調査のチカラ TOP > 特集一覧 > データがいっぱい:サイバーセキュリティ

データがいっぱい:サイバーセキュリティ

世間の注目が集まる分野には調査データが増加します。「サイバーセキュリティ」については、関連調査データもぐっと増えています。

2017年5月28日J.D. Powerフィードバック数:0企業情報システム

2017年米国テック・チョイス・スタディ

...いモビリティ、サイバーセキュリティの脅威などの新たな概念への興味や、自動運転技術への信頼についても調べている。当調査は、2017 年1月から2月にかけてインターネット調査を実施し、過去5年間に新車を購入またはリース契約した8,500 人以上から回答を得た。2017 年米国テック・チョイス・スタディSM の詳細については、下記リンクをご覧ください。(英語版)当調査の英語版プレスリリースは、下記リンクをご覧ください。*J.D. パワーが結果を発表する調査はすべてJ.D. パワ...

2017年5月22日マカフィーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

パスワードに関する各国でのアンケート調査

...に多要素認証を使えば、よく利用するウェブサイトに自動的にログインできるようになります。また、Twitterで私や@McAfee_Homeをフォロー、Facebookで「いいね」をして、最新のユーザーおよびモバイル セキュリティ脅威情報を取得することもお忘れなく。※本ページの内容は 2017年5月3日更新のMcAfee Blog の抄訳です。 マカフィーについてマカフィーは世界最大規模の独立系サイバーセキュリティ企業です。業界、製品、組織、そして個人の垣根を超えて共に力を合わせることで実現する、より...

2017年5月8日BROCADE★★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

グローバル・デジタル・トランスフォメーション・スキル調査

...ってもたらされる機会を活かすべきだということが示されました。- 各国の回答者の35%は、自社のITスタッフが今後も雇用を確保するための適切なスキルを持っていないという設問に、「そう思う」または「非常にそう思う」と答えています。 - 今後キャリアを進めていく上で重要と思うスキルについての質問に対し、グローバルではサイバーセキュリティという回答がもっとも多く、回答者全体の22%が挙げました。 - これに続く同点2位はAIとIoTセキュリティで、18%がもっとも重要なスキルに選びました。AIが首位になったのはフランスとオーストラリアで、ドイツではIoTセキュリティ...

2017年5月5日ミック経済研究所フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

情報セキュリティマネージド型・クラウド型サービス市場の現状と展望 2017年度版

....SCSK 12.アイキューブドシステムズ13.アカマイ・テクノロジーズ14.アズジェント 15.アブソリュートソフトウェア16.インヴェンティット 17.インターコム 18.インターナップ・ジャパン19.インターネットイニシアティブ20.インフォセック21.ヴイエムウェア22.エフセキュア23.エムオーテックス24.大塚商会25.オプティム26.クオリティア27.クオリティソフト28.サイバーセキュリティクラウド29.サイバーソリューションズ30.シマンテック31.スカイハイネットワークスジャパン32...

企業のCISOやCSIRTに関する実態調査2017

...「企業のCISOやCSIRTに関する実態調査2017」報告書について2017.04.24省庁・団体名独立行政法人情報処理推進機構内容 2015年12月、経済産業省とIPAが共同で策定した「サイバーセキュリティ経営ガイドライン」が公開されました(*1)。またこれを受け、IPAではCISO等を想定読者に「サイバーセキュリティ経営ガイドライン解説書」を昨年12月8日に公開しています。同ガイドラインにはサイバーセキュリティ経営の3原則(*2)があり、うち1つに経営者がサイバーセキュリティ...

TMT Predictions 2017日本版

...クトロニクス産業メーカーの技術力が業界をリードする2. DDoS攻撃(Distributed Denial-of-Service):テラビット/秒規模に突入DDoS攻撃の影響拡大の第一の要因は、ビデオカメラからルーター、家電製品まで、セキュアでない(悪意ある第三者に乗っ取られるレベルの脆弱性を持つ)IoT接続デバイスの増加にある日本ではデバイスのサイバーセキュリティ対策に対する法規制が不十分な状況にあるIoTデバイスを輸出する日本の機器メーカーは、諸外国の法規制に基づくサイバーセキュリティおよびプライバシーの要求水準を把握する必要がある3...

第20回世界CEO意識調査

...上が人員規模の拡大を見込んでいることが明らかとなった。また、人員の縮小を見込んでいるCEOの中でも、縮小の理由に「機械による自動化やテクノロジーの影響」を挙げたのは僅少であった。特集を読む » コネクテッド時代における信頼の獲得と維持信頼を損ないかねないリスクに対する意識、日本のCEOは最高レベル 世界のCEOのほとんどが、自社の指針となる確固たる企業・組織の存在意義を持つことの重要性が増していると回答。今後5年間でのステークホルダーの信頼感にマイナスの影響を与える要素に関し、半数程度が「プライバシーの保護や倫理に反する行為」、「サイバーセキュリティ...

2017年4月26日IPAフィードバック数:0企業情報システム

企業のCISOやCSIRTに関する実態調査2017

...「企業のCISOやCSIRTに関する実態調査2017」報告書について掲載日 2017年4月13日独立行政法人情報処理推進機構技術本部 セキュリティセンター 2015年12月、経済産業省とIPAが共同で策定した「サイバーセキュリティ経営ガイドライン」が公開されました(*1)。またこれを受け、IPAではCISO等を想定読者に「サイバーセキュリティ経営ガイドライン解説書」を昨年12月8日に公開しています。同ガイドラインにはサイバーセキュリティ経営の3原則(*2)があり、うち1つに経営者がサイバーセキュリティ...

2017年4月25日マカフィーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2016年第4四半期の脅威レポート

...レポートMcAfee Labs脅威レポート2017年4月Miraiボットネットは、セキュリティ対策が不十分なIoTデバイスを攻撃し、過去最大規模の分散型サービス拒否攻撃を実行しました。McAfee Labs についてはじめにMcAfee Labs は世界で最先端の脅威研究機関で、脅威情報やサイバーセキュリティに関する最新の情報を提供しています。世界各地に配備した数百万台のセンサーからデータを収集し、ファイル、Web、メール、ネットワークなどに対する脅威を研究・調査し、脆弱...

2017年4月23日IPAフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

企業のCISOやCSIRTに関する実態調査2017

...「企業のCISOやCSIRTに関する実態調査2017」報告書について掲載日 2017年4月13日独立行政法人情報処理推進機構技術本部 セキュリティセンター 2015年12月、経済産業省とIPAが共同で策定した「サイバーセキュリティ経営ガイドライン」が公開されました(*1)。またこれを受け、IPAではCISO等を想定読者に「サイバーセキュリティ経営ガイドライン解説書」を昨年12月8日に公開しています。同ガイドラインにはサイバーセキュリティ経営の3原則(*2)があり、うち1つに経営者がサイバーセキュリティ...

2017年4月19日ラックフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

JSOC INSIGHT vol.15

...弱性を悪用した攻撃通信の検証4.3.3 本脆弱性を悪用した攻撃への対策 終わりに以上株式会社ラックについてラックは、1986年にシステム開発事業で創業、多くの実績を誇る「金融系の基盤システム開発」「マーケティング・オートメーション支援」「ビッグデータ・アナリティクス」を始め、社会の基盤システムの開発を行っています。1995年にはいち早く情報セキュリティ事業を開始し、現在ではサイバーセキュリティ分野のリーディングカンパニーとして、官公庁・企業・団体等のお客様に業界屈指のセキュリティ技術を駆使した、先端のITトー...

グローバル投資家調査

...家はステークホルダーの信頼を裏切りかねないデジタル上の問題として、サイバーセキュリティ、個人情報の漏えい、ITの機能停止や大規模なトラブルなどを懸念リストの上位に挙げています。 PwC Japanグループ代表でPwCあらた有限責任監査法人代表執行役を兼任する木村 浩一郎は、以下のようにコメントしています。「PwCは、今年で20回目を数える世界CEO意識調査にとどまらず、グローバル投資家調査などを通じて、資本市場のさまざまなステークホルダーの声を傾聴し、社会に信頼を構築し、重要な問題を解決することを目指しています。同時に、私たちは、自身...

2016年度 サイバー攻撃白書

...【2016年度 サイバー攻撃白書】2016年は3~4月の”生活シーン切替時”に攻撃が急増!最も多い攻撃元の国は“中国”が1位に 株式会社サイバーセキュリティクラウド(本社:東京都渋谷区、代表取締役:大野 暉、以下「サイバーセキュリティクラウド」)は、2016年度のサイバー攻撃の実情についてまとめた、「2016年度 サイバー攻撃白書」を発表いたします。「2016年度 サイバー攻撃白書」とは、WebサイトやWebサーバへのあらゆる攻撃を遮断するクラウド型WAFのセキュリティサービス「攻撃...

2017年3月16日CISCOフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

年次サイバーセキュリティレポート(2017年版)

...Title: シスコ、年次サイバーセキュリティレポート(2017年版)を発表 Author:Subjects:; Description: 2017年3月10日最高セキュリティ責任者が明らかにするサイバー攻撃の真のコストと 企業が取り組むセキュリティ対策の現状 シスコ、年次サイバーセキュリティレポート(2017年版)を発表 2017年3月10日最高セキュリティ責任者が明らかにするサイバー攻撃の真のコストと 企業が取り組むセキュリティ対策の現状 シスコ、年次サイバーセキュリティ...

2017年3月15日Verizonフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2017年データ漏洩/侵害ダイジェスト

...らかになったように、今年度も、人的要因がデータ漏洩の原因の中核となっています。 脅威をしかけるのも被害を受けるのも、セキュリティインシデントに対応する関係者もすべて人が、データ漏洩およびサイバーセキュリティインシデントにおいて引き続き重要な役割を担っています。第2版となったデータ漏洩/侵害調査ダイジェストでは、16件の典型的な漏洩状況について詳述されており、毎年発行されるデータ漏洩/侵害調査報告書(DBIR)の背後にあるサイバー調査の裏側を垣間見ることができます。これら16件のインシデントは、企業広報、法律顧問、人事...

2017年3月10日アイティメディアフィードバック数:0マーケティング

657万1727件のツイートをセキュリティ視点で分析してみて分かったこと

...インターネットから得られるさまざまな統計データを基に、メディアや書籍ではあまり取り上げられることのないサイバーセキュリティの裏(?)世界を探訪する本連載。前回は中国のDNSサーバについてお話ししましたが、今回はTwitterから得られる統計情報を扱ってみたいと思います。 言わずもがな、Twitterは最も多くの人に利用されているSNSの1つです。2016年2月のTwitter Japanの発表によれば、Twitterの利用者は2015年12月時点で3億2000万人、うち約1割が...

2017年3月8日マカフィーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

サイバー攻撃者と組織のセキュリティ担当者が得る報酬の不均衡が判明

...インテル セキュリティ調査 サイバー攻撃者と組織のセキュリティ担当者が得る報酬の不均衡が判明 経営陣の過信が攻撃側に好都合な状況をつくりだす結果に ~ インテル セキュリティ、戦略国際問題研究所(CSIS)調査:サイバーセキュリティ戦略を遂行していると考える経営側に対し、同意するIT担当者は回答者のわずか半数 ~2017年3月2日※当資料は、2017年3月1日に米国で発表されたプレスリリースの抄訳版です。ニュース・ハイライトインテル セキュリティとCSISの最新レポートで、サイバー攻撃者と企業のセキュリティ...

2017年3月7日日本マイクロソフトフィードバック数:0企業情報システム

日本における「デジタルトランスフォーメーション」推進の重要性について

...タルトランスフォーメーション」進展の阻害要因として、以下の5つが挙げられました。1. サイバーセキュリティ上の脅威2. 不確実な経済環境3. デジタルスキルを持った人的リソースの不足4. 政府とICTインフラのサポート不足5. エグゼクティブ層のリーダーシップ不足なお、日本に関する調査結果については、インフォグラフィックス にまとめていますので参照下さい。クラウドコンピューティングを基盤とした、人工知能(AI)、IoT(Internet of the Things:モノのインターネット)、高度なデータ分析およびMixed...

2017年3月3日マカフィーフィードバック数:0企業情報システム

Building Trust in a Cloudy Sky(クラウド環境の信頼性の向上―クラウドの普及度とセキュリティの現状)

...カ国の49%、日本の43%のIT担当者が、サイバーセキュリティに関するスキル不足のためクラウド導入が遅れていると回答世界12カ国の65%、日本の57%の回答者が、シャドーITがクラウドの安全とセキュリティ対策の障壁になっていると回答クラウド型SaaSアプリケーションがマルウェア感染の原因になった可能性を、世界12カ国の52%、日本の51%の回答者が認める世界12カ国の62%、日本でも63%の回答者が、パブリック クラウドに顧客の機密情報を保存していると回答米国インテル セキュリティ(所在地:カリ...

ヘイズ アジア給与ガイド西日本版

... or not companies are able to secure good IT professionals.インフォメーションテクノロジー2016年は、IoT (Internet of Things)、AI (人工知能)、フィンテック、デジタルマーケティング、サイバーセキュリティ、ビッグデータなどの言葉が飛び交った激動の一年でした。IT技術の社会・ビジネスへの浸透が劇的に加速し、それを受け入れる体制も急速に発展しました。近年の傾向である、ITと他部署(製造、マーケティング、営業など)との連携も加速し、また...

2017年2月16日シマンテック★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

ノートン サイバーセキュリティ インサイト レポート

... with the 2014 attack.ROBERT MCMILLAN February 12, 2017, Wall Street Journal シマンテック、クラウド時代特有のセキュリティ課題に対処する業界で最も包括的なクラウドセキュリティソリューションを発表サイバーセキュリティのトップ企業の一つであるシマンテック コーポレーション(Nasdaq: SYMC、本社: 米国カリフォルニア州マウンテンビュー、以下、シマンテック)は、最も包括的なクラウドセキュリティ...

2017年2月15日マカフィーフィードバック数:0社会/政治

デジタル時代の子育て: 家庭内でのインターネット接続デバイスに関する調査(2017年)からのハイライト

...イスやネットワーク内のコミュニティ、また、サイバー犯罪から子供を守る方法について、理解を深めることができるはずです。もちろん、Twitterで私 とマカフィー公式Twitterをフォローし、マカフィー公式Facebookで「いいね」をして、ユーザーおよびモバイル セキュリティ脅威に関する最新情報をチェックすることもお忘れなく。 マカフィーについてマカフィーは世界最大規模の独立系サイバーセキュリティ企業です。業界、製品、組織、そして個人の垣根を超えて共に力を合わせることで実現する、より安全な世界を目指し、企業...

2017年2月9日IBMフィードバック数:0企業情報システム

IBM、2016年に過去最高の8,000件以上の特許を取得

...取得した特許には、人工知能/コグニティブ・コンピューティング、コグニティブ・ヘルス、クラウド、サイバーセキュリティーなど、IBMの戦略的成長分野におけるさまざまな発明が含まれています。 2016年、IBMの発明者たちは1日平均22件以上の特許を取得し、その結果、IBMは単年で8,000件を超える特許を取得した初めての企業となることができました。IBMの研究者、技術者、および設計者たちは、AI/コグニティブ・コンピューティングおよびクラウド・コンピューティング関連の発明で2,000件以上の特許を生み出しました。IBM...

2017年2月7日KASPERSKY labフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

<Kaspersky Security Bulletin-Part5:2016年のサイバー脅威の概要>進化する脅威

...イル版ランサムウェア .....................................................................................................................26情報漏洩 .................................................................................................................................................28産業インフラのサイバーセキュリティ:脅威...

2017年2月2日NTTデータ★★フィードバック数:0マーケティング

NTT DATA Technology Foresight 2017

...った昨今話題となっている技術に加え、サイバーセキュリティ、ライフサイエンス、コンピューターインフラなど、さまざまな分野を幅広く見据えたトレンドとなっています。 人工頭脳の浸透対話型コンピューティング環境認知ロボットプレシジョンライフサイエンス超臨場チャネルの獲得IoT時代のセキュリティITインフラの多様化とサービス化コラボレーションデザイン個の影響力拡大が社会の変革を促進するオープンな連携が新たな社会のしくみを生み出す進化する価値が既成概念の転換を促すフィジカルとデジタルの融合が生活やビジネスの可能性を広げる技術トレンドでは、重要...

2017年2月2日IPAフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

脆弱性対策情報データベースJVN iPediaの登録状況 [2016年第4四半期(10月~12月)]

...のパッチを適用せずに、脆弱性を放置したまま製品を使用し続けると、脆弱性を悪用した攻撃による被害を受ける可能性が高くなります。Adobe Flash Player、Adobe Reader、Oracle JREの利用者は、最新のパッチがベンダから公開され ているか常に確認し、アップデート情報が公開された場合には、すみやかに最新のパッチを適用するなど、日々の脆弱性対策を実施してください。なお、IPAでは、脆弱性対策の確実な実施と促進のために、組織のシステム管理者向けに、サイバーセキュリティ注意喚起サービス「icat(*4...

2017年2月2日インプレスR&D★★フィードバック数:0ライフスタイル

『インターネット白書2017』

...ネス関連統計資料第2部 テクノロジーとプラットフォーム動向2-1 IoT2-2 先端技術2-3 クラウドとデータセンター2-4 製品・技術関連統計資料第3部 インターネット基盤と通信動向3-1 ドメイン名3-2 IPアドレス3-3 トラフィック3-4 通信事業者3-5 インターネットガバナンス3-6 インターネット全体と通信関連統計資料第4部 サイバーセキュリティ動向4-1 インシデント4-2 DNS4-3 サイバーセキュリティ関連統計資料第5部 社会動向5-1 制度・法律・政策5-2 市民5-3 教育5-4...

2017年1月24日Radwareフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

サイバー攻撃における最大の懸念はデータ損失であることが、ラドウェアの調査により判明

...ージャージー州、マーワー:仮想環境、クラウドまたはSDDC上におけるユーザー体験の安全性を担保するサイバーセキュリティやアプリケーションの提供において業界リーダーであるラドウェア®(NASDAQ: RDWR)では、「データには儲け話がつきもの」というのが、ハッカーたちと企業の共通認識であると報告しています。ラドウェアのグローバルアプリケーション&ネットワークセキュリティレポート2016-2017年により、2016年において49%の企業がランサムウェアを使ったサイバー攻撃の標的となったことが明らかになりました。さら...

第20回世界CEO意識調査

...タの機密性や倫理の問題が自社に対する人々の信頼に影響を与える可能性があると回答しています。20年前、信頼はCEOにとってビジネス上の主要な関心事ではありませんでした。15年前、「企業に対する一般市民の信頼が著しく低下している」と考えていたCEOはわずか12%に過ぎませんでした。今年、企業への信頼の欠如が自社の成長に打撃を与えるとの懸念を示したCEOは58%と、2013年の37%から増加しました。大きな注目を集めたテクノロジーやセキュリティの問題が大企業で複数発生したことを受けて、当然のことながらCEOはサイバーセキュリティ、機密情報の漏えい、ITシス...

JNSA 2016 セキュリティ十大ニュース

...的に一定レベルのベースライン対策があるべきという主張が力を持ってくる。ベースライン対策の例として、労働安全衛生法や食品衛生法などのように法的な規制も参考になる。一定規模以上の事業者には、衛生管理者などのようにサイバーセキュリティ管理者の設置やセキュリティ監査による確認などを義務付けることも検討すべきであろう。〜防犯カメラ等のIoTデバイスのセキュリティは喫緊の重要課題〜 〜ランサムで 資料使えず キョウハクシ(今日白紙/脅迫し)〜 〜セキュリティ人材不足の切り札となるか〜 〜外に開かれた防衛系大学PCを踏み台に本丸へ侵入か?〜 〜トランプ現象は日本のセキュリティ...

2017年1月10日JEITAフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

電子情報産業の世界生産見通し2016

...リンピックに向けたインフラ整備や海外からの観光客向けの需要などが活発化していく。ITソリューション・サービス分野では、ビッグデータ解析技術等の新技術を活用した新たなビジネスモデル創出意欲の高まりや、サイバーセキュリティ対策を盛り込んだ大規模ITシステムの更改も進みつつあることから新たなIT投資の伸長が期待できる。電子部品・デバイス分野では、自動車の通信機能の普及やIoT化の進展、高機能スマートフォンの拡大により日系企業が得意とする高機能・高信頼性電子部品デバイスのニーズが高まることから、2017年の電子情報産業の日系企業生産額は対前年2%増とプラス成長を見通した。3. 電子...

2017年の日本のサイバーセキュリティ予測

...2017年日本のサイバーセキュリティ予測2020年の東京五輪に向けて 中小企業のサイバーレジリエンスに 取り組む日本 本投稿は、米本社で連載されている「短期的展望」と「長期的展望」で探る2017年のサイバーセキュリティ予測シリーズの一部です。本記事は英語版でもご確認いただけます。日本では2020年に東京で開催される夏季オリンピックが大きな話題になっており、この機会に新たなビジネスチャンスの創出が期待されています。また一方で、サイバー攻撃による東京五輪大会運営の妨害や、国家...

2017年1月4日Tripwireフィードバック数:0大型消費/投資

Tripwire 調査:データ侵害を効果的に検知・対応している組織はわずか 25%

...Tripwire 調査:データ侵害を効果的に検知・対応している組織はわずか 25 %オレゴン州ポートランド、2016 年 12 月 7 日 – Tripwire, Inc. は、Tripwire の依頼により Dimensional Research 社が実施した詳細調査の結果を発表しました。この調査は、組織のサイバーセキュリティおよびコンプライアンスプログラムを最適化するために、組織が対処する必要のある主な課題を評価する目的で実施されました。調査では、500 名超の IT セキュリティ...

2016年12月29日Webrootフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

ウェブルート四半期脅威情報アップデート

...メール: JapanSales@webroot.com ウェブルートは、サイバーセキュリティに焦点を当て、個人および企業向けのソリューションである Webroot® SecureAnywhere™ の一連のソリューションおよび、テクノロジーパートナー向けにセキュリティ インテリジェンス ソリューションをSoftware-as-a-service(SaaS)がもつパワーをインターネットセキュリティの世界にもたらしています。詳細については、をご覧ください。...

2016年12月28日Tripwireフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

Tripwire 2016 セキュリティ課題に関する調査 - 深刻化するデータ侵害

...ホームページ » Tripwire 2016 セキュリティ課題に関する調査 – 深刻化するデータ侵害 Tripwire 2016 セキュリティ課題に関する調査 – 深刻化するデータ侵害Tripwire の依頼により Dimensional Research 社が実施した本調査では、組織のサイバーセキュリティおよびコンプライアンスプログラムを最適化するために、組織が対処する必要のある主な課題を評価しました。調査では、500 名超のITセキュリティのプロが回答しました。「セキュリティ...

2016年12月22日IDCフィードバック数:0企業情報システム

2017年 国内IT市場の主要10項目

...士の判例検索など、膨大な文献/論文から目的に最も適合するものを「リーズニング(意思決定の理由付け)」するソリューションが顕著な例となる。また、検知系では、サイバーセキュリティ保護対策やリスク対策として、シグネチャ型に加えて振る舞い検知などのサイバー攻撃の高度検知を達成するためにAIが利用されるとみている。リスク管理では、金融業での詐欺検知/不正検知や、社会システムで画像認識を利用したテロ検知なども対象となる。検知系については、電力会社でのプラント監視/異常検知での活用や、メガ...

2016年炎上ランキング

...東証一部上場。投稿監視、風評調査、ソーシャルリスニングのリーディングカンパニーとして、導入実績700社以上の基盤を誇る総合ネットセキュリティ企業。事業領域は年々拡大しており、ゲームサポートやアド・プロセス、そして子会社化したHASHコンサルティング株式会社との連携によるサイバーセキュリティ分野まで幅広く提案が可能。センターはグループで5都市9拠点を保有しており、業界でも最大級の体制を有する。【イー・ガーディアン株式会社 会社概要】代表者 :代表取締役社長 高谷 康久所在地 :東京都港区麻布十番1-2-3 プラ...

2016年12月12日マカフィーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2017年と今後4年間のサイバー脅威予測

...インテル セキュリティ、2017年と今後4年間のサイバー脅威予測を発表 ~ 脅威予測を通じて2017年以降のクラウドとIoTのセキュリティに関する知見を提供 ~~ サイバーセキュリティ業界として対応しなければならない6項目の課題を提起 ~2016年12月1日McAfee Labsが2017年の14項目のセキュリティ動向を予測今後4年間に予想されるクラウドの脅威11項目、法規制上の課題3項目、セキュリティ ベンダーが取るべき対応策10項目を指摘今後4年間のIoTに関するセキュリティ...

2016年12月8日日立製作所フィードバック数:0マーケティング

第三回 ビッグデータで取り扱う生活者情報に関する意識調査

...ィア接触データなど複数の異なるデータソースを掛け合わせて活用するため、独自の「k-統計化&データフュージョン技術」(特許取得済)を駆使し、個人情報保護と結合されたデータの有用性との両立を実現するほか、パーソナルデータ取扱いの局面に応じたプライバシーの保護に取り組んでいます。 ICT事業統括本部 サービスプラットフォーム事業本部サイバーセキュリティ事業統括本部 [担当:山本・宮澤]〒140-8572 東京都品川区南大井六丁目27番18号 日立大森第二別館TEL : 03-5471-2324(ダイヤルイン) 広報室 [担当:竹本・西尾]〒107-6322 東京...

グローバル情報セキュリティ調査2017(日本版)

...都中央区、代表執行役:木村 浩一郎)は、11月18日、「グローバル情報セキュリティ調査(The Global State of Information Security® Survey)2017(日本版)」の結果を発表しました。本調査は、世界最大級のプロフェッショナルサービスネットワークであるPwCが、CIOおよびCSOを含む経営層を対象に実施した、情報セキュリティや最新のサイバーセキュリティに関する世界規模のオンライン調査です。本調査の結果、日本企業で個人情報を扱う部門は、規制...

2016年11月25日シマンテックフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

ノートン サイバーセキュリティ インサイト レポート2016

...ソリューションを発表サイバーセキュリティのトップ企業の一つであるシマンテック コーポレーション(Nasdaq: SYMC、本社: 米国カリフォルニア州マウンテンビュー、以下、シマンテック)は、最も包括的なクラウドセキュリティを提供する業界リーダーとしての地位を強化するソリューションとして、Symantec Cloud Security Platformの新たなイノベーションを発表しました。企業は、クラウドのアプリケーションやインフラをかつてないスピードで導入しています。それに伴い、シマンテックは、より...

2016年11月25日akamaiフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2016年第3四半期の「インターネットの現状 - セキュリティレポート」

...攻撃と標的の増加が大きく影響しています。標的は平均 29 回攻撃されました。どの攻撃ベクトルが使用されたでしょうか。詳細については、この四半期のレポートを参照してください。 最新のセキュリティニュース サイバーセキュリティの脅威は絶えず進化しています。最新のセキュリティインテリジェンスを把握すると、お客様のエンタープライズを新たに出現した脆弱性から保護するのに役立ちます。 「インターネットの現状」アプリ モバイルデバイスから現状を追跡します。Akamai の「インターネットの現状」アプリでは、四半...

2016年11月24日Tripwireフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

Tripwire調査:スマートグリッドに欠如するサイバーセキュリティプロテクション

...Tripwire 調査:スマートグリッドに欠如するサイバーセキュリティプロテクションIT のプロの 98%がスマートシティに対するサイバー攻撃のリスクを懸念オレゴン州ポートランド、2016 年 10 月 18 日 –セキュリティ、コンプライアンスソリューションの主要なグローバルプロバイダである Tripwire, Inc. は、Tripwire の依頼により Dimensional Research 社が実施した調査の結果を発表しました。6月に実施された調査では、スマートシティテクノロジに関連するサイバーセキュリティ...

2016年11月22日マカフィーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

第3回「2016年のセキュリティ事件に関する意識調査」

...第3回「2016年のセキュリティ事件に関する意識調査」を実施 インテル セキュリティ、2016年の10大セキュリティ事件ランキングを発表 ~ ランサムウェアや大規模な情報流出など、個人や企業への攻撃が顕著に デジタル経済を保護するサイバーセキュリティへの取り組みが必要な時代に ~2016年11月10日インテル セキュリティ(日本での事業会社:マカフィー株式会社、所在地:東京都渋谷区、代表取締役社長:山野 修)は本日、日本国内の経営層や情報システム部門などのビジネスパーソンを対象に「2016...

2016年11月11日Tripwireフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

TRIPWIRE 2016 セキュリティ課題に関する調査 ー スキルのギャップ

...ホームページ » TRIPWIRE 2016 セキュリティ課題に関する調査 ー スキルのギャップ TRIPWIRE 2016 セキュリティ課題に関する調査 ー スキルのギャップ今回のセキュリティ課題に関する調査では、500 名を超えるITセキュリティのプロフェッショナルに回答をいただいております。「サイバーセキュリティは非雇用者にとって成長産業であり、需要に対し供給が追いついていない状態です。賢い企業は、情報の保護に関し従業員を教育し、能力...

2016年11月7日ラックフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

JSOC INSIGHT vol.13

...ポートをご覧ください。株式会社ラックについてラックは、1986年にシステム開発事業で創業、多くの実績を誇る「金融系の基盤システム開発」「マーケティング・オートメーション支援」「ビッグデータ・アナリティクス」を始め、社会の基盤システムの開発を行っています。1995年にはいち早く情報セキュリティ事業を開始し、現在ではサイバーセキュリティ分野のリーディングカンパニーとして、官公庁・企業・団体等のお客様に業界屈指のセキュリティ技術を駆使した、先端のITトータルソリューションサービスを提供しています。2015年には、米フ...

2016年11月3日Tripwireフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

TRIPWIRE 2016 スマートシティ調査ーサイバーリスク

...TRIPWIRE 2016 スマートシティ調査ーサイバーリスク6 月に実施された調査では、スマートシティ・テクノロジに関連するサイバーセキュリティの課題について評価を行いました。調査の回答者には、連邦政府および地方自治体で働く 203名の IT プロフェッショナルが含まれていました。「スマートシティは市民に優れた効率性をもたらします。しかしながら、そのような効率化の実現に用いられるインターネット接続がひとたび悪意を持った者に悪用されると、インフラストラクチャに損害を与えたり、人命...

2016年10月24日マカフィーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

McAfee Labs脅威レポート 2016年第2四半期

...なネットワーク ドライブを使用した方が復旧は早い。スパム メッセージは10件中約1件が開かれてしまっており、継続的にユーザーの意識向上を図ることが極めて重要。近年発生した医療機関に対するランサムウェア攻撃やその対策の詳細は、『McAfee Labs脅威レポート: 2016年9月』をダウンロードしてご覧ください。【関連記事】 マカフィーについてマカフィーは世界最大規模の独立系サイバーセキュリティ企業です。業界、製品、組織、そして個人の垣根を超えて共に力を合わせることで実現する、より安全な世界を目指し、企業...

2016年9月26日マカフィーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2016年第2四半期の脅威レポート

...地:東京都渋谷区、代表取締役社長:山野 修)のセキュリティ研究機関であるMcAfee Labs(マカフィー ラボ)は、2016年第2四半期の脅威レポートを発表しました。このレポートでは、急増している医療機関を標的としたランサムウェアの脅威を分析するとともに、情報漏えいの「関与している人物と手口」について調査しています。また、サイバーセキュリティ分野におけるマシンラーニング(機械学習)の実践的な応用方法や、2016年第2四半期のランサムウェア、モバイル マルウェア、マクロ マルウェア、その...

2016年9月25日KASPERSKY labフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2016年度 企業の情報セキュリティリスク調査

...企業における情報セキュリティの経済的影響:エグゼクティブサマリー 概要2016年、Kaspersky LabはB2B International社と共同で、世界25か国の4,000社を超える企業を対象に、情報セキュリティ予算、インフラの複雑さ、セキュリティ脅威とセキュリティソリューションに対する姿勢、データ侵害による実際のコスト、セキュリティインシデントの経験について調査を実施しました。本レポートは、自社を保護するために企業がかけるコスト、サイバーセキュリティ...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ