調査のチカラ TOP > 特集一覧 > データがいっぱい:働き方改革

データがいっぱい:働き方改革

世間の注目が集まる分野には調査データが増加します。「働き方改革」については、関連調査データもぐっと増えています。

2019年5月21日IDCフィードバック数:0企業情報システム

最新の国内ユニファイドコミュニケーション/コラボレーション市場予測を発表

...を「IPテレフォニー」「コラボレーティブアプリケーション」「IPコンファレンスシステム」「IPコンタクトセンターシステム」の4つの市場に分類し、分析と市場予測をおこなっています。2018年の同市場は、ベンダー売上額ベースで前年比成長率6.0%の2,813億1,600万円になったとIDCでは推定しています。また、同市場は、働き方改革によるリモートからの業務遂行需要の継続によって、2018年~2023年の年間平均成長率(CAGR:Compound Average Growth Rate)が2.4...

2019年5月20日アクセンチュア★★フィードバック数:0企業情報システム

アクセンチュア最新調査――拡張現実が急速に普及する中、没入型技術の責任あるデザインと展開が急務に

...といった人間の五感や思考を活用したり、それらを増大させたりするツールを含むまでに進化を遂げています。こうしたツールは、正しく活用すれば私たちの暮らし方や働き方を大幅に向上させることでしょう。アクセンチュアには、しっかりと安全性を確保しながら、技術的なイノベーションを推進していく義務があります。私たちはビジネスリーダーや政策立案者、市民社会に対して、XRの責任ある未来を積極的にデザインするために今こそ行動する時である、と呼びかけています。」本レポートは政策立案者に対しても、次のような提言も行っています。誰で...

2019年5月17日BASE★フィードバック数:0マーケティング

「BASE」が初のオーナーズ調査を実施 ? 個人・法人を問わずブランドを立ち上げる時代の流れが顕著に-

... are Owners」( https://thebase.in/weareowners )というメッセージを発表いたしました。これは、個人事業主や中小規模事業者といった既存の言葉でショップオーナーの働き方や生き方を定義することをやめて、自分の好きなことを選び、自身の価値観や好きという想いを仕事にする皆様を「オーナーズ」と表現しますというメッセージで、今の時代を反映する人々の生き方を言語化したものであり、またプロダクトを通じて「オーナーズ」をサポートするという意思でもあります。本メッセージを発表後、「BASE」はオ...

2019年5月16日IDC★★フィードバック数:0企業情報システム

最新の国内第3のプラットフォーム市場予測を発表

....2ポイント下方修正しました。これはモビリティ市場の実績が前回予測よりも低く、2018年のIT市場全体の実績が予測よりも支出額が低かったためです。企業分野を中心に、第3のプラットフォームを活用したDXの取り組みは加速すると予測しており、第3のプラットフォーム技術をクロス活用し、新たなエコシステムを開拓する新事業開発、「働き方改革」の推進、データを活用した顧客エクスペリエンス(CX)向上などへの取り組みなどが、同市場の堅調な成長の背景にあると分析します。同市場を産業分野別に分析すると、特に...

2019年4月 副業に関する意識調査

...の調査結果より、SKIMAの見解今回の調査結果は「働き方改革法」についての認知や副業についての意識調査が目的だったが、副業経験者と副業興味者によって働き方改革関連の認知の差があることがわかった。情報を知ることにより副業への興味は増すため、受け皿としてのプラットフォームのより高い利便性や購入者とのマッチングが重要だと感じた。上記グラフではイラスト作成1案件あたりの単価が5,000円未満が最も多くなっているが、SKIMAでは平均単価は約9,000円となっており、クリ...

令和の時代に関するアンケート調査

...ういった時代になると思うかを自由回答で聞いたところ、最も多かった回答は、上位から「平和の令和」、「変化の令和」、「変革の令和」、「安定の令和」、「進化の令和」となりました。「平和」と回答をした人にその理由を聞くと、"平和な時代になってほしいから"、"震災やテロのない世の中になって欲しい"といったものが多く、「変化」と回答した人は、"AIの進展で、働き方を始め、社会のあり方が変わっていきそうだから"、"LGBTなど様々な価値観が大きく変わりつつあるから"、"時代の大きな変化を感じずにはいられないから"といった理由を挙げました。また、元号が「令和」に変...

2019年5月9日マイナビフィードバック数:0キャリアとスキル

『2019年版 独立・開業に対する意識調査』を発表

...府県別で最も割合が高かったのは宮崎県、最も低かったのは佐賀県という結果となった。また、独立・開業を考えるきっかけとしては「収入を増やしたい」「やりたいことがある」という回答が多かった一方で、実際に重視する点としては「自分のペースで働ける・自分の時間を持てること」という回答が多いことがわかった。独立・開業から連想されるイメージとして「お金」や「自己実現」が挙げられるが、多様な働き方の浸透やワークライフバランスの概念が広まり、働く意識や環境が大きく変わる中、独立・開業を通じて「自分の時間を持ちたい」「余裕のある働き方をしたい」とい...

2019年4月24日IDCフィードバック数:0ビジネス

働き方改革がプリントに与える影響に関する調査結果

...08 Apr 2019働き方改革がプリントに与える影響に関する調査結果を発表 Japan, 2019年4月8日 - IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内ユーザー企業のプリンター/複合機の導入判断者/導入提案者を対象に、機器の導入状況、働き方改革に関する取り組みとプリント量との関係、将来のプリント量などに対する考え方について調査した結果を発表しました。この...

2019年4月22日ヌーラボフィードバック数:0キャリアとスキル

2018年度と2019年度の働き方に関する調査

...【Backlog総研/調査レポート】2018年度、約6割が「働き方改革」による変化ありと実感 -- 2019年度、給与UPの期待感は!? 年代が若いほど、「2019年度への変化」に高い期待を寄せるなどポジティブである傾向も <調査結果サマリ>・「働き方改革関連法」に関連し、「2018年度の振り返り」および「2019年度への期待」についてアンケート調査を実施・「2018年度の振り返り」については、全体の約6割の回答者が「大きな変化があったと思う/少し変化があったと思う」と回答・特に「長時...

2019年4月22日DMM.comフィードバック数:0社会/政治

子育て中の共働き家族への料理・献立に関する調査

...上自身で料理を行う女性1,091人を対象に、インターネット調査を実施しました。本調査では、2019年4月に長時間労働の是正やさらなる生産性向上などを目指した働き方改革関連法の施行も控える中、子育て中の共働き女性から見た、日々の献立作りの負担、栄養バランスへの不安感などの実態が明らかになりました。【調査結果の概要】■日々の献立作りについて・家事の中で大変・面倒なもののトップ2は「掃除」(41.6%)と「料理」(39.2%)・料理を面倒と思う人が不得意な作業は「調理」(36.7%)と「献立作り」(34.1%)が拮抗・一日...

2019年4月19日IDC★★フィードバック数:0企業情報システム

国内AIシステム、およびRPAの企業ユーザー調査結果を発表

....6ポイント上昇していることがわかりました。本調査結果では、「社内で広くPOCを実施している」とした回答者が2018年調査と比較して増加しており、IDCでは2019年以降はさらに全社的な利用率が上昇すると予測しています。AIシステムの利用目的では、「働き方改革」「経営状況の把握」「経営の改善」の回答が多く、企業におけるAIシステムの活用が、自社の内部改革目的を優先していると考えられます。AIシステム導入時の主要課題では、リーダーシップや組織が多く挙げられており、また継続/拡張時の課題としては「AI...

2019年4月18日サイカ★フィードバック数:0マーケティング

平成最後の春に向けたテレビCMタレントTOP10ランキング

...が多かったのは渡辺直美。出稿秒数が90,135秒と、2位と比べて 20,000 秒以上の差をつけての首位に立った。アフラック(38,985秒)とボートレース(36,255秒)が出稿秒数の大半を占めた。また、今回の調査結果では、通信サービス、転職・求人サービス、保険など、春季に乗り換え需要の高まる事業領域の企業のCM出稿が目立った。関連記事 働き方改革を意識した日テレ最新テクノロジーが集結【日テク2019】<前編>編集部 日本テレビグループ各社、ネットワーク各社が出展する「日テク2019(ニッテク)」が、2019年3月...

2019年4月18日アクセンチュア★★フィードバック数:0企業情報システム

テクノロジービジョン2019

...代の労働者に、新世代の働き方・働く場を労働者は「ヒューマン+(プラス)」(Human+)”という存在へと変わりつつあります。つまり、さまざまなスキルや知識に加え、テクノロジーによってもたらされる新たな能力を身につけることで、労働者一人ひとりがより大きな力を発揮できるようになります。ポストデジタル時代では、企業は従業員の新しい働き方を支援していくことが求められています。経営層の71%は「デジタル化に対しては、従業員の方が会社よりもうまく対応しており、逆に彼らは会社が自分たちのレベルに追いつくのを“待っている”状態...

2019年4月15日リアズフィードバック数:0キャリアとスキル

女性を対象にリモートワーク「ライブ動画配信」での働き方調査

...女性を対象にリモートワーク「ライブ動画配信」での働き方調査 ... 女性を対象にリモートワーク「ライブ動画配信」での働き方調査“希望と現実の収入の差”や“隙間時間の有効活用”がきっかけにライブ配信サービスの運営等を行う株式会社リアズ(本社:大阪府大阪市淀川区、代表取締役:金子 大助、 https://reas.jp/ )は、自社のライブ配信サービスを利用している女性788人にアンケートを実施。結果、年齢に制限がなく、隙間時間を活用でき、自宅...

2019年4月15日キャリコネフィードバック数:0キャリアとスキル

正社員が働きやすい業界ランキング

...「正社員が働きやすい業界ランキング」発表 1位は電気・ガス業界(企業口コミサイトキャリコネ) 1位は東京ガス、関西電力など生活インフラを支える電気・ガス業界 年間2000万人が訪れる企業口コミ・給与明細サイト「キャリコネ」(https://careerconnection.jp/)(運営:株式会社グローバルウェイ、本社:東京都港区、代表取締役社長:各務正人)は、「正社員が働きやすい業界ランキング」を発表します。 働き方改革が進むなか、仕事を選ぶキーワードとして"ワークライフバランス"が重...

2019年4月15日リクルートフィードバック数:0キャリアとスキル

「初めて転職した人」に聞いたアンケート

...による「業務経験の振り返り」だけでなく、「第三者からのアドバイス」「企業との対話」等、他者からのフィードバックがあげられます。また、転職活動を通じて、「資格」「学歴」「経験企業の規模・知名度」等の外形的な条件でなく、自身の内在的な強みこそが、外部労働市場における市場価値だということに気付いていくということが見てとれます。人生100年時代の働き方に注目が集まる中、働き手には、転職する/しないにかかわらず、定期的に自らの強みを客観視する、人間ドックならぬ、キャリアドックが求められると思います。...

2019年4月12日ビースタイル★フィードバック数:0ライフスタイル

ゴールデンウイーク(GW)の10連休どう思う?働く主婦に意識調査

...はかかるし、どこも混んでそう」という具合に嬉しいものの、多少なりとも引っかかる何かもある、というコメントが目につきました。これらのコメントを見ると、日本人は休みづらい環境に置かれている、あるいは休むのが苦手なのかなと感じてしまいます。働き方改革も大事ですが、同時に休み方改革も進める必要があるのではないかと考えます。 しゅふJOB総研所長 兼 ヒトラボ編集長 川上敬太郎 ープロフィールー1997年愛知大学文学部卒業。テンプスタッフ株式会社(現パーソルホールディングス)に入社し新規事業責任者等を歴任。転職後、執行...

2019年4月11日趣味なびフィードバック数:0エンタテインメント

「趣味」に関するアンケート調査

...~59歳の男女1,204人に対して「趣味」に関するアンケート調査を実施いたしました。TOPイメージ【調査背景】人生100年時代、働き方改革など世の中の変化に伴い、『趣味』や『まなび』においても様々な変化が起きています。個人間取引(スキルシェア)によるマンツーマンレッスンやワークショップ、オンライン動画レッスンなどそのカテゴリ、ジャンルも細分化され、裾野が広がり、趣味やまなびの重要性が高まりを見せています。また、趣味・まなび市場は、日本人のみではなく、訪日外国人を対象としたインバウンド対策や、地方...

2019年4月11日キャリコネフィードバック数:0キャリアとスキル

働きやすい業界ランキング

...「働き方改革」という旗振りの下、育児や介護との両立などを意識した、労働環境の整備が進行中。働く人の多様なニーズに合わせたワークライフバランスを整えやすい環境づくりは、今や会社を選ぶ側・選ばれる側双方にとって重要なファクターとなっているのです。今回のランキングは、「キャリコネ」のユーザーから寄せられた評価をもとに、業界別で働きやすさを示したもの。仕事のやりがいのほか、労働時間の満足度や有休の取りやすさといった労働環境の整備状況など、心身ともに健康的に働けるかどうかを多角的に調査しています。【働き...

2019年4月11日キャリコネフィードバック数:0キャリアとスキル

男性社員が働きやすい業界ランキング

...は他と比べて安定感のある資源・インフラ系の業界が中心。輸送用機器と電気機器は、大手企業が評価点を引き上げて3位に入りました。一部で違法な長時間労働等が問題となった不動産業界や、人材不足に加えて再配達問題などが浮上した陸運業界が下位に。徐々に働き方改革が推進されている段階ですが、今回の結果にはまだ反映されていませんでした。3位の「輸送用機器」とは、自動車や船舶、航空機などを製造する業界。福利厚生の整った「トヨタ自動車」や「本田技研工業」といった大手自動車メーカーとそのグループ企業等を中心に、6項目...

2019年4月10日エン・ジャパンフィードバック数:0キャリアとスキル

「派遣で働くメリット・デメリット」についてアンケート調査

...う声が寄せられています。「賞与がない」(2019年:53%、2018年:55%)、「交通費が出ない」(同:48%、52%)は昨年より減少。2020年4月1日から施行される働き方改革関連法の改正により、「同一労働同一賃金」が導入されることで、さらに解消されるかもしれません。【図2】派遣で働くデメリットは何ですか?(3つまで選択可)3:派遣で良かったことは「すぐに仕事に就けた」。(図3)派遣で良かったことを伺うと、「すぐに仕事に就けた」(42%)が最多でした。昨年と比べると、大きくポイントが伸びています。仕事...

2019年4月4日オウケイウェイヴフィードバック数:0ビジネス

ビジネスマンが「調べもの」に費やす時間は毎日1.6時間

...べものに充てられることが明らかになりました。1.調査の背景と結果のポイント■調査の背景働き方改革関連法が2019年4月より施行され、特に「労働時間」について焦点があてられている中で、当調査では社内業務における「調べもの」の実態に関して調査を行いました。■結果のポイント一般的な会社員は1日平均1.6時間「調べもの」に時間を割いており、計算上、日本全体で1日当たり約1,057億円相当の賃金が調べものに充てられることが明らかになりました。調べものによく利用するツールとして、約9割が「インターネット検索」をあげ、調べ...

2019年4月1日あしたのチームフィードバック数:0ビジネス

中小企業の働き方改革取り組み実態と新元号への期待に関する調査

...>> ~中小企業の働き方改革取り組み実態と新元号への期待に関する調査~ 4月1日施行の働き方改革、「取り組んでいる」中小企業は約3割地方では約4割が「人材不足」により働き方改革に取り組めていないことが明らかにAIを活用した人事評価クラウドで中小企業の働き方改革をおせっかいする株式会社あしたのチーム(本社:東京都中央区、代表取締役会長:髙橋恭介、以下「あしたのチーム」)は、中小企業の経営者を対象に景況感と新元号への期待、働き方改革の実態に関するインターネット調査を実施いたしました。その...

2019年3月30日オレンジページフィードバック数:0社会/政治

「夫婦関係」について調査

...の差はみられません。家庭の家事における「働き方改革」は、まだ道半ばといった様相です。「態度・話し方がぞんざい」「感謝・お礼を言わない」と、夫婦仲は悪化!?「配偶者に直してほしいところはありますか」という質問に対しては、「ある」と回答した人が83.6%。直してほしいことの第1位は「家事の分担が少ない」27.8%。「俺がやるからと言いながら食器を放置し、スマホいじり。結局私が洗うはめに」(20代・フルタイム)など、妻たちはイライラが募っているよう。家事は毎日のことだけに、不満...

2019年3月29日キャリコネフィードバック数:0キャリアとスキル

働きやすい都道府県ランキング

...他の項目でもバランスよく高得点。3位はファーストリテイリングや宇部興産が本社を置く山口県です。若者や女性の県外流出に歯止めをかけるため、県独自の働き方改革への取り組みにも力を入れており、「やりがい」の満足度では1位という結果でした。では、各都道府県を代表する企業の口コミを紹介していきましょう。1位:沖縄県(総合評価:2.97)▼沖縄県内企業売上高No.1の総合小売企業「サンエー」の口コミ「自分の売場は自分で作るという精神があるため、自由度は高い。そのため結果が見えやすく、やりがいに繋がる。パー...

2019年3月29日あしたのチームフィードバック数:0ビジネス

中小企業の景況感と自社の課題に関する調査

...>> 地方企業の課題 1位「従業員の採用・育成」 地方企業の課題 1位「従業員の採用・育成」 ~中小企業の景況感と自社の課題に関する調査~ 中小企業経営者の国内景気予想 「好転」は2020年まで約4割、2025年まで2割未満 地方企業の課題 1位「従業員の採用・育成」52.0%、2位「後継者の育成」 従業員の採用・育成のために現在行っていること1位「定年延長・再雇用」52.0%、 今後取り組みたいこと1位「賃金・人事評価制度見直し」36.5%AIを活用した人事評価クラウドで中小企業の働き方改革...

2019年3月28日矢野経済研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

ディスプレイ市場に関する調査を実施(2018年)

...顧客の開拓を目指している。東京オリンピック・パラリンピック関連や訪日外国人客の増加に対してホテルの新築・改装需要が旺盛であり、2020年までは当分継続する情勢であるが、その他、業界では、政府が主導する働き方改革に対応したオフィスづくりにも注目が集まっている。3.将来展望主要ディスプレイ企業は、品質管理・安全管理・環境対応の体制強化を図りながら、コストダウンとの両立を目指している。ディスプレイ企業の業務はマンパワーの資質に帰属する要素が非常に強い中で、現状では大多数の企業が人材不足の悩みを抱えており、主要...

2019年3月28日キャリコネフィードバック数:0キャリアとスキル

20代が働きやすい業界ランキング

....000018764.html)でも堂々1位を獲得しています。2位の医薬品業界では、外資系企業を中心に成果主義が採用されており、若手にも昇給・昇格のチャンスが多い傾向にあります。福利厚生が整っていてワークライフバランスが取りやすい企業が多いことも高評価に繋がったようです。アステラス製薬では有能な人材には「飛び級」制度を適用。2009年より所定労働時間を短縮する制度を導入するなど、働き方改革の先駆け的存在となっています。3位のガラス・土石製品業界も、近年働き方改革が進められています。TOTOは人...

2019年3月27日アーキ・ジャパンフィードバック数:0キャリアとスキル

働き方に関する意識調査

...【転職の鍵は2020年東京オリンピック!】現職に不満を感じている男性の7割以上が転職を考えていることが判明。2020年以降もニーズが高そうな職業第2位は通訳、第1位は…? あなたに合った働き方はできていますか? この度、株式会社アーキ・ジャパン(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:今井雅已)は、20代の働いている男性を対象に「働き方に関する意識調査」を実施し、現代の若者が現職に不満に思っていることや、仕事に対して求めていることについて調査しました。 「働き方改革」や「ワークスタイル変革」は...

2019年3月26日リコージャパンフィードバック数:0ビジネス

働き方改革アンケート

...労働時間が減った人は32.7%!有給休暇取得率は50.1% 〜働き方改革アンケート結果発表 働き方改革ラボは、働き方改革の取り組み方やその結果を調査するため、2018年12月28日~2019年1月11日にかけて、読者の方を対象にした「働き方改革アンケート」を行いました。アンケート結果から読み取れること会社が「働き方改革」に取り組んでいると回答したのが53.8%なのに対して、成果が上がっていると感じているのは、半数以下の25.0%。 働き方改革は着実に実行に移されているものの、成果...

2019年3月26日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

2019年度の雇用動向に関する企業の意識調査

...2019/3/142019年度の雇用動向に関する企業の意識調査正社員採用予定の企業は64.2%で高水準続く〜 生産性向上につながる人材育成、短期はOJTが60.1%で突出 〜はじめに人手不足が深刻化するなか、2018年の有効求人倍率は1.61倍と、1973年以来45年ぶりの高水準となった。また、新規学卒者の就職内定率は2018年12月時点で87.9%(大卒)と8年連続で上昇し、1996年に調査を開始して以来最高となっている。さらに、政府・企業をはじめとして「働き方改革」が進められるなかで、生産...

睡眠に関するアンケート

...えに基づき、企業および働く人にとって、無理・無駄なく、持続可能な働き方こそ、企業の生産性が向上し、本当の働き方改革の推進につながると考えます。 働く(社会とかかわる機会・社会参画)=見守りあう機会と定義し、今後、賛同パートナーと共に「サステナブル∞ワークスタイル」プロジェクトを推進いたします。※1.「サステナブル∞ワークスタイルプロジェクト」についてはこちら>>【サステナブル∞ワークスタイルプロジェクト 調査報告】働く女性の9割以上、健康のためにできるだけ長く働きたいと思う出産後も仕事継続、85.2%がよ...

2019年3月25日ゼブラフィードバック数:0キャリアとスキル

おとなの学び直しに関する意識調査

...おとなの学び直しに関する意識調査40代50代の73%が学び直しの必要を感じているが69%は何もしていない理由は「記憶力や集中力の低下」「勉強の仕方が分からない」等 ゼブラ株式会社(本社:東京都新宿区/代表取締役社長:石川 真一)は、2019年3月に、上場企業で正社員として働く40代50代に、学び直しについての意識調査をおこないました。 背景:人生100年時代を見据え、60歳や65歳で定年退職した後も働きたいという人が多いと言われています。また、従来のように同じ職場で一つの仕事を長く続ける働き方...

2019年3月22日西川フィードバック数:0ライフスタイル

ビジネスパーソンの健康意識と睡眠に関する調査

...盛りである現役世代のほうがより高ストレス状態にあり、それが睡眠の質を低下させていると推定。今回は対象をビジネスパーソンに絞ってその実態を深堀りし、機運がますます高まる「働き方改革」「ビジネスマンの生産性向上」を睡眠の側面から支援したいと考えました。調査では、現代ビジネスパーソンの「働き方」と「睡眠」の関係性が浮き彫りになりました。スポーツ等で体を気遣っている人に比べ、健康意識の低い層は睡眠満足度が低い「仕事上の悩み」が睡眠の質を下げる傾向に睡眠満足度が高い人は終業後、リラ...

2019年3月22日リクルートフィードバック数:0キャリアとスキル

40歳以上のミドル・シニアに聞いた、転職の不安とは

...った項目が上位に挙がった。求職者は、自分に合った仕事を探すうえでも、「自分の能力・経験は、どのような点で企業に対して貢献できるのか?」、これまで仕事で培ってきた"強みや持ち味"の棚卸しが求められる。 一方、企業は、不安を抱えるミドル・シニアの採用・活躍支援に向けて、三つの処方が考えられる。 ・一つ目は、必要な能力や仕事の明確な役割・ミッションを、具体的に訴求できるか?(ゴール・ロール) ・二つ目は、年齢に関係なく働ける職場情報やキャリアの選択肢を具体的に訴求できるか?(レール) ・三つ目は、年齢に合ったライフステージに沿った柔軟な働き方...

2019年3月18日フリーランス協会★フィードバック数:0キャリアとスキル

フリーランス白書2019

...ーランス白書2019ハイライト③フリーランスの課題・「フリーランスや副業をするといった新しい働き方を日本で選択しやすくするためには、何が必要だと思いますか?」という設問に対しては、「出産・育児・介護などのセーフティネット」(63.%)、「健康保険組合」(59.6%)、「厚生年金」(52.0%)、「労災保険」(45.9%)などライフリスクに関する項目が上位を占めました。・そのほか、人材活用を行う企業への理解を求める声や、ビジネストラブル対策を求める声も、4割以上の回答者から挙がりました。■フリーランス白書2019...

30代・40代の金銭感覚についての意識調査2019

...ここからメインメニューメインメニューここまで ページの現在地トップ > ニュースリリース > 30代・40代の金銭感覚についての意識調査2019 2019年3月6日各位SMBCコンシューマーファイナンス株式会社30代・40代の金銭感覚についての意識調査201930代・40代の消費スタイル “買える範囲で良いものを選びたいけど20代ほど頑張らない”身の丈消費を志向する30代・40代は20代と同水準も、調べ尽くし消費を実践する人は20代より低い傾向働き方改革の影響? 30代・40代ビ...

2019年3月15日アデコフィードバック数:0社会/政治

平成時代に関する調査

...元年新卒入社の社会人が、平成時代における職場での変化でもっとも印象に残っていることは、「インターネットの普及によって仕事のやり方が変わった」こと。次いで、「職場が禁煙になった」だった。また、平成時代に起こった出来事でもっとも印象に残っていることは「東日本大震災」、次いで「阪神・淡路大震災」と、震災が記憶に強く残っていた。勤務形態の柔軟化、子育てや介護と仕事の両立、有給休暇の取得のしやすさ、ハラスメントの減少など、働き方や職場環境は平成の30年間を通して改善したと考えていた。一方、退職金制度や手当など、会社...

オンラインストレージの利用実態

...ターネット・アンケート【背景】国内のオンラインストレージ市場は、メール誤送信での情報漏洩対策や大容量ファイルの受け渡し、厚生労働省が推進する「働き方改革」に伴う自宅や外出先からのファイルアクセス、万が一の災害に備えたバックアップなど、様々な需要が見込まれることから、今後も高い成長率で推移すると予想されます。こうした背景から本調査は、業務でオンラインストレージを利用している方に限定し、導入状況や導入目的、現在利用中のオンラインストレージなどの利用実態を把握し、顧客...

2019年3月14日キャリコネフィードバック数:0キャリアとスキル

休日の満足度が高い業界ランキング

...どのことがない限り休日に出勤することはありませんでした。昨今の働き方改革の影響で、今後、さらに残業が減ることが予想されます。プライベートと仕事のバランスをとる取り組みが社内であります」(東京ガス/プロジェクトマネージャー/30代後半男性/年収800万円/2014年度)6位:電気機器業界(休日の満足度評価:3.58)「昔は有休が取りにくい環境でした。夜遅くまで働いていることも多く、労基が監査に入ったこともあります。今は昔に比べ有休が取りやすく、部門毎に取得率が公表されており、取得率が低いところには指導が入ります。時間...

2019年3月14日キャリコネフィードバック数:0キャリアとスキル

残業の少ない業界ランキング

...「残業の少ない業界ランキング」発表 2位は繊維製品業界 1位は…(企業口コミサイトキャリコネ) 就活生からの高い人気を誇る空運業界が1位に 年間2000万人が訪れる企業口コミ・給与明細サイト「キャリコネ」(https://careerconnection.jp/)(運営:株式会社グローバルウェイ、本社:東京都港区、代表取締役社長:各務正人)は、「残業の少ない業界ランキング」を発表します。 働き方改革関連法の一部が2019年4月に施行され、残業時間の上限規制や年5日の...

2019年3月13日エン・ジャパンフィードバック数:0キャリアとスキル

アルバイト探しの重視ポイント、第1位は「勤務期間」

...パン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:鈴木孝二)が運営する”ちょっといいバイト”を集めたアルバイト情報サイト『エンバイト』( https://hb.en-japan.com/ )上で、サイト利用者を対象に「希望する働き方」に関するアンケートを実施。4,453名から回答を得ました。以下、結果をご報告いたします。■調査結果 概要★ アルバイト探しで重視すること、第1位は「勤務期間」。10代・20代は「時給などの給与額」、30代・40代は「勤務地」が顕著。★ 具体的な希望条件、勤務期間は「長期」と「1日だ...

2019年3月12日ワークポートフィードバック数:0キャリアとスキル

「定年退職」について調査

...に年金がもらえるのかどうかもわからない」(30代・男性・運輸、交通)といった、年金や生活費の確保といった経済状況を心配する理由がほとんどでした。人生100年時代、日本は少子高齢化による労働力不足や社会保障負担の引き上げなどの深刻な課題に直面しています。これらの課題解決のために、厚生労働省は年金の受給開始年齢を75歳まで繰り下げられるようにする検討に入っています。また、近年は企業も定年退職後の再雇用に積極的になっていたり、海外に倣って定年を廃止しようとしたりする議論も出てきています。今後、年金制度や定年制度がどのように変化し、働き方...

2019年3月11日スタートラインフィードバック数:0キャリアとスキル

障がい者の「就職・転職活動」に関する意識調査

...時間(18.9%)」・就職、転職の際に重視するポイントは1位「仕事内容(13.4%)」、2位「障がい配慮が有る(13.3%)」今回のアンケート調査により、雇用側は就業後の働き方の部分について、障がい状況に合わせた柔軟な対応が求められると言えそうです。また、入社後のミスマッチを防止するため、雇用側は面接時に「具体的にどういった仕事内容なのか」、「提供する障がい配慮」について、きちんとお伝えすることが重要となると言えそうです。就職・転職を考えたきっかけについて教えてください。(複数回答可)(n=274名...

2019年3月11日サイボウズフィードバック数:0キャリアとスキル

「仕事の引き継ぎ」に関する意識調査

...2019.02.27【調査】「引き継ぎがスムーズだった人」は 「その職場で働き続けたい」意向が約8割企業や組織へチームワークや働き方改革のメソッドを提供するサイボウズ チームワーク総研は、「仕事の引き継ぎ」に関する意識調査として、ビジネスパーソン400人に関する調査を行いました。[調査概要]調査対象:24-35歳のビジネスパーソン男女 計400名調査期間:2019年2月9日(土)~11日(月)調査方法:インターネット調査引き継ぎの期間は、「1週間以内」が約6割今...

2019年3月7日キャリコネフィードバック数:0キャリアとスキル

ホワイト度が高い業界ランキング

...業で待遇の良い企業が多いことも、今回の結果につながっているようです。働き方改革の影響もあり最近では改善傾向にあるものの、業務内容上長時間労働になりやすい建設・不動産業界や陸運、倉庫・運輸関連業界、土日祝日の休みが取りにくい小売業界などが比較的低評価でした。1位電気・ガス業界は、まさにすべての人が生活するうえで欠かせないもの。電力・都市ガスの小売自由化によって新たに参入してきた企業もありますが、基本的に労働時間の管理に注意を払い、福利厚生も充実している大手が多いことが結果に反映されました。なお、東京電力(現東京電力HD)は震...

2019年3月7日佳秀工業フィードバック数:0社会/政治

理想の母親に関する意識調査

...ンプレス)天使のおまもり」を運営する佳秀工業株式会社が、今回は10代~20代の女性を対象に、「理想の母親に関する意識調査」を行いました。 近年では女性の働き方の変化や、結婚に対する意識が変わったことにより初婚の年齢が年々上がっているということがあります。それに伴い、初めての出産を経験する年齢も上がっており、30歳を超えて出産することも珍しいことではなくなりました。 とはいえ、子どもはいつまでも母親には若々しくいてほしいと思うものです。では、どのような母親であれば自慢の母親といえるのでしょうか。今回は、10代...

2019年3月7日ミライセルフフィードバック数:0社会/政治

年齢別の性格・価値観分析

...ミレニアル世代の働き方に対する特徴とは?若い世代ほどムラがあり、他者からの評価を気にし、プライベート重視な傾向に mitsucari適性検査受検者の社会人46,000人以上を対象とした年齢別の性格・価値観分析調査 働く人と組織の相性を診断するmitsucari適性検査及びmitsucariを開発・運営する株式会社ミライセルフ(本社:東京都品川区、代表取締役:井上 真大/表 孝憲)は、mitsucari適性検査を受検した46,000人以上のデータを対象に「年齢別の性格・価値観分析」を実...

メールとビジネスチャットツールの利用実態調査

...「メールとビジネスチャットツールの利用実態調査」働き方改革促進のカギは、社内メールの負荷軽減にあり ビジネスシーンでの会社非公式チャットツール利用は53%、シャドーITへの危機感薄く サイバーソリューションズ株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役社長:秋田健太郎)は、2018年12月従業員数200人以上の企業で、主任クラス以上の会社員・経営者500名(有効回答500名)を対象とした、「メールとビジネスチャットツールの利用実態調査」を実施しました。 ◆主な調査結果について◆メールは96...

2019年3月6日キャリコネフィードバック数:0キャリアとスキル

女性社員の残業が少ない企業ランキング

...的少ないと思います。私自身に関して言うと、休日出勤はしたことがないです」(営業事務・管理事務/30代前半女性/年収430万円/2018年度)「働き方改革が進んでおり、会社全体の雰囲気として今は以前より残業もしにくい環境となっています。部署にもよりますが、休日出勤もあまりなく、プライベートとのバランスは比較的取りやすい環境といえると思います」(マーケティング関連職/30代前半女性/年収500万円/2018年度)ランクインした企業の口コミをもっと見る ーーーーーーーーーーーーーーーー <調査概要> 「女性...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

特集データ

特集INDEXへ

お知らせ