調査のチカラ TOP > 特集一覧 > データがいっぱい:仮想通貨

データがいっぱい:仮想通貨

世間の注目が集まる分野には調査データが増加します。「仮想通貨」については、関連調査データもぐっと増えています。

2018年9月11日ビズリーチフィードバック数:0キャリアとスキル

プログラミング言語別年収中央値を発表、求人検索エンジン「スタンバイ」調べ

...の標準言語の一つとして採用されたことから、導入する企業が増えており、求人数は昨年の3.2倍に増加しています。AI/機械学習、IoT、ブロックチェーンなどへ投資意欲が拡大、今後もIT人材の転職市場は活況株式会社アイ・ティ・アールの「IT投資動向調査2018」*2によると、国内企業の3割超がIT予算を増額しており、なかでもAI/機械学習、IoT、ブロックチェーンなどへの新規投資意欲が非常に拡大しています。IT人材への求人ニーズは増加しており、転職市場は活況が続くと考えられます。*1 Stack Overflow “Developer...

2018年9月7日NTTデータフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

サイバーセキュリティに関するグローバル動向四半期レポート

...レポートは、サイバーセキュリティ動向の変化を捉えるため、四半期ごとに作成しており、今回は2018年4月から6月の調査結果をまとめたものを公開します。【今回公開するレポート内容】5月25日にGDPR(EU一般データ保護規則)の適用が開始されました。GDPRはEU居住者の個人情報の取り扱いを厳格に定めており、違反した企業は高額な制裁金を課される可能性があります。EU居住者にサービスを提供する企業は、個人情報の取り扱いにますます注意を求められます。仮想通貨を狙った金銭目的のサイバー攻撃が活発に行われています。サイ...

2018年8月31日DOMOフィードバック数:0マーケティング

Domo、SNS上で1分間に生成されるデータの分析レポート最新版「Data Never Sleeps 6.0」を公開

...も健在:一部にはTwitterの終焉を報じる報道もありますが、実際にはその兆候は見られませんでした。昨年、毎分45万6000回だったツイート数が2018年には47万3300回へと増加しました。昨年後半に文字数制限を280文字に引き上げたことを考慮すると、1投稿あたりのテキスト数も増加したと考えられます。高まる仮想通貨取引の需要:ピア・ツー・ピア取引の人気が高まりを見せており、利用者も増えています。App Venmoが2018年に処理した1分あたりの取引数は2017年比で32%増加しました(2017...

2018年8月24日マイナビフィードバック数:0キャリアとスキル

知らなきゃ恥ずかしい!?「就活用語」ランキング

...活動に影響したニュースワードランキング>■ 就職活動に影響したニュースワード、第1位「人工知能・AI」、第2位「働き方改革」、第3位「IoT」メディアやネットで話題になったニュースワードを挙げ、その中から自分の就職活動に影響したものを選んでもらった。全体で最も表を集めたのは「人工知能・AI(31.2%)」で、2位は僅差で「働き方改革(31.0%)」だった。文系は男女とも「働き方改革」が1位となったが、文系男子で「フィンテック」、「地域活性化・地方創生」が4位に並んで入り、文系女子では2位に「女性活躍推進」、5位に「少子高齢化」が入...

2018年8月2日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

動画SNSの「Tik Tok」を、10代の7割以上が認知

...はこの動画をさくっと見てもらいましょう。 [youtubecarousel-four-box">※この記事は2017年5月16日に更新されています。 【記事要約】 マー... 【記事要約】 今回の記事はデリッシュキッチンなどのレシピ動画などで話題の「分散型動画メディア」について、独... ECの商品受け取りについて考えてみた。 さて、突然ですが皆さん。最近EC使ってますか?スマホやアプリでいつでもどこでも... 【記事要約】 この記事では、最近広がりを見せている「Fintechフィンテック)」について、その内容や事例を紹介しながら... 【記事要約】 この...

2018年7月26日矢野経済研究所★フィードバック数:0ビジネス

国内FinTech(フィンテック)市場に関する調査

...の金融機関では提供できなかった領域においてIT技術を活用して提供する金融サービスを意味する。本調査におけるFinTechは次のように分類し、「ソーシャルレンディング(融資)」「クラウドファンディング」「投資・運用サービス(投資・運用、情報提供)」「ペイメント・決済」「ブロックチェーン(プラットフォーム、仮想通貨​)」「企業会計(クラウド型会計ソフト、会計・経理クラウドサービス)」「家計簿・経費精算アプリ(家計簿・資産管理、経費精算)」「金融機関向けセキュリティサービス」の8領域を対象とする。​国内FinTech市場...

2018年7月10日EY Japanフィードバック数:0ビジネス

地政学的な不確実性はあるが日本企業のM&A取引への意欲は高い水準を維持

...い機会に目を光らせ、めまぐるしく変化する市場環境に素早く対応していく上で事業ポートフォリオの変革が不可欠であるためです。また、企業が事業ポートフォリオの選択において、客観的な情報に基づいたより良い意思決定を行うためにデータアナリティクスやAI(人工知能)を活用するケースが増えています。最も活用されているテクノロジーとして、本調査に回答した企業の経営層の約半数が、AIまたはRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)を挙げており、ビッグデータ、ブロックチェーンがそれに続いています。 より...

最もマイニングされた仮想通貨は?攻撃者が稼いだ額は?―仮想通貨マイニングマルウェアの最新動向

...,341のMoneroウォレットを抽出しました。他の仮想通貨と異なり、所有者のパスワードがないとMoneroブロックチェーンを照会し、1つのウォレットの通貨残高を抽出することはできません。これはMoneroの元々の設計方法に起因しています。そのため、攻撃者がマイニングできた金額を特定するには別の方法が必要でした。運よくウォレットの特定の他に、さまざまなマイニング活動に使用されたマイニングプールも特定できました。このマルウェアによって使用された上位10個のマイニングプールを見ると、1つを...

2018年6月8日トレンドマイクロフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

日本と海外の脅威動向を分析した 「2018年第1四半期セキュリティラウンドアップ」を公開

...期セキュリティラウンドアップ」全文はこちら2018年第1四半期(1月~3月)脅威動向ハイライト1.サイバー犯罪の狙いは「ランサムウェア」から「不正マイニング」へランサムウェアによる全世界での攻撃総数は、昨年の四半期平均1億5,778万2,070件と比較して、およそ10%にしか満たない1,596万1,267件と急減していることが明らかになりました。世界的にランサムウェアによる大規模攻撃が見られなくなっているのが実態です。その一方、2017年後半から台頭した仮想通貨発掘(マイニング)を行う「コインマイナー」の全...

2018年6月7日アクセンチュアフィードバック数:0企業情報システム

インド、米国、英国の旺盛な投資により、2017年のフィンテック投資額は過去最高の274億ドルに――アクセンチュア最新調査

...Skip to main content Skip to Footer アクセンチュア株式会社2018年5月29日インド、米国、英国の旺盛な投資により、2017年のフィンテック投資額は過去最高の274億ドルに――アクセンチュア最新調査フィンテック投資は2010年から増加を続け、累計1,000億ドルに達する勢いアクセンチュア(NYSE: ACN)の最新調査によると、グローバルにおける2017年のフィンテックベンチャー企業への投資額は、米国、英国、イン...

2018年6月6日ジャストシステム★★フィードバック数:0マーケティング

「スマホアプリの動画広告」は、テレビCMよりも不快感を持つ

...ら手をつけていいかよくわからない、なんて悩んでいません... 【記事要約】 この記事では話題の「ポケモンGO」での体験をヒントに、ジオフェンシングを活用した「O2O」のあり方につ... 【記事要約】 この記事では、最近広がりを見せている「Fintechフィンテック)」について、その内容や事例を紹介しながら... O2Oマーケティングってずいぶん前から言われていますね。O2Oマーケティングとは、Web(オンライン)上での施策・活動・コン... 目次: Twitterのタイムラインに企業や団体のアンケートが増えてませんか? SN...

2018年6月6日ジャストシステム★フィードバック数:0モバイル

スマホユーザーの約半数が、「ワイヤレス充電器」に興味

....Googleのモバイルフレンドリーアルゴリズムが強化されるって。 2015年4月に実施されたGoogleのモバイル... 【記事要約】 企業が商品をリリースする上でとても大事なのが「ブランドマーケティング」、ポジショニングマップ... 【記事要約】 この記事では、最近広がりを見せている「Fintechフィンテック)」について、その内容や事例を紹介しながら... セルフ型アンケートサービス高品質なネットリサーチを圧倒的なスピードと次元の異なる低コストで。無料トライアル実施中。...

2018年6月2日クラウドポートフィードバック数:0キャリアとスキル

2018年 初任給に関するアンケート調査

...回答していることから、保全性の他には “手軽さ”や“簡単さ”というポイントも選びたい金融商品に強く出ていることが見て取れます。初任給の一部でチャレンジ可能な「ソーシャルレンディング」このような「保全性が高い」、「少額から投資できる」というニーズに応えられる金融商品として、「ソーシャルレンディング」があります。「ソーシャルレンディング」(投資型/融資型クラウドファンディング)は、お金を投資したい一般投資家と、お金を必要としている人・会社を、インターネット上でマッチングする、新しい金融技術(フィンテック)の一分野です。ソー...

アフィリエイト参加者に聞く副業実態調査

...ルアップのために勉強中の人が3割。内容は語学・クリエイティブ系が、方法は非通学系が人気 スキルアップのために既に学習をしている人は32%、これから学びたいことがある人は66%だった。「学習中」、「今後やりたい」の両方で1位を獲得したのは語学。今後やりたい内容としては次いでイラストや写真、ライティング等の「クリエイティブ系」と「プログラミング系」が並んだ。方法としては「学習中」、「今後やりたい」いずれも「通信・eラーニング・独学」の人気が「スクール・教育機関」の約2倍となった。【6】 半数強の人が投資・資産運用中。仮想通貨...

2018年5月22日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内IT市場 LOB支出の産業分野別/企業規模別動向分析結果

...製造、プロセス製造、運輸、公共/公益、建設/土木分野です。金融機関の業務効率化を目的にRPA(Robotic Process Automation)の本格的な活用が開始されていることや、FinTechサービスの本格展開、電力およびガスの小売り自由化を受けた顧客向けサービスの拡充にITを活用する動きが背景にあります。製造、建設/土木分野における研究開発部門のほか、生産部門や建設/土木部門など特定の産業に特化した部門でIoT(Internet of Things)やコグニティブ/AI(Artificial...

2018年5月18日アクセンチュアフィードバック数:0企業情報システム

保険会社は、ビジネスやオペレーティングモデルの変革により、3,750億ドルの増収が可能と試算

...知能(AI)、ブロックチェーン、スマート・コントラクト、IoTなど)を取り入れた、全社規模のデジタル戦略の策定や、商品・サービスを適切にカスタマイズするために、保険会社が保有する顧客データの活用といった施策が含まれます。さらに本調査では、保険会社(損害保険、生命保険、企業保険)による、新たな商品・サービスの提供、ならびに既存の商品・サービスのリーチ拡大により、増収をもたらす5つの分野について示しています。参入が困難な市場にターゲットを絞り、新しい効果的な方法で進出を目指す保険会社は、新しいチャネル(オン...

2018年5月14日グループエムフィードバック数:0マーケティング

2018年にオンラインメディアの視聴時間が従来型TVを上回る

...17%に対し、2017年は22%、今年は24%に増えると予想される(グループエムは各国の広告経済の規模を計算に含めている)。グループエムは業界のホットな話題のさらに詳細を見るために、WPPの巨大なネットワークも調査した。▽ブロックチェーン 今のところ実際への応用はあまり見られない。グループエムFutures Directorのアダム・スミス氏は「ブロックチェーンの魅力は、誰に対してもすべてを伝える分散型台帳で、非効率性と不正行為を減らす機会が生まれる。ところがそのアキレス腱は、参加...

2018年5月11日アクセンチュア★★フィードバック数:0マーケティング

5つの最新テクノロジートレンド

...システムによる成長を加速させるため、これからの企業は内部変革から取り組み始める必要があります。マイクロサービスをベースとするアーキテクチャーを基盤に、ブロックチェーンやスマートコントラクトといった技術が、大規模パートナーシップにおける迅速なビジネス展開を可能にします。 重要なことは、あらゆる市場に自社を開放できる体制を築くということです。 トレンド5インターネット・オブ・シンキングインテリジェントな分散環境の創造ロボティクスや没入型体験、AI、コネクテッドデバイスなど、現実...

仮想通貨取引に関する調査

...スアセットの透明性の高い分析情報を提供しており、現在、主力の金融デスクトップ・プラットフォームである Eikon を通じて、ビットコインやその他の仮想通貨の価格情報を提供しています。また、トムソン・ロイターは市場心理指数(TRMI) の新しいバージョンv3.0の提供も始めました。ビットコインのセンチメント・データ・フィードを初めて取り入れ、複数のアセット・クラスの市場センチメント・データの追加や改善、ユーザー機能とカバレッジも追加しました。さらに、EikonはCryptocompare(クリプトコンペア)とシカゴ・オプション取引所(CBOE...

2018年5月8日ジャストシステムフィードバック数:0ライフスタイル

ネットで個人が所有物を売るときは、「ヤフオク!」「メルカリ」が2強

...いったサービスを使ったことがあるかを聞いたところ、最も多くの人から挙がったのは「ヤフオク!」(53.7%)で、次いで「メルカリ」(52.9%)でした。年代別にみると、若い人ほど「メルカリ」を利用している割合が高く、10代は76.8%、20代は68.4%の人が利用したことがあると答えました。※ 複数回答あり。最も利用されている“個人の所有物を売れるサービス”は、「リアル店舗」「サブスクリプション型サービス」は、EC利用者の約3割が利用ECサイトから通知を受け取っているSNSは、「LINE」4割以上が、「仮想通貨を知っているが、興味はない」レポ...

2018年5月3日ミック経済研究所★フィードバック数:0マーケティング

ECにおけるネット決済代行サービス市場の現状と展望 2018年度版

...処理型/収納代行型)3.市場シェア第2節 決済手段別市場動向〔クレジットカード/コンビニ(払込票)/コンビニ(オンライン)/電子マネー/ネットバンク/キャリア決済/振込・ATM/PayPal、銀聯・アリペイ、多通貨・外貨決済・ポイント決済、ID決済、仮想通貨決済、口座振替〕第3節 BtoC、CtoC、BtoB別動向(更にBtoCは法人と個人事業主に分類)第4節 ネット決済代行サービス売上における系列向け・外販向け売上別動向第5節 ネット決済代行サービス売上における課金形式別売上動向(都度課金、継続課金)第...

2018年4月17日EMCジャパン★★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2018年に顕著となるサイバー犯罪は?

...ザー名とパスワードの確認を高速で実行できます。このようなツールは低価格もしくはタダで入手でき、FaaS(Fraud as a Service:不正取引サービス)でも提供されます。アカウント乗っ取りの成功率は高くて5%ですが、サイバー犯罪者にとって今後も十分な利益をもたらすでしょう。2. サイバー犯罪は新しいプラットフォームとインフラに拡大サイバー犯罪者は、効率良く“安全な”方法と技術を常に模索しています。今後はソーシャル メディア とブロックチェーンとIoTがサイバー犯罪者の注目するところとなるでしょう。ソーシャルメディアは、サイ...

2018年4月13日キャップジェミニフィードバック数:0社会/政治

キャップジェミニのワールド・フィンテック・レポート2018では、将来の金融サービスにおける成功の鍵として共生的コラボレーションに注目

...に関してはhttps://www.capgemini.com/service/fintech-innovation-and-engagement/を参照してください。ワールド・フィンテック・レポート2018についてキャップジェミニとLinkedInは、Efmaと協力して、従来型の金融サービス企業とフィンテック企業(銀行および貸出、支払いおよび振込、投資管理、および保険を含む)への世界的な調査に基づき、ワールド・フィンテック・レポート2018を作成しました。フィンテック企業と従来型金融サービス企業の双方から、顧客...

2018年4月5日KDDIフィードバック数:0社会/政治

「さよなら現金」意識調査2018

...60代女性「現金至上主義ではない」が8割。「チャージ不足でもたつくと恥ずかしい」7割。~『「さよなら現金」意識調査2018』を発表~2018年4月4日KDDIは、2018年3月2日から3月5日の4日間、全国の15歳~79歳の男女1,000名を対象に『「さよなら現金」意識調査2018』を実施しました。クレジットカードや電子マネーなど、現金のやり取りを伴わない電子決済の利用が拡大している中、近年はフィンテックにより革新的な技術が生まれ、日常...

2018年4月3日フロスト&サリバンフィードバック数:0企業情報システム

フロスト&サリバン:2018年ヘルスケア業界の8大トレンド予測を発表

...ティクスといったテクノロジーのヘルスケア分野で活用が進むほか、ブロックチェーンやデータ・レイクといった新興技術の臨床での利用が始まる年となることが予測されます。また、テクノロジー企業がヘルスケア市場でさらに存在感を増し、従来のヘルスケア企業との競争が高まり、結果としてより安価で容易にアクセス可能で、消費者を中心に置いたヘルスケアの提供が実現することも期待されます。フロスト&サリバンの予測では、ヘルスケアの世界市場は2018年に前年比4.82%で成長し、同市場規模は1兆8,537億米ドルに到達する予測です。 フロスト&サリバンの新たなリサーチ「2018年グ...

2018年3月30日JETRO★★フィードバック数:0ビジネス

「2017年度日本企業の海外事業展開に関するアンケート調査」(ジェトロ海外ビジネス調査)結果概要

...年程度)に「影響が大きいデジタル技術がある」と回答した企業は48.7%と、約半数を占めた。最も影響が大きい技術は、電子商取引(EC、32.1%)、IoT(20.3%)、ロボット(14.6%)、人工知能(AI、13.9%)、3Dプリンター(5.1%)、フィンテック(4.8%)、ビッグデータ(4.6%)の順となった。大企業ではIoT、中小企業ではECが最多となる。技術によって異なる活用メリットが認識されている一方、活用課題はすべての技術において「人材不足」および「導入・運用コスト」の2つが...

2018年3月29日trendmicroフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

日本と海外の脅威動向を分析した「2017年年間セキュリティラウンドアップ」

...動向ハイライト 1.サイバー犯罪者の狙いは仮想通貨へ拡大2017年、サイバー犯罪者の狙いは仮想通貨へ拡大し、特に日本では2017年下半期にその動きが活発になっています。2017年下半期における仮想通貨の価格高騰、ビットコインよりも発掘効率の良いオルトコインの存在、「Monero(モネロ)」に代表される匿名性の高い仮想通貨の登場が、仮想通貨を狙うサイバー犯罪増加の背景にあると考えられます。仮想通貨発掘(マイニング)を行う「コインマイナー」の国内検出台数は、2017年第4四半期(10月~12月)だけ...

2018年3月29日フォーティネットフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

企業あたりの攻撃数が82%増加していることが明らかに、IoTを標的とするスウォーム攻撃が急増

...つかの種類のランサムウェアがマルウェア亜種のリストの上位に登場しました。Lockyが最も感染率の高いマルウェア亜種となり、GlobeImposterがそれに続く2位となりました。Lockyが進化を遂げた亜種で、身代金を要求する前に受信者へスパムを送りつける例も確認されています。また、ダークネットにおいては、以前は支払い方法としてビットコインだけが使われていましたが、Moneroなどの他の仮想通貨も受け付けるようになっていることがわかりました。増加する仮想通貨マイニング:クリプトマイニングのマルウェアが増加しましたが、これはビットコイン...

2018年3月19日Good Moneygerフィードバック数:0大型消費/投資

大学生、若手ビジネスパーソンを対象とした「金融リテラシーに関するアンケート調査」

...いネガティブイメージと、浮き彫りになる“無関心”と“不信感” 購入経験者の8割が「金融業界の変化は若者にとってのチャンス」、意識・行動の変化のきっかけは!? ■ 若者の半数以上が感じる金融業界の変化、FinTechの台頭で重要性を増す「金融リテラシー」ビットコインをはじめとする「仮想通貨」は、この数年でマーケットにおける存在感を急速に増しました。メディアでの取り扱いも増え、投資家やビジネスシーンにとどまらず、一般の生活者にとっても注目度の高いテーマとなっています。その関心度の高さは、「Googleトレンド」によ...

2018年3月16日テスティーラボフィードバック数:0大型消費/投資

【20代男女】「貯金と資産運用」に関する調査

...額が上がっていくにつれ、回答者が減少していく傾向が見られました。さらに、「貯金の保管先」について質問したところ、「銀行口座に貯金している」との回答が断トツ1位となり、20代男性で80.3%、20代女性で86.2%という結果に。「現金を自宅に保管している」「ネットバンクに貯金している」は少数派に留まりました。その他、「仮想通貨」「投資信託」「保険の積立」といった回答も挙がりました。資産運用しているのは少数派。「したいと思う」は5割以上続いて、「現在、資産運用をしていますか?」と尋ねました。「していない」と回...

2018年3月14日アクセンチュア★★フィードバック数:0社会/政治

FJORD TRENDS 2018

...なマーケティング環境では、アルゴリズムが顧客とブランド間のゲートキーパー役(門番の役割)を担っています。 機械による意味の探求>現在は、人工知能やロボットの出現が注目を浴びています。人と機械が互いの長所を活かし、この変革に対するデザインをし始めなければいけません。 透明性への信頼>今後、主要機関に対する信頼の低下に対する解決策として「ブロックチェーン」を多くの場面で活用するでしょう。 倫理経済>一般市民が関心を持つあらゆる問題に対し、政治...

2018年3月13日GMOインターネット★フィードバック数:0社会/政治

「プログラミング教育に関する調査」

...■インターネットインフラ事業■インターネット広告・メディア事業■インターネット金融事業■仮想通貨事業Copyright (C) 2018 GMO Media, Inc. All Rights Reserved. 以上...

2018年3月8日野村総合研究所★★フィードバック数:0企業情報システム

「ITロードマップ2018年版」をとりまとめ

...8つです。また、年々重要度が高まっているセキュリティ技術の中から、「IDと認証セキュリティ」、「APIセキュリティ」、「ブロックチェーンにおけるセキュリティ」の3つを取り上げています。これらの情報技術に関するロードマップは、東洋経済新報社より3月9日に発売される単行本『ITロードマップ2018年版~情報通信技術は5年後こう変わる!~』に掲載しています。以下では、中でもAIの進化の切り札と言える「量子コンピュータ」について、数年先までの動向をまとめます。 スー...

20代よりも“インスタ映え”消費に積極的? 変わる30・40代の金銭感覚

...クションアプリ」(20代30.4%、30代25.6%、40代13.8%)や「家計簿アプリ」(20代17.6%、30代12.8%、40代5.2%)は20代が30代や40代と比べて高くなったほか、スマホで決済ができる「電子マネーアプリ」(20代17.0%、30代19.6%、40代18.2%)は年代間に差はなく、いずれの年代も約2割が利用していることがわかりました。また、最近ビットコインなどの仮想通貨が話題になっていますが、「ビットコイン決済アプリ」は、30代で2.2%、40代で0.6%となりました。Q.スマホ(また...

2018年3月5日IDC★★フィードバック数:0企業情報システム

国内ITサービス市場予測

...成長率に留まりました。2018年以降の国内ITサービス市場は、金融機関によるFinTech活用、組立製造業によるIoT導入などのデジタルトランスフォーメーション(DX)に関連するシステム投資が徐々に存在感を強めていき、2020年開催予定の東京オリンピック・パラリンピックによる支出拡大効果も見込まれます。しかしながら、2021年には反動減となり、また、国内経済の低成長見通しや、ITサービスの代替製品/サービスの拡大は、市場成長を阻害します。2017年~2022年の年間平均成長率(CAGR: Compound Annual...

2018年3月5日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

40代女性も、EC利用時のデバイスが「スマホートフォン」にシフト

...性に聞いた!「ファッション情報の収集に関する調査」 ... 調査結果サマリー 年末年始に、最も動画コンテンツを視聴したのは「テレビ」で、「スマホ」を上回る &nbs... 調査結果サマリー 3人に1人が、「Fintechによる利便性向上に期待」 ITを活用することで、より便利... 調査結果サマリー 2015年、企業のエイプリルフールコンテンツNo.1は、「Googleマップ」 企業が... 【記事要約】 2016年、スナチャをはじめとしたエフェメラル系SNS(消える系SNS)がマ...

2018年3月2日リクルートフィードバック数:0キャリアとスキル

中国・東南アジア・インドの求人・求職者動向レポート 2017年10‐12月期

...ネルギー事業推進営業(中国人材)/日系・電機/30歳代後半/約15万中国人民元(年収) 香港景気回復で転職市場が盛り上がる見込み。フィンテック企業の採用も活発当社で取り扱う日系企業求人数トレンド(前年同期比) ゼネラルマネージャー 高山典久(たかやま のりひさ)香港経済の好転に伴い、雇用の流動性が高まると予想されるなかで、日系企業を含む在香港企業では、人材獲得競争が激しくなることを懸念する声がある。2018年1-3月に支給される賞与も前年から大幅に上昇すると考えられる。毎年、賞与...

2018年2月20日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

約6割が、「YouTuberによる動画」の視聴経験あり

...ットインタビューで「検索行動」の実態に迫る! SNSの使い方について、MRCの定量調... 【記事要約】 この記事では、最近広がりを見せている「Fintechフィンテック)」について、その内容や事例を紹介しながら... 【記事要約】 2016年6月にスタートした、LINEの運用型広告「LINE Ads Platform」。新たなインフィード... 目次: Twitterのタイムラインに企業や団体のアンケートが増えてませんか? SN... セル...

2018年2月19日ジャストシステムフィードバック数:0社会/政治

4人に1人が、商品・サービス名に「AIが付くと、購入してみたい」

...... ユーザーの「声」を企業の商品やサービスに活かす手法である口コミマーケティング。SNSなどの普及で今や個人がメディアを持つこと... 【記事要約】 この記事では、最近広がりを見せている「Fintechフィンテック)」について、その内容や事例を紹介しながら... 【記事要約】 2016年、スナチャをはじめとしたエフェメラル系SNS(消える系SNS)がマーケティング界隈で話題になりまし... 商品やサービスを広めるうえで、とても威力のあるマーケティング手法のひとつが口コミマーケティング。 以前...

2018年2月16日テスティーラボ★フィードバック数:0マーケティング

仮想通貨に関する調査

...予想など調査の結果をご覧ください。■「仮想通貨」認知度■「仮想通貨」保有率■「仮想通貨」情報収集源■ブロックチェーン技術の躍進。「フィンテックに期待」■決済方法としての仮想通貨。その未来は…?■「仮想通貨」認知度まず、「仮想通貨を知っていますか?」と聞きました。「知っている」と回答した人は20代男性で、20代女性でとなり、20代男性の半数以上、20代女性の約4割が「仮想通貨」を認知していることが判明。また、「聞いたことはあるが詳しくは知らない」と回答した人は20代男性で、20代女性でとなりました。20代男女の約8割が「仮想通貨」とい...

2018年2月15日CCCマーケティング★フィードバック数:0大型消費/投資

仮想通貨に関するアンケート調査入したい

...TOP >ニュースリリース >『仮想通貨に関するアンケート調査』 仮想通貨購入者は3%、4人に1人は今後購入したいニュースリリース 『仮想通貨に関するアンケート調査』 仮想通貨購入者は3%、4人に1人は今後購入したい カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社 ~購入した仮想通貨は1位「ビットコイン」2位「リップル」3位「イーサリアム」~カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社は、Tカードを利用している20~69歳の男女1,501名に、インターネット上での意識調査「Tアンケート」によ...

デロイト調査:日本企業の第四次産業革命への準備の遅れが明らかに

...びにそのネットワーク組織を構成するメンバーファームおよびその関係会社のひとつまたは複数を指します。DTTLおよび各メンバーファームはそれぞれ法的に独立した別個の組織体です。DTTL(または“Deloitte Global”)はクライアントへのサービス提供を行いません。Deloitteのメンバーファームによるグローバルネットワークの詳細は www.deloitte.com/jp/about をご覧ください。 変化の波:金融サービスのエコシステムにおける新たな現状世界経済フォーラム(WEF)とデロイトの最新レポートで、従来型の金融サービス業界における、フィンテック...

2018年2月5日One Tap BUYフィードバック数:0大型消費/投資

ズバリ訊く、投資を始めてみて感じたこと

...的なリターン以外でも、投資活動としての満足感を得られた方も多かったようです。他には、良好な投資環境のなか「儲かって嬉しかった」7.6%の反面、「損して悔しかった」6.1%も。 Q1. 2017年に株式投資を始めて、振り返ってみてどうでしたか? 2017年に株式投資に使った金額は、「10万円未満」が全体の64.9%、また別に、自身の貯蓄に対しての割合を訊いたところ73.1%が「10%より低い」ことが分かりました。投資の入り口に立った人たちは、とても慎重な姿勢を保っており、フィンテック...

2017年12月のマルウェア検出レポート

...いサイトが表示されます。支払いサイトは様々な言語に対応しており、感染端末が日本語版のWindowsであった場合は、日本語で支払い方法が表示されます。ここでは復号ツール「Locky Decryptor」の販売という名目で、身代金を要求します。要求額は0.5ビットコインで、日本円にしておよそ60万円に相当します。(2018年1月23日現在)「Win32/Filecoder.Locky」の身代金支払いサイト同様に、「Win32/Filecoder.FV」に感染するとPC上のファイルが暗号化され、ファ...

2018年2月1日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

ビットコインの認知度は、男性が約6割、女性が約4割

...ビットコインの認知度は、男性が約6割、女性が約4割 Eコマース&アプリコマース月次定点調査(2017年12月度)ビットコインの認知度は、男性が約6割、女性が約4割昨年末のセールで、最も認知されていたのは「楽天スーパーSALE」調査結果サマリービットコインの認知度は、男性が約6割、女性が約4割インターネット上で使える仮想通貨であるビットコインを「所持している」人は5.6%、「知っているが、所持していない」人は43.7%で、49.3%(男性は57.4%、女性は41.2%)が認知していました。現在...

2018年2月1日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

年末年始、最も動画コンテンツを視聴したのは「テレビ」で、「スマホ」を上回る

...て悩んでいません... 【記事要約】 今回の記事ではLINE広告の「ターゲット・セグメント」の質について、さまざまな切り口で検証を... 【記事要約】 この記事では、最近広がりを見せている「Fintechフィンテック)」について、その内容や事例を紹介しながら... 1.これでイラっとしたことない? まずはこの動画をさくっと見てもらいましょう。 [youtubecarousel-four-box">2016年はモバイル・スマートフォンにとって激動の1年だったのではないでしょうか。「2年縛り」や「実質0円」、そし...

2018年1月31日クラウドポートフィードバック数:0ライフスタイル

「2018年のお金の使い方」に関するアンケート調査結果 85.3%が「2018年は2017年と違う“お金の使い方”をしたい」と回答

...や資産運用には不安がある」という投資初心者の人にもおすすめなのが「ソーシャルレンディング」です。「ソーシャルレンディング」(投資型/融資型クラウドファンディング)は、お金を投資したい一般投資家と、お金を必要としている人・会社をインターネット上でマッチングする、新しい金融技術(フィンテック)の一分野です。ソーシャルレンディングは、投資元本の値動きが基本的に無く、初心者でも安定的なパフォーマンスを期待することができます。また、会社により1万円〜5万円くらいで投資できるファンドが殆どと、少額からの投資が可能。他にも「安定...

ハイブリッド型総合書店「honto」週間ストア別ランキング発表!!映画公開迫る、長澤まさみ×高橋一生『嘘を愛する女(徳間文庫)』がhonto本の通販ストアランキング第1位!

.../netstore/pd-book_28665733.html)2位『お金2.0 新しい経済のルールと生き方』佐藤 航陽 幻冬舎(https://honto.jp/netstore/pd-book_28775301.html)3位『入門ビットコインとブロックチェーン(PHPビジネス新書)』野口悠紀雄 PHP研究所(https://honto.jp/netstore/pd-book_28759511.html)4位『頭に来てもアホとは戦うな! 人間関係を思い通りにし、最高のパフォーマンスを実現する方法』田村 耕太...

2018年1月29日パーソルキャリアフィードバック数:0キャリアとスキル

アルバイト求人情報サービス「an」調べ~2017年12月 アルバイト平均時給 全国平均1,052円 全国平均時給は3カ月連続で過去最高を更新。2017年のアルバイト市場を振り返る

...商戦の影響で「フード系」の採用が落ち着き、相対的に時給が高い「専門職系」の求人が増加したことが要因と思われます。2017年を振り返ると、エリア別では「東海エリア」が2年10カ月ぶりに「関西エリア」の平均時給を上回りました。職種別では、店舗数の増加に伴いコンビニスタッフのニーズが増加し、仮想通貨や格安スマートフォンの台頭による影響で、コールセンターの需要も高まりました。年末には全国平均時給が連続で過去最高を更新しており、採用難は2018年も依然として継続すると予想されます。1月は、採用を控えていた「フード系」の案...

2018年1月25日ソケッツフィードバック数:0エンタテインメント

昨年予測的中した正解率79%の紅白勝敗予測モデルで今年も紅白勝敗を予測

...分析エンジンにとどまらず、ソケッツではAI技術における研究開発にも力を入れています。たとえば、今年~来年以降引き続き注目されるであろうAIスピーカーに関連して、「ちょっといい感じの曲お願い」など、人の感情や感性に寄り添う感性AI実用化も目指しています。また、ブロックチェーンの音楽業界への変革の波を起こすべく、ソケッツのテクノロジーで牽引していきたいと思っています。エンターテイメント×テクノロジー分野の可能性や市場を新たに拡大していけるような有用性のあるデータ・ドリブンな取り組みで、来る2018年も...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ