調査のチカラ TOP > 特集一覧 > データがいっぱい:働き方改革

データがいっぱい:働き方改革

世間の注目が集まる分野には調査データが増加します。「働き方改革」については、関連調査データもぐっと増えています。

2019年1月16日ビースタイルフィードバック数:0社会/政治

『夫の家事・育児』をテーマに働く主婦層にアンケート調査

...層は働けば働くほど忙しさが増してしまう状況にあります。働く主婦層に、2018年を振り返って夫は家事・育児に十分取り組んでいたと思うかについて尋ねたところ過半数が不満を感じていることがわかりました。2017年に同じ調査をした時よりも、不満度が4.6ポイント増加してしまいました。2018年は通常国会で働き方改革関連法が成立し、働き方改革はこれからが本番です。しかし働き方にあわせて休み方や家庭での過ごし方も変わって行かなければ、どこかに無理が生じてしまう可能性があります。年代別に比較してみると、年代が低いほど不満度も低くなっています。しか...

ドラッグストアの買い物行動に関する調査報告

...な人員の強化を狙うとともに、昨年月に移転増床した九州支店のオペレーションセンターを機能拡大していくことで、地域雇用の拡大や連携を強化し、地域への貢献を図ってまいります。そして、性別・年齢に関わりなく、希望する人が十分に能力を発揮でき、社員が働き続けたいと思えるオフィス環境を実現させることにより、働き方改革の更なる推進のため、最適な施策を実行してまいります。ソフトブレーン・フィールド「サステナブル∞ワークスタイルプロジェクト」 ソフトブレーン・フィールドは、年創業当初より長年にわたり、働く意欲ある主婦を中心とした女性達に「年齢...

2019年1月15日リクルートフィードバック数:0キャリアとスキル

「2019年度中途採用の計画」について調査

...な人事施策を検討している企業は7割・新たに検討している人事施策の上位は「テレワーク」「兼業・副業の容認」「地域限定社員の導入」・新たに活用を検討している採用手法の上位は、「オンライン説明会・面接」「AI選考」で、テクノロジー活用に積極的解説2019年、企業は求職者の多様な働き方に寄り添った施策に意欲2019年度に中途採用人数を増やす計画の企業は3割を超えました。売り手市場の採用環境の中、新たな人事施策の実施に意欲のある企業は7割以上。「テレワーク」「兼業・副業」「地域限定社員」といった項目が上位に並び、多様な働き方・ライ...

就業中のスマートフォン操作に関する意識調査

...ォンを活用するかどうかは職務内容によっても様々で、意識の差から職場でのトラブルに発展しているケースもあります。社員教育でも、スマートフォンやタブレットを使用して業務の空き時間に動画を視聴して学習するマイクロラーニングが働き方改革の流れを受けて急速に普及してきており、今後更なる普及が見込まれています。企業は、就業中のスマートフォン操作について、きちんとガイドラインを策定していくことが求められます。」とコメントしています。マイクロラーニングについて詳しくはこちらをご覧ください。 https://www.cicombrains.com...

2019年1月10日サイボウズフィードバック数:0キャリアとスキル

今年の新成人400人に聞く「理想の働き方」に関する調査

...2019.01.09今年の新成人400人に聞く「理想の働き方」に関する調査[調査概要]約8割が「プライベート重視の働き方」志向地元志向の新成人※地元志向で地元が東京の方は「東京で」と回答大企業選択者では「尊敬できる上司がいる」「多くの人と出会える」中小企業を選択した人では「定時で帰りやすい」「比較的仕事がそう」、公務員を選択した人では「しっかり基礎が身に着けられる」が、平均より高い傾向となりました【図5-2】。理想の社会人は・・・?である孫氏、堀江氏、前澤氏が名を連ねました。過去...

2019年1月10日エン・ジャパン★★フィードバック数:0社会/政治

1万人が回答!「ダイバーシティ」意識調査

...者が抱く具体的なイメージもご紹介します。【図6】職場におけるダイバーシティの促進のために必要なことは何だと思いますか?(複数回答可)ダイバーシティが進んだ職場に抱くイメージ・ダイバーシティが認められれば、雇用の幅が拡大されて、人手不足が解消し、職務改善等に繋がっていくと考えられます。また職場にも新しい風が吹き込み、活性化されると思います。(27歳男性)・あらゆる視点を持った人が働き、様々な意見が出ることで、ぶつかる事も増えそうだが、お互いが相手を尊重する意識を持つことができれば、今までになかった考え方や働き方が生まれ、多く...

2019年1月10日ジャストシステムフィードバック数:0ライフスタイル

20~30代に聞くフィットネスジム利用実態調査【ジム男子&女子編】

...ら手をつけていいかよくわからない、なんて悩んでいません... 1、皆さんもこんな経験をよくしませんか? 最近、こんな体験をしました。それは、中古車アプリでの体験。買うつもりもない中... 【記事要約】 「動画コンテンツ」をSNSで見かけることは、もはや日常的になりました。私はもっぱら料理と猫で... 目次: 働き方改革=残業削減、じゃありません! 働き方改革が必要になった背景とは... 【記事要約】 その昔(もはや)、芸能人が自分のことを発信するWebメディアの主戦場は、「ブログ」でした。元サッカー選手の中... 目次...

2019年1月10日ワークポートフィードバック数:0キャリアとスキル

「外国人社員との働き方」に関する調査

...ワークポートグループは、職種・エリアに特化した転職エージェントです。株式会社ワークポートプライバシーマーク 使用許諾認定事業者 認定番号21000352(04)COPYRIGHT(C) WORKPORT,INC.ALL RIGHTS RESERVED. ニュースリリースHOMEニュースリリース一覧(2018年)ニュースリリース詳細 <転職希望者のホンネ調査>全国の転職希望者を対象に「外国人社員との働き方」に関する調査を実施職場にいる外国人社員の70%は社風や文化に順応管理体制を充実させ「言語...

2019年1月10日キャリコネフィードバック数:0キャリアとスキル

女性社員が働きやすい企業ランキング

...万円/2014年度)4位:リクルートホールディングス 「もともと男女平等の会社。実力、意欲があれば、性別、国籍、年齢などは関係ないというスタンスが制度上はもちろんのこと現場にも浸透している。全社で働き方改革に取り組んでおり、女性社員の育児両立はもちろんのこと、男性のワークライフバランスも浸透している」(法務/20代後半女性/年収500万円/2012年度)「会社として女性管理職を増やそうとする意識が高く、そのために環境を変える覚悟もある。若手女子を集めたキャリアイベントが開催されたり、在宅...

2019年1月9日パソナグループフィードバック数:0社会/政治

新たな在留資格に関するアジア諸国での意識調査

...産業大学学長補佐・法務部法政策学科教授)特長:・幅広い分野の専門家や有識者の英知を結集し研究・提言・知的交流・情報発信を行う・研究型ではなく、自らの問題意識を元に積極的に提言を行う“ドゥタンク(Do Tank)”として情報を発信する活動実績:<活動テーマ>第1回シリーズ「これからの働き方改革」(2018年4月~6月)第2回シリーズ「ツーリズムと地方創生」(2018年7月~10月)第3回シリーズ「規制改革とベンチャー」(2018年11月~2019年1月)※予定<提言・レポート> https...

2019年1月8日パーソル総合研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

介護業界の離職経験者1,600人に対する調査

...業界を去った介護職経験者を呼び戻すには、給与・報酬の改善を前提としながらも、働きやすい職場づくり、環境づくりも不可欠であることが窺えます。復職にあたって希望する給与水準(月額)は、いずれの性別・年代においても離職時の水準よりも高く、平均するとプラス5.7万円でした。働く上で給与・報酬が重要なポイントであることは間違いありません。しかし、3で述べたように、介護職の中で給与はあくまでキャリアとの関係性の中で問題視されているため、単に給与を改善するのではなく、働き方やキャリアと連動した形で給与体系を整えることが、介護...

CAREER INDEX転職・仕事実態調査vol.23

...雇用労働者と非正規雇用労働者の間の待遇格差も数値なって表れています。「働き方改革」「ダイバーシティー」が時代のキーワードとして闊歩する中、『産休・育休制度実績あり』の求人はまだまだ少ないのが現状と言えるでしょう。2018年10月の有効求人倍率は1.62と高い状況が続いていますが、人材を募集している企業は『産休・育休制度実績あり』を打ち出すことで、今以上の求人応募を集めることが出来るのではないでしょうか。キャリアインデックスでは今後も様々な調査結果を発表していきます。どうぞご期待ください。■求人広告の営業支援サービス「Leadle(リードル )」についてURL...

2019年1月8日キャリコネフィードバック数:0キャリアとスキル

30代が働きやすい企業ランキング

...)「適度にアットホームな雰囲気がありますし、そのなかで少しは厳しい部分もあります。部署にもよりますが適度に飲み会などもありました。残業も規制があるのでそこまで過酷な労働環境にはなかったです」(機械設計/30代後半男性/年収750万円/2013年度)5位:パナソニック 「働き方改革で残業をなるべく減らすような取り組みがなされています。上司も率先して早く帰っています。研究所は働く時間に関して比較的本人に裁量があり、ほとんど残業しない人もいれば、30時間程度する人もいます。休日出勤については、どう...

2018年12月28日マクロミルフィードバック数:0ライフスタイル

働く大人のランチ事情

...ランチの実態は?求めることは何?都心で働く男女のランチ事情を調査(マクロミル調べ) 株式会社マクロミル(本社:東京都港区、代表執行役グローバルCEO:スコット・アーンスト)は、旬な情報や話題のネタについてアンケートを行い、ニュースレター「HoNote通信」として調査結果をお届けしています。vol.163のテーマは「働く大人のランチ事情」。働き方改革が推進され、以前に比べて休憩時間をしっかり取れるようになったという企業やそうでない企業もまだあるかもしれません。ラン...

20代の金銭感覚についての意識調査2018

...到来に向けての法改正の動きや、緩やかな景気回復・雇用環境の改善、働き方改革の推進による消費機会の増大などは、若年層の消費意欲を着実に刺激している可能性があります。雇用機会の拡大や底堅い景気の状況などが、毎月のお小遣い額の増加や、安心できる貯蓄額・実際の貯蓄額の減少の要因となっているのではないでしょうか。Q.仕事をリタイアする年齢までに貯蓄がいくらあれば安心できるか?(数値入力回答:_万円で安心)フリマアプリの登場により、気軽に物品を売り買いできるようになりましたが、最近では、フリ...

2018年12月28日パーソルキャリアフィードバック数:0キャリアとスキル

「転職」「キャリアアドバイザーの利用」についての調査

...人が経験していることが判明しました。一方で、「終身雇用」という働き方が少なくなり、「人生100年時代」が到来しているなど、従来通りの働き方が難しくなる可能性があります。個人にとって「はたらく」についての不安や悩みが多様化・複雑化し、自分だけでは答えが出しにくい状況と言えます。こうした「はたらく」に迷う時代だからこそ、相談相手が必要になってきており、転職サポートのプロであるキャリアアドバイザーを利用し、悩みを解決する人も増加しています。現に、キャリアアドバイザーを利用して転職活動をした約7割(67.6%)の人は、転職...

2018年12月28日アンテリオフィードバック数:0企業情報システム

「MRからの定期的なメールによる情報提供の実態」について調査

...に症例ベースのディスカッションを行うなどといった双方向のコミュニケーションが求められているとも言えます。[考察] 製薬企業・医師双方の課題解決のために、最適なアプローチを今、製薬業界は再編の時期を迎えている。厳しい訪問規制や薬価改定を端緒としたMRの生産性向上への対策に加え、働き方改革の推進も求められている。もちろん医師側の働き方改革も見過ごすことはできない。専門医制度の見直しや高齢化に伴う需要の変化などへの対応が求められており、中でも労働環境の整備や負担の軽減が喫緊の課題である。メールによるアプローチは、製薬企業・医師双方の課題解決のために非常に有用である。しかしながら、今後...

2018年12月28日キャリコネフィードバック数:0キャリアとスキル

教育系職種の働きやすい企業ランキング

...退社キャンペーン」や勤続10年ごとに年間10日間の休暇と旅行券を支給するといった取り組みにより社員満足度を高めるなど、働き方改善に関する取り組みが評価されています。「生徒とのコミュニケーションをとりつつ、とてもやりがいのある仕事でした。生徒の成績があがると、とてもやる気になります。しかし実際、うまくコミュニケーションを取れない生徒も出てきたため、全てがうまくはいきません。それなりの関係性を保ち、生徒とうまくやることが大切だと思います」(教師・インストラクター/20代前半女性/年収250万円/2014年度)「社員...

2018年12月28日DISCOフィードバック数:0キャリアとスキル

海外大生が選ぶ就職希望企業ランキング2018

...では「若手が活躍できる」、アマゾンでは「将来性がある」が比較的上位に来ているのが特徴だ。 海外大生はどのような職業観をもっているのだろうか。 同対象に理想の働き方に関してもたずねた。その中から特徴的な3つを紹介したい。「出世や名をあげることに興味がある」と考える留学生は7割(71.1%)を超え、「出世には興味がない」(34.2%)を大きく上回った。有名企業や一流企業を志望していることと考え合わせても、野心的な学生が多いことがわかる。異国の環境下で様々は課題と向き会い、常に...

人生の満足度に関する調査2018

...の調査結果と比較し、「収入が安定している」を回答した割合の変化を男女別にみると、男性では2017年3.9%→2018年11.0%と7.1ポイントの上昇となりました。 性年代別にみると、20代男性では2017年0.0%→2018年14.3%と14.3ポイント上昇しました。共働き夫婦の増加や働き方改革の推進を背景に、男性が抱く家庭での役割意識に変化が生まれているようです。【第2章:2018年、人生の満足度を上げてくれたモノ・コト】2018年を振り返った満足度 「今年一年の生活に満足」39%、生活満足度は西高東低の傾向 今年...

2018年12月28日チームスピリットフィードバック数:0ビジネス

働き方改革関連法に関する企業の対応実態調査

...半数近くの企業が働き方改革関連法対応に未着手 〜 チームスピリット「働き方改革関連法に関する企業の対応実態調査」を発表 2018年6月に成立した「働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律案(以下、働き方改革関連法)」が2019年4月に施行されるのを控え、株式会社チームスピリット(東京都中央区、代表取締役社長:荻島 浩司、以下 チームスピリット)では、2018年10月に「働き方改革関連法に関する企業の対応実態調査」を実施しました。調査の結果、半数近くの企業が働き方改革...

健康と運動に関する意識調査

...クスタイルプロジェクト」とは?(※1) ソフトブレーン・フィールドは、年創業当初より長年にわたり、働く意欲ある主婦を中心とした女性達に「年齢・時間・場所の制約がない柔軟な働き方」を提供している背景から、年月日に「サステナブル∞ワークスタイルプロジェクト」を発足しました。国連で採択された年までの国際目標「(/持続可能な開発目標)」の考えに基づき、企業および働く人にとって、無理・無駄なく、持続可能な働き方こそ、企業の生産性が向上し、本当の働き方改革の推進につながると考えます。 働く(社会とかかわる機会・社会参画)=見守...

2018年12月27日uni’queフィードバック数:0ライフスタイル

オフィスネイルに関する調査

...規モバイル事業の立ち上げに10年以上携わり、多数の実績を持つ。「全員複業スタートアップ」を掲げ、働き方改革・雇用面でも女性の活躍にチャレンジしながら、女性の感性を活かして事業創出を行う。東洋経済「すごいベンチャー100」選出。バンダイナムコアクセラレータプログラム採択◆代表:若宮和男についてuni'que代表、ランサーズProduct Value Manager(タレント社員)、日経COMEMOキーオピニオンリーダー、コアバリューファシリテーター、アート思考メディエーター、一級建築士。建築士としてキャリアをスタート。その...

2018年12月27日あしたのチームフィードバック数:0キャリアとスキル

中小企業の女性の働き方に関する調査

...>> 結婚・出産・育児後の職場復帰意向は6割だが、「将来管理職になりたい」はわずか1割全体での女性管理職割合は7.05%「プライベートと両立しやすい働き方」と「働き方に合った人事評価制度」が全社員のやりがいのカギ?AIを活用した人事評価クラウドで中小企業の働き方改革をサポートする株式会社あしたのチーム(本社:東京都中央区、代表取締役会長:髙橋恭介、以下「あしたのチーム」)は、中小企業の経営者および従業員を対象に女性の働き方に関するインターネット調査を実施いたしました。その結果、経営...

2018年12月27日キャリコネフィードバック数:0キャリアとスキル

クリエイティブ職が働きやすい企業ランキング

...日制(子育て・介護中の従業員が対象)も導入しており、「労働時間の満足度」「ストレス度の低さ」などで1位となっています。「子育て優先で時短勤務をされている方も多くいます。上長も子育て世代の方だったりと理解のある方が多いです。また、会社全体も残業せずに早く退社することを推奨しているので、時短で早く帰ることもあまり気にすることなく働くことができています。ママ社員同士、ランチの時間などに子育てや働き方の悩みも共有しやすいです」(Web関連職/40代前半女性/年収500万円/2017年度)2位:リク...

2018年12月27日オールアバウトフィードバック数:0社会/政治

「親の介護」に関する調査

...上を合算すると75.2%となり、多くの人が急に親の介護をはじめることになり、しかも長期にわたって介護を行っている実態が明らかとなりました【グラフ3】。“掛け持ち介護”が当たり前、介護と仕事、子育ての両立の実態介護時に就業していた3割が「職場と働き方の調整」が必要に女性の”介護離職”は2割で、男性の3.5倍約7割は子供がいる世帯。うち約3割は未成年の子育てとの両立も次に、介護期間中の自身の就業状況について尋ねたところ、男性の83.6%、女性の60.7%が働いていたと回答【グラフ4】。「仕事をしていた」と回...

2018年12月27日キャリコネフィードバック数:0キャリアとスキル

人材サービス業界の残業が少ない企業ランキング

...は多くもなく少なくもなく、休日出勤もほとんどないので良いのでは? 無給での勉強会はあるが、意識の高い人ならあまりそういったことにこだわらないと思うので、不満はないと思う。基本的にはお客様の都合によるところもあるので、そういった働き方ができる人なら問題ないと思います」(研究開発/30代前半男性/年収450万円/2016年度)5位:ネオキャリア(残業26.8時間/月)「残業や休日出勤は必要ありません。しかし、仕事が終わらない場合は休日に出勤する人も出てくるでしょう」(代理店営業/20代前半男性/年収300万円/2015年度...

2018年アルバイト・パート 仕事探しの情報源に関する調査

...年リクルートフロムエー(現リクルートジョブズ)に入社。「FromA」「FromA_NAVI」「タウンワーク」「とらばーゆ」「ガテン」などリクルートの主要求人媒体の全国統括編集長を歴任。 2014年株式会社ツナグ・ソリューションズ取締役に就任。2015年ツナグ働き方研究所を設立、所長に就任、今に至る。著書に『非正規って言うな!』『サービス業の正しい働き方改革・アルバイトが辞めない職場の作り方』(クロスメディアマーケティング)がある。 この記事を読んだ人は、こんな記事も見ています...

働く女性の時間の使い方に関する意識調査

...のことを同時にできる」%と続く。  「働き方改革」は避けては通れない課題になりつつあり、様々な施策や取組みが実践されていますが、そのカギを握る大きな要素の一つは、「時間との上手な付き合い方」ではないでしょうか。フィールド・クラウドソーシング事業を展開するソフトブレーン・フィールド株式会社(本社東京都港区、代表取締役社長:木名瀬博)が推進するサステナブル∞ワークスタイルプロジェクト(ライフステージが変わっても持続可能な働き方※1)第8回目は、「働く女性の時間の使い方に関する意識調査」を実施しました。アンケートの対象は、当社...

2018年12月26日キャリコネフィードバック数:0キャリアとスキル

コンサルティング業界の残業が少ない企業ランキング

...が著しく落ちることもそこまでなかった。休日出勤もない。プロジェクトによっては忙しいところもあるといってうまく言い逃れてたところは今まであったが、それすら許されない雰囲気があると感じている。大きな改善」(財務コンサルタント/30代前半男性/年収700万円/2017年度)「世間で思われているような残業や休日出勤はなく、最近は働き方改善に力を入れている。残業時間の短時間化とそれに伴う管理職への労働管理を徹底し始めた。単純に『労働時間を減らせ』というのではなく、『どのようにしたら生産性の高いスマートな働き方ができるのか』『他の...

2018年12月26日オリジナルラボフィードバック数:0キャリアとスキル

働き方改革についてアンケート調査

...11月23日はワーク・ライフ・バランスの日。働き方改革についてアンケート調査!「勤務先ののワークライフバランスは?」 1枚からWeb上でオリジナルTシャツが作れる「TMIX(ティーミックス)」は、話題のネタや様々なイベントについてアンケートを行い、調査結果をお届けします。この度、11/23のワーク・ライフ・バランスの日に合わせて、働き方や生活との両立に関するアンケート調査を行いました。(調査方法:インターネットリサーチ、調査対象:10代〜60代男女、調査日:2018年10月25日)アン...

2018年12月26日Schooフィードバック数:0キャリアとスキル

内定者向け研修についてのアンケート

...一人ひとりの潜在した可能性に出逢い、成長の機会を自発学習にお役立ていただけます。■Schoo(https://schoo.jp/)について株式会社スクーが2012年から運営している、学べる生放送コミュニケーションサービス。「未来にむけて、社会人が今学んでおくべきこと」をコンセプトに生放送授業を毎日無料提供しています。学習ジャンルは、働き方・お金・健康に関することをはじめ、すぐに使えるビジネススキル・ITスキル・経済・ニュース・思考法・文章術など幅広く提供。全4,700以上の録画授業見放題に加えて会員限定の生放送も視聴できる「新プ...

2018年12月26日キャリコネフィードバック数:0キャリアとスキル

マスコミ業界の残業が少ない企業ランキング

...本印刷というと残業で有名なブラックという印象は強いが、他のメーカーとたいして変わらないし、もしかしたら、平均よりも早く帰れているかもしれない」(法人営業/20代後半男性/年収300万円/2015年度)5位:リクルートライフスタイル(残業38.3時間/月)「働き方改革によって、労働時間管理はかなり厳しくなっている。早く帰るやつは偉いという空気が強くなっているため、帰りやすい環境にはなっている」(マーケティング・企画/30代前半男性/2018年度)「残業:月30時間くらい。休日出勤の状況:なし。バランスよく働けるのでオンオフがしっかり」(代理店営業/20...

2018年12月26日日本財団★フィードバック数:0キャリアとスキル

「18歳の意識調査」の第4回として「働く」について

...イベートを充実させたい」「ワークライフバランスを重視」「子育てと両立させたい」など、プライベートを重視しつつ仕事と両立させたいという理由が多い。「こだわらない」と回答した理由は、 「やりがいを感じられれば良い」「仕事ができれば環境はあまり関係ない」といった、仕事ができるのなら働き方はこだわらないという意見や、 「こだわらない方が仕事の選択肢がある」「そのときによっても変わると思うから」など。▼働き方理由「自由回答集」 https://www.nippon-foundation.or.jp/what/projects...

【2018年最新】社内改革の取り組みとして行っていること

...的な試みについて調査してみました。 今、社内改革に取り組む企業が年々増えてきております。背景には働き方の変化による人材の流出からなる人手不足が挙げられます。年功序列や終身雇用といった制度から、実力主義に基づいた社会となり、能力のある者にはどんどん次のステージが用意されているといった現代では、最早転職による離職は避けられないでしょう。また、考え方の多様性が認められている現代において、働き方もまた多様性が認められており、様々な働き方が社会から、会社から認められています。そう...

2018年12月26日ワークポートフィードバック数:0キャリアとスキル

【副業】に関するアンケート調査

...代の男女417人に聞いた結果80.0%近くの人が、副業について「興味ある」と回答しました。2018年1月に、働き方改革の一環として厚生労働省が、モデル就業規則から副業・兼業を禁止する規定を削除して以来、世の中には一気に副業解禁の動きが広まりました。2018年は「副業元年」とも言われていますが、11カ月経ちだんだん副業解禁が浸透し、関心が高まっていることがわかる結果となりました。■77.9%が本業と違う職種を希望 理由には転職を見込んでの副業も副業に興味があると回答した79.1%の人に「副業...

2018年12月26日矢野経済研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

人材ビジネス市場に関する調査を実施(2018年)

....将来展望2018年度の人材ビジネス主要3業界(人材派遣業、人材紹介業、再就職支援業)の市場規模は事業者売上高ベースで前年度比11.1%増の7兆4,571億円、業務特化型6業界(技術者派遣ビジネス、営業・販売支援人材ビジネス、ネット転職情報サービス、アルバイト・パート・派遣求人情報サービス、製造派遣・請負ビジネス、医療人材サービス)の市場規模は同10.3%増の4兆1,130億円を予測する。人材関連サービスはこれまでも景気や法規制によりビジネスのあり様が大きく変わってきた経緯があるが、現在議論されている働き方改革...

2018年12月26日キャリコネフィードバック数:0キャリアとスキル

カスタマーサポートが働きやすい企業ランキング

...の丁寧さとスピードを重視する同社では国内でのサポートにこだわり、国内にあるコールセンターにて、カスタマーサポートを行います。社員の約9割はフリーアドレス制(固定席ではなく好きな席で自由に仕事をする制度)やフレックスワークプレイス制(決まった勤務場所ではなく好きな場所で仕事をする制度)を活用。社員が自分のライフスタイルに合わせて、働き方を選択しやすい体制を整えています。「基本的には完全フレックスタイム制を導入。月末時点でトータルの就業時間がマイナスになっていなければ、コア...

2018年12月21日IDC★フィードバック数:0ビジネス

「働き方の未来(Future of Work)」の進行状況に関する日本とAPeJ(日本を除くアジア太平洋地域)の比較結果

...「働き方の未来(Future of Work)」の進行状況に関する日本とAPeJ(日本を除くアジア太平洋地域)の比較結果を発表 最新ITを利用した職場の変革を展開済み/展開中と回答した企業は、日本が3割超なのに対しAPeJは6割と、日本の変革の遅れが目立つ 日本では労働力不足の改善や働き方改革のためにITを活用することの重要性が認識されつつあるとはいうものの、ワーカーのデジタルスキル不足やIT部門の人材不足が、変革の遅れの背景にあると考えられる APeJのよ...

2018年12月20日GMOメディアフィードバック数:0キャリアとスキル

働くことに関する調査

...10代女子に「働き方に関する調査」を実施 ~働くお父さん・お母さんに抱く印象は「忙しそう・大変そう」が最多~10代女子に「働き方に関する調査」を実施 ~働くお父さん・お母さんに抱く印象は「忙しそう・大変そう」が最多~ 2018.11.15約4割の子が「大学(学士課程)」を希望、希望する働き方は「正社員」が最多10代女子に「希望する最終学歴」を尋ねたところ、「大学(学士課程)(36.7%)」が4割近くにのぼり、次いで「専門学校(25.0%)」、「高等学校・高等専門学校(21.4%)」とい...

2018年12月20日ランスタッドフィードバック数:0ビジネス

年末年始の挨拶まわりに関する調査

...【ランスタッド・ワークインサイト:年末年始の挨拶まわりに関する調査】 働き方改革で効率化が叫ばれた2018年 年末年始の挨拶まわり デジタル時代のいまだからこそ必要? 意外にも若い世代が肯定派?! ランスタッド株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:猿谷哲)の「働く」と「働く人」の環境にフォーカスした研究機関であるランスタッド・リサーチインスティテュート(RRI)は、日本国内の労働者意識調査「ランスタッド・ワークインサイト」において「年末年始の挨拶まわりに関する調査」を実...

2018年12月19日キャリコネフィードバック数:0キャリアとスキル

管理部門が働きやすい企業ランキング

...などの職種があり、専門知識や経験が必要とされる業務も多くあります。「コーポレート部門」「間接部門」と言われることも。企業の規模や業態などによって業務内容や担当範囲が左右される部分はあるものの、業界や業種を問わずに活躍しやすい点が魅力となっています。働き方改革を推進していく役割も担っていますが、実際に管理部門で働きやすいのはどんな企業なのでしょうか? 「キャリコネ」ユーザーによる評価(総合評価)が高い企業トップ10は以下の通りです。各企業の口コミもあわせてご紹介します。【管理部門が働きやすい企業ランキング】1位:トヨ...

2018年12月19日メイテックフィードバック数:0キャリアとスキル

「残業時間」に関するアンケート調査

...えた人】◇生産性を高めるための取り組みを「行ったことがない」「やり方が分からない」72.0% 【4、エンジニア職(n=1051)】◇「エンジニア」の1ヵ月の残業時間平均値20.8時間、中央値17.0時間◇残業時間が減って嬉しい「一般職」は64.2%、「エンジニア」は43.9%【調査背景】2019年4月より施行が予定されている「働き方改革関連法案」では、長時間労働是正のため時間外労働の上限規制が導入されます。この法案により、労使協定や一部例外を除き、月の残業時間が45時間に制限されることになります。日本...

2018年12月18日キャリコネフィードバック数:0キャリアとスキル

建設業界の残業が少ない企業ランキング

...的に休日数を増やして2021年度末までに「4週8閉所」(週休2日)の実現を目指すという目標を掲げています。竹中工務店のICTを活用した業務の効率化をはじめとして、多くの建設会社が働き方改革に注力。今後は「建設業界は残業が多く、休日が少ないのが当たり前」というイメージが崩れていきそうです。ランクインした企業の口コミをもっと見る ーーーーーーーーーーーーーーーー <調査概要> 「建設業界の残業が少ない企業ランキング」調査対象:『日経業界地図 2018年版』(日本経済新聞出版社)の「建設」に記載があり、対象期間中に「キャ...

2018年12月18日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2018年10月度)

...にいこうかと悩んでいると... 【記事要約】 この記事ではSNSマーケティングの側面のひとつである「口コミ」「リファラル」について、その「本質」を調査結果... 【記事要約】 この記事では、SNSマーケティングにおける、最新のアカウント運用事例やキャンペーン事例、SNS広告の現状... ユーザーの「声」を企業の商品やサービスに活かす手法である口コミマーケティング。SNSなどの普及で今や個人がメディアを持つこと... 目次: 働き方改革=残業削減、じゃありません! 働き方改革が必要になった背景とは... 【記事要約】 2016年...

2018年12月18日ディップフィードバック数:0社会/政治

定年後の働き方についてのアンケート調査

...> 定年後の働き方について|みんなの声レポート 「定年後の働き方」について 昨今、高齢化が進み、定年の年齢引き上げや定年後の再雇用が謳われています。定年後に何をしたいか、また定年後の再就職にはどんなことを不安に思っているか、更には定年を設けるべきかどうかも詳しく伺いました!ご自身の将来の参考になればと思います。(有効回答数:1451) 定年後も働きたいと思いますか? 「働きたい」が約6割と「働きたくない」の約3倍 約6割の方が「働きたい」と回答しました。「働きたくない」と回...

2018年12月18日キャリコネフィードバック数:0キャリアとスキル

技術職が働きやすい企業ランキング

...は研究開発費に約5000億円を投じる見込みで、開発体制の強化に注力。2019年3月卒業予定の新卒以降、コース別採用を開始。技術系に関しては、ソフトウェア領域に携わる「モビリティソフトエンジニアコース」、生産技術職の採用を目的とした「モノづくりエンジニアコース」、配属先を限定しない「ポテンシャルコース」があります。働き方改革に関しては、オフィス部門の全社員約2万人にテレワーク制度の対象を拡充。項目別にみると、「やりがい」「給与の満足度」が高い結果となりました。「給料は、メーカーのなかでは、トップクラスです。十分...

2018年12月17日インテリジェンスフィードバック数:0キャリアとスキル

転職求人倍率レポート(2018年10月)

...経歴書をアップデートするなど、現在の仕事内容や働き方を見直す時間を作ってみてもよいかもしれません。 転職求人倍率の定義「転職求人倍率」は、dodaエージェントサービスの登録者1名に対して、中途採用の求人が何件あるかを算出した数値です(小数第三位を四捨五入)。【算出式】転職求人倍率=求人数(採用予定人数)÷転職希望者数【求人数】①当月中に新たに登録された新規求人数(採用予定人数)と、②前月からの繰越求人数(採用予定人数)の合算。【転職希望者数】 ③当月中に新たに登録した新規登録者数と、 ④前月...

2018年12月17日ビースタイルフィードバック数:0キャリアとスキル

ブランク3年以上/主婦採用調査 2018年10月

...に合わせた価値を創造する(best basic style)』を企業理念とし、現代の働き方・キャリアについての矛盾を解決するための事業を『主婦』に焦点を当てて展開しています。事業を通じて『主婦』がより活躍できる機会をつくり、社会システムの変革を実現します。 このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。 メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。 ※内容はプレスリリースにより異なります。 プレスリリース >ビースタイル >【ブランク3年以...

2018年12月17日あしたのチームフィードバック数:0キャリアとスキル

中小企業の人事評価制度構築・運用に関する調査

...>> ~中小企業の人事評価制度構築・運用に関する調査~ 社内だけでは評価の公平性に不安?4割が外部コンサルタントへの依頼を視野に。新たな人事評価制度構築・運用支援への期待もAIを活用した人事評価クラウドで中小企業の働き方改革をサポートする株式会社あしたのチーム(本社:東京都中央区、代表取締役会長:髙橋恭介、以下「あしたのチーム」)は、企業の人事評価制度の構築・運用に関するインターネット調査を実施いたしました。その結果、外部コンサルタントへ依頼せず自社で人事評価制度の構築・運用...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ