調査のチカラ TOP > 特集一覧 > データがいっぱい:サイバーセキュリティ

データがいっぱい:サイバーセキュリティ

世間の注目が集まる分野には調査データが増加します。「サイバーセキュリティ」については、関連調査データもぐっと増えています。

2018年1月17日IDCフィードバック数:0企業情報システム

2018年 国内IT市場の主要10項目

...と製品品質の向上を目指す製造プロセスの改善、チャットボットへの適用による流通業での自動受注プロセスの実行、サイバーセキュリティ対策へのAIの利用など、より具体的な業務補助の役割への拡大が見込まれる。さらには、AIスピーカー、AR/VRへの適用や、消費者向けロボット、自動車などの消費者向けのAI利用の拡大が進み、「誰でも、どこでもAI」に触れる環境が整う。AIの活用は、従来はAIとは無縁と思われた領域でも進む。たとえば、従来はデータを保存し管理するだけと思われてきたDBMS(Database Management System)において、オラ...

2018年1月17日ITRフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

SIEM市場規模推移および予測

...場のCAGR(2016~2021年度)は10.6%の伸びを予測しています。 ITRのシニア・アナリストである大杉 豊は、「侵入されることを前提としたサイバーセキュリティ対策として、各システムのログを利用してアクティビティ情報(振る舞いやリスクの高い動作など)を収集し、相関分析からイベント管理を行うSIEMの重要性が増しています。今後はSIEMと合わせて、内部不正や法令対応も含めたガバナンス管理として機械学習やAIを活用したUEBA市場も急速に市場も拡大すると予測しています」とコメントしています。調査...

2018年1月17日A10フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2018年のサイバーセキュリティ状況 - 10の予測

...Skip to Content2018年のサイバーセキュリティ状況 - 10の予測 1970年代、アメージング・クレスキンは未来が見える不思議な能力で観衆を沸かせました。彼は暗示を用いることで予測をしていたといわれます。クレスキンは自身を超能力者と呼ばず、エンターテイナーとして振る舞いましたが、彼の予測はよく当たりました。 私たちも、できるだけ努力してクレスキンのように、2018年のサイバーセキュリティ状況を予測してみようと思います。私たちの経験と市場への知見を駆使し、来年起こるであろう10...

2018年1月17日マカフィーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2017年のセキュリティ事件に関する意識調査

...ティング会社への攻撃はAPT攻撃とランサムウェアの組み合わせにより、ホスティング契約していた顧客データを暗号化し、被害者に対して身代金支払いを要求する攻撃も発生しました。本格的な標的型ランサムウェア時代の幕開けに伴い、企業におけるランサムウェア対策はこれからも最優先事項の1つとなるとマカフィーでは考えています。ランサムウェアへの対策として、ソフトウェアを常に最新のものに更新する、マルウェア対策ソフトウェアを活用する、疑わしいファイルやメール、リンクを開かない、常にデータのバックアップを取る、などを推奨しているほか、警察機関やその他のサイバーセキュリティ...

2018年1月17日マカフィーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2018年の脅威動向予測

...2017年12月11日 - 機械学習によるサイバー攻撃の激化、ランサムウェア、サーバーレス アプリ、コネクテッド ホームの プライバシー、子供が作成するコンテンツのプライバシーに関して予測※当資料は、2017年11月29日に米国で発表されたプレスリリースの抄訳です。McAfee Labsは機械学習によるサイバーセキュリティ ツールの“開発競争”が攻撃者と防御者の間に起こると予測ランサムウェアが、従来のPC上で脅迫するものから、より金銭的なメリットの大きいIoTや富裕層を標的としたものや、企業...

2018年1月5日イー・ガーディアンフィードバック数:0マーケティング

「2017年ネットバズワードランキング」

...ド選定方法:ソーシャルリスニングで蓄積したデータをもとに各ジャンルからバランスをよく抽出 1998年設立。2016年に東証一部上場。イー・ガーディアンは投稿監視、風評調査、ソーシャルリスニングのリーディングカンパニーとして、導入実績800社以上の基盤を誇る総合ネットセキュリティ企業です。事業領域は年々拡大しており、ゲームサポートやアド・プロセス、そして子会社化したEGセキュアソリューションズ株式会社との連携によるサイバーセキュリティ分野まで幅広く提案が可能。センターは、提携先をふくめてグループで国内5都市...

2017年12月26日シマンテックフィードバック数:0ライフスタイル

日本人女性に対するオンラインハラスメントの最新調査

...に委託し、16歳以上の504人の日本人女性を対象に定量的オンラインアンケートを実施しました。本調査は、日本人女性が体験しているオンラインハラスメント(敵対行為、ネット荒らし、誹謗中傷、ネットいじめ、セクハラ、身体的暴力の脅迫など)の実態とその影響を把握することを目的に実施しました。調査結果に関する詳細データについては、以下の連絡先までお問い合わせください。シマンテックについてシマンテック コーポレーション(Nasdaq: SYMC)は、世界をリードするサイバーセキュリティ企業として、企業、政府...

2017年12月25日アクセンチュア★★フィードバック数:0ビジネス

アクセンチュア最新レポート――国をまたぐデータ流通などへの規制が企業成長を阻害することが判明

...センチュアのレポート「Digital Fragmentation: Adapt to Succeed in a Fragmented World」(英語のみ)では、データプライバシーやサイバーセキュリティの強化などに関する国の政策が、本来の意図と反して、しばしば企業の成長とイノベーションを抑制していることを明らかにしています。また、こうした政策における本来の目標を達成するためには、イノベーションの創出や新興技術の利用を妨げるのではなく、企業と政府のより深い連携によって促進させていくことが必要だと指摘しています。本レ...

2017年12月22日BBソフトサービスフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

10月度IoTサイバー脅威分析リポート

...稿された検体のみの結果が示されます。当観測システムで収集可能なウイルスの傾向には偏りがあるため、この結果がそのままIoTウイルスの流行の全体傾向を示しているものではありません。横浜国立大学・BBSSIoTサイバーセキュリティ 共同研究プロジェクトホームページURL: https://www.bbss.co.jp/business/service/iot_lab.html横浜国立大学 情報・物理セキュリティ研究拠点について横浜国立大学の「情報・物理セキュリティ研究拠点」は、情報・物理セキュリティ...

2017年12月13日ESETフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

日本におけるサイバーセキュリティーの最大の障害は資金

...ESETの調査:日本におけるサイバーセキュリティーの最大の障害は資金 2017年11月9日ESET ESETの調査:日本におけるサイバーセキュリティーの最大の障害は資金 ESETの調査:日本におけるサイバーセキュリティーの最大の障害は資金AsiaNet 70782 (1709)【東京2017年11月9日PR Newswire=共同通信JBN】 日本の中小企業の40%は、サイバーセキュリティーの最大の障害として十分な資金の欠如を挙げている受賞歴のあるサイバーセキュリティー・ソフ...

2017年12月12日IDCフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

国内IoTセキュリティ製品市場予測

...に応えなければ暗号化されたシステムは破壊された場合と同様、使用不能になり、企業活動において大きなダメージを受ける恐れがあります。WannaCryの事件によって、インターネットに接続されたIoT機器や制御系システムへのランサムウェア攻撃の脅威が差し迫っていることが如実に現れました。これによって、インターネットに接続しているIoT機器や制御システムなどでのサイバー攻撃が現実的な脅威となり、IoT環境へのサイバーセキュリティ対策への導入が進展するとIDCはみています。IoT市場では、1社のベンダーでIoTソリューションを提供できる市場ではなく、市場...

2017年11月15日ガートナーフィードバック数:0ビジネス

2018年のCIOアジェンダ

...そう重視されるようになっています」トレンドへの対応本サーベイではCIOの大多数が、テクノロジのトレンド、特にサイバーセキュリティと人工知能 (AI) によって、近い将来CIOの職務が大きく変化するであろうと述べています。サイバーセキュリティは2018年も引き続きグローバル規模の脅威であり続け、95%のCIOがサイバーセキュリティの脅威が高まり、自社に影響を与えるであろうと回答しています。ラウゼル・ジョーンズは次のように述べています。「これらの懸念への対応としてデジタル・セキュリティがCIOにとって上位の課題となっており、回答...

2017年11月15日カスペルスキーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2017年度 企業の情報セキュリティリスク調査

...[本リリースは、2017年9月14日にKaspersky Labが発表したプレスリリースに基づき作成したものです]~ 一方で、セキュリティインシデント最大のコストは、サードパーティのサイバーセキュリティの失策に起因。自社への投資だけでなく、ビジネスパートナーのセキュリティ管理体制に注意を払う必要も ~Kaspersky Labとグローバル調査会社のB2B Internationalは、世界30か国の企業に勤務する5,000人以上を対象に、情報セキュリティ...

2017年10月30日ガートナー★★フィードバック数:0ビジネス

世界のCIO 3,000人以上のサーベイ

...そう重視されるようになっています」トレンドへの対応本サーベイではCIOの大多数が、テクノロジのトレンド、特にサイバーセキュリティと人工知能 (AI) によって、近い将来CIOの職務が大きく変化するであろうと述べています。サイバーセキュリティは2018年も引き続きグローバル規模の脅威であり続け、95%のCIOがサイバーセキュリティの脅威が高まり、自社に影響を与えるであろうと回答しています。ラウゼル・ジョーンズは次のように述べています。「これらの懸念への対応としてデジタル・セキュリティがCIOにとって上位の課題となっており、回答...

2017年10月29日BBソフトサービスフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

9月度IoTサイバー脅威分析リポート

...は検体ハッシュ値をVirusTotalに投稿した結果で、過去にVirusTotalに投稿された検体のみの結果が示されます。当観測システムで収集可能なウイルスの傾向には偏りがあるため、この結果がそのままIoTウイルスの流行の全体傾向を示しているものではありません。横浜国立大学・BBSSIoTサイバーセキュリティ 共同研究プロジェクトホームページURL: https://www.bbss.co.jp/business/service/iot_lab.html横浜国立大学 情報・物理セキュリティ研究拠点について横浜国立大学の「情報・物理セキュリティ...

2017年10月29日The Economistフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

Safe Cities Index 2017 加速する都市化と セキュリティ強化に向けた取り組み

...ット(The Economist Intelligence Unit (EIU))が作成した報告書である。 Safe Cities Index 2017 加速する都市化と セキュリティ強化に向けた取り組みSafe Cities Index 2017 日本語『Safe Cities Index 2017』は、NEC協賛の下で、ザ・エコノミスト・インテリジェンス・ユニット(EIU)が作成した報告書である。本報告書の作成にあたっては、40以上の質的・量的指標で構成された指数の分析が行われ、その結果はサイバーセキュリティ...

2017年10月29日Cylanceフィードバック数:0企業情報システム

AI(人工知能)の投資調査

...チームよりも先に脅威を検出していると回答。さらに74%がAIを採用しなければ十分にサイバーセキュリティを担保できないと回答。AIが競争上の強みになると考えられている:IT部門の意思決定者の87%が、AIを活用したテクノロジーがIT部門の競争上の強みとなると考えており、83%が競合他社に勝つためにAIの投資を進めている。AIによって期待通りの成果が得られている:IT部門の意思決定者の86%は導入済みのAIで期待通りの成果が得られていると回答し、64%がAIへの投資から2年以内にROI(投資対効果)を回収できると考えている。AIは多...

アジアにおける金融機関の 81% が、ビジネス成功のカギはデジタル化であると回答

...や言語の壁を越えたサービス提供が可能になります。 また、デジタルトランスフォーメーション推進にあたっての障壁として最も回答が多かったのは、サイバーセキュリティ上の脅威でした。サイバー攻撃と詐欺は、金融機関における最優先事項と言えます。本調査結果によると、金融業界におけるクラウドの安全性に関する懸念はまだ残っていますが、実際にはオンプレミスよりもクラウドの方がよりセキュアである環境が整いつつあります。実際、本調査では、IT管理者の87%は長期的にはクラウドがより安全になると考えています。セキュリティ、プライバシー、コンプライアンスについて、マイ...

2017年10月27日マカフィーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2017年第2四半期の脅威レポート

...、ネットワークなど、主要な脅威ポイントに配置された数百万のセンサーから脅威データを収集しています。そして、それら脅威ポイントから収集された脅威インテリジェンス、重要な分析結果、専門化としての見解などをリアルタイムに配信し、より優れた保護とリスクの軽減に取り組んでいます。さらに、McAfee Labsは、核となる脅威検出テクノロジーを開発し、それらを業界で最も包括的な自社のセキュリティ製品群に統合しています。マカフィーについてマカフィーは世界最大規模の独立系サイバーセキュリティ企業です。業界、製品...

2017年10月26日Infobloxフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

多くの企業がDNS攻撃に対する準備ができていないという結果に

...ーチ社の調査の結果から、DNSセキュリティは、サイバーセキュリティにおいて依然見過ごされていることが判明しました本リリースは、2017年10月3日、本社サンタクララ、カルフォルニア発表内容となります。リサーチ調査によると、DNSセキュリティは、サイバーセキュリティの戦略においてしばしば見過ごされており、多くの企業ではDNS攻撃に対する防御が十分に準備されておりません。ディメンショナル・リサーチが、1,000を超える世界中のセキュリティ及びITのプロフェッショナルに対して実施したサーベイによると、86%のDNSソリ...

2017年10月23日Cylanceフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

医療機器のセキュリティの現状

...本ブログ記事は、2017年9月20日に米国で公開された抄訳版です。原文はこちらからご覧頂けます。「セキュリティ」という言葉と「医療」という言葉が同じ文章に登場すると、不注意やデータ記憶装置の設定ミス、悪意のある競合相手、あるいはマルウェアやランサムウェアが原因の大規模な情報漏えいについて書かれていると早合点しがちです。生命と健康を維持するための医療機器そのもののセキュリティを思い浮かべることは滅多にありません。これは、サイバーセキュリティ...

2017年10月23日カスペルスキーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

カスペルスキーレポート:2017年度セキュリティ意識調査-1

...被害につながります。警戒を怠ることがサイバーセキュリティ上の最大のリスクの1つともいえます。■ランサムウェアの感染リスクを低減するためのカスペルスキーからの推奨事項:信頼できるセキュリティ製品を導入する。(カスペルスキー製品に搭載のシステムウォッチャーには、望まない変更が加えられた場合に元に戻すことができるという機能があります。定義データベースに登録されていないランサムウェアによって暗号化された場合も、その動作を元に戻すことができます。)OSおよびソフトウェアをアップデートし最新の状態に保つ。 (カスペルスキー イン...

2017年10月20日CISCOフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

シスコ2017年中期サイバーセキュリティレポート:新たなサービス破壊(Destruction of Service)攻撃の出現と大規模化し影響力が拡大する脅威を予測

...シスコ2017年中期サイバーセキュリティレポート:新たなサービス破壊(Destruction of Service)攻撃の出現と大規模化し影響力が拡大する脅威を予測 ITとOTの融合に伴って、一層のセキュリティ体制強化が求められる主要産業 シスコ2017年中期サイバーセキュリティレポート:新たなサービス破壊(Destruction of Service)攻撃の出現と大規模化し影響力が拡大する脅威を予測~ITとOTの融合に伴って、一層のセキュリティ体制強化が求められる主要産業~シス...

2017年10月20日#N/A★★フィードバック数:0企業情報システム

日本におけるテクノロジのハイプ・サイクル:2017年

...印とするさまざまな動きが活発化する一方で、顕在化した問題もあります。1つはセキュリティの問題であり、特に、オープン環境におけるサイバーセキュリティの強化は、ITリーダーに火急の対応を迫っています。また、既存のレガシー・システムの最適化も、久しくITリーダーを悩ませている課題であると言えます。確かに、デジタル・テクノロジは企業のビジネスを大きく飛躍させる可能性に満ちています。しかし、それを実現するには、堅牢なセキュリティや最適なレガシー・システム・アーキテクチャが『バックボーン』として存在することが前提になります。今後は、攻守両面のIT戦略...

2017年10月19日エクイニクスフィードバック数:0社会/政治

グローバル・インターコネクション・インデックス(Global Interconnection Index)

...ルタイム取引の需要増加に伴い、より大きなインターコネクション帯域が必要となっています。アクセンチュアは、デジタル技術の利用は2020年までに世界の上位10か国で1.36兆ドルの追加経済効果をもたらすと予測(*3)しています。●都市化 ― 人々の都市への移住が進むと、デジタルサービスも都市に集中させる必要が出てきます。2035年までに20億人以上が主要都市に移住し、高密度のインターコネクション網を必要とする50もの都市圏が形成されると予測(*4)されています。●サイバーセキュリティ ― 企業はセキュリティリスクの軽減のため、パブ...

2017年10月16日ガートナー★★フィードバック数:0企業情報システム

日本におけるテクノロジのハイプ・サイクル:2017年

...印とするさまざまな動きが活発化する一方で、顕在化した問題もあります。1つはセキュリティの問題であり、特に、オープン環境におけるサイバーセキュリティの強化は、ITリーダーに火急の対応を迫っています。また、既存のレガシー・システムの最適化も、久しくITリーダーを悩ませている課題であると言えます。確かに、デジタル・テクノロジは企業のビジネスを大きく飛躍させる可能性に満ちています。しかし、それを実現するには、堅牢なセキュリティや最適なレガシー・システム・アーキテクチャが『バックボーン』として存在することが前提になります。今後は、攻守両面のIT戦略...

2017年10月16日KPMGフィードバック数:0企業情報システム

Harvey Nash/KPMG 2017年度CIO調査

...段階に入った先端テクノロジーを活用した業務改革34%の回答者が、デジタルレイバーに「すでに投資している/投資の計画がある」としており、先行企業ではすでにデジタルレイバーの導入が進んでいることがうかがえ、導入による効果として、「品質の向上」、「スケーリング(規模の増減)の効率化」、「コスト削減」を挙げる割合が高くなっています。エンタープライズアーキテクチャの需要が急上昇新たなデジタルイノベーションに伴いシステム環境が複雑化する中、エンタープライズアーキテクチャに対するスキル需要が昨年から26%もの伸びを示しています。サイバーセキュリティ...

2017年10月10日マカフィーフィードバック数:0マーケティング

2017年版「インターネット検索で最もリスクの高い有名人」

...の調査で使用した検索ワードは下記の通りです。“有名人の名前 + Torrent”“有名人の名前 + Free mp4”“有名人の名前 + Free mp3” マカフィーについてマカフィーは世界最大規模の独立系サイバーセキュリティ企業です。業界、製品、組織、そして個人の垣根を超えて共に力を合わせることで実現する、より安全な 世界を目指し、企業そして個人向けのセキュリティ ソリューションを提供しています。詳細はをご覧ください。McAfee、McAfeeのロゴは、米国およびその他の国におけるMcAfee LLCの商標です。 * その...

2017年10月9日BBソフトサービスフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

8月度IoTサイバー脅威分析リポート

...(B社)、 BASHLITE(C社)、 Linux/Mirai (D社)の検知数が非常に多くなっています。※注:上記は検体ハッシュ値をVirusTotalに投稿した結果で、過去にVirusTotalに投稿された検体のみの結果が示されます。当観測システムで収集可能なウイルスの傾向には偏りがあるため、この結果がそのままIoTウイルスの流行の全体傾向を示しているものではありません。横浜国立大学・BBSSIoTサイバーセキュリティ 共同研究プロジェクトホームページURL: https://www.bbss...

2017年10月5日IDCフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

国内標的型サイバー攻撃対策市場予測

...対策は、侵入後のマルウェアの活動を迅速に検知し対処することで感染被害を最小限に抑えることができるレジリエンス(回復力)が重要となります。セキュリティ脅威を早期に特定できる脅威インテリジェンスを活用した脅威インテリジェンスセキュリティサービスは、サイバー攻撃に対するレジリエンスを高めるのに有効であるとIDCでは考えます。2016年12月に経済産業省から公開された「サイバーセキュリティ経営ガイドライン Ver1.1」において、経営者が情報セキュリティ対策を実施する上での責任者となる担当幹部に指示すべき「重要...

2017年10月3日trendmicroフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

国内法人組織におけるセキュリティ実態調査 2017年版

...年の31.1%と比較して、ほとんど変化がありませんでした。経営層・上層部が自組織のセキュリティ対策に積極的に関与している割合も、全体の26.5%にとどまりました。セキュリティ対策に関する意思決定者・関与者のリスク認識レベルも決して高くなく、サイバー攻撃の脅威が法人組織にとって一層深刻になる一方で、法人組織の多くでサイバーリスクに対する認識が高まらない現状が浮き彫りになっています。経営層・上層部のサイバーセキュリティに対する理解度、関与度はセキュリティ対策レベルにも相関があることがわかっており、経営...

2017年9月19日カスペルスキーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

Kasperskyサイバー脅威レポート:2017年4月~6月

...)インターネットに接続されたユーザーコンピューターの17.26%が、少なくとも1回以上はWebベースの攻撃を受けた計算になります。Kaspersky Labのセキュリティエキスパートであるアレクサンダー・リスキン(Alexander Liskin)は、次のように述べています。「第2四半期の脅威状況から改めて思い知らされるのは、警戒を怠ることがサイバーセキュリティ上の最大のリスクの1つであるということです。ベンダーが脆弱性に対する修正プログラムを定期的に配布していても、多く...

グローバル情報セキュリティ調査2017 vol2:スレットマネジメントの新たな可能性に向けて

...グローバル情報セキュリティ調査2017 vol2:スレットマネジメントの新たな可能性に向けて 今日、世界のCEOや経営幹部は、サイバーセキュリティへの革新的なアプローチを求めています。多くの先進的な企業では、サイバーセキュリティによってビジネスにおける優位性、信頼、株主価値を生み出すことができることを理解しており、これが常識になりつつあります。日本企業はグローバルよりも、スレットインテリジェンスのサービスを利用している一方、受け...

セキュリティ知識分野(SecBoK)人材スキルマップ2017年版

...ピュータソフトウェア協会)上野 宣(株式会社トライコーダ 代表取締役|日本セキュリティオペレーション事業者協議会)国分 裕(三井物産セキュアディレクション株式会社|日本セキュリティオペレーション事業者協議会)大河内 智秀(CySec(東京電機大学 客員准教授/サイバーセキュリティ学特別コース運営事務局長|日本コンピュータセキュリティインシデント対応チーム協議会)阿部 恭一(ANAシステムズ株式会社|日本コンピュータセキュリティインシデント対応チーム協議会)与儀 大輔(NRIセキュアテクノロジーズ株式会社)長谷川 長一(株式...

2017年8月26日Cylanceフィードバック数:0企業情報システム

サイランスのBlack Hatアンケートが明らかにした人工知能(AI)への期待と不安 「AIはもろ刃の剣」

...サイランスのBlack Hatアンケートが明らかにした人工知能(AI)への期待と不安 「AIはもろ刃の剣」 サイランスの調査によると、情報セキュリティの専門家の約6割が、人工知能がサイバー攻撃に使用されると考えている7月に開催されたBlack Hat USA 2017には、サイバーセキュリティ分野のスペシャリストが一同に会し、今後混乱をもたらすと思われる最新の脅威について話し合いが行われました。共有のワイヤレスインターネット接続を介して次から次へとモバイルデバイスに感染する高度なWi-Fiワー...

2017年8月17日早稲田大学★★フィードバック数:0社会/政治

2017年版世界電子政府ランキング 早稲田大学

...キングに見る日本の優位性―PDCAサイクル重視の「行政管理の最適化」並びにIT戦略本部をコアに各省にまたがる「政府CIO」は1位に、「電子政府振興」は2位にランクされている。 2. モバイル・ブロードバンドが普及してのモバイル政府化は世界の潮流。マイナンバー等スマホの利活用システム化が遅れている。公的個人認証の高度化がカギとなる。 3. 政府は東京オリンピックに向けてサイバーセキュリティ対策に全力投球している。世界最先端IT国家を目指す戦略達成にはまだ道遠い。 4. 日本の現状紹介を英語による国際PRが主...

2017年8月4日A.T. カーニーフィードバック数:0ビジネス

グローバル企業経営層の関心事、トップは「政治リスク」と「テクノロジー」 A.T. カーニー

...ュリズム的な政策が世界中で強い人気を得ると考えている。つまり、貿易は、ポピュリズムと保護主義が高まる脅威にさらされている今のグローバリゼーションを特徴づけるものだと、経営層は考えている。本調査では、前回に引き続きテクノロジーの役割に焦点を当てており、これにも機会と課題の両面がある。経営層は、テクノロジーが今後1年で最も重要な集中事業領域だと考えている。グローバル経営層にとって一番の事業課題は、高まりゆくサイバーセキュリティのリスクで、43%の経営層はこれを主な懸念事項として指摘し、85%はサイバー攻撃の回数が今後1年間さらに増え、対応...

2017年8月3日IPAフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

ソフトウェア等の脆弱性関連情報に関する届出状況[2017年第2四半期(4月~6月)]

...としています。(*5) 対処の目安は、ウェブサイト運営者が脆弱性の通知を受けてから、3ヶ月以内としています。(*7) 連絡不能案件の脆弱性情報を公表するか否かを判定するためにIPAが組織します。法律、サイバーセキュリティ、当該ソフトウェア製品分野の専門的な知識や経験を有する専門家、かつ、当該案件と利害関係のない者で構成されています。参考情報本件に関するお問い合わせ先 IPA セキュリティセンター 渡辺/板橋Tel: 03-5978-7527 Fax: 03-5978-7552E-mail:更新履歴...

2017年8月3日NRIセキュア★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

サイバーセキュリティ傾向分析レポート2017

...ホーム › ニュースリリース › 「サイバーセキュリティ傾向分析レポート2017」を発表〜 “気軽なIT利用”が増大させるセキュリティリスク 〜ニュースリリース「サイバーセキュリティ傾向分析レポート2017」を発表 〜 “気軽なIT利用”が増大させるセキュリティリスク 〜2017年7月26日 NRIセキュアテクノロジーズ株式会社NRIセキュアテクノロジーズ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:小田島 潤、以下「NRIセキュア」)は、顧客企業に提供した情報セキュリティ...

2017年8月2日アバナード★★フィードバック数:0企業情報システム

人工知能(AI)を活用した業務自動化のニーズを企業に調査

...は他国と比較すると導入が遅れていると云える。インテリジェント・オートメーション導入の具体的な予定(推測含む)インテリジェント・オートメーションを将来的に導入する予定と回答した企業のうち、65%が2、3年以内に投資を開始する予定だと答えている。インテリジェント・オートメーション導入にあたっての課題(複数回答可)日本のビジネスリーダーたちの98%が、インテリジェント・オートメーションを導入する上で課題があると回答した。最も多く挙げられた課題は、インテリジェント・オートメーションに関するスキルを持った従業員の採用や維持(37%)、サイバーセキュリティ...

2017年8月2日マカフィー★フィードバック数:0ライフスタイル

Digital Detox: Unwind, Relax and Unplug (デジタル デトックス: オフラインでリラックスしよう)

...バージョンのソフトウェアには、セキュリティ上の脆弱性がある可能性があります。 ‐クロスデバイスセキュリティツールをインストールする:デバイスを最新のソフトウェアに更新した後は、包括的セキュリティツールをインストールしてください。マカフィー リブセーフ™(McAfee LiveSafe™)のようなソリューションは、デバイスにマルウェアを寄せ付けません。【関連記事】 運営会社情報 マカフィーは世界最大規模の独立系サイバーセキュリティ企業です。業界、製品、組織、そして個人の垣根を超えて共に力を合わせることで実現する、より...

2017年7月28日マカフィー★フィードバック数:0ライフスタイル

Digital Detox: Unwind, Relax and Unplug (デジタル デトックス: オフラインでリラックスしよう)

...(1,601人))に在住し、日常的にインターネット接続デバイスを使用している18~55歳のユーザー9,513人(性別で等分) を対象にオンライン アンケート調査を通じて実施しました。マカフィーについてマカフィーは世界最大規模の独立系サイバーセキュリティ企業です。業界、製品、組織、そして個人の垣根を超えて共に力を合わせることで実現する、より安全な 世界を目指し、企業そして個人向けのセキュリティ ソリューションを提供しています。詳細はをご覧ください。McAfee、McAfeeのロゴは、米国...

2017年7月24日プルーフポイントフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

Human Factor

...プルーフポイント、ランサムウェア、BEC、フィッシング、モバイルの脅威など サイバー攻撃のトレンドを調査した最新レポート「Human Factor」を公開次世代サイバーセキュリティとコンプライアンスのリーディングカンパニーである日本プルーフポイント株式会社 (本社: 東京都港区、マネージングダイレクター フェゼック・ローン、米Proofpoint Inc.の日本法人)は、Proofpointが毎年発行している「Human Factor」レポートの最新版「Human Factor 2017...

2017年7月24日ITRフィードバック数:0企業情報システム

SaaS型IDM/IAM市場規模推移および予測

...年度にかけて2ケタ成長を維持し、同市場のCAGR(2016〜2021年度)は20.1%と予測しています。図.SaaS型IDM/IAM市場売上金額推移および予測 ITRのシニア・アナリストである大杉 豊は、「サイバーセキュリティ・インシデントによる情報漏洩対策、企業内における内部不正の検知の他、Office 365などのSaaSによるハイブリッドなクラウド環境のセキュリティ対策としてID管理が重要な統制手段となりつつあります。従来からのSSOを活用した利便性確保の他、オー...

2017年7月13日エフセキュアフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

なりすましメールの被害に遭ったトップ企業リスト (2017年上半期)

...為攻撃型ランサムウェア感染から高度なサイバー攻撃まで、あらゆる脅威から企業や個人ユーザーを守る、数十年に及ぶ経験を持つサイバーセキュリティのリーディングカンパニーです。その包括的な一連のサービスと数多くの受賞歴を誇る製品は、セキュリティを革新する特許技術と、洗練された脅威対策の知見を駆使して、数多くの企業や人々を保護します。エフセキュアは、他のどの企業をも凌ぐ多数のセキュリティエキスパートを擁しており、ヨーロッパのサイバー犯罪現場の調査にも参加しています。エフセキュアの製品は、200以上...

2017年7月11日MM総研フィードバック数:0企業情報システム

人工知能技術の市場調査・ビジネス戦略レポート

...がトップを占める。日本企業は海外での認知率は低いものの、IT企業や自動車企業が上位に食い込みAIから連想される企業としてマインドシェア(特定企業/ブランドが、消費者の心の中で思う好ましさの比率)を獲得している。 (Table1 *本編には数値データがすべて入っています)導入検討されている業種別AIサービス種類 日本で最も多かった導入検討サービスは、データベースの傾向分析・モデル化が24.5%。ドイツ、米国は、文書データのサマライズサービスや、サイバーセキュリティサービス導入ニーズが挙げられた。 (Table2...

2017年7月11日フォーティネットフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2017年第1四半期の脅威レポート

...フォーティネットは本日、最新のグローバル脅威レポートの調査結果を発表しました。 2017年6月30日フォーティネットジャパン株式会社フォーティネット、2017年第1四半期の脅威レポートを発表潜在的攻撃ベクトルが引き続き増加し分散インフラストラクチャの可視性と制御が低下している現状と、急増するCaaS(Cybercrime-as-a-Service)攻撃を減災するための自動化された高度なサイバー防御の重要性が明らかに高性能サイバーセキュリティソリューションの世界的リーダーである、フォ...

2017年7月9日KPMGフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

KPMGサイバーセキュリティサーベイ2017

...サイバーセキュリティサーベイ2017 サイバーセキュリティサーベイ2017 KPMGコンサルティングは、「サイバーセキュリティ経営」の実態を明らかにすることを目的に、国内企業の情報セキュリティ責任者を対象にしたアンケート調査を実施しました。 経済産業省から「サイバーセキュリティ経営ガイドライン」が公開され、多くの企業がサイバーセキュリティ経営を推進する中、そもそもサイバーセキュリティを経営リスクとして管理できていない、経営層と現場担当者とで意識に差があるなど、さま...

2017年7月7日マカフィーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2017年第1四半期の脅威レポート

...なる脅威検出テクノロジーを開発し、それらを業界で最も包括的な自社のセキュリティ製品群に統合しています。マカフィーについてマカフィーは世界最大規模の独立系サイバーセキュリティ企業です。業界、製品、組織、そして個人の垣根を超えて共に力を合わせることで実現する、より安全な 世界を目指し、企業そして個人向けのセキュリティ ソリューションを提供しています。詳細はをご覧ください。McAfee、McAfeeのロゴは、米国およびその他の国におけるMcAfee LLCの商標です。 * その他の製品名やブランドは、該当各社の商標です。...

2017年7月5日Financial Timesフィードバック数:0ビジネス

2017年 Corporate Learning Pulse国際調査

...戦略の開発および実行(28%)が続きました。サイバーセキュリティ関連の事件が大々的に報道されているにも関わらず、これを主な問題であると答えたのは14%でした。日本の企業幹部が、2017年に他の課題よりも将来のリーダー育成を重視するという結果は、リーダーを育成することで長期的な利益がもたらされるという認識・理解を示しています。日本の最高幹部の44%が将来的なニーズを基にリーダーの条件を見直すことが重要だと答え、42%がビジネスシーンにふさわしい人材を確保するための幅広い雇用体制を重要視しています。日本の企業幹部は、幹部...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ