調査のチカラ TOP > 特集一覧 > データがいっぱい:残業

データがいっぱい:残業

世間の注目が集まる分野には調査データが増加します。「残業」「長時間労働」については、関連調査データもぐっと増えています。

正社員の兼業・副業に関する実態調査

...2017-12-14副業を続けたい正社員は83%!背景には残業規制による収入減も?正社員の副業事情。調査データピックアップTweet厚生労働省が11月20日(月)に開催した「第4回柔軟な働き方に関する検討会」にて、「副業・兼業の推進に関するガイドライン骨子(案)」を提示。ガイドラインでは、兼業・副業を推し進めるにあたり、労働者・企業ともにメリット及び留意点があることを論じ、さらには各々が必要とされる対応が述べられている。そこで、今回パラレルジャーナルでは、現在、正社...

2018年1月17日IDCフィードバック数:0企業情報システム

2018年 国内IT市場の主要10項目

...10月に設立し、働き方改革に乗り出してから3年目に突入した。政府は、長時間労働、労働人口の減少、労働生産性、非正規雇用、ダイバーシティ、子育て/介護などさまざまな問題を働き方改革の議題として挙げている。IDCが調査したところ、企業では働き方改革における課題の上位2項目として、残業時間の削減と労働生産性の向上を挙げている。残業時間の問題については、残業時間の可視化、残業許可制度の厳密化、残業時間に基づいた個別指導などさまざまな取り組みが企業で実行されている。一方で、労働生産性については、ICTを導...

2018年人材マネジメント領域のトレンド予測&キーワード

...を大事にできない人が部下を大事にできないのでは?」との声が。・リクルートマネジメントソリューションズ「長時間労働実態調査」(2017 N=528名)では、今の50代、60代とは労働時間や働き方に関する考え方が違うという問いに対し、78.8%の若者が肯定的な回答を示しました。そこで、実際にどう違うのか若者に聞いてみたところ、上記のような回答を得ました。2. 若者は、多元的な自己を持つようになってきている。社内だけではなく社外の充実も大事。・「意識して自分を使い分けている」という問いに対し、肯定的に回答した若者は、2012年の時点では10年前...

2018年1月17日経営者JPフィードバック数:0ビジネス

エグゼクティブの“飲み会・会食”に関する意識調査

...者は若手時代から外部で人脈開拓を行っていたという回答が最も多かったです。部下との“飲ミュニケーション”は1ヵ月に1回程度との回答が34.1%と一番多く、ほとんど行かないと回答した人は10.3%でした。ほとんど行かない理由としては、「飲むより、他のコミュニケーションをする」「時短や残業を少なくするため、日頃から日中のコミュニケーションを基本としているため」「込み入った話があるときはランチに行く」「飲むことに必要性をあまり感じない」などが挙げられました。働き方も多様化する中で飲ミュニケーションにこだわらない関係構築をするエグゼクティブも増えているという結果に...

2018年1月17日DeNAフィードバック数:0社会/政治

「孫疲れ」に関するアンケート

...どう思われようと(嫌われようと)知恵がついてジジが言ってた事やってた事が正しいと理解されればそれでいい」等の厳しい意見も聞かれた。また、自分に孫を預ける娘・息子(孫の親)については、「よくがんばっている」「忙しそう」という評価が半数を超え、子育てに厳しい時代の親の環境について、一定の理解があることが伺える。「自分たちの時代より大変そうだ」と感じている層も、「そう思う」「ややそう思う」割合が合わせて6割弱となった。自由記述では「娘もフルで働いて、婿さんもブラック企業とは言えないが、かな...

2018年1月17日ビッグローブフィードバック数:0社会/政治

「セクハラに関する意識調査」第2弾

...心が芽生える人が多いことが調査結果で明らかになった。※本調査レポートの百分率表示は四捨五入の丸め計算を行っており、合計しても100%とならない場合があります。また複数回答可の設問があるため、合計100%を超える場合があります。■調査概要調査名:セクハラに関する意識調査調査対象 :インターネットを利用する方のうち、スマホを所有する全国の20代~50代の社会人男女800人調査方法 :インターネット調査調査期間 :2017年11月18日~24日BIGLOBEはこれまで、長時間労働や有給休暇取得など「働き方改革」について調査を実施してきました。そし...

2018年1月17日ユーキャンフィードバック数:0社会/政治

2018年のトレンド予測と資格取得に関する意識調査

...なりそうです。------------------------------------------【トピックス3】アムラー世代の女性が選ぶ、2018年 武器になりそうな資格1位は「ファイナンシャルプランナー(FP)」アムラー世代の女性の約7割が「資格取得・スキルアップに興味がある」と回答2018年に武器になりそうな資格を聞いたところ、1位「ファイナンシャルプランナー(FP)」(34.5%)、2位「TOEIC(R)テスト」(26.8%)、3位「ケアマネジャー(介護支援専門員)」(18.8%)と続きました。今年は、副業の容認や残業ゼロに向けた取り組みなど、政府によって大幅な「働き方改革」が進...

2018年1月16日The Japan Timesフィードバック数:0社会/政治

外国人教師が選ぶ2017年、最も印象に残った日本の出来事・ニュース

...での入れ墨裁判 Osaka court rules tattoo artist’s work violated medical law, was not art or expression 22票 10. 小林麻央さん、逝去 TV presenter Mao Kobayashi, 34, dies after battle with breast cancer 20票調査の結果、「長時間労働是正のための働き方改革」が93票を集めトップとなりました。記事のタイトルにもなっている通り、「karoshi(過労死)」が日...

2018年1月16日ウェルクスフィードバック数:0社会/政治

「保育のAI化」について調査

...待することはありますか?」と質問したところ、以下のようなコメントが寄せられました。「パソコン関連を苦手とする諸先輩方でもやってみようと思えるくらいの扱いやすいソフトの導入」(40代・女性)「寝てる時の呼吸、心拍とかわかるのはいい。保育士のかわりではなく補助としての役割になってくれたらいいと思う」(20代・女性)「シフト作成、残業申請などの保育以外に関する事務処理。行事の衣装製作にどんな材料が必要か、また、その発注処理。こどものロッカー内の管理(着替えやオムツが足りているかどうかなど)」(40代・女性)「子ど...

2018年1月15日IDCフィードバック数:0ビジネス

国内働き方改革ICT市場予測

...方改革ICT市場として算出した結果、その規模は2016年に1兆8,210億円に達しました。2016年時点では、働き方改革に不可欠なモビリティインフラストラクチャであるノートブックPC、タブレット、スマートフォンといったハードウェアが同市場の5割弱を占めています。官民を挙げた働き方改革の大きなきっかけとなった長時間労働の削減に関する取り組みは、2016年から2017年にかけて積極的に実施されましたが、その多くはICTが関わらないものでした。たとえば、上長が部下の残業を細かくチェックして安易に残業...

2018年1月15日ビッグローブ★フィードバック数:0社会/政治

セクハラに関する意識調査

...ターネット調査調査期間 : 2017年11月22日~24日BIGLOBEはこれまで、長時間労働や有給休暇取得など「働き方改革」について調査を実施してきました。そしてこのたび、世界中でセクシャルハラスメントに関する事件が多発しており、国内における実態を調査しました。BIGLOBEはネットとリアルの世界の「Life-changing Company」を目指し、お客さま一人ひとりのかなえたい想いを実現してまいります。※記載されている会社名および商品名は、各社の登録商標または商標です。BIGLOBEカスタマーサポート イン...

社会人1年目の仕事と時間意識

...Q1.職場に慣れてきたと感じたのは、勤め始めてどのくらい経ってからですか?Q2.職場で失敗しても新入社員を理由に大目に見てくれたのは、勤め始めてからどのくらいまでですか?Q3.職場に着くのは、始業の何分前が多いですか?Q4.寝坊や二日酔い、勘違い、失念など自分の失敗で遅刻をしたことはありますか?Q5.1日の勤務時間(残業を除く)のうち、集中して仕事をしている時間はどのくらいですか?Q6.「無駄だ」と感じる仕事時間はありますか。下記から3つ以内でお選びください。Q7.終業後、上司...

2018年1月15日日本能率協会フィードバック数:0キャリアとスキル

第8回「ビジネスパーソン1000人調査」【働き方改革編】

...格差 なくならない」「残業 減らない」。対して、「働き方改革」を実感している人の理由は、上位から「残業 減った」「有休 取りやすくなった」「女性活用 進んだ」。3.「働き方改革」に向け、今後職場に望むこと、男女とも「有休取得」がトップに。2位以下は、男性「長時間労働の是正」「管理者の意識改革」、女性「非正規社員から正社員への登用」「週休3日制の導入」。※詳細は下記全文PDFをご覧ください。【調査概要】調査名称第8回「ビジネスパーソン1000人調査 」【働き方改革編】調査期間2017年9月27日〜2017...

2018年1月12日オールアバウトフィードバック数:0社会/政治

今年多くの人が決断した5つの「コト」ランキング、All About「国民の決断アワード2017」を発表! 1位は「~意外にできた”働き方改革”~定時に帰る決断」

...きるよう支援していきます。【総合ランキング詳細】■1位 意外にできた「働き方改革」~定時で帰る決断(キャリア部門)少子高齢化に伴う労働力不足を受け、国が主体となって推進している「働き方改革」。出生率を上げる妨げにもなっていると考えられる長時間労働の是正と、主要7カ国で最も低い労働生産性の向上は急務とされており、多くの企業において残業時間の見直しや業務効率化のための施策が推進されています。オールアバウトが11月上旬、首都圏(1都3県)に住む20代から50代までの会社員男女を対象に行ったインターネットリサーチ(有効回答445名...

2018年1月10日リクルートフィードバック数:0社会/政治

美容・人材派遣・飲食・住まいなど8領域の新たな兆し 2018年のトレンド予測

...び、今後そのような「ボス充」な上司が増えていくと予測。 背景①働き方改革による余剰時間の活用:残業削減を実施している企業は85.7%となっており、削減した余剰時間を有効に活用する上司が増加。②上司に対する若者の評価基準の変化:「仕事人間」「会社人間」な上司よりも社外活動が充実しているほうが、人間的に魅力があると思うと答えた20代一般社員は40.2%。また今の50~60代とは労働時間や働き方に関する考え方が違うと回答した20代は78.8%。▼詳細はこちらをご覧ください。飲食領域:「ピット飲食」軽い...

20代の金銭感覚についての意識調査2017

.../配偶者の職場)で一斉に<残業禁止>になったら、今より積極的に消費したいか聞いたところ、「積極的に消費したい」が73.6%となりました。残業がなくなり、終業後の時間に余裕時間が持てるなら、今よりも20代の消費意欲は向上するようです。 また、周囲で一斉に<柔軟な働き方(在宅勤務や週休3日など、自分に合った働く場所・時間が選択可能)>が当たり前になったら、今より積極的に消費したいか聞いたところ、「積極的に消費したい」が75.4%となりました。自分に合った柔軟な働き方が選択できるようになれば、20代の...

2018年1月10日スマートキャンプフィードバック数:0企業情報システム

クラウド事業者が選ぶ2017年SaaS業界「10大キーワード」1位は○○! Dropbox、freeeなど【ボクシル調査レポート】

...する独自アンケートを行いました。調査の結果、第1位は「働き方改革元年」という結果となりました。政府主導で推進する「残業規制」の動向、「テレワーク」「副業」の浸透状況とそれに伴う新制度の導入・改訂などといったさまざまな動きがあり、SaaS・クラウドサービス業界内でも注目を集めた結果となりました。2017年1月1日、安倍総理が働き方改革について触れ、政府主導の長時間労働の削減に関する是正やテレワークデイなどを実施しました。その結果、業界を問わず業務効率化を目的とした部署横断的チームを作る企業が増えたり、業務効率化につながるSaaS...

2018年1月5日ディスコフィードバック数:0キャリアとスキル

就活生・採用担当者が考える「ブラック企業」とは? ~就活生・採用担当者に聞いた「ブラック企業」の基準(2017年11月発行)~

...データの比較を行いました。(企業調査:調査時期2017年9月27日〜10月4日、回答社数 全国の主要企業1,362社/学生調査:調査時期2017年10月2日〜10日、回答者数1225人)[1] 自社をブラック企業だと思う学生の存在について/企業調査[2] 「ブラック企業」だと思う条件/企業調査・学生調査[3] 「ブラック企業」になると思う目安/企業調査・学生調査�@「大卒新卒者の入社後3年の離職率」�A「1ヵ月の残業時間」�B「年間の有給休暇取得日数」■参考 「ブラック企業」に対する考え方の変化(2014年の...

2018年1月5日ニューロスペースフィードバック数:0ライフスタイル

2017年度「睡眠負債」実態調査

...を出すために少ない睡眠時間での労働(家事)を良しとする文化が残っている点が挙げられます。相対的に欧米諸国では、睡眠を削って労働をするという概念は乏しく、部署・仕事内容によってフレックスに出社時間を調整でき、結果を出すために自分に必要な睡眠時間を確保できる労働環境が相対的に整っていると言えます。また、日本でも、最近ではプレミアムフライデーやノー残業デーといった働き方改革の取り組みが増えていますが、そこで生まれた時間を睡眠に対して有効に活用できている事例はあまり聞くことがありません。社会的背景に加えて、調査結果でも明らかなように、睡眠...

2018年1月5日イー・ガーディアンフィードバック数:0マーケティング

「2017年ネットバズワードランキング」

...レンド入りをする等、継続的に一定量の投稿数をキープしたことが順位に影響したと考えられます。また、「プレミアムフライデーなのに残業だよ…」「毎日忖度ばかりしている。一度は忖度される側になってみたい」といった日々のつぶやきや愚痴として “自分事”化しやすいワードが上位にランクインする傾向が見られました。一方、政治関連で話題となった「このハゲー」「一線は越えていません」は、政治批評やネタ的に使用されるケースが中心となり、日常のシーンで使いやすい言葉では無かったのかランキングでは下位に沈みました。【2017年 ネッ...

2018年1月5日フーディストフィードバック数:0キャリアとスキル

人材確保のために待遇改善を実施していますか?

...答した方に伺います。よろしければその理由をお答えください。(回答任意) 働く側だけのサポートでは、業界の衰退になるような気がします。双方の在り方の改革を考えて行きたい。 (大阪府/居酒屋・ダイニングバー) 飲食店の事業モデル自体が狂ってくるから。 (愛知県/寿司) やはり飲食店において、現状のままではどう考えても難しい。 利益が確保できない。 ブラック企業を推進するわけではないが、 事実上難しい。 (東京都/居酒屋・ダイニングバー) 上場企業などの大きいところは必要だと思うが、自分...

2018年1月5日イーオンフィードバック数:0社会/政治

イーオンの外国人教師が選ぶ【2017年、最も印象に残った日本の出来事・ニュース】

...の結果、社会的に大きな関心が寄せられている「働き方改革」の記事に始まり、これからの未来を象徴するロボットホテルやパンダ誕生の記事など、幅広い話題が英字新聞でも注目を集めていることがわかる結果となりました。主な調査結果は以下の通りです。 ■外国人教師にとって最も印象的だった出来事は日本の「働き方改革」。調査の結果、「長時間労働是正のための働き方改革」が93票を集めトップとなりました。記事のタイトルにもなっている通り、「karoshi(過労死)」が日本語発祥の英単語として定着してしまうほど、外国...

2017年12月28日宣伝会議フィードバック数:0社会/政治

2016年「ワースト不祥事」ランキング

...2016年「ワースト不祥事」ランキング、1位は「舛添要一・前東京都知事政治資金問題」―月刊『広報会議』調べ 広報・メディア対応の専門誌『広報会議』(宣伝会議刊)が全国の男女1000人に調査 2位「ベッキー&ゲス川谷不倫騒動」、3位「電通の新入社員過労自殺」評判を落とした原因は「うそ・隠ぺいの姿勢」がトップ、発覚後の広報対応が重要に。 広報・メディア対応の専門誌『広報会議』(株式会社宣伝会議 発売、社会情報大学院大学出版部 発行)は11月、2016年に発覚した企業・団体・個人...

2017年12月28日リスクモンスターフィードバック数:0キャリアとスキル

第1回「若手社員の仕事・会社に対する満足度」調査

...「サービス残業が多いから」(回答率54.5%)となり、次いで「有給休暇を取得できないから」(同36.4%)、3位が「休日出勤が多いから」(同27.8%)の順となった。上位項目については、男女別、入社年次別のほぼ全てのセグメントにおいて、回答率が高い。特に「サービス残業が多い」は、勤務先をブラック企業だと思っている人の約半数が感じていることであり、企業側としては優先的に是正を図らなければならない事象といえよう。(図表H)図表H 第1回「若手社員の仕事・会社に対する満足度」調査 / ブラック企業...

2017年12月27日アデコフィードバック数:0キャリアとスキル

日本で常勤として働くホワイトカラーの外国人財300名を対象にした調査

...ったことがある日本独自の習慣の具体例としては、「上下関係」や「年功序列」の厳しさをはじめとする組織文化、「会議が長い」「残業が多い」などの労働時間に関すること、「報・連・相」や「根回し」といった細かいコミュニケーションが求められる業務プロセス、必ずしも生産性やパフォーマンスで評価されない「評価基準のわかりにくさ」などが多く挙げられた。 <総論>今回調査を行った結果、日本で常勤として働くホワイトカラーの外国人財の多くが、現在の就労環境に全体としては満足しており、これからも日本で働きたいと考えていることがわかりました。また、日本...

介護従事者向けに、働く職場での人材不足の実態についてアンケート

...ント)ともっとも多く、次いで「休みがとりにくい」が61.8%(94カウント)となりました(複数回答)。それ以降は「予定外の残業が多い」(28.3%/43カウント)、「希望する勤務時間・日数より多く働いている」(25%/38カウント)、「残業時間が長い」(16.4%/25カウント)と続きました。仕事の負担が多いときや、望んだ働き方ができないときに人材不足を感じてることが分かります。半数以上が「給与の低さ」について言及(3)人材不足の原因は何だと思いますか?自由...

日本の会社員が最も求めているのは「休暇」

...厚生は大切だと感じている」と回答したのは、全体の96%を占める結果となりました。 この調査の一貫したテーマとして、「休暇」「休養」「フレックスタイム」が強く求められていました。 長時間労働が社会問題となっている、日々の忙しいスケジュールに追われている日本の会社員は、リフレッシュできる「オフの時間」を最も望んでいます。平成27年の厚生労働省の調べによりますと、日本での有給休暇日数の平均消化率は48.7%で、先進国の平均日数を大きく下回ります。 厚生労働省の調べによると、1,000人以上の大手企業の11.2%のみ...

2017年12月26日ウェルクスフィードバック数:0社会/政治

現役介護職員160名にアンケート調査を実施!97%が「人材不足を感じる」一方で対策は「特にしていない」が4割

...がとりにくい」が61.8%とそれぞれ過半数を超えました。以降「予定外の残業が多い」(28.3%)「希望する勤務時間・日数より多く働いている」(25.0%)と続き、いずれも仕事の負担が多いときや望んだ働き方ができないときに人材不足を感じることが分かります。さらに、自由回答にて「人材不足の原因は何だと思いますか?」ときいたところ、全回答120件中64件が「給与の低さ」について言及していました。【自由回答(一部抜粋)】・ハードな仕事な割に待遇が良くない。(男性/40代)・国の人員配置基準が少ない。(男性/50代...

2017年12月26日インテリジェンスフィードバック数:0キャリアとスキル

転職理由ランキング< 2017年4月~9月>

...の給与に一律に反映する企業は限定的でした。そのため、年収に不満を持つ人の中には、同じ会社にいても給与が上がらないのではないか、自身の仕事が正しく評価されていないのではないかと考えた人も多かったようです。また、この半期は「働き方改革」によって、長時間労働の抑制に力を入れた企業が多かったため、残業代の減少を理由に「年収に不満がある」と答えた人がいたことも特徴的でした。転職市場の求人数は増えており、求人のバリエーションも広がっています。個人側は、求人数が多いという情報や、知人...

2017年12月26日エン・ジャパンフィードバック数:0キャリアとスキル

「働き方改革」についてアンケート

...な労働時間がある。(36歳)◯長時間労働する事が、美徳であるかの様に語るマネジメントが多い。(42歳)◯会社の中での仕事時間は確かに減ったが、その分家でやる仕事時間が増えた。(48歳)◯残業して長く働く人=頑張っているという古い評価の見直しが進んでいない。効率良く、業務量をこなして残業している人と効率、生産性が悪く残業している人を作業時間で評価することの見直しが必要。(51歳)◯長時間働くことを厭わない=残業代ありきで生活基盤を築いており、働き方改革により労働生産性が向上すれば、収入源がなくなり、と考...

2017年12月26日ディスコフィードバック数:0キャリアとスキル

就活生・採用担当者が考える「ブラック企業」とは?

...データの比較を行いました。(企業調査:調査時期2017年9月27日〜10月4日、回答社数 全国の主要企業1,362社/学生調査:調査時期2017年10月2日〜10日、回答者数1225人)[1] 自社をブラック企業だと思う学生の存在について/企業調査[2] 「ブラック企業」だと思う条件/企業調査・学生調査[3] 「ブラック企業」になると思う目安/企業調査・学生調査�@「大卒新卒者の入社後3年の離職率」�A「1ヵ月の残業時間」�B「年間の有給休暇取得日数」■参考 「ブラック企業」に対する考え方の変化(2014年の...

2017年12月25日高橋書店フィードバック数:0キャリアとスキル

「働き方改革」に関するアンケート調査

...方改革」に取り組む企業に勤めるビジネスパーソンの約8割が 業務効率化・生産性向上のために「紙の手帳」を活用!株式会社 高橋書店(本社:東京都文京区 代表取締役社長:高橋秀雄)は、11月23日「勤労感謝の日」を前に、「働き方改革」に関するアンケート調査を、日本全国のビジネスパーソン男女730名を対象に行いました。その結果、「働き方改革」(長時間労働の改善)に取り組む企業に勤めているビジネスパーソンの約4割が、“ジタハラ”(時短ハラスメント)被害につながる悩みを抱えていると回答。また、「働き方改革」に取...

中堅企業の管理職300名以上に聞く、日本の景況感と会社経営トレンド

...組んでいる」と回答しました。“働き方改革”の取り組みは、中堅企業、大企業ともに「長時間労働の是正」がトップ中堅企業で現在実施している取り組みでは「長時間労働の是正」(39%)が最も多く、「従業員の能力の向上」と「休暇の取得促進」(各31%)が続きます。実施率は4割を下回り、半数を割る状況のようです。対して大企業は、「長時間労働の是正」(90%)が最も高く、次いで「女性の活用」(89%)、「子育て、介護、病気の治療と仕事の両立の支援」(85%)となり、実施率はいずれも9割近い結果となりました。中堅...

2017年12月15日お金のデザインフィードバック数:0キャリアとスキル

働き方の調査

...人がその効果を感じられておらず、就業時間内に終わらない仕事を外に持ち出したことがある人が半数を超えるなど(51.0%)、働く人々の忙しさを顕在化する結果となっています。終身雇用制度の崩壊や人口の減少、そしてテクノロジーの進化によって働く環境も変化した社会。仕事の量は変わらないのに働ける人や環境が変わってきているのが現状です。残業規制が進む中、単に労働時間に対するアナログな方法では解決できない問題も、「仕事を持ち出す経験がある」という回答が多いことからも、今回の調査では浮き彫りになりました。特に...

2017年12月13日マイナビフィードバック数:0大型消費/投資

恋人と過ごすイベントはどれ?

...あなたは多数派? 少数派? 直感で答えるアンケート。みんなの本音が見えてくる。 すべて二者択一で切り取ります!! マイナビニュース会員男女500名に聞いています。恋人と過ごすイベントはどれ?お盆はさすがに家族とご先祖様を迎えますよね 先日のハロウィンは、皆さまはどなたと一緒に過ごされましたか? 家族? 恋人? いいですねえ。ちなみに、私は残業でした!!「クリスマスは恋人と過ごす」。どこの誰が作った風習なのか分からないですけど、今となっては恋人と過ごす人が多いですよね。でも実際のところ、それ...

兼業・副業の実態に関する調査

...を続けたい正社員は83%!背景には残業規制による収入減も?正社員の副業事情。調査データピックアップ...

職種によって未婚率は違う?!「不定休・長時間労働」が恋愛や結婚のハードルに

...【恋愛マッチングサービス Omiai】職種によって未婚率は違う?!「不定休・長時間労働」が恋愛や結婚のハードルに。 Omiaiで選択可能な職種が約1.5倍増加、相手の休日も検索可能に!~新ブランドコピー「気づいたら、お似合い。」も発表~「Omiai」()は、総務省統計局による「就業構造基本調査(平成24年)」で未婚率が高いとされる職業のデータから、その理由を「不定休・長時間労働」が共通する特徴と分析しました。Omiaiでは未婚化・晩婚化が進む原因の対策法とし、同サ...

2017年12月12日アデコフィードバック数:0社会/政治

介護に携わった経験のある管理職600名を対象に調査

...いてアンケート調査を実施しました。2017年1月に「改正育児・介護休業法」が施行され、通算93日取得可能な介護休業の分割取得や、介護休暇の半日単位での取得、所定外労働(残業)の免除が認められるようになりました。さらに10月の改正では、企業に対し、これらの制度を社員に周知する努力義務が課せられるなど、介護と仕事の両立支援策の拡充が進んでいます。実際に、少子高齢化が進む中、働き盛りの世代は、親族の介護と仕事の両立を迫られています。管理職は、自身が仕事と介護の両立に直面しながら、一方で、「ケアボス」という言葉に表されるように、介護...

2017年12月12日beBit★フィードバック数:0キャリアとスキル

eNPSは何によって上がるのか ー 16業界eNPS調査結果【前編】

...係を順に見ていきます。1.「労働時間」が長くてもeNPSは下がらない図4)一日あたりの平均労働時間別eNPS昨今注目を集めている「長時間労働問題」。 もちろん過剰な労働は推奨されるものではありませんが、それだけがeNPSを下げる要因ではないようでした。1日の平均労働時間別に集計した場合、最もeNPSが高いのは、5時間〜9時間の-60.4、また最も低いのは13時間〜15時間の-78.1でした。これだけを見ると、長時間労働の方がeNPSは低くなる傾向に見えますが、1日の平均労働時間が15時間以上の場合は-66.6とな...

2017年12月12日LINE WORKSフィードバック数:0キャリアとスキル

働き方改革関連調査「中小企業の働き方改革意識・実態調査」を実施

...働き方改革関連調査「中小企業の働き方改革意識・実態調査」を実施 中小企業、約4割が働き方改革実施。うち約7割「長時間労働の是正」に着手若手社員ほど効果を実感している傾向にITによる働き方改革、1位が「メール、電話以外のコミュニケーションツール」を導入 「LINE」と繋がる唯一のビジネスチャット「LINE WORKS」を提供するワークスモバイルジャパン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:石黒豊、以下「ワークスモバイルジャパン」)は、働き方改革に関連した調査、「中小...

2017年12月12日アサヒビールフィードバック数:0ライフスタイル

ワインの季節到来! ワイン選びのポイントを教えて?

...理やイタリアン等の「洋食」メインのときには、ヨーロッパの食文化に倣い、ワインの準備が欠かせないというご家庭が目立ちました。特に味覚の秋は、旬の食材とのマリアージュを楽しみにする声も多く、ワインは食事と密接に結び付いたお酒であることがうかがえます。ゆっくりと優雅な晩餐を際立たせてくれる存在と言えるでしょう。 「週末」「休前日」「ノー残業デー」など、ストレスから解放されるとワインを開ける3位は「週末・休日に」(33.4%)。「週末などゆっくりした気分の時に飲むことが多い。秋になると夜が長くなってくるし、家で...

2017年12月11日保育士就活バンクフィードバック数:0キャリアとスキル

アンケートで新卒3年目までの離職率の高さが浮き彫りに 「保育士就活バンク!」調査

...の園をやめた理由は何ですか? 離職理由で「結婚・出産」と並んで高いのが、「人間関係」です。他の理由も見てみると、23%の方が「残業が多い」、約18%の方が「待遇がよくない」、「休みが少ない」という理由で辞めています。 保育士の方々自身が就職活動を振り返って それでは、就職活動を終えた保育士の方々が自身の就職活動を振り返って、どう感じているのかを見てみましょう。「もう一度就職活動をするとしたら、どんな点を重視したいですか?」と聞いた結果が以下の通りです。 もう一度就職活動をするとしたら、どんな点を重視したいですか? 「もっ...

2017年12月5日エン・ジャパンフィードバック数:0キャリアとスキル

20代転職希望者の9割は、未経験職種への興味あり。 8800人に聞いた「未経験職種へのチャレンジ」

...「自分に合う仕事かどうかの判断がつかない」(50%)、第3位は「十分な研修・教育制度があるか」(49%)という結果になりました。総じて、20代は他の年代よりも不安を感じているポイントが多いことが分かります。特に年代差が出た項目は、「良い人間関係が築けるか」(20代:41%、30代:33%)、「残業などの勤務スタイル」(同:30%、21%)でした。【図3】未経験の職種にチャレンジしたいと回答した方に伺います。チャレンジするうえで不安に思うことを教えてください。(複数回答可)4:未経...

2017年11月28日エン・ジャパンフィードバック数:0キャリアとスキル

20代転職希望者の9割は、未経験職種への興味あり。 8800人に聞いた「未経験職種へのチャレンジ」

...「自分に合う仕事かどうかの判断がつかない」(50%)、第3位は「十分な研修・教育制度があるか」(49%)という結果になりました。総じて、20代は他の年代よりも不安を感じているポイントが多いことが分かります。特に年代差が出た項目は、「良い人間関係が築けるか」(20代:41%、30代:33%)、「残業などの勤務スタイル」(同:30%、21%)でした。【図3】未経験の職種にチャレンジしたいと回答した方に伺います。チャレンジするうえで不安に思うことを教えてください。(複数回答可)4:未経...

2017年11月28日高橋書店フィードバック数:0社会/政治

「働き方改革」の推進で約4割のビジネスパーソンが “ジタハラ”(時短ハラスメント)被害予備軍?!

...ジタルツールの併用が有効であることがわかりました。※“ジタハラ”(時短ハラスメント)とは?現場をよく知らない会社の上司などから、「残業をするな」、「(仕事が終わっていなくても)定時に帰れ」と、長時間労働を改善するための具体的な対応策の提案がないまま、頭ごなしに業務を切り上げるよう強制されることを“ジタハラ”(時短ハラスメント)といいます。「働き方改革」(長時間労働の改善)が推進されるようになり、仕事がまわらなくて現場がパニックに陥るというケースも出てきており、特に責任感が強く真面目なビジネスパーソンほど「帰れ、帰れ」と言...

2017年11月21日アデコフィードバック数:0ビジネス

介護離職を考えたことがある管理職は47.5%、7割以上の管理職が「介護と仕事の両立」に不安を感じていることが明らかに

...いてアンケート調査を実施しました。2017年1月に「改正育児・介護休業法」が施行され、通算93日取得可能な介護休業の分割取得や、介護休暇の半日単位での取得、所定外労働(残業)の免除が認められるようになりました。さらに10月の改正では、企業に対し、これらの制度を社員に周知する努力義務が課せられるなど、介護と仕事の両立支援策の拡充が進んでいます。実際に、少子高齢化が進む中、働き盛りの世代は、親族の介護と仕事の両立を迫られています。管理職は、自身が仕事と介護の両立に直面しながら、一方で、「ケアボス」という言葉に表されるように、介護...

2017年11月21日アイデムフィードバック数:0キャリアとスキル

2018年3月卒業予定者の就職活動に関する調査 【10月1日時点の状況】

...08日 調査結果※一部抜粋≪就職活動の進捗状況≫【主な活動】「面接・試験段階」7.2%「内定獲得/就活継続段階」8.9%「内定獲得/就活終了段階」78.3%【各活動ステータスに到達した学生の割合】「内定獲得段階(内定獲得率)」87.9%(前年比-1.2ポイント)≪内定ブルーの実態≫内定ブルーの経験「あり」が81.1%で年々増加傾向に内容は「社会人としてやっていけるか」「同期や社員とうまくやれるか」≪働きやすい企業だと感じる制度や取り組み≫1位「残業削減・禁止の取り組み」46.0%2位「有給...

じわり存在感、「パワーカップル」の妻の特徴は?

...のキャリアコース選択には、夫の長時間労働や社会的風潮などの外的要因が大きな影響を与える。また、妊娠・出産を経て育児休業や時間短縮勤務等を利用すると、昇進・昇格とは縁遠い「マミートラック」に固定されがちな状況もある。現在のところ、女性が働き続けるには「マミートラック」か、管理職コースを目指すかという二択になりかねず、これが少なからず子育て期の離職にもつながっている。不本意な理由による離職は、労働者個人にも社会全体にも不利益だ2。働き方の多様化に向けた政策が進められているが、キャリアコースを自由に選択できれば、生涯...

1万人を対象に「仕事を通じた成長」に関する実態調査 ~「成長実感」は「成長志向」の3倍、組織のパフォーマンスに影響~

...成長実態調査 調査方式:インターネット調査 対象者:全国の有職者(雇用形態問わず) 10,000人(男女15-69歳)※年齢×性別×雇用形態 は国勢調査の分布に従う 調査項目:所属する組織の状況、個人の働き方(勤務制度、残業時間、就業満足度など)、自己啓発活動の状況、上司マネジメントの実態、転職状況、仕事を通じた成長について、などの57問 調査時期:2017年3月末■調査結果①:成長している「実感」は、成長を重要だと思う「志向」の3倍、組織のパフォーマンスに影響 就業者が仕事を通じた成長を「重要...

2017年11月15日MS&AD基礎研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

「働き方」に関する意識調査

...思わない)で評価を得た。図表1を確認すると、ブラック企業だと感じる人(「そう思う」「ややそう思う」と答えた人)が特に多いのは「定着率が悪い・離職率が高い」「人手不足が慢性化している」「サービス残業がある」といった項目であった。①20代や女性:厳しい「ブラック企業」イメージ性別・年代ごとに分析すると、20代男性と30代男性の「ブラック企業」に対するイメージのギャップと、女性のブラック企業に対する厳しい認識が確認できる。図表2は図表1の設問のうち、「そう思う」「ややそう思う」の合計値を比較し、ギャ...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ