調査のチカラ TOP > 特集一覧 > データがいっぱい:ブランディング

データがいっぱい:ブランディング

世間の注目が集まる分野には調査データが増加します。「ブランディング」については、関連調査データもぐっと増えています。

2018年6月22日日経BP★★フィードバック数:0マーケティング

Webブランド調査2018-春夏

...の事故に関するコンテンツや安全への取り組み姿勢をサイトで示していることを評価する動きがみられる中で、「態度変容:企業活動」のスコアが大きく上昇した。近年の企業Webサイトの動きとして、商品・サービスの情報や魅力を伝えるマーケティング領域の情報発信のみならず、Webサイトを通した企業ブランディングを強化する企業・団体が増加している。調査結果の傾向としては、来訪者の目的に合ったコンテンツを的確に届けるサイトの評価が上がる傾向にある。企業のマーケティングや広報活動におけるサイトの貢献度を本調査で確認し、顧客接点の改善やブランド力の強化にお役立ていただきたい。 表1 Webブランド指数 総合...

2018年6月13日LiB★フィードバック数:0ライフスタイル

都市型女性の攻略は「揺れ」キャッチが鍵!? 調査資料『働く女性MAP』

...【調査リリース】都市型女性の攻略は「揺れ」キャッチが鍵!? 調査資料『働く女性MAP』を提供開始 2018/05/30働く女性の登録会員12万名のデータ調査から導き出した分析資料「働く女性MAP」の提供を開始働く女性に向けたプロモーション事業「LiBzBranding(リブズブランディング)」を運営する株式会社LiB(住所:東京都渋谷区、代表取締役:松本洋介)は、働く女性の登録会員12万名のデータ調査から導き出した分析資料「働く女性MAP」の提供を開始いたします。本資料では、登録...

2018年5月3日ニールセン★★フィードバック数:0マーケティング

デジタル広告におけるリーチ指標利活用研究会」の研究成果

...ニールセン デジタル株式会社(東京都港区、代表取締役社長 宮本淳)は、2017年10月に大手広告主各社とニールセン デジタル株式会社で発足した「デジタル広告におけるリーチ指標利活用研究会」の研究成果をまとめ、本日、発表しました。本研究会では、ブランディング目的でのデジタル広告をより活用しやすい環境を整えていくうえで、メディア横断型の標準指標として「人」ベースでのリーチ計測を、KPIや業界の共通言語としてどのように活用していくことが出来るのかを研究してきました。また、中立...

2018年4月20日エビリー★フィードバック数:0マーケティング

2018年四半期YouTube企業動画ランキング ブランディングコンテンツ1位はONE OK ROCK出演CM。エンタメ系コンテンツでは”バブリーダンス”が3位に

...2018年四半期YouTube企業動画ランキングを発表。ブランディングコンテンツ1位はONE OK ROCK出演CM。エンタメ系コンテンツでは”バブリーダンス”が3位に 〜毎週更新の企業ランキングをkamui trackerに新設〜 株式会社エビリー(本社:東京都港区、代表取締役:中川 恵介)は、2018年四半期YouTube企業動画ランキング(集計期間:2018年1月−3月)を発表いたします。こちらの企業動画ランキングは、一般企業や団体のチャンネルを「ブランド」、メデ...

2018年4月20日Ryo-MAフィードバック数:0マーケティング

【第5弾】若者の”共感”を掴み、拡散力を企業PRに変える ミレニアル世代のSNS利用方法から、プロモーションを考える

...ためにも、若者の共感を掴み、共有してくれるようなブランディングが今後ますます重要になってくると考えられます。今回の調査を通して、20代の女性は全体的にSNSプロモーションに対して積極的にアクションを起こす様子が伺えました。SNSのフィードなども「詳細をみる」確率が高く、全てのSNSにおいて企業アカウントと友達登録やフォローをしている割合が男性に比べて高い傾向にありました。以上、ミレニアル世代のSNSと広告に関する調査をお送りしました。 著者小林芽久未 (Megumi Kobayashi) 平成4年生...

2018年4月16日日経BPフィードバック数:0マーケティング

「ブランド・ジャパン2018」 第2回調査結果発表

...フォルニア大学バークレー校にて博士号(Ph.D.)を取得。専門はマーケティング、消費者行動論、ブランド論、文化心理学、実験経済学。著作に『ブランド戦略シナリオ - コンテクスト・ブランディング』(共著、ダイヤモンド社、2002年)、『ソーシャルエコノミー』(共著、翔泳社、2012年)、『ブランド論』(翻訳、ダイヤモンド社、2014年)、『カテゴリー・イノベーション』(監訳書、日本経済新聞出版社、2011年)などがある。 企画委員早稲田大学 文学学術院 教授豊田秀樹氏 心理統計学、教育測定学、マーケティング・サイエンス、統計...

2018年4月16日日経BPフィードバック数:0マーケティング

「ブランド・ジャパン2018」 第1回調査結果発表

...パン企画委員会企画委員長一橋大学大学院 国際企業戦略研究科 教授阿久津聡氏 カリフォルニア大学バークレー校にて博士号(Ph.D.)を取得。専門はマーケティング、消費者行動論、ブランド論、文化心理学、実験経済学。著作に『ブランド戦略シナリオ - コンテクスト・ブランディング』(共著、ダイヤモンド社、2002年)、『ソーシャルエコノミー』(共著、翔泳社、2012年)、『ブランド論』(翻訳、ダイヤモンド社、2014年)、『カテゴリー・イノベーション』(監訳書、日本経済新聞出版社、2011年)などがある。 企画委員早稲田大学 文学学術院 教授...

2018年4月13日ランスタッド★★フィードバック数:0キャリアとスキル

パナソニックが、最も魅力ある勤務先に決定!【エンプロイヤーブランド・リサーチ2018ランスタッドアワード】?

...先として魅力ある企業を世界共通基準で測る「エンプロイヤーブランド・リサーチ 2018 ランスタッドアワード」の日本の調査結果を発表しました。調査の結果、今、最も魅力のある勤務先にが選ばれました。 エンプロイヤーブランド・リサーチ 2018ランスタッドアワード 受賞企業優秀な人材の獲得とエンゲージメントの向上は、企業が持続的に成長し、グローバル競争に勝ち残っていくための重要な鍵となります。それに加え、超少子高齢化社会を迎える日本では人材の確保自体が課題になりつつあります。そのような状況の中で「エンプロイヤーブランディング」は、雇用...

2018年4月5日フルスピード★★フィードバック数:0マーケティング

BtoB企業のマーケティング担当者に聞いたデジタルマーケティングの活用実態

...%)」「配信メディアの質(21.9%)」と続く結果となった。費用対効果などの効果を重要視するのはもちろん、ターゲティングの種類や配信メディアの質などのブランディングを重視した回答の割合が多かった。 担当している事業に関しての広告・宣伝・販売促進全般の年間予算 担当している事業に関する広告・宣伝・販促全般の年間予算を質問したところ「300万円未満(16.7%)」が最も多く、次に「1億円以上(14.5%)」、「1,000万円~3,000万円未満(11.5%)」と続く結果に。 上図はQ5-1で質問した「全体...

2018年4月4日ニールセンフィードバック数:0マーケティング

有料インターネット動画の利用率は昨年から8ポイント増加し22%に

...を追っていく必要があるといえます。一方、近年ブランディング目的での利用が拡大してきているインターネット上の動画広告ですが、実際に認知を獲得したり、好意を形成したり、購買につながっている様子がうかがえます。特に、テレビの視聴時間が減少してきているといわれる若年層ほど、インターネット上で動画広告を見たことにより態度変容しやすいという傾向が出ている点は重要です。広告主の担当者としては、動画広告やディスプレイ広告など広告フォーマットごとの特性を把握し、ターゲットや目的に合った形で広告プランを選択することにより、より...

2018年4月4日YouAppi★★フィードバック数:0マーケティング

YouAppi、最新の「第2回CMOモバイルマーケティングガイド調査」を公開

...ェ・バクニン)は次のように述べています。「この調査により、新規ユーザー獲得からブランディング、リエンゲージメントまで、どのステージにいるユーザーに対しても動画広告が非常に効果的であると考えられていることが明らかになった。質の高いユーザーを獲得し、エンゲージメントを強化するためには、動画広告が非常に効果的であると言えるだろう。」■ 動画広告における課題のトップは「アドフラウド」本調査においては、動画広告を展開する際の課題についての設問も設けてます。その結果、動画広告で課題と考えられている点は、アド...

2018年3月14日アクセンチュア★★フィードバック数:0社会/政治

FJORD TRENDS 2018

...との間に介在することになるでしょう。人間は本質的に共感する生き物であるため、このようなマーケティング活動の影響を受けますが、アルゴリズムはそうではありません。消費財や小売業者にとっては、潜在的な問題をはらんでいます。顧客を魅了するためのブランディング活動に無頓着なゲートキーパーがブランドと顧客の間に介在する状況において、ブランドは顧客にどう接すれば良いのでしょうか?Fjord からの提案ゲートキーパーについてよく知る 新たなマーケティング環境に順応する アルゴリズムへの反動に気をつける かつて人工知能は、本質...

「2018年にブランディング目的のデジタル広告費を増やす」と42%の企業が回答。~ビデオリサーチインタラクティブとニールセン デジタル 共同での企業向け調査結果を発表~

...デジタル広告出稿に対する意識調査を実施し、その結果について取りまとめました。 日本のインターネット広告費は1兆3,100億円(前年比113%)*2と1兆円を超えてテレビに次ぐ媒体に成長しております。2017年も二桁成長が予測されております。一方で、広告効果という観点では、ブランディング目的での利用が増えたことにより、アドフラウド(広告が人ではなく、BOTなどの不正プログラムで閲覧やクリックされていないか)、ビューアビリティ(実際にユーザーが閲覧できる状態で広告が表示されているか)、ブランドセーフティ(広告がブランド...

2018年2月23日電通★★フィードバック数:0マーケティング

2017年 日本の広告費

...127.3%)。メディア側において予約型広告から運用型広告へのシフトが前年よりさらに進んだ結果、媒体費全体における運用型の構成比は77.0%と、全体の4分の3を超えるに至った。 ・前年に続き、動画広告が拡大。生活者のモバイルシフトが進み、メディアやプラットフォーマー側で動画広告メニューの拡充が行われた結果、市場が順調に拡大した。特に、運用型広告領域においては、モバイル向け動画広告が活況を呈し、成長をけん引した。 ・運用型広告をブランディング目的で活用する動きが活発化。 広告主では、ナシ...

2018年2月22日ニールセン★★フィードバック数:0マーケティング

「2018年にブランディング目的のデジタル広告費を増やす」 と42%の企業が回答

...超えてテレビに次ぐ媒体に成長しており、2017年も二桁成長が予測されております。一方で、広告効果という観点では、ブランディング目的での利用が増えたことにより、アドフラウド(広告が人ではなく、BOTなどの不正プログラムで閲覧やクリックされていないか)、ビューアビリティ(実際にユーザーが閲覧できる状態で広告が表示されているか)、ブランドセーフティ(広告がブランドイメージが毀損されるような不適切なサイト・コンテンツ等に表示されていないか)などの問題点が挙げられています。そのような状況を踏まえて本調査では、広告...

サイバーエージェント、インフィード広告市場調査を実施

...リプロモーション目的25%の割合。2023年の市場規模は2017年比210%の3,921億円に達すると予測。2017年のアプリプロモーション需要は、ゲーム系広告主による底堅い需要のほか、EC系・金融系・フリマ系など、ゲーム以外の多様なアプリプロモーション需要が特に伸びました。一方で、Webプロモーションにおいては、通販、金融系の企業によるダイレクトレスポンス需要が大きく、またナショナルクライアントによるブランディングを目的とする出稿も大きく増加しました。【2】インフィード広告市場推計 <配信先別>2017年の...

2018年1月23日日経BPフィードバック数:0マーケティング

Webブランド調査2017-秋冬

...ザーから好評を得ていることが伺える。近年の企業Webサイトの動きとして、商品・サービスの情報や魅力を伝えるマーケティング領域の情報発信のみならず、Webサイトを通した企業ブランディングを強化する企業・団体が増加している。調査結果の傾向としては、来訪者の目的に合ったコンテンツを的確に届けるサイトの評価が上がる傾向にある。企業のマーケティングや広報活動におけるサイトの貢献度を本調査で確認し、顧客接点の改善やブランド力の強化にお役立ていただきたい。 表1 「態度変容:企業活動」スコア ランキングトップ20 表2 Webブランド指数 総合...

2018年1月18日むすびフィードバック数:0ビジネス

会社への愛着度調査

...観を理解していることが分かりました。理解していなかった, 31.1%理解していた,68.9%3/4<調査概要>有効回答数調査期間調査方法全国の入社3年以内の会社員332名2017年11月30日~2017年12月5日インターネットリサーチ(Fastask)調べ※本リリースによる調査結果をご利用いただく際は、「むすび株式会社調べ」と付記のうえご使用くださいますようお願い申し上げます。当社では、無料の採用ブランディングの勉強会や体験型地域活性化プロジェクト「まちいくプロジェクト」など、正しいブランド...

2018年1月15日3MINUTEフィードバック数:0マーケティング

インスタグラマー実態調査

...ような多数のプロモーション実績と、自社メディア「MINE BY 3M」、インフルエンサー発のプライベートブランド「eimy istoire(エイミーイストワール)」、「ETRÉ TOKYO(エトレトウキョウ)」などのノウハウを生かし、今後も、クライアント企業のパートナーエージェンシーとしてブランディングに繋がるデジタルプロモーションを提案します。<参考データ> 1.「自分はインフルエンサー」そんなプロ意識が芽生えるのは2,000フォロワーから インフルエンサーとは、自分の考えに賛同する人やファンを多く持ち、人々...

2017年12月27日日経BPフィードバック数:0社会/政治

「大学ブランド・イメージ調査 2017-2018」(2017年8月実施)【首都圏編】

...って、関連性の高いイメージ群を6つの因子にグループ分けした(表4)。「グローバル(※2)」因子のトップは、上智大学で、この因子を構成する3つのイメージ項目全てで首都圏編120大学中第1位を獲得した。自由意見からも、外国語教育の強さや留学生の多さ、国際交流や国際社会に強い人材の輩出などの意見が見られた。以前より同大学については、これらのイメージが強い傾向ではあったが、2014年の「スーパーグローバル大学創成支援事業」、2015年の「大学の世界展開力強化事業」、2016年の「私立大学研究ブランディング...

2017年12月21日GfKフィードバック数:0社会/政治

Anholt-GfK 国家ブランド指数 2017年

...「Anholt-GfK 国家ブランド指数 2017年の結果を発表」 - ドイツが首位に浮上 【概要】 ・フランスが初めて2位を獲得。日本も4位へ浮上 ・ アメリカ合衆国は唯一、NBI SM総合スコアが前年から低下 ・ 首位となったドイツは、「統治」、「人々」、「文化」分野で上昇 GfKは、Anholt-GfK 国家ブランド指数 (NBI SM) 2017年調査の結果を発表しました。当調査は、世界50カ国のブランド力を測定したもので、詳細な国家ブランディング...

広告動態調査

...ターネットの利用目的(複数回答)では、「企業ブランドの構築」または「商品ブランドの構築」が84.7%を占めた。未導入企業でのこの割合を28.7ポイントも上回っており、ブランディング目的でデジタル広告を利用している企業が多いことが窺えた。広告業界の最近のトピックスのなかで、統合型マーケティング導入企業が重要と考える項目で最も多いのは、ブログ、SNSなどのソーシャルメディアの効果で、消費者の複数メディアの同時接触がこれに次いだ。【分析した調査の概要】・日経広告研究所の「広告動態調査」(2016年11~12月に実施)・調査...

2017年8月3日フルスピード★フィードバック数:0マーケティング

海外向けSNSを使った情報発信についてのアンケート調査

...・リアル店舗)や口コミ数増加など売り上げに直結する効果を期待する意見が多い事が分かりました。 長期的(半年~1年以内)には問い合わせ件数の増加や、店舗への誘導を期待する声が多く認知度の向上やブランディングを期待する傾向がありました。 ■SNS以外の方法ですでに海外向けにプロモーション施策を試みている企業は多い。 現在海外向けに行っているプロモーション施策の中で最も多いのは「①新聞、雑誌広告」で、35.5%。 Webを使った施策を実施しているの割合は、回答全体の44.5%と半...

2017年7月24日ヴァリューズ★フィードバック数:0マーケティング

本当のペルソナが見えてくる!オンライン上のユーザー行動データからユーザーエクスペリエンスを紐解く研究活動発表

...く発売される車種を購入検討しているユーザーの行動ログを観察することでペルソナとして把握しました。このペルソナは、新しい車種が発売されるまでは公式サイトで現行モデルの情報を繰り返しチェック、発売されてからは新しい車種の情報を公式サイトでチェックすることが主な行動となっていました。また、公式サイトでは得られない試乗レポートなどを車メディアサイトで補完している姿が見受けられました。ブランディングに伴うコンテンツを閲覧していたため、検討している車種の世界観に浸っていることが想定されます。なお、このペルソナは当初は車に対する意識が高く、常に公式サイトをチェックするほど日常的に検討車種のブランド...

2017年7月12日User Local★★フィードバック数:0マーケティング

VALUランキング(仮)

...って取得した電車の免許ですが会社に所属している限りは時間に拘束され、規則に縛られ自由がなくな (45人)報道研究者/JX通信社代表取締役。28歳。報道系ベンチャーとして、速報No.1アプリNewsDi (139人) スタートアップベンチャー企業の創業や発展を支援する投資家です。世界をより良い場所になるように、 (410人)年間160回以上の講義・講演をこなしセルフブランディング&ブログ術を教える好きを仕事にする大人塾 (122人)【イケてるオタクを増やす】 地方エンジニア・デザイナー学生のキャリア支援 をする株式会社サポータ (103人)Mynet Inc...

2017年6月23日博報堂★フィードバック数:0キャリアとスキル

働く女子のホンネ vo.3 / クロスジェネレーション女子会

...まぐるしく進化するテクノロジーはどの世代にも大きく影響を及ぼしています。そこで、次回はキャリジョのSNSや情報収集について徹底分析します!引き続き、お楽しみに♪ 松井 博代キャリジョ研 研究員アクティベーション企画局買物研究所 ストラテジックプラニングスーパーバイザー2008年博報堂入社。マーケティング担当として化粧品、下着、美容家電、サプリメントなど主に女性ターゲットの新商品開発、ブランディングに従事。2014年からは買物研究所で買物行動起点のプラニングや研究発表を行っている。2013年に社内プロジェクト「博報堂キャリジョ研」を立ち上げ、20~30代の...

2017年6月6日テスティーラボフィードバック数:0ライフスタイル

【商品別市場調査第4弾】スポーツ飲料についての調査結果

...ージ調査>最後に、CMで印象に残っているのはどちらかについて調査しました。10代の、20代のと10代、20代ともにの人が「ポカリスエット」と回答しました。ポカリスエットのCMは、ダンスを取り入れたり人気アーティストを起用したりと若年層を意識したクリエイティブを積極的に展開しています。上記の結果から、若者の印象に残るプロモーション、ブランディングに成功していると言えそうです。後記以上、「スポーツ飲料」についての市場調査についてご紹介しました。私も「ポカリスエットは風邪の時」、「アクエリアスはスポーツ」とい...

2017年4月6日ニールセン★フィードバック数:0モバイル

マンガアプリの利用状況

...ガアプリは、ユーザーが定期更新中の作品のファンとして定着すると、アプリを継続して利用する期間は長くなるので、ユーザーと定期的に長期にコミュニケーションすることが可能になります。企業としても自社のターゲットとする消費者との長期のコミュニケーション施策やブランディング施策を考える際に利用できるメディアの一つとなりえるのではないでしょうか。また、昨今は、『マンガワン』や『少年ジャンプ+』のように、従来から出版されている漫画雑誌で連載中の作品もアプリ上で積極的に展開されています。確立されたブランド...

2017年3月29日日経BPフィードバック数:0マーケティング

ブランド・ジャパン2017

...パン企画委員会企画委員長一橋大学大学院 国際企業戦略研究科 教授阿久津聡氏 カリフォルニア大学バークレー校にて博士号(Ph.D.)を取得。専門はマーケティング、消費者行動論、ブランド論、文化心理学、実験経済学。著作に『ブランド戦略シナリオ - コンテクスト・ブランディング』(共著、ダイヤモンド社、2002年)、『ソーシャルエコノミー』(共著、翔泳社、2012年)、『ブランド論』(翻訳、ダイヤモンド社、2014年)、『カテゴリー・イノベーション』(監訳書、日本経済新聞出版社、2011年)などがある。 企画委員早稲田大学 文学学術院 教授...

2017年2月23日ランスタッド★★フィードバック数:0ビジネス

ランスタッドアワード2017~エンプロイヤーブランド・リサーチ~

...先として魅力ある企業を世界共通基準で測る「ランスタッドアワード2017~エンプロイヤーブランド・リサーチ~」の日本の調査結果を発表しました。本日開催した表彰式には、人事関係者、労働分野の第一線で活躍する研究者、行政、マスコミ関係者ら約1200人が出席し、1位を受賞した日清食品HDへ、トロフィーの贈呈が執り行われました。日本は全人口に占める65歳以上の割合が25%を上回る超少子高齢化社会に突入し、労働力不足の問題が今後さらに深刻化すると考えられています。企業の持続的成長の為には、雇用主としての魅力度を高めること(=エンプロイヤーブランディング...

2017年2月23日電通★★フィードバック数:0マーケティング

2016年 日本の広告費

...うち運用型広告費は、7,383億円(同118.6%)。運用型広告※2(以下、運用型)が好調な主な要因としては、データ/テクノロジーを重要視する広告主が増え、データ連携可能な運用型への注目が高まったことや、高機能化によってリーチやブランディングなどの役割もカバーし始めたことなどが挙げられる。 ・市場全体で動画ニーズは継続的に拡大。動画領域の拡大トレンドをけん引するソーシャルネットワーキングサービス(以下、SNS)では、運用型がメインとなっており、従来からあるサーチ(検索連動型)に対して、ディ...

2017年2月21日アイディーエイ★★フィードバック数:0マーケティング

中小企業のブランディングに対する意識調査

...“中小企業のブランディングのネックは「進め方」” 【中小企業のブランディングに対する意識調査】 中小企業ブランド戦略室より、ブランディングに関する意識調査を発表。企業ブランディングに改善が必要と答えた人の中で、最も改善したいという意見が多かったのは「進め方」で、65.1%だった。ブランディングを実践している企業の事例をスーパーマーケットトレードショーで公開。 中小企業ブランド戦略室を運営する株式会社アイディーエイ(本社:岡山県岡山市、代表取締役:山田 祥、資本金:3000万)は中小企業を対象にブランディング...

2017年2月13日CRITEO★フィードバック数:0マーケティング

2017年デジタルコマース&マーケティングの展望

.../000000015.000017366.html④製造業では、トレード・マーケティング取引(※)において、より高い水準の透明性を求める。<Key Facts>・2017年、製造業者は、小売業者と費やす大量の予算に対して、正確かつ偏りのないマーケティングROI測定を求めるようになります。・プラットフォームやメディアを通じて個々の消費者を識別可能になるにつれて、製造業者の販売予算とマーケティング予算は収束していくだろう。ブランディングとパフォーマンスの両軸の目標に合わせて投下予算が再調整されるについて、消費...

2017年1月29日ランスタッドフィードバック数:0マーケティング

「ランスタッドアワード2017~エンプロイヤーブランド・リサーチ~」の上位候補20社

...調査時のもの / ★印は、初TOP20入りをした企業 / ◎印は、昨年TOP20外からノミネート入りをした企業「エンプロイヤーブランド」とは雇用主として働き手をひきつける魅力を意味します。雇用主としての魅力を高めること=エンプロイヤーブランディングは、現在の従業員に留まらず、潜在的な従業員になりうる人材、それぞれの家族など、人々の心の中に思い浮かぶ「勤務先として魅力ある企業」を目指すことです。優秀な人材の獲得とエンゲージメントの向上は、企業が持続的に成長し、グロ...

2017年1月12日東京都フィードバック数:0マーケティング

東京ブランドのあり方検討会(第2回)

...メニュー閉じる東京ブランドのあり方検討会(第2回)(平成28年12月27日) このたび、東京ブランドのあり方検討会(第2回)を以下のとおり開催しましたのでお知らせします。1 日時平成28年12月27日(火曜日) 13時30分から15時30分まで2 場所東京都庁第一本庁舎 7階大会議室3 議事委員からの説明「ブランディングの効果的な進め方」「ボランティア・ユニフォームのあり方」東京ブランドに関する議論ボランティア・ユニフォームに関する議論 配付資料議事録...

2016年12月19日GfKフィードバック数:0マーケティング

Anholt-GfK 国家ブランド指数 2016年

...【概要】・上位10カ国ではイギリス、アメリカ合衆国のポイント低下が顕著・カナダが4位に浮上。上位3カ国に迫る・日本は7位へ後退 GfKは、Anholt-GfK 国家ブランド指数 (NBI) 2016年調査の結果を発表しました。当調査は、世界50カ国のブランド力を測定したもので、詳細な国家ブランディング調査としては世界最大規模です。2016年の結果をみると、上位10カ国すべてにおいて評価(スコア)が前年から低下しました。前年からのスコアの差が1.00ポイ...

2016年11月3日オプト★フィードバック数:0マーケティング

デジタル時代におけるブランド消費の価値観

...トップ > ニュース > プレスリリース > 「デジタル時代におけるブランド消費の価値観」を調査 ~自らの「体験」に「共感されたい」と考える生活者が6割を占める結果に~ 「デジタル時代におけるブランド消費の価値観」を調査 ~自らの「体験」に「共感されたい」と考える生活者が6割を占める結果に~ 株式会社オプト(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 CEO:金澤 大輔、以下オプト)は、「デジタルブランディングプロジェクト」(※)の監修で、「デジタル時代におけるブランド消費の価値観」調査...

全国の20~40代女性【ファッションに関する調査】

...ナー、マニュアル開発、ミステリーショッパーズシンク・ブランド&コー事業コンサルティング・ブランディングブラッシュ店舗運営コンサルティング(オペレーション改善・人材育成)報道関係者向けお問い合わせ先@Press運営事務局までご連絡ください。 ご連絡先をお伝えいたします。お問い合わせの際はリリース番号「108201」を 担当にお伝えください。 お客さまの声 問い合わせが大幅に増加!地方まで網羅できるメディアリストの豊富さと手厚いフォローがポイント メディアで多数の記事になった注目のプレスリリース...

2016年7月21日矢野経済研究所★★フィードバック数:0ビジネス

キャラクタービジネスに関する調査を実施(2016年)

...の堅調推移を予測する。◆ 商品化権市場は微減、版権市場は拡大基調2015年度の商品化権市場は48.4%と大きなシェアを占める玩具が苦戦したことで、全体ではマイナスとなったが、大人向けに商品の強化を進めている衣料品や服飾雑貨などの分野は好調であった。アニメなどの登場人物をファッションモデルに見立てたアパレル関連の取り組みが奏功した。版権市場は定番キャラクターのリブランディングブランドの再構築)強化や、セールスプロモーションにおけるキャラクターの積極活用を推進したことにより拡大基調である。 ※プレ...

2016年7月7日カンター・ジャパン★★フィードバック数:0マーケティング

WPP ブランド価値ランキング

...についてWPP(ダブリューピーピー)グループは、2015年の売上高が122億ポンド(日本円で約1兆9,150億円。1ポンド157円で計算)を超える世界最大規模のグローバル企業です。カンター・ジャパンおよびミルウォード・ブラウン社が属すカンター・グループは、WPPのデータ・インベスト(調査・コンサルティング事業)部門です。社名:ダブリューピーピー(WPP PLC)本社:イギリス・ロンドン代表:マーティン・ソレル事業内容:広告・メディア投資、調査・コンサルティング、PR、ブランディング...

世界経済を牽引する新たな12の成長市場に関するレポート「VELOCITY 12」

...126カ国500以上のオフィスのネットワークを通じて、フォーチュン・グローバル500社に入る企業、及び国内の企業にサービスを提供しています。2012、2013、2014年、2015年4年連続で、カンヌライオンズ 国際クリエイティビティ・フェスティバルで「ネットワーク・オブ・ザ・イヤー」を受賞した他、エフィー・グローバル・イフェクティブネス・インデックスにおいても2012年と2013年の2年連続で「最も効果的なエージェンシー・ネットワーク」に選ばれました。広告、パブリック・リレーションズ、ブランディング...

2016年6月7日カンター・ジャパン★フィードバック数:0モバイル

フェイスブックとテレビ―のシナジーについて(クロスメディア・リサーチ)

...ビを使用しないキャンペーンは、テレビを使用するキャンペーンに比べて、その他のメディアの効果が半減するということがわかっている。日本ではスマホの普及にまだ伸びしろがあるため、Facebookに代表されるモバイルやソーシャルの可能性は今後も拡大していくだろう。この機会を組織として享受していくには、積極的に新しいメディアを取り入れて、その効果をCrossMedia Research(クロスメディア・リサーチ)のような調査を通じて検証し、組織としてデジタルをブランディングに活用していく知見を蓄積し、自信...

2016年5月28日オラクルフィードバック数:0マーケティング

The Age of Brand, Agency & Customer Collaboration: 4 Keys to Success in Translating Marketing Visions Into More Engaged Customers(「ブランド、代理店、顧客」三位一体の時代:顧客とのエンゲージメントを深めるための4つのヒント)

...4四半期に、幅広い業界・業種の幹部255名を対象に全世界で実施した調査に基づいています。回答者の75パーセントは、自社のブランディングに携わっており、12パーセントは代理店、13パーセントはマーケティングをサポートするITベンダーの役員です。65パーセントは最高責任者と同等、その他はバイスプレジデント/ディレクター以上の肩書きを有しています。回答者の49パーセントは北米、24パーセントは欧州、18パーセントはアジア太平洋、9パーセントは中南米を拠点としています。Forbes Insightsは...

2016年5月9日矢野経済研究所★フィードバック数:0ライフスタイル

理美容市場に関する調査を実施(2016年)

...ッフとのコミュニケーションや居心地の重視など、サロンに対する顧客ニーズは多様化している。そのため、大手サロンチェーンでは、今まで以上にブランドと顧客階層を細分化し、施術の質と量の最適化や想定顧客毎のクラス分類によるブランディングを進行させている。また、中・高価格帯で付加価値サービスの提供に重点を置いてきたサロンチェーンでは、成長を続ける低価格サロンチェーンの市場からも顧客を獲得する戦略が求められており、持続的な事業成長のための重要な取り組みとなっている。 ※プレスリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。その...

2016年5月9日ADDIXフィードバック数:0モバイル

「インスタキャンペーン」は、いまや定番!成功の3つのコツとは?

...可能です。写真に特化したSNSであるInstagramを利用する場合には、「ハッシュタグが宣伝っぽくない」や、「投稿の内容が、ふだんの投稿と違和感がない」等、ユーザーに自分のInstagramに投稿しても良いと思わせるキャンペーンを設計しなくてはなりません。またキャンペーンによって、Instagram上に自社に関する情報を増やし、ブランディングや認知拡大を目指す場合は、参加者には終了後も、投稿を削除せずに残してもらう必要があります。そのためには自分のプロフィールページにずっと掲載しておいてもいい、と思...

2016年4月4日日経BP★フィードバック数:0マーケティング

ブランド・ジャパン2016

...の著書や論文を多数送り出している。2014年には、その集大成ともいえる『ブランド論』(ダイヤモンド社)を上梓した。ブランド・ジャパンには、第1回から特別顧問として参加。 ブランド・ジャパン企画委員会企画委員長一橋大学大学院 国際企業戦略研究科 教授阿久津聡氏 カリフォルニア大学バークレー校にて博士号(Ph.D.)を取得。専門はマーケティング、消費者行動論、ブランド論、文化心理学、実験経済学。著作に『ブランド戦略シナリオ-コンテクスト・ブランディング』(共著、ダイヤモンド社、2002年)、『ソーシャルエコノミー』(共著、翔泳社、2012...

環境サイトの評価、キヤノンが初のトップに

...ズの選び方やテクニックなども掲載されており楽しみながら企業の環境活動に触れることができる。 2位のサントリーは「サントリーの愛鳥活動」や「サントリー天然水の森」などの環境ブランディングコンテンツが充実している。「サントリー天然水の森」は「工場で汲み上げる地下水よりも多くの水を生み出す森を育む。」をコンセプトとした同社の森づくりの取り組みを紹介している。活動レポートや、調査・研究レポート、森や自然にまつわるエッセイなどが掲載されており、同社のコーポレートメッセージ「水と生きるSUNTORY」を体現した非常に充実したコンテンツとなっている。 そのほか今回調査の全体的な傾向として、特集...

2016年3月11日日本印刷技術協会フィードバック数:0ビジネス

アンケート結果に見る 印刷会社の地域活性ビジネス2015(2)

...結果と多少関連しているかも知れない。今後望む収入内訳では、「企画費」の構成比が45.8%と最も高く、次点には「各種制作費」(43.1%)が続いた。今後取り組みたいのは3回連続「地域ブランディング」今後の取り組みで最も人気があるのは「地域ブランディング」(46.5%)で、約半数の回答を集めた。この結果は、2012年冬に行った第1回調査から3年連続である。続いて、「観光支援ビジネス」(45.1%)、「商店街活性化」(43.2%)、「観光イベント」「地域オリジナル商品・キャラクター開発」(各39.4%)である。地域...

2016年2月4日ESSPRIDEフィードバック数:0ビジネス

社員から見た“社長”とは?

...に必要なマーケティング情報の収集から人と企業の新たな可能性を探求することを目的として、ブランディングに関する調査活動を行なっております。 調査背景 私たちはこれまで企業のブランディングをテーマに、企業活動や社内外のコミュニケーションなどについて調査してきましたが、企業のブランドを語る上で欠かせない要素の一つは「社長」ではないでしょうか。時には社会をより便利に豊かにするために、時には従業員の生活を守るために、常に世の中の動きに目を凝らし、耳を傾ける社長たち。日々努力し、汗と涙を流していることでしょう。しかし、その行動や言動は社員たちにどう見られ、どう伝わっているのでしょうか?今回...

2016年1月27日ランスタッド★★フィードバック数:0ビジネス

【ランスタッドアワード2016】 日本人が働きたい企業1位はサントリー!

...(企業魅力度)」を世界共通基準で調査する「ランスタッドアワード2016」の日本の調査結果の発表、および表彰式を2016年1月27日(水)に実施しました。近年、少子高齢化による労働力人口の減少、優秀な人材の獲得、慢性的な人手不足、若年層の定着、シルバー人材の活用等、日本の企業はさまざまな課題を抱えています。そのような環境の中で、企業の持続的成長の為には知名度や待遇面だけでなく、職場環境の快適さや社員の働きがい等、雇用主としての魅力度を高めること(=エンプロイヤーブランディング)を避...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 

お知らせ