業用ネットワーク機器に対する需要も増加 産業用ネットワーク機器は、1.5倍から2倍でビジネスが拡大している成長領域 すでに実績のあるITネットワークの技術を活用して、産業用ネットワークの高度化、効率化を進めるべき IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役:竹内...

2017年2月11日IPA★★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

情報セキュリティ10大脅威 2017

...プレス発表 「情報セキュリティ10大脅威 2017」を決定~個人と組織でIoT機器の脅威が初めてランクイン~2017年1月31日独立行政法人情報処理推進機構 IPA(独立行政法人情報処理推進機構、理事長:富田 達夫)は、情報セキュリティにおける脅威のうち、2016年に社会的影響が大きかったトピックなどを「10大脅威選考会」の投票によりトップ10を選出し、「情報セキュリティ10大脅威2017」として順位を決定し、公表しました。  「情報セキュリティ10大脅威 2017」は、2016年に...

2017年2月8日日経BPフィードバック数:0モバイル

携帯電話・スマートフォン“法人利用”実態調査 2017

...ネなどの見える化の実現/M. 知識情報の活用/N. ユニファイドコミュニケーション(様々なコミュニケーション手段(メール、通話、TV 電話、スケジューラ等)を統合したサービス)/O. IoT/M2Mデバイス等を活用したIoT/M2Mソリューション/P. ロボット/ドローンの活用/Q. 人工知能(AI)の活用/その他 携帯電話・スマートフォンの様々な機能/サービスについて●現在の業務で利用している機能/サービス・アプリ●今後業務で利用・導入したい機能/サービス・アプリ音声認識機能・アプリ/音声翻訳・通訳機能・アプリ/各種...

2017年2月8日アクセンチュア★★フィードバック数:0企業情報システム

テクノロジービジョン2017

...,400人以上の企業や組織の上級役職者およびIT担当役員を対象に調査を実施したところ、約10 分の9(86%)が「個々のテクノロジーが急速に進化する中、複数のテクノロジーが相乗効果を発揮することにより、画期的なイノベーションを生み出している」と回答しています。「テクノロジービジョン2017」では、人工知能(AI)、インターネット・オブ・シングス(IoT)、ビッグデータやアナリティクスなどの領域におけるテクノロジーの進化を踏まえ、“ひと”の欲求やニーズに応える学習能力を持つ、まる...

2017年2月6日ガートナーフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

Worldwide Semiconductor Revenue Forecast to Grow 7.2 Percent in 2017

... vendors who are pushing ASPs higher to recover margins. ASP increases for application-specific standard products (ASSP), discrete and analog chips and higher semiconductor content in key applications including the Internet of Things (IoT) were the other...

2017年2月6日Arbor Networksフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

第12版年次ワールドワイド・インフラストラクチャ・セキュリティ・レポート

...アーバーネットワークス 「第12版年次ワールドワイド・インフラストラクチャ・セキュリティ・レポート」 攻撃者のイノベーションとIoTの悪用がDDoS攻撃を後押ししていることが明らかにIoTデバイスの武器化により攻撃規模が60%拡大 攻撃規模は、2015年度の500Gbpsに対し、2016年度は800Gbpsに NETSCOUT(NASDAQ: NTCT)のセキュリティ部門であるArbor Networks Inc.(以下、アーバーネットワークス)は、本日、「第12版年次ワールドワイド・イン...

2017年2月5日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査 2016年総集編【トレンドトピック版】

...スマホの利用率が2015年に比べて約2倍に増加し、1割強に広告で拡散しやすいのは「Instagram」、アプリインストールをしやすいのは「Facebook」SNSで閲覧できる「ライブ動画」の認知率は半数以上、利用率は1割に満たずスマートフォン経由のネットショッピングは、2015年比で3倍以上にスマートフォンでのネットショッピングは、4割以上が「アプリ」メインCtoCコマースアプリの利用率が全体的に増加し、「ハンドメイド系アプリ」も1.5倍IoT家電の認知率は4~6割、利用率は1割未満「TV視聴アプリ」の利用率は1年で...

2017年2月2日NTTデータ★★フィードバック数:0マーケティング

NTT DATA Technology Foresight 2017

...った昨今話題となっている技術に加え、サイバーセキュリティ、ライフサイエンス、コンピューターインフラなど、さまざまな分野を幅広く見据えたトレンドとなっています。 人工頭脳の浸透対話型コンピューティング環境認知ロボットプレシジョンライフサイエンス超臨場チャネルの獲得IoT時代のセキュリティITインフラの多様化とサービス化コラボレーションデザイン個の影響力拡大が社会の変革を促進するオープンな連携が新たな社会のしくみを生み出す進化する価値が既成概念の転換を促すフィジカルとデジタルの融合が生活やビジネスの可能性を広げる技術トレンドでは、重要...

2017年2月2日インプレスR&D★★フィードバック数:0ライフスタイル

『インターネット白書2017』

...インターネット白書2017 IoTが生み出す新たなリアル市場編者:インターネット白書編集委員会AI、ブロックチェーン、VR、ドローン、コネクテッドカー、5G、LPWAほか、 インターネットによる真の産業変革はこれから始まる! 「The Internet for Everything」を掲げ、インターネットによる技術・ビジネス・社会の変革を伝える業界定番の年鑑。21年目を迎える2017年版は36人の専門家が寄稿。LPWAと5Gという、2つの通信のイノベーションや、AI、ブロックチェーン、VR...

2017年2月2日MM総研フィードバック数:0企業情報システム

IoT(Internet of Things)導入状況調査(2016年11月時点)

...IoT導入状況調査(2016年11月時点)ーー国内べンダー 「セキュリティ」で強み発揮 2017年01月24日■ 前回調査よりIoT導入率は1.1ポイント、導入検討率は4.6ポイントの増加■ サービス選定の重視ポイントは「総合力」■ 「信頼性・セキュリティ」で強みを発揮する国内ベンダー  MM総研(東京都港区、所長・中島 洋)は1月24日、「モノのインターネット」であるIoTInternet of Things)の導入状況調査を実施し、結果を発表した。IoTの導入状況やIoTプラ...

2017年1月30日IC Insightsフィードバック数:0ビジネス

2015-2016 Deals Dominate Semiconductor M&A Ranking

... to offset slow growth in major end-use applications (such as smartphones, personal computers, and tablets). In the last two years, acquisitions have been driven by companies aiming to expand into huge new markets, especially the Internet of Things, wearable...

2017年日本 給与調査

...のあるスキルを持っていた場合、より高まります。 求人を検索 平均給与を見る 製造業各分野における技術革新の進展に伴いエンジニア職を採用する動きは昨年に引き続き活発化することでしょう。具体的には自動車・エネルギー・化学等の業界におけるキャリア採用が根強い傾向にあります。特に、日系・外資系企業問わず、バイリンガル・エンジニアに対する引き合いが一層強まるでしょう。 あらゆる製品の電気化や自動制御化の潮流が一層強まることは明白です。つまり、センシング&コントロール技術の進展です。それらは最近話題のIOTとい...

2017年1月24日Radwareフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

サイバー攻撃における最大の懸念はデータ損失であることが、ラドウェアの調査により判明

...サイバー攻撃における最大の懸念はデータ損失であることが、ラドウェアの調査により判明ラドウェアのグローバルアプリケーション&ネットワークセキュリティレポート2016-2017年によると、サイバー攻撃の最大の動機が身代金目的であり、最も頻発している攻撃形態はマルウェアによるもの、またIoTボットネットに対する懸念も増大している2017.01.17(本リリースは、Radware Ltd. が 2017年1月10日に米国にて発表したプレスリリースの日本語訳です)2017年1月10日 ニュ...

「企業IT動向調査 2017」(IT予算の速報値)

...査でもこれらの二つの課題はトップに位置づけられており、経営における永遠の課題といえそう です。 本年度注目したいことは、これらの課題を解決する手段として、IoT やビッグデータなどの手法を 取り入れ、革新を起こそうという企業が増えているようにみえることです。図 4●IT 投資で解決したい中期的な経営課題(1 位~3 位)・1 位の降順0 10 20 30 40 50 60(%)業務プロセスの効率化(省力化、業務コスト削減) 迅速な業績把握、情報把握(リアルタイム経営) 営業力の強化 IT開発・運用のコスト削減 グローバル化への対応 ビジ...

2017年1月17日ノークリサーチフィードバック数:0企業情報システム

2017年中堅・中小企業におけるIT活用の展望その3:ハードウェア(サーバ/PC等)編

...% 14.9% 20.3% 19.8% 19.1% 12.7% 16.3% 14.9% 8.3% 11.5%ネットワーク回線サービスとのセット販売新たな業務クラウドサービスの導入オンラインストレージサービスの導入6.4%出典:2016年版スマートデバイス/PCから見たIoT活用の実態と展望レポート(ノークリサーチ)全体として見た場合、「従来型ビジネスホンからの移行」や「ネットワーク回線サービスとのセット販売」と比べて「業務システム の改善やバージョンアップ」や「今後に向けた試験的な導入」の回...

2017年1月17日KPMGフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2017年KPMGグローバル自動車業界調査

...テリー式電気自動車」(50%)である。僅差で「コネクティッドカー技術(デジタル化、モノのインターネットなど)」(49%)と「燃料電池車」(47%)が挙げられている。今後かなり長期間、内燃機関エンジンは電動式のドライブトレーンより重要であり続けると考えられている。2025年において、BMWが自動運転および電気自動車の両分野においてリーダーになるであろうと予測されている。テスラモーターズがそれを追い上げている一方で、トヨタの順位が低下した。今後5年間で世界的な市場シェアを伸ばすと考えられるのは1位がBMW(58%)、僅差...

2017年1月17日GfKフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

コネクテッドカーに関する調査

...(Internet of Thingsモノのインターネット)化が進む中、自動車をとりまく技術発展への注目度は高い。ドライバーが未来の自動車に必要と感じているIoT関連テクノロジーについて尋ねたところ、最も多く(82%)が必要と答えた機能は、事故の際に救助を要請する「緊急通報システム」であった(表1)。これに次いで「リアルタイムで最適な走行ルートを分析するカーナビ等の機能」 、「盗難車両追跡システム」があげられた。なお、世代別に見ると、「緊急通報システム」は50代以上の世代で最も必要視されていた。一方で、40...

2017年1月15日HARVEY NASHフィードバック数:0企業情報システム海外

Harvey Nash Technology Survey 2017

... and the Internet of Things and unsurprisingly these are also the key areas cited in what are the ‘hot skills to learn’.Simon Hindle, director, Harvey Nash Switzerland, commented:"Technology careers are in a state of flux. On one side technology is ‘eating itself...

2017年1月13日アイティメディアフィードバック数:0マーケティング

デジタルビジネス関連記事 FBシェアランキング2016 ベスト10

...方を持つことの重要性が強く感じられる一編となっています。“SI崩壊”の真意とは? テクノロジーの力を使って新たな価値を生み出すデジタルトランスフォーメーションが進む中、企業のビジネスニーズをITシステムに落とし込むSIerにも大きなスタイル変革が求められています。 IoT、X-Techトレンドの高まりに象徴されるように、市場ニーズの多様化、変化の速さに伴い、顧客に継続的に使ってもらえる、社内のエンドユーザーに好んで使ってもらえるITサービスを、ニーズに応じていかに速くリリース・改善できるかが、多くの企業にとって喫緊の課題となっています。もはやITは「効率...

JNSA 2016 セキュリティ十大ニュース

...2016年12月26日セキュリティ十大ニュース選考委員会委員長 大木 榮二郎 IoTのセキュリティが今年のトップである。モノのインターネットの略であるが、その本質は世界のすべてのものがインターネットにつながるところにある。このIoTがBOTと化して攻撃に利用されることの危惧等にかねてから警鐘が鳴らされてきたところだ。さらに、ランサムウェアや標的型攻撃メールに代表されるサイバー攻撃は今や茶飯事となり、情報流出等の被害はとどまるところを知らない。サイ...

2017年1月11日Parks Associatesフィードバック数:0デジタル家電海外

Top 10 Consumer IoT Trends in 2017

... with other IoT applications. Consumerization of healthcare services and devices drives integration with smart home ecosystems and new business models. “The Internet of Things is driving the reinvention of consumer technology and entertainment markets,” said...

2017年1月11日アイティメディアフィードバック数:0マーケティング

2016年、開発者、プログラマー向け@IT記事、Facebookシェア数トップ20とは?

...り巻く環境がどのように変化していくのか、2017年以降も注目していきたいと思います。それでは、良いお年を。関連記事2016年、Windows関連の話題を振り返る 2016年も残りあとわずか。2016年1月から12月まで、特に筆者の印象に残っているWindows関連の話題を、その後日談を交えながら振り返ります。2016年をひと言でまとめるなら、Windows 10とWindows Server 2016に振り回された1年でした。ロボット、人工知能、Deep Learning、IoT、ドローン、ゲーム開発、Windows 10――2015年注...

2017年1月10日JEITAフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

電子情報産業の世界生産見通し2016

...電子情報産業の世界生産見通し2016の発表について本日、当協会では、東原敏昭会長会見により、電子情報産業の世界生産見通し2016を発表いたしました。その概要を無償公開いたしますので、広くご活用いただければ幸いです。電子情報産業の世界生産見通し【ドルベース】電子情報産業における世界生産額(ドルベース)は、経済減速やスマートフォン成長鈍化の影響を受けつつも、IoTによる世界的な産業構造変革の波から、イノベーション創出に向けたIT投資の増加を背景に拡大したITソリューション・サービス、スマ...

2017年1月8日アイティメディアフィードバック数:0企業情報システム

ITmedia エンタープライズ 年間アクセスランキング 2016年版

...て最新セキュリティツールの情報を見やすくまとめています。ぜひご覧ください。ITmedia エンタープライズ セキュリティページ Windows 10騒動、IoT・人工知能ブーム、そして数々のセキュリティインシデントなど、2016年もエンタープライズIT業界はさまざまな話題がありました。2017年はどのような年になるのでしょうか。来年も、ITmedia エンタープライズをよろしくお願いいたします。関連記事AI、IoT、Chatbot――2016年に読まれた「事例記事」を振り返る 2016年に注目が集まった事例記事は何でしょう? 1年間...

2017年1月8日アイティメディアフィードバック数:0企業情報システム

会員が注目した2016年記事ランキング(データ分析編)

...関連キーワードExcel | BI(ビジネスインテリジェンス) | ビッグデータ | データ分析 | Hadoop | IoTInternet of Things) | 機械学習...

2017年の日本のサイバーセキュリティ予測

...安全保障に関わる秘密や企業秘密の窃取も懸念されています。この種の攻撃は日本企業の競争力や信用を損なうものです。並行して、IoT (モノのインターネット) の急速な拡大による新たな攻撃経路も生まれてきています。こうした状況に基づき、2017年に短期的に起こりうる予測と長期予測を以下に挙げます。短期的展望● サイバー保険がより一般的に日本におけるサイバー保険サービスは少なくとも2012年から登場していましたが(参考記事:ZDNet Japan)、国内における市場の成長は米国よりも緩やかでした。サイ...

2016年12月29日Webrootフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

ウェブルート四半期脅威情報アップデート

...ブルート(R)脅威インテリジェンス プラットフォームやBrightCloud(R)リアルタイムアンチフィッシングサービスを始めとするウェブルートの機能を通じて収集、追跡、分析された最新データに基づいています。 ウェブルートについて ウェブルートは Smarter Cybersecurityのソリューションプロバイダです。インテリジェントなエンドポイント保護および脅威インテリジェンス・サービスによって「モノのインターネット」(IoT=Internet of Things)のセキュリティを実現。クラ...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ