調査のチカラ TOP > 特集一覧 > データがいっぱい:デジタルトランスフォーメーション

データがいっぱい:デジタルトランスフォーメーション

世間の注目が集まる分野には調査データが増加します。「デジタルトランスフォーメーション」については、関連調査データもぐっと増えています。

2019年5月16日IDC★★フィードバック数:0企業情報システム

最新の国内第3のプラットフォーム市場予測を発表

...ウドサービスの利用進行、デジタルトランスフォーメーション(DX)への投資など高い成長率で推移すると予測しており、9.5%のCAGRを予測します。非企業市場においては、堅調な成長を予測しますが、企業分野と比較するとDXの取り組みがやや遅れており、また個人情報保護などの影響によるモビリティ/クラウド活用の遅れによって、業務プロセスのデジタル変革や新しいテクノロジーの活用への積極性が弱いことから、7.0%のCAGRを予測しています。IDCでは、第3のプラットフォーム市場全体のCAGRは5.5%を予測しており、前回予測よりも0...

2019年5月15日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内ハイパーコンバージドインフラストラクチャ利用動向調査結果を発表

...やニッチなソリューションとは言えないところまで普及が進んでいる。HCIには、オンプレミスITインフラの刷新を進めると共に、複数のクラウドを連携し、統合的な運用管理を実現するハイブリッドクラウドを実現するソリューションへと進化することへの期待が高い。HCIは、デジタルトランスフォーメーション(DX)に対応したITインフラへの変革を進めるにあたって、有力な選択肢の一つとなるであろう」と分析しています。今回の発表はIDCが発行した2019 年 国内ハイパーコンバージドインフラストラクチャ利用動向調査 にその詳細が報告されています。本レポートでは、HCIの利...

2019年5月15日IDC★★フィードバック数:0企業情報システム

ビッグデータ/ビジネスアナリティクスソリューションの支出額は今年1,891億ドルに達し、2022年まで年間2桁の成長率が続く見通し

... Big Data and Analytics Spending Guide によると、BDAの支出額は2018年~2022年の5年間の年間平均成長率(CAGR: Compound Annual Growth Rate)は13.2%と予測されています。2022年には全世界のBDAの支出額は2,743億ドルになると、IDCは予測しています。「BDA支出額を増加させる最大の要因は、デジタルトランスフォーメーションです。経営レベルの取り組みは、現在のビジネス慣行の徹底的な見直しと、デー...

2019年5月15日IDCフィードバック数:0企業情報システム

ネットワーク仮想化/自動化に関する国内市場予測を発表

...や仮想化/自動化技術の中心ではなく、それに代わって「継続的/再帰的なネットワーク自動化」「ポリシー/インテントに基づいたネットワーキング」「ネットワーク可視化/アシュアランス」を備えた次世代企業ネットワーク仮想化/自動化ソリューションが市場を牽引しています。こうした背景には、ネットワーク接続端末の爆発的増加への備えと、デジタルトランスフォーメーション(DX)に適応した企業ネットワークの希求があるとIDCでは捉えています。このような成長エンジンを得た企業ネットワーク仮想化/自動化市場は、力強...

2019年5月15日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内ハイブリッドクラウドインフラストラクチャ利用動向調査結果を発表

...フラコストの最適化が重視されている結果となりました。次いで「ビジネスニーズへの迅速な対応」となっており、特に大企業(従業員規模1,000人以上)や中堅企業(同500~999人)で高い回答率となりました。デジタルトランスフォーメーション(DX)への対応などを背景に、ビジネス機会を拡大するためにITリソースを迅速に提供できることが重視されていると言えます。今後利用を増やすITインフラでは、「パブリッククラウドサービス」「プライベートクラウドサービス」「オンプレミスプライベートクラウド」が上位を占めており、パブ...

2019年4月25日IDCフィードバック数:0企業情報システム

2019年 国内ユーザー企業調査 産業分野別/企業規模別 IT投資動向と課題の分析結果

... and Medium Business、中堅中小企業)での増加傾向が強く、ITベンダーは企業のITスタッフ不足やノウハウ不足を支援する提案が望まれていると分析しています。IDCでは、定期的に産業分野別および企業規模別のIT投資に関するユーザー調査を実施しており、2019年2月に実施した調査では、IT支出状況、第3のプラットフォームの活用状況とその目的を調査しました。また、ITが解決し得る経営課題や、経営層からIT部門に出される課題、企業のデジタルトランスフォーメーション...

2019年4月19日IDC★★フィードバック数:0企業情報システム

国内AIシステム、およびRPAの企業ユーザー調査結果を発表

...などの面から利用継続の判断がなされ、新たな検討/導入フェーズにシフトしていると考えられます。また、RPAを利用している企業にAI/機械学習の組み込みについて尋ねたところ、「対話型教育」や「対話型申請プロセス」の利用目的での回答者が多く、OCR(Optical Character Reader)による手書き文字や帳票の自動認識などで利用が進んでいると考えられます。「AIシステムやRPAの利用による企業の業務の自動化は着実に広がっている。しかし利用目的は企業の内部改革を優先し、顧客を指向した外部改革では適用が低い状況にある。デジタルトランスフォーメーション...

2019年4月18日電通デジタル★★フィードバック数:0社会/政治

シェアリングサービスに関する最新生活者調査を実施

...に関する問い合わせ先】株式会社電通デジタル コーポレートコミュニケーション部 広報グループ 島津・南口 :Email : press@dentsudigital.co.jp 【本調査データに関するお問合せ先】株式会社電通デジタル デジタルトランスフォーメーション部門 デジタルネイティブ専門チーム「YNGpot.™」 安田・青木 :...

2019年4月9日矢野経済研究所フィードバック数:0企業情報システム

2018年のクラウド基盤サービス市場は、前年比133.3%の3,200億円

...ビス市場(事業者売上高ベース)は、2017年同様に既存システムのクラウドへの移行が市場を牽引する形で堅調に推移し、前年比133.3%の3,200億円と推計する。クラウド基盤サービスの利用は、年商数百億円以下の中堅・中小企業においてももはや一般的となり、ユーザー企業がパブリッククラウドやプライベートクラウド、オンプレミスなどのシステム環境を組み合わせて使い分けるハイブリッドクラウドの利用も増加基調にある。2.注目トピックDXの基盤としての活用は、2018年はPoCが中心IoTやAIなどデジタルを活用して企業やビジネスに新しい価値を持たせるデジタルトランスフォーメーション...

2019年2月26日IDC★フィードバック数:0社会/政治

「貿易戦争」等による影響が及ぶものの、デジタルトランスフォーメーションによって世界全体のICT支出が成長

...22 Feb 2019「貿易戦争」等による影響が及ぶものの、デジタルトランスフォーメーションによって世界全体のICT支出が成長 Japan, 2019年2月22日 - IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、ICT市場の支出額の予測を発表しました。最新のWorldwide Semiannual ICT Spending Guide Industry...

2019年2月19日電通デジタルフィードバック数:0デジタル家電

電通デジタル、スマートスピーカーの国内利用実態調査を実施

...上で有料での利用意向も見られる結果となりました。なお、こちらの調査結果は一部となりますが、全ての調査結果を含む、詳細なレポートは下記のフォームから無料でダウンロードが可能です。 ダウンロードページURL: https://pages.dentsudigital.co.jp/DX2019_ss_LP.html電通デジタルは今後も、スマートスピーカーを中心とした音声UI/UX領域だけでなく、様々なテクノロジーを事業変革やマーケティング高度化にどう活用するかという視点から、コンサルティングから仕組み化までワンストップで行う強みを活かし、企業のデジタルトランスフォーメーション...

2019年2月1日デル★フィードバック数:0企業情報システム

デジタル変革の進捗状況に関するグローバル調査

...ての企業がデジタル企業になることが必要になると思いますが、今回の調査で、大多数の企業において取り組みが進んでいないことが明らかになりました。デジタル トランスフォーメーションがもたらす、かつてないチャンスをつかむためには、企業はテクノロジーをモダナイズ(最新鋭化)する必要があります。行動すべきときは、今です」。デジタル トランスフォーメーション推進における課題本調査ではビジネス リーダーの方々が、デジタルトランスフォーメーション推進における課題を抱えていることが明らかになっており、91%が未だ解決に至っていないと回答しています(日本は88%)。デジ...

2019年1月31日IDCフィードバック数:0マーケティング

国内デジタルコマースアプリケーション市場予測

...ビスを購買する際の大部分の手段として利用されていると考えており、デジタルコマースの手段を検討するユーザー企業にとっては、効率的なデジタル商取引向けソフトウェアというよりも、フロントエンドアプリケーションとバックエンドアプリケーションを適切に連携させるプラットフォームとして、デジタルによる顧客エクスペリエンス(CX)を提供する手段になりつつあるとみています。上記のような市場定義にて、2017年の国内デジタルコマースアプリケーション市場規模は97億6,600万円になりました。IDCでは、2018年以降の同市場は、デジタルトランスフォーメーション(DX)の浸透やAI...

2019年1月28日IDCフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

国内LPWAサプライヤー動向調査

...自体は薄利多売を志向することになります。安定した事業運営のためには、回線事業だけに過度に依存しないビジネスモデルの確立が求められます。3つ目として「高まらないユーザー企業のIoTイニシアティブ成熟度」が挙げられます。IDCの調査では、IoTに限らず、国内企業のデジタルトランスフォーメーション全般に関わる成熟度は海外に比べて総じて低く、ユーザーがIoTを実施する上でのハードルを下げる取り組みが求められます。LPWAサプライヤーの多くが、現段階のLPWA市場について、サプライヤー間の「競合」だけではなく、「協調」が必...

2019年1月21日IDC★★フィードバック数:0企業情報システム

国内デジタルコマースアプリケーション市場予測を発表

...ビスを購買する際の大部分の手段として利用されていると考えており、デジタルコマースの手段を検討するユーザー企業にとっては、効率的なデジタル商取引向けソフトウェアというよりも、フロントエンドアプリケーションとバックエンドアプリケーションを適切に連携させるプラットフォームとして、デジタルによる顧客エクスペリエンス(CX)を提供する手段になりつつあるとみています。上記のような市場定義にて、2017年の国内デジタルコマースアプリケーション市場規模は97億6,600万円になりました。IDCでは、2018年以降の同市場は、デジタルトランスフォーメーション(DX)の浸透やAI...

2018年12月27日IDCフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

国内ITインフラストラクチャサービス市場予測

...替えをきっかけとしたクラウドマイグレーションに伴うITインフラ再構築の需要などにより、2017年の前年比成長率は1.3%となりました。2018年以降、成長率は低下し、2021年にはマイナス成長になるとみられますが、2022年にはIoTなどのデジタルトランスフォーメーション(DX)領域でITインフラ整備の需要が期待できることなどから、再びプラス成長を示すとIDCではみています。2017年~2022年のCAGRは0.2%になるとIDCでは予測しています。ITインフラストラクチャアウトソーシング市場は、クラウドやデータセンターサービスの利用拡大や、複雑...

2018年12月25日フォーティネットフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

ホリデーシーズンが近づくにつれてモバイルマルウェア攻撃が増加

...結果、悪意のあるアクティビティの有無について分析されない暗号化トラフィックの割合がますます大きくなり、犯罪者がマルウェアを拡散したりデータを盗み出すための理想的なメカニズムとなっています。デジタルトランスフォーメーションにはセキュリティへの新たなアプローチが必要FortiGuard Labsのグローバル調査チームが明らかにした脅威予測のトレンドの多くが、この四半期レポートの脅威データによって補強されました。組織がサイバー犯罪者のたゆまない努力に先んじるためには、デジタルトランスフォーメーション...

2018年12月18日矢野経済研究所★★フィードバック数:0企業情報システム

国内企業のIT投資に関する調査を実施(2018年)

...2018年度の国内民間企業のIT市場規模は前年度比2.9%増の12兆5,050億円と予測~企業収益力の高まりによりIT投資意欲は堅調推移、デジタルトランスフォーメーション(DX)への取組みが進展~ 株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、2018年度の国内民間企業のIT投資実態と今後の動向について調査を実施した。1.市場概況国内民間企業のIT市場規模(ハード・ソフト・サービス含む)は、2017年度が前年度比2.3%増の12兆1,530億円と推計した。今後は、2018年度...

2018年12月17日CompTIAフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2018年サイバーセキュリティの動向調査

...的なセキュリティチームを作るための新たな検討を進めるといったフェーズになっています。特に、ITが今や新たな考え方や行動を牽引する戦略的行動であると理解している企業や、デジタルトランスフォーメーションを進める企業では、この傾向はより一層強くなっています。私の今までの経験では、日本は2~3年遅れて米国のトレンドに理解を示す程のタイムラグがあると感じています。本調査の参加企業の多くは米国企業ですが、このレポートからも、サイバーセキュリティが単なる防御戦術ではなく、積極的にビジネスチャンスを狙う上での後押しとなりえることが理解いただけると思います。多くの日本企業が、「攻め」ながら「守る...

2018年12月14日IDCフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

国内プライベートクラウド市場予測

...トウェア、データ、ITスキル)の継承性」や「柔軟な運用性」を重要視し、パブリッククラウドではなくプライベートクラウドを選択する企業は多く、国内プライベートクラウド市場の成長を促進しています。プライベートクラウドでは、基幹系システムの従来型ITからの移行だけではなく、デジタルトランスフォーメーション(DX:Digital Transformation)に対する関心も高まっています。なかでも、効率化を目的とした「産業特化型の共同センター」から「クラウドによる効率化と、DXの基盤」とな...

2018年12月14日電通デジタル★★フィードバック数:0企業情報システム

日本企業のデジタルトランスフォーメーション調査2018年版

...企業の63%がデジタル変革に着手するも、経営層と実務責任者の推進課題に大きなギャップ - 電通デジタル、日本企業のデジタルトランスフォーメーション調査2018年版を発表 -2018年12月14日株式会社電通デジタル 株式会社電通デジタル(本社:東京都港区、代表取締役CEO:山口 修治、以下電通デジタル)は、日経BP コンサルティングに委託し、「日本における企業のデジタルトランスフォーメーション&デジタルマーケティング 2018年度調査」を実施しました。同調...

2018年12月13日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内ネットワーク機器市場 企業ユーザー動向調査

...ネットワークにおいて、無線LANの存在感が高まっていることも明らかになりました。新規に無線LANを導入する企業は頭打ちになりつつあるものの、1年前からアクセスポイントを増やした企業は40%近く存在しています。家庭での無線LAN利用経験が増す中で、従業員からのボトムアップによる導入の要望も、無線LAN環境整備の推進力になっています。今後も利用拡大は続く見通しで、3年後には平均で45.4%の従業員が無線LANを利用しているという結果も出ています。企業がデジタルトランスフォーメーション(DX)に向...

2018年12月13日IDCフィードバック数:0企業情報システム

2019年国内IT市場の主要10項目を発表

...っているという見方を示しました。第3のプラットフォームの「第1章」が各技術の試行であったとすると、「第2章」はこれらの技術を活用したビジネスの変革や新規ビジネスの創出、換言すればイノベーションの創出、デジタルトランスフォーメーション(DX)の実現を目指したものです。世界中の企業では競争力の強化、新たな成長機会の発見と参入のために、DXの実現を競っており、それは国内企業においても例外ではありません。企業のDXに向けた取り組みの強化/拡大は、クラウドやビッグデータ/アナリティクスといった第3のプラットフォームの技術、およびAI...

2018年12月11日IDCフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

国内クラウドセキュリティ市場予測

...:Compound Annual Growth Rate)は18.0%で、市場規模(売上額ベース)は2017年の96億円から、2022年には220億円に拡大すると予測します。同市場は、デジタルトランスフォーメーション(DX)の進展によって、パブリッククラウドやモバイルデバイスの利用が拡大し、ITリソースがパブリッククラウド上に展開されるケースが増加することから、パブリッククラウド上のITリソースを保護する目的としてクラウドシングルサインオンやマルウェア対策への需要が引続き高く、市場を牽引していくとIDCでは...

2018年12月6日野村総合研究所★★フィードバック数:0マーケティング

野村総合研究所、2024年度までのICT・メディア市場の規模とトレンドを展望

...の強みを先鋭化させることが必須と言えます。 主要5市場の特徴的な動向と予測結果は、以下のとおりです。各市場とそこで取り上げている具体的な分野については、【ご参考】の「各市場・分野の定義と説明」をご参照ください。 デバイス市場デジタル時代のデバイス市場は規模拡大の好循環に突入デジタル技術で企業経営やビジネスモデルの変革を図ろうとする「デジタルトランスフォーメーション(DX)」への注目が高まり、デバイス(端末機器)市場においても、今後更なる発展が期待される。コンピューティングパワーの拡大、大量のデジタルデータの創出、シェ...

2018年11月29日IDC★フィードバック数:0企業情報システム

デジタルトランスフォーメーション(DX)イニシアティブにおける世界の地域差に関する5つの考察

...デジタルトランスフォーメーション(DX)イニシアティブにおける世界の地域差に関する5つの考察を発表 世界のDXイニシアティブにおいて推進状況の地域格差が大きいことがわかった 統一的なDX戦略を持たないデジタルサイロ企業は北米以外では過半数を占める。北米では統一的な企業戦略に持つデジタルネイティブ企業の比率が52.5%を占める DXを成功させることにプレッシャーを感じている企業のCEOは北米で70.9%、欧州では61.8%を占めるが、日本、および日本を除くアジアのCEOでは48%台に...

パーソルテクノロジースタッフ×豆蔵、RPAの導入進捗に関する調査結果を発表

...@persol.co.jp株式会社豆蔵 営業本部03-5339-2114rpaoffice-contact@mamezou.com■株式会社豆蔵について<https://www.mamezou.com/>エンタープライズ・組込み・デジタルトランスフォーメーションなどの情報化業務において課題発見から企画・デザイン・開発・運用を含むシステム/ソフトウェアのスタイル変革にまで幅広くご提供できる、先進のITコンサルティングファームです。豆蔵のサービスにおいては、お客様のビジネスの核心価値を理解し、「何を...

RPAの導入進捗に関する調査結果

... 株式会社豆蔵についてエンタープライズ・組込み・デジタルトランスフォーメーションなどの情報化業務において課題発見から企画・デザイン・開発・運用を含むシステム/ソフトウェアのスタイル変革にまで幅広くご提供できる、先進のITコンサルティングファームです。豆蔵のサービスにおいては、お客様のビジネスの核心価値を理解し、「何を作るべきか」を明確にし、「いかに、効率よく作れるか」を実現します。「RPAOffice」についてRPAの導入においては、現場...

2018年10月30日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内ITサービス市場予測

...水準の成長率に留まりました。国内ITサービス市場の成長は、依然として、基幹系システムの統合や刷新などの大型プロジェクトに大きく依存しています。2018年以降も市場全体を牽引する大型プロジェクトは限られるものの、デジタルトランスフォーメーション(DX)に関連するシステム投資の拡大や、2020年開催予定の東京オリンピック/パラリンピックによる支出拡大効果は見込まれます。その一方で、国内経済の低成長見通しや、ITサービスの代替製品/サービスの拡大は、市場成長を阻害します。ITサービス事業者が成長するためには、企業のDXを支...

2021年までに企業間のプライベート接続は インターネットの10倍のペースで増加

...タ間のリアルタイムなインタラクションの必要性が高まります。2021年には、世界のGDPの少なくとも50%がデジタル化され、あらゆる業界でデジタル化されたサービスやオペレーションによって成長が推進されます(※2)。日本国内においては、2025年までにデジタルトランスフォーメーション(DX)を実現することにより、2030年の実質GDPを120兆円以上押し上げるとのレポート(※3)が経済産業省から出されています。さらなる経済成長を実現するために「すべての社会・産業システムの相互接続統合網の実現」(※4)が求められています。(※2) 「FutureScape...

2018年9月28日キャップジェミニフィードバック数:0企業情報システム

没入型技術の到来:今後3年間でARおよびVRがビジネスオペレーションの主流となる

...査は2018年5月から6月にかけて実施しました。キャップジェミニについてキャップジェミニは、コンサルティング、テクノロジーサービス、デジタルトランスフォーメーションのグローバルリーダーとして、イノベーションの最前線に立ち、進化を続けるクラウド、デジタル及び各種プラットフォーム分野で、顧客のあらゆるビジネス機会に対応致します。キャップジェミニは、50年にわたり蓄積してきた優れた実績と業界固有の専門知識を基に、戦略から運用まで、弊社の一連のサービスを通じて、顧客...

2018年8月31日Global Informationフィードバック数:0モバイル

アプリ解析の世界市場 ~2023年

...無料セミナー : 2018年10月23日『5G、OTTがもたらすデジタルトランスフォーメーション2025年までの展望』 IDATE DigiWorld共同開催 株式会社グローバルインフォメーション TEL: 044-952-0102 アプリ解析の世界市場 〜2023年:コンポーネント (ソフトウェア/サービス)・種類・用途 (ユーザー分析、収益分析、広告モニタリング/マーケティング分析、アプリ性能分析/運用)・産業・地域別の予測App Analytics Market...

2018年8月14日IDC★★フィードバック数:0企業情報システム

国内ビッグデータ/アナリティクスソフトウェア 市場予測を発表

...能別市場に分けて市場規模予測を行いました。これによると、2017年の国内BDAソフトウェア市場は、前年比9.4%増の高い成長率を記録し、市場規模は2,517億7,600万円となりました。データウェアハウスなどのプラットフォーム分野から、CRMなどのアプリケーション分野までパブリッククラウド上のサービス利用に弾みがついており、市場の拡大に貢献しています。今回のレポートにおける2022年までの予測期間において企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)への投資がBDAソフトウェア市場の拡大にポジティブな影響を与えます。企業がDXを高...

2018年8月13日IDCフィードバック数:0企業情報システム

IT投資動向に関する国内CIO調査結果

...2018年度の国内企業のIT支出計画は、大企業/中堅企業を中心に「増加」が「減少」を上回る パブリッククラウドや外部データセンターを利用した大企業は3割を超える デジタルトランスフォーメーションに取り組む企業が半数を超え、大企業を中心に金融と情報サービスの取り組みが先行 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内企業のCIOや情...

2018年8月13日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内ITサービス市場ベンダー 売上ランキングを発表

...は銀行における大規模統合案件終息の影響は残ったものの、総合するとランキングの変動はありませんでした。製造では、アクセンチュアが製薬や化学、組立製造に牽引され、順位を2つ上げて6位に上昇した他、政府/公共においても順位を上げました。他に、通信/メディアでは通信事業者向けが好調だったSCSK、その他ではサービス向けを中心に中小規模の案件を積み上げたTISが、それぞれ前年よりランクアップする結果となりました。大手ITサービスベンダーの中で前年比売上額成長率が最も高かったのはアクセンチュアでした。デジタルトランスフォーメーション(DX)への...

2018年8月2日キャップジェミニフィードバック数:0企業情報システム

消費者はAIを受け入れ始め、より人間に近いAI経験を提供する企業に応える

...ルを越える大手企業のエグゼクティブ500名以上を対象に調査を実施しました。2018年5月にグローバルな調査を実施し、その後調査を補足する形でUSA、フランス、ドイツにおいて3つの仮想フォーカスグループがそれぞれ8~10名の消費者とディスカッションを行いました。また、複数の主要業界ステークホルダーならびに学者へのインタビューも実施しました。キャップジェミニについてキャップジェミニは、コンサルティング、テクノロジーサービス、デジタルトランスフォーメーションのグローバルリーダーとして、イノベーションの最前線に立ち、進化...

2018年7月12日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内クライアント仮想化関連市場予測

... Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内クライアント仮想化関連市場予測を発表しました。同市場は、2022年には9,415億円まで拡大し、2017年~2022年の年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)は7.0%とIDCではみています。市場拡大の促進要因は、ワークスタイル変革、デジタルトランスフォーメーション(DX)重視型IT投資、インターネット分離対策(セキ...

2018年7月10日EY Japanフィードバック数:0ビジネス

地政学的な不確実性はあるが日本企業のM&A取引への意欲は高い水準を維持

...に全回答者の内の約3分の2が、各国政府による投資の増加が、自社の成長にプラスに働くと予測しています。一方で経営層は地政学上の不確実性が困難な状況をもたらしていることも認識しており、半数以上の日本企業の経営層がこれを主要なリスクと捉えています。さらに、日本企業の経営層の39%が、テクノロジーの変化やデジタルトランスフォーメーション、業種間の壁の崩壊もまた、自社の成長を阻害する可能性があるリスクと考えています。スミスは次のように述べています。「多くのCEOが、現在...

2018年6月12日IDCフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

国内情報セキュリティ市場規模予測

...測します。2019年以降は、デジタルトランスフォーメーション(DX)の進展によって、オンプレミス環境ばかりでなく、クラウド環境へのセキュリティシステムの構築や運用管理サービスの需要が拡大するとIDCではみています。特に2019年のラグビーワールドカップ、2020年の東京オリンピック/パラリンピックと大規模なイベントでのサイバー攻撃の多発が予測されており、セキュリティサービスの需要が拡大するとみています。同市場の2017年~2022年のCAGRは5.4%で、市場規模(支出額ベース)は2017年の7,581億円...

2018年5月22日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内IT市場 LOB支出の産業分野別/企業規模別動向分析結果

... Intelligence:人工知能)システム、ドローンも含めたロボティクス、ビッグデータ/アナリティクス、モビリティ、クラウドなどの第3のプラットフォームの活用が、LOB部門主導あるいはIT部門も関わる協働プロジェクトとして進められるためと分析しています。また、企業規模が大きくなるにつれ、LOB支出の成長率が徐々に高まる傾向にあり、大企業のCAGRは5.1%と高い成長率を予測しています。これは、デジタルトランスフォーメーション(DX)の取り組みが大企業を中心に進められていることも背景にあるとみています。DX推進...

製造業のデジタルトランスフォーメーションが、2021 年までにアジア太平洋地域の GDP を 3,870 億ドル(約 42.5 兆円)増加

...このサイトでは、分析、カスタマイズされたコンテンツ、および広告に Cookie を使用します。このサイトを引き続き閲覧すると、Cookie の使用に同意するものと見なされます。 詳細情報 製造業のデジタルトランスフォーメーションが、2021 年までにアジア太平洋地域の GDP を 3,870 億ドル(約 42.5 兆円)増加[2018年5月7日]Microsoft Asia News Centerマイクロソフトは、アジア太平洋地域の製造業はデジタルトランスフォーメーション...

2018年4月13日キャップジェミニフィードバック数:0社会/政治

キャップジェミニのワールド・フィンテック・レポート2018では、将来の金融サービスにおける成功の鍵として共生的コラボレーションに注目

...、Alibaba、Apple、Facebookなどの従来型の金融サービスには存在しないデータ駆動型のテクノロジー企業をカバーする一般的な用語です。 キャップジェミニについてキャップジェミニは、コンサルティング、テクノロジーサービス、デジタルトランスフォーメーションのグローバルリーダーとして、イノベーションの最前線に立ち、進化を続けるクラウド、デジタル及び各種プラットフォーム分野で、顧客のあらゆるビジネス機会に対応致します。キャップジェミニは、50年にわたり蓄積してきた優れた実績と業界固有の専門知識を基に、戦略...

2018年4月5日日本マイクロソフトフィードバック数:0企業情報システム

アジアが次のAI技術開発のフロンティアに

...リーダーとの対話に頻繁に登場する話題となりました。AI が今日のような状況に至るまでの道筋はおよそ 70 年の長きにわたるものでした。しかし、ここ数年の間に、ビッグデータ、強力なクラウドコンピューティングの普及、そして、ソフトウェアアルゴリズムと機械学習のブレークスルーにより、魅力的なAIの活用が現実のものとなりました。今日の AI は、組織の、そして国家のデジタルトランスフォーメーションの中核にあります。調査会社 IDC は、2019 年までに、AIは新しい業務運営と収益化モデルのためのタイムリーで重要な洞察を提供し、アジア地域のデジタルトランスフォーメーション...

2018年3月29日フォーティネットフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

企業あたりの攻撃数が82%増加していることが明らかに、IoTを標的とするスウォーム攻撃が急増

...あたりの攻撃数が前四半期(2017年第3四半期)よりも増加したことがわかりました。さらに、自動化された高度なスウォーム攻撃によって、ユーザー、アプリケーション、デバイスの保護がこれまで以上に困難になっていることも明らかになりました。本レポート(日本語)の全文は、こちら(フォーティネット倶楽部会員向け)でご覧いただけます。大規模化、多様化、高速化するスウォーム攻撃組織を標的とする攻撃がかつてない勢いで高度化しています。デジタルトランスフォーメーションは、ビジネスの形態を大転換させるだけではなく、サイバー攻撃の対象が拡大し、新た...

2018年3月5日IDC★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

国内商用ロボティクス市場 ソリューションタイプ別予測を発表

...結果、2021年にはエンタープライズドローン市場の支出額は266億円まで拡大すると予測していますが、ドローンの商用利用領域の拡大には、政府の法規制改革も必要と言えます。国内商用ロボティクス市場は、産業用ロボットが市場を牽引していく中、2018年以降はサービスロボットおよびエンタープライズドローン市場も本格的な展開が期待されます。そのような国内商用ロボティクス市場において、「企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)への理解の深まりと労働人口減少に伴う代替要求の拡大が企業のロボティクス導入を促進する。ロボ...

2018年3月5日IDC★★フィードバック数:0企業情報システム

国内ITサービス市場予測

...成長率に留まりました。2018年以降の国内ITサービス市場は、金融機関によるFinTech活用、組立製造業によるIoT導入などのデジタルトランスフォーメーション(DX)に関連するシステム投資が徐々に存在感を強めていき、2020年開催予定の東京オリンピック・パラリンピックによる支出拡大効果も見込まれます。しかしながら、2021年には反動減となり、また、国内経済の低成長見通しや、ITサービスの代替製品/サービスの拡大は、市場成長を阻害します。2017年~2022年の年間平均成長率(CAGR: Compound Annual...

アジアにおけるデジタルトランスフォーメーションの経済効果調査

...2021年までに、デジタルトランスフォーメーションが日本のG... 2021年までに、デジタルトランスフォーメーションが 日本のGDPに約11兆円貢献する見通しアジア15ヵ国・地域の1,560人のビジネス意思決定者を対象とした マイクロソフトとIDCによる調査結果 日本マイクロソフト株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 社長:平野 拓也)は、マイクロソフトとIDC Asia/Pacificがアジア15ヵ国・地域の1,560人のビジネス意思決定者を対象としたデジタルトランスフォーメーション...

2018年2月18日Dell EMC★フィードバック数:0企業情報システム

700社以上の中堅企業を対象にした「IT投資動向調査」結果 中堅企業の8割が働き方改革に着手、一方で3割がセキュリティ事故の被害経験ありで対策が急務

...(昨年から1.6歳(*4)若返り)で、比較的IT理解度が高い世代による経営が進んでいる。IT投資の意思決定に関して、経営者のみが行っている企業は24%(昨年から2ポイント伸長)であり、経営者が関与している割合は73%(昨年から3ポイント伸長)といった結果からも、年々確実に経営とITの一体化が進む企業が増加。また、IoTやデジタルマーケティングなど、ビジネスへのIT活用が積極化しており、中堅企業においてもデジタルトランスフォーメーションが進んでいると考えられる。6. クラウド(IaaS)の利...

2018年1月24日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内企業の海外ITサービス支出予測

...国内に本社を置く企業の海外におけるITサービス支出は、東南アジアに代表されるアジア新興国が牽引し、拡大していく見込み 同支出額は、2016年では57億7,000万ドルであったと推定され、2021年まで年間平均成長率2.7%での成長が続く 国内ITサプライヤーは、海外でのデジタルトランスフォーメーション関連サービスの取り組みを強化するなど、国内企業の海外事業拡大を支援する体制を強化すべき IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1...

2018年1月17日IDCフィードバック数:0企業情報システム

2018年 国内IT市場の主要10項目

...バーシステム)からの移行は2007年に始まったとIDCではみており、2015年まではその試行期間にありました。現在、IT産業は、飛躍的にデジタルイノベーションを加速、拡大し、ITと新たなビジネスモデルを用いて構築される第3のプラットフォーム時代の第2章である「イノベーションの拡大」の時期にあります。2017年から2020年を先見するとデジタルトランスフォーメーション(DX)を通じて、企業が「デジタルネイティブ企業(DNE)」になるために変革を続けることで、組織と産業は破壊され、再構築されます。IDCでは、DXを...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ