調査のチカラ TOP > 特集一覧 > データがいっぱい:テクノロジー×人材

データがいっぱい:テクノロジー×人材

世間の注目が集まる分野には調査データが増加します。「テクノロジー×人材」については、関連調査データもぐっと増えています。

2018年8月14日ウィンスリーフィードバック数:0マーケティング

現場推進力の核となる「~34歳」までの若手マーケターにおける“今、そしてこれから”の職場志向が浮き彫りに

...も転職していない層も一定数存在していることがわかった。 デジタル職という比較的テクノロジーの進化が早く、 人材不足が顕著な職域であることで、 よりスキルアップと待遇面での向上を求めて職場を積極的に変わる属性であることが裏付けられたと言えよう。現在の勤務先への満足度は「低い・かなり低い」を足すと40%以上であるものの、 過半数以上はある程度の満足度で納得しているケースが多い。 満足度を左右するのは仕事内容の充実さにあると言え、 満足度の高い回答者は「仕事内容」をその最たる理由とし、 満足度が低かった回答者もまた「仕事内容」をそ...

2018年8月13日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内ITサービス市場ベンダー 売上ランキングを発表

...積極的な取り組みに加え、従来型のSIやテクノロジーアウトソーシングの着実な拡大により、全サービスセグメント、全産業分野において2桁成長を示し、3年連続の売上額成長率1位となりました。国内ITサービス市場では、第3のプラットフォームや、その上で展開されるコグニティブ/AIシステムやロボティクスなどのイノベーションアクセラレーターの活用が実用段階にシフトしつつある一方で、第2のプラットフォームに対する需要も根強く残り、そのためもあって人材不足はますます深刻化しています。「顧客が求めるゴールを正しく認識し、新しいテクノロジー...

2018年8月1日デルフィードバック数:0ビジネス

女性起業家の育成能力が高い世界都市ランキング

...起業家が魅力を感じる業種、およびそれが資本およびテクノロジーの利用状況へどのように影響しているか・ランキング上位の都市における資本へのアクセスおよびテクノロジーの使い方の違い「WE Cities」上位50都市および調査方法過去6年間にわたりデルが行っている、高いポテンシャルを有する女性起業家(HPWE)に関する調査を踏まえ、対象の各都市を重要な5つの特性(資本、テクノロジー人材、文化、市場)に基づいてランキングしました。これらの特性は、「運営環境」と「実現環境」の2つのグループに分けられています。総合評価は72の指...

フレキシブルな働き方に関する意識調査

...代表の西岡真吾は、次のように述べています。「テクノロジーやデジタルの進歩によって、ビジネスを取り巻くサービスは多様化しています。ビジネスにおけるオンデマンドサービスの種類が増え、利用が拡大していることがわかります。大小あらゆる規模の企業が、非コア業務をさらにアウトソースしたいと考えているのです」「プロフェッショナルでオンデマンドなワークスペースネットワークによって、時間や場所にとらわれない、フレキシブルな働き方が可能となりました。さらに、ワークスペースにとどまらず、ビジ...

2018年7月20日アドビ システムズ★★フィードバック数:0キャリアとスキル

アドビ調査、就職人気企業の採用担当者が重視するのは、「クリエイティビティ」と「デジタルリテラシー」

...にはなかったような対応策や解決策を見つけ出し、実際の行動に移す一連のプロセスです。本調査を通して “創造的問題解決能力” を構成する6つのスキル、1.「課題発見能力」、 2.「課題解決方法の発想力/着想力」、3.「情報分析能力」、 4.「デジタルリテラシー(ITツールを使いこなせる能力)」、 5.「クリエイティビティ/創造性」、 6.「プレゼンテーションスキル」について検証した結果、学校教育において「クリエイティブな学び」が今後より重視されていく傾向があることが分かりました。就職人気企業は、より「クリエイティビティ/創造性」などを重視する傾向に昨今のテクノロジー...

2018年7月10日EY Japanフィードバック数:0ビジネス

地政学的な不確実性はあるが日本企業のM&A取引への意欲は高い水準を維持

...を採用していく中で、日本企業とグローバル企業(※4)の双方の経営層の半数以上が新テクノロジーに対応できるスキルを持った人材の採用に苦労していると回答しており、日本企業では経営層の82%が、M&Aを行う主な戦略的理由として、優秀な人材の獲得を挙げています。 スミスは以下のように述べています。「デジタルトランスフォーメーションによって、日本企業はますます事業ポートフォリオの変革に意識を集中するようになっています。現在のところ、新しいテクノロジー...

2018年6月29日日経BPフィードバック数:0マーケティング

日経クロストレンド「マーケティング実力ランキング300」

...業創造などの情報を提供するデジタルメディアです。デジタル・テクノロジーの進化などで様変わりする企業の新商品開発、マーケティング戦略、事業戦略の最前線をデータと実例をもとに詳報。「売れる商品」「サービス開発」の勘所を解き明かします。対象は企業の経営企画、新事業開発、商品企画・開発、システム、マーケティング、営業、顧客窓口など幅広いビジネスパーソンの皆様。Webサイト・スマホサイトを中心にお届けしています。■本リリースのお問い合わせ先 このリリースに関するお問い合わせは、日経クロストレンド(電話03-6811-8916)に、取材のお申し込みは、日経...

2018年6月26日ヘイズ・ジャパンフィードバック数:0キャリアとスキル

転職活動でのスマホ活用実態調査

...タル・テクノロジー、ファイナンス・テクノロジー、人事、インフォメーション・テクノロジー、保険、法務、ライフサイエンス、マニュファクチャリング、マーケティング・デジタル、オフィス・プロフェッショナル、不動産、サプライチェーン、営業)に精通した経験豊富なコンサルタントが、「正社員紹介」「契約・派遣社員」「採用アウトソーシング(RPO)」「ITソリューションズ(業務委託)」の4つのサービスを提供し、企業の人材採用と個人のキャリアアップを支援しています。 このプレスリリースには、メデ...

2018年5月30日KPMG★フィードバック数:0ビジネス

KPMGグローバルCEO調査2018

...の経営モデルの抜本的な変革を率いていく準備が個人的にできている」と回答した日本のCEOは47%。海外企業のCEOと比較すると、準備できていると回答した日本CEOの割合は低い。事実よりも洞察を重視する顧客の要求が絶えず変化し、かつテクノロジーの状況が常に流動的な中、機動性と洞察は非常に重要となります。59%のCEOが、経営の機動性が企業の存続を左右すると考えており、対応が遅ければ破綻すると見ている。半数以上(51%)のCEOは、過去データの分析と比較して、予測分析の正確性は低く、ソーシャルメディアの情報源が最も信頼性が高いと感じている。CEOの67%は、過去3...

2018年5月30日Teradata★★フィードバック数:0マーケティング

アナリティクスのクラウド移行に関する企業調査

...リティクスのパブリック・クラウドへの移行はもっと速いペースで進むべきであると回答しています。調査によると、アナリティクスのクラウドへの移行に対する最大の障壁として認識されているのは、セキュリティ(50%)、利用可能なテクノロジーの低パフォーマンス(49%)、法規制順守(35%)、信頼の欠如(32%)という結果になりました。その他の懸念事項は、テクノロジーの統合と人材の問題に集中しています。回答者の30%がレガシー・システムとクラウド・アプリケーションの接続に苦慮している一方で、29%が社...

2018年5月14日グループエムフィードバック数:0マーケティング

2018年にオンラインメディアの視聴時間が従来型TVを上回る

.../Sixおよびアウトカムドリブン・プログラマティックオーディエンス企業のXaxisなどWPPメディアエージェンシーのための世界をリードするメディア投資マネジメント企業である。世界の大手広告主による1080億ドル以上の年間メディア投資額を担うグループエムのエージェンシーは、メディア市場と消費者層に対する他の追随を許さない知見で顧客に優位性を提供する。グループエムは、業界の専門知識、データ、テクノロジー、アドレス可能なテレビ、コンテンツ、スポーツなどの一連の専門サービスを供給して、エー...

2018年5月8日ServiceNow Japanフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

情報セキュリティに関する国際調査 日本企業の半数以上がセキュリティレスポンスの自動化の採用や強化を検討

...非営利の国際IT専門団体であるISACAによると、2019年までに情報セキュリティ専門家が200万人不足すると予測されています。また、日本の70%(世界9カ国平均で64%)の回答者が、今後12カ月で脆弱性対策パッチの適用のための情報セキュリティ担当者を雇う予定であると回答しています。しかしその一方で、日本では、人材不足が深刻で特にIT人材の採用が困難となっている実情がある中、企業の間では新たなアプローチの活用が始まっています。実際に、セキュリティレスポンスに関するテクノロジーとして、脅威...

2018年5月3日フォーサイトフィードバック数:0社会/政治

1,442名を対象にした「10年後のAI、現在のAI」に関するアンケート

...ニングをいち早く取り入れるなど、学習環境の向上や更なるサービスの充実を図り、理想とする「学び」のあり方を追求してきました。現在、一人ひとりに合った環境を提供することで、より楽しく有益な「学び」を実現するために、様々な分野で活用の可能性が広がるAIテクノロジー(技術)に着目。最新のAIテクノロジーを使った学習のパーソナライズ化に向け、研究を進めています。 ・関連プレスリリース「資格試験対策の学習指導 AIで分析、提案」 https://goo.gl/nFxkTt■AIに関するアンケート調査概要・調査方法 :イン...

2018年5月1日フォーサイトフィードバック数:0社会/政治

1,442名を対象にした「10年後のAI、現在のAI」に関するアンケート

...ニングをいち早く取り入れるなど、学習環境の向上や更なるサービスの充実を図り、理想とする「学び」のあり方を追求してきました。現在、一人ひとりに合った環境を提供することで、より楽しく有益な「学び」を実現するために、様々な分野で活用の可能性が広がるAIテクノロジー(技術)に着目。最新のAIテクノロジーを使った学習のパーソナライズ化に向け、研究を進めています。 ・関連プレスリリース「資格試験対策の学習指導 AIで分析、提案」 https://goo.gl/nFxkTt■AIに関するアンケート調査概要・調査方法 :イン...

2018年4月27日アクセンチュア★★フィードバック数:0社会/政治

アクセンチュア最新調査―男女のキャリア平等と賃金格差の縮小を実現するには、企業文化の変革がカギ

...者は、企業全体の文化の方向性を決めるにあたり、大きな影響力を持ちます。また、女性の活躍を促進するには、男女のキャリア平等を経営上の戦略的優先事項に設定することが求められます。全ての人が公私共に活躍できる環境――つまり、誰もが日々疎外感を感じることなく、自分らしくいられる場所――を企業内に築くことが何より重要です」アクセンチュアは2017年、男女間の賃金格差解消を促す、3つのキャリア構築の加速要素(デジタル活用力、キャリア戦略、テクノロジーの習得機会)を特定しました。今回のレポートでは、キャ...

2018年4月18日セーフィーフィードバック数:0キャリアとスキル

飲食・小売店の人手不足を支える防犯・監視カメラ利用の実態調査 93.3%の店舗がレジ上にカメラ設置

...ズに応じて自由に選べる録画可能プラン・動体検知や音声検知、通信の切断検知機能で安全安心を提供・シェア機能や、映像のクリッピング機能が充実・クラウド映像プラットフォームなので、他事業者・他サービスとのAPI連携が容易・オンラインバンキング並みのセキュリティでハッキングの危険がなく安全・安心−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− セーフィーはテクノロジー...

2018年4月11日カオナビフィードバック数:0キャリアとスキル

仕事の目標を達成するための意外な秘訣とは!?「仕事ができる人」への近道は、社内の人の顔と名前を覚えることだった!

... 5F設立 : 2017年12月所長 : 内田 壮研究領域 :・HRテクノロジー(IT、新技術を用いた人事・組織施策)・ピープルアナリティクス(人材データの分析・活用)・組織・人事課題の解決活動内容 :・「HRテクノロジー」「ピープルアナリティクス」における調査・研究およびレポート等による情報発信・人事・組織に関する調査・研究・情報発信・産学連携による共同研究※従業員のデータを収集・分析し、その結果を社内環境の整備や業務の効率化、人材マネジメントに生かす手法のこと。■株式...

2018年4月5日経済産業省フィードバック数:0ビジネス

大学発ベンチャーに関する調査結果

...づくり(ITハードウェア除く)、環境テクノロジー/エネルギー科学・素材等の自然科学分野(バイオ関連除く)、IT(ハードウェア)の順に多いことが分かりました。(下図参照)3.大学発ベンチャーデータベースの構築・運用本調査で得られた大学発ベンチャーの情報を基に、大学発ベンチャーデータベースを構築し、運用を開始しました。本データベースは、大学発ベンチャーの基本情報や関連特許、人材、資金等の情報を掲載しております。本データベースが大学発ベンチャーと関連する事業者のマッチングを促進させ、大企業、アクセラレーター、ベンチャーキャピタル等から大学発ベンチャーへの人材...

「ロボットは仕事を奪うのか?」‐デジタルとの共存による「攻めの働き方改革」のススメ‐

...の働き方改革」。もう一つは、デジタルワークフォースとヒューマンワークフォースが上手く融合した組織・人材のバリューアップによる「攻めの働き方改革」です。デジタルワークフォースを駆使した先進企業にマーケットシェアを奪われるのを座して待つのか、それとも、積極的に最新テクノロジーを自社の改革に取り込み、さらなる成長を目指すのか、究極の選択を迫られています。これから押し寄せるデジタルの波を止めることはできません。しかしながら、その波を上手く乗りこなすことは可能でしょう。また日本は、本調査において、自動...

2018年3月7日VISAフィードバック数:0大型消費/投資

Visa調査:海外旅行は短期の日程で何度でも 現金の持ち歩きには不安感

...の国・地域からの海外旅行者を対象とするこの調査では、旅行の動機や計画に関することのほか、2018年も続きそうな様々なマクロトレンドも明らかになりました。旅行の短期化:旅行期間はグローバル平均で8泊となり、2013年の平均10泊から減少しました。海外旅行の増加:世界中で旅行の計画が増加しており、過去2年間の平均2.5回に対し、今後2年間の旅行計画は2.7回に増加しています。過去2年間の旅行回数はアメリカ大陸がトップで、2017年の平均は3.2回でした。旅行先でテクノロジーを活用する人も:旅行者の88...

2018年3月7日インテリジェンスフィードバック数:0キャリアとスキル

転職成功者の年齢調査(2017年下半期)

...車分野では衝突防止システムなど電子制御技術をはじめとするカーエレクトロニクス化が進んでいたり、総合商社では貿易や卸しといったトレード業務から事業投資への事業転換が進んでいたりと、10年前には存在しなかった技術や企業構造の変化が、急速に起こっています。さらにIoT(モノのインターネット)やAI(人工知能)などITテクノロジーを活用した新たな商品やサービスも続々と生まれている中で、企業の多くは、これまで社内になかったノウハウや考え方を取り込む必要性を感じており、その活路を中途採用に見いだしています。求人の種類はポテンシャル重視の若手採用だけでなく、経験...

2018年3月5日IDC★★フィードバック数:0企業情報システム

国内ITサービス市場予測

... Growth Rate)は1.1%で推移するとIDCでは予測しています。大規模なシステム構築プロジェクトに依存した成長モデルの限界が近づくなかで、ITサービスベンダーが成長を持続するためには、自らのDXを推進し、DX時代に対応した人材を整備する必要があります。IDC Japan ITサービスリサーチマネージャーの木村 聡宏は「DXを実現する上で、既存システムも含めたエンタープライズIT全体の変革は避けられない。個別の業務やテクノロジーに特化した取り組みだけでなく、ITサプライヤーは、DX時代...

企業におけるロボットのビジネス活用動向調査 ロボットの導入・活用に取り組む企業の実態とは?

...外のフィールドにおけるロボットの活用が広がっています。例えば、介護をはじめ、建設、清掃、警備、接客(小売、金融、サービス)、物流、医療などのフィールドで活用されるサービス用ロボットです。同時に、単純な無人化・省人化のコストダウンの側面だけではなく、ロボットならではの長所(例:24時間365日稼動)を活かした売上アップへの寄与・貢献の側面での活用も出てきています。こうしたロボットの導入・活用の動向において、「必要なテクノロジーは何なのか?」、「どのような人材が取り組みを推進しているのか?」、「どのようなスキルセットを持った人材...

2018年2月26日アクセンチュアフィードバック数:0企業情報システム

アクセンチュア最新調査―人工知能で企業の競争力を高めるには、従業員による活用を後押しすることが肝要

...いスキルの学習を強化する:人材のスキルレベルとAI活用への学習意欲を測定し、それぞれのスキルに応じたプログラムを提供します。デジタルプラットフォームを用いて、パーソナライズされたプログラムで、人材のスキル学習を促進します。 調査方法アクセンチュアは、定量調査と定性調査を組み合わせて、インテリジェントテクノロジーの活用に関する労働者と企業経営幹部の意識および態度を分析しました。さまざまなスキルレベルや世代にわたる14,078人の労働者ならびに1,201人の企業経営幹部を対象にアンケートを実施しました。アンケートは世界11カ国...

2018年2月18日Dell EMC★フィードバック数:0企業情報システム

700社以上の中堅企業を対象にした「IT投資動向調査」結果 中堅企業の8割が働き方改革に着手、一方で3割がセキュリティ事故の被害経験ありで対策が急務

...ュリティサービスに至るまで包括的な IT ソリューションを提供。■EMCジャパン株式会社についてEMCジャパンは、情報インフラの卓越したテクノロジーとソリューションの提供を通して、日本のお客様の情報インフラの課題解決をご支援し、あらゆる規模のお客様のビジネスの継続と成長、さらにビジネス価値の創造に貢献致します。# # #(C) Copyright 2018 Dell Inc.、その関連会社。All Rights Reserved.Dell, EMC, 及びDell, EMCが提供する製品及びサービスにかかる商標は、米国Dell Inc...

デロイト調査:日本企業の第四次産業革命への準備の遅れが明らかに

...が相対的に乏しい様子がうかがわれました。 【テクノロジーを効率化に活用しているが、「労働力の変化」に注目した本質的な議論は尽くされていない】高齢化や働き方改革を背景に、日本の経営幹部は調査対象国で最も多い85%が、従業員との関係が、契約による一時的、臨時的な雇用に変わる方向にあると見ています(全世界:61%)。また、実に75%以上がロボットなどの自律的なテクノロジーが人に代わる未来を予測しています(全世界:50%以下)。しかし、人材採用・育成については他のテーマに後回しにされ、経営幹部が議論することは少なく(図表2 日本:2%、全世界:17...

2018年1月26日パーソルキャリアフィードバック数:0キャリアとスキル

「転職市場予測2018上半期」 2018年上半期(1月~6月)の転職市場 転職市場は引き続き活況で、転職者にとって有利な状況続く

...にニーズ高まる転職市場が引き続き活況のなか、1~3月は企業の求人ニーズが1年で最も高まる時期です。転職活動は2~3カ月かかるケースが多いため、特に1月は4月入社に向けて、活動をスタートさせる転職希望者が多いタイミングと言えます。昨今、様々な業界で新しいテクノロジーやデジタルデータの活用が進んでいます。その中で、全く新しい商材やサービスをリリースする会社が出てきたり、今までつながりのなかった企業同士が提携したり、といった新たな変化が生まれています。こうした変化にスピーディに対応するために、企業はこれまで社内にはいなかったタイプの人材...

グローバル情報セキュリティ調査2017 Vol.3:IoTの可能性を探る サイバーセキュリティ対策はIoTの未来を具現化できるのか?

...バーセキュリティ戦略の策定や効果的なセキュリティ投資にあたって、ぜひ本書をご活用いただきたいと考えています。主な掲載内容IoTの競争優位性厄介な点:なぜセキュリティは“動く標的”なのか情報過多のリスクIoTサイバーセキュリティ構築に向けた取り組み既存テクノロジーを活用したサイバーセキュリティの統合人材:サイバーセキュリティの“アキレス腱”未来に向けて点と点をつなぐ日本企業への示唆 © 2004 - 2018 PwC. All rights reserved. PwC refers to the PwC network and/or one or more...

2018年1月24日シンクロ・フードフィードバック数:0ビジネス

飲食業界における働き方改革の実態調査

...、飲食店に特化したリサーチサービスです。飲食店出店者・運営者に対してアンケートを実施し、マーケティングデータを取得することが可能です。飲食店向けの新しい商品・サービスの企画や食品・飲料の研究・開発等の際に、ニーズの把握・データの裏付けといった様々な形で、マーケティングデータを活用いただけます。■株式会社シンクロ・フードについて当社は “食の世界をつなぐ”を経営理念としており、「飲食業界に関わる人々をつなぎ、幸せにしていきたい」という想いを社名に込め、当社を設立いたしました。インターネット、テクノロジー...

2018年1月23日カオナビフィードバック数:0キャリアとスキル

「社内コミュニケーションと働き方」に関する調査

...モローランド、VOYAGE GROUPなど、現在700社以上の成長企業で人材マネジメントのプラットフォームとして活用されています。製品サイト: https://www.kaonavi.jpカオナビHRテクノロジー総研について「カオナビHRテクノロジー総研」は、「HRテクノロジー」や「ピープルアナリティクス(※)」など、組織・人事領域をテーマにした調査・研究・情報発信を行う総合研究所です。2018年2月にはサイトを開設し、「HRテクノロジー」に関するレポートや各種の情報発信を継続的に行っていく予定です。HRテクノロジー...

2018年1月18日シンクロ・フードフィードバック数:0キャリアとスキル

転職活動に関する意識調査

...業界に関わる人々をつなぎ、幸せにしていきたい」という想いを社名に込め、当社を設立いたしました。インターネット、テクノロジーの力を最大限に活用し、飲食店の出店開業・運営に必要な「ヒト・モノ・サービス」をタイムリーに結びつけ、今後も食に関わる人々から必要とされるサービスを提供し続けることで、飲食業界の労働生産性を向上させ、業界全体のさらなる発展、成長に貢献したいと考えております。【本社】東京都渋谷区恵比寿南一丁目7番8号 恵比寿サウスワン7階【代表者】代表取締役 藤代 真一【上場市場】 東京証券取引所第一部【URL】【運営...

2018年1月18日シンクロ・フードフィードバック数:0キャリアとスキル

東京都中央区の飲食店アルバイト最新求人データ

...支援サービスをワンストップで提供する「飲食店.COM」が運営する飲食店専門の求人情報サイトです。2006年に首都圏版のサービスを開始してから順調に掲載エリアを拡大し、現在では日本全国の飲食店について求人情報を掲載中です。■株式会社シンクロ・フードについて当社は “食の世界をつなぐ”を経営理念としており、「飲食業界に関わる人々をつなぎ、幸せにしていきたい」という想いを社名に込め、当社を設立いたしました。インターネット、テクノロジーの力を最大限に活用し、飲食店の出店開業・運営に必要な「ヒト・モノ・サービス」をタイムリーに結びつけ、今後...

2018年1月18日VSNフィードバック数:0社会/政治

小学生のプログラミング学習に関する調査

...2017年12月14日 小学生のプログラミング学習に関する調査エンジニア人材サービスの株式会社VSN(本社: 東京都港区、代表取締役社長: 川崎 健一郎)は、小学生の子どもを持つ20~50代の男女を対象に、「小学生のプログラミング学習に関する意識調査」 を実施しました。調査手法はインターネットリサーチ。 計994名から回答を得ました。 TOPICS2020年度から必修化される小学校でのプログラミング教育小学校での「プログラミング授業」は必要だと思う、47.3%理由は「ITテクノロジー...

2018年1月18日Gemaltoフィードバック数:0デジタル家電

ハードウェアメーカー、ソフトウェア収益化モデルへの移行で収益11%増

...メリットを得られます。長期にわたる顧客との取引関係、予測可能な収益、明確な競争優位性です。製品使用についてのお客様の意見の収集から、従量制の課金体系、新市場への参入に至るまで、当社が調査を実施した全ての企業でビジネス変革が真に必要であることが明らかになりました。」調査について本調査は、デジタルセキュリティの世界的なリーダー企業であるジェムアルトの委託で、テクノロジー分野の市場調査における独立系のスペシャリスト企業であるVanson Bourneによって、米国、英国、フランス、ドイツ、日本のIT意思決定者300名を...

2018年1月17日IDCフィードバック数:0企業情報システム

2018年 国内IT市場の主要10項目

...ため、企業における顧客や社員のパーソナルデータの取り扱いは、管理責任の明確化や、個人データの取り扱いの厳格化など、プライバシー保護を考慮したビジネスプロセスの見直しが必要となり、サイバーセキュリティとデータ保護のテクノロジーを導入し、厳密なデータ活用を実施していくことが求められる。データ保護のテクノロジーでは、ブロックチェーンが注目されている。ブロックチェーンは、P2P(Peer to Peer)ネットワーク、分散台帳、暗号化、スマートコントラクト、コン...

コンダクトリスク・ヒートマップ

...ゴリー別に定点観測した各事象を分類し、そのリスク度合いにより色分けした資料 4地域(日本、米国、英国、欧州)+その他の地域で発生した事象を6つの分野(➀企業価値の毀損、②顧客利益の侵害、③市場における公正取引の侵害、④従業員利益の侵害、⑤環境・社会・公正取引への悪影響、⑥テクノロジー)に分類。直近に発生した特に重要なミスコンダクトを抽出した事例集 6つの分野における規制の整備状況、ミスコンダクト事例、企業が対応すべきアクションを取り纏めた詳細資料 影響の大きな事案に対し、管理...

2018年1月16日ウェルクスフィードバック数:0社会/政治

「保育のAI化」について調査

...もの管理ではなく、親の時間のルーズさや勤務に関しての業務関してAIを使うべきだと私は思います。雑務が多い仕事なので、テクノロジーを活かすならば…職員の管理や親の送迎時間など幅広い分野で導入すべき事例だと思いました」(30代・女性)「少しでも保育士の負担軽減になるといいと思います。時代に合ったニーズに応えながらも、保育士自身も変わっていかないと、何も変わらないずっとアナログなままで、変わらないと思います」(30代・女性)編集者より保育AIが具体的にどのようなものなのか、まだ...

2018年1月16日The Japan Timesフィードバック数:0社会/政治

外国人教師が選ぶ2017年、最も印象に残った日本の出来事・ニュース

...本語発祥の英単語として定着してしまうほど、外国人からは日本特有の深刻な問題として捉えられており、今年、メディアにも数多く取り上げられたこの問題について、政府や企業がようやく本腰を入れ「働き方改革」に取り組み始めたことを、日本の労働環境におけるポジティブな変化として歓迎する意見が多数挙げられました。■ロボットが活躍する「変なホテル」、上野動物園の赤ちゃんパンダ誕生など、外国人から見たさまざまな日本の側面が上位に。2位には、経済分野から「首都圏(浦安)にオープンした変なホテル」がランクインしました。日本企業がいち早く導入する革新的テクノロジー...

2018年1月15日シンクロ・フードフィードバック数:0キャリアとスキル

東京都内の洋食・西洋料理業態の最新求人データ

...会社シンクロ・フードについて当社は “食の世界をつなぐ”を経営理念としており、「飲食業界に関わる人々をつなぎ、幸せにしていきたい」という想いを社名に込め、当社を設立いたしました。インターネット、テクノロジーの力を最大限に活用し、飲食店の出店開業・運営に必要な「ヒト・モノ・サービス」をタイムリーに結びつけ、今後も食に関わる人々から必要とされるサービスを提供し続けることで、飲食業界の労働生産性を向上させ、業界全体のさらなる発展、成長に貢献したいと考えております。【本社】東京都渋谷区恵比寿南一丁目7番8号 恵比...

2018年1月15日Teradataフィードバック数:0企業情報システム

AIの活用に関する調査結

...の導入に共通する課題として、今回の調査でも、ほぼ全ての回答企業が、AI導入の障壁とROIという課題を認識しています。 回答企業の91%がAI導入の障壁を認識しています。個別に見ると、ITインフラストラクチャの欠如(40%)、人材採用の難しさ(34%)、予算不足(30%)、ポリシー・規則・権利等の複雑さ(28%)、顧客の期待に対するインパクト(23%)と続きます。これとは対照的に、AIテクノロジー活用に関わる投資対効果を懸念する企業はわずか19%であり、AIと自...

2018年1月12日アイレップフィードバック数:0マーケティング

2017年検索エンジンマーケティング業界10大ニュース

...が一気に広まってくるかもしれません。また、AppleのSiriやGoogle Assistant 、Microsoft Cortanaといった音声アシスタントを使った音声検索の増加にあわせて、企業も対応を検討していくフェーズに入ってきた年でした。■ ディスプレイ広告に関して出稿に関する考え方の大きな転換を求められた年昨年度までは、アドテクノロジーを活用した新しい広告の可能性に注目が集まっていましたが、今年はネット広告の信頼性についての関心が非常に高まった年だったと言えます。広告...

2018年1月5日イーオンフィードバック数:0社会/政治

イーオンの外国人教師が選ぶ【2017年、最も印象に残った日本の出来事・ニュース】

...人からは日本特有の深刻な問題として捉えられており、今年、メディアにも数多く取り上げられたこの問題について、政府や企業がようやく本腰を入れ「働き方改革」に取り組み始めたことを、日本の労働環境におけるポジティブな変化として歓迎する意見が多数挙げられました。■ロボットが活躍する「変なホテル」、上野動物園の赤ちゃんパンダ誕生など、 外国人から見たさまざまな日本の側面が上位に。2位には、経済分野から「首都圏(浦安)にオープンした変なホテル」がランクインしました。日本企業がいち早く導入する革新的テクノロジーに驚き興味を持った外国人が多かったようで、本格...

介護従事者向けに、働く職場での人材不足の実態についてアンケート

...勝ち目がないと感じている。(男性/30代) ● とにかくお給料が安いので男性職員は結婚して子どもができると辞めてしまう人が多い。もったいないです。(女性/50代) ● テクノロジー導入に関する情報や助成。人とロボットの共存という概念が当たり前になること。(女性/50代) ● もっと書類業務をへらす。もしくは、AIの導入で記録を効率化する。(男性/40代)まとめ今回の調査では、全体の97%以上が実際に自らの職場で人材不足を感じているという結果となり、介護現場での人手不足が常態化している実態が明らかになりました。人材...

2017年12月27日Genpactフィードバック数:0ビジネス

世界300人の経営者を対象にAIに関する調査

...する平均的従業員の不安について警鐘を鳴らしていますが、今回の調査は、経営者の見解がまったくの正反対であることを示しています。回答者の3分の1近く(32パーセント)は、AIに対する抵抗が最も激しいグループが経営陣であると答えています。一方、中間管理職の抵抗が最も激しいという回答は13パーセントにとどまり、一般従業員という回答は5パーセントに過ぎませんでした。障害の克服:先行企業は人材 + テクノロジーを活用調査では、AI導入の3大障害が、情報セキュリティに関する懸念、AIの最も有効な適用先が明確でないこと、組織のサイロ化(特にIT部門...

2017年12月26日ウェルクスフィードバック数:0社会/政治

現役介護職員160名にアンケート調査を実施!97%が「人材不足を感じる」一方で対策は「特にしていない」が4割

...の仕事は好きだしこれからも続けていきたいと思っていても、給料への不満は常にある。さらに社会的地位が低く胸を張って自分の仕事を周りのみんなに言えない自分がどこかにいるのがとても悲しい。(女性/30代)・人材不足は少子高齢化が進む流れで、全国のあらゆる業界が直面する問題。介護業界は人材獲得競争を他業種も含むあらゆる企業と競争する羽目になるが、正直勝ち目がないと感じている。(男性/30代)・とにかくお給料が安いので男性職員は結婚して子どもができると辞めてしまう人が多い。もったいないです。(女性/50代)・テクノロジー導入に関する情報や助成。人と...

2017年12月25日シンクロ・フードフィードバック数:0キャリアとスキル

新宿区の飲食店アルバイト最新求人データ

...サービスを開始し、現在は、首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉等)、関西(大阪・兵庫・京都等)、東海(愛知・岐阜・静岡・三重)、九州(福岡・長崎・熊本・鹿児島・沖縄等)の飲食店の求人情報を掲載中。今後もより広域でのサービス提供を行ってまいります。■株式会社シンクロ・フードについて当社は “食の世界をつなぐ”を経営理念としており、「飲食業界に関わる人々をつなぎ、幸せにしていきたい」という想いを社名に込め、当社を設立いたしました。インターネット、テクノロジーの力を最大限に活用し、飲食店の出店開業・運営に必要な「ヒト・モノ...

2017年12月25日シンクロ・フードフィードバック数:0ビジネス

東京都内のカフェ・ベーカリー・スイーツ業態の最新求人データ

...ターネット、テクノロジーの力を最大限に活用し、飲食店の出店開業・運営に必要な「ヒト・モノ・サービス」をタイムリーに結びつけ、今後も食に関わる人々から必要とされるサービスを提供し続けることで、飲食業界の労働生産性を向上させ、業界全体のさらなる発展、成長に貢献したいと考えております。【本社】東京都渋谷区恵比寿南一丁目7番8号 恵比寿サウスワン7階【代表者】代表取締役 藤代 真一【上場市場】 東京証券取引所第一部【URL】【運営サイト】飲食店の出店・運営支援サイト「飲食店.COM」()飲食業界専門の求人サイト「求人...

2017年12月25日アクセンチュア★★フィードバック数:0ビジネス

アクセンチュア最新レポート――国をまたぐデータ流通などへの規制が企業成長を阻害することが判明

...タのセキュリティとアクセシビリティ(アクセスしやすさ)の間で妥協点を見つけ、各種データの保管場所・方法を再評価することが重要です。 「地方の強みを生み出す」適正なバランスで都市と地方に対して投資することは極めて重要なテーマです。企業は、主要市場における地方の経済発展にも目を向け、その地方の人材開発や、テクノロジー・パートナーや政策決定機関との関係構築に取り組まなければなりません。また、複数の市場を俯瞰し、IT戦略、プロセス、インフラストラクチャに対する最適な投資バランスを検証することも不可欠です。 「ソリューションの一つとしてテクノロジー...

2017年12月22日シンクロ・フードフィードバック数:0ライフスタイル

飲食店の海外出店に対する意識調査

...ケティングデータを取得することが可能です。飲食店向けの新しい商品・サービスの企画や食品・飲料の研究・開発等の際に、ニーズの把握・データの裏付けといった様々な形で、マーケティングデータを活用いただけます。■株式会社シンクロ・フードについて当社は “食の世界をつなぐ”を経営理念としており、「飲食業界に関わる人々をつなぎ、幸せにしていきたい」という想いを社名に込め、当社を設立いたしました。インターネット、テクノロジーの力を最大限に活用し、飲食店の出店開業・運営に必要な「ヒト・モノ・サービス」をタイムリーに結びつけ、今後...

中堅企業の管理職300名以上に聞く、日本の景況感と会社経営トレンド

...の経済状況をより深刻に捉えていることがうかがえます。自社の競争力の源泉となる「人材」、「製品やサービスの質・差別化」に自信あり会社の強みとして、「スキルや能力を持った人材」(44%)、「製品やサービスの質・差別化」(38%)、「テクノロジー(技術)の活用」(20%)が上位となり、自社の競争力の源となる「人材」を中心に自信がうかがえます。また、具体的な事業戦略を持つ会社では、全体よりも「自社の強み」を実感できている割合が概ね高いことが分かりました。約8割の中堅企業が「具体的な事業戦略・事業計画」を持っている「具体的な事業戦略・事業計画がある」「今後1...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ