調査のチカラ TOP > 特集一覧 > データがいっぱい:デジタルトランスフォーメーション

データがいっぱい:デジタルトランスフォーメーション

世間の注目が集まる分野には調査データが増加します。「デジタルトランスフォーメーション」については、関連調査データもぐっと増えています。

2017年5月17日IDC★★フィードバック数:0マーケティング

国内ビッグデータインフラストラクチャ技術動向分析

...~ 新たなテクノロジーの理解がデジタルトランスフォーメーション実現への近道 ~国内ビッグデータインフラストラクチャ技術動向分析結果を発表 ユーザー企業は、ビッグデータインフラストラクチャ選定においてリスク回避を優先してきた 一方、特定用途に最適化したビッグデータインフラストラクチャのテクノロジーは増加傾向 ユーザー企業にとって、ビッグデータインフラストラクチャにおける新たなテクノロジーの理解は、DXエコ...

日本の若者は、未来に最も影響するテクノロジとして人工知能(AI)に期待

...った外科医による手術室コンピューターの操作の事例についてはこちらまた、今回の調査では、AIおよびその他のテクノロジにより以下のようなメリットが達成されると若者たちが考えていることが明らかになりました(上位 3 位):1. 身体と精神の健康を向上する2. 生産性を向上する3. 雇用環境を向上するアジア太平洋地域には、世界の若者の60パーセントが生活しており、今後世界のデジタル革命の重要な拠点となっていくことが期待されます。日本の若者が、人工知能、ナノテクノロジ、次世代コンピューティング体験に関心を持ち、国や企業に対してデジタルトランスフォーメーション...

2017年5月15日IDC★フィードバック数:0企業情報システム

国内エンタープライズインフラ市場 ユーザー動向調査

...~ ITのケイパビリティに対する認識ギャップがDXを阻害 ~国内エンタープライズインフラ市場 ユーザー動向調査結果を発表 成熟市場である国内においてデジタルトランスフォーメーション(DX)による変革を目指す必要があるとの認識が広まっている 経営課題の解決手段として、経営層と情報システム部門の間にITのケイパビリティに対する認識ギャップが存在 延命してきた基幹業務システムを、業務プロセスやビジネスロジックを見直した上で、 ITインフラの更新時、抜本...

製造業とサービス業を対象にIoT実態調査 第2弾

...ティIoTデザインセンター」を提供しています。今回の実態調査によって得られた知見を本サービスでの提案価値向上に生かし、IoTを活用してデジタルトランスフォーメーションを推し進める企業を強力に支援していきます。なお、5月10日(水)からの3日間、東京ビッグサイトにて開催される「第6回 IoT/M2M展 春」の当社ブースにて、本調査結果や各社の事例を紹介するミニセミナーを実施します。■「第6回 IoT/M2M展 春」出展概要○展示会名 : 第6回 IoT/M2M展 春○会期: 2017年5月10日(水...

2017年4月23日IDC★★フィードバック数:0企業情報システム

国内IT市場 LOB支出の産業分野別 企業規模別動向分析

...と共に進めるITサプライヤーは、そのプロジェクトが継続的な価値を企業にもたらし、顧客が目指すデジタルトランスフォーメーションの実現に貢献するためには、実証実験の提案段階から、ユーザー企業の組織内でのビジビリティ(可視性)を高める支援を含めるべきである」と分析しています。今回の発表はIDCが発行したレポート「国内IT市場 LOB支出 産業分野別 企業規模別予測、2017年~2020年」(JPJ41774617)にその詳細が報告されています。本調査レポートでは、国内IT市場におけるLOBによるIT支出について、産業...

2017年4月20日IDCフィードバック数:0ビジネス

国内BPOサービス市場予測

...2016年の国内BPOサービス市場規模は前年比4.9%増の7,017億円 2016年~2021年の年間平均成長率は3.7%、2021年市場規模は8,427億円と予測 デジタルトランスフォーメーションによる業務内容の変化への対応、潜在的人材の発掘、テクノロジーによる武装が重要 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内...

2017年4月19日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内EAソリューション市場 ユーザーニーズ動向調査

... Applications)市場です。国内862社のユーザー企業から2017年度(会計年)の経営課題とITビジネスに関する支出動向、各システムの導入状況と今後の予定、予算動向、さらに3Dプリンターの活用、製造業のデジタルマニュファクチャリングに対する取り組み状況調査を実施しました。ユーザー企業の2017年度の経営課題では「生産性向上」を、情報システム戦略では「既存システムの統合、連携強化」を重視しており、デジタルトランスフォーメーションの検討は優先順位が低い結果を示しました。ビジネスに対するIT支出は、前回...

2017年4月12日IDC★★フィードバック数:0企業情報システム

国内デジタルトランスフォーメーション(DX)成熟度に関するユーザー調査

...国内デジタルトランスフォーメーション(DX)成熟度に関するユーザー調査結果を発表  国内ユーザー企業のDXに向けた取り組みは、前年調査に比べて成熟度が向上  しかしながら、多くの企業では、短期的かつ従来のビジネスの効率化が中心  革新的な製品やサービスの創出に向けた顧客エクスペリエンスの強化とエコシステムへの拡大が不可欠 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:03-3556...

2017年4月12日IDC★フィードバック数:0企業情報システム

国内IoT向けITサービス市場予測

...代表:03-3556-4760)は、国内IoT(Internet of Things)向けITサービス市場の支出額予測を発表しました。国内IoT向けITサービス市場の2016年の支出額は前年比96.9%増の548億円であり、2016年~2021年の年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate) 64.8%で成長し、2021年の支出額は6,670億円になる見込みです。現在、国内企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)に向けた中核技術の1つとして、IoTの活...

2017年3月29日IDCフィードバック数:0企業情報システム

2017年 国内ストレージ需要動向調査

...し続けているデータの管理戦略については、10項目について重要度を「非常に重要」~「まったく重要ではない」の5段階で評価してもらいました。その結果、「非常に重要」と「重要」を合わせた回答率が最も高かった項目は「データセキュリティ(情報漏洩/改ざん防止など)の確保」(63.7%)でした。次いで「データ処理の高速化」(62.1%)、「低コスト/大容量/長期アーカイブの実現」(56.8%)が上位3項目でした。IDC Japan エンタープライズインフラストレクチャ/PCs グループディレクターの森山 正秋は「ITを活用したビジネスのデジタルトランスフォーメーション...

2017年3月23日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内データセンター延床面積予測

...知能やディープラーニング(深層学習)といった新たなテクノロジーを利用したサービスを、クラウド環境から提供しようとするサービス事業者が増えていることも、大規模DCの新設/増設を加速させています。人工知能やディープラーニングなどの演算処理ではサーバー1台あたりの消費電力が大きくなり、従来のDC設備では対応できないため、DC新設の需要拡大につながっています。デジタルトランスフォーメーション(DX)による新たなビジネスが拡大するにつれて、それを支えるための大容量DCが増えています。こうしたビジネスでは変化が速いため、ITイン...

2017年3月7日日本マイクロソフトフィードバック数:0企業情報システム

日本における「デジタルトランスフォーメーション」推進の重要性について

...Windows 10 のための高速で安全なブラウザー、Microsoft Edge を今すぐお試しください 日本における「デジタルトランスフォーメーション」推進の重要性について[2017年3月1日]マイクロソフトによるアジア地域における調査から、他地域との傾向の違いが明確に(Posted by: 岡部 一志コーポレートコミュニケーション本部 本部長)マイクロソフトは、この度、アジアの13か国・地域※のビジネスリーダーを対象に、最新...

2017年3月2日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内ITサービス市場予測

...率が鈍化しました。2017年以降の国内ITサービス市長は、クラウドやIoT(Internet of Things)などの第3のプラットフォームやデジタルトランスフォーメーション(DX)に関連するシステム投資が徐々に存在感を強めていくものの、国内経済の低成長見通しや、ITサービスの代替製品/サービスの影響により、徐々に成長のペースを下げていきます。2016年~2021年の年間平均成長率(CAGR: Compound Annual Growth Rate)は1.1%とIDCでは予測しています。低成...

2017年2月24日IDC★★フィードバック数:0企業情報システム

国内IoT市場 ユースケース(用途)別/産業分野別予測

...ラットフォームを中心としたITを駆使することで、企業はIoTをベースとしたサービス提供者へ自らを変革すること、すなわち『デジタルトランスフォーメーション(DX)』が可能になってきている。企業がIoT分野におけるDXを通じエンドユーザーに価値あるサービスを提供する上で、ITベンダーは企業からの要望に受身で対処するだけでなく、自らが率先してビジネスモデルを提案することが求められる」と述べています。今回の発表はIDCが発行したレポート「国内IoT市場 産業分野別/ユースケース別予測、2017年~2021年」(JPJ41774917...

2017年1月15日IDC★★フィードバック数:0企業情報システム

国内IT市場 地域別予測

...機関などそれぞれのニーズや課題の違いを的確に捉える必要があります。IDC Japan ITスペンディング グループマネージャーの廣瀬 弥生は「ITベンダーは、企業向けには大企業を中心にデジタルトランスフォーメーションを提案、推進し、行政関連市場においては地域間格差の是正に向けて第3のプラットフォームを活用した地方創生を推進していくべきである」と分析しています。今回の発表はIDCが発行したレポート「国内IT市場 地域別 予測アップデート,2016~2020年」(J17220301)にその詳細が報告されています。本レポートでは、国内IT市場を8地域(北海道/東北...

2017年1月13日IDCフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

国内情報セキュリティ製品市場予測

...は2,792億円に拡大すると予測しています。SaaS型セキュリティソフトウェア市場はクラウド/モバイルの進展によって情報資産の活用範囲が拡大し、エンドポイントセキュリティ市場やアイデンティティ/アクセス管理市場を中心に需要が高まっています。2017年以降は、第3のプラットフォームテクノロジーによって実現されるデジタル変革(DX:デジタルトランスフォーメーション)によって、社内/社外に関わらずさまざまなエンドポイントデバイスから情報資産を活用する機会が多くなり、クラ...

2017年1月13日アイティメディアフィードバック数:0マーケティング

デジタルビジネス関連記事 FBシェアランキング2016 ベスト10

...デジタルトランスフォーメーションの進展を如実に反映 およそ全てのビジネス/サービスをITが支えている近年、IT活用の在り方がビジネスのパフォーマンスを大きく左右する時代になっています。例えばUberのように、テクノロジーの力で既存の商慣習を変え、業界構造破壊までも引き起こしてしまう“デジタルディスラプション”に対する認識も広く浸透し、社会一般がテクノロジーの力やビジネスにおけるIT活用の在り方を見直すきっかけが増えたのが、この2016年だったといえるのではないでしょうか。 @IT編集...

2017年1月11日IDC★フィードバック数:0ビジネス

国内ソフトウェア市場予測

...2016年の国内ソフトウェア市場は前年比成長率3.9%、ビッグデータ関連市場が成長 2015年~2020年の年間平均成長率は4.2%、2019年には3兆円を突破 コグニティブ/AIシステム/コンテンツアナリティクスソフトウェアへの投資が拡大 企業のデジタルトランスフォーメーションに対応するために機能ごとに細分化されたソフトウェアコンポーネントを提供することが重要 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役:竹内...

2017年1月11日アイティメディアフィードバック数:0マーケティング

2016年、開発者、プログラマー向け@IT記事、Facebookシェア数トップ20とは?

...早いもので2016年ももう終わりですね。今年もいろいろなことがありましたが、@IT読者の皆さんにとってどのような1年だったでしょうか。 2016年のITに関する大きな動きといえば、5月19日に日本政府が発表した新しい成長戦略の素案に集約されると思います。小学校でのプログラミング教育必修化や、3年以内のドローン配送実現、2020年の高速道路での自動走行実現、人工知能(AI)研究の推進などが主なトピックです(参考)。これと「デジタルトランスフォーメーション」という大きな流れが相まって、開発者、プロ...

2016年12月29日IDC★★フィードバック数:0企業情報システム

国内第3のプラットフォーム市場 産業分野/企業規模別予測

...きく上回り、2020年には約13兆9,018億円の市場規模に達します。予測期間前半では、既に一般消費者に行き渡ったモビリティが企業向けで成長し、これをベースにクラウド、ソーシャル市場を取り込んで成長し、後半にはビッグデータ市場の成長も誘発します。しかし、第3のプラットフォームへの支出がデジタルトランスフォーメーションに見られる企業変革を生み、より大きな投資対効果を生み出すことかどうかは、企業の組織構造や文化も同時に変革できるかにかかっています。IDC Japan ITスペンディング グル...

2016年12月22日ITRフィードバック数:0企業情報システム

API管理市場規模推移および予測

...びそれに伴うデータの公開による新たな事業の創出への期待が需要の喚起を加速させ、デジタルイノベーションやデジタルトランスフォーメーションを実現するコア技術のひとつとして導入が進むと考えられることから、同市場のCAGR(2015~2020年度)は41.1%、2020年度には2015年度の5.6倍になると予測しています。調査概要今回の発表は、ITRが発行した市場調査レポート「ITR Market View:システム連携/統合ミドルウェア市場2016」に詳細を掲載しています。同レポートには、BPM市場、BRMS市場、EAI市場、ESB市場、API管理市場、CEP市場、EDI市場...

2016年12月22日IDCフィードバック数:0企業情報システム

2017年 国内IT市場の主要10項目

...~ デジタルトランスフォーメーション・エコノミーの萌芽 ~2017年 国内IT市場の主要10項目を発表 産業間のエコシステム連携によって、第3のプラットフォーム上にDXエコノミーが萌芽する 第3のプラットフォームへのICT支出が第2のプラットフォーム支出に並ぶ ランサムウェアの被害拡大が、脅威インテリジェンスとコグニティブ/AIシステムを活用したセキュリティ製品の開発を加速する DXを実現するハイブリッドクラウドとAPIエコノミーの拡大が加速する IoT事業者の競争軸は「IoTプラ...

2016年12月15日IDCフィードバック数:0大型消費/投資

2016年第3四半期 世界AR/VRヘッドセット市場規模

...れを追う格好となっています。2016年に入り爆発的な拡大を見せるAR/VRヘッドセット市場は、離陸期に入りつつありますが、2016年第4四半期にはPlayStation VRが登場し、マイクロソフトのHoloLensも開発者向けの出荷が開始されたこと、さらに2017年にはGoogle Daydream Readyのスマートフォンが市場に登場することなど、市場を大きく成長させる要素が多く見込まれます。AR/VRヘッドセットの世界市場の急速な拡大は2017年も続き、AR/VRによる全く新しいユーザー体験がデジタルトランスフォーメーション...

2016年12月15日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内コンバージドシステム市場予測

...ールスタート」「柔軟性/拡張性」といったメリットを併せ持っています。これらの特徴によって、相対的に導入規模の小さい企業や事業拠点、競争環境の変化が大きい業種/業態において採用が進むとIDCはみています。IDC Japan エンタープライズインフラストラクチャ マーケットアナリストの宝出 幸久は「今後は、デジタルトランスフォーメーションによるアプリケーションの多様化や、ITリソースの拡張予測が立てにくくなることを背景に、ハイパーコンバージドシステムのメリットである迅速な導入、スモールスタート、拡張...

2016年12月10日IDCフィードバック数:0モバイル

2016年第3四半期 国内携帯電話・スマートフォン市場実績値

...もスマートフォンが果たす役割は拡大こそすれ縮小することはない」とIDC Japan PC,携帯電話&クライアントソリューション シニアマーケットアナリストの菅原 啓は述べています。さらに「このように多彩な最新機能とユーザー体験をシームレスな形で統一されたプラットフォームを通じて提供するスマートフォンは、まさしく我々が呼ぶところのデジタルトランスフォーメーション(DX:Digital Transformation)のキーデバイスとなるであろう」としています。今回の発表はIDCが発行する「Worldwide Quarterly Mobile Phone...

2016年11月29日IDC★フィードバック数:0企業情報システム

国内PaaS市場予測

...2015年の国内PaaS市場規模は648億円、前年比成長率48.1% ハイブリッドクラウドやデジタルトランスフォーメーションへのニーズを取り込むことで市場は高い成長率を継続。2015年~2020年の年間平均成長率は22.1%、2020年の市場規模は1,761億円と予測 PaaS基盤の提供に当たっては標準に則ったサービスを提供していくことが望ましい IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役:竹内正人、Tel代表...

グローバルCEO意識調査:デジタルトランスフォーメーションの活用がビジネス成長に不可欠

...、フロスト&サリバンのグローバル会長兼CEOのデイビッド・フリッグスタッドは述べます。弊社の意識調査の結果は、企業の経営層が直面している様々な外的及び内的要因による課題を明らかにしています:・CEOレベルの回答者のうち53%が、次第に激しくなる競争環境が自社のビジネス成長における最大の懸念であると回答。一方、ほとんどの企業がこの課題に向けた競合分析や企業戦略について十分な取り組みが出来ていないと回答。・デジタルトランスフォーメーションの活用は、今後5年間でビジネスの成長やイノベーション創出、市場...

ワークスタイルとデジタルトランスフォーメーションに関する意識調査2016

...シトリックス、「ワークスタイルとデジタルトランスフォーメーションに関する意識調査2016」の結果を発表大企業の従業員は柔軟な働き方を理想としており、5年後には働き方の柔軟性が向上、 IT環境はモバイルおよびクラウドなどをより利用すると予想 シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社 (本社: 東京都千代田区、以下、シトリックス) は本日、「ワークスタイルとデジタルトランスフォーメーションに関する意識調査2016」の結果を発表します。この調査では、従業員数1,000名以...

2016年11月28日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内ITインフラストラクチャサービス市場予測

...の縮小傾向が止まらず、これが阻害要因となって2015年~2020年のCAGRはマイナス1.1%になると予測しています。相次ぐ外部からのサイバー攻撃や内部からの情報漏洩事件などを背景に、情報セキュリティに対する社会的な注目度が高まっていることを受けて、ITインフラストラクチャセキュリティサービス市場の2015年の前年比成長率は6.8%に達しました。IoT(Internet of Things)の普及やデジタルトランスフォーメーション(DX)への取り組みの拡大などとも相まって、企業...

2016年11月4日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内エンタープライズストレージシステム市場支出モデルの分析結果

...~サービス利用へのシフトが鮮明に~国内エンタープライズストレージシステム市場支出モデルの分析結果を発表 ストレージの運用管理において、パブリッククラウドサービスやプライベートクラウドサービスをはじめとするサービス利用へのシフトが進む サービス利用へのシフトが進む理由は、ストレージ運用管理コストの削減、柔軟な拡張性、迅速な導入/構築 デジタルトランスフォーメーションの実現を支えるプラットフォームとして、サービス利用へのシフトなどにより柔軟性や伸縮性の高いITイン...

2016年11月1日IDCフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

国内アプリケーションデプロイメント/構造化データ管理ソフトウェア市場予測

...国内アプリケーションデプロイメント/構造化データ管理ソフトウェア市場予測を発表 2015年の国内アプリケーションデプロイメント/構造化データ管理ソフトウェア市場規模は4,113億円、前年比成長率5.0% 企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)へのニーズを取り込むことで市場は中期的に高成長。2015年~2020年の年間平均成長率は5.3%、2020年の市場規模は5,325億円と予測 ITサプライヤーは自身のビジネス体制をDX時代...

2016年10月8日IDC★★フィードバック数:0企業情報システム

国内ITサービス市場予測

...国内ITサービス市場は、2020年まで成長を継続、2015年~2020年の年間平均成長率は1.5%と予測 デジタルトランスフォーメーション(DX)に関わる支出が成長のドライバーとなるが、同時にクラウドの影響や代替製品/サービスの存在が阻害要因として作用 DXに関わる市場機会をとらえて成長を継続するために、ITサプライヤーは事業体制の抜本的な見直しが求められる IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役:竹内...

2016年9月25日IDC★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

国内標的型サイバー攻撃対策市場予測

...に拡大すると予測しています。国内標的型サイバー攻撃向け特化型脅威対策製品市場は、標的型サイバー攻撃を懸念する大企業や官公庁などの公共機関を中心に導入が進んでおり、その際導入される製品の多くは、外部にファイルを送信することなく自社内で検出できるアプライアンス製品です。しかし、ソーシャル技術、モビリティ、ビッグデータ/アナリティクス、クラウドという第3のプラットフォームテクノロジーによって実現されるデジタルトランスフォーメーション(DX)時代では、社内/社外...

2016年9月22日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内クラウド成熟度に関するユーザー調査

...化の手段から、ビジネス強化のための基盤として考えるようになっています。また、本調査では、クラウドを活用し、デジタルトランスフォーメーション(DX)を推進している企業(リーダー企業)と、そうでない企業(フォロワー企業)の比較を実施しています。リーダー企業は、現在の成熟度ステージが低くとも、クラウドをIT課題としてだけでなく、ビジネスと結び付けて検証しています。一方、フォロワー企業は、クラウドをIT課題として考えており、ステージが低い企業は「コスト削減」「効率化」に注力し、ステージが高い企業であっても「ITガバ...

2016年9月13日IDC★フィードバック数:0ビジネス

国内コラボレーティブ/コンテンツアプリケーション市場予測

...テンツ分析の需要拡大によるコグニティブシステム/コンテンツアナリティクス/ディスカバリーソフトウェア市場の成長率が拡大しています。2016年の国内コラボレーティブ/コンテンツアプリケーション市場は、企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)の進行によって市場拡大継続が期待され、前年比成長率3.4%になると予測しています。IDCでは、2016年以降の同市場は、東京オリンピック/パラリンピックに向けたDXの進行、企業の働き方改革によるSaaS(Software as a Service)型コラボレーション/Web会議...

2016年9月6日IDC★★フィードバック数:0モバイル

2016年第2四半期 国内携帯電話・スマートフォン市場実績値

...ように多彩な最新機能を組み込んだアプリケーションをスマートアプリケーションと呼ぶならば、それはライフスタイルにデジタルトランスフォーメーション(DX:Digital Transformation)をもたらし、スマートライフを実現する。そのときスマートフォンは、その中心的存在になる」とみています。今回の発表はIDCが発行する「Worldwide Quarterly Mobile Phone Tracker」にその詳細が報告されています。IDC TrackerについてIDC Trackerとは、IDC独自の調査手法に基づきICT製品・サービスの市場規模・ベン...

2016年9月5日IDC★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

国内情報セキュリティ製品市場 外部脅威対策と内部脅威対策の市場予測

...グデータ/アナリティクス、クラウドという第3のプラットフォームテクノロジーによって実現されるデジタル変革(DX:デジタルトランスフォーメーション)によって、ITシステムはオンプレミス環境とクラウド環境の両方を組み合わせたハイブリッド環境へと変化することで、SaaS(Software as a Service)型ソフトウェア製品への需要が高まるとIDCではみています。また、法規制によってマイナンバーを含めた個人情報保護対策強化が求められており、ユーザーID管理や多要素認証などのアクセス管理、ガバナンス/リス...

2016年9月1日IDCフィードバック数:0ビジネス

国内BA(ビジネスアナリティクス)ソフトウェア市場予測

...国内BA(ビジネスアナリティクス)ソフトウェア市場予測を発表 2015年の国内BAソフトウェア市場規模は1,921億2,100万円、前年比10.2%増の高成長 企業のデータ活用意欲は継続的に高まり、クラウド型データウェアハウス、セルフサービスBIなどのソリューションが浸透し市場成長を加速 企業のデジタルトランスフォーメーションの基盤として需要は拡大。2015年~2020年の年間平均成長率6.4%、2020年には2,617億6,200万円に達すると予測 IT専門...

2016年9月1日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内パブリッククラウドサービス市場予測

...取締役:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内パブリッククラウドサービス市場予測を発表しました。2015年の国内パブリッククラウドサービス市場規模は、前年比39.8%増の2,771億円でした。2020年の同市場規模は、2015年比2.7倍の7,346億円になるとIDCでは予測しています。現在、国内パブリッククラウドサービス市場は、既存のIT/ビジネスの効率化に対する企業の期待が成長をけん引しています。一方、デジタルトランスフォーメーション(DX:Digital...

2016年8月18日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内製品別IT市場予測

...を増加させるために、ITプロフェッショナル(ITユーザー企業)に対し、デジタルトランスフォーメーション(DX)を推進していくべきである」と分析しています。今回の発表はIDCが発行したレポート「国内IT市場 製品別予測、2016年~2020年: 2016年第1四半期の実績に基づく」(JPJ40600016)にその詳細が報告されています。本レポートでは、国内IT市場および国内通信サービス市場を製品セグメント別に分類し、市場動向の分析と市場規模の予測を行っています。(※詳細についてはへお問い合わせ下さい。)<参考資料>国内...

2016年8月10日IDC★フィードバック数:0企業情報システム

国内第3のプラットフォーム向けITサービス市場予測

...~クラウドサービス向けが特に高成長~国内第3のプラットフォーム向けITサービス市場予測を発表 国内ITサービス市場が低成長化する中、第3のプラットフォーム向けITサービス市場は大幅な成長を継続 特にクラウドサービス向けITサービスは、2015年~2020年の年間平均成長率34.9%と非常に高い成長率、2020年には1兆7,205億円に達すると予測 企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)支援を原動力として、4分野(クラウドサービス向け、ビジネスアナリティクス向け、エン...

2016年8月7日IDCフィードバック数:0社会/政治

公共/医療/教育における国内第3のプラットフォーム活用動向分析

...~東京オリンピックで社会インフラのデジタル化が進む 地方創生には公共版デジタルトランスフォーメーションが不可欠~公共/医療/教育における国内第3のプラットフォーム活用動向分析結果を発表 2015年~2020年の年間平均成長率は、東京オリンピック開催とインバウンド需要への対応などの影響により、公共(官公庁、自治体)部門では7~8%と堅調。医療/教育部門は5~6% 公共/医療/教育部門においては、第3のプラットフォームを活用することで関係機関内外における変革(デジタルトランスフォーメーション...

2016年8月5日IDC★★フィードバック数:0企業情報システム

国内IT市場 地域別予測

...時いずれの場合でもIT支出は伸び悩む結果となっています。IDC Japan ITスペンディング グループマネージャーの廣瀬 弥生は「ITベンダーは、大企業の多い大都市圏向けには、デジタルトランスフォーメーション戦略を提案、推進し、中小企業の多い大都市圏以外の地域においては、地域全体の構造的問題を変革すべく、公的機関に対し公共版デジタルトランスフォーメーションを提案していくべきである」と分析しています。今回の発表はIDCが発行したレポート「国内IT市場 地域別予測、2016年~2020年」(J16150303)にそ...

2016年8月3日アバイアフィードバック数:0エンタテインメント海外

Connected Sports Fans 2016

...製品ユニファイド・コミュニケーション&コラボレーションカスタマー・エクスペリエンス・マネジメント(CEM)ネットワーキングサイバーセキュリティ、デジタルトランスフォーメーション及び IoT の課題に対するイノベーティブなソリューション。クラウドどの様なビジネスニーズにもこたえられる、豊富なオプションをもったクラウドソリューション。人気の製品A-ZAvaya Cloud のオプションは、境界の無いコネクションやコミュニケーション、コラボレーションを実現します。Cloud ソリューション ›サー...

2016年8月1日IDC★フィードバック数:0ビジネス

国内EA(Enterprise Applications)ソフトウェア市場予測

...期での顧客のビジネス支援を考慮したサブスクリプション型のソフトウェア提供が拡大するとみています(詳細はライセンス別市場予測として、各ソフトウェア市場別で本調査レポートに掲載しています)。日本とアジアのEAソフトウェア市場を比較し「日系企業のグローバル進出の根底には、少子高齢化に伴う国内市場の縮小懸念があり、将来に渡る労働力確保は長期で取り組むべき最大の課題である。日本の主要産業である製造業では次世代のものづくりを目指す共創体制構築に向け、クラウドやデジタルトランスフォーメーション(DX)の導入が活性化する。そのためITサプライヤーは、顧客...

2016年7月24日IDC★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

国内第3のプラットフォーム市場 産業分野・企業規模別予測

...体分野で成長が顕著になります。第3のプラットフォームの事業戦略への活用については、予測期間前半は大企業が中心となり、後半は中堅中小企業でも活用するケースが増えていきます。しかし第3のプラットフォームへの支出がデジタルトランスフォーメーション(DX)に見られる企業変革を生み、より大きな投資対効果を生み出すことかどうかは、企業の組織構造や文化も同時に変革できるかにかかっています。IDC Japan ITスペンディング グループマネージャーの廣瀬 弥生は「ITベンダーは、第3のプラットフォーム活用の鍵を握る大企業に対して、とか...

2016年7月21日IDCフィードバック数:0ビジネス

国内マネージドプリントサービス市場競合分析

...国内マネージドプリントサービス市場競合分析結果を発表 2015年の国内MPS市場ベンダー別売上額シェアトップは富士ゼロックス MPS市場全体は拡大するものの、サービスのコモディティ化が進む 今後、デジタルトランスフォーメーション(DX)への対応が今後のMPS差別化要因に IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内マネージドプリントサービス(MPS...

2016年7月19日IDC★★フィードバック数:0企業情報システム

国内CRM市場予測

...2015年の国内CRM市場は、前年比8.9%増、800億8,900万円。セールス/マーケティングアプリケーションが成長をけん引 2016年以降はデジタルトランスフォーメーション(DX)の進行により、2015年~2020年の年間平均成長率5.3%、2020年の市場規模は1,039億2,300万円と予測 ベンダー/システムインテグレーターは、個別製品/サービスの訴求から顧客データ活用の全社展開訴求への転換、データエコノミーへの参入などが必要 IT専門調査会社 IDC...

2016年7月12日IDCフィードバック数:0企業情報システム

IT投資動向に関する国内CIO調査

...ような状況の中、ITサービスベンダーは、企業の課題やニーズを的確に捉えた提案やサービス提供を行うだけでなく、「デジタル化がもたらすビジネスとITの融合は、ユーザー部門によるIT投資や内製化の動きなど、国内企業のIT投資にも変化を及ぼしている。ITサービスベンダーは、自らのデジタルトランスフォーメーションを進めることで、企業の変革をリードすべきである」とIDC Japan ITサービス リサーチマネージャーの木村 聡宏は分析しています。今回の発表はIDCが発行したレポート「2016年 国内CIO調査: ITサー...

2016年7月5日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内クライアント仮想化関連市場予測

...トワーク仮想化など様々な仮想化技術が採用されています。ワークスペース出現の背景には、ユーザー企業を取り巻くエンドポイント環境の高度化/複雑化/多様化があります。オフィスでの定型業務利用を中心に、勘定系/在庫管理/流通管理など用途が拡大、病院、工場、店舗、大学など使用場所が拡大、在宅勤務、サテライトオフィス勤務、モバイルワーク、リモートワークなど働き方の多様化など、それぞれでの活用が進んでいます。「クライアント仮想化第4世代を迎え、エンドポイントにおける課題解決実現のために、IDCの提唱するデジタルトランスフォーメーション...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ