調査のチカラ TOP > 特集一覧 > データがいっぱい:残業

データがいっぱい:残業

世間の注目が集まる分野には調査データが増加します。「残業」「長時間労働」については、関連調査データもぐっと増えています。

2017年7月27日イマージョンフィードバック数:0キャリアとスキル

残業実態調査

...い組織づくりを目指して、業界でいち早く『残業診断』を開発。今後も日本社会において喫緊の課題ともいえる「働き方改革」、「ワークライフバランス」の問題解決のために、残業の客観的実態、原因、心身の健康との関係を多面的かつ総合的に分析し、残業ゼロに向けた効果的な解決策を提案します。残業実態調査レポートについて(要約)全産業平均で月平均30時間弱の残業が発生、5.1%は過労死ラインを超える残業量であり、不払い(サービス)残業も4割以上存在、運輸、ICT関連、建設等が残業...

「働き方改革」と「長時間労働」に関する調査

...が多い部署への勧告」(71.1%)。次いで、「長時間労働者(本人)への警告」(57.4%)、「残業時間の事前申請制度」(55.8%)、「有給取得の推進」(54.1%)、「ノー残業デーの実施」(53.0%)と続く。比較的人事・労務担当者が時間や労力をかけずに実施できる施策が上位となっている。 ■長時間労働を改善するために重要だと思う施策と、実際に実施している施策の差を見ると、最も大きく差が 開いたのは『残業時間の削減を評価する人事』(58.4ポイント)。次いで、『業務の標準化』(52.8ポイント)、『会議...

2017年7月27日エン・ジャパン★フィードバック数:0ビジネス

「テレワーク」実態調査

...点を聞くのにも時間がかかり、不便な点が多い。(34才男性)○日本の風土では現段階で時間管理が個人任せなので、時間外労働が助長される。長時間労働になる。プライベートが仕事に侵食された経験から。(42才女性)【図7】テレワークで働いたことがある方に伺います。引き続きテレワークで働きたいと思いますか?5:テレワーク未経験者の53%が「テレワークで働いてみたい」と回答。テレワークで働きたい理由のトップは「通勤時間を短くしてプライベートを確保」、働きたくない理由のトップは「仕事とプライベートをハッキリ分けたい」。(図8・図9・図10...

2017年7月27日マイナビフィードバック数:0キャリアとスキル

2018年卒マイナビ企業採用活動調査

...にアピールしている福利厚生やワークライフバランスの内容働き方改革が叫ばれる中、働き方やワークライフバランスに関する学生の意識も高まっている。それに伴い、採用広報において具体的にどのような点を学生にアピールしているかを聞いた。最も多い回答は「育児休業取得後の職場復帰率」(45.9%)で、「育児休業からの復帰後の時短勤務制度」(38.3%)が続き、企業は育児休業に関する情報を積極的に開示していることが分かる。次に「残業がないこと・残業時間が少ないこと」(33.2%)、「有給休暇の取得率」(30.8%)となり、長時間労働是正の機運が高まる中、これ...

2017年7月25日エン・ジャパンフィードバック数:0ビジネス

「テレワーク」に関するアンケート調査

...ワーク導入の上で、難しいと思ったポイント」は、第1位「テレワーク社員の時間管理」(45%)、第2位「テレワーク時の業務ルールの設定 ※始業・終業の連絡・会議出席など」(42%)、第3位「テレワーク社員とのコミュニケーションロス」(29%)でした。「公私の区別がつけづらくなり、緩く拘束してしまう時間が増えるのではないか」(商社、11~30名規模)、「就業時間の判別が難しくトラブルにつながる懸念がある」(商社、31~50名規模)といった声が寄せられています。【図6】テレワーク導入企業に伺います。テレ...

2017年7月24日ディップフィードバック数:0キャリアとスキル

働く非正規社員の実態調査

...業務と関係ない研修・勉強会・会議への参加」は、約60%が許容できると回答。一方で「転勤・部署異動の命令に従うこと」「残業命令へ従うこと、サービス残業の可能性があること」については、約40%が許容できないと回答しました。(Q3) Q3. 雇用形態のしばりがなくなったとき、 正社員の特徴とされる以下のポイントを仕事で負うことになるかもしれません。 それについてどう思いますか?~Q3-1. 「大きな業務などの判断する責任を負うこと」~~Q3-2. 「転勤や、部署移動などの命令に従うこと」~~Q3-3.「直接...

36協定に関する調査

...42.3%でした。業種別にみると、「導入すべき」が最も高くなったのは建設業で46.5%、次いで、教育・学習支援業が45.2%、金融・保険業が43.8%、運輸業が42.9%で続きました。平均残業時間が長い業種でより勤務間インターバル制度の導入が望まれる傾向がみられました。※2 「勤務間インターバル制度とは、1日の勤務終了時から翌日の始業時間まで、一定時間以上の休息時間を設けることで、働く人の生活時間や睡眠時間を確保する制度」と説明[今回の調査に関する見解 (白河桃子 相模女子大学客員教授)]36協定を結ばず長時間労働...

2017年7月22日all engineer.jpフィードバック数:0ライフスタイル

若手社会人の4人に1人は「五月病になった」と感じていた

...若手社会人の4人に1人は「五月病になった」と感じていた~GWの長期連休、長時間労働や職場環境への不満などが五月病の原因か~ポイント若手社会人の27.7%が「五月病になった」GWの長期連休、長時間労働や職場環境への不満などが五月病の原因か調査概要エンジニアのためのキャリア応援マガジン「fabcross for エンジニア」では、社会人1~3年目の技術系会社員150人と事務系・その他会社員150人を対象に、「新社会人・若手社会人の意識調査」を実施しました。今回は新社会人・若手社会人に聞いた「五月...

36協定に関する調査2017

...イベートの時間を確保できるほうがよい」が6割強・プライベート時間vsやりがい 50代男性では「労働時間が長くても、やりがいが多いほうがよい」が多数派に・心身の健康に支障をきたすと感じる1ヶ月の残業時間 平均46.2時間・勤務間インターバル制度導入の必要性は? 「導入すべき」が約4割で「導入の必要はない」の2倍に1今回の調査に関する見解 (白河桃子 相模女子大学客員教授)36 協定を結ばず長時間労働をさせている企業が多い。その実態がこの調査でよくわかります。「勤め先が 36 協定を『締結している』4 割半ば」という数字は、締結せずに強いられる違法残業...

若手とベテランの仕事に関する意識調査

...とベテランの仕事観の違い》 ・・・・・・・P. 2-5◆急な残業は若手のやる気を削ぐ?若手のモチベーション 1 位「就業時間内」2 位「計画通り」◆ベテランのモチベーション 1 位「レベルの高い仕事」2 位「成果に見合った給料」3 位「お客さまからの感謝」◆「大事な会議」と「急病の家族」だったらどちらを優先? 若手もベテランも“家族を優先”が多数派◆若手よりもベテランは上司の誘いを上手にかわす?「上司より気になる異性との食事を優先」ベテランの 6 割半◆働き方改革は若手を刺激?「週休 3 日制」や「プレミアムフライデー」賛成...

2017年7月13日VMwareフィードバック数:0ビジネス

ビジネスにおけるスマートデバイスの利用動向に関するアンケート調査

...者自身にとって最も重要なテーマについての設問では、「長時間労働の是正」が30.8%と最も多く、次いで「生産性向上や賃上げ」が15.8%で続きました。また、勤務時間内に自宅など社外で勤務する「テレワーク」、「在宅勤務」が、働き方改革に貢献するかどうか聞いたところ、54.5%が「貢献する」と回答し、同じく約半数の46.4%が「テレワーク」、「在宅勤務」をしたい/させたいと考えています。「テレワーク」「在宅勤務」をしたい/させたい理由の1 位は「ワークライフバランスの向上」(62.7%)で、次いで「生産性や創造性の向上」(51.5%)が続きました。一方...

2017年7月11日アイ・キュー★フィードバック数:0キャリアとスキル

日本の人事部 人事白書2017

...策実施の有無とその効果について聞いたところ、「行った結果、効果があった」の割合が最も高かったのは、「経営層によるコミットメント・メッセージの発信」で、75.9%。以下、「部署単位での残業削減・業務効率化への取り組み」(62.7%)、「残業申請ルールの明確化」(61.4%)、「休暇の計画取得推進」(44.3%)、「勤怠管理システムの導入」(36.1%)、「定刻のオフィス内消灯・退出命令」(35.4%)、「会社全体での人員の適正配置」(34.8%)、「業務量の調整・適正なアサイン」(32.3%)と続いている。7. 「人事部門内でメンバーにAI導入...

2017年7月10日レバレジーズフィードバック数:0キャリアとスキル

2017年度入社の早期退職希望者アンケート調査

...票や採用サイトに掲載している年間休日が確保されず、休日出勤を強いられることに離職の原因があると思われます。休日出勤や振替休日の有無など、休日については正確に情報発信する必要があります。この反省を踏まえ、5人に4人が「休日や給与などの福利厚生がよい」(81.3%)、「残業や勤務地などの労働条件がよい」(78.1%)、「研修制度が整っている(50.0%)」など、労働条件がどれだけ恵まれているかを意識するようになります。特に第二新卒や既卒の採用では、労働条件を丁寧に告知すれば効果が現れると思われます。ハタラクティブでも求職者から休日、残業時間、研修...

2017年7月10日ジェーディーエスフィードバック数:0社会/政治

首都圏在住者が心配に思うこと 1位「地震や異常気象などの自然災害」86.2%

...敏感に反応しています。年代ごとの特徴を見ると、10代では「ブラック企業の劣悪な労働環境」が上位でした。学生層の多い10代は、これからの就職やアルバイト先の状況など、直接自身に関連した項目が上がっています。20代は「ネットセキュリティー」でインターネット利用が高い年代の特徴がうかがえます。30代は子育て世代が多いため「学級崩壊、いじめなどの学校内問題」「食の安全」など子ども関連のテーマが上位に見られます。40代は全体の傾向に一致した結果でしたが、50代を超えると「高齢者介護」や「原子力発電の再稼働」など...

2017年7月10日アイデムフィードバック数:0キャリアとスキル

2018年3月卒業予定者の就職活動に関する調査 【6月1日時点の状況】

....0% 「残業の免除」58.1%「育児休業を取得したい」男子学生は前年から9.0ポイント増調査概要調査対象:2018年3月卒業予定で、民間企業への就職を希望している大学4年生・大学院2年生の男女調査方法:インターネット調査<6月1日時点>調査期間:2017年6月1日~5日有効回答:685名<6月15日時点>調査期間:2017年6月15日~19日有効回答:681名トピックス 株式会社アイデム【本社】〒160-0022 東京都新宿区新宿1-4-10 アイデム本社ビルTEL:(代表)【西日...

2017年7月7日経済成長フォーラムフィードバック数:0ビジネス

第11回 企業経営者緊急アンケート調査報告 経済成長の課題~現下の経済と企業経営~

...企業の正規雇用労働者と非正規雇用労働者の間の不合理な待遇差を解消するために導入するもの、とされている。1© 経済成長フォーラム働き方改革について②・最も希望する労働市場改革を自由記述できいたところ、「柔軟な働き方の促進」が3割で最も多く、次いで「労働市場の流動化・規制緩和」「女性の活躍推進」が多かった。最も希望する労働市場改革勤務時間に拘束されないなど柔軟な働き方の促進30.4%労働市場の流動化・規制緩和12.0%女性の活躍推進12.0%長時間労働の是正8.7%解雇規制の緩和8.7%非正規雇用者の待遇改善7.6%その他20.7%n:922© 経済成長フォーラム賃上げについて・賃上...

2017年7月7日GMOインターネットフィードバック数:0ビジネス

働き方改革に関する実態調査

...業勤務550名 計1,100名(※)●調査期間 : 2017年6月17日~18日●調査方法 : インターネット調査(クローズド調査)※本調査において、中小企業は従業員数300名未満の企業、大企業は従業員数301名以上の企業と定義しています。【調査背景】 現在日本では、長時間労働の是正や柔軟で多様な働き方の実現を目指した政府主導の取り組み「働き方改革」が進められています。2017年3月には「働き方改革実行計画」が取りまとめられ、今後はこのロードマップに基づいて、長時間労働...

2017年7月5日日本生産性本部フィードバック数:0キャリアとスキル

平成29年度 新入社員 働くことの意識調査

...の能力をためす」は過去最低を更新(13.4%→12.4%→10.9%)。「社会に役立つ」も減少傾向(12.5%→9.3%→9.2%)。…2頁参照●「人並み以上に働きたいか」では、過去最高だった昨年度より減少したものの「人並みで十分」が高い水準を維持(一昨年度53.5%→昨年度58.3%→57.6%)。…3頁参照●「デートか残業か」では、「残業」(一昨年度80.8%→昨年度76.9%→71.0%)「デート」(19.0%→22.6%→28.7%)と、「デート派」が増加し6.1ポイント増。…4頁参照●「若い...

2017年6月30日ソフトブレーン★フィードバック数:0マーケティング

営業課題に関するアンケート

...ページの先頭になります。ページ内を移動するためのリンクです。 ここからヘッダ情報になります。ここから本文になります。企業の抱える営業上の悩み1位は「新規顧客開拓」 労働人口減少、長時間労働抑制のなかでいかに売上を伸ばすかが課題に ~営業課題に関するアンケート結果(2016年4月~2017年3月実施)~ 2017年06月20日 ソフトブレーン株式会社営業課題解決サービスを提供するソフトブレーン株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:豊田浩文、以下 ソフトブレーン)は、ビジ...

2017年6月29日ビズリーチフィードバック数:0キャリアとスキル

就職活動の状況やキャリア観に関するアンケート

...18卒の約65%が第一志望の内定を獲得して早くも就活終了内定...| メディアで多数の記事になった注目のプレスリリース 18卒の約65%が第一志望の内定を獲得して早くも就活終了 内定獲得者の共通点は「OB/OG訪問」と「早期キャリア醸成」企業選択に重視することは「自身が成長できるか」、重視しないのは「残業の有無」株式会社ビズリーチ(所在地:東京都渋谷区/代表取締役社長:南 壮一郎 以下、ビズリーチ)が運営する、OB/OG訪問ネットワークサービス「ビズリーチ・キャンパス」は、2018...

2017年6月29日産業能率大学フィードバック数:0キャリアとスキル

2017年度新入社員の会社生活調査

...以上は許容できない」 男性62.7% 女性79.8%長時間労働の是正など「働き方改革」の議論が進む昨今。今年度の新入社員に1ヵ月の残業時間は何時間程度なら許容できるか尋ねたところ、男性の約6割、女性の約8割が「30時間以上の残業は許容できない」と回答しました。全体では「11~20時間」が27.9%で一番多く、次いで「21~30時間」が24.9%となりました。残業許容時間「0時間」から「21~30時間」までを合計すると約7割となりました。(下図) 60歳を超えても働きたい 男性41.2% 女性15.5%継続...

2017年6月29日大阪商工会議所フィードバック数:0社会/政治

第66回経営・経済動向調査

...計)し、6社に1社が「大きな影響がある」と回答した。また、4割超(42.4%)の企業が「今は影響がないが、今後生じる恐れがある」と回答。○ 人手不足が自社に与えている具体的な影響については、「売上機会の逸失」(44.9%)が最も多く、「従業員の残業時間の増加」(43.1%)、「作業工程の遅れ」(34.1%)と続く。○ 人手不足の影響を緩和するための対策については、「正社員の募集方法の見直し」(47.8%)が最も多く、「業務プロセスの見直し・効率化」(46.4%)、「省力化」(25.4%)と続...

2017年6月29日インテージ★フィードバック数:0キャリアとスキル

全国 働き方に関する意識調査

...若い女性の認知率が低く、現時点では十分に浸透していないことがわかります。「働き方改革」の内容については、「有給休暇が取りやすくなる」、「残業が少なくなる」、「始業・終業の時間が柔軟に決められるようになる」、「同一労働・同一賃金になる」といったことが必要であるという意見が多く見られます。一位に挙がった「有給休暇」は、平均付与日数15.4日に対して平均取得日数は9.7日。平均取得率は67.4%ですが、まったく取得できていない人が約1割いるように、取得状況の差が大きいのが現状です。また、正規社員・職員の男性は残業削減、女性...

女性の働き方に関する意識調査

...つになっていると言えるのではないでしょうか。 当社は一人ひとりの環境の変化にあった柔軟な働き方を提案すると同時に働きたい人がスキマ時間に住んでいる地域で働くことに対して、一歩踏み出すサポートをしていくことで、企業の労働力不足の解消と残業問題を解決し、地域雇用の創出をこれまで以上に推進し、働く人のよりよい暮らしに貢献してまいります。【ソフトブレーン・フィールド株式会社 会社概要】ソフトブレーン・フィールド株式会社は、ソフトブレーン株式会社(市場名:東証日、代表取締役社長:豊田浩文)のグループ会社として、全国...

2017年6月28日東京商工リサーチフィードバック数:0大型消費/投資

2017年「賃上げに関するアンケート」調査

...「(能力に応じた)評価昇給にした」、「新しい人事評価で行う予定」など、能力に応じた評価に取り組む企業も出てきた。 雇用環境が好転する中でも、中小企業は人手不足を払拭できず、小売業、運送業、サービス業などで経営に支障が生じるケースが報道されている。今回の調査では、賃上げは人材確保の意味が大きく、従業員のモチベーション向上を果たした反面、効果がなかったとの回答も約2割でみられた。ただ、人手不足で売手市場が進む中、これ までの労働環境は賃上げありきから変化している。自由回答では、「(休日や残業などの)労働...

2017年6月28日プラネットフィードバック数:0ライフスタイル

ストレスに関する意識調査

...のストレスを軽減するには早く仕事を切り上げて帰るのがいちばんという気がしますが、「残業しない/いつもより早く退社する」は、4.9%。男性ではさらに低く、わずか2.7%でした。なかなか本質的な解決は難しいようです。 特に20代女性に多いストレス解消法は「買い物」「カラオケ」「SNS」 前調査の結果をさらに性年代別に見ていきました。女性で高かった「好きな物を食べる」は、特に女性の20代〜50代で高く、男性の50代以上では低くなっていました。対照的に、「お酒を飲む」は特に男性の50代以上で高くなっていました。注目したいのは、「SNSをする、ブログを書くなど」が女性の20代で...

就職活動に関する調査2017

...留年”に肯定的な学生が4割「2018年卒・新卒採用は売り手市場」学生の62%が予想、採用担当者調査より10ポイント以上下回る結果に【就職先選びと選考について】学生が就職先を選ぶ際に重視するポイント 1位「安定性」2位「勤務地」3位「業種」採用担当者が重視すべきポイント2位の「将来性」は学生が重視するポイントでは6位に採用担当者は要注意!“選考日程や合否などの連絡が遅い企業”に対する志望意欲が減退する学生は約8割「ブラック企業の噂」で半数の学生が選考を辞退すると回答、「オワハラの噂」では4割が...

2017年6月19日ウェルクスフィードバック数:0キャリアとスキル

給与だけじゃない!保育士が増えない本当の理由とは…

...に保育士の採用が難しいとされている理由について、ご意見を伺ってみました。(複数回答可) アンケート結果では、保育士採用が難しい理由として、「給料の安さ(72%)」という回答が最も多いものの、「残業など勤務時間の長さ(58%)」、「人間関係の難しさ(48%)」「保護者対応の大変さ(42%)」など回答者の半数前後が賃金以外の労働環境にも課題を感じていることがわかります。では、ここからは回答項目ごとに、現状抱えている課題や改善してほしいと感じている点などを具体的に見てみましょう。まずは賃金の低さが保育士不足の原因である、と回...

身体と口の菌についてのインフォグラフィック

...フォグラフィックのデータはPDFファイルをご確認ください。インフォグラフィックの内容は以下の通りです。■最も菌数が多かったのは口腔内 終業時の口腔内の菌数は、足の約85倍! このインフォグラフィックでは、身体の各部位の菌数を同日の朝晩2回、それぞれ実験調査した結果を紹介しています。実験の結果、最も菌数が多かったのは、終業時の口腔内で、その数は19,666,667個と、同じく終業時の足と比較すると、約85倍の多さとなりました。実験に協力いただいた、衛生微生物研究センターの李新一主任研究員は、「人体...

2017年6月15日DeNAトラベル★フィードバック数:0大型消費/投資

「プレミアムフライデー」に続いて賛否両論!「キッズウィーク」

...が取れる理由として最も数が多かったのは「会社が有休取得を奨励している」「自由に休みが取れる雰囲気」といった自社の環境を挙げている意見でした。逆に取れない理由としては「ブラック企業だから」といった意見のほかに「サービス業は長期で休めない」「取引先が営業していたら担当者は休めない」といった自社の都合だけでは休みを取ることが難しい状況の人が多くいることも伺えました。 有休が取れる理由(一部抜粋)「会社が積極的に取る方向に進んでいる」(40代・男性)「パートだし、融通が利く職場なので」(40代・女性)「会社が有休を取りやすい風土のため」(20代...

2017年6月14日ベルメゾンフィードバック数:0社会/政治

「配送サービス」について

...不足や再配達の負担など宅配便問題がクローズアップされていることについて、「非常に関心がある」29.1%、「関心がある」64.9%を合わせたほぼ全員の94.0%が関心を持っていることが分かりました。今や誰にとってもネットショッピングが毎日の暮らしの中で欠かせないものとなっているだけに、身近な問題として感じているようです。Q)ネット通販などの普及で宅配便の配達個数が増加しています。それに伴って 、不在により配達が1度で済まない再配達の増加やスピード競争が、ドライバーの長時間労働、二酸化炭素(CO2)の排出などの問題となっています。あなたは、この...

2017年6月12日ほいくみーフィードバック数:0社会/政治

現役保育士の叫び!保育士不足を解決するために本当に必要なことは?

...士の配置を増やす。0歳は3対1、1歳は6対1、、となっているがグレーゾーンの子や支援の必要な保護者、クレーマーなどクラスで抱える問題が増えてきているので保育士1人1人抱える問題が多くなっている」「保育所の開園時間の変更。7時から18時など。保育士の負担と子供の負担、保護者の負担を考えると20時まで預けたりするには負担がありすぎる」業務量が多く、残業もある。子どもを預かっている時間は雑務ができないため、どうしても残業になってしまうので、そのあたりを改善するためにデジタル化や配置人数を増やす、開演...

2017年6月12日エン・ジャパンフィードバック数:0キャリアとスキル

5,000名以上の正社員に聞く「副業」実態調査

...験者:72%)、第2位は「コミュニケーション能力」(同:40%、25%)、第3位は「マメさ・きめ細やかさ」(同:37%、39%)でした。コミュニケーション能力の重要性を経験者は痛感していることがうかがえます。それぞれの項目を選んだ経験者の声もご紹介します。【図10】副業を実現するために、必要だと思うスキル・能力を教えてください。(複数回答可)「時間管理能力」と回答した方のコメント○副業をするにあたって時間の管理はとても大変だった。残業が当たり前な職場だったので、そこ...

2017年6月12日エン・ジャパンフィードバック数:0キャリアとスキル

「企業の働き方改革」実態調査

...組む施策について教えてください。(複数回答可)自社の「働き方改革」に取り組む上で具体的な悩みや課題◯運送業界全体で長時間労働が問題視されているが、業界の特性上、荷主の都合で仕事が進行する。企業努力だけでは限界があり、荷主に改善を求めていくことが必要だが現実的に難しい問題が多い。(1~10名/運送業)◯飲食業の為、営業時間の拘束時間に加えて会議やマネジメント・仕込みと基本的に時間が長い。業務分担をして削減しているが残業時間を80時間でも厳しい。社員を増やして、仕事の軽減を図りたい。(51名~100名/サービス関連)◯「働き...

2017年6月7日マクロミル★★フィードバック数:0キャリアとスキル

今年で10年目! 新社会人の意識調査(2017年)

...した会社を選んだポイントについてたずねると、「仕事内容」が35%で、10年連続のトップとなりました。しかし、前年と比較すると24%の減少で、過去10年間で最低となっています。一方、前年と比べて最も増加しているポイントが「経営の安定性」22%で、前年に比べ11%の増加となり、過去8年間で最高でした。就職先を選んだポイント(2017年の上位10,直近3年間を抜粋)就職した職場のイメージ、半数が「入社後にギャップを感じた」、最も多いギャップは、「残業が多い」「給与が少ない」現在の会社に入社・入職する前と後で、会社...

2017年6月6日エン・ジャパンフィードバック数:0キャリアとスキル

「ミドルの賃金上昇」についてアンケート

...であれば、期間外であるにも関わらず、入社1ヶ月後に半年在籍していた場合と同額の賞与を支給する、という事例があった」「なかなかエンジニアが採用できない。以前は年齢35歳まで、年収600~700万が基準だったが、最近は年齢45歳まで、年収~1000万が増えている」「基本給ベースアップやみなし残業制の撤廃(残業代満額支給)等、給与制度そのものを変更して対応する企業が出てきた」などの声が寄せられました。【図4】ミドル対象の求人で、給与の上昇が多い理由を教えてください。(複数回答可)3:ミド...

2017年6月4日3M★★フィードバック数:0ビジネス

会議に費やす平均時間は年間159.1時間!会議を効率化する秘策を伝授!

...アイデア出し会議に関する調査結果 > 会議に費やす平均時間は年間159.1時間!会議を効率化する秘策を伝授!会議に費やす平均時間は年間159.1時間! 会議を効率化する秘策を伝授!あなたの会社のその会議、本当に必要ですか?3Mが実施した調査によれば、会議に費やす平均時間は、なんと年間平均159.1時間!残業の原因となっているのは、日々行われている無駄な会議の積み重ねかもしれません。プレミアムフライデーがスタートした今、心おきなく金曜日を楽しむためにも、会議の効率化を考え、無駄...

「ビジネスメール実態調査2017」発表

...一般社団法人日本ビジネスメール協会は、日本で唯一のビジネスメールの教育者を養成する専門機関です。コミュニケーション、書き方、効率化を指導するプロフェッショナルを育成し認定を行ないます。 受付時間 9:00~18:00(土日祝日、年末年始を除く) 「ビジネスメール実態調査2017」発表 「ビジネスメール実態調査2017」ビジネスメール1日の平均通数、送信は約12通、受信は約39通役職が高くなるにつれて通数が増えるメールの確認頻度は「1日に10回以上」(47.93%)が最多残業...

オフィスで働く女性387人に聞きました 3分の1が、”60歳を超えても働きたい” 働き方改革などによる職場環境の変化をじわり実感

...サンケイリビング新聞社リビングニュース 2017-05-24【シリーズ調査 働く女性Real�A】オフィスで働く女性387人に聞きました3分の1が、”60歳を超えても働きたい”働き方改革などによる職場環境の変化をじわり実感 リビング新聞グループのシンクタンクである株式会社リビングくらしHOW研究所(所在地: 東京都千代田区、代表取締役社長 和田 直樹 )では、オフィスで働く女性387人を対象にアンケート調査を実施。少子高齢化社会の年金不安や介護問題、女性活躍推進・長時間労働是正・同一...

2017年5月29日@typeフィードバック数:0キャリアとスキル

『こんな会社辞めてやる!』と思った瞬間

...まで誰も成し得なかった営業実績をあげたにも関わらず、上司が営業出身ではなく、その実績の意味や影響の大きさを認識できなかったために正当な評価がされなかった」(50代/男性)「面接段階で残業の有無を聞いたら『人事だから現場のことはわからないの』とごまかされて、実際に入社してみたら当たり前のように徹夜があった!」(20代/女性)【「突発的にショックなことがあった」と回答した方のコメント】「上司が、私と上司と社長しか知らないデリケートな話を社員全員の前で話してしまった」(30代/女性)「上司...

2017年5月28日日本生産性本部フィードバック数:0キャリアとスキル

2017年度 新入社員 春の意識調査

...の良い会社があれば、さっさと移る方が得だ」と思う割合も昨年度比8.2%増加の36.2%となり、就職氷河期の最高水準38.0%(2000年)に近づく3.残業が少なく、自分の時間を持てる職場がよい 74.0%と高い水準を維持4.【新設質問】「働き方改革」で重要と思うテーマの1位は「長時間労働の是正」23.9%5.【新設質問】「働き方改革」で最も関心のある勤務形態は「転勤のない地域限定勤務」27.0%、「在宅勤務制度」26.9% と両者が拮抗...

2017年5月27日マイナビ★★フィードバック数:0キャリアとスキル

2017年マイナビ新入社員意識調査

....1%)。残業についても“残業はしたくない(なるべく+絶対に)”が28.9%(前年比3.3pt増)、さらに「アフター5(業務終了後)に会社の人と過ごすこと」についても、消極的な意見を持っている割合が81.2%(前年比2.7pt増)といずれも過去最高の数値となり、個人の生活を重視する傾向がより一層顕著になった。仕事とプライベートについて、お聞かせください残業について、お聞かせくださいアフター5(業務終了後)の過ごし方について、お聞かせ下さい■社会人生活に対する不安の要因は、個人...

2017年5月24日BCN RETAILフィードバック数:0ライフスタイル

宅配便に関する調査

...近年、インターネット通販の利用者が増加した影響で、宅配業者の人手不足や長時間労働が問題となっている。各宅配業者とも対策に乗り出しており、配達時間や配達による手数料等の見直しを進めているほどだ。そこで株式会社BCNは、株式会社コロプラが提供するスマートアンサーと共同で、20代~50代の男女1126名を対象に、宅配便に関する調査を5月2日に行った。その結果、一般消費者の宅配便利用事情や、問題視されている再配達への意識が明らかとなった。まず、宅配便を利用する用途を聞いたところ、「イン...

2017年5月24日プラネット★フィードバック数:0社会/政治

宅配便に関する意識調査

...便が届くとわかっていても不在にしてしまった人も少なくないことがわかります。性年代別に見ると、女性の20代から50代で特に「時間指定ができなかった」と回答した人の割合が高く、特に30代女性で47.8%と最も高くなっていました。30代女性は30代男性とともに、6位の「残業や急な予定で、指定時間に帰宅できなかった」の項目でも他の年代に比べて数値が高くなっています。在宅率が低く、時間指定サービスを利用している人が多いのかもしれません。反対に、女性の60代・70代以上と男性の70代以上では「時間指定ができなかった」の数値が低くなっていました。高齢層の人は在宅率が高く、時間...

2017年5月23日Bizコンパスフィードバック数:0ビジネス

健康経営とは?アンケート調査結果から実態を探る

...パスで独自に実施したアンケート調査の結果をもとに、その実態に迫ります。 「健康経営」という考え方は、アメリカの経営心理学者であるロバート・ローゼンが1980年代に最初に提唱したとされています。 これは、従業員の健康管理や健康増進を図ることを、将来的に企業の収益性などを高める投資であると捉え、戦略的に取り組もうというものです。身体面とメンタルの両面から従業員の健康状態をチェックし、個人の活力向上や組織の活性化を図っていくことで、生産性のみならず、企業の価値向上にもつながると期待されています。 近年特に人手不足や長時間労働、サービス残業...

もし、夫と妻が入れ替わったら!?~妄想アンケート

...替わってしたくないことTOP3妻 1位 夫の仕事をする (37.9%)2位 通勤 (33.0%)3位 残業 (31.3%)夫 1位 掃除 (33.9%)2位 料理 (30.3%)3位 洗濯 (26.6%)入れ替わってしたくないことTOP3の結果から見えてきたのは、 妻:「通勤や残業はすごく大変」、夫:「家事はハードな“仕事”」だということは痛いほどわかっている、ということ。妄想アンケートに答えてみて「改めて入れ替わってやりたくないことの多さを再認識した」との声も挙がり、 夫婦それぞれがお互いを思いやり、協力...

オフィスワーカーの労働環境とストレスに関する実態調査結果を公表

...の会社に対して辞めたい意思を持っている。③仕事のストレスが原因で医師の診察を受けたことがある人は「5人に1人」- 仕事のストレスが心身に影響が出て医師の診察を受けたことがあると回答した人は21.0%④仕事ストレスの三大要因は「人間関係」「低賃金」「長時間労働」- 1位:人間関係61.0%、2位:給与が低い、上がらない46.8%、3位:労働時間が長い42.4%⑤「勤務時間外は連絡したくない」 フランスの法律「つながらない権利」に約9割が賛成-勤務時間外に会社からの連絡に対応しなくていいことを認めるフランスの法律「つながらない権利」に対...

2017年5月18日東京商工リサーチ★★フィードバック数:0キャリアとスキル

「労働基準関係法令の違反企業332社」企業実態調査

...基準法違反企業はサービス業他が最多の4割 社会問題化している時間外労働の割増賃金未払いや36協定無視など、長時間労働に関する労働基準法違反は63社だった。63社の産業別内訳は、最多がサービス業他26社(構成比41.2%)で4割を超えた。女性社員が違法な長時間労働で過労死し、社長の引責辞任に発展した広告最大手の(株)電通もこの中に含まれる。労働基準法に違反したサービス業他26社では、最多は縫製加工業の8社。次いで、飲食業が4社、医療・介護サービスが4社と続き、業種に偏りがみられる。 公表332社のうち、売上高が判明した244社を...

2017年5月16日ソニー生命保険★フィードバック数:0キャリアとスキル

社会人1年目と2年目の意識調査2017

...、男性では34.8時間、女性では19.8時間でした。 (図16)(図16) では、社会人2年生は、残業時間について、どのような意識を持っているのでしょうか。 社会人2年生(500名)に、《長時間労働で健康を害すると思う残業時間》について聞いたところ、平均46.8時間となり、《自身が許容できる残業時間の上限》では平均23.5時間、《希望する残業時間》では平均11.7時間となりました。社会人2年生が1年間働いてみて感じた、残業時間の“望ましい”水準は12時間程度、“許容限界”の水準は24時間程度、“健康...

2017年5月15日エン・ジャパン★フィードバック数:0キャリアとスキル

「残業規制」の意識調査

...「人」、そして「企業」の縁を考える。人材採用・入社後活躍のエン・ジャパンメニュー 「残業規制」の意識調査「残業規制で残業が減る」と考える方は46%自分の時間が作れるメリットを感じるも、サービズ残業助長への懸念が根強い―『ミドルの転職』ユーザーアンケート集計結果― 人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:鈴木孝二)が運営するミドル層専用の転職求人サイト『ミドルの転職』( https://mid-tenshoku.com/ )で、「残業規制」のア...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ