調査のチカラ TOP > 特集一覧 > データがいっぱい:IoT(モノのインターネット)

データがいっぱい:IoT(モノのインターネット)

世間の注目が集まる分野には調査データが増加します。IoT(モノのインターネット)については、関連調査データもぐっと増えています。

2017年12月12日IDCフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

国内企業のデジタルマニュファクチャリングへの取り組み状況

...機器やハイテク関連を始めとする組立製造業におけるデジタル化の取り組みが、プロセス製造業よりも進んでいる傾向が見られました。多くの国内製造業では、工場のライン制御のシステムが、本社などの基幹系システムとは異なる成り立ちを持っており、別々の最適化を行ってきました。今回の調査で、IoT技術などの活用による生産ラインや製品の品質チェックのモニタリング(可視化)を行う「レベル2」の手前に回答結果が偏ったことは、工場がインターネットや企業ネットワークから分断されていることも影響しているとIDCではみています。海外で活発化する~本社と工場、あるいは取引先、さら...

2017年12月12日IDCフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

国内SMB IT市場におけるユーザー企業のベンダー選択に関する調査

...シャル技術)、およびイノベーションアクセラレーター(IoT、コグニティブ/AIシステムなど)関連のソリューションの展開が本格化しており、地場の販売代理店/SIerにおいても取り扱いの動きが始まっています。ただし、大都市圏以外の地域ではSMBのITニーズの低迷などの要因から地域戦略の見直しに迫られるケースもある一方で、更なる需要掘り起こしのために体制強化を図るベンダーもあり、パートナー企業へのサポートの在り方が更に重要になるとみています。国内SMB IT市場では、既存システム刷新案件がハードウェア低価格化、クラ...

2017年12月12日Vodafoneフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2017-2018年度版 IoT普及状況調査レポート

...されたデバイスを利用するアジア企業の数が2013年の12%から200%急増して2017年に36%に達し、モノのインターネットIoT)の導入率において世界をリードしていることが、報告されています。また、さらに重要な点として、IoTは世界的に普及率が飛躍する分岐点に来ており、今や大規模に展開されています。2017-2018年度版ボーダフォン IoT普及状況調査レポートの日本語版の全文は以下のURLよりダウンロードが可能です。www.vodafone.com/business/iot/japan今回の主な調査結果は下記の通りです。- アジ...

2017年12月12日IDCフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

国内IoTセキュリティ製品市場予測

...都千代田区九段北1-13-5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内IoTInternet of Things)セキュリティ製品市場の2017年~2021年の予測を発表しました。2016年の国内IoTセキュリティ製品市場規模は、前年比27.5%増の518億円となりました。2016年~2021年の年間平均成長率(CAGR: Compound Annual Growth Rate)は19.3%、2021年の市場規模は1,250億円とIDCでは予測しています。IDCでは、IoTを...

テクノロジー企業成長率ランキング「デロイト トウシュ トーマツ リミテッド 2017年 日本テクノロジー Fast50」

...期売上高成長率の平均値は201%、成長率100%以上の企業が32社と受賞企業全体の64%を占める結果となりました(図表1)。事業領域別の構成比を見ると、最も多かったのがソフトウエアの19社で全体の38%、2位がメディア(16社)で32%、3位が通信(9社)で18%でした。(図表2) 受賞企業の中で、AIを事業に取り入れている企業は19社(ソフトウエア7社、メディア9社、通信3社)に上ります。IoT、フィンテック等と併せて、TMT業界のトレンドを体現する企業が多く入賞しています。受賞企業の売上高規模の内訳では、売上高50...

2017年12月4日GfKフィードバック数:0デジタル家電

「ポータブルBluetoothスピーカーの販売動向」- 防水・防滴タイプが伸長

...量販店におけるスマートスピーカーの販売をみると、従来型の売れ筋モデルの販売初動※4と比べて、初動の販売台数が3~4倍のモデルもあった。今後、主要メーカーから新製品の投入が予定されているが、スピーカーの役割にとどまらず家庭におけるIoTエコシステムを支えるデバイスとして市場を確立できるか注目される。 ※1. ポータブルBluetoothスピーカー ・・・ 充電池を内蔵したBluetooth対応スピーカー ※2. 家電量販店・総合量販店・インターネット販売における販売実績を基に市場規模相当まで拡大推計 ※3. ヘッドホン ・・・ マイ...

2017年11月29日野村総合研究所★★フィードバック数:0マーケティング

2023年度までのICT・メディア市場の規模とトレンドを展望

...、新たに搭載された顔認証向けのロミオモジュールやジュリエットモジュールが品薄となったため、端末出荷が遅れるなど、機能拡張に伴うデバイスの需給バランスの問題は今後も課題となろう。また、スマートフォンの平均価格が1,000ドル(約11万円)の大台に乗ったことで、今後買い替えサイクルへの影響なども注目される。また、IoTInternet of Thingsモノのインターネット)やAI(Artificial Intelligence、人工知能)の領...

サイバー攻撃の傾向として、ログイン情報の盗難が顕著に

...ロジェクトの教訓として、デフォルトのログイン情報にまつわる危険性とIoTデバイスの保護の重要性を学び取ることができます。レポートの全内容は以下よりダウンロードすることができます。 https://www.watchguard.co.jp/whitepaper 【WatchGuard Technologiesについて】WatchGuard(R) Technologiesは、業界標準ハードウェア、ベストオブブリードセキュリティ、ポリ...

日本を含むアジア5か国でパブリックセーフティのモバイルブロードバンド化の将来性を調査

...研究所のイノベーションを基盤として、通信事業者、政府機関、グローバル企業、そして一般消費者に、最も洗練された包括的な製品、サービス、ライセンスを提供しています。5GやIoT(モノのインターネット)の通信インフラから、VRやデジタルヘルスなどの新たなアプリケーションの分野において、私たち人間の可能性を広げ、生活をより豊かにするための将来の技術開発を推進しています。 Subscribe to Press Releases Alcatel-Lucent has joined Nokia. If you wish...

2017年11月17日Verizonフィードバック数:0企業情報システム

2018年にエンタープライズITの変革を推進する7つのテクノロジートレンド Verizon

...[] ベライゾンジャパン合同会社(東京都千代田区、執行役員社長:藤井一弘、以下「ベライゾン」)は、本日2018年エンタープライズITの変革を牽引すると予想される7つのテクノロジートレンドを発表しました。2018年は、グローバル企業や政府機関が、テクノロジーの活用によって顧客への対応を向上させ、競争力を高め、市場における差別化を加速させることに注力するなど、まさに変革の年となります。ソフトウェア・デファインド・ネットワーク(SDN)やモノのインターネットIoT)、人工知能(AI)など...

2017年11月16日矢野経済研究所フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

社会インフラIT市場に関する調査を実施(2017年)

...としてはやや苦戦を強いられた。◆2022年度の社会インフラIT市場は5,720億円、微減トレンドと予測社会インフラITにおいては、IoTやセンサーシステム、クラウド、AIなどを活用した次世代型社会インフラITの研究が進められている。これらの次世代型社会インフラITは、従来型の社会インフラIT技術を代替する形で普及が進むが、その場合、逆に高い投資効果によりIT投資コストを抑制していくことになると考える。これらの点から、市場は微減基調を見込み、2022年度の国内の社会インフラIT市場規模(インフラ運営事業者の発注金額ベース)は5,720...

2017年11月16日ジャストシステムフィードバック数:0企業情報システム

人工知能(AI)&ロボット 月次定点調査(2017年9月度)

...バイル... 【記事要約】 この記事では話題の「ポケモンGO」での体験をヒントに、ジオフェンシングを活用した「O2O」のあり方につ... 【記事要約】 皆さんは手に入れましたか?伝説ポケモン。新宿中央公園はひさしぶり(?)にポケGOユーザーのひ... 【記事要約】 最近話題になってきた「IoT」。ちなみに「IoT」と「スマート家電」の違いって皆さんご存じで... セルフ型アンケートサービス高品質なネットリサーチを圧倒的なスピードと次元の異なる低コストで。無料トライアル実施中。...

2017年11月16日オラクルフィードバック数:0企業情報システム

企業の管理職を対象にした働き方改革とデジタル活用に関する調査

...答した中での具体的なデジタルツールとしては「経理・財務システム」、「グループウェア」、「ビデオ会議システム」が上位にあげられており、働き方改革以前からのデジタル活用と大きな変化は見られない。「生産性向上」のためにデジタルを積極的に活用しようという動きはまだ鈍いと考えられる。一方で今後デジタルが企業の将来的な成長に貢献すると思う方は全体の74%を占めた。中期的にIoT, ビッグデータ、ロボット/RPA, AIなどの最新テクノロジーによって生産性を向上したい分野としては販売・営業業務と製造・生産業務が上位を占めた。本調査について、慶應...

2017年11月15日ガートナーフィードバック数:0ビジネス

2018年のCIOアジェンダ

...者の35%が既に何らかのデジタル・セキュリティに投資し、それを展開しており、36%が何らかの形でデジタル・セキュリティを実装する計画段階にあると回答しています。加えて、自社にAIを導入するCIOの数も、ますます増えています。初期の導入において、AIは主にカスタマー・エクスペリエンスの向上や不正対策に使われています」本サーベイにおいて、実装する上で最も問題のあるテクノロジとしてCIOがトップに挙げたのはAIで、続けてデジタル・セキュリティ、モノのインターネット (IoT) が挙げられています。これ...

2017年11月15日ガートナーフィードバック数:0企業情報システム

Gartner Predicts 2018

...な業種を生み出す可能性があります。2020年までに、モノのインターネット (IoT) テクノロジは、新製品の設計においてエレクトロニクスの95%に搭載される。スマートフォン管理、クラウド・コントロール、低価格なイネーブリング・モジュールを組み合わせると、洗練されたモニタリング、管理、コントロールが最小限の追加コストでターゲット・デバイスにもたらされます。IoTの出現によって、買い手はIoT対応製品に急速に引き付けられ、IoT対応製品への関心と需要は急速に高まるでしょう。すべてのサプライヤーは、消費...

2017年11月15日インテージ★★フィードバック数:0社会/政治

テレビを一番よく見るのは何県民?スマートテレビのログデータから見た都道府県別視聴実態

...な発見があればお伝えします。今回の分析は、Media Gauge TVのスマートテレビの視聴ログデータを用いて行いました。【Media Gauge(メディアゲージ)とは】 ビッグデータやIoTデータを活用し、あらゆるメディアの計測データを、より詳細・正確にマーケティングに活用できるデータとして価値化し提供するサービスです。第1弾として、テレビ版の提供を11月より開始します。今後、デジタルなど他メディアの計測も順次開発を進め提供していく予定です。 ※Media Gauge(メディアゲージ)は株...

2017年11月13日リクルートフィードバック数:0キャリアとスキル

中国における日系企業の求人動向レポート - 2017年9月分 「9月の求人案件数は前年同月並み。機械関連商社の求人が堅調に推移」

...セントなどが本社を置いており、中国におけるスマートフォン特需、新エネルギー車へのシフト、IoTやAI活用の本格化といった市況を反映して、現在最も勢いのある産業集積地の一つ。地域基幹産業の好調さが、求人増につながっている。 RGF HR Agentについてリクルートグループが展開する、アジアを中心とした人材紹介事業です。日系企業の海外進出を人材採用面からサポートするべく、2006年に中国へ進出し、2009年にRGF(Recruit Global Family)ブランドを立ち上げました。現在、11の国と地域、26都市に展開し、日系...

2017年11月9日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内ストレージサービス市場実績および予測

...ストレージサービス市場は全体として緩やかな縮小傾向が続くとみています。ストレージサービス市場全体の売上は拡大しないものの、コンサルティングについては需要堅調とみています。ITインフラのトランスフォーメーション、すなわち従来システムの運用効率化/自動化と次世代アプリケーション(モバイル、ビッグデータ、IoTInternet of Things、コグニティブ/AI:Artificial Intelligence/機械学習などに関連したアプリケーション)に向けた柔軟性の高いITインフラストラクチャの設計コンサルティングや、クラ...

Trend Watch 2018

...​ため​の​3​つ​の​要素インダストリアル​IoTInternet of Things)​によるスマートでコネクテッドされた​「モノ」​の​拡散​は、​性能​の​向上​や​コスト​の​削減​を​実現​する​大きな​機会​を​も​たら​し​ます。​しかし、​こうした​分散​システム​の​管理​は​見​落とし​がち​な​課題​でも​あり​ます。​「モノ」​を​適切​に​管理​する​ため​に​必要​な​要素​について​解説​し​ます。 5G​の​進化​に​追随​可能​な​テスト​の​プロ...

2017年11月9日ガートナー★★フィードバック数:0企業情報システム

2018年の戦略的テクノロジ・トレンドのトップ10

...スペリエンスなどを売り文句にした新製品において、実際にはAIをどのように使用してビジネス価値を付加しようとしているのか、要点を明らかにすべきです。インテリジェントなモノインテリジェントなモノとは、従来の固定的なプログラミング・モデルを実行するばかりでなく、AIを活用して高度な振る舞いをするとともに、周囲の環境および人とより自然にやりとりする物理的なモノを指します。AIは、新しいインテリジェントなモノ (自律走行車やロボット、ドローンなど) の発展を後押ししながら、同時に多くの既存のモノ (モノのインターネット [IoT] に接...

2017年10月31日Nasdaq★★フィードバック数:0マーケティング

第5回年間国境間 eコマースリサーチレポート

...タ分析、ブロックチェーン技術、AI、機械学習、IoTなどの最新消費者技術のトレンドは、以前不可能だった海外消費者とのやり取りを可能にしています。消費者は買い物での期待度が高く、企業が eコマース政策をいつも見直すように働きかけています。もう1つのハイライトは、最新のビジネスと地政学の発展がグローバル トレードに与える大きな影響です。EU離脱とトランプ大統領など、政治での大きな混乱のため国内に目を向けているイギリスやアメリカと異なり、中国はグローバリゼーションの先頭に立ち、全世界の人口の62%をつ...

製造業とサービス業を対象にIoT実態調査第3弾

...の活用用途としては「サービスの付加価値向上」が最多となった。 今回の調査では、両業種ともに「IoTでビジネスが進展する」と考えている人は半数以上(製造業76.4%、サービス業52.3%)と高い数値を維持しており、期待値は変わらず高いものの、前回比で横ばい傾向であることがわかりました。IoT活用状況においても、「検討」以上の段階に進んでいるのは33.5%と、前回に引き続き3割台に留まっています。業種別の内訳では、製造業が51.2%、サービス業が18.7%と、前回と比べて差が開いており、製造業ではM2Mに代...

2017年10月30日ガートナー★★フィードバック数:0ビジネス

世界のCIO 3,000人以上のサーベイ

...者の35%が既に何らかのデジタル・セキュリティに投資し、それを展開しており、36%が何らかの形でデジタル・セキュリティを実装する計画段階にあると回答しています。加えて、自社にAIを導入するCIOの数も、ますます増えています。初期の導入において、AIは主にカスタマー・エクスペリエンスの向上や不正対策に使われています」本サーベイにおいて、実装する上で最も問題のあるテクノロジとしてCIOがトップに挙げたのはAIで、続けてデジタル・セキュリティ、モノのインターネット (IoT) が挙げられています。これ...

2017年10月30日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内プライベートクラウド市場予測

...い価値の創出を目的としたソリューションであるインダストリークラウドが急速に発展しています。インダストリークラウドでは、AI(Artificial Intelligence)、IoT(Internet of Things)、ブロックチェーンなどの先端技術を活用することが多く、DXのプラットフォームとしてホスティング型プライベートクラウドとして提供されることも多く見られます。DXのプラットフォームとしてのプライベートクラウドが、今後の国内プライベートクラウド市場の成長を促進するとIDCは予測しています。国内プライベートクラウド市場は、「従来型ITからの移行」「DXのプラットフォーム」を両...

2017年10月29日BBソフトサービスフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

9月度IoTサイバー脅威分析リポート

...誰にでもわかりやすく。情報セキュリティ、情報モラルのリテラシー向上を目指す人のための情報サイト。 9月度IoTサイバー脅威分析リポート国内のISP配下のネットワークで感染機器の増加を観測2017年10月16日 このリポートは、横浜国立大学(学長:長谷部 勇一)とソフトバンクグループのBBソフトサービス株式会社(本社:東京都中央区、社長:原山 健一、以下「BBSS」)が、2017年6月27日から開始した共同研究プロジェクトにおけるIoT機器...

2017年10月29日The Economistフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

Safe Cities Index 2017 加速する都市化と セキュリティ強化に向けた取り組み

...ノロジーが都市に恩恵をもたらすことはいうまでもない。IoTInternet of Things(モノのインターネット))はその典型的な例だ。センサーを使ってデータを収集しWiFiをつうじて様々な機器から転送することで、遠隔的・効率的なインフラ・サービス管理を実現するなど、IoTは都市運営のあり方に新たな可能性をもたらしている。例えば、スマートメーターをつうじてマンションやオフィスビルを電力網と接続すれば、エネルギー利用の効率化やコスト削減が見込めるだろう。監視カメラ(CCTV)やWebカメラ、人工知能(AI)、データ・アナ...

2017年10月29日IDCフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

国内ネットワーク機器市場 企業ユーザー動向調査

... WAN)を訴求すべきである」とIDC Japan コミュニケーションズ グループマネージャーの草野 賢一は述べています。今回の発表はIDCが発行した「2017年 国内ネットワーク機器市場 企業ユーザー調査」(JPJ41784917)にその詳細が報告されています。本レポートでは、企業ネットワークにおける運用管理の実態とクラウド管理型の可能性企業ネットワークにおける運用管理の実態とクラウド管理型の可能性や、企業ネットワークの課題に加えて、産業用ネットワークやIoTInternet of Things...

アジアにおける金融機関の 81% が、ビジネス成功のカギはデジタル化であると回答

...安価にデジタルトランスフォーメーションが可能になると認識しているとの結果となりました。今後2~3年の間で、デジタルトランスフォーメーションを推進し、実現するためのテクノロジとして以下に注目していることが明らかになりました(以下注目順)IoT:ATMの予兆保全などへの活用が期待されています。人工知能(AI):様々な情報源から収集した膨大なデータをもとに、顧客とコミュニケーションすることで、ニーズを把握し、感情や意図を理解できるソリューションです。次世代コンピューティング体験:ChatbotやSkype Translatorなどにより、時間...

2017年10月27日ITR★フィードバック数:0企業情報システム

業界別・分野別のIoT市場規模および予測

...2017年のIoT市場規模は4,850億円、2020年には1兆3,800億円に急速に拡大ITRが業界別・分野別のIoT市場規模および予測を分析企業ごとのリクエストに応じた、IoTカスタム分析レポートサービスを開始 2017年10月12日株式会社アイ・ティ・アール 独立系ITコンサルティング・調査会社である株式会社アイ・ティ・アール(所在地:東京都新宿区、代表取締役:内山悟志、以下「ITR」)は、国内の業界別・分野別のIoT市場の調査を実施し、その...

2017年10月27日The Economistフィードバック数:0社会/政治

Safe Cities Index 2017

... deployment of digital technologies in pursuit of the so-called “smart city”. The technologies no doubt bring benefits. As part of Internet of Things (IoT) technologies, sensors collect and wirelessly transmit data from physical objects, delivering new...

2017年10月26日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内製造/流通における 第3のプラットフォーム活用動向分析結果

...)は8.4%、プロセス製造は7.9%、小売は8.0%であり、堅調な成長率で推移するとみています。ユーザー企業へのアンケート調査では、ビッグデータの活用について、小売が他の産業分野と比較し突出して高い結果となりました。これは、小売は、製造と卸売に比べ、顧客である消費者のデータを取得しやすく、購買履歴やモバイルデバイス経由の位置情報やSNSでの口コミなどのデータを、マーケティングや需要予測、店舗開発等の用途で活用が進むことが背景にあるとみています。なお、イノベーションアクセラレーターのうち、IoT...

「Sports-Tech Landscape」2017

...拡張」は、アクション漫画のような「技」が繰り出せるHADO(meleap)や、障碍者も健常者も一緒に楽しめる「キャリオット」など、テクノロジーによってスポーツの可能性を広げる取り組みです。(参考)NTTデータ経営研究所のスポーツ領域コンサルティングスポーツに関する新規事業の開発スポーツビジネスにおける事業戦略立案スポーツにおけるデジタル技術(AI・IoT含む)の導入戦略立案スポーツを軸にした「まちづくり」や「産業創出」スポーツビジネスと他業界とのアライアンス戦略スポーツによる企業の課題解決(健康...

2017年10月23日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内データセンターサービス市場予測

...では予測しています。クラウドサービス利用拡大による市場成長の加速に加えて、コグニティブ/AI(人工知能やディープラーニングなど)およびIoTInternet of Things)といった、まったく新しいタイプのデータ処理のニーズが、DCサービスの更なる成長を促進する可能性があるとIDCでは考えています。「こうした新たな市場のダイナミズムに対応するため、SI事業者/IT ベンダーではハイブリッドクラウドや、デジタルトランスフォーメーション(DX)指向型DCなど...

2017年10月20日#N/A★★フィードバック数:0企業情報システム

日本におけるテクノロジのハイプ・サイクル:2017年

... Nexus」の時期へと移行し、モノのインターネット (IoT)、人工知能 (AI)、ブロックチェーンといったさらに新しいトレンドが注目を集め、概念実証 (POC) に積極的に取り組む企業も増加しています。同時に、企業のITシステムがよりオープンになり、かつ社外のリソースとつながることで、「デジタル・プラットフォーム」というコンセプトが開花しています。ガートナー ジャパンのリサーチ&アドバイザリ部門マネージング バイス プレジデント、山野井 聡は次のように述べています。「2017年現在、デジタル・ビジ...

2017年10月20日CISCOフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

シスコ2017年中期サイバーセキュリティレポート:新たなサービス破壊(Destruction of Service)攻撃の出現と大規模化し影響力が拡大する脅威を予測

...コシステムズ合同会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:鈴木みゆき、以下シスコ)は、年々進化し規模が拡大している、サイバー脅威のトレンドや対策をまとめた「シスコ 2017年中期サイバーセキュリティレポート(Cisco 2017 Midyear Cybersecurity Report)の日本語版を本日、リリースしました。今回のレポートの中では、Internet of ThingsIoT)により増加した様々なデバイスや、システムが抱えるセキュリティの脆弱性を狙った、新たなサービス破壊(Destruction...

テクノロジー企業成長率ランキング「デロイト トウシュ トーマツ リミテッド 2017年 日本テクノロジー Fast50」 発表

...期売上高成長率の平均値は201%、成長率100%以上の企業が32社と受賞企業全体の64%を占める結果となりました(図表1)。事業領域別の構成比を見ると、最も多かったのがソフトウエアの19社で全体の38%、2位がメディア(16社)で32%、3位が通信(9社)で18%でした。(図表2) 受賞企業の中で、AIを事業に取り入れている企業は19社(ソフトウエア7社、メディア9社、通信3社)に上ります。IoT、フィンテック等と併せて、TMT業界のトレンドを体現する企業が多く入賞しています。受賞企業の売上高規模の内訳では、売上高50...

2017年10月16日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

動画&動画広告 月次定点調査(2017年8月度)

...記事ではシニアマーケティングについて、その市場規模や事例をおさらいしながら、真の「UX(ユーザー体験)」... 【記事要約】 この記事では「人工知能に奪われるかもしれない仕事」というテーマについて、そのテクノロジーや事例などを振り返り... 【記事要約】 最近話題になってきた「IoT」。ちなみに「IoT」と「スマート家電」の違いって皆さんご存じで... 1.とあるフリマアプリをDLする際の出来ごと お気に入りのWebメディアで紹介されていたフリマアプリ。記事を読むと、こ... 企業が自ら運営するオウンドメディア。よく「●●ラボ...

2017年10月16日ITR★★フィードバック数:0企業情報システム

IT投資動向調査2018

...った、新たな技術・環境に適応する項目は極めて投資意欲が高く注目を集めています。<参考資料4> 製品/サービスに対する投資意欲(OS/ミドルウェア分野) *2:IoTM2MInternet of Things/Machine to Machine*3:BI:Business Intelligence*4:DLP:Data Loss Prevention*5:CASB:Cloud Access Security Broker*6:SOC:Security Operation Center調査の概要 本調...

2017年10月16日ガートナー★★フィードバック数:0企業情報システム

日本におけるテクノロジのハイプ・サイクル:2017年

... Nexus」の時期へと移行し、モノのインターネット (IoT)、人工知能 (AI)、ブロックチェーンといったさらに新しいトレンドが注目を集め、概念実証 (POC) に積極的に取り組む企業も増加しています。同時に、企業のITシステムがよりオープンになり、かつ社外のリソースとつながることで、「デジタル・プラットフォーム」というコンセプトが開花しています。ガートナー ジャパンのリサーチ&アドバイザリ部門マネージング バイス プレジデント、山野井 聡は次のように述べています。「2017年現在、デジタル・ビジ...

2017年10月14日リーディアフィードバック数:0大型消費/投資

iPhone 8/8-Plus発売開始当日の山手線の主要駅における通信速度実測調査

...比較各駅における測定結果図1:JR山手線主要駅における通信速度結果表2:各駅の測定結果■各社の周波数展開状況 iPhone 8のフィールドテストモードでは、実際にどのように各社が周波数を運用しているか不明のため、今回ローデ&シュワルツ製のスキャナ:TSMAを利用して、3.5GHz(Band42)をKDDI(au)/ソフトバンクが補足した新宿駅にて、各キャリアがLTEにてどのように周波数を運用しているか確認してみました。TSMA:各通信テクノロジー(WCDMA、LTE、NB-IoT等)、マル...

業務用無人機(ドローン)の市場動向

...ドローンの新しいサービスについての記事が掲載されていますが、大半は実証実験レベルのもので、実際のビジネスとして成り立っているのは、空撮、測量、農薬散布、スクールといった分野にとどまっています。市場の現状は、未だ大きな新規ビジネスの創出には至ってはいませんが、単独サービスとしてだけでなく、他のIoT、ロボット、AIといった分野のビジネスに連携や内包されることで、伸びが期待できるとも考えられています。 このような状況を踏まえ、今回の調査では、ドローンメーカー、サービス事業者、周辺ビジネス事業者、ユーザーをヒアリングし、機体...

2017年10月9日BBソフトサービスフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

8月度IoTサイバー脅威分析リポート

...誰にでもわかりやすく。情報セキュリティ、情報モラルのリテラシー向上を目指す人のための情報サイト。 8月度IoTサイバー脅威分析リポートウイルス感染IoT機器からのサイバー攻撃が急増2017年09月21日 このリポートは、横浜国立大学(学長:長谷部 勇一)とソフトバンクグループのBBソフトサービス株式会社(本社:東京都中央区、社長:原山 健一、以下「BBSS」)が、2017年6月27日から開始した共同研究プロジェクトにおけるIoT機器...

2017年10月9日trendmicroフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2017年上半期セキュリティラウンドアップ

...した教訓・国内ネットバンキングを狙う新たな動きを顕在化させた「URSNIF」と「RAMNIT」・ランサムウェア「多様化」の傾向が日本にも流入・6ヵ月間で240万件の重要情報を侵害した「公開サーバへの攻撃」・IT発展の裏側で未成年者のサイバー犯罪逮捕事例が連続して発生グローバルセキュリティラウンドアップ・「WannaCry」と「Petya」で頂点を迎えたランサムウェアの脅威・企業を悩ませ続ける脆弱性のリスク・IoTデバイスの被害が示唆するスマートファクトリーのリスク・被害総額50億米...

2017年10月5日日経BPフィードバック数:0企業情報システム

AI活用を支援するスタートアップの実態調査

...2017年8月29日「AI活用を支援するスタートアップの実態調査」を発表 ディープラーニングが得意な企業は45%がバックオーダー抱える 課題は7割が人材、プロジェクト管理も半数 日経BP社(本社:東京都港区、社長:新実 傑)は8月29日、専門情報誌「日経ビッグデータ」が実施した「AI活用を支援するスタートアップ・ベンチャー企業の実態調査」の結果を発表しました。調査結果や回答企業101社の詳細、各社が提供できるサービスや能力については、日経ビッグデータが発行する専門レポート『AI・IoT・ビッ...

InfoCom ICT経済報告 2017年4‐6月期

...自動車や先進運転支援システム(ADAS)の普及を受けた自動車向け需要の立ち上がりが大きい。ICTサービスは11四半期連続でプラス成長となった。背景にはIoT、ビッグデータ、AIに対する期待を背景にしたシステム等管理運営受託など情報サービス業の増加幅の拡大がある。 需要面を確認すると、ICT輸出は金額ベースで2四半期連続、数量ベースでは4四半期連続で増加した。中国向けスマートフォン部材需要を中心に引き続き好調である。設備投資の先行指標となるICT機械受注は6四半期ぶりに増加に転じた。半導体製造装置と電子計算機の増加が背景にある。半導...

AIスタートアップレポート

...払いは納品後翌月末までに銀行振込にてお願いしています。【お申込み方法、お問合わせ先】米国サンフランシスコ拠点のためメールにてお申込み、お問合せを承っております。サンプルもご用意しておりますので、お気軽にお問い合わせください。スクラムベンチャーズ担当:三浦E-mail: contact@scrum.vc【スクラムベンチャーズについて】スクラムベンチャーズは、2013年創業のサンフランシスコを拠点とするアーリーステージのベンチャーキャピタルです。Mobility、Fintech、IoT、VR、コマース、ヘルスケアなど幅広いカテゴリーの50社を...

2017年10月3日エフエム東京フィードバック数:0社会/政治

防災行政無線・防災ラジオに関する住民意識

...タル放送サービスです。高音質のデジタル音声と多様な連動データ放送を特徴とした、BtoC向けのデジタルラジオサービスのほか、BtoB用途にIoT機器・デジタルサイネージ等向けのデータ放送を提供しています。V-ALERTはi-dioのデータ放送サービスを利用した自治体向けシステムであり、V-ALERT対応防災ラジオでは、i-dioのデジタルラジオサービスも無料で聴取可能です。i-dioは、株式会社ジャパンマルチメディア放送の子会社である、ハード事業者の株式会社VIP(ヴイアイピー)が放送局のインフラを提供し、東京...

2017年10月3日IDC★フィードバック数:0企業情報システム

国内ITサービス市場予測

...年連続でプラス成長を実現してきました。この間の成長を支えたのは、企業の業績回復を背景とした既存システム更新/拡張需要に加えて、金融機関におけるシステム統合/更新や、官公庁/地方自治体での支出拡大、小売業における店舗システム刷新といった大規模なプロジェクトでした。2016年に入り、これらの大型案件が一段落したことで、成長率が鈍化しました。2017年以降の国内ITサービス市場は、クラウドやIoTInternet of Things)、コグニティブ/AI(Artificial Intelligence...

2017年10月2日IDC★フィードバック数:0企業情報システム

国内パブリッククラウドサービス市場予測

...ではセキュリティの強化を期待してパブリッククラウドサービスを利用する企業が増加しています。このような動向から、国内パブリッククラウドサービス市場は、高い成長を継続するとIDCは予測しています。国内市場では、デジタルトランスフォーメーション(DX:Digital Transformation)への関心が高まっています。そして、DXを具現化するために、オペレーションテクノロジー(OT:Operation Technology)の変革を支援する技術として、「コグニティブ/AI(Artificial Intelligence)システム」「機械学習」「IoTInternet of Things...

2017年9月26日ニュースイッチ★フィードバック数:0エンタテインメント

統計からみるアニメ会社の実像と課題

...特集オムロンが進める地上10メートルのモノづくり革新とは? IoTモノのインターネット)やAI(人工知能)の進化で製造現場が大きく変わろうとし...広告特集“産業の米”半導体をつくるCVD‐SiC(炭化ケイ素)製品 “産業の米”といわれる半導体。パソコンやICカードなど、身近で使用する数多くの製品の構... 記者・ファシリテーターへのメッセージこの記事に関するご意見、ご感想 情報などをお寄せください。 掲載記事の無断転載を禁じます。発行:株式会社日刊工業新聞社 Copyright 2017 NIKKAN KOGYO...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
 

お知らせ