調査のチカラ TOP > 特集一覧 > データがいっぱい:IoT(モノのインターネット)

データがいっぱい:IoT(モノのインターネット)

世間の注目が集まる分野には調査データが増加します。IoT(モノのインターネット)については、関連調査データもぐっと増えています。

2019年5月16日Splunk★フィードバック数:0企業情報システム

ダークデータに関する調査 - 多くの企業が業績向上やキャリアアップに対する安定志向が強いことが明らかに

...の能力を高めるのはデータであり(86%が同意)、AIの核心部分は常に人であり続けるだろうと考えている(83%が同意)。 Splunk Inc. についてSplunk Inc. (NASDAQ:SPLK) は、お客様の手元にあるマシンデータをもとに質問と回答を導き出し、実行に移して事業成果を達成する支援をします。お客様は、市場をリードする Splunk の機械学習ソリューションを利用して、ビジネス、IT、セキュリティ、IoT (モノのインターネット) のあ...

2019年4月24日NTTレゾナントフィードバック数:0社会/政治

小学生の子どもを持つ保護者1200人に聞いた「子どもの登下校」に関する調査 登下校について防犯上不安に感じる保護者は55.5%

...生の子どもを持つ保護者のうち過半数以上が防犯上の不安を感じているが、子どもの帰宅するタイミングを把握できている人は3割を下回る結果となっています。ICタグやキッズケータイなど、防犯目的で子どもに持ち歩かせるツールはあるものの、防犯上の不安は未だ解消されていないことがわかりました。 NTTレゾナントが運営するIoTサービス「goo of things」では、株式会社ミツウロコヴェッセルが提供する安心見守りサービス「ミツ・メル」と連携したアプリ、ホームハブ、タグを提供しています。これにより「goo of things」のアプリで、子どもの登下校や帰宅、外出...

TMT Predictions 2019 日本版

...のメディア業界に変化を与えうる要素として、スポーツベッティングとeスポーツ、ラジオを取り上げ、市場展開や取り組みの可能性について述べています。さらに、テクノロジー発展の恩恵を享受して拡大している中国のインパクトにも注目し、特に通信環境と半導体市場について現状を紹介するとともに、日本企業にとってどのような打ち手があるかを検討しています。このほか日本オリジナルのコンテンツとして、APIエコノミー、IoTの活用/セキュリティリスク、ロボティクスについて、独自の視点で取りまとめました。本レ...

2019年4月23日ノーリツフィードバック数:0ライフスタイル

共働き世帯のおふろ掃除・調理などの「家事シェア」実態と意識調査

...共働き世帯のおふろ掃除・調理などの「家事シェア」実態と意識調査◎女性が誰かに任せたいトップ3は「おふろ掃除」「食後の洗いもの」「調理」 ◎25~34歳ミレニアル世代男性のおふろ掃除率は45~49歳より24.6ポイント高い ◎IoT家電を使いこなしてやりたいことは、男女ともに「自分の趣味」「子どもと遊ぶ」「睡眠を十分にとる」湯まわり設備メーカーの㈱ノーリツ(本社:神戸市、代表取締役社長:國井総一郎、資本金億円、東証一部上場)は、万世帯となった共働き世帯(年度)の、おふ...

2019年4月19日IDC★フィードバック数:0デジタル家電

スマートホームデバイス市場は2桁成長と予測

...ートアシスタントが家庭の全域に、どのように組み込まれるかということです」と、米国IDC Consumer IoT Program リサーチディレクターのレイモン・リャマスは述べています。「スマートアシスタントは、複数のスマートホームデバイスとの接点として連携/機能し、スマートホームエクスペリエンスの中心的役割を担います。そのことはすでに、スマートスピーカーで確認済みですが、これはやがて、アプライアンス、サーモスタット、およびあらゆる種類のビデオエンターテイメントなどへと向かいます」と述べています。また、国内においては、2019年...

2019年4月12日Zuora Japan★★フィードバック数:0ビジネス

サブスクリプション・エコノミー この7年で300%以上成長

...サブスクリプション・エコノミー この7年で300%以上成長 Zuora、サブスクリプション・エコノミー・インデックス最新版を発表 IoT分野でも高い成長を記録 サブスクリプション・ビジネスにおける収益化のためのプラットフォームを提供するZuora(本社:米国カリフォルニア州サンフランシスコ、日本法人 Zuora Japan株式会社:東京都千代田区、代表取締役社長 桑野 順一郎、以下Zuora)は、隔年で調査をしているサブスクリプション・エコノミー・インデックス(以下SEI)の最...

住まい方の意識トレンド調査

...の住まいは「都市部」が59.0%、「地方」が41.0%。都市部が地方を上回る二地域居住については23.9%が「是非やりたい」 「可能ならやりたい」と回答「田園回帰」は「仕事や収入などの課題解決の施策が必要」と考える人が多数半数以上がリノベーション物件に前向き空き家問題に対して「賃貸や売却物件として活用してほしい」が52.9%で最多今後インスペクションを利用する可能性は「是非したい」10.3%にとどまったIoT住宅の本格普及の予想は「10年後」が34.3%で最多IoT住宅の「防犯...

2019年4月9日矢野経済研究所フィードバック数:0企業情報システム

2018年のクラウド基盤サービス市場は、前年比133.3%の3,200億円

...ビス市場(事業者売上高ベース)は、2017年同様に既存システムのクラウドへの移行が市場を牽引する形で堅調に推移し、前年比133.3%の3,200億円と推計する。クラウド基盤サービスの利用は、年商数百億円以下の中堅・中小企業においてももはや一般的となり、ユーザー企業がパブリッククラウドやプライベートクラウド、オンプレミスなどのシステム環境を組み合わせて使い分けるハイブリッドクラウドの利用も増加基調にある。2.注目トピックDXの基盤としての活用は、2018年はPoCが中心IoTやAIなど...

2019年4月4日オウケイウェイヴフィードバック数:0ビジネス

ビジネスマンが「調べもの」に費やす時間は毎日1.6時間

...:あなたが、仕事中に調べものをする上で職場に望むこととして、 あてはまるものを以下の中よりすべてお答えください3.慶應義塾大学大学院経営管理研究科 特任教授 岩本 隆氏のコメント現在、世界中で第四次産業革命が進行しており、IoTInternet of Things)、ビッグデータ、AI(Artificial Intelligence:人工知能)、ロボットなどの新たなテクノロジーを活用した新たな産業・事業が多く生まれています。それにより、ヒトの働き方も大きく変化しています。「リア...

2019年4月1日矢野経済研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

UPS市場に関する調査を実施(2019年)

...市場規模は2021年度にはメーカー出荷金額ベースで、776億円と縮小傾向を予測する。100kVA以上帯の大容量機では、容量ベースで横ばいとなることから、金額ベースでの縮小は避けられるが、他の容量帯の縮小を補うほどの効果はなく、全体では縮小するものとみる。UPS国内市場は既存需要は更新需要も含めて安定しているが、長期的にみると、成長につながる新規用途が見通せないことが課題である。キャッシュレス化の推進やIoT普及の進むなか、今後の新規需要が期待される。 こちらのプレスリリースは1,000円で...

2019年3月28日VSNフィードバック数:0企業情報システム

IT技術動向に関する調査

...) 今後、現場におけるニーズが高まると思うIT技術は?【開発ツール・方式・言語】昨年と変わらず「Python」「Ansible」は引き続き、高い需要があることが分かります。また、「継続的インテグレーション」は順位を上げ、「IoT」については昨年を大きく下回る結果になるなど、【開発ツール・方式・言語】のニーズも1年で変化が見られる結果になりました。(図3) 調査概要調査方法インターネット調査 他 調査地域全国 調査対象当社クライアント 有効回答数合計276サンプル 調査結果の引用・転載、取材...

2019年3月14日Tealium Japan★フィードバック数:0企業情報システム

Tealiumの調査結果、顧客データ成熟度とビジネス成功に強い相関関係が見られるも、準備が整っている企業はわずか

...調査は2018年7月から2019年1月にかけて、北米、ヨーロッパ、日本各国の企業における330名のカスタマーインテリジェンス担当責任者を対象にオンラインにて実施されました。全ての調査結果内容はこちらからダウンロードできます。(備考)調査結果に関して、日本企業のデータをリクエストすることができます。詳細はお問い合わせ下さい。Tealiumについてウェブ、モバイル、オフライン、IoTで増え続ける顧客データフローを管理するためのユニバーサルなアプローチを提供することで、今日...

2019年3月8日ガートナー★フィードバック数:0企業情報システム

ガートナー、デジタル・ツインの採用が主流になりつつあるとの調査結果を発表

...年2月20日 - ガートナーは、モノのインターネット (IoT) の実装に関する最新の調査結果(*) を発表しました。それにより、IoTを実装している組織の13%が既にデジタル・ツインを使用しており、さらに62%がデジタル・ツインの使用を確立している最中か、予定していることが明らかになりました。ガートナーは、デジタル・ツインの定義を、「資産の状態に対する理解、変化への対応、ビジネス・オペレーションの改善、付加価値の提供を目的として、物理的な実体を表現するソフトウェア設計パターン」とし...

2019年3月5日矢野経済研究所フィードバック数:0企業情報システム

国内工場・製造分野での次世代モニタリングシステム普及率を予測(2018年)

...概況次世代モニタリングシステムとは、IoT関連テクノロジーを活用した遠隔監視システムで、センサーネットワークやM2Mなどで収集した膨大なデータを、クラウドやビッグデータなどの技術で集積し、解析・アナリティクス・AIテクノロジーなどを用いて分析・判断・評価を行う仕組みである。2000年代以降徐々に遠隔監視システムは、データセンターやクラウドの普及、ネットワーク環境の深化を背景として、データ収集(見える化)からデータ活用へとステージが変化してきている。国内工場・製造分野における次世代モニタリングシステムの2017年度末時点の普及率を21...

2019年2月22日NTTデータフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

サイバーセキュリティに関するグローバル動向四半期レポート(2018年10月~12月)

...月のレポートを公開する予定です。 株式会社NTTデータセキュリティ技術部情報セキュリティ推進室NTTDATA-CERT担当大谷、小林、橋本、山下E-mail:nttdata-cert@kits.nttdata.co.jp 2018年12月12日 「サーキュラーエコノミー推進機構」に参画 ~AI/アナリティクス人財育成を支援~2019年2月13日 サイバーセキュリティに関するグローバル動向四半期レポート(2018年10月~12月)を公開2019年2月22日 Everest Groupの「IoT...

2019年2月8日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

10代が動画を視聴するプラットフォームとして、「Instagram」が約6割

...動画を視聴するプラットフォームとして、「Instagram」は昨年1年間で利用率を2倍以上伸ばし(2018年1月度:26.8%、2018年12月度:59.4%)、「Twitter」の利用率に迫る勢いでした(2018年1月度:52.4%、2018年12月度:66.7%)。一方、2018年は動画プラットフォームである「TikTok」は、10代における利用率が27.5%になるなど若年層からの支持を集め、利用率の拡大に期待が持てる結果となりました。 調査結果サマリー 4人に1人が、「IoT家電は、個人情報の提供が必要なら、使わない」 ... 調査...

2019年2月5日Mobilus Corporationフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

お客さま窓口の利用実態調査

...-6417-9523事 業 : 人工知能とモバイル技術を活用した、コミュニケーションとIoTソリューションの開発ウェブ : https://mobilus.co.jp/「mobiAgent」についてモビルスが提供している「mobiAgent」は、コンタクトセンター向けチャットソリューションです。ウェブサイト上のチャット小窓や、LINE・Facebook Messenger などのメッセージングアプリなど多様なインターフェースと連携できます。「mobiAgent」によって顧客は、使い...

2019年2月1日ジャストシステム★フィードバック数:0デジタル家電

10人に1人が「AIスピーカー」を所有

...性を中心に、ファッションアイテムの情報収集は「スマホ」にシフト 1年前と... 調査結果サマリー 4人に1人が、「IoT家電は、個人情報の提供が必要なら、使わない」 ... 調査結果サマリー 2015年、企業のエイプリルフールコンテンツNo.1は、「Googleマップ」 企業が... 調査結果サマリー 首都圏のタクシー利用者のうち、約2割が「スマホアプリ」から配車依頼の経験あり 首都圏在... 調査結果サマリー 半数以上の人はシャンプーを先に使い切り、リンスが余ってしまう セルフ型ネットリサーチ「... 調査...

第二回 民泊運営に関する意識調査

...査結果をもとに、今後も楽天グループの最先端技術を活用した「あんしんステイIoT」をはじめとする各種サービスを通じ、より安心、安全な民泊運営を支援してまいります。【調査概要】・実施時期:2018年12月下旬・調査方法:インターネット調査・調査対象:民泊オーナー325名「民泊運営の効率化をIoTで実現する」楽天コミュニケーションズの「あんしんステイIoT」のサービスイメージ【楽天コミュニケーションズ株式会社について】新ビジョン『The New Value Enabler towards our Digital...

2019年1月31日ドリームエリアフィードバック数:0社会/政治

「ITを利用した子どもの見守り」に関するアンケート調査

...けの見守りに限界を感じている方がいらっしゃることが見て取れます。2019年1月23日(水)開始の「第3回 Japan IT Wetek 関西」に、ドリームエリアが展開する児童見守りサービス「みもり」を協業出展2019年1月23日(水)からインテックス大阪で開催される「第3回 Japan IT Week 関西」のNTTコミュニケーションズ(株)出展ブースにて、NTTコムのIoTネットワークサービスを利用した事例のひとつとして、ドリームエリア運営の児童見守りサービス「みもり」を協業出展します。詳細は下記よりご覧くださいませ。 <開催概要> 総称: Japan...

2019年1月30日ニューロスペースフィードバック数:0ライフスタイル

2018年度「企業の睡眠負債」実態調査

...用した睡眠改善プログラムを通じて企業の働き方改革を支援して参ります。【SleepTechを活用した「働き方改革・健康経営推進」企業向け睡眠改善プログラムについて】本プログラムは、ニューロスペースがこれまで60社、のべ1万人以上の多様な産業現場での睡眠改善を通じて蓄積した睡眠課題ビッグデータ・改善ノウハウや、IoT型睡眠計測デバイスで計測した個人の睡眠データを元に、従業員の日中の眠気発生時間帯やその程度を予測し、一人ひとりに睡眠改善アドバイスを行う助言アプリを提供します。こちらにより、ニューロスペースは従業員の睡眠課題を起因としたパフォーマンス低下を解消し、企業の働き方改革・健康...

2019年1月28日IDCフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

国内LPWAサプライヤー動向調査

...15 Jan 2019国内LPWAサプライヤー動向調査結果を発表 Japan, 2019年1月15日 - IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、LPWA(Low Power Wide Area)市場におけるLPWAサプライヤーの取り組みに関する調査結果を発表しました。LPWAは低速、省電力、広域カバレッジという特徴から、IoTInternet of Things...

2019年1月28日矢野経済研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

パワー半導体の世界市場に関する調査を実施(2018年)

...年にかけては需給が逼迫する市場環境が続くために、前年比7-9%台の増加で伸長し、2020年のパワー半導体世界市場規模は225億3,000万ドルに達すると予測する。2021年以降については、2019年から2020年において各社が計画している設備投資の効果が順次出始め、供給数量も安定していくために、前年比5-6%台で推移する見通しである。この背景にはIoTの世界的な広がりによる大規模データセンターの増加、白物家電や産業機器、新エネルギー分野(主に太陽光発電・風力発電)向けの安定した成長、HVやEV...

2019年1月28日インテリジェンスフィードバック数:0キャリアとスキル

転職求人倍率レポート(2018年12月)

...で前月から上昇しました。前年同月比では「金融」で上昇しました。求人数は、8業種のうち前月比では「IT・通信」で、前年同月比では増加率の高い順に「金融」「メーカー」「IT・通信」「サービス」「商社・流通」の5業種で増加しました。前月比で求人数が増加した「IT・通信」(前月比106.2%)では、システムインテグレータやWebサービス・Webメディアでの採用が活発です。システムインテグレータでは、AIやIoT、RPA(Robotic Process Automation)といった技術を活用する企業が増えているため、それ...

2019年1月25日矢野経済研究所★★フィードバック数:0ビジネス

クレジットカード市場に関する調査を実施(2018年)

...主導によるキャッシュレス化の推進により、クレジットカード決済環境の整備が進むこと、納税や教育費などの生活関連分野におけるクレジットカード決済領域が拡大すること、Apple PayやQRコード決済をはじめとしたスマートフォン決済(モバイルコンタクトレス決済)の拡大により、ユーザーの利便性や利得性が向上することなどが挙げられる。また今後はAPI(Application Programming Interface)の公開により、新たな決済事業者の参入を促し、ユーザー向けに高付加価値決済サービスが創出される可能性のあることや、IoTの進...

AI搭載の自動運転車とIoT活用商品に関する国際調査

...ネットリサーチは、NTTグループの信頼と実績 NTTコム リサーチ 先端技術に対する期待も、その安全性に対する懸念も強い日本の消費者 プレス・リリース 2019年1月10日東京理科大学 松本朋子研究室東京大学 太田勝造研究室、岡田謙介研究室、加藤淳子研究室NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社サーベイ・サンプリング・インターナショナル(SSI)社AI搭載の自動運転車とIoT活用商品に関する国際調査先端技術に対する期待も、その安全性に対する懸念も強い日本の消費者 東京...

NTTコム オンライン、「AI搭載の自動運転車とIoT活用商品に関する国際調査」結果を発表

...ネットリサーチは、NTTグループの信頼と実績 NTTコム リサーチ 先端技術に対する期待も、その安全性に対する懸念も強い日本の消費者 プレス・リリース 2019年1月10日東京理科大学 松本朋子研究室東京大学 太田勝造研究室、岡田謙介研究室、加藤淳子研究室NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社サーベイ・サンプリング・インターナショナル(SSI)社AI搭載の自動運転車とIoT活用商品に関する国際調査先端技術に対する期待も、その安全性に対する懸念も強い日本の消費者 東京...

2019年1月11日キャリコネフィードバック数:0キャリアとスキル

技術職の年収が高い企業ランキング

...、入社すぐにもかかわらず、賞与のタイミングで、寸志ではあったが支給してもらえたのは良かった」(プロジェクトマネージャー/30代後半男性/年収750万円/2013年度)3位:パナソニック(平均年収684万円)――1918年に松下幸之助が創業した老舗電機メーカー。近年はAIなどのIoT/ロボティクス分野と、蓄電・水素などのエネルギー分野の研究開発に注力「同年代よりは貰えていた印象がある。年齢を積むと、ある程度までは年収はあがり、世の中の平均値よりは高くもらえる」(ソフトウェア関連職/30代前半男性/年収...

2019年1月10日MMDLaboフィードバック数:0マーケティング

「モノ・コト」インターネットがもたらすライフスタイルの変化日本におけるIoT意識調査

...コンのon/offや消し忘れの通知」、「鍵関連」。「エアコンのon/offや消し忘れの通知」、「鍵関連」は外出先で行いたい MMD研究所は、マカフィー株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:山野 修)と共同で、2018年10月3日~10月5日の期間でスマートフォンを利用する20歳~69歳の男女1,000人を対象に調査を実施いたしました。現在、IoTInternet of Things)は「モノのインターネット」、つまり、物とインターネットを繋げるという意味合いで訳されています。その...

「頻尿、尿もれの悩みや解決方法について」調査

...=8Android版(android 4.4以上対応):https://play.google.com/store/apps/details?id=biz.dfree.personal■「DFree」について当社では、創業以来テクノロジーの力で「世界を一歩進める」ことを掲げ事業を推進し、世界初の排泄予測デバイス「DFree」を開発いたしました。「DFree」は超音波センサーを用いて膀胱の変化を捉えることで排泄のタイミングを予測するIoTウェアラブルデバイスです。従来の排泄ケアでは困難であった、被介...

2018年11月観測レポート

...トロール コンポーネントの脆弱性を狙った攻撃や、リンクファイルから悪性のスクリプトをダウンロードし実行するマルウェアなどを検出しています。脆弱性の分野ではソフトウェアの脆弱性が問題となることが多い中、最近ではハードウェア関連の脆弱性も多く話題となっており、当月においてはSSDの自己暗号化機能に関する脆弱性が発表されています。そして、当月より情報通信研究機構(NICT)によるIoT機器などを対象とした調査の事前調査が開始されており、SOCでも当月中の7日間にて、この通信を観測しています。DDoS攻撃...

2019年1月8日IDCフィードバック数:0ビジネス

国内IoT市場 企業ユーザー動向調査結果

...05 Dec 2018国内IoT市場 企業ユーザー動向調査結果を発表 Japan, 2018年12月5日 - IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内IoTInternet of Things)市場の企業ユーザー動向調査結果を発表しました。IDCでは2018年8月~9月、全国の従業員規模100名以上の企業を対象に、「IoT利用企業動向調査」と「IoT担当...

2018年12月27日IDCフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

国内データセンター内のAIシステム数予測

...の空調設備では能力が不足し、冷却に必要な電力コストも過大になる可能性があるためです。「冷却水や冷却液を使った排熱など、冷却方式のイノベーションに備えて様々な実証実験を急ぐべきである」と、IDC Japan ITサービス リサーチマネージャーの伊藤 未明は述べています。今回の発表はIDCが発行したレポート「2018年 国内DX指向型データセンターファシリティ動向:エッジコンピューティングおよびコグニティブ/AIシステム」(JPJ43368618)にその詳細が報告されています。本レポートでは、AIシステム数の予測の他に、IoT...

2018年12月27日IDCフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

国内ITインフラストラクチャサービス市場予測

...替えをきっかけとしたクラウドマイグレーションに伴うITインフラ再構築の需要などにより、2017年の前年比成長率は1.3%となりました。2018年以降、成長率は低下し、2021年にはマイナス成長になるとみられますが、2022年にはIoTなどのデジタルトランスフォーメーション(DX)領域でITインフラ整備の需要が期待できることなどから、再びプラス成長を示すとIDCではみています。2017年~2022年のCAGRは0.2%になるとIDCでは予測しています。ITインフラストラクチャアウトソーシング市場は、クラウドやデータセンターサービスの利用拡大や、複雑...

2018年のサイバー脅威の振り返りと2019年の予測

...所は常に多額の仮想通貨を取り扱うため攻撃者のターゲットとなります。【対応策】取引所は常に多額の仮想通貨を取り扱うため攻撃者のターゲットとなります。仮想通貨取引に必要なIDやパスワードといった認証情報の価値は持っている資産と同じかそれ以上に高額です。推測されたり奪われたりすることで持っているもの以上を失ってしまう可能性があります。十分な強度のパスワードと多要素認証の導入で悪用されるリスクを低減させましょう。仮想通貨を要求するランサムウェアや、感染端末のリソースを使い仮想通貨を採掘するマイニングマルウェアはPC、モバイルデバイス、IoTをターゲットにしており、また...

2018年12月27日ウェブルートフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

最も危険なマルウェア2018

...ーを利用した仮想通貨の盗難するなど、サイバー犯罪者たちは悪質な方法でシステムの脆弱性を利用しています。企業も個人も常に最新情報を入手し、サイバー衛生の改善・向上に注力し、これらの攻撃を防がなければなりません。ウェブルートについてウェブルートは Smarter Cybersecurity®のソリューションプロバイダです。インテリジェントなエンドポイント保護および脅威インテリジェンス・サービスによって「モノのインターネット」(IoT=Internet of Thingsモノのインターネット)のセキュリティを実現。クラ...

2018年12月25日フォーティネットフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

ホリデーシーズンが近づくにつれてモバイルマルウェア攻撃が増加

...ビスとしての(as-a-service)」プラットフォームも含まれています。IoTボットネットも、その攻撃戦略の中でクリプトジャッキングエクスプロイトを利用することが増えています。クリプトジャッキングは、使用されていないCPUサイクルをハイジャックするだけの迷惑な脅威にすぎないと思われがちですが、セキュリティの専門家は、クリプトジャッキングが他の攻撃の入り口になり得ることを認識しつつあります。クリプトジャッキングによる影響を過小評価すると、組織がさらされるリスクが高まります。週末...

2018年12月20日ビズリーチフィードバック数:0キャリアとスキル

求人検索エンジン『スタンバイ』 急増求人ワード2018

...タル化コンサルティング」「ITコンサルタント」「IoT推進」「AI導入」「サイバーセキュリティコンサルタント」などが多く見られます。■建設業界、物流業界が人手不足「誘導」(パート・アルバイト5位)からは交通誘導員、「施工」(正社員14位)からは施工関連の求人が多いことがわかり、建設業界の人手不足が、「検品」(パート・アルバイト7位)、「梱包」(パート・アルバイト12位)、「ドライバー」(パート・アルバイト18位)という単語からは物流業界の人手不足がうかがえます。■正社員、パート・アル...

2018年12月20日MAMORIOフィードバック数:0社会/政治

2018年版”落とし物”に関する実態調査

.../)」、紛失防止IoTデバイス「MAMORIO」調査対象項目 :落とし物登録個数調査結果指数について:(1)月別落とし物指数:昨シーズン(2017年3月~2018年2月)の月別落とし物登録数をもとに作成顕著に多い12月、1月以外の月の平均落とし物登録数を基準(1.0)とし、各月の落とし物登録数を指数で表示(2)年別カテゴリ別落とし物ランキング各年の登録カテゴリ別落とし物登録数をもとに作成(3)曜日別落とし物指数曜日別の落とし物登録数をもとに作成土曜日以外の平均落とし物登録数を基準(1.0)とし、曜日...

2018年12月20日ベビーカレンダーフィードバック数:0デジタル家電

実際に購入し家事・子育てが楽になったとママが感じる家電に関するランキング調査

...もが生まれたことをきっかけに家電にお金をかけるようになった方は多いようです。人気のスマート家電もママからの支持率はイマイチ? 「スマート家電やIoT家電などの最新家電に興味はありますか?」と質問したところ、過半数近い46.2%の方が興味があると回答しました。一方で、自宅でスマート家電やIoT家電を使用していると回答した方は1.4%にとどまり、近年、スマートフォンから操作ができる手軽さから人気を集めているスマート家電も、ママからの支持率は低いことが伺えます。実際に使用している家電としては「スマートスピーカー」や「スマートロック」などが挙げられ、最新のAIやス...

2018年12月18日矢野経済研究所★★フィードバック数:0企業情報システム

国内企業のIT投資に関する調査を実施(2018年)

...背景にはデジタルを活用して企業やビジネスに新しい価値をもたらせるデジタルトランスフォーメーション(DX)への取組みが進み始めていることがあると考える。DX推進の鍵となるAIやIoTについては、今のところPoC(概念実証)の繰り返しで、一定のIT投資こそ認められるもののビジネス変革には至っていない状況が散見される。もっとも、本調査において実施したアンケート調査結果によると2018年度以降、DXに対し計画的なIT投資を行うとの回答が増加傾向にあり、これらへの投資が前進する兆しが見受けられる。それ以外では、例えばサービス業において、東京オリンピック・パラリンピックに対応するためのITシス...

2018年12月17日インテリジェンスフィードバック数:0キャリアとスキル

転職求人倍率レポート(2018年10月)

...で前月から上昇しました。前年同月比では「金融」で上昇しました。求人数は、8業種のうち前月比では「IT・通信」で、前年同月比では増加率の高い順に「金融」「メーカー」「IT・通信」「サービス」「商社・流通」の5業種で増加しました。前月比で求人数が増加した「IT・通信」(前月比106.2%)では、システムインテグレータやWebサービス・Webメディアでの採用が活発です。システムインテグレータでは、AIやIoT、RPA(Robotic Process Automation)といった技術を活用する企業が増えているため、それ...

2018年12月14日ヘイズ・ジャパンフィードバック数:0ビジネス

人材不足を示す「人材ミスマッチ」、日本は世界33カ国中最悪

...には深刻な人材不足により見直しが進められたサービス産業や福祉業界の賃金引上げペースが専門性の高い業界より早かった為と見られる。日本人は世界一「スキル不足」調査の結果、日本では、企業が求めているスキルと、実際に求職者が持っているスキルが大きくかい離している事が改めて浮き彫りになりました。これは、急速な技術の進化に、日本の人材が持つスキルが追い付いていない為で、深刻なスキル不足の背景には、日本の高等教育や、終身雇用制度における評価制度など、根深い問題があります。最も人材不足が深刻なIT業界や自動車では、AI技術者やデータサイエンティスト、IoT技術者などは需要が高い一方で、企業...

2018年12月13日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内ネットワーク機器市場 企業ユーザー動向調査

... コミュニケーションズ グループマネージャーの草野 賢一は述べています。今回の発表はIDCが発行した「2018年 国内ネットワーク機器市場 企業ユーザー調査」(JPJ43352318)にその詳細が報告されています。本レポートでは、無線LANの利用動向やクラウド管理型ソリューションの受容性、企業ネットワークの変化とレガシーマイグレーションに加えて、産業用ネットワークやIoTInternet of Things)ネットワークの利用動向についても分析しています。また、「IDC Survey...

2018年12月13日IDCフィードバック数:0企業情報システム

2019年国内IT市場の主要10項目を発表

...(Artificial Intelligence:人工知能)、IoTInternet of Things)といったイノベーションアクセラレーターに対する支出を拡大させています。しかしDXの実現に至る道は平たんではなく、進化する技術への対応、デマンドサイド/サプライサイド双方における人材不足の解消、DXに欠かせない社内外データの有効な活用に向けた道筋、DXにふさわしいITインフラの構築など、さまざまな課題が存在しています。こういった課題を克服し、DXを実現に導くためには、デマンドサイド(企業)/サプライサイド(ベン...

2018年ビルのエネルギー効率に関する調査結果

...は極めて高いと答えた日本の組織の割合は56%で、今後10年以内にオフグリッドで操業できる施設を1件以上持つ可能性が非常に高い、または極めて高いと答えた日本の組織の割合は45%で20ヵ国中15位に留まりました。調査では、これらのエネルギー効率化を実現する技術として、IoT(90%)、データ分析/機械学習(90%)、サイバーセキュリティ(88%)の活用が調査国において高い注目を集めていることがわかりましたが、これらのエネルギー効率化投資を阻む最大要因には「プロジェクトを評価、実施するための技術的な専門知識の不足」が挙...

2018年12月10日ウェブルートフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

ウェブルート脅威レポート中間アップデート

...」(IoT=Internet of Thingsモノのインターネット)のセキュリティを実現。クラウドベースで予測型の総合脅威インテリジェンス・プラットフォームを活用することによって、コンピュータ、タブレット、スマートフォン、そしてあらゆるデバイスをマルウェアや他のサイバー攻撃から保護しています。高い評価を受けているSecureAnywhere®インテリジェント・エンドポイント保護とBrightCloud®脅威インテリジェンス・サービスは、世界中で数千万台以上のエンドユーザ、企業、エン...

2018年12月6日野村総合研究所★★フィードバック数:0マーケティング

野村総合研究所、2024年度までのICT・メディア市場の規模とトレンドを展望

...するICTを活用しつつ、どのように生産性向上と働き方改革を推進して、豊かな社会を維持していくかが大きな課題となっています。いかなる企業においても、2020年頃に実用化が見込まれる5G(第5世代移動通信システム)、急速に進化するAI(人工知能)、IoTモノのインターネット)、ロボットなどのデジタル技術を活用して、持続的に成長可能なビジネスモデルを再構築できるかどうかが問われています。環境変化が激しい世の中だからこそ、自社が真に創出すべき社会価値を見極め、自社...

2018年12月5日建設転職ナビフィードバック数:0キャリアとスキル

建設業界人材動向レポート(平成30年10月)

...方改革ソリューションセミナー」を西新宿で開催いたします。 2018.6.18CPDS認定セミナー開催レポート6/15(金)に開催した「建設技術者のための、IoT・生産性向上ソリューション講習会」のレポートを公開しました。 2018.6.15CPDS認定セミナー開催のお知らせ(6/15)6/15(金)に「建設技術者のためのIoT・生産性向上ソリューション講習会」を西新宿で開催いたします。 ヒューマンタッチ総研は、建設業界の人材動向を中心に市場動向、未来予測などの調査・分析を行い、独自調査レポートや定期的な マン...

2018年12月3日ドリームエリアフィードバック数:0社会/政治

子どもの「ICT教育」に関するアンケート調査

...もに何を学ばせればいいのかわからないと思っている保護者の方もいらっしゃることが想像されます。ドリームエリアは引き続き、子どもに関わるニュース発信及び、安心安全な社会を実現するサービス開発を進めてまいります。2018年10月24日(水)開催開始の「IoT/M2M展【秋】」に、ドリームエリアが展開する児童見守りサービス「みもり」を協業出展2018年10月24日(水)から幕張メッセで開催される「IoT/M2M展【秋】」のNTTコミュニケーションズ(株)出展ブースにて、NTTコムのIoTネットワークサービスを利用した事例のひとつとして、ドリームエリア運営の児童見守りサービス「みもり」を協...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

新着データ

新着データINDEXへ

お知らせ