調査のチカラ TOP > 特集一覧 > データがいっぱい:残業

データがいっぱい:残業

世間の注目が集まる分野には調査データが増加します。「残業」「長時間労働」については、関連調査データもぐっと増えています。

2018年5月10日ワークデイフィードバック数:0ビジネス

日本市場の「働き方改革」の現状と課題についての調査結果 

...しては85%の回答者がその効果を認めている一方、49%の回答者が従業員のパフォーマンス(成果)/生産性はいまだに取組み不足で期待値に達していないとの結果が明らかになりました。現在、従業員の長時間労働と生産性向上は政府の大きな政策課題となっていますが、本調査は企業の働き方改革に対する進捗と考え方を調べる目的で実施されたものです。今回の調査結果の主なハイライトは以下の通りです。80%の回答者が、すでに企業内において「働き方改革」に着手していると答えています。これは、5社に1社が...

「なくす」より「対処」が大事。ストレスに強い体とは?

...ボーっと始業し午後から予定していたことと想定外のことに時間に追われ、残業するハメになり、趣味の時間も作れずにイライラするような“受け身”の毎日を過ごしているのなら、「朝のトイレ掃除」で“攻め”の毎日を始めてみませんか?オンとオフのスイッチそもそも、どういう人がストレスに負けやすいのでしょうか。一概には言えませんが、「動くときに動き、休む時に休む」ということができない人は、注意が必要です。人の体は自律神経の働きによって生きていて、自律神経には、手足を動かすなど自分でコントロールできる部分を司る交感神経と、心臓...

2018年4月24日大和ネクスト銀行フィードバック数:0社会/政治

社会貢献に関する調査2018

...社会貢献活動の認知率 「子ども食堂で社会貢献」認知率4割強 「ヘアドネーション」認知率4割弱社会貢献活動に対する関心度 「映画を見て社会貢献」関心度5割強 「旅行をして社会貢献」関心度5割 「無料塾で社会貢献」関心度5割 「プロボノ」関心度4割半 「アニメを活用した地域活性化」関心度4割「定期預金をして社会貢献」4割弱が「関心がある」と回答■ 身近な社会問題気になる社会問題 1位「子どもの貧困」2位「いじめ」3位「地球温暖化」4位「ブラック企業」5位「所得格差」 40代では「所得格差」、50代では「いじめ」が1位に60...

2018年4月24日ソニー生命保険★フィードバック数:0キャリアとスキル

社会人1年目と2年目の意識調査2018

...のほうが早めに行う計画を立てているようです。(図5)(図5)社会人1年生・2年生が挙げる良い会社の3大条件 「人間関係良好」「福利厚生充実」「高給」社会人1年生が魅力を感じるポイント 「福利厚生充実」「経営の安定度」「柔軟な働き方」など全回答者(1,000名)に、『良い会社(職場)』だと感じるのは、どのような会社(職場)か聞いたところ、「職場の人間関係が良い」が最も多く58.3%、次いで、「福利厚生が充実している」が51.9%、「給与が高い」が41.7%、「残業前提の働き方でない」が36.5%、「能力を高める機会がある(教育...

2018年4月17日RDサポートフィードバック数:0キャリアとスキル

テレワーク導入で残業時間が前年比36%減少!集中力UPと通勤時間で受けるストレス解消を実証したテレワーク導入の経年調査結果を発表

...株式会社RDサポートのプレスリリース/広報・PR情報 テレワーク導入で残業時間が前年比36%減少!集中力UPと通勤時間で受けるストレス解消を実証したテレワーク導入の経年調査結果を発表テレワーク導入で残業時間が前年比36%減少!集中力UPと通勤時間で受けるストレス解消を実証したテレワーク導入の経年調査結果を発表株式会社RDサポート(本社:東京都千代田区、代表取締役:大澤 裕樹)は、2016年11月より一部社員で実施を開始し、同年12月より全社導入を行っている「テレワーク」制度...

2018年4月17日ビッグローブフィードバック数:0ビジネス

休日・休暇取得ルール改善への要望が9割超に BIGLOBEが「働き方改革に関する意識調査」を発表

...%と若年層の期待値が高いことがわかった。 【調査結果詳細】1.働き方改革で既に導入されている制度は「長時間労働対策」が4割弱20代から50代の社会人男女800名に「働き方改革として導入してほしい制度をお答えください」と質問し、既に導入している制度を確認した。1位はノー残業デーや週40時間労働上限などを対象とした「長時間労働対策」で38.6%。育児・介護休暇や時短勤務などを対象とした「育児・介護と両立しやすい環境づくり」(37.0%)、「フレックス制」(32.1%)と続いた。一方、働き...

2018年4月16日メディプラスフィードバック数:0ライフスタイル

低ストレス女性の習慣に“脱・睡眠負債”のヒント 就寝前は「夕食を早めに済ませる」朝の目覚めは「コーヒーよりコップ1杯の水」

...に浸かる」「体を温める」や、「血流改善をする」「水分摂取量は多い」と、いわゆる“巡り”意識にも気遣いが見られ、積極的に体内リズムを整える行動も取り入れていることがわかりました。■ 自身の「就寝前・起床時」意識だけでなく、「働き方」による影響も次に、「眠りの質」に関わる睡眠前後の行動を比較しました。低ストレス女性と比較し、高ストレス女性の就寝前は「ベッドの中でPCやスマホ」。朝は「アラーム」で起き「カフェインを摂取」と心身に刺激を与えて起こす傾向に。「0時過ぎまで残業」やシフトワーカーの「深夜業務」など...

2018年4月13日ウィンスリーフィードバック数:0キャリアとスキル

転職理由に「結婚」「育児」、「NO残業希望」が男性候補者に増加傾向にあり!転職背景調査結果で浮上した、現場で進む“働き方改革”のリアル

...転職理由に「結婚」「育児」、「NO残業希望」が男性候補者に増加傾向にあり!転職背景調査結果で浮上した、現場で進む“働き方改革”のリアル ~ライフステージの変化で職を変える男性が急増、家族のために考える職場環境 ~ 広告・デジタルマーケティング業界特化型人材ヘッドハンティング事業を行う株式会社ウィンスリー (本社:東京都港区、代表取締役:黒瀬 雄一郎) では、約1800名にのぼる当社サービス利用者の転職背景を調査致しました。それにより、顕著なひとつの傾向として、家族...

2018年4月13日ナリス★フィードバック数:0ライフスタイル

95%以上が「残業肌」のストレスを実感、仕事にも悪影響

...95%以上が「残業肌」のストレスを実感、仕事にも悪影響 75%が「残業が多いと肌の調子が悪くなる」と判断。仕事のモチベーションや自信にも悪影響。働く女性1690人の調査から。 2018年2月28日75%が「残業が多いと肌の調子が悪くなる」と自覚 95%以上が「残業肌※」のストレスを実感、仕事にも悪影響 〜 仕事へのモチベーションや自信にも悪影響 働く女性1690人の調査から~株式会社ナリス化粧品(本社:大阪市福島区、代表取締役社長:村岡弘義) は、働く女性の増加を受けて、3月8日の...

2018年4月13日トークノートフィードバック数:0ビジネス

社内SNS「Talknote」2017年スタンプ利用実態スタンプ利用数は2.3倍増、リアクションのしやすさから社員同士のスタンプ利用が標準化

...ュニケーションによって組織を強くしていくためのサービスを開発、提案しています。社内SNS「Talknote」は、組織におけるコミュニケーションの最適化や、人工知能(AI)を活用し、人には気がつけない「ヒト」の課題をテクノロジーの力で解決する過労防止や離職防止など、組織強化へ繋げていくためのHR領域の機能開発を積極的に進めていきます。■トークノート株式会社 会社概要社内SNS「Talknote」を提供しています。2011年にサービスをリリースし、 エー・ピーカンパニー、ネクシィーズをはじめ、20,000社以上の企業にご利用いただいています。2014年には「株式...

2018年4月3日エン・ジャパンフィードバック数:0キャリアとスキル

企業の「残業規制」意識調査

...「人」、そして「企業」の縁を考える。人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン エン・ジャパン株式会社TOPニュースリリース企業の「残業規制」意識調査。残業時間の上限規制への見解は48%が賛成、40%が反対。施行後の懸念点は?―人事担当者向け 中途採用支援サイト『エン 人事のミカタ』アンケート― 企業の「残業規制」意識調査。残業時間の上限規制への見解は48%が賛成、40%が反対。施行後の懸念点は?―人事担当者向け 中途採用支援サイト『エン 人事のミカタ』アンケート―人材採用・入社後活躍のエン・ジャ...

2018年4月3日産労総合研究所フィードバック数:0ビジネス

2018年度(平成30年度)新入社員のタイプ 「SNSを駆使するチームパシュートタイプ」

...手市場」の不況期には新入社員の本音が見えにくくなるが、「売り手市場」になると顕在化する傾向にあるという。入社後は、定着へ向けて、個々の資質を見きわめた丁寧な育成が必要となる。2015年に起きた大手広告代理店の新入社員の過労自殺は今なお学生たちの懸念材料として尾をひいており、その後の相撲界のパワハラ事件なども手伝い、会社や上の世代への不信感をぬぐえず、就活や仕事に前向きになれない傾向としてくすぶっている。採用担当者からは「タフさの不足」を指摘する声も聞かれるが、売り...

2018年3月29日KDDI★フィードバック数:0キャリアとスキル

新社会人の不安と起床に関する意識調査

...ラン社会人それぞれに尋ねたところ、全体として今の新社会人のほうが昔の新社会人 (=ベテラン社会人) に比べて「不安なこと」が多い傾向が見られました。とくに「残業時間」や「飲み会などの参加」について不安と回答している人は、今の新社会人のほうが約30ポイント高い結果となり、現代の新社会人が「社会に出るにあたって様々な不安を抱えていること」が浮き彫りになりました。 2. 新社会人の約3人に2人が「毎朝しっかり早く起きられるかどうか」を不安に思っている「毎朝しっかり早く起きられるかどうか」を不安に思う人は新社会人の66.5%で、近年...

2018年3月29日エン・ジャパンフィードバック数:0キャリアとスキル

社員・元社員のクチコミから分かる、業界・職種・年代別男女ごとの「働きがい」!―社員のクチコミ情報を自然言語処理×統計的手法で解析―

...付け要因を重視する「クリエイティブ系」「専門サービス系」、衛生要因重視の「運輸・物流、設備管理系」「電気・電子・機械系エンジニア」。★ 年代別男女の傾向 _ 動機付け要因を重視する「40~50代女性」、衛生要因重視の「20代男性」。世の中にあるさまざまな業界や職種、そこで働く方々がなにを重視して働いているのか?を知ることで、入社後のミスマッチを減らせるのではないかとエン・ジャパンは考えました。「動機付け要因重視」は仕事のやりがい、仕事を通じた成長、事業での社会貢献への関心度。「衛生要因重視」は給与水準、残業(勤務...

ヒューマンリソシア  2018年4月から本格化する無期雇用転換、「前向きに検討」は2割、6割は「条件により検討」

...満足」を選択した人は、「時期や期間」(41.9%)、「時間や時間帯」(40.8%)、「勤務地」(38.2%)、「残業の有無」(35.5%)、などの働く条件のほか、「職場の人間関係や組織に拘束されない」(33.2%)などを上位にあげています。このことから、働き方を自身で選べることにメリットを感じていることが分かります。一方、「やや不満」もしくは「非常に不満」を選択した人では、52.9%が「正社員での仕事が決まらないため」、42.9%が「すぐに仕事に就けるため」を派遣で働く理由として挙げており、正社...

決済業務に関する実態調査

...たりの平均労働時間はどれくらいですか。 残業時間も含めてお答えください。」という問に対しての回答の平均値から算出(n=515) ②「あなたがメインでお勤めの会社で行うことのある業務全体を100%としたとき、それぞれの業務時間の内訳をお答え下さい。」という問に対し、決済に紐づく業務にあたる項目(経理担当とのコミュニケーション、顧客との支払い条件の調整、与信、督促・回収、貸倒処理(倒産処理・事後対応))の平均投下時間割合の合計値から算出(n=420) 結論決済業務を 「すべて」なくすことで 働き方は変わる。決済業務を「一部」アウ...

2018年3月29日サイボウズフィードバック数:0社会/政治

「プレミアムフライデー」1周年、働き方改革の実態は…?

...「プレミアムフライデー」1周年、働き方改革の実態は…? プレ金*・ノー残業デーのために他の日の残業は3人に1人、本末転倒な会社も 成果と労働時間削減の板挟み…“ハサマリーダー”が増加中 サイボウズ株式会社は、2018年2月23日(金)で取り組み開始から1年を迎える「プレミアムフライデー」に合わせ、「働き方改革」に関する調査を行いました。 *プレ金:プレミアムフライデーの略称。 =============================================[調査概要]調査名:「働き...

2018年3月28日エン・ジャパン★フィードバック数:0キャリアとスキル

6,700名の社会人に聞いた「働き方改革」意識調査

...比率は上昇。100名以下では27%、1001名以上では66%にのぼります。「自社が働き方改革に取り組んでいる」と回答した方に、具体的な取り組みを質問しました。第1位は「ノー残業デーや深夜残業禁止など、長時間労働の見直し」(69%)、第2位は「有給休暇取得の推進」(48%)、第3位は「業務プロセス改善やツール導入など、仕事の進め方の見直し」(29%)でした。規模別で取組比率にギャップが見られた項目は「有給休暇取得の推進」や「女性管理職登用など、女性活躍の推進」です。【図1】今いる会社では、働き...

2018年シニアの仕事に関する調査

...が総合マーケティング支援を行なう株式会社ネオマーケティング(所在地:東京都渋谷区)では、世の中の動向をいち早く把握するために、独自で調査を行なっております。今回2018年2月16日(金)~2018年2月18日(日)の3日間、全国の40歳~59歳と60歳以上の働く男女1000名を対象に「仕事」をテーマにしたインターネットリサーチを実施いたしました。調査背景近年、働き方改革に関する議論が活発となり、様々な企業で、残業を減らす取り組みやリモートワーク導入などの改革が進んでいます。政府主導の働き方改革実現会議で決定された計画、「働き方改革実行計画」では、高齢...

2018年3月15日トークノートフィードバック数:0企業情報システム

社内SNS「Talknote」2017年スタンプ利用実態を発表

...ュニケーションによって組織を強くしていくためのサービスを開発、提案しています。社内SNS「Talknote」は、組織におけるコミュニケーションの最適化や、人工知能(AI)を活用し、人には気がつけない「ヒト」の課題をテクノロジーの力で解決する過労防止や離職防止など、組織強化へ繋げていくためのHR領域の機能開発を積極的に進めていきます。■トークノート株式会社 会社概要社内SNS「Talknote」を提供しています。2011年にサービスをリリースし、 エー・ピーカンパニー、ネクシィーズをはじめ、20,000社以上の企業にご利用いただいています。2014年には「株式...

2018年3月9日パーソル総合研究所★フィードバック数:0キャリアとスキル

「希望の残業学プロジェクト」 会社員6,000人を対象とした残業実態調査の結果

...への影響力が大きいことが明らかとなりました。組織内の同調圧力によって残業が発生していることが示唆されます。「麻痺」:長時間労働によって「価値・意識・行動の整合性」が失われ、健康被害や休職リスクが高まる残業時間に応じて、「幸福度」は徐々に低下しますが、月60時間を超えると上昇することが明らかとなりました。しかしその一方で、60時間以上残業している人のうち、強いストレスを感じている人の割合は残業しない人の1.6倍、重篤な病気・疾患がある人は1.9倍と、高い健康リスクにさらされていることが判明しました。過度な長時間労働...

20代よりも“インスタ映え”消費に積極的? 変わる30・40代の金銭感覚

....8%→2018年25.2%)、「株式・債券投資」(2017年7.6%→2018年13.5%)なども5ポイント以上の上昇となりました。 Q.最近1年間、積極的にお金を費やしたことは? (複数回答) 最近ではワーク・ライフ・バランスに着目した働き方改革が推進されていますが、30・40代の消費意欲に変化はあるのでしょうか。働き方改革が進んだら今よりも積極的な消費をしたいと思うか聞いたところ、<周囲で一斉に残業時間が0(残業禁止)になった場合>では「積極的に消費したい」が65.9%、<周囲...

2018年3月7日インテリジェンスフィードバック数:0キャリアとスキル

転職成功者の年齢調査(2017年下半期)

...豊富なミドル層の採用に意欲的な企業は増えています。3. 働き方の変化世の中の働き方に関する意識は今、大きな変化の節目にあります。国や企業は、“一億総活躍社会”の実現に向けて、働く時間や環境の見直し、就労の機会創出などを促進してきました。すでに、柔軟な働き方を可能にするテレワーク、在宅勤務制度の導入や、ワーク・ライフ・バランスの実現に向けた長時間労働の是正、時短勤務の範囲拡大といった仕組みづくりに積極的な企業も少なくありません。結婚や出産を機に仕事を辞める女性が減り、「M字カーブ※」の解消が緩やかに進んでいることや、シニ...

2018年2月27日エン・ジャパンフィードバック数:0ビジネス

女性が直面した退職時のトラブル、 第1位は「会社からの引き止め」。 早めに退職意向を伝えることが、円満退職のカギ

...勤務の人への引き継ぎ。業務の都合上、残業してもらって引き継がないと後任の人が困ると上司に伝えたが取り合ってもらえず、案の定退職後に電話がかかってくる始末。(37歳)「有給休暇の消化など福利厚生が使えない」を選んだ方のコメント◯私の代わりに入社した方が1ヶ月で辞め、次に採用した方の覚えが悪かった。そのため、引継ぎに時間がかかり、空気的にも有給休暇がとりづらく辛かった。(26歳)◯退職の意向を伝えた後の会社の動きが遅く、退職に向けての具体的な話自体も遅れ、有給休暇を残さざるを得なかった。(33歳)2:円満...

2018年2月27日エン・ジャパンフィードバック数:0ビジネス

企業の「メンタルヘルス対策」意識調査

...員のメンタル不調を把握する方法について教えてください。(複数回答可)3:59%の企業がメンタルヘルス対策を実施中。有効な施策は、ストレスチェック、産業医の設置、労働環境改善。(図6・図7)メンタルヘルス対策の有無を伺うと、59%が「実施している」と回答。具体的には「ストレスチェック等による状況把握」(69%)、「産業医の設置」(57%)、「社内に相談窓口を設置」(49%)を行っている企業が多いようです。実際に有効だったもののトップ3は、「ストレスチェック等による状況把握」(39%)、「産業医の設置」(31%)、「残業削減などの労働環境改善」(27...

働き方改革と睡眠調査

...方改革を実践している人の睡眠満足度の高さです。実践していない人は睡眠に満足している人が3割しかいませんが、実践している人では5割近くまで増えており、これはひとつの大きな成果だと考えられます。働き方改革というと長時間労働の是正が注目されがちですが、それだけでなく、仕事に対する自分自身の取り組み方の改革でもあります。仕事は“やらされてる感”が強いとストレスに感じてしまいますが、自らの考えで取り組むようになるとやりがいを感じ、自分への自信につながります。今回の調査で働き方改革を実践している人は、集中力や記憶力なども高くなっていますが、これ...

「企業のリスクマネジメントおよびクライシスマネジメント実態調査」2017年版

...「企業のリスクマネジメントおよびクライシスマネジメント実態調査」2017年版の結果を公表国内で最も優先すべきリスクは「地震・風水害等、災害の発生」(35.9%)で2年連続トップ 日本に本社を構える上場企業に対して、リスクマネジメントならびにクライシスマネジメントの認識や、その準備・対応策の現状把握を目的に調査を実施し、454社から有効回答を得ました。 国内で最も優先すべきリスクは「地震・風水害等、災害の発生」(35.9%)で2年連続トップ「過労死、長時間労働等労務問題の発生」が国...

2018年2月18日Dell EMC★フィードバック数:0企業情報システム

700社以上の中堅企業を対象にした「IT投資動向調査」結果 中堅企業の8割が働き方改革に着手、一方で3割がセキュリティ事故の被害経験ありで対策が急務

...でセキュリティ対策の遅れが露呈多くの中堅企業がセキュリティ事故の被害を受けている一方で、セキュリティ対策の活動が進んでいないのが実態。IPA「中小企業の情報セキュリティ対策ガイドライン」に準拠している中堅企業は4%であり、昨年度の3%から微増しているもののまだまだ十分とは言えない。また、CSIRT活動は1.5%(社外セキュリティチームの加盟:0.4%、社内活動:1.1%)に留まっており、昨年同様、中堅企業のセキュリティ対策は、大幅に遅れていると言っても過言ではない。4. 中堅企業の80%以上が働き方改革に着手中堅企業の81%が働き方改革に着手。目的として、長時間労働の是正(79...

2018年2月16日パーソルキャリアフィードバック数:0キャリアとスキル

転職サービス「DODA(デューダ)」転職成功者の年齢調査(2017年下半期)

...は中長期的な人員計画が立てやすくなりました。3つ目は「働き方の変化」です。国や企業は“一億総活躍社会”の実現に向けて、働く時間や環境の見直しを促進しており、在宅勤務制度の導入や、長時間労働の是正、柔軟な働き方を可能にするテレワークなどの仕組みづくりにも積極的です。また、シニア世代の労働力人口も増加傾向にあり、労働市場自体の平均年齢が上昇していることが、転職成功者の年齢上昇にも影響していると考えられます。企業が社員に求める役割の多様化が進んでいますが、それは裏を返すと、個人...

AI(人工知能)が職場にもたらす影響に関する調査

...する意識調査 [2015年8月27日掲載]診療明細書に関する患者調査 [2015年8月20日掲載]若者の関心と政治や選挙に対する意識に関する調査 [2015年8月3日掲載]インターネットを使った就職活動に関する調査 [2015年7月2日掲載]働く女性の妊娠に関する調査 [2015年2月23日掲載]労働時間に関する調査[2015年1月16日掲載]ブラック企業に関する調査[2014年11月28日掲載]学校教育における「労働教育」に関する調査[2014年11月20日掲載]2014年連合パート・派遣...

2018年2月16日ジーコムフィードバック数:0キャリアとスキル

福岡県居住者の働き方に関する調査

...独自調査「福岡県居住者の働き方に関する調査」結果レポート公開2018/02/06株式会社ジーコム●1か月の残業時間1か月の平均残業時間は17.3時間。男性や20・30代ではやや長い。理想の残業時間は8.9時間で、現状のおよそ半分程度。●残業が減った場合の過ごし方残業が減った分の時間をどのように過ごしたいか聞いたところ、「自宅で家族との時間を過ごす」「趣味、娯楽」が50%以上で突出。特に男性で「趣味、娯楽」の割合が高かった。 調査方法:インターネット調査調査規模:233サンプル調査対象:福岡...

2018年2月15日TSトーキョーフィードバック数:0ビジネス

「働く女子の本音」を調査

...管理職がまだまだ少ないし、同じ仕事をしていても男女で扱いや待遇に差を感じることが多い。産休や育休への理解が足りないと思う事例もよく聞く。(30代前半)■賃金の平均が男性に比べて低く、雇用形態も非正規の割合が高い。妊娠や出産、育児でキャリアに皺寄せがくるのは女性。シングルマザーになってしまうと、充分な生活保障も受けられない。長時間労働で職場に拘束され続けることが前提となっている日本の労働環境において、女性(または病を抱えた人)は圧倒的に不利。(30代前半)■転職活動でも結婚&出産の有無などで、可能...

いまの政治家に問われているのは“人としての信頼感”

...のルール” の存在をなんとなく感じつつ、 「特殊な世界だから」と消極的ながらも容認してしまっていたように思います。ところが近年「自分たち生活者とは“違う世界”に住む政治家」が「 “同じ世界”に住む政治家 」という見方に変化しつつあるように感じられます。それは政治の世界だけでなく、今まで「特殊な業界だから」と暗黙の了解下におかれてきた「芸能界のセクハラ」や「医療・介護・学校業界での長時間労働」「ワンオペ育児」といった最近注目されている問題にも言えることのように思います。かつ...

2018年1月29日保健同人社フィードバック数:0キャリアとスキル

残業時間が「100時間」を超えると、高ストレス者の割合が約2倍に。同時に、高ストレス者においては「上司、家族・友人からのサポート」「将来への期待」等が低いことが明らかに

...う初年度と異なり、受検率が下がることが懸念されましたが、ストレスチェック『Co-Labo』ご利用企業様の受検率は、昨年同様、高い水準となりました。長時間労働がメンタルヘルスに及ぼす影響については、既に広く知られていますが、今回の分析結果でも改めて確認できました。同時に、長時間労働だけでなく、「対人関係」や「周囲からのサポート」「認知によるストレスの原因への対処」にも明らかな差が見られます。各社にて"働き方改革"の取り組みが進められていますが、メンタルヘルス不調を未然に防ぎ、職場の生産性を向上させるためには、長時間労働...

2018年1月26日TSトーキョーフィードバック数:0企業情報システム

AI、アンドロイドのいる世界に賛成?反対?

...ドロイドであることを忘れて本当に恋しちゃいそうです(笑)。Q6:あなたがAI(人工知能)に期待する事や、逆に脅威を感じることは何ですか?■便利な面もあるが、ある程度わきまえないと人間が怠るし、人工知能が人間を上回ることもあると思う。(10代後半)■長時間労働が原因での自殺のニュースなどがよくあるので、時間外労働をしなくても済むようになったら良いと思う。だけどその仕事に対する達成感や充実感は損なわないように、バランスを保ちつつ、AIが世の中で活躍して欲しいと期待しています!(10代後半)■AIによって人々の就職口が少なくなる脅威を感じる。(10代後...

2018年1月26日東京商工リサーチフィードバック数:0社会/政治

2017年を振り返って(下)

...公開日付:2017.12.29厚労省が労基関係法違反企業を公表 押し寄せる「働き方改革」の波 5月10日、厚生労働省労働基準局監督課が、「労働基準関係法令違反に係る公表事案」として法令違反した企業名を初めて公表した。違法な長時間労働や賃金未払いなど、いわゆる「ブラック企業」を想起させるこの企業リストは同省が発表した「過労死等ゼロ」緊急対策の一環だ。違反企業は毎月定期的に掲載され、総数は全国で500社を超えた。企業名の公表は概ね1年間で、公表...

2018年1月25日日経BPフィードバック数:0社会/政治

ベビーシッターサービス企業ランキング2017

...働き方の多様化が広まっているとはいえ、デュアラーに急な残業や出張、休日出勤はつきもの。保育園の預かり時間だけでは仕事が回っていかないこともしばしばですね。そんなときの解決策の一つがベビーシッターです。でも、「頼んでみたいけれど夫が(妻が)反対している」、「他人を家に入れるのが心配」という声もよく聞きます。その背後には、シッターを頼んでいる人が社会的にはまだ少数派で、サービス会社や体験者からの情報が不足しているという事情もあるようです。そこで、日経DUALでは...

2018年1月25日エン・ジャパンフィードバック数:0キャリアとスキル

「派遣の仕事の探し方」についてアンケート調査

...案件が出てくる際の精度も上がる。そうすることで、少しふわふわした状態で始めた転職先探しが、条件や業務内容など自分の希望を絞れていき、残業時間など具体的なポイントで比較することがしやすくなる。(25歳女性)【図2】何を使って仕事を探すことが多いですか?【図3】仕事を探すときの場所はどこですか? ※複数回答可【調査概要】■調査方法:インターネットによるアンケート■調査対象:『エン派遣()』を利用しているユーザー■有効回答数:2,399名■調査期間:2017年10月24日 ~ 11月20日▼日本最大級!派遣のお仕事まとめサイト 派遣...

2018年1月25日IDCフィードバック数:0ビジネス

2017年 従業員が求めるモバイルデバイス調査

...2017年 従業員が求めるモバイルデバイス調査結果を発表 自宅残業を行っている37.8%の回答者は、自宅のPCを利用している 30.2%の企業は、今後持出しができるPCを増加させる予定。また大企業がより積極的に考えている 持出しができるPCの増加する主な理由は、「働き方改革」に加えて「暗号化ソフトが安価となった」「OS標準で暗号化できる」などWindows 10による影響が大きい IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1...

2018年1月25日エン・ジャパンフィードバック数:0キャリアとスキル

「転職のきっかけ」をテーマにアンケート

...を考えるきっかけを伺いました。多かった回答トップ3は、「給与・待遇への不満」(59%)、「将来に対する漠然とした不安」(47%)、「仕事内容への不満」(36%)でした。年代別に見ると、20代は「仕事内容への不満」(46%)、「残業時間の増加」(30%)、「体調の悪化」(27%)のポイントが目立ちました。それぞれの項目を選んだ方の具体的なコメントもご紹介します。【図1】転職を考えるきっかけは何でしたか? ※複数回答可「給与・待遇への不満」を選んだ方のコメント◯昇格しても給与面で変化はほぼなく、仕事量が増えたため。(27歳)◯年功...

2018年1月25日UZUZフィードバック数:0キャリアとスキル

第二新卒・既卒の20代に聞いた 昨今の働き方改革に関する意識調査

...回答)第二新卒、既卒として就職活動中の20代に、働き方改革でよく耳にする制度のうち、「効果があると思う制度」について尋ねたところ、一番多かった回答が男女共に「在宅ワーク(男性20.7%、女性12.6%)」という結果になりました。次いで、男性は「育休・産休(20.0%)」「残業規制(20.0%)」の順番で、女性は「フレックス制度(9.6%)」「兼業/副業(8.9%)」「育休・産休(8.9%)」の順番で多い回答となりました。各制度とも、最大でも2割程度しか「効果あり」と回...

2018年1月25日リスクモンスターフィードバック数:0社会/政治

第6回「お子さん/お孫さんに勤めてほしい企業」調査

...的責任を果たしている↑(1) 土日が休み↓(▲1) 子育て支援が充実↑(1) 退職金や年金がよい↓(▲1) 休暇制度が充実↑(2) 世界的に活動している↓(▲1) 経営者が優れている↑(2) ボーナスがよい↓(▲2) 優秀な人材が多い↓(▲1) 残業が少ない→(0) 企業規模が大きい↑(2) 国内転勤が少ない↓(▲1) 親しみがある↑(1) 有名である↑(1) 学歴のよい人材が多い→(0) 海外転勤が少ない全体子孫44.9%31.4%31.0%28.8%28.5%20.8%19.9%18.3%16.5%15.6%15...

2018年1月25日ウェルクスフィードバック数:0社会/政治

介護職の待遇改善についての調査

...の回答がありました。「平行して、行うべき」「サービス残業が多い」「給与が安いのに労働量が多すぎる。給与の安い業界であってもここまでの仕事量はなかなかないと思う」「ICT、IoTの促進にどんどん助成金を出して業務の簡素化を図りやすくするよう誘導してほしい。」「人員不足を解消し、余裕のある人員配置で働きたい、業務に追われ最低限のことしか行えず、流れ作業になってしまい充実感など得られない」■「介護職の待遇改善について、給与よりも仕事量や勤務時間等を改善してほしい」に「いいえ」と回答した方に、その理由を質問したところ、以下...

2018年1月24日GMOインターネットフィードバック数:0キャリアとスキル

女子中高生とその母親世代に「働き方改革に関する意識調査」

...方改革」を認知している人に、「働き方改革に期待すること・必要だと思うこと」を尋ねたところ、女子中高生・母親ともに「性別・年齢・障がいの有無などに関わらず活躍できる会社になる(女子中高生:57.5%、母親:38.2%)」「残業が少なくなる(女子中高生:50.4%、母親:39.4%)」「有給休暇が取りやすくなる(女子中高生:49.9%、母親:48.6%)」「始業・終業の時間が柔軟に決められるようになる(女子中高生:31.0%、母親:37.7%)」が3割を超え、上位4位に挙がった。特に女子中高生は「性別・年齢...

2018年1月24日シンクロ・フードフィードバック数:0ビジネス

飲食業界における働き方改革の実態調査

...業種との競争力を高めるためにも飲食業界全体で改革に取り組んで行く事が必要な時期に来ていると思う。 (東京都/和食)・ワークシェアリングや外国人の採用、IoTの導入、キャッシュレス化など、既存のやりかたから大きく変えていかないと、大きな変化のうねりに対応できなくなって取り残されてしまう危機感があります。 (東京都/カフェ)<そう思わない>・やはり飲食店において、現状のままではどう考えても難しい。利益が確保できない。ブラック企業を推進するわけではないが、事実上難しい。(東京都/居酒屋・ダイニングバー)・ 実際に勤務時間等の短縮をしたら単純に利益が出ない。 (東京都/そば・うどん)・飲食...

2018年1月24日ディップフィードバック数:0キャリアとスキル

労働時間の上限規制「残業時間100時間未満」への賛否についてのユーザー調査

...した場合は振替えて、別の日にノー残業デーを指定しなければいけない。(maaさん)・改善案を出し合い、改善して承認されれば1件2000円の報酬が与えられる。(けいちゃんさん)・時間前になると周りの人が帰れるように仕事を代わったり、片付けを手伝ったりして本人よりも周りが時間通りに帰れる環境を作っている。(あいやあさん)・終業時間30分前に上司が残務量を把握し、チーム内のメンバーに振れることや〆切日を伸ばすことを指示する。(ゆうこさん)・水曜と金曜はノー残業デーと決められていて、定時の10分前にチャイムが鳴り、そこ...

東京23区アルバイト時給ランキング

...の記事でお伝えした「会社にあったら嬉しい制度・イベントランキング」。ノー残業デーやプレミアムフライデーなど… 2017.09.19働き方改革が進む中、働く人がより心地よく働けるような制度を提供する企業が増えてきています。今年度からプレミアム… 2018.01.18情報サイト開発・運営の株式会社キャリアインデックスは、 「CAREER INDEX転職・仕事実態調査vol.2… 2018.01.12最近良く目にするようになった「リカレント教育」という言葉。社会人の学び直しなどとも呼ばれていますが、その...

2018年1月23日あしたのチームフィードバック数:0ビジネス

従業員からの個別交渉に関する調査

...結果、従業員からの≪条件交渉・相談・訴え≫の有無や事前の対策内容などの実態が明らかになりました。 ※本リリース内の「条件交渉・相談・訴え」は「個別交渉」のことを指します。■あしたのチーム 人事の調査:「従業員からの個別交渉に関する調査」従業員からの個別交渉に関する調査トピックス■会社経営者の56.8%が基本給のマイナス査定の必要性を感じている次いで、「解雇/退職」39.5%、「評価」38.5%の順。■条件交渉・相談・訴えに対して、訴訟に発展するリスクを感じたのは「長時間労働」55.6%が最多■条件...

『働き方改革』の推進に関する実態調査 2017

...を含めた商習慣を変える難しさ」(62.1%)が最も高く、「現場や他部署や他部署との連携が難しい」(54.0%)「マネジメント難度上昇への懸念」(50.3%)が続いた。いずれも、『働き方改革』推進部署だけでは乗り越えられない障害であり、改革を進める企業や個人の知見を集め、組織全体、社会全体で推進していく必要があることを改めて感じさせる結果となった。●労働時間削減は実感されつつあるが、採用力向上やイノベーション進展、キャリア自律の実感はない5割弱の企業が「長時間労働者・労働時間減少」への手応えを感じている一方、「業務効率・労働...

2018年1月23日カオナビフィードバック数:0キャリアとスキル

「社内コミュニケーションと働き方」に関する調査

...する調査を行いました。労働力人口の減少が深刻となり、長時間労働の是正や多様な働き方の実現を目指した政府主導の「働き方改革」が進められている中で、企業としても時代に即した人材管理の対応を迫られています。今後は、社員一人ひとりの個を把握し引き出すことで、いかに生産性を上げていくかを人事だけでなく経営者も考えることが求められています。そんな中、先日、厚生労働省が発表した調査(※1)によると、新卒就職者の3年以内での離職率が2年ぶりに増加し、依然32.2%と高いことから、働き...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ